青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~学校 学校~ ~学生 学生~ ~学者 学者~ ~孫 孫~ 學~ ~宅
宅~
~宇宙 宇宙~ 守~ ~守っ 守っ~ 守り~ ~守る 守る~ ~安 安~

「宅~」 4681, 48ppm, 2398位

▼ 宅~ (963, 20.6%)

63 帰って 26 来て 21 行って 15 遊びに 11 置いて 10 参って, 電話を 9 お帰り, 伺って, 帰った, 帰ると, 持って 8 連れて 7 お伺い 5 帰りました 4 出入りを, 寄って, 御帰り, 戻って, 行つた

3 [23件] いらして, おいで, お礼に, きて, やつて, 來た, 入って, 出掛けて, 参りまして, 届けて, 帰ってから, 帰つた, 帰る事, 往って, 持参し, 来てから, 着いた時, 行くん, 行けば, 訪ねて, 送って, 電報を, 飛び込んで

2 [49件] いって, うか, おいでに, お歸, お邪魔, 一晩泊め, 伺おうと, 伺った時先生, 伺つた, 伺つたら, 伺ふの, 出かけて, 出入りする, 出向いて, 参り, 呼びに, 奉公に, 寄りは, 寄りました, 届けた上, 帰ったら瓦, 帰った時, 帰っても, 帰つ, 帰つたが, 帰る途中, 帰れば, 帰ろうと, 引取って, 御出, 招ぜられて, 時々奏, 来た時, 来ませんか, 来られ時々, 来ると, 案内する, 歸つた, 歸り, 着いて, 礼に, 稽古に, 置いた, 落著, 行く, 行くの, 行く用, 行ったの, 顔を

1 [555件 抜粋] あがって, あがらうと, あがりましたとは, あがるの, あがろうと, いつ頃, いらしてから, いらっしゃらなくなったよう, いらっしゃると, いらっしゃる時, うかがうこと, うかがったとき, うかがったん, うかがって, おいでいろいろ, おいでを, おいで下さりまする, おいで下さるでしょう, おじゃました, おとずれて, おもどり, およりする, お伺いせん, お伺ひします, お出, お出でなすっ, お出でに, お出で下さりとう存じます, お寄り, お届けいたします, お戻り, お持ち, お着き, お知らせしよう, お置きなすっ, お見え, お見え下さる, お買上, お迎, お連れ帰り, お遊, お願, こ, これらの, ころげこんだ幾年ぶり, こんな人, ご案内, ご迷惑, さる外国人, しけ込み, そしてまたビール, その人, その旨電話, たちよって, ついたの, とびこんだの, とびこんで, とまりこんで, とまり二日, なんでも, はいって, はがきを, ぶらりとお出かけ, まいりましたから, また出掛けた, また御, まっしぐら, まわって, まわりおこと, もう一宿, もどらないと, もらわれて, やった, やって, やってきたの, やって来たの, やって来て, やって来るの, ゆくと, よく遊び, よって, よって後, よばれて, よろしく, よろしく被, わざわざお, キネスコープの, ナグリコミヲ掛ケル所存ニ付左様, ネ, ネと, ノコノコ遊び, 一しょに, 一封の, 一泊する, 上ったの, 上って, 上りその, 上りましたので, 上りました時, 上り込む, 上ること, 上るところ, 上るん, 中元の, 二人呼寄せ, 伝えられた時, 伴れ, 伺いなさい, 伺いましたところ, 伺いましたの, 伺いました折りに, 伺いましてから, 伺いましょうそして, 伺います, 伺うこと, 伺うという, 伺う暇, 伺えば, 伺ったか, 伺ったこと, 伺ったとき, 伺ったの, 伺った時, 伺っても, 伺つた方が, 伺ふこと, 伺ふところ, 伺ふわ, 伺わないこと, 住み込んで, 住むよう, 何し, 使いに, 使が, 使ひ, 來て, 來てから, 來ます, 來る, 來出し, 來出した, 催促に, 働きに, 儂は, 入っしゃいました左様, 入ったと, 入らうと, 入らしって, 入りゃあ, 入り浸って, 入る刹那, 入れる事, 入れる積り, 入を, 内々参っ, 出かけた, 出かける場面, 出はいりを, 出ますが, 出ようお, 出入りした, 出入りは, 出掛けた, 到着した, 厄介に, 参ったの, 参られ申すには, 参りました, 参りましたが, 参りました処, 参ります三人, 参りませう, 参りませんでしたか, 参り人, 参り候所, 参り同人懺悔, 参り森兄, 参り煮焚洒ぎ洗濯, 参り舅, 参ること, 参ると, 参る娘達, 参上し, 参上した, 參り働き, 取上げて, 右の, 呼ばって, 呼ばれたり, 夜の, 夜分外史を, 奥さんを, 始めて, 姫を, 姿を, 婆さんを, 宛てた手紙, 宛て返事を, 宿, 寄せて, 寄せ附けない, 寄せ附けるなと, 寄らずに, 寄りましたので, 寄り上京中, 寄り馳走, 寄るどうも, 寄寓し, 寄食した, 尋ねて, 小信, 居候の, 届いて, 届けたの, 届けるの, 届けるよう, 届け物が, 工場などへ, 差越申候と, 帰ったが, 帰ったって, 帰ったと, 帰ったに, 帰ったよう, 帰った昔, 帰った赤ン坊, 帰ってからの, 帰つてから, 帰つて一夜を, 帰つて支度を, 帰つて来, 帰つて直に, 帰らないと, 帰らないの, 帰らない以上, 帰らなければ, 帰らねえで困るが, 帰らねえの, 帰られて, 帰らんうち, 帰りそっと, 帰りたい, 帰りたがって, 帰りたくなったから, 帰りつくと, 帰りて, 帰りまして, 帰りましょう其の, 帰りますでございます, 帰りますると, 帰ります大きに, 帰り何, 帰り其の, 帰り女房, 帰り構わず寝て, 帰り着物, 帰り著く, 帰り行灯, 帰り開けて, 帰るから, 帰るには, 帰るの, 帰るばかり, 帰るん, 帰る訳, 帰ろうかと, 帰住した, 廻りましょう, 引いて, 引き取られた時, 引き取られて, 引き移ってからも, 引っ張って, 引上げて, 引入れた何故, 引取られ, 引寄せ, 引張って, 引込んで, 引返すか, 張り込ませたの, 張り込ませること, 彼を, 往きました, 往きませう, 往く了簡, 往く事, 往つて見る, 御尋ねさせ, 御尋ね申したき, 御招き致したく, 御来臨, 御来臨下, 御置き下さいまし, 御邪魔, 忍びこみましたが, 忍び込みますと, 忍び込んだの, 忍び込んで, 戻りました, 戻るよう, 手を, 手紙が, 手紙を, 折々行かなく, 押しかけること, 押し寄せた, 押し寄ると, 押し掛けて, 担いで, 招かる, 招かれて, 招ばれ, 招待され, 持ち込まれた時, 持つて, 持参した, 持込んで, 指して, 探偵の, 推参する, 敏の, 日参致し, 是を, 時々は, 時々遊び, 書生に, 最初の, 本人が, 札を, 村でも, 来いあの, 来たの, 来たら何, 来た当座, 来た時分, 来た最後, 来た贋雲水, 来た頃, 来ても, 来なくなった, 来ましたか, 来ました時, 来られたの, 来られて, 来られないも, 来られなくなると, 来ること, 来るの, 来る事, 来る前, 来る時, 来る粥釣り, 来れば, 来出してから, 来合せたという, 来客が, 松下一郎と, 案内され, 案内し, 歸つて來た, 歸つて來て, 歸る, 歸れ, 毎夜参りまし, 沙汰なし, 泊って, 泊つて朝歸られる, 泊めて, 泊りました, 泊り込ますの, 泊れなければ, 泣込んで, 泥棒に, 湯を, 火が, 片岡その他の, 物乞いに, 狼が, 病院移転, 療治に, 療養に, 盗みには, 盗賊が, 目を, 眼立たない, 着いた, 着くなり, 着くの, 着物を, 知せ, 知らせに, 知らせる事, 短いたより, 禍いを, 私のも, 移した方, 移して, 移って, 立寄って, 立寄るからと, 立寄る足, 立廻った, 端書した, 紹介し, 置ききれないから, 置くぐらいの, 置くつもり, 置く事, 置く位, 置ても, 自分の, 芝居の, 草を, 著いた, 行かれたの, 行きいろいろ, 行きたくなって, 行きました, 行き三日, 行き其妻, 行き要談, 行くこと, 行くと, 行くとか, 行くには, 行くべく家, 行くよう, 行くよりは, 行く前, 行った, 行ったとき取次, 行ったら門司, 行った時, 行ってからは, 行ってさえ, 行つてお, 行つて交渉し, 行つて和田氏の, 行つて嫂に, 行つて次の, 見えられて, 見えられ娘, 見える前, 見舞に, 観に, 言って, 訣れに, 訪ねた事, 訪れて, 訪問し, 話しに, 誘いに, 謝りに, 警視庁の, 走り込んだこと, 走ろうと, 赴き麻雀, 越して, 足を, 踏込及亂暴居宅及所持の, 辿り着く頃, 近頃泥坊の, 送つて, 送りとどけますが, 送り一, 送り届けたその, 送り届けたの, 送ること, 這入った, 通うよう, 通った, 通って, 逢いに, 連れ帰り種々, 連れ帰る訳, 連れ戻りたい, 連れ込もうかと, 運んで, 遠方から, 遣は, 還し返礼, 還る, 集って, 電報でも, 面談に, 頂戴に, 頼んで, 顏だけ, 顏を, 飛ばすと, 飛んで, 養子を, 馬に, 馳付け乙名から, 駆けつけて, 駈けつけた, 鶯が, 默つては, 黙って

