青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「対象~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寧ろ~ 寮~ 寸~ ~寺 寺~ 寺院~ 対~ ~対立 対立~ ~対象
対象~
寿~ 封~ 封建~ 専門~ ~将 将~ ~将来 将来~ 将校~ 将軍~

「対象~」 2717, 29ppm, 3994位

▼ 対象~ (471, 17.3%)

21 して, なって 18 なること 13 すること, なるもの 10 するもの 9 する 8 なるの 7 する科学 6 されて 5 なる, 方法との 4 したもの, するには, する学問, なつた 3 するから, するが, するという, するの, するよう, する場合, なった, なつて, なり得る

2 [24件] しがち, したの, しなければ, するところ, する自然, せざるを, せずに, せなければ, ならねば, なりその, なり得るもの, なるが, なるであろう, なるべきもの, なるよう, なる人々, なる時, なる限り, 一致する, 主体との, 対立する, 対象との, 方法とは, 考えられたもの

1 [244件] あそばされる人, あった場合, いうよりも, されたこと, されたの, された作家, されるかでは, されると, される限り, され従って, され得ると, しその, した, したこと, したという, したバッハ, した一つ, した人, した初期, した帰還軍人, した時代, した様, した生産, した私, しないで, しない或は, しはじめた治安維持法, しましたが, しますもの, し人格, し始めた, し尠, し得る能力, し様式論, し自由, し過ぎた, すべきであるにも, すべき学問, すべくも, するか, するかぎり, するかも, するこの, するため, するだけ, するつまり, するであろうと, すると, するやう, するよりも, するらしく響く論理学, するサロン, するスポーツ, する一個, する一種, する事物, する今日以後, する侍, する処, する呪言, する国学, する多く, する姫君, する婦人読者, する工業, する幸福, する所謂自然科学, する技術, する文学, する時, する業務, する物象, する狭い, する環境, する生物学, する祭り, する空間, する立場, する筈, する精神科学的, する純粋, する綜合的, する者, する言葉, する詞章, する読物, する責任, する農業, する農業物理学, する風俗描写, するNEATO, すれば, せしめなければ, せずして, せずとも, せられた力, せられた感想文, せられるの, せる事彙, せる観照的意識, その環境, その研究活動, それを, なした, なし得るだろう, なし得るもの, なし得るやう, なったこと, なったという, なったの, なったもの, なった伯爵アントネリオ, なった処, なった女ども, なった市民たち, なった彼等, なった恋人, なった時代, なってるところ, ならないもの, ならなかった, なりうること, なりかつ, なりがち, なりし事, なりたるは, なりつつ, なります, なりません, なりやすい, なりアダム, なり一切, なり合わなければ, なり喜び, なり奔放, なり始めた, なり宴遊, なり得たこと, なり得たの, なり得なかつたの, なり得ぬよう, なり得べきもの, なり得るかたち, なり得るという, なり得るといふ, なり得るのに, なり得る感覚, なり得る空間, なり得る竹造, なり或, なり旅館, なり次に, なり法制的, なり皇室, なるかも, なるため, なるでしよう, なると, なるという, なるとき, なるとは, なるならば, なるべき事件, なるべき大本殿, なるべき本質, なるべき空, なるべき精神, なるわけ, なる人格的, なる人間, なる何物, なる個人, なる固有名詞, なる壮丁達, なる存在, なる宗教的器具設備, なる心理現象, なる既定, なる時それ, なる本, なる現実, なる現象, なる精神, なる自分, なる自然, なる行為, なる資料, なる限り我々自身, なれるよう, なんら明白, ぬさ, ぴったりし, ほぼ同じ, みなして, 一つであるなら, 一つと, 一つに, 両者の, 主体, 主体の, 云えば, 内容との, 分け方, 創作方法との, 化された半, 化した, 化しつつ, 化して, 協同する, 反対な, 取り組んだ仕事, 合一した, 合一する, 同じ女性, 呼ばれて, 呼ばれるよりも, 呼ぶもの, 唯一の, 己れ, 平等である, 平行し, 情愛の, 感動しない, 方法とを, 方法を, 書かれて, 最も親密, 構成後の, 異る, 直観空間とは, 研究する, 考えたよう, 考えられた自然, 考えられて, 考えられるが, 考えられる時, 考へられないばかり, 自分との, 自身との, 見えた自然, 見たこと, 見ゆるもの, 観客との, 観念との

▼ 対象~ (273, 10.0%)

