青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~ 将軍~ 将軍家~ 将門~
尊~
尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~ ~尋ねた 尋常~ ~對 對~

「尊~」 3590, 39ppm, 2994位

▼ 尊~ (1550, 43.2%)

23 はその 16 は, はそれ 10 だった 9 の意 87 の前, の姿, の心, の水軍, の胸, の軍, は言った 6 の許, はこれ, はすぐ, はまた 5 が九州, の, はうなずいた, はこの, はふと, はまだ

4 [18件] がここ, では, のいる, のす, の命, の子, の手, の眸, の耳, の首, はここ, はすでに, はそう, はもう, は初めて, は彼, は知っ, へむかっ

3 [30件] がこれ, がそれ, が言った, でも, にすれ, に代っ, のことば, のため, のほう, のまわり, のよう, の下向, の中軍, の乗船, の名, の床几, の東上, の腹, の顔, の麾下, はいま, はこう, はどう, はやがて, は俄, は急, は手, は直義, へお, を追う

2 [98件] から, がこ, がよく, が六波羅, が坐乗, が後醍醐, が正成, ごときに, だ, である, でしか, です, という人間, とのあいだ, と和せ, と成る, に, にはこの, に何, に御, のあと, のいた, のうごき, のお, のこの, のもと, の一勢, の下, の九州下り, の人物, の使い, の全, の兵力, の声, の大逆, の妻, の子孫, の官能, の家族, の容子, の寝所, の弟, の弟直義, の御池殿, の指揮, の末裔, の本営, の本心, の本陣, の水軍本隊, の目, の眉, の眼, の筆蹟, の縁者, の船, の行く, の迎え, の陣, の願文, はあらためて, はさらに, はしいて, はしかし, はじっと, はただ, はついに, はといえ, はなかなか, はわけ, は二人, は京都, は何, は先, は八幡, は六波羅, は執事, は弟直義, は無言, は笑っ, は考え, は聞い, は自分, は自身, は苦笑, は魚見堂, は黙っ, へ, へたいして, や義詮, をお, をおい, をし, をのぞかん, を中, を敵, を討つ, を都

1 [1007件 抜粋] あるのみ, からの援軍, からは直義, からゆるし, から出た, から受け, から命ぜられた, から直々, から見, があり申した, がいかに, がいる, がお, がきく, がここ密, がしかる, がそこ, がついに, がつぶやく, がどこ, がのこし, がやがて, がやぶれ, が一城, が上申, が下, が中原, が九州落ち, が二度, が仆, が何で, が光厳, が兵庫, が初め, が創痍, が参ろう, が在った, が多年, が女, が将軍, が帝, が幾万, が座, が征夷大将軍, が徐々に, が恐ろしい, が戦略的, が打った, が拝, が断行, が最初, が朝廷, が木像, が東上, が浄書, が父貞氏, が現われます, が病間, が石浜, が示威, が秘封, が細川和氏, が自己, が自身, が芦屋, が西下, が請うた, が赴く, が返答如何, が都, が鎌倉, が関東, が黙っ, こそ八逆, すらもしくは, だがの, だけは紅地金襴, であった, でありそれ, でさえが, でない代え玉, でなくなぜ, ということば, という汚名, とお, としてはこの, としてはそもそも, として坐視, とて世, とて漂泊, とて知らぬ, との会戦, との宿縁, との政治的交渉, との講和, とはたた, とはべつに, とは生れ, とも他人, と会う, と勝負, と見たら, と通じ, などは自分, なの, ならぬ偽者, なる人間, にお, にし, にしたがっ, にせまっ, にせよ, にたいする功罪論, にたいする異, についても多く, につづき, にとっては大きな, にとっては持明院統, にとって何, になお, にはこれ, にはさしたる, にはただ, にはつらかっ, にはなにか, にはまったく, にはよく, には不気味, には全国, には叔母, には同調, には心, には確信, には義兄, にみせた, にもままかっと, にも一ト太刀, にも予想外, にも功, にも聞え, にやっと, によって天下, によばれる, に付い, に会っ, に傅役, に公卿, に処置, に勝つ, に呼応, に従っ, に応じ, に打勝て, に擁立, に暇, に服す, に気の毒, に笑われたい, に見参, のあ, のあの, のいい, のうすい, のおる, のからだ, のごとき, のすぐ, のそれ, のにらまえる, のふところ刀, のまえ, のもつ, の一大事, の一族細川顕氏, の不覚, の中央, の九州くだり, の九州活動, の人間味, の他行, の仮面, の使者, の侍臣右馬介, の依, の偽計, の優勢, の兄弟喧嘩, の党, の六波羅, の再, の出馬, の前途, の勢い, の勧め, の勧降, の博多入り, の参内, の反逆, の口, の君, の和議, の問い, の営所, の執事, の声望, の大旆, の大軍, の奏状, の如く, の妻登子, の存意, の家宰, の宿業, の密命, の寝首, の将, の屯, の幕僚中, の弓矢, の強敵たる, の役, の心中, の心根, の必滅, の急, の恭順, の意中, の意志, の感情, の手兵, の手許, の搭乗, の攻撃, の政略, の数千ぞう, の新邸, の旗本, の早手, の最初, の木像梟首事件, の本船以下, の本隊, の根拠, の歌, の死後, の母, の母堂, の気もち, の汚名, の法号, の流亡軍, の海上勢, の熟視, の狡, の生母上杉清子, の産湯, の畜生ッ, の発意, の直覧, の矛盾だらけ, の秘命, の立場, の筑紫隠れ, の罪, の股肱, の背, の船中, の若い, の衆望, の袖判, の見る, の言, の計, の誘導隊, の謀叛, の趣向, の身, の軍令, の近侍, の退路, の通過, の遠謀, の野心, の阻止, の陣中, の陣幕, の非運, の願い出た, の食えぬ, の首級, の馬上像, の驕る, の髪, はあずかり知らん, はあと, はあらゆる, はいきなり, はいちど, はいつのまにか, はいなかった, はいわば, はうなずい, はお, はおどろいた, はかさね, はきのう以来, はくだけ, はことば, はこんど, はさしずめ, はしきりに, はしばらく, はする, はそうした, はそち, はそっと, はそんな, はたちあがっ, はためらい, はだまっ, はちょっと, はつつしみ, はつよく, はとうから, はとかく, はなお, はなるべく, はばッ, はひたすら, はふたたび, はまたもや, はみずから, はめずらしく, はやっと, はよろい, は一たん京都, は一寸八分, は一歩自分, は上杉憲房, は丹波, は九州, は五十四歳, は人, は令, は何事, は使者, は偽, は八座, は公約, は再, は別れ, は剣, は勝者, は半, は口, は叱る, は困った, は変った, は夜すがら, は大きに, は大塔, は奥, は妄想, は宗像, は宮, は将軍宣下, は山上, は希望, は平伏した, は引き揚げ, は弟, は後ろ, は後醍醐天皇, は念頭, は思案, は愚痴, は慚愧, は持明院統, は捕えた, は政治, は救われざる, は新田, は旗本, は日頃, は時折, は朝敵, は東国, は権大納言, は正成, は武州, は気, は気づい, は油幕, は洛中, は海上, は満足, は灯, は独り, は生かし, は生田, は病苦, は直冬, は眼もと, は知った, は立花城, は答え, は紙燭, は縁, は美濃, は耳, は腰, は臨川寺, は自滅, は衛府, は襟もと, は見た, は見込ん, は語尾, は読み終っ, は誰, は諸国, は起ちかけ, は足, は身一ツ, は退出, は途, は道服, は遠く鎌倉, は酒, は降, は雨露, は須臾, は顔, は駒, は髪, へさずけられ, へそそぎあった, へたいする, へなされた, への信頼, へは近づき, へも多く, へ伝達, へ叡慮, へ和, へ大功, へ奔, へ注意, へ直義, へ責め, へ贈った, へ迫る, までがまた, や直義以下, よりは直義, よりも道誉, より一日, をうかがっ, をお召, をきざまれ, をころし, をさし, をしげしげと, をたすけ, をたのもしい, をまた, をもここ, を世, を九州, を仆, を内, を凌ぐ, を前, を去っ, を呼ん, を失わね, を射, を待っ, を思い止まらす, を恐れ, を慕う, を憎む, を扶, を振向いた, を捕り, を東国, を狩野河, を発心, を私, を繞, を見, を討た, を訪う, を読み, を迎え, を追いつめ, を過信, を鎌倉, を関東, を離れ

