青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寮~ 寸~ ~寺 寺~ 寺院~ 対~ ~対立 対立~ ~対象 対象~
寿~
封~ 封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~ 将軍~ 将軍家~

「寿~」 1978, 21ppm, 5377位

▼ 寿平次~ (260, 13.1%)

7 は半蔵 5 だ, と一緒, の前 4 の方 3 と二人, のよう, の家, の家族, はその, は言った, もその, も半蔵

2 [17件] が家, が言い出した, と顔, に告げ, の心, の言い草, の隣, はお, はこっそり, は妻籠, は弓, は手, は言っ, は言葉, もお, を見, 実蔵

1 [176件] から夢, から見れ, がきく, がこの, がたずねた, がたずねる, がふき出す, が兄, が先代, が助, が半蔵, が土器, が妻籠, が妻籠本陣, が宿方, が尋ね, が尋ねる, が弟, が彼, が待ち受け, が心配, が戸長役場, が持っ, が挨拶, が村, が正, が残し, が目, が笑い, が言い添え, が言う, が言った, だった, であった, であったこと, でこの, とがこんな, とが隣り合っ, とても半蔵, との一別以来, とは一歩先, とは互いに, とは涼しい, とも別れ, とを見比べ, と二人枕, と半蔵, と同行, と彼, と枕, と脇本陣, と連れ, にきいた, にさし, にさして, にたんと, にとっても深い, にはすこしも, にも含ん, にも容易, に伴われ, に似, に取り出し, に比べる, に話した, に迎えた, のあと, のいる, のいる寛ぎ, のそば, のよく, の二人, の代, の供, の口, の失敗話, の妹, の妻, の妻お里, の意見, の挨拶, の父, の目, の言う, の言葉, の話, の誘っ, の部屋, の間, の顔, は, はあたり, はうなずいた, はさも, はそこ, はそれ, はそんな, はひとり, はまた, は一風呂浴びたあとのさっぱりした心地, は下女, は久しぶり, は兄, は出, は勝手, は十間, は半蔵ら, は去り, は吉左衛門, は味噌納屋, は問屋時代, は国, は妹, は子供, は安土, は寿平次, は改まった, は末頼もし, は柿色, は檜木笠, は正, は猿若町, は留守, は留守中, は目, は石ころ, は笑い, は考え, は胸, は腕, は腰, は草履, は落合, は西洋ぎらいでもなくなった, は足, は連れ, は長い, は黙っ, もうなずいた, もこの, もしばらく, もそれ, もちょっと, も入れ歯, も山登り, も年, も正, も済まされなかった, も笑い出した, も笑っ, も草鞋, も言っ, や佐吉, や得右衛門, より先, をそこ, をそれ, をつかまえ, をはじめ, をも飽きさせなかった, をよろこばせた, を加え, を助け, を半蔵, を寛ぎ, を引きとめた, を待った, を自分, を苦笑, を見る, を見比べ, を見送る, を誘い, を誘い入れた, を誘っ, を送り

▼ 寿~ (228, 11.5%)

9 を唱 6 である 5 の中, を奏した 3 ではない, の話, は祝詞, を奏上, を申し上げる, を語る

2 [11件] が代々, と称し, と称する, にもある, の, の方, の末, は宮廷, は飲食, を奏する, を見

1 [163件] から分化, がたてまつられる, が一面享楽的, が主上, が何, が其, が勢力, が叙事詩, が国々, が多く, が奉られる, が完全, が採る, が次第に, が無く, が生命, こそのりと, じたて, だ, であ, であったこと, であつ, であり, であるが, ではま, では自分等, で天, といふ, といふの, といふもの, といふ古語, といふ字, との間, とは何かと, とは寿詞, とは性質, とは服従, とは相互関係, とも元日, とも言, と云, と呼ばれる, と国々, と天子祓, と天子祓え, と恋歌, と称せられた, と言つたの, と謂, と鎮詞, なる, なる口頭, にある, にし, になる, には天, には此類, にもさ, にもそうした, にも其状, によつて, によつて組織, による, に対する護詞, に就, に於い, に比べ, に注意, に滑稽味, に等しい, に結びつい, に関係, に馴れた, のよ, の上, の価値, の俤, の側, の元, の分れ, の初め其時, の力, の口癖, の古格, の大体, の奏, の奏上, の姿, の存在, の定型, の崩れ, の意義, の数, の最, の本色, の様, の様式, の河内, の用語例定義, の目的, の第, の筋, の範囲, の綜合, の緊要, の義, の考へ, の詞, の誤り, の起原, の闕, の集, は, はい, は下, は即位式, は古い, は大嘗祭, は実は, は常に, は恐らく, は氏, は物事, は真, は約束, は若者, は藤原頼長, へ, まうさく歳, もある, も古い, や御, や鎮護詞式, より出, より分れ, より発生, をかく, をたのまれ, をなのる, をも書き留める, を一度, を伝承, を作らなかつた, を受けた, を受ける, を奉る, を奏し, を持つ, を更に, を派生, を申し, を申した, を申し上げ, を申す, を製作, を語り, を誦し, を贈つた, を通じてをち, を通じて神孫, 並びに醇化, 申しと, 申せや

