青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

察~ ~察し 察し~ ~寢 寢~ ~實 實~ ~寧ろ 寧ろ~ 寮~
寸~
~寺 寺~ 寺院~ 対~ ~対立 対立~ ~対象 対象~ 寿~ 封~

「寸~」 4552, 49ppm, 2364位

▼ 寸~ (599, 13.2%)

11 火を 9 高さ 8 箱を, 長さ 6 厚さ 5 火が 4 大刀を, 棒を, 深さ, 火に 3 お公卿さま, ところから, ところで, ところへ, 円の, 胸に, 間隔を

2 [45件] つまって, ところに, ふとん, ものが, ものに, ものは, ものも, ものを, スラリと, 仏像の, 体躯を, 兵が, 凄い匕首, 刀を, 大脇差, 小さな体, 小さな鮎, 小品の, 小太刀を, 幅の, 所まで, 手斧傷に, 普通の, 木の, 木剣を, 杖は, 架床上に, 棒が, 棒の, 極めて小さい, 樫の, 火で, 火は, 燃えさしは, 的を, 穴から, 空間を, 舌を, 距離に, 身を, 鉄の, 間な, 間に, 雛形を, 頭を

1 [425件] あたりに, あたりへ, ある事, いきの, がよい, がれを, が懸, ことで, ことです, ことは, この長, さきから, たいへん美しい, ちょい短い, つまったずん胴, つまったモーニング, つまった不格好, つまつた丸まつちいから, つまつた指には, つまつてゐる, ところも, ところを, ない事, ながさ, びにふり下ろされた, びの, びをくれて横に, みごとな, もあつ, もあるごとく, ものから, ものだろう, ものである, やうな, やうに, ような, を入れ, コンクリートブロックの, ナイヤガラが, ノッポで, ノッポの, バカで, ヒョロ長い, ヨメに, ライ病殿に関する, 一本で, 一本竹の, 一本脇差を, 一枚ガラスを, 一種の, 丁字みだれ, 七糸帯に, 丈の, 三宝に, 上だけへ, 上に, 上の, 下に, 下を, 下馬じる, 世にもかわいらしい, 中村地平は, 中背だ, 丸棒で, 丹田中に, 予を, 二歳ものなら, 人, 人間が, 人間は, 今まで, 仏像だ, 仔鹿の, 仮床, 伸びた顔, 伸びないまるで, 位に, 余裕は, 余裕を, 假床を, 像の, 優形で, 入口が, 内に, 円すい形の, 処に, 処を, 刀と, 刀ゆえ兼吉め大いに, 刀身の, 功利的な見, 功用を, 動揺を, 勘弁勘次と, 勘弁勘次の, 勾配でなけれ, 化け物め, 十手が, 十手であった, 厚味を, 叩き壊し, 台石に, 吹矢筒, 吹矢筒であった, 商標だ, 四角い箱, 土の, 土像でした, 地に, 地割れが, 地底に, 地球を, 堅木で, 場合は, 場所この, 場所に, 外套を, 大きなもの, 大もの, 大バカ, 大兵腕自慢らしい, 大型の, 大業物, 大業物を, 大業物無銘で, 大業物無銘であった, 大毘盧遮那仏, 大海に, 大玉へ, 大男だ, 大男だった, 大男で, 大男に, 大箱から, 大脇指は, 太刀で, 太刀の, 太刀を, 太竹が, 女の, 如きは, 如き一本イクラ, 娘の, 存八よりも, 宙で, 宙を, 家あり, 寸法で, 小さなもの, 小さな羽軸二本, 小丸太, 小人が, 小刀を, 小切れに, 小剣, 小太刀が, 小女高所の, 小木片, 小柄の, 小男だった, 小男である, 小笹に, 小箱, 小鎌の, 小魚, 尺伸びを, 尽きたる, 尾を, 巨大な, 巨躯横綱力士と, 帛に, 幅も, 幅を, 平たい甕, 延びたの, 延びた一刀, 延鏡が, 強馬, 彩色美しい, 径ある, 得物を, 御時世, 徳みこし, 志と, 息の根が, 息絶え, 息荒次郎義光と, 悪霊と, 感じである, 態度では, 戒刀を, 所から, 所で, 所へ, 所を, 扉が, 手の, 手垢で, 打刀, 投げ槍, 持合せが, 排斥と, 数は, 新刀であった, 方で, 日本刀で, 星形に, 時代に, 時間茶の間で, 智慧で, 本の, 朱鞘の, 朴の木の, 材料に, 杖を, 松明の, 柄を, 棒だった, 棹石で, 植物の, 業物です, 横板を, 横長の, 樫柄を, 次郎太刀打ち振り, 此方そこまで, 毒舌よく, 毛が, 毛むくじゃら, 毛むくじゃらの, 水盤を, 汚れた雪, 池, 沙魚を, 沢山入っ, 波動の, 洒落で, 海老を, 淋しさ, 溝が, 潜り戸が, 灌木という, 火である, 灯を, 灯影に, 灯影の, 焼釘, 煙筒が, 煙筒を, 燃えかす, 燃えさしが, 燃え屑, 燃殼を, 燃滓と, 燐が, 片木なり, 狹い, 猶豫, 玉子焼鍋が, 玉散る, 玉璽に, 田虫が, 男の, 白い毛, 白栴檀の, 百足に, 的などに, 短い方, 短い着物, 短った, 短槍, 短筒ながら, 石室内に, 私の, 秋水光も, 穴からは, 穴が, 空間に, 窓が, 立像が, 立像の, 竹が, 竿から, 筆に, 筆より, 管が, 箱が, 箱と共に, 箱の, 箱は, 箱よりも, 粗末な, 紙だに, 細茎に, 細身の, 細長い木箱, 絲を, 絹に, 絹糸の, 義枝は, 老偉人, 背丈で, 脂肪の, 脊丈に, 脛を, 膳とともに, 膳の, 自然発火と, 舌に, 舌一本の, 舌先では, 舌呉に, 舌頭に, 芽の, 芽生えを, 若々しい肉体, 若鮎が, 草の, 薄り, 薄刃である, 藁人形であった, 處も, 虫の, 虫蝕い防ぎ, 虫齋村の, 蚯蚓三寸の, 蛇が, 蛇ぞろぞろ, 蛤刃の, 袖の, 襦袢の, 観音の, 観音を, 角材に, 詰った滴るよう, 詰まった出上がり, 詰まつた, 話を, 赤樫の, 赤燐の, 足らない推理, 足りないところ, 足りないシャツみたい, 足りない不動, 足りぬ安価相, 足りねえ小男, 足台が, 距離まで, 身の丈の, 身長で, 身體が, 躯を, 軸と, 軸といった, 軸などを, 軸の, 軸木に, 軸木の, 軸木は, 軸木ほどにて, 軸木を, 辺りに, 辺り瞬間に, 辺を, 逃入村の, 道中差竹童は, 違いに, 違ひ, 野差刀を, 金属や, 金銅坐像である, 釘の, 鉄杖が, 鉈薙刀を, 銅像で, 鍋なら, 鎌の, 鏡が, 鏡に, 鏡の, 鏡を, 長い刀, 長脇差を, 長身で, 長躯, 間が, 間だ, 間だけ, 間も, 間レッテルに, 間壁土が, 間私は, 間足袋なし, 間門の, 降雪が, 陣刀を, 隙を, 隙間から, 隙間とは, 隙間へ, 隙間をも, 雑草が, 雪も, 雪を, 青竹節の, 面長な, 音と共に, 頭な, 頭には, 餘と, 餘裕は, 高下駄を, 高山とは, 髪の毛を, 鬼の, 魂と, 魔所七寸の, 鮒二匹と, 鯉と, 鯛が, 鯛焼と, 鰹節五本を, 鴬舌もて, 黄金の, 黒麦酒の

