青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「封~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寸~ ~寺 寺~ 寺院~ 対~ ~対立 対立~ ~対象 対象~ 寿~
封~
封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~ 将軍~ 将軍家~ 将門~

「封~」 1358, 15ppm, 7616位

▼ 封~ (596, 43.9%)

91 切って 59 切った 38 して 18 切つた 10 切る 9 開いて 8 切ると 5 きって, 解いて, 開いた

4 [12件] しそれ, した, する, せずに, ひらいて, 切っては, 切つ, 切つて見る, 切らずに, 切りながら, 破った, 破って

3 切ったが, 切る手, 受けて, 披く, 裂いた

2 [24件] あけて, したところ, した上, した封筒, した手紙, しめして, するの, 切ったもの, 切つて見た, 切つて読み下した, 切つて讀み下しました, 切らうとして, 切りそれ, 切りに, 切りました, 切り黄いろい, 切るの, 切る前, 切る時, 命ぜられたの, 披き, 書いて, 襲いだ, 請願し

1 [237件] あけた, あける, あけると, いたします, うけたに, うけて, お切り, かしこみわが, きった, きったこと, きらないで, きらなかったろうに, きられいあわせたものたち, きられた素子, きりいたずら者, きりひらいて, きりむさぼるよう, きり眼, きると, きると共に, きる彼, させて, し, しそれから, したの, したり, したん, した一冊, した二重窓, した包み, した茶壺, した銅, してあつし, してなかったので, しないで, しない小判, しながら, しました, します, しようとして, し切らば, し牛込郵便局, し裏, じろ, すぐは, すつす, するだから, すると, するのよ, するまえに, するやう, すれば, せぬの, そつと, ついでそれ, つぐや, つけて, ていねいに, ばりばりと, ひらいた, ひらきて, やぶった, ピリピリと, マリアに, 一気に斬っ, 与え甘, 他の, 先に, 出して, 切っただけ, 切ったと, 切ったの, 切ったまま, 切ったまま手箪笥, 切ったら詩, 切った作品, 切った彼, 切った手紙, 切った石子刑事, 切ってないね, 切っても, 切つても, 切つて一番上の, 切つて一階から, 切つて下, 切つて内の, 切つて書簡箋五六枚に, 切つて栓が, 切つて椅子へ, 切つて読む, 切て, 切らせました, 切らないうち, 切らないの, 切らないま, 切らないまま, 切らないまま二階, 切らない手紙, 切らない朝日, 切らない長篇, 切らぬ先, 切られた, 切られたかと, 切られた手紙, 切られた時, 切られて, 切りそれから, 切りなか, 切りましたか, 切りますぜ, 切りますよ, 切り内容, 切り少し, 切り新茶, 切り鍵, 切るこたあ, 切ること, 切るという, 切るやう, 切るよう, 切る勇気, 切る手数, 切る訳, 切る道臣, 切る鋏, 切る間, 切れと, 切ろうか, 切ろうと, 削らせて, 削られて, 削りたり, 剪る, 匂わせたに, 南昌に, 去りて, 取り落すと, 取除かれその, 受けたが, 受けたこと, 受けたもの, 受けた品, 受けなかったならば, 受けられまことに, 受け印綬, 受取ると, 可愛がること, 右門の, 呉れたから, 命じられたの, 啓け, 固く致しました, 多くした, 大和国郡山に, 失う者八十余人, 失つた事や, 失つて又, 奪われた時, 好み従って, 妹の, 寄せ来る, 建つるめでたき, 得て, 忘る, 披い, 押しひろげ半分, 押し切った伯爵, 押し開きました, 押切って, 押切つてみた, 押切り読んで, 押戴きたい, 拒絶され, 拒絶し, 持ち位官, 持つて, 擁し覇威, 施した箱, 施して, 施し一門, 明治十七年に, 時の, 望んだの, 横の, 渡しまして, 痛めつけた, 目もて, 直して, 破いて, 破ったとき, 破った上, 破つた, 破つて, 破るの, 約したの, 継いだ, 継いで, 継がれて, 継ぎました, 行つた, 裏返して, 褫はる, 襲いだから, 襲いだの, 襲いだ正, 襲うた関係上, 見たとき, 見よ, 規定し, 解いたもの, 解いては, 解かなかつたの, 解きにか, 解きました, 解きまして, 解くと, 解くまも, 解く呪文, 説いた, 請うて, 賜わったの, 鋏で, 閉じなかった, 開いたが, 開きながら, 開きピンセット, 開き一枚, 開くと, 開くの, 開けて, 開けば, 開けるわ, 除かれたとき, 除かれた内藤氏, 除くと, 頂戴した, 頼んで

