青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小僧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

尋常~ ~對 對~ 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ ~小僧
小僧~
小児~ 小判~ 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~

「小僧~」 4879, 53ppm, 2209位

▼ 小僧~ (874, 17.9%)

13 ように 12 手を 10 ような 9 仮面を 8 宗之助は, 顔を 7 一人が 6 宗之助を, 常吉が 5 姿は, 手から, 癖に, 眼の 4 くせに, 乙松が, 宗之助が, 宗之助と, 春松が, 時から, 留吉です, 顔が, 鼻の

3 [14件] すがた, ために, やうな, 友吉は, 名を, 宗吉が, 寅松は, 常吉と, 常吉は, 後を, 持って, 言葉を, 頭に, 頭を

2 [86件] あとを, いうこと, からだに, ほうを, やうに, 三吉と, 三吉は, 中に, 事を, 今吉は, 仕業と, 佐吉と, 佐吉は, 佐吉も, 佐吉を, 倉松か, 倉松と, 働きで, 六, 六は, 冒険, 切られ与三, 前に, 友吉が, 友吉も, 友吉を, 口から, 口を, 吉藏は, 命が, 噂などが, 墓に, 墓を, 声は, 姿で, 姿の, 姿を, 孝吉, 孝吉は, 宇吉に, 宗之助かな, 宗之助だけ, 宗之助の, 定吉は, 定吉を, 寅松と, 巳代吉を, 幾松は, 庄吉に, 御蔭で, 手に, 手足を, 文珠屋佐吉が, 方で, 方は, 方を, 春松などは, 春松の, 春松は, 様に, 様子を, 次八が, 生命を, 留吉が, 留吉だけは, 留吉と, 留吉も, 留吉を, 目に, 目の, 直吉が, 直吉に, 直吉は, 神様, 肩を, 藍丸王が, 藍丸王は, 虎吉は, 角太郎と, 豆腐買は, 跡を, 長六が, 長六は, 顎を, 顔は, 鶴吉の

1 [525件 抜粋] あげられたのに, あとに, あの細い, ありかを, いふこと, いる方, いる酒屋, うしろから, うしろへ, うちから, おかげで, おばけが, おばけには, おもみ, お尻, お母さんが, お話なら, かくれて, からだ, がんばりの, くせし, くだんの, こと, ことが, ことだ, ことで, ことであった, ことなど, ことに, ことは, ことばに, ことを, さるぐつわを, すこし先, する質問, せいで, たけぞうが, ちょっと顔出し, つかまること, つじ切り, つたい歩, つたひ, ところまで, とんきょうなさけび声, どたまに, にせものとか, ねむたい曲節, はりこの, は裸足, ばけもの, ほうにも, ほか客と, もの藤吉は, も下女の, やつを, やりかた, ゆくえが, ようで, わめき声, を脱がせ, ウチだ, ウチを, コロリは, ゴーリキイを, デイリーは, ニキビを, モーシヨンまで, レムである, 一人で, 一人や, 一件は, 一件を, 一寸顔出して, 一時の, 七八人も, 三人は, 三人も, 三人を, 三吉が, 三吉に, 三木が, 不平の, 不正な, 不良少年の, 不足に, 両親は, 中でも, 中には, 中庭, 丸っこい坊主頭, 乗った, 乙松の, 亀どんが, 亀吉を, 事に, 事は, 事件は, 二人も, 云うには, 云う通, 云う通り杉, 云った通り茲, 五人が, 五六人も, 人柄なぞを, 人気が, 人相や, 今吉が, 今吉と, 今吉も, 仕業かも, 他の, 付近の, 仲間が, 仲間でも, 伊佐松と, 伊佐松といふ, 伊佐松を, 住んで, 佐吉が, 佐吉どんが, 佐吉どんでした, 佐吉に, 作かと, 使いじゃ, 使いぶりは, 使じゃ, 使では, 使用法について, 倉松が, 傍へ, 傍まで, 傳次なら, 働きぶりが, 僧衣姿が, 八百吉だ, 八百吉は, 六だ, 六つの, 六という, 六に, 兼吉が, 兼吉を, 再来とまで, 再現であった, 処に, 出没に, 初七日, 制度を, 前にも, 勇吉も, 勇太郎は, 勇太郎も, 勘次です, 勘次十七に, 十余りな, 千本占地茸に, 去った方角, 友吉さ, 友吉だ, 友吉で, 友吉といふ, 友吉に, 友吉皆んな居流れ, 叔母にあたる, 口に, 口占を, 吉公を, 名が, 名で, 味, 命松丸へ, 咽喉が, 品吉が, 品吉は, 喜太郎と, 喧嘩にも, 四顧人影なき, 垢染んだ, 境遇さもしい, 墓, 墓が, 墓だった, 墓の, 墓所辺りを, 墓白金の, 墓石の, 声で, 声ばかりが, 声も, 変態的な, 変装の, 外には, 外伝が, 大きなはり, 大勢が, 奇策に, 奴に, 如きに, 如きもの, 如き如水, 如く実感から, 妙手腕に, 始末, 始末を, 姿が, 姿と, 姿などが, 姿に, 姿まで, 嫁ばなし相手にも, 子役は, 孝吉です, 宇吉あわせ, 宇吉が, 安受合, 宗之助たった, 宗之助たつた, 定吉が, 定吉でございました, 定吉です, 定吉と, 定吉に, 定吉の, 定吉も, 宝沢を, 宮次が, 宮次に, 宮次を, 家は, 容態を, 宿下りの, 寅松に, 寅松の, 寅次が, 寅次は, 寝呆け声, 寢間それから, 寫眞なんか, 小さなからだ, 小さな黒, 少年時代を, 尻に, 尻の, 岩吉だけで, 差し出すの, 巳之助が, 巳代吉あとは, 巳代吉の, 市松が, 常吉でした, 常吉に, 平吉と, 平太郎が, 年輩の, 年頃も, 幸太郎が, 幸太郎といふ, 幼稚な, 幾松と, 幾部分かは, 庄吉と, 庄吉どんに, 庄吉などが, 庄吉は, 店の, 店前へ, 引廻しも, 強がりである, 形や, 影が, 影は, 役が, 役目を, 後ろ, 後ろ姿を, 御宿, 徳松たつた, 徳松は, 心意気で, 心理が, 念頭に, 思い付きとしか, 情婦に, 惣吉は, 意中を, 感じが, 懷中を, 手が, 手品さあさあ, 手品で, 持物でも, 指圖なんか, 按摩が, 挨拶そんな, 揚豆腐さえも, 数も, 文珠屋佐吉と, 新助, 新聞を, 方の, 方も, 映画ぞ, 春吉と, 春吉どんと二人亥刻, 春吉どんは, 春吉は, 春吉も, 春吉を, 春吉私の, 時に, 時よ, 時より, 時一度, 時代から, 時分太一には, 時分神隠しか, 曰く因縁故事来歴を, 曲り目の, 曲芸, 月給およそ, 末弟の, 本人に, 本性を, 本質の, 栄吉は, 栄吉を, 案内で, 梅吉が, 梅吉は, 榮吉が, 榮吉に, 榮吉は, 様な, 欠乏し, 欠乏より, 次八との, 次八は, 次郎吉も, 次郎松と, 正体は, 正体も, 正体を, 歩いて, 死體を, 民吉と, 注進が, 渡したの, 濡れた掌面, 炯眼は, 無口は, 無邪気な, 父親とは, 物語, 理想は, 生命が, 生活が, 生活は, 留吉くらゐ, 百舌鳥めが, 目的を, 直吉, 直吉といふ, 直吉の, 眼つきにも, 着眼は, 石松が, 礫を, 祖母さんという, 祟りだ, 突き出し野郎め, 竹松は, 答弁は, 策略だった, 節々が, 粗相は, 精神の, 素ば, 素早さ, 維持費に, 綽名を, 総数は, 罪と, 罪名が, 罪滅ぼしに, 群を, 考えは, 耳に, 耳朶を, 肩から, 背中を, 胸に, 胸を, 胸倉をと, 脅迫状が, 脅迫状を, 脊を, 脊中から, 臆面も, 自慢を, 自転車に, 與助だけ, 與吉, 良寛さんは, 良念は, 良念を, 良松が, 良松と, 良松は, 良松まで, 芋を, 茶目の, 茶碗箸なぞも, 茶給仕の, 草履は, 葬ひ, 蔑視の, 虎吉, 虎吉が, 虎吉でした, 虎吉と, 虎吉とは, 虎吉野州の, 蜂だ, 衣類の, 袖に, 襟が, 襟首を, 襟髪を, 襟髪掴ん, 襟髮を, 要吉と, 要吉に, 要吉は, 見せ物が, 視線を, 角太郎は, 角太郎までも, 言うこと, 言ふこ, 言葉に, 計略は, 記憶も, 評判は, 話に, 話を, 読み立てる声, 誰も, 請うが, 豊吉に, 豊蔵は, 走って, 足と, 足を, 足袋跣足の, 跡位の, 跳梁は, 身の, 身の上に, 身体, 身分であり, 逃げた方, 逃げるの, 通り白痴で, 運が, 適齢, 遺言が, 遺訓を, 配下に, 金切聲, 銀次も, 長吉と, 長吉続い, 関係を, 隠れ家が, 面の, 音吉は, 順吉に, 領域は, 頭が, 額を, 顏にも, 顏を, 顔で, 顔とを, 顔などを, 顔には, 顔へ, 顔色を, 類お客の, 風体に, 首か, 首を, 駈込み, 鶴吉が, 鶴吉を, 黒ふくめんの, 龜吉は, 龜吉を, SOSの

