青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「女中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~奥様 奥様~ ~奧 奧~ ~女 女~ ~女たち ~女の子 女の子~ ~女中
女中~
女優~ 女史~ ~女子 女子~ 女学校~ ~女性 女性~ ~女房 女房~ ~女王

「女中~」 9630, 96ppm, 1154位

▼ 女中~ (1963, 20.4%)

47 出て 36 来て 16 はいって 15 持って 14 膳を 12 茶を, 運んで 11 顔を 10 入って 9 云った, 手を, 言った 8 それを 7 いて, 襖を 6 声を, 帰って, 廊下を, 火を 5 いた, お茶を, やって来て, 來て

4 [13件] きて, すぐに, ついて, 二人の, 去ると, 慌てて, 来た, 水を, 燭台を, 立って, 自分の, 見て, 駈けて

3 [34件] いって, いる, やつて, ビールを, 一人いる, 一通の, 不意に, 主人の, 使に, 傍に, 先に, 入つて, 取次いで, 取次に, 口を, 台所で, 呼びに, 居ります, 急に, 戸を, 掃除を, 現はれる, 現れて, 目を, 私を, 行って, 言って, 言つた, 起きて, 退って, 酒肴を, 銚子を, 階下へ, 風呂を

2 [154件] あって, ありふれた丸, ある, あわてて, いいに, いう, いった, いるから, いるばかり, おどおどし, おりました, お銚子, ころんで, そう言っ, そこに, そこの, でて, なにを, まごついて, また電話, やって来た, よびに, わざわざ出, ゐて, ウイスキーの, 一人, 一人あった, 一人すぐ, 一人で, 一人必ず, 一人附い, 一枚の, 三人, 三人小, 上がって, 下げて, 並んで, 二人いる, 二人で, 二人とも, 二階に, 二階へ, 云って, 云つた, 井を, 代る, 代る代る出, 伊達の, 何物かという, 供を, 便所の, 働いて, 僕の, 充分怪しい, 出たが, 勝手から, 勝手に, 去って, 叫んだ, 台所の, 名刺を, 器用な, 土色に, 坐睡を, 変って, 変な, 外から, 夜の, 夫人に, 奥の, 妙な, 姿を, 客の, 宿に, 宿の, 寝て, 寝床を, 小船で, 居た, 岸本の, 差出したの, 床を, 店の, 座敷を, 廊下の, 彼の, 彼を, 彼女の, 彼女を, 後から, 急いで, 恰度丼を, 悲しそう, 悲鳴を, 扉を, 持つて, 掃きすてたという, 旦那様が, 時々渠, 晩の, 杓文字の, 来ても, 来ると, 案内した, 案内に, 横合いから, 気を, 汲んで, 浴衣を, 渋皮の, 湯を, 火種を, 火鉢に, 熱い茶, 牛乳を, 男を, 番頭が, 目の, 眺めます番頭, 知らせに, 神田の, 私の, 私へ, 立つて, 笑いながら, 答えた, 紅茶を, 美しい菓子皿, 膳部を, 茶菓を, 蒲団を, 袂を, 襖の, 訊いた, 話して, 買物に, 転がるよう, 迎えに, 近所の, 返事を, 追いかけて, 追っかけて, 酌を, 酒と, 酒の, 酒や, 障子の, 雨戸を, 電話だ, 電話を, 飛んで, 食事を, 首を, 馳け

1 [1235件 抜粋] あきまへんわ, あったと, あの家, あらわれると, ある日, あわただしくやつ, いうの, いくらも, いそいそ持ち出し, いたこと, いたので, いっこう気, いつかも, いないのに, いなくなって, いますし, いるか, いるだろう, いるの, いれば, うしろに, おそく戻っ, おどろいたよう, おりたあと, おりますから, お使い, お化けに, お奧, お孃さん, お新, お櫃, お燗, お盆を, お米不足, お膳, お茶や, お部屋, かけこんで, かけつけた時, かたまって, きた, きまってきいた, きれいで, けろりとし, こちらへ, こっそり団体一人, こつそり言, この人, この騒ぎ, これも, ございまして, さっそくもう一人, ざぶ, しっかりした, しょっちゅう用, すぐ半紙, すべて, するん, すゝめて, せんたくを, そう云う, そう言いかける, そう言った, そっと云った, そっと盗っ, そのこと, そのまえ, その主謀者, その家, その帰りがけ耳門, その若殿さま, その食膳, そればかりの, そんな風, たくさんいる, たずねると, たでも, たりないね, ちびて, ちょうど通し物, ちらと, つかまえた, つくって, つけつけあたりゃあしまいかなんかと, つづいて, では晩, とび出して, とりつぎに, どうしてあの, どこかへ, どてらを, なにかおじいさん, なんの, のんきに, はじめて知った, ばたばた上草履, ひいて, ひとりいる, ひとりそれに, ひまな, ひッ, びっくりした, ふたりあたふたと, ふと目, ぼくたちを, まいって, またちょろちょろ, またメロン, また小さな, また微笑, また言った, まだそこ, まだ答えぬ, まづお茶, みつけたの, みな立ち去っ, めしを, もって, やって, やって来ての, やっと四人, やる富子, よく水, ゐないの, ゐないんで, ゐなくな, ウッカリその, クス, コオヒイを, シヨオルを, センタクし, タケノコメシを, チャラ, ドアを, ニヤニヤと, パンコーヒーウィンナ, ヘヤーピンを, ボウンマスで, ユシュルー上さんを, ランプを, 一人いろんな, 一人こちらへは, 一人それだけ, 一人下働きの, 一人傍輩の, 一人取揚げ, 一人未亡人が, 一人欲しい, 一人現われました, 一人看護に, 一人西陣の, 一人身で, 一人魘された, 一切預つ, 一室に, 一寸来, 一年に, 一日がかりで, 一日齷齪と, 一緒に, 丁度宿帰り, 七人一人ずつ, 万事ひとりで, 三人ずつ, 三人の, 三人乳母と, 三人供の, 三人私と, 三四人は, 三指を, 上って, 上り花を, 上野町に, 下働きを, 下田へ, 不審そうに, 中庭から, 串戯を, 事件を, 二三人それも, 二人あらわれた, 二人いつも, 二人つき添っ, 二人にな, 二人まで, 二人出, 二人四十前後のは, 二人揃っ, 二人附い, 二皿の, 二階から, 云いおったがね, 云う, 云ったん, 云つてゐました, 五人書生が, 今しがたお, 今届いたらしい, 仕度する, 他の, 付き箸, 仰天した, 伸べて, 何う, 何し, 何んだ, 何人居る, 何度も, 使を, 來れ, 促した, 偶然往来で, 傭い入れられたり, 先ず笑った, 先刻女の, 入り交, 其処に, 再びあがっ, 冬子を, 冷えたビール, 出そう, 出窓に, 出迎えた, 切り取る時チラ, 刺すよう, 勝次郎を, 医師津幡直を, 十八人事務員が, 午後来, 博士に, 去った, 去つたあと, 去るの, 参るでしょうから, 又何, 取り捨てて, 取次ぎに, 取次を, 受け取って, 古新聞, 台所から, 吃驚したらしく, 向い合いで, 向うを, 呼びかけ印, 呼ぶのに, 唐紙を, 唯今引込んだ, 喚びに, 噴きだして, 四五人も, 土地に, 坐りながら, 夕御飯の, 夕飯の, 外の, 外國の, 夜伽を, 大きな桃色, 大丈夫です, 大変もう, 大弱り, 夫人の, 奥さんの, 奥へ, 女主人の, 好き, 妙に, 学校へ, 家族風呂が, 寂しがる, 寝ますから, 寝巻の, 寝道具を, 察して, 小さい瀬戸, 少うても, 少しすかし, 居ないなんて, 居なくなったので, 居る, 居れば, 履かして, 山崎の, 布巾や, 帰りたいと, 帰る, 干柿と, 平山に, 広場を, 店に, 座ったまま, 座敷に, 庭で, 庭師を, 弁吉を, 引き下つた部屋, 引つこむと, 強盗を, 彼と, 待って, 後でそんな, 後ろを, 後片附け, 御膳を, 徴用に, 忍びやかに, 応えた, 怯えたよう, 恐る恐るやっ, 悉く綿服, 悠々と, 意地わるを, 慌しく玄関, 我々三人の, 手に, 手巾で, 手摺の, 手紙を, 拵えて, 持運ぶ蜆汁, 捧げて, 掃除の, 撞球場まで, 改めて呼び出された, 断然多く, 新聞を, 旦那さんの, 旦那様注射を, 昔ゐた, 晴着を, 曲馬団の, 朋輩を, 朝暗い, 朝飯の, 朱塗りの, 来ないので, 来るか, 来るよ, 来る度毎, 来客の, 板の間に, 格子戸から, 案内し, 桝を, 横眼で, 欠伸を, 次手に, 歯の, 死んだり, 殺されたよう, 母の, 毎晩寝床へ, 気に, 気チガイの, 水道の, 沢山ゐた, 泣いて, 洗濯する, 淋しがっ, 渡って, 漸く一人, 灰を, 無調法, 然う, 燗徳利を, 牛乳と, 物置部屋から, 狼狽し, 猫の, 玄関の, 玄関を, 現れたので, 現れると, 産婆の, 田原さんに, 申し立てた, 男の子を, 留守に, 癪が, 白い顔, 益満の, 盲人を, 直ぐ戸, 眞顏で, 眠りその, 眼早, 矢代の, 矢継早の, 知らせを, 砂糖湯を, 磨いて, 私宛ての, 突然ドア, 竈の, 立ちさる, 立ち上った, 立った後, 立聞きし, 竹の, 答えて, 答えると, 紙を, 素的な, 結城より, 総出で, 縁側に, 縞の, 聞いた, 聲を, 肉の, 背中に, 脱いで, 腕に, 臺所から, 芝居見物の, 芸者の, 英語で, 茶と共に, 茶具を, 莨盆などを, 落着く, 蒼くなった, 蓄音機を, 薄切りの, 蚊遣と, 蝋燭だの, 行ったり, 行つた時彼が, 衣服を, 表二階の, 裾を, 褞袍を, 襷がけで, 見えなくなるが, 見つかったところ, 見に, 見兼ねて, 解雇され, 言い添えた, 言ふ, 訊きに, 話した, 誂えもの, 説明し, 變な, 走って, 走り去ると, 足は, 足袋も, 跡へ, 転がるやう, 辛棒しきれず, 迎へに, 近づいて, 退いて, 這入つて, 通りかかった, 通りすがりに, 逢いに, 連れに, 運び出して, 遠慮し, 郡内屋さんと, 部屋から, 部屋へ, 部屋掃除に, 郷里へ, 酒場の, 酒肴の, 釜を, 銚子だけを, 鍋の, 門の, 開けたとき, 附いて, 隆吉の, 階子を, 隣の, 雇はれ, 雜炊でも, 電報を, 電車の, 面を, 頓狂な, 頻りに手指, 顔色を, 風呂場へ, 飛出す, 飯櫃を, 餠菓子を, 馳せつけて, 駆けつけて, 駈け込んで, 驚いて, 骨たくましき, 髯を, 麦酒を, 黒須の, 鼠いらず

▼ 女中~ (1380, 14.3%)

26 一人が 16 お千代 15 声が 14 顔を 11 ように, 口から 10 持って 9 ような, 手に 8 手から, 方を, 話に 7 お直, 方へ, 案内で, 話を 6 お清, 名, 声に, 方は

5 [11件] お藤, ひとりが, ほかに, よしが, 手が, 手を, 方が, 病気, 置いて, 見て, 話では

4 [23件] お島, お村, お染, お熊, お由, お町, お葉, お鉄, お雪, きよが, きよを, ために, やうに, マリイが, 一人は, 声を, 姿が, 姿を, 給仕で, 肩に, 足音が, 運んで, 部屋の

3 [27件] あとから, あとについて, お仲, お咲, お滝, お芳, お角, お鈴, きぬが, ことも, たつは, ところへ, ようだ, ジュンが, 一人を, 下駄を, 取次を, 名前を, 声, 声で, 後から, 後に, 方で, 梅や, 眼の, 話で, 顔が

2 [102件] あとを, いる家, うしろから, うちで, おかん, おたみ, おりきさん, お信, お八重, お君, お富, お常, お徳, お房, お栄, お梅, お米, お菊, お菊さん, かや, きぬは, きよは, ことは, ことを, すみやは, とみちゃん, なかには, クレマンが, ハンナが, マリイの, マリイは, 一人で, 一人に, 三人が, 三人や, 三人暮らしで, 不用意な, 世話も, 世話を, 中から, 中に, 久やが, 事を, 代りと, 代りに, 傍へ, 八重が, 八重を, 前に, 前を, 前カケ, 十二位な, 取締りを, 口占から, 右の, 名である, 名も, 呼ぶ声, 声である, 声と共に, 声も, 声や, 奸計を, 差出す手燭, 影が, 後について, 後姿を, 態度も, 手で, 手には, 手も, 手伝いを, 持つて, 指図を, 方に, 案内も, 水, 汗やら, 発議に, 祝儀は, 箱屋に, 聲が, 肩の, 背中に, 脊中に, 腕は, 若さ, 草履の, 見証, 言うこと, 言うところ, 言葉で, 言葉は, 話が, 説明を, 身体に, 返事が, 返事では, 返辞が, 院化はんも, 隙を, 首に