▼ 宅~ (904, 19.3%)

32 方へ 13 前を 10 事を 9 方に, 方の 6 ことを, ほうへ, 前に, 前まで, 市の, 方が, 方は 5 ものが, 人の, 様子を 4 ものから, ような, 二階に, 人に, 何を, 場, 御近所, 方で, 近所の

3 [17件] お友達, お嬢さんは, ことで, 中に, 中を, 主人が, 二階で, 先生は, 前の, 前へ, 土蔵の, 奥様の, 庭で, 庭に, 庭の, 庭へ, 庭を

2 [64件] うちが, お嬢さんを, お子さん方は, お父さま, お隣に, ことばかり, ことも, ご主人, ものの, 中が, 主人です, 主人に, 事が, 事で, 事は, 人は, 人も, 先生が, 前で, 加寿子ちやんたちは, 土蔵に, 坊ちゃんは, 奥の, 女中が, 女中さんの, 女中に, 娘さんが, 娘なんぞは, 娘は, 娘を, 子に, 小供, 市と, 市は, 床の間には, 庭には, 庭は, 御主人, 掛人に, 敷地内に, 敷居を, 方も, 方を, 書生に, 格子戸の, 様子や, 母は, 池も, 物置に, 猫を, 玄関で, 玄関に, 玄関を, 番地を, 相助, 空気は, 窓は, 者は, 自動車に, 都合は, 門の, 門を, 門前に, 間取りから

1 [559件 抜粋] あった土地, あとです, あのあなた, あの六畳, あの大きな欅, あの糸瓜, あるもの, ある時, ある段, うちに, おかみさんにも, おとうさんが, おぼつちやん, お久, お兄様, お内さん, お内儀さま, お向い, お坊, お嬢さんだった, お嬢さんと, お嬢さんの, お嬢様なら打っ, お嬢様の, お客様で, お家賃, お師匠さん, お座敷で, お庭, お弟子たち, お父さんが, お父さんに, お爺さんが, お爺さん此処に, お猫さん, お産を, お祖母さんの, お稽古日, お米, お金を, がもう, きたないの, こいさんが, ことが, ことぐらい, ことです, ことな, ことよろしく, ご子息, ささやかな, すぐ上, すぐ前, すぐ向う側, すぐ東隣, すみへでも, つい向, ですか, なにから, は, はなしでは, は全く, は勃然, は花, は若く, ほうへも, むす子さん, もので, ものなら, ものに対して, ものは, ものを, もぶつきら, やうに, を出し, アー太郎さんヒー太郎さんルー太郎さんも, サラリイ前借りした, ジョージさんやっぱり, セット, ニコヂーム・アレクサンドルィチはなんて, ピヤノは, ピョートル・ステパーヌィチは, マルテさんも, マーシュカなんか, ヤヴドーハといふ, ラジオくらいを, ラジオで, ラジオとの, ラジオ受信機は, リーザを, 一劃が, 一座, 一番古い, 万事よろしく, 万事を, 下女です, 下女は, 下女を, 下手な, 不名誉に, 不祥な, 世話云々, 両親が, 並びにて, 並びにも, 中の, 主が, 主人, 主人と, 主人を, 主人引越し来る, 事である, 事でございます, 事につき, 事情が, 二階から, 二階より, 井戸は, 井戸水は, 人だ, 人達が, 人達を, 仕事場で, 仕事場でなさる, 他の, 付近だ, 付近に, 付近には, 代理でございます, 令嬢と, 伊東の, 作者よ, 作者を, 便所へ, 俥に, 俳句会は, 俳句会へも, 倅を, 借家に, 側まで, 傍の, 兄いさん, 兄さんが, 先生の, 先生へも, 先生また, 先祖ちふ, 光までも, 光俊が, 入口は, 内職も, 処で, 出入の, 前でございます, 前で御座います, 前は, 勘さんと, 勝手です, 勤めて, 半治, 半面図を, 厄介ものだ, 友達である, 古い門, 台所で, 台所と, 名を, 向ふ, 周囲も, 周囲を, 呼び鈴の, 呼鈴を, 品は, 噂が, 囲いは, 固め振りを, 園には, 土地を, 地下室で, 地域で, 址で, 坊ちゃんを, 坊ちやんや, 坊つ, 坊樣と, 坐敷, 垣根の, 垣根を, 堂々さ, 場は, 場合においては, 境の, 外僅かに, 大きい娘, 大欅, 大蔵大臣に, 大黒柱に, 奉公人から, 奉公人の, 奉公人や, 奥さんからも, 奥さんは, 奥さんも, 奥庭落葉を, 女中さんたち旦那さまは, 女中さんに, 女中と, 女中を, 女学生さんを, 奴も, 妻子および, 姉さんの, 始末を, 姐さんは, 姿に, 娘さんな, 娘の, 娘も, 嫁に, 嫁子が, 嬢様も, 子ときたら, 子供が, 子供たちが, 子供たちは, 子供へ, 子供らを, 孫か, 安兵衞が, 宛名に, 実地検証を, 客に, 客間の, 宴会への, 家作が, 家内も, 家族は, 家来善藏などに, 寝室と, 小梅が, 少し手前, 屋敷の, 屋根を, 市さんが, 市さんとか, 市です, 市に, 市までが, 師匠は, 広告を, 床が, 床下や, 座敷からも, 庭さきに, 庭なら, 庭なんぞ, 庭よか, 庭下駄を, 庭園は, 弁金を, 後妻に, 御催し, 御兄さん, 御新造様は, 御祝, 御都合, 御門の, 御飯炊です, 忍び返しの, 応接間で, 応接間などで, 忰なんぞが, 忰には, 忰は, 恭太兄いが, 息子が, 息子は, 懸物, 戸を, 戻る時間, 所へ, 所在が, 手配を, 抱への, 押入の, 文章会で, 斑な, 料理番に, 新太の, 新聞紙の, 方いも脅迫が, 方から, 方じゃ, 方な, 方へは, 方へも, 方針の, 旦那が, 旦那さまは, 旦那さまを, 旦那と, 旦那に, 旦那様ぢや, 旦那様の, 旦那様は, 時には, 普請はじめて, 書房の, 書斎で, 書生, 書生さんが, 書生を, 書生格の, 木剣を, 木場の, 格子を, 桑の, 桜は, 梨枝ちやんの, 構えは, 構内裏庭で, 横へ, 機械は, 歌に, 殺方, 殿様が, 母と, 母なども, 気違い女の, 氣の, 泥棒を, 洗面台は, 洗面所で, 活計を, 温かい牛乳, 湯殿に, 灯を, 無えもの, 焼跡の, 煙草の, 熊祭りであった, 營業の, 父も, 父兄の, 片付け物を, 物置小屋などに, 犬, 犬に, 犬の, 犬も, 狆は, 狗か, 狭きも, 猫です, 猫との, 玄関から, 玄関には, 玄関は, 玄関へ, 玄関まで, 用事の, 用心棒と, 畑で, 畑に, 発句が, 白猫, 白猫の, 皆さんに, 石塀の, 砂利の, 神を, 私設舞臺で, 秘密が, 窓も, 窓や, 窯鼎さえ, 窯鼎さへ, 竈の, 第三回目, 系図を, 細君等も, 経済状態から, 給仕の, 縁に, 縁側で, 縁側は, 繁昌も, 老人が, 老人なども, 老婆などは, 者と, 者に, 者の, 者誰も, 職業は, 能なし, 芝居を, 花壇へ, 若いお, 若いもん, 若い者, 若奥さん, 茶の間, 茶の間で, 菓子鉢の, 蔵から, 蔵の, 蕎麦の, 蕎麦は, 蕗屋という, 薄焼, 表に, 表札に, 裏から, 裏に, 裏には, 裏の, 裏や, 裏口に, 裏口へ, 裏庭に, 裏手, 裏手に, 裏門から, 規律だ, 親類じゃ, 言葉じゃ, 計算を, 記を, 誰とも, 財産でも, 財産は, 貯蔵の, 赤ちやん, 赤樫さんも, 路地まで, 踊り子さん全部です, 車では, 軒先に, 輪奐の, 近いところ, 近くで, 近くの, 近くへ, 近くまで, 近所で, 近所へ, 近況について, 部に, 部屋の, 部屋借り, 郭将軍とは, 郵便受筥に, 郵便箱には, 郵便箱へ, 金を, 金を以て, 金田一先生お, 長屋に, 長男と, 門について, 門までは, 門前から, 門口まで, 門口迄, 門脇の, 阿父さん, 阿爺, 際植木屋に, 隠居を, 隣に, 隣の, 隣りの, 隣家に, 隣家の, 雀を, 雇人や, 雑誌でした, 離れ座敷, 離室に, 離屋じゃ, 電話は, 青が, 頃は, 風呂を, 風呂番が, 食卓に, 食堂に, 食客を, 飼犬にも, 飼猫だす, 飼猫で, 飼猫や, 養子に, 馬丁を, 馬丁貞造と, 馭者に, 高いお, 鴫沢, 鶏小舎から, 黒塀へ

