青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「将軍家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寿~ 封~ 封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~ 将軍~
将軍家~
将門~ 尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~ ~尋ねた 尋常~

「将軍家~」 1284, 14ppm, 8016位

▼ 将軍家~ (348, 27.1%)

10 お顔 4 お覚え 3 お声, お耳, お膝元

2 [24件] お住居, お傍, お心, お手, お枕元, お歌は, お言葉, お身, そのやう, 上聞に, 前へ, 和歌の, 師範と, 御不審, 御健康, 御意志, 御指南役, 御政務, 御日常, 御書, 御渡宋, 御鷹, 格式を, 重厚な

1 [277件] あとから, あまりにも, ありがたいおぼしめし, ありがたい思し召, いひつけ, おいでは, おうわさ, おことば, おたのしみ, おため, おなくなり, おなぐさみ, およみ, およみなされた, おん大事惹い, お側へ, お力でなけれ, お召し, お味方, お声がかり, お小姓組, お布令, お座を, お心づかい, お手土産, お手足, お指図, お旗本, お歌の, お歌も, お歌数十首を, お止流, お気に入りの, お気を, お湯浴御殿や, お目, お耳元, お膝下やさう, お膳部, お船見屋敷, お見舞い, お顔いろは, お顔色, お館, お鷹狩り, ことだ, ことである, ことでございます, このやう, ご上覧, ご内意, ご前, ご後見, ご正判, ご連枝, しんから, すぐれたお, その御返事, その頃の, ためであり, はうに, はうを, ほかは, やうに, オランダ人御覧が, ゴマすり老中や, 一御, 一行は, 一途に, 上に, 上意と, 上洛が, 上覧に, 上覧を, 事です, 事などは, 事を, 令を, 仰せが, 何よりの, 何気なさ, 例として, 供を, 入洛は, 兵法所出仕という, 兵法所出仕として, 内命に従い, 内密な, 出遊の, 出遊まで, 前で, 前では, 前に, 力で, 勢いが, 勢力を, 厭世の, 取扱いとしては, 口添えの, 台所用の, 叱咤に, 名が, 吹雪を, 周囲を, 命によって, 命を, 命脈を, 城を, 執り成しが, 執事であろう, 執事とも, 執事の, 執事氏の, 増上寺お, 大奥までをも, 天衣無縫に, 奥医師という, 奥向きに, 威令で, 威信も, 威光此見よが, 子孫は, 孤独厭世の, 学ぶ柳生, 守備も, 安宅丸に, 安宅丸にも, 寝室に, 寝所には, 尊氏夫妻を, 尖げ, 居城を, 巻狩りの, 師では, 師範たる, 師範に, 師範役だ, 年忌行事などの, 府には, 座を, 式楽に, 弟なる, 御一身上, 御人物, 御代にまで, 御使, 御信仰, 御傾倒申, 御前に, 御前試合に, 御台所, 御台所さまを, 御大患, 御失念, 御奢侈, 御威徳, 御師範, 御師範役, 御度量, 御心境, 御忌辰, 御息, 御意に, 御意向, 御感一通りでなく, 御態度, 御扱, 御持仏堂, 御指南, 御支配地, 御教書も, 御教書を, 御旗本, 御枕上, 御機嫌, 御気色, 御猶子, 御生母様, 御用網の, 御相伴衆, 御素志, 御育成, 御胸中, 御落胤, 御葬礼, 御行状, 御覧に, 御設計の, 御趣味, 御身辺, 御運, 御門葉, 御闊達, 御驕奢, 微笑に, 忌辰にも, 思し召しでは, 息が, 悪口を, 意にも, 意を, 意思も, 愛妾お, 所領で, 手を, 手書を, 拝領羽織を, 指南に, 指南役に, 指南道場新九郎の, 方からも, 方が, 日光ご, 旨と, 旨を, 最も御, 栄耀其極に, 桟敷わきの, 権力が, 権威として, 次の, 正嫡は, 比類を, 没落とともに, 没落も, 没落を, 深い御, 無邪気の, 献上品や, 献上茶壺と, 生活気分を, 申し出でを, 発狂やら, 目は, 直属の, 直意, 眩まされた眼, 眼に, 科を, 秘庫の, 管領の, 純一な, 耳には, 耳にも, 耳目と, 能で, 膝元と, 船遊び等にも, 船遊覧を, 薨去と, 行粧は, 見る前, 覚醒など, 親書を, 親藩で, 親藩であり, 身近くいる, 近侍達は, 逝去ために, 連枝には, 進発と, 遊歩と, 過贈, 遠縁元の, 邸宅とは, 鑑賞に, 開基以来江都随一の, 限りない, 隔ても, 隠し目付が, 霊所と, 頃には, 顔を, 館で, 駕籠へ, 鷹である, 鷹を

