青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「将軍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

対象~ 寿~ 封~ 封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~
将軍~
将軍家~ 将門~ 尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~ ~尋ねた

「将軍~」 3271, 35ppm, 3314位

▼ 将軍~ (884, 27.0%)

10 ような, 職を 9 ように 7 名を 6 前に, 手に 5 やうに, 前で, 舅さんの 4 ために, ところへ, 下に, 御台所

3 [13件] お心, ごときは, 印を, 命を, 場合と, 宮の, 御前で, 木像の, 耳に, 裁可を, 遺書が, 顔を, 首を

2 [41件] お名, こと, ことで, ご子息, ようだった, 一喝, 上洛は, 世に, 休息所に, 位に, 印綬を, 口から, 号を, 名で, 名は, 命に, 墳墓に, 声は, 姿に, 宣旨を, 室へ, 廃立を, 後見に, 御上洛, 御時, 時に, 様子を, 死は, 眼に, 眼には, 秀忠が, 秀忠を, 称を, 義昭が, 義昭を, 職に, 薨去は, 運命を, 面を, 頃には, 馬車の

1 [684件 抜粋] あいだに, あとつぎを, あとに, いのちを, いやまあ, うちにも, おもかげ, お下知, お使い, お使者, お味方, お声, お娘, お憎しみ, お成り, お手, お手もと, お招き, お望み, お歌かと, お爪, お社参, お立場, お耳, お邸, お顔, かたわらから, かなえの, からだが, ことでしょう, ことは, ことばを, こと金銀廟の, ご人格, ご勢威, さながら犬獅子, すがた, ためムザムザ討たれた, ついた蓋, てれる顔, とった態度, なかには, なきあと, はそんな, はたちくらいの, ひたいの, ほうは, ほうを, まえに, まわりへ, もて遊びたる紙牌, ものに, やうな, ようにも, わしから, アメリカ大統領就任ダレス氏の, クーデタの, コールビオルンは, サインまで, 一世が, 一人なる, 一人に, 一兵だ, 一喝小牛大の, 一師範に, 一橋慶喜を, 一肩に, 一行に対しては, 一行は, 一身さえ, 三女と, 三遺失に, 上洛が, 上洛に, 上洛の, 上洛政治の, 上覧に, 上覧の, 不注意である, 不注意を, 世だ, 両足は, 中世から, 乳母なる, 予想に, 事, 二代目に, 二心なき, 二男なり, 人格が, 人格である, 人選で, 代がわり早々, 代と, 代る度, 代参でも, 代理として, 令を, 令嬢で, 仰せに, 休息所として, 伝記を, 住宅だ, 住居は, 使った椅子, 供を, 偉魂, 側に, 側用人を, 傷所を, 像が, 元和四年で, 先祖である, 兵と, 兵馬は, 再征, 処分について, 凱旋を, 出馬する, 切支丹に対する, 列に, 別邸と, 前でこそ, 前へ, 功は, 功臣と, 勇は, 勢威を以て, 北鳴, 十代義植の, 印です, 印を以て, 参謀で, 参謀本部と, 反対にも, 口からも, 口へ, 台徳院廟が, 右門も, 号を以て, 号令の, 吉宗は, 吉宗公いずれ, 名である, 名と, 名によって, 君に, 周囲に, 周瑜は, 命令が, 命令だ, 喧嘩, 器に, 四天王今井兼平の, 地方巡察景行天皇の, 垢は, 執事という, 執権師直氏よりも, 墓, 墨印を, 墳墓が, 墳墓の, 声には, 声望が, 多くは, 夜遊の, 夢まくらに, 大功は, 大塔, 大御所様の, 大笑, 天に, 太い眉, 奢侈と, 奥さまが, 奥に, 如くで, 如くに, 如く極めて, 妻は, 妻孕ん, 妻形名君の, 姓は, 姫君とは, 姿だけが, 姿でも, 姿如何にも, 威令も, 威信を, 威勢や, 威厳さえ, 威厳に, 威名を, 威望を, 娘だった, 娘を, 子である, 子なら, 官位は, 宝塔が, 室に, 室は, 宮に, 家でと, 家に, 家光が, 家庭, 家臣たる, 寝台, 寝間を, 寵を, 寵将で, 寵愛を, 寵童であり, 小姓に, 居城と, 居城を, 岳飛が, 川崎御, 左の, 左右に, 師範へ, 帳に, 帷幄に, 幕下を, 幕府が, 幕府は, 府において, 座を, 座下に, 座右へも, 弔魂碑が, 弟の, 弱点です, 強馬精兵, 形質を, 影響です, 役に, 後を, 後継者たる, 従軍の, 御代に, 御判物, 御制度, 御前と, 御前において, 御前へ, 御前を, 御召馬が, 御台所として, 御台所の, 御威光, 御師範, 御帰依等閑, 御座が, 御忌日, 御成敗, 御相伴衆, 御真意, 御膝元, 御馬前に, 御齢, 徳川家斉, 心には, 応接間の, 忠義を, 怒りに, 思し召しによって, 急死が, 怪, 恩顧を, 息の, 悪ラツ, 惜しまれたと, 意を, 意志をさえ, 意気は, 意見で, 愚を, 愛馬赤兎と, 感覚は, 態度で, 慶喜公は, 懐刀と, 戦略をも, 戦術という, 戦術を, 手から, 手で, 手前に対しても, 才徳と, 承職, 拳から, 指南に, 指南役という, 掌の, 握手に, 援護でも, 擁護を, 故国への, 故郷として, 新館も, 方および, 方にも, 方へ, 旅愁を, 日に, 旧府, 旧跡地, 早世も, 時この, 時代と, 時代の, 時既に, 智略によって, 最後の, 未亡人で, 末の, 本丸まで, 本営に, 朱筆は, 柳営とても, 栄えを, 根本は, 概が, 権を, 権力と, 機嫌を, 歌に, 正体は, 正坊, 武威一徹とは, 歴史を, 死であります, 死も, 死後五月を, 民族強圧に, 気を, 気取りに, 没落を, 治績を, 派遣も, 浪花節で, 渡るを, 無慙な, 無能は, 片思いという, 琉球問題あっせんで, 生けるうち, 生命を, 留守を, 疲労は, 癇癪玉が, 癖といふ, 白馬は, 目を, 目付役とも, 眉だった, 真実です, 眼が, 眼も, 瞳が, 知嚢としての, 石像であっ, 祖先徳阿弥父子は, 秀忠から, 私兵は, 私室へ, 秘書役だった, 空想を, 第に, 純忠による, 純情は, 統もし, 継嗣問題で, 継嗣問題なぞを, 綬を, 綱吉母堂桂昌院を, 緋縅の, 罪は, 義昭に, 義満の, 耳へも, 職は, 肖像や, 背に, 背後に, 胸だけに, 胸ひとつで, 胸底から, 腐敗政治に, 腰巾着で, 膝下と, 膝元を, 臣なり, 臨終の, 自殺した, 自発性に, 舅さんから, 舅は, 舅を, 若君定, 苦戦を, 英断と, 葬式に, 葬式に際し, 葬式の, 蔡陽である, 薨去を, 行列なんかには, 袁公という, 西南役に, 観覧に, 言によって, 言ふ, 記事が, 記念講演を, 詞に, 謁に, 責任としか, 趙雲を, 足利家で, 足利義昭が, 足跡ばかり, 跡を, 踏んだ階段, 身ながら, 身も, 辞職と, 辞職も, 辞職を, 近臣斎藤妙椿が, 追善などでも, 追討軍から, 逃げ途を, 連署などが, 進発と, 進発も, 進退と, 遊びごととしては, 遺旨, 遺骸は, 邸などで, 郎等太郎介と, 部下として, 配下について, 重々しい声, 金印は, 鉱区という, 鉱区は, 鉱山の, 鉱山経営法は, 銅像には, 銅像を, 銅鑼声は, 鋪物である, 長洲再, 門を, 閣下に, 閨房の, 陣であった, 隅田川御成が, 隠然として, 霊は, 霊廟は, 霊廟を, 霊廟全体を, 青蛙が, 面にも, 面前老中を, 面影あり, 面影が, 頃和蘭人が, 頃故, 頃関西から, 預金通帳によって, 頬には, 頭抜けて, 顔から, 顔が, 顔の, 顔は, 顔や, 風あり, 風姿を, 風格狂瀾怒涛に, 風貌をも, 食膳に, 館は, 首唱に従って, 首級を, 馬を, 騎士道に, 骨が, 高恩, 髪の毛の, 髯面が, 髯面ために, 鬢髪ことごとく, 鼻づら

