青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~ ~尋ねた 尋常~ ~對 對~
小~
~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ ~小僧 小僧~ 小児~ 小判~ 小声~

「小~」 4495, 49ppm, 2403位

▼ 小~ (776, 17.3%)

50 の中 25 の前 18 がある 10 の屋根 8 の外 7 のよう 6 のやう, の内, の方 5 があっ, のうしろ, のなか, の入口, の戸, の隅, へ帰っ 4 があった, に着いた, の主人, の横, を出, を建て 3 から出, から小舎, があり, であった, に入っ, に帰っ, に着い, を作っ

2 [39件] が, があつ, が建っ, が置い, が見えた, であろうと, に, にいた, にはいっ, に似た, に住ん, に入れ, に出, に寝, に帰る, に繋い, に集っ, のあたり, のすぐ, のわき, の一隅, の傍, の入り口, の内部, の匂い, の周囲, の笹巻, の近傍, は雪, へ戻つた, へ来た, へ着いたら, をたて, をつつん, を作り, を出た, を出る, を置い, を訪ねた

1 [479件] あり, からいちいち, からお茶, からかんがり, からはもう, から一頭, から二, から出た, から半, から吊り橋, から幽霊, から弓矢, から引き出され, から新た, から槍ヶ岳, から脱, から自分, から雛児, から離れた, がありました, がいくつ, がかくれ, がぐらぐら, がしらべられた, がすこし, がそれ, ができ, がどれ, がなく, がひどく低く小さく, が一棟, が一軒, が三棟, が並び, が二戸, が何だか, が何軒, が出来, が出来あがった, が十近く, が四ツ五ツ, が幾つ, が幾棟, が建つ, が建てられ, が建設, が恋しく, が気に入った, が点在, が燃えきっ, が爆発, が現, が留守, が白い, が眺められた, が置かれ, が見える, が見つかりました, が軒, が近ごろ, が面白かっ, しか考えられなかった, そっくりの, その中央, だ, だあ, だが, だった, だったが, だな, だろうと, で, であう, であったところ, でありました, である, であるこの, である六年, である箱, であろう, でおそく, ででも演, でのやき, での生活, ではかけひ, では荷車, でもてなした, でも何, でも出来る, でキャン, でタバコ, でヴァイオリン, で下手, で二軒, で二間四方, で亡友, で今夜, で型, で外国映画, で大町, で寝, で寝起き, で待っ, で此, で汁, で泊っ, で泊まります, で独り仕事, で生活, で私, で落ち合い, で道化, で首, で鳴らし, で鶏, というの, という小舎, といえ, といっ, とが一つ歩道, とはだいぶ, とは不, とは区別, とは言う, ともいう, とも呼ばれる, と奇麗, と官舎, と思っ, と感じた, などいつ, などとはずんと, なりしため, なん, なんか作る, なんぞで入口, にあった, にある, にい, にかかる, にかがん, にかけ, にかたまっ, にすむ, にすん, にたしかに, にたどりついた, にたびたび, にちょっと, については今にもっと, について左, になっ, には, にはかじる, にはたちまち, にはサーツバシ, には一泊十円, には人, には人知れず, には小さな, には屹度酒, には戸口以外, には欅, には満足, には火, には燈火, にぶつかった, にまだ, にまで梯子, にもいくつ, にもぐり込み, にもちらちら, にもどっ, にも物置小舎, にも用, にも草, にゆきました, によりかかっ, に一, に一族郎党, に似, に似てる, に住む, に住んどる, に入った, に入り, に入る, に出はいりする, に出掛けた, に大きな, に富岡, に帰し, に戻っ, に扶桑本社, に投げ出した, に投げ込ん, に旋条銃, に来る, に棲ん, に残し, に泊められた, に火, に猛犬, に生まれたごとく, に監禁, に着く, に結構, に見る, に見物, に訪れ, に起臥, に跳りこん, に辿りつく, に這入ります, に通ずる, に連れこん, に運び入れられ, に野宿, に錠, に閉じ, に関する面白い, に頭, に餌われ, のある, のうち, のかみさん, のきのこ屋根, のくすぶった, のすこし, のすみ, のところ, のま, のまま, のよこ, のアンペラ, のトボトボ, の一つ, の一夜, の下, の下足番, の世話, の乗越し, の乾藁, の人, の付近, の住人, の修繕, の側, の内外, の処, の古い, の向う側, の在り, の堆肥, の外側, の外壁, の外見, の天井, の奥, の女, の寝台, の小さな, の小学校, の底, の建築, の弓矢, の後, の後ろ, の悪臭, の戸口, の扉, の敷藁, の方角, の暗い, の暮し, の板, の板壁, の柱, の柵, の横木, の深い, の炉ば, の片隅, の生活, の男達, の番, の番人, の硝子戸, の積み, の続く, の縄, の羽目, の者達, の背後, の葺屋根, の蓆戸, の蔭, の装具置場, の裏手, の裡, の豚, の豪華版, の踊り子, の軒並み, の辺, の近く, の近所, の遺物, の部屋, の郵便局, の金網, の鍵, の間, の附近, の障子, の雨, の響き, の頂き, の頭, は, はこの, はなく, はめりめり, はもう, はサクラ号, は以前, は僕, は全く, は内部, は出, は出来あ, は単に, は大急ぎ, は寂しい, は富士, は山, は山の上, は東西, は果して, は標高, は然し, は牧場, は空, は空っぽ, は脊, は謂う, は野中, は非常, へいっ, へかへつ, へその, へでもほうりこん, へと導いた, へと案内, へもどっ, へやって来た, へ下り, へ使, へ入る, へ出る, へ出掛け, へ取りついた, へ同, へ寄る, へ導いた, へ山林局, へ帰れ, へ戻っ, へ戻った, へ戻る, へ楽士, へ泊る, へ火, へ自由, へ草, へ行き, へ行っ, へ訪ね, へ越し, へ辿り着いた, へ送りこんだ, へ這, へ這い込ん, へ這入, へ通, へ運び入れ, へ都合十一人, へ集まる, へ電話, へ飛びつく, ほどもある, までが散在, までとん, まではスキー, まで全く, まで引き返した, まで揃つて, まで来た, まで行く, みて, めかして, めがけて, も出来, も大工さん, も早晩トキオイ, も流れ, も近々, やその, や掘返された, よりは二里, よりもまだ, らしい一つ, をうちこわし, をお作り, をかけた, をかたっぱし, をこしらえ, をことごとく, をこめ, をこわした, をつくっ, をつくる, をぬけ出す, をのぞきみる, をみみづく, を一つ, を一巡, を三軒写生, を借り, を借り受ける, を写生, を地震, を家, を尋ねし, を山, を建てた, を建てる, を引きあげ, を引張り出し, を彼処, を得られた, を思い出した, を思ひ出し, を拵え, を持っ, を持つ, を探し, を改造, を敲く, を根拠地, を検査, を洞, を私, を立った, を組立て, を締め切っ, を置いた, を襲う, を襲おう, を見, を見たい, を見つける, を見ろ, を見出す, を訪ね, を訪ねました, を逃げ出し, を造り, を過ぎる, を遠巻き, を閉め, を閉める, を雨ざらし, を雪, 善く盗, 或は店, 掛けして, 然たる, 開き

▼ 小なる~ (228, 5.1%)

9 ものは 7 生命 4 ものである, ものと 3 ことが, 者は, 部分が

2 [16件] かまたは, ことは, ことを, すべての, にせよ, に驚かずん, ものが, もので, ものに, 一人物の, 世界ぞ, 二十幾年の, 路を, 部分の, 部分を, 量の

1 [163件] うちに, かによって増減, がよし, が如くなれ, が故に, ことである, ことと, ことの, ことも, ことをも, こと給仕盆の, こと荒れ果てた, ために, だけその, とがは日々, とき所有せられる, とき需要せられる, にかかわらず, に以, に比し, に比例, に關, のみ, はけっして, はそれ, はまことに, は一家, は一片, は中, は二, は五, は人力車挽, は常, は武藏下沼發見理科, は蒙, ままの, ものあり, ものこの, ものし, ものその, ものであり, ものであります, ものとの, ものの, ものまで, ものも, ものより, ものをとて, もの也, もの善なる, も三, も大, も智力, も玩具, も甘んじ受け, も諸子, も金力, も鎗, を二つ取り來, を大砲, を屠る, を想う, を憂へず, を知る, を笑, を見失い, を覚ゆるがごとく, を言え, を証する, を貴び, アレクセイに, ハーレム一つ創り得ず, 一の, 一個の, 一更始が, 一湖を, 一細民窟に, 一著者が, 一部分なり, 三人で, 世界と, 世界の, 丸石を, 事, 事で, 事を以て, 二郡と, 人は, 供給が, 価値が, 価値しか, 価値を, 価格を, 個人の, 先輩の, 光秀みたいな, 再會, 刀の, 分前, 別離と, 利潤を, 功利の, 原因は, 国で, 国民は, 土地に対して, 地代を, 天下である, 天下は, 存在である, 完成品ある, 実験によりても, 室に, 家族の, 容積中に, 小なる, 小脳を, 巨人である, 感情を, 戸主または, 支配権を, 数個の, 時に, 時は, 架を, 横穴の, 此峰に, 満足, 漁舟を, 父と, 物に, 物一本四十五銭に, 物体の, 王者たる, 男を, 石室が, 祖国フランスが, 範囲を, 籠を, 結婚比率である, 者が, 者と, 者も, 者を, 者蜜柑が, 能の, 自己が, 良心を, 芥子の, 花二つは, 英雄を, 葉の, 謙遜の, 資本の, 部分です, 部分と, 部分的交換であっ, 鉱山の, 雌花が, 雙輪車あり, 音単位は, 願いも, 黄色の

