青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「将~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

対~ ~対立 対立~ ~対象 対象~ 寿~ 封~ 封建~ 専門~ ~将
将~
~将来 将来~ 将校~ 将軍~ 将軍家~ 将門~ 尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~

「将~」 3469, 37ppm, 3088位

▼ 将~ (431, 12.4%)

10 首を 5 すがた 4 うちでも, ひとりが, ように, 一人が, 下に, 中に 3 うちから, うちに, 名を, 手に

2 [25件] あいだから, あいだへ, うちにも, ほかは, ような, 一人李, 下の, 中から, 中でも, 分際で, 動向分裂も, 口から, 多くは, 多くも, 女たちを, 妻なる, 姿が, 娘を, 子である, 安中三郎進は, 心に, 礼を, 端に, 賈, 面上には

1 [330件] あいだでは, あいだに, あいだにも, あとを, あらましも, いずれにも, いった声, いった言葉, いる座, うしろから, うしろ姿には, うちにすら, うちには, うちへも, うち二人は, かけひきなども, ぎらぎらした, ことで, ことばなど, ことばには, ことばを, ざんそに, その評, たれからも, たれもが, なかにも, なすこと, はたらき東夷皆, ひとり劉巴字は, ひとり柴田権六勝家が, ひとり桜甚助の, ひとり金環結と, ひとり鞏志という, ほかに, まえに, よくやる, 一人, 一人たる, 一人であった, 一人に, 一人を, 一人代々武功の, 一番首は, 一群であり, 三万余騎と, 三郎進に, 上に, 上席であった, 下勇卒なし, 下弱卒, 下弱卒は, 下強犬なし, 不平と, 不満へも, 不破広, 中で, 中では, 中にでも, 中の, 乃美元信は, 予言は, 人々が, 代官なぞ, 伝令などでは, 佐治新, 作戦巧妙を, 信念は, 信虎で, 像を, 児の, 党が, 兵では, 処置に, 出揃うの, 出来上がった時, 分際を, 利害に, 前に, 前へ, 前波三四郎, 前立物に, 功, 功に, 功労に, 勇威と, 勢力から, 原職に, 口を, 口述によって, 可否どんな, 叱咤では, 号令を, 号令一下を, 合い言葉と, 同心せざる, 名ある, 名だたる手勢手勢, 名は, 名よりも, 名作を, 向う所燕兵披靡す, 呂布であった, 呂布を, 呉蘭を, 命令を, 問に, 喝采を, 器量の, 四鬼神が, 域から, 塩田陸奥は, 墓を, 墓地が, 声が, 声として, 声を, 大勢という, 大部分, 天野刑部が, 太史慈, 夫人とは, 奥平貞昌は, 奮迅を, 如き仏体, 如く得々, 妻が, 妻を, 妻木範賢の, 姓名から, 姓名を, 姿なども, 姿を, 嫡子君前に, 子, 子じゃ, 子は, 守護職を, 宮毘羅仏の, 家庭生活を, 容子には, 封を, 小伜, 小山朝郷を, 山名時氏と, 山淵父子を, 岑威だった, 常雕, 幕下に, 平, 幽魂今は, 床几を, 弓矢の, 張燕を, 形を, 彫刻を, 待遇としては, 御幕下, 微妙な, 応酬ぶりである, 怪が, 意志が, 意思どおり前進を, 意見も, 愕然と, 感情は, 感情を, 感想を, 感激した, 憤りの, 憲政の, 戦に, 戦は, 戦略を, 戸部新左衛門は, 手を, 手並の, 手許へは, 指揮という, 指揮を, 指揮下に, 放れ駒, 救援軍を, 散在する, 整列する, 断腸の, 旗さし物を, 旗下たちだった, 日幡景親が, 旨を, 智を, 曠野の, 書いた詩歌, 書翰太閤の, 曹仁も, 最期のす, 朝倉景恒と, 木下殿より, 李粛であった, 来会を, 松田九郎兵衛と, 林重真も, 栄職に, 梶原景辰と, 楠木正成と, 標識に, 欠点だ, 欧陽, 武功を, 気もちには, 気数運命は, 気焔は, 決戦状とも, 沈黙には, 沈黙を, 法とか, 法なりとこそ, 清水宗治は, 清盛に, 激しこむ, 猛気, 生き恥に, 甲冑も, 発言も, 白髪を, 相続人として, 眉色も, 眸は, 眼から, 眼には, 眼は, 眼力を, 石田三成や, 神保氏張野々村主, 神心を, 秦朗も, 立場は, 竹馬抄だの, 策を, 簿を, 粟田刑部が, 終りも, 繁栄は, 群れに, 義貞は, 者へ, 職を, 肚として, 肚も, 肺腑に, 背でも, 胸には, 胸へ, 胸懐は, 自負心が, 荀攸は, 華雄は, 藤掛三河守と, 衆評は, 行方を, 装束が, 見せ物に, 見解には, 言ったこと, 言を, 言葉などには, 言葉に, 言行を, 討たれた数, 談話で, 論や, 諫言を, 資と, 賞賜せられた, 赤松円心は, 身に, 身を, 軍は, 輩だった, 逸るに, 運命は, 選考も, 遺産を, 邸宅も, 部下が, 部下どもは, 部署を, 部隊が, 都亭侯に, 配置と, 采配は, 重なる人々, 鎧で, 間から, 間で, 間に, 間には, 間の, 間へ, 閨房は, 陣に, 陣刀が, 陣気も, 陣羽織や, 陳守規は, 陳宮を, 隊に, 面に, 面には, 面上に, 面影が, 鞍に, 韓嵩は, 韓当が, 頭脳には, 頸に, 顔に, 顔は, 顔ぶれは, 顔も, 顔を, 顔色を, 類は, 首だった, 首は, 首級も, 首級を, 馬に, 高, 高坂弾正も, 魏延黄忠などに

▼ 将~ (410, 11.8%)

7 死せん, 死なんと 6 来らんと 4 して, 任ぜ 3 向って, 発せん, 相触れ, 興らんと, 達するに, 開かむとす

2 [25件] いった, たずねた, 亡びんと, 倒れんと, 兵を, 勃興せん, 動き出さうと, 動き出そうと, 口を, 囲まれた時, 尽きんとして, 成らんと, 敗れんと, 斯の, 暮れようと, 此の, 没せん, 消えようと, 溺れんと, 玄関を, 終ろうと, 至っては, 蕪せん, 諮った, 隧道の