▼ 将軍~ (379, 11.6%)

5 それを

2 [12件] ここに, そこに, そんなこと, ちらと, 大きくうなずいた, 彼の, 急に, 斜に, 次の, 静かに, 馬に, 馬を

1 [350件] あのへん, あの柔弱, ある者, あわを, いかにせし, いかめしい顔, いずこの, いったい真に伐つべき, いったん右賢王, いつまで, いつも口, いつも大金, いまやリンパー先生, いよいよこの, うなずいた, うれしくて, うんざりし, おそらく玉, お仮屋, お後, お飲, かつて何, けろりと云, こう云っ, こう尋ねた, ことの, この会議, この名誉, この名馬, この方法, これほど, これを, こんどは, さっさと帰っ, しきりにお, しばらく考え, すぐその, すぐに, すこし神, すこぶる瘠せ, すつかり, すでに京都, すでに伏見, すでに朝服, すでに疲れ切っ, すでに重い, すべての, そう答える, そう聞く, そのよう, その後間もなく, その日, その白馬, その識見, それが, そんな支那通, そんな非難, たうとう, たくさんいる, ただいま, ただ碧, たつた一本, だんだんもの, ちやんと, ちょいと, ちょっとした落度, ちょっと顔, ついに征長, づかづかと, どうお, どうして正雪, どこにも, なお得意気, なお曹操, なかなか物覚え, ながめて, なぜか, なぜ麗人, なんでも, はじめて夫人, はっはっはと, ぱかぱかと馬を, ひったくるよう, ふいに, ふたりを, ぶるつと, まい日軍隊, まごついた, またはっはっ, また一方韓馥, また同じ, また大きく, また手, まだようやく二十歳, まだ三十, まだ上機嫌, まだ不, まだ二十歳, まだ退出, みな一万以上の, みんに, もう信長, もう息, もう鞭, もとの, やさしく云, やはり稀世, よろしく人, わしが, わずかに, わら束の, チベット人という, トンと, ナポレオンの, ニヤニヤ笑っ, ポケツトから, ポー先生の, ロブィトコの, ロブコヴィッツ家に, ヴェルキンゲトリックスを, 一世の, 一人立ちの, 一同の, 一本の, 三代義満と, 三十年ぶりに, 上洛中で, 下品な, 不確実, 世に, 世の, 両手を, 中策を, 乱軍の, 二千人からの, 二百五十年前に, 亡びます, 京阪に, 人払いの, 人物を, 今から, 今寝所に, 今度の, 今度も, 今日も, 今日ワーテルロー平原と, 以前のより, 伏見から, 休息の, 何し, 何によって, 例の, 俄かに, 信長を, 僧正同様に, 先代の, 児玉参謀を, 児玉少佐を, 全身から, 内乱と, 内心怒りを, 再び上洛, 再び入洛, 凱旋した, 初めて会う, 初耳らしく, 別に悪意, 副官や, 功によって, 医師たちに, 十一代徳川家斉であろう, 十町ばかり, 千秋万歳日本の, 反徒, 口すがら主, 口中医の, 号令した, 名君の, 命令の, 和子を, 善人だ, 嘲笑って, 四十二の, 土佐派の, 地図を, 声高に, 外交の, 大君で, 大将四人の, 大炊頭の, 天井を, 天皇を, 太いやう, 太い軍刀, 夫人を, 夫婦関係を, 好きな, 妾たちを, 始めて莞爾, 婦人運転手のか, 子供では, 子供の, 子供を, 子細あり, 実に今日, 実際えらい, 室を, 家定で, 家斉であった, 寄垣口の, 小御所, 山の, 工事奉行の, 巨勢麿佐伯石湯だ, 巻中に, 帰らぬ, 常に天下無敵, 常に曲江, 幕下の, 幕僚に, 平服に, 平気な, 幸いに, 床に, 床几の, 張った肩, 弾丸に, 彼らオランダ人から, 後に, 心配さう, 思い出したよう, 急いで, 急務を, 恭しく脱帽三拝, 愉快そうに, 態, 慌てたやう, 我々の, 我国の, 戦争だけには, 手を, 敵の, 新都市, 新野の, 旅団の, 旅団長を, 日本陸軍の, 昂然たり, 春秋の, 昨夜会議からの, 景帝を, 更に訊いた, 書物から, 最期を, 朝幕問題諸, 本国寺を, 村岡将軍と, 東京が, 歓呼の, 段山の, 江戸を, 沿海州に, 泥棒と, 流石に, 涙を, 火光を, 烈火の, 無意味な, 無表情に, 甚だ不機嫌, 生れ落ちてから, 病の, 病気京都守護職の, 癇癪の, 登城の, 白根噴火口へ, 白系露字の, 盃を, 盆踊りの, 目を, 目下彼, 直接の, 盾の, 眇の, 眼を, 社稷の, 私に, 突然はっはっ, 立った, 笑いながら, 笑った, 精兵を, 老蝮, 考うべき, 考えてるん, 聯隊長時代に, 胡散さ, 胡麻塩の, 脚気に, 腑に, 腹一ぱいの, 膝まずき, 自分が, 自分の, 色々結構, 若くて, 若者の, 苦り切って, 苦虫を, 落付き払つて, 薨去せられる, 藤色の, 蟹の, 血も, 西上して, 見込通り年々巨富を, 言った, 訊ねながら, 討幕の, 話しかけ彼女, 誰だ, 謁見室に, 軍人に, 近頃ほとほと理想, 退職なすっ, 逃げて, 逝く良人, 運転手を, 都へ, 酒類は, 重傷を, 重臣は, 金博士の, 銃殺にでも, 鎧も, 鏘, 長州再, 関東へ, 陛下の, 陣地を, 雲長関羽に, 露国に, 顔を, 馬から, 馬の, 馬丁を, 馬術の, 高く号令, 魏王の, 麦城に