▼ 小劇場~ (152, 3.4%)

4 がその, で 3 の出発点, の舞台 2 に於, の旗挙, の旗揚興行, を創設

1 [130件] から座長, が, がこれから, がたくみ, がチェホフ, が一つ, が代表, が出来, が創立, が外国劇, が如何なる, が容易, が戯曲, が来年度, が藤森成吉氏, が表面, そして創作座, であった時, である, でどんな, ではじめて, ではどんなに, では一番前, でもやり, でやつ, で二人, で日本プロレタリア文化連盟, で時おり, で行われた, で踊り, とかまたは, とた, とである, とは大正十三年度, とや, と三つ, と云, と区別, と新劇協会, と趣, と雨, などもさ, に, にいたる, にしろ, にて上演, にゆく, にヘソ・レビュウ, に劇場員一同, に外国劇万能, に対して僕, に対して新た, に対抗, に対立, に拠っ, に拠る, に於ける, に行く, に行った, の, のいふ, のまわり, のもの, のよう, のプロ芝居, の一分派, の三重脱退, の上演目録, の中, の主宰者, の事業, の仕事, の会場, の傑, の出現, の初期, の創立, の勇気, の国性爺合戦, の存在, の宣言, の将来, の工事場, の幕間, の抱負, の新, の旗, の旗挙公演, の旗揚げ, の旗揚以来, の最も, の楽屋, の演出, の社長さん, の社長先生, の第, の罪, の翻訳劇, の自信, の芝居, の観客, の試演会, の連中, の首脳, の首脳部, はおそらく, はそれ自身, はどの, はやつぱり西洋, は云, は先生, は在来, は天下幾人, は家族的, は小山内薫, は最も, は最初, は民衆, は真先, ばかりについて云つて, へのりこむ, へゲオルグカイゼル, へ新協, もわれわれ, も各国, をおごる, を創立, を呼んだ, を守る, 第一回

▼ 小~ (115, 2.6%)

4 の中 3 かな, がある, が並ん, を建て

2 [12件] があっ, があった, があつ, が二, であった, に一夜, のあたり, のある, の前, の散在, は不規則, や朧月

1 [75件] から引き離した, から誰, があり, がぎっしり, がなお, がみんな, がゴチャゴチャ, が一つ, が並び, が乳母, が二三軒, が古び, が塊, が小さく, が急, が櫛比, が沢山, が立並ぶ, が見えた, が見える, が雑然と, つづきその間, つづきの, であったが, であったの, である, であるから, でそれ以外, ながらも春, ながら茶, などにお, にあの, にいかなる, に廻る, に来, に来られ, に流連, に目, のさま, のつづいた, のところ, の一つ, の主人, の何もかも, の入口, の戸, の戸口, の持ち主, の曲り角, の由緒来歴, の窓, の続く, はいずれ, はことごとく, は今, は入口, は堤, は小家, は明月谷, は暗く, は父, は空家, は餘寒, ばかりであった, ばかりの立ち並ん, ばかりの裏町, やガソリン, をつくらせた, をとうとう, をも兼, を借りよう, を埋める, を差し, を撃ち, を殆

▼ 小~ (111, 2.5%)

32 して 31 しては 2 するに, 至るまで

1 [44件] しても, し之, し其城, し当面, し自ら, す, する, するもの, するを, する事, すれば, せんや, なりすぐ, なるから, なること, なるの, なるまでは, 一振り眼にも, 俗なる, 入り歐米, 入るに, 十四町の, 堪へざるとき, 変化極まりなし, 大なる, 對する, 左の, 左方は, 当るので, 後穀粒, 拘わらずそれ, 據つて大を, 有之, 粟粒の, 至る千変万化, 見えて, 見える事柄, 誇るべからざるなり, 誤る傾向, 身ほとんど, 過ぎて, 過ぎること, 過ぎると, 過ぎ天大

▼ 小~ (88, 2.0%)

3 メリヤス塩の, 戸を 2 寺の

1 [80件] な樽, に夫, はひしめける, をになひ, サルワトル・ロオザ, ブリキの, 一室のみの, 中庭を, 体一個まず, 停車場に, 傀儡場あり, 児の, 内儀の, 卓の, 園には, 塔なり, 夫なりと, 女の子なる, 女中が, 孔あり, 小包物を, 山廓の, 岬には, 廊にて, 建物あり, 径に, 我等も, 扉は, 掌もて得, 旗を, 書画帖に, 末娘に, 梯ある, 汚れたる, 烟火具を, 燈のかず, 物, 物なれ, 瓶あり, 看護は, 眞鍮の, 磔柱形の, 稻妻亂れ起り, 穴に, 突起が, 窓あり, 窓に, 紋章, 絹の, 線形で, 群よ, 聲に, 聲にて, 胸は, 膓は, 臥床の, 舟を, 花に, 蕾も, 蚊の, 蛾有り, 蝶の, 蟲あり, 衣を, 誠に値せざる, 讚美歌集一卷取出でたり, 財嚢を, 輪の, 輪飾を, 鉄炉の, 錠を, 鎌を, 鐵爐の, 馬鈴藷圃にて, 魚の, 魚放ちおき, 鳥居夥多し, 黄菊の, 鼻に, 龕の

▼ 小~ (80, 1.8%)

2 に動いた, に對, の前, の殿

1 [72件] がこと, が一つ, が單身出, が噂, が噂さ, が尊く潔き, が方, が歸つた時, が腹立, が輕裝吾等, が配下, だの, であった, であると, でそこ, ではあれ, でビール, で一萬二千石, で開け閉て, との關係, と云う, と知り得た, にい, にこれ, にはかっかと, には兎, には少年, に何, に具備, に出, に參つて, に從, に從つて太都夫等, に心, に思はれ, に思ひそめ, に換, に案内, に火桶, に私, に蟄居, に閉じ籠っ, に難, に飛びこん, の三畳, の人柄, の内, の君, の咽喉, の在, の塞つて, の失望, の心事, の挨拶, の方, の落著やう彼, の配下, は十五人, は手古奈, は潤, は遂に, は顏色, へ中納言, へ先週大工, へ入る, へ引っ, へ来た, へ通った, へ電話, もあった, もそれほど, を円い

▼ 小~ (74, 1.6%)

8 の中 3 のよう, の包み 2 に纏め, のなか, のふた, の蓋, をねらっ

1 [50件] から何と, だの女の子, だの火打石, で, ですから, という処, とフロック, と同じ, などが飾られ, などをいくつ, につけられた, には自分, に付い, に入, に入れ, に出す, に湿気, に至り, に至る, のうえ, のかぎ, のこと, のひきだし, のほか, の上, の事, の合せ目, の外側, の大き, の尽く, の眞珠, の長, の類, はとっくに, は開いた, は電池, へ手, やそれ, やレイション, や抽斗, をあけ, を一ツ, を小, を愛惜, を手, を抱, を持つ, を示し, を秘め, を箪笥

▼ 小ぞう~ (71, 1.6%)

2 です, のピストル, はすぐ, はそこ, はそれ

1 [61件] があそび, がかくれ, がきみ, がく, がせつ, がとりかえし, がばけ, がろう, が小林くん, が木村さん, じゃあない, だな, だよ, というの, と三人の, にちがいありません, にほう, のしらせ, のなわ, のはなし, のほう, のまわり, の考えた, は, はあな, はいきなり, はうん, はかいぶつ, はげんき, はじ, はすばしこい, はそう, はそっと, はその, はそんな, はそんなに, はなん, ははっ, はひとり, はへん, はま, はまちのけい, はまっ, はもと, はりす, はピストル, はポケット, はロボット, は大急ぎ, は小ばやしくん, は急い, は明智たん, は木下くん, は気づかれない, もくわわっ, やおまわりさんたち, をあっ, をおいかけました, をつかまえ, をつかまえよう, をほめました

▼ 小~ (71, 1.6%)

7 虫を 5 墓の 3 字を, 時より 2 方は, 霊だ

1 [49件] いろんなきのこ, が東, ことを, コに, ゴチャ, 三つに, 事は, 兄に, 坤竜に, 坤竜は, 坤竜丸を, 増加が, 墳岳王の, 外因より, 大に, 女である, 妖怪を, 字も, 山, 影, 微分的な, 想像に, 所に, 手に, 抵抗を, 方が, 方だけを, 方或いは, 月だ, 減少を, 瘢をも, 眼孔を以て, 立居振舞い, 虫だ, 虫とでも, 虫卿, 距離に, 距離には, 距離の, 輸送せられた, 迷妄に, 速度しか, 部に, 量ずつ, 霊かも, 霊が, 霊と, 霊に, 顔に