▼ 寿~ (134, 6.8%)

4 ために, ところへ 3 ような, 家から, 家へ 2 大岡山, 子光徳, 家に, 家の, 抜け毛を, 門に

1 [105件] いじらしさ, いろいろの, うたは, かかってる方, かわゆさ, こころと, ことでしょう, こととして, ことは, この頃, せいとは, なよなよと, ふところ都合も, まどゐし, わるい社交性みたい, リュックや, 不幸に, 世話でも, 中屋敷で, 久しさ, 体を, 入水の, 前と, 半生は, 友達です, 品に, 場合に, 外に, 外には, 好意を, 如きは, 如くに, 娘が, 字の, 存在が, 家では, 家は, 家へは, 家を, 家中を, 居どころについては, 履であった, 山水画に対しては, 幾何も, 引越しに, 引越しの, 引越しは, 引越し四日の, 弟子で, 役を, 後なるべし, 後を, 御馳走娘達は, 悲鳴が, 懐中の, 懐中を, 懐中鏡の, 提灯に, 新開拓, 方が, 方の, 方は, 方へ, 方を, 方針も, 暮しの, 板物は, 板物を, 枕元に, 様子が, 様子を, 毛です, 気分も, 汐汲みなどは, 清らかにさえ, 為に, 父は, 生活態度で, 痛々しい姿, 目から, 直接問題でない, 真訣, 知らないうち, 祈誓児の, 終わるとき, 荷物と, 荷物の, 術を, 言い分です, 言い草で, 詞であった, 詞の, 詞章の, 話など, 責めに, 賀莚みたいな, 身の上安否について, 里帰り, 長い頭, 長きを, 頭へ, 額に, 顔からは, 顔にさえ, 髪が

▼ 寿~ (124, 6.3%)

2 そのとき, 先に, 糸を, 自分の, 長く天

1 [114件] ああいう, あちらなら, あるひ, あんまりびっくり, いかにも覚え, うなずいた, きょう一寸千葉へ, けさも, ここで, こちらへ, この頃, これに, すぐに, そこに, そっと二階, その方, その金, それで, だんだん世間, とうとうもてあまし, どこか, またも銀, また百有二十, もう白状, やっと千葉, よろこんで, わざと焦らす, わずらい出した, サッと顔色, シニカルに, 一座が, 三角形の, 三郎が, 不審がった, 不承不承に, 二階の, 五十六である, 亡夫の, 京師に, 京都に, 京都円山へ, 今年四十八だ, 代って, 佃で, 何かの, 何にも, 信州追分の, 其を, 再び京都, 受けあった, 喘息が, 嘆息し, 国と, 国の, 天性の, 失神した, 奴頭の, 姉娘厨子王は, 守本尊の, 守本尊を, 寿で, 寿の, 寿国は, 屹と, 川の, 式の, 弟に対する, 当面の, 彼女の, 後に, 心に, 心配で, 急きこんだ, 急に, 悲しくも, 悲しそう, 意地悪く, 慌てて, 早速その, 更にわたし, 梅屋と, 樹の, 歯ぎしりを, 死んで, 汐を, 決して云う, 泉の, 泣き且つ, 渡された爪, 烈しく咽び入った, 無暗に, 畳なり合った, 病の, 百有二十鬼の, 直接に, 米を, 紡錘を, 自分で, 花形でありません, 菅丞相の, 葛飾北斎の, 蒲団の, 裏表の, 説明した, 責めた, 身軽に, 迷庵の, 追分に, 重い喘息, 銀の, 鍛練が, 鎮魂祭の, 長者町に, 類稀な

