青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「対~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寢~ ~實 實~ ~寧ろ 寧ろ~ 寮~ 寸~ ~寺 寺~ 寺院~
対~
~対立 対立~ ~対象 対象~ 寿~ 封~ 封建~ 専門~ ~将 将~

「対~」 3666, 40ppm, 2932位

▼ 対~ (1233, 33.6%)

48 にし 23 になっ 17 の顔 14 の男 13 をし 9 の心 8 にする, になる, の言葉 7 にしない, にしなかった, のひと, の女 6 の方 5 とする, になった, に向, のよう, の感情, をする, を見た 4 がない, なの, にならない, にならなかった, の人, は, は何

3 [16件] がある, が何, が対手, じゃ, だ, だから, に, にした, にその, にならず, になろう, に向っ, の名, の頤, の頭, を見る

2 [67件] がいる, がお, がその, がそれ, がどう, がなく, が外国人, が悪う, が自分, が誰, たとへ, だと, であった, でない, ではない, というもの, とし, となっ, となる, なしに, なので, にされなかった, にとって不足, になり, にもせず, にやはり, によりけり, に依る, に廻す, に戦っ, に損害賠償, に立つ, に話し, に認め, に非, のそういう, のそうした, の刀, の前, の声, の感謝, の態度, の手, の眼, の社会人, の胆, の返事, の運命, はこの, はどこ, は三人, は刀, は新九郎, は相, は素人, は逃げ, もない, もなく, を, をいたします, をお, を怖, を殺す, を見, を見つめ, 仕る, 申す

1 [806件 抜粋] ありて, から蓋, から負わされた, があった, があの, があろう, がいつも, がいなけれ, がここ, がじりじり, がすぐ, がそこ, がちがう, がどういう, がなくっ, がのり, がひろい, がほしく, がまだ, がゐなく, がソレ者, が一番, が七六ヶ, が二の足, が人格的, が人類, が佃, が余り, が侍, が其処, が出刃, が出来る, が分った, が反抗, が君, が喚びかけた, が地方, が変った, が多勢, が大勢, が好い, が姿, が学士, が小児, が巡査, が強い, が忽ち, が悪かっ, が所司代付き, が教頭心得, が新聞記者, が欲しく, が死刑囚, が温順, が牛乳屋, が私, が笑った, が署長, が色仕掛け, が茄子, が行なった, が見つかり, が訊いた, が貴女, が赤く, が近眼, が逃げ, が道化もの, が違い, が鉄扇, が面, が面白い, が願えますまい, が鬼, が鬼神, さえありゃいがみ合う, したの, して, じゃお, じゃ法華信徒一同, じや, するの, せぬでも, たる支那人, たる警官, だけを見, だった, だったどこ, だ放しッこ, であった同じ, であること, である最小限進歩線, である異性, でござらぬ, でないかと, でなし, では恰も, でもし, で伯母さん, で新, というの, とさえいわれ, とした, としてしか美, としてただ神, としての最小限, としてはならない, としても戦いうる, として争い, として御, として戦う, として立, として見る, として赤手, とすれ, とせず, となれぬ, との個性, との生活, とは四つ五つ長者, とは対手, と下らない, と同様, と婚約時代, と成る, と歩い, と見, と話すらしい, と認めたれ, なくし, ならと, ならば, なる女性, にあと, にいくら, にいろいろ, にうまく, にかるい, にきこえた, にこう, にされない, にされなけれ, にしたら, にしなかっただろう, にしなくなりました, にしばらく, にしゃべり立て, にするでしょう, にせず, にせぬ, にそこ, にそそい, についても婦人, につよく, にてやあらむ, になつてさ, になら, にならぬ, になりましょう, になりますまい, になりやしょう, になれない, になれよう, にはだ, にはならなかった, にはもっ, には望み, には立ち, にふざけ, にまた, にめぐり合えない, にもなっ, にもなった, にもならん, にもなる, にもなれる, にも一人, にも親し, によって, によって自分, によつて, にわからせ, にわからない, にフーフー, に上さん, に不心得, に不覚, に似合う, に侍りたい, に出っ会した, に出来ない, に分らせた, に分らない, に勉強, に占められ, に印象, に取っ, に呼んだ, に商売, に喧嘩, に因, に売揚げ, に失われ, に媼さん, に孝ちゃん, に安心, に対して個人的罵倒, に対して皮肉, に対する自分, に廻し, に御馳走, に復讐, に快活, に思わせる, に恋, に悠々, に愁訴, に感づかせない, に成れるだ, に戦つて日本犬, に押しつけ, に挨拶, に斬, に斬りむすん, に晩酌, に格闘, に横, に比較, に水兵服, に治右, に火, に熱心, に現われる, に眼, に着物, に碁, に立たね, に竹竿, に練磨, に縋っ, に解らない, に解らぬ, に調査, に踊った, に送つ, に通じ, に遊興, に道, に雨龍太郎, に静子, に飼っ, のいう, のお気, のし, のその, のつけ目, のない寂し, のふところ, のトリック, の一角, の一身一命, の下女, の中, の人生, の仕事, の仕向け, の体, の余り暢気, の側, の円盤, の出入り, の剛剣, の反応, の右, の四人, の場合, の夫, の姿, の寺僧, の小さい, の工女, の年寄達, の広, の弱点, の影, の得分, の心中, の心胆, の心裏, の快い, の急所, の意味, の感じる, の戦争, の抜い, の拇指, の政治, の暗い, の有無, の札, の業体, の欠点, の武器, の死なせ, の気, の注意, の洋装, の清葉, の渡世, の澄し, の熱い粗い, の犬, の玉将, の生活目標, の痛い, の直情, の眉間, の節, の経済的, の経験, の肚, の肩, の肺腑, の腕, の膝, の若, の荒神十左, の血相, の表現, の袂, の見当, の言葉さ, の訪問理由, の貴婦人, の赤良顔, の身体, の選択, の酒癖, の阿波侍, の陣, の雑誌, の面, の顔色, の駄菓子, の駄菓子店, の髪の毛, はあの, はいった, はお, はさっき, はする, はそも, はたしかに, はたちまち, はどういう, はない, はなんとも, はね先生, ははあ, はよろめい, はタンポ槍, は一人, は一向, は七人, は人, は今, は件, は侍, は俄, は八郎太, は六つ齢上, は出た, は出来申さず, は分っ, は剣術者, は十五年アメリカ, は同じ, は唯, は夕雲流, は多寡, は大勢, は大隅, は女, は如何, は学士, は実業家, は客商売, は小さな, は小児, は山手組, は年, は弘法様, は待て, は心得, は忽ち, は性質, は悠々, は手, は手拭, は択ばない, は敵役, は旅僧, は智恵豊後, は機略縦横, は歴, は泣かせ, は淫売屋, は牧仲太郎, は男らしい, は疾風, は真赤, は矢はり, は知らず, は笑った, は紋床, は聞いた, は見物, は言った, は躊躇, は野獣, は馬二匹, は黙っ, は龍耳老人, へ二息, へ光った, もあろう, もその間, もたちまち, も丁度可, も流石, も耳, も食えない, やその, や空, よりは身分, より土間, をおどしつけよう, をきめさせる, をこころから, をさし, をさせる, をした, をせめる, をそう, をたのむ, をつらまえよう, をどう, をはさみ討てる, をはずした, をまごつかせた, をみつけ, を一つ, を何, を取り戻した, を呼ぶ, を呼ん, を多数, を娘, を完封, を害せし, を対手, を席, を待ち求め, を憶, を抱擁, を持ち合わせた, を捕える, を支え, を敗軍, を殺します, を油断, を清姫, を牙, を猛々しく, を盲, を眺めよう, を睨む, を習慣的, を育服, を膝, を蔑視つた様, を西山社長, を見つけれ, を見なおす, を見守った, を見詰めた, を視, を誘った, を買っ, を退屈, を遂に, を酷い, を静か, を高める, を鬼, 仕るかな, 取ったもの, 召さら, 欲しやで, 申さん

