青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小判~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

對~ 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ ~小僧 小僧~ 小児~
小判~
小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~

「小判~」 1464, 16ppm, 7133位

▼ 小判~ (371, 25.3%)

11 持って 8 出して, 持つて 7 手に 5 隱した 3 ひっ, 何處から, 取って, 取り出して

2 [18件] もって, バラ撒い, バラ撒き, 一枚ずつ, 五六枚鼻紙に, 右手の, 懐中に, 搜し出した, 疊の, 盜み出し, 盜んだ, 眺めて, 砂利に, 積んで, 落して, 見て, 買って, 隱す

1 [284件] あの女, あらかた巻きあげられ, いくつか, うんと入れた, おくれよ, おもちゃになんぞ, かき集めた樣子, からすが, きちんと載せ, こうして売っ, こう持っ, こしらえさせれば, こっちへ, そっくりそのまま女, そっとかたわら, そろえて, たたきつけて, ちゃらちゃらいわせて, つかまされたと, つかみだして, つかみ出して, つくって, つくるが, つまみ上げます, つめた箱, なぜすぐに, ぬすむ気, ねずみに, のこらずかきあつめ, のんで, はじめ見本の, ふところに, ふんだくって, ほりだすため, まきに, まさか鼠, まるまる坊さん, みつけたとき, もたせて, もらったぜ, やっても, わしづかみ, ザクザクと, ザラザラ持っ, バラバラばら蒔い, ポケットへ, メリ込ませ, 一つ出した, 一両につき, 一二枚お, 一人占めに, 一兩落した, 一枚だけ, 一枚づつもやりや宜, 一枚とりだし, 一枚のっけ, 一枚はずみ, 一枚一枚拝ん, 一枚三通の, 一枚二朱ずつで, 一枚取出す, 一枚平次が, 一枚懐中から, 一枚投げ出し, 一枚持つ, 一枚指に, 一枚掘り, 三十故, 三十枚並べた, 三千両も, 三枚抛出し, 上手に, 与へること, 二三十兩膝の, 二人の, 二枚, 二枚ずつ, 二枚ずつと, 二枚投げ出し, 二枚添へて, 五枚わたしわたしは, 付けたり, 何うし, 何ほどか, 何千兩と, 何處かに, 作ること, 供へた人は, 借り出して, 光らせて, 入れたり, 入れた瓶, 入れた竹筒, 入れた財布, 入れる筈, 其邊に, 出した, 出しましたが, 出しましたよ, 出し旅籠, 出す葉茶屋, 初め鐚銭に, 勘定し, 勘定する, 包んだま, 包んで, 十枚だけ, 十枚掴まされました, 取りまぜて, 取り上げて, 取り外すこと, 取上げて, 取上げるので, 取出したの, 取出し憎らしい, 受取つた上お, 受取りました, 受取るやう, 口に, 叩き付けた, 吊るすの, 吹きわけて, 呑んで, 唐紙に, 四五枚お, 地金に, 埋めたの, 埋めに, 奪い去ってからという, 奪おうと, 奪られた, 奪る, 始めとして, 山別け, 崩して, 平次の, 平等に, 引っ掴んで, 彼に, 彼らの, 後で取出す, 手玉に, 投げたは, 投げだして, 投げちゃ, 投げ与えて, 投げ込んで, 投り出し, 抜いたん, 押し返して, 押付けたが, 拂つた, 拔いた, 拜んだ, 拾って, 拾つたのだらう, 拾つたのは, 拾つた客が, 拾つた筈だ, 持ち運ぶ工夫, 持ってや, 持つた人, 持つちや使はず, 持出させて, 持出しました, 指さきへ, 捉み出し, 掌の, 掘り当てたか, 掘る話, 掘出しに, 掴まされちや, 掴もうと, 掻っ, 揚げたからにゃ, 握って, 握らせて, 握らせます, 搜し, 搜すた, 携えて, 数えたに, 敷いたり, 敷きつめて, 數へて, 新しい唐米, 景品に, 最初に, 月光り, 枷に, 棺桶へ, 欠いて, 此處へ, 気に, 汚いもの, 沈まして, 沓脱の, 沢山皮, 洗つてゐる, 渡されて, 渫つて逃げ出し, 満載した, 潜めて, 火に, 無我夢中で, 無雑作, 煎じて, 煙草入の, 狙って, 猫の, 生むの, 町役人に, 當てて, 発見し, 百両ざらっと, 盗むの, 盜つた, 盜み出しました, 目の, 目黒へ, 相当用意し, 眼の, 神田の, 私に, 私の, 秤っ, 積みましての, 突き付けた, 箱から, 納い出した, 純金に, 紙に, 罪障消滅の, 置いた二, 置いて, 背負つて一歩眞夜中の, 腰に, 落すやう, 落として, 薬売り, 蟻が, 見いるよう, 見せて, 見せられた時, 見たこと, 見た大亀, 見つめながら, 見ては, 見ながら, 見ること, 見付けたの, 見付けて, 見付けました, 見付け出し瓶, 見落したテレ隱, 詰めて, 読みながら, 誰か, 誰へとも, 調べて, 財布ごと持つ, 貰って, 買い取りました, 買い取ろうと, 贋造し, 越えて, 足元に, 踏んづけながら, 身体中に, 返し佐太郎, 返そうと, 造って, 造りだすという, 鋳潰して, 鋳造し, 隠したと, 隠すわけ, 隣りの, 隱し, 預かり馬荷一駄, 風呂敷包に, 飾るの, 馬に, 馬にでも