▼ 宅~ (651, 13.9%)

8 いて, 居て 7 置いて 6 住んで 5 寐て 4 来て, 泊る, 行って

3 [16件] いた時, いる時, つくと, 世話に, 休ませて, 伺って, 居た, 帰って, 御厄介, 於て, 泊って, 着いた, 私が, 訪ねて, 訪問した, 電話を

2 [46件] あつて, ある, いた, いた頃, いても, いるでしょう, いると, おいでに, お世話に, お伺い, お邪魔, ゐて, ゐら, 伺いますと, 伺うと, 入りて, 入り仔細, 出入する, 出入りする, 厄介に, 同居す, 呼んで, 奉公し, 寓し, 小さい子供, 居た事, 居りましても, 届いた, 帰った, 帰つ, 帰りて, 引込んで, 御用事, 招待された, 招待し, 止宿する, 泊めて, 滞在し, 用が, 着くと, 移って, 穿かせる積り, 行きますから, 被行, 遊びに, 集まって

1 [465件] あがり込み寄つて, あがるまえに, あったって, あったもの, あった筈, あづけ, あの惡魔, ありて, ありますから, あるあの, あるの, あるやう, あるん, ある岩国, ある根附, ある物, ある間, いたお, いたが, いたこと, いたって, いたならば, いたので, いたはず, いた事が, いた人, いた人達, いた時分, いつまでも, いないの, いない事, いない時, いなかった, いなかったお, いながら, いました, いませず舅姑, いませんよ, いらしたの, いらして, いらっしゃるから, いらっしゃるん, いること, いるという, いるなと, いるの, いるので, いるはず, いるんじやあ, いる二人, いる彼, いる方, いる時分, いる書生, いる間, いる間四, いる阿魔女, いれば, うかが, うかがって, うち連れて, おいて, おいで, おいででございましょう, おもむき夫人, おりたいとも, おります, おりますと, おります時分, おりませんからの, おり候ころ, おる懸人, お伴しましょう, お出なせえます, お厄介, お客さまが, お帰り, お待ち下さい, お案じ, お移りに, お茶に, お訪ねした, お迎, お迎えする, お電話, お静さん, かくまって, きれいな, くらべたら物置小屋, こけ猿, この鴨, これだけの, ございますあの, ご用, さえいれば, さしむけその, しげ, しばらく厄介, しばらく湯川さん, せっせと主人, そのころ静坐会, たしかにある, つきました, つづく南苑, つれて, できた病人, ですか, ときどきうかがう, とどまるの, なるので, なれば, のぞんで, はおりますまいが, ひきかへ, まいること, まだ何, むかった, やって来た若い, やって来ては, ゆき, ゆく, ゆく以外, ゐた, ゐた事, ゐた土地生れ, ゐても, ゐるで, ゐると, ゐるやう, ゐる書生, トルーソツキイ某なる, 一乗寺村の, 一人も, 一休し, 一大怪事現出す, 一日二日泊る, 一本ある, 一泊し, 一生奉公を, 三時すぎまで, 上らせて, 下宿し, 下手人に, 井出康子さんは, 今二五八八年は, 今晩逢引を, 仕ても, 会合し, 伺いそれから, 伺いましたの, 伺いますから, 伺うの, 伺うよう, 伺ったが, 伺つてよけれ, 伺つて一番心を, 伺つて占断を, 伺候し, 住せし, 住まわせて, 住む人, 住居し, 何か, 何一つ気どられない, 何年か, 來て, 侵入し, 侵入した, 侵入する, 保管され, 傷寒論輪講の, 兄妹三人し, 先生を, 入った, 入ったの, 入りびたって, 入り伯姫, 入り太縄, 入り数日間これ, 入ると, 入るの, 入御和歌, 入斯, 再びこの, 写真を, 出入した, 出向いた, 出向いた際, 出掛けた, 到り, 勤めて, 原型の, 参りましたさ, 参上した, 取り寄せて, 取り込み事の, 取込, 召集令が, 同居させ, 向かって, 向ふ, 呼びまして, 呼び寄せて, 呼返し, 四五日逗留の, 在ては, 在る, 外に, 大事件, 大学生の, 奉公に, 奉公を, 奴婢を, 奴婢をさえ, 娘が, 定む, 家伝の, 宿すの, 宿する, 宿り飯, 宿泊された, 寄って, 寄つて來た, 寄つて少憩句集を, 寄つて御馳走に, 寄つて新聞を, 寄つて更に, 寄るの, 寄合いの, 寄合が, 寄寓し, 寐轉ん, 寓居し, 寓居する, 寝て, 寝泊まりを, 小野蘭山の, 少しお, 少しばかり, 居た奴, 居た恭太郎, 居って, 居ないもの, 居ますが, 居られたん, 居られるよう, 居りました, 居りました向坂, 居りますと, 居り午後フリツチイ, 居ること, 居るだろうとは, 居ると, 居るという, 居るん, 居る下男, 居れば, 届けて, 屯し, 帰えり, 帰するなり, 帰っとると, 帰つてゐなかつた, 帰つて薪を, 帰て, 帰てから, 帰ては, 帰らずと, 帰られたこと, 帰りこの, 帰りつくまで, 帰りました, 帰り一室, 帰り候時, 帰るつもり, 帰ると, 帰るよう, 帰る途中, 帰寓す, 平次の, 平気で, 幽霊なんか, 幾日でも, 広元入道さま, 広大なる, 度々お, 引き取る事, 引込罷, 往き某, 往く中途, 往つて御, 待っちして, 御出, 御迷惑, 忍びこんで, 忍び入りツル子を, 忍び込んで, 志摩人北条譲四郎と, 手入を, 手紙かなんぞ, 打連れて, 投じた, 押しかけて, 押しかける途中, 押し入りたる強盗, 招かれたこと, 招かれ奈良茶漬, 拝措物に, 持て帰ること, 持上った, 捨てられるよう, 掛けて, 支倉から, 於いては, 昔から, 暇乞に, 書生を, 有る気遣い, 望月さん, 机を, 来たの, 来たり, 来た時, 来りこの, 来るかも, 来ると, 来るよう, 来る様, 来客が, 染次って, 案内せられ, 歸へり, 歸りまし, 歸る, 残って, 沢山出来, 泊つてゐられる, 泊まりつぎ, 泊りました, 泊り合せ私, 法印さんが, 火を, 熟として, 犬お, 犬田氏より, 現れたの, 生活させ, 用事は, 用事も, 留守を, 病人が, 白蛇棲ん, 百穗さんの, 相応の, 着きました, 着きますと, 着き其所, 着くや, 着して, 石を, 社は, 神鞭阿部井山田, 禍いが, 秋山君を, 移したいと, 移つたのは, 稲右衛門は, 立ち寄る, 立寄った, 立寄り桜木, 立寄る, 籠も, 置きたるわが, 罷越し静か, 美しいお嬢さん, 美しい女, 而嫁す, 聘せられあらゆる, 臥たるに, 臨んで, 至り一席, 至り会談深更, 至り冷茶, 至り初対面, 至り面会, 芸人など, 落ちついては, 落ちつくこと, 落ちて, 落ち付いては, 落着かれ, 葉書が, 行き祝盃, 行く, 行くん, 行けば, 行た, 行つたのです, 行て, 見えて, 言って, 言は, 訪いしに, 訪うて, 訪ねたら哲学, 訪ねた時, 訪問し, 訪来る, 許ゐ, 詣つて気, 走つて, 赴いて, 起った, 起った事, 起居し, 起臥し, 越しましても, 身を, 軍兵競ひ集る, 転げ込み勧められるま, 辛抱し, 近い盛り場, 近い途, 近づくと, 近づくラこれ, 迷惑でも, 逃げて, 逗留中の, 通ふ, 通ふと, 逢って, 連れ込んで, 遊びついに, 遊んだ, 遊園を, 過般来怪奇の, 還して, 還るまで, 酒を, 酒井伝吉といふ, 金瓶が, 釣竿が, 長らく御, 長逝した, 閉じ籠ってのみ, 開く, 関さんという, 障るばかり, 隠されて, 隠密を, 集った人々, 集って, 集つた, 集まるの, 集会し, 面して, 預かって, 預けられて, 顕微鏡は, 飛び込んで, 飼われました駒, 駈けつけましたそれ, 駈け込み涙, 驢馬って, 骸骨どもの