▼ 将軍~ (250, 7.6%)

3 兵を 2 いる, 京都に, 大政奉還の, 敵の, 本当は死, 見物した, 預言者であった

1 [233件] あった, あったの, ある日自分, いた, いったいお前, いよいよ凱旋, いらいらしだし, おきき入れなく, おことば, おり他方, お出でましに, お医者, お城, お墨付, お見え, お鷹野, がっかりした, このネブタ, この広い, これしきの, これを, じっとその, すわって, すわっても, そう感じ, そこに, そのもと, その主, その夜, その意, それほどの, できるなら, ときどき遊覧, ひとりの, ひどく負け, またお出まし, まだ高知県, みごとな, みて, めでたく凱旋, もう久しい, ゆたり, わずかに, ウォータァローの, ケベックの, ライン河畔の, ロマノフ朝最後の, 一々あらためて渡した, 一八七九年世界一周の, 一方は, 一時台湾総督に, 万事指図を, 万里の, 三万騎に, 三十年も, 三月四日に, 三町ばかり, 三等で, 上洛し, 上洛の, 下知を, 中止を, 二三の, 亡くなりました, 京を, 京都から, 京都より, 今日に, 今日まで, 他の, 代って, 以前の, 休んで, 何とてきょう, 何人かの, 何処に, 保護は, 信者に, 俺は, 先頭に, 公卿と, 公卿化し, 公然の, 六尺豊かの, 兵の, 其名を, 劉皇叔を, 勅使を, 勲章を, 十二人と, 午の, 協力し, 南軍に, 危急存亡の, 厳重に, 参詣される, 口を, 台湾から, 唾を, 国内の, 城外へ, 報された, 墓に, 壮志今や, 大いに蝦夷, 大ぜ, 大刀を, 大堰川へ, 大政奉還を, 天満橋から, 天璋院や, 天皇に, 太刀を, 夫人と, 失敗した, 奥へ, 奥州征伐の, 好きに, 妨げて, 子供を, 宏大な, 官軍を, 密, 射られたり, 将来の, 小学校に, 少しでも, 巌角に, 常々兵を, 幾人も, 座を, 建業に, 弔辞を, 当社へ, 征かれるなら, 御上洛, 御覧に, 怒鳴り出したので, 愕き給わん, 愛されて, 戦争の, 戦争を, 戦傷なされた, 手ずから七言絶句, 押取った, 拝受したる, 指す春, 指揮し, 挙手の, 捕われた, 控えて, 攻め下って, 敵に, 敵国を, 文化人を, 旅順を, 最近軍事上の, 朝鮮の, 札束を, 朱で, 朱筆で, 来た時, 来朝した, 来朝する, 松永弾正に, 果たしてそんな, 権力を, 欧洲派遣の, 正装を, 武器を, 死すれば, 死にあたらしい, 死んで, 死罪を, 殉死された, 民を, 民情を, 没落する, 治め給うた領地, 洛陽の, 活動写真の, 深入りし, 濡れ場を, 烏帽子親に, 無限に, 父兄の, 片岡中将と, 特別の, 狩に, 玉造柵を, 玖満子に, 生れたもみじ山御殿そのもの, 真先に, 眠りいます蛇田, 着陣されました, 破れ草履, 私怨によって, 穏便の, 節を, 緋縅の, 臣下の, 芝居の, 荊州で, 虎視眈々と, 蟷螂の, 血に, 行けば, 行って, 謝罪する, 谷へ, 谷中辺へ, 貴冑, 赤面を, 蹉跌し, 通った, 進発された, 都合で, 酒を, 野立の, 金を, 鉄道の, 鎌倉時代よりも, 陣取ッ, 雲だけ, 養女に, 饗宴を, 首相の, 馬に, 馬車屋に, 鷹狩で, 鷹狩の, 鷹野に, ,町の

▼ 将軍~ (191, 5.8%)

8 任ぜ 4 なって, 謁し, 謁見し 3 して, 封じて 2 もし霊, 向って, 献上した, 直談判し, 誠意を, 謁した, 謁見した

1 [151件] あたえたが, あって, あつた, あてた私書, ある者, あれまで, お目にかかりたいと, お目通り, きたえて, ざっと事件, した, したがって, したって, してからが, してやると, すえて, すがります, その必要, つれて, なったというくらいの, なってからは, なつた, ならずとも, なりして, なりすまして, なり大統領, なるかも, なること, なるだけ, なると, なる人, なれっこ, なろうと, なろうとしての, のぼせまた, のぼり楽進, ふさわしい一役, ツリ銭を, 一部を, 七代なり, 世話に, 仕えるならご, 仕え蜂須賀太郎以来, 任じあなた, 任じて, 任じられた, 任じ呂布, 任じ益州, 任ず, 任命され, 任命した, 会った, 会ったこと, 会っても, 会は, 会わせて, 伝え江戸, 似た, 依って, 出世し, 別辞を, 劣りません, 勧めて, 参内せよ, 取り次ぐこと, 取次いで, 向かっても, 命じた, 命令する, 土が, 坐った自分, 坐ろうなどとは, 報告する, 変って, 変身する, 多くの, 大政奉還を, 奉りたる書状, 害を, 害意を, 寄せら, 封じもっぱら, 封じるであろう, 封じ妻子一族, 封ずという, 封ぜられ費亭侯, 就任した, 属する者, 屠られん, 差出す教理要略, 弑せられました当時, 従った軍参謀, 御政治, 急用が, 恨みと, 愛馬クロに, 感謝の, 憑い, 成った末, 成りてえの, 手製の, 托せし, 拝謁し, 拝謁したい, 授けられたので, 推挙した, 擬して, 教授した, 文明説を, 昵懇し, 昵近な, 昼の, 樊稠は, 歎願した, 比して, 深くとりいっ, 狐を, 献じようと, 献ぜんため, 睡壺, 立てた, 立てようと, 立てられたの, 節刀を, 紹介され, 要求した, 親くせり, 言上する, 計ること, 許さなかったけれど, 謁を, 謁見すれ, 譲ろうと, 貸すこと, 貸す船, 近づいて, 近づけて, 近侍し, 退けられたか, 送りギリシア帝, 送り届けたの, 進言と, 遅れて, 過ぎなくなり十七世紀頃, 郭, 降り次いで, 降嫁せらるる, 陞す, 随つて江戸を, 面接し, 面謁し

▼ 将軍~ (134, 4.1%)

