青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「季節~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~存じ 存じ~ ~存じます ~存する 存する~ ~存在 存在~ 存外~ 孝~ ~季節
季節~
孤~ ~孤独 孤独~ 学~ ~学問 学問~ 学士~ ~学校 学校~ ~学生

「季節~」 2287, 24ppm, 4900位

▼ 季節~ (522, 22.8%)

8 うつりか 6 花が 4 感じを, 感覚が, 替り目に, 花を, 食物 3 ことである, 思い出, 感じが, 感じは, 物を

2 [41件] かはり目ごろ, かわり目には, こととて, それに, ために, ない街, にほひ, ものを, 一つである, 上から, 中で, 交叉点に, 冬に, 匂いが, 味で, 呼び声だ, 変り方, 変り目に, 変動により, 変化を, 外は, 後に, 推移を, 推移亦, 時も, 曖昧な, 替り目を, 木草を, 移り変わりに, 終りの, 花, 花の, 草木の, 華である, 變り, 變化を, 野菜が, 長いといふ, 間は, 随筆, 風と

1 [391件] あいだ円天井の, あいだ友の, ある日, いちばん感じられる, いみじい感情, うちに, うち最も, うつりかわりが, うつりかわりに, うつりかわりを, うつり変り, おくりもの, おこない, おそいの, おとずれが, おとずれです, おもしろさ, かぎりを, かはり目, かはり行く, かはる, かわりめには, きびしい風, ことでした, ことでしたろう, ことなど, ことなどに, ことなどは, ことも, ことや, ことを, この時刻, この時間, この色, この連嶺, ごとくたれが, さか, しずけさ, しらせが, しるしの, すぎた新鮮さ, すすむの, すつかり, せいだ, せいだけの, せいな, せいばかり, その位, ただなか, ためだけ, ちがった気流, ところへ, どんな朝夕, ない都会, なかで, ならは, はじまる十月ごろヨーロッパ, はなしや, は骨, ましたに, まるでない, めぐみは, めぐりは, もとに, ものが, もので, ものです, ものなど, やうに, やつて, やや終り, ゆきあ, よい涼秋八月, ような, よろこびは, よろしさ, わからない或, サン・モリッツほどの, タケノコ以上に, バラの, パリである, 一つだ, 一日に, 一景物とまでな, 一部を, 上を, 下に, 不良による, 不順に, 不順による, 不順によるか, 不順の, 世代の, 中に, 予感に, 事に, 事物に対して, 交互変化と, 交代天気の, 享樂は, 京都なら, 京都に, 今年の, 仕事に, 他の, 会話の, 來る, 信号な, 先駆けたるに, 冬に対しての, 冬は, 冬空の, 処女, 出来ごとです, 初めに, 初物であり, 到来を, 制限が, 力, 力で, 力の, 加担者, 匂いを, 匂い慰め, 午後四時頃で, 南が, 去った跡, 去つた跡, 去就に, 同じ日, 名でも, 名残りが, 名物を, 味ひで頭を, 品を, 喪だ, 境を, 境目における, 境目の, 声, 売り物とばかり, 変り目ごとに, 変り目で, 