▼ 尊~ (310, 8.6%)

4 姿態の, 後に, 相好は, 背後に 3 前に, 御妃

2 [16件] おそろしきや, 仮面を, 側を通して, 像が, 光転旋し, 光轉旋し, 后は, 御像, 態様殊に, 態樣殊に, 東征の, 皺だらけな, 神話に, 軍に, 間に, 黄泉国行の

1 [256件] あの柔らかく, あるという, あわれみに, いまさぬ, うちの, お作, お使い, お命, お妃, お姿, お末社, お歌は, お歌を, お母, お祭りした, お絵, お身代り, こと, ことで, ことです, ごとき光りと, ごとき或は, そばへ, ために, は含蓄, やうな, ように, 一体建立し, 一般的傾向に, 三山に, 下に, 世直し以上の, 中の, 中尊として, 乗って, 事を, 二ツに, 二神を, 五伴緒を, 仏を, 仏説などを, 仙人に, 休憩あらせられし, 伝に, 伝説では, 伝説に, 体に, 來迎が, 保食神の, 信仰が, 像や, 其妻を, 内閣総理大臣呉清源が, 冷たい石, 出征の, 出征は, 出征も, 出雲に, 出雲建を, 出雲開拓と, 前へ, 前へのたり, 前を, 前山の, 剱の, 功績も, 動いたの, 化生せし, 化身たる, 半裸像は, 参詣人も, 台座の, 同母弟だ, 名前に, 名號, 向きを, 味方を, 問に, 噂が, 坐像であった, 城上の, 場合には, 場合よりも, 境内に, 境地を, 墳塋な, 変位, 夢は, 大和地方での, 大御心, 大草鞋, 天の, 天然的基礎の, 天降りと, 天降りは, 女須勢理比売, 如きは, 妃木花開耶姫は, 妃栲幡千々姫命と, 姪か, 姪なら, 姪を, 姿だ, 子宇賀之, 宝珠を, 宮に, 宮居神さび, 尊体に, 屍体が, 島の, 巨大な, 常陸に, 常陸より, 年代を, 庵室へ, 弟子で, 弥陀です, 御事を, 御前に, 御名が, 御名の, 御命, 御堂に, 御堂の, 御子に, 御影, 御東征, 御滌, 御箸杉, 御遺跡, 御鎧, 御陵は, 心にも, 心を, 思想の, 思想は, 性格と, 性質を, 恋愛などは, 悪いこと, 悲劇に, 意に, 所でありました, 所でも, 捕虜の, 揃って, 携えし天叢雲, 故事から, 新らしい, 新婚の, 方が, 日向に, 昔おも, 時に, 時代が, 時代に, 時勢に, 暴行に, 暴行は, 暴風神なる, 朝廷に, 木像を, 本体である, 本体を, 来迎と, 来迎に, 来迎の, 東国へ, 東夷征伐と, 根堅洲国と, 横へ, 此世に, 死体は, 殯宮の, 殺され方, 比では, 気息より, 流れとしては, 浮宝を, 海宮行の, 涎掛を, 涙ぐましい愛らしさ, 烏の, 無双の, 焼津の, 熊夷を, 熊襲御, 父神の, 玉です, 申し子みたいな, 画像へ, 白鳥伝説と, 短歌, 破壊の, 神話また, 神話を, 神話中に, 祭事の, 祭典に, 祭典には, 祭日で, 祭日に, 笈摺を, 糞尿から, 経略し, 經義考などは, 縁日で, 罪悪の, 罪過に対する, 背後は, 胸に, 舎人等の, 荒ぶる姿, 荒らき, 薨去なされた, 蝦夷御, 行為については, 製作年代は, 西征東伐, 言也道君經を, 言葉は, 記録した, 話相手に, 語に, 足跡が, 路を, 轉訛と, 近き護り, 述懐は, 退治した, 退治た, 通り玉いし由の, 運命に, 運命を, 道しるべから, 遠征との, 遠征とは, 遭難に, 遺体に, 酒折より, 金甲山神が, 金甲神が, 鉾の, 銅像で, 鋪金未だ, 長命という, 門と, 阿弥陀の, 阿弥陀像に, 雄々しくましませし, 面の, 額を, 顔は, 馬並めて, 髪塚に, 鼻を