▼ 寿~ (110, 5.6%)

3 の母親 2 が加福, の姿, はまた, はよく, は嫂

1 [97件] がこの, がなかなか, がむき, が二長町, が十七, が十四, が大きな, が学校, が寝, が座, が生まれ, が突然, が箸, が胸, が針, が隣家, にとって龍子, には何, には歓び, に懐い, に戻った, のこと, のしかけた, のほう, の坐った, の居所, の手, の眼, の肩, の背, の身, の遺品, の顔, はおどけた, はかぶせ, はきっと, はせいせい息, はそうした, はその, はだんだん, はまごつく, はみんな, は丁寧, は三和土, は二つ, は人前, は人懐っこい, は伸び上る, は何, は何事, は刺繍, は厭, は取り澄まし, は吩咐, は呆, は噎び泣い, は困っ, は困った, は外, は大事, は大袈裟, は家, は寝ん, は小, は念, は息切れ, は感冒, は本当に, は枠台, は澄まし, は無上, は燥ゃぎたって店先, は相, は着, は笑い, は糸, は罵られ, は途上, は飛び起き, は髪, へは寄りつかなかった, へむける, へよく, へ用, へ糸箱, も耳馴染み, も銀三, や銀三, を呼ぶ, を呼ん, を引きとっ, を引き取る, を扱った, を採った, を相手, を見た, を見る

▼ 寿~ (79, 4.0%)

4 の乗っ 2 その人, であった, と千賀子, の返辞

1 [67件] から慶, がさっき方, がすぐ, が投げたらしい, が現われ, が箱, が胡麻塩, が走らせ, であったが, であり一人, とがこの, とが長閑そう, との後, とはズンズン先, ともある, と刑部老人, と眼, と醍醐弦四郎, においては刑部屋敷, にかかっ, には先手, には咄嗟, には解らないらしい, にも弦四郎, に逢った, の太刀, の姿, の持っ, の眼, の見えた, の足もと, の駕籠, は, はこう, はこの, はこんな, はその, はガタガタ, はヒョロヒョロ, はワナワナ, は一刹那体, は一軒, は不思議そう, は云われぬ, は刀, は叱, は意外そう, は眼, は答えるであろう, は腰, は若者, は苦笑, は蒐集部屋, は蠱物, は行燈, は見付けられなけれ, は露路口, へ聞こえ, ほどの人物, もつづい, も探し, をはじめ四人, を屋敷, を眼, を連れ, を驚かせた, 感ずるところ

▼ 寿~ (75, 3.8%)

2 保った, 全うし得た, 祝う為め

1 [69件] かさず企図, この, して, する形式, たてまつる先生, たもって, なさんが, なす傾き, ひっぱって, もって, もて終りたまいぬと, 一と, 万代にと, 三紀延べ, 五大院宗繁に, 亨ける, 享けた, 保ったもの, 保つたさうである, 保つたといふ, 保つて, 保つと, 保つとしても, 全うした, 其後へ, 唄うて, 子は, 延べつ故事, 延べる菊, 延べ亀は, 引き寄せて, 得たの, 得ること六十四, 御軍中, 快く思っ, 急がせて, 愛して, 手に, 手長の, 捐つるには, 捐てた, 損じ筋力, 有せん, 比したでも, 為し是非, 為し是非ともどうか, 為すため, 献じたもの, 疑わせるよう, 相模川の, 短めた, 短縮する, 祝う歌, 祝しましょう, 経て, 縛らせ一ぺん, 葬って, 衝き放して, 見とがめるもの, 言ふ, 訪うて, 訪ねて, 許すわけ, 誘って, 調べて, 賀する意, 賀する詞, 述べられて, 遠ざけること

▼ 寿~ (64, 3.2%)