▼ 小なり~ (57, 1.3%)

4 さうし 2 猛虎一声山月高し, 自然主義を

1 [49件] いざこざは, お作りに, このやう, そういう心理, そうした石城づくり, そうだった, といは, と言っ, ひとの, わたしたちは, 一の, 一定の, 世の中に, 中毒症状を, 二人以上の, 何か, 列を, 到来に, 前進する, 叶うて, 味善く, 大概の, 夫れ, 年少から, 幾度ずつか, 性質を, 教養が, 極めて小, 此の, 此形だけは, 此目的を, 気立ての, 然れ, 王公も, 皆な, 皆蔭から, 自分以外の, 覆面された, 見えるの, 該作家の, 誰にも, 講堂を, 議員を, 部落が, 長い間, 関係させ, 関係の, 響きの, 饑饉が

▼ 小~ (56, 1.2%)

4 庵室が, 蔀戸が 3 事件が, 形が, 翼で 2 心を

1 [37件] ことで, つめ, のであらう, のである, 事が, 体躯を, 写真一枚の, 切籠燈の, 利己主義と, 利慾心が, 動物の, 勝利を, 天井裏の, 子供が, 子供に, 家が, 根性だ, 洋盃様の, 町殊に, 痴人ども残忍と, 盆を, 眼玉に, 石油の, 翼であった, 肩を, 胸には, 胸の, 胸を, 花の, 花を, 菓子折でも, 蟻塚の, 親仁は, 身体で, 身體で, 輪が, 鶏の

▼ 小~ (54, 1.2%)

12 かなる

1 [42件] あらん, かなアトラクション俳優として, かなカンテラを, かな一宇の, かな一戸の, かな一軒, かな三階づくりが, かな世帯を, かな二人暮しの, かな光線を, かな別れの, かな別宴が, かな営み, かな宮ながら, かな宴では, かな家と, かな家を, かな山荘に, かな店先で, かな庵を, かな物と, かな狐格子の, かな王領で, かな瞬間, かな社の, かな粗, かな膳を, かな軽き, かな酒宴など, かな食器家財などを, かに, かにぞ, かにつつましき, かに慎ましい, かに物さび, しきだの, です, なが, なぎの, むだ間を, 無形に, 虚偽や

▼ 小~ (50, 1.1%)

22 ぽけな 5 ちやな 3 ちやい 2 ちやく, ぽけ

1 [16件] ちやいの, ちやいんだ, ちやくつたつ, ぴどい目に, ぴどくはね飛ばされた, ぴどくやつゝけたことが記され, ぴどくやられたことを思ひ出した, ぴどく怒られた, ぴどく振り飛ばされた, 旗本と, 暗いやう, 羞かしい, 酷く叱り飛ばされ, 酷く尾崎氏, 酷く攻撃, 酷く譴

▼ 小~ (48, 1.1%)

2 が来た, を使い

1 [44件] がおいで, が今日, が召された, が妻戸, が家, が持っ, が言う, が言った, であったから, にも優しく, に姉, に渡された, に言っ, に言った, に託する, に返事, のため, の所, の衣服, は, はその, はそんな, は今度, は何, は何とも, は始終, は思っ, は憎らしく, は懐, は板間, は気の毒, は源氏, は美しく, は聞い, は自殺, は苦しく, は顔, をすぐ, をそば, をやった, を味方, を起こす, を車, を近く

▼ 小~ (44, 1.0%)

6 ちゃい 3 ちゃな女の子 2 ちゃな煙突, ちゃな鞄

1 [31件] こい小娘, こくて, ちゃく, ちゃくっ, ちゃくなっ, ちゃくなった, ちゃこい, ちゃなボクさん, ちゃな坊ちゃん, ちゃな子, ちゃな子供, ちゃな子供みたい, ちゃな寺, ちゃな手, ちゃな水筒, ちゃな無害, ちゃな神様, ちゃな舌, ちゃな輪, ちゃな魚たち, ぱけなろくでもない頭の, ぴどい目に, ぴどくつついた, ぴどくとっちめた, ぴどくやっつけやした訳で, ぴどく客を, ぴどく引っぱたい, ぴどく恥を, ぴどく油を, ぴどく負かし, 旗本の

▼ 小~ (39, 0.9%)

2 もって, んな, 捨て, 捨てて, 視ること大

1 [29件] つけて, どりせん, どる玉白, もて大, 二本買ふ, 併せた, 併呑し, 兼ぬ, 制し強, 坤竜丸と, 大と, 察して, 恥じてか, 感ずること, 拾う何たる, 棄て, 横える, 歎い, 治めず大功, 知ったとかいう, 知らず鵬, 示すに, 聘しと, 自然の, 見て, 視て, 討とうと, 説いて, 驚かすもの

▼ 小學校~ (38, 0.8%)

3 を卒業 2 なりと

1 [33件] があり, だけの教育, では運動會, でも一番, とやらいふ, に一年間, に一泊, に入, に出かけ, に學んだ, に復校, に轉, に隣れる, の代用教員, の先生, の初め, の學年試驗, の教場, の教室倒潰, の時, の校庭, の校歌, の校長鴇田鹿, の生徒, の職員室, の鐵柱, は私, ばかり其以外, へ通, へ通つて來, へ進んだ, を汚く, 全體

▼ 小~ (37, 0.8%)

3 え時 2 え, えくせ, えの, え事

1 [26件] えうち, えお前たち, えから, えからの, えが, えそれ, えだけん, えと來, えまね, えやつ, えよ, えわりに, え奴, え子, え家, え方, え時分, え稼ぎ, え網, え考え, え船, え証拠, え餓鬼, ェ角が, エ事で, エ声し

▼ 小~ (37, 0.8%)

2 古郵便券

1 [35件] お前達の, ぎを, く, この玉子, づかしい, クウルトリィヌの, 一万円から, 一家の, 一家及び, 一市一村に, 一本の, 二三寸, 人々の, 個人の, 個人同士の, 勝つ, 十二カ所に, 口徑一寸許り, 四五人で, 四五尺より, 四五百人を, 夜ごとの, 夜毎の, 大道易者から, 封侯を, 小と, 小沼と, 手桶の, 折花攀柳の, 新鮮に, 本陣問屋庄屋組頭の, 校書と, 田舎では, 発育不良の, 食物の

▼ 小広い~ (35, 0.8%)

2 部屋が

1 [33件] テーブルに, 一つの, 前庭が, 前庭と, 前庭の, 前庭を, 坪の, 小路が, 平な, 平地が, 平地に, 往来へ, 横丁から, 横丁へ, 櫟の, 泉水が, 滝見台が, 爬虫類を, 片隅に, 町で, 空地が, 空地で, 空地では, 空地などが, 空地に, 空地の, 空地へ, 第二, 部屋であっ, 部屋を, 野が, 雪野原ところどころ, 露路が

▼ 小走っ~ (35, 0.8%)

13 て行った 10 て来た 3 ていた 2 て行き, て行く 1 たりし, て来, て来る, て行くらしい, て行っ

▼ 小~ (34, 0.8%)

10 りあい 6 り合いが 3 り合 2 りあ, り合いと, り合いは, り合いを 1 いにては, まい玄関, まい男世帯, り争, り合いしながら, り合いに, り合いの

▼ 小~ (32, 0.7%)

2 するの概, なくことごとく

1 [28件] いえども, いえば, し世, するもの, する等, せず, それぞれ生かし, なく, なく一つ, なく密接, なく悉皆, なく皆自身, ならなければ, なり善, なり流動資本, なる, なるであろう, なるに, なるばかり, 云ひ, 云ふ, 唱えて, 大との, 強と, 形と, 時の, 矢立だけは, 雖も

▼ 小造り~ (31, 0.7%)

2 の体

1 [29件] だけに遙, ではあつ, ではある, で二十二三, で痩せた, で目立たない, で素朴, で細そり, で細面, で若く, ながらぴち, ながら巌丈, ながら筋骨, なの, な小さな, な建つて間, な引締つた無病, な御, な貧しい, に造り直した, に過ぎる, のちまちま, の二階家, の女, の少年武士, の性, の男, の芸者, の顔

▼ 小白い~ (30, 0.7%)

1 [30件] いわゆる渋皮, ちょっと笑靨, どこか, にこにこした, のを, まんざらでもね, 中背の, 人夫が, 人好きの, 人柄の, 奴で, 容貌の, 小柄な, 忌味の, 方に, 横顔で, 男が, 町人衆でございます, 痩せぎすの, 痩形の, 皮膚を, 眼つきの, 眼の, 眼鼻立ちの, 織田雄之, 美男子である, 讃岐の, 遊女の, 面には, 面長な

