青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「女房~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~女中 女中~ 女優~ 女史~ ~女子 女子~ 女学校~ ~女性 女性~ ~女房
女房~
~女王 女王~ 女給~ ~奴 奴~ 奴等~ 奴隷~ 好~ ~好い 好い~

「女房~」 11538, 114ppm, 925位

▼ 女房~ (2260, 19.6%)

147 お靜 57 お静 20 顔を 19 お徳 15 ように 14 ことを, 方が 12 お常, 一人が, 方へ 11 手を, 方を 10 お吉, 尻に, 方は 9 お菊, ような, 眼を 8 お留, 方で 7 お倉, お半, お島, 姿を

6 [12件] お久, お作, お六, お卷, お峯, お竹, お角, お豊, お辰, ために, 中には, 名を

5 [13件] お仙は, お大, お種, お米, 口から, 妹に, 姿が, 持って, 縁に, 腕を, 話に, 話は, 話を

4 [32件] あること, お仙が, お仲, お信, お千代, お国, お富, お才, お春, お染, お滝, お由, お百, お皆, お秋, お藤, ことが, ことで, ことは, ふところには, やうに, サンタンたる, 一人に, 中に, 事も, 傍に, 口に, 奴に, 妹の, 実家へ, 里に, 顔には

3 [50件] お元, お冬, お初が, お夏, お崎, お弁, お早, お琴, お石, お美乃, お萬, お葉, お貞, お酌, お駒, お鳥, やうな, やつに, やつは, 不平を, 中からも, 事を, 代りに, 体が, 初七日, 前に, 声が, 声は, 奴が, 妹を, 実家で, 後ろに, 御機嫌, 所へ, 手に, 方に, 方の, 眼の, 着物を, 耳に, 蔭口に, 装束を, 許可を, 詞も, 話も, 貞操を, 連れ子で, 部屋へ, 酌で, 顔は

2 [164件] いうこと, おいね, おかげで, おかげです, おかめ, おくの, おたつ, おふみ, お今, お仙と, お仙も, お仙を, お余野, お定, お小夜, お尻, お峰, お市, お手並, お新, お松と, お松は, お楽, お民, お源, お瀧, お町, お篠, お綾, お若, お虎, お鐵, お霜, くせに, くりごとも, ことばかり, ことも, ことオフクロの, このお, するよう, せつなさ, その上, その後の, そばへ, つもりで, ところへ, としのは, ほうは, まえに, やきもち, やつが, アグネスは, イノチは, オハグロは, スゲノは, スゲノも, 一人であった, 一枚着を, 世話までを, 中から, 中の, 中将が, 事は, 云う通り, 云ひ, 亭主の, 代りも, 体の, 体を, 供養に, 傍へ, 傍を, 働きに, 兄, 全身全, 前で, 前へ, 友達と, 受ける処分, 口なら, 名である, 名前で, 君江とかいう, 命と, 品子と, 囚から, 型女大学の, 外には, 奴怒り心頭に, 好き嫌ひ, 好意で, 姪で, 姿と, 姿に, 姿は, 嫌ひなものを, 客を, 家へ, 寝姿, 対話が, 局の, 帯を, 幽霊が, 弟の, 役だ, 後釜に, 微な, 心持で, 怪我やら, 我慢の, 手から, 手で, 手前も, 手前を, 手料理に, 文集に, 方から, 方も, 景気の, 有難みが, 末期の, 横っ面を, 横ッ面を, 機嫌を, 死骸を, 母親で, 浮気に, 玉江を, 甥で, 眉を, 立って, 素振, 義理の, 耳にも, 脳天を, 良いの, 血液の, 袖を, 見て, 親爺で, 言い草では, 許に, 話では, 身なりを, 身を, 返事に, 追善に, 遠縁で, 部屋で, 部屋へは, 里から, 里方から, 里方の, 間に, 霊を, 面も, 面を, 鞄持ちを, 頭は, 顏も, 顏を, 顔が, 顔に, 顳

1 [1072件 抜粋] あとから, あとについて, ありがた味は, ある事, あわれ, いうには, いしが, いでたち, いない砂馬, いふこと, いらねい人間許, いる方, うしろ姿が, うちで, おきよという, おくま, おこよとも, おしんには, おすみ, おつねに, おとしが, おとめは, おはつ, おまき, おみね, おりんとも, お万, お信乃, お八尾, お初で, お利榮, お加奈, お咲, お園, お多喜, お安, お定か, お宮といふ, お宮近い, お幸, お庇, お徳さん, お時, お松姉妹の, お條, お歌は, お熊, お産が, お稲, お累, お舟, お花, お蔦, お辰は種吉, お鉄, お錦, かあい, かたきを, かついで, かはり, きりょうがわるければ, こしら, ことから, ことだの, ことです, ことな, ことについて, ことやくざな, このと, さびしいくらいは, した為事, しわがれた声, すがた, すること, する事, する役まわり, すわって, その前年京都, その言葉, それであつ, ためだ, ためにも, だれかれ, ちんちんなどは, できるの, ところから, ところへは, ない七兵衛, のど, はうも, はなしでは, ぶつぶつは, ほうに, ほかにも, まつゑが, みや子に, もとへ, ものの, やつおれが, やつ何と, やつ男が, わたしが, ゐない方, ゐる事, アグネスと, アラを, オナラを, カツレツは, クサンチペが, サヾエといふ, スゲ, ナースチャを, ニンシンの, バリケードを, ヒステリィ面十二を, フィオーナが, ヘヤネットを, ヤツも, ユシュルー上さんという, ロシア女アンナ, 一人で, 一人と, 一筆と, 一言に, 三人でし, 三味線で, 上に, 下敷に, 不始末, 不注意と, 不義を, 世話まで, 両わき, 中で, 中へ, 中将の, 久しく煩つて, 乳ぶさ, 争へ, 事だ, 事など, 二三人が, 云いつけ, 云には, 京子は, 亭主すなわち, 人柄に, 仇は, 介抱で, 介錯で, 仕向の, 仕業などで, 代りじゃ, 仮名文, 位牌と, 住みたる家, 体は, 何よりの, 作って, 保子が, 傍から, 催促に, 働きで, 兄でございます, 兩脇には, 凝りやうなどが, 出かけて, 出來る, 初っ子で, 刺の, 前も, 前掛, 前身は, 力で, 動作は, 勤めに, 千代子に, 卑劣な, 叔母が, 取りのぼせた言葉, 取り換えっ, 取次が, 口ぶりが, 口を, 口添は, 叩き破つた, 叫び声が, 可哀そうな, 右の, 名, 名は, 君江の, 味方を, 命まで, 命令に, 品格の, 喘息などは, 喧嘩犬も, 嘆願には, 噂を, 園女と, 圧制から, 型か, 報告に, 場合には, 声うしろ見られる, 声で, 声と, 声の, 声を, 夕の, 多い宮, 夜歩きとしか, 夢枕に, 大輔, 失踪後は, 女ジャコビン党員, 女房たる, 女筆の, 奴には, 奴まごまごし, 奴も, 奴よほど, 奴メ不貞だ, 奴俺の, 奴彫, 奴氣が, 好みで, 如きは, 妹だの, 姉さんじゃ, 姪お, 姪です, 姿である, 姿も, 姿態無言の, 婆さんなんか, 字なんて, 実家という, 客, 家な, 家の, 家を, 容子で, 寝物語を, 寝顔を, 小うるさく物, 小袖を, 少ない時, 尻を, 局へ, 居ない処, 居る場所, 屍体が, 巧雲を, 帰へる, 帰るの, 年齢で, 幽霊でも, 幽霊らしい, 序曲アタリーの, 弁も, 弟だ, 弟に, 弟ひとり養えなく, 役が, 役な, 彼女は, 後から, 後を, 後姿を, 後見を, 従弟の, 御意次第で, 御輿が, 心には, 心尽しなどに対して, 心持が, 心持も, 心配に, 志の, 怒りは, 恐ろしい剣幕, 恩を, 悪いところ, 悪党振りが, 悲鳴が, 意義が, 意見であり, 愚かで, 愛に, 感じが, 懸念は, 所業で, 手には, 手の, 手前さすが, 手前は, 手引きで, 手紙, 手紙に, 手紙を, 手腕で, 披露を, 拵へにて, 持ち物だ, 持つて, 指先が, 控えて, 操だ, 数も, 敵めと, 文学で, 文学に, 新らしい, 方がずつと, 方と, 早瀬とかいう, 春の, 春着代に, 暗さ, 曰く今回は, 書いた日記, 李氏へは, 来た時, 来てなんぞ, 枕元に, 柵, 棺臺の, 様は, 権幕に, 横顔を, 歌などが, 歌集に, 歎く, 歯医者帰りと, 死ぬ気もち, 死体は, 死体をね, 死霊が, 死顔ひとり, 殺人の, 母であった, 母夜叉も, 毎夜の, 気前気性の, 氣も, 汚さ, 注意を, 潘金蓮へも, 為向けも, 煙管で, 熱い涙, 父親にあたる, 物で, 犠牲らしい, 献身が, 献身に対しては, 環飾, 生家だ, 生活費に, 生涯の, 産が, 町処まで, 病死で, 病気に, 癖で, 発表会以来絶え, 目には, 直は, 相違には, 真実心配そうな, 眼前の, 神經は, 私が, 私とは, 称だけが, 立咄どうして, 笑い声だ, 節を, 素行を, 累じゃ, 練習は, 罪が, 罵る声, 美しさ, 耳には, 聞くの, 聲色くらゐ, 職掌展開の, 肉塊だった, 肌を, 肩に, 肩掛の, 背中で, 胸には, 胸を, 腕で, 腕の, 腰に, 腹痛を, 膝の, 膝頭に, 臆病に, 臨月は, 自宅へなど, 自慢を, 良人また, 色が, 若いお, 荒栲は, 荷物を, 葬いを, 葬式を, 薄雲, 藍微塵のを, 虎の子に, 血の道は, 血相が, 行方は, 行衛を, 衣服の, 袖口が, 被衣などを, 裾に, 襟元の, 見詰めて, 親じゃ, 親切は, 親父と, 親父は, 親類共打寄否癩病にては, 角を, 言いあいの, 言いなり次第に, 言うの, 言ったさっき, 言ひつけ, 言を, 言葉が, 言葉は, 証言で, 話しかけたの, 話すの, 話にも, 話ばかり, 誕生日に, 語る所, 説話と, 諷刺に, 貌を, 貞操は, 贈答の, 赤き袴, 身と, 身の上も, 身は, 身内の, 身分に, 車に, 返事だ, 返答が, 逃げたアパート, 通帳かしら, 連れ子な, 連れ子房五郎にとって, 連ツ子は, 達者な, 選択などは, 遺書の, 遺言でも, 部屋に, 部屋も, 酒の, 里へ, 里恵は, 重々しい手, 鈍感さに, 鋏を, 門下生の, 間の, 間違いだろう, 関係においては, 難産で, 面吟味は, 鞄持ちは, 頓作から, 頭に, 顔さえ, 顔でさえ, 顔も, 顔色の, 顔色見, 首を, 驚く声, 骨折りが, 高音と, 髪を, 魂が, 鼻は

▼ 女房~ (1547, 13.4%)

16 それを 8 彼の, 言った 7 自分の 6 夢の, 夫の, 黙って 5 亭主の, 女房で, 尋ねた, 急に, 顔を 4 いつた, 俺の, 宿六の, 小声で

3 [15件] お初と, すぐに, 僕に, 叫んだ, 土間を, 子を, 床に, 急いで, 手を, 真っ直, 眼を, 突然立ち留まった, 隣の, 非常に, 驚いて

2 [126件] いいました, いとどぢ, うなずいた, お銀, きれえなん, くるりと, この上, この出来事, これは, これも, こんなこと, さう, すぐ, そう言っ, その噂, その実, その自分, その話, それに, そればかり, どこへ, どこへか, どこまでも, ないもと, なかった, ふだんの, まだ若い, まるで縫物, もうズット先程, わびしい, ハッと, 一夜まんじりと, 上と下とで, 上気した, 世にも痛々しい, 世帯じみ, 二階へ, 亭主を, 人一倍心配, 何か, 何の, 信長の, 内職の, 別の, 剃刀に, 勝手に, 半病人, 口に, 口を, 可哀, 台所へ, 吉原の, 器械的に, 土の, 土間の, 土間へ, 声を, 奥へ, 女の, 妊娠し, 嬉しそう, 子供に, 子供を, 小鳥が, 屏風を, 左の, 市へ, 帰らぬぞ, 常に嬉々, 幾度も, 息を, 手厚くみつい, 手拭を, 早々に, 是非この, 是非縛っ, 暗がりの, 東京へ, 概ね女中兼業, 檻房に, 檻房の, 次の, 死のうと, 母の, 毎日の, 気を, 汚い方, 溜息を, 烈火の, 物も, 生きて, 男と, 痴ばかし, 白い眼, 監獄長や, 目を, 眉を, 祈って, 私に, 私の, 私を, 笑って, 箸を, 美人だ, 胸を, 腰を, 自分が, 自分には, 良人の, 茶や, 茶を, 草原で, 親密であり, 言って, 話した, 貧乏や, 走れるだけ, 足を, 返辞を, 過去の, 門の, 頷いて, 飽くまで留め, 首を, 首筋へ, 髪を