▼ 封~ (204, 15.0%)

20 手紙を 8 書状を 7 書を 6 手紙が 4 ままで, 金を 3 上に, 中へ, 書は, 書面を

2 [13件] うちに, して, ま, 下に, 二条件を, 切って, 切れて, 厚いの, 手紙, 書面, 破れた手紙, 裏を, 首を

1 [117件] あるも, あるノオトブック, いさめを, お沙汰, かはいらしい, きられて, してない封筒, とじめ, ない裸身, なかった, ままお返し申す, ままでした, ままなる, ままに, ままの, まま先方へ, まま出し, まま火中し, まま通用させる, もみじの, やぶれて, わきに, 三名を, 両人へ, 中, 中に, 中の, 事也, 二人は, 二将が, 二将を, 伴った転封, 便りが, 信書を, 儀式にも, 儘畳の, 兵が, 切ってないもの, 切らないやつ, 切れない切餅, 勢に, 包み奉書が, 君について, 君孟達などの, 増額という, 女筆の, 密書それを, 密書を, 小判と, 小包が, 小包郵便が, 帛書一巻を, 戦いは, 所が, 扉を, 手簡書く, 手紙と, 手紙らしい, 手紙らしくあります, 手紙ユリを, 手紙受取っ, 手紙陰に, 披かば, 披かれたる, 文字は, 文字を, 旨を, 早打状を, 書, 書あり, 書ある, 書き物と, 書体とは, 書物を, 書状お, 書状とが, 書留小包が, 書留郵便が, 書簡は, 書簡を, 書置きが, 書翰は, 武芸は, 気味の, 沙汰を, 済んだ後, 物を, 目に, 目や, 相手には, 破られたま, 破れて, 紹介状を, 経と, 経過を, 経験を, 表に, 表には, 表を, 裏に, 裏には, 路銀ならびに, 身であり, 軍勢は, 返信を, 遠州流奧傳, 遺書を, 郵便物が, 郵便物を, 郵書来りぬ, 金と, 金包を, 金子と, 金子を, 間に, 陣へ, 際燕齊の

▼ 封~ (50, 3.7%)

4 の価値, の金 2 の中, の重量

1 [38件] ある丸い, か二封度, が以前, すなわち一エーカア, ずつ三人, その価値, であり第, であると, なら二百封度, につき八, になる, に三片, に付金九銭六厘六毛, に付金拾銭也, に昇っ, に等しい, のそれ, の代価, の値上げ代価, の地代, の新鮮, の王, の目盛り, の道, の重, の鉄, の鉄亜鈴, は以前, ほどの錫, まで無代, もはいっ, を保有, を持っ, を携え, を支払った, を突破, を超, 程の金槌

▼ 封~ (45, 3.3%)

2 有耶無耶に

1 [43件] いうまでも, うなずいた, この情勢, して, そう云い捨て, そこへ, ただ彼, はがされて, ひらかず肌, もと螟蛉, ようやく面, わっと, ヌヤングウェ駐在英軍測量部と, 一言も, 三千戸である, 井上河内守正甫の, 六百戸である, 共に腰, 切って, 切つ, 切らぬから, 切らねど, 切られそして, 切らん, 切るまい, 切れて, 卯木と, 厳密に, 夜が, 実に怪しから, 彼らの, 得ずも, 御城代, 成都へ, 武勇に, 涙を, 父玄徳の, 玄徳の, 破られて, 答えて, 読み終ると, 開いて, 面目を

▼ 封~ (43, 3.2%)

7 して 4 切って 2 切つ, 切れて, 嘗てこの

1 [26件] あったので, あり従五位以上, あると, ある恥, してないの, してない四つ, してなかった, わが家の, 五万余の, 入れ違い, 出ない, 切らずに, 切られた, 切られて, 切れたよう, 切れ黄金, 受けて, 固くし, 敗れて, 有ります, 欲しかった, 済んだ翌年, 申し渡されて, 発表され, 結えつけて, 自分の

▼ 封~ (31, 2.3%)

7 切らずに 3 切らぬ手紙 2 切らないで

1 [19件] きらない原稿, して, してなかった, すぐ身, せずに, なくなるべきであると, 中軍に, 元の, 先の, 切ってなかったそう, 切ってなかったイギリス, 切らず盗られた時, 切らず盜, 切らなかつたが, 披か, 望んで, 遂にその, 開かないで, 開けずに