▼ 小僧~ (787, 16.1%)

8 それを 6 びっくりし 3 これを, その部屋, どうした, どもりながら, ドアの, 奥へ, 息を, 答えた, 誰だ

2 [51件] あたりを, いったいどこ, いろいろな, いろんなところ, ここに, こわくなっ, さう, すぐに, すつかり, すばやくその, そういっ, それ位の, そんな事, まだ一部, ヒラリと, 三十に, 主人に, 二十面相の, 何と, 前に, 十三人を, 双手を, 外に, 大手を, 妙な, 小林君の, 少しも, 山の, 巻煙草の, 彼こそ, 後に, 後を, 心の, 必ず僕, 急に, 怪訝な, 慌てて, 懐中電灯で, 手代の, 木の, 目を, 直ぐに, 着物を, 言下に, 身を, 途方に, 途方も, 額の, 顔を, 首を, 驚き提灯を

1 [644件 抜粋] あきれかえって, あくまでもつつましく, あっけに, あとで, あとの, あなたの, あやにく何, あるいは実在, いかにももうしわけ, いきなり台所, いささか拍子抜け, いそいで, いそがしく, いつか月世界旅行の, いつの間にか木, いつもポケット, いない, いねえだろうな, いまお, いまにもこの, うたがわれやしないかと, うなだれたまま神, うなづいて, うんざりし, えりもとから, おかしい, おこったよう, おもしろくなくなった, おもわず叫ん, おもわず逃げ, お使い, お前が, お前の, お金や, かぎ穴へ, かしこくも, からだは, きょうまで, げらげらと, こう云っ, こう思った, こう言った, ここを, こちと, このこと, このひと, このマンホール, この家, この小柄, この間ひどい, これから割前, これが, これまでに, ころがったまま, さげすむよう, さすがに, さっきから, さっきの, さっそくつぼ, さっそくのび上っ, さとられないよう, しげみの, したまた, した達, しんぱいそうな, じっと顔, じぶん, じれったがっ, すくわれたの, すっかりめんくらっ, すっかり怒っ, すばやくベッド, すまして, そういうこと, そういう遊び, そこで消え, そこへ, そこまで, そこを, そっとズック, そっと中, そっと西洋館, そのうしろ, そのヘリコプター, そのボタン, その上, その場所, その大, その大きなかご, その岩, その巨像, その幹, その廊下づたいに右, その手, その方, その明るい, その生まれながら, その男, その練習, その顔, それから, それからしばらく, それでは都, それに, そんなもの, たすかったの, たちまち閉口, たちまち黒い, たばこ屋の, たまらなくなっ, だぶだぶの, だまって, だんだんに高い, ちっとも悪く, ちょっと途方, ちよいと, ついにその, てれかくし, てれた顔, てんでに女, とうと, とっさに, とつぜん, とても当り前, ともかくも, とんだ所, どうかし, どこに, どこにも, どこへか, どち, どんな働き, なおも塀, なおも家中, なかなか衣裳持ち, なぐられて, なにかうまい, なにものであろう, なんで毎日, なんにも役に立ちません, にこにこし, はい, はじめて出, はじめて気がついた, はじめは, ひい, ひきずられる, ひとまず探偵事務所, びっくりいたしました, びっくりした, びっくりしました, ふくれつ面, ふたりが, ふだんから, ふっとそんな, ふるへ上つて, ふろしき包みを, へんだ, べそを, べたべたと, べつの, ほっとした, ぼんやりと, ますます驚きました, またうずくまっ, またしんぱい, またたとえ, またギョッ, またピョコン, また後, まだ十二三, まっくら, まもなくぐっすりと, まるで私, まるめたから, みださせて, むつと, もうすこしもぐち, もうとっくに人ごみ, もう逃げられません, もう運, もちろん恐い, もの心ついた, やっぱり夢中, やはり許し, やはり首, やれうれし, ゆうべ寝なかった, よく眠った, よく知っ, よろこびましたが, アノ支配人の, ウンと, ガラツ八の, キット発見出し, キヨト, キヨトンと, ギョッとして, コックが, コンクリートの, ジャッキーや, スッカリ喜ん, ズックに, チョット涙, チラッと, ツト椅子を, トランクの, トンネルの, バカだ, パンの, ヒョイヒョイと, ヘリコプターの, ポケットから, マゲを, モスク, 一しょに, 一つ目小僧の, 一体何だ, 一寸言ひ, 一晩じゅう目的に, 一歩まえ, 一空さまの, 丁度新式救命機, 万年青の, 三人居, 三匹の, 三千代ちゃんと, 上から, 上手に, 下から, 不承不承に, 主人らしい, 丼と, 久し振りに, 二十六七に, 云うまでも, 井上君を, 人さへ, 人を, 人間に, 今度こそと, 今晩銀座に, 他所のを, 伸子の, 低い震える, 何にも, 何も, 何もかもしゃべっ, 何心なく, 何時の間に唖, 何時も, 何處へ, 俺にも, 俺の, 傍を, 傘も, 儲けが, 先へ, 入口へ, 全く野生, 其処につき, 其處に, 兼好という, 出入りの, 出来得る限り, 前のめりに, 化学者と, 十二三が, 十五六で, 十四五で, 即座に, 原っぱの, 原稿の, 口を, 古田に, 叩きつけられたよう, 只一人で, 台所の, 同一人, 周章てて, 和尚の, 喜ぶか, 四十面相が, 土地の, 土間の, 土間へ, 地下道から, 声を, 変な, 変も, 大いそぎ, 大きく目, 大きなものおと, 大きな目, 大丈夫だ, 大外套, 大變, 天井の, 天秤棒を, 太い白蛇, 失望しなかった, 如何に, 妙に, 委細構わず, 安心し, 完全に, 実際物騒, 宿無に, 小さいから, 小さな腕, 小ちゃ, 小林君を, 小林少年に, 小林少年の, 小遣いを, 尾行の, 屏風の, 山から, 岡田の, 岩の, 川っ, 川の, 布団の, 帳場口へ, 平次も, 年は, 幾度も, 床へ, 店で, 店二階へ, 度胆を, 廊下の, 張子の, 当年十四歳で, 影を, 彼が, 彼を, 往来の, 後から, 御殿の, 徳利も, 徳利を, 思いきって, 思わず伸子, 思わず心, 急には, 恐ろしく悧發, 息をも, 悚然として, 悪魔に, 意地に, 愚か犬の, 感に, 懐中電灯を, 手さぐりで, 手に, 手拭いを, 持って, 挙げられねえ, 振り向きも, 新主人, 旨く首, 早くも, 早熟である, 昌吉と, 明智事務所に, 明智探偵の, 時々言葉, 更に主人方, 最前の, 有難うと, 本当の, 来ずして, 東京から, 果物が, 根府川の, 梨を, 機械の, 正直に, 歩いて, 死んで, 気味が悪くな, 気恥か, 水が, 汚れた白い, 河童であろう, 油断が, 泣きだしたくなりました, 泣声を, 洗ひ, 洞窟の, 消えて, 渋田の, 漢字を, 火の気の, 無我無心に, 無論仕合せ, 無論何とか云うだろう, 物憂そう, 特にお, 猿の, 猿共と, 甚だ重宝, 生まれてから, 生れ付きの, 用心を, 用意の, 甲板組の, 痛くも, 白く炭屋, 白痴の, 皆ふるえ, 相変わらず知らぬ顔, 相手に, 相手を, 真白け, 眼が, 眼を, 矢張りニコニコ, 石の, 石段の, 確かに, 祭の, 私が, 私の, 空の, 突然云った, 突然円管先, 竈の, 立ったり, 立って, 立派に, 立留まつた, 笑いも, 笠を, 答えました, 美留女姫に, 習わぬ経, 考えも, 耳たぶを, 肩から, 胸が, 胸を, 腹立たしげ, 臆した, 自分の, 草を, 落ち付いて, 葛籠の, 薄い半纏, 藤六の, 虎穴に, 表の, 被り物を, 見えかくれに, 見向きも, 親方に, 警官の, 豊国の, 負けやしまいな, 赤い服, 足下に, 足音に, 身動き一つしなかった, 近頃新開地, 返事も, 追っつかれても, 追って出た, 遠いところ, 遠方から, 部屋の, 鉄格子の, 銭さえ, 銭を, 鎖をは, 長どん, 門を, 階段の, 電人, 青竹座頭は, 面倒臭いと, 面白そう, 須崎氏から, 頭や, 顫え, 飛んで, 飛上がる, 食台を, 馬の, 馬肉屋の, 驚かなかった, 驢馬を, 鬱憤の, 魔術といったな, 鳥の, 黒裝束で, 黙って, 黙つて了つた, 黙つて煙草, 鼻汁を

▼ 小僧~ (648, 13.3%)