1 [1152件 抜粋] あきらめて, あけびの, あなたぐらゐで丁度よろしい, あの片, あやふく自分の, あるとき, あれと, あわてて, いい加減, いささか色, いそがしそう, いって, いつに, いつもの, いつも繰, いまおばあさんと, いま久慈の, いや母, いらんが, うっかり腰かけさせられない, うつらうつら手枕, おかしそう, おつぎ, おととしの, おろか家じゅうに, お咲, お政, お浜, お膳, お霜, かぎ屋の, かつて姦通, がちがちが, きっと出かける, きょときょと顔, こういうむずかしい, こうばく蟹, こう答えた, ことにすぐれた, この七月, この場, この村, これ, これまで, こんな秘密, ごらんの, さきに, さしたる顔, さっそく伯父, さらにくすぐる, しかるよう, しみじみ訴, じっと夫, すこし不審, すごい見幕, すや, せっせと格子, そうなっ, そちらから, そのそば, そのよう, その人たち, その女客, その意外, その手つき, その男, その腹癒, その賛辞, そばに, それから, それで, それでも死な, それに従って, それほどまでに, そんな子供, たいして, たしか第, ただその, ただゲラゲラ, ただ総毛立った, たまらず泣き崩れて, ちょうど留守, ついに泣声, つぶやいた, とうとうおしゃべり, とうに死ん, とっくにアイアン, どうし, どうしました, どうやら彼, どんな事, ないから, ないの, ないもの, なお続け, なか, なし歳, なぜか, にこにこ笑いまし, ねんねこ半纏の, はいって, はやくに, ひどい興奮, ひどく怒ります, びっくりした, ふだん唇を, ぷいと横, ほかの, ほほえんだ, ぼくの, ぽつさり, まずその, また云った, また笑った, まだ二十, まだ知らない, まだ若くっ, まるで間, もうすぐ仕, もうつめたく, もう孕ん, もう真っ, もじもじし, もてないぞ, もはやない, やがて, やさしかった, やっと体, やるんで, よく眼, わかったよう, わたしの, わっと, ウワゴトから, カメが, キャッと, ケロリと, ツァウォツキイの, ニッコリと, ハイと, フト心着いた, プンプン怒つ, ヨシ子の, 一七日過て, 一味の, 一寸狸, 一旦梁, 一風呂入ろうと, 七年前に, 万人の, 三十越し, 三度めで, 下から, 不安らしく答えた, 不幸なる, 不要であった, 世間並に, 中風で, 主人の, 九兵衛と, 二人ありません, 二人の, 二日の, 二階の, 云つた, 亡き宮, 交わるが, 人けの, 人間では, 今の, 今迄に, 仔細らしく話した, 仕事を, 仰天し, 伊三郎の, 伜の, 体を, 何が, 何となく心, 何にも, 何時まで, 何處に, 余計な, 例の, 俄かに, 俺にも, 傍の, 傷寒にて, 優しく砂糖, 元傳吉, 入れ代って, 全然誰, 兩方の, 六十九円に, 其の水疱, 其儘歸され, 兼太郎の, 再びチラリと, 再び火掻棒, 冷たい水, 冷笑う, 出かけて, 出て, 判然言った, 別ものた, 到, 剣に, 勝手が, 勤まらんわよ, 十七年前に, 十年ほど, 十郎と, 十錢値切つて三圓八十錢に, 半分も, 半狂亂, 単に長火鉢, 厚化粧し, 去年まで, 去年病死し, 取らぬに, 取上げた新聞, 口惜しくて, 口笛を, 古くは, 只茫然, 可哀想に, 可笑くも, 右の, 各自に, 名古屋生れの, 向うへ, 呆れた顔, 呶鳴つた, 呼止める, 唯うっかりと, 唯頷い, 喜んで, 嘲るよう, 四十七八の, 困る, 土瓶の, 堅気に, 声も, 夕露の, 外へ, 夜に, 夜迄, 大いに驚き, 大きな赤ら顔, 大喜び, 大層嬉し, 天下一品と, 女心の, 女房らしくし, 始めて, 姫君の, 娘の, 嬰児と, 子孫の, 安井と, 安心しき, 実は深見新五郎, 客の, 客を, 家に, 家出を, 家庭の, 密と, 寝つく習慣, 対手の, 小さい子, 小さな事, 小僧に, 小兒たち, 小門の, 少し剥げた, 少女歌劇へ, 山陵の, 崩れた鬢, 己の, 帯を, 帰らないはず, 平気で, 平生あれほど, 幸いに, 店で, 府中で, 建具屋と, 弱つ, 張板を, 当歳の, 彼が, 往来を, 後について, 後妻で, 後藤を, 御奉仕, 御自分, 心細そう, 必ず良人, 忘れて, 念入りにも, 怒つたらう, 怖ろ, 思つて居る, 思わず伸, 恐しくない, 恐らく亭主, 恟りいたしました, 息も, 患者の, 悲しむだろう, 惡くない, 愛想よく, 慄へ, 慌てながら, 憤った, 我儘な, 戯談を, 戸棚へ, 戻った, 手持無沙汰に, 打ち消すよう, 打案じ, 打頷いた, 抱き取って, 拙者に, 持たねえの, 指錠を, 擽くなったの, 放ったらかしに, 料理を, 斯んな, 新聞の, 日の, 早く亡くなりました, 早く起き, 明るい障子窓, 春風駘蕩たる, 時どき女, 暖炉の, 暫く泣伏, 更に, 有りやせん, 木戸番を, 末の, 本職の, 東京に, 枕許で, 格子を, 椅子に, 歌舞妓狂言を, 此方へ, 此節煩ひ居る, 死にブーラトリュエル, 死んでは, 段々不, 殺すかも, 母屋から, 気に, 気の毒そうに, 気転らしく呼び, 汚なかった, 汽車酔が, 流産の, 浮かれ, 涙ぐむ, 淋しい淋しいと, 清を, 滅多に, 澄ましたもの, 濡れた手, 無い家, 無銭で, 焼け死んだの, 煙草の, 熱いのに, 物語, 特別静かで, 狡猾だ, 独り沈みこん, 狸に, 玉王を, 生前松井に, 産後の, 町屋の, 留守自分で, 病院へ, 白々しく鞭, 白痴であった, 的に, 皆年を, 皆涙ぐん, 皆移転の, 皿を, 目の, 相不変小言, 相手の, 真うつむけ, 真を, 真黒な, 眼蓋の, 知らないであろう, 石の, 確かに, 私が, 私ゃ見ない, 空襲が, 竈から, 立ちどまって, 立つた儘一同, 笑いたい時, 笑いつづける, 笑みつつ, 笹屋へ, 答えた, 箪笥の, 糸を, 素気なく, 綺麗かしらん, 縁の, 縁側に, 縋りつく, 繰り返す, 美しかった, 群集の, 聞かない振でちょこちょこ, 聲を, 背中合せに, 背負った子供, 胸の, 腹膜を, 自ら自分の, 自分らの, 興奮から, 良い顏, 色青ざめ, 苦い顔, 茶の間で, 茶代の, 葭簾の, 蒲團を, 薄々知つて, 蟷螂の, 行儀作法を, 衣類を, 袷を, 裏戸の, 襟に, 西日を, 親し気, 親父の, 解いて, 言ひ, 訊かないこと, 訝しそう, 語続けた, 誰でも, 貞之進の, 財布の, 質を, 贅沢三昧で, 起き上つて, 身を, 身持に, 辛棒が, 近来貞之進の, 返事も, 送つて, 逆上し, 週刊誌の, 遠目に, 部屋を, 酒類を, 金の, 針を, 銀行家と, 銭占屋の, 鐵瓶の, 長火鉢へ, 間もなく死ん, 院の, 隙かさず, 雑誌社からも, 震え上って, 青く鳥肌, 面白半分, 頬膨らし, 頭部に, 風邪で, 飛んでも, 食鹽の, 駈け出して, 駭き, 驚くだろうとも, 高橋の, 鵬斎の, 鷲塚の, 黒の, 黙り込んで

▼ 女房~ (1246, 10.8%)

10 ある, 出て, 死んで 7 立って 6 あって, 帰って, 病気に, 見て 5 あった, 一人で, 云った, 何か 4 いる, ニンシンした, 亭主に, 亭主を, 子供の, 心配し, 来て

3 [14件] あるの, あるのに, 勤めを, 喚きも, 子供を, 家の, 寝て, 歎き, 清を, 生きて, 私の, 聞くと, 酒を, 顔を

2 [85件] あったの, あっちゃ, あっても, あつて, あとから, ありながら, あり日本人, あるか, あること, あると, いた, いった, いつた, いて, いなくとも, うるさくなっ, おおぜ, お岩, お産を, こんなこと, すぐに, それを, そんなこと, でかけて, どう思ふ, もう自分, やつて, よその, フロシキに, ヘギの, ワッと, 一人女の童と, 一人縛めた, 丈の, 下手人だ, 不在に, 云う, 云うの, 内證, 口を, 可哀想でなりません, 大根を, 夫を, 失踪した, 奥の, 孕んで, 実際こんなにあさましく, 客を, 岡持を, 帰らない, 急病だ, 恋ひしくならう, 打ったが, 教えて, 日和下駄で, 死んだあと, 死んだ時, 死んでからは, 歿く, 気も, 気を, 江の島詣り, 洗濯を, 浮田と, 渡して, 病気にな, 私と, 窓の, 答えた, 箕を, 縁の, 聞いて, 自分で, 自然に, 良妻である, 蚕棚の, 見かねて, 言った, 言ふと, 買物に, 近所の, 運んで, 酌を, 鍋の, 頻に

1 [925件 抜粋] あがって, あちこちに, あったかしら, あっては, あつた, あなたが, あの人, あらあ, ありのままを, ありも, あり嬰児, あり小児, あるといった, あるもん, あるん, ある由, あれば, あんまり彫, いうには, いたか, いって, いつも病身, いても, いなかった, いなくなると, いふの, いま焼けた, いや母, いるでは, いるのに, いる我, いろいろ話し合いました, うちあけたこと, うるさいので, おしゅん, おれに, お前の, お勝手で, お屋敷, お待ちし, お辞儀を, お鉢を, かけでて, きょうは, けさほど, こう叫んだ, こころよく承知, こぞつて遊女芸者オメカケ, この夏, この川ふち, この通り, これ又, こんなところ, こんなふう, ござります, ささやいた, さびしい夜ふけ, しきりに十郎, しらせに, すぐそれ, すこしく窶れた, すりこ木で, するに, そいつを, そうする, そう云った, そこから, そっち側の, そのほう, その孕みす, その手, そばに, それじゃ, そんな事, た, たくさんいます, たった一人, ちっとも賛成, ちょうどその, ちょっと会釈, ついて, つとまるもん, つむぢ, とたんにザアマス, とびだし小高くまるい, どうしてと, どうして病人, どこの, どんな思い, なお室内, にらみつけてる空地, にわかに産, のっけに, はじめて猫婆, ひきとって, ひたと鎖鎌, ひとりの, ひどい女, ひどく気, ひょっこり出, ふと水出し, ほんとうに, まあよう, またパン, また体, また子供, また忠告, まだどこ, まだ長く, まづそれに, まるで駄々っ子, みんなが, めしを, もうすっかりおれ, もう七人, やかましいから, やってるらしいぜ, やって来たん, やつれ果てて, よく稼ぎ, わがままで, わるい街道人足, ゐなくなると, アメリカ人だ, アロハ氏に, カーテンの, コレラに, ザラに, ズルフォン剤の, ネクタイ締め, ヒステリイみたいに, 一人入っ, 一人商賣, 一人忙しく, 一人正面を, 一人隅つこ, 一年位後で, 一所に, 一番大事の, 七輪一つ買っ, 三十を, 三味線を, 上京する, 下りたトタン, 不安と, 不思議な殺されよう, 不義を, 世間へ, 並んで, 丸万の, 主人に, 乗った幾台, 亂心なし, 二三人来, 二人い, 二人ゐ, 云ったこと, 云ったり, 五年前に, 五郎吉の, 亡って, 人並外れた, 今もっ, 仕合わせで, 他人の, 代って, 伝えたため, 何かの, 何し, 何を, 何処かへ, 何年か, 使いから, 侍女ひとりを, 促すの, 倒れると, 側に, 働いて, 働きものな, 先達と, 入りしな, 共用水道の, 内外の, 内職を, 内証で, 再び顔, 冷たくなった, 出たの, 分別し, 前へ, 勘右衛門に, 勘定を, 勝って, 勝手に, 勿, 化けたかと, 南雲さんで, 危篤と, 原町の, 去つた後, 參りました, 又う, 双子産みくさった, 取乱し切った姿, 取亂, 口々に, 古い歌合せ, 可哀そうであった, 可愛いか, 可愛いやうぢ, 向こうから, 君に, 吹いたん, 周章て, 哀れであった, 商売を, 嗅ぎつけ葛藤, 噴火の, 四人の, 困りきって, 坐りつけ, 増長する, 声を, 変死を, 夕飯の, 多くて, 夜の, 夜業に, 夢でも, 大事なら, 大岡樣へ, 大怪我, 大船で, 失せて, 奥から, 女中を, 女御の, 女房らしうせな, 妬くよう, 娘と, 娼婦的で, 嫌ひ出し, 子を, 子守から, 完全に, 実印まで, 室に, 宮の, 家庭生活一方という, 寂寞した, 密夫を, 富来の, 寝返りの, 尋ねたので, 小説を, 少し遠慮, 尼に, 居たらば, 居なくな, 居ましても, 居りますが, 居れば, 巫女を, 布施に, 帰つてきた, 帰村した, 干物に, 年廿八の, 幾人も, 店の, 弁当でも, 引き連れて, 引の, 弱者として, 彼と, 彼女の, 待って, 後宮にも, 従妹同士な, 御亭主, 御所望, 微笑し, 心得違えの, 忙し相, 応酬した, 怒るからさ, 怒鳴りちらしてる間, 急に, 恐いの, 息を, 悪い病気, 悪くっては, 悪鬼に, 愛想よく, 慌て, 或る, 所天はじめ舅姑を, 所天を, 手あぶり, 手ぬぐいを, 手癖の, 拭い取ろうと, 挨拶に, 捌きを, 据物斬り, 支那人だ, 敵の, 文学上の, 新しい思想, 旅僧から, 日本女子大学に, 旦那は, 昨日から, 時々嘘, 暗い奥, 暮れ六ツ, 最初は, 月下に, 朝日権現と, 村役場に, 来たの, 来た時, 東京から, 松の, 枕頭に, 梨を, 横坐りに, 樽の, 機を, 欲い, 欲しい, 欲しいといふ, 欲しくなった, 止めて, 死にやがて, 死に際に, 死ぬどころか, 死ぬ伜, 死んだる淋し, 死骸でなく, 殊更に, 殺された時, 殺される程, 殺せないの, 母の, 気の毒そうに, 水に, 汗も, 泣いたか, 泣きながら, 泣き出す, 流しの, 浮気を, 渡されたもの, 湯を, 湯治に, 澤山ゐる, 濁酒を, 火傷の, 災難で, 無いで, 無きゃア女給, 無ては, 熊吉という, 熱心に, 片口を, 物臭太郎を, 犬を, 狹い, 狼らしい, 猫いらずを, 現れて, 生きてるつて, 産を, 産気づいたと, 産褥で, 田舎に, 申したり, 留守番を, 異様な, 病気し, 病身で, 発見する, 登山者の, 白い手, 皿の, 直ぐに, 相槌を, 真っ赤な, 眼を, 瞋恚の, 砧盤を, 磬を, 私し, 私を, 稼ぐよう, 突然に, 竊と, 立ち上った, 立ったあと, 竹葉の, 笑は, 筆録し, 箸を, 簾越しに, 精力絶倫だ, 紅を, 組合を, 給仕に, 縫針の, 罰せられたという, 美しく着飾っ, 美人で, 聞く, 聲ばかり, 肥った膝, 背負うこと, 腰を, 自分と, 自分よりも, 自然と, 舷から, 良人に, 艶かしい, 芝居の, 若い者, 茶の, 茶を, 莞爾目迎えた, 葵の, 蕎麥を, 薬鑵を, 行き来し, 行って, 行処不明の, 衣裳ずき, 襖越に, 襷を, 見た, 見たという, 見に, 見兼, 見舞いに, 言い訳を, 言うと, 言って, 言つて床を, 訊いたところが, 診断を, 詰めて, 話あり, 話相手ぐらいには, 読み書きに, 調べられて, 負ぶ, 賃仕事なんか, 質屋の, 赤恥を, 走り昇っ, 起き出して, 身投げし, 辞退する, 迎へに, 送って, 送るの, 逃げました, 逃げ廻る, 遊びに, 遠く向う, 適して, 選鉱場の, 遽しく水口, 部屋の, 酸漿の, 重大な, 野良から, 釜くどの, 釜の, 鉄漿ぐろの, 銀子より, 銚子の, 長畑さん, 閉って, 間男を, 関口屋の, 集まって, 雑巾の, 頓死した, 頻繁に, 顕れたのに, 願を, 食事の, 飮む時分には, 餌を, 饒舌りました, 首肯いて, 駈けて, 駈けよった, 驚いて, 髪美しく長く