1 [314件] あずけて, あとの, あとを, あらずんば, あるべきこと, いいつけて, いうべし, いう口調, いたらん, うち負かされる, おくれを, おさしずあらせられたよう, かく語る, かこまれると, くれんと, この夢, この稿, こぼれんと, これ大, こんな思い出, さういふもの, さっそく何, すぎない, せんと, その反対, その唇, その女房達, その心配, その策, その重石, それで, それを, たいし利, たかし, たずねて, つい頒, つかみかかって, とどまらず二十八部衆, ならんと, ひきいられた各, ひきいられひとたび, ひとしい扱い, ふきこぼれようと, ふれさせた, ふれて, まかせた, むかい, むくゆる, もの申す, ゆだねて, デュエットが, パスカルの, パルナスの, ヘタな, 一大転機を, 一転化しよう, 一転機を, 七十三の, 三十年を, 三閲月世上愛国の, 上洛し, 上賓の, 上陸せん, 下知し, 不平を, 与へるつもり, 乱れんと, 事あらむとするを告げたるが, 云った, 云ふべし, 五千の, 五千余騎を, 京都に, 仆れ, 仕えて, 令し, 令を, 任じて, 任命された, 伸びんとして, 低下しよう, 何やらいいつける, 作ろうと, 佳境に, 傾むかん, 入札を, 全身を, 八島の, 六馬行宮を, 共鳴が, 其目的を, 冉従長という, 再び二階, 出動しよう, 出動令を, 出合十分論じ, 出遇った日, 分与の, 刑に, 刑辟に, 刮目されるべき, 到らんと, 劉喨と, 功を, 勝たんと, 包囲され, 十日に, 午前二時半夜明前三時間拭きすました, 又すがっ, 反比例せ, 取旁付, 古稀に, 召集せ, 叱咤され, 向き直って, 向けた, 呑まんと, 命じたので, 命じて, 命令が, 唇頭を, 四旬なら, 囲まれた四輪車, 囲繞され, 地に, 坂の, 城壁な, 堂の, 堤防を, 変ぜむとするを, 大いに驥足, 大きく花開かう, 大事を, 大公爵, 天地に, 天王寺の, 夫子を以て, 失はれようと, 失はんと, 奔命に, 妹女井上氏を以て, 媚びその, 存在せん, 守られて, 完成せん, 宣教師を, 寺刹を, 封じて, 将に, 尽きな, 尽きなんと, 屈辱を, 崩れかかった味方, 崩れようと, 崩れんと, 崩れんとして, 崩壊せん, 席に, 帰朝せ, 幕下の, 平壌を, 幸村を, 幾多の, 建て直しの, 弊民を, 引かむとしてゐる茶山, 引率され, 彼の, 従いて, 息を, 悩まさるると, 悶死せん, 意中を, 慈母を, 成らむとするや, 戦地に, 戦闘用意を, 戮せられ, 手を, 批評に, 指示した, 捧げんと, 授けて, 支考の, 敢えて慇懃, 数奇な, 斡旋し, 斬って, 斬罪に, 断行せられん, 旗鼓堂々として, 日暮れなんと, 旨を, 明りとり窓から, 昏倒せん, 是池中の, 暗潮, 暮れんと, 暮んと, 暴れんとして, 服せざるは, 李緒という, 来らむとする, 来らむとする議会, 来らむとする運命, 来るべき総, 東京に, 東海道を, 某日を以て, 槍を, 死せむとする, 死せむとする其, 死せむとする時, 死に当たった, 殺されん, 殺されベヴィス, 比しては, 水が, 洛陽に, 洩らして, 消えなんと, 消え失せんと, 淮安に, 深密, 渡した, 渡って, 測るべからざるもの, 潘璋という, 片方の, 牡丹と, 独逸流の, 猛然とピストル, 献じた, 生きて, 生れんと, 生娘の, 破産に, 示すまえに, 示そうと, 神とも, 福山に, 福山を, 私の, 秋の, 立てた, 笑われまじと, 第二, 精兵を, 終らうと, 終らんと, 終りに, 絶滅せられ鍛え直され, 老中の, 老境に, 老年が, 老後の, 聞いて, 臨み亡種, 自分の, 自殺せん, 自由派と, 至らむ, 至らむとす, 至らんと, 花咲かんと, 茶を, 荒木村重の, 落ちんとして, 落度が, 裂けようと, 襲いて, 要して, 解決せられ, 訊ねた, 評議の, 語って, 説き明かして, 諮ったの, 諮れ, 買おうと, 賊将を, 質問し, 走らんと, 起たざらん, 起らんと, 起ろうと, 身を, 軍勢を, 近きに, 逆だ, 速に, 達しよう, 重大な, 長ぜんと, 長策を, 長駆し, 開かむとする牡丹, 開かんと, 閑室余暇ありであった, 間一髪の, 降伏条件を, 集まれと, 離れんと, 雨降らん, 青年期に, 非ず, 非常な, 預けて, 頭と, 飛ばんと, 飛びかかろうと, 駆逐され, 齎されん, 齢尽きん

▼ 将~ (318, 9.2%)

8 彼の 6 兵を 43 口を, 孔明の, 彼が

2 [14件] これを, それに, 争って, 先に, 光秀の, 別れて, 口々に, 声を, 徐州へ, 戟を, 手に, 玄徳の, 秀吉の, 顔を

1 [263件] あえて勤王, あきらかに, あっけに, あまりの, あやしんで, あらかた会し, あらそッ, あらましいた, あらまし準備の, あらまし顔を, あわてた, いかなる人物, いちはやく汝頴地方, いっこう浮き立たなかった, いぶかった, うろたえて, おめおめと, かう喚くが, かえって, こいつだ, こうお, こうして一星一星, こう喚く, ここの, こぞって, ことばも, このこと, このさい, この呉, この有利, さうとは, さすがに, さっと橋畔, さてはやはりそれ, すぐ再度の, すぐ軍議, すぐ軽, すべて強気だ, すべて緑袍を, そういうしか, そういっ, その中, その後で, その説, その谷内, それこそ, それぞれ手分けし, それと, それへ, それをもって, ただよく, ためらい合ったが, ともかくいられた, なお信じなかった, はやお, ひそかに, ひとしく, ひとしく中軍, ほっとした, ほとんど亡散, またと, また口々, また口惜し, まっ先に堂内, みなせっかく, みなどっと, みななかば疑っ, みなま, みなよく, みな丞相の, みな何か, みな信玄の, みな北条の, みな周瑜に, みな妻女山の, みな小, みな弓を, みな彼へ, みな彼方の, みな戦場の, みな手を, みな流亡の, みな疑った, みな眼を, みな知っ, みな胸を, みな苦笑した, みな重軽傷を, みな錦繍の, みな降った, みな霽れない, みな顔色を, もつとも強, やがて或, ややしばらく黙然, ようやく四更, ようやく尊氏, よくわが, よく輝元, よろしくその, わざとおくれ, われも, ジョンソンという, チャンバレンという, 一応みなここ, 一斉に, 一益の, 一部隊を, 三日目に, 不安を, 両軍, 之を, 二言なく, 互いに励ましあっ, 五指に, 亢奮し, 京都へ, 京都市民の, 今さらの, 今朝も, 仰天し, 伊勢で, 何か, 何の, 何者をか, 余りにも, 例外なく, 俄に, 俄然緊迫, 信忠の, 信長の, 俯向い, 先を, 入り代り, 入れ代り, 冷たい眼, 出揃った, 刻を, 勇卒は, 勇躍し, 十余人ありましょう, 半顔, 即ち黄忠, 原房親とか, 厳粛な, 各々役人, 各郡, 同時に一つ, 名島から, 周瑜の, 味方の, 命を, 唖然と, 唱和し, 喚き合って, 在城, 堀尾茂助吉晴であった, 境内の, 変を, 多く城下, 夜に, 夜半秀吉の, 大いにあざ笑っ, 天平の, 太史慈の, 威武を, 孔明に, 学究らしい, 実に戦慄, 家々の, 容易に, 将と, 将を, 小児烽火台の, 小舟に, 帰途を, 幾人も, 待ちもうけ, 得難し, 急に, 怪しみ合った, 怪しんで, 悠々万感, 愕然として, 慶喜を, 憤懣不平の, 憤激した, 懶げ, 我々に, 戦に, 戦勝の, 戦死し, 打ち揃って, 捕えた男, 旗艦, 日頃から, 早くも, 曹操に, 曹操の, 木下藤吉郎とか, 木留の, 本隊を, 杯へ, 楯と, 歯が, 死守を, 母心に, 求め難し, 煽動した, 物見を, 犠牲者への, 甚だしく不満, 男泣きし, 疑ったが, 皆自分も, 盪寇将軍朱讃であった, 真に左文, 秀吉を, 稲葉山の, 突如のろし, 立ち戻って, 綺羅星だ, 美しきもの, 義昭将軍の, 耳を, 聞き耳たてた, 聞くと, 胆を, 苛税を, 華々しく戦死, 藤吉郎の, 螺声を, 衒気でも, 言った, 詰所へ, 誰あ, 誰だ, 誰もが, 諏訪の, 起き上がって, 輜重の, 迅雷一電, 追撃した, 道を, 都へ, 重なる, 鎮守府将軍従四位下或は, 陣を, 隆景に, 随分と, 難しと, 難を, 雪に, 雲集し, 電撃的に, 鞍の, 顔見合わせた, 馬に, 駒脚を, 騒ぎだした, 驚きあわてて, 鬼神よりも, 黙った

