青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「對~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~ ~尋ねた 尋常~ ~對
對~
小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ ~小僧 小僧~ 小児~ 小判~

「對~」 5897, 64ppm, 1790位

▼ 對~ (2666, 45.2%)

5229 てゐる 21 てその 18 て何等 17 て自分 15 て何, て居る 14 ては 13 て私 10 て大, て無 9 て一種, て不, て或 8 てさ, て常に, て濟, て特別 7 ていふ, てそれ, て反, て彼, て言, て非常, て餘

6 [12件] てこの, てこれ, てどう, てはその, ては私, て他者, て全く, て如何なる, て平次, て心, て最も, て義雄

5 てだ, て今, て充分, て敏感, て本, て現

4 [31件] てあまりに, てで, てどんな, ては中, ては彼, ては極めて, ては非常, てまだ, ても, ても亦, ても同じ, ても自分, て不安, て僕, て反感, て多少, て少し, て懷, て我々, て戰鬪, て新しい, て有する, て極めて, て氣, て生, て眞心, て腹, て自己, て與, て負, ブルジョアの

3 [60件] てあまり, てある, ている, てお, てお前, てかう, てた, てである, てなり, てはそれ, てはた, ては全然, ては吾, ては甚だ, ては誰, てもまた, ても之, てよく, て一々, て一つ, て一層, て不平, て之, て余, て債務, て僅, て冷淡, て出, て別に, て南支那, て同じ, て唯, て單, て妙, て孔子, て居, て居りました, て彼等, て感謝, て憤り, て懷疑的態度, て我が, て手, て抱い, て持つ, て日本, て普通, て果して, て正, て殆, て決して, て準備, て申譯, て眞, て眼, て答, て絶えず, て考へ, て適當, 後者は

2 [186件] てああ, ていへり, てしなかつた, てす, てすまない, てすまぬ, てする, てそんな, てだけである, てです, てとるべき, てどうしても, てな, てのみならず, ての振舞, てはかの, てはこの, てはさ, てはじめて, てはまるで, ては不, ては不幸, ては何, ては先生, ては全く, ては勿論, ては厭惡, ては同じく, ては唯, ては安全, ては怒らず, ては恐ろしい, ては感謝, ては我, ては既に, ては明白, ては殆ど何等, ては殊に, ては汝, ては眞, ては義雄, ては限, ては頗る, ては餘, てひどく, てまた, てもあまり, てもある, てもお, てもすまない, ても不, ても冷淡, ても服從, ても濟, ても相, ても社會, ても私, ても親切, てわるい, てわれ, てゐた, て一, て一度, て一歩, て一言, て主, て主人, て事, て二人, て云, て些, て以前, て何人, て作者, て來, て例, て俺, て假説的, て全然, て八五郎, て兵力, て其の, て加, て加へた罪, て北支那, て十分, て十分御馳走, て又, て反抗, て取るべき, て叛亂, て叛逆, て口, て古, て可, て可能的自己, て同意, て同時に, て同等, て否, て呵責, て問, て嚴重, て國策, て失禮, て好意, て姑, て存在, て孝道, て安, て寛容, て實際, て將來, て平和, て平素, て廣, て強い, て後, て御, て怒つ, て恐怖, て惡, て惡口, て惡意, て意見, て感じた, て感情, て戰, て批判, て批評, て抱く, て提出, て支那, て攻撃, て既に, て明確, て更に, て最初, て最後, て服從, て極度, て殘つて, て流行, て深い, て無上, て無用, て無頓着, て熱心, て爲, て物語, て猜疑警戒, て獨立, て理, て理解, て甚, て甚だ, て異, て疑問, て痛快, て盡, て相, て積極的, て立つ, て絶對, て義務, て義憤, て習慣, て能, て自ら, て行, て行うた, て見え, て見れ, て言ふところ, て言葉, て責任, て貴下, て逆, て限り, 之を, 信頼の, 國民の, 敢て, 碁を, 自分は, 衆議院が