▼ 対~ (177, 4.8%)

9 ほうへ 5 前の 4 ほうに, 屋の 2 ものが, 光君の, 夫人も, 女王が, 姫君の, 屋へ, 着物を, 紫の, 羽織と, 黄八丈の

1 [135件] うちの, お母様だけは, お母様の, お母様以外に, さし櫛を, ぬりご, はきれい, へん, ほうで, ほうの, ものを, を着, パラソルを, 一所を, 一角に, 上に, 下の, 不断着の, 中に, 主の, 事に, 事件は, 人が, 人も, 内容を, 前を, 北側の, 南の, 南側の, 古渡り唐桟, 名を, 君さまの, 和服で, 大きな古い, 大島の, 大島絣の, 大言なり, 夫人だけは, 夫人とは, 夫人に, 夫人の, 夫人は, 夫人を, 夫婦で, 夫婦より, 奥様が, 奥様は, 女房として, 女達が, 姫君が, 姫君だけは, 姫君と, 姫君なる, 姫君は, 姫君を, 姿, 屋から, 屋からは, 屋が, 屋を, 屋渡殿へ, 幅が, 座敷の, 座蒲団の, 廊に, 意味は, 手戟の, 打扮, 振袖を, 方に, 木乃伊であったろう, 朱塗の, 松が, 松葉杖第, 松葉杖近視眼者にとっての, 格子を, 歌留多が, 母君の, 浴衣の, 無線塔, 焼き物の, 燭台の, 片扉, 狩衣の, 玉鬘の, 畚を, 白兎を, 相棒を, 看板主芸者同士の, 眼球を, 眼鏡第, 眼鏡職業音楽家に対する, 着物に, 着附にて, 瞳に, 石入れが, 破れかかった妻戸, 空気は, 童が, 童女であった, 端に, 紫縮緬の, 絹地の, 絽の, 縞あかしか, 義, 羽を, 羽織が, 羽織の, 羽織を, 聯結主働輪の, 肋と, 肢も, 脚が, 色々を, 葉を, 蒲団を, 袂へ, 袷に, 袷の, 註文通り, 話が, 足を, 金包を, 門内には, 間の, 電気で, 霊と, 鞦韆, 飛白の, 魂の, 鰍は, 黄八丈を, 黒地に, 鼠いろ

▼ 対って~ (174, 4.7%)

5 見た 4 いた 3 いると 2 いること, 云った, 坐って, 彼女の, 紙を, 見ると

1 [150件] あっさりと, いいました, いうでも, いそがしそう, いたあの, いたの, いたので, いた自分, いて, いても, いられて, いる中, いる事, いる刹那, いる巌流, いる時, いる槙三, いる者, おせんと, くるところ, くれて, こういう嘘, こう申し, この巨像, こんな手紙, じっと或, そう云いかける, その抱懐, その拳固, その論旨, たれ下って, つくづく今朝, つくづく眺め入っ, では, どなったほど, なぜかしら, はっきりと, ぶつぶつと, ぺったり座っ, ぽかんと暮した, またキミ子, まだ一太刀, もぐり大名とは, もし一度び獄内, ゐる生, オイ二三枚で, サッパリと, ッ, ノベツに, 一刀を, 一斉に, 不思議な, 不意に, 乗物の, 云い遅れた礼, 云うでも, 云って, 京都旧跡の, 人知れず慚謝, 低頭した, 何か, 何かを, 充分の, 別に怖, 勝負の, 十度が, 反対の, 叫ぶ声, 呈出する, 呼びかけたい願い, 呼び立てました, 声さえ, 夜と, 妻が, 威嚇と, 孑然と, 家の, 小声に, 居ると, 岸本は, 巌流が, 帽子を, 彼が, 彼は, 徐々小むずかしい, 心の, 怒鳴り叫び, 思はず嬉し, 恋情を, 悄然と, 戦い難い, 手巾を, 打付に, 抗議を, 拳固を, 故郷の, 教を, 敬意を, 早く元, 書いた, 書物を, 書籍を, 来た, 来たが, 来たって, 来たという, 来た刃, 正義の, 此戦は, 此方は, 此語を, 武者振いし, 法典編纂を, 深く之, 源三は, 物を, 特に挨拶せい, 猿殿へ, 生き過ぎたと, 男が, 白狐とも, 眼は, 私が, 突いて, 突進しよう, 端然と, 答弁するごとき, 絶えず傾注, 脱獄を, 茫然として, 菓子を, 行った, 褒めて, 言ったの, 訊ねた, 話しかけると, 跪坐し, 身構えた, 身繕いし, 迂濶, 酒を, 重く垂れ, 重盛も, 開き直って, 頭を, 頷く顔, 食った, 飯を, 高く聳, 鶴千代丸が

▼ 対~ (68, 1.9%)

7 なって 4 して 2 なつて

1 [55件] あらず, いた女房, おいでに, おとどまりに, お住み, かえって, こしらえさせたと, こしらえさせた白木, したいとの, する事, そろえて, ちょうど夕日, とりあえず腰, なる, なるの, なるもの, なる筈, はや灯火, やはり昔, 三越から, 並び本堂, 並んだ, 並んだ王, 仕度を, 仙台平という, 住ませて, 使われて, 叔父さんが, 女房たちが, 帰った源氏, 帰って, 廓で, 建つて, 当る女体, 成つたさうだが, 揃えて, 暗中から, 来て, 照った鼈甲, 独身で, 献上博多の, 着て, 称われる, 移ります, 立てて, 純粋理性に, 老妻, 落し差して, 見えたから, 車を, 迫って, 遊び歩きけるを, 限って, 限らず一夫衆婦, 離れて

▼ 対~ (68, 1.9%)

6 である 5 であった 4 の比例, の比率 3 であると 2 であり産児, という出生

1 [42件] ぐらいだった, ぐらいのところ, ぐらいの差, すなわち三六対一〇, すなわち二七対一〇, だからね, でありそして, でありフランス, であり一七五六年, であり出生数, であり換言, であり記録, であるが, であること, でしかない, です, ではなく, ではまず, でもどう, でも売り手, で二磅, という, という優勢, という割合, という如き, という極めて, といえる, とし, となっ, となる, ともなる, にドロンコ, に維持, に過ぎない, に達するであろう, のひらき, の差, の教区, また死亡, よりももっと, よりやや, をも二対〇

▼ 対い合っ~ (46, 1.3%)

15 ている 10 ていた 2 て坐っ

1 [19件] て, てあ, てあたし, てい, ていました, てのぼせた, て乗っ, て互, て住む, て何, て坐った, て炉, て眺められ, て腰, て腰掛けた, て草, て見る, て誰, て軽く

▼ 対~ (46, 1.3%)

2 ことが, と, 鎚を

1 [40件] が街, ことすら, こと食物は, ている, とそのまま, と何と, と四角, と彼, と昇, と痩せた, と童子, と自然, のだ, へ廻り, ほど彼, もっともな, ようで, を張っ, 人と, 人に, 以外に, 側を, 半日, 同志繋い, 困難な, 塘の, 岸の, 岸へ, 態度を, 敵には, 新妻これを, 方向も, 日日に, 時は, 気持ちが, 河岸の, 河岸は, 目醒め, 者は, 蚋

