青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大きく 大きく~ 大きな~ 大した~ 大して~ ~大丈夫 大丈夫~ ~大事 大事~ ~大人
大人~
大佐~ 大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~ ~大名 大名~

「大人~」 3708, 36ppm, 3275位

▼ 大人~ (1045, 28.2%)

33 ような 31 文学 27 ように 13 やうに, 真似を 10 世界に, 世界の 9 やうな, 女の 8 くせに, 風格が 5 世界は, 前に, 口を, 方が 4 ために, 声が, 御霊代を, 方で, 男が, 癖に, 門を

3 [20件] すること, ようで, 下駄を, 中に, 人は, 女が, 女と, 姿に, 心が, 心の, 心も, 方は, 末社が, 様な, 生活と, 生活の, 眼に, 神, 立場から, 顔が

2 [67件] あとに, いうこと, いやしき, うちに, ことを, ための, ものと, 世界では, 世界でも, 世界には, 世界へ, 人に, 仕事は, 側から, 傍に, 働きを, 分別が, 分別を, 前で, 劇場と, 助言としては, 口に, 口真似を, 喧嘩に, 嘘を, 声も, 女中の, 如し, 寒々と, 小説を, 年齢は, 影を, 後に, 心に, 心を, 感情で, 手から, 手に, 持って, 描いた子供, 文学が, 文学と, 文学を, 暗さ, 様に, 狐に, 生活に, 盗人が, 知らないうち, 社会の, 神投げ棄てる, 秘密を, 筆に, 背の, 腰の, 舌を, 見識を, 言ひ, 言葉を, 話を, 足には, 連中は, 部に, 門が, 頭脳に, 顔は, 食うもの

1 [632件 抜粋] あさましさ, あそぶ茶, ある者, いい草, いう二里, いかなる饒舌, いはれし, いはれしよし師, いるところ, うちで, うれしさうに酒, おたのみなら, おとぎばなしですよ菓子の, おとぎ話としては, お人形, お伽噺めいた, お伽話に, お伽話の, お名前, お命, お家に, お胸, お通, お顔, かり着めいて, こしらえる童謡, ことにまで, ことばで, ごとく, ご恩, さけびよりも, しかも專門, しかも年, しぐさを, する事, する大きな, そういう雰囲気, それが, それとは, それに, ため子供の, だれが, つみだ, とおりに, どんな意味, はなしなどは, は一合入, ひどい宣伝法, ふりを, ほうで, まねし, まねでも, ままごとみたいな, みるもの, もう忘れよう, ものせられたる, ものだ, ものであっ, ものである, ものは, やうでした, やりくちよりも, やること, ような取り澄ました, ような老いた, よりも何ら, よろこびと, わるい癖, アイヌの, ゲルの, ジフテリーは, スキーと, ズボンを, ミッキーマウスであり, 一人が, 一抱も, 一歩手前まで, 一生懸命さに, 三人前の, 三倍も, 上に, 上手な, 下駄でも, 不仕, 不始末, 不用意へ, 世界が, 世界その, 世界で, 世界である, 世界との, 世界への, 世界も, 世相を, 中には, 乞食らが, 争いの, 事もなげな, 二つの, 二人にも, 二倍やがて, 五ツかかえ, 亡くなられたこと, 享楽主義の, 人々と, 人っての, 人との, 人には, 人夫等が, 人達が, 人間は, 人間を, 仁政を, 今も, 仕事である, 仲間に, 会話だった, 体としての, 体としては, 体験に, 作品であり, 作品です, 作文と, 作者自身の, 侮りにでも, 倭文子さえ, 偉さ, 側に, 側を, 儀式では, 兄に, 冗談という, 切符が, 列に, 別生活, 利己心仲間の, 利得的な, 制を, 前途は, 力であった, 力に, 力士に, 力持を, 労働をも, 労苦は, 十坪は, 卑劣さに, 占いの, 叙事詩を, 口から, 口は, 口まねだろう, 口まねで, 口吻を, 口調そいつで, 合唱の, 同感し得ない, 名を, 命の, 善政北城に, 喋る言葉, 嘆きは, 嘘とは, 回顧が, 国学ほど, 垢に, 域へ, 堕落性の, 場合は, 墓とは, 声だ, 多くは, 大衆的新作競技である, 女でも, 女として, 女に, 女の童女性という, 女御は, 女房が, 如くならずば, 如く師, 如く真面目, 如く遠く, 姿で, 姿へ, 姿を, 威勢という, 威徳を, 娯楽物としては, 媚と, 子と, 子供に, 官兵衛には, 実体との, 客が, 家庭教師という, 小形よ, 小指くらいも, 小指ほどの, 小説だ, 小説だった, 小説についても, 小説の, 尿を, 常識が, 常識では, 常識と, 常識への, 帽子でも, 干渉を, 平均には, 弄物であった, 強味で, 形と, 形式より, 影法師では, 影響が, 影響を, 役目で, 彼女の, 後とて, 後へ, 御所労, 御気げん, 御気嫌, 御親, 御霊代にまで, 心か, 心がけの, 心づかない場所, 心は, 心やりの, 心理と, 思ひも, 思ひ及ばない不思議, 思想に, 思慮によって, 恐怖は, 悠造さん面白い, 悪党は, 悲しさ, 意見なる, 意見に, 愚劣さを, 愛を, 感じだった, 感傷で, 感傷に, 感情が, 感情に対して, 感情の, 態度いいかえれ, 態度に, 慨嘆然, 戒律に, 所へは, 手でも, 手にも, 手の平の, 手を, 打算に, 承け継ぎ, 技法を, 押しつけは, 指示によって, 振舞ひであらう, 揺籃の, 教えを, 教則本それから, 文壇に, 文学という, 文学の, 文学への, 文学作品の, 文学文学における, 文章である, 方々にも, 方たちにも, 方に, 方法で, 時間とが, 智恵じゃ, 書かれたのに, 有するだけの, 服は, 服地一人分合計どう, 本, 本は, 本を, 本箱に, 根本的な, 案内人も, 模倣としての, 歩いた道, 歯だ, 死の, 殻をと, 民心把握の, 気持は, 汚い心, 油断は, 洋服で, 浮浪人で, 淫蕩を, 深いお, 清玩には, 激憤には, 為の, 為ること, 犯した悪, 狡才を, 独り言だ, 王, 玩弄には, 現実の, 現実生活として, 現実的な, 生活とか, 生活を, 男である, 男と, 男の, 男みたいな, 男や, 男子組合員とは, 男聲である, 画家たちとも, 異様な, 病気と, 病気は, 病苦を, 百年祭を, 目と, 目に, 目覚しい狂奔, 相を, 相続者である, 真似が, 真似小児は, 真剣も, 眼である, 眼の, 眼力を, 着物を, 知らないこと, 知らない胸, 知らない間, 祖述者を, 神経には, 神経の, 私には, 科学を, 秘戯を, 穿切らしたる, 童話の, 笑い草に, 筋肉の, 精神本当の, 細心を, 組にも, 絆纏を, 縦横なる, 義理や, 羽織を, 考えて, 考えること, 考へをば, 聲が, 肉体の, 肋骨や, 背丈の, 背中が, 背中に, 胸ぐらい, 胸ほどの, 胸まで, 脈管にも, 腕によって, 臆病心に, 臆病風に, 自分の, 興味を, 舞台と, 舞台を, 船賃を, 芝居を, 芸術である, 芸術とは, 苦悩の, 草履を, 莨の, 落付きを, 落付を, 血統だ, 行水を, 行為の, 表情な, 表情の, 見はり, 見る世界, 見物を, 親方が, 親族の, 言うよう, 言葉が, 言葉と, 言葉な, 言葉に, 記録に, 訪問客の, 詩の, 詩経より, 話しぶりであった, 話し掛けに, 話す町, 誓ごとぞ, 誤りである, 説教くさい, 読み古し, 読み物だ, 読むため, 読むよう, 読むアラビアン・ナイト, 読む短篇, 読んで, 読者は, 誰かに, 調子で, 調子である, 談話に, 講談本でも, 警固麻上下杖を, 讀者は, 責任な, 賜なりけり, 賞翫に, 赤ちゃんの, 赤合羽に, 足の, 足袋カ, 足跡の, 足跡東は, 路上生活者と, 身丈より, 身辺から, 身長の, 通俗的な, 通念で, 連れが, 遊山の, 遊戯これを, 過去に, 道徳を, 遺族から, 遺書, 遺著を, 邸だ, 配達だって, 配達も, 醜い争い, 醜い偽り, 長い着物, 間から, 間くらいの, 間で, 間を, 限界や, 障害物競走あり, 雑誌に, 霊前に, 霊号を, 青年論に対して, 靴を, 頤が, 頭から, 頭で, 頭の, 頭脳では, 頸である, 頽廃しかけた, 顔つきでありました, 顔である, 顔にも, 類型で, 風ある, 風が, 風を, 風懐も, 風格を, 風習が, 風説を, 風貌備はる, 飛躍は, 首が, 骨折なり, 髪を, 鬪爭形態にまで, 魂も, 鳥には, 鼻を

