青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「将校~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~対象 対象~ 寿~ 封~ 封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~
将校~
将軍~ 将軍家~ 将門~ 尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ 尊重~ ~尋ね 尋ね~

「将校~」 1182, 13ppm, 8619位

▼ 将校~ (202, 17.1%)

9 いって 8 いった 5 言った 3 旅行者の 2 兵士に, 叫んだ, 叫んで, 旅行者を, 無言の, 血の, 装置の, 黙々と肯く

1 [161件] いうと, いっそう迫っ, いとも優雅, いよいよ全般的, うなずきながら, かう云, かう彼, きっとあなた, このうるさい, この児猫, この度, この突然, この言葉, さわられるの, しきりに自分, しばりつけられる必要, すぐに, すでに機械, その前, その占拠地, その口元, その文句, その殆, その男, その言い, その軍服, それっきりいちども, それを, そんなこと, たえずわき, だんだんと, ちょうど骨, ちらりと頬, どきどきする, どんな突発事故, なおも語, ひとりごとを, ふくれつ面, ふたたびいっ, ふたたび叫んだ, ふたたび梯子, ふらふらと, ほかにも, ほんのちょっと, まだヴアルス, もうわかった, もう一度いった, もう受刑者, ようよう腕, わたしたちの, アンジョーラに, キツチナアが, テレかくし, フクシ大尉だろう, ポカンと, ルナアト・パリヤアニと, 一人一人連れ去られました, 一体だれ, 一般に, 上の, 不審さうに眉を, 主婦に, 互いに相手, 今や完全, 今度の, 今自分, 低くつぶやいた, 何度か, 余りにも, 便衣隊に, 倶楽部で, 優しく明子, 元気で, 全く彼女, 全部列席し, 兵士に対しては, 剣の, 双眼鏡から, 受刑者に, 叱咤した, 呪いの, 呶鳴った, 呶鳴りたてた, 命令を, 営外に, 図引きを, 外の, 夢中に, 大きく肯い, 大刀の, 大切に, 大喜び, 嬉しさ, 実戦の, 小首を, 少なくともいくら, 巧に, 希望通りに, 強ひ, 強右衛門の, 彼には, 彼の, 彼女が, 彼女を, 微笑し, 忠誠でない, 急いで, 急に, 悠々と, 懇, 敬礼し, 明子と, 明子に, 最初に, 最後に, 梯子の, 構内が, 機械を, 欄干に, 毎日製氷公司で, 生徒の, 皆の, 目を, 直立不動の, 相不変微笑, 相手が, 眼玉を, 社会の, 私たちの, 私の, 穴や, 米だった, 米国婦人の, 羞らいぎみに, 老人に, 老人の, 肯いて, 腰を, 腹の, 苦力と, 苦力の, 裸で, 見に, 見出さなかったの, 解せぬといふ, 言葉を, 誰人です, 調査旅行者に, 軍事学を, 部下を, 重そう, 野球の, 長谷部大尉だった, 頬の, 額に, 飛行甲板なり, 飛行隊付の, 驚いたよう, 驚いて, 鶏の, 黙々と立去

▼ 将校~ (200, 16.9%)