▼ 将軍家~ (128, 10.0%)

3 それを 2 それに, 相変らず, 私の, 静かに

1 [117件] あののち, あわてて, いたくお, いつもかうし, いまさらながら, いよいよ御, うつむかれたきり, おだやかに, おませの, お傍, お八つの, お局さま, お歌に, お気軽, お眠り, お破り, お酒, お顔色, こころよくお, このごろ本当に, このたび, このと, このやう, この卑しい, この時, この禅師さま, さうで, さらにお, しばらくそのまま黙つ, すぐに, ずいぶんと, そのやう, その御, その御教書, その折, その日どこ, その時, その綿々, それに対して, それほどでも, それ以来大分心が, そんないやしい, ただ例, ただ黙, たれッ, どこかの, につこりお, みずから職を, むしろ信長, やつぱりお弱い, シの, 一向に平気, 事の, 二月に, 住吉神社に, 何といふ, 何も, 何もかも御, 例の, 信長の, 其の風流, 出発に, 十代家治であった, 十六歳その, 和田とか, 大坂, 大奥入りを, 好色漢食指を, 家治であった, 将軍家, 少しも, 尼御台さま御台所さまそれから, 左京之, 広元入道さまの, 後を, 御仏, 御十七歳, 御病後, 微塵も, 恋といふ, 恋の, 攘夷期限奉答の, 故右大将家, 明早朝, 未の, 楓の, 歯医者に, 江戸城の, 決してそんな, 法の, 法華堂から, 淋しげ, 爽やかに, 犯して, 白い歯, 皿の, 直ぐに, 相州さまと, 相州さまに, 相州さまや, 眉を, 破天荒な, 笑ひ, 箸を, 紅葉山に, 終始厳粛, 終始鬱々, 老忠臣, 自ら肩衣を, 自分の, 興覚め, 賑やかな, 近習も, 陳和卿の, 霊廟を, 首実検を, 鷹狩の

▼ 将軍家~ (91, 7.1%)

16 於いては 7 於いても 2 献上した

1 [66件] おかせられては, おかれてさえ, おかれても, おすすめなさる, おだやかに, おつくし, お仕, お伺ひ申した, お目, お目にかかりに, こつそり, すわること, その急所弱所, それこそ, ちらと, とつて, なぞ納ま, なびきしたが, なられた, なりたいという, また当分, 一服盛られた, 下し送られ将軍家, 京風の, 仕える道, 会うとき, 出入した, 取っては, 和議の, 奉仕する, 帰順の, 弟が, 御覧に, 御諫言, 忠節を, 扈従の, 手柄顔し, 披露しました, 拝謁した, 拝謁する, 拝謁を, 政治上の, 於いてまで, 於ては, 昨日の, 暇を, 流も, 献ず御, 献ず御入, 申しあげて, 申し上げても, 疎んぜられた, 直仕召さるる, 知られたという, 祝福に, 種々の, 縁故の, 胡麻を, 言上なさいました, 謁し奉る, 謁する, 謁を, 讒して, 送りま, 連れ還られた, 進ぜら

▼ 将軍家~ (72, 5.6%)