1 [1566件 抜粋] あのしんめ, お前の, この畏怖, そこに, ちやアもう, てあなた, ていう, ていくら, ていたましく, ていと, ていまごろ電話, ておそらく, てかか, てかの女, てこそ有, てさげすみ, てしかいへるなり, てすぐれた, てすらほろにが, てすら我が, てそ, てそれぞれ, てただ, てたとへば, てだけは少々, てと, てと劣らず, てどれ, てなされた, てなぜ, てなる, てのい, てのほか, てのみ存在, てのよい, ての兵, ての名, ての怒り, ての感じ, ての敍事詩, ての暖かい, ての特色, ての考, ての設問, ての責任, てはある, てはか, てはぐつと, てはさうでない, てはそれ自身, てはつきり, てはみんな私, てはよほど, てはわれわれ, てはユダヤ人, ては一層, ては一指, ては一言, ては下らない, ては並々, ては之, ては人々, ては人生, ては他者, ては何だ, ては何故, ては侵し, ては先づ暫時無能力, ては冷ツ, ては勇敢, ては南北朝以來, ては又, ては各, ては單, ては四メトラ, ては夏目漱石, ては大, ては夫妻, ては容易, ては專門家, ては少く, ては局外中立, ては常に, ては平和, ては年頃, ては從來自ら呼吸, ては必ず, ては恐多い, ては憤懣, ては我々, ては所定, ては手代, ては支那的キリスト教, ては斯, ては普通醫者, ては有り, ては欲有限, ては此等弊竇, ては武斷主義, ては比較的, ては注意, ては無, ては理解, ては申譯, ては當面, ては眞志屋五郎兵衞, ては私交上, ては絶えず, ては置き去り, ては自分, ては芥川家, ては苦し, ては處置, ては豫言的, ては起さなかつた, ては返, ては金剛智三藏, ては隨分意地, ては魔醉劑, てぴしぴし, てまさに, てまるで, てもあなた, てもいやがらせ, てもかう, てもこんな, てもそのまま, てもそれ等, てもつと, てもどうか, てもみのる, てももう, てもやはり, てもわるく, ても一向, ても以前, ても作物そのもの, ても先生, ても共通, ても前, ても十分, ても各社, ても四季, ても奉仕, ても始め, ても實, ても強がらね, ても御, ても必要, ても怒, ても恨, ても愛する, ても懷疑的批判, ても抵抗, ても新室, ても最早, ても清潔謹嚴, ても無, ても甚だ, ても百人位, ても細君別, ても背く, ても臨機, ても自然さ, ても言, ても負, ても防備, ても非常, てやさしく, てやらはつきり, てよほどの同情, てわが, てゐ, てアジア, てウヰスラア, てクラーヴヂヤ・ペトローヴナ, てコッケイ, てディルタイ, てヘド, てミレン, て一人七文づつくれるのが例, て一句, て一脈, て一面, て三, て三年, て下せる, て不倶戴天, て不徳, て不死身, て不足, て不面目, て並々, て丸, て乾盃, て二十分畫, て五つ, て享受, て人民, て人間學, て今度以上, て今更, て休息, て何となく, て何事, て作, て使, て使命, て保證, て偏愛, て働く, て僞惡, て優越, て元, て先づ靜室, て先鞭, て共産主義, て其人達, て其輕蔑, て内的省察, て冷たく, て凡, て初め, て別個, て加へた, て動かされた, て勢力, て十年間, て南, て危害切迫せり, て厭く, て反逆, て古代ノルウェイ語, て可感, て同情, て名詞, て向けられ, て吾が, て呼びかけた, て哲學上乃至形而上論上, て問題, て嘉七, て嚴罰, て四十, て國友, て國民派, て地方長官, て坐わる, て堪える, て増し, て外部, て多大, て大徳屋, て天, て奉仕, て奮鬪的, て好い, て如何にも, て姿勢, て婚姻, て嫉妬的妨害, て子弟, て孟子, て宗助, て客員, て宣戰, て寡, て實現, て實踐的, て小幡, て尚, て居ない, て居れ, て屬國, て巫祝的祈祷, て平らか, て平等, て幾多, て建具屋, て弟, て後者, て從來, て心中, て心配, て忍び, て忿, て思ひ遣り, て思想的, て性惡, て恥, て悠々, て惡口云, て愛, て感ずる, て態度, て憤慨, て應援, て我, て我學問, て戰慄, て手紙, て批評ぬき, て抵當, て持ち出されるであらう, て挨拶, て改造四月號, て政府, て效果, て敢然, て敵意, て文藝擁護論, て斯ん, て新境現前, て施した, て日, て日記者, て早く, て時局, て暗殺者, て書い, て有力, て未だ, て東洋, て根本的, て案外, て極り惡相, て概念, て機械, て欲無限, て歡喜, て此感, て死, て殊, て段々, て母, て氣焔, て水門, て沙汰止み, て法王, て流石, て深き, て深甚, て漠然たる, て激しい, て無情冷酷, て無責任, て爭, て物凄い, て犯し, て狐偃, て現象, て甘い, て生活費, て異常, て疑, て病人扱, て白根火山, て的確, て皇帝, て目ざましい, て相す, て眞先, て知覺, て確め, て社會心理學, て禮部, て稀薄, て窓際, て立てり, て立體幾何學, て第, て答辯, て精いっぱい, て素樸, て組合, て經驗論, て編笠, て美しく, て考へた, て聞えなくなる, て胸臆, て膺懲, て自, て自分自身, て自然主義的, て自由黨總務委員, て與三郎, て芳賀博士, て荀卿, て萬葉, て著效, て蓮葉娘達, て藩閥内閣, て行つた批判, て表示, て補弼, て要求, て見識張つて, て親愛, て解き, て言つて, て言論, て訪問者, て詐り, て話, て詳密, て語られる, て誤れる, て誰, て論理, て謀反, て謬見, て警戒, て谷一つ距, て貞淑, て賢く, て起りたる, て跡目相續, て輕侮, て近年, て追慕, て進歩派, て道徳的義憤, て適用, て金, て釣合, て錢, て長城, て防禦, て隅, て隨分嚴酷, て隱, て難, て非難, て鞭撻, て頭, て養老金, て驚かね, て高き, て默, とこし, はつきりと, またこれ, ブルジョアジーと, 一切の, 一日の, 不落, 中年の, 今や内外, 以隱僻爲博といふ, 元勳, 兩國の, 其説を, 制約や, 北は, 危害を, 又た, 叛逆した, 同一の, 國家に, 地租増徴と, 多少の, 奮戰またも, 媒嫁即ち, 家に, 己が, 平野多き, 彼は, 心の, 思慮淺く, 感謝措く, 戰ふこ, 擧國一致と, 敬意を, 施い, 是を, 有罪の, 松田藏相は, 正に勝敗, 此の, 死活を, 無力無, 異存は, 發表し, 益々感謝景仰, 相爭ふ, 社會は, 競爭の, 給ふとき, 羞恥で, 肥料商に, 荀子は, 蘇東坡余, 言葉の, 路地の, 返事を, 都筑氏は, 釋畜だけが, 非常な, 飽くまでも自己

▼ 對する~ (1894, 32.1%)

