青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「官~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~安心 安心~ 宋~ ~完全 完全~ ~完成 完成~ 宗~ ~宗教 宗教~
官~
官吏~ ~宙 宙~ ~定 定~ ~定め 定め~ 宛~ ~宜 宜~

「官~」 4791, 50ppm, 2336位

▼ 官~ (832, 17.4%)

14 試験に 12 前に 9 ような 6 ように 5 ところへ 4 一人が, 前で, 夫人, 方は, 目も, 職を 3 ことは, コワリョーフは, 一行が, 中の, 制服を, 声が, 姿は, 家の, 手に, 方を

2 [49件] ある者, お孃さん, お手, くせに, ことを, ところに, ひとりが, 一人であった, 一員たる, 下に, 中には, 中にも, 中へ, 任免は, 位置を, 取巻きの, 命を, 命令だ, 報告を, 夫人と, 奴婢は, 如きは, 妻に, 姿が, 学校に, 家に, 店へ, 形式と, 息子で, 息子の, 支配下に, 方で, 更迭が, 書籍を, 松岡画家の, 椅子は, 甥と, 真似を, 眼が, 眼で, 眼を, 禄を, 考えて, 職に, 職務に, 自由に, 許可を, 話を, 風が

1 [634件 抜粋] ああいった, あとを, ありさま, いとも勇ましい, いるところ, いる孤島, いる方面, うしろへ, うちで, おっしゃるとおり, おもて, おゆるし, お別れ, お咎め, お役人, お沙汰, お考え, ことだった, ことで, ことなんかも, この指示, ごとき位置, さじきに, さまざまな, すすめに, つかさの, つぎの, つねに主張, ときにも, ところ, ところでは, ひきいた移民, もだえを, ものとは, ものとも, ものには, やうに, やってきたの, やつめ夜光の, オブリアンが, オブリアンという, オブリアンの, ガロエイ卿は, ジョン, ダビヤウ氏が, ダンスさんの, ハサミでありません, フィッシェルという, ロイド中将は, ワルデルゼイ軍医大佐である, ワルデルゼイ軍医大佐の, 一つの, 一人, 一人だ, 一人として, 一人は, 一人四十恰好の, 一列樂聲と, 一声で, 一言が, 一言ほど, 一隊を, 上京を, 上浅草に, 下っぱの, 下で, 下級の, 不機嫌な, 不法怠慢のかどなど, 与力估券に, 中に, 中にすら, 中よりも, 主なる, 主宰の, 主張する, 主張とは, 乱憲的行為を, 亂憲的行爲を, 事から, 事が, 事に, 事務易く, 二つの, 人に, 人達によって, 介入を, 仕事に, 代理に, 令息で, 仰有るとおり, 任に, 任命も, 位が, 位に, 位置としての, 位置は, 低いが, 住居の, 作戦に, 依頼状だった, 保護金あり, 倉を, 倉庫を, 偏説なり, 側から, 側では, 側近の, 傍に, 像, 僧正の, 入来が, 入用も, 公金に, 兵に対する, 出様を, 別府大将と, 別府大将は, 到着を, 制服で, 刺撃せらるる, 前から, 前を, 力で, 力と, 勘忍袋の, 勢力の, 勤務が, 十常, 印可と, 印綬を, 印鑰を, 厩から, 反対の, 反對, 収斂誅求に, 収斂誅求は, 口をと, 古手ぐらいは, 可し, 号令ほどの, 各省から, 合鍵を, 名さ, 名の, 名を, 名称を, 名稱, 吏兵を, 告諭であります, 命だ, 命でも, 命によって, 命令あり, 命令さへ, 命令である, 命令として, 命令に従って, 命令を, 図面を, 国の, 地位に, 報告では, 報告は, 堺といふ, 士風や, 声, 声には, 声は, 変更任免を, 大寺たる, 大江山課長から, 大総督スターベア公爵, 夫に, 夫人から, 夫人だった, 夫人な, 夫人なぞに, 夫人達, 奥さまが, 奥さまに, 奥様が, 奮闘ぶりを, 女房にゃ, 奴ニッコリ, 奴塩っぱい, 奴婢, 奴等は, 好意に対し, 如く一州の, 妄誕のみ, 妙に, 妻で, 妻を, 妻君には, 妻甚だ, 姿である, 姿へ, 威を, 威光も, 娘お, 娘だ, 娘で, 娘であります, 娘として, 娘なども, 娘に, 娘の, 子で, 子を, 子羽が, 存在せぬ, 安全第, 官舎の, 実績は, 室内に, 家では, 家などに, 家へ, 宿直日記によるに, 宿直部屋の, 寂し笑み, 密偵だろう, 寡婦だった, 寡婦で, 対象即ち, 小衝突, 少尉殿は, 局から, 岡柳村雄の, 布告が, 希望する, 席には, 平生の, 年少侍従に, 店で, 店では, 店の, 府に, 座敷を, 廃頽に, 弊悪に, 張懷芝は, 強制疎開企業整備閉店休業の, 強力を, 影は, 役を, 役人も, 役所は, 待遇を, 後ろ姿が, 後任を, 後継者に, 從子なりき, 御家族達, 御心配, 御通過, 復活という, 徴税によって, 心には, 心尽しへでは, 心理を, 忿怒は, 恋人であった, 息子などの, 悪戯を, 悪政が, 意企に従って, 意見が, 意見に, 意見よりも, 戦場に, 戦意を, 所業では, 手からく, 手ごころに, 手を, 手柄であった, 手許に, 招待で, 拝が, 持つて, 指定宿舎も, 指導で, 指揮の, 指揮を, 採点の, 探索の, 接近した, 推定を, 推薦が, 提灯は, 揚饅頭の, 援兵が, 政策に, 数何人なる, 文人断圧から, 新輸送部隊, 方から, 方に, 方の, 方も, 方法は, 旗, 日々の, 暴虐は, 書いたもの, 曹, 最後的回答と, 月給などは, 有吉君から, 服を, 木下大佐も, 未亡人先妻の, 本庄大将である, 机の, 来たり, 松岡は, 格である, 案内で, 椅子に, 椅子の, 検疫を, 権威に, 横顔を, 檢定で, 歎願の, 武重中将を, 死に顔は, 死体を, 死骸が, 気持が, 永遠の, 池上四郎は, 法度を, 注意と共に, 流儀の, 災難話で, 無能を, 爺いさん, 牛馬を, 犬犬に, 率ゐる, 王垢が, 王垢も, 王垢を, 生命を, 生活に, 甥にて, 用か, 癖に, 発明です, 目が, 目を, 目録では, 盲愛か, 直筆だった, 相違した, 看守長が, 県軍が, 眼も, 石井菊次郎の, 確信決意統率力が, 礼服を, 祖先お, 祭詞を, 私などが, 稲を, 筆耕と, 答えの, 節級が, 精神状態を, 素質が, 細君が, 細君でも, 細君に, 細君らしい, 紳士が, 罠に, 署名が, 群臣六十余名を, 義と, 義弟の, 老人に, 老大佐, 老大佐殿, 考えが, 者は, 者も, 耿愚が, 職務を, 職権を, 職田は, 肖像幻灯に, 肩へ, 肩や, 背後に, 胸中には, 腐敗民の, 腸へ, 腹も, 臨官の, 自発的厚意による, 與かる, 良人を, 苛酷に, 若き後妻空蝉, 苦しみやら, 范國璋らが, 荷として, 落伍者の, 蒙を, 藤田明氏も, 虐政の, 處へ, 行政権の, 行為について, 袖が, 袷を, 裁判は, 補助では, 補助を, 補給が, 要求に, 見張り監督し, 見習ひといふ, 視力の, 言うこと, 言を, 言葉に, 言葉にも, 言葉を, 計算は, 訊問の, 記録に, 設置出産結婚および, 許に, 許まで, 許可が, 証言に, 試験が, 話に, 認可も, 説得で, 説得力は, 誰もが, 讒に, 谷干城少将が, 責任に, 費用少く, 贋物だ, 赴任を, 路銀関手形送り状それらの, 身を, 軍隊を, 輩が, 辞令を, 追討は, 通過許可証が, 通達が, 速水が, 速水や, 逮捕状で, 進退と, 運動による, 道徳とは, 遠景の, 遺産の, 邸宅屯倉民家なども, 部員から, 部屋で, 酒さかなが, 重田定一氏も, 銘々の, 鋭さに, 鋭敏な, 長として, 間で, 関せざる, 雁金検事は, 集合が, 青木大佐は, 面は, 領域では, 頭の, 頭を, 頭脳を, 顏を, 顏色が, 顔は, 顔ぶれを, 風俗を, 飛行機にも, 飛道具を, 馬賊は, 驕傲憎むべし, 骨ば, 高い九条植通, 高等な, 鶴の

▼ 官~ (450, 9.4%)