3 して 2 中心に, 奉じて, 慕って, 迎えて, 馬上に

1 [121件] あやつりつつ, いふ也, いやが, うらむ貴公, おいた, お慕いし, お扶, お招き, お迎えしたてまつる, お迎えつかまつる, お送りし, かばわんが, さして, さしてゐる, ただ葬っ, ついで, のせ爆音, はじめ昔の, ば生捕らん, へんに, むかえるの, もって, イリに, ゴシゴシやり, 一発の, 一緒に, 上において, 不義に, 中原大, 京都から, 仰ぐこと, 使用する, 出すから, 出すその, 刺そうという, 取り囲みその, 口説き落したらおまえたち, 名乗ったもの, 呼び止めた者, 呼べと, 呼んで, 奪取する, 始め軍司令部, 娘聟に, 存分に, 小型に, 市場に, 弁護しました, 思う余り, 思はせるやう, 戦争中に, 扶け, 拝した, 援けに, 援けん, 搭乗せしめざる, 擁立し, 支持する, 攻撃する, 敵に, 斬って, 旗として, 暗殺させた, 望むにきまッて, 某地に, 檻車に, 殺しその, 殺め主人, 比較する, 注視し, 派遣された, 派遣せられた, 浜離宮に, 父に, 犯し奉るはじめ一太刀, 狙撃し, 狙撃する, 相手と, 破った某, 祀ったもの, 継がせたので, 継承した, 背に, 自分の, 自動車で, 街道から, 要撃しよう, 見た, 見た時, 見て, 見る機会, 見上げながら, 見色, 見送ると, 討ち取ったり, 討ったの, 討った髯, 訪れた時, 訪問した, 詩人に, 誘惑する, 説いて, 調弄ふ, 護らねば, 讃美し, 軍中の, 迎うる如く, 迎うる如くであった, 迎えた儀仗兵, 迎える如く, 追って京都, 追ひかけた, 追放した, 関東軍司令官に, 陥れたくないと, 陥れんが, 領し弟, 饗するの, 首相として, 驚かし遂に, 高田御殿へ

▼ 将軍~ (107, 3.3%)

3 なって 2 いって, なった, ならば, 同様の, 祭り上げそれ

1 [94件] あがめられましたが, ある, いうより, いえども, いえば, いっしょに, いわれる強い, うたわれ鉄管事件, お会いできない, この劉備, し拝, すぐに, する幕府方, その旗本, なす, なったが, なったら松平殿, なったデュフール大尉, なった上官桀, なった頼朝, なっても, なつて, なりし時, なりて, なり実, なり河南, なり清原氏, なり陳暉, なること, なるべく予想, よばせて, 一しょには, 一橋公とは, 中野碩翁, 乃木大将と, 争うほどの, 二人の, 互に相, 今の, 代って, 余の, 公卿との, 南将軍の, 号した, 同じく英雄, 同じよう, 同じ気持, 同じ汽船, 同じ装い, 同郷の, 吾輩は, 吾輩六杯その他平均五杯ずつ, 吾輩勇を, 呼ばれたの, 呼ばれた名将李広, 呼ばれた安東氏, 呼ばれて, 呼ばれること, 和を, 増上寺の, 威張り出して, 少数の, 幕僚の, 御ところ, 恐れられて, 恨みを, 手筈を, 方福山が, 旗本大名と, 日常生活に, 朝廷との, 玄徳様とは, 申して, 相比すべき, 相見ず, 知事とを, 称えられ今, 称え三品, 称しぬ, 競争者の, 第三, 綽名し, 肩を, 膝を, 衣水子の, 言われた三郎兵衛, 言われるお, 言出した, 謹直らしい, 貴婦人たちとは, 足利とは, 還俗した, 隙あり, 飲み明かしたいと

▼ 将軍~ (65, 2.0%)

2 いた, これには, 出て

1 [59件] あそこで, いまや麦城, お車, かくして日一日, かくまでには, この二人, ご承知, さすがに, すつかりあわて, そうだ, それを, たえずぶつぶついい, ついにここ, どうか, なくただ, なくなる, なんにも, はじめは, またすすめる, また閨, むかしと, もうすつかりとは, よかろう, よくご存じ, トラファルガーの, 一度に, 不思議そうに, 交じって, 亦二十, 今は, 偉いやつ, 兵卒も, 凄じい爆風, 只の, 同様であった, 同行した, 大坂城を, 大隈伯と, 天地の, 実に今日, 小使室の, 嶷将軍も, 帰東したい, 弥死去仕, 彼の, 御出席, 手を, 捨て置かれずついに, 日本語で, 曹操に, 武藤将軍に, 漢朝の, 爾の, 王双の, 言ったごとくブリューヘル, 軍務に, 転じて, 野懸け, 首を

▼ 将軍~ (57, 1.7%)

4 のお 2 の御

1 [51件] から何やら, がお, が一, が出かけ, が喰うなら, が持ちきれ, が機密費, が水戸, だった, だとかいう, であろうと, であろうとも, でさえも, でわっ, とその, と秋元六万石, なんての, にお, にしろ, にはそれ, には今し方作事場, にもッ, に直訴, に相, に頼んだ, に風邪, のお代がわり, のお供, のさしだす, のもちいた, の世帯, の前, の名代, の命, の大奥, の肩, はとうに, はゆうべ, は狛家, へ申し訳, へ話しかけ, へ鉄砲, までいろんな, もお代がわり, も怖く, らしくない将軍家, をごしごし, を嘗め, を眼, 御不予, 御他界

▼ 将軍~ (51, 1.6%)

3 を辞し 2 についた, を拝

1 [44件] から追って, たるべき宣旨, ですあいての, でもあれ, という位, といえ, とか一国, としてはやれ, としてやれまい, として仰ぎ見ね, などというもの, につかるるやい, になりました, に就かれた, に就きたる, のお, のすべて, の位置, の名, の拝辞, の称号, は其, よりもとうとい, をお, をなげ出そう, をも辞退, をゆずり, を伜, を去り, を受け, を受けよう, を受ける, を嗣げり, を奉還, を承け継いだ, を投げ出そう, を持ちきれ, を朝廷, を紀州, を継いだ, を襲う, を辞した, を辞退, を退き

▼ 将軍さま~ (35, 1.1%)

8 のお 2 のご

1 [25件] おじきじき, から相撲, がお, がご, がたいそう, がひとり, がわしら, が召し上がる, が松平, でも, という者, ならこちら, になっ, になった, のうしろ, の垢, の御, の面前, の首, はお大, はこの, はもう, もすみ, をいいくるめ直そう, 御直配

▼ 将軍から~ (27, 0.8%)

2 して

1 [25件] そっと魏王, その女房, その権, むざんの死を, よく礼, 一通の, 何か, 使節への, 参りましても, 同じ趣旨, 奪う可, 強奪品を, 後に, 感状を, 慰労の, 手紙を, 百杖の, 盧君に, 直々御手許金を, 立派な, 計らずも, 貰った大名, 部下の, 鉤り, 鷹匠を

▼ 将軍吉宗~ (26, 0.8%)

2 が職, の時代

1 [22件] から特に, がまだ, が和漢, が微笑, が果して, たる源六郎, に仕え, に拝, の人となり, の命, の天文観測, の意, の考え, の若年時, の計略, の頃, はきょう, は堤, は紀州, は紀州侯頼宣, は紀州部屋, もあまり

▼ 将軍義昭~ (24, 0.7%)

1 [24件] がそこ, が彼, であった, としめしあわせ, にはとうとう, に扈従, に返した, のため, のとり, の宿舎, の密書, の小策, の府, の弱点, の扈従細川藤孝, の没落, の親書, の運命, は近畿, をたすけ, をはじめ, を立て, を責め, を駆逐

▼ 将軍~ (21, 0.6%)