9 さけびました 8 飛んで 6 出て, 立って 4 ある, 小林君の, 起きて 3 あわてて, それを, 一人と, 持って, 顔を

2 [37件] あとで, あります, いて, いる, お腹が, かなしそう, この路地, ささやきました, そっとささやきました, それに, ついて, とんきょう, はいって, ハミ出し, 一人死んだ, 乗った船, 二人, 二人下女が, 何か, 何人も, 使に, 先づ一番先, 入って, 出たり, 塀越しに, 居て, 岡持で, 岡持を, 廊下の, 持つて, 暖簾を, 木の, 欲しいという, 死んで, 汲んで, 眼を, 駈けて

1 [518件 抜粋] あったで, あった筈, あって, あつた, あまり出, あらわれました, あらわれ出やし, ありました, あるもの, あれが, あれだけ, あんなにムクムク, いいよ, いた, いつから, いつまでも, いつもニコニコし, いま若旦那から, いるが, いるの, いるよう, いわゆる, うしろから, うつかり, うやうやしく取り出し, おかしゅうございます, おた, おぼれて, おりましょうぞ, お八重, お小姓, お重, お金を, かえって来る, かかる, かけだして, からかうよう, くっついて, くらやみの, こう答えた, こくりこくり, こころぼそい声, この前, この大雨, この柳仙, この辺, こんなこと, ございます, さけんだ, ささやきます, ささやきますと, さっきの, しきりに打水, しきりに敷物, しきりに莫迦話, したがっていました, しのびこんだ桜井さん, しばらくその, しゃべった話, しんぱいそうに, じだんだを, する棒, ずんずん停車場, そう云う, そう云った, そこへ, その六十九番地, その土, その虫, それが, そんなこと, そんな事, そんな惡者, ぞんざいだ, たいへんな, たずねて, たった一人, ちいさくても, ちっともしゃべらない, ちょっと出, ちょっと用事, つくり二階, つづいて, つづらから, つぶやくよう, でた, とびこんで, とり次ぐと, どうした, どぶろくに, なかなか降りよう, なぜ山, なにかたいへんな, なにか眼, にくにくしそう, にやにやし, ねこんな, はじめっ, はっはっと, ひとりかけだし, ひとりごとを, ひとりで, ひとりぼんやり, ひとり彦左ヱ門の, ひとり肉切庖丁を, ひとり通り掛っ, ふいに, ふたり居る, ふと目, ふるえ声, ほんとうに, ぼんやりと, またべそ, また一人煙草, また云った, また山, みんないっしょに, みんな一ぱしの, むくりと, むこうから, むこうの, もう一時間, もしだれ, もって, もてあまして, やってきて, やんやと, よく田舍道, わざわざその, わざわざ自転車, ゐて, ゐなくなつ, アンナに, ウジャウジャかたまっ, ウロつい, ガラスを, キャーと, クルリと, コップに, サッとこちら, シャベルと, ジロジロ訝し, ズックの, ハミ出してる, ハミ出します, ピオニェールである, ホームランを, ミヅシメドチシンツチ等の, 一人あります, 一人いる, 一人それでも, 一人で, 一人は, 一人ゐ, 一人下女が, 一人大人の, 一人奥へ, 一人机を, 一人来かかった, 一人来た, 一人燒け, 一人荷物を, 一人蛇の目を, 一人首を, 一匹の, 一升徳利を, 一度落ちた, 一方では, 一枚, 一生懸命に, 一生懸命肉付けの, 丁半で, 七兵衛七兵衛と, 三人ほかには, 三人寒い, 三人番頭が, 三度々々二階, 上から, 不寢, 不審を, 不幸でした, 世田谷区の, 両手で, 主人の, 久し振りに, 乗組んだ船, 九の, 二人ぐらい, 二人これは, 二人ど, 二人も, 二人プーンと, 二人右大臣左大臣の, 二人女中二人あわせ, 二人小女が, 二人居あわせ, 二人掛け合いで, 二人梁へ, 二人箒と, 二人船頭その, 二人連れ立っ, 二匹や, 二日もか, 二枚落し, 云った, 五人でございます, 五六人寄り集っ, 五十五銭です, 井上君に, 人を, 人柱を, 今夜学, 今彼方此方の, 今朝天井裏に, 他の, 付いて, 何かの, 何もかも先手, 何を, 使いに, 來て, 倒れて, 偽電報, 傘も, 僕に, 先づ驚きの, 先まわり, 入り用だ, 六人皆配達に, 六人配達に, 再び確め, 冷評する, 出す様, 出たといふ, 出たの, 出るかも, 刀など, 切り貼りに, 列を, 助けて, 十基の, 半ば得意そうに, 半分ハミ出す, 卸しに, 原稿, 原稿さがし, 参って, 参り, 取に, 取り次いで, 口の, 口を, 口笛を, 台所の, 吊ランプ, 同乘, 名人に, 吩付けられた, 呻り出したれ, 呼びに, 命令した, 和尚の, 喰み出し, 嘲弄的で, 地蔵様であった, 墓の, 声を, 声帯模写を, 変な, 外へ, 夜分墓原を, 夜店を, 大きなハープ, 大きな聲, 大勢いる, 大好きだ, 大学を, 大學, 天才だ, 奇面城の, 奇面城を, 奉公し, 奥から, 女と, 女性としての, 好きだつた, 妙に, 嫌に, 実の, 実は白軍, 家に, 家へ, 寄りあって, 寝て, 将つて, 小さなヒョウタン, 小川湯へ, 小林君に, 小林少年の, 小股で, 尻まくりし, 尻を, 居た, 居ったある, 居な, 居りました, 居るじゃ, 居る方, 居れば, 居春陽堂, 居眠って, 届けたと, 山の, 差出した二本目, 差向っ, 帰った時, 帰つてきた, 帰つて来, 帰らなけりゃあ, 帳場で, 店から, 店の, 店頭の, 庭口へ, 廻は, 待って, 後で店, 徒党を, 御膳籠を, 心配を, 忍び入って, 忍び入り柳仙夫婦を, 忙しそう, 怒って, 怒ってね, 怒つて, 怒鳴って, 急いで, 急ぎ足で, 恐る恐る訊いた, 恐れ入って, 悪い仕事, 懐中を, 懐中電灯で, 懸け取り, 懸取り, 成長する, 戸を, 手に, 手を, 手拭を, 手摺の, 手紙を, 手習を, 手袋を, 押し殺した声, 持ち逃げし, 掻きまぜて, 提げた, 教えて, 時々眠, 最も忙しく, 月世界の, 有る町, 朝鮮人の, 本を, 来たらおいいなせ, 来た時, 来た筈, 来て, 柴を, 格子から, 案内役です, 案外本能的, 棒を, 歩くとか, 歩みかけると, 死にものぐるいの, 死骸を, 殺されて, 氷あずきを, 求めたその, 汗を, 泣いて, 泣き車力, 洞くつの, 洪将軍の, 浜町河岸を, 消える, 温めて, 滯在は, 潜りさ, 火と共に, 炭を, 点けて, 無事に, 無精で, 熱心な, 物蔭から, 犯人では, 現れて, 現われコツコツ, 田舎の, 白い歯, 白髪の, 皿を, 盗犯防止の, 目の, 相手にな, 真似を, 眼に, 知って, 短夜恨めし, 穴蔵へ, 突つ立つ, 窓から, 立並んで, 立出で, 立去って, 立止つて門内を, 算珠盤片手に, 素足で, 絡む, 經文を, 罷出ようという, 群集の, 習ひもしない, 習わぬ経, 聞いたかも, 背負ってる行李, 胡桃の, 腮を, 腰を, 腹に, 臆病窓を, 自分の, 自転車に, 臼を, 舷に, 色々な, 菅笠を, 蛇神の, 行ったって, 行って, 襖明く, 西洋人の, 覆面の, 見えなくなると, 見える, 見付けて, 言う, 言った, 訊くと, 訪ねたの, 貰った物, 跣足で, 車に, 辻を, 返事を, 逃げこんでや, 逃げ込んだの, 這出して, 通りすぎるほか, 通行人を, 連れて, 逸早く飛出し, 遊びに, 運んで, 遣って, 遣物, 郵便を, 金行燈の, 鋸の, 鍵を, 長い舌, 門を, 門口を, 間延びした, 附ぶ, 降りて, 降りようと, 階段を, 隠れて, 雨戸を, 雪を, 雲から, 静かに, 鞍傍に, 頭の, 頼まれて, 頼んで, 頼信紙に, 顏を, 顔色を, 颱風や, 飛び込んで, 首尾よく, 鷲を, 鷹の, 鼻を

▼ 小僧~ (336, 6.9%)

10 つれて, 連れて 6 して, 呼んで, 相手に 5 つかまえて, 揃へて 3 使に, 呼びつけて, 奥へ

2 [16件] からかって, だいて, ひっぱって, よんで, 一と, 先に, 先へ, 出して, 向柳原, 呼んだ, 呼出して, 揃へ, 殺したか, 膝の, 迎えに, 隱し