▼ 尊~ (177, 4.9%)

5 に目 4 がある, は唯 3 よ, をしみじみ, を知る

2 [13件] ありがたさ, が彼, その怪し, にも亦, に胸, は, は金, を忘れ, を感じた, を知っ, を知った, を知らない, を知り

1 [129件] お偉, お智慧, から退く, かれの, がその, がわかっ, がわかった, がわかつた, がわからない, がわかりました, が其の, が出, が分った, が分つた, が分り, が存じ, が思, が潜ん, が胸, が解る, が訪れ, が身, である, です, ででもあった, ではない, でもあり, といふもの, といふやう, とそして, とその, とを称す, と云, と云う, と人, と厳粛さ, と意義, にその, について書いた, について語る, に二百数十年, に優る, に充實, に差別, に斯様, に歸, に歸らせんため, に涙, に生, に誇り, に輝く, に顔色, の中, の人, の反面, の感じ, の染, の背光, の蔭, はいう, はいかなる, はそこ, はその, は一粒, は何もの, は余人, は兄, は単なる, は独立, は美しき, は自分, は見, は読書人, は讃歎, もある, もそこ, も僕従もの, も感じ, や, や他, や美し, をすっかり, をそして, をたたえたい, をつく, をば我母, を主張, を今さら, を何処, を味わう, を多く, を失ふ, を学んだ, を守らせた, を市岡, を悟っ, を感じ, を感じる, を持つ, を教え, を泌, を痛感, を省みた, を看過, を知, を知ってる, を知つて, を知らしめる, を知らぬ, を示す, を私, を表, を表現, を見せ, を見出し, を覚える, を話, を認識, を説いた, を賛美, を露, を顔, を顯, 勿体なさ, 安すぎる, 戦うこと, 有難さ, 深さ, 美しさ

▼ 尊~ (101, 2.8%)

3 描いたで, 祀る 2 もって, 主神と, 建立し, 本尊として, 祭神と

1 [85件] いつきまつり, お手本に, お生み, お祀り, お苦しめ奉った, お遣, きざむこと, こういう方, こらすため, して, はじめ数ある, もし壁画, やめよ, 一代倶生天神の, 一度正気, 与へ, 主として描いた, 代表と, 伊吹の, 伴れ, 作らせ二年あまり, 俄かに, 信じ真言, 信仰し, 信仰なされ, 出雲伯耆の, 初めて見た, 勧請し, 古邸の, 台座, 奉洞, 妄信した, 始めとして, 始めまつり, 始め小野子子持榛名浅間妙義荒船御, 守って, 安置し, 安置した, 尊んで, 屈して, 弊履の, 彫り上げるという, 彫り傍, 御産み, 御祭神, 悪党の, 悼んだ歌, 挙げたい, 挟んで, 描いたであろう, 描き得た画家, 搦めようと, 本尊と, 東夷鎮定に, 流刑に, 煩わして, 画き習うて, 疑わせられ千入, 知り, 祀り女体山, 祀り西洋人, 祀るとも, 祀れる白鳥神社, 祭った為, 祭って, 祭る奇特, 称すれども, 纏め上げるには, 背中に, 自然として, 自由の, 葬ったて, 蝦夷征伐に, 見しこと, 見る様, 言うたり, 記せる内, 路傍に, 身の, 逐ひやらひしか, 造顕した, 遠け, 重く取り扱った, 鋳造された, 非凡な

▼ 尊~ (94, 2.6%)

3 天の, 東の 2 天上で, 東征の

1 [84件] あらわれて, ある人, おられた, お咏, きざまれたり, きずを, ここで, ここに, この国, この地, この山, これも, つれて, どうした, まだ生き, むざむざ彼, ガランと, 一つさびし, 乱暴を, 亡くなられた時, 仰せられた言葉, 伊吹山で, 伊吹山に, 信濃坂で, 兇賊を, 八岐大蛇を, 出来上ると, 出雲建を, 前の, 勇武に, 又一部, 古事記中に, 嘉十郎の, 國曳の, 垣を, 大正十三年一月十五日の, 天照大神の, 天皇に, 天降りせられる, 奉祀せられる, 女装し, 如何にも熱帯人, 安坐し, 安置され, 実はクマソ, 宮廷の, 尾花の, 居たま, 平げた, 広くこの, 引組む, 彼の, 待つこと, 御叔母玉, 御成人遊, 御生前, 御降臨, 控えて, 救うて, 日向の, 日神より, 景行天皇に, 暇さえ, 暴れ込んで, 書かれたところ, 東夷を, 東夷征伐の, 松前からの, 此經を, 此説話に, 滄海の, 熊襲を, 秩父の, 稲田姫を, 立つて, 紐小刀を, 胸に, 脚摩乳手摩乳夫妻の, 草を, 見えるの, 遭難しかけ, 随うた如く, 駿河国福慈岳に, 黄泉の

▼ 尊~ (93, 2.6%)