変り目には, 変り目を, 変るごと, 変わったもの, 変わりめ, 変わるたびごと, 変化につれて, 変化によって, 変化により, 変化による, 変化に対する, 変化の, 変化は, 変化や, 変化嵐と, 変目毎に, 変移の, 変調に, 夕やけの, 夕月の, 外には, 夜である, 天地と, 天産を, 太陽に, 好天気, 好季節, 好意を, 如きあるいは, 如く年齢, 娘たちによ, 娘の, 客で, 客の, 寒暖と, 展望は, 山々の, 山の, 差違で, 年週期である, 影響を, 後れてること, 循環と, 循環は, 思い出の, 思想, 性格とは, 悦びを, 悲しみという, 感じである, 感じに, 感じの, 感は, 感を, 感覚だけ, 或る, 或る限られた, 或日, 扉が, 抑揚ある, 折目が, 持つ, 指針を, 推移が, 推移する, 推移の, 故郷である, 新らしい, 新緑を, 新鮮な, 日没と, 早春にも, 明暮ほのかに, 時には, 替り目毎に, 最も楽しい, 最初の, 有難味が, 朝だ, 朝の, 来た時分, 来ない前, 来るの, 果実や, 果実を, 果物や, 果物を, 楽しみの, 橋の, 歓喜を, 此の, 武蔵野に, 毒気に, 水泳, 波に, 洪水が, 流行といふ, 海の, 深さ, 清々しい呼吸, 温かい人, 湯が, 満月らしい, 準備も, 火事に, 無錫料理, 焦燥人間の, 燃えるよう, 物か, 物に, 狂ひ, 現れが, 生産物の, 用意に, 界とて, 病気を, 盛りで, 盛り場だけに, 目標として, 相場であった, 祓除, 祝典の, 祭である, 祭の, 祭りである, 祭礼は, 秋から, 秋で, 秋を, 移りかわりが, 移りかわりを, 移り変りと同じ, 移り変りに, 移り変りを, 移り変り見たやう, 移り変わりを, 移り更り, 移り目の, 移るにつれて, 移るべきを, 移動を, 穏和日光と, 空は, 符号が, 第一, 終るころ, 終わりで長い, 絶頂に, 継ぎ目という, 繼ぎ目といふ, 美しさ, 美味で, 自然を, 船出する, 色, 色どりを, 色は, 花であった, 花などを, 花ばかり, 草木だけででも, 草木も, 草木を, 落花を, 蔬菜を, 蚊が, 行事としての, 装飾で, 見当さえも, 見舞いは, 見舞ひ, 触れ方, 記念でない, 訪れに, 訪れを, 許す限り, 詩たる, 詩である, 詩は, 調和は, 變る, 豊凶に, 象徴として, 豪雨が, 賑い立った, 賑わいに, 趣は, 足跡として, 足音に, 近づく年, 送り祭の, 通り過ぎる音, 造花もみじで, 連想も, 連想を, 遅いこと, 運びそれ, 過ぎたの, 過ぎてからの, 過去または, 違ひ, 部屋の, 酷烈さから, 重厚なうつりかわり, 野の, 野菜を, 野菜何でも, 野菜物たとへば, 釣りに, 錯覚に, 長所は, 門の, 閑を, 間ずつと, 間で, 間であった, 間に, 間北に, 関係だった, 関係で, 関係と, 関係に, 闘牛に, 雨が, 青年でございます, 青物は, 青空から, 頂上とが, 風である, 風に, 風の, 風は, 風味を, 風情でした, 風景そのまま, 風物と, 風習を, 風雨に, 飛沫を, 食品月令から, 食物を, 飯蛸の, 香を, 香味を, 馬車が, 鯨餅という, 鳥として, 黙示に対して