▼ 小~ (28, 0.6%)

2

1 [26件] から出所進退, から金, ごときは, としてはこれ, としては予期, としては実に, としては将来, としては春秋社, としては松岡君, としては此度, としては立場上, としても既に, としても結果, として柄, の七八歳, の如き, の寸志, の東京, の約束, の胸, の表情, はまだ, は唯, は彼女, は本, ばかりでなく

▼ 小~ (28, 0.6%)

3 の中 2 の目的, は文章, を自分

1 [19件] が書け, で言語, で述べよう, と云っ, についてそう, に於, に附記みたい, のうち, の主旨, の企て, の俯瞰図, の第, の読み, はそうした, をお, をかい, を書く, を草する, ノ行間

▼ 小~ (27, 0.6%)

3 なつて 2 なつた, 大名屋敷の

1 [20件] ていい, てもい, てもほんのり, なつて光, なり感覧, びがかたむい, びを, びをかしげてそして, まんまろく, やすらひぬ, 下女塩原間抜一人と, 何処と, 円くて, 咲きぬ, 残つてゐる, 殘つてゐる, 瓶を, 痩せたる身, 節が, 腰掛け居れる

▼ 小である~ (27, 0.6%)

4 かまたは 2 ことが, ことも, とき零の

1 [17件] からそしてまた, から中, が特に, けれども, ことであり, ことは, ことを, こと並びに, ため前年よりは, ため土壌の, ということ, とする, と信じ, と想像, ほど結婚, 事実によって, 限りその

▼ 小左衞門~ (27, 0.6%)

1 [27件] から笛, が一生人, が参りました, が寢所, が左様, が拝領, が最後, との仲, に見込まれ, の因業, の嫡子小三郎, の實, の忘れ形見, の死骸, の死體, の氣, の法事供養, の災難, の腰, はかうし, は家来, は百日, は近頃, へ宛てた, を殺し, を突落, を鴻

▼ 小~ (26, 0.6%)

2 と申す

1 [24件] が一閃二閃, が交じっ, だけが, だけはきっと, という男, との悪縁, とピッタリ, と一緒, と烈しく, と異名, と金井一角, のせい, の下, の兇行, の学資, の楽屋, の横鬢, の甥, の腕, はおさなき, はそれ, はやッ, は大晦日, は笊組

▼ 小~ (26, 0.6%)

2 の底

1 [24件] があの, があらわれ, が橋, などの何千艘, なり, にて上陸, にて埠頭, にもすべて青龍, に乗換え, に乗換える, に移り, のうえ, の中, の残骸, の群れ, の舳, はどうしても, は焔, へと乗り移っ, をもっ, をノーマ号, を抱く, を浮かべ, 自横斜

▼ 小~ (24, 0.5%)

2 と云う, はその, は全然

1 [18件] が鞍, なる者, の如き, の眼, の頸, の首, の馬, はこの, はそれ, はどうか, はもう一度, は仲間, は心, は思わず, は自分, は軍刀, は馬の背, を乗せた

▼ 小~ (24, 0.5%)

2 と申します

1 [22件] が出, が来ない, が来られなけれ, が煙草, が聞き, という女郎, と云う, と申す, に遣りました, に遣わし, に遣わした, の事, の身体, は余程, は宵, は快く, は来ぬ, は相違, は私, は藤屋七兵衞, を始め芸者, 止せば

▼ 小っぽ~ (21, 0.5%)

1 [21件] けな, けなお, けなくせ, けなしなびた, けななりをし, けな世界, けな体, けな友だち, けな団体, けな変革, けな家, けな悩み, けな手, けな歌, けな毛, けな男, けな白い, けな県城, けな紳士, けな針, けな額

▼ 小~ (20, 0.4%)

3 の前 2 の中

1 [15件] が, には息吹く, には此, には老, には誰, には降りつもる, に似たる, に泊る, の寢藁, の戸, は空, へ通, も柏原, よりもまだ, を出

▼ 小さん~ (19, 0.4%)

2 を聴いた

1 [17件] が, が大阪, が結構, だったの, に傾倒, の, のたぐい, のよう, の十八番, の小言幸兵衛, の手口, の看板, はあなた, はこれ, は柳盛座, をば, を身受

▼ 小むす~ (19, 0.4%)

7 めの 2 めは, めを 1 め, めが, めこいつは, めだ, めと, めとも, めに, め輩に

▼ 小ひさい~ (18, 0.4%)

4 聲で

1 [14件] お勝, 人, 口からは, 掌は, 文吾が, 牢屋が, 耳へ, 背中をば, 膝の, 膝を, 身體が, 身體は, 身體を, 針は

▼ 小むずかしい~ (18, 0.4%)

2 顔に, 顔を

1 [14件] ことばかり, ことばばかり, 事は, 事ばかり, 問題では, 天理教聖書を, 理屈で, 知識を, 薬品を, 規則は, 話を, 説法などを, 談合若, 面相を

▼ 小~ (18, 0.4%)

1 [18件] が最近岩波新書, が長い, では, で通俗史家, についてそこ, については私, にもまた, の中, の名, は内容, は精妙, をもっ, をも取り入れ, を世に, を出版, を執筆中, を献げ, を結ぼう

▼ 小~ (17, 0.4%)

2 崎の

1 [15件] くれて, まづ人, もちゃん, 一本残っ, 三九六〇米と, 三銭だ, 充たされるであろう, 匂いぬし, 大に, 家康の, 寄て, 小夜床の, 李香という, 極めて多い, 湯殿の

▼ 小づかい~ (17, 0.4%)

1 [17件] が二両三両, さえあれ, に使っちまっ, に取っ, に困り, に困る, の中, はそこ, はまったく, をいた, をせびっ, を倹約, を幾らか, を欲し, を貰っ, 帖は, 帖を

▼ 小長い~ (16, 0.4%)

6 のを 2 大小を 1 刀を, 大小に, 奉書紙が, 奴を, 柄へ, 無数の, 物が, 箱を

▼ 小なりと~ (14, 0.3%)

6 いえども 3 いへども 1 いえびく, いはれしは, いふを, 雖どもその, 雖も

▼ 小~ (13, 0.3%)

1 [13件] からお, から起し, であるが, で崖, で青山, に土, に在り, の方, の生活, を仰ぎ, を出, を和助, を思い出させる

▼ 小~ (12, 0.3%)

6 あつた 1 それに, まりと, まりの, ッぷりした四十がらみの, 示したもの, 足るとしても

▼ 小~ (12, 0.3%)

1 [12件] に哀憐, のみ卑怯者, の如く, の如く畏怖知らず, の如し, の立てるあり, はその, を家, を悸, を殺す, を略し, を脅かす

▼ 小~ (12, 0.3%)

1 [12件] にとらせた, に不思議, の好き, はいつか今夜, はまた, は云った, は向った, は探り会う, は時々, は水中, は静か, は黙っ

▼ 小憎い~ (11, 0.2%)

1 [11件] ぐらいに巧み, ことを, ほどいい, ほどこんど, ほどな, ものは, 一座では, 敵, 笑いを, 笑靨に, 青二才と

▼ 小父ちゃん~ (11, 0.2%)

2 とチョビ安兄ちゃん 1 すぐ発足, であろう, とあの, にお願い, に言いつかっ, のお, の一升徳利, の待っ, もいっしょ

▼ 小~ (11, 0.2%)

1 [11件] が女兵, が山寨, というよう, とは不安, とは地丸左陣, のあと, のはなし, は口惜し, は面白, も嘲笑う, や部下達

▼ 小せん~ (10, 0.2%)

31 から江戸っ子, が, が倅, という芸者, の襟首冷や, をし, を車夫

▼ 小であり~ (10, 0.2%)

2 左においては 1 そして人口, その結果, 人口を, 人物の, 全然その, 出生のみの, 年長者の, 従って人口

▼ 小ばやしくん~ (10, 0.2%)

2 をたすける 1 がおばけ, がポケット小ぞう, が中, と五人の, のなわ, はいそい, はけいさ, はそ

▼ 小みち~ (10, 0.2%)

2 のまん中, の右側 1 が左右, に出入, のかず, をすこし, を上っ, を引き返し

▼ 小八郎~ (10, 0.2%)

1 が續, と一色友衞, と孰, にも娘, に援, の方, の身許, はツイ口, は武家, を見付け

▼ 小寒い~ (10, 0.2%)

2 灯が, 路が 1 に, のに少し, 夕まぐれ宮尾しげを, 烏の, 雨が, 風に

▼ 小なれ~ (9, 0.2%)

1 ども, ども人口, ども参天, ども強力, ども楫, ども略, ども神さびたる, ばおのずから, ば外見

▼ 小~ (9, 0.2%)

2 つぱ, ッぱめ 1 つぱが, つぱたち, つぱどもは, ッぱめが, ッぱやった

▼ 小~ (9, 0.2%)

2 の課程 1 から中學, が海路部, です, に轉, に通, に進んだ, の制帽

▼ 小~ (9, 0.2%)