2 北海道へ, 可哀想だ

1 [60件] あり讚岐, いい工合, いては, お政, お茶を, ここで, ここに, その男, それにも, つくづく可哀想, どこかに, どんな迷惑, はっきり言う, まずこう断わっ, 一つつれ, 一緒でした, 三十一歳に, 下手人, 亡きあと, 京から, 何か, 先ず床, 全盛時代であった, 出て, 十五日に, 千葉へ, 参ります, 和蘭陀風の, 四十一歳にな, 夕飯に, 大英断, 帰ったと, 庄平に, 憎かった, 指揮者に, 来て, 来ても, 来ました, 歿し, 歿した, 気に入った, 法を, 浮絵を, 熱心で, 疑われるん, 病気に, 秘蔵の, 糸を, 経師職の, 自分一人に, 自分用という, 若くとも, 荷物を, 襲いだ, 話したこと, 誅せられた時, 逗留し, 銀の, 非常に, 靴下つくろい

▼ 寿平次さん~ (34, 1.7%)

2 の家, はそんな

1 [30件] からその, こう江戸, このまま, この酒, とうとうわたし, とおれ, にし, にも頼ん, に見せます, に見せる, に認められた, のとこ, のよう, の方, の言い草, の言う, の話, はお里さん, はなかなか, はなんと, は塩野, は岩倉様, は高見, まあお, もし相州, も妻籠, も御, も狸, も話し込ん, 泊まって

▼ 寿~ (32, 1.6%)

1 [32件] お米, したとかいう, しては, しても, すれば, てつだって, 云って, 云わせれば, 伴ふ, 何でも, 傾くの, 先つて, 先立つて, 劣るもの, 向いて, 尺八を, 捐てられ, 気の毒な, 水銀を, 溺るる, 登せ瑕穢, 終りを, 縄を, 行ったん, 躋る, 迷溺した, 送られて, 逢ってからの, 酔い痴れて, 集まって, 集まるし, 首ったけだった

▼ 寿女さん~ (32, 1.6%)

2 の訃

1 [30件] あたくし, あの辺, が亡くなられた, が刺繍, が師匠, こんなきれ, て妙, といえ, に会った, のおっ, のこと, のファン, の刺繍, の姿, の形見, の折角, の数寄屋町在住, の百ヶ日, の足もと, はせかせか, はとっとと, は並の, は佝僂, は妙, は果報者, もし手すき, もなん, も疾うに, を引き取った, を視

▼ 寿~ (31, 1.6%)

3 の昔, 元暦 2 だ寿永, のむかし, の世

1 [19件] じゃありません, では, で納まっ, にし, に寿永, に見えた, のおん国母, のおん国母三十, のみささぎはどの辺, の世代, の乱世, の今, の御, の歌, の涙たま, の都入り, の革命, の飢饉, より元

▼ 寿~ (30, 1.5%)

2 お政

1 [28件] いう, かいて, すれば, グレース, 一勇斎国芳の, 一緒で, 二人で, 云ふ, 健康を, 別れると, 厨子王とにも, 名づく, 呼ばれた昔, 呼ばれる踊り, 呼ぶ瞽女, 喧嘩を, 国とが, 富とを, 弟の, 梅王と, 津志王との, 湯津磐村の, 相談し, 祝って, 言ふも, 謀って, 食事し, 馬道の

▼ 寿江子~ (24, 1.2%)

1 [24件] がいい, がしました, が手紙, が東京, が足許, で, とし, としたら, と三人, と家, と帝劇, と支那飯, に云っ, に買わしたら, の咳払い, の弟子, の様, の記念, の音楽的創造性, の頭, は出来る, もよく, をおがみたおし, をひっぱり出し

▼ 寿~ (23, 1.2%)

10 無寿限 6 無五劫 4 無五光 2 無寿限無 1 無と

▼ 寿~ (21, 1.1%)

2 の前, は余り

1 [17件] ができた, が出来, で他, で家橘, で彼, というの, という小屋, と本郷, には御, に出勤, に掛っ, の方, の楽屋口, の楽屋裏, は前, へ珍しい古い, より出火

▼ 寿~ (20, 1.0%)

1 [20件] いず, いよいよ期日, その天, その間には, だんだんに, また全, また従来, わるくは, 一人きりの, 上京し, 二つ返事で, 同じこと, 吾もみ吉野の, 哀れです, 持て余して, 授ける代り, 朝菌の, 焼けないうちピアノ, 購うこと, 身の

▼ 寿衛子~ (17, 0.9%)