4 訓示を 3 ほうに 2 ような, ように, 一人が, 一人は, 声が, 姿を, 方が, 服装を, 顔を, 首が

1 [173件] あとに, あとを, あること, いうこと, うちでも, うちにも, うち数名は, お話は, お説教, かたくなな, しわざ, しわざが俺等に, すぐうしろ, すすめに, そばへ, ためなり, ために, ための, ちょっとした上陸, ところへ, なかで, なかに, なかには, はくやう, ひろって, ほうは, もとにて, やうでした, やうな, やうな乾いた, ピストルの, 一人, 一人だった, 一人に, 一団と, 一団にたいして, 一団に対して, 両足に, 両足を, 中でも, 中の, 乗って, 五本の, 人が, 佩剣も, 侘住いである, 個人に関する, 内で, 内に, 内ぶところ, 制服とか, 前で, 前へ, 剣が, 動きも, 区別は, 友人らは, 古外套, 古手だ, 叫人が, 合図によって, 名なども, 名を, 告白小説の, 命令で, 命令であった, 命令書なぞを, 城下に, 堀大尉も, 大きなから, 太い声, 夫人が, 夫人は, 夫人同伴は, 夫妻だけ, 奥さんの, 女房達は, 妻であった, 姿が, 姿などが, 子供臭, 宅の, 官舎と, 家庭にも, 帰つた後で, 帽子だった, 平民化が, 引延しの, 当番たちが, 影は, 彼に, 往き来が, 後姿を, 怒った叫び声, 息子であった, 惨酷, 意を, 持物に, 採用については, 損失は, 数の, 方々が, 方々に, 方々は, 方々を, 方で, 方に, 方へ, 方への, 方を, 方曾根少佐と, 日に, 曾根少佐が, 曾根少佐だった, 服を, 未亡人といふ, 死体を, 殴るの, 気に入るよう, 気まぐれに, 犠牲の, 独占であった, 玉葱の, 皆様がたに, 盛な, 眼が, 眼にも, 私生活を, 純情さの, 職務, 肖像を, 肩から, 肩書きを, 肩章に, 肩章を, 自白に, 行動である, 視線も, 言ふ, 言葉が, 言葉に, 話が, 話に, 説明に, 諸陰謀事件, 蹶起侵略戦争に, 身を, 身体を, 身分だった, 身辺で, 軍刀の, 軍服であり, 軍服軍帽をも, 転身とは, 連れて, 部下みた, 部類で, 銃の, 銃先から, 間には, 階級によって, 集まって, 集会所へ, 面さげ, 面目にも, 頭の, 頭は, 頭を, 顔から, 顔であった, 顔の, 顔面筋肉が, 養成制度について

▼ 将校~ (170, 14.4%)

2 ある, いた, いった, 一人の, 二人の, 君の, 声を, 来て, 私の

1 [152件] あった, あつまって, ありました, あるかと, いくたりか, いたら人間, おいて, お前が, かけて, こつこつと, この機械, この船, しきりに自分, すがりついて, すぐさま格納庫, ずらりと並ん, そいつらだけでも, その五六人, その出ばり, その機械, その言, その言葉, それを, ちょうど指さし, ふたり一人は, ほとんど全部, また自分, もう自分自身, やってきた, やろうと, わが隊長, イヤと, エリオットである, パラシュートを, フランス語で, 一々号令, 一一指点し, 一人佩剣を, 一切の, 下士や, 両手の, 中将に, 主動者に, 乗って, 乗り込んだ, 予想し, 二三人参観に, 二三人残つとるらしい, 二人中央の, 二人乗った, 二人立つ, 二人続い, 二人門の, 云いこめられて, 五六人その, 今度結婚したい, 今日此処を, 何か, 何人かいた, 何人とかが, 何人私たちに, 何処からか, 侮辱を, 僕の, 僕を, 入って, 全身を, 其の私行, 出て, 制定した, 剣を, 十九人も, 単純な, 占領する, 同伴せる, 四五人やって来た, 四五人来, 報告を, 多かった, 大てい奥さん, 夫婦相談の, 如何に, 嬉しそう, 完全に, 尋ねた, 小説か, 屹と, 廊下を, 彼女を, 念の, 戦死し, 手を, 指さしたとき, 揚々として, 数名集まり, 文王に, 旅行者の, 日本の, 日本軍と, 最近仏蘭西軍の, 棒や, 椅子に, 横の, 次官を, 歩卒を, 火に, 猿の, 現場に, 瓜で, 生徒を, 直接行動による, 相次いで, 私に, 私を, 穏かな, 突然は, 立ち上がった, 米軍の, 粗末な, 絶叫した, 続いて, 耐えかねたよう, 胸に, 膝を, 自動小銃を, 自動車事故で, 自己の, 華やかな, 表庭, 襲撃の, 西部戦線の, 見事な, 訊いた, 語るの, 負傷し, 路の, 軍刀の, 軍刀を, 近づいて, 這入って, 通るの, 進み出て, 運よく, 道路を, 銃に, 長い剣, 非常に, 顔を, 食う飯, 首から, 首でも, 馬を

▼ 将校~ (68, 5.8%)