▼ 小判~ (219, 15.0%)

9 出て 4 入つて 3 三枚, 五枚, 五枚と 2 あつた, ある筈, なくな, 一枚あります, 一枚と, 一枚入, 五枚も, 何んと, 夜目にも, 隱し

1 [177件] あたりに, あらわれた, ありませんよ, あること, あると, あれば, うめて, うんとある, お角, かくして埋め, くっついて, こんな中, ざくざく出, ぞろぞろ這い出す, たくさん入っ, たくさん残っ, たつた一枚, ちらばったの, できあがる, どうかした, どこへ, どっさり出, ない苦しさ, のっかって, のって, はいって, ひとりで, ほしゅうて, ほしゅうての, ほんとうの, ほん物であるいじ, まえから, まさに十枚, まだ身, ウジャウジャある, ギツシリ詰つて何んの, ザクザク, ザクザクと, ザラザラ町, ゾクゾクと, ゾロゾロと, チャランと, ドシリと, 一ぱいつまり, 一ぱいで, 一ぺんに, 一パイ, 一パイ主人は, 一杯だ, 一杯入, 一杯詰つたザル, 一枚, 一枚あれ, 一枚おち, 一枚お嬢さんに, 一枚キラキラ, 一枚二枚, 一枚二枚三枚, 一枚小粒が, 一枚足りません, 丁度倍, 七万枚だ, 七八枚に, 三十とやら, 三枚だ, 三枚と, 三百両切餅の, 三百兩ばかり, 三百兩切餅の, 与吉の, 主人の, 乾き切つた土, 二つ千兩箱に, 二三十枚その, 二十五枚だ, 二十枚と, 二十枚ぺたんと一個に, 二枚, 二枚あった, 二枚か, 二枚だけ, 二枚です, 二枚と, 二枚五枚十枚五十枚, 二枚入, 二枚落ち, 二百枚, 五両に, 五兩, 五十両, 五十二枚だけ, 五枚出, 五百両, 今度は, 何枚か, 何處から, 光って, 八枚出, 八百何十枚か, 六千兩常盤橋外で, 出たから, 出たと, 出たとき, 出たの, 出たやう, 出ないか, 出ないと, 出なければ, 出るかも, 出るまでは, 出来上っちまいました, 十一両, 十五六枚小粒で, 十五枚, 十枚, 十枚と, 十枚ほど, 千枚その, 千枚づつ入, 千枚入, 千枚入った, 口を, 古畳, 唸って, 喰ひ, 四つ, 埋まつて, 外に, 天井裏に, 孵るほど, 宵から, 小判を, 山の, 幾十枚と, 持てるもの, 捻って, 握られて, 散ります, 数枚, 日本中には, 時に依っ, 檜木官之, 欲しくない, 氣を, 沈んどるに, 泥の, 流れ入らば, 流れ入るは, 流通し, 消えて, 無くな, 燦として, 現れ野幇間七平, 畳の, 皆んなバラ撒かれたら, 皆んな後藤の, 皆んな表の, 盜まれつこない, 真物であれ, 綺麗に, 落ちてでも, 蛙に, 見つかりさ, 見付かつ, 見付かつて, 見付かりさえ, 貰えるという, 貼付い, 転がって, 轉が, 辷った, 降ろうと, 隠して, 風に, 飛んで, 馬の背の, 駕籠を

