青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小姓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ ~小僧 小僧~ 小児~ 小判~ 小声~
小姓~
小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~

「小姓~」 1012, 11ppm, 9889位

▼ 小姓~ (175, 17.3%)

6 手から 5 ひとりが 4 ように 3 やうに, 持って

2 [11件] くんで, やうな, 一人が, 中に, 中の, 前髪を, 後を, 懐中から, 手で, 袖を, 襟先を

1 [132件] いったこと, うちに, お家だ, かける陣羽織, しかも穏, する役, それの, 一つの, 一人と, 一人は, 一人湯浅甚介が, 一名に, 一名へ, 一童子を, 上に, 上席二人の, 下に, 下地だ, 下地に, 中へ, 京助が, 佐脇藤八郎だった, 佐脇藤八郎を, 先輩が, 再勤, 刃が, 前田犬千代と, 前髪の, 加藤弥三郎最年少者の, 加藤虎之助は, 勤めと, 勤めは, 勤めを, 勤を, 古参福島市松を, 合図で, 吉三その, 吉三に, 吉三の, 告白を, 噂を, 外側役も, 外村惣江が, 奥田清三郎と, 姿が, 姿の, 姿は, 姿を, 寝て, 寝息を, 小さい咳, 山井図書は, 岩室長門守長谷川橋介佐脇藤八山口飛騨守賀藤弥三郎の, 市松と, 平士組の, 影すら, 役が, 役だ, 役目がら彼女の, 手へ, 手も, 手を, 拳に, 持つ鏡, 挙動を, 捧げて, 捧げる冷酒, 捨吉と, 捨吉とは, 方です, 於市と, 於藤が, 星川余一は, 松平源次郎は, 森坊丸魚住勝七祖父江孫丸など, 森於蘭が, 正体を, 正體, 気ぶりでは, 水野啓助という, 治郎助, 治郎助が, 治郎助で, 治郎助という, 治郎助の, 治郎助も, 波, 浅井於菊河瀬丹三脇坂左介などが, 犬千代など, 監督を, 真田源五郎が, 眼には, 着る服, 石川杉弥は, 石田佐吉と, 石田佐吉に, 福島市松などは, 端に, 群れの, 者である, 者に, 者へ, 職が, 脇坂甚内や, 菅沼忠三郎と, 藤巻石弥ふと, 蘭丸は, 蘭丸まで, 蘭之, 虎之助と, 蜂谷を, 設えた敷物, 詰所である, 誰かれ, 資格で, 通知を, 部屋かで, 酌で, 酌を, 采女に, 采女一騎を, 長崎新右衛門を, 間からは, 間を, 難有さ, 面々が, 面々に, 面々へ, 面々も, 頃無二の, 高橋甚三郎などが, 高橋虎松と

▼ 小姓~ (77, 7.6%)

2 ひとりで, 引揚げる, 彼の, 顔を

1 [69件] ある, あんな姿, いいました, おろう, お手水, お眼, この家, すぐ外出, そこへ, その後方, その膳部, その長い, それを, はいって, はるかつぎの, ひとり, ふいに, ふたり, ふたり矢と, ふたり老中松平伊豆守の, ふるびた布, 一人手に, 一人殺された, 世子の, 二人し, 二人各々一本の, 二人居ります, 二人左右から, 二人眠っ, 伝えて, 信長仕込みの, 偉大なら, 凡ての, 勤めて, 取ったもの, 取次ぐの, 各二本, 告げて, 大層贔屓, 子たる, 差し出すの, 平伏する, 従いて, 御用箱を, 急いで, 恭しく天目, 持ち下って, 持って, 持つ, 控えて, 斃れる, 来て, 案内する, 権右衛門の, 申し上げると, 立って, 答えた, 聞き咎めて, 茶碗を, 菓子折と, 薬を, 袍を, 褥を, 見事な, 走って, 酒肴を, 闇太郎を, 附いて, 餌を

▼ 小姓~ (77, 7.6%)