5 構成する, 認識する 4 意味する 3 支配する 2 客観的に, 捉へる, 描いて, 研究する, 総括し, 見た, 見て, 観察する, 観照し, 追求し

1 [236件] あくまで追究, あまりもたなかった, いかに巧, いつも揉み潰す, うつしかえる可能性, おそらくは彼女, かかる興奮状態, くっきりと, この三つ, この世に, これだ, これと, しっかり把握, じっと眺めてる, じっと見つめ, すぐ自分, そのものとして, その対象, その諸, つかんだと, とらえて, とり代えたに, どう見, どこまでも, なしこの, なして, なす獣, ば分類の, もたなければ, もっと別, もつて, もはや思惟, イマジスチックに, テーマの, モーラリストの, 一つこしらえ出さず, 一様に, 一般に, 両方から, 云い表わした処, 云い表わすもの, 人工的に, 人間が, 人間界に, 余技として, 作る日, 作ろうと, 例えば馬琴, 価値へ, 個人にのみ, 個性化せん, 做した, 優越する, 全部否定し, 内に, 凝視しすぎた, 分析し, 分野の, 前に, 前進させる, 友に, 取り上げすぎたかも, 取り扱い得るの, 取り扱うこと, 取り扱うに, 取り扱うの, 取り扱う研究, 取扱うの, 取捨し, 受けとるに, 受け取ること, 可能ならしめる, 同じ職場, 否定する, 堂々と, 変じ若しくは, 多少とも, 天体として, 失うほど, 失って, 失つた, 失ひ遂に, 失わない家康, 如何に, 媒介する, 実践的に, 客観的な, 客観的なる, 客観的形式からより, 対立せしめた, 射通して, 尊敬する, 少しも, 山屋敷の, 常に必要, 平均値的に, 形造っ, 彼以外に, 征服する, 得て, 得ると, 念頭に, 恐れるよりも, 意味し, 意味とか, 意識する, 愛して, 愛すること, 感受し, 慎重に, 我に, 或る, 所有し, 手ぢかには, 扱いきれなかった, 批評する, 技術的たらしめる, 把捉する, 択ばなければ, 持たない男, 持って, 持つて, 持つ数学, 持つ等々, 指して, 指す, 指向する, 捉えさせる方法, 捕えて, 捕えようと, 捨てては, 探すの, 掴まうとして, 描くこと, 提供する, 数えること, 文芸乃至, 日常の, 日本に, 明らかに, 有ち, 有った限り, 有って, 望むばかり, 概念する, 構成し得よう, 歴史性に, 母に, 求め, 求めて, 求めねば, 求めは, 求めました, 求めるだけ, 求めるよう, 求める領域, 求めれば, 決定し, 決定する, 浮彫り, 減ずること, 漠然とした, 無視し, 無視する, 現代の, 生々と, 生かすこと, 生物として, 産むの, 画くの, 異にし, 異にする, 異質的で, 発見しない, 益々得る, 直接の, 相い, 相当充分, 眺めて, 眼もて, 研究しつづけ, 示して, 社会的な, 科学的精神によって, 突放したやり方, 等質的で, 素直に, 考うる, 考えて, 聯想し, 自己に対して, 自己の, 自我に, 自我において, 自然に, 色と, 芸術的に, 表に, 要求した, 見しかも, 見せて, 見つめ抜いて, 見ないで, 見なければ, 見るの, 見る喜び, 見る時, 見出したという, 見出したの, 見出して, 見出し得ない, 見出し得るか, 見出すこと, 見分けた, 見風物, 規定しよう, 規定する, 観察し, 解釈し, 言い表わすもの, 記述する, 記録しよう, 許して, 認めるや, 追究し, 過去と, 過去なりと, 遠い時, 選ぶとき, 量として, 量の, 金し, 間断なく, 限定した, 離れては, 静かに

▼ 対象~ (269, 9.9%)

18 して 6 なって, 向って 4 就いての 3 なる

2 [15件] されて, するの, なつて, なるの, なるもの, なるよう, ぶち当てて, 他ならない, 即して, 向つて, 就いて, 従わねば, 於て, 特定の, 過ぎなかった