▼ 季節~ (381, 16.7%)

63 なると 15 なって 7 なつた, なれば 5 於て 4 つれて 3 なった, なってから, なっても, なりました, 入って

2 [17件] しては, なったの, なったので, なつて, なる, なるの, 先立って, 入つて, 入る, 変化の, 底青く, 必要な, 応じて, 横た, 生れでた児供, 縁の, 至る四年間

1 [231件] あたったため, あたりますが, あちらに, あふれ出る多量, ある彼, いかなる境遇, いたの, いろいろな, うつって, おかまいなし, かかわらず訪れたが, かかわらず飛切り上等, かぎるたい網, かまわず豚, きのう深田久弥に, こうして雉, ここまで, この上, この家, この村, この縁側, これらの, さかんに, さへ, しおれた葉, しかもこんな, したがって, したしもうと, すつかり表, そうした薄暗い, その作, その子, たしか東, ちかづくの, ちなんで, つながった思い出, なったが, なったせい, なったのね, なった紐育社交界, なりましたが, なりますね, なりますわ, なり切った頃, なり家族, なるまでといふ, はいりそれ, はいりましたから, ふさは, ふさわしい夜桜, ふさわしい新鮮, ぶつかつて, もさうたんと, もっともらしい, もつとも適する, やはり神, よくある, よくかなった, よみがえろうと, よりて, アルプスと, タケノコを, ブラリブラリと, 一万四千の, 一郎を, 七年の, 上陸し, 下町の, 不相当, 九州四國方面に, 二ヵ月あまり, 二分される, 二日ばかりも, 今一度登れ, 仕事の, 仲の町を, 似て, 來た, 依存する, 信州へ, 備えるもの, 先立ち一ヶ月, 入ったから, 入ったについて, 入ったので, 入つていよ, 入らぬので, 入りかけた時分, 入ると, 入れようか, 八幡宮の, 冬の, 出て, 出来たもの, 十丈の, 南洋方面から, 合った面白い, 合わなかったの, 同じ病気, 名物な, 向って, 向つて孜々, 咲き出ない花, 咲く花, 唆か, 啼く鳥, 埃を, 多く口, 多く咲きます, 夜に, 夜明け後の, 大事な, 大市, 大西洋を, 大量仕入れを, 始まり十一月, 実の, 実を, 小杉さんは, 少女が, 属した一つ, 山から, 島原半島に, 年一回の, 当たって, 当っては, 彼が, 彼らに, 彼等の, 後れた沈丁花, 従つて柔かに, 応ずる食用, 感じ易い, 成った, 成つたので, 成れば, 拘束せられぬ, 故郷の, 敏感な, 敗けたから, 文無しの, 新しく仕立てた, 新しく聞く, 於ける常套病, 於ても, 旅行した, 日傭に, 早いが, 早いせい, 早いところ, 最も数多く, 朝や, 来たせい, 来て, 来なかつた事, 来なさらなかったか, 来なさると, 東北の, 東南風が, 桜の, 構わぬ, 横須賀から, 止むなく旅, 正しい, 洪水の, 流行る大, 温度が, 源氏は, 溶け込める, 滴るやう, 漁舟を, 無関心, 照応する, 煽られて, 獲れるかと, 珍しい物, 田舎を, 當つて木曾山から, 疎しとも, 登らないの, 相当する, 祭典を, 祭礼とか, 私は, 移って, 稀な, 突入した, 竹の子の, 粽を, 肋膜を, 虎列剌で, 行きたいと, 見るべき物, 見る事, 見捨てられた異様, 見直すと, 見直すとい, 詩会を, 認識あり, 買ったばかりの, 足袋を, 車窓から, 農家を, 近きも, 近づいたので, 近づいて, 送られ, 逆らつた, 逢うごと, 連れて, 遅れたたら, 遅れては, 適うて, 適した物, 適わせた八橋, 遲く, 還つて, 酷暑に, 里近くへ, 野辺山辺路の, 銀色を, 限ったもの, 限つた, 際会し, 雑司ヶ谷の, 順番と, 頓着なく, 食ってたもの, 食べて, 香味が, 高地の

▼ 季節~ (219, 9.6%)

7 来て, 来ると 4 流れる城寨 3 ある, すむと, 季節だけに, 来れば, 近づいて, 近づくと

2 [18件] あまり早, あるという, きた, くるの, めぐって, やって来た, やって来る, 來た, 來て, 來る, 早い, 来た, 来たの, 私の, 秋だ, 終りを, 過ぎて, 過ぎると

1 [147件] あった, あって, ありまた, あるため, あると, あるよう, おくれては, お銀, きたこと, きて, きびしい冬, きびしくて, くる, くるので, このあたり, これからはじまる, これから出発, これから夏, これを, こんなにずれ, すぎて, すぎれば, すぎ天地, すでにはっきりと, ためら, だんだん近寄っ, ちがう, ちがうよう, ちがったらどう, ちょうど農業, ぢかに, ない, ないこと, なくなったの, なくなって, なつかしまれるの, はじまりかけて, はじまると, はじまるの, はっきり判った, はっきり反映, やってきたの, やつて, よかろう, わたしたちとりわけ, 一と, 一番好きである, 一番都合が, 二月に, 他愛も, 何処からか, 來れ, 先走りするの, 全く終り, 冬から, 冬ででも, 又信濃, 同じかった, 味の, 囘起する, 変ると, 夏に, 好いです, 好きな, 存在した, 季節だ, 季節である, 季節な, 季節なら, 寒かつ, 少し寒く, 岸本の, 巡つて, 後退りしよう, 御座いますでね, 復たやって来た, 復た回っ, 悪かった, 既に過ぎた, 早いだけに, 早いの, 早いのに, 早かった, 早過ぎた, 春を, 暑いか, 暑くなれ, 暖かに, 最も美味, 有ツ, 来たから, 来たな, 来ても, 来ないので, 来ようもの, 来るごと, 来るし, 案ぜられるの, 段々ぽか, 気温の, 流れそして, 浮かびあがる, 海岸の, 深まるにつれて, 熟さねば, 狐の, 生殖に, 真夏から, 秋だつた, 秋であった, 秋であろう, 秋に, 秋には, 移って, 粧って, 紅葉と, 育った, 育つた, 自分を, 與へ, 行事を, 襲来した, 訪ずれ, 訪れて, 訪れよう, 訪れると, 訪れると共に, 谷川を, 近くなった, 近づいた, 近づいたので, 近づいたんで, 近づこうと, 近寄つた, 迫つて百姓は, 迫るに, 連想を, 進むにつれて, 進んで, 過ぎそれら, 過ぎるまでは, 過ぎ去った後, 過ぎ去ると, 違つてゐた, 選ばれるから, 長いこと, 音信れ