▼ 将~ (242, 7.0%)

8 あつめて 7 会して 6 集めて 5 射んと 4 して, 呼んで 3 つれて, 見ると 2 かえりみて, もって, 倒した日本武尊, 呼んだ, 射んとして, 従えて, 派遣した, 細い腕, 迎えて, 閨中で

1 [182件] あざむくため, あわせて, あわせ総数六万七千, いたわる気持, うしろに, えらび出しおよそ, えらんで, おきたく思ふ, おき自身, おゆるし, および出しあっ, お召しください, お用い, かえして, かえりみながら, かたろうて, ここに, さしそえて, さしまねいた, すでに先発, そえて, たれなるか, つかわして, つけるわけ, つれその, とどめ二十八日, なだめた, ねぎらいまた, ねぎらうに, ねぎらった, はじめその, ひきつれて, ふりむいて, まねき, みだりに恥, もてなすため, やって, やっても, よく督, よびこれ, よびよせて, よび立て, よろこばせながら, よんだわけ, 一人死なし, 一列に, 一室に, 下に, 中国攻略という, 主として城下, 乗せて, 二尺以上に, 亡つた, 交えて, 交代させ, 代表し, 仰に, 出すと, 分けて, 初め肉親との, 制してから, 前に, 前へ, 副えて, 加えて, 加えまた, 北陸から, 単身で, 口惜しがらせた, 向けて, 周囲に, 呪い殺すという, 呼び迎えますから, 命じて, 圧して, 多く用い, 失った勝頼, 失った四百足らず, 失って, 宮殿に, 寄せて, 射るには, 射る先, 射落した, 左右に, 帥い, 序戦に, 引き抜いては, 引見し, 従えられ, 得全, 心より, 悉く自分, 懲らすといふ, 手捕り, 打ちつづけた, 打捨てて, 抑えて, 抱え入れて, 招いて, 捕虜として, 斃した, 斬るの, 新たに, 枕頭に, 槍先に, 樊城の, 残して, 殺ししかも, 殺しその, 殺したもの, 殺し五関, 河上へ, 泊めて, 派遣し, 浜松に, 無視し, 獲たこと, 獲ようと, 率いた討手, 率いて, 率い用いる力, 率き従え, 用いること棋盤, 留守に, 目がけたしかに, 目付として, 睥睨した, 知って, 知る, 破りはや, 立ちどころに縛め, 置いたの, 置きひとり, 置く, 翼として, 臨時に, 興福寺へ, 荀, 見て, 見まわした, 見まわして, 見るたび, 見るなど, 見れば, 見わたした, 見曹操, 見知って, 討ち取って, 討つなら関羽, 訪れた, 説け, 説伏する, 賞めそやす, 走らせ蘆名, 迎うる, 迎えるに, 迎える従卒, 迎え入れる必要, 追うなと, 追撃せしめるなら, 追落し敵城, 退けてから, 退け驕児, 送り夕べ, 進ましめぬ, 遣は, 遣りて, 遣わしたのに, 選んで, 部隊部隊に, 配しただ, 配して, 釣らんため, 閣へ, 附けて, 集め, 顧みた, 顧みて, 顧みながら, 馘って, 麾き鼓譟

▼ 将~ (218, 6.3%)

8 ある 6 あった 5 来て 2 それを, たて籠って, 君を, 彼方から, 曹操に, 現れました, 集まって

1 [185件] あって, あらあらと, ある時, あわれんで, いい気, いう, いちど牛車に, いつのまにか後ろ, いまさら若い, いられるの, うしろから, おくれば, おること, きびしく制止, こう訴えた, ここに, この天然, この年, この後, さかんに, さすがに, すぐ本陣, すぐ部署, すすみ出て, その日, それに, そろうて, たえなかった, たずねた, たずねると, つぎつぎに, つづいた, つづいて, つめあって, つッ, どの辺, どやどや駈け出し, なければ, にやにや笑い, はなはだしく憤慨, ばらばらと, ひきいて, ひそんで, ひっしの, ひとりおる, ひと際途上に, また, もうすぐ前方, ようやく疲れ, わずかに, 一斉に, 一門の, 一隊の, 下部の, 世を, 並んで, 事の, 伝えて, 何か, 何の, 何者の, 余吾, 俄かに, 信長を, 倒れた, 先頭へ, 光秀を, 全軍五万, 六波羅を, 兵五百を, 出陣の, 分担布陣した, 利家の, 前へ, 前後し, 動揺する, 勝利の, 勝戦の, 十二神将に, 去って, 参加し, 名を, 名胡桃, 告げに, 呼ばれて, 和を, 問うと, 喚きこんで, 嘘言を, 坂道を, 城兵を, 変に, 多かった, 太平洋のも, 奔馬に, 威儀を, 子相馬の, 孤塁に, 守って, 家康から, 容易に, 対馬尾崎浦に, 尊氏の, 少しばかり, 少なかった, 居並んで, 嶮路を, 川中島を, 左文の, 帰るの, 常に兵, 幕府へ, 平服にて, 幾人も, 廻廊に, 彼に, 復命し, 息を, 悲壮な, 憂えるよう, 懲りた顔, 成都の, 戦いに, 手も, 手下に, 手切れと, 手勢百人たらず, 打たれたので, 抑えに, 指さしあって, 指さしつつ, 控えて, 援軍に, 攻め込んで, 整列し, 敵の, 朱に, 東西に, 槍を, 此方へ, 歩を, 注意した, 浄蔵を, 瀕死の, 現われて, 知らして, 祝肴を, 私兵を, 称えいうと, 空へ, 答えて, 続々と, 義経の, 背に, 華陀を, 落ちて, 落ち合ったの, 袁紹と, 裏切ったので, 見かねて, 訊くと, 討たれたりと, 討死の, 討死を, 話した, 語ったの, 警備の, 護衛し, 趙の, 躍り上がって, 軍に, 追いついて, 鄭文を, 関羽の, 陣し, 雨あられと, 鞍から, 額を, 顔を, 顰蹙し, 首を, 馳け, 駆け下りて, 駈け出そうと, 高々と

▼ 将~ (137, 3.9%)