▼ 女房~ (1096, 9.5%)

49 して 42 なって 12 死なれて 9 向って 7 なつて, 惚れて, 手を, 持って, 死に別れて 6 しても, しようと 5 すると, 世話を, 別れて 4 しようという, するの, なってから, 向ひ, 渡して, 稼がせるよう, 言った, 逃げられて, 頭が

3 [18件] しては, なるか, なるので, なるもの, なる女, なれ, 命じて, 子供を, 成って, 持たうと, 死なれたので, 死なれてから, 死別れ, 留守を, 給仕を, 縄を, 頼んで, 鬼神の

2 [70件] かわって, こう云った, した, したいと, したの, したり, してやろう, しろと, し要, するから, すること, するよう, する女, する気, すれば, なった, なったもの, なりきつ, なるという, なる気, なる筈, なれと, なろうとは, むかって, もって, パリジャンヌを, 一朱の, 上つて居りました, 上りました時, 不適格, 二人の, 云った, 代って, 会いに, 似て, 取って, 姦通された, 子が, 子供が, 子達が, 安心を, 對ひ, 悪いから, 手傳は, 持つて, 持つと, 持つの, 持つ覚悟, 死に別れたの, 死に別れてから, 死に別れ放埒, 淫売を, 満足させず, 献身の, 目を, 答へ, 良く似, 茶を, 襟く, 見せて, 言わせた, 訊いた, 話しかけて, 話して, 貰ったん, 逢って, 重きを, 金を, 隠して, 駄菓子でも

1 [692件 抜粋] あいそを, あうの, あなどらせたくなかった, あまい頼春, あらぬ濡衣, ありついたは, あるなら何, あゝ綿, いいつけた, いきなり掴ん, いつのまに取られた, うんと優しく, おさまって, おちょっかい, おとどし死に別れ, お持ち, かう聲, かかるそれ, かぎって, かぎる, かくれ仇, かせがせて, がみがみ云われる, きくと, くれて, くれる氣, こういったんです, こうきいた, こう声, この人, これぐらい, これぐらゐ馬鹿, これほど, ござります, さ, ささやいた, さして, させたいと, さられたとか, されないの, しかられる様, したい, したいから, したいつて言, したいとまで, したいの, したいん, したかった, したくねえだらうと, したけりゃ金, したと, したとこ, したらよから, したら具合, したら或いは, したわけ, した女, した男, した私, した長屋, しちまえば, しちゃ, しつこく云う, してやったらどう, してやりたい昔風, してやるがなあ, してやろうという, しないからと, しないさ, しねえば, しようかと, しようとは, しろしないと, しろとは, しろ小, すぐ立てつ, すすめた, する, するか, するつもり, するとも, するなぞ, するなどは, するには, するまで, するん, する権利, する相談, せがみそれでは, そういう仕事, そう云われる, その旨, それを, それ茶を, そんな恐ろしい, たいへんに, たのまれて, たのむん, つきつけて, つづいて, つらく当たった, とっちゃ, とりいって, どうしてあんなにわからず, どうして出来る, どう言い, なぐられその, なぐられた, なさると, なしたので, なし親, なったが, なったこと, なったって, なったの, なったよう, なったん, なった場合, なった後, なった証, なってからは, なってたから, なつたり, なつちやつて私が, ならないかと, ならなかつたの, ならなければ, ならぬと, ならんでも, なりすました女賊, なりすまして, なりたいって, なりたいという, なりたいといふ, なりたくないわ, なりなって, なりに, なりますと, なりますの, なりよい, なり手がねえ, なり手なんか, なり済まして, なる, なるくら, なるって, なると, なるならおいら, なるの, なるよう, なるん, なる人, なる望み, なれとは, なれましょうか, なれるか, なんと答えます, はね, ひどい意趣返し, ふさは, ふさわしい美しさ, ぶん殴られでも, ぼくという, みとめて, むかえること, むかへること, もすつかり打明けて, もってから, もらいしが, もらいたいと, もらうため, もらったン, もらって, やさしい処, やった, やったので, ろくな女, インシュリン打たしむ, コロリと, ストイツクな, ダイヤモンドの, パパと, ヒステリー起され, ヤキモチを, 一伍一什を, 一分が, 一応こう聞い, 下職小僧も, 与えて, 事情を, 云いつけて, 云い寄る恐ろし, 云つ, 云ひきかさう, 云ふ, 亡くなられて, 亡なられ, 人知れず通, 仕事を, 仕手なんぞ, 付けて, 会った, 会わすの, 似合うと, 低い声, 何時かと, 偽って, 働かせて, 先夜も, 先立たれたの, 先立たれ独身, 其の武家, 内助なんと, 内證, 再会した, 出させて, 出られては, 出会った, 出来ない事, 出逢って, 刈らせる, 別れた萬兵衞, 別れてからという, 別れるとき, 別れるは, 別れ娘, 剣呑を, 割が, 助太刀を, 勘当された, 化けた狐, 十三絃を, 半挿, 半熟卵を, 反対された, 取られちまうの, 口小言を, 口留し, 口論を, 叱られて, 叱られる事, 叱るよう, 合い図, 合図した, 同情を, 向い, 向いながら, 向つて, 向つて何, 呼びかけたが, 呼びとめられて, 命じた, 哀恋の, 問ひ, 土手であった, 地位の, 声を, 夏着の, 外から, 大いに依, 天女だ, 太郎兵衛の, 好かれないの, 好かれようと, 如何に, 姦通呼ば, 姫宮の, 娘が, 媒を, 子供も, 寝物語し, 寝込まれ私, 對する, 尼と, 属し内々尼御台所, 差出すと, 巻れ, 店は, 引廻され, 当った男, 御取次, 心とらわれる, 心を, 怒られて, 恭, 悟られまいと, 惚れ彼奴, 愍れ, 憂目を, 憑い, 憚つてばかり, 成ろうという, 成置は, 手伝は, 手傳はせ, 手強くことわられた, 打たれた時, 打明けない性, 折檻された, 持たして, 持たせて, 持たせるの, 持ちいったい, 持ちたい, 持ちたい亀屋, 持ちゃあ, 持ったが, 持ってから, 持っては, 持つこと, 持つちや, 持つ事, 持つ気, 持てとって, 持とうという, 持とうなどとは, 持んと, 挨拶し, 挨拶を, 振られて, 掛け合うと, 推挙された, 揺り起されて, 操を, 支那ソバを, 改心させる, 教えて, 教えを, 教へて, 早く死なれ, 春情を, 暇乞なし, 未来の, 本気に, 束縛されちまう, 枕代や, 横面を, 檀那取りを, 死なれた久兵衛, 死なれた後, 死なれた翌, 死なれた自分, 死なれちやつたこと, 死なれては, 死なれても, 死にわかれて, 死に別れたせい, 死に別れた上, 死に別れ今, 残して, 殴りかかろうと, 気がねする, 気も, 水を, 泣きつかれるの, 注意され, 渡したの, 渡し少, 渡し息, 満足させ, 満足してる, 溺れ切って, 溺れ切つて, 為ようと, 為様なぞとは, 煮焚きを, 爲ねば, 片づいて, 片手手を, 牽かされるの, 献身が, 率ゐられ, 甚だ深く, 甲斐性なし, 疑う可, 疵を, 目食わせ, 相伝し, 相手にな, 眼を, 着せる衣, 知らさないで, 知れないよう, 祟って, 祟らないもの, 稼がせること, 立ちまじるやう, 笑われに, 笑われるの, 精魂を, 納まった後, 縋着いた, 罪は, 罵倒せられる, 聞いたが, 聞いて, 聞きますと, 聞くと, 聽いたらしく, 肖如だい, 自分の, 自慢した, 苦しんで, 茹でて, 草鞋を, 葛根湯を, 蕎麦切を, 薬を, 袋の, 裏の, 見える方, 見せなくちゃ, 見せると, 言い, 言いつけて, 言いつけられて, 言い宮, 言う言葉, 言ってると, 言っと, 言つて聞かせた, 言はれ, 言ひかけた, 言ふ, 言われて, 言葉を, 訊きました, 訊きますと, 訊ねたら酒場, 話しかけた, 話しかけたが, 話しかけると, 話しかけるよう, 誓へ, 語った, 語ると, 説いて, 讀聞せ, 負けぬ男, 貰いて, 貰う積り, 貰えて, 貰った, 貰ったの, 貰った女, 貰わないでは, 買って, 貸しつけた金, 賜って, 足などを, 踏みつけられて, 車貸す, 較べると, 辛く対する, 迎えること, 迎へを, 近寄った, 返して, 追ン, 逃げられたあと, 逃げられたと, 逃げられたの, 逃げられた夫, 逃げられた男, 逃げられました, 逃げられるよう, 逃げられる性質, 逢いたくなって, 逢った, 逢ったので, 逢ふ, 逢われなかったらどうして, 連れられて, 違いない, 違ひない, 遣って, 遣ろうと, 適格な, 邪しまの, 都見物致させ, 鄭重な, 門を, 附け狙われますの, 限らざるは, 階下の, 隠れて, 電話で, 非ず, 預けて, 預け尚, 頭の, 頼みたくない全作, 頼み心ならずも, 頼んだ, 飛び出されて, 飲む真似, 馬鹿に, 髮を, 鯉を, 黙って

▼ 女房~ (907, 7.9%)

15 持って 11 呼んで, 連れて 10 殺して 7 つれて 6 働きに, 持てば, 相手に, 貰って, 追ひ出し 5 もらって, 世話し 4 して, 愛して, 持つて, 貰ふ 3 ぶん殴って, 人に, 啖い殺した, 大事に, 始めとして, 持たせたら足, 持たせると, 持つの, 見て, 貰うと

2 [51件] いびり出す勇気, お前と, どこへ, なくして, なくしてから, なぐって, もち日本人, もって, やつて, 三度か, 主人公に, 信じ愛し, 働かせて, 勤めて, 召し仕わ, 可愛がって, 呼び, 呼ぶの, 呼んだ, 売りに, 売りはては, 大切に, 失くし, 奧へ, 奪られた, 寝とられて, 庇護しました, 役どころと, 持たずに, 持たせて, 持ったり, 持つたと, 持つと, 持てと, 易々と, 死なせると, 殺す気, 殺せ, 知って, 立てて, 膝下に, 自分の, 見た, 見つけて, 貰うん, 貸せと, 載せて, 辱しめる, 迎えたが, 返せだけは, 駈けつけさせる朝

1 [665件 抜粋] ああし, あざむいて, いたわる, いつかの, うしなった為吉, おこうと, おどかしたまでの, おどかして, およこし, おれに, お呼びに, お嬢様だの, お思い, お持ち, お粂, お蓮, お辰め, かどわかして, かどわかすという, かまって, ここで, この日, ご新姐, さがしに, さし殺すぞ, さすがに, した時, しらべさせて, すくつて, そういう働き, そういう最低以下, そして子, そのまま使わせ, その上, そんな細工, たしなめ力, たたき売るよりも, たたき売ろうと, たんと持つ, だまくらかして, だましすぎて, だます法, ぢつと, つかまえて, つけまわして, つづけ打ち, つとめ了せたもの, つれ子供, ですかい, ときどきかえる, とっつかまえて, とらへて, とられた男, とりもったり, とりもつたり, どこで, どなり附けた, なくした車屋, なくしまして, なぐさむつもり, なぐったの, なぐらなかったが, なぐる亭主, なだめて, なだめながら, なりとも, はじめ家内の, ひッぱたいたわけでもなく, ぶッ, ほめるわけ, まず第, まるで気違, めとろうと, もうぢ, もたせなかったん, もたねえから, もちその, もちたいですなあ, もった佃, もっちゃ, もつたり, もてば, もとうか, ものし, もらいナギナタ, もらい松波庄五郎, もらい自慢, もらうだろうそして, もらうよう, もらう破目, もらえと, もらえば, もらえばって, もらったから, もらったばかりに, もらったよう, もらっても, もらつて, やって, よびよせて, よび出して, よんだ, わずかの, カフェーに, カフエーに, カメラマン氏が, サ何も, シンから, ビクビクさせ, ブン殴っ, ヤリクリ妖術使いに, ロードスターに, 一つ殴っ, 一つ白睨ん, 一人ほったらかす, 一人世話を, 一人前の, 一度喚ん, 一応詮議, 一日も, 一生大事に, 一目見, 七つ屋へ, 下へ, 世話しる, 世話を, 乗せて, 二人ぐらい, 二人も, 五ツ六ツぶんなぐっ, 五人かへ, 井伏さんの, 人質に, 介抱し, 仕込んで, 代役した, 令嬢扱いに, 伯父に, 何んで, 何様しよう, 余所に, 使いに, 使に, 信じない人, 借りて, 偲ぶべき夜半, 傍らの, 働かせては, 働かせると, 働かせるの, 八人, 具し, 内に, 出して, 出せおれ, 刀の, 切たる, 刺さうと, 刺すとともに, 前に, 剥いだん, 剥いても, 助けて, 励ました, 十数人取替へた男の, 又街道, 取り人, 取り換えて, 取り換えます, 取ると, 取持て, 取返す手段, 叩き起しましてね, 召し出されこまごま, 召連れ, 可愛がり過ぎた, 可愛がるなんて, 台所へ, 叱って, 叱りとばして, 同行し, 名告つて, 君人前で, 周旋しよう, 呼びたいつていふのは, 呼び何やら, 呼び出した, 呼び出して, 呼び出すと, 呼び出すよう, 呼ぶところ, 呼んだが, 呼んだの, 呼寄せるが, 問題に, 喚び挂, 困らすよう, 囲つてを, 国もとへ, 坐らせること, 売つた銭, 売り木の根, 変えること畳, 変へて, 多く列せしめた, 失った老年, 失った者, 失って, 奪おうと, 奪ったとやら, 奪ったの, 奪つた畜生, 奪はれる, 奪われたる人, 奪われて, 奪われながらも, 女中か, 女房と, 妻と, 娘の, 娶ったため, 娶って, 娶ってから, 嫌い傾城, 嫌って, 安穏に, 客人と, 客分の, 客席に, 寝とった男, 寢取られてる, 対手に, 山の神と, 山の神という, 市ヶ谷の, 庇つた, 店の, 引っぱって, 引挟ん, 引摺込んだ, 引附け, 強姦し, 当た, 待つ男, 従えて, 従属せしめ, 得てから, 御侍らせ, 御免成れ, 志願し, 怒鳴ったりなど, 思いだして, 思い出し落涙, 思い切れないからって, 思ひ出して, 思ひ子, 思わせるほど豊満, 恋の, 恐れる筈, 恐れる長崎, 情人に, 惡黨とは, 意味する, 愛すこと, 愛読者の, 慊く思う, 慰め生き長らえて, 憐れと, 懲役に, 戦争犯罪人などとは, 手招きする, 打擲する, 投飛ばす, 抱き起して, 抵当に, 押しかえして, 押しつけられて, 押しのけ引出し, 招んで, 持たして, 持たせそれ, 持たせよう私, 持たせられると, 持たないの, 持たぬ者, 持ち, 持ちそこねたという, 持ちたい肉食, 持ちてえが, 持ちながら, 持ちも, 持ちゃこんな, 持ち合す不仕合せ, 持ったが, 持ったと, 持ったという, 持ったら亭主, 持ったら毎日相談, 持ったん, 持った坊さん, 持った心持, 持った経験, 持ってない, 持っても, 持ってると, 持つたらう, 持つたらうんと, 持つたり, 持つても, 持つてる奴, 持つなら三井鴻池, 持つよう, 持つ事, 持つ気, 持て, 持んと, 持家内睦まじく, 指して, 捕へ, 捜し始め童女, 捨てたり, 捨てちま, 探して, 探すん, 掻きのけるやう, 掻きのけるよう, 揺すぶり起すの, 揺り起こした, 撫めて, 操って, 擲って, 擲る, 攻めた, 敵の, 斯も, 椿と, 槍玉に, 横どりする, 横目で, 殴る, 殺しおれ, 殺しそこ, 殺した, 殺したであろう, 殺したの, 殺し大澤夫婦, 殺し転倒, 殺すほどの, 殺すまでの, 殺そうと, 求めるには, 流眄に, 海嘯の, 源氏は, 火アブリに, 火アブリにも, 煽動する, 犯した男, 犯して, 狐の, 独り置いとく, 狼と, 理想と, 疑っちゃ, 皆移し, 盗ったの, 盗み人, 盗られてさ, 盜み出し, 睨みそれから, 睨んで, 祝福し, 穿き捨て下駄, 突いたの, 突きは, 立せざる, 納得させなく, 納得させなくなっ, 紹介し, 経て, 絞め殺させて, 縛り自分, 置いて, 置いてを, 置くもの, 置去に, 置去り同様音も, 考えたの, 考えて, 肉慾的に, 自分が, 致命的な, 致命的な疑ひ, 茶の間へ, 蔵し, 薪で, 行路病者に, 装はれる, 裏切って, 褒める奴, 西の, 見かえると, 見せろ, 見たが, 見た彼等, 見た色, 見つめ, 見ました, 見ると, 見れば, 見上げ見下した, 見出しては, 見掛けて, 見舞いにまで, 見附けた, 覚えて, 観察し出した, 訪ねた帰り, 訪ねて, 評したてる, 誤魔化してでも, 説き伏せたの, 誰が, 負うて, 負つて, 責めつける外, 貰いましたが, 貰いましてね, 貰い切り, 貰い当てたそう, 貰う, 貰うから, 貰うとか, 貰うならお, 貰うに, 貰うまでは, 貰うよう, 貰う人, 貰う者, 貰えなどと, 貰おうと, 貰ったばかり, 貰ったら宜, 貰ったら自分, 貰ってからは, 貰つてあと何年間か, 貰つて一人口ふやす, 貰つて無駄な, 貰ひます, 貰ふつて, 貰ふつもりで, 貰ふんだ, 貰わないの, 貰わない内, 賞める, 賣り飛ばすとか, 質に, 質屋に, 起して, 蹴たり, 迎いに, 迎えに, 迎えようと, 迎え五人目, 迎へ, 迎へる, 追い出すの, 追い廻した報い, 追ひかけ, 追出したる由, 逐ひ, 逐出し得, 連れ出すにも, 連れ大阪, 道具と, 選ぶわけ, 選ぶん, 選りととのえもし, 邪慳にも, 部屋から, 里帰りさせる, 附け廻して, 除いて, 離絶し, 離縁した, 面食らわした, 鞭撻しない, 頤で, 頼み賣物, 頼んだ, 顧みて, 顧みながら, 食わして, 飼って, 飾って, 養い自分, 養う腕, 養ったり, 養つ, 鵜戸神宮へ