1 [247件] あわせて, いじめたこと, いつも下, いやがらせたり, うしろ手に, うまく引張り込ん, おいて, おさえろ小僧, おどかして, おびえさせたの, お世話さまでした, お世話様でした, お繩, かかえて, かき退けるよう, かり集めて, きちんと揃えた, きめつけた時, ここにつれ, こっちへ, こわきに, さがしあてたので, さがすの, さがせと, させられた, しかって, しくじって, したり, した事, しばって, しばらくの, せっかくわれわれ, そこへ, そのせまい, そろえて, たたき殺すが, だきしめて, だくよう, ちつとも, ちょいと, つかまえサア, つかまへ, つけて, つけねらって, つらまえて, つれ出して, にらみつけました, のせたヘリコプター, はげましながら, はげましましたが, はじめ下男たちも, はじめ少年探偵団員二十三名警視庁捜査一課の, はねとばして, ひきずって, ひきずり出して, ひきつれて, ひとり世話し, ひとり使っ, ひどくどなりつけ, ひねりつぶしたの, ぴいぴい泣かせる, ほしが, まるで自分, まッ二つ, みて, やと, やめて, やりました, やるに, よく見た, よこして, わしに, ズラリと, タタキ殺す, ノンセンス小僧に, ペテンに, 一人ずつ, 一人つれ, 一人よこし, 一人使っ, 一人借り, 一人連れ, 一寸見, 一撃され, 一斉に, 三人四人むくんだ, 三年した, 世話でした, 並べて, 並べるの, 中に, 乗せたせい, 乗せて, 乗組ませると, 二つならべ, 二人の, 二人も, 二度までも, 交えて, 京橋の, 人柱に, 人質に, 仕込むに, 仰ぐもの, 伴れ, 伴れまい, 何だ, 使うこと, 使ったとは, 使つた, 使つてや, 俺の, 借して, 別所の, 助け出さなければ, 励まして, 勤めただけ, 勤めて, 包みました, 包み乍ら乘出, 半ば信用された, 卸して, 取りひしぐつもり, 取戻し談判, 受取りました, 可愛がり敬い又は, 可愛がろうって, 叱って, 叱つて, 叱るわけ, 同じ人間, 吾が家, 呼びかけて, 呼びとめて, 呼びました, 呼び入れたの, 呼び戻して, 夜中担げ, 大事に, 大急ぎで, 安心させる, 宥めて, 少々心憎く, 山へ, 帰した, 帰して, 廃し, 引き摺って, 引取った, 引廻し, 後手に, 御寮人お, 御殿の, 忘れずに, 怪しいといふ, 悪い人間, 想像し, 愛して, 慕う壮士坊主, 手に, 手招きし, 打って, 抱いたま, 抱いて, 担ぎ上げて, 指圖し, 捉まえ, 捻っても, 探しある, 揃えかしこまって, 揃えて, 揃えないわけ, 揃へる, 擦り剥いたと, 擦り剥いて, 救った, 斬ろうたア, 書いた方, 根附と, 欧州航路に, 欺かして, 殺したって, 殺すって, 氣に, 泊らせて, 注文取りに, 滑稽な, 演じたの, 片傍, 物影に, 物蔭に, 現じ出そう, 生の, 番屋へ, 百人分合せた, 皆が, 盗んだとか, 真中に, 眩しい日陽, 督し, 睨みつけると, 睨みましたから, 神様の, 私に, 縛った修業者, 縛つた修行者も, 縛りさ, 置くよう, 脅かして, 見おろした, 見かえって, 見かけると, 見せに, 見せるという, 見つけたの, 見て, 見なかったかと, 見ながら, 見ると, 見る折, 見れば, 見付次第タタキ殺し, 見比べ乍ら, 見返って, 訪れて, 許して, 調べて, 走らせて, 走らせようと, 足蹴に, 追い廻して, 追ひかけました, 追ひ込ん, 逃して, 逐出しに, 連想する, 降して, 降す, 隠しました, 隱しなよ, 雇いて, 雇うには, 雪の, 頼んで, 餌に, 馬喰町へ, 驚かした事

▼ 小僧~ (329, 6.7%)

4 持たして 3 して, なったり, なって, なりました, やられて, 化けて, 持たせて, 置いて, 頼んで

2 [19件] きいて, しては, それを, だかれて, なるの, やった, やられた, よく似, 何んぞ, 向って, 命じて, 尋ねた, 店へ, 店を, 手伝って, 案内させ, 聞いた, 至るまで, 訊いて

1 [260件] あがった根, あがってるん, あれおじょうさん, あれを, いいつけて, いうと, いたるまで, いった, いったという, うしろから, うまうませしめられ, おくれは, おどされて, おめおめ讓, お茶を, かかって, かかる疑い, かっぱらわれる位, かまってなど, からかわれて, からだを, かわって, ききに, きくでしょうか, この太平洋, この眼, これは, さえ千世子, させる場合, されちゃったのよ, されちや八五郎, されて, したの, しても, しろ持込場, すぎない, すぎないの, すっかりなつい, ぜんたいの, そつと, その探検, それと, たずねました, たのみいるところ, たのみいるところが, ださせた, つかみかかりました, つけられて, なった, なったから, なったと, なったの, なってから, なつたり, なつて, ならうと, なりたいとか, なると, なれつて, なれと, なれとか, なんの, はさほどの, ばけたポケット小僧, ばけて, ひきずられたよう, ほしいという, みせて, やらせ升, やらるるの, やられたん, やられたゴーリキイ, やられた時, やられ十四, やると, よこされて, わけを, わたしました, アルチュールとか, カラカワレて, スモーチカを, トム公に, ドンナ事を, ヤッツケられ, 一包み衣類を, 一言きい, 与える, 乞食を, 仕事を, 仕立てて, 休暇を, 伴われて, 住みこませて, 住み込んでる中, 住込みました, 住込んだ, 何か, 何が, 何ぞ菓子, 何事か, 俺の, 俺は, 傘の, 傘を, 催促した, 僅か十銭, 入ったの, 入られたのよ, 八幡前まで, 出された常友, 出した, 出したいとの, 出して, 出て, 出会つた主人の, 出逢った, 切り変えるん, 別れて, 別れると, 別れを, 助けられて, 包紙を, 化けさうな, 化けたと, 化けたスパイ, 化けられないこと, 危く突き当り, 取っちゃ, 取らせること, 名入りの, 向い, 吩付け, 吩咐けた, 命令を, 喰らわせると, 囁くと, 声を, 大変な, 奧, 好奇の, 子守のみ, 安心でき, 対した伸子, 小遣を, 幽霊, 幽霊を, 庭の, 心が, 思ひも, 手つだわせて, 手伝わして, 投げ与えた, 押込まう, 持たせたの, 持たせた提灯, 持たせましょうと, 持出さしたの, 振舞った半分, 捲きつけられた鋼, 掃かせましたが, 提灯を, 擬えて, 救い上げられてから, 教えられて, 教わって, 木剣で, 枯枝や, 格別目を, 案内させた, 案内され, 案内し, 気がつかなかったよう, 気を, 氣を, 決してまけない, 油断を, 渡した, 渡した心掛, 渡して, 渡す小僧, 湯灌の, 用は, 留守を, 留守番を, 百の, 百文の, 盃を, 相違ない, 相違なかっ, 相違なかつた, 眼を, 祟られて, 窃かに, 笑わるるから, 羽根を, 聴いたこと, 聴かれた上, 聽いた, 聽く, 脅迫状を, 至る迄が, 茶を, 行くこと, 行って, 行つたと, 衣類を, 見えるの, 見させたる, 見させました, 見に, 見られたこと, 言いかけて, 言いつけて, 言いつけました, 言いました, 言い含めて, 言った, 言ひつけ, 言ひつけた, 言ひ附ける, 訊いた, 訊くと, 詫る, 話して, 読まして, 読んで, 負けちゃ, 負けて, 買いに, 赤毛布と, 起こされて, 躍りかかった, 近寄りながら, 返って, 返送せず, 追われた蜻蛉, 送らせて, 送られ, 送られて, 逢うて, 逢って, 逢つたと, 逢はずに, 連れられて, 遣った, 遣つた, 遭つたと, 酒を, 金でも, 金まで, 金を, 錯覚あり, 開けさして, 間の, 雇われ毎朝, 頼む, 頼んだ, 顋を, 飛びかかったと, 首を

▼ 小僧さん~ (255, 5.2%)