1 [751件 抜粋] あいだで, あとに従って, あとへ, あり次第に, ある者, いった五つ, いった通り, いない男世帯, いなくなったの, いるの, いるばかり, いる料理屋, うちでも, うちの, うちひとり, うろうろし, おきぬは, おこして, おさき, おしもに, おしゃべりに, おとうに, おとき, おとわ, おはる, おシン, おヨネ, お光, お八重さん, お兼さん, お初さん, お加久, お勢, お孝, お安, お安さん, お崎, お弓さん, お文さん, お春, お松が, お松も, お民, お秋, お竹さん, お若どん, お豊, お金ちゃんだけに, お霜さん, お駒さん, お鶴, お鶴一人, かっこうを, かねの, かやが, きぬを, きよに, こしらえ, こと, ことしか, ことだ, ことで, ことと, ことなぞ, ことなど, ことなどを, ことにつき, ころの, ごとくならしめず怨望, さくらから, ささげる雪洞, さとが, しいたけたぼ, しげは, しまやが, すること, するしごと, する仕事, すゝめた, せいで, そうした話, そばに, たけが, たつを, たまりへ, ついて, つくつたもの, つもりで, ときやに, ところで, とりなしとを, なかに, なかやが, はなしが, はるが, ひきさ, ひとりは, ふしだらまで, ほうに, ほうを, ほかには, まねなんぞ, もって, やうだ, やうで, やって, やりかた, ようなひき, よく言いつけ, ゐるところ, ゐる前, アガアトに, アンネツト婆やの, エディス・バクスタが, エディス・バクスタは, エプロンに, エプロンを, オソヨさんは, オタキに, キミを, キヨに, キヨを, ギンと, クレマンスを, ゲロゲロによって, サービスが, ザラザラした, ジャンヌが, ジャンヌたちと, スウは, スミ子, ダーシャが, ダーシャだった, ツヤは, ナミ子が, ニウが, ニウの, ニウよりは, ニューラが, ハツエが, ハナァが, パラーシュカと, ピクニックむきの, ホッペタを, マダム・ルセールが, マトロートに, マリイと, マリエットが, マリエットに, モトスミ子の, ヨネからの, ルケリアに, レアが, ローズが, ローズで, 一人か, 一人だ, 一人とでも, 一人も, 一人二人で, 一件やを, 一団が, 一寸した, 一枚絵に, 一群でありました, 三人だけ, 三人は, 三人暮らしです, 上から, 上陸団を, 下りを, 不在, 不在の, 不馴, 世話で, 中には, 丸まった背, 久やを, 亂行の, 事も, 事料理屋の, 云い訳, 云うこと, 云つたのを, 云ふところに, 人柄とか, 人気ものと, 仕事ときまつ, 仕事に, 仕事は, 仕事を, 代へて, 代りを, 会話を, 伯父から, 佐田やす子という, 体との, 使者らしい, 便所すら, 働きで, 働きを, 先を, 入つて, 入れ替わりという, 入用な, 八重らが, 六人, 出迎へも, 分の, 初代が, 初代は, 前掛, 助けを, 半分は, 半身, 叔父小林定次郎だった, 取り次ぐの, 取扱いにも, 取次ぎが, 取次です, 取次に, 取締りでも, 口が, 口を, 口先に, 台所穿を, 叱られない家, 名が, 名でございます, 名や, 名を, 周章てて, 呼びに, 品と, 嘲弄に, 四人切りで, 困った顔つき, 地位に, 地位の, 報告を, 報知の, 声と, 声とを, 声やら, 声階段の, 外に, 夜延とを, 大半は, 大軍とを, 失態として, 奉公人來り, 奴がね, 奴は, 如く談笑遊戯, 姉が, 姿とだけ, 姿も, 子, 子だ, 子である, 子供である, 定が, 家だった, 家も, 寝て, 寝床に, 小づくりな, 小女が, 少年に, 尻の, 居ないこと, 居ない時, 屍体らしい, 差しだすスリッパ, 布団を, 平気な, 延と, 延べさし, 影に, 影も, 役と, 役も, 役目から, 役目だ, 役目を, 後ろから, 御座候ひしや, 御機嫌, 微笑と, 心にさえ, 忙しさ, 忠義心に, 怪談岩井半四郎の, 恋も, 悲しげ, 情で, 愚を, 感じも, 態度まて, 懐剣は, 房は, 所に, 所管と, 手では, 手の, 手へと, 手伝いに, 手前だって, 手引で, 手紙の, 拝領地で, 拵えである, 持運ぶ銀, 指には, 挨拶に, 挨拶口々に, 掌を, 政乃が, 敏子が, 数を, 料理の, 斜な, 方へも, 方も, 春嬌が, 春枝に, 暇を, 更迭は, 月給だ, 有様, 条が, 来たとき, 来る気勢, 松やの, 松仲働抱え車夫は, 案内だけが, 案内につれて, 案内を, 梅安とが, 極度に, 様子も, 横暴を, 欄だ, 此には, 死骸を, 殺されたの, 気のき, 気持は, 汲んで, 沢は, 深切お, 清が, 澄さんの, 澄さんは, 点景と, 焚き付けて, 無精つたらし, 父親で, 物には, 王なりと, 生活の, 産地らしいです, 用まで, 留守には, 登用試験では, 皿を, 目撃した, 目見は, 相手に, 相談に, 着物を, 知って, 知らせである, 知らせにも, 知らない間, 福に, 種が, 立ちさ, 立った跡, 立って, 竹が, 笑い声が, 笑声を, 笑聲は, 答えた所, 答えは, 箱屋が, 箱屋を, 素気な, 組合が, 綾子が, 綾子の, 羽織って, 老婆が, 者が, 耳にさえ, 耳を, 聲, 肩さきを, 背に, 背中で, 背後に, 腕から, 腕に, 腹へ, 腹を, 臀を, 花が, 花見ぐらい, 若い美女たち, 荷物で, 菊やに, 蒼くて, 處へ, 袂に, 袂を, 被害者も, 装いした婦, 補充には, 裸体雪合戦を, 見る前, 見る目, 親父に, 観察点を, 言う通, 言ったところ, 言ふ, 言伝に, 言葉が, 言葉と, 言葉などを, 言葉の, 註文が, 証言が, 証言には, 証言によって, 話しに, 話し声が, 話である, 話でしょう, 話については, 話声が, 語り畢る, 誰かが, 謎の, 豊かな, 貞に, 貞は, 質問に, 質素と, 赤い手, 赤い顔, 足の, 足も, 足音は, 跡なんぞに, 身に, 身の上の, 身許を, 軽い笑声, 近を, 返事で, 返事は, 返辭, 送迎旅の, 逍遙した, 通りに, 通行の, 運び上げる, 運ぶ燭台, 部屋では, 部屋と, 部屋は, 部屋台所浴室の, 酌で, 里が, 開けて, 間違いだ, 陳述に, 陳述を, 雪野が, 雪野という, 静かに, 面影などは, 領分に, 頸を, 顏を, 顔, 顔に, 顔の, 顔へ, 類も, 馬鹿が, 駈け上がって, 髪だけに, 髪でも, 髪の, 髪の毛を, 黒い影坊師, 鼾が

▼ 女中~ (987, 10.2%)

8 言つた 6 それを, 私の, 言った 5 云った, 声を 4 すぐに, 何か, 出て, 手を, 驚いて, 黙って

3 [12件] お辞儀を, 主人の, 二人の, 何も, 何事も, 帰って, 廊下の, 怪訝な, 気を, 膳を, 自分の, 茶を

2 [56件] あわてて, いそいで, いった, そこに, なぜか, ほんとうに, ジロジロお, チリン, 一人も, 丁寧に, 三人いる, 下働きの, 云って, 口を, 台所で, 台所の, 呼出されました, 唖な, 家の, 小さいの, 屈みこんで, 忙しいし, 愛知の, 手に, 新子の, 暇を, 暫く座, 欠勤し, 洗濯物を, 淑やかに, 火鉢や, 炬燵の, 物を, 田舎出の, 盃を, 盃洗の, 目を, 眩しそう, 矢田の, 私が, 私に, 私を, 竹の, 笑って, 笑つた, 答えました, 答へ, 節子の, 給仕を, 縁側の, 美奈子の, 酌を, 闇の, 頻りに水, 顔も, 顔色を

1 [779件 抜粋] あい子と, あっけに, あの人, あるもの, あれでも, いいました, いかにも沈み切った, いかにも言い, いかめしい二人, いって, いつた, いつまでも, いつもより, いつも眉, いないし, いないと, いないん, いませんし, いよいよおびえたらしく見えた, いるだけ, いわゆる特殊部落, うしろへ, うとうとし, えつと, おきんちやん, おばあさんの, お嬢様の, お定まり, お岩, お年玉に, お捨, お照, お直さん, お腹の, かうきいた, かれの, かわるがわるに, きよ, きわめて小さく, くたくた煮える, くやしいと, けっしてひどく多, こうして駕籠, こころえて, この三人, この土地, この間に, これから郵便局, これより, こんな事, ごぜん, さっそく帰っ, しきりに世辞, しばしばそれ, しみじみと, じろじろと, すかすやう, すぐにかういつた, すぐ部屋, すこしも, すすり泣いて, すっかりびっくり, せき立てられて, そうも, そう言われ, そこい, そつと, そのあと, そのきたならしい, そのとき兵隊, そのまま使い, そのまま家, そのまま男, その以上, その大男, その女, その座敷, その従弟, その男, その縁側, その郷里, その骨, それからまだどんなに, それが, それに, それは, そんな戦時, そんな騒ぎ, たしか月五円, たった十六, たづねた, たんまり心付け, だんだん笑, ちょうど台所, ちょこちょこ走り, ちょっと足, ちょっと驚いた, ちらりと娘, ぢろり, ついと身, つつましく他, つまらなそう, てっきり君江, とうに自分, どうしたろう, どこかに, どこまで, なおなお狂人, なお居残っ, なにも, なんという, なんにも言わず, にこにこし, にやりとした, はじめ私が, はっきり覚え, ひそかに, ひとりも, ぶつ, ほんの形, まいあさ, まず年増芸者, まず金盥, また一人, また出, また奥, また女中, また怪訝, また笑った, まだそこ, まだ十八九, まだ帰っ, まだ戻らなかった, まだ若い, まっ暗な, まめまめしく出, まるで役人, みなに, みんなつかまえ, みんな小さく, みんな小女ばかり, みんな白い, むなしく帰った, むろん聞い, もう三十, もう台所, もう堪らなくなりました, もう葉子, もう貰, もとより幾, やがて知らせ, やがて首尾, ようよう膝, よくシツケ, わがこと, わたくしたち中年前後の, ゐつか, エプロンを, オドオドし, カチカチやっ, ガタガタと, コツプの, ズット以前, チラッと, トゥーサンという, トマトに, ハイハイと, ハッと, バタバタと, ヒマを, ビックリしなかったでしょう, ヘトヘトに, ホッと, マッチを, レースの, 一人に, 一寸不審そう, 一寸頭, 一方へ, 一月たたぬ, 一目見た, 三度変つた, 上り来つ, 下に, 下りて, 下宿まで, 不安らしく, 不審そうに, 不思議さうに省三の, 不思議そうに, 両足を, 主婦が, 主張した, 乗り越した垣根, 予め本宅, 二三日前に, 二人とも, 二十七八歳の, 二十歳ぐらい, 二日ほど, 二階の, 二階へ, 京子が, 京都へ, 今まで, 今刑事, 今朝歸つて往き, 仕初め, 仕方なし, 仲, 伸子を, 何でも, 何とか愛嬌, 何処かに使に, 何年も, 使に, 俄然勇弁, 信之が, 倉地を, 倉皇として, 備前焼の, 備前燒の, 僕を, 先に, 全然酌, 兵庫屋へ, 其方を, 出は, 切にこの, 初めて気づいた, 別に何事, 前もって火, 前後を通じて, 助けて, 勿論の, 勿論カフェー, 十二時まで, 十時に, 半信半疑の, 半月手伝っ, 印度の, 去った, 口が, 口実を, 口小言を, 叫びエプロン, 叫んだ, 史朗の, 吃驚した, 同情しました, 君江の, 含月荘へ, 告って, 周次の, 商売柄, 善いあの, 嘲笑し, 四人に, 四十ちかい, 困った顔, 困って, 土間へ, 坐りも, 堅肥り, 報らせ, 変に, 夕方に, 外出で, 夜など, 夢中に, 大きい眼, 大きな声, 大勢ゐるらしい, 大変上手に, 大變しとやか, 大阪へ, 奥に, 奥女中らしい, 女が, 妙な, 妹から, 始めて縁側, 姫の, 婉転たる, 嫉むよう, 嬉しそう, 守屋喜七さんの, 客に, 家に, 容貌は, 小さい弟, 小指を, 小腰を, 小菊という, 少くとも, 少しも, 少し早め, 少し迷惑そう, 少し風, 居睡りでも, 山猿でも, 島田に, 巫山戲て, 市内の, 帳場の, 平一郎を, 年も, 年相応の, 幾分腹立たし, 床の, 廊下に, 弁解した, 引き退った, 弾奏の, 当が, 彼女自身ゾッと, 待たれると, 御殿女中で, 御飯の, 心なく, 心配だ, 必ずしも白粉, 志村の, 忙しく盃, 念の, 忽ち厭あな顔, 思わず笑い出した, 思入たっぷりの, 怪訝そうに, 恐ろしい眼つき, 恥ずかしそう, 悪い子, 悲鳴を, 愛想よく, 感に, 慌て, 慥か両人, 戸口の, 手が, 手で, 手早に, 手真似を, 扱い馴れぬ, 承知を, 振り返つて云, 政子を, 敵意を, 断言し, 新しい帯さ, 新参で, 新米で, 日が, 日本橋の, 昨夜の, 晴れやかに, 替らなくても, 朝が, 木之, 本能的掃除を, 本降, 来年の, 柱に, 案内が, 棒を, 極の, 歯の, 歯を, 死骸の, 母に, 母親が, 気がついて, 気違かと, 泣き伏して, 泣く, 泣出し, 注射には, 洗濯を, 海女村の, 湯を, 湯帷子に, 準之助氏に, 激震の, 火鉢に, 烈しい語勢, 無愛想な, 煙草の, 煙草盆や, 熟れたトマト, 片手に, 片端から, 片隅に, 物ずきだ, 玄関に, 玄関の, 王様から, 琵琶を, 瓦斯暖炉に, 番頭を, 疑念氷解の, 白地の, 皆休ませ, 皆言ひ, 盃に, 益々泣きだし, 益満を, 直ぐに, 真っ青な, 真剣そうに, 眠って, 眩しさうに, 矢張眼を, 知りません, 礼を, 祖母に, 秋田附近の, 立ちどまりました, 立ち去って, 笑いながら, 笑う, 笑つたら, 笑つて帰る, 答えて, 精一杯らしい, 細君が, 絶えず両方, 縁あっ, 置いて, 置きません, 老けた女, 老主人, 聞かれた事, 聞棄て, 背後を, 腕時計を, 腹立たしさうに余計者, 膳の, 自分が, 自分に, 花などには, 若様が, 苦も, 英語を, 茶器に, 茶盆を, 菊と, 菓子を, 葉子に, 蒔絵の, 蔭で, 蛇がと, 裏の, 襟前を, 見ぬいて, 見附の, 覚えて, 言うの, 言ひ, 訊いた, 説明した, 調子に, 豹一が, 豹一の, 買物に, 買物を, 足を, 路地の, 身体を, 農繁期だけといふ, 近頃召抱え, 送りの, 逃げだしたい気もち, 運んで, 遠慮し, 醜いとき, 金殿の, 銅鑼の, 長い間, 長田ヤスと, 間もなく家, 階下へ, 階段の, 隔離された, 隣にでも, 雨戸の, 雨戸を, 青年と, 静に, 面白くなかった, 頓狂な, 顔に, 顔を, 食事の, 飯を, 首を, 駅まで, 駆けだして, 驚いたやう, 默つ, 黙つて, 齒の