1 がオッ, が行われ, が近づい, に依っ, に依り, に長, のよう, も大戦, をやる

▼ 小~ (9, 0.2%)

1 でなめる, にコニャック, に傾け, に受け, に盛ろう, に趣味, は朱塗, を気前, を相手

▼ 小~ (9, 0.2%)

2 でわかい, の女 1 があった, にあ, に据ゑて, の死, を明け得る

▼ 小~ (9, 0.2%)

3 の席上 1 のてい, の中, の寄書, の楽し, を土橋青村宅, を開いた

▼ 小~ (8, 0.2%)

1 なる尊, なる尊貴, ぶと瓢箪瓜を, 一つの, 分らないが, 哥兄, 哥兄小か, 必ず漂着

▼ 小~ (8, 0.2%)

2 はりの, んすの 1 ねえ, めしは, んご, んすを

▼ 小づかひ~ (8, 0.2%)

1 がなけれ, になれ, の要らぬ, をせびつ, を上げたら, を持つ, を貰, 錢をば

▼ 小べやの~ (8, 0.2%)

1 いくつも, うちには, かぎが, ような, 中に, 中へ, 戸の, 戸を

▼ 小より~ (8, 0.2%)

3 大に 1 大が, 始める, 尊攘の, 御存じよりか, 文思に

▼ 小~ (8, 0.2%)

1 が生れた, が非番, したところ, した一度, した事, した女, した小女, をあわせ

▼ 小~ (8, 0.2%)

1 という旦那, の主方, の情夫江戸屋, の油断, は早く, は目出度く, を女房, 来い

▼ 小~ (8, 0.2%)

1 があった, のみ戦争, の区制, の学舎, の屯所, の役員, へ来る, を置かれ

▼ 小~ (8, 0.2%)

2 にみち 1 の中, の生き, の間, や其他, を揺り動かし, を放し

▼ 小~ (8, 0.2%)

1 あわせて, がキヤーツ, が並ん, が出, が幾段, はギヤアギヤア言つて下, を二, を伴

▼ 小舎がけ~ (8, 0.2%)

2 が立ち並び, をし 1 があっ, である, で辛くも, の見世物

▼ 小えん~ (7, 0.2%)

1 にはほか, に遇った, の如き, はやはり, は諸, は踊り, も若槻

▼ 小べり~ (7, 0.2%)

1 に寝, のところ, の綱, へこつ, へ引きつけ, へ移つ, を繋いた

▼ 小むつかしい~ (7, 0.2%)

5 事が 1 ことは, 献酬の

▼ 小~ (7, 0.2%)

1 に列席, のあった, の清興, はいま, も角突き合い, を旧, を開く

▼ 小十郎~ (7, 0.2%)

1 があんまり, がまっ, の前, の女, の旧臣百五十七戸, はがあん, は何等

▼ 小市民~ (7, 0.2%)

1 の不安定, の娘, の家庭, の文学, の日常生活, の時代的, の社会生活権喪失

▼ 小~ (7, 0.2%)

1 とんで, なり, に注意, の上, を渡った, を渡る, を踏め

▼ 小~ (7, 0.2%)

1 として人, にかぎっ, になった, に注し, のほか, の群, の類

▼ 小おどりし~ (6, 0.1%)

1 たいほどの, ているだろう, て喜ん, て喜んだ, て居た, て歌

▼ 小がら~ (6, 0.1%)

1 で物言, で肩, に似あわず, のほう, のやさ男, のやつ

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 ずつゆっくり, ゃな声を, やまくれた, 低いやう, 森あれ, 簡便な

▼ 小でも~ (6, 0.1%)

1 その方, ない広, 機嫌を, 止水の, 無限大でも, 邪魔に

▼ 小なりの~ (6, 0.1%)

1 典型として, 力瘤を, 同じよう, 差異が, 決意で, 程度における

▼ 小三郎~ (6, 0.1%)

1 だナ, をひどく, を乘, を殺そう, を襲ぎ, を馬

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 すらも旌, の以, は古, は滔々, を行, 次大義

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 が出た, が見, さ, だ, の神聖, 愈

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 がへんぽん, のそれ, や家々, をもっ, を手, ヲ横ニ

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 が村, と称し, にも氏上, の神人, を統一, を総べ

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 の人間ども, は罰せられ, をもおかさじ, を得, を消し, 既に大罪

▼ 小~ (6, 0.1%)

2 が山林仏教, が山林佛教 1 が自覚, が開祖

▼ 小~ (6, 0.1%)

1 が乏しい, にと戴いた, もある, をいた, をせびり, をゆ

▼ 小~ (6, 0.1%)

2 に花助 1 など区別, にも露出, の右, デ貧乏

▼ 小~ (6, 0.1%)

2 の姿 1 などに突っつかれ, のそれ, ばかりで, 寒い風

▼ 小そう~ (5, 0.1%)

1 ございますからね, ても山椒, て夫, になっ, に書いた

▼ 小ちゃ~ (5, 0.1%)

2 くて 1 くなっちゃったワ, くなるぞ, なおちご

▼ 小なし~ (5, 0.1%)

1 がいま尋常三年生, のはう, はその, は盛岡, を茶の間

▼ 小ツル~ (5, 0.1%)

1 がチリリンヤ, である, のお父さん, はじ, は泣き

▼ 小使い~ (5, 0.1%)

1 が現われ, のお, の小田賢一, をし, を儲け

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 も何, をいたわり, を中, を思いがけなく, を知っ

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 というの, といえ, の句節, の音律, をし

▼ 小匙一杯~ (5, 0.1%)

1 という事, に芥子, を掻き廻し, を溶かし, 入れて

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 あり, たりとも美濃八幡二万四千石, なく住持, に近く, に過ぎず

▼ 小増さん~ (5, 0.1%)

1 がねえ, に此方, も時々, をお名, を呼ん

▼ 小忙しく~ (5, 0.1%)

1 いかにも刻刻と, タオルを, 動く頃, 明暗の, 餌を

▼ 小文治~ (5, 0.1%)

1 がふい, だった, のふたり, はやがて, は必然

▼ 小早く~ (5, 0.1%)

2 室隅の 1 川から, 掠めて, 起出しましたが

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 でも五町歩, との間, と共に食物, は小児, より生ずべからず

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 があっ, があった, が音, であったの, を見

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 ながら伯爵, ながら類例, の小, へ百万石, や代官

▼ 小衝い~ (5, 0.1%)

2 てくる 1 て笑った, て置い, て見た

▼ 小~ (5, 0.1%)

1 にまたがっ, に酷似, の連中, 嘶く農家, 蒙古

▼ 小黒い~ (5, 0.1%)

1 が眉目, 点を, 烏めいた, 眼鼻立ちも, 色に

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 のが, 皇子さまの, 者の, 胸に

▼ 小こい~ (4, 0.1%)

1 のでお客様方, ものを, 庭境の, 鰯子が

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 はがよる, まの, まアの, ろい

▼ 小なら~ (4, 0.1%)

1 ば小, ば減少, む, む雷雲寄する

▼ 小~ (4, 0.1%)

2 こを 1 くちうち, ちも

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 けな, けな屏風, けな島, けな村

▼ 小まめ~ (4, 0.1%)

1 にかせぎ, に体, に留守居役, やさかいな

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 なくそれ, 無限である, 裏がえしに, 農場から

▼ 小を以て~ (4, 0.1%)

1 しても, 大に, 大を, 自らその

▼ 小圓太~ (4, 0.1%)

1 の昔, は思わず, は日暮里, へした

▼ 小堅く~ (4, 0.1%)

1 かっちりとして, ていい, 確信を, 肉づい

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 が登場, であつ, のこと, は今

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 の姿容, の純粋, も老婦, を見

▼ 小市民以上~ (4, 0.1%)

3 の子弟 1 の階級

▼ 小戻りし~ (4, 0.1%)

1 て丁度, て主人, て変電塔, て眺めた

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 の作, の作品, 来て, 歩いて

▼ 小~ (4, 0.1%)

2 はこびぬ 1 の幾つ, をつかん

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 などみな急流, に至る, を飛び越え, を飛ぶ

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 から段々, などを片手, のもの, ものある

▼ 小焼け~ (4, 0.1%)

1 で日, に日, 明日天気にな, 明日天気になー

▼ 小百合~ (4, 0.1%)

1 つむ君, の唇, の花びら, ゆすれて

▼ 小~ (4, 0.1%)

2 つ人 1 の類, をどこ

▼ 小~ (4, 0.1%)

1 が一夜, が役に立つだらう, が虫, の運び絶間

▼ 小糸氏~ (4, 0.1%)

1 お切り, お遊び, さあさあ遠慮, は将来絵筆

▼ 小費い~ (4, 0.1%)

1 として持っ, に困る, の世話, を持っ

▼ 小走る~ (4, 0.1%)

2 ように 1 先は, 足を

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 うくんみんな, うつ子に, うといの

▼ 小であれ~ (3, 0.1%)

1 その人, ば小, ば損失

▼ 小という~ (3, 0.1%)