5 のよう 4 の方, の顔, は 3 か, がいいました 2 が二人, が私, が自分, が門口, その手紙, だね, の姿, の様, の腮

1 [214件] いいから, おはがき, から仕上げた, から叩き上げ, から聞い, から若い衆, が, がある, がい, がいなか, がうしろ, がお, がおじいさん, がお供, がお茶, がきい, がここ, がこんな, がしらせ, がじっと, がその, がただ一人, がどう, がやさい, がやつ, がランプ, が一人, が一人差向かい, が何とか, が元気, が入用, が包ん, が医者, が喜ぶ, が塀, が大分, が天秤棒, が尋ねた, が少し, が届け, が建築, が往来, が待っ, が待つ, が持っ, が持つ, が来, が棒, が沢山, が流行唄, が漕いだ, が烏, が石, が礼拝, が種, が空瓶とり, が筒袖, が背負っ, が自転車, が門, が顔, が風呂敷包み, このすいか, この脇差, こんにちは, さか, その几帳, だ, だか, だから, だが, だけを先, だったと, だど, ちょっときく, でありました, でありましょうのう, です, では, でも, でもいい, でやっぱり, で名, で居, で満員, といえ, とこわれた, となり, とは何, と一緒, と同じ, と職人, と違います, なかなか強い, なかなか話せる, なぞの, などにはやっ, なども現れる, に, にききました, にくれ, にたたきつけられ, にどんな, になった, になつて, になにか, には松明, には答える, には連れ, には随分, にも同情, にやられる, に対して心から, に対して本当, に対して真, に応援, に罪, に聽, に説明, に逢つて, に頭, に頼ん, に麻風呂敷, の, のお, のしくじりなんざさっ, のする, のところ, のほう, のまわり, のやう, のようす, の一団, の名, の声, の声色, の御, の持っ, の持った, の持つた, の時分, の番, の視線, の話, はあれ, はいいました, はいかにも, はいっしょう, はお, はおかあさん, はこちら, はこんなに, はず, はため息, はとくいらしくいいました, はどちら, はどっと, はなんとも, はへとへと, はよく, はオーバーシューズ, はレディ・オヴ・ザ・バアジ, は丁寧, は主人, は二度びっくり, は勝った, は台所口, は四斗樽くら, は大きい, は威張りました, は子ども, は学校, は工場, は弾丸, は悲しい, は指さした, は振り返り, は日, は極, は狡猾, は病気, は確, は立ち上がりました, は笑っ, は苦しい, は見た, は黙っ, まあお, また木挽町, まで皆, もいました, もかどうか, もねずみどころ, もまた, もみんな, もみんなワッ, も一緒, も行儀, やあの, やお前, やほか, や丁稚さん達, をいじめ, をさがし, を以てし, を呼ん, を宜, を寄越す, を御存じ, を押し, を苦しめる, 早くどうか, 長どん, 飲めよ

▼ 小僧~ (171, 3.5%)

11 一緒に 6 云ふ 5 いっしょに 3 二人で, 呼ばれて, 想像される 2 いえば, つては, 一しょに, 呵々と, 喧嘩を, 手に, 指さ, 自分の

1 [124件] あざけり笑った三人組, あわせて, いいました, いうので, いえども, いって, いつたの, いわず踵, いわれるほど, お杉, お祖母さんの, そして田舍, そっくりです, その家, それに, たしかに二枚看板, たつた二人, っきりいない, つねに愛でられ, なった, なって, なりしは, なりニージニ, なり大入道, なり彼処, なり自転車, ののしられいい加減, はいっても, ふたりの, よく呼ばれた, よんで, わかると, 一所なら, 一所に, 下女は, 下女を, 下男が, 不良少年, 両手の, 中年者及び, 二人がかりで, 二人きりで, 二人にての, 二人暮らしの, 云い婦人, 云い実に, 云えば, 云った, 云や, 俺に, 元七, 先刻, 先生, 入れかわったの, 入れ違, 八百屋の, 別れました, 別れる, 動かぬ白眼, 十七八の, 同じよう, 同じ位, 同一人, 名乗つたばかりに, 問答する, 喧嘩でも, 大型の, 女中は, 女中らしい, 娘さんとが, 娘と, 娘の, 寝てりゃいい, 寝小便娘の, 寺男までが, 巡礼お, 心理的な, 思いきや, 思ふの, 悪魔との, 成り済ましたとき, 指さすよう, 早變, 来たひには, 案内役の, 棒押しを, 正坊, 江戸で, 海豚童子の, 炭屋の, 為吉と, 特約し, 病中といふ, 私立探偵との, 等々力久蔵親分活躍の, 美留女姫, 美留女姫二人より, 職人四五人を, 職工を, 自分との, 花合せを, 芸子を, 落ち合って, 藝子を, 言い廷臣の, 言い筍八段, 言つても, 言われた恐ろしい, 言われて, 警察へ, 赤毛布の, 趣きが, 逃げ込んで, 邂逅した, 鍋墨の, 鑑定した, 長々とに, 長々の, 関係し, 雁八を, 青眼玉それに, 題した不思議, 馬に, 高い山

▼ 小僧~ (122, 2.5%)

3 そのあと, 十分に 2 ある, たいがいシルシ半纏を, 出て, 死刑と

1 [108件] あき罐, あっ気に, あとから, あとで, あり平身低頭, あること, いて, いなくなってから, いる, いる女中, おとなの, きみよりは, ぐうの, この臭, さぞ本望, しんぱいで, じっとおとなしく, そうである, その小さい, それぞれ自動車に, それであり, ちゃんとそう云っ, ちゅうとで, つかい友達付き合い, とびだして, ない筈, はりこの, ひとり残される, びっくりし, ふいと, まけないで, みんな一どに, もぐりこみました, やむを得ず罐詰め, よくはたらきました, クラクラッと, ゴソゴソしだす, スーッと, セントラルに, 一人女の子が, 一軒置い, 下女も, 不安の, 二階へ, 五十だ, 亦た, 亦毛唐, 仮面を, 何かの, 使いに, 俄かに, 倒れた, 元気を, 八方に, 兼ねた仕事, 出ては, 出なかったと, 右の, 同じこと, 同じよう, 呆れ果てた故, 大いばりで, 大きに悦び, 大たん, 大急ぎで, 女中も, 女事務員も, 嫌である, 安心しました, 小女も, 小林団長の, 居れば, 屹度あの, 巡査の, 帰りませんでした, 平気な, 張合いが, 彼方此方へ, 思い出したよう, 新聞に, 旦那も, 明智探偵の, 景気の, 月並だ, 横町の, 残つてゐた, 水に, 牡丹餅ほどの, 生れて, 目を, 真逆, 瞠若たる, 知らないうち, 知らないので, 立ちどまった, 箍が, 総掛かりで, 総斎, 置かなければ, 若者も, 読むもの, 諦らめた, 身輕では, 道に, 達しゃがな, 隻眼とは, 飛んで, 飯炊きも

▼ 小僧~ (63, 1.3%)

1092 からたまりません, ぜ, と思っ, もの

1 [36件] からつい, からまだ, からもう, から大きに, から後, から淫売, が, が始終, し己, つたなどと, つて今, とあの, とかあか, とは聞い, と云っ, と剛情, と半, と思う, と思ふ, なあ, などと云, などれ, なんて大人, なア, なッ, のって, のと, は結末, また始めた, よう, を連発, アね, ナさっき電話, 彼手柄顔に, 恐ろしい小僧, 腰の

▼ 小僧~ (59, 1.2%)

4 ここへ 3 手代が 2 三つ目小僧の, 下女や, 若僧が

1 [46件] あいと, あと呼ぶ, あの呼び声, お茶を, さうし, まるで人種, イカケの, 下女では, 下女に, 事務員さっきの, 五六人の, 六歳ばかりの, 南蛮渡りの, 呉服屋の, 大入道が, 大勢の, 女中にも, 女中の, 女店員, 娘や, 学生にも, 小供, 小女が, 年寄りの, 徒弟に, 或は行路病者, 手代の, 手代達と, 政岡などを, 書生の, 権助さんまでが, 番頭が, 番頭は, 番頭連とともに, 直侍, 石に, 石川五右衛門の, 硯箱を, 紅葉さんの, 耕作人などとして, 自轉車乘, 若い女工, 蝙蝠小僧が, 辨天小僧が, 門前の, 雷小僧などが

▼ 小僧たち~ (37, 0.8%)

2 だよ

1 [35件] から蔭口, がかって, がぼんやり, が一団, が居ねむり, が平常, が手傳, が部屋, である, でご, と冗談, にいっ, にすぎない, にまで迎え入れられ, にサービス, に何, に割り当て, に色恋ざたがあろうとは, に贔屓, の名ばかり, の姿, の小便, の成長, の扇, の物音, の雷, の顔, は湯, は話, までしかられた, も, もうんと, も果ては, やそれ, を雇

▼ 小僧~ (37, 0.8%)

2 あつた

1 [35件] いて, かしたその, かの野上, がす, この二三日, この邊, ごわす, さア, しかも昨日, その時, まいど, もちよ, わけの, ジャケッツを, 久松と, 人形町通りの, 今一人は, 僕より, 公判に, 呉田という, 呼吸を, 子守に, 容貌が, 師匠に, 廻った, 押合っ, 昔ふうに, 歩くやう, 減らず口の, 竹馬の, 結構です, 覚えて, 赤八と, 首の, 鼻の

▼ 小僧ども~ (36, 0.7%)

2 がいる

1 [34件] あの道, からどんな, がお, がかけこん, ががやがや, がまっすぐ, がわいわい, がパッ, が出入り, が大事, が掃き出し, が自分たち, が鼻, です, と一緒, にもナマズ, に詩文, に近い, の寝室, の飲み代, はその, はどこ, はみんな, はミジン, は七兵衛, は大騒ぎ, は感服, は碌, までホツ, も気味悪く, を一週間, を鞭, 乗り込み来りて, 好く遣った

▼ 小僧~ (33, 0.7%)