▼ 対一〇~ (45, 1.2%)

7 である 2 であった, であり従って, となり

1 [32件] すなわち一三八対一〇〇, すなわち一二〇対一〇〇, たらしめるには, であったこと, でありこれ, でありそして, でありまた, でありまたは, であり中, であり六〇箇年間, であり六八年間, であり六四年間, であるから, であるが, であること, であるならば, であるの, であろう, という, という出生対死亡, となるであろう, と見積った, に下り, に過ぎず, に過ぎない, よりもわずか, 及び三二対一〇, 及び三五対一〇, 及び三四対一〇, 及び五五対一〇, 及び四三対一〇, 及び四二対一〇

▼ 対~ (44, 1.2%)

6 あつて 5 合つてゐる 2 合ふ

1 [31件] これは, てあるごとし, ては髪, て云, て手, て明る, て汝, て独, て話し, て論義, て高き, ながらかうし, の角, 不意に, 十兵衞先刻に, 合つた僅な, 合つた晩の, 合つてゆつくり, 合つて並ん, 合つて互を, 合つて座を, 合つて腰を, 合つて話を, 合つて頭から, 合ひ, 合へる, 我夫では, 構へ, 葉の, 衝立つ, 面ふらぬ

▼ 対~ (40, 1.1%)

2 て今度

1 [38件] いまお前は, うまくも, おだやかに, しばらく黙っ, じゃなお, それは, それを, て主, て話し, で祝杯, ながらぼんやり, ながら夜明け, ながら岸本, になっ, のヒイラギ山, の屋, の楼上, の角, まだ矢代, よく聞き解ける, をし, エピキュリヤンの, 十兵衛先刻に, 君にも, 少し皮肉, 心の, 恐ろしいほど, 恥じざる行い, 意味あり, 我夫では, 汝は, 汝昨夜われとともに, 特にカメラ, 私は, 糢糊写る, 自分の, 若い雪江さん, 集中し

▼ 対~ (40, 1.1%)

4 おいでに, 行って 2 行くと, 行った

1 [28件] おつれ, おはいり, お移りに, お置き申し, かえってしまわれた, た, ぬが常, 人を, 任せること, 使に, 出かけては, 出て, 取りに, 夜着類を, 大きく浮き出し, 宮の, 寄った, 帰ったあと, 手紙を, 書いた, 来させた, 来て, 自分の, 行く時, 行ったあと, 行った時, 迎えて, 運ばれた

▼ 対一〇〇~ (38, 1.0%)

8 であった 7 という 3 であると, の比率 2 であったが, である

1 [13件] すなわちほとんど, でありこの, でありこれ, でありまた, であり五箇年, であり出生, であるから, という如き, という莫大, とし, 全六〇年間, 及び一三〇対一〇〇, 及び一五五対一〇〇

▼ 対山館~ (34, 0.9%)

2 の三階

1 [32件] から持参, が組織的, でなくても, では大島部長, でドライ・マチニ, で泊り, で集めた, で靴, にいた, における私, にとまる, には, に向かった, に寄る, に居候, に泊っ, に泊った, の, のあがり, の人々, の前, の宿帳, の百瀬慎太郎さん, の長男, の食堂, へ登山, へ着いた, へ行っ, まで十五分, を出, を出かけた, を午前八時

▼ 対~ (34, 0.9%)

1 [34件] たり得る, となった, につつしんで, にはなお, にむかっ, にもそれ, によき, に加, に向け, に対する真, に対する親愛, に怡, に許容, に遠慮, の人品年齢服装, の弱点, の心中, の心理, の意見, の文学, の欠陥, の立場, の竹, の肉体, の能力, の身, の陣, の霊魂, を予想, を条件, を決定, を知らね, を知る, を追及

▼ 対~ (33, 0.9%)

5 なして 2 着て

1 [26件] この人, ついたあげく裏, とったところ, なさしめしに, なし披針形, なし連れ立ちて, なすもの, にらんで, 住居に, 作し, 作って, 使って, 取出して, 奉る, 宿すそう, 張つて大, 成さぬ名詞, 挙人中に, 掃除させ, 昔の, 本体と, 求められて, 求めるべし云々, 訪ねようと, 賜わった, 門前に

▼ 対~ (24, 0.7%)

2 の中腹, は酒

1 [20件] が自慢, に敵, の向こう側, の翠, の蔭, の頂, は, はちびりちびり, はひどい, はまた, は口もと, は岡田半江, は慌て, は無理強い, は画, は自分, は薬味箪笥, は食味通, は黄ろ, を訪ね

▼ 対えて~ (22, 0.6%)

3 曰く未, 曰く顔回という

1 [16件] しからば, 曰くあり, 曰く一国の, 曰く俎豆の, 曰く吾先だち, 曰く吾斯を, 曰く天子の, 曰く子政を, 曰く政とは, 曰く政は, 曰く然, 曰く直き, 曰く賜は, 曰く違う, 歯が, 言われるには

▼ 対った~ (15, 0.4%)

1 [15件] がこ, とき千鶴子は, ままその, まま云った, まま無言で, ものであった, 処へ, 南の, 場合と, 感じで, 時でも, 時に, 時の, 門前に, 際は

▼ 対向い~ (15, 0.4%)

3 になる

1 [12件] で, でなくっては, でよく, で五分間, で前, で居た, で居る, で話, に洋燈, の三造, の可, 大崩壊

▼ 対社会的~ (15, 0.4%)

1 [15件] なそれ, な意志, な意義, な指導力, な文筆演説, な画作, な発言, な積極的, な考え, な能動性, な運動, になっ, にはニヒリスティック, には新進, に害毒

▼ 対い合った~ (14, 0.4%)

2 のである, 位置に 1 ときから, ところは, ように, 二人は, 伏見屋それらの, 六層ばかりの, 土塀の, 嫂の, 男女の, 高氏へ

▼ 対~ (13, 0.4%)

1 [13件] ければ, たまわく, て, ていた, ている, てかく, て一本二本, て君, て敢, ば私, まい, 他日を, 近づけ

▼ 対~ (13, 0.4%)

1 [13件] かかる夜, がごとし, へ廻り, 人は, 山の, 岸に, 岸にて, 敵味方この, 日に, 池の, 者を, 荒々しい孤独, 著者小川正子さんの

▼ 対~ (13, 0.4%)

1 [13件] から朝鮮, が何より, で私, には野狐, の官憲, の沿岸, の藩邸, の親戚某氏, の警察, の邸, の鰤, も壱岐, を襲撃

▼ 対人間~ (12, 0.3%)

2 の生活, の関係 1 いやそれ以上, の傾向, の割合, の問題, の最初, の死闘, の目前, の相互関係

▼ 対~ (12, 0.3%)

3 の問題 2 の関係 1 という関係, としての権利, のいきさつ, の事情, の感情, の慣習, の相剋

▼ 対~ (11, 0.3%)

1 [11件] くらいにならない, ぐらいにわかれ, であり死亡率, であると, であるとき, であるならば, で勝っ, という, の比率, またはそれ以上, または一三・三分の一対一〇

▼ 対つて~ (10, 0.3%)

1 か嗤, する呪詞, の意欲, の精神, は一言, 其の事, 常平太何事, 話しかけると, 頷く顔, 頻りに水泳

▼ 対世間的~ (10, 0.3%)

2 なこと, な見栄 1 であるの, な根, にはのこされ, に徹底的糾弾, のすべて, の虚栄心

▼ 対~ (10, 0.3%)