1 [21件] あらゆる旧態人, アインシュタインや, フリリオン将軍などの, 偉大なる, 兵営の, 勲功者へ, 参謀たちの, 大名に, 大官の, 指揮官らは, 提督どもに, 政治家も, 文官たちが, 昔の, 木川子や, 画家の, 管領を, 鉱山主を, 頑将を, 顧問官は, 顧問官も

▼ 将軍には~ (19, 0.6%)

1 [19件] あえなく息, ご不満, ただ今どういう, どう思われる, なぜいつ, ナイショナイショ, 中宮亮通盛都合その, 事実五十人の, 何故か泣い, 先に, 呉の, 少しも, 帝国軍人の, 御出港, 曹操の, 正しい理由, 注意する, 縁故が, 血気に

▼ 将軍~ (19, 0.6%)

2 眼を

1 [17件] いった, お杯, さしあげても, なら身, 今生の, 付くか, 使を, 出した事, 向けましょう, 向って, 差出した白石, 意見を, 杯を, 献上した, 献上する, 献上に, 詰問した

▼ 将軍たち~ (18, 0.6%)

1 [18件] がてんでに, が面, と共にコノール, にも田宅, に尋ねた, の名, の方, の肖像画, の逸楽, はさき, はぶつぶつがやがや, はまた, は同じ, は大, は奨励, は腕, をはじめ皇叔一族, を退場

▼ 将軍秀忠~ (17, 0.5%)

1 [17件] が上洛, が政宗, が江戸, が移り, にも気, に嫁い, に忠明, の夫人, の如き, の息竹千代, の愛女, の慶安年中, の江戸, の第, の養女, はこの, を繞

▼ 将軍綱吉~ (17, 0.5%)

3 に謁見

1 [14件] が云い出した, が住む, が戌年生れ, と黄門, に至つて, の一存, の世, の乳母, の殺生禁断, の知遇, の逆上, は聡明, も驚い, やその

▼ 将軍として~ (16, 0.5%)

1 [16件] また十八代目, ようお, 健在であった, 兵を, 十万の, 十余年後の, 奉戴し, 政を, 政治の, 東征せし, 武勲を, 漸く御, 生まれついて, 用いられいま徐晃, 納まるなら自分, 迎えた

▼ 将軍夫人~ (16, 0.5%)

1 [16件] から残された, から譲られ, がかんかん, が不意, が彼ら, が硯水, が祝福, だけであった, などという言葉, の実, の居間, の手もと, はにっと, はみずから, は馬車, もほどなく

▼ 将軍とは~ (15, 0.5%)

1 [15件] おれの, すでに義理, だいぶ違う, ちがうよう, もう疾, 一回の, 切っても, 呼びむかえられました, 思いも, 情あり, 東京で, 爾汝の, 知らずに, 義理ある, 血を

▼ 将軍家斉~ (15, 0.5%)

2 の末

1 [13件] には五十幾人, に懇望, に謁見, のお気に入り, の娘, の寛政, の岳父, の時代, の濫倫, の眼, は死せり, は源頼朝, は風流人

▼ 将軍~ (14, 0.4%)

2 の木像

1 [12件] が国王, が木像, が雷電, の前, の子孫, の策略, の軍国切手, は明らか, も皆, をなかんずく, を招いた, を買い得た

▼ 将軍という~ (12, 0.4%)

2 のは 1 いかめしい肩書, お方は, のが, みえとは, ものが, ような, ように, 名を, 神様が, 順に

▼ 将軍たる~ (11, 0.3%)

2 ものが 1 ことは, に愧ぢ, の地, の御, ジューベールが, 吉宗自身の, 徳川政府最後の, 武装を, 能は

▼ 将軍では~ (11, 0.3%)

3 ない 2 ないか 1 ありませんか, ある, ないこと, なかった, なかつた, なくして

▼ 将軍夫妻~ (11, 0.3%)

1 [11件] で余, に作った, の感想, の殉死, は今し方, は生前顔, は篠原良平, は良平, は読んだ, をとり囲む, 程死花

▼ 将軍~ (10, 0.3%)

1 からウッカリ, が, といふ, とかリオーテ, とか天下, などと言, などと言われ, のという, のに, のになつて

▼ 将軍~ (10, 0.3%)

1 あつた, あらうの, おどけ唄の, すらが丁髷, ピナンという, 他は, 孫韶字を, 拳固で, 李緒と, 私の

▼ 将軍~ (10, 0.3%)

1 が心ならずも, が戦線, と同じ, と歓談, に対しても勝利, のよう, はみんな保身, は俄, は士官学校出, は戦

▼ 将軍~ (9, 0.3%)

1 じきの, 娘様も, 手直しの, 手直し役浅利又七郎に, 膝元で, 膝元の, 膝元八百万石の, 起きなさい, 身も

▼ 将軍との~ (9, 0.3%)

1 あいだに, おわだかまり, ご父子, 名分を, 埋葬地と, 御密談, 旧交を, 親密な, 間に

▼ 将軍にも~ (9, 0.3%)

1 あなたの, せっきょう, そのまま刃びき, 休息を, 似あわしくない, 劣らなかった, 成れた俺, 無断で, 面謁し

▼ 将軍義輝~ (9, 0.3%)

1 から一字, が弑, と一夜雪見, の天文二十二年, は松永弾正, を介し, を弑し, を弑逆, を殺した

▼ 将軍たり~ (7, 0.2%)

2 しは 1 あるいは下野守, しこと, といつ, とも乱す, もしくは下野守たる

▼ 将軍より~ (7, 0.2%)

1 いっそう強く, すでに三世, 一字を, 上奏する, 下は, 来示に, 許されて

▼ 将軍~ (7, 0.2%)

1 みずから送りに, 上覧の, 上陸の, 他界の, 夫人です, 膝元で, 親発と

▼ 将軍時代~ (7, 0.2%)

1 からの煤, には今, に出来た, に輩出, の古墳群, の絵, を思わせる

▼ 将軍義政~ (7, 0.2%)

1 が東軍, が赤松教祐, で秕政, に事え, の花, の頃, は政治

▼ 将軍自身~ (7, 0.2%)

1 から直接, が死一等, にももはや, に仰せ付けられた, に判, のささやき, の出御

▼ 将軍上洛~ (6, 0.2%)

2 の日 1 の前触れ, の導従, の時, 諸藩

▼ 将軍宣下~ (6, 0.2%)

1 があった, があつ, と共に徳川幕下, の大, をする, を求め

▼ 将軍~ (6, 0.2%)

1 が何者, が切腹, が尚生, が面, に少し, は多い

▼ 将軍であった~ (5, 0.2%)

1 が機略, ことも, としか考えられなかった, 三浦忠通という, 後ろに

▼ 将軍吉宗公~ (5, 0.2%)

1 のお, の側近中, の御, を胸, ニッコリ微笑

▼ 将軍~ (5, 0.2%)

1 が居並んだ, と外交的意味, のうち, は大体それ, を左右

▼ 将軍義尚~ (5, 0.2%)

1 が健気, に治国, のため, の御, の母

▼ 将軍でも~ (4, 0.1%)

1 将軍御所には, 必ず暴れ, 迎える様, 道に

▼ 将軍といふ~ (4, 0.1%)

1 ものは, やうに, 有難くも, 立場が

▼ 将軍とも~ (4, 0.1%)