▼ 女中~ (901, 9.4%)

21 案内され 13 手を 11 頼んで 10 何か, 聞くと 9 命じて 7 きいて, 向って, 聞いて 6 むかって, 呼ばれて, 命じた, 至るまで, 言いつけて, 連れられて 5 なって, 化けて, 向つて, 持たせて, 訊くと, 酌を 4 きくと, たのんで, 云った, 導かれて, 持たして, 渡した, 言ひつけ, 頼んだ

3 [15件] きいた, そんなこと, なったの, 云いつけて, 使って, 呼びに, 尋ねた, 尋ねて, 彼は, 手伝わせて, 暇を, 渡す, 笑いながら, 言った, 訊ねた

2 [62件] いいつけて, いって, お床, かけさせるがい, させながら, して, しても, すぎない, そう言われ, つれられて, なった, はいった, ばけて, やとわれて, カマを, ビールを, 一分の祝儀は, 世話し, 云って, 京女を, 任せて, 伴われて, 向かって, 命じました, 命じようと, 問はれ, 尋ねると, 小言を, 巻き付いて, 床を, 心づけも, 惚れたり, 手伝って, 手拭を, 手燭を, 托して, 持つて, 指図し, 旨を, 早目な, 昼の, 案内された, 死ぬほど, 気がねし, 水を, 注意を, 混って, 渡して, 渡すと, 灯を, 留守中の, 盃を, 私は, 紅茶の, 腹を, 行って, 言いつけました, 言って, 起された, 送られて, 金を, 雇われ自分

1 [539件 抜粋] あたりちらした, あつらえ物, あてつけた, あのおじいさん, あの娘さん, あらためて骨折り, ある到来, いいつける, いくらか, いたるまで, いないと, いはせに, いろ, いろいろ指図, いわれて, おつ, おつや, おぶさって, おぶわれて, お小言, お断りを, お花, お話を, お酌, かけさせた, かこまれて, かしずかれ友だち, からかいながら, からかうところ, き, きいたら湯浅さん, きいた時, きかうとしては, くっ附いて, こういいつけ, こう云われ, こう云われました, こう言われました, ことづけた弓子, このこと, さう云つて握り飯, しきりに尋ね, したって, したの, しては, せがんで, せっついて, せられて, せんたくさせられたこと, そう云われ, そう言いつけ, そう言っ, そっとたずねる, その使用法, その写真, それを, そろそろ暇, たずねた, ただなにごと, たづねたら, たのむと, たわむれて, だつて, だんだん聞い, ついて行くと, つきあって, つたえて, どう変っ, どなって, なったと, なった少女, なつちやつたもんで, なにかいっ, なにか二言三言, なにか囁く, ならなくても, なりすまし一命, なりたいと, なりたがらん, なりたくは, なりますという, なると, なるという, なるなら御, なれます, なろうかと, なんか云つて来, なんらの, のべつ幕無し, はらませた子供, ひきとめられるの, ひっぱられて, ひっぱられながら, ひろ子が, ふられて, ふられや, ぶつかった, ぼつぼつ縁談, まいります, まかされたとき, まかせて, またカクテル, まわされた, まんじゅうを, もって, もつて, もてないの, もどかしげ, やさしく口, やって, やとったので, やとって, やらせた, やらせて, やられた, やる盆暮, よく道子, よく頼ん, よろしくと, よんで, わけて, わたくしの, わたした, わたします, わびると, アリス, アルコールを, ウイスキイを, クダを, ザルを, スパイを, チップを, トンと, ドアを, ドレッスケエスを, ハガキを, パッタリ出会った, ヒダの, ビスケットを, ビールの, 一分ずつ, 一分づつ祝儀を, 一朱の, 一通の, 三十円出し, 三枝を, 上ること, 上品な, 不倫にも, 不思議な, 与えた, 並び君いくつ, 乞うて, 事件について, 二三度訊い, 二三質問したい, 二人の, 二朱ばかりの, 云いつけた, 云いつけるの, 云いましたら本当に, 云う幸子, 云ったなり, 云つた, 云はれた, 五円札を, 五十銭札を, 五百が, 交渉した, 亭主を, 介抱させ, 他の, 付添はれ, 代って, 任して, 任せきり, 任せっきり, 会わせる顔, 会計なる, 伴われ千鶴子たち二人, 佃が, 住みこむなど, 住みこんだこと, 住みこんだ当夜, 住み込ませて, 住み込んだ, 住込んだ, 使うから, 侍かれ, 個別対面し, 借りた煮, 借りた講談, 催促する, 傭ひ入れ, 先へ, 内緒に, 再び床, 冷やかされながら, 出させてから, 出すよう, 出会つた, 出迎えられた時, 出逢ったの, 切符を, 別れた, 勘定を, 勧められて, 化けた姿, 化けた小林少年, 十円, 半襟や, 卓子を, 取巻かれて, 口留めを, 台所から, 同情した, 名刺を, 向いて, 向ってまで, 向つて云, 向つて結婚, 向ひ, 吩咐けた, 吩咐ける, 吩附け, 呼びかけられたあの, 命じたり, 命ずると, 命ずるよう, 問いかけました, 問いましたので, 善く言つて, 喚び起されて, 喧しくいっ, 囁く, 囁やいて, 場所を, 声かけられ, 大事な, 大声で, 奥さんを, 奥の, 奥へ, 好感を, 姫を, 婦人雑誌を, 子供を, 宛てた置手紙, 密淫売を, 富岡が, 尋ねたらお, 尋ねました, 尋ねられたところ, 導かれたばかり, 導かれるまでも, 小ッ非道, 小山と, 少ししたら, 居心地の, 市場で, 座敷の, 弁当を, 引取られた, 彼を, 従は, 御不愍掛, 御儲け, 心付を, 怒鳴りつけた, 恋して, 惹きつけられるところ, 戯れて, 戻した, 手あてを, 手伝ったらどう, 手伝つて貰つて洋服や, 手伝わして, 手傷を, 手渡しする, 払えば, 扮し, 扶けられ, 投げて, 抱へ, 持たせし毛布, 持主の, 指図を, 挨拶を, 接する場合, 教えられて, 教へて, 教わって, 数度へん, 文を, 文壇の, 料理の, 料理を, 断わられたり, 斯う, 日本酒は, 早く食卓, 昂軒の, 時間を, 書状を, 村田は, 来たの, 来たやう, 来た少女, 来て, 枕を, 果物や, 校長先生から, 案内させ, 案内せられ, 樣子を, 殺され鐵砲百梃, 母娘連れの, 気づかれないよう, 気兼ねし, 注意され, 注意深い者, 洗濯を, 浴衣に, 消えた火, 渡させます, 渡された仕草, 渡した彼, 渡すん, 渡りを, 湯タンポを, 澤の, 無断で, 無理を, 熱い酒, 牛乳で, 物も, 物を, 玄関まで, 瓶を, 甘えたり, 産ました子供, 用いられたもの, 用事を, 用事一つ言いつける, 申しまして, 男か, 病室へ, 發見せられた, 白地の, 盗ませたの, 目配し, 着せて, 着替えさせ, 神酒と, 空の, 突き当って, 突き返すよう, 立会って, 笑われて, 笑われないよう, 笑われながら, 笑われ笑われ階下, 紅茶を, 紺の, 給仕し, 給金を, 老人は, 耳うちを, 耳打ちし, 聞いた, 聞いたの, 聞いたらなん, 聞いても, 聞えるよう, 聞かされて, 聞きなれないかう少し, 聞きましたら, 聞けば, 職すぎる, 芥子粉を, 英語の, 茶や, 草を, 草履と, 荷物を, 菊千代は, 菓子と, 藤枝は, 蝋燭を, 行けなんて, 行燈の, 西洋料理と, 見せられた暗い, 見られた事, 見られるよう, 見付けられたので, 見咎められる程真青, 見張られた気苦労, 見附けられて, 覚られないよう, 親しさ, 言いつけたり, 言いつけると, 言いますと, 言い付けに, 言い附けて, 言うため, 言うと, 言つた, 言ひ付け, 言わせると, 言わせ誰彼, 言われて, 言伝て, 言葉を, 言附け, 訊いて, 訊けの, 訊ねたが, 訊ねて, 訊ねましたら女中, 訊ねましても, 訊ねると, 託けて, 訪いを, 訴へて, 註文し, 註文した, 詫びた, 話しかけた婦人, 話しかけました, 話したら, 話して, 話しましたか, 話を, 誘われて, 誘惑され, 誘惑された, 語らせるため, 説かれて, 読み聞かせて, 譲り受けて, 負はれ, 買つてもらひ, 買わせに, 起されたらう, 起されなくとも, 起される迄, 足から, 足をも, 足駄を, 軽くあしらわれ, 辭儀を, 近くの, 送って, 通され黙って, 逢った, 逢って, 逢ひ, 連られ, 運ばせた, 運ばせて, 過ぎなかったの, 遣し給, 遣って, 遣らうと, 郷大尉を, 酌し, 酒や, 酷い地震, 金魚が, 銀貨と, 鍵が, 鎌を, 附きそ, 附添っ, 附添つて行列に, 限らず帳場そのもの, 随い, 雇って, 雇ひ, 雇われるだけ, 電話口まで, 電話帳を, 電車の, 頒けて, 頼まれたからって, 頼まれ手紙使, 頼むと, 頼むのに, 頼んだが, 顔を, 願いましょう, 飛んだ失礼, 食器を, 馴れない手つき, 高飛車な, 髪を, 鮨の, 鶴見が

▼ 女中~ (692, 7.2%)

63 呼んで 43 して 33 相手に 27 呼んだ 25 連れて 15 よんで 13 つれて 8 使って 5 呼びに, 呼ぶと 4 やって, 呼び, 呼ぶの, 置いて 3 よんだ, 一人つれ, 促して, 叱って, 呼びとめて, 呼びました, 対手に, 従えて, 見せに

2 [31件] したもの, それとなく先, それとなく窘める, つかって, つけて, よこして, 一人伴れ, 一人使っ, 一人連れ, 二人連れ, 使つて暮し, 去らせると, 口説いて, 口説く或, 叱咤する, 呼びますから, 呼ぶ, 呼ぶため, 後に, 手伝って, 捉えて, 置いたこと, 見た, 買収し, 追ひ, 遠ざけた後, 遠ざけて, 除いて, 雇って, 頼んで, 顧みながら