▼ 封~ (25, 1.8%)

2 して, 入れて, 間違ひ

1 [19件] あてて, ありますもし, ここは, する前, なれば, 一軍を, 会って, 使ひ出した, 入った手紙, 入れた金, 勝ったと, 命じれば, 宇治で, 就くの, 当たる, 書いて, 相成り少将様こちら, 納めて, 見覚えの

▼ 封~ (22, 1.6%)

1 [22件] がある, でそいつ, で三ツ, で五つ, で百両, に不足, に拵ら, のま, の員数, の封紙, をにぎらせ, をふたつ, をもわざと, をコロリ, を一つ, を三つ, を並べ, を出し, を取り出す, を幾つ, を溝板, を見つけ

▼ 封~ (15, 1.1%)

1 [15件] ている, てし, てしまった, ても息づまる, てゐる, て備前美作五十万石, て先生, て去れり, て多少, て宿直, て寒蛩喞, て来た, て眺望, 後緩, 武靖と

▼ 封~ (13, 1.0%)

1 [13件] いふを, これも, する, なりその後, 云うこと, 同日である, 孟達が, 孟達であった, 孟達とは, 改め以後, 為りて, 祖師の, 聞く家時公

▼ 封~ (11, 0.8%)

1 [11件] が怒った, と二人, と喧嘩, に向っ, の体, はいきなり, はなん, は僕, も何, を総がかり, を罵った

▼ 封され~ (10, 0.7%)

1 そのまま幕末, ている, てから蒲生氏, てこの, てその後, てやって来た, て越前福井, また, 嘉明の, 百万石の

▼ 封された~ (9, 0.7%)

1 のだ, のである, 一通の, 南部藩士の, 後忠世忠行忠清忠挙忠相親愛親, 時の, 池田勝入, 薬品が, 諸侯は

▼ 封~ (8, 0.6%)

2 を得 1 のこと, の位, の印, はおろか, をも得た, を思う

▼ 封~ (7, 0.5%)

1 との間, と同, に換算, の数, の田地, は賦役令, をうけた

▼ 封~ (7, 0.5%)

1 と行賞, の恩典, も, を受, を受け, を授けた, を獲た

▼ 封した~ (6, 0.4%)

2 さいには 1 がその, と云, のである, をり

▼ 封には~ (6, 0.4%)

1 また当番, 勝ったが, 天堂一角先生などと, 服部治郎左衛門元成妻卯木と, 苦悶が, 青い旗

▼ 封孟達~ (6, 0.4%)

2 の二人 1 などがおります, の輩, はともに, へ召状

▼ 封という~ (5, 0.4%)

1 ものです, 二将が, 字音に, 家の, 眼の

▼ 封三年~ (5, 0.4%)

2 の條下 1 の六月乙卯, より三十七年前, より二十七年前

▼ 封~ (5, 0.4%)

1 に盛ん, の事, の医師五十人, の神社仏閣, をし

▼ 封~ (5, 0.4%)

1 が決まり, に就く, の印, の水, 何ぞ賊徒

▼ 封~ (5, 0.4%)

1 にある, に移る, に置い, のいろいろ, 或は夢殿

▼ 封使~ (4, 0.3%)

1 がこ, の一行, の歡待所, を送る

▼ 封~ (4, 0.3%)

1 に酬, の恩典, の授受, をもらう

▼ 封~ (4, 0.3%)

1 が洗い流され, のない, の正しく, は忽ち

▼ 封する~ (3, 0.2%)

1 ことに, と何だか, 可く

▼ 封などの~ (3, 0.2%)

1 留守隊は, 若武者は, 諸将

▼ 封~ (3, 0.2%)

1 きっと眼, にじんだ口紅, 書いて

▼ 封~ (3, 0.2%)

1 なくして, にし, に劣らぬ

▼ 封元年~ (3, 0.2%)

1 に武帝, より逆算, を司馬遷

▼ 封~ (3, 0.2%)

1 が其處ら, が届い, が届いた

▼ 封~ (3, 0.2%)

1 には古く, の戒嚴昔, の見当

▼ 封~ (3, 0.2%)

2 して 1 されても

▼ 封せる~ (2, 0.1%)

1 は太祖, 者を

▼ 封でも~ (2, 0.1%)

1 あるらしかった, してやるかの

▼ 封といふ~ (2, 0.1%)