2 して, 出る閥

1 [73件] あのよう, いい, いいつけさて, いいつけてから, いいつけ僧たち, いいつけ自身, おたずねなされました, おとりたて, きまって居ます, きまつて, しつらえたり, しては, しても, すすめられて, するの, すゝめられ, たすけられて, たずねた, ただの, ちがいない, ついて, とりたてられ名, なった, なって, なつて, なるぞ, なると共に, やつさせたん, わたす, 上ったの, 乞い受け, 任ぜ, 伝道し, 佐橋甚五郎という, 使ったが, 先に, 入ったの, 刀を, 取らるべきであった, 取立てて, 召し上げられたので, 召し出された者, 召し抱えたとか, 向って, 告げら, 告げ小姓, 命じて, 団扇で, 声を, 太刀の, 弑せられたは, 従いて, 思われた, 手箱を, 抜擢される, 担ぎださせ無事氏直, 持たせて, 案内された, 毛抜きで, 結ばせながら, 舟の, 葡萄酒を, 襲いか, 誘はれて, 誘われて, 逢はせる, 逢わせるから, 違いない, 違ひない, 金扇で, 銚子を, 長いスカート, 髯を

▼ 小姓たち~ (75, 7.4%)

32

1 [70件] から宥め, が, がくだもの, がわらわら, がキモ, が八門, が勤め, が少し, が彼, が思わず, が来, が硯箱, が錠口部屋, が駈け寄る, さえ眩, であろう, と共に寝, には金扇銀扇, に介添え, に答えさせ, のある, のことば, のさし, の一組, の佇ん, の先達, の手, の目, の眼, の言う, の跫音, の面々, はかえって, はその, ははっと, はもちろん, は一斉, は一方, は城内, は急, は恐懼, は慌てた, は旋風, は湯殿口, は片すみ, は皆, は瞳, は笑っ, は羨望, は自分, は退いた, は鏡, は駈け出した, へ云った, までが相次い, までみな, もあわて, もそう, もふたり, もまた, もみな, もわざと, も忙しく, も静粛, を, を愛する, を派し, を見まわし, を連れ, を顧み

▼ 小姓~ (63, 6.2%)

2 お由利, 振袖から, 気味を, 静かに, 顔を, 鮒の

1 [51件] あわてて, いつも槍脇, うしろで, かの団五郎, かれのうしろ, さすがに, すくんだ様, それを, それッきり, なお, はっとして, べつな, もう一度念, もとの, 三千両の, 三千兩の, 不寝番と, 例の, 前に, 即死した, 大扇, 女王様の, 居なら, 彼の, 怪しいこと, 愁眉を, 慥かめて, 押されるよう, 持って, 既に気, 最初の, 権右衛門に, 殿の, 男姿に, 男姿には, 直に下っ, 箙を, 綺羅星と, 茶烟草手水などの, 袴を, 跳ね起きた, 遠ざけられて, 長くて, 長刀を, 雪洞を, 靜かに立上つて庫裏の, 非番で, 顏を, 飾り仕立ての, 黄金の, 黒ぬり

▼ 小姓~ (62, 6.1%)

4 のうち, の面々, 御番頭 2 の中, の堀尾茂助, の獅子児たち, の石田佐吉, の者, の間

1 [38件] から名乗り出た, が来, が立身, であった, である安倍誠之助, では加藤虎之助, では羽振り, との身分, とを比較, などはとかく, なので, にある, にいる, にはこんな, に上がっ, に入, に籍, に育っ, のあいだ, のおまえ, の仲間, の刑部友矩, の加藤虎之助, の厩, の家, の小さい, の於虎, の松平源次郎, の脇坂甚内, の腕白, の若人輩, の若者たち, の若輩, の華やか, の騎馬群, の黒田松千代どの, も同, より大臣

▼ 小姓~ (59, 5.8%)