1 ことを, のは, 意を

▼ 小なりし~ (3, 0.1%)

1 ことよ, と, を憐

▼ 小には~ (3, 0.1%)

2 一語一語に 1 わが主

▼ 小ばやし~ (3, 0.1%)

2 だんちょう 1 とほっ

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 かくしてくれん, ん, ッちゃ

▼ 小むずかしく~ (3, 0.1%)

1 光った頭, 書いて, 縺れ絡んだ蛇

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 であるが, や女, や胸像

▼ 小劇場時代~ (3, 0.1%)

1 から知つて, に, の多年

▼ 小商人~ (3, 0.1%)

1 だと, にとっては実に, を主体

▼ 小問題~ (3, 0.1%)

2 なきもの 1 と云

▼ 小~ (3, 0.1%)

2 を有する 1 で現された

▼ 小天狗~ (3, 0.1%)

1 が会合, のその, を退治

▼ 小太い~ (3, 0.1%)

2 竹の 1 杖で

▼ 小女郎~ (3, 0.1%)

21 の心意気

▼ 小學生~ (3, 0.1%)

1 の侏儒, の方, も立ち

▼ 小寂しい~ (3, 0.1%)

1 ところへ, 姿ばかりが, 畑道で

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 から佩刀, をチョコン, を前

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 なる婦人, もあり, を制する

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 ではなかつた, にあき, 故敢

▼ 小御所~ (3, 0.1%)

1 のほう, の陣座, は陣営中

▼ 小憎く~ (3, 0.1%)

1 らしくは, 思されてか, 思った

▼ 小戻り~ (3, 0.1%)

1 さする, すると, をし

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 いでて, のやう, を示す

▼ 小新聞~ (3, 0.1%)

1 との区別, の発達, は処

▼ 小~ (3, 0.1%)

2 も風 1 のかたち

▼ 小汽船~ (3, 0.1%)

1 がその, に逢遇, に駕

▼ 小法師~ (3, 0.1%)

1 がある, なるもの, はこの

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 が切, が切っ, を囲ん

▼ 小理想~ (3, 0.1%)

1 なるに, にあらざる, の一つ

▼ 小短い~ (3, 0.1%)

1 のを, 脇差で, 脇差を

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 という, はこの, を收

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 がいた, であった, と称し

▼ 小~ (3, 0.1%)

2 でも揚卷 1 でも揚巻

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 が集まり, では一頭, に分かれ

▼ 小舎みたい~ (3, 0.1%)

1 だった, な宿泊所, な物

▼ 小舎同然~ (3, 0.1%)

1 の並ん, の家, の浦和

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 の集らぬ, をすら食わず, を食わざる

▼ 小衝かれ~ (3, 0.1%)

2 てゆく 1 たり無理

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 に出る, の米, をする

▼ 小~ (3, 0.1%)

2 に埋めつくされ 1 などという事

▼ 小酷く~ (3, 0.1%)

1 やつつけられ, 叱られましたとさ, 打つたり

▼ 小集團~ (3, 0.1%)

1 があ, もあつ, も漸く

▼ 小面倒~ (3, 0.1%)

1 なこと, な名前, な気兼ね

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 ながら近来海水浴場, に近く, は森林

▼ 小~ (3, 0.1%)

1 を以て酒, を攫ん, 大麥刈り

▼ 小いさ~ (2, 0.0%)

1 い丸髷, く並んで

▼ 小うるせ~ (2, 0.0%)

1 え策謀, え話しぶり

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 だを, の抱え

▼ 小かげ~ (2, 0.0%)

1 に横たわり, をえらん

▼ 小から~ (2, 0.0%)

1 ぬ一個, ぬ鼻

▼ 小きたない~ (2, 0.0%)

1 根性な, 話と

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 いづさより, え所

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 へに, め餌などを

▼ 小さかしい~ (2, 0.0%)

1 女童め, 野心沙汰

▼ 小しやく~ (2, 0.0%)

1 な, な目ざはりだ

▼ 小する~ (2, 0.0%)

2 の結果を

▼ 小ちゃい~ (2, 0.0%)

1 子供の, 黒子が

▼ 小つぼ~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ 小づか~ (2, 0.0%)

1 ひまで, を抜い

▼ 小であった~ (2, 0.0%)

1 とは思われない, のである

▼ 小であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば反発力

▼ 小です~ (2, 0.0%)

2

▼ 小でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 小との~ (2, 0.0%)

1 区別は, 如くその間

▼ 小とは~ (2, 0.0%)

1 いえ螺旋式, それより

▼ 小ども~ (2, 0.0%)

1 だったん, のアメだま一つ

▼ 小ならざるべからず~ (2, 0.0%)

2 その質

▼ 小ならしむる~ (2, 0.0%)

1 ものである, 所以とは

▼ 小ならしめる~ (2, 0.0%)

1 にある, 傾向が

▼ 小なりとは~ (2, 0.0%)

1 いえ一城, いえ親

▼ 小なりとも~ (2, 0.0%)

1 いふべけれど, 大いに発展

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 か雨, すっとじゃ

▼ 小ぶす~ (2, 0.0%)

1 ま, まの

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 やという, やとも

▼ 小べやが~ (2, 0.0%)

1 あったの, あるの

▼ 小べやには~ (2, 0.0%)

2 いって

▼ 小ゆるぎ~ (2, 0.0%)

1 さえしない, も見せぬ

▼ 小わかし~ (2, 0.0%)

1 というの, のこつ

▼ 小アジア~ (2, 0.0%)

1 のなにがし, を經

▼ 小一時間~ (2, 0.0%)

1 も, もシャツ一つ

▼ 小一里~ (2, 0.0%)

1 あまくさ, にある

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 が戸迷, と男

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の楽屋, の落語式

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 なき熱き胸, もなく

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 が, が時政

▼ 小供入り~ (2, 0.0%)

2 乱れて

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 という菅笠, と云う

▼ 小兵衛~ (2, 0.0%)

1 で佐々成政, を描ける

▼ 小劇場員~ (2, 0.0%)

1 の焼香, は今日先生

▼ 小劇場建設~ (2, 0.0%)

2 まで

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 は明治七年十二月十五日, は過去

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 六と, 六の

▼ 小動物~ (2, 0.0%)

1 に心得, は逃げ

▼ 小匙一杯位~ (2, 0.0%)

1 と皆んな, を加える

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の端, を斬った

▼ 小喬木~ (2, 0.0%)

1 にゴンズイ, の果実

▼ 小回転~ (2, 0.0%)

1 ののち, の後

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 をなしてる, を対立

▼ 小地主以上~ (2, 0.0%)

1 だとばかり, の

▼ 小地区~ (2, 0.0%)

1 のモップル, の盆地

▼ 小大名~ (2, 0.0%)

1 で先祖代々, より僅か

▼ 小寂しく~ (2, 0.0%)

1 なって, もある

▼ 小寒く~ (2, 0.0%)

1 なって, 伏せて

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 に乾

▼ 小山田庄左衛門~ (2, 0.0%)

1 が人待ち顔, を始め

▼ 小忙しい~ (2, 0.0%)

1 役目に, 浮世によ

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 その数

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 に懸

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 も之, らしくなる

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 かつてその, の墓前

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 をし, をしよう

▼ 小提灯闇夜~ (2, 0.0%)

2 も恐れず

▼ 小文吾再会~ (2, 0.0%)

2 の機縁

▼ 小新しい~ (2, 0.0%)

2 双子の

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の, は高天原

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 といふの, を配した

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 が池, などで越後

▼ 小検使~ (2, 0.0%)

2 などいう

▼ 小楊子~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を刺し込ん

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 を平然と, 小運

▼ 小法師甲斐~ (2, 0.0%)

1 には甲子太郎, の倅甲子太郎

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の湯治場, の羽賀寺

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の, のこと

▼ 小生等~ (2, 0.0%)

1 が骨, の劇

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 に名, もなく

▼ 小盗児市場~ (2, 0.0%)

1 の小路, の殺人

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 に焼酎

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 が最も, と祭

▼ 小穢い~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 がいっぱい, の教訓

▼ 小立て~ (2, 0.0%)

2 に取った

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 かこつ, は幾ら

▼ 小箪笥~ (2, 0.0%)

1 などが飾っ, の一番下

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 といった女, にし

▼ 小紋縮緬~ (2, 0.0%)

1 のよう, の変り裏

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 にあんなに, をかぶせ

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の羽織紐, を作っ

▼ 小聖堂~ (2, 0.0%)

2 に伴

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 で, で呼ぶ

▼ 小舎式~ (2, 0.0%)

1 の恰好, の珈琲店

▼ 小舞貫~ (2, 0.0%)

2 と四分板

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 が綱, のこめかみ

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 はその, を多数

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の娘ヤス, を離別

▼ 小衝かれた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 小衝く~ (2, 0.0%)

1 やうに, やうにも

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 ノ千年松ナリ, ノ千年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野

▼ 小買い~ (2, 0.0%)