1 [202件] あそばされる方, あること, あるの, ある不自然, いったい何事, おいた気分, おきそこ, お考え, されそう, されたわけ, された日本太郎, されるが, されること, した, したこと, したもの, した一つ, した事, した事実, した川祭り, してか, してさ, しては, しろ梅, じかにぶつかっ, じっととどまっ, すぎないの, すぎなかった, すると, するほどにも, するやう, するわけ, する以上, する傾向, する物, その技術性, ぞくしそして, ぞくすこと, つよく直角, なったこと, なったの, なったり, なっても, なつた, ならないから, ならないという, ならないね, ならないの, ならなかつた, ならぬという, なりうるわけ, なりそう, なりそれ, なりにくい, なりましょう, なります, なり了せたこと, なり得なくては, なり得る, なり得ると, なり得るもの, なり得る筈, なり易い, なるか, なるから, なるだけの, なるだろう, なると, なるので, なるらしいの, なるらしく家族, なる女, なる神, なれる自信, はなはだしく執着, ひたひたと, ひとつの, ふさわしいと, ぶつかつて, ぶつかりました, めぐり会えまいこと, めぐり合えるか, もっとも輝かしい, カメラが, 乗り移る, 人為的操作を, 人間らしい心持, 他ならぬ, 他の, 代えて, 何か, 依って, 依つて色彩, 働き込むこと, 出会う, 利用した, 制約され, 加えた上, 区別なく, 占められて, 即しない, 取り上げるべきでヤクザ, 取り扱つて, 向いあるいは, 向かおうとも, 向かって, 向けられること, 向けられる作家, 向つてこぢ, 向つて恋愛, 含まれて, 含まれるという, 含まれる時我々, 含まれ見ること, 固有である, 基く, 変じた, 変化し, 外ならない, 存在する, 実はふりまわされた, 対応させ, 対応し, 対応する, 対立した, 対立する, 小勝あたりを, 就いては, 就て, 属すばかり, 引組む, 強くその, 当って, 従うの, 心を, 忠実な, 想い出し, 感じ死灰, 手を, 投射する, 抱くなどという, 持つには, 捨てさつた, 据ゑて此に, 接しても, 接すること, 放って, 数が, 文学として, 方法が, 於けるこの, 於ける一々, 於ける技術性, 於てのみ, 於てまで, 最も厳密, 槙三が, 止まること, 死に物狂い, 民衆という, 没落し得る, 深浅が, 燃えて, 狎襞し, 現れたの, 用いた, 真理を, 眺めて, 立ち完全そのもの, 立て, 純粋に, 置いて, 置かれて, 置きまた, 置くの, 置く彼女, 考えだしたいうこと, 至つては, 至る道, 興味を, 見出したるは, 論理学の, 象徴されるべき, 足を, 通達すべき, 通達する, 逢着し, 過ぎなかったが, 適した方法, 適用され得る, 選ばれたの, 選ぶの, 選んだらしい, 選んだわけ, 関係させる, 関係し, 関係する, 関係なく, 限らないの, 集中された, 面と, 食い込まない

▼ 対象~ (251, 9.2%)

6 うちに 5 内に 3 中に, 構造に, 構造を, 真を

2 [13件] それ以上の, ために, ないこと, 一つである, 上に, 世界, 事実を, 凝視が, 場合に, 性質から, 把握の, 無い自由思想, 認識と

1 [202件] あらゆる文学的生命, うごき方, うちへ, ことで, すべてが, そと, その構成, つもりで, ないしかし, ないそれ自身, ないただ, ないところ, ないの, ない底, ない恋愛, ない漠然, ない漠然たる, ない笑い, なかへ, ほとんど何物, ものな, ものの, ように, 世界に, 世界へ, 世界を, 中から, 二つの, 交渉が, 人が, 人では, 位置関係は, 何たるかを, 何たるを, 何人たるに, 個々の, 個人の, 個性を, 全一なる, 内から, 内容には, 内部へまで, 写実が, 凝視は, 出発点である, 分らない漠然, 分らぬ頼り, 分析抽象, 判別では, 制約でなけれ, 前に, 動作に, 区別こそ, 区別と, 区別とは, 区別を, 単なる影法師, 反対側に, 取扱い方, 取捨選択を, 合同を, 名に, 含んで, 命に, 品位を, 品物を, 問題といふ, 問題に, 基礎の, 堅い殻, 変更であった, 外に, 外は, 夫, 夫による, 奇妙さと, 学自証の, 定位を, 実体を, 実相に, 対立の, 差異, 常識的理解を, 弁証法を, 形以上の, 形式, 形態的ないし, 得られない性慾, 性格である, 性質では, 性質と, 性質な, 恋愛に, 意識は, 感性的な, 感覚的素材も, 或る, 扱いかたで, 把捉である, 把握が, 持つ客観的意義, 持つ性格, 捉へ, 掴みかた, 数は, 方向にのみ, 時間乃至, 時間的恒久性という, 最も一般的, 本性を, 本質に, 本質の, 根本的規定として, 根本規定そのものが, 極めて自然, 概念に, 概念は, 構造の, 構造をば, 民族的特殊性を, 求められるべき条件, 深さいかん, 漠と, 点において, 無いあこがれ, 無い寂寥, 物に, 物質性への, 物質的再現よりも, 特徴の, 特殊な, 特異相の, 現実的な, 現象形式を, 理解の, 理解も, 生命に, 生命の, 生活が, 的確な, 相互の, 相互決定を, 相異, 相違とによって, 省察をも, 真の, 真実的写意を, 真相とを, 真髄を, 研究に, 研究の, 社会的関係として, 私有者の, 空間化は, 空間的な, 端初の, 第一系列, 範囲から, 範囲をも, 組織たらん, 組織体として, 統一的な, 美しさ, 肯定乃至, 自己啓示である, 自己開示の, 自我と, 自然弁証法は, 表層における, 表現に, 複雑さに, 要求, 要求に, 見方および, 見本としての, 規定に, 観察及び, 観念によって, 観念化だ, 観照である, 言わば外, 認照, 認識の, 認識を, 論理, 諸相に対して, 謂でなけれ, 象徴的心像の, 超越なし, 超越に, 超越性, 超越性を, 近代的理解を, 追求の, 選定にあたって, 間に, 間を, 関係が, 領域は, 領域を, 高松城と, 高貴や

▼ 対象~ (198, 7.3%)