4 勤めて, 連れて 3 して 2 呼んだ, 呼んで

1 [44件] あいてに, お召し, かえりみた, かえりみて, さしまねいて, したがえて, したがえ小刀, つけて, つとめられましたけれども, つれて, とおして, ながめて, のぞけば, ひきつれて, やって, 一人引入れ, 一人連れた, 仰付けられる少し, 伴って, 免ぜられて, 勤めた, 勤めたの, 勤めたり, 勤めるよう, 勤める野末源, 去らせた, 呼びたてた, 命ぜられた者, 従れた, 愛し通したの, 捜し出して, 探し出して, 案内に, 申付けられ, 番に, 相手に, 自分の, 見ると, 走らせその, 通知に, 運んだり, 集めて, 顧み, 顧みて

▼ 小姓部屋~ (32, 3.2%)

1 [32件] からひとり, から元気, から走り出, が生んだ, こそ人材, で坊丸, で鈴, として, などを気, にある, にいる, には見られなかった, にもいつか洟, に入った, に野育ち, に飼われた, のうち, の中, の子どもら, の者, の誰彼, の輩, の雛仲間, の面々, へいちいち, へもどっ, へもらっ, へ呶, へ呼びたてた, へ菓子, へ退がる, もいつのまにか

▼ 小姓~ (17, 1.7%)

2 不義を, 十八に

1 [13件] した, なったが, なった者, なるの, 三人を, 云おうか, 入替に, 家来を, 江戸に, 紫矢絣に, 近侍とを, 障害物の, 順を

▼ 小姓ども~ (17, 1.7%)

1 [17件] が控え, が攻め取る, が障子, すらあわて, だな, とてきょう, にいいつけ, にもみな騎馬, はいずれ, はなるべく, は一時, は押, は歩行, は皆, は笑った, をしたがえ, をみな

▼ 小姓~ (16, 1.6%)

1 [16件] いないので, おもわず目, お付女中も, それを, 万千代も, 侍だ, 侍臣も, 先へ, 切っ先を, 少さい時分, 殿様も, 見えない, 読書する, 近侍一名も, 追い払うよう, 部将も

▼ 小姓~ (13, 1.3%)

2 のひとり

1 [11件] から銃隊弓隊, が各, そのほか徳川家, と御, に小唄舞, はたれ, はどこ, は追いつい, や侍たち, をつれられ, 御しょう堂様衆

▼ 小姓~ (12, 1.2%)

2 の堀尾茂助 1 として仕え, など表向き, になつて, に取り立てられ, の堀尾, の式部, の毛受勝助家照, の男, の部屋, を勤め

▼ 小姓とんぼ組~ (10, 1.0%)

3 の星川余一 2 のひとり 1 のお, の一隊, の連中, の面々, をはじめ

▼ 小姓~ (10, 1.0%)

1 お坊主, わ, 下屋の, 宦官に, 家来を, 挨拶に, 賄方の, 近習の, 近臣の, 馬廻りの

▼ 小姓姿~ (10, 1.0%)

2 にお 1 こそし, である, で刀, と菊路, に化け, のまま, の美しい, をさせ

▼ 小姓として~ (9, 0.9%)

2 寵愛し 1 うしろに, 仕えて, 仕えてから, 仕え高, 召仕われその, 寵愛した, 自ら任じ

▼ 小姓とんぼ~ (9, 0.9%)

1 である, のなか, の坊ッちゃんたち, の少年たち, の連中, の面々, はおもしろかろ, は万千代, は興

▼ 小姓~ (9, 0.9%)

3 いった 2 いいつけた 1 いいつけて, 向い硯筥, 命じさて, 渡しながら

▼ 小姓一人~ (7, 0.7%)

1 が御, のこって, は鷺, をつれ, を味方, を残し, 巻いた書いたもの

▼ 小姓~ (7, 0.7%)

1 が艶, に大, の下, の裾, の銀縫い, も相応しい, をはき

▼ 小姓~ (7, 0.7%)

1 が連なっ, と共に坐りこん, の少年, の気忙, はいわゆる, は廊下伝い, は遊ん

▼ 小姓という~ (5, 0.5%)