1 あるべきもの, 云われた者, 互角の, 言われた安東氏

▼ 将軍などと~ (4, 0.1%)

1 言はれる, 言われるよう, 許されるやう, 評されるよう

▼ 将軍などの~ (4, 0.1%)

2 矮人連が 1 住宅は, 邸を

▼ 将軍に対して~ (4, 0.1%)

1 刃傷沙汰に, 十分強硬なる, 同情と, 坐し額

▼ 将軍らしい~ (4, 0.1%)

1 お好み, 威容を, 得意な, 顔に

▼ 将軍上覧角力~ (4, 0.1%)

1 であり其年大阪, の時, の際, より前

▼ 将軍~ (4, 0.1%)

1 が音, といっ, の起こりでございます, を山づたいに

▼ 将軍大名~ (4, 0.1%)

1 といえ, に愛せられ, の雑役, を学ん

▼ 将軍~ (4, 0.1%)

1 城の, 城亭侯に, 城亭侯予州の, 城亭侯領は

▼ 将軍~ (4, 0.1%)

1 朝などは, 朝のみ, 朝は, 朝公大

▼ 将軍御所~ (4, 0.1%)

1 といっ, にはちがい, の空気, は義詮

▼ 将軍徳川家茂~ (4, 0.1%)

1 が上洛, に報ぜ, に扈随, は柏軒

▼ 将軍慶喜~ (4, 0.1%)

1 に奉らしめ, の政務, はあ, は寛永寺

▼ 将軍慶喜公~ (4, 0.1%)

1 すら含蓄, に謁見, は江戸, まずすすん

▼ 将軍義教~ (4, 0.1%)

1 に及ぶ, は重臣赤松満祐, を弑し, を弑した

▼ 将軍義満~ (4, 0.1%)

1 に仕え, の代, の前, はすでに

▼ 将軍顕家~ (4, 0.1%)

1 とともにみちのく, のけなげ, のみが駈けつけ, の首

▼ 将軍あなた~ (3, 0.1%)

1 はやり, は今度, は天命

▼ 将軍および~ (3, 0.1%)

1 その他に, その臣隷, 成安侯韓延年の

▼ 将軍この~ (3, 0.1%)

1 捨身処の, 街にも, 青二才に

▼ 将軍すでに~ (3, 0.1%)

1 お忘れありし, 薨じ, 酔えりと

▼ 将軍である~ (3, 0.1%)

1 か, ぞ, よりもむしろ

▼ 将軍です~ (3, 0.1%)

21 って

▼ 将軍と共に~ (3, 0.1%)

1 帷幄の, 方家へ, 汽車を

▼ 将軍などは~ (3, 0.1%)

1 その過ち, それに, 十五年にわたって

▼ 将軍よりも~ (3, 0.1%)

1 さらに権, 彼自身が, 斉彬だ

▼ 将軍をば~ (3, 0.1%)

1 まさかの時, 生きながらにも, 迎えましょうぞ

▼ 将軍以上~ (3, 0.1%)

1 に殺戮, のもの, の職位

▼ 将軍以来~ (3, 0.1%)

1 この寺, の名門, の海

▼ 将軍~ (3, 0.1%)

1 から叱咤, から馳, また厳

▼ 将軍吉宗様~ (3, 0.1%)

1 と大岡越前守, と尾張家, を中

▼ 将軍徳川家光~ (3, 0.1%)

1 の治世, は近臣十二名, を討っ

▼ 将軍徳川家斉~ (3, 0.1%)

1 の上覧角力, の命, の末

▼ 将軍忽ち~ (3, 0.1%)

1 岸の, 怪し気なる, 着のみ着のまま川の

▼ 将軍政府~ (3, 0.1%)

1 との間, に送った, は非常

▼ 将軍政治~ (3, 0.1%)

2 を悦ん 1 の行

▼ 将軍義仲~ (3, 0.1%)

1 の得意, の碑, も

▼ 将軍謁見~ (3, 0.1%)

1 が行なわれる, の時, を許された

▼ 将軍足利尊氏~ (3, 0.1%)

1 の執事, の縁者, の館

▼ 将軍~ (3, 0.1%)

1 の使者, の水浴小屋, を捨て

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 それともまた別, 管領か

▼ 将軍かの~ (2, 0.1%)

1 お成り, 徒の

▼ 将軍こそ~ (2, 0.1%)

1 如何なるお, 痛し痒しさだめし

▼ 将軍これ~ (2, 0.1%)

1 も呉国, を制せ

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 意見番として, 連枝

▼ 将軍さえ~ (2, 0.1%)

1 いない, 若い頃

▼ 将軍それ~ (2, 0.1%)

1 は無体, は誰

▼ 将軍だって~ (2, 0.1%)

1 字も, 柳沢次第の

▼ 将軍だろう~ (2, 0.1%)

1 と思った, な

▼ 将軍であり~ (2, 0.1%)

1 これは, ジュマップにては

▼ 将軍とか~ (2, 0.1%)

1 侍郎常, 大名とかが

▼ 将軍としての~ (2, 0.1%)

1 彼は, 徳川慶喜が

▼ 将軍とて~ (2, 0.1%)

1 おなじこと, まえとは

▼ 将軍どうか~ (2, 0.1%)

1 この馬骨, 首を

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 のか, んていう

▼ 将軍なども~ (2, 0.1%)

1 おった大尉, 加わって

▼ 将軍なら~ (2, 0.1%)

1 この泰軒, 一文も

▼ 将軍なり~ (2, 0.1%)

1 平羌将軍西寧侯, 老中なりに

▼ 将軍なる~ (2, 0.1%)

1 ものあり, ものも

▼ 将軍によって~ (2, 0.1%)

1 導かれたこの, 指揮され

▼ 将軍みずから~ (2, 0.1%)

1 なんで敵, も山

▼ 将軍みたい~ (2, 0.1%)

1 な服, な足取り

▼ 将軍むしろ~ (2, 0.1%)

1 摂政という, 摂政といふ

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 さらばである, 必ず出給う

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 だってせっかく, をばか

▼ 将軍公孫敖~ (2, 0.1%)

1 が西河, は騎一万歩三万

▼ 将軍南昌侯~ (2, 0.1%)

1 という身分, の印綬

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 まで与えられた, をうけ

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 が会わん, は武人

▼ 将軍家斉公~ (2, 0.1%)

1 とき, の享和二年三月十一日

▼ 将軍帰東~ (2, 0.1%)

1 の命, の沙汰

▼ 将軍幕府~ (2, 0.1%)

1 の創始, の政策

▼ 将軍弑逆~ (2, 0.1%)

1 という絶好, の謀叛人

▼ 将軍張飛~ (2, 0.1%)

1 だけを両側, のむす

▼ 将軍後者~ (2, 0.1%)

1 はナポレオン, は卑俗

▼ 将軍後見職~ (2, 0.1%)

1 に就いた, に越前春岳

▼ 将軍徐晃~ (2, 0.1%)

1 が国もと, の旗

▼ 将軍御前~ (2, 0.1%)

1 で万一, に技

▼ 将軍徳川慶喜~ (2, 0.1%)

1 が上野寛永寺, は戦わずし

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 と唱えまし, と称しまし

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

2 広利

▼ 将軍源頼家~ (2, 0.1%)