3 御所望 2 二十歳に, 立派に

1 [65件] あのやう, あの恐し, おつむり, おなくなり, お代りに, お側御, お可愛く, お待ちでござる, お留守, お鷹狩り, お鷹野, かねがね和田氏, くつがえされた一八六八年, こういう手続き, この信長, この公暁禅師さま, ご保養かたがた, そのお, その頃の, そんな物, ついて, ひどく健康そう, まぎれ入って, まずあの, 上野へ, 中央から, 亡んだので, 京都か, 代替りも, 何を, 冒した大いなる, 前に, 北条家の, 危急の, 嚏を, 密かに, 寵愛の, 居るらしい, 幕府を, 御ところ, 御上洛, 御寵愛, 御精進, 御風流, 必ず官軍, 日光参廟の, 東北路は, 歿した, 殺されたら天下, 気に, 気違いに, 江戸へ, 江戸城で, 江戸東叡山の, 江戸表へ, 混じって, 無邪気に, 田沼を, 相州さまから, 相州さまに対して, 秀忠と, 組頭の, 身を, 陣頭に, 鶴岳宮の

▼ 将軍家~ (61, 4.8%)

2 始めとして, 御信頼

1 [57件] おいとしく, おびき出し幽囚, お怨み, お生れ, お襲, お見送り, お遊び, からくも, して, そそのかし上野, たてる時代, どうして奪った, どうして見捨てられよう, なお恋々, なすその, はじめと, はじめ天下万民いかなる, はじめ扈従の, はじめ満座の, はじめ貴殿の, 侮蔑なさる, 倒そうという, 初め諸侯列席の, 利用し, 地下ニ致候事が, 始め規律ずくめ, 始列侯諸, 官打ちに, 弑し奉らんと, 弑し奉れば, 御一枚, 御守護, 御自身, 怒らせて, 怨むよりは, 批判に, 拝した, 擁して, 擁し自身, 擁護し, 狙うなどという, 異様に, 目し, 眩まし奢侈, 破るもの, 移して, 立てて, 継いだ天和二年, 自身国境まで, 花見に, 裁いたであろう, 見習ひ, 誘い出したの, 誹謗した, 逐った暴逆, 隠して, 頼み参らすべきか

▼ 将軍家~ (53, 4.1%)

3 の寝所 2 と, のいのち, の御前, は水泳

1 [42件] お手植桜, がきゅう, が雑司ヶ谷, たったひとり, とそれ, にさんざん, にちかづい, にちかづき, にちかづこう, ににくまれはばかられ, に天誅, に思いしらせる, に至つて, に面差し, のからだ, のご, のす, の夕, の寛永年間, の怒, の日光, の時代, の時分, の死, の甥, の祖先, の頭, はそっと, はたいした, は数度, は既に, は癩病, も, やその, をいさめ, をしばらせる, をたすけ, をとっ, をどうして, を討っ, を討つ, を調伏

▼ 将軍家~ (41, 3.2%)

2 師範の, 平癒の, 疱瘡に, 疱瘡頗る, 襲職の

1 [31件] じきじきの, 一身に, 一門の, 不例の, 不審あれ, 允許の, 内意の, 出昨, 参宮供奉人の, 名代の, 声がかりの, 対面有り, 尊崇の, 師範座の, 師範役の, 年十四歳の, 恩厚く, 愛妾お, 愛妾の, 懇祈, 成人の, 病気, 発狂かと, 目見も, 直々の, 臨終といふ, 自身で, 諱の, 謹慎有るべし, 警衛の, 面前で

▼ 将軍家~ (29, 2.3%)

3 御挨拶 2 献上する

1 [24件] お年賀言上, お目, 不恭, 亀千代どの, 勧めたばかり, 参って, 対して, 対しての, 御奉公, 御輿入に, 提出された, 欣んで, 無心と, 献上いたしました, 献策し, 申しわけの, 申し上げたところが, 申し開き, 直言する, 行くん, 言上しょう, 言上申上げ, 返納し, 風土記を

▼ 将軍家~ (29, 2.3%)

1 [29件] ありがたいかも, いそいそと, いまは, お小さい, お笑, この逐電, これには, すつかり, それは, たうとう, なければ, はやあの, またその, また以前, また御, また無理, もうぜひなき, 北条家も, 同じ十三歳, 夜明け近く, 夫れ, 定敬公, 床几を, 御年二十一, 微笑んで, 心から楽し, 時々とてももの憂, 未だ二十五歳, 流石に