14 私の 12 自分の 10 愛を 9 態度は 8 と同, ものは, 俺の, 彼の, 自覺 7 一種の 6 やうな, 愛と, 時と, 義務を, 興味は, 親しい感情 5 一つの, 不滿, 僕の, 尊敬と, 情熱は, 態度と

4 [28件] が如き, もので, やうに, 事が, 人の, 信仰が, 反感も, 同情は, 奉仕に, 奉仕の, 奉仕は, 奉仕を, 思想の, 愛は, 感謝の, 態度に, 態度を, 憧憬が, 憧憬と, 憧憬の, 憧憬を, 我々の, 我等の, 此の, 沒理想, 神の, 遠慮から, 非難の

3 [37件] ことが, これまでの, といふ, のは, 三種の, 人々の, 人間の, 反感が, 唯一の, 場合は, 忠を, 恐怖の, 愛が, 態度が, 態度の, 態度も, 憎惡, 憧憬は, 戰鬪の, 批評は, 批評を, 日頃の, 時の, 期待は, 沒却理想は, 無限の, 熱心の, 理解の, 罪は, 考へ, 考へが, 行爲を, 要求は, 返事を, 關係に, 關係は, 非難が

2 [136件] おのれが, かの女, ことに, ことを, と, ときには, ところの, に, にきまつ, にもあらず, のが, のです, のと, の情, の情實, ほどの年輩, ものに, ダンテの, 一個の, 不信が, 不信の, 不安が, 不安と, 不安の, 不斷, 主體, 人を, 何よりの, 余の, 作者の, 信念は, 個人の, 先生の, 共産黨の, 刑罰にて, 刑罰を, 勝利の, 反感は, 反感を, 反應, 反抗心が, 反逆である, 同情と, 同情を, 君の, 單純な, 場合に, 奉仕である, 好奇の, 好奇心は, 好意と, 好意は, 妻の, 嫉妬の, 嫉妬を, 嫌惡の, 孝と, 寛容の, 寛容を, 小生の, 希望を, 幕府の, 從來の, 心の, 心を, 情熱が, 惡口の, 意義は, 意識が, 愛, 愛から, 愛情が, 愛情の, 愛情を, 愛着は, 感情の, 感覺を, 感謝で, 態度から, 憧憬である, 戀の, 批評の, 抵抗力が, 政府の, 方法を, 時, 時には, 時は, 時よく, 最良の, 服從と, 服從は, 服從を, 未練を, 模倣の, 正當, 氣兼が, 沒理想の, 準備といふ, 準備の, 特別な, 特別の, 特殊な, 異論, 疑惑を, 知性の, 社會の, 答は, 答辯の, 答辯は, 精神の, 純粹, 義理も, 義雄の, 考へは, 者は, 腹稿の, 自己の, 苦しみ, 處分は, 處分を, 處置は, 見解も, 觀念の, 解釋を, 設備が, 諸般の, 責任について, 責任を, 責任感が, 輕蔑に, 返事だ, 遠慮が, 適應である, 關係を, 關心は