5 それを 3 言った, 静かに

2 [11件] お蝶, くち惜し, こんなこと, どこに, 女の, 手を, 殘らず, 眼を, 私が, 自分の, 警視庁の

1 [417件] あと十五分と, あなたの, あの青竜王, いかにし, いかにも御苦労千万, いかめしい顔つき, いたずらに, いって, いつもの, うなずきクイクイ, うれしそう, おそろしくの, おどろかれました, おのれの, おりがら日射病で, おれに, お許しに, かう言つて, かう言つて屹, かえって蝦夷人, かかる農民, かく再三脱帽, かねて, がっかりし, きっと思い知られる, こういう実験, こうした名誉, ここに, ことによる, この分署長, この戯曲中眼ざわりの個所, この死体, この満州国発展, この裁判手続き, この部屋, この飛行島, これが, これだけの, これを, こわい, ご自分, さあ, さっと顔色, しばらく黙っ, すぐさま三十六基, そこで急, そのとき腰, そのままに, そのカーテン, その中, その事情, その大きな鍵, その時, その書物, その用, その眼, その船, その説明, その頃名うて, それきり黙っ, それでも遠慮, それに, それらの, そんな追憶, たしかにゆっくりと, ただの, ただもう, たった二十分間, たぶんそんな, だまって, だれだろう, つかつかと, とう, どうしても許さぬ, どこか, どこまでも, どこを, にわかに平出, はしごの, はっきり自分, ふふふと, べつにわるい, ほとんど一代, まずかく, まずそれ, またこう, また云った, また火の見櫓, また特別, まだコーカサス, まだ帰京, まだ幽霊, まったくふだん, みなこれ一個の, みな御, みな貞盛の, みんなそれと, みんな地獄へ, むろんこうした, むろんそれ, もう一度, もう一歩追窮, やがて何, やがて眼, やっぱり死刑台, やっぱり玄人中, やはり早い, よみがえりこの, れいの, わが席, わざと丁寧, わざと落着き払つて言, わざわざこの, わずかに, インカ中の, インドに, ウイスト, カチンスキー, ガルチア・ホフレ・デ・ロアイサで, キリストに, クリストフの, クワッと, サッと身, シモン王に, ジャン・アジュルベエル氏が, ゾッとした, タマオに, テーブルの, ドウ診断しました, バスコ・ダ・ガマであった, プレスター, ボートの, ポケットから, マステルの, マストの, ミゲル・ロペス・デ・レガスピであった, ヨハンの, リーロフの, リーロフを, リーロフ大佐に, リーロフ大佐の, ヴァランタンの, 一団と, 一国の, 一門人若く, 三本腕の, 上下悉く, 下, 不安そうな, 不思議そうに, 不機嫌に, 中浜万次郎少年士官には, 中絶し, 中途から, 丸木を, 丸木戦争大臣の, 九等官なり, 二つ返事で, 二人であった, 二人に, 仁王の, 今どこに, 今は, 今やサイゴン, 今言明, 会釈した, 何に, 何も, 何よりも, 何度も, 余が, 余の, 作者に, 例によ, 例外として, 依然として動かない, 催促され, 先ず明法博士ら, 光線電話を, 入港した, 兵庫神戸付近が, 其時私かに, 出来るだけ, 刀を, 刑の, 初めて五, 前の, 前軍征西大将軍南鄭侯, 劉璋に, 労はる, 勝麟太郎運用方は, 勿論笑った, 勿論酸素瓦斯, 医者に, 十四で, 千手観音を, 博士に, 即座に, 厭世自殺と, 厳然として, 厳粛な, 取乱した風, 口を, 右近衛権中将を, 右近衛権少将に, 名刺を, 吐き出すよう, 命を, 命令を, 命令不, 嘗てその, 嘘を, 四十七隻から, 四郎先生と, 国費を, 土地の, 堺まで, 声涙共に, 外側に, 多く故事, 多少の, 多少面喰つた, 大いに怖, 大きく眼, 大きく肯いた, 大変に, 大聲, 大胆な, 太い息, 太刀川を, 太常, 太政大臣を, 夫人が, 妃殿下に, 妙に, 姿を, 安成貞雄氏だつた, 官制に, 容疑の, 対アカグマ国イネ州への, 小六, 小首を, 尚書左丞にまで, 州の, 巡査の, 布告を, 席を, 常の, 帽子を, 庭で, 引責覚悟, 当惑の, 当然死刑, 役人くさく, 役目について, 彼の, 後に云う, 徒らに, 従四位下右近衛中将, 御丁寧, 御封庫破り, 心を, 心外な, 必ず曰わん, 忙しそう, 応じない, 念を, 怒って, 思わず前, 思わず笑いました, 意の, 意外な, 懺悔し, 戦死せり, 投げるよう, 拙者を, 掌を, 教えられた道, 教化不十分の, 新聞紙の, 日本の, 日本民族を, 早いです, 明年において, 昭和四年東京女子医専を, 是れ, 時にこれ, 時に彼等, 時の, 更にテーブル, 更迭されなかった, 書記官石井菊次郎氏であった, 末山司令長官の, 本物でしょう, 机から, 村岡中将で, 束縛された, 東京湾上より, 松尾立造で, 松山の, 極力腹の虫, 極度の, 榎の, 次の, 殘され, 毎日の, 気がついたの, 永い間退席, 沈痛な, 河東の, 法王の, 泥棒を, 消えさり事務所, 深い溜息, 済州奉行所付きの, 温室を, 満洲, 滅多に, 濫汚又は, 無力な, 熟れた題, 熱心な, 熱心に, 爵位が, 特にこの, 率直に, 用が, 申すに, 疾医の, 發光し, 白川大将去っ, 白川義則大将であった, 皆な, 目下海軍高等審判に, 盲滅法としか, 直前まで, 真面目に, 眼鏡越しに, 硬くなっ, 碧い, 神を, 福建南端から, 私の, 私慾をのみ, 窓の, 竇に, 立ち上りかけたところ, 竜太郎の, 第七編隊, 節々の, 篠田を, 米国の, 紙片を, 紫衣を, 統帥権に, 絵島丸が, 絵島丸の, 絶えず事實, 絶えず天文, 考えて, 聞いたかも, 肩越しに, 胡散さうに頤, 胸の, 腕を, 膝を, 自分も, 船に, 芸術の, 落つき払つて返辞, 薄笑を, 行列の, 見て, 言い捨てたまま, 訊いた, 訊ねた, 誅求を, 語って, 語を, 誰で, 貴重なる, 車馬賃として, 軍の, 軍事学を, 軍帽の, 辛うじて脱出, 追撃した, 逐落され, 通らなかつた, 速かに, 連合軍の, 遂に白紙命令書百枚, 運命に, 部屋の, 郵便物が, 酸素瓦斯の, 重おもしくしかも, 金や, 鉄窓に, 防備にのみ, 降伏条項に, 降参人の, 降服者だ, 陪審長を通じて, 隊の, 離叛の, 電文の, 電話機の, 頬を, 頭を, 頷きぬ, 顔の, 飛行機で, 飛行機に, 飽くまで運命, 髯の, 龍夫と

▼ 官~ (349, 7.3%)

8 任ぜ 7 なって 5 向って 3 いる人, して, 任命した, 告ぐると, 嫁いで

2 [22件] あるは, なったので, なったよう, なった人, なつた, なると, 任命され, 任命された, 出で, 合せて, 名を, 向つて, 呼ばれて, 命じて, 報告しない, 對し, 愬へる, 案内せられ, 渡して, 當る, 見えて, 訴えたが

1 [270件] あげられ弟直義, あった太原陽興, あつて, あてたら何, あなたが, あまり多く, あまり長く, あらず一私人, ありついたもう, ありて, ありては, ありて事, あります, あるいはこの, あること, あるまじき悪行, いくらかの, いたが, いる者, おったにも, お前さん達を, お前を, お聞きする, きこえて, くれぐれもお, さうし, しては, してやろうと, するも, せられた, だたすと, だまされたと, ついた人, つき兼ねて, つき月給, つくこと, つくよう, つけば, とりはからわれて, なった, なったころ, なったつもり, なったに, なったの, なったら情婦殺し, なったん, なつて, なり威風, なる, なること, なるため, なるとか, なるの, なるよりも, なる必要, なる柄, なろうという, なろうとも, ほかならなかったの, もっと認識, よりて, わからせようと, わたすと, コルテスを, メルメデ・カションという, 一任される, 一任する, 一毫の, 七分を, 上らない間, 与え陸軍大臣, 仕えず代々里, 仕えて, 仕えては, 仕えること, 仕立てるの, 付いたもの, 付しこれ, 任じて, 任じました燻精, 任せて, 任命せられる, 似合わぬ非, 何事が, 倍, 備へ, 入る利益, 公然と, 内命を, 出さすの, 出たと, 出づ, 出づると爲, 出でたと, 出世する, 出来ても, 列し, 前後を, 勤めて, 化けて, 参集を, 參加させられた, 及ぶ, 反抗する, 反省を, 収めるの, 収め一半, 収め七分, 収め身辺殊, 受け或は, 叛い, 口実を, 同藩, 向かって, 向つてトルコ軍, 告げた, 告し, 命じられたので, 咎められる気遣い, 問い合わして, 在るもの, 報告し, 報告を, 声を, 売附けて, 外務を, 大利根博士邸の, 委ねフリードリヒ大王, 委任し, 媚びるけれども, 媚びる者, 嫌味を, 安ん, 宛てた手紙, 宸翰を, 容れざれば, 宿直の, 密告せる, 対って, 対抗できる, 対比される, 導かれて, 就いたもの, 就いた者, 就いて, 就いては, 就かんの, 就くべきを, 就く等, 居た, 属して, 属するもの, 属する家人相当, 左右から, 巨き, 幽霊を, 感ずること, 慄然と, 成りあがった挙句, 手渡しする, 手酷い一喝, 打電し, 抗し, 抗し威, 抜擢されました, 指令される, 挙用され, 推薦され, 擢でられた, 支配し, 支配すべき, 救援を, 敬意を, 数えるべきもの, 昇進し, 服する理由, 本づい, 正道なく, 此村川大谷兩人が, 求めさせしもの, 求めて, 沒し, 沒收され, 没収され, 没收する, 深見新, 淵源する, 渡した, 申されました, 申されました低い, 申されました陪審官, 申し立てれば, 申出ると, 申告し, 登つた者は, 睨まれて, 知らせなくちゃ, 知らせるの, 示した要点, 禁止の, 禄を, 私を, 突き放されもと, 立てられず唯, 管轄され, 簿を, 紀す, 納めるの, 納め父, 置こうという, 聞けば, 薄茶を, 見つけられても, 見立てて, 觸れし, 言上しぬ, 訟えよう, 訴えた, 訴えて, 訴え出た, 訴え出ると, 訴え女邯鄲師, 訴へて, 訴へる, 話して, 話しは, 話すと, 説得され, 諂い毫も, 談じ, 諭された趣意, 諭したま, 諮は, 譲りわれら一団, 質ねられ, 転じ本庁, 転じ栃木県知事, 転任, 輸す, 迎えると, 近い土地, 返す, 追いやられて, 追い立てられて, 送り糾明, 通知する, 遅れちゃ, 過ぎないという, 過ぎない勤め, 過ぎなかった, 過ぎなかったのに, 違ひない, 適し官, 選ばれた, 選挙された, 酷似し, 重大な, 関係ある, 限らずどんな, 随行する測, 雅味の, 集中した, 非ず, 面会, 面会を, 頭が, 頼って, 頼まれて, 願ひ出るなら, 首つ