1 [93件] あらざるか, ありがたい今日, かせる十, かような, こう云う, こう云っ, ここで, この謎, これを, その兄, その命, その後東北地方の, その日高見国, その時分, ただ長命, どうしても考へね, また共に同じく, まだ眉, みんな亡くなっ, もう髪, もちろん神武天皇, われわれにとって, 三猴を, 主従討ち, 九州北部の, 人を, 伊弉那岐尊より, 佛教で, 信濃では, 全身泥土を, 其性質の, 冷たく黙っ, 出雲の, 則ち, 前記の, 十二三であった, 即ち神, 同じく, 執心掛かり, 境内の, 天武天皇発願され, 失望し, 妣の, 少年の, 山上に, 幼少より, 彼が, 彼の, 彼ばかり, 後に, 御佩, 御自身天斑駒, 御自身山幸彦, 御自身獣猟, 恐る可, 敵国の, 日本紀の, 昔から, 昔ここの, 時どきその, 暴風雨の, 果して同, 正に千位置戸, 此の, 此場合に, 歸途に, 死せずもしくは, 無頓着に, 煉丹の, 熊襲兄弟を, 甚だ勇悍強暴, 白鳥と, 皺だらけな, 神やらいに, 神界へ, 神迦具土を, 立ち給うた, 素戔嗚の, 考え深い, 聖徳太子の, 自分が, 自然な, 藤原初期の, 虚皇の, 蛇を, 返事を, 道法の, 部落の, 鐵砲除け, 門人達に, 靈寳無量度人上品妙經六十一卷に, 高天, 黄最

▼ 尊~ (85, 2.4%)

4 の方 2 さが, なもの, なり, な存在, な御, な神, にし

1 [67件] がある, が亭, が絶対, さを, であ, である, であるが, であれば, でお, で好, とか人格, となし, とに導き行くべき, と富有, と有能性, と美, なあなた様, なお家, なお身の上, なこと, なそして, なるもの, なる人間, なる所以ハ至誠, なる福音, な人, な内親王, な内親王様, な夫人, な夫人ら, な女御, な女性, な婿君, な式部卿, な御身, な恋愛, な時, な生活, な神聖, な血筋, な親, な風流男, にあれ, にもなりたい, にわたらせられる, のため, のみによつて, の上, の乗り物, の御, の御名, の御身, の方々, の美し, の義, の膝下, の表象, の身, の道徳, はその, よ情, をおいた, を主張, を教えた, を知り過ぎました, を許す, を護り

▼ 尊~ (75, 2.1%)

4 あると, 止るなら問題 3 何と 2 似て, 何とお, 就て

1 [58件] お仕, お辞儀を, ささげられて, しっかりと, して, せよ破旡神, ならって, なりきって, なりましょう, はじまったと, 上げました, 下し給, 今から, 仕えた舎人等, 仰がるる白鳳, 会って, 伝授を, 伴れられ, 何事かを, 侍立せる, 勅し, 参籠し, 反感を, 取立てられた小倉, 向かって, 向って, 命じて, 大した重味, 天児屋命が, 対したの, 導かれて, 就ても, 居りて, 居る明, 差し上げる御膳, 徴すれば, 救われたが, 日向の, 最も近い, 殺されたクマソ的, 溯り又, 献つて出雲の, 端を, 訊いた, 詔し, 詣でて, 調戯われ, 負う所, 跟い, 退治された, 逢い長生, 進化した, 酷似し, 關する, 附会した, 随いまつり, 非ず, 高尚なる

▼ 尊~ (72, 2.0%)

2 しと, 称す, 言ふ

1 [66件] いい稀, いお医者, いさ, いところ, いひしなり, いひ狗奴國王, いもの, いんでしょう, うまいぐあいに関係, かりし我熱情, この二人, これに対する, さが, さと, さに, さの, さよ, し, しそれ, したらしい, し名, し後者, すと, その分身, その子孫, ただ二人随分よく, どこか, なって, なる, まざりし過, みも, われ知らずの, 上下の, 云う盲人, 云ふ, 信じきって, 卑と, 号し, 名乗って, 名告, 吠, 大友皇子の, 奪衣婆, 左右とが, 左右とは, 左右の, 懺悔と, 手力雄尊と, 支那の, 書いて, 書く, 書くの, 月読尊とは, 比べて, 火闌降, 申す, 称する方, 称へて, 稱す, 稱せられ, 老子とは, 記し前者, 記す, 話し合ったあの, 音なく, 類似し

▼ 尊むべ~ (36, 1.0%)

2 く覚えず

1 [34件] きある, きこと, きである, きでは, きものだ, きものの, き三宝, き人, き人々, き司教, き囚人, き女人, き子供, き存在, き宗教心, き幻覚, き彼女, き心, き性格, き感謝, き手, き数多, き此慈善家, き箇性, き者, き蓬髪, き貴族, き闇, き雄々しい, く崇, く幕府, く敬すべく愛すべき善良, く覺, し

▼ 尊~ (28, 0.8%)

3 に對 2 に加へた罪

1 [23件] から卑幼, が主, が卑幼, が當, が認めぬ, するところ, として居ました, と云, に対する罪科, の位置, の尊, の居らぬ, の王座, は卑幼, よりその, より卑幼, を, を告発, を毆打, 主婚者, 例へば伯父, 即ち伯叔父, 及び妻

▼ 尊~ (26, 0.7%)

4 がお 3 がお立ち, の思召 2 へお, 詣りの

1 [12件] がこの, が大風, でございます, でさえ, とも矢張り大和, に御, のお, の御利益, へ掛合い, へ詣ります, ほどのお方, をはじめ

▼ 尊~ (25, 0.7%)

2 なもの, にみえる, に見え

1 [19件] なるに, なる僧, な人柄, な和尚さん, な尼僧様, な御, な星, な石像, な顔, に, に光っ, に匂, に拝まれた, に置かれ, に聞こえ, に見える, に見受けられた, に足元, の僧

▼ 尊~ (19, 0.5%)

2 と威力, を増す, を維持

1 [13件] だとかいふ, といふ, と榮光, と權威, に泥, に過ぎ, の犯すべからざる, も遂に, をたかく, を傷つけられた, を失ふ, を損ずる, を蹂躙

