青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尋ね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

将校~ 将軍~ 将軍家~ 将門~ 尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね
尋ね~
~尋ねた 尋常~ ~對 對~ 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~

「尋ね~」 2718, 29ppm, 3992位

▼ 尋ね~ (2082, 76.6%)

125 みた 76 来て 64 見た 44 みると 43 来たの 35 来た 31 見ると 30 みたが 22 みました 16 いた 15 來た, 行って 13 いる, 行った 12 いるの, 来ました, 見ました 11 きた, みますと, みようと, 来たこと, 見たが 10 みて, みても, 来る人, 行くと, 見る 9 みるが, みれば, 往った, 行くの, 見ようと 8 来る, 行つた, 見たいと, 見ても 7 きて, みたの, みなければ, みること, 来たと, 来ても, 行けば 6 おいで, 来たん, 来た時, 行こうと, 見たの

5 [14件] いった, おいでに, きたの, くれた, みましたが, みよう, 來て, 尋ねあてたおれたち, 来るの, 来れば, 示す方角, 行くこと, 行った時, 見ること

4 [22件] いたの, おいて, くれる, それを, みたこと, みたり, みたん, みる, 参りました, 居ると, 来たという, 来たもの, 来た事, 来ること, 歩いて, 行きましたが, 行く, 行ったところ, 見て, 見なければ, 見るが, 見れば

3 [34件] いって, いるよう, くれ, これを, ごらんなさい, まいりました, みたいと, みるに, みる気, ゆくと, ゐる, 來られた, 來る, 往くところ, 来たか, 来たから, 来たが, 来たので, 来たよ, 来たり, 来た客, 来た者, 来まして, 来ると, 歩きまして, 行きました, 行く途中, 行ったという, 行つ, 見たい, 見たり, 見ましたが, 見ましょう, 見よう

2 [84件] あちこちと, あった, あるいて, あるぞ, いたあの, いないので, いました, いると, いるところ, いるので, いる人, くるの, くれたと, そこと, その日, まいったの, まいった者, まいりましたが, みたいこと, みたい気, みたい気持, みたけれど, みたら, みた事, みましたけれど, みましても, みるの, みる隙, みろと, やった, ゆく人, ゐるの, 一泊を, 二度ほど, 参りまして, 叔母を, 居りました, 居る, 御覧なさい, 手紙を, 本所へ, 来い, 来いと, 来そう, 来たって, 来たよう, 来たらう, 来た男, 来ながら, 来ましたが, 来や, 来るはず, 来るよう, 来る者, 来る貧乏人, 此の, 置いて, 聞いて, 行かずに, 行かれても, 行くかも, 行く事, 行く人, 行く継子さん, 行ったこと, 行っても, 行つたさうだ, 行つて見よう, 見たいの, 見たくなるの, 見たけれど, 見たこと, 見たところ, 見たん, 見た所, 見た頃, 見ますと, 見む, 見よ, 見ようか, 見ようかしら, 見るに, 針箱の, 驚ろかれた