2 なったり, 検べ

1 [64件] あいさつし, あったら敬礼, いう, お上手を, きいた話, ご希望, ご苦労を, しかと道, すぎない彼, すぎない藤吉郎, とりまかれた首相, なったのち, なったんで, なった後, なつた, なりたいん, なる, なるつもり, なると, もってこいの, 仏語を, 仕上げる期間, 代表され, 任命する, 会い七名分, 会った時, 会わせて, 助けて, 勲章や, 同感した, 向って, 呼ばれたと, 呼ばれたん, 命令され, 命令する, 好意の, 対って, 対つて話しかける, 少なからぬ, 引率され, 抱擁される, 挨拶した, 敬意を, 昇進し, 殺されたとも, 比すればかへ, 渡しそして, 渡して, 準じ乙, 準ずべきか, 男が, 異ならずしかも, 脅かされながら, 至っては, 落度が, 見せた, 見つかって, 見られた, 見られるよう, 話して, 語らせて, 起って, 近づき難い, 重傷を

▼ 将校たち~ (63, 5.3%)

2 と同じ, はさすが, もすぐ

1 [57件] がこと, がそれぞれ馬, がてんでに, がやや, がワルシャワ, が今度, が例へば, が嫉妬, が小, とこの, と別れ, にも同様, に詰めよられた, のあいだ, のこと, のどの, の中, の大声, の夫人, の姿, の手のうち, の気焔, の群, の脳裡, の行動, の酒宴, の間, の顔, はいずれ, はこんな, はする, はその, はスミス中佐, は上, は上り坂, は互に, は何れ, は僕等, は右, は外国, は急, は恭しく, は明日, は曹操, は流民, は焼け, は色, は遠い, は顔色, は飲まず, も大, も大勢, も黙っ, よりよくも, をこの, を保有, を意気地

▼ 将校~ (49, 4.1%)

2 任命する, 見て, 長と, 陶鋳すべき

1 [41件] さえ実に, してたこと, しばりつけるため, その部, たんとぶち込ん, のせて, ひきつれて, ふりかえった, みんなひとつところに, ピストルで, マリユスの, 一緒に, 中心と, 亡いしごとく, 仆し, 先頭に, 出しまた, 出迎えたの, 初め兵士達も, 前に, 受け入れるのに, 呼んだ, 宇治は, 床几の, 志願し, 手提鞄か, 手玉に, 抑えること, 招聘し, 捜し出して, 撲り返したが, 殴りつけそう, 殺したという, 派遣し, 球突に, 相手に, 見た時, 見つめて, 見上げた, 討ち取るという, 退屈させ

▼ 将校~ (35, 3.0%)

2 一人の, 一緒に, 大きな茶, 旅行者との

1 [27件] いうよりも, その随員, ほとんど接触, まったく同じ, やったこと, 下士だけじゃ, 争論し, 二人の, 云いあって, 云うもの, 兵を, 婦人とで, 強制的に, 来たらこんな, 海兵隊を, 百十二人の, 眠りながら, 組んで, 結婚する, 美人との, 老将軍, 腕を, 見て, 話を, 赤十字看護婦の, 輜重隊の, 雖も

▼ 将校~ (29, 2.5%)

1 [29件] がマルクス, が夫人がた, が来る, が話し, が通され, が集っ, が飲, で別, と日増しに, などはまるで, のほう, の睡, の間, の風評, はいつ, はだんだん, はどう, は二派, は大, は大広間, は将校連, は庭, は服装, は笑い, もいつの間にか, も時々, も皆流石, を相手, を議論

▼ 将校~ (23, 1.9%)

2 兵も

1 [21件] あった, あるという, いた, それ以上の, たまらずに, なく将軍, やはり自分, われらも, 一人二人は, 下士官も, 俳優も, 兵士の, 兵士も, 君の, 園丁も, 徒弟ポンメルシーの, 操縦の, 正視する, 母親も, 海兵隊も, 負傷者の

▼ 将校~ (19, 1.6%)

1 [19件] からこの, が中心, が沢山, が詰めかけ, との関係, にはこれ, に会わせない, のいからした, のもの, の宿舎, はその, はぞろぞろ, は丘, は二人, は多分, は奇声, は猿, は顔, を怒らせた

▼ 将校~ (18, 1.5%)

5 あつた

1 [13件] あなたの, いる間, せう, その報告, サイパンで, 今は, 体操の, 制服の, 始終留守, 日露戦争に, 相当な, 砲兵科の, 評論雑誌に

▼ 将校~ (17, 1.4%)