3 方法によって 2 他人の, 勿論文学, 存在でなく, 学問の, 実は客観, 彼女自身の, 方法の

1 [181件] あるの, ある農家, いくら古く, いつもきまって同居の, いつもそれら, いつも現下, ここに, ずっと遙, その性質, それが, それだけ, それに, それ故, それ自身独立し, た, たいていこれ, ただ之, ただ男, つねに一切, どうしても一種, ない, なかった, なんといっ, ほかならぬ一般民衆, ほんた, まさにかく, まだはっきりした, まだ芸者, もう彼女, もはや研究, やはり人間, やはり太陽神, より自由, ジュリエッタ・グィッチャルディであったらしい, スポーツにおいては, マイノングに, マリヤ観音であり, マレイの, 一つの, 一も, 一方幾何学的空間, 一般的で, 主に, 主観にとって, 之では, 之に, 云うまでも, 人格の, 人間に, 人間界と, 今の, 今やその, 今やイデオロギー, 仏教であった, 何であるであろう, 何れも, 何処からか, 何物が, 例外として, 元より, 先ず婦人青年, 全く勝手, 公共図書館学校図書館農業組合各種工場の, 分らぬの, 初めから, 初めて全面的, 初めは, 動物に, 勿論文芸, 勿論行文, 単に構想, 単一的であっ, 又方法, 同じで, 唯の, 地方的豪族であっ, 地震よりは, 変わって, 変化する, 外に, 外的直観に, 多かれ少なかれ実在, 大きくて, 大体に, 奴隷である, 孔孟でなく, 存在に, 季節だ, 実在だ, 実在では, 実在の, 実存しなかった, 実現され, 実験出来ない, 客観であり, 客観的実在である, 宮中の, 容易に, 対象なき, 対象一般としては, 対象論も, 専ら文化人, 少しも, 常に方法, 常に過去, 徳川期で, 必しも, 忽ち人間的構造, 意識さる, 意識より, 感覚で, 抽象された, 数体系から, 数体系によっては, 方法に, 方法に対して, 方法への, 日頃親しい, 普遍的だ, 最も単純, 最初は, 構成された, 次の, 次第に覆い, 此岸へ, 毫もそんな, 永劫の, 永遠に, 決して簡単, 測定の, 無いの, 無数に, 無限であり, 父母とか, 物質の, 特定の, 玩具である, 生物である, 異質的な, 異質的不連続である, 疾くに, 発展し, 直接間接に, 直観に, 研究の, 社会と, 私たちの, 科学にとっての, 空だ, 空間の, 空間化乃至, 等質的で, 等質的連続であり, 答えられるであろう, 精神的罪人だ, 紋兵衛であった, 職人的な, 肉体的罪人だ, 自分に, 自己に, 自己自身を, 自惚れが, 自我であり, 自然と, 自然界の, 自然的事物であるであろう, 自然科学の, 船底に, 茲に, 藤壺の, 蜀軍よりも, 見当らない, 観念性に, 言葉通りに, 認識の, 認識作用から, 遂には, 違うもの, 違って, 量的個別は, 青葉という

▼ 対象として~ (174, 6.4%)

3 では, 発見した 2 あらわれて, でなく基底, とりあげられて, 自分を, 関連的情趣を

1 [158件] いつまでも, いても, おられぬ理由, お考え, お選び, この日, この点, この際うってつけ, すべて神格を, そこで評価, そこへも, そのもの自身飛躍し, そのよう, その包囲形, それが, それを, ついて, であって, ですね, でなく信念, とりあげさらに, とりあげられたこと, ひとの, ふぐを, ほんたうでない, もっと理性的, やや無責任, よりほか, ゐる, ゐるの, ゐる見物, バルザックが, マルクス主義を, ユダヤの, 一つの, 一本気な, 一瞥の, 万葉時代の, 二つの, 人格的な, 人間生活理解の, 仕事が, 任意の, 使はれたせゐ, 偶像に, 僕の, 先約が, 全く別, 全身全霊を以て, 労は, 十九点約, 十分可能である, 取り上げその, 取り上げなければ, 取り上げられなかったらしいの, 取り上げられねば, 取り上げられるの, 取り扱うの, 取上げたの, 叙述し, 味は, 囀りぬかれた, 堪え得るだけの, 外より, 多くは, 天然の, 如何か, 婦人を, 完全に, 客観し, 客観として, 寒冷が, 尊信せられ, 居ると, 己れ, 広汎な, 強力なる, 役立つもの, 恐らく月読尊, 悪の, 想ひ描く, 意識し, 意識する, 意識的に, 成り立つといふ, 我国の, 或は一つ, 扱おうと, 扱ふ, 扱われて, 批判が, 批判された, 把捉する, 押し立て言い換えますと, 描いてるのに, 描こうと, 揚屋町の, 数量化され, 文学に, 文芸を, 書かれたので, 最も尊崇, 最も興味, 有つ, 服従し祈, 本気で, 柳生家は, 極めて薄弱, 水曜日の, 求める他, 流れては, 浜屋を, 牛肉の, 物資の, 特に重要, 現われる, 現実的気分で, 理解されるなら, 生かされ得ないめぐり合わせ, 生れたもの, 男を, 画家としての, 発育しつ, 登山し, 真に生ける, 研究する, 研究を, 私に, 立案された, 考えようとも, 考えるよう, 考える場合, 考へる場合, 自分たちの, 自我を, 色々引つ, 行って, 行なわれる法則, 行為を, 表向き信孝よりは, 表象される, 西洋という, 見た連俳, 見つめつつ, 見出すだろう, 観るとき, 観察されず, 記憶の, 詩を, 詳に, 論議しうる, 論議した, 起きた問題, 躾けられ, 造られたもの, 適当な, 選ばれるに, 選ぶといふ