1 だから, をなし

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 店の, 酒屋で

▼ 小走ろう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 小迷っ~ (2, 0.0%)

1 て行き, て行く

▼ 小通詞~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 いもそんなに, も上げる

▼ 小部分~ (2, 0.0%)

1 であ, とする

▼ 小都会~ (2, 0.0%)

1 の劇場, の風物情緒

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 かオイチョカブ

▼ 小鈴背中~ (2, 0.0%)

2 にがら

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 として扱われた, の填

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 をかけた, 干す箒草

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の前, を片手

▼ 小~ (2, 0.0%)

1 の開く, を潜った

▼ 小門外~ (2, 0.0%)

1 の平山牧場, の駐在所

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 遠く犬

▼ 小~ (2, 0.0%)

2 の中

▼1* [621件]

あたりにあ, 小あらいところを, 小いばって全身, 小いろの一つ, 小うさぎがあぶりぐし, 小かにかつ朧, 小かね馬作の四人, 小かぶのみそ汁, 小からの辛苦の, 小がいのお, 小がっこう四, 小がね勘定を, 小がもやにわとりを, 小くして云々, 小くってキチン, 小くなって光, 小くなるのでした, 小これは東, 小さえ手包の, 小さかしき謙信の, 小さきほこらあるは此下, 小さくいぢけ, 小さっぱりとした, 小さびしい自分の, 小ざつぱりとしたセルの厚司姿, 小ざるがそこ, 小し動いたやうに, 小じうとが五人, 小じっかり, 小ずませたものが, 小ずるく立廻つた結果が, 小せいと云え, 小せえんだね愛宕, 小そのは総て, 小ぞうたちがこっそり, 小はら, 小っこい僕でも, 小つちえん, 小つぶの物, 小つぶ取りまぜての, 小づかいだって僕, 小づかい下さいと云い, 小づかい貰うのン, 小づかれたり押しつけられ, 小づき廻してみ, 小づき廻すものだ, 小づくこと一つできは, 小づら憎くなるの, 小であって先方, 小であったであろうから出生, 小でありましても十分, 小であろうとそれ, 小でっぷりした赤ら顔, 小でないと思う, 小ではあるが, 小とか軽と, 小とから同時に成り立っ, 小とが終ひ, 小とだに名づけ難し, 小ともなる, 小とを超越せ, 小ながら河内の, 小なずなその他, 小なつかしい晩で, 小ならざる能はずである, 小ならしめたのも, 小ならず彼を, 小ならずして偉, 小ならむことを慮り, 小ならんことを, 小なりだけの相違である, 小なりに偉くなりたい, 小なるべき傾向が, 小な汚しい桶の, 小において器を, 小にくらしいような, 小にくらしく思えた, 小にも過ぎず尾, 小による解法, 小によるや否や, 小はんはこの, 小ばやしさんがだれ, 小さな, 小ひどく鞭を, 小ぶしん入りの, 小びがいっぱいたかっているきみの悪い, 小への筆法に, 小べや衣裳べ, 小べやだけはけっしてあけ, 小べやにひっぱりこんで, 小べやへとびこんで, 小べやをあけるかぎ, 小ましゃくれた丁稚を, 小まっちゃくれ, 小むずかしげな, 小むずかしき外貌を, 小むつかしく分別命名しある, 小めづらしいからと, 小めろ可愛が, 小もどりしていつのまにか, 小もの大もの, 小やがたって, 小やのまえに, 小やへにげこみました, 小よしネ, 小よりで箸を, 小りんの美目, 小窓から, 小アジア地方の原産, 小ガニは小豆, 小キナリ是レ古ヘノ, 小キ穴卜思ヒシニガランドナリ心持悪クナリテ泣ク, 小クヤ中入口ヲカゼニサラハレ全身ユキデヌレル, 小ク図画ニ宜シカラズ, 小ゴリアーテは大, 小サキ窓アリテ金網ヲ張ル, 小サクサカシクオサマッテイルモノカツマラナク時ヲ無為ニ, 小サクタヽンダ札束ヲ取, 小サク面赤ク眼丸クシテ鼻高ク傍ヲ見, 小サシ茎弱シテツルノ如ク直立スルコトアタワズ花五弁ニシテ厚シ内黄ニシテ外赤シ故ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル, 小ザクラの一変種, 小ぽけちッぱッぱ, 小ツクシなどという例, 小ツルさんのきょうだい, 小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形小ナレドモ味優レリ是茅栗ナリ, 小ナルヲ云小栗ナリ又シバクリト云爾雅, 小ニシテ一年ニ三度栗ヲ収ム, 小ニシテ弁少ナク辣甚ダシキ者ハ蒜ナリ小蒜ナリ, 小ビンしかない, 小ヨリ大ニ至リタル者タル可レバナリ, 小と云, 小一丁もはなれ, 小一両それだけあれ, 小一年ばかり借金返し, 小一時間位ありました, 小一時間前ちょうど小林, 小一町しかの古邸, 小は素手, 小七岸九兵衛の三名, 小万さん久しぶりでお前さん, 小万男と共に逃亡, 小丈夫のみ, 小三人幇間一人を伴, 小三十七種の齒輪車, 小三次十寸見和十乾坤坊良斎岩窪北渓尾の丸小兼, 小調子小不都合の, 小不都合の眼, 小の起伏, 小丘林中におびただしく, 小丘樹林を隈, 小中大の鉦, 小中大三個の錨, 小中学校ではよく, 小中學ぐらゐの女の子が自分, 小丸い指尖, 小國, 小乘的信仰ヲ以テ, 小乾す着物の, 小の太神楽, 小事件ながら実に, 小二銭小を二本買, 小五十枚中二十枚, 小五月会上皇御幸その時, 小甘州粛州, 小仏師三十人が助手, 小の忘却, 小休むと湿気, 小会紀念とある, 小使いさんが下町, 小のよう, 小信員無定數, 小に抱え, 小の一人, 小に載せ, 小僧位な所, 小兒勞働を必要, 小八郎恩人に頼まれた, 小公爵の処, 小六ヶ敷い文句, 小六党のひとり, 小六所蔵文書弾右衛門支配下の四十八座, 小六月大であつ, 小兵衛等二三人を招い, 小兵衛長兵衛部下の錚, 小兼とくッついて, 小兼ゆえ恟りして, 小兼竹内三竺喜斎等がその, 小兼覚悟しろ, 小の浪花節, 小円朝今の金語楼, 小冊子よ幸, 小凄くつてねえ, 小凪ぐと滅入る, 小凸起を上下, 小は北海道大雪山, 小分党の上, 小までしつ, 小刑部大明神は姫路城内, 小に意, 小利根河畔の, 小刻むは, 小は牛, 小劇場あたりの, 小劇場けい古場へ, 小劇場マチネーに行く, 小劇場以来の興行資本, 小劇場以来二三の演出家, 小劇場入りは百人足らず, 小劇場内部に思想的対立, 小劇場劇団部主事小山内薫先生は昭和三年十二月二十五日午後七時, 小劇場員中小山内先生の指名, 小劇場式常設研究劇団の組織, 小劇場心座前衛座等の手, 小劇場文芸部起草の追悼文, 小劇場新宿セントラル浅草小劇場と三つ, 小劇場葬は恙, 小劇場運動時代あれりを, 小劇場運動時代あたりを, 小劇場風の冠, 小劍等と共に三隈, 小動物社会の生活, 小醜化, 小北山それを過, 小匙一杯半ナットメッグの摺り, 小匙一杯玉子の黄身一つ, 小匙二杯の珈琲, 小区受持の警官棍棒氏, 小十人組ヘ組, 小十人身性が悪い, 小十郎正信原田十次郎之直, 小千兩もあるでせう, 小博奕をし, 小取り廻しの利かない, 小取交ぜて十人あまり, 小吉出ロトイッテソノ身御紋服, 小君自身は縁, 小君長に過, 小商人ニ過ギザリキ, 小即甦, 小喜劇があつ, 小喧しい姑でも, 小ヲ懸, 小四月大五月小であつ, 小団鉛を添, 小図書館とでもいうべき, 小国民あたりのもの, 小太の, 小圓太右足を踏み滑らした, 小圓朝門下で圓喬, 小圓錐形の寄生火山, 小池沢, 小地主の家々, 小地主ト小作人ノ存在スルコトハ神意トモ云フベク, 