▼ 季節~ (204, 8.9%)

4 づれの, 秋の 3 夏に, 夏の 2 ある, いつでも, 吉祥寺の, 夏だ, 春で, 知られた, 秋だ, 過ぎて

1 [174件] あまりに早く, あるもの, いいがたい, いつじゃ, いつであろう, いつ来, いま北東の, おぼろげだ, かけ足, じつにこの世, すでに終り, すでに過ぎ去り, すゝんで, そのよう, その間に, その頻度, それるが, たしかに一月, たしか二月, だん, だんだん梅雨時, ちやうど, ちょうどまた, ちょうど五月, づれだ, づれのその, どうしても春, どこも, はつきりしない, ますます快適, また夏, また春, まだ春, もうとうに, もう二度, もう六月, もう十一月, もう少し後, もう日本, もう武蔵野名物, もう決して二度と見られない, もう秋, もう過ぎ去っ, やうやく, よく現れ, よほど進ん, われわれの, 一年中で, 一月所は, 丁度今時分, 丁度眞夏, 七八両月である, 七月の, 七月近くに, 三月づつ四季ある, 三月に, 三月下旬から, 中秋九月に, 争われず家, 争われず虫, 二月から, 五月, 五月で, 五月であった, 五月の, 人々に, 人間より, 今ごろです, 今なんでも, 今初夏, 何とも名状, 何時であった, 八月に, 六七八九の, 六月から, 六月で, 六月では, 六月以後, 冬から, 冬であった, 冬である, 冬百味の, 冬至に, 初冬に, 初夏ながら, 別に, 動植物界を, 十一月ラガー船隊が, 十二月から, 十日位の, 十月の, 十月半ばから, 南方の, 卯薔薇の, 同じく冬, 同じ滋味, 味は, 土地を, 土用に, 夜長の, 夢の, 大体瀬戸内海と, 大寒である, 太陽の, 女の子の, 寒中の, 山に, 岸本の, 幼時の, 彼らの, 彼岸に, 彼岸も, 後ずさりして, 御遠慮, 急に, 恐らく秋, 感じられる, 手違いなく, 折柄養蚕上簇に際し, 既に十日以前, 早いと, 早くも, 早く菜の花, 早春である, 早春の, 春その, 春であり, 春である, 春に, 春の, 晩春初夏, 晩春初夏であった, 晩春四五月から, 晩春時刻は, 晩秋か, 暮の, 来る月給, 梅雨時に, 極月に, 櫟林と, 櫻散る, 歩くに, 毎年九月に, 混ぜこぜに, 特色を, 真夏であった, 真夏に, 知らないこと, 知らない記憶, 禁物だった, 秋です, 移つて, 空を, 窩人達にとっては, 終った, 終ったの, 終らうとして, 芭蕉にとって, 蕭条と, 虞美人草の, 農家に, 過ぎ去って, 違うが, 違うけれども, 違う蛙, 違ふ, 遲れ, 酣の, 錆だ, 間も, 雨に, 雪多く, 餘り, 麥の

▼ 季節~ (147, 6.4%)

8 迎えて 4 定めて 3 選んで 2 たとへて, 教へる, 私は, 迎へる, 逃して, 過ぎて, 開いたかの

1 [118件] えらびて, えらみ休日, ことに寒い, この市街, さまで, しのいでの, すぎた鳥, すぎると, ちゃんと知っ, つたえて, のみ指すの, ひかへて, またそれ, もって, わたし等雪國人種の, ウルズミとも, カンちがいしたらしく, ヒステリーに, 二人で, 代表する, 修飾する, 假令自分が, 卜する, 問わず土曜, 地上の, 失はずに, 失はんこと, 好むの, 嫌に, 守つて四季ともに, 定めるため, 定め教, 待って, 待つこと, 待つもの, 御岳詣, 忘れて, 忘れるなどという, 思い出させるよう, 急ぐと, 想は, 想わしめその, 想像し, 愛して, 愛し都会, 愛する男, 感じながら, 感じます, 感じるよう, 感じ易い, 感ずるかと, 択ばずに, 持って, 描いて, 暮し通し得た少数, 更衣の, 染め出した雑木山枯茅山, 楽しみに, 欺き得ずげに, 決定する, 無駄に, 爽快に, 現して, 生き抜いて, 町に, 盂蘭盆と, 直接に, 知って, 知つてゐる, 知らないこと, 知る, 知るの, 知るよう, 知る者, 破壊する, 私達に, 空しく費す, 経たの, 縮こまって, 美しく歌つた浜島, 考えて, 考慮する, 聞いた, 背景に, 色別けし, 見廻しふう, 覚え出した, 詩の, 語らしたり, 語り顔, 説明しない, 調べて, 謳つた古人の, 象徴し, 費やしつくしたの, 超えて, 踏んで, 迎えた気分, 迎える, 迎えるころ, 迎えるの, 迎えるもの, 迎える時, 迎え流れ, 迎え顔, 迎へ, 追って彼, 逸れた水, 違へたり, 選ばず山, 選ばなければ, 選ぶこと, 選んだ訳, 開く舞踏會, 限りて, 除いては, 静かに, 音楽的に