2 が何人目, と結婚, のお蔭, の名, の娘, の父, はその, は平常 1 は永眠

▼ 寿~ (14, 0.7%)

5 の若い 1 がやって来, が原本, が参りました, が帰った, でございますが, でございます貸本屋, の上菓子, の政吉, はあと

▼ 寿阿弥~ (14, 0.7%)

1 [14件] が七十七, が死に, と号し, と此人, と称し, と竜池父子, の事, の作, の入寂, の唯一, の手紙, は三十七歳, は毎月十七日, をし

▼ 寿~ (11, 0.6%)

21 すなわち弥陀, にとき, に彼, に拠っ, に説明, のごとき, の中, の韋提希夫人, や宝積経

▼ 寿賀さん~ (11, 0.6%)

1 [11件] が私, との二人, に人知れず, の女将, の胸, の言葉, は向う, は夫, は節, は送っ, ばかりが坐

▼ 寿~ (10, 0.5%)

1 からほど遠から, に固執, の上下, へつめよせる, へ近づく, までお送り, を出, を守る, を捨て, を攻め陥す

▼ 寿~ (10, 0.5%)

1 から修真, の方, の話, はそれ, はにっと, は河野, は片手, は軽く, もまた, を覆う

▼ 寿~ (10, 0.5%)

2 の娘 1 です, に違い, の前身, の唇, の煎じた, は思いの外, は詮議中, を一つ

▼ 寿亭侯~ (9, 0.5%)

2 の印, 之印 1 に封じ, に封ず, に封ぜられ, の爵, は此方

▼ 寿福寺~ (9, 0.5%)

1 に御, の一禅僧, の並木道あたり, の丹塗, の僧正さま, の森かな, はお, へお参り, を御

▼ 寿~ (9, 0.5%)

1 がこの, で弘法大師筆, という寺, と称した, の傍, の名園, の女, へまいっ, 大涅槃経一軸

▼ 寿平次さん君~ (8, 0.4%)

2 の方 1 の意見, の村, はこの, はそれでも, はよい, も聞いたでしょう

▼ 寿~ (8, 0.4%)

1 とよばれた, と呼ばれた, と申人, に屡々, の妻, の死後, の死後年月, は岡本三右衛門一行

▼ 寿春城~ (8, 0.4%)

1 から淮南一帯, に拠っ, の八門, の奥まった, の袁家, の袁術, へさし, を取る

▼ 寿~ (8, 0.4%)

1 があつ, が其誕辰, が開かれた, に酔えよう, の詩, は恐く, は此媼, は無限

▼ 寿量品~ (8, 0.4%)

3 第十六 2 第十六自我得仏来所経諸劫数無量百千万億載阿僧祇 1 の偈, の所, 第十六自我得仏来

▼ 寿~ (7, 0.4%)

1 あり得るといふ, さすがに, すっかり様子, それが, 天保十一年に, 自分の, 鎮魂の

▼ 寿~ (7, 0.4%)

1 しかない, の悲しい, はその, は八つ, は雪, もたれ, をそば

▼ 寿平次ら~ (7, 0.4%)

1 がすこしも, と一緒, の一行, は復興最中, は本陣, は離れ, は願書

▼ 寿~ (7, 0.4%)

1 に住ん, の宅, の家, へ一軒, へ立ち退いた, へ転じました, へ転居

▼ 寿美蔵~ (7, 0.4%)

1 が手拭, と簑助, の何とか, の師匠張, の老婆, の芝居, や延若たち

▼ 寿~ (7, 0.4%)

2 を申し上げる, を申す 1 なの, の性質, の正確

▼ 寿~ (6, 0.3%)

1 に侍せ, のとき, の御歌, の配物, を催した, を開いた

▼ 寿翁様~ (6, 0.3%)

21 が相手, だ, にこの, には飛騨

▼ 寿限無~ (6, 0.3%)

1 がきた, がウオー, が一番, はそこ, は露西亜, も人間

▼ 寿という~ (5, 0.3%)

1 名は, 名を, 字が, 字を, 美しい女

▼ 寿~ (5, 0.3%)

2 と称し 1 の娘分, の死んだ, は病

▼ 寿~ (4, 0.2%)

1 などと言います, のむかへをぞ, の国, の坐

▼ 寿厨子王~ (4, 0.2%)