▼ 大人~ (537, 14.5%)

69 なって 20 なつた 14 なっても 12 なった, なるの 11 なれば 10 なると 9 なつて 7 なったよう, なってから, なること, なるまで 6 なった気 5 おなりに, して, なったの, なりました 4 なりつつ, 成ると, 見えるかも

3 [13件] なったから, なったこと, なったという, なったとき, なってからは, なってからも, なりかかって, なりかけて, なるため, なるにつれて, 呼ばれたとき, 成らぬ者, 成るは

2 [22件] これほど, とつて, なったか, なったと, なったとは, なったもの, なったら何, なったら自然, なった人, なった時, なつたら, ならない, なりかけた体格, なりまして, なる, なるという, なるまでは, まじって, 相談する, 育って, 見えるの, 見えるのに

1 [231件] あたる, あらずや, あらわれる本能, ある, いじめられて, いわれる通り, うつりゆく少年少女, おなりあそばされた, おなりあそばせ, きいて, きいても, きかせるよう, きまって, くっついて, けがされて, ご迷惑, さから, さすって, されて, したやう, しても, しめして, すること, せまって, せよこの, それが, たてを, どなりつけられる, ないたとえば, なったけれど, なったそれぞれ, なっただけ, なったって, なったつもり, なったな, なったね, なったらあいつ, なったらおれ, なったらが, なったらしまいに, なったらすぐさま, なったらその, なったらどう, なったらわかること, なったらわかるの, なったらガラリ, なったら偉い, なったら大学, なったら年の暮れ, なったら決闘, なったら真正, なったら自分, なったら農林技師, なったり, なったわ, なったん, なったシルシ, なった人間, なった今日, なった体, なった兎, なった女, なった女御, なった姫君, なった姿, なった来年, なった様, なった気持, なった熟練工, なってからさ, なってからの, なってからまで, なってからよりも, なってさ, なってる家庭, なつたつ, なつたで, ならないから, ならないね, ならないもの, ならない少女, ならなくとも, ならなければ, なられるまで, なりかけたいろんな, なりかけたといふ, なりかけたみ, なりかけた若者, なりかけ世の中, なりきった人, なりきらないで, なりきるまでの, なりきれない子供, なりきれない幼稚, なりすました感じ, なりそこ, なりそして, なりそんな, なりたい, なりたまえ, なりて, なりながら, なりぬ石, なりましたか, なりましたから, なりましたね, なりますから, なりみんな, なり世間, なり切らない娘, なり大人, なり掛かった子供, なり申そう, なり細君, なり過ぎて, なり過ぎ一方, なるうち, なるかという, なるかも, なるから, なるからこそ, なるし, なるでしょう, なるといふ, なるところ, なるとは, なるに, なるに従って, なるので, なるよろこびが, なる一期間, なる前, なる境, なる境目, なる年頃, なる息子, なる時, なる練習, なる迄, なれる, なれるに, なろうと, ひけを, まかして, まさるほどの, まとわれんこと, インネンを, パノラマが, 仕上げて, 代って, 伍し, 余ったら子供, 使を, 信頼される, 出馬され, 分る筈, 判らないこと, 劣らない振舞, 助けられて, 勝てるもの, 取っては, 叱りとばされるという, 向って, 向ツ, 声を, 子供であっ, 対って, 小学校の, 思え更に, 思はす天然, 恥を, 成りきらないきゃしゃ, 成り申したれば, 成長する, 打たれ奈何, 拝まれるよりも, 教はつたま, 映じて, 期待し, 權威ある, 欺された, 比べて, 混っ, 添削を, 源を, 無邪気な, 甚だ以, 生長し, 相談も, 移行する, 聞くばかり, 育て上げて, 育て上げられるか, 腹を, 蝉蛻し切らない, 行つて悪い, 行逢ひ, 見えた, 見えたが, 見えて, 見える, 見えるが, 見えると, 見えるね, 見え卓一, 見え大人, 見つからないやう, 見て, 見ゆる, 見られて, 見られること, 見るよう, 見る俗風, 話すやう, 説くに, 読んで, 近いた, 近いまでの, 近いもの, 近い背丈, 近い表情, 近かった, 近くなる, 近づいて, 通じ皆, 連れられての, 連れられ無い子供, 過去の, 道徳というは, 違いない, 適合する