▼ 対象~ (157, 5.8%)

3 我々の 2 いつも勝, なければ, 何である, 吾, 対象だ, 方法の, 方法を, 自分の, 自己を

1 [136件] あたえられないから, ありルネッサンス, あるもの, あれば, お話する, かくの, この価値, この島, しっくりと, すぐ様技術, ぜひ一つ必要, そして方法, そもそも自分, それから, それにも, たか子なら, つかまれて, できると, でるたび, とうとう取り片づけられ, どのよう, どんなもの, なかつたなら私, なくては, なくなっても, なく無為, はっきり掴め, ひょろついて, ふれて, ジーグフリードな, ハッキリし, プロパーな, リップスの, 一つの, 一流であれ, 与えられるとは, 主観の, 二つに, 互いに順序づけられ, 人間であっ, 人間と, 人間以外の, 何に, 何物である, 何等かの, 余技の, 例えば存在, 個体として, 偶然付加される, 其の本来, 出来ると, 前から, 単なる感性的, 単に対象, 博士の, 即ち真理, 反覆し得る, 叙事詩の, 同じだ, 向上する, 否定的に, 含まれる対象一般, 国君であった, 国宝の, 変って, 変るごと, 変れば, 大きければ, 天皇でなけれ, 実在では, 実在の, 実践する, 実験の, 客体として, 客観である, 対立し, 対象として, 常に流転, 常習犯的存在で, 彼の, 彼ほどに, 往々それ, 心内と, 心内に, 思い出される順序, 感覚器官に, 批評の, 抹殺され, 持つ二つ, 支那の, 教育でなく, 数量的に, 方法と, 明確なう, 時代の, 普遍的な, 朝廷である, 木や, 概念された, 構成された, 正鵠を, 殆ん, 比較的に, 決して氏, 消えるのみ, 無いと, 特にそれ, 特に文化形態, 猫である, 現れ, 生命で, 生物であった, 異って, 異る, 皆同様であっ, 直接に, 相手の, 神であれ, 空間である, 精霊, 紙帳な, 群乃至, 考えられるの, 能知者から, 脆く自分, 複雑な, 見えて, 見えぬとき, 道具乃至, 違うから, 違うなどという, 違えば, 選ばれその, 選ばれた, 選び出されたの, 関係せしめられ得る

▼ 対象~ (78, 2.9%)

2 がなく, というもの, となっ, との間, を向う

1 [68件] があっ, がまた, が変った, が延び, が次第に, が欲し, が真直ぐ, が自分, たる財貨, だと, であったらしい, であって, であり極めて, である, であるが, である宗教家, でしかあり得ない, としてはなはだ, としては何ら, として大切, として永久, とする, とては長持, とのあいだ, とは認めない, と之, と他, と作者, と心得, なしには, にある, にうちこまれ, にせられた, になっ, にぴたり, に事欠く, に出会う, に向け, に対して彼, に対するその, に対する視, に帰, に過ぎない, のところ, の中, の客観的, の形, の直前, の相違, の縮小, はその, は微細, は時代, へ全く, をかぶれさせよう, をし, をその, を一, を写す, を失つた時, を明瞭, を明確, を構成, を比較, を生産, を目, を眺めたる, を考えた

▼ 対象である~ (62, 2.3%)

3 ことは 2 ことに, ということ, ところの, ので, 処の

1 [49件] かの如き, からだ, からわれわれ, から自然界, がここ, がこの, がその, が夫人, ことが, ことの, ためには, という意味, としたなら, とする, との年来, と彼, と見える, のか, ばかりでなく, ものとしての, もの即ち, ような, ように, よりもむしろ, よりも理知, わけです, 主観を, 事物を, 以上には, 以上彼女に, 価値が, 外界の, 存在そのものが, 山や, 幾何学的空間は, 彼に対して, 歴史的社会は, 物の, 真理, 石地蔵の, 社会とは, 署名入りの, 自己自身に, 自然という, 自然従って, 表現の, 限りその, 限りにおいては, 限りの

▼ 対象としての~ (43, 1.6%)

2 大衆, 方法でなけれ

1 [39件] ことで, イデーは, ストリップ, 価値は, 価値を, 僕な, 古池が, 問題に, 地盤を, 大衆が, 大衆として, 夫に, 女を, 女性は, 存在である, 実現へ, 山の, 幾何学的空間と, 意味に, 意味を, 文学現象が, 方法, 方法なる, 方法概念が, 方法概念であった, 本質的な, 母の, 理論と, 異性は, 石を, 神と, 自然が, 自然を, 自然科学に, 葉子の, 要素のみに, 観客, 読者大衆では, 風景といふ