▼ 将軍家~ (27, 2.1%)

1 [27件] あのさ, いえども, いえ義昭, お上の, お逢, お顔, その侍臣, なったの, なって, 万太郎の, 伊豆守に, 伊豆守様との, 伊豆様は, 会う時, 吉宗に, 女とが, 尼御台さまが, 御城内, 旗本に, 根本から, 田沼との, 異名される, 相州さまが, 知ると, 禅師さまとの, 私たち少数の, 静かに

▼ 将軍家から~ (24, 1.9%)

1 [24件] お預かり, さうお, そんな話, まず伊豆守, ケチを, 七日ほど, 下された宝物, 光の, 内々に, 天皇の, 家宝に, 寵任され, 御三家御, 拝領した, 木曽家に, 柳生へ, 楽屋へ, 父上は, 特別の, 瑞蓮寺に対し, 田安家へ, 謀叛の, 賜わったもの, 遣わされた見届けの

▼ 将軍家~ (21, 1.6%)

2 に扈随, に謁

1 [17件] が大, が明年二月, との協調, に勧め, に謁見, に随つて上洛, の上洛, の大, の薨去, の遺骸, はすでに, は京都, は供奉しま, は六月, は大名, も大いに, をしのぐ

▼ 将軍家より~ (16, 1.2%)

2 頂戴した

1 [14件] おあずかり, おあづかり, 一層手腕家, 下は, 吉田三誼先生が, 四国の, 当田安家, 扈従の, 招かれて, 拝領の, 百倍すぐれた, 賜わった品, 賜わった大名屋敷, 賜わった当家

▼ 将軍家~ (13, 1.0%)

1 [13件] ひとりは, 声がかりによって, 声がかりの, 手直し役浅利又七郎と, 手足たる, 手足と, 指南番役たる, 直裁に, 秘蔵と, 膝元大江戸でさえ, 褥の, 身代りと, 部屋お伝の

▼ 将軍家~ (10, 0.8%)

2 一統が 1 名代としての, 名代の, 宝物が, 座所前に, 料の, 秘蔵の, 連枝こなた, 連枝の

▼ 将軍家には~ (10, 0.8%)

1 お子さまも, かかはり, このやう, この野暮, 千代田城内の, 幾度も, 恐れながら未だ, 戦ふ者, 突然発熱, 高い御

▼ 将軍家光公~ (10, 0.8%)

1 がある, が雑司ヶ谷鬼子母神, に仇, に訴えました, の御前, の御墨付, はもちろんもう, を親, を討つ, 御直筆

▼ 将軍家~ (10, 0.8%)

1 がだしぬけ, が渋江抽斎, に縁, に謁, の下, の叔母, の知遇, は二日, は賢明年長, を戴き

▼ 将軍家にと~ (7, 0.5%)

7 つては

▼ 将軍家師範~ (7, 0.5%)

1 という大任, という栄達, となっ, に成る成らない, の一員, の家, の職

▼ 将軍家~ (7, 0.5%)

2 に謁, に謁見 1 の時代, は愛妾, は漸く

▼ 将軍家~ (7, 0.5%)

1 が予定, が小石川, の寵, の時, の花押, は何事, は西の丸

▼ 将軍家との~ (6, 0.5%)

2 間に 1 如く或は, 往来に, 間も, 関係をも

▼ 将軍家からの~ (5, 0.4%)

1 お盃, お預かり, 御達し, 救いの, 気うけ

▼ 将軍家という~ (5, 0.4%)

1 司権者の, 名に対して, 在来の, 存在である, 席に

▼ 将軍家義昭~ (5, 0.4%)

1 である, の船, はその後, は先頃, をはじめ

▼ 将軍家~ (4, 0.3%)

1 お召抱えの, さへ, すら朝, すら田安御殿

▼ 将軍家にも~ (4, 0.3%)

1 どうか御, 家督相続の, 恐縮です, 直々近づける

▼ 将軍家に対しては~ (4, 0.3%)