▼ 大人~ (233, 6.3%)

7 子供の 4 子供を 2 この店頭, それに, ついて, ばかばかしいあんな, 出て, 太鼓を, 小児を, 居て, 手を, 見て

1 [202件] あって, あつまって, あなたがたの, いかに馬鹿馬鹿しい, いきなり子供, いたの, いて, いるん, うらやましい, おおぜ, お可哀そう, お線香, お身体, かかえ上げて, かかって, きかして, きまった顔, こういうこと, こういう軽率, こうして遊べ, このよう, この中, こらしめの, こんなこと, こんなイタズラ, してやるより, しばしば唖然, じっと頭, すつかり, すること, するよう, そこに, その高まった, それを, そんなこと, そんな風, たくさんに, だまされて, とぼんと, どうした, どうやらかかえる, なお十分の魅力, なく非常, なんだ, のこした教え, のれば, ほんとに子供, ぼくの, まさしく同じ, まだ翰林院, まるで小, もう顔, もっと大きな, やさしくわらっ, やさしくわらつて, やってきてさえ, やっとかつげる, やること, やるよりも, よって, ハラハラする, バンドを, 一しよ, 一たび道を, 一二度小才の, 一人のこさず, 一人シャツだけで, 一本持ち上げる, 一緒に, 三人で, 三人私達の, 三十二文子供は, 三四人かかっ, 二人で, 二枚小, 云うこと, 五人で, 五六人かけ, 交って, 人間である, 今し, 今の, 今も, 何かを, 何を, 何人とか, 余りやきもきしない, 余りやきもきする, 使ふ, 傍に, 儲けて, 入って, 入れ代り, 八人も, 力いっぱい引っぱっ, 功利的に, 勝ったって, 匡正し, 十銭小, 受けて, 受け継ぎ受け継ぎして, 叙述する, 口に, 古代の, 喜ぶ筈, 四五人そつち, 四五人遠巻きに, 四人肌ぬぎ, 垣の, 城中の, 外から, 多くなっ, 多勢ガヤガヤし, 大人との, 大人に, 大勢立っ, 女の子の, 媒妁では, 媒酌する, 子どもを, 子供に, 子供より, 子供よりも, 寛容で, 小供, 小児に, 屈んで, 平中であった, 庄屋の, 弥十郎の, 弥十郎を, 彼等を, 従前に, 応じた, 思い出す子供, 息こん, 悪くて, 悪人でない, 感じられすべて, 承知し, 押えた, 捩上るより, 推測した, 揚げたもの, 撲るといふ, 旧居の, 書いた字, 書かせたの, 本当に人形, 本気に, 机の, 村の, 来ますよ, 母でさえ, 没しても, 潜りこんでも, 特別に, 珍しがる, 生きて, 発見した, 白い鳥, 百人これで, 百人それから, 目の, 看過してる, 真実を, 示して, 私に, 立って, 筵を, 経済的に, 続くという, 考えて, 職を, 自分たちの, 自分の, 自分を, 自分達の, 苦しむ時, 蛇足する, 褒めて, 見えない, 見たよう, 見てても, 見ても, 言ってるの, 誰も, 警務長官と, 赤坊の, 這いながら, 通りかかると, 通ると, 都会及農村で, 野球など, 鎮守を, 閑臥し, 附けたかと, 集まって, 驚く姿, 體をか, 高唐州, 鶏の

▼ 大人~ (170, 4.6%)

3 子供の 2 そうは, びくとも, 何を, 子供に, 山に, 理解し, 騙せる子供

1 [153件] あれから, いいの, いかにも大人, いけない, いって, いやな, お伽話を, お糸, この辺, こんなもの, そういう文化, そうで, そのとき小石川, そのよう, その子供ら, それを, そんな中, そんな感情, だませない, ていねいに, てんでに頭, どうなる, どんな指導, どんな苦しみ, なかった, なごやかな家庭を, なにかしら, なにかわし, なまじい一つ, なるほど, まだ赤児, まるで大根, みんなお, みんな悪者だ, みんな正面に, めったに感染, もうこの, もちろん大きい, やめろ, オヤ沢庵今日は, ビールだけ, 一日の, 一番小さな, 三丁さきから, 不愉快だ, 之を, 九州の, 二度と子供, 五十才位の, 仕事を, 何かしら心に, 何でも, 何と, 何らの, 何時にな, 働きにくい, 先ずこの, 六十八歳の, 其時代の, 冬でも, 冬枯れ, 動物にさえ, 勿論大きい, 化け物ばかり, 十銭二十銭小児半額等と, 十銭子供は, 去年吉野村に, 反駁する, 向側の, 唐衣童女は, 喚くという, 坊やに, 壊して, 大人で, 大人達で, 大抵出征, 好きな, 嫋女の, 容易に, 富士を, 寛仁大度柔かに, 小伝馬町の, 小児を, 少いし, 少ないもの, 少年の, 山系統の, 従前の, 御自慢, 徳ね, 忙しくて, 悧巧に, 拍手を, 持って, 探偵小説を, 損われた, 教えていう, 文章を, 早く童心, 是も, 昼の, 時々ああ, 普通は, 智に, 暗いこの世, 村の, 来客を, 次の, 正面に, 永久に, 泣かない, 泣き叫ぶ子供, 熱して, 牛乳なんか, 狭い人, 現在の, 甘やかして, 生きてるぞ, 白昼堂々, 百五十文お, 百文子供は, 皆たわいも, 皆宇宙艇に, 皆相当, 真剣に, 知らん処, 知恵の, 禁断の, 立構えを, 紅革の, 罰せられるから, 自分たちの, 自分には, 自分の, 自分も, 自分勝手な, 自動車子供は, 芳男と, 苦しい数十年, 評判の, 誰でも, 誰にとも, 豹変す, 酒を, 野に, 野蛮だ, 開業医と, 阮東の, 随筆の, 静かに, 顔を, 風通小紋の, 鳳雛先生では