▼ 対象との~ (37, 1.4%)

2 一切の, 少数の, 間の, 関係を

1 [29件] 一致, 一致それを, 一致であるべきであった, 一致とは, 一致への, 一致を, 二つの, 二重の, 人間らしい共感, 内何れかが, 区別を, 協同なし, 合致が, 合致へ, 夫では, 存在論的交渉として, 密着性が, 対立, 対立から, 対立であった, 対立は, 弁証法は, 相互決定である, 結び付け価値, 総合が, 間に, 関係が, 関係という, 関係は

▼ 対象たる~ (36, 1.3%)

1 [36件] この歴史的, この現象, に足りる, クリストフを, 一国民の, 一女性, 万吉郎にとって, 人物との, 価値そのものに, 偶像を, 可きもの, 可く, 国民生活の, 塔婆を, 外界が, 大量集団が, 実在か, 実在の, 屑竹は, 快楽の, 思想の, 技術そのものとは, 文化の, 母親千世子が, 沈黙と, 父を, 現実実在を, 社会に, 第四階級, 精霊の, 義務感を, 自我から, 自然について, 自然の, 電子は, 魚の

▼ 対象では~ (34, 1.3%)

8 なくして 6 なくて 3 なかった 2 あるが, ないの, なくなって

1 [11件] あっても, あり得ないの, ないから, ないからこそ, ないよう, ないらしく, なかろうかと, なくただ, なく忠弘, 無く呆れられ笑われ, 生涯の

▼ 対象とは~ (25, 0.9%)

2 ならない, なり得ないもの

1 [21件] しないという, ちがった魅力, なかなかなっ, なって, なっても, ならず探偵小説, ならないから, ならぬ, なり得ないよう, 交, 今まで, 何である, 何の, 別である, 同じ程度, 更に縁遠い, 異る, 直ちに一致, 科学そのものが, 空間化, 考えなかった

▼ 対象~ (24, 0.9%)

5 された形式的直観 3 されたもの, すること 2 されない形式的直観

1 [11件] されざる, されざる形式的直観, されたる, された空間, された統一, されない処, して, し即ち, する, するという, の悲劇

▼ 対象には~ (23, 0.8%)

2 むしろ嫉妬

1 [21件] いつも弥兵衛, しなかつた, せぬという, なっても, ならない, ならないという, ならないの, ならないもの, ならないらしくあります, ならぬ, なりかねるやう, なりにくい, なり得ない, なるかも, 充分である, 固有の, 思はずヒョイ, 惑いの, 立ち向わずそれ, 色々ある, 限らないと

▼ 対象そのもの~ (20, 0.7%)

2 の内

1 [18件] から来る, がそれ, が一定, が示唆, が自分, が茫漠, となる, と表象, による分類法, に基かなけれ, に対しては全く, に食い込み, の客観的, の有する, の根本性質, の構造, の美し, を人工的

▼ 対象に対する~ (20, 0.7%)

3 人為的操作 2 我々の

1 [15件] 主観的客観的態度の, 人為的操作という, 人為的操作なる, 作家的愛情と, 偏愛はかまは, 優越を, 夫, 尊敬, 意味での, 愛それ等の, 愛何か, 愛情が, 態度に, 懐疑も, 深き愛情

▼ 対象~ (19, 0.7%)

3 方法も 2 生産する

1 [14件] ある一定, だから, ない, ないのに, ない島, また実物, よく考える, 一向面白く, 亦個人, 全然ちがう, 常に変, 形態も, 私を, 鹿と

▼ 対象~ (19, 0.7%)

1 [19件] から除外, が問題, こそは実在反映, でなく人間, としての道徳, と云う, と呼ぶ, と空間直観, と考えられ, と考えられ得る, に対して主観, に於ける, の非, は一応, は全く, もまた, を想定, を有, 乃至科学的世界

▼ 対象概念~ (18, 0.7%)

1 [18件] が発見, と一致, と離す, なの, にまで運動, に向っ, に対立, のこの, の場合, の方法概念, の運動, は方法概念, は次第に, は物理学, へまだ, へ向っ, を交, を実践的

▼ 対象~ (18, 0.7%)

2 なもの, に知る, に考える

1 [12件] であるという, では, なるもの, な真理, な認識, に意識, に捉える, に考え, に考察, に見, に限定, のとこ

▼ 対象としては~ (16, 0.6%)

2 存在の

1 [14件] やや不向き, 一切物が, 一度も, 仮に天才, 全く同一, 内容豊富で, 北京ほど, 同じもの, 実に高価, 星の, 火山の, 男は, 自然と, 蜘蛛は

▼ 対象から~ (15, 0.6%)

1 [15件] すれば, 一応引き離し, 云って, 判断し, 即ち生物そのもの, 必要な, 抽き出し, 抽出され, 有生たる, 見ても, 規定される, 解放されたい, 触れられること, 遊離出来ない, 離れて