▼ 女房たち~ (548, 4.7%)

1098 の中 5 は宮, は皆, は言っ 4 はお, も, も皆 3 の座, の目, の間, はこの, はささやい, は困っ

2 [40件] から, がお, が何人, が出, が自分, が見, が言っ, が集まっ, であったから, といっしょ, などは, に, にし, にも可愛がられ, のため, の一人, の似, の妬, の姿, の心, の手, の部屋, の集まっ, はおかし, はこんな, はどう, はまして, はまだ, は今日, は思っ, は目, は笑っ, もこの, もそう, も御, も若い, をそば, を召集め, を皆, を見た

1 [396件] おぬし, お楽器, からこの, からされない, からも勧められ, からも怪しい, から梶井, から沢山, から浮舟, から鬼ばばあと, があちらこちら, があつまっ, があらかた, がいちどに, がいつの間にか, がいないで, がいろいろ, がうわさ, がおお, がおさえ歩く, がこう, がそっと, がそば, がそれ, がそろっ, がそろった, がただ, がちよ, がつけた, がてんでに, がどう, がどしゃ降り, がどんな, がにわかに, がのぞき, がもう, がやすん, が乗り, が五六人花やか, が人, が仕事, が侍女, が別れ別れ, が前, が噂, が困っ, が大きな, が大将, が女御更衣, が子供, が子女, が寒い, が局, が左右, が左様, が恐れる, が感激, が扶, が持っ, が散々, が次の間, が気, が源氏, が煽ぎ散らし, が物語, が物足りなく, が現に, が理髪, が皆, が着る, が私, が私ら, が競っ, が興味, が華やい, が蔭, が薫, が衣裳比べ, が裁ち, が見物, が言い, が言う, が諸方, が警戒, が起き出し, が近い, が近く, が近づい, が返事, が通っ, が遊び, が青漆砂子塗, が額, すらも若君, だけが夫人, だけで, だけで月, だけの乗った, だけは二八二回, だけを皆居間, だって皆, であった, である, であろう子, ですね, でたとい少し, でもいざ, で寒い, というもの, といっ, とおもしろおかしく, としばらく, とだけはもと, とは別に, と一, と何, と冗談, と同じ, と混同, と話し合っ, と語り, と讃岐, と銚子, などはこんな, などは源氏, などは肱, などもここ, なども不思議, なども緊張, にあと, にこの, にこれ, にだけでも知られない, にだけはうなずかれる, にはこばせ, にはそれ, にむかった, にも個性, にも同腹, にも懇意, に乳母, に何事, に別れ, に勧められ, に危害, に宮, に対してさえきまり, に対してとやかく, に小説, に教え, に聞い, に蔭, に薫, に見られぬ, に言い, に言わせ, に身分, に近い, のうち, のこと, のすすり泣き, のする, のだれ, のとりなし, のまでその, のスケッチ, の中宮, の乗った, の亡霊, の仕業, の何, の侍, の信仰, の列, の前身, の参った, の口, の困りきった, の女人, の局, の年, の悲泣, の手内職, の手前, の手紙, の打ち解けた, の打首, の昔, の更衣, の服, の樣子, の淡, の為事, の用, の白い, の着料, の着物, の着用, の美的快楽, の聞い, の蔭, の衣服, の衣装, の衣裳その他, の袴, の装束, の襟, の言う, の言っ, の計, の評, の話, の趣味, の車, の進言, の長い, の顔, の騒ぎ, はあちらこちら, はあわれがっ, はいった, はいつも, はいろいろ, はおおかた, はかげ, はきゃあ, はきわだっ, はくやしい, はことさら, はささやき合っ, はそう, はそこ, はそれだけ, はそんな, はなだめかね, はのぞい, はひだ, はほめ合っ, はまた, は三方, は不快, は中堂, は久しぶり, は他人, は使い, は例, は先, は勧め, は勿論, は匂宮の前, は受付, は同情, は埋ん, は売る, は外国, は夫, は奥, は姫君ら, は家, は少し, は幸福感, は弁, は彼女, は待ちかねた, は御簾, は心配, は応接, は思い, は思った, は急, は悦び, は悲しん, は悲観, は惜し, は愁眉, は慌しく, は憂い, は憎く, は昨夜, は時々, は望み, は東南, は楽しい, は楽しん, は歎, は武蔵, は残念, は満足, は源氏物語, は珍し, は百方, は皆ちりぢ, は皆晴れ, は皆緊張, は眼顔, は知り, は硯, は私, は笑った, は筥, は綱, は縁, は群, は聞き苦しい, は肱, は自分, は苦しい, は見, は親しい, は親方, は言い, は言い合っ, は責任, は賞め, は酔った, は采女, は重, は長い, は陰口, は頭, は飽き足らず思っ, は騒ぎだした, ばかりで, へも下された, へ分け与えた, へ分配, へ向っ, へ註文, ほどうちつけ, までが実, までむやみ, まで部下, もあっ, もあと, もあまり, もけしからぬ, もこうした, もこれ, もすべて一しょ, もぜひ, もそうした, もそれぞれ歌, もどう, もまた, もオロオロ, も一, も不審, も事実, も二重三重, も几帳, も勧めかね, も同情, も呆然, も声, も多い, も大, も夫人, も夫婦喧嘩, も奇妙, も少し, も川, も心細, も恐ろし, も悲しかっ, も惜しい, も手, も批難, も春, も来た, も桃, も気がつい, も知らなかった, も認め, も遅滞, も部屋, も騒ぐ, やなにがし, や留守, や若い衆, や重, らしいの, らしい声, をお, をその, をてきぱき, を代表, を仲介, を先, を制し, を取調べた, を始め, を忌垣, を愛護, を田園, を皆そば, を責める

▼ 女房~ (482, 4.2%)

12 一緒に 11 二人で 7 なって 4 いっしょに, 云うの, 名の, 娘とが, 子供を

3 [14件] いっても, なると, 一しょに, 三人で, 二人の, 何か, 別れて, 女中が, 子供が, 思って, 番頭が, 番頭とが, 番頭とを, 話を

2 [34件] いえども, いへば, それから, どんな話, 不義を, 争ひ, 云ふも, 五人の, 亭主の, 出かける, 初五郎とは, 口を, 女と, 姉に, 姦通した, 娘が, 娘とは, 子供とを, 子供の, 子供は, 思う女, 怪しい関係, 愛する人, 新宿へ, 清が, 清は, 清も, 番頭と, 番頭との, 相談し, 行く, 言ふ, 銀座へ, 顔を

1 [322件] あっては, あの嫁, いいかわした言, いいご, いうでも, いっしょの, いってね, いつた女房, いふ者は, いわっしゃるのは, おっしゃるの, おつぎ, おなじ行き方, おぼしく年, お竹, お蝶, かけ合せた恋歌, かしわでといふ, きた日, きめる, けんかを, こどもからの, この俺, この深川, こもきという, こんなこと, こんなところ, こんなもん, さして違っ, さし向かい, さんざいちゃつく, した, したり, した安心, しばしばあ, し續, すぐに, する様, その女房, その後方, その母, その母親, そんな話, たんに血相, なし松山, なった, なったうえ, なった者, なつた, なるや, なれば, はる, ばったり鉢合せ, ひそひそと, ひとつ水入らずで, ふたりきりに, ふた言三言挨拶, やがてできるであろう, よんだ女, アラスカ迄, オフクロを, ダットサンで, ハゲ天で, パンパンが, ベエスボオルの, ホテ・グリへ, ボソボソ囁い, ムダ話を, 一人の, 一人は, 一杯飲ん, 一緒じゃ, 一緒ぢや, 一緒では, 三人, 三人し, 三人の, 三島へ, 下女の, 下女は, 不始末, 不義などを, 不義致す, 世帯を, 両方を, 中の, 久々マーブルへ, 乗って, 二人きりだ, 二人ぐらしで, 二人づれで, 二人を, 二人京橋三十間堀裏の, 二人夜ナベに, 二人夜逃げ同, 二人帰る, 二人暮しを, 二人町へ, 二人連で, 二人静かに, 二十二歳を, 二男吉次とを, 京極へ, 京都の, 亭主とさかさまの, 亭主とは, 亭主は, 亭主友だちづき, 亭主友だちづきあいという, 今に取り, 令嬢は, 会ったかい, 会食し, 伜の, 伜宇平と, 伯父両人が, 俺との, 俺は, 倅を, 僕が, 價を, 入替りて, 全く同様, 六人の, 共同の, 冒頭誌した, 出かけ朝日ビル, 出て, 別れなくては, 別れるに, 別れるまでは, 別れるよりも, 劇場の, 十三度結婚した, 十二三の, 十歳くらいの, 半七, 南の, 友人の, 取って, 取つて八つ, 取り膳, 口論を, 召使の, 同じぐらゐつまらぬものだと知つて, 同じこと, 同じよう, 同じ女學校, 同じ家, 同じ屋根, 同棲し, 同棲する, 名告, 向ふで, 呼ばるるやんごと, 啀み, 喧嘩した, 喧嘩する, 喧嘩でも, 噂を, 噺を, 四人の, 四人帰りに, 城と, 夕食の, 多摩川へ, 大声で, 夫人も, 女が, 妹とが, 妹との, 姉とを, 姦通し, 娘あずま屋の, 娘その, 娘たちとが, 娘つ, 娘と, 娘に, 娘の, 娘は, 娘ふたり女中が, 婢の, 子供たちは, 子供と, 子供とは, 子供達の, 定めし休暇, 家の, 家庭の, 家来とが, 密通した, 密通なし, 寝る度, 寺木歯科へ, 対手が, 小さい娘, 小僕, 小僧あがり, 小僧から, 小僧で, 小僧の, 小娘が, 岡崎屋の, 差し向いに, 帝劇へ, 店の, 弟子との, 待ち合せ天ぷら, 待合せ食事, 心張棒には, 忰と, 念ごろした, 念頃した, 思えない, 思つてゐられる, 思われる人, 息子の, 息子は, 悪いこと, 悪い事, 情人関係に, 愛人に, 撮ったが, 擦れ違うよう, 散歩する, 散歩熱海養鰐園を, 敷島パンへ, 新宿東宝へ, 日暮里の, 旦那という, 春美とが, 替ろうと, 朝飯と, 村の, 松竹座へ, 枕を, 柿売り, 橘の, 橘夫妻を, 歌合せとの, 武官とが, 武蔵野館へ, 歩き東劇, 決って, 決まって, 洋子, 海岸に, 清を, 清宿へ, 湯を, 満面蒼白な, 漁場の, 為れる, 無作法な, 申すの, 申すのに, 申候は, 番頭の, 番頭を, 畳は, 畳を, 病院へ, 盲人の, 相手の, 相談する, 眞達を, 私が, 童女を, 竹屋夫人子供等が, 竹川来る, 終日顔つき合わせる, 老人の, 腕押しを, 落ち合って, 落ち合ひ, 蜂谷を, 蟇みた, 蠅とりを, 行った鳥取, 見えたるが, 見えて, 見え二十七八, 見物, 覚られて, 親しさ, 観世の, 覺られ, 言うの, 言っても, 言つた女が, 詣で次いで, 話したり, 話して, 諜し合わせ, 質は, 赤ん坊とが, 赤ン坊, 赤ン坊が, 赤ン坊の, 輪飾り門松など, 近くの, 逢引なんか, 逢引を, 連れ立ち木曽, 連添うて, 道化の, 道頓堀を, 違いずいぶん, 銭占屋とが, 鍛冶富の, 長火鉢の, 関係が, 離別する, 顏を, 顔見合わせ, 風月で, 風月堂へ, 養子との, 馳け, 高槻の, 高橋姉とで

▼ 女房~ (439, 3.8%)