1 [815件 抜粋] あげること, あるいた, あるいても, ある剣法, いいますには, いい名著, いかに孔明, いくと, いこうという, いたく泣く, いたところ, いた今, いた美しい, いた者, いつたこと, いない, います, いらしツたん, いらっしゃったら永, いらっしゃるし, いるお方達, いること, いるだけの, いるでは, いるに, いるもの, いるらしい人たち, いるん, いる先方, いる内, いる大月玄蕃, いる最中, いる様子, いる海晏寺, いる生贄, いる矢先, いる羅馬国, いる間, おあげなされ, おいでな, おかげで, おくれ, おくれで, おりましたが, おりますんで, おるぞと, お互に, お出でなさる, お出でに, お客様が, お島, お答えを, きさうな, きたこと, きたと, きた用向き, きた者, きても, きました今晩, きません, くるでは, くると, くるる友, くれたそう, くれたり, くれた余り, くれた医師, くれて, くれなかったの, くれぬか, くれましたので, くれるなと, くれるよ, こいと, ここまで, こちらへ, このあたり, この事, この夕徒ら, この山, この村, この階子段, これが, こんなに心配苦労, ごらん, ごらんなさいまし, ごらんに, ご覧なさい, ご覧遊ばせ, さへ, すぐに, すみませんが, そこでお, そこの, そのくち, その一, その動機, その白鶏, その需要, それから冷, それが, だんだん上流, ついにジャン, どうする, なさけ容赦も, はおるが, はるかに, ひょッ, まいりましたよう, まいりまする道, まいるが, まるで姉, みい, みえましたほてい商会, みたいとも, みたいもの, みたそう, みたとき, みたところが, みたまえ, みたまえ驚いて, みたまでじゃ, みたらここ, みたらさすが, みたら今, みたら四人息子, みたら幾ら, みた時, みないこと, みなかった, みなかったの, みなさるが, みべ, みましょうかしら, みます, みませう, みようかとも, みようかなんぞと, みようとも, みよと, みられたの, みるにも, みるの必要, みる勇気, みる機会, みろ, もう一度抱い, もらいたいと, もらいたくそれ, もらうまい, やって来たの, やっとお菓子, やつて, やまなかった, やりました, やるかも, やれ, やろか, ゆきまた, ゆく, ゆくお, ゆくか, ゆくといふ, ゆくより, ゆく方法, ゆく的, ゆく途中, ゆけば, ようやく本道, よきやら, ゐた, ゐたの, ゐなかつたこと, ゐるらしい一茶, ゐる自分自身, ゐる青年, ザーミ姉さんや, ヤット夜十時過ぎでも, ラムネを, 一刻も, 一夜を, 一度昔話, 一部始終悉しい, 一間に, 上げたいと, 上つておいでに, 上る事, 下さい, 下さいな, 下さいまし都合, 下さりゃ可, 下さるお方, 下されば, 下さんせか, 下せえました, 両親の, 中仙道から, 九州から, 五年越日本中を, 人に, 他の, 住ひ, 何か, 使を, 來たり, 來ても, 修行の, 借家を, 僧国常に, 先ず其店番, 先年中の, 其中に, 再び舟, 前の, 十種に, 厄介に, 参った者, 参りましたちょっと, 参りましたどうも, 参りました荒井様, 参りますので, 参りまするか, 参るの, 参る処, 参れ, 参ろう, 参ろうと, 只食う, 合葬した, 吉備大臣の, 君や, 呉れたといふ, 呉れた別に, 呉れないので, 哭し雲西, 喜んだ, 国々を, 垂れ加え, 場末の, 大体こう, 奥さんが, 妹から, 始めて, 安心したい, 富士川口から, 寛先生三宅克巳石井柏亭両, 小奴, 居りましたが, 居るです, 居る御仁, 島村が, 師事しよう, 帰宅し, 幾人も, 廻った時, 廻つたが, 廻国致す, 当分の, 彼女の, 彼女は, 往きは, 往きますと, 往くの, 往く度, 往こうかと, 往つた時毫も, 往ッて, 往来音問自在なる, 得ずこれ, 得た結論, 御覧, 慰めて, 我々は, 我を, 或は平民的道徳, 折らん墨染め, 新潟へ, 日の, 日本へ, 日毎に, 早く小手, 春を, 木の, 本人に, 来たお客, 来たかと, 来たけれども, 来たそうだが, 来たそれ, 来たぞ, 来ただが, 来たです, 来たねえ, 来たもと, 来たらこの, 来たら堅く, 来たら留守, 来たア, 来た与八, 来た主意, 来た以上, 来た分, 来た前, 来た娘, 来た弟, 来た彼, 来た意味, 来た書生, 来た生み, 来た用むき, 来た真間川, 来た自分, 来た親, 来た訳, 来てね, 来ない, 来ないと, 来ないはず, 来なかった, 来なくなった, 来なさりやしたよ, 来なすった時, 来ましたぜひ, 来ましたと, 来ます, 来ます友, 来ません, 来ませ洛東, 来ようと, 来ようとは, 来られたの, 来られた生徒さん, 来られないじゃ, 来られる, 来られると, 来られる憂, 来るかね, 来るかも, 来るが, 来るその, 来るという, 来るなんて, 来るに, 来るやう, 来る五つ位, 来る同族, 来る客, 来る必要, 来る患者, 来る様子, 来る近所, 来る途, 来る際, 来る馬鹿もの, 東京から, 果して死なね, 欝叢たる, 歩いた, 歩いたけれど, 歩いたその, 歩いたん, 歩いた序, 歩きました, 歩くと, 歩く暇, 歩み疲れて, 毎日水仙廟の, 江戸に, 治を, 法然上人は, 洛邑を, 深い山, 渠は, 漂泊う, 父四郎左衛門の, 父王の, 生食の, 目に, 目を, 眼を, 知らん三島江, 知るまで, 知んねえ訳, 破談を, 福昌号に, 私の, 私は, 種, 立ち出た, 精密な, 紫に, 編笠乞食の, 置く, 聖母の, 聖覚法印の, 聞いた事, 腰を, 自分と, 花と, 荀子を, 荒地を, 血眼で, 行かうとは, 行かなくても, 行かねば, 行かるれば, 行かれるであらうか, 行かれるという, 行かれるよう, 行かれる一筋, 行かんければ, 行きたいとは, 行きたかつたの, 行きたくなった, 行きのっぴき, 行きましたけれども, 行きましたら三輪山, 行きますと, 行きや, 行き彼女, 行くか, 行くつもり, 行くとの, 行くとは, 行くもの, 行く他, 行く先は, 行く気, 行く覚悟, 行けと, 行こう, 行こうという, 行た, 行ったが, 行ったと, 行ったので, 行ったらそこ, 行ったらどんなに, 行ったり, 行ったマブーフ理事, 行った先, 行った須永先生, 行つたのが, 行つた時ばかり, 行つた時玄関で, 行つてこの, 行つても, 行つて座敷へも, 行つて拝ん, 行つて見る, 街道筋の, 西また, 見えられます, 見ずには, 見たいもの, 見たく現在其処, 見たけれども, 見たならば, 見たら, 見たらうむ沢山, 見たらばと, 見たらまだ, 見たら稀, 見たら花宝玉, 見た事, 見た有るという, 見ない, 見ないでは, 見ましたの, 見ましょうと, 見ません, 見ようかと, 見ようという, 見るなら恐らく, 見るのほか, 見るもの, 見る価値, 見ろ, 見度, 解るもの, 言いますには, 記された, 試験を, 調べて, 財布を, 貰った, 貰ったが, 踊りの, 身を, 迷い入った時, 逢い得なん, 遂に京都, 過ぎ去った大男, 郵便局に, 都から, 雑木林の, 霊廟物語につき, 頼んで, 飯山へ, 飽きなかった