▼ 対象であった~ (13, 0.5%)

2 ことは

1 [11件] ことを, にすぎず, のである, ようである, ソヴェート自身に, 個人心理に対して, 処の, 対象が, 機械自身が, 母なる, 阿弥陀仏や

▼ 対象であり~ (13, 0.5%)

1 [13件] いや畏敬, いわば僕, かくまで, また社会矛盾, 又その, 後者が, 従って他, 従って又, 従って史的唯物論, 思想そのものの, 正義の, 決して其の, 空間的形像は

▼ 対象でも~ (12, 0.4%)

3 あった 1 あつた, あり夏祓, あり方法, ある, あるかの, あると, あるの, なく又, 方法でも

▼ 対象への~ (12, 0.4%)

2 否定から 1 兇暴な, 単に主観的, 対象は, 当りかたの, 愛と, 愛や, 態度と, 芸術家としての, 観照を, 関心の

▼ 対象~ (12, 0.4%)

1 [12件] とはたとえ, とは何, と呼んだ, によって我々, の原型, の形式, の絶対化, の芸術, は二重, を形作る, を成立, を賦与

▼ 対象でなけれ~ (11, 0.4%)

5 ばならない 2 ばならなかった 1 ばならず, ばならないであろう, ばならぬ, ば満ち足りない

▼ 対象なる~ (11, 0.4%)

1 [11件] か否, ものは, 事を, 事象物象を, 人の, 外界と, 托枳尼と, 族霊, 死体に, 神を, 精霊は

▼ 対象に対して~ (11, 0.4%)

1 [11件] 人為的に, 任意の, 何かの, 偶然でない, 変化なく, 常に即, 愛着に, 或る, 特定の, 行なうところ, 適当に

▼ 対象~ (10, 0.4%)

1 から此歌, しほか, という, というの, とは思われなかった, と一度, と思いこん, と思う, と考えられる, と考える

▼ 対象~ (10, 0.4%)

5 のである 3 のだ 1 のであっ, のにと自分

▼ 対象~ (9, 0.3%)

1 あつた, あつて, ありすぎて, あり得るといふ, いらせられる, すらない, 作家の, 感じが, 病気の

▼ 対象とを~ (9, 0.3%)

2 使うという 1 一時たりとも, 一時的たりとも, 分離させる, 密着させた, 意味する, 抽象的に, 明らかに

▼ 対象という~ (8, 0.3%)

1 ことに, のが, のは, ものが, 二つの, 同じ概念, 対立物の, 科学の

▼ 対象とが~ (8, 0.3%)

2 生産の 1 ある対象, ぴたりと, もはやこの, 全く一致, 区別されなけれ, 発生した

▼ 対象一般~ (8, 0.3%)

2 としては可能性, の性格 1 ではない, に適用, も亦, を包摂

▼ 対象自身~ (8, 0.3%)

4 の内 1 が構成前, に現在, の側, の経験的存在

▼ 対象について~ (7, 0.3%)

2 対象を 1 判断した, 物の, 見ないで, 観察し, 選択を

▼ 対象によって~ (7, 0.3%)

1 与えられると, 代表される, 分類される, 分類されるべき, 口授された, 否定され, 否定される

▼ 対象による~ (7, 0.3%)

2 分類の 1 分類から, 分類でも, 分類に, 分類は, 分類へ

▼ 対象認識~ (7, 0.3%)

2 の意味, の立場 1 の方向, の論理, もそこ

▼ 対象~ (7, 0.3%)

1 とかフッサール, の一部, の取り扱うべき, は意識, も亦, やフッセルル, をまで持ち出し

▼ 対象~ (6, 0.2%)

1 ぶつかりきりこむこの, むかって, 向かって, 向けら, 差別の, 時としてわずかに

▼ 対象たり~ (5, 0.2%)

1 得ないよう, 得る, 得ること, 得るの, 得る沙翁劇

▼ 対象だった~ (5, 0.2%)

1 ことが, ことだろう, ことである, のだ, のでその

▼ 対象であっ~ (5, 0.2%)

1 ても必ずしも, ても研究態度, て価値現象, て方法, て現実的

▼ 対象としてのみ~ (5, 0.2%)

1 取り扱って, 在つたわけ, 存在し得る, 存在する, 起こり得る意識

▼ 対象にく~ (5, 0.2%)

1 ひこみ問題, ひこむこと, ひこむよりも, ひこむ深, ひこむ興昧

▼ 対象~ (5, 0.2%)

2 客観が 1 出来事を, 神秘学の, 解釈学の

▼ 対象でしか~ (4, 0.1%)

1 あり得ない, ない, ないの, なくなる

▼ 対象でなく~ (4, 0.1%)

1 てはならなかった, て芸術品, 性欲の, 私が

▼ 対象なき~ (4, 0.1%)

1 対象である, 対象でなけれ, 対象の, 笑い

▼ 対象にも~ (4, 0.1%)

2 して 1 なつて, 溺れる甘える結果

▼ 対象~ (4, 0.1%)