1 [1241件 抜粋] あこがれである, あなたの, あらゆる關係, ある解釋, お前が, お答, かの樣, からである, ことによつ, ことばかりの, この鬪爭, さびしい諦めた, その最初, それでは, とおなじ, ときと, ときを, とき故郷に, と云ひつ, と同一, と自分自身, どんな氣持, にたじろがざる, にも時として, に憐, に至つた所以, のすたる, のであります, のとち, のみで, のも, の信仰が, の意, の概して, の決議を, は子, は猶, まことに格好, まったく新しい, ものあら, ものと, も余一人, や始め, よりもよく, よりも二等輕, よりも舅姑, わが反撃, アヅマ郡利根上流の, アーミデイ家の, ウィーン學派の, グイードの, デヴオーシヨンである, フランシスの, ベンタムの, マルクス主義批評の, リルケの, ロゴスに, ロックの, 一派の, 一篇の, 七徳の, 上帝の, 不信任最初差し出された, 不同意, 不安とに, 不安を, 不平などを, 不平を, 不從順, 不快は, 不祥な, 世人の, 中西氏の, 主人公の, 主義の, 主體性, 事と, 云ひ知れぬ, 人は, 人力不足出征兵の, 他律的服從は, 他者は, 伊藤侯の, 低調敍情詩を, 何等かの, 作業的適應として, 侮蔑の, 信が, 信仰ある, 信仰を, 信任缺乏の, 信念に, 信念を, 信頼から, 個性的な, 傑作の, 僕自身の, 先驗論は, 全然の, 公正なる, 共産主義的の, 具體案を, 内面的強制であり, 冷淡の, 凡ての, 切なる, 別の, 制裁のみ, 制裁を, 努力が, 努力を, 動的雙關的關係の, 務めで, 勝利武力の, 十分の, 占ひ, 厭離を, 友誼の, 反感からと, 反感のせゐ, 反抗と, 反抗は, 反撥でも, 反省といふ, 反逆だ, 反逆者の, 取締り保護の, 叛逆, 叛逆にまで, 口實許りでなく, 史界の, 同一の, 同盟中には, 名分の, 否定では, 吾人の, 呼吸を, 品川といふ, 哲學的な, 善意である, 喪制の, 嗜好是れなり, 嘲罵としてね, 回答である, 國民の, 堅い信念, 報告をまで, 場合でない, 場合と, 壓制的侵害に, 壓迫的立法に, 外界のみ, 多年の, 夢を, 大方針, 失望と, 奉仕, 奔走が, 好奇心と, 好奇心を, 好意や, 好感を, 妬だ, 嫉妬, 嫉妬な, 嫌惡を, 子の, 子供らしい, 孝養の, 學校の, 客觀もしくは, 宴會に, 宿の, 寛容とを, 審美の, 專念を, 尊敬とを, 尊敬を, 對策は, 小冊子, 少年時の, 居士の, 屬僚の, 崇拜である, 崇敬の, 崇敬を, 希求である, 平癒快復の, 廊下續き, 弑逆罪, 強い信奉, 強い義務心, 形の, 影響に, 彼女達の, 待遇, 得物は, 御門の, 復讐を, 心勞一家の, 心得を, 心痛も, 心配ひ, 忠の, 忠義心を, 忸, 怒り, 思惑で, 思想より, 怠慢の, 怨みとでも, 怨嗟と, 恐ろしい幻滅, 恐怖と, 恐怖や, 悔は, 悔恨を, 悲哀, 情が, 情愛は, 情果して, 情熱である, 情熱なし, 情熱によ, 情縁の, 惡感が, 意志の, 意氣張りで, 意見も, 意識, 愚見を, 愛だ, 愛によ, 愛も, 愛情とは, 愛情は, 愛永遠的愛は, 愛着が, 感じなどに, 感情とか, 感情より, 感想の, 感激によ, 感覺といふ, 感觸結想に, 感謝やら, 慈愛が, 慈愛の, 態度といふ, 態度には, 慚愧と共に, 憐愍さ, 憤怒でも, 憤懣と, 憧憬, 應對が, 應用である, 懷疑の, 懸念を, 戀情から, 我が反撃, 戰は, 戰ひである, 所に, 所見も, 批判, 批判力の, 批評なし, 批評仲, 折檻の, 持前の, 推敲琢磨振りは, 擧動が, 支配の, 攻撃の, 政治的謀叛と, 效果の, 救濟の, 敬意が, 敬愛の, 敬禮を, 敬虔なる, 敵意を, 敵愾心も, 文人らが, 文壇の, 新しい情熱, 新しい感情, 方便では, 方策を, 日本人の, 早業が, 是等の, 時こそ, 時俺は, 時始めて, 普遍的自我の, 曲學の, 最も忌憚, 最も根本的, 最後の, 有形的な, 服從との, 服從も, 未練と, 本能, 李徴の, 根本的の, 根本觀念を, 桎梏に, 極度の, 概念の, 樂しき希望が, 權利を, 欽慕は, 此派の, 殿下の, 氣おくれ, 氣兼ねや, 氣持です, 氣持の, 汝が, 江戸の, 沒理想といふ, 注意が, 注疏に, 浮氣ごころが, 淡い愛情, 深い愛, 深い洞察, 深刻な, 減刑言渡書が, 温かき囘想, 準備, 滿足の, 漠然たる感想, 激しい愛慕, 災害を, 無智, 無視の, 無高, 熟考を, 熱心を, 熱情的な, 熱望の, 熱狂的迷信を, 爭が, 片戀, 特殊なる, 獨立が, 理會が, 理由は, 理解は, 生涯と, 用意だけは, 用意は, 申譯とは, 畏怖とを, 畢竟の, 異樣, 疑念, 疑念は, 疑念を, 痛罵宛も, 百姓たちの, 目前の, 盲目的不信からのみ, 相當, 眞實な, 眞面目なる, 知識が, 矯激の, 研究者の, 神に, 神經過敏なる, 禮にこそ, 禮を, 私達の, 程にも, 税を, 種々な, 稽古は, 立法的認識を, 第一次, 答と, 答へを, 篤い尊敬, 粉潰しの, 純眞, 素直な, 絶對的服從を, 絶望を, 維新の, 緯で, 缺點を, 罰の, 罵詈に, 罵詈雜言が, 義務か, 義務と, 義務他人に, 義務君に, 義務妻に, 義務幼者に, 義務朋友に, 義務長者に, 翁の, 考へを, 考察を, 者も, 肩み, 脅迫の, 自分等の, 自己嫌惡にも, 自然の, 自由な, 興味までも, 興味を, 興味を以て, 色情と, 若しくはどちら, 苦心は, 處決は, 處置としては, 虚榮の, 補償で, 要求項目の, 見解の, 親しさ, 觀察が, 觀念などから, 解答では, 解答も, 解釋に, 解釋も, 言語動作は, 訓練が, 記憶を, 訴状を, 評價の, 評語が, 誇りを, 誤解は, 論證の, 諷刺の, 諸天使, 警戒取締頗る, 讀者の, 讓歩や, 豫言が, 貧乏人の, 責任は, 費用が, 賞讚的紹介を, 贊否の, 趣味といふ, 趣味を, 身體のみ, 輕侮は, 輕蔑だの, 輕蔑若しくは, 辭書として, 近代的な, 返事としては, 迫害急に, 追慕の, 送別會が, 逍遙こそ, 逍遙は, 道徳のみに, 遠近の, 適當の, 遺族の, 部に, 配合が, 酬なり, 重大な, 金が, 鋭い感受性, 鋭敏なる, 長官夫人の, 關係である, 關係においてのみ, 關係も, 關心によ, 防備的考察は, 防禦機關の, 陰謀が, 隔意を, 雄の, 非難である, 面白い觀察, 革新の, 順逆論の, 顧慮を, 駁論をも, 驚き, 驩待振, 鬱積した怒, 點に

▼ 對~ (426, 7.2%)

12 對する 7 出來 6 對し 4 なつて, 夫が, 服從しなけれ 3 して, ない, 必要である

2 [16件] ありません, お聞き, これは, しやう, それは, それを, なつた, 不可能と, 彼の, 惡いと, 照ちやんは, 私が, 私の, 自己を, 遇ふて, 非常に