83 の邸, は襖 2 そうであろう, の声, の如き, は暫く, は脣, は腕, を討つ

1 [109件] から幕府, か平, がいった, がおどけ調子, がよし, が云いかける, が人形, が冷えた, が呟いた, が周章て, が大声, が座, が延した, が微笑, が扇, が柱, が真赤, が立, が立とう, が聞い, が腕, が苦い, が首, でも居ったなら, とが入っ, とが帳面, として尤も, とは自分, と何事, と平, と擦れちがっ, などが考え, に, には判らん, に云った, に対してその, に聞いた, に膝, の分, の前, の命, の外, の心, の意外, の愛妾, の手, の手下共, の指令, の撃たれたらしい, の真心, の耳, の行手, の袴, の覚悟, の顔, は, はうつむい, はうなずい, はこう, はじっと, はそうした, はそれ, は不逞, は人形, は勿論, は四ツ本, は奸物, は小, は少し, は当然, は心, は披げ, は掴まれ, は敷居際, は斉彬, は新鮮, は欠伸, は眼, は矢, は答えなかった, は細目, は腕組, は膝, は自分, は自分達, は蓋, は首, へかかる, へ久光, へ話しかけた, もちょくちょく, もやりすぎる, も左源太, も平, も由羅, も聞かさぬ, や平, よりも一人, をこれ, をじっと, を初め, を呼んだ, を撃つ, を斬る, を睨みつけた, を罰せん, を見た, 如きへろへろ, 如き奸物

▼ 将~ (113, 3.3%)

2 兵も, 口々に, 各

1 [107件] あえなく雑兵たち, あった, あったが, あやしむほどな, あらましは, あり囲碁, ある, あるが, あれば, いい合わした, いた, いつか馬前へ, いなかつた, いまは, うたがい秀吉, おいおい集まっ, さてはと, そこへ, それぞれ恥かしくない, それに, そんな地名, ちょっと手, ない, はっとして, はらはらし, ひとしい面持, またあらゆる, また口々, また夷事, まだ健在, まだ若い, みな, みなしばらく, みなただ狼狽の, みなよく, みな一つに, みな一致を, みな一面は, みな可愛い, みな心地よ, みな手を, みな枕を, みな浮かない, みな王佐の, みな笑った, みな認め, みな酔った, やがておのおの千余騎, やがてみな帰国, やがて追, やっとその, ようやくあぐね, 一兵も, 一斉に, 一瞬に, 二三には, 交じって, 亦雄, 人間である, 伽藍いっぱいに, 何人と, 倒れ魏, 傷ついたので, 全軍, 力つき謀, 勢いこん, 叫ばずに, 同様な, 国元の, 地だ, 多いもの, 奮いたったが, 存じおるゆえ, 客に, 少なからず見え, 山名方の, 帰って, 平家代々の, 思わず双手, 怪しみおそれて, 感に, 手を, 救われて, 数日来の, 旧物である, 来て, 死に場所の, 気を, 甲冑を, 皆どよめき立っ, 皆泣く, 相次いで, 祐筆も, 秀吉の, 続々と, 義元自身も, 腸を, 臍を, 艫へ, 色を, 茫然の, 識る能わず, 足を, 逃げだすと, 途中の, 釈然として, 騎の

▼ 将~ (91, 2.6%)

2 両親に, 又, 天意か, 如何に, 歳を

1 [81件] この憐む, その間必然の, ふためぐり, また天下, また日本新劇運動史, また更に, また観客, や忘れし, や忘れよ, イプセンや, サンスクリツトの, ラネツサンにも, 一の, 一種の, 二十分一にも, 人が, 人情の, 人生の, 今回彼等人民の, 他の, 何の, 何をか, 其の信任, 其の岳父井上伯, 其の幼児, 功を, 勇敢なる, 印度波斯中央亜細亜あたりまでの, 厭世の, 又た, 又明清, 又死後, 古人の, 大に, 天禀の, 奚ぞ, 妾らが, 安から, 安しと, 安にか, 寒け, 局面を, 市街をも, 幸か, 延期すべきや, 当時の, 彼が, 彼の, 彼は, 彼れ, 彼等は, 恨を, 感心する, 憎さ, 政党内閣を, 敬虔なる, 文学に, 新内閣, 末松謙澄に, 板垣伯が, 横浜よりの, 此の, 水に, 決戦か, 油紙か, 特に標し, 現か, 生物, 田舎にも, 発狂した, 神戸に, 秀子の, 私の, 秘密を, 縛しめぬ, 自由なき, 装飾品たるとを, 軽から, 醜くする, 韻文の, 飯田町の

▼ 将~ (85, 2.5%)

5 なって 2 ちがって, 会して, 将との

1 [74件] いいみな, いいみな一方, いえる, いえるか, いわれて, いわれましょうや, いわれるもの, いわれる人物, しここ, した三百余騎, して, し大兵, し天下, し物頭ども, し馬歩十余万, するか, するは, する妓陣, する荷駄隊, する軍隊, すれば, そちは, その兵, その兵九百人, その士卒, なったほど, なったもの, なっては, なつて, なりその, なり下がっ, なり蜀, なり身, なるや, なれり, みたので, 一将人間と, 一隊の, 争わなければ, 何か, 何やらご, 兵は, 兵数など, 卑下し, 同じく人生, 呼ぶべき方, 敬い張紘, 智能を, 決死の, 百人ばかりの, 相模の, 矛を, 知って, 聞く, 膝を, 蔑むふう, 藤吉郎とが, 見えて, 見たから, 見ゆるぞ, 見るな, 評判の, 評議し, 話してばかり, 語るごと, 談笑し, 軍力を, 軍議を, 違って, 部下が, 間違えたの, 闘って, 首を, 鳥羽殿の

▼ 将~ (65, 1.9%)

4 将平 3 や将平 2 やほか, 将平たち

1 [54件] からも聞い, か将, か将平に, がか, がきょう, が不安, が注意, が答え, が馬, すらもう, すら義憤, だ, で, である, です, といふ, とは人間, と将, と思っ, と藤原玄茂, なのに, にたずねた, について来た, にはついに, にも将, に会っ, に杯, のさし, の側, の手勢, の諫め, は, はあっさり, はいそいそ, はうしろ, はどう, は下, は下野守, は兄, は具足, は初め, は息, は相模, は肱, は馬の背, やこの, や四郎将平たち, や将, や将平たち, や将文, を下野守, を始め, 以下の, 大葦原四郎将平

▼ 将たち~ (63, 1.8%)

1 [63件] から目のかたき, がおごそか, がゆるさなかった, が口, が城門, が痛烈, であった, であったから, である, で長井, と一面, と何ごと, と共に彼, と共に酒宴, にあと, にも誇っ, にわけ, のほう, の一人, の中, の処分, の性格, の方, の灯火, の眼, の眼もと, の観察, の言, の賞賜, の足もと, の間, はそういう, はその, はにわかに, はみな不安, は多分, は帳, は張飛, は彼, は甚だ, は羊山の上, は躍起, へ, へもいちいち, へも吐かず, も, もこもごも, もそれ, もみなどこ, も口, も多く, も忙し, も惑う, も慄然, も旗本, も杯, も次々, も決して, をたしなめた, を安心, を眼, を自国, を著しく

▼ 将として~ (54, 1.6%)

1 [54件] おそふて, これへ, それくらい, たてこもって, ほとんど非の打ち所, むかしを, 上洛する, 不覚かつは, 人として, 今川氏に, 加わって, 加賀の, 勝入, 北海の, 南行する, 参れば, 吉野朝廷の, 名ある, 向った小, 哭くにも, 大坂を, 大軍を, 将軍家御, 川中島衆六千の, 常に自分, 弱いの, 往き伐ち, 征途に, 成功し, 戦うを, 戦場の, 戦場へ, 星恂太郎春日左衛門等と, 月形の, 正成に, 洛陽より, 熊本城に, 爵禄を, 留めて, 秀吉とは, 立身し, 約九百, 絶対に, 続き総, 美濃を, 聞えて, 臨んで, 自己の, 許されたの, 酒泉を, 陣頭に, 骨髄から, 魏を, 魚津城に