1 からウヌボレ, であると, となり, と木村名人, にもちこみ, にもちこんだ, のあと, の比率, の関係, まで持ちこんだ

▼ 対~ (10, 0.3%)

1 が用いられる, である, であれば, ではない, で現, の性, は何, は反, を作った, を持たない

▼ 対いあっ~ (9, 0.2%)

3 ている 1 てさし, て光厳, て坐っ, て居る, て座っ, て黙想

▼ 対三〇~ (9, 0.2%)

1 すなわち一二対一〇, であった, であること, であると, ではなく, と推定, と考え得よう, と見積られた, ないし三一・八分の一

▼ 対死亡~ (9, 0.2%)

9 の比率

▼ 対~ (8, 0.2%)

1 いくらする, は女達, 二三度庸三の, 二人は, 勤めて, 千蔭緞子の, 我々鈴子夫人の, 歩くの

▼ 対~ (8, 0.2%)

1 すべき理, する立場, に会, に入, に努力, のため, の法門, の須佐

▼ 対っては~ (7, 0.2%)

1 おもしろいぞ, その上, 今日の, 優しい口, 厳格過ぎる, 弱いもの, 旧穢多

▼ 対へて~ (7, 0.2%)

1 いたはるやう, とくべき性質, 呼んだの, 曰く妾が, 曰く当年八十四歳に, 曰く理実, 言ふ

▼ 対一以上~ (7, 0.2%)

1 でありある, であり換言, であること, であるよりは, であろう, ではない, の比率

▼ 対~ (7, 0.2%)

2 であろう 1 であるが, であるとき, であるならば, となる, と見積られ

▼ 対~ (7, 0.2%)

1 が女性, に栗毛, の方, は白露, は雲, へ, を拵え

▼ 対英戦争~ (7, 0.2%)

2 の第 1 がわれら, の大陸封鎖, の機, はその, を書き上げる

▼ 対~ (7, 0.2%)

1 がはじまつた, に来, を求め, を求める, を頼まれた, を頼み, を頼む

▼ 対き合っ~ (6, 0.2%)

4 ている 1 てその, て夕飯

▼ 対ずつ~ (6, 0.2%)

1 もつ電池, 一列の, 一対ずつ, 天秤一本, 存在し, 財布の

▼ 対っても~ (6, 0.2%)

1 これを, こんな口, 何時も平気, 平気で, 絶間が, 自然と

▼ 対~ (6, 0.2%)

1 云えば, 呼ばれて, 国分寺の, 対私は, 見るところ, 見立てました

▼ 対~ (6, 0.2%)

1 し嗚呼, まずか, みにくい赤ネクタイ, 図書室に, 最もおもしろい, 読経の

▼ 対人的~ (6, 0.2%)

2 にはホン 1 にはそれ, には朋友, には相手, に怒っ

▼ 対手方~ (6, 0.2%)

1 であったこと, と挨拶, に大分, は, はそれなり口, へ出向いた

▼ 対~ (6, 0.2%)

2 では夕暮 1 すれば, であつ, に河村君, の味

▼ 対という~ (5, 0.1%)

1 のが, ものは, 全然空, 有様でございます, 注文今日では

▼ 対~ (5, 0.1%)

1 で赤皮, にそこ, に肩, に面影, に黒人

▼ 対労働者~ (5, 0.1%)

2 の関係 1 という関係, 小さくは, 或は主従関係

▼ 対自動詞~ (5, 0.1%)

1 であつ, といふやう, と分け, と思つて, の形

▼ 対自然~ (5, 0.1%)

1 と云う, の態度, の技術的闘争, の時, の関係

▼ 対~ (4, 0.1%)

1 だと, とも二対一, の勝利率, をも二対一

▼ 対い合い~ (4, 0.1%)

1 にお, に腕, に腰かけ, ひどく腫れ上がっ

▼ 対い合う~ (4, 0.1%)

2 ことが 1 て食卓, 竹藪を

▼ 対い合せ~ (4, 0.1%)

1 て春, に洋卓, に間劃, 顔と

▼ 対うて居る~ (4, 0.1%)

2 やうな 1 のも, ような

▼ 対から~ (4, 0.1%)

1 お車, できあがって, 云って, 渡殿へ

▼ 対~ (4, 0.1%)

1 ある序, できると, とれて, 大枚五両でございます

▼ 対ずつの~ (4, 0.1%)

1 ピストルを, 仏像を, 四つの, 影が

▼ 対せる~ (4, 0.1%)

1 あなたに, 側において, 所行の, 鴫沢の

▼ 対ひゐ~ (4, 0.1%)

1 てすら母父, て兵卒, て時, て饅頭

▼ 対へも~ (4, 0.1%)

1 いろいろと, 東の, 知らされた, 行かずに

▼ 対~ (4, 0.1%)

1 ず正, せること, なかった, なくっちゃ

▼ 対~ (4, 0.1%)

2 て失敬 1 てき, て歎息

▼ 対世界~ (4, 0.1%)

1 の凡て, の奇怪, の精華, の見地

▼ 対人間意識~ (4, 0.1%)

2 の歪み 1 の, の正常

▼ 対~ (4, 0.1%)

1 くらいで, すなわち二対一, で勝, の比率

▼ 対家康~ (4, 0.1%)

1 と見, の和睦, の手切れ, の解決

▼ 対~ (4, 0.1%)

1 が五百両, が床一杯, とオートイユ, を成し

▼ 対支外交~ (4, 0.1%)

2 に基い 1 は一つ, や排日問題

▼ 対支貿易~ (4, 0.1%)

2 に使用 1 と到来, の量

▼ 対日戦~ (4, 0.1%)

1 の根源, の血祭, の訓練, を起す

▼ 対日理事会~ (4, 0.1%)

1 でもこの, で再, として当選議員, において中国代表

▼ 対眼レンズ~ (4, 0.1%)

1 から眼, に目, に眼, の度

▼ 対社会~ (4, 0.1%)

1 のコントラバーシー, の関係, へではない, への適応

▼ 対~ (4, 0.1%)

2 であるという, 態における

▼ 対~ (4, 0.1%)

1 から最も, に棒, の方向, の炉辺

▼ 対ある~ (3, 0.1%)

1 もので, 単眼の, 電池を

▼ 対うに~ (3, 0.1%)

1 して, 渡らんとて, 異ならず

▼ 対えた~ (3, 0.1%)

1 から桓子感服, とある, ということ

▼ 対える~ (3, 0.1%)

1 人の, 者も, 者一人も

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 延の, 狼火方の, 秀の

▼ 対きあっ~ (3, 0.1%)

1 てい, ていた, てペン

▼ 対つて何~ (3, 0.1%)

1 か云つて, か力, よりも先

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 これが, 一昨日教師を, 専らこれ

▼ 対であるべき~ (3, 0.1%)

2 はずです 1 はずだ

▼ 対には~ (3, 0.1%)

1 ならぬ根, 明石の, 註が

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 悉今は, 或年, 持って

▼ 対シテ~ (3, 0.1%)

1 不礼言語同断, 有スル緊密ナル利害関係, 深ク愧ルコト莫カランヤ

▼ 対フランス~ (3, 0.1%)

1 とは少なくとも, と戦後, をどう

▼ 対一以下~ (3, 0.1%)

1 であること, なること, の場合

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 であるとき, とまでは行かなくなった, ないし一対四

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 でありこの, ないし三対七, の比率

▼ 対人生~ (3, 0.1%)

2 の関係 1 の態度

▼ 対仏作戦~ (3, 0.1%)