▼ 宅~ (249, 5.3%)

9 出て, 訪問し 7 出た 6 訪問した 5 訪ねた 4 訪ねた時, 訪ねて 3 お訪ねし, 訪ねると, 訪問する

2 [16件] 出たの, 出ました, 出まして, 出る, 守って, 持ち立て, 早く明, 構へて, 留守に, 訪うた, 訪うて, 訪ねたこと, 訪ねたの, 訪ねる気, 訪れた, 辞した

1 [164件] あとに, あらためると, おそった, おとずれると, お困らせなさいます, お尋, お訪ねしたら, お訪ねしました, お選び, ぐる, ぐるぐる回っ, さまよい出, しめきりて, たずねて, たずねようと, のぞいて, ひいきの, わけ与えて, ヴヰラと, 三時頃には, 二三軒回っ, 二人で, 五回も, 仮事務所, 伴れ, 借りうけるつもり, 借りて, 内外両院に, 再三探し, 出, 出し抜きこうして, 出たと, 出た後, 出た日, 出た津田, 出ます, 出まするとき, 出ます時, 出られたの, 出る事, 出る時自分, 出れば, 切り廻して, 初めて訪ねた, 初め十軒餘押込道具疊建物に, 助三郎は, 勘当され, 去る, 叩き起すと, 売ったって, 売つた, 売るなかれ, 外に, 存じて, 存じませんから, 家出しまし, 家探しする, 尋ぬ, 尋ねて, 尋ねられた, 尋ねられたの, 布施村に, 建てた時分, 建てて, 廻勤いたす, 彼らに, 御訪ねした, 思いだした, 拜借いたします, 捜査すべく, 探し当てたの, 探りに, 教えたの, 早立ちし, 明けたこと, 明けた事, 明けて, 明けるもの, 暇乞し, 有つ, 朝の, 本陣と, 本陣に, 構えて, 構え左将軍な, 求めましょうか, 渋々承知, 点ぜられ和卿, 片つ, 物珍しさうに, 申せ見送り, 目ざして, 直訳し, 眺める振り, 知らなかつた, 移したこと, 移す時, 空けたり, 空けた例, 空けでも, 空けられるもの, 空ける場合, 窺って, 立ち退くこと, 立つたの, 立出でた, 老婆に, 脱せぬごとく朋輩, 蜂須賀邑に, 血だらけに, 行き抜けに, 襲い妻, 襲う, 襲うと, 襲ったの, 襲った兵達, 襲つて辞職勧告を, 見た時, 見張つて, 見張らせて, 見舞って, 見舞つて, 訊ねて, 訪いさらに, 訪いしに, 訪い日本人会, 訪う, 訪うたの, 訪うた事, 訪ねあてると, 訪ねたという, 訪ねた証拠, 訪ねました, 訪ねようとは, 訪ねるだけの, 訪ねるという, 訪ねるの, 訪れその, 訪れたこと, 訪れて, 訪れましたの, 訪れ鎌倉, 訪わざりしは, 訪問, 訪問いたします, 訪問す, 訪問すれ, 訪問れた, 調べに, 護らしむ, 買ふと, 買ふも, 貸して, 辞して, 辞去した, 造る, 造る勿, 選んで, 郵便の, 音づれた, 預って, 預ってる野上彰君, 頼んで, 駈出して

▼ 宅~ (243, 5.2%)