▼ 尋ねても~ (99, 3.6%)

4 返事を 2 二本三本とは, 鐙は

1 [91件] いちどは, このスピイスブルク, こんな意味, さらに分からなかった, その都度都度, それが, それと, たいてい返事, ただこう, ただそこ, ただ大きな, たぶんむだ, どれが, ないの, ない宝物, はかばかしい答え, まるつきし通じない, みたしまた, みて, みないで, みなかった, みよ, もうそれきり何, もう二度, やっぱりあれ, よくは, よさそう, われこそ, ムクは, 一言も, 不動様なんて, 云いそう, 今は, 何う, 何の, 何を, 來たんで, 便所の, 僕の, 分らない, 分りません, 利尻山は, 千代は, 右馬の, 大子まで, 妙に, 少しも, 居留守を, 山は, 彼は, 彼女は, 悪かろう, 手前の, 振りかえる烏, 教えない, 文明民族に, 本当の, 来ませ東山いさよ, 根本の, 決して数多く, 湯屋も, 無いかと, 無いで, 無いであろう, 無駄, 物言ふこ, 理由を, 産霊神と, 真相を, 知って, 知らぬ存ぜぬと, 知れず何, 知れないもん, 知れなかった, 碌々返事も, 笑って, 素直に, 花は, 草の, 行かぬのに, 行方が, 要領を, 見えるもの, 見当るまい, 誰も, 返事も, 返答を, 逐われる虞, 野々宮君は, 関は, 頭山満翁も