1 [350件] あわせて, いい慰め一刻, いくらとめたつ, いじめた, いたはつ, うしろに, おかねば, おくこと, おくよう, おけば, おさんどんと, おどかし馬, お伴に, お使い, お前たちに, お勝手へも, お呼び下され, お連れ, かえりみた, かねなければ, からかいながら, からかい龍海さん, からかおう, からかった, からかって, きびしく叱った, こうして駅頭, さがして, さす, しかりつけて, しかりつけ夫, したこと, したっても, したつて, した事, してさ, しながら, しりぞけて, じゃましない, せきたてて, そばへ, そんなに自分, たしなめようと, たちさらせると, だまして, ちょいと, ちょっと呼ん, つかまえた, つかまえて, つかまへて, つれ出して, でも傭, でも傭った, とらえて, とりに, なぐりたおしおかあさん, ねかしまた, はじめ看護を, はらませ世間, ひきつけたまま, ひっくるめて, ひとりつれ, ひとりひとり吟味する, ひとり置い, ひとり附け, びっくりさせ, びっくりさせた, ふと見れ, ふりかえり, ふり返つて言, ほかへ, ほんとうに, まいた, もう少し何とか工夫, もって, やつた, やる, やるわけ, やるん, よこしたもん, よこすから, よびちょっと, よびに, よび何, よび部屋, コキ使います, 一々呼び出した, 一人おい, 一人おく, 一人か, 一人と, 一人に, 一人も, 一人使った, 一人使つて女ばかりで, 一人片蔭へ, 一人置い, 一人起した, 一人連れ仲見世の, 一人頼ん, 一番近所に, 下へ, 不意に, 世話する, 乗せて, 二三使っ, 二人つけ, 二人とも, 二人ね, 二人まで, 仲町へ, 伴って, 伴つて何時も, 伴れ, 住居まで, 使つて私を, 使に, 使わないでは, 使わないよう, 供に, 促しては, 信じて, 傍に, 傭うこと, 傭うて, 傭うと, 傭って, 働くこと, 兄の, 先に, 入れて, 八百屋に, 共にモーターボート, 兼ねたよう, 兼ねた若い, 出して, 初め見知らぬ, 制しきれない心配, 制御する, 前から, 前に, 加えたもの, 加えると, 励まして, 勦って, 去らせたあと, 去らせ座蒲団, 口説いたところが, 口説き女中部屋, 口説こうと, 叱ったり, 叱りつけて, 叱りつける客, 叱りつけ叱りつけたこと, 叱り飛ばして, 叱る小者, 呼ばうとして, 呼ばねば, 呼びさうなけはひがあるので男は, 呼びたてる始末, 呼びだし用事を, 呼びつけた, 呼びなにやら, 呼びますと, 呼びよせて, 呼びよせ自室, 呼びわたくし, 呼び俥, 呼び入れて, 呼び前, 呼び寄せ舅, 呼び帳場, 呼び捨てに, 呼び更に, 呼び病気, 呼び自分, 呼ぶん, 呼ぶベル, 呼ぶ事, 呼ぶ声, 呼ぶ手, 呼ぼうとして, 呼んだけれども, 呼止め, 呼止めました, 咎めるよう, 喰い殺して, 困らしたもの, 困らせた人物, 大急ぎで, 奪われて, 奴隷視し, 始め書生や, 嫁に, 安心し, 寄し, 寄来し, 寄越して, 寄越しまして, 寝かして, 寝かす夜具, 小蔭に, 尻眼に, 尾行し, 左右に, 帰した後, 帰らせ上着, 平手で, 幾人か, 庇って, 廃した, 引きあげるの, 引ったて, 引っ担ぎ連れて, 引張り込んで, 引留める根気, 張つて鞘当を, 当てたもの, 御湯, 御連なされ, 怒鳴りつけた, 怒鳴りつけて, 怒鳴りつけました, 急に, 怪しんで, 慕つてひとめ逢ひたいだの, 戒めさせたという, 手を, 手伝い, 手伝いが, 手伝つてマヨネーズソースを, 手打ちに, 手離す, 打ちど, 扱いつけて, 押しのけながら, 押しのけるよう, 押除ける, 指図し, 指揮し, 振返って, 捉へて, 捕えて, 捜しに, 捜すため, 探して, 探すこと, 控えさし妻, 揶揄って, 揶揄つ, 撒いて, 救い出し子供二人, 救ひ出し, 新らしく抱える, 早くから寝かし, 最初に, 東京の, 案内に, 欲しが, 欲しがっ, 死際に, 殊にも, 殺そうという, 殿方は, 氣の, 氷屋へ, 沈めた一件, 河へ, 渋屋に, 熱愛し, 片時も, 犯して, 玄関へ, 的も, 相手だ, 督し, 知って, 私は, 突きとばし部屋, 立たせて, 経て, 置いても, 置けばいいん, 置こうとさえ, 署へ, 自分が, 自分の, 自宅に, 襲って, 見たら妹, 見ても, 見ながら, 見ると, 見知って, 見返って, 見返つて, 見返り, 解雇した, 訊問し, 説いて, 説き落して, 調べて, 調べること, 買いに, 買ものに, 貸席へ, 走らせかかりつけ, 起しましょう, 起すの, 起たせたの, 迎えに, 返し自分ひとり, 追いだしこんど, 追いまわす者, 追いやった, 追い出しこんど, 追い出して, 追い払っただけの, 追っかけまわし, 追っかけまわすのでね, 追ひた, 追ひだ, 追ひ出した, 追払って, 追遣つ, 退けた, 連れた一人, 連れた飯田, 連れてるの, 連れるの, 連れ手々, 附けて, 集めて, 雇い入れた, 雇い込んで, 雇うこと, 雇うて, 雇ったが, 雇ったこと, 雇ったの, 雇ったり, 雇は, 離した, 面喰わした, 頼みに, 頼りに, 頼るよう, 顧て, 顧みて, 騙して

▼ 女中さん~ (435, 4.5%)

65 のこと, の顔 4 がお, では, はその 3 に, はお

2 [39件] から聞いた, が, がいる, がちょっと, が二人, が出, が来た, が来ます, が立っ, が部屋, が顔, だが, である, ですか, でも, なしで, などは無論, なの, なんかにも気, にお, になる, に案内, に渡し, に言った, のうしろ, のお, の名前, の小林君, の耳, の話, はこんな, はなかなか, はまた, はまだ, は前, は笑い, は自分, は部屋, を連れ

1 [323件] あのひと, おかみさん, おけば, お膳, お酌, かい, かいその, から教えられ, から話, から鶏卵一個, か知らねえ, があきれ, があと, があやしん, があらわれ, があります, がいた, がうしろ, がおぶっ, がかわいそう, がきょう, がくる, がこがれ, がさや豌豆, がそう, がそんな, がたいへん, がで, がとりつぎます, がとん, がね, がはいっ, がもう, がやつ, がわざわざ, がゐる, がコーヒー, がドア, がルミちゃん, が一ばん, が一人留守, が上がっ, が云っ, が五人, が代, が住みこむ, が先, が先ず, が厠, が夕方, が大形, が子供, が小林少年, が廊下, が恩田さん, が懐中電灯, が明日, が暇, が来, が来ました, が柿の木, が無くっ, が燐寸, が猫イラズ, が珈琲, が現れた, が病院, が知っ, が笑った, が答えました, が縹緻, が苦, が行っ, が行方不明, が見, が言, が貯金, が迎, が隣室, が雨戸, が鳥, が鹿落, こそわが, じゃない, そう言っ, それなら僕, だか, だけで, だけはお, だったし, だと, だとか, だよ, だツ, だ何, だ私, であった, であったそう, でありました, であろうと, でいろいろ, でしょうか, です, で一人, で羅綾, で頬, というもの, という顔ぶれ, とおっしゃる, とか下町, ときれい, とこの, としてで, となる, との三人暮し, とはお互い心, とは親子, とも顔馴染, と一しょ, と一緒, と二人, と同じ, と呼んだ, と声, と私, と結婚, と茶の間, と話, なしです, などがむらがり, などとちがい, など呼ばれ, なんかにばける, なんかもそいつ, なんという, におとされ, におぶさった, にこっそり, にこの, にさ, にそう, にたずね, にたのみました, にちょっと, につれられ, になっ, にはへん, にまあまあ, にもなれない, にも打ち明ける, にも棒, に三, に不安, に不平, に事情, に云つて, に今朝, に伝言, に取次ぎ, に古い, に叱られ, に告白, に大, に子, に尋ねたら, に小声, に引っぱられ, に御, に感想, に手伝っ, に敬語, に田舍, に笑われた, に紹介, に聞いたら, に蒲団, に談判, に頭, に頼ん, に頼んだ, ねといつも, ねワニちゃん, の, のうち, のうち一人, のそば, のほう, のほか, のまだ, のよく, のトシちゃん, の一人, の五人暮らし, の口, の名, の噴き出した, の声, の姿, の室, の待遇, の案内, の棺, の産地, の田舎, の番, の病気, の知らせ, の知らな, の紅く, の言, の足許, の跫音, の顏, はあまり, はいく, はいない, はいなか, はうれし, はおく, はお子様, はきさく, はくつろい, はこちら, はことし二十七歳, はこわく, はさっき, はさっきふたり, はしん, はそう, はそっと, はそんな, はたいへん, はつめたい, はなぜ, はなにもの, はにこり, はびっくり, はふるえ, はやつぱり, はわたくし, はニコニコ, はリアリスト, は二人共, は出, は別, は堀井戸, は声, は夕方, は大, は妙, は屋根, は廊下, は当惑そう, は戦争, は母, は氷買, は洗濯, は玄関, は田舎, は男の子, は目, は真赤, は着物, は私, は私の, は自慢, は袷, は親切, は買物, は運送屋, は鉄, は鏡, は黙っ, ばかりよ, までが, までが輕井澤, まで玄関, まで眠っ, もうしろ, もこちら, もしかしたら, もそこ, もその, もコック, も並ん, も僕, も台所, も居なかつた, も片, も詳しゅう, も買, やお爺さんたち, や小僧さん, や爺さん, よろしくの, らしいの, ゐないの, をお, をかえし, をからかう, をした, をつかまえ, をつれ, をひとり, をよび, をよん, を伴, を助手, を呼びました, を呼びましょう, を呼びます, を呼び出し, を呼べ, を呼ん, を奥さん, を納得, を走らせ, を隠した, 一向けろりとし, 御面倒, 早くし, 見つかるかも, 降って

▼ 女中たち~ (331, 3.4%)

6 と一緒 4 の中, の顔 3 の話, の部屋, はまた, も出, も寝

2 [17件] がその, が逃げ出し, による特殊サービス, に指図, に送られ, のあいだ, の心, の蔭, の言葉, の間, はそんな, は私, は葉子, は部屋, は面, も毎日, を指図

1 [268件] から小遣, から恐れられ, から昨夜, が, がお, がかしましい, がささやき合った, がさわぎまわっ, がそんな, がとうに, がとん, がむせる, がやかましく, がよそながら, がわたし, が一途, が三艘, が争っ, が二人, が云つて, が内, が出入り, が口, が平素, が庭, が廊下, が彼, が彼女ら, が愕然, が懐石膳, が我ら, が断言, が方々, が旦那様, が早く, が晴れ, が書類, が欄干, が殺す, が用意, が目新しく, が直ぐ, が私, が窓ガラス, が笑います, が総出, が自分, が芝居者, が虫干し, が見つけ, が跡始末, が遠く, が酌, が附, が顔, が食膳, が駈けつけ, さえ廊下, しまいには, すら指摘, だ女の子, である, でもあろう, でも身だしなみ, といっしょ, とともにそれ, とぶつかっ, ともすぐ, とも仲, とも心安く, とバカ, と共にお, と老臣共, なかま, にからかわれ, にきつく, にさ, にざれ, にしゃべった, にとってもいや, にとても, にとりまかれ, にと言っ, にはあらかじめ, にまでそれ, にまで及んだ, にも今後, にも商い, にも子供たち, にも平気, にも聞きあわせた, にも飽きられ, に一切, に云い含め, に今にも, に何十杯, に先立っ, に可愛がられ, に命じ, に囲まれ, に対する不平, に幾らか, に案内, に目, に睨まれ, に知られ, に見える, に言いつけ, に誘はれ, に足し, のいる, のおどろいた, のかた, のささやきが, のつかっ, のところ, のエクサイトメント, のカン声, の人気, の取沙汰, の口, の品物, の喚声, の噂ばなし, の声, の居並ん, の手前, の拵え, の数, の来る, の歓声, の気分, の気取った, の湯帰り, の火, の物言い, の玄関, の申立て, の素振り, の綺麗, の行列, の衣類, の見送り, の記憶, の証言, の責任, の選挙, の陰口, の陳述, の面, の髪, は, はあの, はいわゆる, はおどろい, はお松, はきゃっと, はこの, はこれから, はこわがりました, はささやい, はすぐ, はその, はそれ, はそれぞれ, はとっくに, はどこ, はなかなか, はなまじい, ははしゃぎきった, はまじめ, はみな, はみんな冬坡, はみんな押入, はみんな面, はヒステリイ患者, はベッド, は一斉, は不意, は二組, は互いに, は代る, は供, は先, は先刻, は勝手元, は十二時頃, は命じられた, は外, は夜会, は女, は室, は左右, は巫女, は彼奴, は怖気, は所有物, は掃除, は昼, は普通, は毎年例外, は毎日, は泣き出し, は物見高い, は皆, は目はし, は知っ, は花田医師, は蔭, は身の毛, は避難訓練, は長兄, は雑巾, へ冗談, へ話しかけ, までがそんなふうに, までが不意, まで一々, まで倒れる, もさっき, もそっと, もそれ, もまた, もみな, もみな行儀, もみんな, もみんなこちら, もよろしく, も云っ, も何と, も同じ, も大勢, も女中たち, も必死, も怖い, も急, も無事, も生粋, も産所, も男物, も異人国, も相当, も笑っ, も若殿, も言う, も起き, やお, や出入り, や板場, をも侍らせなかった, をよびあつめ, をよろこばせる, をわら, を一人, を一人一人突慳貪, を別, を十人, を呶, を呼びおこし, を呼ん, を呼んだ, を失望, を寝かし, を笑わせ, を遠ざけ, を部屋, を集め, 迄が皆