4 あらう 3 彼の

2 [12件] いらっしゃいますか, お会いした, まだ川向, 兄を, 商人を, 待って, 御厄介, 泊めて, 蝶吉と, 調物を, 開かれるよう, 食うより

1 [212件] あの人, いたす, いらっしゃいましたよ, いらっしゃいましょうか, いらつし, おかまいなければ, おはぎ, おめにかかったの, おやすみを, お世話に, お休み下さっ, お前が, お受けいたしました, お売り, お客を, お引取り, お拂, お母さんが, お父さんが, お目にかかった頃, お目にかかりましょう, お目にかかりますここ, お目にかかり写真, お茶の, お貸し, お雇い, きって, げすねえ, ことし初めて, この犬, これだけ, ござります, さ, されつつ, して, せう, たった一度, とれたの, どんな風, はあと, ほんの型丈, めでたく往生, やりたいから, ゆっくり話しましょう, ゆるゆるさせ, よばれるうま, フグ料理を, ルリさんとぶ, 一泊し, 一盞すすめられ, 一緒に, 不親切じゃ, 二三日遊ぶ, 二十三回忌の, 二次会を, 仕事を, 会おう, 会った盲目, 会って, 伺って, 何か, 何かの, 作って, 使って, 兄さんの, 先生に, 先生の, 先生や, 先程砕しました, 出來, 出来る, 切り傷を, 初めてお, 初めて光子さん, 初めて聽, 加留多会を, 厚いお世話, 受信機設置の, 句会飲み, 召使って, 同君及び, 同地の, 向島親子を, 困って, 困りますから, 図書館長夫人国際運輸の, 垣根いっぱいに, 夕飯の, 夕飯を, 大手の, 女房から, 好い家, 始める事, 嫁と, 安治川を, 室を, 宴会の, 寄合い振舞いが, 寝て, 小休み, 小会の, 巡査に, 差上げなくっちゃ, 差上げるの, 帯安の, 帳面が, 年季を, 幸福を, 庭づたいに往復できます, 式を, 弟子を, 強請られるたんび, 当時高等学校生徒であった, 彼に, 御亭主, 御覧なさい, 御覽, 御馳走に, 心配する, 忘れとる間, 応接間も, 急に, 悪魔牀で, 手に, 打ちましたの, 折々御, 拝見した, 拳銃で, 拵えたから, 拵えたのよ, 拵えた新茶, 振舞はれし, 支倉の, 文学や, 斯う, 明後日王と, 昔風の, 晩餐の, 書物を, 朗読し, 朗読を, 朝茶の, 本所の, 校友会の, 案じて, 楽しい何日, 様物の, 樋口の, 樹明君も, 歌會の, 歌留多會を, 正面からと, 母と共に, 毎日弁当に, 泊って, 浪花節を, 済ました, 灸を, 父から, 独り居残っ, 用でも, 申しました通り, 皆様が, 眠れば, 矢来の, 知ってる人, 祝う所, 私は, 窮屈な, 練習すれ, 翻訳を, 考えたり, 聞いて, 聞き出したの, 腹痛が, 致して, 若い女, 英国士官と, 落ち合った帰りつまらぬ口争い, 落ち合っても, 落ち逢うこと, 落合った帰り何方, 蕎麦の, 行なわれた, 見せて, 見たこと, 見て, 計らずも, 詠んだ歌, 詰腹を, 起つた事, 起居する, 近所の, 通されたの, 遅くまで, 遇った大学生, 遊んで, 酒を, 開いて, 開かれる木曜會, 集ったの, 雑誌, 離れ二階, 雪見酒を, 頂戴し, 順番に, 頼三樹三郎の, 食べた秋刀魚, 飲んだって, 養生を, 騒ぎ出すし, 麻雀で

▼ 宅~ (229, 4.9%)

5 こちらで 4 此方で 3 此方か

2 [14件] こちらです, この計画, どこだ, どちらです, もう近く, 以前の, 何方, 何方と, 十二三分間で, 建物疎開です, 当方です, 此方でございます, 用人の, 麹町の

1 [189件] あっても, あなた次第の, あの向こう, ありませんか, ありゃしない, あれな, いかがで, いつでも, いわばわたし, おひろいんだ, お午, お妹御さん, お花, お行儀, お隣り, かえって旅, かなり広く, がさつ者ばかり, ここいらに, こちらでございましょう, こちらでございます, こちらでござんしょう, こちらでしょう, こっちの, こなや, この地方, この横丁, この横町, この辺, これで, すぐ西洋館, すぐ通路, すっかりと, その校内, その町, その頃下谷, ちっと窮, どういうもの, どういう気, どうした, どうする, どうだい, どう成さいました, どこじゃ, どこだい, どこです, どちらで, どちらでございます, どちらな, どのあたり, どのへん, どの邊, ないだろうかと, なかなか派出, なるれば, なんともありませんでした, へとへとに, また淋しく, まだこの, むかしの, やはり本郷, やはり棚田さん, よく火の手, わたくしの, ツイ一軒隔い, ツイ御, ツイ此処を, ドチラでございます, モルトン町だ, 三浦さんと, 上の, 九度越し, 人と, 今の, 今気, 伊皿子台町でございます, 何だか家庭的, 何処だ, 何処です, 何方で, 何方でございます, 何方です, 何方様でございます, 來客がくびすを, 公園の, 初めて拝見, 別です, 別荘の, 剣呑だ, 午餐に, 口の, 可哀, 商売屋だ, 商用で, 四ッ谷の, 因幡薬師堂の, 坂東堀に, 堀の, 大さわぎ, 大勢の, 大繁昌, 大騒ぎです, 夫婦と, 女と, 女給さん入らないでしょう, 寄宿舎と, 富倉町三十二番地です, 山の, 平生の, 広くなかった, 当家か, 当家の, 後から, 御人数, 御目出度, 必ず伺わせます, 愛と, 所謂竹里の, 手前だ, 手狭だ, 按摩ぢや, 新小岩でした, 新店だ, 新聞の, 明けられますまい, 時が, 普請中でございます, 有福に, 杉原町の, 東京だつた, 根岸であった, 検閲官といふ, 横浜の, 此の, 此処か, 此処かな, 此処です, 此方で御座い, 此方様でございます, 此頃火の車で, 気が, 気づまりなんでしょう, 水の, 沢の, 沼の辺の, 海の, 海岸の, 淋しい上, 深川仲町で, 焼残りまし, 焼餅やきです, 燒けて, 物がたい家, 特別です, 玄関の, 田舎で, 疎開を, 皆さんに, 直ぐ, 直ぐ奥, 相変らず, 真実に, 神港倶楽部の, 私と, 空屋に, 立派な, 築地橋に, 芝の, 芦屋の, 花屋から, 街道に, 裏通りらしい, 評判の, 谷町でした, 質屋であったらしい, 転覆る, 農学校の, 迂生二十歳の, 近かった, 近く且つ, 遠い, 郡の, 郷士の, 酒を, 鍵屋の, 阪神沿線から, 隈なく, 青谷で, 駅からも

▼ 宅~ (223, 4.8%)

4 はその, や 3

2 [11件] だが, だった, ではない, に鼠薬, の顔, はふらり, はやっと, はニヤリ, は喉, は少し, は水茶屋

1 [190件] ありがとうよ, おそろしいいびき, お役目, か, かぜひ, から聞きました, があっ, があの, がきまじめ, がしきりに, がそこ, がつかつか, がのっ, がはばかりながら, がトロリ, が内密, が口, が呑みこん, が帰っ, が後, が承知, が揉み手, が旦那, が気, が皮肉, が頭, が首ッ根っこ, じゃ, じゃない, すまぬが, それでもこの, だとは, だな, ちッ, であった, である, でございます, でもうこ, といううるさい, という監視, という者, とかいう仲間, とは長浜, と一緒, と争った, と別れた, と来やがった, と申します, と門番, どうやら常には, なので, にこれ以上, にだって多少, にとってはなはだ, には森啓之助様, にもどうも, にゃあなた, にわかに起こされ, に分った, に捕まっ, に聞い, のあと, のひとりごと, のやつ, の一念, の両手, の主人, の事情, の仲間根性, の体, の喉, の大, の存在, の尋ねもの, の居所, の影, の所, の手, の様子, の横顔, の死, の死骸, の毛脛, の目, の眉間, の眼易, の胃袋, の胸, の腕, の虫, の血相, の話, の説明, の述懐, の青, の面, の飢えた, の鼻, はあじけ, はうなる, はおのれ, はおらん, はかえって, はこう, はすっかり, はそこ, はそれどころか, はつぶやいた, はどう, はなんだか, はまず, はまだいっこう, はもう, はわざと, はヒョロリ, はムカ, はムリ, は仇役, は今日, は使屋, は元々, は先, は再び, は冷酒, は初めて, は動きだした, は及び腰, は否応, は尻込み, は平和, は必死, は怒りません, は押ッ, は癪, は眉, は空い, は肚, は脇腹, は腰, は舌, は舌打ち, は陶然, へ当身, ほど御, ぽんと, またここ, も, もお, もしばらく, もそれ, もつい, もよりかかっ, もムッ, も宅助, も急, も睨んだ, も立会います, も見えなかった, も黙りこく, やあ, やお前, やっぱりお, や新吉, や私, よし, よりはまた, らしい我慢, わざと恐れ入った, をうながし, をほうり投げ, をまい, をまいた, をまず, をやっ, をアア, をダニ, を付け, を余興, を呼んだ, を哀れ, を後ろ, を怒らせよう, を操っ, を痛め, を誘う, ッてば, ッ手を, 別に気, 少し居, 少し退屈