3 と一緒, の頭

1 [27件] がみんな, がやらかしましょう, が一國, が不安さうに囁き合つて, が代る, が奥, が奧, が皆どこ, が雨戸, には余程, に一應當つて, に一通り當つて, に何, のでもなかつた, の云った, の噂, の樣子, の顔, はひよつくり, は互いに, は感心, は皆んな知つて, まで一同, も新しい, をそこ, を呼ん, を連れ

▼ 小僧から~ (28, 0.6%)

1 [28件] ことの, とりあげられて, 一時に, 下女にまで, 今の, 今夜の, 仕立てられました, 仕込まれて, 出入りの, 又聞きでございまし, 受取ったの, 受取つたおり, 叩きあげた立志伝中, 娘に, 家へ, 怨まれる筋合い, 成り上ったの, 手代へと, 手紙を, 打きあげ, 習った, 聞いたの, 聞き出したの, 脅迫状が, 話を, 買うよりも, 追ん, 鍛錬された

▼ 小僧という~ (28, 0.6%)

9 のは 2 のが, ものを

1 [15件] あだ名を, ところがそういう, のでした, ような, ように, んだろう, 名まえでした, 名前だけ, 境遇奇妙な, 奴で, 奴は, 妖怪を, 怪物が, 意味であっ, 賊が

▼ 小僧には~ (27, 0.6%)

3 白玉一つこし 2 うらみが, 武力も

1 [20件] これも, そこまでは, そのいみ, ちょっと言葉, ないと, わかるかい, 一つも, 二三時間にも, 内証らしく冷し, 喰物を, 奇面城が, 惜しい男, 接吻せず, 斬りまくられ旅僧, 皆目解っ, 相違ない, 縁が, 聞えなかったの, 襟首を, 貴重な

▼ 小僧サン~ (26, 0.5%)

2 はもう, は今

1 [22件] が上, が悠然, が手, これからどうした, に並ん, に無限, に跟, のあと, の声, の影, はどう, は不平さうに, は其処, は其窓, は無頓着, は独り言, は立どま, は重たい, もあと, もうよしませう, を呼び, を見る

▼ 小僧~ (20, 0.4%)

4

1 [16件] いい加減, うまくやっ, がいいかげん, が飛ん, これから風, とは思い, と博士, ほんとに小憎らしい, 唄いながら, 大きなこと, 怒りましてね, 悪い小僧め, 憎むべき奴, 早く返さん, 本当にお前, 案外マグレ当り

▼ 小僧ッ子~ (18, 0.4%)

1 [18件] があの, が朝ッパラ, が酔っ払う, だ, だな, であるの, ですがね, とあなどる, にしか見えなく, に召捕られた, に獲れ, のよう, の御, の猿, の眉毛, の頭, は生意気, よ

▼ 小僧じゃ~ (17, 0.3%)

3 ない, ないん 2 ないか, アねえか 1 ありませんか, あるまいし, ないぜ, なかったの, ねえか, 仕方が, 敵国の

▼ 小僧さんたち~ (15, 0.3%)

2 と一緒

1 [13件] といっしょ, にすまなく思わせた, に用事, に訴えた, のうなり, の指さす, は, はしょげ, はそんな, はどう, はびっくり, はふしぎそう, をかわいがる

▼ 小僧だった~ (15, 0.3%)

2 のです

1 [13件] がいつも, が幕, ことだろう, ことで, ことを, ころ夜おそく, そうです, そうな, ぞ, のでお, のでそれ, んでしょう, スミスの

▼ 小僧として~ (15, 0.3%)

1 [15件] そのイギリス人, たびたび主人, はたらいて, よく思っ, 住みこんで, 働かされたが, 十三歳の, 子供を, 実習せし, 扱われ苦痛, 映った, 盗み溜めて, 自分という, 見えたろう, 長く残っ

▼ 小僧とは~ (15, 0.3%)

1 [15件] おれの, こっそりと, このふたり, ご馳走の, どうしたろう, よく云った, 中村警部に, 別の, 思われぬ小憎らしい, 月の, 玄關先から, 考えたね, 貫禄が, 隣家の, 驚きましたね

▼ 小僧一人~ (15, 0.3%)

1 [15件] お參, が今, が瘧疾, が突っ, だったん, で休み, に芸子一人, に藝子一人, の下駄屋, の世帶, は寺男, を人質代り, を力仕事, を相手, を連れ

▼ 小僧にも~ (14, 0.3%)

1 [14件] かけられますわ, この質問, ませて, よくわかりました, 何んと, 出られねえからよ, 吩咐け, 持たせずに, 脊負わせ, 見せて, 訊いて, 誰にも, 逢ひ, 遜らないもっとも

▼ 小僧です~ (11, 0.2%)

42 ね, よ 1 かそれとも, が二日, が空知太

▼ 小僧でも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いってること, ない女中, 下男でも, 今日盛んに, 何でも, 何でも無え, 大學教授, 始めてあの, 当時の, 買って, 通ったの

▼ 小僧まで~ (11, 0.2%)

1 [11件] なか, なかなかの, 伯父の, 入れて, 加わって, 十七人それに, 合わせると, 総出の, 與太郎が, 集まった仕事場, 雪だらけだ

▼ 小僧~ (10, 0.2%)

1 えどう, お辞儀ばかり, き様喇叭節, とぼけ婆さんの, なんかなん, 何か, 傘の, 大入道か, 物売りだろう, 頭は

▼ 小僧だの~ (10, 0.2%)

1 がま入道だの, たくさん拾った, ばくち打ちやどろ, または探偵小説, 一つ目小僧だの, 博徒やどろ, 女中だ, 笠の, 足の, 閑人が

▼ 小僧~ (10, 0.2%)

1 チョコレート一杯, 児が, 児がめっかる, 児どもが, 児に, 児の, 児みたいな, 児扱いで, 少しは, 静かに

▼ 小僧~ (10, 0.2%)

3 子の 2 子に 1 児が, 児に, 児までが, 子だ, 子です

▼ 小僧である~ (9, 0.2%)

2 ゴーリキイには 1 ことが, ことを, と怒髪天, ゴーリキイの, ゴーリキイを, 彼は, 或る

▼ 小僧二人~ (9, 0.2%)

1 が何, とが提灯, と下女, に年越し, のほか, の上, の分, の口, を親分とこ

▼ 小僧時代~ (9, 0.2%)

1 からの昵, から政治運動, から泣き, であるが, に店, に私, に習った, の, の安次郎

▼ 小僧であった~ (8, 0.2%)

2 私は 1 かも知れません, が常, のである, 事なぞは, 小次郎は, 時分から

▼ 小僧では~ (8, 0.2%)

1 ありません, あるが, あるまいかと, ない本当は, なかった, なくりっぱ, なく額, 間に合わない

▼ 小僧といふ~ (8, 0.2%)

2 奴だ 1 のが, のは, のを, ものはな, 名で, 呼名を

▼ 小僧~ (8, 0.2%)

1 が押し合う, が表, にも言い聞かしました, のため, はドーッ, は紙, は自分, まで主人

▼ 小僧らしい~ (8, 0.2%)

2 のが 1 と俺, のに大きな, 少年が, 思いを, 次八, 者の

▼ 小僧ゴーリキイ~ (8, 0.2%)

1 がどうしても, が朝, には分らない, の頭, は, は思わず, は疾, は皆

▼ 小僧~ (8, 0.2%)

2 助が 1 助, 助であった, 助であり, 助などと, 助女勘介紫紐丹左衛門こう, 助火柱夜叉丸それから

▼ 小僧とが~ (7, 0.1%)

1 かたまって, こっちを, どうしておんなしなん, 喧嘩を, 涼んで, 脱走を, 顔を

▼ 小僧とも~ (7, 0.1%)

2 見える美少年米吉 1 あろうもの, いわずすぐ, なり大入道, 十人ほどの, 言うん

▼ 小僧など~ (7, 0.1%)

1 いい盗賊, であるべき筈, 何を, 子守などは, 持出した譯, 数えれば, 訛の

▼ 小僧ひとり~ (7, 0.1%)

1 がすぐ, が引き受け, だけ門, と女中一人, を使っ, を持てあまし, を連れ

▼ 小僧~ (7, 0.1%)

2 と妾 1 が妾, すなわち眼一つ, と様付け, は今, は仮令

▼ 小僧さん達~ (6, 0.1%)

3 着る物 1 が皆どこ, と一緒, に聞い

▼ 小僧だって~ (6, 0.1%)

1 いいじゃ, いうん, そうだ, 事を, 僕あ, 朝から

▼ 小僧~ (6, 0.1%)

2 やありません, やない 1 やとんだ, や無え

▼ 小僧~ (6, 0.1%)

4 のです 1 のだ, んです

▼ 小僧にでも~ (6, 0.1%)

1 あったとき, いったらいい, なつち, なるほか仕方, やったらと, 持たして

▼ 小僧ばかり~ (6, 0.1%)

1 でお母さん, でなくあらゆる, では, 一期半期の, 毎日儲けた, 顔を

▼ 小僧~ (6, 0.1%)

2 が笑つて, はまだ 1 なんかには愛嬌, ばかりで

▼ 小僧~ (6, 0.1%)

1 あつしが, の丸い, の右手, は子供, 怒鳴りやがった, 知ってや

▼ 小僧小僧~ (6, 0.1%)