▼ 官~ (247, 5.2%)

18 して 7 辞して 4 勤めて 3 もって, 捨てて, 退いて

2 [12件] やって, 免じ我職, 免ぜられて, 剥がれ世に, 広島へ, 抛つて公然, 歴任し, 登庸する, 置いて, 罷めて, 見て, 退いた後

1 [185件] あてこすつた面白い, あのホール, うけた, うるの, お訪ねしたら, ご存じありません, ご存じなかっ, したがえて, すてて, すれば, その儘任用, その管下, だまして, つとむべき, つとめて, つとめ田舎, とかれ別部穢麻呂, なされて, なすって, はじめその, はじめ兵員一同が, はじめ幕僚たちは, はずかしめずかつ, ひざまずかせて, よく知っ, カンづめにし大蔵省へは, 下らず牛車, 中心と, 乗せて, 介しネパール語, 任命, 作って, 侮辱なさる, 信用せぬ, 先に, 先頭に, 免ぜられた, 免ぜられねば, 免ぜられ京, 兼ねる, 出すこと, 初め二三の, 刺すの, 刺すやう, 刺そうと, 刺殺そうと, 刺激する, 剥がれて, 剥ぎ官嘉, 務めて, 医者の, 半円形に, 去る彼, 召し地方官, 召すの, 君づけ, 君の, 君側から, 呼びに, 呼び出した, 呼び出すが, 呼んで, 売って, 変えたの, 失ふが, 奉ず, 奪い且曰く, 奪われて, 始め幕僚の, 學士に, 守った, 官と, 少佐と, 差し来り講じ高麗一百七十六城, 帯し何, 帯びた朝臣, 廢し, 得たるは, 得て, 志ざして, 志望し, 志望する, 怒らしたよう, 怨みたけ, 恐れ官, 慕い官, 慕はず年齢八十を, 懲し, 戒飭し, 手古摺らしたの, 招いて, 拝し, 拝する, 拝命し, 持って, 捨て妻子, 捨て私, 捨て西方, 授けたこと, 有しなば, 望む者, 案内し, 棄つる事弊履の, 棄てて, 欠きたる生物, 欺きかつて, 欺くこと, 欺くは, 殺して, 殺せという, 活かしむる, 派遣し, 派遣する, 率いて, 率て, 相手に, 眩惑いたします, 督励し, 知って, 知つてゐる, 知らないか, 知り得たりとな, 立てた, 累ね, 経て, 総督制に, 置かぬ事, 置き狂妄, 置き鴻臚館, 罷めさせられたが, 罷めた, 罷めた後, 罷められたの, 羨まず, 腐蝕する, 自分から, 與へ, 與へた所が, 船に, 芸術の, 見まわした, 見ると, 見るの, 見較, 見送った事務長, 解かれ大戦, 設けたこと, 説いて, 貪ること, 貶しいや, 買つて出る, 買収した, 賜って, 賜わったの, 蹴て, 辞さぬ頃, 辞し, 辞した, 辞したが, 辞したる者, 辞した後商, 辞し御, 辞し都門, 辞せぬ時, 辭する, 迎えるよう, 退くより, 逐われた, 連れて, 遣して, 配置した, 金朴の, 離れて, 頷かせて, 頻りに希望, 頼みに, 頼み官, 顧みながら, 養成すれ, 養成せね, 首尾よく, 驚かした, 驚かすに, 驚かす文章, 髣髴し

▼ 官~ (233, 4.9%)

3 来て 2 あつた, これを, 家の, 政事の, 此の, 突く金総

1 [218件] あって, あつかって, あなたに, あなたを, あらわれた, ありこれら, あり内制, あるが, あること, あると, あわてて, いつたいどんな, いつも手放さず, いつも馭者, いないと, いる, いわれたらなかなか, おっしゃるとおり, おどろいたの, おれの, お氣, お蝶, ここ七日ばかりという, こっちへ, このよう, この招待, この機械, ご婦人がた, しらべて, じっと見つめてる, すぐ椅子, ずるさ, その下, その作品, その忙しい, その方面, その職権, たが, でて, どれだけ, にがにがしそう, まだ庭, みなてっきり, みんな正気の, めざましいはたらき, やって来て, やって来る, やって来るから, やつて, よく口笛, わざとレーマーゲン, わざわざ曝し, ゐるが, ゐる筈, キュバ総督に, ゴアを, パッタリと, パリジエンヌ, マックァサー元帥に, モスコーの, 一人も, 一人乗っ, 三分の一位しかして, 丸テーブルの, 主人相馬殿, 之を, 予定し, 事故現場へ, 二人その, 二人ながら, 云う, 五日の, 人間の, 今日まで, 任地へ, 会う, 何か, 何百人と, 作者に, 作者に対し, 借り占めて, 傍の, 僕に, 優秀でも, 入って, 入つてい, 入つて來, 公儀から, 公務の, 公金費消の, 六人二メートルくらいは, 其主の, 出さき, 出來, 出張し, 剣を, 勝れた底力, 勤まるでしょうか, 去って, 又十六, 司馬と, 同様の, 吏部郎まで, 告げたよう, 問題を, 外国の, 外国へ, 多額の, 夜会帰りの, 大きに狼狽, 大勢入, 大声を, 娘を, 子に, 定った, 宛名を, 家にと, 宿直する, 寝返りを, 就任の, 居ったが, 居ないの, 居られるの, 山梨に, 常識的に, 幇と, 弁護士を, 当分兼任する, 役目により, 彼の, 待って, 恥を, 感心を, 我隊を, 戦士を, 手に, 押しだまって, 押収した, 持って, 捧げて, 敬意を, 敬礼した, 數週間にわたって, 新設されなけれ, 明き盲でない, 春から, 昨夜芝居で, 来るでしょうお, 来るまでは, 果して動揺, 検査に, 検査の, 横手の, 次第書と, 武力を, 死んだ死刑囚, 殘らず, 殺されるだろうか, 毎日いりつ, 洒落て, 派遣される, 渋い顔, 火打石を, 片手に, 牢城の, 特に預かっ, 狂人に, 猟奇的な, 病間この, 真赤に, 眠る, 禁止を, 私の, 租税を, 窓の, 竝んだ, 終極という, 給与の, 羅馬の, 職を, 職業がら注意ぶ, 自らそういう, 自分で, 自己の, 色を, 英語に, 蜂の巣の, 血相を, 行くよう, 行政権を, 行政權を, 補祭の, 見えて, 視察に, 言うぜ, 言うと, 訊いた, 訊ねました, 訊問された, 設置される, 話す, 説明する, 調べものの, 談判中に, 赴任しまし, 転ずる人, 軽罪, 這入って, 邸にて, 部下に, 銀座なんかへ, 鑑識課の, 間違って, 集って, 静かに, 食堂へ, 首を, 黒い背広

▼ 官~ (122, 2.5%)

4 なつた 3 なって 2 いえば, いっても, なつて, なるにも, 参謀長の, 名乗って, 駐満大使

1 [101件] あのかた, いい後宮, いうなあ, いつたやう, いつて, いふ, いわれる位置, この髪, ころばぬば, した, し一五〇二年, し播磨, し関東軍独立守備隊, する臨検隊, その下, その部下, ちがって, なった, なったに, なったよう, なったバスク人マルチン・イリギエス・デ・カルキサノ, なった人, なった時, なられて, なりし男, なりそれ, なりたるが, なりついで, なりつる文士, なりて, なりアン女王, なりガアタア勲章, なりミュンヘン, なり両度欧洲, なり天保十二年, なり市役所, なり法王, なり法眼, なるが, なること, なるも, なるもの, なる筈, なれるコルラティヌス, トランプを, ハーカーと, リーロフ大佐が, 一寸一分も, 一緒に, 中佐と, 云ったよう, 云つた, 云ふも, 仰がざるべからざら, 会見した, 全く同じ, 分れて, 別れて, 博士とは, 同じく勝手, 同じに, 同一人物, 同時に哀れ, 名のり妻を, 向う正面, 呼ぶ, 嗅官とを, 外官とが, 大事な, 太刀川の, 小川中佐は, 少し話し, 師が, 幕僚とは, 思って, 慣れ合って, 戦史を, 政商の, 来てや, 水越台中州知事とは, 治定の, 為りし時, 相談し, 知合いに, 稱した, 米代表, 約束した, 結托し, 結託し, 考えること, 行逢刀を, 親族の, 諸侯の, 賊と, 賊との, 遊行女婦とを, 道學先生との, 重大な, 銃を, 雑談の, 顔を

▼ 官~ (117, 2.4%)

5 らしい姿 4 の生活 3 をし 2 がこの, のもと, の前, の家

1 [97件] かそれとも, から任命, か一私人, が, がまじりまじり, が一ヵ所, が一人, が下, が住ん, が勅使, が喪服, が地方人, が執務, が多く, が大, が天子, が幾月, が此, が源氏, が通行, だろうてめえ, であったから, である, で才, といった風, となされたい, との関係, と地方官, と婦人, と政党, と皇子がた, と秘か事, と考へられる, などに大, にし, にたてまつった, になりすまし, には帰化人, に仕える, に供, に扮, に申しあげた, に袖, に随行, のやう, のゆく, のよう, の一人, の中, の何人, の名, の報告, の多い, の子息, の尊崇, の左右, の帰還, の懺悔, の方, の村, の発企, の真前, の着用, の群衆, の腐敗, の言行, の話, の風習, はおん身, はこの, はまれびと, はみな, はやがて, は不思議, は小松谷, は小気味, は少時茫然, は平素, は怒っ, は皆輿, は順順, もしまいに, もする, も参集, や身分, をはじめ, を嘆美, を尊者, を持, を撃ちました, を攻撃, を映しだした, を留め, を見る, を迎えた, を迎えれ, 或は刀禰たち

▼ 官~ (63, 1.3%)