2 おみくじ

▼ 将軍源頼義~ (2, 0.1%)

1 の一族, 子義家

▼ 将軍直々~ (2, 0.1%)

1 の免職, の隠し目付

▼ 将軍直参~ (2, 0.1%)

1 の士, の宗徒

▼ 将軍直属~ (2, 0.1%)

1 の正規兵, の親衛軍

▼ 将軍直義~ (2, 0.1%)

1 とが焼け, のす

▼ 将軍秀忠公~ (2, 0.1%)

1 のご, の御

▼ 将軍秀郷~ (2, 0.1%)

1 の後, より八世秀栄

▼ 将軍綱吉公~ (2, 0.1%)

1 だナ, はこの

▼ 将軍義輝公~ (2, 0.1%)

1 を弑逆, を殺した

▼ 将軍職辞退~ (2, 0.1%)

1 の名, の聴許

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 承, 承の

▼ 将軍蔡陽~ (2, 0.1%)

1 の甥, はいった

▼ 将軍薨去~ (2, 0.1%)

1 につき土岐右京太夫, の後

▼ 将軍足利義輝~ (2, 0.1%)

1 に謁見, のあつかい

▼ 将軍辞職~ (2, 0.1%)

2 の真相

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

1 の並木, の桜並木

▼ 将軍還御~ (2, 0.1%)

1 のおり, の日

▼ 将軍霍去病~ (2, 0.1%)

1 がそれ, の武略

▼ 将軍頼朝~ (2, 0.1%)

1 も上洛, を怨む

▼ 将軍~ (2, 0.1%)

2 を下りなさい

▼ 将軍馬援~ (2, 0.1%)

1 という者, の子孫

▼1* [392件]