▼ 大人~ (157, 4.2%)

4 のこと

2 [12件] が出, だ, だった, であった, でウム約束, で司法大臣, と申す, どころか三流四流, にし, に非, の内閣, の存在

1 [129件] かと転た, が, があらわれ, がいる, がおりましょう, がどこ, がない, がわざわざ, がゐない, がジャンジャン, がスラヴ人, が唯々, が天地万物, が天子, が屡々, が現れる, さ, すなわち内務, たるところ, たる所以, たる素質, だから, だと, だなどと, で, であったか, であったかも, であったと, であったとは, であつ, でありながら, であり捕物, である, であること, であれば, でしょう, です, ではなかっ, でも, でもない, で覚悟, というの, というも他, という日本, といえ, といへ, となっ, となった, となつ, とはいったい, とは恐, とみ, ともなれ, と作者, と心得, と海軍, と言われる, と評価, と顧問官, にあらざる, にお, にお目にかかった, になった, にならなけれ, になり得られる, になる, になれぬ, になれる, にのみ限られ, にはなれない, には気の毒千万, に似, に変化, に対しては旗色, に成りあがり, に扮, に特有, に見立てられ, のうち, のため, のまえ, のシャツ, の伝記, の分類, の功業, の名前, の多く, の大, の如くなりしか, の心構え, の悪, の描写, の浪花節, の筈, の行為, の襟度, の転覆後, の風格, は, はあげ, はいない, はこれ, はすべて腕力, はみな函谷關, は一時間, は周囲, は天井, は実に, もいた, もその, やら小, よりも頼み, らしく振舞おうと, をさしおい, をその, をも見出し, を今, を出した, を夫, を待つた, を心から, を挙げ, を装う, を見渡す, を評価, を配すべきだ, を養子, 即ち孔子, 至るところ

▼ 大人たち~ (141, 3.8%)

3 に負け, の間 2 がそれ, に向かっ, のする, はあまり, は皆, もやはり

1 [123件] からかつて, からはいっこう, からは侮辱的, がいない, がいひました, がえてして, がおたがいに, がその, がたんぼ, がひる, がむりにいうものですから, がよく, がパーティ, が何, が半人前, が子供, が昨夜, が武器, が町, が皆, が真顔, が笑っ, が腹, が財産争い, が防衛, だけでなに, だけにわかる, だけ別, でも思弁, と一, と一緒, と伍, と共に祖母, におとらない, にさかだち, にしました, にとってはしばしば, にとっては訴えれ, にはそういう, には羨ましかっ, には鎖され, に大騒ぎ, に行き遭わない, に言わせる, に誘ひ出され, のあいだ, のいい, のお伽噺趣味, のこういう, のつく, のまね, のやう, の不当, の企図, の俗っぽい, の又, の営営, の好奇心, の対話, の席, の強欲, の愚かさ, の方, の普通, の機関車, の滑稽, の熱狂, の生活, の秘戯, の繰, の群, の耳, の行動, の見落し, の計画通り, の話声, の顔, は, はお, はききませんでした, はこの, はそうして, はその, はその後, はてんで, はにせ, ははじめ, はみんな, はみんな水, はやれやれ, は一人, は一度, は一銭, は初め, は口々, は寒気, は平凡, は座敷, は彼ら, は微笑ん, は心から, は思った, は意固地, は漠然と, は生き, は相, は神さま, は遠く, までもこの, もここ, もこれ, もさう, もそこ, もなにごと, もボビチャマ, も今, も子供たち, も社會人, よりもずっと, より子供, を殴りつけ, を毆, 死ぬこと

▼ 大人~ (124, 3.3%)

10 子供の 3 なって, 云ふも, 同じよう, 同様に, 子供と, 子供は 2 いえば, いっしょに, なる, なると, 大人との, 子供, 子供との, 見ぬぞ

1 [80件] いう, いおうか, かわらなかった, こども, せば, ちがって, どのあたり, なったあかつき, なった人, なった今, なってから, なってからの, なっても, なってるが, なつた, なつて, ならば, ならんか, なりたる他人, なりましたら自分, なり君子, なり学窓, なるので, 一しょには, 一人の, 一度お, 一緒に, 七人の, 二重にな, 云うもの, 云っても, 何方が, 先ごろ梁山泊へ, 全く同一, 同じ事, 同じ社会, 同じ高, 同郷の, 名づけた巨大, 呼ばれて, 呼んで, 変ったこと, 変りなく, 大人とが, 天真な, 子どもだ, 子供が, 子供ぐらい, 子供で, 子供とが, 子供とでは, 子供とは, 子供とを, 子供ほどの, 子供よりも, 子供男と, 子供達は, 対等以上の, 小人との, 小児の, 小児ほどな, 小兒, 少女とは, 少年とは, 後室一は, 思うから, 未来の, 案外な, 発達盛りの, 自負し, 融合し, 見られた方, 親善だった, 言つたのも, 話を, 語る初夏, 違う, 違うから, 違うの, 鬼ごっこする

▼ 大人~ (112, 3.0%)

29 子供も 4 小供 2 及ばぬ賢い, 子供の, 小児も, 来るから

1 [71件] ありません, あれば, いない, おじいさんが, およばぬくらい, こうして育つ, この日, この至純, せめて太陽, そう思っ, その他この, その癖, それだけ, それと, たいそうお, たしかに才人, だいぶゐた, つめかけて, なかったでしょう, なんとかかとかい, はいって, またこの, また驚ける, みな家より, みな母の, やるが, カフェーに, ソッポを, マセて, 之れ, 人の, 今こそ, 出て, 区別しない, 南向きの, 及ばないほどの, 及ばぬふん, 及ばぬよう, 及ばぬ叱咤, 及ばぬ猥褻, 及び難く, 友達も, 反対を, 口笛を, 同じです, 同じ乗車賃, 多勢なかなか, 大人六尺の, 子供に, 小人も, 年寄も, 思い及ばぬ程, 扇を, 数名車を, 来て, 死んで, 沢山あげ, 泣いて, 白と, 皆そうでした, 盛んに, 眉を, 私を, 絶対の, 脇に, 見つける事, 見ること, 跣足の, 軽く頭, 随筆を, 顔色から