▼ 女中~ (294, 3.1%)

24 一緒に 12 二人で 6 なって 4 いうよりは 3 いっしょに, 並んで, 何か, 同じよう

2 [14件] いっても, お文, はぐれそれから, 一所に, 下の, 云うもの, 分って, 姉と, 小さい女中, 書生を, 清子が, 申すの, 話して, 顔を

1 [208件] あなど, あんぽんたんと, いいなおすほどに, いっさいを, いつた大, いつた感じ, いふなら話, いやあ今, うまくやつ, おとよさん, お付き, お座なりの, かえました, かさなり合うよう, かなりけ, くっついた, この手紙, こんなこと, して, すれば, その少女, それから, それから隣室, それを, たった二人, たつた二人, たわむれて, ちらと, である, とまり, なった, なったか, なった何某, なった娘, なつた, なりヒサ, ふざけたり, ふざけて, ふざけながら, ふざけるくらいの, ふたりきりで, ふたりで, もう寝たろう, やつぱり長野近在で, やると, よびすてられた, わたくしの, カメという, コロという, チエ子を, 一しょに, 一つ毛布に, 一つ蚊帳に, 一同で, 三人が, 三人きりだった, 三人きりの, 三人ぐらしの, 三人で, 三人の, 三人住み, 三人暮しだ, 三人暮らしである, 三吉は, 下男とで, 下男は, 下男ばかり, 下男夫婦と, 中流の, 争って, 二人きりで, 二人暮しで, 二人暮らしで, 二人暮らしである, 二人暮らしです, 二人浅草田町に, 二番の, 二番目の, 云うの, 云った恰好, 云ふ, 云ふも, 交代に, 交替に, 今の, 今年二十歳の, 他には, 令嬢は, 伊香保の, 侮っては, 僕とは, 僕とを, 入れかわって, 入れ交いに, 入れ換, 入違いに, 冗談などを, 出たりは, 出来合って, 出逢う事, 初江さんが, 別府へ, 口を, 只二人ぎりです, 同じこと, 同時だ, 同様一応, 同等に, 喋って, 喧嘩し, 噂され出し, 噂を, 四人で, 国民服を, 土地の, 地獄の, 夕飯の, 大山付きの, 女主人とが, 好い仲, 娘の, 婆やとを, 婆やも, 子供の, 子供を, 安積から, 家番の, 密通を, 小作人夫婦が, 小僧に, 小太, 小女とが, 小猫, 小聲, 少しでも, 差し向いで, 差し向ひで食べる, 弟子と, 御一所, 御料理, 心安くなり, 心得たので, 思って, 情夫との, 手つだいの, 手の, 手伝いの, 折合いが, 接吻した, 摺違つて, 新橋駅で, 新聞を, 書生と, 書生とを, 本間さよ子とが, 来ては, 浅草の, 爺やが, 爺やより, 猫背の, 申す一件, 男の子は, 町娘と, 番頭といった, 番頭みたいな, 番頭も, 番頭や, 目引き袖引き笑っ, 看護婦に, 睨めっくら, 知り合, 研究室の, 私の, 立ち廻りの, 立話を, 笑うたんびにかなりそろった前歯, 笑って, 笑談でも, 縁端で, 自分の, 臺所で, 若い店員, 茶の間に, 荷物に, 蓄音機の, 蚤と, 行くから, 表方の, 見えるの, 言えば, 言葉を, 話しこみ赤, 話しながら, 賄いつきで, 踊って, 車夫とが, 近侍とが, 遊ぶでも, 違って, 酒を, 閑静な, 間違えたの, 間違えちゃ, 関係が, 顔なじみらしく, 馬の, 魚の, 鴈治郎一座の

▼ 女中~ (259, 2.7%)

3 それに, 何も, 書生も, 連れずか

2 [15件] あの時, いなかった, みんな飛びだし, ゐなかつた, 主人の, 今は, 呼ばずしばらく, 子供も, 庭男も, 心得たもの, 知って, 笑って, 裏口から, 親切で, 連れずに

1 [217件] あがって, あたし浅草の, あったと, あの態, あまり外出, ありきょう, あわてて, いた, いたので, いつの間にか後, いない, いないのに, いなくなるし, いる, いるけれども, いるし, いるので, いるのに, いれないで, おいて, おかずたつた一人きり, おかず妻君自ら客, おかず食事, おかなければ, おこう, おじさんも, おどりだしました, おりいささか, お召に, お君, かけ引き, かまって, きっとそれほど役, この, さいぜんと, さう顔立, して, そうだ, そう答える, その晩, それが, それほど帰りたがるなら, それ程變物, ぢつと, つかわず全く, つけて, どこで, ない, なく手伝い, なるべくは, ほれぼれと, また思う, みな帰し, みな東京へ, みんなお婆さんか, みんな呆れ, みんな志呂足の, みんな早い, みんな流され, もうこの, もうひま, もう寝入っ, もう薄々知っ, やはりその, やはり人, ゐないらしい, ゐない家庭, ゐるけれども, 一々どれ, 一人お母さんが, 一向に構, 一緒に, 一荷背負つてくれよう, 一頻りは, 三人店の, 三助も, 下男も, 不在である, 不在の, 不安そうだった, 不服そうでした, 不親切だ, 中年の, 二三名は, 云い合したよう, 人間の, 仕立下しの, 仲間には, 何ともする, 何人かに, 使って, 使ひ, 俯向い, 傭へ, 働いた, 入って, 内に, 出て, 出窓の, 分らない顔, 十四五から, 可愛いいの, 台所から, 合わせて, 同様であった, 呼ぶので, 唯文太郎, 売春婦も, 多くゐる, 多忙だった, 大きな風呂敷包, 女中部屋で, 妙に, 妹も, 客と, 家の, 寄り付かなかった, 寝たらしく, 寝てるの, 小太郎も, 居ず門, 居ないので, 居ぬ家, 居ようという, 居るが, 居る事, 居合わしたので, 帯は, 帰って, 帰つて来た, 帰らない, 帳場も, 店の, 彼女の, 待たず夕顔, 心得て, 思わず噴飯, 手の, 手伝って, 敏ちゃんから, 料理屋の, 明治生まれの, 最初の, 服装は, 来ず笠井さん, 来て, 来ては, 来るから, 来る女中, 殿様も, 無愛想で, 熊谷の, 物珍らしく遊びたい, 狼狽し, 用たし, 申したの, 申しましたっけ, 男も, 留守だ, 番頭も, 皆その, 盆踊りに, 矢張り受持ち, 矢張久米の, 矢張内儀さんと, 矢張東京横濱方面から, 確に, 私が, 私にだけは, 私の, 笑いながら, 笑い囃し, 笑い引きに, 笑ひ, 節約し, 総がかりで, 置かずに, 置かないで, 置ない, 肉の, 腹を, 至極単純, 臺所を, 若いもの, 茶碗を, 落着い, 藤井も, 蚊帳の, 見たこと, 言って, 言葉を, 話が, 読めぬ顔, 諦めたと, 起きて, 起さず母, 踊りから, 迎いに, 連れずただ, 連れないで, 連日の, 遠くから, 遠ざけて, 遠ざけ自分, 遠慮し, 間は, 雇えますし, 雷なんぞ, 面白半分, 顔馴染みだった, 飯の, 馬丁も, 駆けつけて, 駈上った若い, 驚いて, 驚きました, 鳥渡知っ

▼ 女中部屋~ (257, 2.7%)

7 の方 4 の障子 3 の三畳, の中, の窓, へはいっ

2 [18件] が二畳, である, とお勝手, にいた, に寝, に次いで, のわき, のドア, の寝, の格子窓, の隣, は三畳, は屋根裏, へもぐりこむ, へ入, を一寸, を出, を覗い

1 [198件] かえ, からのぞい, からのつ, からズッ, から下女, から出, から声, から座敷, から生まれた, から餅網, か物置, があり, があります, が三畳, が四畳半, が奥, が空いてる, が続い, だ, だからとて, だが, だけが何だか, だったところ, でいたせ, でお, でけたたましい, でその, でなら, でもよい, でウタタネ, で一ト憩, で一同, で一夜, で三十分, で仲働き, で休ませ, で休ませた, で女中たち, で寝, で寝かし, で居睡, で廊下, で旦那, で横, で私, で話, で鏡, で長く, で頻々, といわず, となる, との交渉, との間, ともで, とを例, と台所, など従来, なんかへ行つて, にい, にいたし, にいつも, にいました, にいる, にうつ伏し, にずつといた, にた, になっ, にね, にはいっ, にはその, にはひつ, にも三枝子, にも寝床, にも聞える, にカヤ, に半日, に坐っ, に女中, に寝る, に寝起き, に居る, に恋文, に戻す, に案内, に由也, に男, に眠つて, に置い, に行き, に行っ, に起き, に転落, に運ばれた, に面し, に顔, に風変り, のあたり, のなか, のボンボン時計, の一室, の五間, の仕切りベッド, の傍, の先, の内外, の前, の北窓, の壁際, の夢, の布団, の広い, の戸, の戸棚, の扉, の押入, の押入れ, の掃除, の時計, の柱, の柱時計, の横, の次, の片隅, の盗難, の目, の空っぽ, の突き当り, の縁, の老婢, の脇, の裏, の襖, の赤ん坊, の近く, の隅, の隣り, の隣りで, の電気, はこれから, はなかっ, はなにぶん, は以前物置, は大, は大変, は帳場, は障子, は雇婆, へいつた, へと安息, へははいれない, へゆく, へバタ, へ上った, へ入っ, へ出入, へ夜這, へ帰っ, へ引きあげられ, へ引っ, へ忍びこまれた, へ戻っ, へ戻らない, へ曲者, へ案内, へ泊りこん, へ現れた, へ甲虫, へ筒抜け, へ落ちついた, へ行っ, へ行った, へ追, へ逃げこん, へ通す, へ顔, へ駆け込んだ, までくま, まで覗き, まで連れ, も近く, や三階あたり, や台所, らしいね, らしい小, をさし, をのぞきこん, をのぞく, を左右, を建増し, を掛け, を焼き, を片づけ, を窺い, を見る, を覗いた, を訝, を除いた, 黒いよろい戸

▼ 女中~ (234, 2.4%)

5 と一緒 3 の証言, はお

2 [13件] がいる, が不用, が掃除, が瑠璃子夫人, だった, の声, はす, はすぐ, は眠りこけ, まで皆, も手, も色, も遠く

1 [197件] からはじまった, があかり, がいっ, がお, がおりませぬ, がしきりに, がせがむ, がみんな一人一人, が一, が一齊, が二三人, が云う, が交, が先, が口々, が向, が呆れ, が夜なか, が嫌がる, が展望台, が島民, が彼, が手伝い, が拭き並べる, が擇ん, が未だ, が珍し, が甲高い, が白い, が相手, が眠, が立っ, が考え, が覗い, が言つて, が起きる, が配色, が集っ, が髪結, じゃありません, だと, でした, ですもの, とお, とふざけ, とも墾意, と懇意, と面白, なども場所, にいろいろ, にきかされ, にききまわった, にそう, については妙, になぶられ, にはおいしい, にはだから, には寛厚, には座持ち, には見られない, にもその, に云いつけ, に云った, に介抱, に伝っ, に余計, に千歳, に取, に叱っ, に命じ, に対する愛憎, に尋ね, に心, に梯子, に絶対的, に胼胝, に自分, に見送られ, に訊いた, に話した, に違, に騒がれる, のいる, のこと, のそれ等, のつつましい, のゐる, の一般, の一齊, の中, の入浴, の入浴姿, の出迎, の出迎え, の名前, の宿, の寝る, の居る, の幾, の心, の心づく, の手伝, の手前今, の指紋, の晝, の溜り, の白足袋, の眼, の箸, の細工, の総見, の肉体, の處, の行動, の視線, の言葉, の話, の話し, の足音, の踊, の間, はそわそわ, はびつこ, はま, はみんな, はみんな不器量, はみんな台所, はもうコトコト, はよく, は一向, は主人, は事毎, は二三日泊つて様子, は二人, は休息, は何時, は全部, は刈られた, は半信半疑, は喜ん, は変災, は大事, は姦しく, は忙しく, は患者, は惘れ, は手, は楽し, は次の間, は物靜, は皆, は皆足, は皆足音, は目, は私, は聲, は蝶蝶髷, は驚い, へ, へユーモア, へ云い, へ命ずる, までが飯, までとりとり, まで居合せた, もいた, もみな, もみんな跫音, もよく, も一緒, も大勢, も安く, も寝静まった, も本郷, も気, も物柔, も皆, も自慢, も面白, も鳥子さん自身, や家, や店, や支配人, や旧, や祖母上等, や近所, よりも新子, をもっと, をもつ, を出し, を叩き起した, を叱り飛ばし, を招い, を昂奮, を裸, を軽い, を驚嘆