2 それに, それを, 七情も

1 [57件] あきれました, あった, いっこう實情, いなかった, いまは, いるわけ, この思い, しあわせ者だ, その頃同じ, たしかに私, どれだけかの, ひどい目, またじつに, よく諒, われわれも, ハッキリと, 一彦が, 三舎を, 亦外感, 亦後, 亦新聞紙, 人間である, 任地も, 何卒せめてこの, 全然求め, 兵部大輔より, 兼ねたまま, 出ても, 別に何, 君主一片の, 商賣, 型の, 夫れなら, 実に非凡, 寄せつけずありったけ, 少なくない, 得られず宮, 微笑した, 心を, 必要なく, 慾が, 手を, 新時代, 日本の, 民も, 煙に, 疲れた, 皆な下れ, 相手方の, 私も, 脱ぎ棄てた様, 辞したと, 進んで, 随分好人物, 随分若やいだ, 香しいこと, 駄目代議士も

▼ 官として~ (62, 1.3%)

1 [62件] おったため, ここに, こちらで, これを, すべてが, そこに, その地, その地方, だいぶ好い, やって来たの, チャンボウへ, 一言申しあげ, 三隻百十名を, 事実上フランスの, 仏印に, 仕えて, 伊藤, 余り評判, 働いて, 先頭に, 同乗し, 妙訣では, 官報局に, 宮中に, 就任し, 常に尾張, 復活しなく, 意の, 戦場へ, 整列を, 旅順から, 日露戦争に, 暮した, 朝廷を, 東京に, 民望を, 決死の, 派遣され, 淡路や, 相応しい器量, 確認する, 社會主義を, 穴に, 立つつもり, 聞えが, 聞得大君が, 行った演説, 親分エセックスの, 解除警報を, 許す可ら, 誰よりも, 赴いた折, 赴任した, 赴任中留守である, 軍務について, 農政には, 遠いところ, 随分質, 露西亜に, 頗る精励, 駅に, 龍山に

▼ 官~ (57, 1.2%)

2 が怖い

1 [55件] が七八人, が引, が捜査, だっ生, であろうと, でもそれ, とあったら, と仲よく, と入れ代わり, と合し, と撲り合っ, によくも, に取巻かれ, に号令, に命じ, に抗す, に捕まった, に斬られる, に殺される, に砲撃中止, の一人, の前, の大川村, の屯所, の折戸, の旗, の空, の討伐, の隊将, の隊長, の鬨の声, はかず知れずだが, はただ事, はちぢみ上がった, はどうも, はよく, は十人, は威儀, は清風山麓, は碌々, は黎明, もザワザワ, も公邸, を失ッ, を役使, を指揮, を斬った, を片付けた, を破っ, を襲, を見る, を追っかけ, を送り出した, ヲ相, 漸く多く

▼ 官たち~ (47, 1.0%)

2 の衣裳

1 [45件] が審議, が退出, が集っ, が青く, とおなじ, と共にうろたえ, と大事, に對, に次, に知れわたった, に祭器, に請求, のあらゆる, の供述, の像, の声, の手, の生活, の言動, の評議, の間, の顔, の食う, はただ, はにやりと, は一斉, は声, は意外, は早く, は残念, は決っ, は皆, は結局手型, は自分, は陸上, へこう, もその, もみなさ, も彼女, やまたは, をへいげい, をほし, を指揮, を撲りつけ, を鎮撫

▼ 官~ (46, 1.0%)

12 あつた

1 [34件] あだ名を, あつて, ありすぎた嫌, いた時代, いて, おいで, このとき, さその, してね, しびれを, そういう自分, その首, ぼくが, またブルターニュ, 一ばんえらい, 世襲である, 九等出仕某という, 人を, 任国には, 低い官, 作つた目録は, 名を, 坊主の, 宅の, 山の, 当時近習詰に, 敬虔な, 江戸定府にな, 焔羅王の, 生命を, 西氏とも, 詔勅命令の, 重大な, 陸軍少尉の

▼ 官から~ (44, 0.9%)

1 [44件] いつまでも, お話の, この雲長, さけること, です, にわかに秘密命令, へんじが, もらえる薄給, ゆるされたもの, ゴンゴラ総, 一場の, 一物をも, 云っても, 使者を, 内務省へ, 出たもの, 副司令, 各砲台, 命じられて, 国語教育について, 外務省へ, 大變小言, 年々定まっ, 忘れられた頃, 感状だ, 拘引せられた, 支給され, 渡された紫外線灯, 激励の, 申しつけが, 福を, 科学や, 給され, 給された, 聞き得て, 落伍し, 言いつけられた命令, 訊き取ったり, 評定所を, 諭告が, 責らる, 賊寨へ, 賜らなかった, 返書が

▼ 官~ (43, 0.9%)

6 の日記 2 の文書, の書類, の秩序, の腐敗, の記録

1 [27件] で君, においてその, に上る, に上申, に不, に反故, に呈した, に呈する, に売り渡そう, に奉仕, に存せざりし, に届けよ, に引き渡し, の会計吏, の公認, の制, の力, の召使いどもめ, の吏人, の命令, の藏書, の豹変, をそしる, を奴隷, を恐る, 及び地方庁, 及び地方廳

▼ 官~ (41, 0.9%)

2 の令旨, の命, を奉じ

1 [35件] があ, がある, が何回, が来, が飛び, などが見られる, には変った, の一ツ, の令, の写し, の効果, の御, の言葉, の通達, は下, は降った, もそれぞれ, をいただき, をうけ, をうけた, をうける, をかしこみ, をもたらす, をもっ, を下さる, を下され, を下し, を仰ぎ, を受け, を布令, を持つ, を発し, を給, を請う, 去る承

▼ 官~ (37, 0.8%)

2 の中, の前, の目録, へおいで

1 [29件] から幾ら, にある, に保存, に充てん, に忍びいる, に没収, に没収其外, に納むべ, のもの, の戸, の戸前, の扉, の方, の書目, の物, の財宝, の財政, の鍵, の闇, の附近, の騒動, は彼女, は開かない, へ日本左衛門, へ輸送, を無益, を破った, を荒らした, 荒しの

▼ 官~ (34, 0.7%)

1 [34件] あるため, があっ, がある, が書い, が行われた, であって, でその, ではない, で呼ぶ, で奉職, とか屋敷, など細か, なんぞも古い, に就, の僭称, の肩書, の部, は介, は勝手称え, は更, は総理大臣, ばかりの人々, または尊稱, を, をゆるされた, を与え, を史実通り, を呼ん, を持たぬ, を持つた, を擧げたる, を早蕨典侍, を考證, を記せる

▼ 官~ (33, 0.7%)

2 にて今, に寄, の善き, の許, はもと心, は余, は遂に

1 [19件] かの時, から大臣, から宗皇帝, との間, に命じ, に暗号電報, の案内, の死骸, の腦天, の覚え, の覺, の革帶, はひどく, より再三, より被, を待ちうける, を待っ, を殺した, 罷出茂田君

▼ 官~ (30, 0.6%)

3 の流れ 2 の大敗

1 [25件] から潰乱, とかの要地, において惨敗, のあたり, の下流, の兵, の北岸, の北方, の地, の地勢, の大戦, の守り, の山野, の戦い, の敵陣, の本陣, の水, の浅瀬, の留守, の陣, の難所, へ, へ攻めかかっ, をすて, をはなれ

▼ 官~ (29, 0.6%)

4 仕へ 2 軍人抔では

1 [23件] エズイタ思想です, ナポレオン時代の, ヨハンにまで, 仕え人, 会社員等としても, 兵の, 同僚たちの, 吏生など, 商務官その, 大学の, 富者の, 巫術者の, 廷臣や, 懲治官等に, 枢密顧問官, 武官や, 臨時に, 警察の, 身分の, 郷賢を, 銀行などといった, 銀行関係を, 長官だった

▼ 官~ (28, 0.6%)

2 を帯び, を蒙り

1 [24件] で内地, で出張, で東洋, で碑林, で臨江, で視察, で転職, で遣っ, とはいい, にこたえ, にたいして諸国, によってその, によって出張, によって取払われた, によって河, に依っ, に因, のご, の役目, はある, を以て黒部川, を伝える, を受けた, を称え

▼ 官~ (23, 0.5%)

1 [23件] であり常に, であり武士階級, である, であるが, でも, で旨い, なところ, なギャラップ博士, な即ち, な場所, な悪, な米国世論調査所, な組織, な芸術家, にいいあらわし, にし, になっ, にやはり, に人麿, に切実, に直接, に身体的, のもの

▼ 官には~ (22, 0.5%)

2 誰が

1 [20件] あの土地, かえって腹立たしく, この理由, そこに, その怖, てんで分っ, どうしても事, なれない, まだお, ドゥアルテ・デ・メネゼスが, 一点の, 何の, 何らの, 何処か, 分らない, 向かないとさ, 池上少将が, 目も, 秘密が, 補せられて

▼ 官~ (22, 0.5%)

2 訴えて

1 [20件] 反抗を, 報告が, 媚びんと, 寄附する, 密告された, 届けるであろう, 届けるの, 差し出すが, 御自身, 没収され, 没取された, 無線電話を, 申し送るべく次, 租税を, 突き出して, 突き出せば, 訴えても, 賜暇願いを, 辞表を, 願い出で宙

▼ 官公吏~ (22, 0.5%)

1 [22件] が合祀, が斜二, が神社, というもの, とかの責任, の亡状, の任免黜陟, の公的資格, の合祀, の書上, の社会的地位, の罪冥, の腐敗, の間, はなるべく, は故, も亦, や不埒千万, や社会人, をあるいは, を戒飭, を派し

▼ 官~ (21, 0.4%)

2 の庭, を出た

1 [17件] から食事, が隣, で休ん, で食事, と私, にゐる, に住ん, に杉村氏, に泊る, に遊び, の一室, の前, の如く, の裏, の近く, の隣, を訪

▼ 官殿~ (20, 0.4%)

2 の死

1 [18件] が幕府, が日本, が死んだ, です, とブレインさん, と呼ばれてる, に引渡します, のあと, の腰の物, の遺志, の霊, は何, は死なれた, は自殺, は良心, ばかりでなく, もなあ, より受領證

▼ 官~ (20, 0.4%)

2 の大輪田

1 [18件] からといずれ, で, というの, といわれた, ならば, に住ん, に在った, のどこ, のやしき, の唐物屋吉田吉兵衛, の宿, の富武様, の旗本町, の正造, の通り, へき, へもどっ, まで立ち寄った

▼ 官~ (20, 0.4%)