▼ 尋ね~ (95, 3.5%)

4 来たの 3 なりました, なるかも, 来た, 行つた 2 なるの, 來て, 出かけました, 貞阿

1 [71件] きた位, きて, こちらへ, なった, なったので, なりましょう, なる以上, まいります, やつて, やりなど, やるとか, 三里彼方の, 両国まで, 來ようと, 出て, 出ましょうに, 出るとともに, 出向いて, 参ったの, 参ったもの, 参った事, 参った者, 参りました, 参ります今度, 参る処, 奥様から, 尋ねて, 小歌が, 往きたいもの, 往く, 往こうと, 往った, 往つたが, 応じて, 應じ, 成ったこと, 新光明寺, 旅立ちました, 旅立つた, 日向まで, 来たこと, 来たと, 来たとも, 来たもの, 来たん, 来た事, 来た人, 来た又右衛門, 来て, 来る, 来るとは, 来る新聞雑誌, 来る裁判所, 松山へ, 歩いた処, 漸く面, 行きしに, 行きましたが, 行きまして, 行きますのに, 行く, 行くです, 行くの, 行く訳, 行く頓馬, 行ったの, 行った人, 行った猟師, 行って, 近よって, 飛び出す畑

▼ 尋ねたり~ (57, 2.1%)

14 した 3 するの, 尋ねられたり 2 して, する, 話したり

1 [31件] あつちの風俗, したところ, した敷島, しました, しましたけれど, し阿園, すること, するところ, する女, なさいました, または室, やたらに, メルキオルの, 又はこの, 叔父や, 墓を, 探ったり, 森夫の, 相談し, 私生児でも, 突然大塚, 聞いたり, 自分で, 若桜スキー場へも, 視察し, 親切に, 言ったり, 語ッたり, 道程を, 附近の, 隣室の

▼ 尋ねながら~ (26, 1.0%)

1 [26件] うとうとする, ぐずぐずし, ここ宮川の, ついて, むなしく町中, 中仙道を, 仕事から, 例の, 僕の, 寝床の, 弟や, 彼女は, 手酌で, 拝もうとも, 東京へ, 泣き出したん, 湖心寺へ, 澄子は, 父の, 田川博士が, 相手の, 相談を, 絶えず其獅子, 罪亡ぼし, 遂に探し得なかった, 飛ぶ

▼ 尋ね~ (22, 0.8%)

3 しないのに 2 しないうち

1 [17件] いたしませんでした, しず一人, しないお, しないが, しないで, しない事, しなかった, しなかったし, しましねえが, せずに, せずまた, せず不思議がり, せず自分たち, せず足疾, せぬに, せぬの, 見ば

▼ 尋ね~ (21, 0.8%)

4 をした 2 が急

1 [15件] がじつに, がまた, が何となく, が悪い, が詰り, ではありません, ではエラ物, なの, には行き, のよく, はおかしい, はできなかった, をします, をする, を願い出

▼ 尋ね~ (17, 0.6%)

8 しなかった 2 しない 1 したが, しない云ったの, しなかったが, しなかつたけれど, しません, しませんただ, なきやう

▼ 尋ねては~ (12, 0.4%)

1 [12件] いかん, くれない, ならぬもの, ならぬ人, みたが, 俊夫君の, 帳面に, 折角巡逢った, 来なかった, 来なかったの, 見るけれど, 金田夫人の

▼ 尋ね~ (11, 0.4%)

5 咒術を 1 ある事, やうです, 使いは, 出るの, 手紙を, 私の

▼ 尋ね~ (11, 0.4%)