4 兵士が 2 兵卒の

1 [11件] たまには, カールや, テナー歌手や, 下士や, 下士卒は, 兵卒, 兵士たちが, 兵士の, 兵士も, 卒伍の, 士官候補生が

▼ 将校リーロフ~ (11, 0.9%)

2 なの 1 がすっかり, という名, のこと, の両人, はどう, はソビエト連邦, はピストル両手, は一さい, も空中

▼ 将校~ (10, 0.8%)

1 から贈られた, が月桂樹, に声, に案内者, の傲慢, の悲壮, の間, は大, は敵, は皆悪徳

▼ 将校マント~ (10, 0.8%)

2 のよう 1 にステッソン, に身, の軍人, をかぶっ, を持っ, を着せ, を着た, を貰

▼ 将校集会所~ (10, 0.8%)

1 だった, であつ, で恐ろしい, で最上時代以後秋元家修築前, で玉, の企てた, の入浴場, の広間, の食堂, を振りだし

▼ 将校から~ (9, 0.8%)

1 そむけようと, 一通の, 報告が, 多量の, 明日新, 聞いた話, 聞かされた, 調べられた時, 贈られたもの

▼ 将校として~ (9, 0.8%)

1 一応無電器械, 信輝の, 分列式の, 大陸に, 最も名誉, 最近まで, 札幌在任中に, 江南の, 部下が

▼ 将校~ (8, 0.7%)

2 は何, は黙許 1 から十五円, にいった, にいつた, の御

▼ 将校である~ (7, 0.6%)

1 ことを, ということ, とも言われ, と思っ, ばかりに斬, 大高が, 彼は

▼ 将校~ (6, 0.5%)

1 からね, から僕, しフン大尉, な, ね, もし相当

▼ 将校行李~ (6, 0.5%)

1 にしまっ, に入れ, の上, の中, の数, の蓋

▼ 将校には~ (5, 0.4%)

1 いくら腐敗, おとどけし, 前もってこの, 珍らしい, 途上や

▼ 将校~ (5, 0.4%)

1 だ, で自ら補充, の決意, の銓衡会議, は思わず

▼ 将校さん~ (4, 0.3%)

1 がた, だってそんなに, ででもあれ, の説明

▼ 将校とは~ (4, 0.3%)

1 まるで違う, やはり腕, 云ひ合せた, 校長県当局ほど

▼ 将校に対する~ (4, 0.3%)

1 あわれみの, もの, 感情を, 新しい憎悪

▼ 将校カワカミ~ (4, 0.3%)

1 が化け, じゃない, だったの, らしい男

▼ 将校斥候~ (4, 0.3%)

1 から報告, になっ, はロシヤ人, をあえて

▼ 将校であった~ (3, 0.3%)

1 からその, が或, 為めに

▼ 将校としての~ (3, 0.3%)

1 あの御, お立場, わしの

▼ 将校~ (3, 0.3%)

2 んです 1 ので彼ら

▼ 将校らしい~ (3, 0.3%)

1 のが, 人が, 様子を

▼ 将校下士~ (3, 0.3%)

1 およびロンドン市民, の前, を従え

▼ 将校~ (3, 0.3%)

1 からそんな, で煙草, へ案内

▼ 将校時代~ (3, 0.3%)

1 からずいぶん, すでに箕作城, のトルストイ

▼ 将校~ (3, 0.3%)

1 などにも綺麗, に似, をつけた

▼ 将校諸君~ (3, 0.3%)

1 といえ, の寛恕, を見

▼ 将校連中~ (3, 0.3%)

1 が或いは, はなんと, を招待

▼ 将校~ (2, 0.2%)

1 あるいは代議士, 或は知らない

▼ 将校たる~ (2, 0.2%)

1 すべての, 彼の

▼ 将校です~ (2, 0.2%)

1 から, わ

▼ 将校でも~ (2, 0.2%)

1 あんな風, フロリアン

▼ 将校とが~ (2, 0.2%)

1 いつの間にか儼然, 云い合って

▼ 将校としては~ (2, 0.2%)

1 自然である, 騎兵隊と

▼ 将校などを~ (2, 0.2%)

1 中心と, 道案内に

▼ 将校なら~ (2, 0.2%)

1 おれも, 君の

▼ 将校なる~ (2, 0.2%)