1 [348件] あまりにはやく, あらゆる警戒, あり得べからざること, あるわけ, いかなる精神, いかん, いくら必要, いけない, いつでも, いふならば, いへる處滑稽, うへから, おなじ土, おびたゞしく嫌, おりかは, お紋, お鳥, かかる觀念, ここには, こしら, この世界, この觀念, これに, これらの, こんな煮え切らない, さう, しては, しないしないで, しなかつたと, しや, すぐこれ, すつかり醉拂つて, すると, せし頃年上, そこを, その人, その國土, それの, そんな事, ただ不明瞭, だだつ廣, だんだんだんだん丈夫, ちよつと, つまり逆, できない, できない規定, とり異性, とる時, ないと, ない事, なかつた, なかつたならば, なし, なつちやつたんだ, なりますと, なるいつも, なるの, なるので, ひどく落着, ふれさせませんからね, まはる, めそめそと, ものそのものの, もの寂しいいろは, よく人, わが日本, わたし等自身が, ゐて, サンヂカリストは, シヤガールの, デンマルクなどの, ドアも, ラジィゲは, 一二日は, 一切の, 一尺にも, 一層恨み, 一等國でなけれ, 不可である, 不可能である, 不可能です, 不可能に, 不可能の, 不變, 不賛成である, 並んで, 中村の, 主として支那方面, 主要動の, 之を, 乘らない, 乙が, 五十嵐は, 五音, 井伊掃部頭の, 亦昂奮, 人には, 人を, 人間における, 人間の, 人間は, 今の, 今は, 仕掛けが, 他の, 仲間でも, 何かを, 何だか心細い, 何ともいへぬ, 來ては, 來世を, 信用する, 側に, 優しい心根, 充分に, 光は, 入れないこと, 全然内面, 兵役の, 其犧牲を, 内面的な, 再婚し, 分離された, 切り開くこと, 前から, 功績の, 動いて, 北歐固有の, 却つて氏が, 反對, 反省が, 可愛ゆらしく, 右から, 同情と, 向ひ, 否定し, 否定す, 吾が佛教, 吾妻川の, 唯何となく時間, 善い方面, 喰べ, 嘘ぢや, 土の, 地球が, 壁の, 外から, 外されないばかり, 外界へ, 多くの, 夢の, 夢見が, 大切だ, 大衆とは, 女は, 女性が, 好まぬ所, 妻が, 姉を, 姑が, 威勢がよ, 嫁を, 嫌ひなもので, 學主と, 學校では, 安全を, 客の, 寂然と, 寒なる, 實在, 實現し, 實社會の, 尊長から, 對立し, 小さな噴火, 少しでも, 尤も算數に, 左街の, 幇間藝子を, 年は, 年寄り女の, 庶民の, 廣く明るい, 形而上學が, 彼等は, 後方の, 御斷, 必要だつた, 必要なる, 性の, 恐ろしく才氣走つて, 惡いものだ, 惡運を, 愛重し, 憎いほど, 懷疑の, 手ご, 手頼つて行く, 打ち殺してでも, 批評的である, 拒絶する, 拵へ, 振動が, 排斥すべき, 撃沈される, 擧措何となく, 支那の, 支那人を, 支那國内の, 數が, 新しくせ, 日本固有の, 日本風の, 昂奮しない, 昔から, 春三郎の, 春夏の, 時流の, 時計の, 暴に, 曲藝師の, 會つてし, 服從した, 服從します, 服從で, 本質的に, 杭州に, 東北風の, 東洋から, 桃畑を, 概念の, 樂天的で, 止めて, 正しいもの, 正確といふ, 殆ど見るべき, 殿の, 氣の, 氣力も, 氣象は, 沮まれて, 漸進主義を, 無い, 無かつ, 無我である, 無言な, 無限なる, 營養良好に, 爲ない, 爲替相場が, 父祖の, 犯さないで, 狂いは, 獸を, 現れるの, 生で, 生命ある, 申すわけ, 男つ振, 男子が, 痩せて, 盲目按摩でない, 相續人, 瞬間的に, 知らせない祕密, 短く休息, 社會主義を, 秀吉が, 私は, 私言ひ, 科學的な, 空虚そのものと, 立つところ, 立てり, 立派な, 競馬に, 籾御藏の, 結婚は, 統一單純性すな, 絶對に, 纏はれた, 罪の, 罪は, 置く彼, 考へられないこと, 聞くもの, 自分から, 自分が, 自分には, 自分を, 自己に, 自由詩に, 船に, 良いと, 色づけたり, 芥川家の, 若々しくな, 草木は, 落葉樹や, 蒲團をか, 薄らいで, 藝妓から, 虚僞を, 行かない人間, 西洋の, 見えないこと, 見えぬ, 見れば, 見落さない筈, 親が, 解したるなり, 解釋する, 言つ, 言わないし, 許しません, 認識論上の, 語つたのかも, 誤れる發達, 諒解出來ない, 論じたならば, 負けぬ完璧, 起らないといふ, 跳か, 身體が, 近所の, 送つて來, 遁げつ, 遇ひ, 過去への, 過去より, 過去を, 道を, 都會の, 金錢の, 錢形平次は, 長安出土説の, 開けられる筈, 間違いじゃ, 間違ひ, 關係が, 阿新, 阿波徳島方面から, 雪國にな, 霜どけの, 露さない, 頓着せずし, 頗る氣持, 駈け出す兵士

▼ 對~ (284, 4.8%)

9 方向に 7 方向を 6 位置に, 側に, 方へ 5 側の, 意見を 4 ものである, 天に 3 ものを, 價値を, 地位に, 弛む氣, 意志を, 方から, 方向へ

2 [19件] ことを, ものに, 上より, 事實は, 側へ, 地位, 性格を, 意味にて, 意味にても, 意味の, 意志は, 感を, 方に, 方面に, 氣の, 結果を, 議論を, 象の, 體より