▼ 宅から~ (104, 2.2%)

6 持って 3 使が 2 お帰り, お電話, ですか, 使は, 御使, 御迎, 手紙が, 立換へ, 迎を

1 [77件] あかんぼ, お使, お姿, お手紙, かえってそうっとまた, こちらへ, この叔父, すぐ上った, すつかり持つ, でしょう, よほどあります, 一丁, 一丁ばかり, 万世橋の, 三町ばかり, 二三丁の, 二三町の, 人が, 以前は, 例の, 停留場へ, 元地, 出た, 出た通知状, 出て, 医者の, 原稿を, 参るので, 取り寄せて, 取寄せて, 受けて, 召したお, 吾家までは, 回送し, 大石田を, 大部屋の, 夫人光子, 子供が, 学校へ, 少し隔, 届いたといふ, 帰って, 帰ると, 急用の, 懐中へ, 我々を, 手紙で, 拵えて, 持たせて, 持寄りに, 教わって, 斬味, 来た自分, 正に半町, 毎日病院に, 猛烈な, 用意し, 番町学校へ, 直に綱曳, 磁石を, 私に, 立去った, 綿入を, 車に, 轉送せられ, 迎いの, 迎えの, 迎が, 送らせて, 送る学資金, 通って, 連れて, 郵便でも, 金を, 金木の, 電報が, 電車で

▼ 宅では~ (100, 2.1%)

3 毎日いひ暮し 2 それから, ないかと, 御米, 皆お

1 [89件] あつた, あんなにいつ, あんまりよろこばなかった, いつも下女, お内儀さん, お篠, お金は, こういう上等, こんなに昼間鼠, そう言っ, その外, その日, それを, そんな事, たいそうその, ちょうど四十九日, とにかく大, とんだ事, どうなすっ, どなたか, ない, ないの, ほんとうに, また, みなさんが, みんな乗ります, ニュースの, ハア堅う, 丁度大功記, 万事無造作です, 不安心でございます, 両親は, 今まで, 今や親子喧嘩, 仕合ぢや, 以前から, 余り主人, 信州から, 先日教え, 冷した珈琲, 出かける時, 十八銭の, 南京豆入の, 去年は, 叔父の, 商人の, 多く父が, 夜ごとお, 大騒ぎで, 女中部屋は, 女房の, 嫌う者ゆえ, 屯し, 度々開かるる, 弁松の, 折々米利堅粉, 押かけ, 書けない為め, 書生同様に, 書画を, 東京の, 殿樣から, 毎回会費五十銭を, 毎年の, 気に入らないと, 浪士の, 滞留客でも, 炭は, 牛肉が, 男紋と, 留守式で, 皆お変りも, 皆さん待っ, 皆さん音楽は, 私が, 細君が, 縄付を, 臼引だ, 色々の, 親類から, 診察しない, 豊世と, 貧窮組なんぞへ, 近頃は, 運座が, 道連と, 闇買いは, 隠れない事実, 食卓の

▼ 宅まで~ (86, 1.8%)

4 来て, 送って 3 持って 2 おいで, お持ち, お送りします, 出かけて, 行って, 連れて

1 [63件] いらっしゃれば, おこしねがいたい, お出で, お出でを, お出ましを, お出願われますまい, お越し下さいませ, お迎えした, お送りしまし, お送りする, お送り申しましょう, お送り申します, お送り致す, かけつけエノ, この一通, これからご, ぜひ来, とっととおいで, ぶらぶら御, やって, わたくしが, ボロ傘, 供を, 出頭せしめよ, 刑事が, 参らるべし, 参るが, 取りに, 同道しよう, 問合せに, 屆けて, 届けて, 帰って, 引き返して, 引返し昼飯, 御一緒, 御遠慮なく, 是非送らせ, 曳いて, 月が, 歌の, 歩いて, 知らせて, 穂積同道で, 約二十五町, 自働車, 行かなければ, 行き着いて, 行くよう, 行った, 行ったところ, 送らせて, 送りましょう, 送り届けて, 送り届けます, 送り行かん, 送ること, 運こん, 運ばれ羽織袴, 運んで, 電報を, 電車で, 願書を

▼ 宅~ (81, 1.7%)

2 あって, あつた, まだ極ら, 風邪の

1 [73件] あった, あの阿, いるもん, おありでいらっしゃいます, おそろしく気に入っちまいまし, お宅, お金持, きのふいろ, この近所, こんなに早く, こんな日, すぐ近い, すすめるの, すっかり焼け, ずっと取巻い, その雑誌, そんなに近い, できたので, どこに, ないので, まだ改築, やっと探し, よく申しました, アノ阿, ルアンへ, 一番ながい, 仮りに, 出て, 出来たって, 出来ましたから, 分らんと, 厭な, 呼び物と, 大変な, 大層に, 好なん, 存じあげて, 小川さんで, 小川様で, 帰りましたら晩, 帰り次第, 強いて云う, 後を, 御校, 心がけまして, 心配に, 恋しくな, 揺れやしなくって, 新宿ちかく, 旅人に, 月給を, 朧気に, 来て, 気に入らないん, 潰れた, 無くなって, 焼けたので, 焼けた晩, 狭いので, 申した事, 癇癪を, 目の, 知れたよう, 知んねえもん, 破損した, 私に, 立腹致します, 芝居の, 裏門に, 軍艦だ, 階級が, 静かに, 飯米に

▼ 宅には~ (75, 1.6%)

2 洋燈も, 留守居の

1 [71件] ありません裏, いって, いつでも, いろいろの, お客様が, お客様でも, じゃこう, ずいぶん女, その男, たいへん世話, つづみの与, どなたも, ない, まだ電話, もうずっと前, ラムか, 一晩しか, 主人の, 人が, 伺わなかったん, 佐原重兵衛が, 何か, 何人も, 元禄以前の, 千人以上も, 古びた能衣裳, 召使も, 商品などは, 坊ちやんが, 夫婦養子を, 奥さんが, 女中が, 妖怪なんか, 妻の, 娘は, 婆やと, 宿帳あら, 小供, 居ないそれ, 居らぬので, 居りません, 帰らぬの, 庭が, 弟子達の, 必ず幾人, 有名な, 本家の, 東京平河町の, 泊り込みで, 無論お, 父が, 特別に, 狼藉に, 猟師は, 田中鶴吉の, 由來の, 男片が, 盛装の, 相当の, 私共, 種々な, 継母の, 羅紗緬類似の, 賊に, 質屋の, 赤ちゃんが, 逐電した, 離れも, 電燈が, 電話が, 鬼女の

▼ 宅~ (42, 0.9%)

5 はお 4 の家 3 の顔

1 [30件] からお, が屏風, が己, が帰っ, が髪結, との応答, と話し, の三人, の女房, の小, の置い, の襟首, はあわてた, はいやしい, はうろたえた, はしかた, はふるえ, はふるえあがった, は夢中, は嬰児, は小, は小平, は屏風, は櫛畳, は泣きだした, は狂人, は猫, は真, は腰, を見た

▼ 宅でも~ (38, 0.8%)

2 別に御

1 [36件] あんな事, きょうは, その出没, ちょっと檀那さま, ですぺね, 一つこんな, 一つ器械を, 人は, 使って, 兄の, 内密で, 台湾の, 困って, 困ってるん, 大変お前さんに, 大層心配致しまし, 大相気に, 女中が, 存じてを, 当分置い, 彼子が, 御祈祷, 悪借金, 拵えて, 探して, 最一度試験, 柳橋の, 構ひ, 犢の, 男の子は, 皆さんお, 皆さん御, 皆様御, 聞いた, 致しましょう, 飛んだ御