1 さらに見る, ちやうど, また別段, 逆意

▼ 将軍家への~ (4, 0.3%)

1 俗に, 御目見, 直訴をも, 進物十一色に

▼ 将軍家執事~ (4, 0.3%)

1 の師直, の息女, の権, の高家

▼ 将軍家では~ (3, 0.2%)

1 ございませぬか, ございませんし, ない

▼ 将軍家なる~ (3, 0.2%)

1 きのうの, ものは, 名分に

▼ 将軍家よりの~ (3, 0.2%)

1 内々の, 命が, 御進物

▼ 将軍家~ (3, 0.2%)

1 に取入った, の晩年, を挟ん

▼ 将軍家~ (3, 0.2%)

1 であるという, とも云うべき, の但馬守どの在宅

▼ 将軍家だけは~ (2, 0.2%)

1 お気づきにな, そのやう

▼ 将軍家でも~ (2, 0.2%)

1 怖れ, 首を

▼ 将軍家といふ~ (2, 0.2%)

1 ものは, 名ばかり立派だ

▼ 将軍家とは~ (2, 0.2%)

1 お従弟, 思いながら

▼ 将軍家とも~ (2, 0.2%)

1 御縁, 閣老とも

▼ 将軍家にとって~ (2, 0.2%)

2 何が

▼ 将軍家に対して~ (2, 0.2%)

1 さらに朝廷, 逆心を

▼ 将軍家のみ~ (2, 0.2%)

1 だいで, ならず畜生

▼ 将軍家へも~ (2, 0.2%)

1 そう御, 軍学を

▼ 将軍家~ (2, 0.2%)

1 聞いては, 見ては

▼ 将軍家よりも~ (2, 0.2%)

1 厳格で, 各地の

▼ 将軍家並びに~ (2, 0.2%)

1 尼御台所二所に, 御台所

▼ 将軍家二所~ (2, 0.2%)

1 の御, より御

▼ 将軍家休息~ (2, 0.2%)

1 の次の間, の間

▼ 将軍家~ (2, 0.2%)

1 かに御, かに永福寺

▼ 将軍家再興~ (2, 0.2%)

1 に奔走, の日

▼ 将軍家右大臣~ (2, 0.2%)

1 に任, 御拝賀

▼ 将軍家大将~ (2, 0.2%)

1 に任, に任ずる事

▼ 将軍家御寝~ (2, 0.2%)

2 の際

▼ 将軍家御用~ (2, 0.2%)

1 であった天下一品, となっ

▼ 将軍家~ (2, 0.2%)

2 二位に

▼ 将軍家~ (2, 0.2%)

2 の長持

▼ 将軍家直属~ (2, 0.2%)

1 の家の子, の隠密

▼ 将軍家紛失~ (2, 0.2%)

1 に関しての暗示, のその

▼ 将軍家~ (2, 0.2%)

1 の時, の時代

▼ 将軍家聊か~ (2, 0.2%)

1 御不例, 御病悩

▼ 将軍家自身~ (2, 0.2%)

1 が望楼, の熱心

▼ 将軍家茂上洛~ (2, 0.2%)

1 の供, の時

▼ 将軍家茂公~ (2, 0.2%)

1 に是非, の上洛

▼ 将軍家~ (2, 0.2%)

1 の遊惰, の長子

▼1* [147件]

