青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「将門~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

封~ 封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~ 将軍~ 将軍家~
将門~
尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~ ~尋ねた 尋常~ ~對

「将門~」 1148, 12ppm, 8851位

▼ 将門~ (282, 24.6%)

3 弟の 2 これを, それを, 何も, 彼女の, 急に, 手を, 自分の, 自分を, 馬の

1 [261件] あいさつの, あきらかに, ある折, あわてて, いった, いよいよ憂鬱, うなずいたが, うれしかった, おまえたちに, きゅうくつそうに, こ, こういう雑人共, こういった, こう呑みこん, ここに, ここへ, このところ, この頃, ごくごくと, さきに, さっきから, すぐ眠り, すぐ鬼相, すこし狼狽, すでにこの, そういう末端, そうした敵将, そうした自然, そう聞いた, そう見越し, その人, その岩井, その年, その手兵, その足, それで, それのみを, ただ一つ, だまって, ちょっと眉, ちょっぴり笑った, ついにその, ついに毒杯, ついに肚, つい引きこまれ, つい淋しい, とつおいつ酔え, とろんとした, なお憂い, なお決して, なお陽気, ぬっと室, のべつ大股, はっとわれ, ひとまず家運, ひとり語に, ひッきりなし, ふと少年, へんに, まず水守, またつかまる, またどぎまぎ, また国司たち, また憤り, まだ国, まだ謀反, もう将門, もう泥んこ, もちろんこの, もと検非違使佐, やがて後, やっといい得た, ややも, ムチを, 一たんは, 一人で, 一同へ, 一心不乱の, 一情報を, 一旦上京, 下から, 下総に, 不幸に, 不快と, 両立す, 乳児の, 乳母の, 京に, 今でも, 他へ, 仰天し, 件の, 何か, 何しろその, 信じなかった, 優勢と, 先づ維幾の, 公の, 兵千八百人を, 其年十月十七日急に, 凶暴と, 出し抜かれたと, 刑部省の, 前度とは, 勝に, 勝を, 厭な, 叔父たちの, 叔父共が, 叔父殺しだ, 受けとって, 呼んで, 喉の, 国の, 国へ, 坐ったきり, 声を, 多年酷使された, 夢みるごとくかえって, 大きくよろめいた, 大きな味方, 大宝八幡から, 大宝八幡の, 天慶三年の, 太政大臣藤原忠平の, 奥へ, 奴僕と, 官符を, 実際良将, 家族たちに, 将平, 将門で, 小首を, 山を, 左大臣家に, 已に栢, 常陸は, 幕の内へ, 幼少で, 幾度も, 広い柵内, 広場に, 弁解した, 引き出された, 弟たちの, 強いて, 弾かれたよう, 彼と, 復讐的に, 心からそういっ, 思い上がって, 思わず悍馬, 急いで, 怯むいろも, 恋の, 恐い顔, 恐ろしい力, 恟々と, 悲壮な, 悵然と, 意外な, 憤然と, 成長し, 指で, 振り顧った, 捷った, 敗退を, 数日の, 敵の, 斯様いふ, 新治まで, 新皇, 旅舎へ, 旧事, 旧恩ある, 明かな勝利, 時代が, 本意の, 来ないし, 果たしてかっと怒った, 楯の, 次男かとも, 歓びの, 正式の, 此の, 此頃石井に, 武人此の, 武芝と, 段, 毒酒に, 毒酒を, 気が, 気の毒な, 気分が, 水を, 泣かせて, 涙を, 然しながら最初, 玄明興世王なんどの, 理由なく, 皇位を, 眼を, 知って, 石井の, 神妙に, 立ちかねて, 立ちも, 符を, 簀の子, 経基の, 縁に, 羽鳥へ, 翌日弟たちへ, 翻然と, 肚に, 肚の, 腹立紛れに, 自分へ, 自分も, 自覚し, 興世王と, 良兼とは, 芦間の, 草笛の, 血ぶる, 見兵四百, 観て, 討ちしずめられなん, 誅せられ天慶, 諸将, 貞盛の, 足場を, 身を, 轡を, 辛かった, 返辞に, 追わなかった, 遂に神旨, 道も, 遠い日, 遠くから, 遺恨已み, 郎党の, 郎党二三十騎を, 部将に, 酒景の, 錐みたいに, 長柄を, 陸路を, 隊伍を, 面を, 鞭を, 顔を, 飛んでも, 飲んでばかり, 首を, 馬で, 馬を, 馬上に, 馬寄せから, 黙然と聞い