1 ならば, に於ける, は御

▼ 対他的~ (3, 0.1%)

1 な批判, な激情, な理性

▼ 対~ (3, 0.1%)

3 新攻撃路

▼ 対呂宋強硬外交~ (3, 0.1%)

21 も実利的

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 あり此時, した時, し気勝ち

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 に同感, のみ存する, を表象

▼ 対州鰤~ (3, 0.1%)

1 という奴, の一つ, をアトカタ

▼ 対日態度~ (3, 0.1%)

1 であったと, をそこ, を一変

▼ 対日策~ (3, 0.1%)

1 がいかに, と日本, の転換

▼ 対木村~ (3, 0.1%)

1 であるが, の一戦, の名人戦

▼ 対木村戦~ (3, 0.1%)

1 であれほど, とちがっ, はとくに

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 だ, は岳陰荘, は恰度

▼ 対米英戦~ (3, 0.1%)

1 がはじまっ, のはじまる, もそんなに

▼ 対~ (3, 0.1%)

1 人口一対九四と, 人口一対二三・二死亡対総, 人口男一対三三女一対三六合計一対三四・五結婚対総

▼ 対自性~ (3, 0.1%)

1 が概念, によって論理的, は友情

▼ 対~ (3, 0.1%)

2 にいる 1 の小姓組番頭土屋佐渡守邦直

▼ 対いあう~ (2, 0.1%)

1 ように, 心地は

▼ 対いあった~ (2, 0.1%)

1 のである, 腰かけの

▼ 対い合~ (2, 0.1%)

1 になる, の形

▼ 対おうと~ (2, 0.1%)

1 して, すること

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 うして, できて

▼ 対けて~ (2, 0.1%)

2 いた

▼ 対しよう~ (2, 0.1%)

1 とはしない, とは思わない

▼ 対する~ (2, 0.1%)

1 ほどの年輩, より起る

▼ 対せらるる~ (2, 0.1%)

1 ときには, 行為において

▼ 対であった~ (2, 0.1%)

1 ことが, という判断

▼ 対です~ (2, 0.1%)

2

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 団扇を, 茶まだ

▼ 対ばかりの~ (2, 0.1%)

1 列めぐりおわる, 列めぐりをはるとき妃は

▼ 対ふと~ (2, 0.1%)

1 何か, 其儘云ひ

▼ 対へば~ (2, 0.1%)

1 唯心が, 寂し沙羅

▼ 対わき~ (2, 0.1%)

1 は其, を土台

▼ 対われしこ~ (2, 0.1%)

2 と無

▼ 対アメリカ~ (2, 0.1%)

1 のポロ最終競技, の外交政策

▼ 対ジャーナリズム~ (2, 0.1%)

1 の問題, の態度

▼ 対スルホドニ善ト~ (2, 0.1%)

2 悪トナイゾ

▼ 対スル嫉妬~ (2, 0.1%)

2 ヲ利用シテ妻

▼ 対セルビア宣戦~ (2, 0.1%)

1 の布告, の日

▼ 対チーフメーツ~ (2, 0.1%)

1 との関係, の関係

▼ 対一〇〇後~ (2, 0.1%)

1 の三〇年間, の三四年間

▼ 対一三~ (2, 0.1%)

1 すなわち約, となり

▼ 対一九~ (2, 0.1%)

1 であった, の比例

▼ 対一人~ (2, 0.1%)

1 として組織, の男

▼ 対一八~ (2, 0.1%)

1 となり, となるであろう

▼ 対一四~ (2, 0.1%)

1 という比率, に過ぎない

▼ 対七七~ (2, 0.1%)

1 であった, であるが

▼ 対三三~ (2, 0.1%)

1 でありまた, を多く

▼ 対三六~ (2, 0.1%)

1 となる, 及び一対四五

▼ 対三六・五八~ (2, 0.1%)

1 となるであろう, に過ぎず

▼ 対上杉軍~ (2, 0.1%)

1 との懸, との戦場

▼ 対世間対名誉~ (2, 0.1%)

2 それだけの

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 であると, となり

▼ 対二・二分の一~ (2, 0.1%)

2 にて価値騰貴

▼ 対二五~ (2, 0.1%)

1 であり地方教区, と書かれ

▼ 対二八~ (2, 0.1%)

1 であり諸小, と見積った

▼ 対仏作戦計画~ (2, 0.1%)

1 である一九〇五年十二月案, は彼

▼ 対作家~ (2, 0.1%)

1 だけの仕事, としての感情

▼ 対光不断光~ (2, 0.1%)

2 難思光

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 であった, の比率

▼ 対友人~ (2, 0.1%)

2 いな

▼ 対名誉~ (2, 0.1%)

2 それだけの

▼ 対呉政策~ (2, 0.1%)

1 に乗り出した, の一歩

▼ 対地主~ (2, 0.1%)

1 との関係, の問題

▼ 対地方~ (2, 0.1%)

1 というよう, とセクト的

▼ 対外国~ (2, 0.1%)

1 といふこと, の諸

▼ 対夷政策~ (2, 0.1%)

1 の実際, の本体

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 の詩文, を読む

▼ 対尊氏~ (2, 0.1%)

1 だけにとらわれ, の兄弟喧嘩

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 供としての, 商人の

▼ 対山楼~ (2, 0.1%)

1 といえ, に行った

▼ 対師直~ (2, 0.1%)

1 でなく直義対尊氏, の軋轢

▼ 対影楼~ (2, 0.1%)

1 の扁額, の秋色

▼ 対手かた~ (2, 0.1%)

1 の条件, をもっ

▼ 対手次第~ (2, 0.1%)

1 でどんなに, で変っ

▼ 対手蕈~ (2, 0.1%)

2 の汁

▼ 対揃っ~ (2, 0.1%)

1 て居る, て巧いもの

▼ 対支商談~ (2, 0.1%)

1 におけるワシントン政府, は不況

▼ 対支対策~ (2, 0.1%)

2 がまだ

▼ 対支文化事業~ (2, 0.1%)

1 の方面, や支那女性

▼ 対支要求~ (2, 0.1%)

1 は都合上全部, は都合全部

▼ 対日平和条約~ (2, 0.1%)

1 が締結, に対してはまだ

▼ 対日関係~ (2, 0.1%)

1 が生じ得ない, は好転

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 して, せしめるの

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 に仙台平, 御納戸縮緬

▼ 対朝廷策~ (2, 0.1%)

1 に大きな, に異論百出

▼ 対毛利~ (2, 0.1%)

1 とのこの, の衝突

▼ 対治し~ (2, 0.1%)

1 て終っ, て置きたい

▼ 対清盛~ (2, 0.1%)

1 の武力, の相互

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 事務局と, 工作史

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 としてほか, の限られた

▼ 対白刃~ (2, 0.1%)

1 のあいだ, の境

▼ 対百枚~ (2, 0.1%)

1 という比率, の交換比率

▼ 対磁力砲~ (2, 0.1%)

2 のあべこべ砲

▼ 対神信仰~ (2, 0.1%)

1 と呼び, は神

▼ 対秀吉~ (2, 0.1%)

1 との問題, の正面

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 といふ対個人関係, は自分

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 一二四である, 一五六と

▼ 対結婚~ (2, 0.1%)

1 は三八五対一〇〇, は二一〇対一〇〇

▼ 対自然的~ (2, 0.1%)

1 では, に争闘

▼ 対自然観~ (2, 0.1%)

1 が外国人, を多彩

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 の中世, の形式

▼ 対花田戦~ (2, 0.1%)