1 いったいどうした, だなんて, ちょっと待て, といっ, とつねに, とよく

▼ 小僧~ (6, 0.1%)

1 が仕, の勤勉, の秘め, はなほ勤勉, は医学書, は奉公先

▼ 小僧~ (6, 0.1%)

1 にはお, の可憐, の目, の身の上, への応対, への應對

▼ 小僧さんお前~ (5, 0.1%)

1 のお, はお化け, はわたし, は直ぐ, は馬鹿

▼ 小僧なんか~ (5, 0.1%)

2 出してさ 1 やっぱり子供, 撫で廻すん, 背後からは

▼ 小僧~ (5, 0.1%)

1 ジリリと, 厳命を, 問うと, 火を, 言った

▼ 小僧上り~ (5, 0.1%)

1 にし, に立身者, の商人, の者, 必ずしも成功

▼ 小僧外伝~ (5, 0.1%)

1 がいった, がガラガラ, だよ, であった, や火柱夜叉丸

▼ 小僧おまえ~ (4, 0.1%)

1 の小さな, の肉体, はいくら, も来い

▼ 小僧だけは~ (4, 0.1%)

1 べつの, 帰らないで, 生きて, 遂にゆくえ

▼ 小僧とか~ (4, 0.1%)

1 三つ目小僧とかの, 云ふ, 肩の, 魚屋の

▼ 小僧とを~ (4, 0.1%)

1 傭い入れると, 兼ねてるその, 残して, 追っかけた眼

▼ 小僧なら~ (4, 0.1%)

1 ここに, そのまま腰, ば世界中, わしの

▼ 小僧なんぞは~ (4, 0.1%)

1 そこのけの, 一人で, 仲間に, 若旦那は

▼ 小僧なんて~ (4, 0.1%)

1 何云う, 名乗った事, 恐れられるよう, 書かれて

▼ 小僧よりも~ (4, 0.1%)

1 もっとつらい, 出来ない人, 行儀が, 遠慮が

▼ 小僧三人~ (4, 0.1%)

1 それだけの, に指図, に雜用, 向うより

▼ 小僧~ (4, 0.1%)

1 うだ, しに, をし, を見

▼ 小僧奉公~ (4, 0.1%)

1 でも年, にいった, に下った, に出した

▼ 小僧次郎太夫~ (4, 0.1%)

2 の話, は今年五月

▼ 小僧~ (4, 0.1%)

1 が押し寄せ, は一様, も一同ハニ, をつれ出し

▼ 小僧あがり~ (3, 0.1%)

1 に似合わず, の写真師, の若い

▼ 小僧~ (3, 0.1%)

1 で来り, ほど落着, ように

▼ 小僧それ~ (3, 0.1%)

1 から一度, は本, も覚えた

▼ 小僧だけ~ (3, 0.1%)

1 おくと, でございます, 店の

▼ 小僧との~ (3, 0.1%)

1 ことを, 三人暮らしである, 童話が

▼ 小僧どう~ (3, 0.1%)

1 したか, したん, でえ

▼ 小僧などは~ (3, 0.1%)

1 その見張, それである, 正にその

▼ 小僧なども~ (3, 0.1%)

1 ありました, 常は, 旦那や

▼ 小僧などを~ (3, 0.1%)

1 して, つかまえて, 得意と

▼ 小僧なり~ (3, 0.1%)

3 年は

▼ 小僧に対して~ (3, 0.1%)

1 うまく自分, 一種の, 決して気

▼ 小僧ふたり~ (3, 0.1%)

1 が居あはせた, が居あわせた, の姿

▼ 小僧まだ~ (3, 0.1%)

21 話は

▼ 小僧みたい~ (3, 0.1%)

1 なズル相, な将校, な目

▼ 小僧より~ (3, 0.1%)

1 ほかに, 家の, 広く世間

▼ 小僧~ (3, 0.1%)

1 あぶないっ, そらまた, 痛くは

▼ 小僧~ (3, 0.1%)

1 ぶ長く, 天狗小, 馬鹿小僧など

▼ 小僧弁天~ (3, 0.1%)

2 と申します 1 というの

▼ 小僧相手~ (3, 0.1%)

1 にこはだ, に安ずし, に荷

▼ 小僧習わぬ~ (3, 0.1%)

3 経を

▼ 小僧いい~ (2, 0.0%)

1 ところであった, ところへ

▼ 小僧お前~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 小僧かも~ (2, 0.0%)

1 しれない, しれねえが

▼ 小僧これ~ (2, 0.0%)

1 も無電小僧, を持っ

▼ 小僧さんお前さん~ (2, 0.0%)

1 は重う, 本当に感心

▼ 小僧その~ (2, 0.0%)

1 うしろ姿が, うちに

▼ 小僧でございます~ (2, 0.0%)

1 この山, な

▼ 小僧でなく~ (2, 0.0%)

1 番頭で, 雇人制度を

▼ 小僧といった~ (2, 0.0%)

1 ような, ような気取り

▼ 小僧とかいう~ (2, 0.0%)

1 チンピラだ, 老賊

▼ 小僧とに~ (2, 0.0%)

1 托け, 扶けられ

▼ 小僧どこ~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ行く

▼ 小僧どの~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ 小僧などが~ (2, 0.0%)

1 いつのまにか集まっ, 数えられるの

▼ 小僧などと~ (2, 0.0%)

1 いって, 同様半

▼ 小僧などの~ (2, 0.0%)

1 事は, 名が

▼ 小僧なんぞに~ (2, 0.0%)

1 住込んだ, 用はねえ

▼ 小僧にとっては~ (2, 0.0%)

1 この久蔵親分, トテも

▼ 小僧にまで~ (2, 0.0%)

1 せせら笑われて, 通用させ

▼ 小僧によって~ (2, 0.0%)

1 搬ばれ, 発見された

▼ 小僧ばかりは~ (2, 0.0%)

1 何の, 幾回の

▼ 小僧までが~ (2, 0.0%)

1 やはり売買, ピストルを

▼ 小僧までも~ (2, 0.0%)

1 写実し, 四十面相と

▼ 小僧めおれ~ (2, 0.0%)

1 の寝, は警察

▼ 小僧チョビ安~ (2, 0.0%)

1 という八つ, とか申した

▼ 小僧下女~ (2, 0.0%)

1 の果, まで十幾人

▼ 小僧何処~ (2, 0.0%)

1 へ往く, へ行く

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 は腹, を船長

▼ 小僧入用~ (2, 0.0%)

1 の木礼, の札

▼ 小僧出入り~ (2, 0.0%)

1 の職人ども, もなかなか

▼ 小僧制度~ (2, 0.0%)

1 を改むべし, を改めざるべからず

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 變な, 餘計な

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 樣な, 樣に

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 が小田原, の許し

▼ 小僧女中~ (2, 0.0%)

1 ことごとく三度, といっさい

▼ 小僧女店員~ (2, 0.0%)

2 まで呼び集め

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 がひよつくり, のよう

▼ 小僧孝吉~ (2, 0.0%)

1 の悧巧さ, の説明

▼ 小僧宗之助~ (2, 0.0%)

2 の袖

▼ 小僧店員~ (2, 0.0%)

1 の欠乏, の虐待

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 小僧時分~ (2, 0.0%)

1 にいた, に私

▼ 小僧殺し~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 はすこし, は掏摸

▼ 小僧治郎太夫~ (2, 0.0%)

2 の墓

▼ 小僧番頭~ (2, 0.0%)

1 にはまあ, 近頃死ん

▼ 小僧痛い~ (2, 0.0%)

1 ぞというそれから, ぞ小僧

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 はざれ, はぬ

▼ 小僧自身~ (2, 0.0%)

1 であった, の姿

▼ 小僧良念~ (2, 0.0%)

1 に間違い, をつれ

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 小僧親娘~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は路地

▼ 小僧~ (2, 0.0%)

1 の顏, も知つて

▼ 小僧貴様~ (2, 0.0%)

1 は一人前, は日本人

▼ 小僧邪魔~ (2, 0.0%)

1 なところ, をする

▼1* [335件]