▼ 大人~ (79, 2.1%)

3 どう助ける, 相手に 2 つかまえて, 小馬鹿に, 眼覚ました, 統御し得る, 見て, 馬鹿に

1 [61件] ありがたい人たち, あわれむこと, いささかも, おどかして, おどろかせる子供, おぶること, しかも二人, しん底から, すえて, たじたじと, だます悪い, てこずらすほど, なで斬りに, にわかに目覚まし, まねて, まるで叢, みても, 乗せて, 交えず大勢, 仲間に, 催促し, 全能の, 叩き殺して, 吃驚させ, 呼びに, 呼びますので, 嚇す気, 大人とは, 小供, 強迫する, 心の, 恐怖さえ, 恐怖させる, 悩す鋭い, 感じると, 感心させた, 憎むなんて, 憎んだ, 掏損こねた, 攫ったという, 教育し, 欺くの, 欺した, 気どって, 満足させ得る, 無視した, 特別な, 眼覚し, 納得させる, 脅かさんと, 見た, 見ること, 見出して, 見失うなあ, 観る, 観察し, 訪れたこと, 買いかぶっても, 遣して, 附けて, 非妥協派

▼ 大人~ (77, 2.1%)

3 は私 2 がこの, がラジオ, のよう, の心, の誰

1 [64件] からからかわれた, がああ, がいつ, がきく, がこんな, がご馳走, がさうだ, がひどく, が器量相応, が毎日飽き, が気がつかない, が莫大, が見, が親切, が試み, でしきりに, でもよくさう, でチャセゴ, とは殆ど口, と老人達, にあしらわれる, にとっては恐らく, には親しめなかった, にもまだよく, に外れ, のいふ, のこと, のその, のチャセゴ, の世界, の丸髷姿, の前, の愚かさ, の手, の様, の無, の策略, の節度, の計画的, は, はなほ, はまた, はまだ, はもうどうしても, は冷やかした, は大きな, は大人達, は平気, は庵主さん, は文部省, は朝, は木, は本心, は自分, は良寛さん, へのたいがい, もじっさいはそれ程, も声, も幾分, も認め, をもどん, を信じなくなった, を罵つた, を飛び越え

▼ 大人~ (43, 1.2%)

5 あつた 3 さへ, 童心を 2 あつて, 後のは

1 [28件] あらうと, いらっしゃいますね, この男, さぞいい話し, しかもこんなに, すら注意, せう, そうバカ, その中, その首長, でも, どこの, ぶらぶらし, もう奥様, ゐられますな, 一箇の, 俊助は, 在つ, 子供とは, 思い合った仲, 感じよく, 押すな, 機関車の, 歌を, 白無垢を, 私は, 第一声が, 身の

▼ 大人でも~ (39, 1.1%)

5 子供でも 2 いやしくも正義, 感服し

1 [30件] あそこへ, あのまま, あり余って, あれには, この木製, この猛火, これだけの, しずかに, なく一人, なく子供, なく実に, よっぽど待, 一人や, 一郎の, 今まで, 何も, 十分の二グラム飲め, 十四五の, 大抵は, 居睡りした者, 強い方, 恥ずかしくなる, 欲しいと, 泥棒は, 湯治などに, 無い, 興味を, 落ちたが, 顔を, 首を

▼ 大人~ (38, 1.0%)

4 から私 2 と思っ, もの

1 [30件] かちょっと, から, からえらい, からそんな, からとかいっ, からよ, から此儘, から泣かず, から目, から胃, から自分, から親, が, がこの, そうだ, ぞというふう, つたと, とする, とて欲しい, とも思っ, と思つて, とA子, なア, ね, ねファン, もの力まかせに, よ, よおじさん, わ, わねえ松吉姐さん

▼ 大人にも~ (25, 0.7%)

3 子供にも

1 [22件] あった, ありしかも, ある, そして婦人, たまに, ときにはお握り, なって, なりきらないのに, なりました, なる, 主観と, 出席を, 十分魅力の, 多かれ少かれこの, 婦人にも, 子供に, 手つだ, 気味の, 盗品の, 能わざるうま, 計って, 通じて

▼ 大人にな~ (24, 0.6%)

3 つてからの, つてし 2 つたなら

1 [16件] つた時, つて, つていろいろ, つてからは, つてからも, つてたけを, つてたまに, つて世間の, つて勝負師の, つて好く, つて形づくつ, つて来た, つて東京の, つて柱にも, ツてから, ツても

▼ 大人らしい~ (24, 0.6%)

2 態度で

1 [22件] のが, 仕事に, 勤勉さが, 口を, 口調で, 同情が, 寛大さの, 寡言な, 引込み思案で, 影の, 役を, 意気は, 感情から, 楽しみを, 様子を, 眼色を, 親切を, 親愛を, 言葉が, 質問を, 青年である, 面持に

▼ 大人には~ (23, 0.6%)

1 [23件] おとなの, けっしてできないだろう, こんなに美しい, たしかに稀, なりきっては, なるまいと, なれツ, 不可能に, 出来ない芸当, 出来る芸, 到底出来ない, 到底思ひ, 到底考えられぬ, 却ってそういう, 問題に, 小さい人, 左樣いふ, 手に, 敵いません, 見られない統一, 貧乏が, 赤子の, 違いない

▼ 大人~ (23, 0.6%)

5 子供が 4 子供の 2 子どもらが, 子供や 1 もん上手, 偉才が, 友人たちの, 子供だ, 子供にとっては, 子供は, 子供達の, 小供, 教育者たちの, 賢い子供ら

▼ 大人よりも~ (22, 0.6%)

3 利きが

1 [19件] ませてや, むしろ老成, 一層社交的, 上手に, 分りが, 利巧で, 図体の, 埋智的, 多かった, 子供の, 子供を, 悧巧である, 悪いから, 正直な, 狡猾で, 狡猾であった, 現代生活の, 老成する, 野放図も

▼ 大人らしく~ (19, 0.5%)