▼ 尊まれ~ (18, 0.5%)

2 て居る, んこと

1 [14件] た, たの, たもの, たる越後, ていた, てはならない, て居り, ないの, なくては, ました, また愛せられ, 本居宣長, 畏れられ待たれした感情, 畏れられ忌まれも

▼ 尊~ (17, 0.5%)

2 利休を, 合ひました

1 [13件] そこを, たり遊冶社界, てこれ, ほめる美的感情教育, もすれ, 下は, 事あれ, 体験心証し, 従ひ, 慕ふ, 武を, 神仏を, 顔色を

▼ 尊~ (16, 0.4%)

1 [16件] おあと, とを陣中, と四条隆資, と宗良, なりしか, のお, の名, の皇子, の顔, はその, はみか, は手, やら宗良親王, や讃岐, をもいれ, を上

▼ 尊~ (15, 0.4%)

2 して

1 [13件] で御, として用, と通稱, なり, にて其實名, によつて人間的, に用, をここ, を云うた, を以て名, を奉り, を贈呈, を附

▼ 尊~ (14, 0.4%)

2 の深い, を拝 1 が一寸八分しきゃないとかいうあれをもじって, にはなん, に記され, は昼間, もお前, より青光, をも拝み奉らう, を別室, を御, を顕し

▼ 尊氏方~ (14, 0.4%)

1 [14件] あり日和見, からお迎え, なので, の仁木義長, の伏兵, の呼応者, の大, の惨め, の手足, の細川定禅, へはっきり, へ廻っ, へ知らされた, へ転ぶ

▼ 尊~ (13, 0.4%)

1 [13件] う, この岩, それに, 不思議に, 元明天皇の, 危うく駿河, 始めて, 山の, 御存じに, 朝鮮に, 東征の, 熊沢天皇も, 神武天皇も

▼ 尊~ (12, 0.3%)

1 [12件] が加持祈祷, が咽喉, が四明, が灑水, の乗った, の法力, の読経, はおん歎, は如何, は胸騒ぎ, も宣旨, も敬意

▼ 尊~ (11, 0.3%)

2 の殊, の背景, をおく 1 だった弥陀, としての調和, と言う, と言ふよ, の構図

▼ 尊~ (11, 0.3%)

1 [11件] がなくし, と云う, なり封土, に対して私, に對, の官位, の近親, ノ家庭ニ於テ勞働スル者ハ此限リニ, 及び嫁, 殺, 殺が死罪

▼ 尊~ (10, 0.3%)

1 が來, が土地, が材木, だ, に頼みました, は獄門, は護摩, は默つて首, を引出し, を頼ん

▼ 尊~ (10, 0.3%)

2 夫婦は 1 などなる, に朝覲行幸, のため, の死, の義, 夫婦の, 属として, 屬を

▼ 尊貴族~ (10, 0.3%)

3 の信仰 1 と同じ, と神道, にはお, の文字, の生活, の発展, は竟

▼ 尊から~ (9, 0.3%)

1 ざるに, しむる, しむれ, しめた, つき返されたそうして, 下は, 奥白根へ, 寧ろ単純化, 恋せられた妹姫

▼ 尊との~ (9, 0.3%)

2 軋轢の, 関聯の, 關聯の 1 うけひの, 間に, 關係で

▼ 尊良親王~ (9, 0.3%)

1 が上将, が城中, に付し, の騎馬一群, は興がった, も大勢, も種々, を土佐, を奉ぜしめ

▼ 尊とく~ (8, 0.2%)

1 ない, なるか, もあれ, も仰ぎ望まれた, 拜まれたり, 萬人羨み, 見える事, 響いたの

▼ 尊~ (8, 0.2%)

2 られて 1 ばゾラ, られるため, り, るよりの, る習慣, 給え

▼ 尊~ (8, 0.2%)

2 と言ふよ, の殊, の背景, をおく

▼ 尊林坊~ (8, 0.2%)

1 おぬし, がことば, が肩, であった, と一鉄, と会見, はそれ, は愕

▼ 尊~ (7, 0.2%)

2 れる 1 ぬの, ぬは, ぬ所以, れるの, んは

▼ 尊~ (7, 0.2%)

2 に對 1 から卑屬, ですから, と卑屬, を告訴, を毆

▼ 尊~ (6, 0.2%)

2 がお, がお立ち, の思召

▼ 尊詣り~ (6, 0.2%)

2 の男 1 の例, の旅人, の行き, や業病

▼ 尊いみ子~ (5, 0.1%)

5 が昔

▼ 尊~ (5, 0.1%)

1 から何, ということ, と答える, のと, 秘仏だ

▼ 尊という~ (5, 0.1%)

1 のも, 大将が, 天地二神を, 有様で, 神様である

▼ 尊~ (5, 0.1%)

1 というこの, とともに敵, に至らず, はあらゆる, はこの

▼ 尊よりも~ (5, 0.1%)

2 本当の 1 前の, 強いん, 更に高く

▼ 尊仙人~ (5, 0.1%)

1 が住ん, のごとき, の口碑, の奇蹟, を固く

▼ 尊圓法親王~ (5, 0.1%)

1 が書, の書風, は南朝, は宋朝, 即ち持明院統

▼ 尊~ (5, 0.1%)

1 へうかがっ, へお, へお礼, へもう, へ出よう

▼ 尊母さん~ (5, 0.1%)

1 が不承知, に私, のお, の心, の気

▼ 尊氏め~ (5, 0.1%)

1 が兵, にしてやられました, はおのれ, を生け捕るべきでございます, を追

▼ 尊氏軍~ (5, 0.1%)

1 の死傷, の洛中占領, の進路, は刻々, は都

▼ 尊~ (5, 0.1%)

1 ですが, で神武天皇, なると, なヒンドスタン, に殺され

▼ 尊~ (5, 0.1%)

2 を加 1 を上り, を其儘保存, を稱

▼ 尊~ (5, 0.1%)