1 でも坂田, の対局

▼ 対著作者~ (2, 0.1%)

1 の問題, の関係以上

▼ 対虚偽~ (2, 0.1%)

1 の編成, の関係

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 雇人の, 雇傭者の

▼ 対西洋~ (2, 0.1%)

2 の関係

▼ 対観する~ (2, 0.1%)

1 がごとし, を得る

▼ 対訳本~ (2, 0.1%)

1 で他, も出版

▼ 対読者~ (2, 0.1%)

1 という関係, の連関

▼ 対足利~ (2, 0.1%)

1 との交渉, の陣

▼ 対軍部~ (2, 0.1%)

1 とかの外見上, とか政党ブルジョアジー対軍部

▼ 対遺影感~ (2, 0.1%)

2 転切

▼ 対都会~ (2, 0.1%)

1 の社会政策理論, は財政学的

▼ 対長島~ (2, 0.1%)

2 の場合

▼ 対露問題~ (2, 0.1%)

1 など考慮, は多年

▼ 対露戦争~ (2, 0.1%)

1 につき真に, には単に

▼ 対~ (2, 0.1%)

1 と名づけ, を嘲った

▼ 対馬守さま~ (2, 0.1%)

1 におかせられ, もお

▼1* [755件]

あたりからそれ, 対あって以前, 対あったらしい脚も, 対あなたでなく第三者, 対あり二百双の, 対いあいて秩父三峰道, 対いあえるに馴れ, 対いしが二人, 対いただ彼は, 対いつぐなんで, 対いで深更まで, 対い会釈をなし, 対い出したが最後, 対い合ってるものは, 対い合わなければならなかった, 対い合ッている, 対い合唱して, 対い居る日本国の, 対い汝がこの, 対い沸沸と湧く, 対い直すように, 対い祈りを上げ, 対い読経礼拝して, 対い質問に熱心, 対うから御質問, 対うてゐるとその, 対うて言う言葉で, 対うて言うべき言葉でない, 対うで千鶴子は, 対うときのみわが, 対うなる海の, 対うの岸へ着きました, 対うる者は, 対うれば太孫, 対えられた次の, 対えん田畑に動物, 対かってまっすぐに, 対かのゴム管で, 対あつて, 対きあいそれを, 対き合うとまったく, 対くらゐ私, 対けながら飲みかけ, 対こうの川向い, 対て震え, 対しかない絹物, 対しかたが一緒, 対しないと弊害, 対すなわち一なる, 対ずつが無数に, 対ずつをなして, 対せずにはいられなく成っ, 対そしてそれ等が, 対そのなかに, 対そらあの, 対それから赤青黄の, 対が鹿又, 対ちょうだいな, 対ってかう呼びかけた, 対ってさえまだ相手, 対ってなだれ下っ, 対つたが好物, 対つてあらたかな十字架, 対つてウォツカを召上, 対つて一刀をピタリ, 対つて一国を取る, 対つて其暁を報ぜざる, 対つて北へ下りた, 対つて呶鳴つた, 対つて徒らに其功, 対つて復た私, 対つて意識的無意識的に, 対つて紙を展げ, 対つて色々の難題, 対つて菊五郎が技芸, 対つて言つた, 対であれかしと, 対でしたよ, 対でもずいぶん離婚, 対として空間が, 対とは思うが, 対とも見違えられる首飾, 対ともしてあった, 対ないと思う, 対などと別の, 対なども焼けて, 対なる岸に, 対にかけもどると, 対になつてゐ, 対にばかりいて, 対はし寒きこの, 対ばてれん策或いは, 対ひあふ家と, 対ひしも露霜, 対ひしが対手酒の, 対ひたる心ならで, 対ひぬぽたら, 対ひまゐら, 対ひろ子臼井とタミ, 対ひ合って話し合ってる, 対ひ咲く榛名の, 対ひ坐すこれの, 対ひ射る的方は, 対ひ居たらんを, 対ひ見ゆ, 対ふときも, 対ふべき古語を, 対ふわが眺め, 対へだけ美しい檜破子詰め, 対へとさまよわせた, 対への訪問が, 対へは行かずに, 対へるものとして, 対べて何となく悲しい, 対ほりあげたのは, 対渡殿を, 対わしああ弟, 対をばことに, 対をも買いました, 対アカグマ国イネ州への攻撃戦, 対アフガニスタンの関係, 対アメリカ戦の結末, 対アメリカ戦争の積極的肯定, 対アリストテレスの昔, 対アリョーシャの問題, 対アヴィニョンの取組み, 対イリヤの鳴神式, 対ウェルキンの紛糾, 対ウラジオの一線上, 対オランダ人等の植民地, 対コンミュニズムの戦争, 対ゴムに限る, 対淡イ嫉妬, 対シテイマダニ貞節ヲ保ッテオイデデスト, 対シテハ不愛想, 対シテハ殺害ノ予告ノミヲシテ方法及ビ期日ヲセザリシ為メ普通月並ナル脅迫状位ニ思フテ覚梧, 対シテ剣ヲ振, 対シテ吾人法医学者ハ如何ニシテ犯罪, 対シテ大胆ナ方デハナクスコブル臆病ナノデアルガ今度ノ, 対シテ弾ク弓ナク御辺, 対シテ悽然旧ニ感ズ, 対シテ攻撃ヲ加エントシ, 対シテ碁ヲ囲ムモノ両人, 対シテ訴訟ノ提起, 対シ不敬ヲモ顧ミズ一書ヲ呈スルノ大罪, 対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, 対シ危害ヲ加, 対シ右罰金ノ納付方請求有, 対シ慮外致スマイト云ウ書附ヲ出, 対シ本願発明ニ於テハ問題ノ多, 対シ自己又ハ他人, 対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, 対シ適当ナ電波的保護, 対ジナイーダの関係, 対ジロリによって終始, 対スパルミエントの大, 対スペインの勝負, 対スペイン和平は屈辱, 対スペイン戦争を援助, 対スル御自身, 対スルノ志ニ非ス, 対スル余ノ愛ガ彼, 対スル心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, 対スル記憶ノ残留セルモノアリヤ否ヤ, 対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, 対セルビアの戦闘, 対ソヴィエト・対アメリカの外交政策, 対ソヴィエト関係は之, 対デマゴギーの問題, 対トルコ関係がいま決定, 対ドイツの関係, 対ドイツ政策という国策外交事情, 対ドナチストの論戦, 対ハルクの乱闘, 対プロに当たるであろう, 対ベーアの試合, 対ペラギウス並に対ドナチスト, 対マクラーニンの拳闘, 対ライフトラーゼルとリーフ, 対ラディカルズの論争, 対リカアドウの対立, 対リーマン博士の押問答, 対ルポルタージュ文学乃至ルポルタージュ, 対レムのあいだ, 対ロマンティシズムという風, 対ローマン主義の最後, 対一〇〇以上を数え得ない, 対一〇〇出生対結婚は三八五対一〇〇, 対一〇〇出生対結婚四対一出生対総人口一対二三・二, 対一〇〇死亡対結婚は二一〇対一〇〇, 対一〇〇死亡率を五〇分の一, 対一〇スウェーデンでは四一対一〇, 対一〇一であるが, 対一〇以上であると, 対一〇八の比率, 対一〇等となっ, 対一一五と見積った, 対一一四・五となり, 対一二三・二であること, 対一二四となり, 対一五すなわち四・三分の二対一, 