▼ 季節には~ (94, 4.1%)

3 珍らしい 2 なったろう, まだ五ヶ月, 海苔も

1 [85件] あの辺, あまり穀食, いって, いると, いるの, おびただしく枝, かならず来, からたちの, これただ, これに, これを, しばしば全く無駄, すべての, すること, その全部, その塀, その美観, たちまち木の葉, ひつて, ひとりでにかう, ふさわしからぬ, べとべと噎せる, ほうぼうから, また時には, まだ早, まだ早い, よくある, よくここ, 一日八回往復する, 他の, 仲の町に, 再びなみなみと湧き上がる, 出嫌い, 半月ほど, 場所によっては, 夜分まで, 天候の, 太陽は, 小屋の, 少し早, 居留地の, 山々の, 巴里の, 庭や, 庭仕事を, 必ず山路, 必ず床の間, 日の, 日曜日は, 早いが, 早いけれど, 早いけれども, 暫らく小鳥が, 最適合, 朝に, 森林の, 欠かさず養蚕, 欠乏によって, 毎日が, 湯を, 特に氣, 特有の, 猪を, 田舎からも, 目の下一尺以上ある, 磯部の, 福袋が, 綺麗に, 緑こまやかな, 苗代の, 若狭ガレイ売り, 行乞に, 褐色の, 誰の, 赤城山の, 近くの, 近辺の, 過食と, 郵便の, 鈍感に, 間が, 青い簾, 食糧の, 馬籠以外の, 鯛売り

▼ 季節~ (65, 2.8%)

6 なった, なりました 3 なつた, なる 2 なつて, 詩心

1 [43件] いえども, いえようが, いっても, して, し他, すれば, なったが, なったの, なり酒楼, なるが, なると, なるの, なれば, によつて, 云ふ, 人情の, 伝染病とは, 光線の, 口やかましく言いはやす, 場所によっては, 夜だけの, 天候とにも, 愛情との, 成つた, 日常が, 楽しみは, 民族の, 水の, 淋しいという, 淋しいといふ, 生活とを, 生活単に, 生活單に, 称されて, 稱せらる, 結んで, 見えて, 言うもの, 距離とに, 違つて殆ど一戸一戸が, 關係が, 雨とが, 飽くこと

▼ 季節~ (48, 2.1%)

9 あつた 2 なるべく湿れた

1 [37件] あらう, あらうに, おもしろくも, この陰鬱, ござります, その地方一帯, ちらとも, オサダは, オタツは, ビールに, ペレールの, 二人の, 人の, 半蔵は, 卓上にはど, 味が, 大供まで, 峰から, 広い河原, 急ぎの, 慾深, 東京では, 栗の, 櫻が, 欲深和尚が, 河鹿など, 畠からは, 病室からの, 祇園の, 組合とは, 色変りは, 英語を, 蒸暑かり, 血の, 言うと, 鮒と, 黒ずんで

▼ 季節~ (44, 1.9%)

3 過ぎて 2 いい, 分らない, 盛りと, 過ぎた

1 [33件] あわただしい, すぎきょう, ずったの, そこを, その終り, ちょうど今ごろ, まいって, やって来て, よかった, よく分りますまい, よしそれに, よし梅, 一年中の, 丁度こんな, 丁度今ごろ, 侵入しなかつた, 初夏らしくない, 半ば過ぎ, 変ったし, 天気も, 春であったろう, 暖に, 末に, 来て, 目睫に, 秋近く, 終り吹雪川, 終り水車小屋, 褒め讃えられて, 近づいて, 過ぎたし, 過ぎ待ち, 違い場所