▼ 寸~ (220, 4.8%)

7 あって, あろうと 5 ありそう, あるの, 積って 4 あらうと, あるよう, あろうという 3 あつて, あろうか, 足が

2 [16件] あった, あらうかと, あらうかといふ, ある大きな, ある太い, あろうかと, ございましたか, はみ出して, 一尺も, 三寸も, 出て, 叩き込める柄, 延びて, 眼を, 積もった, 高かった

1 [138件] あったが, あったと, あったらひどい, あったろうか, ありさ, ありましたろうか, あります, あり蔵沢, ある, あるかれら, あるが, あるその, あるだらうと, あるでしょうか, あるので, あるべき真白, あるらしい金蒔絵黒塗り銀心棒, あるん, あるニッケル, ある人, ある刀, ある大, ある大入道, ある大男, ある尖った鋭い, ある彼, ある日本人, ある木刀, ある板, ある樫, ある洟水, ある甲, ある竹, ある筋骨, ある紋, ある紋付, ある蛞蝓, ある重い, ある金頭, ある顎髯, あれば, あろう, おあり, おくれ居ろうか, きられたこと, この游泥, ずらさねえだ, たまって, たよりを, ない, ないところ, なかつた, のびたと, のびて, はいっては, はいつた, はなれたところ, はみ出た白い, プレートからは, 一度に, 九寸も, 五寸も, 伸ばして, 伸びた麦畑, 伸びて, 低かろう, 余地が, 傾いた, 八寸も, 六寸も, 出刄, 前へ, 動いて, 動かずに, 動かぬ長, 動くまいと, 厚い座蒲団, 厚い座蒲團, 厚さ, 厚味の, 喉に, 多く入るです, 宙に, 家が, 家を, 幾分か, 延しかと, 引けは, 張れば, 打ち込むわけ, 打ち込めるもんぢ, 押し出して, 掘り返せば, 曲がったなりに, 有ります巻手, 深く字, 深く突, 深く隠し, 眠らないので, 知らんが, 短かい, 短かいく, 積った, 積つ, 積もって, 積もり藪, 積りました, 積る, 積れ, 積んだ雪, 突きぬけて, 突き通されやがて, 突っ立っ, 突込う, 立って, 粉雪が, 背が, 胸が, 脇差を, 街道に, 裾が, 詰ったもえるの, 警戒を, 足を, 距離が, 運ばぬ, 違わぬ服装, 遠くへ, 遠くまで, 鏃が, 長かった, 長かつ, 開けて, 高いよう, 高くはさまった, 高く積つた埃, 高く見えた, 高まるほど