対一五死亡以上に出, 対一出生対総人口一対二三・二, 対一出生超過の総, 対一反対しても, 対一城の合戦, 対一衆よく寡, 対一高戦が迫つた折, 対七五である, 対七六一七五五年には一対一〇八, 対丈緋ぢりめん, 対三〇・一五である, 対三〇・一五死亡率は一対四〇・九二, 対三・三分の一すなわち一二対一〇, 対三・六となる, 対三一である, 対三一・七九すなわち約, 対三一・九二平均一対三〇・一五である, 対三三女一対三六合計一対三四・五結婚対総人口一対九四, 対三九・八一すなわち約, 対三九一七五七年は一対三二, 対三二一七五八年は一対三一, 対三二二ということ, 対三五となった, 対三五〇と思われる, 対三五・三一八二一年は一対三六・五八, 対三人の外人, 対三以上に達し, 対三八五であるから, 対三六合計一対三四・五結婚対総人口一対九四, 対三四・五分の三という結果, 対三四・五結婚対総人口一対九四, 対三四・八にも上る, 対三四・八一八一一年は一対三五・三, 対三結婚の総, 対上杉というもの, 対上杉策には先, 対不良少年少女の関係, 対世の中となる, 対世界意識ではなくなっ, 対世界民族対人類の問題, 対世界観ひいてはまた, 対世間の応待, 対世間対ジャーナリズムの態度, 対世間的策略との二つ, 対世間関係の理解, 対八段の, 対両手に持っ, 対並びに一人の, 対並んでゐた, 対中央と呼び直される, 対中援助のこと, 対丹波の真剣勝負, 対主張の問題, 対久米氏の会見, 対九二というよう, 対九四となる, 対二〇となり, 対二〇八すなわち約, 対二・七となろう, 対二・九分の二となり, 対二一という理解, 対二一〇となっ, 対二七・三死亡は一対四七・九, 対二三・二死亡対総人口, 対二九・二分の一という出生, 対二九・五弱となる, 対二九・五死亡率一対四七をもってすれ, 対二二二二・五二三と上っ, 対二五・二死亡の総, 対二五二となる, 対二以上であると, 対二八・三八女子出生の女子人口, 対二六及び一対三五, 対二六三〇〇〇の比, 対二十五の大差, 対二四であり死亡, 対しに, 対五五死亡のそれ, 対五年の対立, 対交せんには, 対人民都市の文化施設, 対人間ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, 対人間的な戦い, 対人間的会話的親しみが出, 対人類の問題, 対仇討観らしいもの, 対仇討鬼児島誉仇討敵討宿六娘ただいま, 対の外交関係, 対仏南海望中夕照収星光波際見点点去来舟, 対するに, 対他的実行が伴わね, 対他的手段を廻らす, 対他的興味の強い, 対仮面の恐怖王, 対伊丹城策はなるべく, 対会社の問題, 対して, 対位的に編成, 対位的結合によってそこ, 対佐々木巌流の試合, 対佐田やすと同じ, 対作曲家の関係, 対併せて六通り, 対侍女という人物構成, 対信玄の相剋, 対信雄とは考え, 対俳優というもの, 対個人の世界, 対個人店のこと, 対個人的な興味, 対個人関係から出発, 対と云う, 対先生そしてこの, 対光反射の検査, 対兎岳の問題, 対村の, 対乃至一対十, 対八〇ないし九〇, 対八七一七五二年ないし一七五五年, 対八三一七五五年には一対一〇〇, 対八九一七四五年には一対一一八, 対八二であり一七四一年, 対八八一七五六年には一対一一二, 対八六であり一七五〇年, 対六・二八よりも約, 対六・四二ですなわち, 対六三であること, 対六二である, 対六十四の大, 対六四でありそして, 対兵隊の馬鹿, 対内的には武器, 対出来上ったもんで, 対切支丹日本統治対海外貿易という難問題, 対列べたようで, 対劇作家の関係, 対劇場主及俳優の問題, 対労務者ではない, 対労組の問題, 対して, 対勝家の, 対十五で敵, 対十代のひと, 対十四装甲巡洋艦九対二の比率, 対升田の場合, 対印度政策の欠陥, 対社会性の, 対反対党として集団的, 対つた, 対合させることによって, 対合った居附の, 対合つた昌作の手, 対合つて大きい茅葺, 対合照応なりと, 対同僚の問題, 対名家成転遅, 対向ったこの体裁, 対に何, 対に社会一般教育, 対告衆として釈尊, 対哲学関係を持っ, 対商品対消費物めいた態度, 対之助策協議, 対四〇・九二であるから, 対四プラス二すなわち一二対六, 対四・一という年結婚, 対四・三七である, 対四・二分の一プラス二すなわち一八対一三, 対四・五となっ, 対四・五分の四となるであろう, 対四一・九である, 対四一一となり, 対四七をもってすれ, 対四七・九である, 対四七弱となる, 対四五ではなく, 対四十八である, 対四四の比例, 対四本一頭に括り合わされた, 対四百三の大, 対四結婚の出生, 対国家の関係, 対国際的文化統制計画に他, 対土人対オランダ人等の植民地, 対地上大陸の大, 対地元部落の融和, 対地球人の相談, 対坂田の百有余円, 対するも, 対塁日を累, 対塁相当りて相, 対塚田の名人戦, 対増したのを, 対墺対普の個々, 対両州, 対売ってくれたら, 対も昼, 対大坂の寄手勢, 対大坂感情はこの, 対大学関係である, 対大山といふ感情, 対大崎の戦, 対大石佐藤との会見, 対大衆文学の問題, 対大衆的効果を評価, 対大衆的活動はあまり, 対天皇観があい, 対夷事情を見る, 対女性というよう, 対女情痴的な面, 対如何わしく存じ奉候, 対如何ト奉存候, 対が極, 対宇宙生物兵器の研究, 対安東仁雄の関係, 対完全に取押えた, 対官女が七人, 対官憲の問題, 対実在関係に於ける, 対客観の問題, 対客観的な本性, 対宮中問題の責, 対宮津藩との剣道, 対家主の苦情, 対家庭対社会上の責任, 対家康信雄の二, 対寄稿家という現代, 対寺別館て宿, 対対等形質説に従え, 対将校学生対教師のい, 対将門方針を選ぶ, 対小売り商の問題, 対小売商人の如き, 対小林の関係, 対山望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 対山木と呼ん, 対山梅年と云う, 対山館のを借りた, 対山館食堂では注文, 対岳堂詩巻を展覧, 対岸和田の村, 対岸水浦へ矢, 対にむらがり立っ, 対州邸の潜所, 対州馬でしょうよ, 対州鰤時代に手厳しい, 対市競技だから, 対帆村の呼吸づまるような一, 対帝国学士院の空間的関係, 対師範校との試合, 対幕府の御, 対平氏の関係, 対平氏関係の甚, 対年結婚一〇という比率, 対広島のクライマックス, 対庄司署長の闘争, 対店員の間, 対廊渡殿の座敷, 対弾露出部が熱傷, 対後醍醐朝廷への絶好, 対応而も直接, 対忠誠を擢, 対を, 対怪人というやつ, 対怪人意志疎通法の募集, 対怪物群のたたかい, 対患者の附合以上, 対愁眠姑蘇城外寒山寺夜半鐘声到客船, 対意思は成立, 対愛読者のありふれた, 対感意識はあつ, 