小地震三月八日亦小, 小にいるです, 小遠州, 小の破損, 小堂何の見る, 小堅い顔と, 小堅く涼しくなりあなた, 小堅果を偶然, 小という小型新聞, 小場君に, 小の聳え, 小の報ら, 小をもとめ, 小アリテ略ボ鈴子, 小大納言の君, 小天狗八剣士などというの, 小天狗町内の若い, 小太っ怒ったか, 小太夫の家, 小女房などの密, 小婆サンモツイ取リ紛レテコノ大切, 小婦一人には敵せられず, 小嬉しいやうで, 小深く心服, 小子及天富良碩, 小子部の連, 小學二年を修業, 小學四年の課程, 小學教育を破, 小學校ニ旋風ガ發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 小學校内の一教場, 小學校内某といふ人, 小學校時代の氣, 小學校校友會に演説, 小學校生徒のため, 小學校舍トシ後期ヲ高等小學校舍トシ, 小學校通ひに, 小學生的人物と彼, 小學程度ヲ以テ國民教育, 小安殿におわしまし, 小官吏などの娘, 小室全体がエレベーター仕掛, 小寒かった, 小尖った感じを, 小尼公とのみ稱, 小山間の汽車, 小嶼海中に群立, 小工場ではラジオ, 小左衞門さまというお方, 小左衞門方へ忍ばせた, 小左衞門殺しの罪, 小巨勢と段々高, 小市場の強弱, 小市民生活の自主性, 小市街の一風俗画, 小市郎秀長甥の三好孫七郎秀次, 小帆列を爲, 小をかぶっ, 小帽子に目, 小であって, 小の對山樓, 小幹弱枝之レヲ挿スニ生ジ易シ, 小広い緩斜面に, 小広うございます, 小広き寝室へと, 小広く引込んだ道, 小の朝露, 小庭纔二坪餘頃日青苔殆覆盡余愛其如天鵞絨毎倦書, 小は手, 小式部さんが歌舞, 小の驕慢, 小徳次大仁次小仁次大義, 小が天皇, 小の志賀氏, 小忙しげに, 小とて, 小恥しうて, 小恥しいように, 小悪獣そのままだ, 小悲喜劇の心理分析, 小意急の輩, 小の悩み, 小のひとつ, 小にやつ, 小憎しい申し分, 小憎しくなつた, 小憤れってえ, 小懐かしそうに, 小或は大なる, 小戦有之夫, 小探ししている, 小提灯などを付け, 小揺ぎもしない, 小揺れじゃこりゃ, 小摺ってやる, 小撚りにし, 小擦るとビュー・ビュー, 小にも負けん, 小故に較れ, 小文吾これは霧派, 小旅行について瀬川, 小などは物の数, 小族たちはいまや, 小族烏合の輩, 小旗紫金印の量天尺, 小日向台町何丁目何番地に新築落成, 小日録之填, 小早い身うごき, 小時はん防子の弔, 小曽根英四郎の親類, 小曽根英四郎方にて記す, 小曽清三郎が曽根, 小之女, 小をぬい, 小杯ッて面倒くさい, 小をもっ, 小がある, 小栗鼠の, 小桟橋いそぎたまふにまへざし落ちぬ, 小桶二つとの外, 小椅子にかける, 小植物園たり, 小楊子一本でも許されない, 小楢峰ノ別称ナル可シ, 小楼ニ独リ古キ櫃ドモ取出, 小楽燕の悲愁, 小ヲ生, 小橋屋小左衞門の因業, 小止したれば門外松下, 小殿に宴, 小比公気取の, 小比公氣取の態度, 小氏全体は本家, 小汚らしげだ, 小ならびに刃渡し, 小波だつ川面を, 小の典礼, 小浅間へのぼられた, 小淋しい堂守になど, 小淋しき様なり, 小深い樹の, 小清潔として左, 小の東南, 小を巻き, 小渦鳴戸のそれ, 小湊浦の漁夫蓮次郎, 小をなし, 小源太の三羽烏, 小瀧氏日かげの花上製本持參, 小烏丸などはそれ, 小烏帽子はあれ, 小焦ったく啖呵を, 小焦ったくってたまりません, 小焦ったくなったものか, 小焦れったいかも知れません, 小焼大風車の上, 小焼牛の子, 小熱いお湯の, 小父さんなんかをつかまえた, 小父ちゃんおいらも相談, 小父ちゃんこれはいったい, 小版三頁程の手紙, 小に当てがっ, 小牡丹の紋, 小の, 小狡い奴らが, 小狡く笑った, 小に有, 小狭隘求めて, 小狹者は狹, 小猿七之助がこれ, 小猿等大いなる丸, 小王国ワイマールの学友宰相, 小理想所謂小理窟所謂杓子定規等是なり, 小理窟所謂杓子定規等是なり, 小生一人が感心致候, 小生三十年ばかり郷里, 小生今般時代の流行, 小生余計な世話, 小生元気です, 小生先頃自身の旧作, 小生十餘日以前より發熱, 小生喀血の事, 小生最後の息, 小生産者のイデオロギー, 小生自身二年間ゐて, 小生自身何の経験, 小生評定所御呼出しこれ, 小生鳴雪翁ほどには得意, 小産階級に属する, 小痛く射つけた, 小白いよい男に, 小白くていわゆる, 小白花を聚め, 小百円はいりますから, 小百圓ばかりだ, 小皿山と, 小盗市場の古びた, 小を累, 小相さんがよかろ, 小相撲などをとっ, 小相英太郎今村次郎の速記, 小盾亂れうち, 小の馬, 小中, 小になる, 小砲チャンとそろっ, 小禍惡と健鬪最中, 小次大智, 小禽圖ももの, 小程度の改良, 小積む塩包いま逆光に, 小童子形を作, 小を小川, 小を吹い, 小笹原なる風, 小が八弥, 小範圍の, 小籬朱塗の見世格子, 小粗い仙台平の, 小未だ, 小紅亭とよべる, 小の武士, 小締まりだったがあの, 小美しく小さなもの, 小義次大禮, 小羽田は関東, 小耳かき立て声も無し, 小聖歌隊の合唱, 小聰しい眼, 小なるいわゆる, 小膽國民ニシテ如何ゾ世界的大帝國, 小臥像と一つ, 小舍のかどにす, 小舎いっぱいに拡がっ, 小舎ごとに分配, 小舎さか, 小舎それがふたり, 小舎のかどにす, 小舎主との小さな, 小舎乗越のウイスキー, 小舎人或は小, 小舎以外では糞便, 小舎兼見張所, 小舎外で焼く, 小舎掛をし, 小舎掛芝居の太鼓, 小舎番兼下男の為木音也, 小舎芝土を置いた, 小舎鶏小舎の番, 小舞せいといわれれ, 小艇ハじよん, 小艇十余艘をひきつれ, 小の一ツ, 小花園をつくり, 小の目と, 小といえ, 小のごとき, 小若い衆と稱, 小茄子を拝領, 小よ, 小華族だし, 小を楽しみありし, 小菴ぐるみじりじりと, 小はその, 小著そのものが私, 小著中より採録, 小著幸に後, 小著日和下駄の中, 小葡萄同じく一杯レモン, 小蒜ナリ根茎倶ニ大ニシテ辣多ク辛シテ, 小蒲団で包まれた, 小蒸汽船にて旅順, 小である, 小薊葉ニ似テ岐叉, 小藤太などもあと, 小藤文次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 小藤次のところ, 小の方, 小を愍, 小が海底, 小の影, 小行司の行列, 小の紅, 小にや又, 小西両氏及老兄龍等も御, 小西末郷鎮信の士松浦源次郎, 小などを某々誌, 小はハルトマン, 小詩人だから, 小くごとき声, 小読も勿論ユーモア小説, 小論中に書く, 小の綽名, 小請, 小貨のが以てのほか拂底, 小買ものや芝居, 小買人が駆廻る, 小費いがなくなる, 小費いもつかいよう, 小費ひとして, 小費金をもらっ, 小資本ニヨル私人經濟ガ大部分, 小賢い智恵とが, 小賢く発達し, 小賢げに立ち振舞つて, 小走ったがその, 小をした, 小をする, 小の至らなき, 小身なりとも都近く, 小な風采, 小車職人小僧女中といっさい, 小でしかなかっ, 小辞典を持っ, 小辭典のこと, 小大一座, 小返りしてさんざん, 小迷うてゆく思ひ, 小に踏み歩く, 小して, 小遊三公園より六代目, 小道具方衣裳床山囃子方等楽屋中漏れなく触れ歩く事等, 小道路になっ, 小やかみ, 小まで行かう, 小部屋に割, 小もり, 小野毛人墓へ参り, 小野道秀の許, 小金庫一箇敷布団の下, 小が揃え, 小銀スルリと帯, 小と何十丁, 小錦八十吉である, 小録好古日録に就い, 小録鴨毛屏風の条, 小鍛冶ある時, 小が明朗, 小が一円五十銭, 小のなか, 小降で御座いますね, 小でやや, 小に代り, 小集時棠園西脇翁過訪, 小集韻兼似柏軒, 小明らみぬ, 小面倒臭いソンな, 小いでまさずば, 小食すこの所, 小馬一名プルシャワルスキ馬だろうが, 小馬田の小, 小馬等がこれ, 小馬車二輪馬車などが警察, 小若, 小駒支店松井某方の軒端, 小高きありひくき, 小鬼其影を留めず消え失せぬ, 小鬼夜哭するの地, 小魚鰭の数, 小鮒とらへ來, 小を結付, 小鯛鰤の大, 小の鮨, 小が到着, 小麥三角畑の蕎麥, 小黒い愛くるしい顏を, 小黒く滲んで