▼ 将門~ (272, 23.7%)

6 方で 5 父良持の 4 弟の 3 ために, 兵が, 姿を, 方から, 方が, 為に, 軍は

2 [18件] ような, 兵に, 兵は, 前へ, 叔父の, 妻は, 妻子が, 座を, 弟に, 従兵藤原玄明の, 方は, 横暴を, 眼は, 眼を, 祟りだと, 部下は, 首が, 首を

1 [200件] うごきが, うめきが, うわさを, ことが, こんな素直, すがた, その日, それにたいする, ため居館領土を, むかし話を, むしや, 一生涯を通じても, 一身に, 下に, 乱, 乱が, 乱も, 乱暴眼に, 事とは, 事に, 事を, 事件には, 亡父の, 亡父良持が, 人気は, 今の, 仕返しを, 以後の, 伝説などは, 伯叔父の, 伯父上総介良兼は, 伴類が, 体の, 体を, 使者共は, 供みたいについて, 傷魂を, 兄将, 兄弟も, 克己を, 全身が, 兵の, 兵力は, 冤罪を, 処へ, 出なりき, 前を, 力を, 勇猛も, 勝利に, 勢が, 勢威を, 反官的行為, 叔父たち, 叔父水守の, 叔父良兼良正などが, 口を, 右に, 右の, 営の, 器量は, 在京中に, 執念の, 士は, 声が, 声を, 女で, 奴僕と, 妻が, 妻と, 妻子の, 姿よりも, 威力は, 娘と, 娘は, 娘瀧夜叉姫よりも, 子である, 子とは, 子は, 子孫とか, 家臣同様に, 家隷の, 左の, 帰国が, 弟, 弟たちに対して, 弟たちの, 弟たちも, 後の, 得た妻, 復讐に, 徳を, 心を, 心底の, 忘れ形見という, 怒りを, 性格だった, 性格に, 性格には, 性質の, 恋と, 恐さ, 息女滝夜叉が, 悪評と, 情に, 戦い方も, 手に, 手へ, 手下の, 手勢は, 手勢らしい, 扱いと, 拠処に, 敵たるに, 敵に, 敵愾心の, 文字の, 方にも, 方へ, 方も, 方を, 旗下に, 旧主たる, 暴状を, 望んだ女, 本拠にまで, 本陣との, 死ほど, 死まで, 母は, 気色や, 油断を, 父の, 父次が, 父良, 父良持が, 猛威に, 猛威を, 生活は, 田園所在地から, 申したてを, 申込に対して, 男らしいこと, 異様な, 病状を, 目の, 相貌までが, 真意と, 眼には, 眼も, 祟り風水害, 罪せらる, 罪は, 罪を, 耳に, 耳には, 股肱であり, 股肱を以て, 肩持ちに, 致命を, 落武者が, 行為と, 視線が, 言に, 言ふところに, 許に, 許へ, 許を, 謀み, 謀叛気は, 豊田兵らしい, 豊田郷に, 豊田郷にも, 身に, 身の, 身を, 身辺を, 軍勢だ, 軍勢は, 迂愚を, 運命に, 運命にとっては, 遺した姫ぎみ滝夜叉, 遺族が, 遺骸とか, 野望は, 野望を, 陣へ, 陣中へ, 雑人に, 霊を, 青白い顔, 非を, 頓死屯滅を, 顔で, 顔を, 館に, 館へ, 首洗い池が, 髑髏を

▼ 将門~ (121, 10.5%)