3 の女

1 [17件] がもう, が信成, が入っ, が早く, この成金, となつ, と中間, と云, に至る, に頼ん, の妻, の手, は京都, は同じ, は歿, を, をまう

▼ 官という~ (19, 0.4%)

3 ものは 2 ものの

1 [14件] お役, のは, ものかと, ものが, ものを, やつで, ような, 光栄ある, 八等官が, 用向きで, 規定が, 観念が, 言葉は, 訳で

▼ 官である~ (18, 0.4%)

2 がゆえに

1 [16件] からたとえ, から身分相当, が併, が天子, が至極船, ことは, ことを, だけに速水, とすれ, のか, デフレラトウイッチ陸軍中佐らに, ルネル氏という, 人, 僧正が, 前野良沢の, 富岡達に

▼ 官たる~ (16, 0.3%)

2 に過ぎざりき, 直也の

1 [12件] おれの, ことは, の印綬, もの前に, わしの, 伯爵クータール将軍が, 岑威が, 左衛門尉, 彼等の, 自分とが, 身であり, 鷲尾順敬博士も

▼ 官でも~ (16, 0.3%)

1 [16件] あつた, ついにう, ないぞ, ないの, ないのに, なくもはや, 何でも, 厳重に, 手を, 新聞記者でも, 欧米に, 水軍を, 生きて, 確かに, 親の, 賊でも

▼ 官兵衞~ (16, 0.3%)

2 といふの, の死骸

1 [12件] が死んだ, に手ぐり, の好み, の姪, の家, の手箱, の胸, の首, は, は名代, は心, を殺し

▼ 官~ (15, 0.3%)

1 [15件] から, からそう, がずいぶん, がどういう, し越後守仲時, つてもう, という人, とお答え, とか留学生, との見解, と思う, な, なと思った, なんて思つて, よ

▼ 官~ (15, 0.3%)

2 の自動車, を帯び

1 [11件] だか, で某所, にもせよ, の太平車, の旅程, の織物, の路, の輸送, の飛脚, も果たし, を弁理

▼ 官閣下~ (15, 0.3%)

1 [15件] お使者, からお, から御, ただ今わ, と同列, どうぞ, に御, のおっしゃる, の厳令, の命令通り, の烱眼, は出動, もうだめ, を御, ノ健康

▼ 官とか~ (14, 0.3%)

1 [14件] いやそれ, でその, 七政とか, 五等官とかいう, 内官とかいう, 外務省情報部次長なぞという, 富豪とかの, 教育家とか, 教育家とかいう, 神祇官であった, 聞いたが, 軍部という, 通訳とか, 領事とか

▼ 官~ (14, 0.3%)

3 助の 2 助が, 助は 1 を悪, 助ぢ, 助といふ, 助に, 助ばかり, 助後に, 助比田小伝次永瀬七三郎三人の

▼ 官~ (14, 0.3%)

2 に奴婢, を早く 1 という姿, において舞踏大会相催し候, に宿泊, に至り, のあった, のよう, の堂々, へ行っ, まで願書, もその

▼ 官~ (14, 0.3%)

1 [14件] で今, にゆられ, に夏日, に往, に棄つる, に横たわり居る, に添っ, の多摩郡中, へ横たわり行く, までつつがなく, をすくんすくん, を急ぎぬい, を悠々, を破る

▼ 官ケレンコ~ (13, 0.3%)

2 だった

1 [11件] とともにその, とリーロフ大佐, のきびしい, の号令一下, の命令, はその, はそれ, はふとい, は太刀川, は対日戦, は座席

▼ 官~ (13, 0.3%)

2 の前

1 [11件] であった, ではその, で何, とかいう札, とかいふ札, において池上少将, にストーブ, に用, の激論, へもぐりこんだ, へ向かった

▼ 官とは~ (12, 0.3%)

2 座頭に 1 けっして名乗らず, そこでしばらく, ならず親友ペドラルヴァレス・カブラル, もともと外交, 云ひ, 打って, 温室の, 縁遠いもの, 見えた, 阿部家の

▼ 官~ (12, 0.3%)

2 や大寺 1 じゃない, で云つて, にでもつとめ, の在, の寺社關係, の曠職, の職責, の許可, も親子, や學校

▼ 官~ (12, 0.3%)

1 [12件] が出来, であった清朝, であって, であつ, である, であろうとも, ではあります, の, の五彩, の品, は無益, を推賞

▼ 官であった~ (11, 0.2%)

1 [11件] かそれ, から三河, が彼, が英国, が語学, けれども地方, この上, ということ, ゲーテの, 公卿が, 吉田茂が

▼ 官~ (11, 0.2%)

1 [11件] が檣頭, が海賊たち, である, でござれば, に近づい, の上, の廻漕, の廻漕日, の横ッ腹, を除く, ヲ剽掠シ

▼ 官~ (11, 0.2%)

2 の慰安, を動す力 1 とは陳べられ, に強い, の欲求, の洗練, の興奮, よりも鮮明直接, を併せ

▼ 官より~ (10, 0.2%)

1 たすけ半, またまた拒絶理由通知書, もらいしなり, ナポリの, 他には, 出ず, 右よ, 無理に, 直接とは, 香蕈を

▼ 官らしい~ (10, 0.2%)

2 男が, 紳士が, 霜降りの 1 のが, ドイツ人が, 口調で, 如才の

▼ 官会議~ (10, 0.2%)

1 からは帰県, という, に再び, に多少, に於, の席上, の設置, の随行, の随行中文部省, を開いた

▼ 官~ (10, 0.2%)

2 之人 1 であれ豪族, に輸し, に達す, の余剰物資, の制度, の意, の歌即, へもお

▼ 官~ (10, 0.2%)

1 では尋常茶飯事, ともに大器, にゐた, に入る, に収め, に身, に飛び込まれた, の生活, もやはり, 行かば

▼ 官~ (10, 0.2%)

2 を与え 1 いただく人々, の一銭, の有る, はまだまだ, を与える, を懸け, を捨てる, を進め

▼ 官では~ (9, 0.2%)

1 ありますが, あるが, きっと思うであろう, 先ごろ問罪使を, 冷淡を, 制裁を, 取り上げなかった, 比べものにも, 目こぼし

▼ 官~ (9, 0.2%)

1 があらかじめ, とともに宇品, に不安, の躍る, は一人, は会議, は再び, は非常処置, も相つい

▼ 官人たち~ (9, 0.2%)

1 が各, だけが精勤, である, の名, はお互い, は生きる, は車, への纏頭, よりもむしろ

▼ 官~ (9, 0.2%)

1 がこれ, だけの氏名, であらう, であるより, でその, で渋江, と町医, の玄庵先生, は公

▼ 官~ (9, 0.2%)

1 でその, に使役, の本事, の禁遏, の私有, の馳使丁, は皆王臣, 其の密使, 追捕

▼ 官学校~ (9, 0.2%)

1 でその, で養った, に従事, の広い, の生徒, の軍艦飛鷹, は教育入用, へ入れ, を襲い

▼ 官~ (9, 0.2%)

1 になつ, になつて, に反旗, に対する, に油画, の出品, の審査員, は所詮, 無審査員

▼ 官~ (9, 0.2%)

2 を問わず 1 にわたって約, の仕事, の唱道, の変革, の学校, の諸, を比較

▼ 官とも~ (8, 0.2%)

1 あるもの, あろうもの, いう, いふ, なった, なりました, 交わった, 称すべきもの数十名

▼ 官について~ (8, 0.2%)

1 おる, その疑, 下つた生侍, 何か, 多忙に, 規定し, 評判が, 詳細に

▼ 官ハヤブサ~ (8, 0.2%)

1 が身, じゃない, とおどろき, にゴールド大使, の口, の耳, はますます, は蒼白

▼ 官~ (8, 0.2%)

1 とあとかた, に満ち, の焼打ち, の物, を守るべく, を焼い, を破り, を開放

▼ 官~ (8, 0.2%)

1 というは次, というもの, となす, となり, と云い, の類, や家人, 及び官奴婢

▼ 官~ (8, 0.2%)

1 から推す, ができた, である, の略, は下, は文明五年以来, より観れ, を持った

▼ 官です~ (7, 0.1%)

2 から頭 1 からどうしても始終, だけれどもわたし, なさけ用捨も, もの, わね

▼ 官としては~ (7, 0.1%)

1 おそらく谷野せつ氏一人, ゼロだ, 一つの, 一番偉い, 明智光秀が, 零だ, 面白い檜舞台

▼ 官によって~ (7, 0.1%)

1 左右され, 得られたモンテノッテ, 決定されるべきである, 治められて, 知覚さるる, 訓練され, 首に

▼ 官はん~ (7, 0.1%)

1 にこの, に否, に応, に柿, に軋, の傍, の方

▼ 官夫人~ (7, 0.1%)

2 として巴里辺 1 という華やか, としての社交生活, と名乗る, に大儀そう, のチェフタリョワ

▼ 官~ (7, 0.1%)

1 と獰猛, に敬礼, の活動, はいよいよ, は死後経過時間, は王様, やおべっか使い

▼ 官であり~ (6, 0.1%)

1 且つスパイ, 作家である, 共和より, 有名な, 立派な, 親衛軍の

▼ 官ども~ (6, 0.1%)

1 が争う, が領分, のやる, の独裁, の馬, をことごとく

▼ 官にも~ (6, 0.1%)

1 なった人, なんらかの使嗾, 何も, 危険は, 報告しよう, 来て

▼ 官~ (6, 0.1%)

2 にも往々 1 に伊沢氏, に見えぬ, の老, の郡吏

▼ 官使~ (6, 0.1%)

5 の一行 1 純行等三人

▼ 官~ (6, 0.1%)

2 を捨て 1 となりし, を使用, を去っ, を拝借

▼ 官奴婢~ (6, 0.1%)

1 とも, と家人, と私奴婢, はこれ, は年六十六, を解放

▼ 官~ (6, 0.1%)

1 であるといふ, と違, に對抗, の俊才, の敵國, の文科出身者評論

▼ 官~ (6, 0.1%)

2 を刺戟 1 に異常, を慄, を襲う, を通じて世

▼ 官~ (6, 0.1%)