1 が津軽, の同情者, をすぐ, を連れ

▼ 寿山子~ (4, 0.2%)

1 が川柳, の吟詠, の花柳吟, の花柳詩

▼ 寿~ (4, 0.2%)

1 が寛政二年, それから嘉永元年, の歿日, は子

▼ 寿月君~ (4, 0.2%)

1 のこと, の宅, の細君, は暑中休暇

▼ 寿永二年~ (4, 0.2%)

1 になる, の平家都落ち, は平家最悪, は平家物語

▼ 寿満丸~ (4, 0.2%)

1 に漕ぎよせた, に荷物炭二七〇〇トン, のこと, の舷側

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 て杯, 方で, 豊寿き

▼ 寿さん~ (3, 0.2%)

1 が黙々, のところ, の努力

▼ 寿する~ (3, 0.2%)

1 のです, ものと, 詩を

▼ 寿とは~ (3, 0.2%)

1 互に同じこういう, 緑郎の, 違って

▼ 寿にも~ (3, 0.2%)

1 それが, はっきりと, 罪は

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 背真為日本民, 騫, 騫不崩

▼ 寿久右衛門~ (3, 0.2%)

1 と云う, の処, へ宛て鉄屋惣兵衛

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 という幇間, の弟春泰, の跡也常磐

▼ 寿~ (3, 0.2%)

2 という人 1 という絵師

▼ 寿八先生~ (3, 0.2%)

1 が苦心, です, と申し

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 が払, の努力, は平八郎

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 が分れ, の如何, は乾坤

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 で己, と厨子王, を祭る

▼ 寿岳文章君~ (3, 0.2%)

1 から懇望, である, とやっ

▼ 寿徳庵~ (3, 0.2%)

2 は昔 1 のおばあさん

▼ 寿~ (3, 0.2%)

1 が五十五歳, といい, と称した

▼ 寿詞系統~ (3, 0.2%)

1 のほか, の常用手法, の忠勤

▼ 寿院さま~ (3, 0.2%)

1 と家慶公, のお腹, の愁訴

▼ 寿陵余子~ (3, 0.2%)

1 のみならん, 亦骨董羹, 生れて

▼ 寿陽公主~ (3, 0.2%)

1 にぴったり, の面上, の髪

▼ 寿じゃ~ (2, 0.1%)

1 あるまい, なくて

▼ 寿とか~ (2, 0.1%)

1 百尺竿頭更一歩進とかいう, 福とか

▼ 寿には~ (2, 0.1%)

1 桶と, 白鹿が

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 の眼, も感心

▼ 寿を以て~ (2, 0.1%)

1 すれば, 浮世絵専業の

▼ 寿一人~ (2, 0.1%)

1 に始, のこして

▼ 寿三郎~ (2, 0.1%)

1 を後, を組み敷い

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 という寄席, へとでかけ

▼ 寿亭侯関羽~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 この三吉, である

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 のかた, のよう

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 にし, は国

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 などの諸君, の諸氏

▼ 寿太夫~ (2, 0.1%)

1 と云う, の名

▼ 寿女ちゃん~ (2, 0.1%)

1 はどう, は面白い

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 に在り, の南山和尚

▼ 寿平次さんわたし~ (2, 0.1%)

1 はこんな, はそれ

▼ 寿平次さん吾家~ (2, 0.1%)

1 にいる, のこと

▼ 寿平次兄妹~ (2, 0.1%)

1 がすでに, の祖母

▼ 寿平治~ (2, 0.1%)

1 である, より蕎麦麪条

▼ 寿平治寓宿~ (2, 0.1%)

2 の於久

▼ 寿徳寺~ (2, 0.1%)

1 に墓地, に永眠

▼ 寿恋し~ (2, 0.1%)

1 やほう, や津志王丸

▼ 寿旅館~ (2, 0.1%)

1 へ, へ落ちつく

▼ 寿氏著~ (2, 0.1%)

2

▼ 寿永四年~ (2, 0.1%)

1 に平家, の将棋

▼ 寿産院~ (2, 0.1%)

1 にあずけられた, の事実

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 も建て, を郷地

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 とかまたは, を得ん

▼ 寿経これ~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 寿美屋~ (2, 0.1%)