1 が病院, にも好感, に向っ, を他

▼ 対象としても~ (3, 0.1%)

1 これは, その, 意味を

▼ 対象とも~ (3, 0.1%)

1 なり得ないもの, なり得る, 考えられると

▼ 対象において~ (3, 0.1%)

1 自己が, 自己を, 認識する

▼ 対象にまで~ (3, 0.1%)

2 嫉妬だ 1 運動する

▼ 対象をば~ (3, 0.1%)

1 あるいは何物, まず大小, 或は何物

▼ 対象乃至~ (3, 0.1%)

1 事実の, 対象性とは, 研究方法の

▼ 対象的認識~ (3, 0.1%)

2 でなく場所的自覚 1 でなくて

▼ 対象する~ (2, 0.1%)

1 ために, もののあまりに

▼ 対象それ自身~ (2, 0.1%)

1 に於, の持つ

▼ 対象たらしめし~ (2, 0.1%)

2 時代が

▼ 対象たるべき~ (2, 0.1%)

1 不特定, 良民の

▼ 対象でない~ (2, 0.1%)

2 ことは

▼ 対象とか~ (2, 0.1%)

1 土産物とか, 客観とかから

▼ 対象などに~ (2, 0.1%)

1 すべきでないと, なりよう

▼ 対象によ~ (2, 0.1%)

1 つてその, つて初めて

▼ 対象に関する~ (2, 0.1%)

1 十分な, 原資料が

▼ 対象を通して~ (2, 0.1%)

1 人間の, 勉強したい

▼ 対象以外~ (2, 0.1%)

1 に横たわる, のもの

▼ 対象全体~ (2, 0.1%)

1 の善悪, への有機的

▼ 対象或いは~ (2, 0.1%)

1 存在との, 客観とは

▼ 対象的存在~ (2, 0.1%)

1 でなく作用的存在, として我々

▼ 対象的思惟~ (2, 0.1%)

1 に於い, もしくは彼

▼ 対象~ (2, 0.1%)

1 の各, の存在

▼ 対象規定~ (2, 0.1%)

1 として現われ, は学問

▼ 対象~ (2, 0.1%)

1 にか, の脱落

▼ 対象論的~ (2, 0.1%)

1 なもの, なるもの

▼ 対象論的可能性~ (2, 0.1%)

1 の性格, をその

▼1* [100件]

対象からは独立な, 対象からもはみ出すもの, 対象がわり切られては, 対象こそ差別が, 対象させることに, 対象て来る, 対象じゃないん, 対象すなわち描くべき何もの, 対象すらも判然とは, 対象それ自体の性質, 対象たるかかる不変の, 対象たるべく急変したる, 対象だけが望ましかった, 対象だけに吸いよせられて, 対象だけにしかならないお, 対象だけをみとめ審理, 対象つまりたんなる取引, 対象であったろうか, 対象でありましたところの, 対象であります私共の, 対象であり勝つ者は, 対象であり転じて崇敬, 対象であろうがそして, 対象でさえあるから, 対象といふものが, 対象とかいうものが, 対象とからなって, 対象とさえ考えられて, 対象としか考えない, 対象としてさえ物足りない気, 対象とへ同じ権利, 対象なくしても, 対象なしに独自的, 対象なりがなければ, 対象なりを指し示さない表象, 対象なんかないの, 対象なんてありは, 対象においてもその認識, 対象における類似の, 対象にこそなれそれ, 対象にたいして作者の, 対象にだけ主体の, 対象についてのただの, 対象にとって決して外的, 対象になつてゐた, 対象にばかり気を, 対象によっては形容詞が, 対象によってもその性格, 対象により深く深くと, 対象に対すると云う事, 対象のみであり斯, 対象のみに没入する, 対象のみを論じようと, 対象よりはその感官自身, 対象よりも先に, 対象らしさを, 対象らしいものとして, 対象おそらく鮭, 対象をのみ選んで, 対象をも意味しなけれ, 対象ハ人民にあり, 対象並びに方法の, 対象に作者, 対象二四七葉の中, 対象人物とが知れ, 対象以上あまり女性, 対象即ち現象に, 対象又は内容に対して, 対象及びそれに, 対象国民を見ず, 対象如何による区別, 対象思慕の対象, 対象性一般によって決定, 対象意識としての時間意識, 対象或は意識内容を以て, 対象敷衍の巧, 対象材料となる, 対象概念自身が運動, 対象物それが不思議, 対象現実性感性がただ, 対象界たるに過ぎない, 対象的制約の側, 対象的区別に基く, 対象的実在の世界, 対象的客体的に見た, 対象的対応物として技術的世界, 対象的性質としてこれら, 対象的把握であり後者, 対象的有たるに過ぎない, 対象的美感にしかすぎない, 対象的要素が種々, 対象科学と実在, 対象自体の中, 対象して, 対象認識的たる科学的知識, 対象論ブレンターノの心理学, 対象論的意味に於ける, 対象論的現象学的に取り扱われる, 対象選定はもちろん, 対象選択は確か