13 子供も 7 あった, 子も 6 あれば 5 あり子供 4 出て 3 あって, 今は, 娘も, 持たずに, 番頭も

2 [21件] ある, お筆, さすがに, その結び文, オモチャ箱の, 交って, 今度の, 何の, 半七, 同じこと, 同車, 女も, 待つて, 思案に, 持たず暖簾, 掌を, 朝鮮の, 然し彼, 私の, 野放しだ, 顔を

1 [340件] あつた, あまりにふがいない, ありいずれ, ありことし四つ, ありますから, ありまた, ありまだ, あり三人, あり娘, あり情婦, あるし, あるだろうそれ, あるよう, ある子供, あんまり思いがけない, いうの, いお, いくらか落ちつい, いそいそと, いた, いった, いつた, いて, いないけれども, いねえの, いよいよ怖く, いるらしいの, うちの人は, うっかり釣り込まれ, おつ, おどろいた, おどろいて, おなじく立ち停まった, おなじに, おりますけれども, おれが, おろおろ涙声, お附女中, かいがいしく働く, かういふ山, かう答, かねて, きのふあたりから, きれいな, くそも, ぐるであった, こう答える, こう言っ, こちらへ, こっちへ, このこう, この世から, この頃, ございました, ございませうが, さうなん, さう言つて, さぞやりきれなかっ, さっきの, さる者, して, すぐ病気, すでに私, そう申す, そっちに, その小屋, その時, その気持, その辺, そばから, それなりに, それを, たいへんだ, たくさんおります, ただ溜息, どのくらい, どんなに喜ぶ, ないが, ないし, ないせい, ない気楽者その他, なかった, なくてさ, なしでくすぶっ, ぬッ, ねえん, はっと息, はっと立ちすくんだ, ひきつづき無事, ひどい奴, びっくりし, びっくりする, ほとんど自殺, ほんとにどうしてかう, またよ, またウーン, またカゴ訴, また怖, また愛想, まだお, まだ出来た, まだ起き, みじめだ, もう其の, もう我慢, もち養女, やって来て, やはり同じ, やはり気, やはり病身, ゆうべは, よく知っ, よし, ゐたし, ゐるし, ダメである, パパママである, 一しよ, 一ツ世帶で, 一二度は, 一度に, 一緒で, 一緒に, 丁稚も, 七度持っ, 丈夫子供も, 三位の, 三国一の, 三浦の, 下駄の, 之を, 二三人あった, 二人の, 云ったよ, 互に鮪, 交じって, 亭主の, 亭主は, 今年の, 今日は, 他の, 伜も, 伸ちゃんも, 何となく目, 余りの, 例外では, 俄かに, 傍にて, 働かしとくんで, 僕の, 僕も, 先生を, 入って, 入れて, 入交りで, 八橋が, 共に福徳ビル, 出來, 初めから, 別に不思議, 前夫と, 加は, 半分ほどは, 又, 取れ命さ, 召しつかう事, 可愛いだろう, 同じ刃物, 同様に, 同然それでも, 呼ぶやう, 呼ぶよう, 商売である, 喜んだもの, 困る, 固唾を, 外出し, 外国へ, 多くは, 大いに驚きたる, 夫, 夫は, 女中も, 女中奉公を, 女房也亭主も, 好奇心を, 如才は, 妬くまい, 始めは, 娶らぬそれ, 子供こそ, 安心し, 宜しく, 宜しくて, 宜しくてえ, 宜しくと, 宜しくといふ, 実家へ, 家にや, 家政を, 寂しい微笑, 少しずつ, 少し落ち着いた, 居ないし, 岳父も, 市之丞を, 店の, 座に, 当てには, 影を, 彼等の, 待って, 後から, 後には, 後家に, 得心し, 復た, 心配げに, 心配し, 心配だ, 心配気に, 怖しがっ, 思当る, 息子は, 悚然と, 悪漢どもも, 意識に, 我慢し, 手伝いに, 承知した, 抱主が, 持たずなぜ, 持たず下女, 持たず婆さん, 持たせて, 持たせるな, 持って, 持ってるから, 振返ったが, 振返つて, 捨て小, 数えて, 旅商人らしい, 旅館の, 日中は, 暖る, 有るん, 朝迄, 来た, 来て, 来り馳走, 来る, 権之, 次郎兵衛という, 死に子, 死ぬ, 死んだの, 死んで, 死亡今では, 殺されたの, 殺した上, 殺し散々相手, 気が, 決して悪い, 沢山ゐる, 泣いたし, 涙しつ, 深切な, 清を, 温なしい, 溜め息を, 演壇に, 澤山は, 無い, 無し, 無言で, 理に, 生きた心地, 生命も, 男の, 異人の, 痛い目, 皆よく, 直ぐに, 直ちにこれ, 省吾の, 真っ蒼, 眼を, 矢張り気が, 神田上水に, 私を, 称び慣れ, 立って, 童女も, 細かに, 絶食し, 置去に, 美しい, 胃の, 自分と, 自分には, 自由も, 花子も, 蒼くなっ, 薄々感づい, 薫の, 表を, 裏切る筈, 褐色の, 見かねて, 見張りに, 親切者で, 親方が, 言い張らなかった, 言うよう, 訴へ, 詮議が, 話すはず, 負けず劣らず仕返し, 貰い実業家, 貰えなかったが, 赤い手柄, 赤児も, 身なりこそは, 辛いから, 遉に, 遠慮の, 針を, 長い間, 長男も, 闇祭りの, 隣りの, 顔色を, 飛び立つばかり, 食し兼, 驚いたが, 驚いたと, 鬢の, 黙つて, 鼻を

▼ 女房~ (212, 1.8%)

14 政は 5 みねは, 梅に, 梅は, 靜が, 靜の 3 政を, 梅を, 累は, 蘭を

2 [22件] たつの, みね, みねと, 倉, 君は, 喜代も, 安を, 峰も, 政に, 政の, 染, 梅じゃ, 梶である, 清が, 米です, 粂の, 累が, 綾が, 藤の, 藤は, 静は, 靜は

1 [117件] かめと, ぎんは, さきの, たきとの, たきの声が, たきを, ふみ三歳, みつが, みな, みねが, みよの, 三と, 二人さんへ, 仲それに, 仲は, 何が, 作と, 作とが, 作下女お, 俊の, 元でした, 元と, 光が, 八重は, 六は, 兼で, 兼と, 兼との, 兼は, 兼を, 勇にも, 千代でございます, 半の, 半は, 吉の, 吉は, 国に, 国所用で, 國でした, 國所用で, 夏という, 多喜が, 安も, 定は, 富は, 小夜これは, 峰に, 峰は, 峰其子城富は, 崎などは, 市の, 常と, 常養子又四郎女房お, 弁の, 徳が, 徳は, 政はくよ, 文は, 時五十五歳悴重, 杉の, 杉伜清五郎の, 梅が, 梅と, 梅にて, 梅も, 梶, 梶であった, 梶には, 梶は, 楽の, 榮娘の, 樂の, 此と, 深も, 瀧だ, 熊手代忠七清兵衛下女お, 琴も, 留, 留竹の子笠を, 百は, 秀を, 竹の, 竹は, 粂は, 粂立出, 累の, 累を, 累次第, 絹を, 繼が, 若の, 菊, 菊と, 藤が, 藤という, 蘭なる, 蘭の, 蘭は, 蘭年は, 豊といふ, 豊との, 豊次に, 賤は, 辰でした, 辰に, 銀の, 鐵, 鐵と, 隅に, 隅は, 雪という, 雪といふ, 雪に, 静の, 靜とは, 靜を, 駒が

▼ 女房~ (167, 1.4%)

7 娘を 6 娘の, 娘は, 子供が, 子供を 5 子供は 4 娘が, 子供の 3 女中の, 娘に, 子の, 子供に, 子供達が

2 [13件] 奉公人には, 娘達は, 婆さまたちと, 子を, 子供たちを, 子供と, 子供も, 子供達に, 小僧にも, 番頭の, 若い女優, 親兄弟, 鼠などは

1 [82件] おそのや, お世話係の, こどもに, その友達, ちょいと, ほかの, またその, または子供, ハッパを, 丁稚が, 下僕を, 亭主に, 亭主に対する, 他の, 伜が, 又は子供, 召仕を, 夫を, 女中が, 女中たちが, 女中たちに, 女中たちの, 女中でも, 女中は, 女童ばかり, 女童まで, 娘たちが, 娘たちの, 娘っ子たちに, 娘と共に, 娘や, 娘やを, 娘共の, 娘子供は, 婢などに, 婢に, 嫁が, 子が, 子たちにまで, 子ども達の, 子は, 子も, 子供がか, 子供たちは, 子供ともども出かけ, 子供などを, 子供にだけは, 子供に対する, 子供への, 子供やの, 子供らを, 子供捨て, 子供等への, 子供達に対しても, 子供達は, 子供達を, 孫たちが, 守っ娘, 家庭をめぐって, 寵妾へ, 小供, 巡査などに, 弟子に, 後家さんに, 思想家や, 情婦には, 清も, 番頭が, 番頭に, 番頭らも, 番頭を, 童女たちの, 童女など, 童女などを, 童女の, 老人病人を, 若い者, 藪椿, 許婚者や, 長男が, 餓鬼を, 馬に

▼ 女房~ (113, 1.0%)

6 あつた 2 あつて, お品, お時, それが, 一男一女の, 今取次, 前夫に, 生れ落ちるから, 豪奢な

1 [89件] あつたの, あつたり, あとへ, あぶない所, あらうとは, いますよ, いらっしゃいましたから, うまい御馳走, おさまって, おさんどんが, おせい様, おわしたの, お万, お瀧, お萬, お静, お靜, かれは, しかもその, すらあれ, すらいざ, すらその, すらもない, せう, その大柄, その女, その狐, その跡, その風呂敷包み, たしかに貞節そのもの, でも, まことに親切, ゐたいと, ゐて, ヘンに, ロシア人亭主より, 世帶や, 中が, 亭主に, 今まで, 今日も, 仕事の, 借金で, 内々囲われ, 口は, 園絵とかいう, 坊主と, 夫は, 奥さんから, 女の, 女隱居の, 子どもが, 宮御, 少し頭, 居や, 性質なども, 戸口の, 所天を, 手前どもの, 持って, 暮らして, 正式の, 気心の, 沢山だ, 浄瑠璃が, 満ちて, 炭を, 玉枝の, 現れないため, 百姓の, 皆大, 私と, 私ばかり, 納まって, 良い年増, 艶名の, 若くて, 茅村の, 茶屋女あがり, 蒟蒻島で, 薫の, 薫を, 裁縫が, 見りゃその, 誰かの, 軍手の, 逆を, 間に合わすの, 髪を

▼ 女房子供~ (96, 0.8%)

4 と別居 3 にも立派, の目 2 がある, にオナラ, のこと, の所, まで酒, もある, を疎開, を食わせなきゃならん, を養う

1 [68件] があっ, がいっしょ, が出, が気の毒, が泣い, が飢える, であるならば, というもの, といへ, と共に暮らす, と小さく, と特殊地域, どうのこうのと, にこの, には限らない, にひもじい, にみたし, にも役人, にゃ見せられない, に先立たれた, に可愛, に対して自分, に患, に患わされぬ, に気, に満足, のお供, のため, の前, の生死, の着物, の類, はその, は天下御免, は戦災, は江戸, は焼き殺され, は飢え, への人情, もあっ, もいる, もよせつけない, も路頭, をかかえ, をくわし, をそれで, をつれ, をなく, をなくし, をなんとか, をひきつれ, をウッチャラカシ, を一室, を叩きだす, を呼び寄せ, を国許, を守るべき, を安楽, を引きつれ, を愛し, を抱, を抱え, を捨て, を蹴飛ばし張りとばし, を連れ, を食わせ, を養っ, 小さな借家

▼ 女房~ (81, 0.7%)

3 がある 2 があった, のある, のこと, のため, の手前, の有る

1 [66件] いとしい者, か家, があり, があります, がありゃ, がない, が可愛いい, が寒, が有る, が郊外, が飢え死に, ぐらい何, だのひよつ, でも持つ, とお, と水盃, と親父, などについ, にかかっ, にみせなくつ, にも云え, にも番頭, にも稀, に会つて, に見せたくねえ, に足, のせめて, のない, の口, の姿, の気持, の気鬱, の顔, は, はお前, はどう, は乾, は勿論, までみんな, まで糊口, もありました, もある, も伴, も呼ん, も捨て, も皆, も皆んな, も行方, も要らねえ, をかえりみなくなる, をかかえ, をつれ, を人, を四辻, を始め, を打, を抱, を抱え, を持たない, を持った, を振捨て, を置放, を食う, を食わし, を食わせる, を養っ

▼ 女房には~ (79, 0.7%)

2 なりません, 不向, 不足だ, 内證, 死なれ日傭取

1 [69件] あんなの, あゝいふ, いささか可哀そう, おれから, この応対, これが, さうとしか, さっそく今夜, されず偖, したくないん, すすめないこと, その亭主, ちょッと, ならないの, なりたくは, なりませんと, ひどく可, チョッと, ナイショの, 一人づゝ必ず, 一人の, 一際床しく, 不向きだ, 不向きぢや, 不釣合だ, 五百円ポンと, 似合ぬ, 似合わしからない贅沢三昧, 何の, 充分金を, 先年死に別れ, 内密で, 出来かねる, 分らなかった, 前に, 勿体ないん, 化粧を, 十手捕, 十手捕縄を, 及ばんぢ, 叱られそう, 向かないよ, 失敗した, 家を, 御免です, 忌んだ方, 愛情が, 本当に私, 死なれ娘, 気の毒な, 気軽に, 気難しいよう, 無情申しわけも, 然しハガキ, 相手に, 着物一つ拵え, 稼がせたくないという, 絶対服従を, 聞えない, 聞こえない, 蔭で, 解りませんよ, 負けて, 負けとくが, 貴族出の, 逆らわずそのまま, 關り, 顔も, 風呂敷を

▼ 女房~ (74, 0.6%)

3 と云っ, な, よ 2 からがまん, か知らない, と云つて, と思っ, の, もの

1 [53件] かがまた, からさすが, からすぐ, からといっ, から丸髷, から構わない, から私, か知らねえ, が, がそれだけに, ささ, しわたし, ぜ, そうそういたぶっ, そうである, ぞえ, ぞともちゃん, つたお, つたのです, つた女が, つた妖艶無比の, つてお, と, といい切った, ということ, という事, という話, といふ, といふ話, とかお局, となるとこつち, とも云います, と云った, と云っとけ, と名乗れ, と気がついた, と申しました, と聞かされた, と言う, と言つて, などとはどう, なんてお前, のが, みんなに, ものお, もの少し, 事知らん, 位は, 先ほどから, 多助の, 女房だ, 有難て, 親同胞

▼ 女房~ (63, 0.5%)

3 と子供等, に託し 2 は村長, もそれ

1 [53件] が, がずらりと, がめし, がワイワイ, が一日, が争っ, が亭主, が大勢, が懐, が扇, が柝, が沢山, が私, が第, が隠見, でこいつ, では公共, で厳しい, とは一足, にそれ, に比較, に譲らぬ, のところ, の中, の信仰, の借, の好み, の局, の生活, の申す, の落合つた時, の話声, はお, はさう云っ, はさう云った, はまた, はよくさう, は奧, は小腰, は時々わざと, は良人, は金魚, もその, やが, や母親, や胸, らしい者, をおよび, をじろりと, を一人, を呼ん, を招き寄せる, を沢山