▼ 小判~ (196, 13.4%)

8 片らも 7 包みを 5 顔を 4 両替, 山を, 瓶を

2 [14件] やうな, 一枚も, 一枚や, 上に, 代りに, 山が, 瓶, 瓶の, 箱が, 箱を, 色に, 重みで, 隱し, 飛んで

1 [136件] ありかを, うちからね, うちに, うちの, お手本は, ことで, ごとく数二枚, たちによって, つつみを, はいった壺, はいった箱, やうだ, ようです, ような, ように, カケが, 一二枚は, 一包みを, 一枚か, 一枚は, 一枚を, 一片を, 上には, 中に, 主だけ, 主でない, 主は, 二三枚は, 仇を, 仲間と, 位を, 何枚か, 供養を, 光と, 入った大瓶, 入った重い, 入つた三つ, 入つて, 全体の, 全部でなく, 出て, 出所については, 前には, 力に, 力一つで, 匂いが, 包みが, 包みじゃ, 包みでありました, 包みと, 包みの, 包を, 包紙に, 十枚ぐらい, 十枚や, 十枚わしは, 取り返し談判を, 吹き出る隠し井戸, 品格と, 唐櫃を, 国と, 塩漬などは, 外に, 外は, 威光を, 寸法なんか, 寸法を, 小山を, 山でした, 山と, 山の, 山吹色を, 形に, 形を, 恩恵には, 手ごたえが, 掴み取り相手嫌わず, 柱を, 栞を, 殘り, 毒に, 波の, 滝を, 現われるの, 瓶が, 瓶と, 瓶なんて, 瓶に, 番人を, 白い平凡, 百兩を, 目印に, 目方持った, 直吹き, 相場は, 破片も, 竹筒が, 竹筒を, 筒は, 箱かと, 箱は, 精巧な, 自慢を, 船でも, 色, 色が, 色そっくり, 色も, 色合に, 蠅でございます, 話なぞは, 話は, 質の, 贋物が, 輸出で, 道へ, 重い包, 重さ, 金貨が, 金質を, 降りきたる, 隅に, 隠場ア此処, 集まるところ, 雨でも, 雨を, 面も, 音が, 音すなれ, 音で, 音位は, 顏を, 顔が, 餘徳に, 騷ぎが, 鬼と

▼ 小判~ (105, 7.2%)

3 百兩 2 十兩の, 百枚です, 耳を

1 [96件] ざっと五百両, ざつと, ちょうど三十枚, 一パイ, 一兩の, 一杯だった, 一萬兩以上も, 七百両の, 三両ほど, 三両出, 三兩ほど, 三兩外に, 三千両と, 三千両の, 三千両持っ, 三千兩だ, 三千兩盜んだ, 三百両切餅を, 三百両棺桶の, 三百両綱七の, 三百五十兩, 三百兩が, 三百兩切餅を, 三百兩隱し, 九百兩, 二万五千両, 二万五千両船の, 二十両, 二十五兩金を, 二十兩くらゐ, 二十兩入つてゐた, 二千両これは, 二千兩, 二千兩ある, 二千兩これは, 二千兩で, 二千四百両の, 二百三十兩ほど, 二百両これでも, 二百兩あまりの, 五両, 五両ほど, 五両やる, 五兩, 五兩だ, 五兩と, 五兩は, 五六十兩隱し, 五十両, 五十両ほど, 五十兩, 五十兩ございます, 五十兩ほど, 五十兩紙包は, 五百両と, 五百両も, 何千兩の, 八兩の, 六千兩の, 十両上げよう, 十両紙に, 十二兩の, 十五両この間から, 十兩といふ, 十八金位に, 十枚, 千兩の, 千枚一枚四匁としても, 受取つたのは, 命売れと, 四万九千五百両という, 四五十両の, 客止めした, 少し土, 張り合って, 拂つて居り, 数えて, 男の, 百両, 百五十兩隱し, 百兩です, 百兩の, 百兩も, 百兩出た, 百兩持つ, 百枚, 百枚嵐に, 確かに, 紙屑の, 自分は, 葺いて, 蓮池の, 買物に, 買物を, 重いのに, 鼻っぱしを