小僧あつかいをされ, 小僧あまりのおそろし, 小僧いったいどうしたの, 小僧いつでも御厨, 小僧いで来たりて方丈さま, 小僧いまにベソ, 小僧いまだしの感, 小僧いるかの子が, 小僧い行きたくねえだよう, 小僧い行くんが, 小僧ぬも, 小僧おいらは因果, 小僧おっかねえ音, 小僧おもしろいところへ, 小僧お初お目見得に粗末, 小僧お尋ねの, 小僧かと思つた, 小僧かなんかのように, 小僧かまわず中に, 小僧かむり或いは直, 小僧がとくいらしく言いました, 小僧がへえと覚束, 小僧がをります, 小僧さま, 小僧きみはえらい, 小僧こうして歩くん, 小僧こそは実に後年, 小僧こと石栗虎太が胡座, 小僧こらッ三年の, 小僧さえ住むと, 小僧さだめしびっくりした, 小僧さまの領分, 小僧さんあなた御主人, 小僧さんかお附きの, 小僧さんここへ敷物, 小僧さんついでの時, 小僧さんひとりが行った, 小僧さんみたいにお, 小僧さん二十銭まけて, 小僧さん人のあいだ, 小僧さん伸ちゃんが追いかけ, 小僧さん先刻は御苦労, 小僧さん後生ですから, 小僧さん昨夜お隣の御, 小僧さん是をねお, 小僧さん栗をやく, 小僧さん気が付かなかった, 小僧さん氣が付かなかつた, 小僧さん済みませんが, 小僧さん石動までいくら, 小僧さん腕車よりおそい, 小僧さん角兵衛獅子ってなに, 小僧さん調子はづれ, 小僧さん調子はずれに竹, 小僧さん長吉を促し, 小僧しきりに家の, 小僧じしんだったからです, 小僧すぐ本気に, 小僧すら彼らを, 小僧そうして今は, 小僧そこから飛び下りる, 小僧そして十七八歳の, 小僧そんなに旨いかい, 小僧たち靴磨きその他名, 小僧だうっちゃっては置けない, 小僧だけで沢山な, 小僧だけに天使と, 小僧だけを留守番に, 小僧だったらどんなに汚, 小僧だつたら遠慮する, 小僧だにしても, 小僧だらうとは見, 小僧だれに話, 小僧だろってやがら, 小僧だろうただ取次ぎゃ, 小僧ちょっと待て, 小僧ってものは, 小僧っていう曰く附き, 小僧ってな女だって, 小僧つかひて, 小僧つかまりそうも, 小僧つてありやしない, 小僧つてお寺の小僧, 小僧え奴, 小僧てめえだけはたすけ, 小僧てめえたちはこの, 小僧であっては可哀相, 小僧であり板片の, 小僧でしょうか, 小僧でたらめもいいかげん, 小僧でないことは, 小僧でなかった日にゃ, 小僧でなきやそれで, 小僧でなけりゃあ, 小僧とかの方が, 小僧としての小六, 小僧とともに空席を, 小僧となつてから, 小僧とに関してのみ此種の, 小僧とやらは幸吉殺しの, 小僧と共に外出する, 小僧どれも不, 小僧どん雪中の一つ景物, 小僧なかなか人を, 小僧ながらもツボを, 小僧なぞがその辺, 小僧などに化けて, 小僧などによってまねられ誇張, 小僧なるものが, 小僧なんかになるの, 小僧なんぞが早くも, 小僧なんぞと云ふも, 小僧なんぞもあれで, 小僧についてはずっと以前, 小僧にとってどちらが, 小僧になつてから, 小僧に関しその人相, 小僧のめのめと言われ, 小僧のよこっつら, 小僧はかべから離れて, 小僧はどつちも, 小僧はへいきで, 小僧はも一つ大, 小僧はやにはに燃殼, 小僧はりこうな, 小僧ひとりこれが自分, 小僧ひとり子もなし, 小僧ふと失せて, 小僧へにぎりっ拳を, 小僧へはお光, 小僧へも奥へも, 小僧ほどの器用な, 小僧ますをとり, 小僧ませた口を, 小僧みんな逃げて, 小僧むだ口をたたい, 小僧めどこから来た, 小僧めひねりつぶすぞ, 小僧めへんなまね, 小僧めらがと思った, 小僧め何をし, 小僧め表角の上州屋, 小僧め遠っ走りして, 小僧もうその話, 小僧もからだが, 小僧もけふは, 小僧もしくは一つ目小僧という, 小僧もろともにペコペコ, 小僧やあと云う, 小僧やはり何とも, 小僧やら大きな風船玉, 小僧やろくろッ首, 小僧ゆえ身分ではござりません, 小僧よりからだが, 小僧らしく笑いながら立っ, 小僧オートバイひっきり, 小僧ガヴローシュと言っ, 小僧クンにたちまち, 小僧サン塔に登りたい, 小僧チョビ安が壺をかかえ, 小僧ッこれでも消えぬ, 小僧ッ伍長が将校, 小僧ッ児の癖, 小僧ッ子奴が, 小僧ッ気がちがった, 小僧ッ観念しろ, 小僧ッ馬穴をやる, 小僧ノロノロ小僧大, 小僧パッと家根, 小僧フラリフラリと提灯, 小僧ブローニングで脅されない, 小僧一ひねりにし, 小僧一人いはしなかった, 小僧一人来たりておのれ, 小僧一件に關係, 小僧一同に大, 小僧一生のお, 小僧丁稚としてある, 小僧万太と云う, 小僧三人それに船頭二人, 小僧三十錢から賣つたつ, 小僧三間ばかり逃げ延びた, 小僧下女下男等数多召使い何暗からず, 小僧不死身小僧無病小僧漫遊小僧ノロノロ小僧, 小僧中僧の労作, 小僧中僧若衆たちに気, 小僧丸樫杖は一枚, 小僧事件と, 小僧二人それらが立っ, 小僧二人女中二人仲働き一人の十一人家内, 小僧二十年堅氣で暮した, 小僧りに, 小僧今度は遁, 小僧仕立の番頭, 小僧仙吉は炭團, 小僧代りに働い, 小僧代理は思春期, 小僧代言人の書記, 小僧以外人の姿, 小僧任せにし, 小僧の様子, 小僧傴僂で片, 小僧働きの環境, 小僧八十人余りも使おう, 小僧八十人餘りも, 小僧八百蔵の日本駄右衛門, 小僧六蔵を覚え, 小僧兼内弟子の弥吉, 小僧を握っ, 小僧加はりて柴又, 小僧区域からこの, 小僧十幾人の多勢, 小僧又は軽い痴漢みたい, 小僧取れるなら取ってみろ, 小僧召使三十有余人を一家, 小僧台所へ連れ, 小僧合点して, 小僧吉右衛門が師直, 小僧同志の大, 小僧同様の役, 小僧同然に叱咤操縦, 小僧も親, 小僧鳴られて, 小僧問題なんかホッ, 小僧の聞書, 小僧四國の赤シャグマ等, 小僧坂本慶次郎とかは忽ち, 小僧墓所石構えの裏手, 小僧夕方のお, 小僧外伝いなば, 小僧外伝これへ神道徳次郎, 小僧大きく出たな, 小僧大きな空の, 小僧奉公なぞに出し, 小僧の女中たち, 小僧ばかりのところ, 小僧女中たちはいわゆる, 小僧女中等の分, 小僧奴なんざ朝から十六七本, 小僧奴一錢だけごまかす, 小僧奴俺の子供位, 小僧奴前触だけが, 小僧寺男二人と共に庵内, 小僧対手に上さん, 小僧小あたま鶏娘, 小僧小さい癖に, 小僧小料理屋の出前, 小僧少々ぐらい剣, 小僧尼子守女女房雷鳴様にまでなりまする, 小僧工場通いの息子, 小僧左様ですか, 小僧巳代吉が見附け, 小僧巷全体が物, 小僧平吉は胴顫い, 小僧平次とガラツ八, 小僧幾度か箒, 小僧庄吉だと, 小僧弁天堂の裏手, 小僧に耳, 小僧引ツ込め, 小僧引受けて餘裕綽々, 小僧弟子だ, 小僧彼等も亦, 小僧待たぬか, 小僧待てと声, 小僧徒弟の日暮し, 小僧能拝見, 小僧志願の心持, 小僧愛用の板, 小僧成田屋の地震加藤なんど, 小僧手代は奥, 小僧払底の最大原因, 小僧扱いにしおるじゃろう, 小僧按摩を, 小僧探偵の三吉, 小僧斬るべきか手, 小僧日雇人足も夥しい, 小僧早く遣って, 小僧時代経験させられたサーシャその他, 小僧榮吉があつし, 小僧此処へ坐, 小僧歩くんだ, 小僧のとれぬ, 小僧汝ア置き引きを働く, 小僧波止場人足そして一種, 小僧漫遊小僧ノロノロ小僧, 小僧無病小僧漫遊小僧ノロノロ小僧, 小僧物語の評, 小僧珍念です, 小僧だ, 小僧町人職人達は耳, 小僧番頭揃いも揃っ, 小僧番頭職人の類, 小僧白木屋大岡裁きの類, 小僧をまるく, 小僧眼えさましたかよ, 小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 小僧稲葉小僧などの名, 小僧立つな立つ, 小僧をもっ, 小僧給仕車夫勤め人女給禿頭様々な人, 小僧絶壁のきり, 小僧考え込まざるを得なかった, 小僧職人たちをくわえ, 小僧菊之助も生き, 小僧蕎麦屋の出前持輩, 小僧衆裏へ出れ, 小僧行基及びその, 小僧製図見習小僧波止場人足そして一種, 小僧製図見習聖画工場の見習, 小僧覆面を除き, 小僧見たように, 小僧見たいだわ, 小僧見どころがある, 小僧見習に出す, 小僧覚悟しろ, 小僧貧乏人と軽侮よう, 小僧樣この, 小僧出す足, 小僧ぶるえ, 小僧部屋へあがっ, 小僧でも飲ん, 小僧酒屋の小僧, 小僧金助の, 小僧金椎によって西洋文明, 小僧雇人は特別, 小僧を呼ん, 小僧飛んだ目に, 小僧馬琴の所謂, 小僧なし, 小僧高島屋の男, 小僧てある, 小僧つて坂下り, 小僧黙らぬかッ, 小僧鼠小僧と指さす