1 にきい, にもよろしく, のお, の御, の顔つき, もそれ

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 それとも大佐くら, わからないよう, 何か, 参謀長かの, 將官の

▼ 官たり~ (5, 0.1%)

1 しが, しなり, し職, し荒尾, 私たるの

▼ 官だった~ (5, 0.1%)

1 そうです, という老人, のか, わけで, 人で

▼ 官といふ~ (5, 0.1%)

1 ところだ, ものに, ものは, 役人一人は, 樣な

▼ 官とかいう~ (5, 0.1%)

1 哲学上の, 空想で, 話であった, 連中は, 連中ばかり

▼ 官としての~ (5, 0.1%)

1 図書館長として, 威厳を, 席順にまで, 権力を, 活躍の

▼ 官などは~ (5, 0.1%)

1 まったく手, 其れ, 形態學的に, 普通三年位で, 皆一族で

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 妹ニ袴, 差宿也, 御宅ニ出頭シテ, 正シイ, 裁許ヲ

▼ 官~ (5, 0.1%)

2 の暇 1 が稍, に覊, 少く山

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 であって, とのみが歴史, のうち, の美, や在銘

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 と化し, には, に絶った, の如き, の常態

▼ 官姓名~ (5, 0.1%)

2 を名 1 をはっきり, を云, を名乗る

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 を交付, を相せしめた, を置き, を逮, を逮捕

▼ 官属主義~ (5, 0.1%)

2 の内閣 1 にし, の属僚, は独り藩閥者流

▼ 官幣大社~ (5, 0.1%)

2 にし 1 がある, になる, に列し

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 が毎日乳, でも, にしたがっ, のお話, へ著き

▼ 官諸氏~ (5, 0.1%)

1 が一語一語舌端, に来っ, の現に, の門, は忠誠

▼ 官~ (5, 0.1%)

2 の別 1 の名分, の間, 両軍とも

▼ 官~ (5, 0.1%)

1 の事, の蹄, はお, は斃, を返納

▼ 官との~ (4, 0.1%)

1 仕事も, 会見によって, 名前を, 間に

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 のだ, のだらう, ので在外中, んです

▼ 官に対する~ (4, 0.1%)

1 内官と, 処置法も, 刑事訴訟法の, 向っ腹

▼ 官をも~ (4, 0.1%)

1 不思議と, 少し進ませ, 見ざるによりて, 銃殺させる

▼ 官一同~ (4, 0.1%)

1 を召集, を無, を顧み, 申し合わせて

▼ 官~ (4, 0.1%)

2 をし 1 か何, こういう手合い

▼ 官人ども~ (4, 0.1%)

1 ではありません, とは違っ, は何者, を誅伐

▼ 官人ら~ (4, 0.1%)

1 によって次々, の接触, 居並び背後, 続いて

▼ 官以外~ (4, 0.1%)

2 にさう 1 にそう, の聴

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 が政府, が過去的, その外それら, の借りる

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 に差しつかえあるべし, の藏本, や神祇官, を見

▼ 官及び~ (4, 0.1%)

1 その友, トスカーナの, 学校諸員は, 貴艦隊

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 が文人, の羽織袴, は, ヲ命ジテ此国ニ

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 司徒の, 宰篇に, 羽中将の, 羽中将は

▼ 官屬主義~ (4, 0.1%)

2 の内閣 1 にし, の屬僚

▼ 官左衛門~ (4, 0.1%)

1 がお, に打ち附けん, に渡しし, の悪口

▼ 官~ (4, 0.1%)

2 で薬舗, の舗

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 か國幣, が頒, と祝詞, を受け

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 じゃあ寝込み, で寝, のほとり, の内

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 であるから, の, の国史, の維新史

▼ 官撰国史~ (4, 0.1%)

1 の主要, の天智, の記事, はこの

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 に対して虫けら, をひるがえし, を下ろした, を持たない

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 にある, には種々, の五部, の目録

▼ 官武一途~ (4, 0.1%)

3 はもとより 1 も上下一和

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 を典, を弁償, を掠め, を船ぐるみ

▼ 官私立~ (4, 0.1%)

1 の区別撤廃, の諸, を隔てず, 大學

▼ 官~ (4, 0.1%)

2 の家 1 の人, は上

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 だけの権力, ならぬ鉄道, の駅夫ら, はやはり

▼ 官~ (4, 0.1%)

1 などは第, のフォスコロ, はまっ, を拝

▼ 官階級~ (4, 0.1%)

2 の家 1 だと, の趣味

▼ 官あたり~ (3, 0.1%)

2 ならまだしも 1 を狙っ

▼ 官ある~ (3, 0.1%)

1 にあらざる, を知り, 人農を

▼ 官からの~ (3, 0.1%)

1 無電が, 申告によって, 通知書が

▼ 官した~ (3, 0.1%)

1 とか朝廷, のでこの, 披露目の

▼ 官その~ (3, 0.1%)

1 夫人と, 生まれ在所は, 行装を

▼ 官としても~ (3, 0.1%)

1 一流の, 吉田さんは, 朝廷に

▼ 官など~ (3, 0.1%)

1 する人, 国王と, 最も適任

▼ 官などが~ (3, 0.1%)

1 よい邸, 殺されたり, 置かれた時代

▼ 官なども~ (3, 0.1%)

1 唐代には, 姿も, 彼女の

▼ 官などを~ (3, 0.1%)

1 してさ, 擒に, 罐づめにして年内に

▼ 官なんか~ (3, 0.1%)

1 こっちで, ぢや, やって

▼ 官にな~ (3, 0.1%)

1 つた, つて変な, つて詰襟を

▼ 官まで~ (3, 0.1%)

1 昇り面白, 進んだ, 飛んだ目

▼ 官よりも~ (3, 0.1%)

1 前に, 遙かに, 駐在武官の

▼ 官を以て~ (3, 0.1%)

1 感情に, 行ふ, 軍に

▼ 官アグラス~ (3, 0.1%)

1 がいった, のこえ, は丸木

▼ 官コワリョーフ氏~ (3, 0.1%)

1 のお, のもの, の鼻

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 仰ゲリ, 在テ君, 或ハ貴族院勅選議員ニ任ゼラレ

▼ 官マックアーサー~ (3, 0.1%)

1 から提示, に送られ, は

▼ 官七官~ (3, 0.1%)

1 のあり, を有しな, を知り得たり

▼ 官以下~ (3, 0.1%)

1 に鳥目五百貫, の士官達, の騎馬列

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 だよ, の方, を取っ

▼ 官兵衞殿~ (3, 0.1%)

1 が昨日, の外, は二階六疊

▼ 官医中~ (3, 0.1%)

1 には漢方医, に蘭軒, に見えない

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 での話し声, にいた, に集っ

▼ 官~ (3, 0.1%)

2 から出た 1 が二つ

▼ 官打ち~ (3, 0.1%)

1 と申します, に致される, の御

▼ 官撰史~ (3, 0.1%)

1 から判断, は諸国, を必要

▼ 官新聞屋~ (3, 0.1%)

3 は素寒貧

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 のある, を伐っ, を間引く

▼ 官汚吏~ (3, 0.1%)

1 の手, はしばらく, は賄賂

▼ 官池上少将~ (3, 0.1%)

1 は一彦少年, は塩田大尉, をはじめ幕僚一同

▼ 官海游泳~ (3, 0.1%)

1 といふもの, の技巧, をする

▼ 官生活~ (3, 0.1%)

1 というもの, をし, をした

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 とも云, はあ, も無く

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 の下, の妖人, を脱い

▼ 官~ (3, 0.1%)

1 のしめやかさ, は目, を修練

▼ 官試験~ (3, 0.1%)

1 や高等文官試験, をうけ, を受け

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 ぬしは, 上り遊ばし

▼ 官および~ (2, 0.0%)

1 五百人会議員立会の, 幕僚と

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 ていた, 記念の

▼ 官じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないから, なかったかと

▼ 官その他~ (2, 0.0%)

1 あらゆる文官, の幹部

▼ 官たらしめ~ (2, 0.0%)

1 むとすることが亡兄榛軒の, むとするは兄榛軒の

▼ 官だけ~ (2, 0.0%)

1 あつて悠々, ですから

▼ 官でしか~ (2, 0.0%)

1 あり得ないなんて, ない

▼ 官とが~ (2, 0.0%)

1 こえの, 平行し

▼ 官とな~ (2, 0.0%)

1 つたのは, つて後も

▼ 官どの~ (2, 0.0%)

1 に一言, に笑われる

▼ 官なら~ (2, 0.0%)

1 ざるも, ば何人

▼ 官なり~ (2, 0.0%)

1 または他, カエサルが

▼ 官なる~ (2, 0.0%)

1 ものあり, ジェームス

▼ 官なんて~ (2, 0.0%)

1 ものが, 皆駄目さ

▼ 官にとっては~ (2, 0.0%)

1 あらゆること, 今もっ

▼ 官にのみ~ (2, 0.0%)

1 属して, 通用する

▼ 官のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず, ならず三等官

▼ 官への~ (2, 0.0%)

1 叛乱である, 絶対服従を

▼ 官もしくは~ (2, 0.0%)

1 位が, 荘民の

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 君の, 山屋敷の

▼ 官をば~ (2, 0.0%)

1 容易に, 殘らず

▼ 官ゴフ~ (2, 0.0%)

1 と計り, の甥

▼ 官ゴンゴラ大将~ (2, 0.0%)

1 が口, はかまわず

▼ 官パアシング将軍~ (2, 0.0%)

1 がある, の舅

▼ 官七十三刻~ (2, 0.0%)

2 と定められ

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 けを切り離し, は御免

▼ 官三人~ (2, 0.0%)

1 の罪, も縁

▼ 官二人~ (2, 0.0%)

1 は二親, は紐

▼ 官~ (2, 0.0%)

2 曰卑狗副

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 には蔡大臣, に請

▼ 官人気質~ (2, 0.0%)

1 の小, の権化

▼ 官人生活~ (2, 0.0%)

1 に入り立つ, の裏面

▼ 官仕し~ (2, 0.0%)

1 て利禄, て秘書監

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 が諸道, を以て

▼ 官仲間~ (2, 0.0%)

1 には可, をターリング

▼ 官公立~ (2, 0.0%)