対の観, 対戦車砲の整備, 対戯曲作者及び国立劇場役員, 対手かたがた一緒に縫物, 対手の内に没入, 対手の者を打ち込ん, 対手はとにもかく, 対手ゆえの心, 対手兼家政婦の岡本, 対手取つて訴訟を提起, 対手取り二つの私訴, 対手国で保証, 対手夜伽はまだ, 対手対手は紋床, 対手小野川に対しては, 対手役としては丸山定夫君, 対手舞台で分別, 対手舟の胴なか, 対手質の均衡, 対手酒のほろ酔, 対抱月氏のごとく, 対して, 対支交渉及び綏遠問題, 対支問題対米問題対露問題など考慮, 対支国是となっ, 対支外交史上に於ける, 対支文化工作の基礎, 対支文化活動のため奔走, 対支策謀の事実, 対支行動を正当化, 対支観念を清算, 対支那及び対アメリカ戦争, 対支重大声明, 対支開発政策など, 対政党の対立, 対政友会の面白い, 対政府嚮導の議会, 対政府所信もおのずから, 対政府軍部攻撃の火の手, 対政府防衛の議会, 対教師のい, 対文人の問題, 対文部省の史蹟指定, 対のとれた, 対新聞社の社会機能上, 対方名手往々沈吟低徊, 対既成強権の圧制結婚, 対第一次方針, 対日仏連合軍の戦闘, 対日外交の軟化, 対日宣戦をすれ, 対日宣戦布告と同時に, 対日攻撃武器がしまっ, 対日政策を遂行, 対日方策の不正, 対日朝通商建議案が提出, 対日本国の合意, 対日本画の問題, 対日為替が上り出した, 対日理事会その他のアドヴァイス, 対日要求条項は五〇年以前, 対日軍事同盟はついに, 対日軍事関係も切るべく, 対日輿論および占領政策, 対映して熱帯的, 対時間関係が, 対の個々, 対暁団の対立, 対曳きの綱, 対曹操のごとき, 対最後の人間, 対月寄懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 対月輪一刀の二流優劣, 対すべき生命, 対するところ, 対朝交渉案の実行, 対朝倉浅井の争い, 対朝廷の難し, 対朝条約のイニシアチヴ, 対朝策を進言, 対朝鮮条約熱はいよいよ, 対木村花田の二局, 対末松男の関係, 対本因坊昭宇橋本宇太郎八段との読売十番碁, 対本願寺との政治的解決, 対東洋鬼国との戦闘経過, 対松崖はこれ, 対林田である, 対との関係, 対梅ヶ谷というも強, 対横綱の立ちあがり, 対橋本対藤沢との結果, 対のマーク, 対機説法ということ, 対欧策とか対支開発政策, 対の間, 対比率は一対四七弱, 対毛利家と抗争, 対民主精神の大, 対民族の心, 対水素の比重, 対治されて終, 対治したので立派, 対海外貿易という難問題, 対海底超人間, 対海底超人の無益, 対消費物めいた態度, 対混ぜてあの, 対源氏勢力また多分, 対を掘出した, 対のうち, 対火星戦を考え, 対烏山の間, 対熊野勢力への思い, 対片やコルシカの, 対牛楼上無状, 対犯人の間, 対独協力の責任, 対独協力作家の追放問題, 対狭山九郎太の個人, 対玄人的な教程, 対現代的見識も持たず, 対現象的に見た, 対甲同盟をむすび, 対男子の問題, 対男性関係に嫉妬, 対町人政策もし私, 対のごとし, 対白刃馬上馬上の斬りあい, 対百三十四即ち九票, 対百四十三票とわずか, 対である, 対の後脚, 対直入蕃山息游軒蹄斎それから雅邦, 対直義の骨肉戦, 対眉渓はどう, 対真実の世界, 対真田の関係, 対眼点を高く, 対眼鏡から始めて, 対石川問題は努め, 対石川数正への非難, 対社会ハ蚤蚊対人間ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, 対社会上の責任, 対社会対大衆的効果を評価, 対社会的事業として唯一, 対社会的意志の発動, 対社会的指導性と云った, 対社会的活動を停止, 対社会的独特さとして例, 対社会的独立性となり, 対社会的警告にとどまっ, 対神尾主膳の取組み, 対神秘力でケルミッシュ, 対福沢さんの問題, 対秀吉感情は少し, 対秀吉策がしきりに, 対秀吉軍の大, 対私的の関係, 対秋川家の問題, 対科学と考えたくなる, 対穂高岳は常陸山対梅ヶ谷, 対箇人の独立, 対米依存から脱却, 対米問題対露問題など考慮, 対米外交の態度, 対米宣伝放送をやった, 対米平和条約の第, 対米感情が悪い, 対米態度の硬化, 対米戦争の準備, 対米戦争計画の必要, 対米英開戦以来わが金博士, 対紙雛一対見にくく大きなる, 対素人的及び対玄人的, 対結婚八という比率, 対結婚四という比率, 対結婚四対一出生対総人口一対二三・二, 対の平等観, 対織田策を練っ, 対義貞との戦い, 対したので, 対自己の関係, 対自然科学の方法分裂政策家達, 対自然関係の著しい, 対自由党の時代, 対自身のうち, 対興行者の問題, 対舞台監督を問題, 対舷砲撃を交わし, 対船長との未, 対英侵寇の評定, 対英国空軍の戦闘, 対英強硬対外膨脹の線, 対英憤激はその, 対英持久戦争に捧げた, 対英米の文化戦争, 対英米問題がどう, 対英貿易に都合, 対英関係上にも殿下, 対の間, 対葛岡とわたくし, 対藤井とちょうど, 対藤村氏泡鳴氏対抱月氏のごとく, 対藤次とお, 対藤沢との結果, 対蘇貿易に従事, 対蘭印綿布輸出割当の件, 対蛇獣婚姻の関係伝説, 対蜀外交の策謀, 対蜀政策にも強味, 対蜀観察は, 対蜘蛛は四対, 対表記のところ, 対西摂地方, 対見にくく大きなる婢子様一つ, 対すると, 対観衆の, 対角隅へ渡し, 対を採らしめた, 対評論風にで, 対詠歌相待的, 対詠的にいっ, 対詠的歌の傾向, 対誤れる文明コンマアシャリズム, 対論文戯作和歌紀行文随筆等生涯の執筆, 対謙信との戦い, 対警察の問題, 対議会といつた, 対議会政策としての内閣補強策, 対貴族の立后, 対資本家的労働組合は不合理, 対賭場荒しの, 対踵地に在る, 対踵的に自分, 対軍内部への代償, 対軍縮会議の大, 対軍縮会議兵力量の問題, 対軍部質問批判演説だ, 対すべきもの, 対農村などという社会対立政策論, 対農村説は資本主義, 対農民政策はその, 対連句を言っ, 対連合国和平斡旋の働きかけ, 対して, 対部分という根本的, 対酌三本酒は味, 対不思嘗, 対重慶工作だのいろいろ, 対金方針は確定, 対の棒, 対鎌倉の面, 対鎌倉五山の反目, 対長谷川菊乃であった, 対関東の作戦上, 対階級の闘い, 対隼団の緊迫, 対よ, 対零法の二人, 対露中心の研究, 対露侵入作戦は大, 対韓問題以来日清戦争以来新聞の功, 対韓策は二十年来一貫, 対頻度の統計, 対頼朝との地歩, 対飾られそれには, 対首領のすさまじい, 対馬守様つづく一行, 対馬守様同病あいあわれむでそんな, 対馬守殿は武骨一方, 対駒ヶ岳の立合, 対高利となつ, 対高木という新, 対高氏の段, 対高等甲殻類は五対, 対魏問題も時局方針, 対魏方策を一決, 対鮭二匹である, 対黄血社の闘争, 対黒羅紗のモヂリ, 対で破っ, 対ではある