▼ 女中~ (98, 1.0%)

3 下男の, 書生の 2 下男が, 下男は, 下男を, 執事などで

1 [84件] いろんなところ, おかみさん, お手柔, お神, お端下, お茶坊主, さよ子の, さんも, その他数人の, オカミさんと, カフェーや, ハンフォードさんが, ボーイや, 三人の, 下働きが, 下男から, 下男なみの, 下男に, 下男も, 乳母に, 人妻に, 他人なんかに対しては, 何かから, 作男は, 出入りの, 助手が, 場末の, 大層年を, 夫人に, 奥様までが, 女郎へ, 妻君に, 姉から, 娘に, 娘や, 婆あ, 子供たちに, 子供の, 子供までも, 子守に, 子守を, 家族たちを, 家族や, 宿の, 小僧さんも, 小僧どもにも, 小姓は, 局たちが, 帳場にも, 店の, 弟子達も, 数名の, 料理番が, 書生が, 書生たちに, 書生は, 書生を, 朋輩芸者は, 村嬢たちの, 殿方が, 清子は, 番頭たちの, 番頭どもの, 番頭などに, 番頭などの, 番頭に, 番頭らに対して, 番頭を, 痩せた女中, 看護婦ばかり, 細君の, 老人を, 自動車や, 芸者じゃ, 若い娘達, 茶屋の, 華魁の, 身の, 近所の, 遠くも, 雇人の, 雇男が, 風呂番に, 飯たきの

▼ 女中~ (80, 0.8%)

5 のお 4 をし 3 のよう 2 の婆, の子供, の髷, を勤め

1 [60件] かそれとも, がど, が一人, が廊下, が浅黒い, が真白, が言いました, だと, って格, である, ではある, でアガーシュカ, でチャン, で喜作爺さん, といったよう, とが, としては申し分, として世界, として勤め, にした, にすえよう, にセエラ, に丁度, に使われ, に出逢った, に切り盛り, に小言, に賣つ, のお年, のやう, のタイプ, の人, の口, の婆さん, の幾, の強, の深草乃里, の菅沼るい, の話, の阿, の顔, はああ, はしきりに, はノオベル家, は主家, は別, は家庭教師, は結婚祝ひ, は顔, へ頼み, もあやまり, も兵太夫, も勤め, も矢張りそれ, らしいの, らしい四十年配, らしい年増, らしい年配, をじろりと, をつとめ

▼ 女中奉公~ (64, 0.7%)

14 をし 5 に出た 3 して 2 した, しても, の心得, をしよう, をする

1 [32件] いって, ぐらいしか思い当らなかった, させた, してから, しながら, だ, でも女事務員, なんかするでない, にだした, にで, にでも出ろ, になる, にはいる, にも出, に住, に住みこん, に入れた, に出さず, に出さね, に出し, に出した, に行, に適した, の口, の生活, はし, も気, よりその, をさせ, をされ, をした, を別

▼ 女中から~ (63, 0.7%)

2 あなたの, 本を, 様子を, 漏らされて

1 [55件] あたしから, いじめられた者, いつしか誘惑, おもしろいはなし, きいた, ききますと, して, その話, アンマ宿の, カギを, クリームと, ジロ, 一円借り, 不図, 二度目の, 付け文を, 伝染された, 出入の, 受取った名刺, 受取った銀盆, 受取って, 壺を, 夕刊を, 大番頭さん, 委しく聞い, 宮内官表, 小田原の, 思いも, 怪談を, 成る使用人, 来客まで, 板前まで, 温まつた皿, 相談を, 知らせを, 種々お話でございました, 笑われるの, 筑前琵琶を, 聞いた, 聞いたこと, 聞いた話, 聞かされた, 聞きながら, 聞きました, 聞き出したの, 聴かされた, 自分自身まで, 詳しく聞いた, 貰った杉菜, 貰つた, 通知された, 電話がか, 鞄の, 餡パンを, 高樹町の

▼ 女中~ (60, 0.6%)

5 あつた 2 お松という, 目を, 額の

1 [49件] あいつが, あつて, あとから, あらう, いたお, いて, お道さん, これは, これらの, ずんぐりと, そして祕書, その話, それでも感心, そんな意地, メグを, モンターク嬢が, 主婦の, 二つの, 今では, 佐田やす子という, 健康さうな, 僕の, 先生は, 其ののち米国, 四ッ谷の, 奥様が, 小金を, 小風呂敷, 巨万の, 往々彼, 怒りも, 思い思いに, 房州の, 是も, 暮して, 知りあったとき, 私が, 腕の, 薄ら蒼い, 見知らぬ人間, 見苦しい顏, 親元が, 誰でも, 身寄りの, 通人達には, 重要でない, 鉄瓶と, 鐵瓶と, 高い給金

▼ 女中~ (41, 0.4%)

2 も調べられた

1 [39件] かは知らぬ, がいる, がずっと, が十分証言, が台所, が変, が此, が親切, が騒ぎ出した, だってなかなか, でさえ何, に, にあずけた, におだてられる, に強圧命令, に苛め, に話し, に講義, の慰み, の掃除, の気散じ役, の視線, はおらぬ, は今夜, は例, は半可通, は又, は台所, は彼, は涙, は笑い, へ斯樣, まで彼女, もすぐ, もばたばた, も十人近く, をそ, を呪った, を引き退らせ

▼ 女中には~ (36, 0.4%)

2 御自慢

1 [34件] いって, しじゅう噂, なれない, なんにも変った, まかせなかった, まだ彼寺, わざと恋人, ホンの, 下駄だの, 人形だけしか, 任さなかった, 会って, 別に思う, 勘定を, 十三円の, 口を, 大した用, 小使い, 必ず, 手を, 早く休む, 暇を, 気持通ぜず, 水汲や, 用事以外の, 目も, 確かに, 私や, 總て, 表で, 見せまい, 都合で, 針持ち得ぬ, 鼻も

▼ 女中らしい~ (35, 0.4%)

4 女が, 若い女 3 人が 2 のが, 声が

1 [20件] がすてき, のに, のに訊ねる, のや, ものが, 一人の, 中年の, 人に, 人の, 人は, 女である, 女と, 女とが, 安南娘, 恰好した, 服装を, 気品と, 洋裝の, 相手と, 顏立で

▼ 女中~ (34, 0.4%)

2 から住居, そうだ, な

1 [28件] かにはげしい, から事, から宿場, が, が一説, が今, けれども側, ちの目を, ちの間に, つたそして, つてウロンな, つて只の, つて札束を, といひ, といふ, とか娘, とここ, と思え, と思っ, と思った, なんて, なんて思っ, なんて悲しい, の, のという, のを, ものです, よさつき

▼ 女中とが~ (28, 0.3%)

1 [28件] あり子供, いて, お附, ごたごたしてる, そこに, どかどかと, まだ眠っ, 何処に, 先生の, 其処に, 其蒲団を, 出ました, 加わる, 半分酔い, 垣根越しに, 妙な話し, 妙に, 店に, 当然その, 殺された, 私の, 窮屈さうに腰を, 窮屈そうに, 立つて, 笑う, 育てると, 話を, 這入つて

▼ 女中にも~ (25, 0.3%)

2 誰にも

1 [23件] かねがね言い聞かし, きっとやる, すすめた, ちょっと聞く, なれる, なんしょ, なんの, ろくに口, 一応かけ, 余分の, 分らなかった, 厳に仮さで, 家じゅうで, 尋ねて, 弘法灸の, 戯談すら, 手を, 手出しが, 月々決め, 皆ひま, 色々世話, 赤ん坊の, 逢つて見ました

▼ 女中でも~ (24, 0.2%)

2 子守でも

1 [22件] あれを, いると, いるの, おいたらどう, そうです, ない宿, なにか用事, まるで違った, ゐたら直ぐ, 一緒に, 下女でも, 乃至は, 何でも, 千円以下では, 取りに, 台所人でも, 大勢使わなけれ, 必ず嗅ぎつけ, 掃除に, 獣の, 私の, 自分の

▼ 女中二人~ (24, 0.2%)

2 あわせて, であったが

1 [20件] がおどろい, が目配せ, が附き添っ, だけで下男ナシ, だけとは, では, とお, とも酌婦的, と偕, と共に剃髪, と娘一人っきり, にそれぞれ草履, に下部一人, に指図, に油断, の恰好, の旅, も来, を乗せた, を連れ

▼ 女中ども~ (23, 0.2%)

1 [23件] があなた, が二人, が寄っ, が睡つ, にもの, に何やら, に手分け, に聞く, に苛め抜かれ, の中, の前, の寝室, の舌, の通う, はこんな, はさげすんだ, はみどり, は申し, は菖蒲, を一人, を一応, を相手, 御息女さま

▼ 女中~ (23, 0.2%)

1 [23件] からは騷, が江戸, が灰色, が着いた, が通り, が附い, が馬籠, とかあるいは, なぞの通行, なぞを迎え, に御, のお, のお伽, の通行, はいずれ, は御, へ売べし, へ案内, もある, や姫君, や尾州, を見, を見失っ

▼ 女中~ (22, 0.2%)

2 千代と

1 [20件] ふみ, ふみが, みつは, よしお, よしとお, 六と, 君という, 女中, 小間使まで, 徳さんといふの, 早婆さんが, 末の, 柳でございました, 疲労れ, 種と, 竹が, 竹と, 芳に, 鈴に, 駒の

▼ 女中さんたち~ (22, 0.2%)

1 [22件] から聞いた, がこ, でお嬢さん, といっしょ, とが見物人, にもこれ, に御馳走, に輕, のあいだ, の囁き, の指図通り, の言う, は, はみんな泊, はギョッ, は台所, は自分賄い, もみんな, をとおざけ, をびっくり, を呼ん, 詫び入って

▼ 女中~ (22, 0.2%)

1 [22件] が三四人, が今, が貸, じゃ年寄一人, だと, であり, でもお, でも咥, とお, と二人きり, と鴎硯, なぞが江戸, についてさ, のうち, の中, の消息, の素振り, はこんな, まで引き連れ, も二人, や下, をお

▼ 女中がた~ (21, 0.2%)

2 やわたくしども

1 [19件] がお, がより, が御, とおこ, どうせ妻籠, のうなり, のお, のかなしみ, の中, はこの, はなん, はみな, は今, は何と, へあんな, もおられました, もき, もよる, やわたくし

▼ 女中との~ (20, 0.2%)

2 三人暮らしで

1 [18件] あいだに, ことを, 一件を, 三つだった, 二人が, 二人住いで, 二人住ひで四間ばかりの, 四人, 地位が, 外に, 死骸が, 淋しい四人ぐらし, 蒲団を, 言葉は, 詮衡上花番とかに, 話し声が, 話です, 関係が

▼ 女中として~ (19, 0.2%)

1 [19件] お使, そこに, でも側, やとわれて, 世話し, 住みこませたの, 住みこんだ, 住み込みましたが, 住み込んだ, 住み込んで, 住込んだ, 何くれと, 入り込ませて, 出掛けて, 大量的に, 行って, 間者に, 雇い入れたよう, 雇われて

▼ 女中とは~ (19, 0.2%)

2 違って

1 [17件] うつらなかつた, お知り合い, その方, ちがうらしい足音, まるきりちがっ, ブラ提灯を, 二階に, 全く違つて, 前に, 台所の, 呆気に, 子供達を, 思うが, 思われないから, 繰返しこの, 違つてお, 違つてゐた

▼ 女中一人~ (19, 0.2%)

1 [19件] いないで, それだけです, だそう, で奥さん, とがあてがわれる, と子守一人, と母親, のところ, の恋男, の時, の書生, の留守番, も使っ, も出, をおい, を使っ, 使って, 出て, 出迎えずいつも

▼ 女中まで~ (18, 0.2%)

1 [18件] くさいもの, それを, つれて, 一様に, 上野の, 仲間入を, 伴って, 使って, 加えて, 呼び出して, 家中の, 引張り出して, 引連れて, 悲鳴を, 見惚れるくら, 起き上って, 連れその, 遠ざけて

▼ 女中~ (17, 0.2%)

5 んです 4 のだ 3 んだ 1 かまが, のか, ので, ので片づい, んで怪しい

▼ 女中~ (17, 0.2%)

1 [17件] おみね, ささやかれたの, 云った, 仰しゃいよあなた, 何か, 名前を, 告げた, 咎めた, 弁当の, 手出しも, 渡して, 用を, 盃を, 眼で, 眼を, 蔦子が, 頤を

▼ 女中~ (17, 0.2%)

3 と今一人, の女 2 でそれ, な女 1 なの, な圧迫, には装ってる, のひと, の二十がらみ, の小娘, の後姿

▼ 女中とも~ (16, 0.2%)