3 妻と 2 まだ都, 乱を, 源家の, 相馬小次郎と, 護の, 都の

1 [106件] いる東国, いわせて, うしろを, これへ, これを, そう気づいた, そろそろ爛, たまたまこんな, だらしの, ちょっとたじろいだ, なつかしいとて, ふと足場, よび起したもの, 丁度隣国, 三十五歳まで, 三十八歳と, 不愍に, 乱暴者でも, 亡びたので, 京から, 京より, 今日は, 仕えた藤原忠平, 仕えて, 仲裁に, 何を, 何歳の, 兵を, 初めに, 刻毒に, 前に, 勝ち誇って, 勝を, 勝訴と, 国庁の, 国香や, 国香を, 在京の, 在京中に, 坂東に, 奇襲法を, 好むと, 安穏を, 小冠者を, 左大臣家から, 帝系の, 常陸の, 常陸へ, 強く之, 彼女を, 微力である, 忘れがたみ滝夜叉姫であろう, 怏々と, 怒つたの, 怒り出しました, 怖れ, 恰も水滸伝中, 想像以上屈しない, 成長し, 我武者一方で, 指定の, 挑戦し, 攻めて, 攻め上って, 攻寄せたもの, 敵へ, 斯様に, 新皇, 旗上げでも, 既に三十三歳, 暴れ出したと, 暴威に, 検非違使の, 正室として, 武芸天授たれ, 残って, 気, 漸く加冠, 火の手を, 父以来の, 狙うて, 猛威を, 生き暴れた時代, 申訳の, 盗んだもの, 石井へ, 秀郷を, 結城あたりへ, 肚ぐろい密約を, 自分の, 菅公薨去の, 襲せ, 訊いた, 討てるかよ, 話しこんで, 謀反を, 貞盛を, 軍用金を, 迎へた妻は, 追い慕って, 郎党の, 都から, 都しよう, 醍醐の, 隠したの, 首を

▼ 将門~ (108, 9.4%)

3 して, 召すの 2 討って, 訪ねて, 訪ふた

1 [96件] おだてあげて, かたづけようという, かつぎかけた, せめろ, そう呼んだ, どう眺め, どう考え, ねらえ, びッくりさせ, 中心と, 亡した, 再拝した, 刺戟し, 助成あらん, 勧めた, 包囲攻撃する, 匿っては, 取つて押, 叛逆者と, 召さる, 告訴した, 哀れがって, 喚問し, 大謀叛人, 始め帷幕, 射ろ, 嵯峨源氏の, 待った, 後ろから, 必殺の, 怒りまっ先に, 怖れ, 恐れるところ, 恨むの, 悪く言, 悪しざまに, 悪むべくも, 悪ん, 憎むこと, 我が意, 抛り捨てた, 拝し, 拝み倒した, 捕えこれ, 捕えぬか, 探し廻って, 推問すべき, 推問せらるべき, 攻めほろぼした俵藤太秀郷, 攻め襲, 敵に, 朝廷の, 朝敵として, 案内し, 正当と, 殺さうと, 殺さうとして, 殺したが, 殺し得ざりし, 殺めて, 気の, 滅し, 滅せば, 滅ぼす祈祷, 片手落に, 牽制すべく, 生擒, 相手に, 祠った, 立てて, 罪に, 背に, 薦むる者も, 襲った, 襲ひ, 見たとたん, 見たの, 見て, 見まもった, 討ち候, 討ち取って, 討つなどという, 討て, 訴へ, 詛ひ, 誣ひ, 説いても, 調伏し, 諫めた, 責むべくも無く, 責めた, 追捕すべき, 連れ上げ, 逸したこと, 首め興世王藤原玄茂等堂, 驚かせたこと

▼ 将門~ (59, 5.1%)