2 の料理番

▼ 寿老神~ (2, 0.1%)

1 が呼びかけた, は

▼ 寿聖院~ (2, 0.1%)

1 に入った, 第三世

▼ 寿詞奏上~ (2, 0.1%)

1 の後, を以て海人

▼ 寿詞的~ (2, 0.1%)

1 なもの, になつ

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 を作った, を贈つた

▼ 寿~ (2, 0.1%)

2 の品

▼ 寿~ (2, 0.1%)

2 の歩み

▼ 寿~ (2, 0.1%)

1 といふ待合, の名

▼1* [257件]

寿あって今, 寿あれは京者, 寿かつ美な者, 寿かれ鷭よ, 寿がね一緒に, 寿きくるほし豊, 寿きなる大殿祭, 寿きほきくるほし豊寿, 寿き廻ほしまつり, 寿ために, 寿くごとく一揖し, 寿くにさくらむ美し, 寿これを, 寿した夢沢と, 寿むがために蘭軒の, 寿その他の中世, 寿たてまつり候, 寿つし王を, 寿つれて行く, 寿であり穀である, 寿であるわけです, 寿ではなかった, 寿といふ名の, 寿とが開成山へ, 寿として置くが, 寿との関係が, 寿とを致さむ, 寿どうしたの, 寿なお天日に, 寿なく社会に, 寿などの意味を, 寿にとっては罪の, 寿ばかりでは, 寿無理に, 寿への愛情が, 寿ほぎしている, 寿また一立斎広重らの, 寿まだ参りません, 寿私は, 寿よりずっと正直, 寿よりも年下な, 寿わずか四十四, 寿サービスの片づけ, 寿ビルの屋上, 寿享クル能ク幾時ゾ今, 寿ヲカシテ亮ガ業ヲ世ニ遂ゲ得サセ給エ, 寿一時何分かの汽車, 寿三年二月二十三日在原業平ここに来る, 寿三百歳なり百歳, 寿三郎先生の手当, 寿三郎氏はその, 寿不空成就の四仏, 寿不空成就如来等です, 寿亭侯雲長関羽としるした, 寿仏十万世界一切の諸仏, 寿仏木彫石彫の, 寿仙名は成玉, 寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 寿仙春泰の兄弟, 寿会さらひありと, 寿光侯は漢, 寿六十九で同地, 寿六花柳鳴助等, 寿其他の天子, 寿といっ, 寿劇場へ入り, 寿十九歳と書い, 寿千歳で欠減, 寿博士の著書, 寿原ひさ一家で林町, 寿厨子王津軽人説は和漢三才図会, 寿は義, 寿咲太郎来かえりに, 寿図一幀等あれども, 寿堂さんこの間の義士伝, 寿堂つて印刷工場に植字工, 寿のりき, 寿大塚氏不騫, 寿大姉という戒名, 寿女さん割り合せを頼む, 寿女ひとりにかかっ, 寿如来とでした, 寿姫出生の地, 寿が控え, 寿安老人であった, 寿官眼が監察官, 寿定基は終に, 寿たまひ, 寿というの, 寿尽きて身死ら, 寿居士御夫婦, 寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 寿岳文章氏を始め, 寿の三名, 寿平次さま横須賀行きを思い出す, 寿平次さんお願いがあります, 寿平次さん今度の旅, 寿平次さん何十年となく, 寿平次さん四文銭を六把, 寿平次さん御覧なさい, 寿平次さん旅に出る, 寿平次さん江戸から横須賀, 寿平次さん調印もしましょう, 寿平次さん馬籠あたりの百姓, 寿平次夫婦得右衛門それに勝重なぞ, 寿平次年寄役得右衛門の二人, 寿平次得右衛門は妻籠, 寿平次得右衛門得右衛門が養子, 寿平次方ではわずか, 寿平次殿へ短刀一本, 寿平次脇本陣の得右衛門なぞ, 