1 [173件] お方も, ことが, ことしか, ことも, ものだつた, ものでありました, ものであるべき, ものと, ものの, ガラス窓に, 一に, 上に, 不可能を, 不變性, 並木道を, 中に, 主權者, 事を, 事實が, 事實を, 事態を, 二生涯の, 人々は, 人は, 仲よき, 信仰を, 信念を, 側から, 側からは, 側など, 側を, 側面に, 傾向を, 價値あり, 兩生涯に, 兩生涯を, 凝る氣, 前に, 前の, 勾配です, 北の方には, 北側では, 北向きの, 原因から, 可能性を, 合圖と, 團を, 地位を, 場合が, 場合は, 境界なり, 壁ぎはに, 壁に, 壁際に, 大言なり, 大騷, 夫婦出來あがり, 奧の, 姿である, 姿とは, 孤獨と, 孤獨に, 學問たる, 學派も, 宗教を, 家の, 寺の, 小袖に, 尠ない, 山あ, 山の, 山道を, 巨人の, 平等である, 庭の, 強者は, 彫刻にも, 往來の, 快樂, 惡人極道も, 意味が, 意味を, 意志之に, 意義に, 感情を, 我國及支那の, 所も, 批評を, 排列を, 新聞社に, 方には, 方の, 方も, 方向の, 方向よりの, 方角に, 方面をも, 方面即ち, 日曜學校の, 服從をすら, 材料を, 根據が, 根據も, 榊四邊に, 模型に, 權力を, 權能を, 歴史的世界性が, 歸着處なる, 氣は, 氣を, 無に, 無線塔, 燒點たり, 爲に, 片歌, 状態でも, 状態は, 現象である, 現象でう, 理想なり, 理想に, 理論に, 男女が, 目的が, 相對, 示威運動は, 神を, 禁酒を, 空に, 窓より, 立場から, 立場に, 立案を, 端から, 端に, 端の, 箱と, 系統に, 細い龜甲形, 美事也, 美談也この, 義務である, 習慣に, 老人が, 脇差の, 自由なる, 色が, 色は, 蓮華の, 衆理想を, 裡から, 見るからに, 觸手を, 言葉に, 言論を, 誤解を, 趣意で, 軸物松竹梅の, 郡縣制に, 銀杏かと, 銘仙の, 間の, 闇の, 關係を, 隅に, 隅へ, 電車に, 靜かさは, 駁氣を, 驛の, 高張次は, 鯉幟を

▼ 對した~ (47, 0.8%)

3 のである, のは 2 のです, 罪は

1 [37件] かが一層, が肥大, ことだけを, ことで, ことより, つて貰あ, ところである, ところは, としては云, とひ, に拘らず, のが, のださうである, まま二人は, ものだ, ものである, ものです, やうな, んだ, 事が, 人も, 位だ, 側には, 儘言葉少なに, 平次も, 彼岸の, 時とは, 時に, 時一方は, 暫時の, 江戸一番の, 爲め祖父の, 私は, 者が, 處は, 赤泊の, 隣家の

▼ 對~ (40, 0.7%)

3 合つてゐる 2 あつて, て, て云

1 [31件] ていふ, てかた, てその, てはかくして, てめぐる, てアンナ, て卑怯, て名, て君, て吝, て數學理學, て書, て深き, て發舒展開, て立ち, て萬, て起ち, ながら彼, の家, の巖壁, 合つた寂しい, 合つてきりつ, 合つてゐた, 合つて土藏が, 合つて坐つ, 合つて坐つた, 合つて斯うし, 合は, 短歌を, 葉の, 足を

▼ 對~ (39, 0.7%)

3 ものを

1 [36件] ところが, のが, のだ, ので, もの, ものが, ものに, ものの, ものも, われ, んざあたつ, んだ, んです, 二人の, 例へば甲, 原因を, 場合も, 對照を, 待合の, 心持を, 意味に, 意味の, 或る, 或者, 所も, 文吾をば, 方向に, 方角から, 正義觀も, 沈默家だつた, 物を, 結果が, 結果を, 靜かさで, 靜肅さの, 高みを

▼ 對~ (37, 0.6%)

2 して, なす他, 唱へ

1 [31件] したもの, しても, するの, なして, なすの, なすもの, やつた, シュレーデル氏の, 作出す如き, 先生との, 出來, 受けたにも, 受けた場合, 唱へる, 少くも, 意味する, 押しきつて佐原屋, 押し切つて, 押切つて兩國の, 振, 根本假定と, 求むる者, 滅さぬで, 現ずるや, 研究する, 言へば, 誘導成立せし, 證明する, 避けよう, 非哲學, 顧慮せずし

▼ 對~ (33, 0.6%)

5 あつて 3 あつた

1 [25件] さあ, その間に, その響き, とてもそれ, とりわけその, よく攻撃, レコードが, 中の, 以上とり, 口を, 圓滿に, 女湯の, 完成する, 少しも, 待合なんと, 支那在, 敷居際に, 日本人は, 森田の, 此奧さんの, 神代文字の, 絮を, 色盲が, 複雜な, 言ひかけるであり

▼ 對~ (28, 0.5%)

8 なもの 3 な生命 2 な眞理

1 [15件] であ, である, であるそれ, である如く, でなくて, でなく自分, な信憑, な傳統主義, な同一, な同一性, な意志, な死, な氣持, な自分, な非常

▼ 對~ (19, 0.3%)

2 おのづか, 不可能である

1 [15件] いかにし, いづれの, いろ, しなかつたのに, しません, しめつ, し寒き, ないで, なかつた死, 之を, 別である, 動詞は, 即ち造化, 爲さ, 相引く