2 なつて, 応待した

1 [15件] おなりに, お成り遊ばせ, それは, てお, なつた, はなっ, もない, ものを, も思慮, 一笑に, 云ひか, 暗く世帯, 構へて, 父を, 立派で

▼ 大人から~ (17, 0.5%)

1 [17件] うけうり, はじまったという, やがて老人, やっつけちゃ, やっつけなければ, よく聞かされた, 云えば, 子どもへ, 子供まで, 学んだ中世, 笑われるよう, 老人に, 聞かなければ, 裏切られたかなし, 見ると, 見る子供, 音信の

▼ 大人君子~ (17, 0.5%)

1 [17件] だ, というわけ, なるもの, には相違, に向, に持つ, のよう, の境遇, の成せし, の背負物, の興味, の見, の風格, は青年, ばかりで, も深く, 向陵

▼ 大人~ (16, 0.4%)

2 のです, んだ, んです 1 のか, のだ, のと, のには, のにやつぱり子供みたい, のに軽い, のも, よその, んざそれ, んていう

▼ 大人である~ (14, 0.4%)

2 自分の

1 [12件] からその, こと, ことが, ことを, といふ自負, と認めたなら, 場合は, 子供の, 時には, 澄太君らしい, 証拠である, 遊戯を

▼ 大人みたい~ (14, 0.4%)

3 なこと

1 [11件] であなた, でおかしかっ, なので, な口, な嘆息, な服, な様子, な眼, におもい, に受け, に首

▼ 大人という~ (13, 0.4%)

9 ものは 1 お方は, のが, 感じだった, 特質と

▼ 大人より~ (13, 0.4%)

1 [13件] おっかない奴ら, ませたもの, もっと大人, よく知っ, 上手である, 却って, 大切に, 子供に, 幼稚の, 幾分低かっ, 早い晩食, 早く発現, 野蛮で

▼ 大人らし~ (11, 0.3%)

6 さが 4 さを 1 さという

▼ 大人~ (11, 0.3%)

2 ない, ないやう 1 で賣れ, ないから, ないと, ないとは, なくも, なし永き苦しみ, 無い姿

▼ 大人です~ (10, 0.3%)

1 かと書生, からさつき, からね任し, から私等, かハハハ今日, っておっしゃる, な, ね, ものね, よ

▼ 大人として~ (10, 0.3%)

2 面白かった 1 おそらくわたし, 世を, 創造された, 即ち年齢, 子供は, 思える, 日々の, 現れること

▼ 大人とは~ (10, 0.3%)

1 どこの, 一切の, 云ふも, 云わないこと, 思いません, 思ひながら, 敵討物の, 甲羅を, 裏切られた青年, 違う

▼ 大人子供~ (10, 0.3%)

21 が飢え, という, に投石, のまま, の如何, の差別, を尻眼, 集りそれ

▼ 大人っぽい~ (9, 0.2%)

1 かと思う, のど声で, 声で, 点は, 片頬笑い, 節回しで, 語調で, 謂わば, 顔が

▼ 大人なみ~ (9, 0.2%)

1 である, とも見えなかった, になりたい, に出来, に成長, に用, のこと, の人間, の爺さん

▼ 大人なら~ (9, 0.2%)

1 ば, ばこっち, ば不可能, ば兎, 一度位, 仕事に, 自棄で, 軽罪で, 造作なく

▼ 大人だって~ (8, 0.2%)

1 たいてい辛抱, ちょい, ちょっと出ない, 北京の, 困りますよ, 怖いこと, 泣かずに, 覚えない奴

▼ 大人といふ~ (8, 0.2%)

4 ものは 1 ものが, ものに対する, ものの, わけでございます

▼ 大人~ (8, 0.2%)

2 からの帰り 1 ともお, のかまぼこ, の住人, の動物園, の言葉, の重箱

▼ 大人っぽく~ (7, 0.2%)

1 おなりに, なっちまって, なって, カアルし, 安定した, 膝を, 遊戯なんか

▼ 大人では~ (7, 0.2%)

1 あったが, お話に, ないん, なかった, なかつたが, 孔文挙小児なら, 非常に

▼ 大人ばかり~ (7, 0.2%)

1 だけど, だったし, だったので, でこの, でなく小児, なので, なんだ

▼ 大人以上~ (7, 0.2%)

1 にまじめ, に大きかっ, に素直, に達筆, の一途, の悪事, の落付

▼ 大人同士~ (7, 0.2%)

1 が一緒, のちょっとした, の暗黙, の社会主義論, の秘語, の話, の陰口

▼ 大人~ (6, 0.2%)

1 ほとんど大学生, わからねえやつ, 子供か, 子供かとか, 小児に, 誰も

▼ 大人~ (6, 0.2%)

1 ぽいとか, ぽい感じ, ぽくみえた, ぽく巧, ぽさ, ぽすぎる

▼ 大人との~ (6, 0.2%)

2 間に 1 仲間なり, 名に, 感受性の, 間にも

▼ 大人までが~ (6, 0.2%)

2 はね歩きました 1 まじっての, 大変な, 面白がっ, 飛び出して

▼ 大人よりは~ (6, 0.2%)

1 いい結果, 大きな頭, 小さい一人, 小さかった, 少年不, 敏捷で

▼ 大人並み~ (6, 0.2%)

2 に家 1 になっ, に歪んだ, に食う, のこと

▼ 大人~ (6, 0.2%)

1 であつ, でしょう, のスキー, のヴァイオリン, の本, は本年

▼ 大人~ (6, 0.2%)

2 となり 1 なもの, な態度, な批判的, な種々

▼ 大人じみ~ (5, 0.1%)

1 てい, ていた, てくる, てただ, てゐた

▼ 大人であった~ (5, 0.1%)

1 が以後, というの, という理由, と云う, のか

▼ 大人ども~ (5, 0.1%)

2 はつい 1 が信長, でござる, の試合

▼ 大人ばかりの~ (5, 0.1%)

1 世界だ, 客間から, 家に, 結びつきでは, 雑談は

▼ 大人もの~ (5, 0.1%)

1 がそれほど, についてもいえる, は筋, らしい鳥打帽, を書く

▼ 大人らしくなっ~ (5, 0.1%)

1 ていた, ていたら, ている, ておいで, て感じられます

▼ 大人下駄~ (5, 0.1%)

2 をはい, を穿い 1 で地団太

▼ 大人同志~ (5, 0.1%)