▼ 女房にも~ (58, 0.5%)

2 口きかず泣き, 此事を, 母親にも

1 [52件] あまりなれなれしく, いちど見せたい, いって, いっといたが, お菊, この猿, ご両親様, すぐ眼, せず金, ちょいと, なかった, なった者, ならず奥様, なれる人, また他, みんな安心し, やはり変, 一人娘にも, 一千万単位ぐらいずつ, 主婦権の, 云はずいきなり, 云わずいきなり, 云わないから, 会つて呉れ, 何か, 出来ますまいが, 別れ恥, 召し仕へ, 告げ神仏, 告げ自身, 増して, 声を, 変てこな, 女の, 女中にも, 娘にも, 子供が, 子供を, 意味が, 成り得たこと, 文男にも, 明さ, 死別れた, 目も, 相談の, 立候補の, 訊くが, 話せない様, 逢って, 逢つて見ました, 隠して, 隱し

▼ 女房という~ (56, 0.5%)

11 ものは 7 のは 3 のが, ものを, 女は 2 ものが, 鉄火な, 鬼に

1 [23件] のも, ものいとしい, ものの, やつこれは, やつは, ような, わけだ, 事を, 人は, 女房が, 形に, 役も, 意味の, 暴君が, 狭く息苦しい囲い, 考え方には, 職業婦人である, 訳で, 訳でない, 風で, 風であり, 風采である, 鬼を

▼ 女房~ (55, 0.5%)

32 は思い

1 [50件] からも怪しい, がお願い, がその, が女王, が押し出す, が泣き, が自分たち, が言う, が言っ, が話, が香, であったから, と話, にいたる, に冗談, に答え, に諫め, の不思議, の濃い, の部屋, の間, は, はささやき合う, はどこ, はのぞき, はまた, は一陽来復, は危険, は口々, は古い, は大納言, は悲しみ, は情けない, は歯固め, は河, は片腹痛, は笑っ, は苦し, は言っ, は言った, は譏った, へ指図, もまた, もチラホラ, も各, も見, も言い, も飽き, をお, をも堅く

▼ 女房から~ (47, 0.4%)

2 堅く止められ, 始められた, 手紙が, 貰って, 隠者へ

1 [37件] いろんな昔, きかされたの, ことづかつた手紙, こんな事, そのこと, その貧病, そんなこと, だから間接, やられて, ニンシンの, 一分の金を, 世話女房に, 云われ, 別れ話を, 壜に, 小包味噌類と, 御寵愛, 感謝され, 手紙を, 押隔て, 挨拶書きなどを, 新たに, 本が, 相談を, 童女下仕えの, 細かな, 罵られたり, 聞く一, 肩を, 臆病だ, 薄荷の, 証跡を, 踏み付けに, 逃げられた, 長男も, 頭ごなしに, 頼まれた手紙

▼ 女房さん~ (38, 0.3%)

2 のやう

1 [36件] お喜び, かも知れない, がこう, が云う, が堀井戸, が愕, が洗濯, が立っ, が衣紋, が裸足, が言ったでしょう, が豆府屋, が踞んで, それにしても何, そんなもの, だと, とその, なら茶, には持てません, に悟られる, に私, に義理, に聞き, のお, のこれ, の心變, の服, の風俗ッ, はあたふた, は咎め立て, は平面, は繊細, もある, や児, らしいの, 済まないが

▼ 女房~ (36, 0.3%)

2 の間, はいつた

1 [32件] が大根, が聚つて, にいつた, にお, にもお, に大切, の, の一人, の居る, の手, はそれ, はそれでも, は一反, は一時, は云, は仲間, は其の, は割つた, は又, は復, は海, は皆, は竈, は笑, は能, は頻りに, は額, へ渡し, も仙太, や母親等, をお, を聚め

▼ 女房でも~ (34, 0.3%)

2 娘でも, 持って, 是非持たせる

1 [28件] ありますゆえ, ありませんから, あるか, あろうか, おめ, なんでも, みんなこれだけの, もらって, 不足は, 佐野松に, 兄さんも, 出るだろうと, 厭に, 取ると, 同じこった, 子供でも, 存外たやすく, 小婢, 持たせて, 持たれて, 持ってるだろうよ, 持つ気, 無い女, 皆額に, 知らぬ男, 誰れで, 貰つてはやく, 迎へて

▼ 女房らしい~ (30, 0.3%)

8 女が 3 のが 2 女と

1 [17件] ことを, のや, のを, ものが, ものは, 二人連が, 二人連れが, 二十四五の, 人が, 人たちが, 女である, 字で, 年増の, 渋い美しい年増, 老艶, 者が, 諦観です

▼ 女房では~ (28, 0.2%)

3 ないか 2 あったが, ない

1 [21件] ありませんか, あるが, ございませんそう, どうやら持ちこたへ, ないかと, ないが, ないでしょう, ないの, ない彼, ない死んだ, なくて, なく良人, なく酒場, なさそう, まずない, まるで年, 分るまいが, 断じてない, 末始終が, 癪に, 苦労を

▼ 女房~ (27, 0.2%)

4 をし 2 をする

1 [21件] だったの, であつ, として世間一般, として共に, として引き立てなかつたら, として彼, として為立て, として細心, とする, とを兼ねた, になっ, にも其女性, に廻る, の中野圭介さん, の方, の欠乏, はいっさい, はすべて, は実に, をさせ申し, をつとめ

▼ 女房~ (26, 0.2%)

2 何か, 問屋の, 娘か, 賢い番頭

1 [18件] あなたは, え, それとも娘, なにかの, ブルタニュ女かの, 但しは, 何かと, 何かの, 何ぞに, 去られた女房, 又は娘, 和泉屋の, 女学部の, 女郎の, 娘と, 情婦に, 有難いな, 洋傘を

▼ 女房~ (26, 0.2%)

3 のだ, のです, んだ 2 のか, のであった, のであろう, んだろう, んです 1 のかと, のかも, のでありましょう, のである, のでございます, ので婆さん自身, んで

▼ 女房として~ (25, 0.2%)

2 長い間

1 [23件] ある女性, お茶を, ここへ, そうして清浄, つきあつ, であれば, やがて幾人, やったこと, 不適格, 住み支那料理, 出詠, 同じ本院, 完全な, 家に, 有難く納め, 源氏に, 相当きまま, 立派な, 立派に, 背負い込もうとは, 自由に, 見出して, 親類としての

▼ 女房などは~ (25, 0.2%)

1 [25件] あまり顔, こちらに, さておきまして, のぞき見を, ほかへ, ボッと, 不思議にも, 埋まって, 外を, 大臣の, 客と, 悲しがっ, 悲しさ, 情けなく思っ, 晩げの, 涙を, 満足した, 源氏の, 皆祭りの, 若竹座へ, 蘇生の, 虐めないが, 見物し, 陰口を, 雀に

▼ 女房~ (25, 0.2%)

1 [25件] から解らん女, があゆむ, がそれ, が他, が湯屋, だけが知っ, だの旅籠屋, とすごし, にかくれ, に混つて, に頼み入れ, のあいだ, のいふ, のよう, の作りばなし, の列, の取沙汰, の環視, の集まっ, まで, や子供たち, や怨, や町, や馬鹿, よくやって来た

▼ 女房とは~ (23, 0.2%)

2 比較に

1 [21件] いえまだ, その昔, それから, どうしても受取れ, なりぬ, なれぬ, まだ新, 三方を, 云は, 反対に, 女房という, 必ず別れる, 思えない, 思わない, 思わねえから, 思われない人, 思われぬ品, 我身の, 相竝, 茶店の, 途が

▼ 女房ども~ (22, 0.2%)

1 [22件] かはばかり, がそのまま, が牧, が田舎, が軽輩, でございます, とともに小さな, にとりまかれ, のほか, のぼり, のよう, の下品, の言, は, はあれ, は抱い, は測り知れない, までがろ, も見よ, や眷族, や青侍たち, 新古参

▼ 女房~ (22, 0.2%)

1 [22件] お教え, お言い, むかって, やった東兵衛, 三十銭やっ, 仰せられるお, 出すが, 妙に, 怒鳴って, 恐怖の, 掛つて行く, 札を, 注意を, 渡した, 渡して, 渡しに, 知らせて, 談話な, 近江の, 預けて, 頼んだ, 頼んでは

▼ 女房とも~ (21, 0.2%)

2 妾とも

1 [19件] あろうもの, いけませんか, いわずに, きまった女子, なればな, よくお, 口を, 同じよう, 思う女, 思って, 恋愛に, 無體, 相談し, 知らず引抜いた一刀, 見える, 言わずに, 談合し, 附かず引き, 附かぬもの

▼ 女房持ち~ (21, 0.2%)

4 の男 2 になっ

1 [15件] だから, だと, であった, でご, でもパツパ, で通ひで, といふこと, とは知らなかった, なの, になる, の方, の眞太郎, の群れ, の若林, は長兄

▼ 女房振り~ (19, 0.2%)

7 です 2 ですが, や平次 1 でした, で亭主, に比べ, のお, の露子, もまた, も一向, を見せ

▼ 女房である~ (18, 0.2%)

1 [18件] かもしれない, からこう, が時平, ことだ, ことに, ことは, ということ, といふこと, とおせい, とかいうこと, として何, とも伝えられた, と人, と思います, と思っ, のを, 亭主その, 筈の

▼ 女房といふ~ (17, 0.1%)

7 ものは 4 のは 1 ものが, ものを, 傲慢無, 名を, 階級が, 階級は

▼ 女房です~ (16, 0.1%)

72 から, もの当然 1 から地下, から折目, ものあなたの, もの惡い, もの白痴でも

▼ 女房などが~ (16, 0.1%)

1 [16件] いなくなって, おおぜ, ひそかに, みだりに奥, 何を, 出て, 大分住ん, 小説を, 悲しがっ, 殿様は, 申したため, 絵草子の, 自身に, 通って, 酒を, 騒ぐ声

▼ 女房~ (15, 0.1%)

1 [15件] がせっせと, がせつせ, が群集, が騒ぐ, に出かける, に武装, に麻布竜土町, の惱, の惱みの種, の罵り, は少, や母親達, を被, 即ち絶対的, 寄ると

▼ 女房なども~ (14, 0.1%)

1 [14件] きまり悪, ここで, たくさん使っ, ただあわてる, 冗談だ, 多く仕え, 宮様の, 次第に下がっ, 無数に, 皆弘徽殿の, 皆泣く, 落ち着いた年齢, 近くに, 長く夫人

▼ 女房なんて~ (14, 0.1%)

2 メカケに

1 [12件] いうもん, えもの, そんなもの, どうでも, まだない, まア何, ものは, 伴れ, 俺ア駄目だ, 叱ること, 物の, 謂わば

▼ 女房まで~ (14, 0.1%)

1 [14件] にわかに亭主, ソヴェト役員に, ベクナイに, 世話を, 忘れて, 捨てて, 揃えても, 痛い目, 発狂させられた, 自害を, 色ッポクなく, 追い出して, 追ひ出し, 連れて

▼ 女房~ (14, 0.1%)

1 [14件] にお話, にてましませ, のあきれ, のお, のやう, の声, の所, へ, へのもの, まで三条西家, もおり, もそれ, も老幼, をこう

▼ 女房との~ (13, 0.1%)

3 間に 1 これ迄の, ツナガリが, 争論を, 新家庭, 昔し, 条約に, 相対的な, 真中に, 話も, 間を

▼ 女房ぶり~ (13, 0.1%)

2 です

1 [11件] が美, が自分, しかも何となく, した女, だ, でした, の大根, の実意, はういういしく, も哀, 然も

▼ 女房より~ (13, 0.1%)

1 [13件] い, おまえの, お前の, たよりあり, のが, 一段どころか, 容貌も, 手紙十五日に, 有楽座, 本日ヒルすぎに, 村長に, 浮気で, 猶だ

▼ 女房~ (13, 0.1%)

2 の女

1 [11件] なは, な婆さん, に対する理会, のあやめ, のねつとり, のもの, の気質, の浪速あやめ, の鷲尾, はわが, は纏綿連環

▼ 女房だった~ (12, 0.1%)

1 [12件] か, かも知れん, からその, からである, がこう, そうです, のか, のでご, のです, んです, 女が, 女と

▼ 女房であった~ (12, 0.1%)

2 のです 1 から昔, がその後, が千恵造, が若い, しもう, とお, のが, のである, フランス女にも, 頃には

▼ 女房などに~ (11, 0.1%)

2 どうだい 1 これを, なる気, なれないよという, わざわざ, 出たの, 小言を, 時々読ませ, 眼を, 遠慮なく矯正

▼ 女房じゃ~ (10, 0.1%)

2 ないか 1 それは, ないの, ないよ, ない親, なしなに, なしまた, アない, 始まりませんね

▼ 女房などの~ (10, 0.1%)

1 あまりいない時, あれども, するもの等, 中には, 中へ, 住む茅ら屋, 口先だけの, 密まっ, 愛読し, 間に

▼ 女房なんか~ (10, 0.1%)

1 あんな薄汚い, その方, どうなっ, 一人も, 使って, 外国へ, 年中お, 早え, 欲しくない, 毎日綺麗な

▼ 女房にでも~ (10, 0.1%)

1 いうよう, お与えください, そうした関係, なれるもの, 参ったの, 愛想を, 据えようと, 自分の, 読んで, 逃げられた不幸

▼ 女房にな~ (10, 0.1%)

1 つた, つた後までも, つてしまつたお, つてゐた, つて世の中へは, つて呉れろ, つて家庭を, つて居た, つて納まらなかつた, つて行く

▼ 女房への~ (10, 0.1%)

2 不平が 1 一日一信を, 不憫さの, 共感やら, 土産には, 気兼ねから, 義理立てみたいに, 苞が, 誠意も

▼ 女房をも~ (10, 0.1%)

1 その扱い, つてを, ひとりと, 一人持つ, 棄て死のうと, 殺そうと, 気安いふう, 番に, 貰ひ, 餓死させ

▼ 女房勤め~ (10, 0.1%)

2 に出, をし 1 ができよう, して, などをする, に集まっ, も気, をする

▼ 女房たる~ (9, 0.1%)

1 ところ即ち, に甘んじ, ものが, ものここが, ものに, ものは, ものゆるん, もの兄と, 以上は

▼ 女房だけ~ (9, 0.1%)

1 あって, だ, であるが, です, でなくもう少し, では, で下女, 死ね, 殺して

▼ 女房なら~ (9, 0.1%)

3 大黒さまと 1 ば, ば私, 女房らしくなれ, 宜しいそれ, 留守城には, 私の

▼ 女房にまで~ (9, 0.1%)

2 濡れ衣を, 頼めば 1 なめられるん, 別れさせさんざん, 別れさせ散々恩, 別れて, 捨てられるよう

▼ 女房よりも~ (9, 0.1%)

2 然し庄吉, 貧苦が 1 地震よりも, 女房の, 引込み思案な, 忙しくお勝手, 気楽な

▼ 女房姿~ (9, 0.1%)