▼ 季節では~ (29, 1.3%)

2 あったが, ある, ない, ないから, ないの, なかった

1 [17件] あつた, あり, ありあたり一面松葉, ありません, ありませんか, ありませんね, あるし, いつもこうだ, ないという, ないので, ないよう, なかつたので, もう冬, わたしたちは, 姿を, 明日にも, 蓼りんどうコスモス芒石蕗等々何でも

▼ 季節~ (26, 1.1%)

2 からだろう, から湯, という

1 [20件] かそういう, からか, からだらう, からという口実, からな, から削, から書庫, が彼, が東南, つたで, つたのでした, といっ, といふ, とみえ, と知つて, と見え, のに, のに五日, ものでございます, もんで

▼ 季節である~ (24, 1.0%)

1 [24件] かも知れない, からいい, からな, から夜, から山野, から栗ヨーカン, から猶, から盛, から雌雄二羽, かリュクサンブール, か雛菊, がおばあさん, が大, が安食村, が庵, が閑暇, ことは, とはいへ, と信ずる, と共に哲学, と生れ, と関西, 満洲, 由

▼ 季節季節~ (24, 1.0%)

2 の草木

1 [22件] でその, と口やかましく, にしたがっ, にはかならず, には欠かさず, によってまるで, によって鮴, によつて, に出来た, に実, に故郷, の事物, の他, の味ひで頭, の変り目ごと, の新鮮, の果物, の物, の色どり, の釣り, の食物, わすれず送って

▼ 季節~ (22, 1.0%)

2 のだ, のである

1 [18件] のかと, のが, のだった, のであった, のであります, のでからり, のでご, ので三月, ので停車場, ので名前, ので観光客, のにその, のに拘らず, のに都會, のは, もんだ, んです, 世と

▼ 季節によって~ (19, 0.8%)

1 [19件] あるいは麻, いろいろな, まるでお, 加減します, 卵の, 味に, 変った, 変るが, 変化する, 床の間が, 樹木と, 異る, 緑に, 色々に, 違う, 違うが, 食べるもの, 鮴川鯊鮠雨降り揚句には, 鶴が

▼ 季節でも~ (15, 0.7%)

2 あった

1 [13件] あったから, あったゆえ, あつて, ありません, ある, ないが, ないこの, ないの, 利用する, 北の, 平気で, 関はず直ぐにも, 風の

▼ 季節~ (14, 0.6%)

1 [14件] でありつつ, であるの, なもの, なムラ, な一環, な主, な化粧, な歓喜, な行事, な重大使命, には五月, に或, に本当, に考え

▼ 季節~ (13, 0.6%)

1 [13件] 人間の, 光と, 場所によって, 天候に, 日並みまた, 時間の, 晴れ日や, 月日に, 歴史の, 気象に, 環境によって, 花の, 鱒の

▼ 季節にも~ (10, 0.4%)

2 なって 1 ある, かかわらず暑熱, よるが, よるけれど, 勝って, 当って, 滅多に, 見られない

▼ 季節~ (10, 0.4%)

3 が靡き 1 があった, がふと, がまざまざ, が靡きかかっ, のこと, の中, をさ

▼ 季節だった~ (9, 0.4%)

1 から無理, が, けれどここ, せいかも, ため入棺は, と思う, な, のだろう, ので赤とんぼ

▼ 季節ごと~ (8, 0.3%)

2 に来る 1 にいわゆる, に変える, に変り, に燃え上っ, に臨時, の移動

▼ 季節もの~ (8, 0.3%)

1 では, に見られる, の匂い, の純理, は台所, は大, をもっ, を口

▼ 季節により~ (7, 0.3%)

1 いろいろの, いろいろ使いわけ, その表情, また晴雨その他, 土地に, 時間により, 潮が

▼ 季節から~ (6, 0.3%)

2 いうと 1 お菊, 云えば, 云ったら八月さ, 考へて

▼ 季節です~ (6, 0.3%)

21 から, からね, から網代, よ

▼ 季節より~ (6, 0.3%)

2 やや早 1 ゆたかに, 早く出漁, 早く咲い, 珍らしい

▼ 季節~ (6, 0.3%)

1 にちがっ, に村, に権威, に異人, に筆記, の畏怖

▼ 季節であり~ (5, 0.2%)

2 ながらそれ 1 又考へ, 春夏秋冬は, 若く美しい女官等

▼ 季節とは~ (5, 0.2%)