▼ 将~ (47, 1.4%)

3 名詞法で, 言が, 言に 2 と終止, 法と, 言から

1 [32件] からちら, からふ, からる, か音転か, がふ, といふ, とからおの, と連用, にも用, にやの形, 副詞法を, 名詞法, 名詞法である, 形系統の, 段から, 段に, 段は, 段又は, 法では, 法とも, 法の, 法も, 稀には, 言, 言か, 言で, 言では, 言と, 言の, 言や, 言を, 連用終止

▼ 将~ (37, 1.1%)

4 向って 2 告げた

1 [31件] いうと, いうには, いって, くれぐれ注意, こういっ, たいして切にすすめ, どうひびく, むかって, 万一の, 上賓の, 令し, 伝えると, 内示した, 出兵の, 叱咤を, 合唱を, 告げたの, 命令した, 密, 手渡し, 披露された, 指令した, 目がけて, 知らせて, 言って, 話しかけて, 話した, 貴僧より, 賄賂する, 頤を, 馬いきれ

▼ 将~ (36, 1.0%)

1 [36件] か, か将文, そのほか六郎, っ, です, と兄弟, などの兄, などを手こずらし, にいいつけ, にささやいた, にはいい, にもふかい, のふたり, の有, の胸, は, はあいそ, はそれ, はちょっと, はべつ, は将門, は猿島, は陸奥, は飛ん, へたずねた, もすっかり, もそうせい, もまた, も何様, も将文, やほか, やまた, よりは気, を見, を迂, 第五子将文

▼ 将~ (27, 0.8%)

2 の駒, をさし, をさす

1 [21件] さては各種, でもな間者, で今や, と云え, に桂馬, に閑, のやう, の殿様, の雪隠詰, は素人, も何, やゴ, をさしてる, をしてる, をはじめ, をやる, を一度, を五六番, を指す, を知っ, を行っ

▼ 将たる~ (24, 0.7%)

2 ものは

1 [22件] あなたを, ことを, にすぎん, に至ろう, に足る, の材, ほどの人物, ものの, 二人を, 人の, 名は, 器, 器は, 器量を, 土方歳三は, 彼が, 汝が, 泰衡らの, 点で, 矜持を, 韓暹は, 黒沢豊前

▼ 将~ (24, 0.7%)

4 家の 2 と相談, などが来, に逢った, の家, の手簡, はあわただしく, は再び, は機嫌 1 がき, が来, という人, と云う

▼ 将~ (20, 0.6%)

2 切支丹伴天連仕込みの

1 [18件] アメリカの, ドッペルゲエンゲルの, ファルスの, 券番暖簾等ノ, 大実業家, 彼は, 思ひ出, 斉泰遺, 明六社なる, 智略を以て, 最も精神的, 理の, 百合の, 真に天下読書, 空しからざる, 荒唐無稽の, 装置家として, 貴族的であれ

▼ 将にも~ (18, 0.5%)

1 [18件] あった, あらかたは, ある, おなじこと, すすめる者, なお多く, ふたりの, まさる者, わからなかった, 各, 広く伝え, 手分けし, 狭小な, 聞えた, 自分と, 見えた程, 謎だった, 長くその

▼ 将~ (18, 0.5%)

2 は甲斐

1 [16件] が象, などの弟たち, などの末弟, なども大, にも追, は上, は絶叫, は足, は身の毛, は郎党たち, も十騎, も将, も走り, を下総守, を見, 第七子将為

▼ 将には~ (17, 0.5%)

1 [17件] ちがいない, なおさらの, みなその, みなよく, もとより風評, 何ともジリジリする, 後刻なお, 新田一族の, 李儒呂布を, 無断で, 玄蕃の, 疑心を, 義仲を, 誰と, 諸将, 韓当, 頼みがたい

▼ 将~ (16, 0.5%)

1 [16件] から立ち上がっ, たる屯営, だけをじっと, として戦況, についた, にはどこ, に侍, に数名, の前, の旗, の辛, へもどる, をえらん, をすえ, をすえた, を自覚

▼ 将~ (16, 0.5%)

1 [16件] いずくんぞ種, が熊野, となり, と彼, になっ, のお, の位, の家, よりも文豪, を同族, 何ぞ種, 率いて, 見て, 豈種, 跡奈良婆此篋開勿勤常曾已良久爾堅目師事乎墨吉爾還, 顧みて

▼ 将から~ (14, 0.4%)

1 [14件] いって, いや二, この日, 仰望せられた, 伺いを, 全軍, 兵隊まで, 成都へ, 正季も, 歩卒に, 聞きとった戦況, 見れば, 託されたこの, 託された一子

▼ 将~ (14, 0.4%)

1 [14件] これに, 世に吹聴, 他人に, 俺に, 去らんと, 山を, 常世国に, 徙つた, 徙つたと, 東徙した, 江戸に, 行かうと, 行かれて, 飛び去りしと

▼ 将~ (12, 0.3%)

1 [12件] その幕下, また遠国, 二十八部衆の, 光秀の, 兵の, 勇士は, 旗本たちは, 残兵も, 激流の, 謀臣に, 近衆, 関平に

▼ 将しく~ (10, 0.3%)

1 その一例, 其の通り, 外科医である, 夫れ, 強盗の, 彼女には, 息の, 武道では, 軍船であった, 非審美的

▼ 将~ (10, 0.3%)

1 あつたらしい, しかも毛利方, すら覚え, はない, 中軍の, 呶号喧騒は, 我をさえ, 武勇の, 終つたかも, 退って

▼ 将~ (10, 0.3%)

4 に立っ 2 の上 1 と称える, に坐し, に登っ, の一段

▼ 将たる者~ (9, 0.3%)

1 がご, が不用意, が恩, に垢, に絶大, の備え, の励む, は夢, は死

▼ 将では~ (9, 0.3%)

5 ない 1 ありませぬから, ないましてや, 無かった, 高

▼ 将でも~ (9, 0.3%)

1 あった, ありまた, あり故, ないが, ほかの, またいかに, みな嘆じる, 下って, 棟梁格の

▼ 将である~ (8, 0.2%)

1 からそんな, から玄蕃允, が歌人, と聞く, のだろう, よりもひとり, 事を, 幸い彼

▼ 将また~ (8, 0.2%)

1 京師の, 他の, 川に, 時勢の, 畑地の, 神戸信孝一類の, 私を, 老先

▼ 将~ (8, 0.2%)

2 なって, 成って 1 を争, 成りて, 成り万卒倒, 成り万骨枯

▼ 将来した~ (8, 0.2%)

1 こと, というべき, のを, 原因と, 神では, 神人の, 話は, 資本主義的生産方法は

▼ 将と共に~ (7, 0.2%)

1 ディオニュソスを, 彼を, 戦捷の, 焼討ち, 酒を, 陣前に, 饗膳を

▼ 将~ (6, 0.2%)

1 から当節, から詐り, がその, が嫌い, といった, な

▼ 将という~ (6, 0.2%)

1 ような, 人と, 人相観だった, 官職を, 意味です, 竹の

▼ 将とは~ (6, 0.2%)

1 いえさながら, いえ秀吉, どんな人物, 予てよりの, 彼を, 誰を

▼ 将平将文~ (6, 0.2%)