42 ふに 1 はしめ給, ひしに, ひて, ふと一斉, へば年ごと

▼ 尋ね~ (9, 0.3%)

2 る, るべきもの, るれば 1 るるどうやらその, るる子, るる時

▼ 尋ね~ (9, 0.3%)

1 たりし, たるごと, て, て一, て余, りその頃余, りぬ, るの, ん折

▼ 尋ね~ (7, 0.3%)

4 わるい結果 2 ありましたから 1 いけない結果

▼ 尋ねその~ (6, 0.2%)

1 人をも, 名刺を, 方法を, 物の, 門生たらん, 静かな

▼ 尋ね~ (6, 0.2%)

1 に付き, ひしに, へばその, へば井田駿河守, へば其人, へば右紅毛

▼ 尋ねてから~ (5, 0.2%)

1 いいました, もう十四, 判事に, 呼び出して, 私は

▼ 尋ねそれ~ (4, 0.1%)

1 から行っ, に対する子供たち, に迫つて, を一緒

▼ 尋ね~ (4, 0.1%)

2 ほしき園原 1 ゐら, ゐり候

▼ 尋ね~ (4, 0.1%)

1 て, てたやう, てて家賃, てられたとき

▼ 尋ね~ (4, 0.1%)

1 な奉行, に, に佐吉, に垢

▼ 尋ね~ (3, 0.1%)

2 した 1 っしゃるとの

▼ 尋ねそして~ (3, 0.1%)

1 神が, 金を, 頭を

▼ 尋ねそれから~ (3, 0.1%)

1 湖の, 疲れて, 近頃の

▼ 尋ねつつ~ (3, 0.1%)

1 上がって, 同地方, 此方の

▼ 尋ね~ (3, 0.1%)

1 ひあるは, ひしに, ぶらはむ

▼ 尋ねやう~ (3, 0.1%)

1 ともしなかつた, と思, と思ふ

▼ 尋ねよう~ (3, 0.1%)

1 がありません, は元, もなく

▼ 尋ね当て~ (3, 0.1%)

1 なければ, 曠野に, 無事親許に

▼ 尋ね難く~ (3, 0.1%)

1 その僅か, なって, 市木さんの

▼ 尋ねかつて~ (2, 0.1%)

1 世界の, 捨てられたわたくし

▼ 尋ねたま~ (2, 0.1%)

1 へ, へり

▼ 尋ねてと~ (2, 0.1%)

1 云う, 仰せられるか

▼ 尋ねての~ (2, 0.1%)

1 あした村人さへ, 帰りに

▼ 尋ねにくい~ (2, 0.1%)

1 人の, 気が

▼ 尋ねにくく~ (2, 0.1%)

1 なった, なったの

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 うなばか, 革命の

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 したら月桂寺さん, 受けた位

▼ 尋ね天明以後~ (2, 0.1%)

2 の美人画

▼ 尋ね嵐雪~ (2, 0.1%)

1 を訪い, を訪ひ素堂

▼ 尋ね廻つて~ (2, 0.1%)

2 見たが

▼ 尋ね或は~ (2, 0.1%)

1 態と風情, 批判する

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 ひしか, ひぬ

▼ 尋ね自分~ (2, 0.1%)

1 に親しみ, の名前

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 にわざ, に思ひ

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 んで今や, 倦んで

▼1* [148件]