将軍あり而し, 将軍いかなる政治家も, 将軍お目見え以下の軽い, 将軍お立ちの時刻, 将軍からは陪臣の, 将軍からも特別に, 将軍きょうのこと, 将軍くらいの程度なら, 将軍ここを去る, 将軍へ江戸, 将軍さえも夜は, 将軍さま御用の残り裂, 将軍されば妾, 将軍しばらくそこに, 将軍じきじきのお, 将軍じゃったな, 将軍すぐお支度, 将軍すなわち常徳院殿の, 将軍すら一命を, 将軍そうきまったら直ちに, 将軍そこにお迎え, 将軍たちまち熱狂し, 将軍たらんとする, 将軍たるべし某は, 将軍たる者は三代家光, 将軍だけやる, 将軍だけがこの橋, 将軍だけは封侯は, 将軍だの参謀だ, 将軍待ちたまえ, 将軍づらにわび, 将軍であって征夷, 将軍であったなら矢張り生に, 将軍でなくても怒る, 将軍とがブュジョーは, 将軍とこそなるべきに, 将軍とても取り留めの, 将軍とではその典型, 将軍とでも形容したい, 将軍とやらは奸智に, 将軍どうです, 将軍どこへ行く, 将軍どものやすやす, 将軍なきことに, 将軍などどういう顔, 将軍などにはよくうなずかれる, 将軍などよりも僕等に, 将軍なにを窮する, 将軍ならずしてわ, 将軍ならびに右京大夫義時を, 将軍なんかにはやらない山口, 将軍なんで無言の, 将軍においては承諾し, 将軍においても遂に上洛, 将軍にさえその名, 将軍にたいして開国を, 将軍について京都へ, 将軍につき従って, 将軍にて一八二二年に, 将軍にでもつかまって, 将軍に対しての待遇すでに, 将軍に対しては摂関家以上の, 将軍に対してもお光り, 将軍に対する反逆については, 将軍に従って死を, 将軍のみでは, 将軍はじめ一同がそれ, 将軍はじめ満廷の慰み, 将軍はまがつた両足, 将軍はんのほか, 将軍へのかわりなき, 将軍へも改めて紹介, 将軍またこれを, 将軍またもや馬を, 将軍まで来て, 将軍までがこんな子供達, 将軍やらがいたが, 将軍よりのお手判, 将軍よろしいのです, 将軍らしく胸を, 将軍をのみなかまに, 将軍アーチストとアクター, 将軍ウヰルソンが或, 将軍オットセイと称し, 将軍キシさんの主人, 将軍コルンワリス将軍並びにアメリカ鎮守府, 将軍コルヴィルは時計, 将軍シーザーのご, 将軍ソンバーユーぢや, 将軍デクレスと数時間, 将軍デュエームはジュナップ, 将軍ビール二杯呑んだところ, 将軍ファシスト革命直後三年間の大臣, 将軍ラモットの液, 将軍ロバアト・ブラウニングに捧げし, 将軍ロボー伯に異議, 将軍一族に対しても或いは, 将軍三着は羅漢将軍, 将軍上洛中の京都, 将軍上洛二十一日一会桑暴に朝廷, 将軍上洛以前から勅命, 将軍上洛等の勅書, 将軍下半期の治世, 将軍不在に乗じ, 将軍世子に就ける, 将軍並びにアメリカ鎮守府の, 将軍九代の孫, 将軍予州の牧, 将軍二十四人のきれい, 将軍二度目の御, 将軍代って之, 将軍令旨も発し, 将軍以後の御, 将軍以来ここに三代, 将軍以来重恩をこうむっ, 将軍会稽の太守, 将軍を書く, 将軍につく, 将軍何ぞそれ迷う, 将軍何とてかくは, 将軍何事か, 将軍側衆としてその, 将軍兄弟を不意討ち, 将軍光秀を父, 将軍入洛以前にすでに, 将軍入港の報, 将軍八代様のお, 将軍八幡社に顔向け, 将軍公衆の安危, 将軍六名を軍法会議, 将軍兼薔薇作りの名人, 将軍にいらっしゃる, 将軍内廷の小刀庖丁, 将軍内方の兵, 将軍征に関する, 将軍凌操の子, 将軍出征に斧鉞, 将軍出征中の軍政府, 将軍別れて以来, 将軍剛力の遅々, 将軍劉予州ともある, 将軍劉備らしい, 将軍助平などといおう物, 将軍あり義あらバ, 将軍北畠殿よな, 将軍北畠顕家の名, 将軍卒爾なこと, 将軍南蛮を征, 将軍南陽の太守袁術, 将軍を造らせた, 将軍即ち第三, 将軍参内と称し, 将軍参内当日には祗候, 将軍参謀陸軍大臣等要路の大官, 将軍及び乃木家の, 将軍反り返り得意に, 将軍右都督に昇った, 将軍司馬懿と読まれた, 将軍吉備尾代の率いたる, 将軍吉宗公中川狩猟の時徒兵, 将軍吉宗徳川最後の将軍慶喜, 将軍吉宗蘭書の禁, 将軍吉岡信敬子日曜画報写真技師木川専介子本紙記者井沢衣水子それに病気揚句, 将軍同志の胸, 将軍呂将軍何とてかく, 将軍呉子蘭は小生, 将軍四着は走れ, 将軍国主郡司諸々の門閥, 将軍土方歳三とわたし, 将軍地公将軍とよばせ, 将軍地蔵の御堂, 将軍ではない, 将軍執事大名大名の下, 将軍墓参の旅, 将軍増祺との間, 将軍多く人命を, 将軍大いに憤慨し, 将軍大僧正三家三卿のほか, 将軍大兵を発し, 将軍大名小名旗本陪臣富豪巾着切りから女白浪, 将軍大名旗本武士公卿らの参加, 将軍大御所の肝, 将軍大政返上のとき, 将軍天来の吉報, 将軍太郎や仲光, 将軍太郎良門が美女丸, 将軍夫人コーリヤアグラーヤなどの性格, 将軍夫妻殉死の報, 将軍の待ちわび, 将軍姜叙だった, 将軍あり実力, 将軍嫡流の正統, 将軍安東氏を以て仮り, 将軍宗尊親王の御, 将軍定府の権限, 将軍宣下用掛を勤めた, 将軍宣下祝賀のため江戸表, 将軍の事蹟, 将軍家康は突然, 将軍家斉公全盛のとき, 将軍家斉軍職に在り, 将軍家継が僅八歳, 将軍寵姫の外戚, 将軍将軍天来の吉報, 将軍尊氏の恩徳, 将軍小金原に狩りし, 将軍寵は, 将軍居城の護衛兵, 将軍屑屋に払ったら, 将軍山賊を討つ, 将軍山頂に便, 将軍岑威はこの, 将軍左金吾禅室さまの三男若君, 将軍師範であった十兵衛三厳, 将軍へ目礼, 将軍幕下のひとり, 将軍平維茂の郎等太郎介, 将軍平良将である, 将軍に坐ろう, 将軍建功侯に封じた, 将軍廿一日参内其朝大久保尹君に論じ, 将軍式スパルタ式の猛, 将軍張勲は徐州大路, 将軍征討の時代, 将軍待ち給え, 将軍後見職一橋慶喜が一網打尽的弾圧政策, 将軍徐盛だった, 将軍従四位となし, 将軍従四位下或は従五位下, 将軍御召馬のうわさ, 将軍御意を得申す, 将軍御用の御, 将軍御車より降り, 将軍徳川家慶の薨去, 将軍徳川家治の在職十九年, 将軍徳川藩に代っ, 将軍必らずしも軍務, 将軍快哉を叫ん, 将軍思へらく氈一枚を, 将軍惟任日向守が地盤, 将軍慶喜東帰して, 将軍慶喜水戸烈公徳川時代第一, 将軍懐良親王を奉じ, 将軍所在地となる, 将軍拝賀に出る, 将軍振りを見せ, 将軍控えたれど誰一人, 将軍擁立の民衆行列, 将軍政宗公がお, 将軍は遂に, 将軍文官たちに心から, 将軍文官美人奴婢家畜などの風俗的生活, 将軍文恭公は徳川家斉, 将軍亭侯張飛, 将軍とは比較, 将軍の竿頭, 将軍早くも胸つき八丁, 将軍早速談判し, 将軍として光, 将軍時代彼は非常, 将軍時分に酒井讃岐守忠勝, 将軍晩年の愛妾, 将軍最初の上洛, 将軍最後に増上寺, 将軍然を, 将軍朱讃であった, 将軍李広の驍名, 将軍来る羽将軍来る, 将軍東征の時, 将軍東莱侯に封じ, 将軍駒場の, 将軍次に銀の, 将軍武器をお, 将軍殺さるる三日前に, 将軍殿下の御, 将軍決して玄徳は, 将軍浴場内に大の字, 将軍恭院殿, 将軍源九郎義経は其慣用手段, 将軍源頼義義家奥州征伐等の言葉, 将軍濡鼠のごとくなっ, 将軍火事頭巾の残り裂, 将軍牙営の地, 将軍独りが男子, 将軍独特の豚声一喝, 将軍独裁官田中ハ諸君ヲ山東ニマデヨコサシメタル田中ハ諸君, 将軍平に向い, 将軍王平待つこと, 将軍王平隊なの, 将軍寧を, 将軍田原藤太秀郷の末孫, 将軍田道はそれ, 将軍留守中の江戸話, 将軍疾くゆき給え, 将軍のこと, 将軍的スローガン尊王攘夷はたちまち, 将軍的念慮から結合, 将軍の虎, 将軍真先に軍歌, 将軍矍然たり衆みな黙然, 将軍知盛によつて, 将軍秀忠三代家光相ついでの, 将軍空前の大, 将軍等髭面抱えて, 将軍にくだもの, 将軍糜竺青衣侯尚挙, 将軍古佐美, 将軍紅毛人の衆, 将軍のもの, 将軍絶対主義は勤皇思想, 将軍継嗣問題と通商条約問題, 将軍継嗣問題以来苦しい反目, 将軍継嗣論の未だ, 将軍継承問題では水戸, 将軍維茂ではない, 将軍綱吉侯は, 将軍羅漢将軍の未, 将軍羅漢将軍等髭面抱えて, 将軍義仲公より連綿, 将軍義持の医師, 将軍義政さまから戴いた, 将軍義昭公は諸国, 将軍義晴の天文十一年, 将軍義澄の叔母, 将軍義詮のもとめ, 将軍義輝公伊勢国司北畠具教で後年柳生但馬守, 将軍考えたは金, 将軍職云云の御, 将軍職名は頼朝, 将軍職立候補と時, 将軍臥虎を射, 将軍臨場の時, 将軍臨幸のやぶさめ, 将軍自らは薄暗い, 将軍自ら会見する先例, 将軍自ら兵士に下り, 将軍自体にとっては太平楽, 将軍良将が子, 将軍董禧征西将軍薛則の二手, 将軍薛則の二手, 将軍薨去前後の事情, 将軍藤原保則乱を平げ, 将軍藤原清衡が奥州, 将軍藺欽をつかわし, 将軍を狩り, 将軍衣水子木川子これから日本海沿岸, 将軍補佐の任, 将軍西国より御, 将軍親征の計画, 将軍親政の手始め, 将軍親藩の主, 将軍誕生の間, 将軍警備のこと, 将軍警護の名目, 将軍を斬る, 将軍豪興人猶記, 将軍貞盛宣旨を蒙るによつ, 将軍費亭侯に封じ給う, 将軍賈綰の秘書, 将軍賈逵が訪ね, 将軍賢慮し給え, 将軍足利義政の奨励, 将軍足利義晴より諱字, 将軍足利義満の保護, 将軍足利義稙より偏諱, 将軍のほう, 将軍進発の当時, 将軍進発当時の米価, 将軍都亭侯に高覧, 将軍酔臥未全醒, 将軍金井半兵衛正国がずっと, 将軍長病で治らなかった, 将軍関羽右将軍張飛だけを両側, 将軍となる, 将軍陣中にあっ, 将軍遜を, 将軍雷同将軍なども加わっ, 将軍あらば, 将軍霊廟造営に際して工事費支払場所, 将軍韓遂からそっと, 将軍領司隷校尉に叙封, 将軍頼家は富士, 将軍頼家公はそれ, 将軍頼経を立てよう, 将軍わくば, 将軍馬岱が一軍, 将軍高翔を大将, 将軍髯面を突出, 将軍魏延とともに漢中, 将軍鷹狩のひとつ, 将軍麾下の騎兵, 将軍BARでさえ農民