1 からは全然, の喧嘩, の挨拶, の気まずい, の無造作

▼ 大人弥五郎~ (5, 0.1%)

1 である, と称し, と言, に於, の様

▼ 大人~ (5, 0.1%)

1 が陣取っ, のおしゃべり, の怒り, はいっこう, は見物

▼ 大人じみた~ (4, 0.1%)

1 凸額を, 思案を, 真面目な, 考えを

▼ 大人だけの~ (4, 0.1%)

1 ことで, 働きを, 生活で, 酒宴に

▼ 大人であり~ (4, 0.1%)

1 ながら感性, 山際は, 結婚期である, 青年自身の

▼ 大人でさえ~ (4, 0.1%)

1 この手, そうであれ, なかなか行けない, ひやっと

▼ 大人でない~ (4, 0.1%)

1 から恐い, とわからない, と書けない, と笑われ

▼ 大人~ (4, 0.1%)

1 お別れ, 一ヶずつ, 大人から, 移ろうと

▼ 大人ほど~ (4, 0.1%)

1 ある鬼魅, はっきり判らなかった, 取乱しては, 幅を

▼ 大人まで~ (4, 0.1%)

1 加わって, 爭つて呼びとめては買つた, 蟹の, 集まって

▼ 大人までも~ (4, 0.1%)

3 寂しい馬鹿 1 そのおもしろ

▼ 大人をも~ (4, 0.1%)

1 ひきつける面白, 小児に, 本能的に, 見ぬからとて

▼ 大人~ (4, 0.1%)

1 でござる, の態度, はシャポワロフ, は非常

▼ 大人向き~ (4, 0.1%)

1 だ, に材料, の味, の旧い

▼ 大人寂びた~ (4, 0.1%)

2 美しさ 1 女友達も, 私にまで

▼ 大人~ (4, 0.1%)

2 つた口を 1 つた口ばかり, つた呟き

▼ 大人~ (4, 0.1%)

1 がいつ, という敬称, と呼んだ, もあの

▼ 大人~ (4, 0.1%)

1 な好々爺, な貫禄, をも備, を吹かせる

▼ 大人かと~ (3, 0.1%)

2 思えば 1 思つてたんだ

▼ 大人くさい~ (3, 0.1%)

1 ことを, のに興味, 顔を

▼ 大人じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 だめだ

▼ 大人たる~ (3, 0.1%)

1 や道徳的, をいかんせん, 我々が

▼ 大人って~ (3, 0.1%)

1 どういうこと, 喧嘩する, 馬鹿な

▼ 大人とが~ (3, 0.1%)

1 一歩退く, 住んで, 対立し

▼ 大人としての~ (3, 0.1%)

1 待遇を, 愛情の, 美しさ

▼ 大人とも~ (3, 0.1%)

3 子供とも

▼ 大人なんて~ (3, 0.1%)

1 いわれるよう, 案外駄目, 煩わしいもん

▼ 大人にとっても~ (3, 0.1%)

1 子供にとっても, 少年にとっても, 米友が

▼ 大人に対して~ (3, 0.1%)

1 抗議する, 秘密を, 頭を

▼ 大人に対する~ (3, 0.1%)

1 信頼を, 反逆, 警戒心を

▼ 大人ぶつ~ (3, 0.1%)

1 た口調, た女の子, て言

▼ 大人らしう~ (3, 0.1%)

3 惶り

▼ 大人~ (3, 0.1%)

1 ぽいこと, ぽいところ, ぽいもの

▼ 大人三人前~ (3, 0.1%)

3 を一手

▼ 大人~ (3, 0.1%)

1 がずつと進ん, が時々, は家人

▼ 大人~ (3, 0.1%)

1 が当った, さぞや裸, はカーメネ

▼ 大人~ (2, 0.1%)

1 人だ, 沢山口も

▼ 大人くさく~ (2, 0.1%)

1 なければ, なりました

▼ 大人この~ (2, 0.1%)

1 たび思い寄る, 五人が

▼ 大人~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ 大人さえ~ (2, 0.1%)

1 あまり外国, 火の

▼ 大人だった~ (2, 0.1%)

1 のだ, ので里虹

▼ 大人だつた~ (2, 0.1%)

1 か子供, んだ

▼ 大人であっ~ (2, 0.1%)

1 て捌け, て私達

▼ 大人でさえも~ (2, 0.1%)

1 テニスや, 命がけだ

▼ 大人とを~ (2, 0.1%)

1 合わせて, 問はず我々の

▼ 大人なんかに~ (2, 0.1%)

1 はたちの, イザといふ

▼ 大人にだって~ (2, 0.1%)

1 まけやしない, 子供にだって

▼ 大人にとって~ (2, 0.1%)

1 この少年, 立派な

▼ 大人にばかり~ (2, 0.1%)

1 ならうと, なりたがるそして

▼ 大人にまで~ (2, 0.1%)

1 なって, 成長する

▼ 大人ふたり~ (2, 0.1%)

1 と竹童, は長い

▼ 大人への~ (2, 0.1%)

1 お詫びに, 影響の

▼ 大人めい~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 大人~ (2, 0.1%)

1 のうち, はそこ

▼ 大人らしくない~ (2, 0.1%)

1 くりくりと, ところが

▼ 大人一人~ (2, 0.1%)

1 が鎧櫃, に十分

▼ 大人三人~ (2, 0.1%)

1 につき玉子一ヶ配給, ほどでなく

▼ 大人~ (2, 0.1%)

1 に交際, に話しかけられる

▼ 大人五銭小人二銭~ (2, 0.1%)

1 の木戸, の木戸銭

▼ 大人~ (2, 0.1%)

1 とはそこ, を開い

▼ 大人四人~ (2, 0.1%)

1 が手, と子供二人

▼ 大人大人~ (2, 0.1%)

1 のくせ, のよう

▼ 大人扱い~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 大人振っ~ (2, 0.1%)

1 てわざと, て見える

▼ 大人振り~ (2, 0.1%)

1 はまつたく, 後進を

▼ 大人~ (2, 0.1%)

1 で奥軽井沢三笠, の登山隊

▼ 大人物たる~ (2, 0.1%)

2 を得可

▼ 大人皆四五婦下戸~ (2, 0.1%)

2 或二三婦

▼ 大人群中~ (2, 0.1%)