1 ものは, 主人の

▼ 将校にすら~ (2, 0.2%)

2 なろうという

▼ 将校によって~ (2, 0.2%)

1 五・一五事件が, 書かれた

▼ 将校~ (2, 0.2%)

1 あの折シヨペンハウエル, 立派な

▼ 将校より~ (2, 0.2%)

1 さきに, もっと達者

▼ 将校上り~ (2, 0.2%)

1 が, が感

▼ 将校下士官兵~ (2, 0.2%)

1 とそれぞれ, の一隊

▼ 将校~ (2, 0.2%)

1 では, 第一

▼ 将校団員~ (2, 0.2%)

1 の気に入らない, は将校団

▼ 将校教育~ (2, 0.2%)

1 の成果, をうけた

▼ 将校~ (2, 0.2%)

1 をおう, を逐う

▼ 将校~ (2, 0.2%)

1 のバンド, の料理屋

▼ 将校百三十余人~ (2, 0.2%)

1 のうち, の中

▼ 将校~ (2, 0.2%)

1 の立っ, も見えた

▼1* [99件]

将校あるいは双眼鏡を, 将校からの報告であります, 将校じつに残念な, 将校じゃなかね, 将校そっくりだな, 将校そのあとから, 将校その他が進ん, 将校たるべき者を, 将校だけでも細江左馬介浅井斎狩野次郎左衛門兄弟弓削六郎左衛門浅井雅楽助今村掃部黒崎備中等々, 将校だけにしかわからない, 将校だったともいう, 将校だって何だって, 将校だの憲兵警察関係の, 将校って普通の, 将校であってその, 将校でありしかも相当, 将校であれば少し, 将校でしかない, 将校では召集直後到底, 将校という将校が, 将校としか思われない風采, 将校とともに露台上手へ, 将校との対立は, 将校などがなぜ彼ら, 将校なんかがどこかの, 将校にでも見つかると, 将校になつた後二三年前に, 将校にばかり胸の, 将校にも結婚を, 将校に対してほとんど敵意, 将校に対してさえ甚しく, 将校に対しては無限の, 将校ばか者従兄のテオデュール, 将校あるいは右側, 将校みたいなひと, 将校め何といふ不作法, 将校らしいきれるように, 将校ら首相官邸などを襲撃, 将校をもねらいその, 将校を以てこれを, 将校カンブロンヌによって指揮, 将校ジユリアン・ヴイオオの長逝, 将校ストラゾフと領事館付岡本警部, 将校フクシ大尉の失踪, 将校マクリイがそれ, 将校マントフロックモウニングシルクハット明治四十二年の紳士, 将校ヨリ庶民ニ至ル迄, 将校同列席, 将校一人露台上手から走り込ん, 将校一名下士官兵六名負傷は将校二名, 将校下士兵の各, 将校下士卒に対し本, 将校丸本少佐は何, 将校二名がこれこれ, 将校二名下士官兵二十二名飛行機の損害, 将校以下の者, 将校以下数名上陸いたし私儀, 将校候補生の繃帯, 将校偵察を放ち, 将校兵士が隊, 将校即ち夫に対して, 将校同士での打合せ, 将校同盟団いろいろの, 将校四人は田中東部軍管区司令官, 将校団銓衡会議を採用, 将校士卒であつ, 将校士官のうち, 将校夫人の肖像, 将校夫人がたは, 将校学生対教師のい, 将校官属を相せしめた, 将校官舎の如く, 将校対兵隊の馬鹿, 将校対座し山田耕筰氏, 将校幕僚教育に依り, 将校待遇だね, 将校必要なるべけれと, 将校慰安所を一人, 将校憲兵ファシストを中心, 将校敬礼っ, 将校数名と俳句, 将校木下藤吉郎の陣地, 将校の, 将校歩卒にいたる, 将校水中聴音機で探り, 将校洋袴を穿いた, 将校生徒として青年期, 将校生徒らは少く, 将校生徒訓育の系統的理論, 将校田島敬蔵中山良三相次いで, 将校等皆寇を失う, 将校紳商芸術家高級官吏たちとその, 将校羽柴筑前守秀吉は中国, 将校袂時計を出し見, 将校裁判官行政官など国王, 将校道楽的な裁判官, 将校階級がトラック, 将校馬蹄の響き, 将校鷹揚として一等室