1 と森厳重厚, は沈痛, は無比, も現在, 高く下弦

▼ 尊おん怒り~ (4, 0.1%)

4 をお

▼ 尊かる~ (4, 0.1%)

2 天日嗣の 1 寶や, 淨土の

▼ 尊さま~ (4, 0.1%)

1 に頼ん, のよう, の事, はもう

▼ 尊さん~ (4, 0.1%)

1 にお, の調伏, は居るだらう, は早速

▼ 尊である~ (4, 0.1%)

1 からこの, といわれ, と謂, 玉帝である

▼ 尊とき~ (4, 0.1%)

1 なり反, ひらめきか, 不許, 御勉強ざかり

▼ 尊とも~ (4, 0.1%)

1 なる, 云ひ, 称し, 言ふべき

▼ 尊などに~ (4, 0.1%)

2 參つて日の出を 1 参って, 参つて日の出を

▼ 尊~ (4, 0.1%)

1 向けて, 縋りついた, 返さなければ, 送る手紙

▼ 尊まず~ (4, 0.1%)

1 といへり, にはゐられない, には居られない, はげしき猛威身

▼ 尊~ (4, 0.1%)

1 な是, 玉晨道君が, 玉晨道君や, 白埴

▼ 尊~ (4, 0.1%)

2 の母印南大郎女 1 のみ命, の運命

▼ 尊~ (4, 0.1%)

2 の第, 最も大

▼ 尊僧正~ (4, 0.1%)

2 の述懐 1 の筆, は憤慨

▼ 尊~ (4, 0.1%)

2 抑臣主義 1 のお, の様

▼ 尊大人~ (4, 0.1%)

1 と一度, のとかく, の御, は従前

▼ 尊奉する~ (4, 0.1%)

1 が如くなるであろう, という漠然たる, 処に, 限りの

▼ 尊東征~ (4, 0.1%)

1 の傳説, の帰途, の途中, の際

▼ 尊氏観~ (4, 0.1%)

1 が固まっ, が甘かっ, にも示唆, はいち

▼ 尊~ (4, 0.1%)

1 が万乗, こそすなわち, である, の君

▼ 尊示現~ (4, 0.1%)

2 する如く日輪三体, する如く日輪三體

▼ 尊~ (4, 0.1%)

1 であるもの, で道教, のつぎ, よ

▼ 尊親氏~ (4, 0.1%)

1 にも約する, の家, の面会, は不在

▼ 尊がっ~ (3, 0.1%)

3 て居る

▼ 尊その~ (3, 0.1%)

1 下で, 御孫, 背景を

▼ 尊たち~ (3, 0.1%)

1 のこと, はどうしても, は格別

▼ 尊~ (3, 0.1%)

1 さえお, 童子の, 馬口呑納余さざる

▼ 尊なども~ (3, 0.1%)

2 水神に 1 可成り

▼ 尊なる~ (3, 0.1%)

3 ことを

▼ 尊には~ (3, 0.1%)

1 少しも, 無事に, 腹も

▼ 尊にも~ (3, 0.1%)

1 あります, 一々由緒, 当る方

▼ 尊みたい~ (3, 0.1%)

1 と思った, と思つた事, ような

▼ 尊~ (3, 0.1%)

1 なそれ, なふう, な工匠

▼ 尊~ (3, 0.1%)

2 すべきもの 1 親愛し

▼ 尊~ (3, 0.1%)

1 して, する山伏輩, する芝

▼ 尊~ (3, 0.1%)

1 と安寧, も国家, をうしなっ

▼ 尊~ (3, 0.1%)

2 の叟 1 よかく

▼ 尊貴な~ (3, 0.1%)

2 方でも 1 方を

▼ 尊長者~ (3, 0.1%)

1 である事, に対, の霊

▼ 尊~ (3, 0.1%)

1 の息浄蔵, の諷諫, 願わくは浄蔵法師

▼ 尊~ (3, 0.1%)

2 という法名 1 が死に

▼ 尊この~ (2, 0.1%)

2 十柱の

▼ 尊これ~ (2, 0.1%)

2 がやはり

▼ 尊そう~ (2, 0.1%)

1 にさも, に押しいただく

▼ 尊それから~ (2, 0.1%)

1 大日霊尊月夜見, 大日靈尊月夜見

▼ 尊たる~ (2, 0.1%)

1 お身, とを問はず

▼ 尊だの~ (2, 0.1%)

1 万葉の, 手力雄尊だ

▼ 尊であった~ (2, 0.1%)

1 というの, としても理窟

▼ 尊であり~ (2, 0.1%)

1 勝軍地蔵は, 大友皇子である

▼ 尊では~ (2, 0.1%)

1 ない, なく親密

▼ 尊とい~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, と云わね

▼ 尊といふ~ (2, 0.1%)

1 名目を, 神の

▼ 尊とが~ (2, 0.1%)

1 兄弟であり, 鉤針の

▼ 尊とき導師~ (2, 0.1%)

2 は震

▼ 尊として~ (2, 0.1%)

1 この画, 特に尊ばれ

▼ 尊などが~ (2, 0.1%)

1 あちらに, 何れも

▼ 尊などは~ (2, 0.1%)

1 むしろ彼, 御像

▼ 尊においても~ (2, 0.1%)

2 阿彌陀像の

▼ 尊について~ (2, 0.1%)

1 語ったとき, 起こった出来事

▼ 尊にて~ (2, 0.1%)

1 おはし, 座す故

▼ 尊ばかり~ (2, 0.1%)

1 でありそれ, では

▼ 尊ばかりの~ (2, 0.1%)

2 行動として

▼ 尊ばるべき~ (2, 0.1%)

1 ものでございます, 経験は

▼ 尊ふとし~ (2, 0.1%)

1 とも言はん方, と言

▼ 尊むがために誰~ (2, 0.1%)

2 か今日

▼ 尊むべきもの~ (2, 0.1%)

1 となったであろう, と思へるなるべし

▼ 尊む可~ (2, 0.1%)

2 きところ

▼ 尊より~ (2, 0.1%)