2 のお 1 しかし二人, そうそれ, でございましたが, ですが, でない袿, になっ, になつ

▼ 女房~ (9, 0.1%)

1 かとの尋問, か独り者, で且つ, で水呑百姓, なども交った, なりと, の三十男, の四十男, 小兒

▼ 女房だって~ (8, 0.1%)

1 しやしない用事, なかなかいい, 下女た, 不承知, 何だって, 僕が, 女房と, 心の

▼ 女房だけは~ (7, 0.1%)

2 騙すこと 1 すぐ死なない, それに, 別である, 可愛がるからね, 自慢の

▼ 女房~ (7, 0.1%)

4 やない 1 やあね, や始まりません, や手

▼ 女房~ (7, 0.1%)

2 ゆるせそぞろ, 春の 1 子供よ, 笑顔で, 金蓮よ

▼ 女房奉書~ (7, 0.1%)

1 の効果, をかいた, をたずさえ, をだし, をもらい受け, を宗祇, を賜わった

▼ 女房~ (7, 0.1%)

1 から出, とともに発達, のねばり, の上手, の中心, の抒情主義, の模倣

▼ 女房こども~ (6, 0.1%)

1 がまつわりつい, が出来, のある, のいやがる, はまだ, をうながし

▼ 女房だけが~ (6, 0.1%)

1 いた, 出て, 従って, 悪いた, 悪かった, 留守を

▼ 女房であろう~ (6, 0.1%)

1 か, か女房, か櫛巻, と思いました, と思っ, 大原女の

▼ 女房とを~ (6, 0.1%)

2 天秤に 1 乗せて, 平等には, 相手に, 私の

▼ 女房などを~ (6, 0.1%)

1 お教え, チョイと, 持ったッ, 滅多に, 狙うはず, 虐めは

▼ 女房について~ (6, 0.1%)

1 上へ, 何か, 廻って, 炉端へ, 送って, 送つて

▼ 女房孝行~ (6, 0.1%)

1 して, だけし, とは云え, な内, に苦笑い, をし

▼ 女房文学~ (6, 0.1%)

1 が隠者文学, ではかう, になつて, の展開, の当時, や浄土教

▼ 女房~ (6, 0.1%)

1 のあるじぶり, のため, は皆女王さん, も和子たち, や童, をさき

▼ 女房殺し~ (6, 0.1%)

2 の森川権七 1 に関係, の方, の罪, の話

▼ 女房気取り~ (6, 0.1%)

1 だね, で, で三月四月, で叔母, で気持, となり

▼ 女房がた~ (5, 0.0%)

1 の儀, はだれ, は失礼, へもさよう, もおられまし

▼ 女房とが~ (5, 0.0%)

1 声を, 好評であった, 昵近の, 相談してる, 見える

▼ 女房とで~ (5, 0.0%)

1 出かける, 昼食しよう, 東宝支社へ, 縁の, 行く

▼ 女房どの~ (5, 0.0%)

1 が夕餉, には, にも少し, に怒られ, のお

▼ 女房など~ (5, 0.0%)

1 いない方, 女学生時代ダグラスの, 持っちゃ, 見て, 貰ふ

▼ 女房にと~ (5, 0.0%)

3 言ふて下さる 1 叔父や, 衣子に

▼ 女房に対する~ (5, 0.0%)

2 亭主の 1 のだ, 特殊な, 詞や

▼ 女房ばかり~ (5, 0.0%)

2 なので 1 であった, です, でなく亭主

▼ 女房みたい~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 だと, にし, に私

▼ 女房~ (5, 0.0%)

2 が其雛形 1 がああ, が風流, を追い出す

▼ 女房もち~ (5, 0.0%)

3 に成つて 1 だつたが, の銭

▼ 女房らしく~ (5, 0.0%)

1 いそいそする, 呼棄に, 喜び勇ん, 気が, 立ち廻つてゐる

▼ 女房一人~ (5, 0.0%)

1 が身, につき二円, をたより, 住みたり, 救えないなんて

▼ 女房以外~ (5, 0.0%)

2 に女, の女 1 の人間

▼ 女房~ (5, 0.0%)

1 の朝, は遠慮なく, もやれ, を九郎兵衞, を始め

▼ 女房~ (5, 0.0%)

1 なの, に上達部, に若い, の備え, をやり

▼ 女房~ (5, 0.0%)

1 が悪く, が悪くっ, のわるい, の悪い, の惡

▼ 女房おく~ (4, 0.0%)

2 のは 1 のが, のでございます

▼ 女房お節~ (4, 0.0%)

1 は今年, は今日九助, も取縋り, を見

▼ 女房こそ~ (4, 0.0%)

1 呪いの, 咒ひ, 所望でございます, 鷲塚の

▼ 女房だつた~ (4, 0.0%)

1 がこれ, が死んだ, けど離婚, けれど死ん

▼ 女房って~ (4, 0.0%)

1 えもの, ことに, そう呼ん, 者は

▼ 女房であっ~ (4, 0.0%)

1 てその, てもまさしく, て亭主, て見れ

▼ 女房でございます~ (4, 0.0%)

2 ので 1 から鬼, がねそれ

▼ 女房でした~ (4, 0.0%)

1 がいつのまに, が平次, が石女特有, よ

▼ 女房でない~ (4, 0.0%)

1 か幽霊, のを, 証拠は, 證據は

▼ 女房といった~ (4, 0.0%)

1 その姿, ほうが, 女が, 形で

▼ 女房とか~ (4, 0.0%)

1 どや, 娘とかを, 家庭という, 童女とかが

▼ 女房としては~ (4, 0.0%)

1 ザラに, 一応亭主, 何と, 卑屈な

▼ 女房に対して~ (4, 0.0%)

1 感じた羞恥, 殿様の, 調戯って, 隔意を

▼ 女房ばかりが~ (4, 0.0%)

2 同伴の 1 お付き, 住んで

▼ 女房ひとり~ (4, 0.0%)

1 が供, だけが話合手, のところ, は取り残され

▼ 女房までが~ (4, 0.0%)

1 一分の金を, 堪りかねて, 覚一法師という, 頼母子講の

▼ 女房よそ~ (4, 0.0%)

3 の財産 1 の家

▼ 女房二三人~ (4, 0.0%)

1 がつい, をお, をひ, 掃きよせ

▼ 女房同様~ (4, 0.0%)

2 に概ね 1 にし, の女

▼ 女房思い~ (4, 0.0%)

1 で気, なやさし, の御, の心情

▼ 女房桟敷~ (4, 0.0%)

1 のあいだ, の方, の顔, や諸

▼ 女房生活~ (4, 0.0%)

1 に伴, の頂上, をしたらしい, を其等

▼ 女房見物~ (4, 0.0%)

1 でホテ・グリ, で一緒, で同車, で感想

▼ 女房あきれ~ (3, 0.0%)

3 て女

▼ 女房おえい~ (3, 0.0%)

1 は実, は禽獣, まで左様

▼ 女房おきぬ~ (3, 0.0%)

1 とが他人, とともに本年, とともに神戸

▼ 女房おもしろ~ (3, 0.0%)

3 づくに

▼ 女房からも~ (3, 0.0%)

2 自分が 1 私からも

▼ 女房これ~ (3, 0.0%)

1 と童女, もなか, も一緒

▼ 女房さえ~ (3, 0.0%)

1 なかったならだ, カメラに, 達者で

▼ 女房ざま~ (3, 0.0%)

3 を見ろ

▼ 女房しか~ (3, 0.0%)

2 出来ず東京 1 知らない男

▼ 女房それ~ (3, 0.0%)

1 に娘, はお, も肚

▼ 女房だの~ (3, 0.0%)

1 いかにも水見物, 六位, 大学生を

▼ 女房づくり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 女房としての~ (3, 0.0%)

1 一日の, 味では, 無類の

▼ 女房と共に~ (3, 0.0%)

1 はっと眼, 勝久の, 浅草の

▼ 女房なんぞ~ (3, 0.0%)

1 だれが, 持とうより, 汚ら

▼ 女房にだけ~ (3, 0.0%)

1 わけを, 会わせて, 見えるよう

▼ 女房にだけは~ (3, 0.0%)

3 ならずに

▼ 女房にばかり~ (3, 0.0%)

3 手や

▼ 女房によって~ (3, 0.0%)

1 仔細に, 宮の, 親類の

▼ 女房また~ (3, 0.0%)

1 はらみ, 一人の, 権太の

▼ 女房まだ~ (3, 0.0%)

2 小さい子供達 1 だまだ

▼ 女房やら~ (3, 0.0%)

1 召使の, 堺町の, 娘やらが

▼ 女房よと~ (3, 0.0%)

2 呼びかけても 1 思う心

▼ 女房コンスタンチェ~ (3, 0.0%)

1 が決闘, の私, をこの

▼ 女房~ (3, 0.0%)

1 の広く, を用, を署する

▼ 女房~ (3, 0.0%)

1 とすれ, と言つて, の常識的

▼ 女房天下~ (3, 0.0%)

3 と申やう

▼ 女房役者~ (3, 0.0%)

1 として世, として有望, として用い

▼ 女房~ (3, 0.0%)

3 なげくに

▼ 女房曹司~ (3, 0.0%)

1 の中, の室, は皆

▼ 女房~ (3, 0.0%)

1 が離縁状, で有る, なる者

▼ 女房歌合せ~ (3, 0.0%)

1 と称せられた, と言, の慣例

▼ 女房相手~ (3, 0.0%)

1 にし, に一段, の安価

▼ 女房~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の者

▼ 女房舌うち~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 女房~ (3, 0.0%)

1 をあ, を打ち被い, を被

▼ 女房走り~ (3, 0.0%)

3 寄りて

▼ 女房輿~ (3, 0.0%)

1 で聚楽, にも仮借, をつれ

▼ 女房あて~ (2, 0.0%)

1 にし, に寄

▼ 女房いじめ~ (2, 0.0%)

2 が始まった

▼ 女房おせん~ (2, 0.0%)

1 は村役人, を連組頭百姓代共打揃

▼ 女房おと~ (2, 0.0%)

1 まぶらり, ま片膝立て

▼ 女房おも~ (2, 0.0%)

1 せは, はずおもしろく

▼ 女房おろく~ (2, 0.0%)

1 が安産, が楽屋模様

▼ 女房お里~ (2, 0.0%)

1 にも得心, も手鎖

▼ 女房かと~ (2, 0.0%)

1 なって, 思う老けた婦

▼ 女房からの~ (2, 0.0%)

1 届け物である, 手紙に

▼ 女房がね~ (2, 0.0%)

1 下駄を, 自分以外の

▼ 女房ぐらい~ (2, 0.0%)

1 あったって, もったって

▼ 女房こんな~ (2, 0.0%)

1 似合いの, 似合ひ

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 へあれ, へ達者

▼ 女房~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 女房じみた~ (2, 0.0%)

1 お願いです, 心な

▼ 女房じゃと~ (2, 0.0%)

1 こう云え, 一時なりと

▼ 女房すなわち~ (2, 0.0%)

1 女神の, 私の

▼ 女房すべて~ (2, 0.0%)

2 がしんみり

▼ 女房だけを~ (2, 0.0%)

1 侍らせて, 車に

▼ 女房だったら~ (2, 0.0%)

1 あんな風, 今にきっと怒り出す

▼ 女房だろう~ (2, 0.0%)

1 か妾, な

▼ 女房であったら~ (2, 0.0%)

1 どうだろう, 妻が

▼ 女房であり~ (2, 0.0%)

1 また処女, むしろお

▼ 女房であれ~ (2, 0.0%)

1 ば二三歩行, ば姫君がた

▼ 女房でなく~ (2, 0.0%)

1 てはいけない, 怖ろ

▼ 女房でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばならない

▼ 女房とでも~ (2, 0.0%)

1 いいそう, わるいが

▼ 女房とばかり~ (2, 0.0%)

1 名告つた読人, 思いこんで

▼ 女房なし~ (2, 0.0%)

1 で生きられぬこと, 河豚も

▼ 女房などから~ (2, 0.0%)

1 いろんなこと, 憧憬を

▼ 女房などにも~ (2, 0.0%)

1 仏法を, 戯談を

▼ 女房にさえ~ (2, 0.0%)

1 居所を, 統制が

▼ 女房にとって~ (2, 0.0%)

1 晴れの, 私は

▼ 女房になんぞ~ (2, 0.0%)

1 しますわけ, 決してする

▼ 女房にまでも~ (2, 0.0%)

1 内, 内々活用の

▼ 女房にゃ~ (2, 0.0%)

1 ああ云う, 可哀そうの

▼ 女房にや~ (2, 0.0%)

1 それが, なるなよ

▼ 女房によ~ (2, 0.0%)

2 つて仔細に

▼ 女房に対しても~ (2, 0.0%)

1 ジロリであり, 守ります

▼ 女房はきゃ~ (2, 0.0%)

1 っといっ, っと声

▼ 女房ばかりは~ (2, 0.0%)

1 おれも, 泊めるなという

▼ 女房へも~ (2, 0.0%)

1 引合せ此人, 知らせぬよう

▼ 女房まかせ~ (2, 0.0%)

1 これを, そのため

▼ 女房もっ~ (2, 0.0%)

1 てもお守り, て子供生むにちがひないよ

▼ 女房もらえ~ (2, 0.0%)

1 ば子, ば給料分

▼ 女房よりは~ (2, 0.0%)

1 ひとの, オメカケの

▼ 女房よろこべ~ (2, 0.0%)

1 とわが家, 感激し

▼ 女房らしくし~ (2, 0.0%)

1 ておかなけれ, ておくれでない

▼ 女房サダ~ (2, 0.0%)

1 がそつ, である

▼ 女房ヒーッ~ (2, 0.0%)

2 と叫ん

▼ 女房ユリア~ (2, 0.0%)

1 が出, が夜明かし

▼ 女房一人娘一人~ (2, 0.0%)

1 を養っ, を養つて

▼ 女房一人神人~ (2, 0.0%)

2 としての役

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 にそむき, をのがれ

▼ 女房代り~ (2, 0.0%)

1 にする, に丁度

▼ 女房以下~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 女房任せ~ (2, 0.0%)

1 な多吉, にし

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 ういふ了見, も言わず

▼ 女房~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 の正論, の親

▼ 女房元々~ (2, 0.0%)

2 彼女は

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 までもふり捨て, を殺した

▼ 女房即ち~ (2, 0.0%)

1 お金の, 宮廷或は

▼ 女房叔母~ (2, 0.0%)

1 も其支度, を呼び

▼ 女房叔母とも~ (2, 0.0%)

1 に出で立ち, に奇麗

▼ 女房同道~ (2, 0.0%)

1 で北野劇場, で橘

▼ 女房女房~ (2, 0.0%)

1 がご, ってそう

▼ 女房娘達~ (2, 0.0%)

2 美しく華やか

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 なおお, な女

▼ 女房役以外~ (2, 0.0%)

1 に出し物, に女形中心

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 で心痛, はまた

▼ 女房昨夜~ (2, 0.0%)

1 から行方, は新

▼ 女房杉代~ (2, 0.0%)

1 にもしみつい, の兄

▼ 女房柳眉~ (2, 0.0%)

2 を逆立て

▼ 女房歌集~ (2, 0.0%)

1 から個人, は全体

▼ 女房武家女房~ (2, 0.0%)