▼ 小判~ (92, 6.3%)

2 天下の, 確かに, 風を

1 [86件] あっという間に五町, いかにその道, おろか二朱金一つしか, おろか腐つた, おろか財布の, おろか鐚一枚出, こいつは, ここに, さすがに, さらって, ざつと五六十枚燦然たる, すこしも売れず, その時, それからフツツリ姿, どうせ自分達, どこに, どこにも, どしどし海, なかつた, ねえが, ものを, やっと二枚, やはり身, チラチラと, 一々目印, 一まわりし, 一枚でも, 一枚も, 一枚四匁で, 丁寧に, 三つの, 二百九十二兩八枚足りない, 五十五の, 今, 何處に, 俺が, 入らない, 其邊には, 出たし, 初雪白い, 別の, 同時に市場, 吹き立て, 土地の, 外国へ, 大変な, 大變, 実質的な, 小判で, 岩根半, 影も, 後藤桐の, 恐らく世界, 愚か小粒一つも, 愚か小粒一つ出, 愚か財布の, 愚か鐚錢一枚も, 愚か鐚錢一枚入, 搜し出し, 極印が, 横一寸三分の縱二寸三分五厘だ, 此の, 無かった, 無くな, 無事だ, 物貰ひ, 瓢箪の, 町役人に, 皆んな贋物で, 盜んだ, 磯五の, 神隠しに, 私に, 紛れも, 若旦那が, 薄いから, 裸で, 見付からぬか, 誰の, 財布に, 財布や, 重箱の, 金座方の, 銅脈か, 離すまいと, 非常に

▼ 小判~ (57, 3.9%)

2 一緒に, 青差とを

1 [53件] いうと, いつたやう, いふと, お艶, そうして青差, それが, なると, ほんものとでは, 一両に, 一夜を, 二三枚の, 二朱銀だけは, 二朱銀は, 二朱銀を, 云うもの, 今の, 伝右衛門の, 何やら書いた, 北山の, 印籠それに, 四文銭と, 大判が, 天保銭を, 小判とを, 小粒で, 小粒の, 小粒を, 小粒取り交ぜ, 少しも, 思って, 換へて, 気が, 火藥の, 申しまして, 睨めつこ, 砂利を, 称する, 血脂の, 袋の, 見せかけた錫, 見せて, 見ゆるな, 言つても, 言はずに, 言ふ, 言ふも, 銀子とが, 鑑別が, 青差を, 顧みようとも, 風呂敷が, 飾り櫛は, 駄菓子と

▼ 小判~ (48, 3.3%)

4 して, 目が 2 僞の

1 [38件] さは, しては, するお金, すると, するんぢ, なって, はっきりしみつい, ふくらんだ懐中, タガネを, 代えて, 代つて, 依つて代, 僞刻印を, 光ったの, 兩替する, 吸いつけられた, 吹きかえれば, 埋まつて, 憑かれたり, 手前どもの, 打ち直せば, 打つつもり, 挟まれて, 摺り替へられたといふ, 替へて, 極印を, 欠けて, 氣が, 直して, 直す時, 直せば, 眼が, 紛れも, 素人が, 鋳直せば, 鍬は, 間違ひあるまい, 頭が

▼ 小判~ (43, 2.9%)

7 の八五郎 5 の桶 3 の斑点, の門鑑 2 の中

1 [23件] が集まった, した十三個, でぼうっと, で片方, で直径七尺以上, に, にこし, にする, には出, に押し付け, に細長く, のもの, の八五郎こと, の団扇, の大きな, の大手炉, の寶, の弁当箱, の痕, の眞赤, の葉, の赤い, の迷子札

▼ 小判一枚~ (21, 1.4%)