▼ 宅~ (38, 0.8%)

1 [38件] あり武家, いま少々, お見舞ひせず, さぞ立派, その一つ, その庭先, またいつも, また焼けた, みな然るべき, よく家, キチンキチンと, フランシーヌを, 仕事を, 何か, 卓一さんには, 同樣, 大くさり, 宅だ, 小さくって, 広いから, 忙しいから, 愛蔵された, 戦火に, 旅から, 明けまして, 普請に, 此夜も, 歸る, 無事に, 焼けたろうから, 白雲観も, 皆に, 皆焼けた, 相変わらずの, 肺病娘は, 荒れすさんで, 随分久しい, 鼠が

▼ 宅~ (35, 0.7%)

2 なし顕, なるもの, 一しよ, 小山男爵との

1 [27件] あちらこちらと, いうよりも, いくらも, いっても, うらなって, この木犀, こんな間柄, そして戸塚, なるだろう, ほぼ同じ, わたしと, 云ふ, 交る, 先生の, 光子さんの, 利害関係が, 同町内, 呼ばれて, 喧嘩を, 娘婿の, 徳右衛門町の, 接近し, 来たらこれ, 牛込藥王寺前の, 私宅では, 言えば, 連絡し

▼ 宅へは~ (27, 0.6%)

1 [27件] いらっしゃいませんか, お二人, お伺い, お話ししてない, この人, しばしば伺った, すぐに, ほんの心, もどらないの, 一度も, 二度ばかり, 伺わないと, 始終見える, 寄せ附けません子, 帰りません生涯, 帰れないもの, 手紙ださぬ, 昨夜初めて, 毎晩車馬に, 私も, 行きませんでした, 行ったさ, 行つた, 見えなかった, 見えなかつた, 諸国の, 近いやう

▼ 宅にて~ (24, 0.5%)

2 晩餐を

1 [22件] これを, されました, さんざんに, 一度福田, 丘道徹氏および, 中二階の, 催うし候処細君アカンボ製造中にて, 元旦の, 切腹被, 同志の, 帝国劇塲の, 日本料理の, 梅の, 水泡先生から, 浚いたし遣候, 浪士の, 父様母様の, 牧野義雄氏と, 玄文社懸賞脚本の, 証書取交せ, 速記などと, 飯

▼ 宅へも~ (23, 0.5%)

2 お遊び

1 [21件] いらっしゃりました, おいでくだすったら, この事, ちょっとその, 仕掛同, 参りまする周玄, 寄って, 帰らずに, 帰らず賭博, 引子ばかり, 戻って, 無沙汰に, 知らして, 知れず都合, 稀には, 立ち寄った, 行きました, 行って, 行つた, 道頓堀の, 顔を

▼ 宅にも~ (21, 0.4%)

2 物取りどもが

1 [19件] あたくし, せよ垣根, それに, もし姉, 一ト晩お, 伺つた, 前方から, 問い合せの, 塾を, 多分死んだ, 婆やが, 少からぬ, 居らなかった, 居らぬという, 居られないひょっと, 引張って, 私を, 訪ねて, 雑司が谷の

▼ 宅です~ (19, 0.4%)

5421 かえ, かそれ, かね, がちょい, し私, という一言, ねあれ, の

▼ 宅~ (19, 0.4%)

2 でも

1 [17件] い電話, では, で一ト晩, に今夜, に引き取っ, のよう, の女中さん方, の持ち, の方, の様子, の直, の見当, の露地口, へは伺っ, へ上り込ん, もお, も災難

▼ 宅~ (17, 0.4%)

1 [17件] かへと流罪, からといっ, からねあすこ, から何, から帳場, から是, から遠慮, から黙ってりゃ, があなた, が小綺麗, が自動車, そうです, といわれ, とは思うまい, と思つて, と覚え, よ

▼ 宅~ (17, 0.4%)

2 として祭る

1 [15件] が保食神, たるチセイコロカムイ, であったもの, という名称, としての性質, としての行事, としてアイヌ, として大黒天, として祭った, と同一系統, によって説明, の一種, の信仰, をそのまま, を祭っ

▼ 宅さま~ (14, 0.3%)

3 では 2 の御 1 にしまし, には長い, のはぜひ, のもの, の大, へ出ます, へ無事, へ言, もずゐ

▼ 宅じゃ~ (14, 0.3%)

1 [14件] ありませんね, こういう騒ぎ, この通り朝顔狂, こんな勤め, ないか, なかったですかね, もう大変, もう氷, 住む人, 小供, 帰ること, 早くお, 近頃御前, 随分綺麗

▼ 宅~ (14, 0.3%)

1 [14件] が帰った, が罪, と深く, に張文成, に贈った, に迫っ, の, の家人, の方, の罪, はその, は気乗, よりも娘子, を張文成

▼ 宅~ (13, 0.3%)

2 で一番

1 [11件] でそれ, で一番初心, で一番慾, で一番私, で兄さん, に玩具箱, のそのそ歩き廻る, の空気, の誰彼, の電灯, 騒々しく賑

▼ 宅下げ~ (10, 0.2%)

2 の手続き 1 するから, すること, するよう, なさいますか, になつ, のもの, の夜具, の本

▼ 宅からは~ (8, 0.2%)

2 何の, 使も, 補助を 1 一キロぐらいの, 初めての

▼ 宅にばかり~ (8, 0.2%)

2 いて 1 くすぶって, くすぶつて, 居ちゃ, 居まして, 居る彼様, 引込んで

▼ 宅~ (8, 0.2%)

1 が付き, が諏訪部三十郎様, が附いた, して, に附い, の附く, を仰せつかっ, を仰せつけられた

▼ 宅~ (7, 0.1%)

2 や御, や心配 1 やあ, やもう, や小

▼ 宅への~ (7, 0.1%)

1 んこの, 仕送りも, 仕送りを, 土産に, 帰りは, 幾度目かの, 送金も

▼ 宅~ (7, 0.1%)

1 その兄, 人智の, 住家の, 大阪の, 宮内省の, 私の, 青山君の

▼ 宅~ (6, 0.1%)

2 のでございます 1 のでいつも, んだ, んでしょう, んです

▼ 宅において~ (6, 0.1%)

1 出会ひし, 河口慧海氏に, 筆を, 舞踏大会相催し候ついては, 行い西洋, 行うの

▼ 宅~ (5, 0.1%)

31 ちょっとお, 何か

▼ 宅からの~ (5, 0.1%)

2 様です 1 前借は, 消息の, 言伝その後の

▼ 宅さん~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 いさい上ってたら, の手, は旧家

▼ 宅だって~ (5, 0.1%)

1 いけないの, まるきり女手, 暮に, 百万や, 買って

▼ 宅という~ (5, 0.1%)

1 のは, のはね, のへ, ものが, 姿で

▼ 宅とは~ (5, 0.1%)

1 不可分であり, 何だい, 何だい俺の, 日頃の, 露路の

▼ 宅にでも~ (5, 0.1%)

2 伺つた時は 1 ゐら, 見附けられると, 駈けこめ

▼ 宅守相聞~ (5, 0.1%)

2 である 1 になる, に左註, の如き

▼ 宅でございます~ (4, 0.1%)

21 から行届きません, よ

▼ 宅なんぞへ~ (4, 0.1%)

1 上って, 往っ, 這入る気, 這入る氣遣

▼ 宅サマ~ (4, 0.1%)

3 の息子 1 の倅

▼ 宅~ (4, 0.1%)

1 大勢ソノムレガ寄ッテ来テヨセ加持ヲ, 御帰リナサレテ, 林町, 行ッタラ同人ガ迎エニ出ルシ世話人モ残ラズ玄関マデ出タガ座敷

▼ 宅~ (4, 0.1%)

1 にあり, の地, の如き, も今

▼ 宅~ (4, 0.1%)