1 なども, なども側, のふたり, の二人, の兄弟, も彼

▼ 将棊倒~ (6, 0.2%)

2 しに 1 しだ, しにも, しや, に凭せかけた

▼ 将~ (6, 0.2%)

2 と申す 1 であると, のほか, のものものしい, を遣わし

▼ 将~ (5, 0.1%)

1 て家, て戦い, て王, 往き掘り, 河上に

▼ 将~ (5, 0.1%)

1 に上界, に取られ, に曰, に現われん, に行

▼ 将~ (5, 0.1%)

1 ができた, と小山, を片手, を置き, を開い

▼ 将曹様~ (5, 0.1%)

1 がお待ち, の御, へ急用, より御, をこれ

▼ 将盧植~ (5, 0.1%)

1 が率直, であった, である, でござる, は

▼ 将との~ (4, 0.1%)

1 あいだに, 一騎打ち, 争を, 間が

▼ 将とも~ (4, 0.1%)

1 手を, 明智の, 評議の, 軍を

▼ 将~ (4, 0.1%)

1 のだろう, のでことば, ので投げられ, ので高山勢

▼ 将平たち~ (4, 0.1%)

1 にも出立, は兄, は叔父, も

▼ 将~ (4, 0.1%)

1 が将, が早世, は将, 第三子将門

▼ 将曹等~ (4, 0.1%)

1 に対し押えきれぬ, は斉彬, は馬上, を討とう

▼ 将来し~ (4, 0.1%)

1 ている, てしまった, てゐる, て日本

▼ 将軍太郎~ (4, 0.1%)

2 と仲光 1 といひ, と称した

▼ 将~ (4, 0.1%)

1 が答える, であった, の骨, を威嚇

▼ 将頼兄~ (4, 0.1%)

1 から聞い, も知らない, も舌, をつかまえ

▼ 将頼将文~ (4, 0.1%)

1 などの手勢, など将門, を留守, 将平

▼ 将黄忠~ (4, 0.1%)

1 が身, ただ簡単, であった, の忿懣

▼ 将~ (3, 0.1%)

1 てそう, てほん, て正義

▼ 将たり~ (3, 0.1%)

1 しや, ながらまだ, 朝廷の

▼ 将ち来る~ (3, 0.1%)

1 に一女, も産まるる, 全く四肢

▼ 将って~ (3, 0.1%)

1 刀を, 塵塚の, 錯に

▼ 将です~ (3, 0.1%)

21 と告白

▼ 将としての~ (3, 0.1%)

2 場合と 1 義経の

▼ 将へも~ (3, 0.1%)

1 それぞれなにか, それぞれ秘命を, ゆめそんな

▼ 将~ (3, 0.1%)

3

▼ 将佐治~ (3, 0.1%)

3 新助

▼ 将多く~ (3, 0.1%)

1 亡びて, 家康も, 左に

▼ 将尊氏~ (3, 0.1%)

1 ごときに, のこの, は六波羅

▼ 将左衛門~ (3, 0.1%)

1 から久しく, の屋敷, の片耳

▼ 将~ (3, 0.1%)

2 の旗竿 1 を受領

▼ 将曹平~ (3, 0.1%)

1 と刺違える, などの企み, の如き

▼ 将楽県~ (3, 0.1%)

1 に蛟窟, の李誕, の県令

▼ 将~ (3, 0.1%)

1 がふと, と系図, も

▼ 将玄徳~ (3, 0.1%)

1 ごときに, の無力化, の粟

▼ 将~ (3, 0.1%)

1 幕府に, 懼る, 隆景説に

▼ 将~ (3, 0.1%)

2 を差したがる 1 倒しに

▼ 将~ (3, 0.1%)

1 が以前, が大, と戦っ

▼ 将華雄~ (3, 0.1%)

1 と出会っ, の万夫不当, はいずれ

▼ 将著しく~ (3, 0.1%)

3 はためき過ぎたもの

▼ 将~ (3, 0.1%)

1 官の, 葛亮書ヲ, 葛瑾は

▼ 将鈴木重行~ (3, 0.1%)

1 とはかねがね, のため, の始末

▼ 将頼も~ (3, 0.1%)

1 いい将, 将平, 馬に

▼ 将頼政~ (3, 0.1%)

1 が密謀, の胸, もそこ

▼ 将黄祖~ (3, 0.1%)

1 という者, を乱軍, を討った

▼ 将いずれ~ (2, 0.1%)

1 もかんた, も越後

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 本藩, 残忍の

▼ 将からは~ (2, 0.1%)

1 まだ殿下, 一箇の

▼ 将その~ (2, 0.1%)

1 志を, 相将

▼ 将たらん~ (2, 0.1%)

1 といっ, とする

▼ 将たる人~ (2, 0.1%)

1 の平素, は天文

▼ 将だけに~ (2, 0.1%)

1 初めて頼朝, 狼狽の

▼ 将だろう~ (2, 0.1%)

1 かと思う, かと怪しまれる

▼ 将つて~ (2, 0.1%)

1 来し茶, 痛く刪汰

▼ 将であった~ (2, 0.1%)

1 が趙雲子龍, ことは

▼ 将であり~ (2, 0.1%)

1 当代氏政は, 詩書には

▼ 将であろう~ (2, 0.1%)

1 と彼, と織田殿

▼ 将とともに~ (2, 0.1%)

1 いつも単, 堤の

▼ 将ながら~ (2, 0.1%)

1 劉辟も, 徳川家康うかつに

▼ 将にたいして~ (2, 0.1%)

1 彼は, 新領地

▼ 将にて~ (2, 0.1%)

1 候得バ夫ばかりの, 裴緒と

▼ 将にまで~ (2, 0.1%)

1 その封爵, つたわっては

▼ 将に対しても~ (2, 0.1%)

1 その執りなし, 士に対しても

▼ 将に対する~ (2, 0.1%)

1 一片の, 同情と

▼ 将まで~ (2, 0.1%)

1 目の, 負傷し

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 わしの, 笑って

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 て来た, 出で

▼ 将をも~ (2, 0.1%)

1 なおぞくぞく, 置かずして

▼ 将ダウン~ (2, 0.1%)

1 が近接, の消耗戦略巧妙

▼ 将一人~ (2, 0.1%)

1 にこれ, をすて

▼ 将一名~ (2, 0.1%)

1 と鵜沼一城, を部下六人

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 にわずか, に丹波一国

▼ 将于禁~ (2, 0.1%)

1 をひき出し, を擒

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 上陸之後も, 風馬牛に

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 もこれ, をそろえ

▼ 将~ (2, 0.1%)

2

▼ 将勇卒~ (2, 0.1%)

1 だまた, を急派

▼ 将勇将~ (2, 0.1%)

1 のふたり, は測り知れない

▼ 将~ (2, 0.1%)

2 妻妾を

▼ 将~ (2, 0.1%)

2 とあり

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 だけが相馬大作, では無い

▼ 将山県昌景~ (2, 0.1%)

1 もはや戦死, を呼ん

▼ 将山路弾正~ (2, 0.1%)

1 がこれ, はよく

▼ 将平様~ (2, 0.1%)

1 の兵, も将文様

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 出発後ハ唯, 歌人連も

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 に先だち, や汝

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 といふもの, の事

▼ 将斎藤利三~ (2, 0.1%)

1 であった, である

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 の意気, も水治

▼ 将方悦~ (2, 0.1%)

1 と共に, は

▼ 将日幡景親~ (2, 0.1%)