尋ねあてたる智月庵, 尋ねあて湯に入れ, 尋ねいつごろ落したの, 尋ね互に合宿, 尋ねおききなさるが, 尋ねお父さんも開け, 尋ねかたをした, 尋ねけれど在らず, 尋ねことに三河の, 尋ねこれはほかならぬ, 尋ねごとさっしゃるかね, 尋ねさらに雪舟土佐に, 尋ねさッしゃるかな, 尋ねざらんや, 尋ねしも訳分らず, 尋ねそこへお, 尋ねそれぞれの意見, 尋ねたりといひいひを, 尋ねだれだれはどう, 尋ねちゃ駄目だ, 尋ねついに法界に, 尋ねてからにするほう, 尋ねてでもいなさるの, 尋ねてな清きその道, 尋ねてなんか行くもの, 尋ねてまでみた, 尋ね訪ねど, 尋ねながらに牧場の, 尋ねなどした, 尋ねにかと得右衛門, 尋ねにくかったの, 尋ねに対する御返事には, 尋ねぶりであります, 尋ねみずから魂を探り, 尋ねむとするときは或はその, 尋ねもとむる心も, 尋ねやがてその人, 尋ねりや怪我過失は所, 尋ねゲーテの艶福, 尋ねファヴロールにおける家族ら, 尋ねモンパルナスは答えた, 尋ねランプの火, 尋ね一の関に至つて方, 尋ね一緒に玉突き屋, 尋ねつべし第, 尋ねを比較, 尋ねについてはさっぱり, 尋ね日進覧す, 尋ね仰せらるるの, 尋ね体温を聞きました, 尋ね何時立たんセエヌ, 尋ね來らは葢, 尋ね候ところアメリカ船にて江戸表, 尋ね候処驚怖の, 尋ね全快次第出勤せいと云, 尋ねださる, 尋ね劉子の流, 尋ね労働運動について彼, 尋ね勝見に会っ, 尋ね参考書なども貸し, 尋ねくべきもの, 尋ね各々の学問, 尋ね合点するの, 尋ね向うにも食べる, 尋ね向きを探っ, 尋ね向島堤上の砂利, 尋ね和尚にはそう, 尋ね哀しみ狂して, 尋ね問いなどし, 尋ね大丈夫だと, 尋ねおかめ, 尋ねも真顔, 尋ね孝子を顕賞, 尋ね孫たちをそば, 尋ね陵の, 尋ねを探り, 尋ね廻つて一種の調子, 尋ね廻りし裏河岸伝, 尋ね廻り三月前から西班牙, 尋ね弔はんには秋, 尋ね彼女がその, 尋ねって新妻, 尋ね仕置にも, 尋ね思い出に耽る, 尋ね悪い局所にも, 尋ね惱みつと覺, 尋ね懇篤で道義的, 尋ね或いは人の, 尋ね文書を探っ, 尋ね識を, 尋ね旅人から奪っ, 尋ね既往を回顧, 尋ねが願い立て, 尋ね之候, 尋ねつらん, 尋ねです, 尋ねは自分, 尋ね武蔵のあり, 尋ねるき出した, 尋ね歩きしが明治十年前後, 尋ね毎夜海底の妖怪鬼魅, 尋ね気分が悪かっ, 尋ね求むること三日漸くに, 尋ね求めもしない, 尋ね沙汰し敵人, 尋ね淀屋の巨財, 尋ね深く踏込んで, 尋ね深夜にあるく, 尋ね源太夫という軽業師, 尋ね灌木の茂み, 尋ね玉突やら晩餐, 尋ね申上度候得共おのれも風邪等, 尋ねは一枚, 尋ねの間, 尋ね病人がない, 尋ね研究すること, 尋ねむべき, 尋ね究むる暇なかりしもの, 尋ねのごとく走り追う, 尋ね純理を探る, 尋ね索めている, 尋ね給ふか檀那は別に, 尋ね置被下間敷哉但自炊にても差支無, 尋ね聞召さるるの, 尋ね聴講科目などの指導, 尋ねふ, 尋ねの庵, 尋ね蕎麦屋の出前持ち, 尋ね西京見物に日, 尋ね見物して, 尋ね親しくその眉目, 尋ね許諾を受け, 尋ねの泉, 尋ねを聞き, 尋ねを診, 尋ねへか行, 尋ねよること, 尋ね遂に病氣の, 尋ね部屋は気に入った, 尋ね雑仕婦はいろいろ, 尋ね難いが少なくともかつて, 尋ね難し而も, 尋ね頑としてさうであると, 尋ね頑としてそうであると, 尋ねを探り物, 尋ね馬糧の草, 尋ね骨組を作り, 尋ね高直で買い取った