3 ものは 1 たいせつなほし, 名を

▼ 小姓武者~ (5, 0.5%)

1 が駈け, に手つだわせ, に持たせ, の手, を陣の内

▼ 小姓から~ (4, 0.4%)

1 とんとん拍子に, 坊主に, 秀吉の, 詰侍へ

▼ 小姓でも~ (4, 0.4%)

1 抱えたよう, 最先輩, 無きや, 皆そうな

▼ 小姓溜り~ (4, 0.4%)

1 の咎め, の年少者たち, の方, や廊下

▼ 小姓~ (3, 0.3%)

1 そうです, ちの色の, といふ

▼ 小姓だった~ (3, 0.3%)

1 が新参, とき同じ, のです

▼ 小姓~ (3, 0.3%)

1 三枝数馬という, 殿さまが, 私の

▼ 小姓とが~ (3, 0.3%)

1 そこを, 密通し, 山城守の

▼ 小姓などは~ (3, 0.3%)

1 そこには, それを, 足元にも

▼ 小姓には~ (3, 0.3%)

1 加藤片桐石田福島などの, 間違いようの, 間違ひ

▼ 小姓らしい~ (3, 0.3%)

1 二人の, 侍は, 美少年が

▼ 小姓二人~ (3, 0.3%)

1 が必ず, は下, は直に

▼ 小姓仲間~ (3, 0.3%)

1 の孔雀, をよく, を思い出した

▼ 小姓~ (3, 0.3%)

1 が公, のおらぬ, の方

▼ 小姓巴剌帖木~ (3, 0.3%)

1 が続こう, が酌, の捧げる

▼ 小姓~ (3, 0.3%)

3 の松平源次郎

▼ 小姓~ (2, 0.2%)

1 何か, 何かの

▼ 小姓であった~ (2, 0.2%)

1 が兼山, ナ

▼ 小姓でさえ~ (2, 0.2%)

1 主水, 顔を

▼ 小姓です~ (2, 0.2%)

2 か親分

▼ 小姓とも~ (2, 0.2%)

1 すれちがった, なり侍

▼ 小姓などが~ (2, 0.2%)

1 おろおろかれ, 付き添うて

▼ 小姓まで~ (2, 0.2%)

1 音ひとつたてず消える, 駈出させること

▼ 小姓までが~ (2, 0.2%)

1 弓の, 慌てて

▼ 小姓みたい~ (2, 0.2%)

1 な総, に仕立てた

▼ 小姓上り~ (2, 0.2%)

1 だけに多少, の渾良夫

▼ 小姓上りと~ (2, 0.2%)

2 て派手好み

▼ 小姓~ (2, 0.2%)

1 をつとめ, を見習わす

▼ 小姓~ (2, 0.2%)

1 納戸之, 行縢持小駒若

▼ 小姓~ (2, 0.2%)

1 とちゃんと, と控え

▼ 小姓~ (2, 0.2%)

2 も吹け

▼ 小姓若江~ (2, 0.2%)

1 と密通, と若気

▼ 小姓頭毛受勝助~ (2, 0.2%)

1 などは, の身代り

▼ 小姓~ (2, 0.2%)

2 の若

▼1* [145件]