1 がおり, と軍監

▼ 将曹ら~ (2, 0.1%)

1 が江戸, を討つ

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 だつたので, にあらず

▼ 将来世~ (2, 0.1%)

1 に出, に立ち

▼ 将河井継之助~ (2, 0.1%)

2 が敗死

▼ 将清水宗治~ (2, 0.1%)

1 の助命, の首

▼ 将清秀~ (2, 0.1%)

1 っ, に黄金三十枚

▼ 将源心~ (2, 0.1%)

1 を討ち取った, を討った

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 と勇気, に於

▼ 将監正国~ (2, 0.1%)

1 がその, や大金藤八郎

▼ 将碁盤~ (2, 0.1%)

1 に向かった, は好い

▼ 将義貞~ (2, 0.1%)

1 だった, の首

▼ 将衣日不知毛~ (2, 0.1%)

2 又同

▼ 将趙雲~ (2, 0.1%)

1 が颯爽, であった

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 に兵法, はそれ

▼ 将~ (2, 0.1%)

1 福山因示一絶, 郷乃奉呈

▼ 将関羽~ (2, 0.1%)

1 のす, は智勇兼備

▼1* [492件]

あり佐あり, 将あるいは戟を, 将うるさくまさんかの, 将武骨の, 将おもむろに退却の, 将お前から始め, 将かの雅之たるを, 将からも小田原の, 将は如何, 将こそ越後の, 将ことごとく討たれ新附, 将ことばもなかっ, 将この都へ, 将これを危, 将さえあった, 将さだめし威儀を, 将しばらく待ち給え, 将すでに討たる, 将すべてを集め, 将すら甚だしく昂奮, 将それぞれ功を獲た, 将ぞろいである, 将たしづまりぬ, 将ただ一死を, 将たち手に手, 将たち環視のなか, 将たち百杖の罰, 将たやしづけき鉄削る, 将たらしめ漸く南下, 将たるべき者であり, 将たる器の大度, 将たれの胸, 将た冷やかす積りである, 将た思ふカムイ・エカシ, 将た滅びまた代々, 将た知らんとも思わざりし, 将た知ることなき, 将た辞みがたくし, 将だけでまこと, 将だけが天平の, 将だった霍峻という, 将だったら大いに型, 将だの三十三間堂の, 将ち去かんかと, 将ち去ったと惟, 将ち去り羅摩, 将ち去るべき歴史の, 将ち来て肉, 将ち来らしむるもたちまち得, 将ち来り掃灑し, 将ち渡され王大いに, 将つて槽内に叉置, 将であってしばしば, 将であるごとく見えたのが, 将でなければ用い, 将といった役割に, 将とかあるいはラマ, 将とかになって, 将とが半日も, 将としかこの頃, 将としてよりも大儒として, 将とて卑怯者の, 将ととなうべしという, 将とのみ云わんや, 将ともしてとらせん, 将どのがそれ, 将などみな同, 将などが彼の, 将などに引合いたし, 将なども多いと, 将にかの樹を, 将にたいしても意地が, 将にたいする尊氏の, 将について藤吉郎は, 将にとって秀吉の, 将に対し異議論争を, 将に対してわが命令, 将に対しての会釈である, 将に対しては自分は, 将のてがらと, 将ばかりです, 将ぶりは彼, 将ほかに善処, 将ほとんど離散した, 将までをまるで無視, 将みたいに声, 将みな重々しくうなずいた, 将みなしびれをきらし, 将みな最大の礼, 将みな沈湎頭を垂れ, 将みな胆を冷やし, 将みな諫めた, 将やにわにまた剣, 将やら時の, 将やらが寄りたかって, 将よりお訊き, 将の素志, 将らしい勘弁を, 将らしいではない, 将れ往いたら瓦器が, 将れ行くという, 将カールはライン方面, 将クロパトキンは第, 将グラウンデールを殺し, 将サア・ロオジャー・ウィリアムスの指揮下, 将サタンである, 将サラジンが大蛇, 将セイロン島の遷客, 将タルモノハ当ニ剛柔, 将トシテ降人数万ヲ後ニ召シ具シ, 将トシテハマサニ勇ヲモッテ本トナシ, 将トラウンの用兵術巧妙, 将測ル, 将ニ出デ去, 将ニ尽ク社員ノ前過, 将ニ成ラントスルヲ欣ビ奮ツテ自ラ其説文, 将ニ汝ト永ク相終始セントス, 将ニ雨フラントスレバ先ヅ以テ之レニ応ズ, 将ハンニバルが大兵, 将ピレックスおよびトワアル, 将ブリュッヘルは待機中, 将ボーリューはゼノバ方面, 将マカロフ提督之を迎撃, 将ワスコ・デ・ガマが喜望峰, 将射ムトスレバ馬, 将一卒の言論, 将一同かく辛労, 将一噬みに, 将一突きに突止めん, 将三十六人その他へも広汎, 将三河守秀重は全, 将三面看梅花, 将上杉謙信が, 将不和の一因, 将与えず大立廻りを, 将名見る, 将丹竈君家術理取嫦娥病裏顔, 将丹羽氏重は斬っ, 将の知人, 将九郎義経と薄命, 将争って左, 将二万騎はこの, 将二十名ほどが密やか, 将二名の兄弟, 将二名いのちに未練, 将五人を捕虜, 将人間と人間, 将仁科五郎盛信の最期, 将て如何, 将以下の下級将士, 将以下すべてみな徒立ちで猛, 将以下家中悉く参列, 将以下戦死者一万数千人の弔魂祭, 将以下越後全土の人心, 将伊丹兵庫のせがれ, 将かのうち, 将伯顔の名, 将佐久間玄蕃の弟, 将佐佐伏海老弦などいう, 将何んとした, 将何処に如何, 将何物陶詩与柳文, 将何者であつ, 将に逢, 将において一層, 将侍るべきまこと我が, 将信玄の死, 将修養の結果, 将倦ムヲ曰ハズ軍竈未ダ炊ガズ, 将が政局, 将光秀もさすが, 将全部出でて, 将兪通淵勝聚等皆死す, 将に築城, 将共々論議が, 将を語らず, 将兵士の端々, 将切歯し, 将冒頓を討ち取っ, 将冷苞を自身, 将出陣という, 将列座の中, 将別所長治に仕える, 将前波吉継を豊原, 将前線ニ続ク, 将劉保華聚等終に朝陽門, 将劉備玄徳という者, 将功名成って, 将勇士が突撃, 将勇将織田家にも決して, 将動煙先発万歳声埋汽笛声, 将勝頼の胸, 将北畠親房がさかん, 将匹田右近が守る, 将十人を付与, 将十数名であった, 将十時伝右衛門である, 将十隊に組まれ, 将千員天下を一, 将千葉介常胤, 将千葉貞胤が新田, 将渇甚, 将即ち長曾我部元親, 将去るに委順, 将各々兵を出し, 将は毘羯羅, 将名将の資格, 将呂布がたて籠っ, 将呉蘭の陣中, 将周泰はその, 将周瑜が孫策, 