1 の小, の小児

▼ 大人自身~ (2, 0.1%)

1 が人間, のため

▼ 大人足跡~ (2, 0.1%)

1 という口碑, は中国

▼ 大人隼人~ (2, 0.1%)

1 などともいっ, などと呼ん

▼ 大人~ (2, 0.1%)

2 をし

▼1* [209件]

大人あつかいにする, 大人あつかひに話, 大人あなたさまのご, 大人あり子供あり, 大人いくら心を洗う, 大人いやむしろ老爺, 大人お初に御意, 大人お前は下山, 大人かなそうで, 大人からの賞められ, 大人からも聞かされたが, 大人がたのお, 大人がって通がりそう, 大人きっぱりとなる, 大人ぞなり, 大人くさいいいかただった, 大人ぐらい艶めか, 大人ぐらいの大きさ, 大人ここに来, 大人恩は, 大人しうものも, 大人すぎて見えた, 大人すぎるんだろう, 大人その人も, 大人陋しい, 大人たち乗客の世, 大人たち私が嬉戯, 大人だったならばホテル, 大人だったらそうっと彼, 大人だの悪僧だの, 大人やぞ, 大人っぽかった, 大人つてみんなこんなもの, 大人づいてゆく, 大人づくらせたれ, 大人であったなら疾くに, 大人でありたかったのだ, 大人であろうがその, 大人でございますから大概, 大人でしたがって昔, 大人でなくて小僧っ子, 大人でなければわからない, 大人で無いといふ, 大人とか長ズボン, 大人としてしか通用しなくなった, 大人としては不可能であっ, 大人とてはない, 大人どちらでもよく, 大人なしく出て, 大人なぞは忘れて, 大人など色紙風の, 大人などと来ては, 大人などには話さないで, 大人などよりも随分写実的, 大人などを差し向けると, 大人なにに感, 大人なみ八時間労働とまったく, 大人なら知らず円くて, 大人なりければ, 大人なるも可笑し, 大人なんぞを引合いに, 大人なんどのよう, 大人において見られるこの, 大人にからかふてえが, 大人にさえなれば, 大人について歩いて, 大人についても同じこと, 大人にて普通の, 大人にでも女の, 大人にとつて荒唐無稽の, 大人にとってはエホバ, 大人にもなつてゐた, 大人に対してはあまり向かっ, 大人に対すると同じよう, 大人のみがこの暗い, 大人はからだが, 大人はなお内儀さん, 大人はのつけから, 大人はネ行, 大人ばかりで雑談に, 大人ぶりも思いやられる, 大人へでもするよう, 大人または哲人である, 大人までを嘆かせて, 大人めぐみもて, 大人めいた口を, 大人もちょんびりでも心の隅, 大人ゆえ愚なもの, 大人あんた, 大人よく怪我する, 大人よりもかへつてああ, 大人らしくからかいながら几帳, 大人らしくしたらいいぢ, 大人らしくなった太い声, 大人らしくなったでしょうか, 大人らしくぶつかっている, 大人らしくやられてゆく, 大人らしく分け緑がかった, 大人らしく取済ましている, 大人らしく叫んで伸子, 大人らしく呑み込んだ返事を, 大人らしく成るであらうかと何時, 大人らしく振舞うのが, 大人らしく聞える言葉が, 大人らしゅう構えて居る, 大人をからかやが, 大人ぽく見せた, 大人一人分には無理, 大人一人子供二人の例, 大人一代にて身上, 大人三人位の重量, 大人中間に入った, 大人乗りのその, 大人乞食をさも, 大人二枚に子供一枚, 大人二錢か一錢五厘, 大人云々の説, 大人今年の御, 大人以来国学諸先輩, 大人仲間よりも社交的, 大人会老人会等を設け, 大人て氣象, 大人位お金を使っ, 大人位食物を喫する, 大人使う少年強盗, 大人たる, 大人像師岡正胤主恵贈, 大人全然おひとり, 大人八厘八百屋乾物屋にもひと, 大人八厘小児五厘人力車は一台一銭五厘, 大人八時間七時間で十八歳未満, 大人六尺の上, 大人十六人で大体我々, 大人及び皇子, 大人の書, 大人同士藩の御用, 大人同様の食物, 大人同様女中も書生, 大人君子英傑である, 大人君子連に与へ, 大人否小説の霊, 大人呉俊陞の若い, 大人四名と童子二名, 大人国ラピュタ馬の国, 大人国ラピユタ馬の国, 大人失礼ですが, 大人奥さんどこ行くか, 大人好みのお, 大人始め若手も加わっ, 大人威丈高に伸び上っ, 大人寂びてきた, 大人小供, 大人対手のよう, 大人小人各等半額, 大人小人俊傑平凡の別, 大人小僧をつけねらっ, 大人履きでしたから退屈男, 大人と小人島, 大人凍ったばかり, 大人式編集を始めた, 大人得意ならざる大人, 大人撮写千金方中, 大人所敬但搏手以當跪拜, 大人振った口の, 大人振つた樣に, 大人撰む甲とあり, 大人早々に円生君, 大人昨夜眠熟せしや, 大人朱楽管江大人鹿都辺真顔大屋の裏住, 大人染みて来, 大人気の毒だったよ, 大人没後の門人, 大人物大学者と言われ, 大人物風雅の友, 大人物高徳者ですら, 大人玩具店の間, 大人がその, 大人用のは四拾円, 大人畢生の大著, 大人的風格の持主, 大人有四五妻其餘或, 大人皆病児童健可識無心勝有心, 大人取以為我家医範, 大人相逢道路逡巡入草, 大人が附属, 大人もお, 大人ありまして, 大人不失其赤子, 大人臭いにおいが, 大人至堀子之邸舎, 大人若いものと, 大人苦しき大人得意ならざる, 大人落合直文先生の歌碑, 大人虎變君子豹變といふ辭, 大人行ったことが, 大人見れば鶏, 大人か早口, 大人諸氏及び, 大人貴方の思召, 大人を作り, 大人踐跡長卅餘歩, 大人達婦人連が果たして, 大人隆升翁生存之日, 大人集会聖餐式寺西牧師不在聖女学院教授平井先生のお話, 大人露西亜人にやられただ, 大人静坐して, 大人風邪で悄気, 大人驚いた顔を, 大人鹿都辺真顔大屋の裏住