2 つかず内弟子, つかぬ若い, 客とも, 家族五人の, 居候とも 1 あろう者, つかない女, どこかの, 相談の, 部屋住み, 馴染に

▼ 女中などは~ (16, 0.2%)

2 京の, 台所の

1 [12件] あのおじいさん, あれが, まだ寝, ものを, アイヌ見た, ガラリピシャ用は, 失礼無, 少くとも, 手の, 料理人の, 職員といふ, 逆まに

▼ 女中~ (15, 0.2%)

1 [15件] あるいはあなた, あるいはまた疑っ, え, せいぜいで, 主婦かが, 何かが, 何かの, 何かを, 何んか, 又は普通, 品物みたいに, 家族の, 或は看護婦, 知らねえが, 私はね

▼ 女中だった~ (15, 0.2%)

3 んです

1 [12件] おつる, からだ, が勘定書, という, と見え, のでしょう, のです, 人が, 信用の, 女が, 女と, 時から

▼ 女中代り~ (15, 0.2%)

2 の小娘

1 [13件] になり, に使った, に働い, に十五, に召使, に料理, に男たち, に這入つ, のやう, の世話, の内弟子, の手伝, 下男代りに

▼ 女中までが~ (14, 0.1%)

1 [14件] あの潔い, そっちへ, ミンチン女史の, 入りこんで, 大騒ぎだ, 店の, 泣くさ, 用事の, 目に, 私には, 私を, 草臥れたらしく帰って, 貰い笑を, 隅の

▼ 女中では~ (13, 0.1%)

2 なくて

1 [11件] ありません, ありませんから, あるが, ないか, ないこの, ないらしい, なおさらない, なくウチ, なにかに, 不取締, 手の

▼ 女中という~ (13, 0.1%)

6 ものは 2 ような 1 ところだ, ものに, 感じであった, 身分の, 都会の

▼ 女中~ (12, 0.1%)

1 [12件] が泣い, とが皆, に交つて客座敷, のそういう, の分, の聞い, の顔, の食物, は仕方, は少し, は志保, も所在

▼ 女中などが~ (11, 0.1%)

1 [11件] 乱れた草, 代わると, 出入りし, 御用を, 時を, 浴場へ, 無断で, 群れて, 通り合わさない, 長く居, 電話の

▼ 女中~ (11, 0.1%)

2 も無 1 がおもしろ, が拭き掃除, としばしば, の口, の話, の間, はもちろん, をよろこばそう, を待ち受け

▼ 女中三人~ (11, 0.1%)

2 は船 1 おつ, そのなか, に下僕, の暮らし, は勿論, は午前菜つけ, ばかりを引率, を呼ん, を部屋

▼ 女中などに~ (10, 0.1%)

1 こんな注意, ふれるので, ワタリを, 仕かけ, 似よう, 使いますと, 満面卑屈の, 稼ぎに, 逢いに, 隙を

▼ 女中などの~ (10, 0.1%)

1 つまらない言葉, 口入れを, 古くなった, 声で, 尊敬の, 持つた品, 言うの, 話では, 話に, 雇入に

▼ 女中ばかり~ (10, 0.1%)

1 であろうか, でさぞ, でなくお, でなく主婦, でなく店, でなく誰, でなく近子自身, で主人, 真に閑静, 集まつて

▼ 女中じゃ~ (9, 0.1%)

2 いけないの 1 ありません, ありませんよ, ないか, ないこと, ないの, 困るから, 推切って

▼ 女中だって~ (9, 0.1%)

1 やっぱり何となし, オモチャと, 一緒に, 只の, 堅い素人, 病気の, 着やしない, 給金を, 貸さあ

▼ 女中とを~ (9, 0.1%)

2 湯河原へ, 連れて 1 かねた五十ぐらゐの婆さん, 得た事, 残して, 白い眼, 跡に

▼ 女中なら~ (9, 0.1%)

2 沢山あっ 1 なおさらできない, ばいくら, ば主人, ば何, 女中として, 好い妾, 白丈長を

▼ 女中にでも~ (9, 0.1%)

2 使って 1 お持たせ下され, なります, なるより, 聲を, 訊いて, 買わせればよ, 遣り込められると

▼ 女中と共に~ (8, 0.1%)

1 みて, パルマの, 二階に, 往来した, 梯子を, 梯子段を, 自分の, 食事を

▼ 女中風情~ (8, 0.1%)

1 が無礼, でもあえて, と結婚, には言葉, に卑しめられる, に研究, に錦紗, の読む

▼ 女中である~ (7, 0.1%)

2 ことに 1 が新聞, ことを, とか芸妓, ほうが, 事に

▼ 女中でなく~ (7, 0.1%)

2 て印半纏, 行儀見習の 1 お座敷女中に, て四十, て番頭

▼ 女中とに~ (7, 0.1%)

1 一人づつ負ぶさ, 手伝われながら, 用を, 私が, 話したら二人, 迎えられて, 連れられて

▼ 女中にまで~ (7, 0.1%)

2 何か 1 及んだ, 問題に, 振まって, 渋い顔, 誓紙を

▼ 女中に対して~ (7, 0.1%)

2 瑠璃子は 1 おこって, どうも卑屈, なんらの, やさしいいい奥さま, 何

▼ 女中をも~ (7, 0.1%)

1 乗せた, 乘せた, 交えて, 供に, 呼んで, 泣かせて, 遠ざけて

▼ 女中さん達~ (6, 0.1%)

1 がそう, が体, が夜どおし, にもみんな, はどうか, は自分

▼ 女中だけ~ (6, 0.1%)

1 だった, であった, ですよ, で万太郎様, 京へ, 残って

▼ 女中だの~ (6, 0.1%)

1 みんなそろつ, ボロカス女, 女工だ, 女工だの, 村の, 芸妓たちだの

▼ 女中です~ (6, 0.1%)

1 からねえやっぱり, から存じ, がほんとう, の入かわり, よ, わ

▼ 女中みたい~ (6, 0.1%)

2 な女 1 に扱, に教え子, に眠った, に見え

▼ 女中任せ~ (6, 0.1%)

2 になっ 1 で手伝おう, なんぞにできる, には出来ない, の独身生活

▼ 女中同様~ (6, 0.1%)

1 でおまけ, でそして, にコキ, に使っ, に追廻し, の地位

▼ 女中相手~ (6, 0.1%)

2 につましく 1 に冗談口, に暮し, に独り, のはかどらない

▼ 女中にな~ (5, 0.1%)

1 つてはたらい, つてゐた, つて大概村を, つて行つて居ました, つて金を

▼ 女中より~ (5, 0.1%)

1 さきに, ほかに, 中働き, 中形縮緬の, 先に

▼ 女中~ (5, 0.1%)

1 でベル, とがつい, の方, へ行っ, をやっ

▼ 女中がは~ (4, 0.0%)

3 いつて 1 ひつて

▼ 女中がわり~ (4, 0.0%)

1 にでも置い, に人形操り, に立ち働く, に送迎

▼ 女中~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やありません, や無い

▼ 女中であっ~ (4, 0.0%)

1 たりした, てかつ, て芸娼妓, て見れ

▼ 女中であった~ (4, 0.0%)

1 かの, など誰々, のを, 守蔵の

▼ 女中などと~ (4, 0.0%)

1 云うもの, 差し向かい, 廊下で, 関り

▼ 女中なども~ (4, 0.0%)

1 いまして, みんなあの, 交って, 十二時を

▼ 女中などを~ (4, 0.0%)

1 あわせて, まるめこむには, 相手に, 起して

▼ 女中なみ~ (4, 0.0%)

1 にもらつ, に立ち働かざる, の待遇, の秘密

▼ 女中なんか~ (4, 0.0%)

1 して, ないのよ, 伴に, 殿様だの

▼ 女中なんて~ (4, 0.0%)

2 えの, 一生する

▼ 女中~ (4, 0.0%)

1 がそう, がのっけ, が惚れてる, なんとも

▼ 女中やら~ (4, 0.0%)

2 本店から 1 娘やらが, 西門慶の

▼ 女中よりも~ (4, 0.0%)

2 先に 1 まだしも人間, 素朴で

▼ 女中上り~ (4, 0.0%)

1 のお, の彼女, の後妻, の老婢

▼ 女中姿~ (4, 0.0%)

2 をした 1 の櫛巻, の裲褂

▼ 女中~ (4, 0.0%)

1 が怪猫, にも大盤, の中, を騒がせ

▼ 女中おと~ (3, 0.0%)

1 よ, よ出, よ奧

▼ 女中かと~ (3, 0.0%)

1 おもうでしょう, 思ったが, 見られる女

▼ 女中この~ (3, 0.0%)

1 小僧は, 手紙を, 美少年が

▼ 女中~ (3, 0.0%)

1 へも近寄らなかつた, へ居ない, へ居なかつた

▼ 女中さえ~ (3, 0.0%)

1 はいっては, 来なかった貧しい, 遠慮勝ちに

▼ 女中さんそれ~ (3, 0.0%)

2 に相違 1 にマネキン人形

▼ 女中さん相手~ (3, 0.0%)

1 にばかりくらし, に一本飮ん, に話し

▼ 女中それ~ (3, 0.0%)

1 からさっぱり, だけが彼女, に男

▼ 女中それから~ (3, 0.0%)

1 同居の, 戦災者で, 焼け出されの

▼ 女中とか~ (3, 0.0%)

1 それから加代子さん, 女が, 長刀の

▼ 女中とで~ (3, 0.0%)

1 午前の, 夕飯を, 避暑地から

▼ 女中とともに~ (3, 0.0%)

1 忙しく立ち働く, 母屋を, 見送って

▼ 女中なし~ (3, 0.0%)

2 では 1 で朝

▼ 女中なぞは~ (3, 0.0%)

1 ときどき見かける, まだ袷, ハルピンは

▼ 女中など~ (3, 0.0%)

1 でした, でないという, 七八人の

▼ 女中などには~ (3, 0.0%)

1 到底望み, 無闇に, 粋人中の

▼ 女中によって~ (3, 0.0%)

1 分署まで, 金漿玉露と, 雨戸が

▼ 女中ひとり~ (3, 0.0%)

1 いないの, が揚がらねえ, この三人

▼ 女中ふたり~ (3, 0.0%)

1 が座敷, は台所, も逃がし

▼ 女中への~ (3, 0.0%)

1 チップが, 手紙, 附文を

▼ 女中まかせ~ (3, 0.0%)

1 に何一つ口, の庸三, 学資は

▼ 女中サン~ (3, 0.0%)

1 に完璧, に運転, 早く来

▼ 女中以外~ (3, 0.0%)

1 に家人, の人々, まだだれ

▼ 女中~ (3, 0.0%)

1 たる, りて, り報ず

▼ 女中働き~ (3, 0.0%)

1 にでも出, に出なけれ, をし

▼ 女中~ (3, 0.0%)

1 のもの, のやり方, の勢力争い

▼ 女中~ (3, 0.0%)

1 同様とんだ, 心配なさる, 新様それじゃ

▼ 女中~ (3, 0.0%)

1 かは知らぬ, でございますか, の前

▼ 女中残らず~ (3, 0.0%)

1 が黒姫, へ, をお

▼ 女中~ (3, 0.0%)

1 などが, に訊く, のお

▼ 女中無し~ (3, 0.0%)

1 か, じゃあ一時, の貧乏世帯

▼ 女中ああ~ (2, 0.0%)

1 そうして姉さん, たかが

▼ 女中あがり~ (2, 0.0%)

1 のお, を女房

▼ 女中いわば~ (2, 0.0%)

2 二人は

▼ 女中がか~ (2, 0.0%)

2 はるが

▼ 女中がと~ (2, 0.0%)

1 はた, 思ふ鼻

▼ 女中きり~ (2, 0.0%)

1 だった, なん

▼ 女中ぐらい~ (2, 0.0%)

1 おいても, 置いて

▼ 女中さまがた~ (2, 0.0%)

1 をかずしれず手がけ, をし

▼ 女中さんこれ~ (2, 0.0%)

1 は驚く, 安いよ

▼ 女中さんだつ~ (2, 0.0%)

1 てこと, て決して

▼ 女中さん一人~ (2, 0.0%)

1 の留守番, はいる

▼ 女中さん二人~ (2, 0.0%)

1 が振分け, も

▼ 女中~ (2, 0.0%)

1 なたは, なたも

▼ 女中だけで~ (2, 0.0%)

1 暮らして, 結構

▼ 女中だけは~ (2, 0.0%)

1 最少限度に, 近所の

▼ 女中であり~ (2, 0.0%)

1 また私, 或いはまた諸国

▼ 女中であろう~ (2, 0.0%)

1 か, と

▼ 女中でございます~ (2, 0.0%)

1 か旦那, な

▼ 女中といふ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 女中としか~ (2, 0.0%)

1 見え無い, 見て

▼ 女中ども一~ (2, 0.0%)

1 同旦那さま御新造様, 同旦那さま御新造樣

▼ 女中なりが~ (2, 0.0%)

1 しきりに余輩, 駈け上って

▼ 女中なんかと~ (2, 0.0%)

1 わたしも, 一緒に

▼ 女中なんかの~ (2, 0.0%)

1 噂には, 気受けは

▼ 女中にさえ~ (2, 0.0%)