将ひぬるあはれ, 将四五を伴っ, 将囲繞して, 将といふの, 将国景遠千世丸等, 将坪坂伯耆守が戦線, 将堀口貞満大島守之の二軍, 将堂女体甲冑を帯したる, 将堂女体甲胄を帯したる, 将夏侯尚をつれ, 将夏侯惇の弟, 将多忠誠誰負民, 将大事な勢揃い, 将大兵みな涙をながし, 将大方程遠志どの, 将大竹中将の席, 将天女若しくは神女, 将奥州白河の結城光広, 将孟達を中心, 将孥東徙は恐く, 将孫堅は, 将宇喜多直家を交え, 将宗像博士は非常, 将宮部善性坊とやらをこれ, 将宿将多しと, 将宿屋七左衛門が乱軍, 将尋常の敵, 将小出播磨守と三吉武蔵守, 将小姓などはそこ, 将尤もとして宗茂, 将就親朋看訃音, 将山兵に何で, 将山本勘介入道道鬼, 将山本勘介原隼人などの叡智, 将山田右衛門作や脱走, 将山県隊を打ち退けた, 将山路将監正国がその, 将岩崎隠岐は後, 将左衛門尉幸村の首級, 将左衛門様の片耳, 将の詔, 将帰東奥臨別贈以一律, 将糜が, 将平がやっと帰っ, 将平にちがいない, 将平一人がこの, 将平以下一族郎党を数多, 将平員経のみで, 将平安驍勇にし, 将武君に, 将座厳かに待ち構えた, 将庵原将監がいた, 将建氏の近著, 将張武悪戦して, 将張英を見つけ, 将張飛を従え, 将強兵は彼, 将が赤袴三百, 将往きて管待, 将御牧三左衛門伊勢三郎貞興を討ちとる, 将心得はもう, 将応用自在な我々, 将悲憤慷慨のため, 将惜美国爾帰而足羽御社神司馬来田主, 将愚痴は申さぬ, 将桟通, 将宜は, 将成何が訪れ, 将戦艦一百七十艘を率い, 将戸部豊政を笠寺, 将房寛を後軍, 将拙者も万吉, 将持次子将弘, 将揉みに揉ん, 将の手, 将を取る, 将数十をつれ, 将数名がいた, 将斎藤内蔵助が中央軍, 将斎藤内蔵助利三どののさらし首, 将斎藤玄基の首, 将方手もちぶさたにお, 将旗本たちが多く, 将日進不曾休, 将明智光秀の首級, 将に於, 将時勢を知らず, 将晴賢の首級, 将曹づれを討つ, 将曹め主君を恥, 将曹め兄上の御, 将曹一人藩老の連署, 将曹仁いざ入り, 将曹伊集院平仲吉利へ押えきれない, 将曹何を浮かん, 将曹対手に命, 将曹平二階堂とぽんぽん, 将曹平仲の徒, 将曹平仲等が殿, 将曹平等のこと, 将曹平等君側の奸, 将曹従六位下勲六等間人直足人という名, 将曹豊後などを邸ぐるみ, 将曹豊後平側用人種子島六郎島津石見が入っ, 将曹達はおる, 将登玉篋小披爾白雲之, 将朝比奈主計の軍勢, 将木下藤吉郎という, 将に殺され, 将朱栄劉江の為, 将朱桓という将軍, 将朱雋に会っ, 将李伏太史丞許芝などという魏臣, 将李如松が日本軍, 将李有昇馬を寄せ, 将李陵は一つ, 将村上彦四郎義光が来, 将村井長頼と高畠九蔵, 将村重のこんな, 将来書かるべき日本文学, 将松田九郎兵衛の手勢, 将松田尾張守に随身, 将松田康長の外, 将柴田勝家と夫人, 将柴田権六は, 将にはこの, 将桃井兵庫客将一色何某は打っ, 将梁緒を天水, 将梟漢の子孫, 将梟雄眼底紫電閃いて, 将梶原平三景時はどういう, 将棊同様慰み半分に発明, 将棊所へ将, 将棊盤の上, 将楊元新手を率い, 将楊密があわて, 将楊懐と高, 将から号令, 将樋口三郎兵衛以下一名も余さず, 将がひとたび, 将武藤早馬に行逢候, 将の気力, 将毛屋七左衛門であったが, 将沮み心, 将河合秀武の首, 将河尻肥前守は中将信忠, 将河野対馬の子通治, 将浅井吉兵衛と槍, 将浦兵部丞が敢行, 将淳于導もこんど, 将清水長左衛門宗治の自決, 将ヲ曰ハズ, 将渠含至獅子口中謂容易長大云々, 将湯浅定仏を降し, 将源三位頼政の手, 将滝川三郎兵衛始めひとりの城兵, 将漆黒の馬, 将潘濬を見, 将潘璋はやがて, 将濁, 将火耳灰を得, 将為すこと能は, 将無かるべからずと曰う, 将牛輔も残兵五千, 将牛金が首, 将兵は, 将し北中原, 将王双をそこ, 将王威もまた, 将王真を囲む, 将田村量吉の自殺, 将番卒を見下ろし, 将痊今年七十一皇天又何心, 将百余騎の旗本たち, 将監正国木下半右衛門, 将相何んぞ種, 将相談したが, 将真壁治次も, 将知盛のため, 将石橋和義を途中, 将破壊かかかる, 将碁名人戦の定宿, 将祖父高望王の像, 将秋山伯耆守の手, 将秋月寂心が伝令, 将普の, 将種将家などと呼ばれ, 将立ちに突立, 将を敲い, 将篠塚江田綿打世良田などの隊, 将精鋭の士, 将と会, 将紀氏が八階, 将維幾を生捕り, 将群像は私, 将義君と高橋栄君, 将義貞誅伐の勅許, 将老いて軍, 将老臣が居合わせ, 将さむ具, 将自身曳いて, 将至殆為金馬門之想云, 将が入港, 将芸州士官の者共, 将范疆張達のふたり, 将茶山の同胞, 将荒木村重がその, 将荘得と戦っ, 将莫耶の剣, 将莫邪は楚王, 将落つるを, 将葛岡監物が案外, 将蒲生源左衛門蒲生忠右衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 将薄田隼人兼相とはあの, 将の五人, 将蘇武が胡地, 将袁紹に見参, 将観望するもの, 将をやはり, 将語らずと言う, 将が某, 将誰望哉と, 将諸角豊後守は前, 将謀士を麾下, 将謙信の心, 将譚淵董中峰等南将荘得と戦っ, 将谷大膳とは以前, 将貞昌は大手門, 将賈栄等を衡水, 将之君達, 将赤橋守時を討ちとっ, 将ぞ, 将趙範を趙雲, 将足利直義を討ち取っ, 将然として, 将はその, 将軍神の, 将辻義助が指揮, 将退却の止む, 将逆上の天才, 将進酒にはウェルトシュメルツ, 将遠藤喜左衛門だったの, 将部将士卒まで実に, 将郭循という者, 将鄂煥をうまうまと, 将酒井左衛門尉忠次はこれ, 将酔漢か, 将髄彦は, 将長政へ訴える, 将長物誇人道, 将にある, 将関羽右将張飛, 将閻圃はさけんだ, 将陣営のあと, 将陳亨安の為, 将陳式虜となりし, 将陳応に呼びかけ, 将陳文を斬り, 将を捕虜, 将集会のとき, 将に死し, 将の如ニ相会, 将韓忠をかく, 将韓暹と某所, 将は高く, 将頼いちどここを片づけさせ, 将頼おまえはおととい, 将頼みたいに神経, 将頼もいえばまた, 将頼様の御, 将顧成坐に, 将飢ヱヲ曰ハズ冬裘ヲ暖ニセズ, 将馬元義というもの, 将馬漢と劉, 将高柳楠之助方, 将魏延はまだ, 将鹿之介, 将黄権が魏, 将黄蓋が先手, 将黒川月舟に請う, 将齢七十枌楡猶且路三千