将軍家いよいよ右大臣に, 将軍家おわす所それは, 将軍家おんみずからにお触れ, 将軍家かねて御, 将軍家からはさすがに, 将軍家からもこの信玄, 将軍家がわづか十二歳, 将軍家こそ罪悪の, 将軍家じきじきのお, 将軍家すなわち八代の, 将軍家すらも内心御, 将軍家そぞろ歩きの折, 将軍家それ自身の影, 将軍家たる秀忠は, 将軍家だ思うて橋, 将軍家づきの御中, 将軍家であればそれ, 将軍家とか大家の, 将軍家として初の, 将軍家としてはわずか十日, 将軍家とても夏暑い, 将軍家とを結びつけるなかだち, 将軍家と共にそのとしの二所, 将軍家などいふもの, 将軍家などにゴタゴタや, 将軍家なんぞにこの久米一, 将軍家にまでも伸びて, 将軍家に対しどういう心, 将軍家に対してだけはあまりその, 将軍家に対しての父中将や, 将軍家に対する御ところ内外, 将軍家はちよつとお, 将軍家ばかりか大諸侯, 将軍家まで引込み越前守病中引籠, 将軍家みずから将軍家を破る, 将軍家もしもの事, 将軍家閣老方の, 将軍家よいってはいけない, 将軍家よりははるかに, 将軍家らしい威凜を, 将軍家一族のゆゆしい, 将軍家一覧の上, 将軍家三浦三崎に渡御, 将軍家にも将軍家, 将軍家以下二所より御, 将軍家以外には膝, 将軍家側衆のひとり, 将軍家先生の御, 将軍家光以上の人間, 将軍家光日光参拝にでかける, 将軍家光時代寛永年間のこと, 将軍家光金銀をちりばめた, 将軍家公許の通行税頂戴職, 将軍家兵法師範という重職, 将軍家兵法所の師範役吉岡憲法, 将軍家其礼を憚り給, 将軍家内命であった, 将軍家上洛の, 将軍家出御諸大名, 将軍家大膳大夫広元朝臣の, 将軍家南面に出御, 将軍家夜御, 将軍家参内のおり, 将軍家及び藩主定, 将軍家右大将軍家の法花堂, 将軍家右大臣さまの事, 将軍家右大臣拝賀の為, 将軍家和田左衛門尉義盛の家, 将軍家執事職として恥かしく, 将軍家墨印奉書の披露, 将軍家大坂ニ参り長州, 将軍家大奥の台一式, 将軍家大臣拝賀の為, 将軍家から貰い, 将軍家家慶公は前, 将軍家寿福寺に御, 将軍家将軍家と吉宗, 将軍家尼御台所の御方, 将軍家山内辺を歴, 将軍家り膝, 将軍家左金吾禅室さまの御, 将軍家帰城と共に京極家, 将軍家幕府御創設, 将軍家平素の御, 将軍家年来の御, 将軍家広元朝臣の家, 将軍家弑逆の大, 将軍家従二位に叙せられ, 将軍家御代がわりか, 将軍家御前試合に荒木又右衛門, 将軍家御召替えの乗り物, 将軍家御台所のお, 将軍家御感悦に及ぶ, 将軍家御指南の宗家, 将軍家御用槍師といえ, 将軍家御用鍛冶の初代康継, 将軍家忠綱朝臣を簾中, 将軍家慶予じめ, 将軍家慶公の御, 将軍家手札でも持っ, 将軍家拝領の葵, 将軍家指南役の大, 将軍家指南番として江戸表, 将軍家指導の大任, 将軍家御所に, 将軍家日来御尋ね有り, 将軍家時代から久しく, 将軍家て伝聞, 将軍家柳営へ帰る, 将軍家桜花を覧ん, 将軍家歴代の宝廟, 将軍家に御, 将軍家殊に之を, 将軍家水戸斉昭の比, 将軍家没落の驚き, 将軍家治薨じ異, 将軍家治誘拐さる, 将軍家法花堂より東御所, 将軍家海辺の月, 将軍家渡御還路, 将軍家火取沢辺に, 将軍家烟霞の興, 将軍家献上するの, 将軍家直々のお召の, 将軍家直参云々の一語, 将軍家相州御亭, 将軍家雨の, 将軍家秀忠が砂村先, 将軍家秘蔵の木葉猿, 将軍家簾中より御覧, 将軍家継嗣問題を挾ん, 将軍家綱吉公のそれ, 将軍家義昭公の親書, 将軍家自らが令, 将軍家お成, 将軍家を覧ん, 将軍家茂入京の道筋, 将軍家茂滞在中の京都, 将軍家補佐として保科, 将軍家誘殺を試みた, 将軍家諸人の庭中, 将軍家諸侯から小, 将軍家貞観政要の談議, 将軍家還御になっ, 将軍家面前でひきおこし, 将軍家館林の綱吉様, 将軍家鶴岳宮に御