2 関係なし 1 いえない, なったの, 限らないし

▼ 季節による~ (5, 0.2%)

1 変化とか, 年中行事が, 生理的必然の, 色彩の, 魚族の

▼ 季節じゃ~ (4, 0.2%)

1 あるまい, ないが, ないと, アない

▼ 季節だけに~ (4, 0.2%)

1 吹雪に, 山頂は, 自分の, 青いもの

▼ 季節であった~ (4, 0.2%)

1 からいっそう院, から嵯峨, がこの, ということ

▼ 季節でない~ (4, 0.2%)

1 がもと, ことは, せいか, と困ります

▼ 季節によ~ (4, 0.2%)

1 つて吹く, つて略一定し, つて着物を, つて農家には

▼ 季節違い~ (4, 0.2%)

1 だから, の, の大雪, の装束

▼ 季節おくれ~ (3, 0.1%)

1 の, の牡丹桜, の雲雀

▼ 季節がら~ (3, 0.1%)

1 の真桑瓜, の老, の胡瓜

▼ 季節こそ~ (3, 0.1%)

1 人間最大な, 違え同じ, 都合よく

▼ 季節だけ~ (3, 0.1%)

1 である, でその, 出稼ぎに

▼ 季節という~ (3, 0.1%)

1 ことを, ものに, 概念の

▼ 季節といふ~ (3, 0.1%)

2 のは 1 ものは

▼ 季節と共に~ (3, 0.1%)

1 変化し, 變化遷移し, 風の

▼ 季節なら~ (3, 0.1%)

1 これが, ばともかく, 木曾川の

▼ 季節にな~ (3, 0.1%)

2 つてゐた 1 つた

▼ 季節によっては~ (3, 0.1%)

1 時々わたし, 菖蒲や, 藤棚に

▼ 季節らしい~ (3, 0.1%)

1 三月の, 柔らかみを, 稲妻の

▼ 季節~ (3, 0.1%)

1 この島あて, でも指折り, の魅惑

▼ 季節以外~ (3, 0.1%)

1 のふしぎ, は時偶霽, は薪

▼ 季節いい~ (2, 0.1%)

1 天気に, 生活

▼ 季節からは~ (2, 0.1%)

1 そろ, づれてゐるのであるがやはり

▼ 季節~ (2, 0.1%)

1 やあるまい, やなし

▼ 季節であっ~ (2, 0.1%)

1 てみれ, て正吉ら

▼ 季節でありました~ (2, 0.1%)

1 から街, けれど林

▼ 季節であります~ (2, 0.1%)

1 がさ, けれどもまだ

▼ 季節でした~ (2, 0.1%)

1 からお, よ

▼ 季節でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばこん, ばならぬ

▼ 季節として~ (2, 0.1%)

1 うたって, はじまった

▼ 季節としての~ (2, 0.1%)

1 情景を, 背景には

▼ 季節としては~ (2, 0.1%)

1 ひどく暑い, 先ず先ずね

▼ 季節とみのれる~ (2, 0.1%)

2

▼ 季節なる~ (2, 0.1%)

1 にかかわらず, を知る

▼ 季節において~ (2, 0.1%)

1 やや早い, 友人と

▼ 季節に関する~ (2, 0.1%)

1 年中行事の, 限り必ず

▼ 季節まで~ (2, 0.1%)

1 待って, 絶えること

▼ 季節までに~ (2, 0.1%)

2 開店の

▼ 季節までは~ (2, 0.1%)

1 幾らでも, 遊びの

▼ 季節よりも~ (2, 0.1%)

1 単純で, 少し早かっ

▼ 季節らし~ (2, 0.1%)

1 さが, さの

▼ 季節らしく~ (2, 0.1%)

1 三味線の, 寒いうち

▼ 季節をも~ (2, 0.1%)

1 疲労をも, 示して

▼ 季節を通じての~ (2, 0.1%)

2 傑作として

▼ 季節向き~ (2, 0.1%)

1 のいろんな, の飮料

▼ 季節後れ~ (2, 0.1%)

1 という, の厚ぽ

▼ 季節循環~ (2, 0.1%)

1 の不思議さ, の感じ

▼ 季節柄河豚料理一点張り~ (2, 0.1%)

2 だが

▼ 季節~ (2, 0.1%)

1 が大きい, の恋猫

▼ 季節的突発的~ (2, 0.1%)

1 という如き, とかいうの

▼1* [165件]