2 しか出来ず

▼ 女房殿~ (2, 0.0%)

1 であるに, などと浪花節

▼ 女房気質今朝背面~ (2, 0.0%)

1 からわが, から我が

▼ 女房氣質~ (2, 0.0%)

2 を誰

▼ 女房泣かせ~ (2, 0.0%)

1 の極道, の輩

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 の食べる, を抱い

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 とし, とつけあがらせ

▼ 女房狩り~ (2, 0.0%)

1 では百姓, のよう

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 にする, の櫛

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 から帰る, で老舗

▼ 女房~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 女房盛り~ (2, 0.0%)

2 美しさ

▼ 女房~ (2, 0.0%)

2 や父樣

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 と申者此方樣故, は長屋預け申付

▼ 女房綽名~ (2, 0.0%)

1 がガラ留, をガラ留

▼ 女房自慢~ (2, 0.0%)

1 も当, をする

▼ 女房過分~ (2, 0.0%)

2 なこう

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 はねえ, を両方

▼ 女房~ (2, 0.0%)

1 は九助, を脇

▼ 女房階級~ (2, 0.0%)

1 と言, の生活

▼ 女房風邪~ (2, 0.0%)

1 こじらせたの, をこじらせ

▼1* [504件]

女房ありてかしこ, 女房あるいは夫という, 女房いつしんに, 女房いと気の毒がり, 女房うるさく異見すれ, 女房おいよ二十七八歳, 女房おかん河岸の, 女房おくれて參, 女房おくれ馳せの挨拶, 女房おさんが手代茂右衛門, 女房おしおさざえ, 女房おしんとともに帰り, 女房おちよで藤吉は, 女房おれたちは奥, 女房お松が形, 女房お歌といふ中年女, 女房かがいるの, 女房かしこまって昆布勝栗, 女房かなんかのような, 女房かはわかりませんが, 女房かも知れませんね, 女房がさ千ちゃんたとい, 女房がと云ふと, 女房がのびたうどんみたいになってあの世へ, 女房がよかつた, 女房がわりの女, 女房きどりのうらみごと, 女房くさくて我, 女房くみとなり, 女房ぐらゐは落着かせて, 女房ことによると, 女房こないだ女の子供, 女房この中将の, 女房さね世間ずれの, 女房さんそれはまた, 女房さんたちのする, 女房さんどれがどんな, 女房さん仲居まじりに, 女房さん何ですか, 女房さん桑名じゃあ, 女房さん袖摺り合うの, 女房さん酌いどくれよ, 女房さん銚子をどう, 女房さん附合いねえ, 女房しかも四つに, 女房しめやかに口, 女房じき帰りますと, 女房じゃあ汝だって, 女房じやないつ, 女房すこしも不辞, 女房すら知らなかつたといふ, 女房すらも気の, 女房せんと諸共, 女房そこへ持っ, 女房そっくりであった, 女房その手下の, 女房そのままな姿, 女房それから壁の, 女房それとまた富山から, 女房あ気, 女房たいが現, 女房たかが待合の, 女房たしか卯木さんと, 女房たちここへ菓子, 女房たちまち顔色を, 女房たち懇意の娘たち, 女房たち用にということ, 女房たらしも飽き, 女房たるべき娘だ, 女房たる者が酷く, 女房だからお前が, 女房だけじゃ良いん, 女房だけで胸を, 女房だけの練習場であった, 女房だけへは云ったそう, 女房だったならば何, 女房だってさいいと, 女房だつたさうですよ, 女房だつたらどうする, 女房だ疲れて帰っ, 女房だ褒めてもし, 女房ゅうもんはどこの, 女房ちょとほれた, 女房ちよとほれた, 女房ってなんだい, 女房子親妹, 女房つねを呼び出し, 女房つね大西与五郎と白井孝右衛門, 女房つまり二人の叔母, 女房つれて乗りこむ, 女房づとめの意味がない, 女房てえものは, 女房でありましょう二枚折の, 女房でありますとお, 女房である痩せたヒョロヒョロの, 女房でござるよ, 女房でさえこれを, 女房でなくなって自分, 女房でなんてことには, 女房で無いと信じ, 女房というはこれあり候え, 女房とかを相手に, 女房とすら彼は, 女房とたんに血相変り, 女房とともに生きた人, 女房ともの云ひ, 女房どうしで書き合っ, 女房どうして居るか, 女房どもどちらへお出かけ, 女房ども二人で來, 女房ども今日のこの, 女房ども只今もどったぞ, 女房ども失笑しおれり, 女房ながらも尋常の, 女房なぜそんな所, 女房なぞと大ダンビラ, 女房なぞとは較べもの, 女房なぞは今では, 女房などで恨めしく思っ, 女房などと変わりは, 女房などという思いも, 女房などとはもってのほかだ, 女房などとも話して, 女房などには不思議な, 女房なみにツノ, 女房なり以後心安く, 女房なる神事以外の, 女房なれば離縁, 女房なんぞにも自慢らしく, 女房なんぞは必需品という, 女房なんてにこびりついて, 女房なんてのがもし, 女房なんどはどんな, 女房において彼の, 女房にさえも馬鹿に, 女房にしかなれず国芳, 女房にすらあげつらわれる, 女房にだってこれほど, 女房にて有ける, 女房にとっては私は, 女房にとっても政治家にとっても, 女房になど決してなる, 女房になんかなる気, 女房に対しての自覚と, 女房に対しては次第により, 女房に対するよりもこの女王, 女房ので俺のじゃ, 女房のばかりでなく私, 女房のみならず女給, 女房のみに委ねられて, 女房のむこうに, 女房はかういつて, 女房はげつそりする, 女房はさまでは汚, 女房はじめは我慢, 女房はじめこどものミミコ, 女房はというと, 女房はにこ, 女房はわーと, 女房はをらぬ, 女房はんに沢山, 女房ばかりか男女二人の, 女房ばかりの歌合せの, 女房ふうの女, 女房へは縞縮緬一疋を, 女房ほど欲の, 女房がひ, 女房まさか手前に, 女房まして自由の, 女房ますます気色を, 女房までも源氏の, 女房までもが見損, 女房みな広い意味, 女房みやうぶのおもと, 女房めいて見えた, 女房めいた者も, 女房めがけて一撃, 女房め忌なこと, 女房め男爵め周信め妹めと何, 女房め眼付きばかりは小, 女房め耳も貸しません, 女房もう一人は, 女房もつ気は, 女房もつれて来る, 女房もつれずに故郷, 女房もらわねえから子, 女房やと呼びたい, 女房ゆゑ萬一取逃しも, 女房よっぽどかれら, 女房らしかつた, 女房らしうせなんだ, 女房らしきがある, 女房らしく切り回す事に, 女房ら数名と共に輿, 女房れんに評判, 女房れんが塊つてゐる時, 女房わが家の灯, 女房わしじゃ帰った, 女房をば其儘に, 女房アキ子の五人暮し, 女房アツ子は大名華族, 女房オ庄宗十郎多兵衛団, 女房ガオレニソムカナイ故ニ, 女房ガソノ女ヲ貰ッテヤロウト云イオルカラ, 女房キンとその, 女房コンスタンチェさんの御, 女房コンスタンチェひとりその人, 女房ゼニない, 女房チヱとが二人, 女房てわけ, 女房ッ子も同様, 女房トクと力, 女房ナドニ始終意地悪, 女房ニソウ云ワレルトソンナ負惜ミ, 女房ニモ助ケラレシコトモアッタ, 女房ニ本気デ剃, 女房ニ泣カレルトカラッキシ意気地ガナク, 女房奴ニ知ラセナイヨウニシテ来タ, 女房ハイ其は有難う, 女房ハ貞実ダト云ッテ, 女房ハ踊リ子上リダト云ウ負ケ目ガアルタメニ, 女房フィオーナの機嫌, 女房渡シタガ今晩参ッテキット連レテ来, 女房ヨリ文ヲヨコシテオレノ妻, 女房ローラになっ, 女房ワラシは子ども, 女房向気, 女房一件で饅頭, 女房一匹飼う金, 女房一町許行くと, 女房丁度雨がふり出した, 女房けで満足, 女房三人ハ張輿武士数百騎路頭前後ヲ囲ム, 女房三十三ぐらいの女, 女房三十人童女と下仕え, 女房三年越の大病, 女房三度まで異物, 女房不審に思う, 女房茂七殿に, 女房丑之助の娘, 女房にアンポン, 女房並みに待遇, 女房中心の宮廷文学, 女房丹後局さまが京都へま, 女房乗る雨が, 女房乞食女いたいけな少女, 女房也亭主も亭主也, 女房の提灯, 女房二三工場帰りの支那人職工, 女房二人のあいだ, 女房互に接吻し, 女房五六輩浴新恩, 女房五条局に属し, 女房京女には似ず, 女房亭主という関係, 女房人妻はすべて, 女房介抱して, 女房仲間の膚, 女房伜宇平娘りよの口書, 女房伝兵衛を抱止むる意気込, 女房伝来の為事, 女房だつたら一, 女房何やら貝のむ, 女房何事か出, 女房何時までも若々しい, 女房使ひに, 女房かに上気, 女房信子はさ, 女房だあ, 女房借金取りに背, 女房優しく呼びかけ, 女房先方も癪, 女房公卿の女房, 女房六人それから姫さま, 女房冥加だと, 女房冷泉が新蔵, 女房冷笑して, 女房前垂をちょっと, 女房加賀といっ, 女房勇蔵夫婦の朋友, 女房十二三の娘, 女房千人並の下女, 女房南無妙, 女房友代への態度, 女房井戸の, 女房可愛さから, 女房台所の傍, 女房樣の, 女房同伴国際劇場へ, 女房同然や, 女房同行で湯治, 女房同車中泉眼科へ, 女房同車銀座映画劇場へ松竹下加茂, 女房同車順天堂へ寄り, 女房同道ちまきやの菓子, 女房同道十一時に出, 女房周防殿が女御, 女房四五人をお, 女房四人が私, 女房困り前から, 女房型女優でもなく, 女房堪へかねてやかんばり, 女房売るから金, 女房夜着をとき, 女房大事といふ外, 女房大明神と崇め奉, 女房大蛇になる, 女房より出, 女房奮戦せざるを, 女房女中に至る, 女房女学生亭主の三人, 女房女官など, 女房が入水, 女房妓八重福と浜町, 女房である, 女房ふかき者, 女房を持つ, 女房の虐遇, 女房娘子供等部落民の朝鮮人, 女房娘等が色, 女房娘若衆たちとある横町, 女房娘若衆芸妓の花見小袖, 女房娘連が挙っ, 女房子ぐらゐを細々養つて, 女房子ぐるみおめ, 女房子づれの史蹟歩き, 女房子どもまでを一殿, 女房子位過ぐされぬ事, 女房子供たちまでもお前, 女房子供づれだから今度は勘弁, 女房子供一家四人で無理, 女房子供五人家族ですから, 女房子供以上に親しい, 女房子供以外の他人, 女房子供同盟国といへ, 女房子供衣子トメカメ一同をズラリ, 女房子供連中に配っ, 女房子供達もこの, 女房子女を教育, 女房子年寄までうようよ, 女房子持ちの多く, 女房存命中は出盛り, 女房学者が多く, 女房を殺させし, 女房であらう, 女房から西, 女房供や, 女房小せんが倅, 女房小僧代りに働い, 女房小児まじりに, 女房小梅との二役, 女房小説である, 女房のお, 女房帰京七時半に眼, 女房常葉の局, 女房幇間に無理, 女房に伯父九郎兵衞, 女房幼い弟の, 女房幾人かの衣服, 女房なしの, 女房の番頭, 女房へ来り, 女房座敷に走っ, 女房廚屋に隙, 女房に出抜ける, 女房役だつたのです, 女房待って, 女房出し申し, 女房御免の忠告者, 女房御酒盞を取る, 女房心づいて, 女房心頑に情冷, 女房思えらく毎月二十日に, 女房思はず笑ひ出し, 女房思わず吹き出して, 女房しからずと, 女房恋人にまで信用, 女房憎い奴とは, 女房扱いにし, 女房を捕へる, 女房持たば音楽師, 女房持って収まる, 女房持ってるンだ, 女房持小児の二人, 女房振袖の娘, 女房捨て山籠せられし, 女房授けられては甚だ, 女房揉手をし, 女房数輩を帥, 女房断りなしに, 女房方言と言, 女房なしへ, 女房夕着の, 女房がみな昔, 女房昼すぎから一人, 女房昼頃起きて, 女房時代以来の文芸顧問, 女房曰く御大層な事, 女房更めて顔, 女房朋友小供ら, 女房朋友らの員, 女房の枝, 女房未だ宿では, 女房未練かつは時めく, 女房来り徳山を, 女房来年はまた, 女房横合から来, 女房次には, 女房歌其影響を受けた, 女房歌流の抒情詩, 女房武蔵との関係, 女房母夜叉の孫二娘, 女房比丘尼なんど高尚の憂ひ, 女房気どりになっ, 女房気質を誰, 女房氣取で, 女房氣取りで途方, 女房をしとど, 女房泣かせでさあ, 女房も一人, 女房無き者は, 女房無言なれば, 女房物売りの男, 女房珠数をかけた, 女房珠數をかけた, 女房は藤枝宿, 女房男女の召使, 女房留守中貞節を相, 女房番頭女中丁稚さうし, 女房的文学論は面白, 女房を取っ, 女房をさまし, 女房まじる披講, 女房矢絣の膝, 女房の如くなり, 女房留りて, 女房立会い戸を, 女房立出何の御用, 女房の端々, 女房童たちをどの, 女房童女などを捜し, 女房ひながら, 女房笑顏よく, 女房等々歴史のなか, 女房へて夫, 女房答えてヘミングウェイ, 女房節舅藤八とも謹ん, 女房なこと, 女房老臣にいたる, 女房聞きてげに, 女房聞くや否, 女房を前, 女房がへる, 女房自身が絵, 女房自身言明して, 女房至誠懇待到らざるなかったので, 女房船供船などの数十そう, 女房花嫁ぶりの商い, 女房菊同道にて東, 女房かへり, 女房見たいに入り込ん, 女房見物一緒に帰宅, 女房親切にそ, 女房ふまでも, 女房言葉と言, 女房に遠慮, 女房謹んで公子に, 女房は病後夫, 女房販売は宿六, 女房ふの, 女房貰うじゃろう, 女房貰うなら谷口マンさんの, 女房貰ったぜともいえず, 女房ひ物, 女房買物をなす, 女房赤様をおんぶ, 女房身体悪しとて, 女房であったが, 女房へに来り, 女房近習にまじ, 女房逃げちゃったンで, 女房連中がストライキ・ブレーカー, 女房達これかれ三十人餘, 女房達耐りかねて, 女房達花をきそっ, 女房邪見で馬, 女房鄒淵と鄒潤さん, 女房す, 女房金蓮を見る, 女房銀座の京屋, 女房関白の位, 女房園が, 女房雷鳴様にまでなりまする, 女房の周防, 女房頭周防の女, 女房風情というところが, 女房で出御, 女房飛込みこの体, 女房食料を運ん, 女房食えない, 女房高尾じゃない, 女房に結い直し, 女房鳥渡仇めいた女, 女房い歯