3 に青差一本 2 となる

1 [16件] か, だけ落ち, だと, で買った, と言つて, と青差一本, のゆきちがい, よりは無事, をそっと, を大屋さん, を掻, を祝儀, を見, 出て, 投げ出すよ, 持たぬ身

▼ 小判~ (17, 1.2%)

2 小粒が, 茶碗を

1 [13件] 一朱金二朱金の, 二分金の, 二朱銀を, 大判の, 大判を, 小粒さえも, 小粒さへも, 小粒の, 小粒は, 小粒や, 小粒を, 銀や, 黄八丈の

▼ 小判~ (13, 0.9%)

2 の斑点, の象牙札, の風呂 1 した濃紺, に, にぐっと, に打抜い, の大, の箱, の間

▼ 小判でも~ (12, 0.8%)

2 不思議は, 貴方がたの 1 お大切, 二朱銀でも, 千両箱でも, 振るうかの, 掘り当てたかの, 掘り當, 落ちて, 蓄えて

▼ 小判といふ~ (11, 0.8%)

9 ものを 1 ものなら持つ, ものに

▼ 小判~ (11, 0.8%)

1 [11件] ありません, あろうという, 一緒くたに, 五枚や, 何となく引込み, 入つて, 入れて, 小判正真正銘の, 無い, 見当らぬ, 見附けられないとは

▼ 小判~ (10, 0.7%)

1 がこんな, が極印, ぜ, つた相で御座います, つて青錢だ, という, と思っ, なんといはぬ, ね, よ

▼ 小判という~ (10, 0.7%)

3 ものは, ものを 1 ことは, のが, ものが, ものだ

▼ 小判には~ (9, 0.6%)

1 一々極印, 何んか, 摺りきれて, 未練が, 桝目の, 極印が, 目印が, 羽が, 阿倍川餅ほど

▼ 小判です~ (8, 0.5%)

21 かそれ, からすぐ, からその, から私, よ, よ親分

▼ 小判小粒~ (8, 0.5%)

2 取交ぜて 1 が発見, で仕送る, になれ, の落ちこぼれ, の金銀, 交ぜて

▼ 小判二枚~ (7, 0.5%)

1 この時代, の出所, をとらせよう, を下さる, を下された, を持っ, を母

▼ 小判五枚~ (7, 0.5%)

1 と二朱銀五枚, には手, の褒美, は確か, を引っ, を発見, を面

▼ 小判買い~ (6, 0.4%)

2 の声 1 が木曾街道, で儲かった, の入り込ん, 横浜交易なぞの

▼ 小判~ (5, 0.3%)

2 やありません, やない 1 や洒落

▼ 小判~ (5, 0.3%)

1 のである, のです, んざ片らも, んだ, んで封

▼ 小判なりの~ (5, 0.3%)

1 大遺跡, 桶が, 桶へ, 薫の, 足跡の

▼ 小判一両~ (5, 0.3%)

1 あげる, たしかにあります, なげ出して, を出し, を小粒

▼ 小判三枚~ (5, 0.3%)

1 でお前さん, と小粒, も拾, を入れ, を皆んな

▼ 小判十枚~ (5, 0.3%)

1 が届けられ, ならびに包紙, は皆んな贋物, を持っ, を紙

▼ 小判なんか~ (4, 0.3%)

1 ありませんよ, 一枚も, 持つて, 算へ

▼ 小判~ (3, 0.2%)

1 それとも證文, 四五枚の, 銭か

▼ 小判から~ (3, 0.2%)

1 すぐと, 今時の, 見りゃア

▼ 小判じゃ~ (3, 0.2%)

1 ありませんよ, アね, 洒落にも

▼ 小判三千兩~ (3, 0.2%)

1 と寶物, と御家, はたしかに

▼ 小判十両~ (3, 0.2%)

1 てのひらに, の合力, の紙包

▼ 小判あれ~ (2, 0.1%)

1 はこの, を紅毛人

▼ 小判さえ~ (2, 0.1%)

1 出せば, 積めば

▼ 小判である~ (2, 0.1%)

1 かなぜ, と自分

▼ 小判でございます~ (2, 0.1%)

2

▼ 小判では~ (2, 0.1%)