2 授く

1 [57件] あつた, お委せあるなら, くみついて, こうすすめた, すれば, たいし右馬允, つづいて, ひびく, まかせると, もうすこし人, ゆかりあり, ゆかりある, 代って, 会ったらそう, 似たらずや, 其の婦人, 取次いで, 同情し, 同情します, 同情を, 告げた後, 味方し, 大乱を, 奪われて, 好感情, 娘が, 娶らせようとして, 対つて一国を, 心を, 応じて, 思えないの, 憂き目を, 打ち明けて, 案外味方, 殺されぬ前, 比ばん, 渡した, 渡すべき荘園, 牒述す, 睦びて云, 聞えて, 臣事する, 親切であった, 討たれたとやら, 訴えた, 謀反が, 蹂躪され, 返せ, 返還せよ, 迫った, 追われて, 追捕, 逐ひ立てられた, 野を, 降つたらう, 魘え, 魘えた

▼ 将門~ (30, 2.6%)

1 [30件] いまそこで, いよいよ臍, かつての, かねて, こ, ここへ, それを, つられて, また八方, また親王, やがてここ, ようやく眸, 今では, 何か, 共に思う, 凱旋の, 大急ぎで, 大酔淋漓で, 奮闘した, 彼女を, 気が, 真実の, 純友, 肚を, 見て, 謀反と, 都に, 鎮守府将軍の, 馬を, 馬上から

▼ 将門~ (26, 2.3%)

1 [26件] あのよう, いって, うしろで, おれとは, この冬中, その家人, なった, 伏見掾との, 口に, 合謀の, 同意し, 名のる, 往年の, 源氏等と, 源護一族との, 相約せる, 私闘を, 純友みたい, 聞いただけでも, 聞いて, 聞くと, 良兼との, 藤原純友という, 護とは, 豊田の, 貞盛の

▼ 将門~ (13, 1.1%)

3 の軍使 1 から騎馬甲冑, が強い, にはまだ, の一騎士, の兵馬, の文屋好立, の走り下部, は戦備, へついた, を代表

▼ 将門とは~ (8, 0.7%)

1 かねてから気脈, まったく無関係, 十年も, 反対に, 心中に, 心中互に, 正反対な, 闘ひはじめた

▼ 将門~ (7, 0.6%)

1 がお, だと, ですって, では, の召使, は, は心

▼ 将門という~ (6, 0.5%)

1 一個の, 人間では, 人間と, 人間を, 名のりは, 名を

▼ 将門には~ (6, 0.5%)

1 そんな気もち, 余程京都, 地理的な, 屈強な, 思い当りが, 訪ねられたこと

▼ 将門~ (6, 0.5%)

1 一書を, 召喚状が, 奪われて, 当ろうと, 戯れた, 献策した

▼ 将門~ (5, 0.4%)

1 が, ぞ, つたかも, とその, と告げる

▼ 将門との~ (5, 0.4%)

1 中に, 争闘の, 間に, 険悪な, 顔が

▼ 将門始末~ (5, 0.4%)

1 では将門, に読まれる, の記, の説, も皆

▼ 将門殿~ (5, 0.4%)

1 とはかねて, のお, は弱者, を助けろ, を呪咀

▼ 将門~ (5, 0.4%)

4 捕の 1

▼ 将門にとっては~ (4, 0.3%)

1 すべてが, 常に自分, 拭うこと, 致命的な

▼ 将門~ (4, 0.3%)

1 を出す, 平の, 頼将文などの, 頼将文将

▼ 将門~ (4, 0.3%)

1 の家, の幼少, は出た, を召す

▼ 将門自身~ (4, 0.3%)

1 が, が憤怒, の貫禄, もよい

▼ 将門~ (4, 0.3%)

1 に其の, の中, の完本, の文

▼ 将門~ (3, 0.3%)

1 が国許, に射られた, に脅かされ

▼ 将門~ (3, 0.3%)

1 が謀叛人, のお力, を祠

▼ 将門征伐~ (3, 0.3%)

1 に起つ, の出兵, の加担

▼ 将門栗毛~ (3, 0.3%)

1 は引出物, は治部, を拝借

▼ 将門~ (3, 0.3%)

1 友が, 友の, 友叡山で

▼ 将門謀反~ (3, 0.3%)

1 の初, の由, 之由

▼ 将門退治~ (3, 0.3%)