1 と私立, 諸大学

▼ 官公衙~ (2, 0.0%)

1 や大, 大建築物

▼ 官兵ども~ (2, 0.0%)

1 はそれ, をみなごろ

▼ 官兵等馬筏~ (2, 0.0%)

2 押し破られて

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 多排布, 多羅列其近傍

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 の二重戦略, の圧迫

▼ 官務的性質~ (2, 0.0%)

1 を帯びたる, を帶びたる會合以外

▼ 官化石~ (2, 0.0%)

2 を探す

▼ 官医玄庵先生~ (2, 0.0%)

1 から耳, のお

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 商であった, 商の

▼ 官即ち~ (2, 0.0%)

1 後世の, 循吏といふ

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 され藩士, の半ば

▼ 官名人名等~ (2, 0.0%)

1 に求むる, の考證

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 に流され, の地

▼ 官~ (2, 0.0%)

2 の神地

▼ 官夫人チェフタリョワ~ (2, 0.0%)

1 だの佐官夫人ポドトチナ, のところ

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 である, の言

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 などの渡御, の神仏群行

▼ 官姜錫鎬~ (2, 0.0%)

1 及び参領李敏和, 及び參領李敏和

▼ 官學出~ (2, 0.0%)

1 の學者, の文學者

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 で昔, にあります

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 野道瑛の, 野道秀が

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 にある, の林

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 に到着, をおかし

▼ 官市役所員それ~ (2, 0.0%)

2 にドクトル

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 に近づく, の後

▼ 官常に~ (2, 0.0%)

1 臘を以て, 臘除夕を以て

▼ 官引き~ (2, 0.0%)

2 攫浚付たり

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 出迎, 宿泊所という

▼ 官志望~ (2, 0.0%)

1 とか又, とやら聞きました

▼ 官意識~ (2, 0.0%)

1 からいっ, が当然

▼ 官或は~ (2, 0.0%)

1 政治家たる者は, 族姓を

▼ 官戸官奴婢~ (2, 0.0%)

1 とも, と家人

▼ 官文書~ (2, 0.0%)

1 などに拠った, を判

▼ 官~ (2, 0.0%)

2 まで公定

▼ 官時代~ (2, 0.0%)

1 でありコルシカ人, にその

▼ 官曰卑狗~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 官曰多模~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 官曰彌~ (2, 0.0%)

2 彌副

▼ 官曰爾支~ (2, 0.0%)

1 副曰泄謨觚, 副曰泄謨觚柄渠觚

▼ 官書記~ (2, 0.0%)

1 があっ, でロックヒル

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 は不渡り, を持つた

▼ 官松平伊豆守~ (2, 0.0%)

1 の子供, は攻囲軍

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 でお, を携え

▼ 官没せられた~ (2, 0.0%)

1 のであった, もの或いは

▼ 官海游泳術~ (2, 0.0%)

1 といふ言葉, の祕訣

▼ 官物官金~ (2, 0.0%)

1 の配当, の配當

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 の称号, もたくさん

▼ 官的官僚団~ (2, 0.0%)

1 であって, と一応

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 の特典, の祭

▼ 官知社~ (2, 0.0%)

1 として奉幣, を潰し

▼ 官祿~ (2, 0.0%)

1 あらず何, を懸け

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 も政事, を削る

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 は松前, 退く

▼ 官血液~ (2, 0.0%)

2 及び皮膚

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 を仰いだ, を請う

▼ 官覚的~ (2, 0.0%)

1 では, のそれ

▼ 官~ (2, 0.0%)

1 の尊貴, は気の毒

▼1* [597件]