1 あるが, ないたしかに

▼ 小判とを~ (2, 0.1%)

1 結びつけて, 触れ合せながら

▼ 小判と共に~ (2, 0.1%)

1 二朱銀も, 二朱銀一個を

▼ 小判どころか~ (2, 0.1%)

1 古釘, 錆釘や

▼ 小判などは~ (2, 0.1%)

2 一枚も

▼ 小判ならわかる~ (2, 0.1%)

2 が狸

▼ 小判らしい~ (2, 0.1%)

1 んです, 包みは

▼ 小判一分判~ (2, 0.1%)

1 なぞがどんどん, などの異常

▼ 小判五万両~ (2, 0.1%)

1 の才覚, の賦金

▼ 小判五六枚~ (2, 0.1%)

1 という, といふ

▼ 小判四千両~ (2, 0.1%)

1 をぬすみ出した, をぬすみ出しました

▼ 小判大判~ (2, 0.1%)

1 が山, を盛り上げ

▼ 小判百両~ (2, 0.1%)

1 をあり, を入れた

▼ 小判~ (2, 0.1%)

1 などへ書いた, を右

▼1* [98件]

小判取りなすって, 小判がと息せき切って, 小判ぐらいは抜いたん, 小判ざつと小千兩もあるでせう, 小判じゃなどともっぱら評判, 小判たったひと晩い, 小判だけは手代の, 小判だけを戻したの, 小判だったのだ, 小判だの肖像入の, 小判だらうな, 小判だらけだったとか, 小判つてどんなもん, 小判づくりの女, 小判であったのであります, 小判でなく小粒らしく, 小判といった一枚を, 小判とがかわるがわる幻, 小判とでは金の, 小判とは質が, 小判とまでは行かないが, 小判なぞいくらあった, 小判なぞの当時に, 小判などが入って, 小判などといふものは, 小判などもあるそう, 小判ならとてもわたくしども, 小判なりに平ったく, 小判なんかで頂いたらどんな, 小判なんかに小便も, 小判なんぞに気を, 小判なんてものは, 小判なんというもの, 小判にかけての腕ききが, 小判はにせでは, 小判ばかり百兩包みました, 小判ばっかりときたんじゃ, 小判ほしさにさっき, 小判ほど尊いもの, 小判ほどの眞つ, 小判までは検屍の, 小判みたいなもん, 小判よりもう少し下等, 小判をちゃりんと, 小判をとふたたびかき集め, 小判一分判丁銀取交ぜて, 小判一枚はずんだらう, 小判一枚奮んでやつ, 小判一枚投り出して, 小判一枚馬春堂の机, 小判三万両を携え, 小判三十両あれは御, 小判三十二枚入れて, 小判三十枚とお, 小判二三十枚をあわて, 小判二分金一朱銀天保銭から文久銭, 小判二百二十五両を請け取った, 小判五十二枚ですから, 小判五十兩と二三兩, 小判交ぜて二兩三分, 小判の紛れ, 小判入りの柱, 小判六枚を掌, 小判り, 小判判金を, 小判分判の金吹, 小判包みをしっかり, 小判十五万両では, 小判十枚伝公の前, 小判千両出さずば, 小判千兩箱が三つ, 小判千六百枚大判二百三十枚隱して, 小判千百三十両という大穴, 小判吹きはなかなか, 小判売りの子供, 小判多く持ったとばかり, 小判大判取り雑ぜ数万両, 小判大判太鼓判と来, 小判寧ろ時間浪費の, 小判小つぶ取りまぜての, 小判小粒とり雑ぜ目紙, 小判小粒五六百兩にも餘ら, 小判小粒鳥目いかよう, 小判少し風も, 小判の未開地, 小判打出の小槌寶珠など就中, 小判から町並, 小判捜しで荒らされ抜いた, 小判支配人のお前, 小判正真正銘の慶長小判, 小判歩判を桝, 小判百兩を平次, 小判草躑躅アスタースヰートピーアイリス鈴蘭金魚草アネモネヒヤシンス山吹薔薇金雀児チユーリツプ花菱草シヤスターデージー松葉菊王不留行, 小判か一分一ツ, 小判は一枚四匁, 小判は二朱銀, 小判餅等なり, 小判というのもへん