小姓あがりの軟弱才子め, 小姓茶坊主などが, 小姓かなんかのことでしょう, 小姓がくすっと笑っ, 小姓がね皺を, 小姓しゅうと当番役のもの, 小姓じみたところが, 小姓じゃそうな, 小姓すら後ろに, 小姓そのままで経学修行, 小姓たち四五十名としか触れ出され, 小姓たち数名と堀尾茂助, 小姓たりともここ, 小姓だけあって, 小姓だけをつれて, 小姓ださうですよ, 小姓つづいてお, 小姓であることを, 小姓であればしかるべき, 小姓でなければしない, 小姓としての格と, 小姓とんぼマルだしの子供, 小姓のです, 小姓などであろう鷹野, 小姓などでもあるであろう, 小姓などの仲間にも, 小姓などを使って, 小姓ならば立会い, 小姓なんかとてもあおむい, 小姓にて石川杉弥と, 小姓にといっても, 小姓になつてゐた, 小姓にも年少組が, 小姓はじめ並みいる一同, 小姓かまに, 小姓ばかりを詰めさせて, 小姓ひとりかと思った, 小姓てえ, 小姓みんなあれと同様, 小姓は, 小姓やも知れぬ, 小姓やら侍者を, 小姓よいお小姓, 小姓が追う, 小姓らしき者へ, 小姓ら尽力して, 小姓わずか七八名を, 小姓をも勤めて, 小姓を以て通じて, 小姓を通じて信盛へ, 小姓ト手ヲトリ級, 小姓ヨハネ原主水, 小姓一同にも引き揚げ, 小姓一弥だ, 小姓一統を左右, 小姓下手から去る, 小姓九番には, 小姓で最, 小姓乃至奥女中の, 小姓二三名をうしろ, 小姓二人小坊主一人あんま取の, 小姓二人舁ぎ出し平井洗手済んで, 小姓二名やがて出, 小姓京弥とあでやか, 小姓にはなるべきであった, 小姓佐野竹之助なぞはあくまでさよう, 小姓余一の絶叫, 小姓余一にわとりの死んだ, 小姓をあわせ, 小姓倉田小十郎の女, 小姓児太郎の朝髪, 小姓具足を身, 小姓勤を, 小姓利三がうしろ, 小姓勤めでもし, 小姓勤務のまま明教館, 小姓同御番の, 小姓同様に常に, 小姓名古屋山三郎生年十五歳天下に名, 小姓四五人を連れ, 小姓四人が居た, 小姓四人あとは御, 小姓御書院詰, 小姓姿文金の高髷, 小姓将士たちの一群, 小姓小役人格より足軽, 小姓巴剌帖木その他参謀等多勢厳しき武装, 小姓巴剌帖木朱の袱紗, 小姓へ棄てた, 小姓庵原庄次郎善戦して, 小姓弥生高砂尉兵衛河内山宗俊の四役, 小姓役龍馬は八卦見, 小姓御杖持北若, 小姓或いは家中の, 小姓振りであった, 小姓をお, 小姓旗本などが左右, 小姓星川余一のかげ, 小姓桜井佐吉ただ今それ, 小姓梅之助に手, 小姓森田圖書十四歳で傍輩, 小姓氣質卷五庄野佐左衞門父の看病, 小姓の懸, 小姓磯部長五郎介錯いたし候, 小姓組たるの法, 小姓組二百五十石の小身, 小姓組医師のごとき, 小姓組松平源次郎宛取次をもっ, 小姓組桜井佐吉に討たれ, 小姓組番頭中に, 小姓組番頭土屋佐渡守邦直の屋敷, 小姓組番頭宝永四年より書院番頭, 小姓組石川兵助が討っ, 小姓組頭に取り立てられ, 小姓などが交, 小姓織田於直の持ち来れる, 小姓織田於菊の持ち来れる, 小姓の姿, 小姓蜂谷が体じゅう, 小姓衆ニ仰セテ, 小姓衆三四十人ほどお召, 小姓を振舞われた, 小姓足軽などすべて, 小姓であった, 小姓衆の, 小姓近習など十数騎, 小姓近習以下列のすそ, 小姓部屋出身の荒武者ども, 小姓部屋時代にはどれ, 小姓釆女の前髪姿, 小姓采女がただ一人, 小姓野村伝之丞, 小姓霧島京弥にその, 小姓霧島京弥奪取事件が愛妹菊路, 小姓頭以外のもの, 小姓頭取の山国兵部, 小姓頭堀尾茂助にございまする, 小姓頭島田左京に具足, 小姓頭巾なげ頭巾, 小姓頭拙者は御, 小姓頭目附役の順序, 小姓頭高木万次郎の手, 小姓馬廻りまでただ, 小姓馬廻り挟函医者胡牀馬土産の長持, 小姓の前髪