1 出たもの, 前を

▼ 尊一体~ (2, 0.1%)

1 としての荘厳, として仰いだ

▼ 尊主義~ (2, 0.1%)

1 の傾向, を主張

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 を下界, 皇女也

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 と云, と斯

▼ 尊伊奘冊尊~ (2, 0.1%)

1 は則, またはアダム

▼ 尊伊弉冊尊~ (2, 0.1%)

1 それから大日霊尊, の二神

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 と威力, にあらせられる

▼ 尊君様~ (2, 0.1%)

1 の御, より皆々様

▼ 尊嚴盛大~ (2, 0.1%)

1 のさ, の文章

▼ 尊~ (2, 0.1%)

2 に山の端

▼ 尊~ (2, 0.1%)

2 に山の端

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 が無かっ, の二弟

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 の名, より贈られたる

▼ 尊~ (2, 0.1%)

2 の二箇條

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 が軍国的建国記念日, 等が

▼ 尊~ (2, 0.1%)

1 の前, の名

▼ 尊~ (2, 0.1%)

2 が湛慶尊

▼ 尊捕虜~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 尊東夷~ (2, 0.1%)

1 の国, を平らげ

▼ 尊氏みずから~ (2, 0.1%)

1 はじっさい, 思い立った火急

▼ 尊氏以来~ (2, 0.1%)

2 の名家

▼ 尊氏派~ (2, 0.1%)

1 とが相互ギリギリ, と反

▼ 尊治親王~ (2, 0.1%)

1 がすえられた, とよばるる

▼ 尊澄法親王~ (2, 0.1%)

1 である, に譲られた

▼ 尊火神~ (2, 0.1%)

1 を生み, を生む

▼ 尊良宗良~ (2, 0.1%)

2 の二皇子

▼ 尊赤裂地尊~ (2, 0.1%)

1 という天地二神, の化身

▼ 尊~ (2, 0.1%)

2 も耳

▼1* [317件]