1 で後閑仙七方吉田八十松, という方法, 一ツは, 便の

▼ 宅~ (3, 0.1%)

1 神と, 神としてに, 神なる

▼ 宅である~ (3, 0.1%)

1 がそこ, 村では, 私も

▼ 宅なる~ (3, 0.1%)

1 か, 人も, 扇町まで

▼ 宅へと~ (3, 0.1%)

1 八さんが, 引揚げた, 張り飾る

▼ 宅へまで~ (3, 0.1%)

2 お届けいたします 1 お出でを

▼ 宅よりも~ (3, 0.1%)

1 四丁ほど, 実家よりも, 御馳走が

▼ 宅~ (3, 0.1%)

1 に無事, の小包, の手紙

▼ 宅あたり~ (2, 0.0%)

1 へ掛け, も一なめ

▼ 宅あて~ (2, 0.0%)

1 に, にもありのまま

▼ 宅かと~ (2, 0.0%)

2 押柄に

▼ 宅さえ~ (2, 0.0%)

1 なくなりました, 有りますじゃ

▼ 宅さ用~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 てもて, 三に

▼ 宅だった~ (2, 0.0%)

1 のでこれ, んです

▼ 宅であった~ (2, 0.0%)

1 が明り, が誰

▼ 宅でした~ (2, 0.0%)

1 か, っけね

▼ 宅でなく~ (2, 0.0%)

1 つて坂井さんだつた, とも貸席

▼ 宅での~ (2, 0.0%)

1 会談は, 徹夜麻雀の

▼ 宅との~ (2, 0.0%)

1 議論の, 間に

▼ 宅とも~ (2, 0.0%)

2 よく相談

▼ 宅などで~ (2, 0.0%)

1 よく催されました, 余り世話に

▼ 宅なら~ (2, 0.0%)

1 ばわたし, ば南京豆

▼ 宅なんぞ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 宅について~ (2, 0.0%)

1 左の, 話したこと

▼ 宅ばかり~ (2, 0.0%)

1 で北風, 狙って

▼ 宅みたい~ (2, 0.0%)

1 なから, な所

▼ 宅やら~ (2, 0.0%)

1 心当りへ, 心當り

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 せ王沢, せ王澤

▼ 宅らし~ (2, 0.0%)

2 四方の

▼ 宅らしい~ (2, 0.0%)

1 ものの, 感じの

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 現像ナスッタライカガデス, 神田黒川町

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 出ヅルコトナシ, 麻渓ニ卜シ七タビ秋ニ値ウ

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 に棲む, 抔に

▼ 宅助そち~ (2, 0.0%)

1 にも何, のいった

▼ 宅同様~ (2, 0.0%)

1 どうぞお, な張氏

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 の上, の桜

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 の, の竹林

▼ 宅様の~ (2, 0.0%)

1 であると, もないでしょう

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 から武器, を将

▼ 宅藤兵衛~ (2, 0.0%)

1 と用人, は所詮

▼ 宅~ (2, 0.0%)

2 りでも

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 伺つた, 電車で

▼ 宅~ (2, 0.0%)

1 と松平舎人, は鑑刀

▼1* [174件]

い寄せてもらう, 宅庭には, 宅かなんぞのやうに, 宅かねプール, 宅からじゃなくって, 宅からと云って, 宅からとしてあるが, 宅けいこの帰り, 宅ぞんじないでしょうか, 宅うして, 宅さんお前もなかなか, 宅したけれどそれ, 宅じゃあねあれごらん唐茄子に, 宅ァ思わなかったでしょう, 宅だけでありそして, 宅だけが全部の, 宅だけでも探して, 宅だけはあすに, 宅だの主人だ, 宅ぢゃ白彊病がすく, 宅ってどのへん, 宅つぎは広元, 宅でございましょうな, 宅でございませうか, 宅でしたらボクも, 宅でなくって坂井さん, 宅といふ名が, 宅とい電話かけといて, 宅とがつい近所, 宅どうして, 宅どころか今後は, 宅なぞへ往, 宅なぞが損害の, 宅などがあなた大, 宅などは焼き払うが, 宅などへくると, 宅なにか盗られたの, 宅ならではと思ひ, 宅なら潰れるじゃない, 宅なんかいいわねえ, 宅なんかじゃ構わないから, 宅なんかでも困って, 宅なんぞに比べれば, 宅なんぞはこの通り裏, 宅においてのみ聴くこと, 宅における怖ろ, 宅にかけて庭の, 宅にじゃあないの, 宅にては二月十七日の, 宅にてもかつて彼女, 宅にとってはお悲しみ, 宅になんかいるもの, 宅にゃ下女が, 宅にや米なんざ一粒だつ, 宅により私は, 宅あの能楽堂, 宅のでせうね, 宅ののように, 宅はなあの娘, 宅ばかりを見て, 宅へね帰りましょう, 宅エうまく, 宅ほど静かに, 宅までと注意を, 宅までの長い長い道順, 宅まではたやすく達し, 宅までやつて來て, 宅みたよに, 宅より来たりて, 宅に足りぬべし, 宅わかっている, 宅をも出て, 宅ニ相当ナル資産アリテ生活費ニ充ツルコトヲ得, 宅ペストの予防劇, 宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 宅一同の変わり, 宅上野国高林の松本文粋, 宅下げ待ってそれから, 宅余語山本二医官及木村駿卿同賦, 宅中陰気でね, 宅まで物置, 宅仕罷在候所, 宅は今日, 宅以代小墅, 宅会合視察そして近来, 宅に名刺, 宅先生やその他, 宅八畳座敷中に故, 宅にあらず, 宅別杯相催す, 宅助さまへ, 宅助さんたら, 宅助そりゃあお前のこと, 宅助ひとりでしゃべりまくしながら, 宅助ツーウと半町, 宅助ヘタをやる, 宅助ペッペッと生唾, 宅助三角洲を右, 宅助下司らしく頭, 宅助不精をいわず, 宅助何かうまい, 宅助口を押さえ, 宅助啓之助がお, 宅助天井の闇, 宅助天神河岸の築, 宅助存外に飲んだ, 宅助宅助ッ, 宅助後から来, 宅助意味あり気, 宅助様へ, 宅助溜飲をさげた, 宅助自分で自分, 宅助茶店の中, 宅十六ヵ所をはじめ, 宅参りしていや, 宅及所持の板倉打破役人下知, 宅古道具などを所持, 宅の家, 宅外楊柳に啾啾, 宅御息女, 宅奥座敷に於, 宅といふ伊賀, 宅飲二首, 宅小網町の旦那, 宅庭園が細, 宅従前住人絶え家賃, 宅心得に相成, 宅必ず異香, 宅必らずしも福神, 宅慰問のこと, 宅扱いの最後, 宅搜索の際押收, 宅も御, 宅摩殿臙脂屋と御, 宅方来居へ乗り込んだ, 宅の寺, 宅時分の文句, 宅有り蝸其舎に, 宅が左右, 宅歌会の折直接, 宅毛見金手里見跡里毛跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 宅気にいってるみたいね, 宅渡しだ, 宅焼き棄て候次第, 宅片倉小十郎, 宅牛馬羊の家畜, 宅生活や諸, 宅儀なく, 宅桜, 宅に補, 宅神チセイコロカムイとオシラ神, 宅神祭のなごり, 宅二日やり出す, 宅へ告別, 宅者售而挈其金置使徒足前依各人所需而分, 宅小力士, 宅蔵司の眷属, 宅蔵司稲荷祠畔も亦, 宅とし, 宅襲撃の仕事, 宅西竹林偶見有遺礎, 宅とでも題し, 宅ふ, 宅訪問久々禁を破っ, 宅と云われ, 宅近在の井中, 宅送で相当な, 宅送ですから駅止め, 宅遥遠海底人乏誰人忽来, 宅部皇子の悲しむべき, 宅集園中瞿麦花盛開云是先人竹亭先生遺愛之種, 宅は全快届, 宅馬松平舎人の二人, 宅馬殿を初め