1 に武蔵, の出兵, の後

▼ 将門から~ (2, 0.2%)

1 攻められること, 終生の

▼ 将門さえ~ (2, 0.2%)

1 いなければ, 知らないま

▼ 将門~ (2, 0.2%)

1 あり従来, 後へは

▼ 将門とも~ (2, 0.2%)

2 ある者

▼ 将門にたいして~ (2, 0.2%)

1 どれ程な, 多少お

▼ 将門にたいする~ (2, 0.2%)

1 ような, 中央の

▼ 将門にも~ (2, 0.2%)

1 告げずに, 移牒し

▼ 将門よりも~ (2, 0.2%)

1 めったに激, 又やさしい

▼ 将門以来~ (2, 0.2%)

1 の坂東, の遺風

▼ 将門将門~ (2, 0.2%)

1 とうしろ, と口

▼ 将門少年~ (2, 0.2%)

2 の日

▼ 将門旋風~ (2, 0.2%)

1 にたいしてはこれ, の波長

▼ 将門本意~ (2, 0.2%)

1 にあらず, に非

▼ 将門来た~ (2, 0.2%)

2

▼ 将門~ (2, 0.2%)

1 して, してから

▼ 将門討伐~ (2, 0.2%)

1 の大将軍, の官命

▼ 将門謀叛~ (2, 0.2%)

1 などと上訴, の沙汰

▼ 将門~ (2, 0.2%)

1 がしばらく, の多

▼ 将門追討~ (2, 0.2%)

1 の命, の官符

▼1* [100件]

将門いや相馬殿, 将門および国香の, 将門お前の顔, 将門さえも見限り, 将門すら来て, 将門ずれに見返され, 将門だけが悪人でも, 将門ですか, 将門ですら彼の, 将門でもすこし将門, 将門とがもう此時, 将門としては窮余の, 将門としてもそれだけの, 将門とて柏原帝五代の, 将門と共に府に, 将門どのよ, 将門ので, 将門など眼の, 将門なれ承平天慶, 将門にたいしては直接面談し, 将門について押し襲, 将門については一言も, 将門にとってこの日, 将門に対して心弱いこと, 将門のみでは, 将門はというと, 将門ばかりでは, 将門びいきが作為, 将門ほど強い男, 将門までが手を, 将門みたいに七人, 将門やむをえず士卒を, 将門よりほかに, 将門よりは立派である, 将門ヘンな顔, 将門一人が勢威, 将門一党に再度, 将門上京のとき, 将門主従に同情, 将門事既に, 将門の時, 将門事徒党を狩り, 将門以下の遺子たち, 将門以下豊田の将兵, 将門伝説は関東地方一円, 将門個人については悪く, 将門傾国の謀, 将門其事を聞かん, 将門上京, 将門刹帝利の苗裔三世, 将門勇猛なりとも, 将門が大挙, 将門勢敗北の声, 将門がなんと, 将門問題についてはこの, 将門喜悦の余り, 将門在京中に既に, 将門の名, 将門士卒を励まし, 将門大乱を謀る, 将門の与ふる, 将門天魔説にとり憑かれ, 将門如きは出来る, 将門始め弟共も終生, 将門を東国, 将門官府を恐る, 将門に書面, 将門がその, 将門帰郷以来のただ, 将門常陸大掾国香, 将門平定の後, 将門辺の, 将門思惟す凡そ, 将門拠有の地, 将門撃つて三千人, 将門方針を選ぶ, 将門時代から持ち前, 将門暴威を振ふ, 将門猶未だ僣せず, 将門がね万華鏡, 将門相馬の小次郎, 将門眼鏡のホニホロ, 将門の上, 将門立会いの下, 将門立身の計, 将門四子将, 将門精兵八千と伝へられ, 将門まん, 将門背走相防ぐ能, 将門自分の意, 将門自身馬を躍らせ, 将門興世王を大, 将門興世王謀反の企, 将門討伐軍がもう, 将門謹み言す, 将門謹んで言す, 将門事, 将門である, 将門領地の民家, 将門の門前町