1 如き言葉, 字音に

▼ 封とは~ (2, 0.1%)

1 久米氏の, 各五百人

▼ 封まで~ (2, 0.1%)

1 いた, してから

▼ 封をば~ (2, 0.1%)

1 さきに, 解くとき

▼ 封一万石~ (2, 0.1%)

1 を削られ, を加

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 です, の力

▼ 封八戸許~ (2, 0.1%)

2 に較

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 臨, 臨瀕海城

▼ 封問題~ (2, 0.1%)

1 である, はあった

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 を破った, を荒し

▼ 封押切っ~ (2, 0.1%)

1 て手紙, て読ん

▼ 封状二つ一つ~ (2, 0.1%)

2 はお

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 を固く, を押切ッ

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 は其爲, を行

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 がまだ, でとめられ

▼ 封糜芳~ (2, 0.1%)

1 が一軍, などが船

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 に入れ, を除く

▼ 封~ (2, 0.1%)

2 を剥い

▼ 封~ (2, 0.1%)

1 を与え, を賜い

▼ 封開け~ (2, 0.1%)

2 まへん

▼ 封~ (2, 0.1%)

2 の權

▼1* [137件]

かき終りこれ, 封ぐ気になった, 封ここは鴻門, 封こそ切らぬ手文庫, 封これ幸ひと懐中に手, 封ごとに腰巾着, 封るる時随行, 封させるお心, 封されたる長文の, 封されるかも知れん, 封したおりその天守閣, 封し奉る方が, 封ずつの金を, 封せず樹せずし, 封せられわたくしの, 封せられた諸侯の, 封それは今年, 封たる葛なり, 封だけさせようと, 封だけは切って, 封だけを繰って, 封開けて, 封であって特殊, 封であったのであろう, 封ではないから, 封としてはぜひとも買っ, 封とを探り出した, 封と共に小倉から, 封のだ, 封なしの手紙, 封などが残って, 封などはいたしかた, 封などをかかせる事, 封にも告げずわずか, 封または減封せられた, 封たる穴, 封をだに切らざりしを, 封を以て一種の, 封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會, 封一枚一枚と箱いっぱい, 封三娘が独り, 封より落ち散り, 封乃至は増封的転封, 封を上らしめ, 封事三条を上った, 封事中にも, 封二百戸を給, 封見えんこと, 封今夜中何卒御, 封の, 封付けられる恨みが, 封何ぞ薄き, 封使ら争うて, 封使君のこと, 封使陳侃という人, 封侯富豪我れこそは, 封侯所有の歴史, 封八十戸である, 封八百戸すなわち封戸, 封を受, 封処分で家名, 封初度の元旦, 封封された, 封せんと, 封包んで置いた, 封千三百五十石十九ヶ村の多き, 封印せられてしまうであろう, 封を得たらしい, 封呂宋強硬外交は, 封哥さんは怒り, 封國偏遠作藩于外, 封埋めるところ動かず, 封を弊履, 封を貪り, 封につめたく, 封の内外, 封境過大にし, 封境防備の任, 封孟達どもに奪われ, 封し記念, 封の諸, 封度ぐらゐの小型よ, 封度一ドルで売れる, 封度九銭六厘六毛の物品, 封度以上は一封度, 封度四分ノ三という約束, 封度軌条の上, 封座員大ぜい, 封庫破りの騒ぎ, 封恩信洽, 封戸ニ加へ賜ハリテ悦バセ給ヘル歟, 封戸料米等を納, 封所属を発表, 封押し切って読下, 封となっ, 封於會稽斷髮文身以避蛟龍之害, 封曰風流之士, 封には上庸, 封の世, 封権時代の事実, 封正使汪楫の伝へし, 封で邑人, 封減地或いは断絶, 封減禄された大名, 封港論をした, 封の, 封無しの書面, 封爵栄進の恩, 封の中, 封で自分, 封のまま, 封番人の番所, 封的転封を拒絶, 封神領神宝等の寄進, 封禄家士に至る, 封禪書といふもの, 封せしめる必要, 封をとる, 封たろうと, 封自身追手となっ, 封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 封薛蘭の二将, 封して, 封を受け, 封封じ降巫, 封した上, 封豕長蛇もって, 封豕長蛇東洋を侵略, 封は敵, 封で捺しました, 封込められた蟾蜍の, 封還することも, 封重兵を擁し, 封金二ツあんな小娘, 封金百両ほどな, 封といふ物, 封誤であります