あづまを望, 尊あるいは聖と, 尊かつた, 尊かりしな, 尊かりしと信ぜられたれ, 尊がられもしず, 尊がられますが経験, 尊がりしが今, 尊きくはだて, 尊こどもらがあげる, 尊さそこに韻律, 尊さそのものをも冰ら, 尊さようどうしてもあれです, 尊さフィロソフィック・クールネスの床し, 尊さ先生の人間的生活, 尊さ女性の神, 尊さ嬉さおん可懐さを存ずる, 尊さ御飯焚風情の嘴, 尊さ昔から幾千幾万, 尊さ難有さを繰返し, 尊しなひと日三たびの食物, 尊すぎる花嫁を, 尊する民俗が, 尊そのものの右, 尊そろって一つ, 尊ぞと問, 尊だけが特別に, 尊だろうと噂, 尊でもあって, 尊でもよけるよう, 尊といお礼と思わなけれ, 尊とい事実であった, 尊とい人間を時候後れ, 尊とい報酬なの, 尊とい大神をお迎え, 尊とい女神が二人姿, 尊とい式典と二者だいたい, 尊とい感じを起した, 尊とい文芸上の作物, 尊とい涙を流した, 尊とい血と涙, 尊とい諸国の神, 尊とい身分の人, 尊とい返礼をした, 尊とい靈氣を湛, 尊とかいうひとの, 尊とき所縁を得たる, 尊とき父にあらずや, 尊とは同神, 尊とむことを, 尊とむべき教訓は, 尊とを比較せん, 尊とんでいる, 尊と共に人間の, 尊どころかいまに, 尊のだ, 尊などと比べて, 尊などといふ皺くち, 尊なり此の, 尊なるいとおかしく, 尊における簡素な, 尊になつて退治しち, 尊に対して伊弉諾尊という, 尊に対する海幸彦たけみかづちの, 尊のみたまとお, 尊ふとむ王は, 尊ふときはアーサー王, 尊ふとむべきものと, 尊へもパラソルさしかけ, 尊べりその眼前, 尊べりアルゴス軍の諸, 尊べり戰場並びに他, 尊まざりしものなりき, 尊まざる貴重扱いを, 尊またはアダムイーブの, 尊まれ身にき, 尊みたるの跡, 尊み仕へる習慣でも, 尊み崇め誇り仕えよと, 尊み拝みて大工, 尊み敬えと教, 尊み産を崇めたる, 尊むから此幕へ, 尊むがゆえにその前, 尊むことで, 尊むとは口先, 尊むとすれば現代の多く, 尊むと神明を崇むると, 尊む人を自然, 尊む俺だけが芸術家, 尊む可きものであること, 尊む夜叉羅刹の呪い, 尊む姑の聲今聞ゆ, 尊む情に外, 尊む技を為す, 尊む植通の言, 尊む称なり, 尊む習わしが昔, 尊む譽を得, 尊む風が驚くべく, 尊やと申せませんか, 尊よりは三十年近く早い, 尊なければ, 尊われにくれん, 尊をば一身一家の, 尊を以て太陽神なりと, 尊キ文字タルベキコト疑ワズ, 尊シソノオレガ一心ヲ誠ニシテ寄セタラ, 尊セラレ給ヒ皇統今ニ相ツヾケルモ此歌ニモトヰセルニヤ, 尊トシヤだとか, 尊定印弥陀坐像, 尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為御安行, 尊ブ習俗ノ有, 尊一躍して, 尊下卑の位, 尊世間之父, 尊中世に日蓮上人, 尊中何当茶, 尊中酒満友芳情, 尊主義者でない場合, 尊乃ち大樹に向, 尊乃祖假王命以寵先靈穆王耄荒誠哉其耄荒也夫成天地之大功者, 尊といつ, 尊二天六地蔵が安置, 尊二柱を始め, 尊はわれ, 尊の名, 尊以来の歴史, 尊以来沈澱して, 尊仰せらると, 尊伊弉冉尊天の浮橋, 尊伊弉册尊それから大日靈尊, 尊伊弉諾尊伊弉冊尊それから大日霊尊, 尊伊弉諾尊伊弉册尊それから大日靈尊, 尊伊弉諾尊及大己貴命の四神, 尊來迎を拜, 尊の様, 尊信仰がとり入れられ, 尊信濃の山中, 尊ノ直, 尊に議, 尊傲無礼はこの, 尊兄弟忍熊王兄弟両面スクナは同, 尊先づ進みて, 尊六体を彫, 尊に修法, 尊内人令郎君おさよ, 尊内令郎様方おさよどの, 尊内卑外の感情, 尊冴えかへる, 尊勝陀羅尼法を修せ, 尊勝陀羅尼經や其の, 尊化仏菩薩の形像, 尊に燧岳, 尊卑属を挙, 尊即ち神功皇后を, 尊参詣の旅, 尊及び聖観音との, 尊及大己貴命の四神, 尊口中一切の病, 尊右蛭児尊なり, 尊聖観音三月堂本尊同両, 尊同両脇侍聖林寺十一面観音等, 尊同様であったが, 尊君さまの御, 尊大友皇子否, 尊の世, 尊問うて曰く, 尊四天十二神将の如き, 尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢, 尊狭槌尊, 尊国体の念, 尊国尊王の大義, 尊国尊王二致無かりしなり, 尊國狹槌尊豐斟渟尊大苫邊尊, 尊圓法親王のは別派, 尊圖等に云, 尊坊さんには置床, 尊苫辺尊面足尊惶根尊伊弉諾尊伊弉冊尊それから, 尊大宮女大神布留大神の六座, 尊大山祇神の女木花開耶姫, 尊大津皇子高市皇子河島皇子忍壁皇子芝基皇子に詔, 尊大衆へ物申せ, 尊の浮橋, 尊天思兼命天兒屋命天太玉命の副署, 尊天降りの地, 尊夫婦の間, 尊奇稲田姫を祭る, 尊の姿, 尊奉し毛利侯よりも, 尊奉せざる者なし, 尊奉せられてゐた, 尊奉なさる越後の, 尊平熊襲, 尊威霊を神, 尊の前, 尊宣氏からもおすすめ, 尊富士に入っ, 尊億兆之上常, 尊屬姻戚の上, 尊屬親に對, 尊だ, 尊庚申さんという石, 尊があつ, 尊弁才天吉祥天及び北面, 尊の口, 尊郡最高, 尊の石塔, 尊彦火火出見尊, 尊尊体より, 尊御輿を停め, 尊が起らない, 尊や鎖国性, 尊性昇蓮等に助, 尊怪しみて其故, 尊恨泣詈曰即汝親何, 尊するも, 尊悪神を殺戮, 尊惶根尊伊弉諾尊伊弉冊尊それから大日霊尊, 尊惺根尊伊弉諾尊伊弉册尊それから大日靈尊, 尊愛氏はこの, 尊或は亦の, 尊戴夷狄攘斥之御, 尊へおかえし, 尊放され芸術家扱ひ, 尊と称, 尊敬い慕わるる人は, 尊文学神聖主義がある, 尊族保護ノ下, 尊族卑族各七人, 尊至るべきや, 尊時代にはこんな, 尊曾我兄弟に対して虎御前, 尊曾我物語では虎御前, 尊月夜見尊, 尊未來金闕玉晨天尊が居た, 尊本岳のは倉稲魂命, 尊東國平定の時, 尊東夷どもを平, 尊東夷征伐の時, 尊東郡太守たりし, 尊林坊その他の法師衆, 尊殯宮の時, 尊氏たちはまもなく, 尊氏みずからすみやかに上洛, 尊氏めそれを知っ, 尊氏事上洛つかまつらずと, 尊氏像の写し, 尊氏等の顏, 尊氏論が日本国民精神教育, 尊の力, 尊治皇太子の時代, 尊法来迎の形式, 尊滿身に紙丸, 尊は暮れぬ, 尊澄法親王宗良と並ん, 尊賤無二に, 尊を得たる, 尊白根本白根, 尊相模より上總, 尊石佛ノ一ツトシテ勢至菩薩坐像, 尊石佛ト云ウモノガアッテ中尊ニ, 尊稱ワケは若い, 尊に負, 尊思想の, 尊老頃の年配, 尊聖徳太子などが取扱, 尊背後に刻まれ, 尊胤親王も囚われ, 尊自ら吏民を率, 尊自大はともかく, 尊舎人歌廿三首は舎人等, 尊良恒良成良義良宗良懐良などの諸, 尊良親王以下八人の公卿大将, 尊菩薩摩薩摩訶般若波羅蜜, 尊薨去の時, 尊藤原鎌足平将門清少納言達が果して, 尊の大童, 尊虎ノ門の金毘羅, 尊を跨い, 尊衣川にて老人, 尊在太上玉皇天尊, 尊見る目, 尊という者, 尊親族殺人という罪名, 尊に対する奴隷的, 尊を用い, 尊讐吉良上野介殿討取るべき志これ, 尊豊斟渟尊大苫辺尊, 尊豊玉姫の父海神, 尊豐斟渟尊大苫邊尊, 尊貴族最高位にいらつ, 尊貴若くは權威, 尊赤身大力明王穢迹忿怒明王月輪中に結跏趺坐, 尊趙景深, 尊夷侠攘斥の, 尊追われて出雲国, 尊遁げ去りて, 尊といふ僧, 尊道則帝師であつ, 尊道祖神のごとし, 尊遣わし来って我所, 尊より頂戴致候秋海棠坂地, 尊釋迦佛金銅にて鳥佛師作, 尊といつ, 尊長中村武羅夫の発狂, 尊長寿譚の真偽, 尊を汚し, 尊阿弥陀は画面一杯, 尊と並ん, 尊の冥護, 尊面足尊惶根尊伊弉諾尊伊弉冊尊それから大日霊尊, 尊が堪りますまい, 尊と訳し, 尊駿河の国, 尊高館の落城, 尊黄泉国行の神話