▼ 對~ (14, 0.2%)

2 あつた

1 [12件] あるだらうから, あるなら眞面目, はで新宿に, 夫の, 孟子の, 實際に, 怖いの, 方には, 無かつ, 理解せられる, 考へられ得る, 起るであらう

▼ 對せる~ (13, 0.2%)

2 を見

1 [11件] なり, もの, ものは, 位置こそ, 信州組の, 場合に, 小松殿と, 思想を, 時公子容を, 者の, 要素すな

▼ 對~ (12, 0.2%)

1 [12件] いひ質, いふ, すれば, せられなば, 云ふ, 出掛けた處, 尾叉とが, 爲す, 相對, 稱せられる, 見るは, 認めら

▼ 對つて~ (11, 0.2%)

1 [11件] さう, はいつも, も兄, も十二分, も總, も茫然, ゐた, ゐられたら此處, 射よと, 詰め寄らうとして, 頻りに水泳

▼ 對である~ (9, 0.2%)

1 からた, から余, から到底, が恰も, ことが, として拾得, 實例が, 斯う, 豫示だ

▼ 對なる~ (9, 0.2%)

1 こと記者に, もの是を, を以て互に, を以て我思想上, 乙に, 或る, 衆理想に, 輪廓ばかりに, 隱微な

▼ 對すれ~ (6, 0.1%)

1 ば俗念, ば全く, ば凡て, ば天地, ば平伏, ば相

▼ 對~ (6, 0.1%)

1 からである, ぜ女, つたで, といふ, と思う, と思ふ

▼ 對~ (6, 0.1%)

31 たといふ, ぬが常, られた書簡

▼ 對~ (6, 0.1%)

1 あつた, しなかつたの, なく就中伯母富貴, また眞實, 切らずに, 顧慮しない

▼ 對しまし~ (5, 0.1%)

1 ては彼等, てま, てもそれでは, て今日, て此

▼ 對~ (5, 0.1%)

1 ことが, によりて朝夕, に及ん, のである, 池の

▼ 對~ (4, 0.1%)

1 の山々, 岸の, 河岸の, 河岸は

▼ 對したる~ (4, 0.1%)

1 は此, を以て伯, 當時の, 者は

▼ 對には~ (4, 0.1%)

2 ならぬ根 1 是非も, 汝が

▼ 對ふところ~ (4, 0.1%)

1 に吾が, のもの, のもの一切, の物

▼ 對主義~ (4, 0.1%)

1 の如何なる, の虚無主義, を奉ずる, 若くは

▼ 對あり~ (3, 0.1%)

1 て議, 今日以後の, 彼我後先あり

▼ 對せられ~ (3, 0.1%)

1 ても彼女, て政界, 進歩黨に

▼ 對~ (3, 0.1%)

1 之が, 專ら之に, 曰く竺阿彌

▼ 對なり~ (3, 0.1%)

1 こ, といへる片言, 近衞公

▼ 對にな~ (3, 0.1%)

1 つた恰好と, つてゐた, つて居ります

▼ 對へて~ (3, 0.1%)

2 ゐる 1 居る

▼ 對へる~ (3, 0.1%)

1 半球の, 日の, 渡殿の

▼ 對スル立法精神ニ於テ~ (3, 0.1%)

3 別ニ法律

▼ 對匈奴策~ (3, 0.1%)

1 とは要するに, の骨子, を建てた

▼ 對~ (3, 0.1%)

1 するの, するのみ, するもの

▼ 對ある~ (2, 0.0%)

1 を知らざる, を知り

▼ 對うてゐる~ (2, 0.0%)

2 とその

▼ 對うて居る~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ 對から~ (2, 0.0%)

1 反對, 始められるそれ

▼ 對き立ち~ (2, 0.0%)

1 てまた, て相

▼ 對したら~ (2, 0.0%)

1 といふ客, 女に

▼ 對しまつりて~ (2, 0.0%)

1 もわがまま, も若

▼ 對すべき~ (2, 0.0%)

1 ところである, ものを

▼ 對するさげすみ~ (2, 0.0%)

1 と嫌惡, は役人

▼ 對する返~ (2, 0.0%)

2 禮の

▼ 對~ (2, 0.0%)

1 ば初, むが

▼ 對せざる~ (2, 0.0%)

1 までも之, を得なかつた

▼ 對せし~ (2, 0.0%)

1 が人, 時の

▼ 對せね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば公平

▼ 對つた~ (2, 0.0%)

1 ところに, とてとても

▼ 對といふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 程の

▼ 對のみ~ (2, 0.0%)

1 なる意義, 殘る

▼ 對へと~ (2, 0.0%)

1 動きつつ, 囘轉する

▼ 對へば~ (2, 0.0%)

1 大抵出來る, 譯も

▼ 對をも~ (2, 0.0%)

1 畏れずし, 顧みず此

▼ 對シテ~ (2, 0.0%)

1 大父母タル立場ニ於テ其, 無月謝教科書給付中食

▼ 對シテ賠償~ (2, 0.0%)

1 ヲナス能ハズ實ニ其資, ヲ命ジ

▼ 對プーチヤチン~ (2, 0.0%)

1 のこの, の相違

▼ 對ペルリ~ (2, 0.0%)

1 と川路對プーチヤチン, の交渉

▼ 對個人~ (2, 0.0%)

1 とはその, と對相對個人

▼ 對原理~ (2, 0.0%)

1 に含まれ, はエネルギー

▼ 對因果的~ (2, 0.0%)

1 と認め, にマテリー

▼ 對必要~ (2, 0.0%)