つて人の, 官あべこべ砲のこと, 官あるいは判検事あるいは, 官あれです, 官いつぞやは, 官呈せしとかや, 官からは何かと名, 官からも役人が, 官がたは私, 官ぐらいに何が, 官ぐらいにはなるだろうが, 官ここへ来い, 官こそが殿下の, 官この二冊をもって, 官これを拒み, 官ころびばてれんと憎みました, 官されて源氏, 官さんのよう, 官じみた事なかれ, 官そうして耳が, 官そつくりなの, 官それだけの夢, 官たかを聞い, 官ただ今征討軍本部から, 官たらしめんか, 官たらしめたカストラトスは, 官たらしめようとした, 官たらんことを, 官たりとも国家の, 官たるべき力量を, 官たるべしと, 官だけは決死の, 官だけを怨むの, 官だったら一瞥し, 官だって今じゃ, 官だつたか, 官だの僭上説を, 官つまり少佐の, 官んだ, 官でありしリー, 官でありますがこの, 官であるごとく宗教の, 官であるだらうが堀達之助, 官であるならばこちら, 官でさえその十分の一, 官でしたから役所, 官でもが姿を, 官といった体裁で, 官とかにずいぶん役立つ, 官とかを勤める華尾高楠, 官とて信用は, 官とともに一派を, 官とまでいわれる谷邨一佐氏, 官とやらで夫人, 官とを兼ねたもの, 官と共に心残りなく, 官なきものの, 官なしとせん, 官なぞという者は, 官などというものは, 官などに眼も, 官などには特に必用, 官などのゐる障子, 官なにがしがこの, 官なみに公開, 官なりがいかなる思想, 官なりに一任する, 官なれば近く, 官なんかに向かない事, 官における身分は, 官にでもならない限り, 官にとっての痛事であった, 官にとってもまたわれわれ, 官によつて倶不戴天の, 官により統一運用したなら, 官によりてこれを, 官による結婚式を, 官に関する事を, 官のこらずがあつまっ, 官のみにて他の, 官のみを有して, 官はじめ幕僚は塩田大尉, 官はとある小さな, 官ばかりでは, 官ぶりは至って, 官へは何程の, 官へも訴えて, 官まがいのジェスチュア, 官また天の, 官までが当選し, 官みずからの図面, 官みたいに勿体ぶっ, 官めかしい表情も, 官もう一人は, 官やがその前後策, 官やら海軍司政官までが, 官やらの非道な, 官よりの下賜金は, 官をのみ味方と, 官アンドレア・バルヂピエロの別荘, 官イノホサは熱心, 官ウェリントンと普軍司令官プルーヘル, 官オーガン大佐がこの, 官カエサルがローマ議會, 官ガコノ事件ヲ本気, 官ガ今年一パイコノ問題ヲ調ベズニ打チ棄テテオカレタナラバ貴官モ爆弾売リノ仲間ト認メマス, 官ギロテイン及びその, 官コレヲ捕, 官コワリョーフは寝台, 官シュテファン・フォン・ケリッヒの未亡人, 官スイギン提督から刻々, 官スターリンの地位, 官スミス中佐は母国, 官セレナああフライベルヒ, 官タイプで奥さん, 官ディアスが三艘, 官トゥーアル子爵ががた馬車, 官ドイツ国会代議士フォン・ビューレルは全, 官ドクタア・デーヴィッド・マレーの来る, 官ドン・ジョアン・ペレイラの乗った, 官ドン・ペドロ・ダルメイダがトルレス, 官ハリガン中将の, 官ハンメル・ランクバッハ男爵閣下に申, 官ハ地方の重任, 官ハ従四位ヨリ以上ヲ望マズ, 官パークスの銅像, 官パーシング将軍が最近軍事上, 官ビューローは古参者, 官フェレラの実に, 官フランス王子と相, 官フロスト少将はその, 官フロスト陸軍少将が守備隊, 官プリニウスが二人, 官プルーヘルの力, 官プレミャンニコフの娘, 官ペッソアはマードレ・デ・デウス, 官ペレイラはこの, 官ボナパルトはフランス, 官マック大尉に対し必要, 官マヒミリアノ・エラスリス氏は推定, 官ミズーリ艦上で五本, 官ヤーネル提督は電話機, 官ラック大将はこの, 官リット少将となれなれしく, 官ルケはトゥンベス, 官ルーコンネットは開会, 官レオーノ・キュースト氏はあなた, 官ロアイサは部下, 官とは同郷, 官一人だって云っ, 官一人混血児だといふ, 官一斉に靴磨き, 官一等を拵え, 官一行だったの, 官七名理事官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 官三沢玄間である, 官上りの政党員, 官列三后乎史記秦之先始於大業大業生大費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即, 官不知此甫刑之大, 官並びに宮本, 官中村捜査係長のさし, 官久礼伯爵の三女ノブ子, 官之内船大工之者三四人有之其餘大工鍛冶心得候者有, 官九品以上蕃客等各位に陪, 官事繁多にて十枚, 官二名出張し来りて, 官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 官二百石小野道秀の末期養子, 官井上観斎の子, 官井上通翁の子, 官井口省吾大将も欧陽修, 官人すべてぞうッと肌, 官人たちフランス十九世紀末の象徴派, 官人なみの扱い, 官人ゆえただそこ, 官人一同が詞歌, 官人二人人数引き連れて, 官人伊吉連博徳下問に応じ, 官人其他が関係, 官人宰相の子, 官人楊雄の妻, 官人此野を過る, 官人満都の群集, 官人用の皀靴, 官人百餘人の訪問, 官人秀能に仰せ, 官人等が仮装, 官人貴族または僧侶, 官人貴紳の家, 官人連は都, 官人達は顔, 官人院付きの人々, 官今村均大将が陣中, 官以上の効果, 官以下四千五百名の悲壮, 官以下幕僚たち数騎で市中, 官仲間三人で坐り込んだなり, 官任命を取消そう, 官と稼ぎ過ぎる, 官何十人がみな, 官何某の秘書, 官使英保純行, 官便に托された, 官候所に往き, 官任の, 官僧官さへ頷き, 官として立った, 官児弁倉児など呼ばる, 官の本性, 官全員の大きな, 官全部教授階級のすべて, 官八十四人下官百五十四人総人数二百六十九人, 官公務に服する, 官公吏事務員等があっ, 官公吏会社員等の採用, 官公吏率先して, 官公衙その他重要建造物を爆撃, 官の獨裁, 官兵たちはいくら, 官兵ギラリギラリと幾条, 官兵一小隊がやって来, 官兵一百人が階前, 官兵二人はそれ, 官兵五百のほとんど, 官兵士日夜これを警衛, 官兵微力にし, 官兵無力用をなさず, 官兵百人の先頭, 官兵衞孝高に仕, 官兵衞殺しは放つ, 官兵賊兵相互におびただしい, 官兼検閲官だから, 官兼民政奉行となっ, 官内省に持っ, 官内蔵頭を経, 官円済で今, 官円済どのか, 官などもみな, 官冥衆も驚き騒給ふらん, 官出仕止めなどの横暴, 官出張し一, 官出身ではなく, 官の勝負, 官だけの感覚, 官列席の上, 官初め二三の重職, 官判事から大宮県知事, 官判事陸海軍の將校, 官に恩旨, 官別府九州造に変装, 官別府九州造氏であった, 官別府大将の布告, 官制度の問題, 官を命ずる, 官前後花の粧, 官加藤恒忠夫妻がやって来た, 官勝麟太郎をはじめ, 官北岡太淳手塚元瑞, 官医中有志のもの, 官医二世瑞仙と徒士町, 官十三人を列侯, 官十人あり, 官十郎の孫市郎左衛門, 官十郎方に寄居, 官南雲海軍中将陸軍部隊指揮官斎藤中将海軍部隊指揮官辻村少将の写真, 官印象は時として, 官芸庵である, 官原社会部長蒼ざめて現る, 官参謀あり郷, 官又は上官が, 官叙任の儀式, 官が出納官, 官司令司録等の許し, 官司奉仕の本, 官司法当局高官法医学者さては探偵小説家, 官吉左衛門殿造酒之丞殿, 官樣と, 官名位記を持っ, 官名戸數を記したる, 官名禁止の圧制, 官名詐称を承知, 官名道具の名等, 官吏坐に満ち, 官吏泣キ乞丐泣キ客モ亦泣キ, 官はこの, 官呉林塘という人, 官和田英松というお, 官のズボン, 官でもいろいろ, 官商人などのほか, 官商分れ目だ, 官となる, 官四十数名はついに, 官四等官七等官その他あらゆる文官, 官国奉幣の例, 官国幣社を除き, 官國幣の神社, 官國幣社のこと, 官國弊社に豐饒, 官には桃, 官地安喜県を後, 官が見える, 官場成功の祕訣, 官場特有の中飽, 官塩田氏の若, 官をそろえ, 官爵で, 官売勲利権漁り利慾, 官大侯に指揮, 官大夫と改, 官大山巌公爵である, 官大山巖侯爵である, 官大槻磐水が六十歳, 官大谷博士の言葉, 官夫人みたいな生活, 官された野狐, 官女らしさで, 官奴婢私奴婢の五種, 官奴眼を丸く, 官を被る, 官学士院長国防特別裁判所長総組合長, 官學以外に獨創, 官學生の眞鍋, 官宅地からずっと, 官宅街とし, 官安富寄碩同藩, 官宋晟に勅, 官放送の, 官の秘密電話, 官宮崎某に嫁, 官家すべて分あり, 官家たるに止らしめず, 官家來さては其, 官呆豆腐と, 官將軍に至つて, 官將軍米准那にし, 官小西行長が引き受け, 官小説に, 官就任と共に果して, 官にて我が, 官山崎宗運に師事, 官岡某の宴, 官岡西栄玄の女, 官岩佐少将が調停, 官崩れのやう, 官左衛門ら三人を殺す, 官左衛門伝兵衛の情婦丹波屋, 官左衛門持前の役柄, 官巫術師らの行なった, 官市人の栄燿, 官市視学およそ一, 官となっ, 官布告が出た, 官全くむなしかっ, 官が一層, 官幣中社が建っ, 官幣大社三輪明神と同じく, 官幣大社大和神社として今, 官幣大社鹿島神宮で祭神, 官幣社である, 官年爵の特権数, 官年齢本籍現住この通り, 官幼少からシナ語, 官府所藏の典籍, 官府次舎橋梁道路などのいわゆる, 官庫井戸埋め門, 官庫破りの盗賊, 官庫空乏紙幣, 官庭前に忽然と, 官廳會社ニ賣出サントスル, 官廳銀行重なる商店, 官に深川一帯, 官張任という蜀, 官後学のため, 官復許シテ之ヲ興ス, 官をひとつ, 官心臓は微か, 官に租, 官愚昧短慮を以て縦, 官成田玄琳に率, 官ひは, 官戸以下の四色, 官戸奴婢の場合, 官戸家人官奴婢私奴婢の五種, 官戸田子爵夫人極子がきわめて, 官扱いにする, 官政府が五百人議会, 官であれ一流, 官数人中行伴の最多, 官数名が調査, 官の爆雷, 官文書保存所の羊皮紙氏, 官文書偽造の中学校書記, 官斉安の, 官斎藤中将海軍部隊指揮官辻村少将の写真, 官斎藤参謀長水町袈裟六独立守備隊司令官らも相つい, 官新令ヲ下, 官新任の際, 官の人馬, 官日本及び支那駐在, 官早く来い, 官の武帝, 官あれば, 官が浅, 官更迭に対する確定的, 官會議を開いた, 官望月大尉ののった, 官木下大佐も小川中佐, 官木工作が泡雪奈四郎, 官木村清次郎氏は初対面, 官でよん, 官村里に付属, 官東安同補, 官松尾立造とが福山, 官松山氏を訪ね, 官板倉内膳正は原城攻略, 官板倉重政は正月元旦, 官某等和蘭通市の便, 官校于諒周鐸等の陰事, 官桂川氏を介し, 官桑原荘吉さんである, 官を氏, 官梅津正利師範旧門弟宇佐, 官検問するに従って, 官に対して民間, 官に反抗, 官權擴張の外殆ど大, 官次席之事, 官次郎又画, 官七位勲六等鬼頭源之丞明治四十一年正月写之と, 官正しきに裸, 官いづれにも, 官武一途庶民に至る, 官歩兵工兵砲兵と列をつく, 官歴はさまでに貴く, 官残忍なるローマ皇帝, 官殺しの話, 官殿玉皇殿四御殿など皆槐, 官としての家業, 官の離反, 官民有の区別, 官民有区別の儀, 官池城親方東京に在, 官没し長男藤十郎以下外記権之, 官治主義こそは日本, 官浙江の人羅庚齢, 官海游泳術その他手近にお, 官海遊泳術というもの, 官深く咎め給わざらむこ, 官渋江氏旧蔵, 官満員で返事, 官無くして予, 官無理ですぜ, 官として真っ, 官が次第に, 官また民營, 官營病院の醫師, 官燻精とが向きあっ, 官古智卑狗, 官独墺の学者, 官在城門内, 官王子アブサロムの反逆, 官王累であった, 官に補任, 官用文書の語意, 官用語と形式化, 官用軌道の軽便, 官用通路に沿う, 官田中ハ諸君ヲ山東ニマデヨコサシメタル田中ハ諸君, 官田中某に嫁, 官田中淳昌の子, 官田原親堅の油断, 官田私園に立ち入り, 官百二十人は古式, 官百五十四人総人数二百六十九人, 官的事務所はその, 官的人物の中, 官的職業にたずさわる, 官的行為をある, 官的語気が伴う, 官郷通称は, 官直轄の諸, 官相澤が室, 官の謝端, 官が監察官, 官矢島氏の当主, 官知事として会津征討越後口総督, 官石斧を牲豕, 官に列せられた, 官社一社が載せられ, 官神田孝平氏なりと, 官という言葉, 官禄父祖に越え, 官福沢諭吉氏は見, 官私不和の媒, 官私二人の探偵姿, 官私大学卒業生がその, 官私立大学において法学教育, 官だ, 官窯五彩の如き, 官立田玄杏で杏庵, 官竹田某の蔵する, 官簿から抹殺, 官米二十五石と見る, 官米五十石を意味, 官の袴着, 官組織とまた, 官綬刀を抜い, 官総督郡監などあたかも, 官を殺し, 官将ボーリューは, 官聯合といふ一行, 官から其堤防, 官自ら以て尊し, 官自分にも一筆, 官自身の手, 官船三隻を鏃, 官船内に突入, 官船十数隻に兵, 官船奉行と気, 官船数百隻を枯葉, 官船赤船が麻里布, 官艦追撃す, 官艦隊の指揮, 官蔵伴助宅悦の三人, 官蔵水津氏某女, 官蔵船場の大, 官の死傷相匹敵, 官薩両軍ともに戦闘員, 官藏景次は播磨國高砂, 官行事業所ならん, 官やこれ以上, 官衣着用のそれ, 官役人コック長料理番から, 官袁紹の弟, 官に金唐革, 官被官の人々拝領, 官補佐の陽, 官補大森吉五郎氏の調査, 官製品の臭気, 官覚的浅薄の意味, 官覚的美感を求めよう, 官言語自覺, 官言語自覚天才などは終, 官試補なる法学士蒲田鉄弥, 官誥花を蟠, 官請爾来欧心刻骨其術を事実ニ試, 官はふり, 官諸公の名, 官警部の頭, 官護衛の士卒, 官谷干城につぎ, 官谷干城少将である, 官谷野せつ氏が公表, 官財閥の三閥, 官貴様はなぜ, 官貴紳に比し, 官賊兩軍が戰つた例, 官ヲ加エン, 官もておも, 官に老い朽ち果て, 官路幸過疎放身, 官やその, 官辻村少将の写真, 官迄も處分する, 官追うもあり, 官通譯官等の如き, 官が大島旅行, 官連中が膨れ, 官遊職は続々, 官道絶ゆる事数週, 官郡吏を擒, 官へ報告ニ及バズ, 官醫官其他職員の方々, 官野乗がいい加減, 官野村禮讓君東京帝国大学の俵國一, 官野津大佐は敵弾, 官銜燈らしい灯, 官長夫妻の署名, 官長後藤へ罷, 官に樹, 官閣下日本軍の奴ら, 官閣下昨夜の空襲, 官の腐敗, 官閥共の謳う, 官青磁といふの, 官韓当がひかえ, 官を連れ忘れた, 官香取中将は作戦室, 官香港太守等の劇職, 官馬八頭が紛失, 官馬屋原氏は世玄益, 官騎都尉に封ぜられ, 官高下を問わず, 官高洲太吉氏は外国人, 官黒井将軍より来示, 官鼻梁が審弁官