季節ある場合は, 季節それが, 季節かと思われた, 季節かまわず舟を, 季節からも量からも, 季節がら吹き降りの中, 季節がら木曾の焼き米, 季節がら食膳に上る, 季節ぎめでこの付附の女, 季節ぐらいまことにどうも宵, 季節ことに日々, 季節この季節を, 季節さえ初夏の, 季節しかなくそれ, 季節じゃあないだろうか, 季節すぎの日, 季節そして自己の, 季節その物の, 季節そのもののはだ, 季節その他の天然現象利用, 季節だけの旅びとであつたから, 季節だけは平然と, 季節だけを仏から, 季節だもつたいないほどの秋日和, 季節がひ, 季節ちがいの感, 季節つまり今年の, 季節であったらどうする, 季節でありませんからね, 季節であればこの, 季節でございますからねえ江戸, 季節でなかったり心ゆく, 季節でなかつた柳絮が, 季節でなかつたならわたしは, 季節でなく残念だ, 季節での出来事である, 季節で無いに関ら, 季節とともにだんだんと, 季節との關係は, 季節ともいいうる, 季節どきでも魚屋, 季節ながら場内の, 季節なく春機の, 季節などに支配され, 季節などには絵の, 季節などにも彼女は, 季節ならぬ桜の, 季節なりと感ずること, 季節にあたって万樹紅焔の, 季節においてもその小さな一囲い, 季節における消費者にとっての, 季節におけるよりもある特定, 季節にだけ堂本は, 季節について考えたの, 季節にのみ得らる, 季節にばかり出て, 季節によっても変化が, 季節に対して無関心, 季節に対する人々の, 季節に当たって数多の, 季節に当たりましてスクルージさん, 季節に従い水草を, 季節に従って仕立てて, 季節ぬきのもの, 季節のせゐもあらう, 季節のせゐだと思はせたかつた, 季節ばかりは健康と, 季節まえのまだ, 季節まさに五月中旬に, 季節また平和の, 季節または機会が, 季節までが附け加, 季節までにはどうしても中途, 季節むきではない, 季節ゆえ気をつけ, 季節ゆえ渓流に沿う, 季節人間よ, 季節よりの親しみである, 季節わすれず送ってよこす, 季節を以て推すこと, 季節を通じてあまりに著しく, 季節過ギテカラ, 季節デハアルケレドモコノ部屋デ聞エルノハオカシイ, 季節ハズレナ大扉, 季節七夕月のある, 季節万物みな歌ひ天地これ, 季節の事情, 季節上流中流下流他の釣り人, 季節中一つも欠かさず, 季節中毎日靴や締具, 季節交替期所謂ゆきあひ, 季節に最も, 季節位僕に堪へ, 季節から今度大変, 季節儀礼が今, 季節兆候があり, 季節凡ての天氣, 季節の気味悪い, 季節労働の性質, 季節即ち青い葉, 季節の顔, 季節嗚呼山また, 季節四五月の季節, 季節四百クロウネで夏, 季節場所なぞと共にその, 季節の荒模様, 季節変り朝夕の, 季節にまだ, 季節外国の東洋, 季節夜会の季節, 季節天気というもの, 季節専念の季節, 季節山村の家, 季節にし, 季節御構いなしの, 季節という点, 季節所謂寒練である, 季節推移の美し, 季節散歩日和であつ, 季節方式をあきらか, 季節晝夜の長短, 季節晴雨のかわる, 季節最後の青春, 季節のよろし, 季節本能の年, 季節林檎の季節, 季節悪くは, 季節柄田舎からの参宮者, 季節次第で河, 季節気温に敏感, 季節燈下書に親しむ, 季節特有の薄, 季節産地河川によって生ずる, 季節産地等その間の事情, 季節變には, 季節百舌鳥が啼く, 季節的分布を論ずる, 季節的変化があっ, 季節的季感に加, 季節的循環のほか, 季節的情感がまるで, 季節的意味がなくなる, 季節的意義を持っ, 季節的推移に関心, 季節的景観の多様性, 季節的気候的環境の変化, 季節的自然現象であるだけに, 季節的行事であっては, 季節的連想の背景, 季節相応な蕭索, 季節へでなく, 季節は夏, 季節肉欲の季節, 季節自分が自分, 季節の名, 季節が八百屋, 季節である, 季節触るるは鋭き, 季節運気の循環, 季節の契約, 季節障子を開け放つ, 季節雨雪の彩色, 季節の季節, 季節風前によく, 季節風物その中