1 で榮, とされる

▼ 對生涯~ (2, 0.0%)

1 はその後沒理想期, は其腹稿

▼1* [174件]

あらゆる點に, 對あるべきことと, 對合つて離別の, 對い立つて挑み合いました, 對おれの關係, 對お前そのお前對おれ, 對かも知れないの, 對き立たして事戸, 對させ必死の, 對されたが貴島, 對しいな殊に, 對しかういふ傳へを, 對しかねて今, 對しその好, 對したい氣持に, 對したがるからねえ, 對したではない, 對しましたが番頭, 對しまつる神祇歌天皇に對しまつる賀, 對しまつる賀の歌, 對しようをする, 對し奉り一心精忠の, 對し居るが如くなる, 對し得る兩面性が, 對し誇るべき程の, 對し謹んで謝罪, 對この二大部, 對すべく立上る, 對するあきたらなさ, 對するあらば誰, 對するいな一般, 對するいたみと俺, 對するおどし文句で, 對するむかつくような, 對する如き國體に, 對する如くこれに, 對する心づかひなども細かく, 對する怒れるカロンの, 對する憤恨を, 對する憤りが一時, 對する疑ひも次第に, 對する疑ひが晴れた, 對する絶えない良心の, 對する羨みの感, 對する考へ方又, 對する諦めもなく, 對する赦しの動作從つて神, 對する遊んでゐる, 對する防ぎとし, 對せざりし所以が, 對せしめて單純, 對せずにおかう, 對せなければならぬ, 對せられる樣な, 對せんとせ, 對たりエキストリンジックたり, 對たる乙點よりは, 對つてそれを神仙化, 對つて不孝なるやくざ者, 對つて丹濃が, 對つて其處に存, 對つて怡然として神喜び心樂め, 對つて新奇の題目, 對つて無慈悲な驅, 對つて無能なもの, 對つて爲されて, 對づくで信仰する, 對づゝ出るので, 對てをる間, 對であり全部である, 對でなかつたのです, 對ではありませぬが, 對でもするとか, 對として眼に, 對との別より, 對とは云ひ, 對どころでなく却つてこれ, 對などが元に, 對なるべく其の政治思想, 對なる考へ方を, 對にごりがんを, 對にて玉子の, 對にては無之候, 對にばかり石を, 對にも拘らず殷, 對はれしこと無かりし, 對はれたことも, 對はれましやうか, 對ひあつて話を, 對ひつぐなんで, 對ひでゐては, 對ひまゐら, 對ひゐて兵卒, 對ひ坐して語, 對ひ坐すこれの, 對ひ居て骨牌, 對ひ得るなど後指, 對ひ立ち夕凪なり, 對ひ見ゆ, 對ふことも極めて, 對ふらく婆羅門輩が, 對へに苦しむ, 對遠慮を, 對汝は, 對らしい蠱媚に, 對をとなへた, 對又ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ, 對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, 對シテハ義勇兵制ヲ採用スル者アルベシ, 對シテ人類ハ公共的動物ナリト云フ共産主義者ノ人生觀ガ半面ヨリ, 對シテ其ノ納付金, 對シテ勳功アル者ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ差別セズ, 對シテ國家ハ大父母, 對シテ國家ハ俸給ヲ給付ス, 對シテ國家ハ兩者共ニ法律ヲ以テ臨マザル方針, 對シテ土地ヲ借, 對シテ恣ニ鎭壓軍ヲ輸送セシムルナラバ其, 對シテ應答ヲ免除サレンコトヲ期ス, 對シテ戰爭ヲ開始スルノ權利, 對シテ日鮮人ハ古來, 對シテ最高限度ノ活動權域, 對シテ朝鮮ニ日本語ヲ強制シタル如ク我, 對シテ死刑ヲ以テセント云フハ必ズシモ希望スル所ニ, 對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, 對シテ起レル民族主義ガ近世史ノ一大潮流ナリシハ言フノ, 對シテ軍國的組織ヲ放棄シ得ザリシ所以, 對シテ酌ム山花開ク一盃一盃復タ一盃とは事, 對スル自衞的必要ニ基キテ獨立擁護, 對スルニハ現代的再建ヲ想像スルヨリモ, 對スル一般且ツ有理ノ非難, 對スル反逆ト考フルハ恰モ政治的特權者ニ向ツテ叫バレタル政治, 對スル大陸軍ヲ缺クベカラズ, 對スル富豪等ノ罪惡ガ國家, 對スル愛國心ヲ, 對スル權威ヲ失シ交友ニ於ケル信用, 對スル父母トシテノ日常義務ヲ果スモノナリ, 對スル言語ナク人種下等ノ國ニテハ, 對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無ノ文化運動, 對セントスル如キハ實ニ龍車ニ向フ蟷螂, 對ポムペイウス戰亂の餘波, 對上位に立ち, 對不可犯であるといふ, 對不敗の豪傑, 對仰臥の姿勢, 對内外關係をべつ, 對効果を生ずる, 對効果的な尊, 對大衆文化への全面的, 對大衆的效果を評價, 對顋が, 對小作人ノ間ニ巣ハシム可カラズ, 對小作人ノミヲ解決シテ得ベカラズ, 對幕府的にもあまり, 對心理をも多く, 對必要物である, 對散文の觀念, 對普遍政治の廢止, 對機械的に出, 對を引き寄せる, 對決議を爲さ, 對現在として皇室, 對理想といひ, 對精神簡單に言, 對絶命の所, 對が二對, 對自我または純, 對自然的に絶對因果的, 對自然的絶對因果的と認め, 對自由を理想, 對若し相對, 對行動をとる, 對試行の研究, 對運動を試み居る, 對面す其餘は