寿平次金兵衛さんはことし六十七, 寿平次養子半蔵の次男, 寿年中此山に登り到る, 寿座四谷荒木町の桐座, 寿庵トナトとある, 寿庵トナト白状いたさせ申すべく候, 寿庵主のいかめしい, 寿庵手前より先々, 寿引上げかけたら酒, 寿の次男, 寿徳庵さんいずれも東都随一, 寿徳庵さん銀座の木村屋さん, 寿徳昌善士である, 寿慶信女同, 寿といい, 寿はこんな, 寿斎爺さんに教わった, 寿斎神道一心流の櫛淵宣根, 寿日坂宿手前菊川べりにて, 寿春地方は水害, 寿春城中いちめんの大, 寿春広陵にい, 寿と云, 寿朝等いづれも, 寿に承け, 寿来通称は金之助, 寿松院妙遠日量信女, 寿ふる狸, 寿で一酌, 寿の体, 寿歌祝歌のよう, 寿に長し, 寿祈流水江, 寿殿及び浴殿, 寿は奇特, 寿氏来訪原稿をお, 寿氏黒田真洞氏, 寿永三年の年暮, 寿永三年一月二十日じゅうの顛末, 寿永三年三月十五日の夜, 寿永三年八島の軍敗走, 寿永三年正月二十日粟津原頭黄茅蕭条として日色, 寿永三年正月元日伊勢怪異の由, 寿永三年正月彼が股肱, 寿永二年七月の平家西, 寿永二年七月二十六日我木曾冠者義仲は白馬金鞍, 寿永二年七月二十四日の, 寿永二年七月赤幟洛陽を指し, 寿永二年三年という破局的, 寿永二年三月義仲ソノ子志水冠者義高ヲ源頼朝ニ, 寿永二年二月に後, 寿永二年八月に御, 寿永二年十一月十五日法住寺の変, 寿永二年十二月十五日の条, 寿永元年にはその, 寿永元年四月において文覚上人, 寿永元年越後平家の城, 寿永合戦を思う, 寿永四年五月長門国壇の浦, 寿永四年春と昭和三十一年, 寿永年間の役わり, 寿永治承の, 寿永終戦の翌日, 寿永革命の大勢, 寿永革命史上に一頭地, 寿永革命史中経世的手腕ある建設的革命家, 寿江子さち子来て, 寿江子さんがお目にかかり, 寿江子ピアノと来, 寿津志王などは全く, 寿とかいう冠者, 寿王冠者の弟, 寿町時代は翌, 寿百有二十鬼之寿, 寿相門を通り, 寿真に面会した, 寿かからむ, 寿石橋真国がある, 寿の品, 寿福徳を具, 寿福栄華を一度, 寿までの面目, 寿を訪う, 寿筵後満一年, 寿を調べ, 寿を恵む, 寿のとき, 寿終念彼観音力刀尋段々壊, 寿経上巻の本願, 寿が死し, 寿美子は見事, 寿美子さんが出る, 寿美蔵延若に谷崎潤一郎作, 寿美蔵操は福助, 寿翁これを値踏み, 寿翁一人を相手, 寿翁物をこぼつ, 寿翁碩寿翁物をこぼつ, 寿翁自身が駕籠, 寿翁達を見た, 寿から説く, 寿者夭者を笑, 寿長く好く, 寿自身臆病です, 寿花雪交山は死し, 寿藤沢利喜太郎等のごとき, 寿は長崎, 寿詞さへ上級神人, 寿詞中から分裂, 寿詞其他のもの, 寿詞即齢に関する詞, 寿詞同様の効果, 寿詞要素を多く, 寿詞風の, 寿講堂で観た, 寿警察署の刑事, 寿貞尼の話, 寿なの, 寿賀らが残っ, 寿ところ, 寿軒五十がらみの総髪, 寿軒娘の声, 寿軒父娘が地雷火, 寿送りかたがた出かけました, 寿通称は安良, 寿量普門の四品, 寿量経ボサツのこと, 寿鐘殿と下し, 寿阿弥さんは背, 寿阿弥号を受け, 寿院様などは慶喜, 寿院権僧正の葬式, 寿院殿本如瑞仙, 寿院殿浄如貞松大姉は直, 寿院法印竹内渭川院法印本康宗達法眼, 寿院瓊林晃珠禅尼である, 寿院蔵永禄十年の奥書, 寿院量遠日妙信士, 寿陵余子文を陋屋, 寿の門, 寿頌堆牀上且喜諸公未我捐, 寿養安院曲直瀬先生七十代山本恭庭, 寿が鳴く, 寿鶴亭という八人芸, 寿鶴齢之章, 寿は百