1 手紙の, 雇って

▼ 女中について~ (2, 0.0%)

1 中庭の, 出て

▼ 女中にでもと~ (2, 0.0%)

1 談判した, 談判を

▼ 女中に対しても~ (2, 0.0%)

1 そんなし, 同じです

▼ 女中に対する~ (2, 0.0%)

1 態度が, 行きずりは

▼ 女中ばかりの~ (2, 0.0%)

1 動坂の, 歩くの

▼ 女中みんな~ (2, 0.0%)

1 があれこれ, がおや

▼ 女中を通して~ (2, 0.0%)

2 自分の

▼ 女中を通じて~ (2, 0.0%)

1 こんな風, 和歌の

▼ 女中一人きり~ (2, 0.0%)

1 だった, なので

▼ 女中一同~ (2, 0.0%)

1 まで総動員, を集め

▼ 女中下男~ (2, 0.0%)

1 さては泊り, の一同

▼ 女中二三人~ (2, 0.0%)

1 が入れ, という全く

▼ 女中仲間~ (2, 0.0%)

1 に煙草盆, の年上

▼ 女中入用~ (2, 0.0%)

1 のハリ紙, の広告

▼ 女中八重~ (2, 0.0%)

1 と不義, と再会

▼ 女中兼業~ (2, 0.0%)

2 で兼業

▼ 女中大勢~ (2, 0.0%)

1 を連れ, 居並びたる桟敷

▼ 女中専門~ (2, 0.0%)

1 という悪食家, になった

▼ 女中小間使お針飯炊き~ (2, 0.0%)

2 あらゆる種類

▼ 女中~ (2, 0.0%)

1 と峰松, と申す

▼ 女中御座候~ (2, 0.0%)

1 やとある, やに存じ

▼ 女中愚僧~ (2, 0.0%)

1 とてもずっと昔, は只今

▼ 女中払底~ (2, 0.0%)

1 とその, の手助け

▼ 女中文箱~ (2, 0.0%)

2 はお前さん

▼ 女中料理人~ (2, 0.0%)

1 せんたく女, を引率

▼ 女中殺し~ (2, 0.0%)

1 のあつ, のため

▼ 女中~ (2, 0.0%)

2

▼ 女中町人~ (2, 0.0%)

1 の女房たち, の女房達

▼ 女中美しく冷たい~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 女中自身~ (2, 0.0%)

1 の供給, もまだ

▼ 女中起し~ (2, 0.0%)

1 て四時, に来る

▼ 女中達二人~ (2, 0.0%)

2 とはその

▼ 女中雪洞~ (2, 0.0%)

2 を左手

▼ 女中頭みたい~ (2, 0.0%)

1 な点, にひとり

▼1* [369件]

女中あがりだったので子供, 女中あがりらしいその少女, 女中あがりらしく大きい日本髪, 女中あの襖を, 女中あぶないぞ, 女中あり下男ありで, 女中あれは唯, 女中いじめは母, 女中いずれにし, 女中うたの七人, 女中おきよ出, 女中おんばみなそれぞれの髪, 女中お前も一所, 女中お松の声, 女中かが運んで, 女中かしらんはてな何, 女中かで銚子盃添えものは, 女中かとも思われる髪, 女中かなんぞに稼ぎに, 女中かなんぞによりももっとひどく, 女中かなんぞの様に, 女中かのする事, 女中からというのが, 女中からもそのこと, 女中かを呼び寄せて, 女中がにやつきながら, 女中がね背後で, 女中がネ然うでない, 女中きたりて茶代, 女中きぬが上つて, 女中くずれのよう, 女中ぐらゐ志願者がありすぎる, 女中ここの待合, 女中こそ好い迷惑, 女中ことごとく三度の, 女中これから大宮宿, 女中ごときが現れた, 女中さあいつどつ, 女中さえも外出しない, 女中さがしの旅, 女中さまお宿, 女中さもなければあの老爺, 女中さんあなたですよ, 女中さんおい女中彼処の畳, 女中さんおまえも状筒, 女中さんがわりにい, 女中さんたち八人小さな子守り, 女中さんたち年子様の髪の毛, 女中さんたち旦那さまはいったい, 女中さんみたいなこと, 女中さん二十円は出しきれません, 女中さん伊勢町には女郎屋, 女中さん何かある, 女中さん大へばり, 女中さん姿の小林少年, 女中さん安積へ出発, 女中さん対手の生活, 女中さん御苦労でした, 女中さん怪訝な顔付, 女中さん方はまた, 女中さん時刻が時刻, 女中さん本間さんのところ, 女中さん酒一本持って, 女中さグッとこの, 女中て持ち来らしめた, 女中しまやと久, 女中じゃあない様, 女中じやの, 女中すなわち佐田やすは, 女中ずれが出来心, 女中ぜひお供, 女中そこいら, 女中そっちの女中, 女中そんなにお泣きなさる, 女中やとお專, 女中たち男衆まで挙っ, 女中だけが声を, 女中だけには限らなかった, 女中だけを相手に, 女中だつてあなた, 女中だつたら一日だつ, 女中だれひとりそれ, 女中ってものは, 女中っても居ないん, 女中つきで倶楽部, 女中つてあの佐田やす子, 女中つまり軽い意味, 女中つるが猩紅熱, 女中づかいの荒い, 女中づれではダメだすでに, 女中づれの美しい女, 女中であったろう十二階下とでも, 女中であれ誰であれ, 女中でございまして叱られた, 女中でございましたな, 女中でござったの, 女中でござんすかご, 女中でさえ彼と, 女中でさえもジイド氏の, 女中でしたがまだ, 女中でしょうよ, 女中でない嫁の, 女中で御座いますか旦那, 女中といつても北陸道, 女中とかいうことであれ, 女中とかへはつまらないお, 女中とがといった形に, 女中とくッついた, 女中としてしか見て, 女中としての地位を, 女中としては住み込みよりも, 女中とだけ居る淋し, 女中とても長年の, 女中とでもいったところ, 女中とばかり思いながら, 女中どうなされたな, 女中どこも怪我, 女中ども一同旦那樣御新造樣と言, 女中ども若君には實, 女中ども虎蔵がおや, 女中ども誰かある, 女中なかの姉一時的, 女中ながらも真面目に, 女中なぞの間を, 女中などから廻って, 女中などではなく丑松, 女中などとして安売りされる, 女中などとも反りが, 女中などにも正面から, 女中などのには金銀珠玉を, 女中などより却つて興ある, 女中なにか, 女中なにがしの顔, 女中なほが来た, 女中なりダブダブの, 女中なりに任せたって, 女中なるものは, 女中なんかに手を, 女中なんかにもおれゃ大きく, 女中なんかはさせて, 女中なんかも噂し, 女中なんかを徒に, 女中なんてのがお前, 女中にたいして大失敗, 女中にだけ声を, 女中にだってなれないだろうと, 女中については幾度か, 女中につき添われて, 女中にのみ放任する, 女中にまでも聞えそう, 女中によつて金漿玉露と, 女中に対しての私の, 女中に対してはいかにもこういう, 女中に関することは, 女中のかも知れないよ, 女中はい仕えて, 女中はかういつて笑, 女中はじめ変に思おう, 女中はずつと女中部屋に, 女中はにつと笑つた, 女中はべんけい縞の, 女中はやッぱり女中な, 女中ばかりがいかにもお正月, 女中ぜいが, 女中へと渡されて, 女中べつに怪我も, 女中べやにはいって, 女中ほか出来ない為, 女中ぼうこうをし, 女中まじりに人立ち, 女中までから來た, 女中までも浴したる後, 女中みたような, 女中みな集り四方山の咄, 女中めいたものも, 女中めいめいの影, 女中もちっとこれ, 女中もとなり部屋, 女中やに言ひ, 女中やを置くのきらい, 女中よしが現れる, 女中よりの咄には, 女中らしい見馴れない女が, 女中らしき媼取次に, 女中らしくこしらえたりしまし, 女中りつを連れさせ, 女中わずかに三名, 女中をからかか續けた心理, 女中をなど叱りつけるよう, 女中をめぐっての風景, 女中オタツが七時ごろ廊下, 女中ガ勤メルノデアルガ佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, 女中サン大変なよろこびよう, 女中サン女中サン早く来, 女中ソツとお, 女中タイプなの, 女中たらねえ, 女中ドキドキ光る奴, 女中ナーデンカはパン粉, 女中ニ番頭ニ更ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 女中ノオ節ノ七人ガ軽井沢, 女中ノオ静ガ二段ニ畳マレル籐椅子ヲカツギ込ンデ来, 女中ハンナにひきつけられ, 女中パートン夫人に持たせ, 女中フランス人のマリエット, 女中ヘンドリキエ・ストッフェルスと同棲, 女中ボーイ下男等々全部で二十五人, 女中マアサ・ガッツを強姦, 女中モギリスーベニヤの売子, 女中ロウジイヌが蓄音器, 女中・等の婦人労働者, 女中一人丁稚一人を棲まわせた, 女中一人外に附, 女中一人小体に暮らし, 女中一本の蛇の目傘, 女中一組の下宿人, 女中一統をはじめ, 女中丁稚さうし, 女中三人添の捨子, 女中三名だけです, 女中上がりの莫連者, 女中下物を此処, 女中下男書生ら二十数名をよびあつめた, 女中の粗末, 女中丸髷に結った, 女中乳母兼帯のおもり役, 女中二人仲働き一人の十一人家内, 女中二人朝湯の帰り, 女中二人目を丸く, 女中二名と馬丁, 女中五人にまず, 女中五人運転手助手その中, 女中少しお話し, 女中仕上げて隠居分, 女中の女優カトリヌ, 女中以上に取扱っ, 女中以上五人に主人, 女中仮にも関白殿, 女中任せでなく朋子が, 女中伝えで物, 女中佐田やす子及び同家, 女中何処へ行かれる, 女中使ひが, 女中保姆里親などに任せる, 女中へ立, 女中を出す, 女中共女中共はおらぬ, 女中共芸尽くしを, 女中共誰もおらぬ, 女中兼コックがお, 女中兼作家の生活, 女中兼看護婦が入っ, 女中出稼を奨励, 女中分限の条, 女中前垂の膝, 女中勘定をし, 女中勘弁して, 女中勘辨して, 女中十三人お末, 女中十人許とも殺されたさうである, 女中卒爾ながらお, 女中去る長い沈黙, 女中取締りのお婆さん, 女中同士の中, 女中が嘘, 女中呼んで閉め, 女中問題とは関係, 女中驚いたろう, 女中困らしの彼方, 女中夜なかに前, 女中さわぎ, 女中天才がなき, 女中失踪事件は再び, 女中奉公さきからもどっ, 女中女工生活記をよむ, 女中女給転々とする, 女中に横領, 女中姥竹が欠け損じた, 女中やに体, 女中客家事何のこと, 女中客間女中が月四十二円五十銭, 女中富岡八重という二十六, 女中対手にいろいろ, 女中小僧をつれ, 女中小林貞の殺害, 女中を娶, 女中帳場を呼びつけ, 女中幾人つかって, 女中幾勢は茶山, 女中弟子になっ, 女中が出ない, 女中彼処の畳, 女中に暇, 女中急いで退場, 女中悉くが集まっ, 女中慰安か, 女中憚りながら此大小と, 女中探しをやる, 女中料理人たちの末, 女中方それらの婦人, 女中方因州の女中方, 女中方尾張の若殿, 女中方肥前島原の女中方, 女中を近付, 女中有しと存じ, 女中たり, 女中楽しいかりそめの, 女中楽屋惣出でもそれだけ, 女中殿から聴い, 女中氏まめやかによく, 女中を確か, 女中なぞ飲む, 女中江島と俳優生島新五郎, 女中洗湯のかへり, 女中火の見仲間などが夕方, 女中として松, 女中ことの, 女中牛肉屋ノ姐サントナリ俗客, 女中特にお孝, 女中生活をし, 女中田代清子と判明, 女中男衆を腮, 女中祝儀三拾銭を以て最低, 女中上品な, 女中立消えの体, 女中端女等はもとより, 女中でも巧者, 女中給仕役の少女, 女中給仕等の職業, 女中絵の島が生島新五郎, 女中手入れと, 女中美人多しの, 女中で, 女中のすらり, 女中侍美々しく, 女中を運ん, 女中茶坊主お傍御用, 女中茶漬茶碗へ水, 女中衆さんから聞き出した, 女中らる, 女中親類の子供, 女中言葉をつかっ, 女中を僕, 女中の事, 女中質朴らしい若い, 女中赤紙の付いた, 女中近さんに聞いた, 女中近習が目立っ, 女中逢曳の男女等, 女中連サインブックを持っ, 女中達七八人吹上の梅林, 女中達大勢に取り巻かれ, 女中部屋下男部屋執事の部屋, 女中部屋仏間だな, 女中部屋居間佛間などで用箪笥, 女中部屋工場銀三の部屋, 女中部屋薪小屋食堂用の板敷, 女中の手, 女中雅楽頭づきの, 女中入れたし, 女中雇われたしとか堅牢, 女中雇人まで追, 女中雑巾がけのできる, 女中頭剽軽者の例, 女中風情つておつ, 女中は二人前, 女中飯炊きについても同じ, 女中養成所を開い, 女中鳥羽は毒