▼ 寸~ (217, 4.8%)

15 擦って 6 すって, 擦つて 4 出して, 擦った, 擦ると, 越して 3 すつた, 伸して, 摺って, 擦つたが

2 [15件] すつて, つけた, つめて, 下るまいし, 借り受けましての, 手に, 摺った, 擦つた, 擦つて手ランプ, 擦つて煙草, 擦ろうと, 渡された時, 点けよう, 用ゆれ, 隔てて

1 [132件] お使い, お持ち, お持ちでしたら, くれたり, さつと, しまひながら, すつと, すり損つてばかり, すること, すると, する事, する音, つけて, とって, とつて, ならべながら, ますごとくに, ト棄てよう, バッグから, 一息に, 一本出し, 一間と, 三歳鱚, 上げまさあ, 二歳鱚, 五六本無駄に, 伸ばした, 伸ばして, 余して, 借せ, 借りうけましての, 借りたでしょう, 催促する, 入れて, 出さうと, 出しシュッ, 出でず, 出ねど, 削り尺, 取った, 取ったら, 取り出して, 取れ, 取出すため, 合はせ, 呉れないか, 四五本一緒に, 四寸ずつ, 増し凡そ八寸, 売る老婆, 大切に, 奪いジリジリ, 奪ふ, 少女に, 弄くり, 弄そん, 弄んで, 得るには, 得るの, 得んとして, 得寸, 忘れた, 恐れて, 我袂に, 手際よく, 把出し, 抱え込んで, 押しだして, 持たぬ彼, 持ったと, 持って, 振り廻す気, 捜して, 掏って, 探して, 探しに, 探すと, 探すとかに, 探す場所, 探つて, 掴んで, 摺ったその, 摺つた, 摺つてパツと, 摺つて點けて, 摺ると, 擦ったが, 擦ったよう, 擦った時, 擦つてゆツ, 擦つて烟草, 擦りかけた慶太郎, 擦りて, 擦りました, 擦り消しながら, 擦る, 擦るべき余裕, 擦る事, 擦る事一寸, 擦る役, 擦付けようと, 擦付けると, 有って, 殿中と, 求めて, 求め得ねば, 深して, 渡した, 測るなどは, 準備し, 濫用した, 燃さぬうち, 獲れば, 發火させ, 盗む為, 直く, 着る女, 磨り器用, 示すよう, 積んで, 算するから, 粗末に, 縮めい, 縮めて, 自来火, 袂へ, 貰おうと, 貰って, 貰わねば, 貸して, 貸し或は, 赤く擦る

▼ 寸ばかり~ (131, 2.9%)

6 開いて 3 地を 2 ある木, 出て, 創口から, 捲き返して

1 [114件] あけた扉, あちこちに, あらわれて, あり実に, あるトッコン, ある人形, うち出され, お前さんに, かすめて, きれいで, こっちへ, さがりて, そぎに, そっと明く, それを, たれて, づゝに, でずっと, で人, で先ず, で届かないので, で辛うじて, なる人, なる圓, な生地, な算盤, みじかい, めり込みました, ゆえに猫, ゐるから, ズイと, フトコロから, ボロボロに, 上に, 上の, 下です, 下に, 仕掛を, 伸びて, 傷口から, 先き, 出た, 切開せられた, 前に, 前へ, 動くと, 右に, 右肩五寸ばかり, 周りが, 外へ, 大なる, 天井板に, 太さ煙管, 定規で, 対生す, 小松菜の, 屏風が, 展げられた, 崩れ凹んだ, 左右手四五ヶ所鼻上耳脇また, 布団を, 延びて, 延び出す, 後足尺に, 戸を, 抜く, 抜掛けました, 押立てて, 掘って, 摺扇を, 斬られて, 斬り裂きました, 明いて, 明きたるところ, 明けたとき, 暗き柳, 濡色の, 畦土の, 眩ゆい, 短いので, 短かく, 石の, 秘密に, 積りそれから, 突き抜けて, 窓を, 納戸襖が, 細目に, 置いて, 翼と, 肉が, 背いの, 萌えいづ, 萠え, 落下する, 蚯蚓脹れに, 透いて, 透して, 長いの, 長い毛, 開いたま, 開く, 隔てて, 離して, 離れた個所, 離れた場所, 雨戸を, 音なく, 颯と返したら, 飛魚の, 食み出して, 高い, 高めた, 黒塗の

▼ 寸ばかりの~ (130, 2.9%)

4 高さ 3 円を 2 キュウピーを, 厚さ, 大きさ, 守宮が, 小さな光, 山海鼠, 白い毛, 足あとが, 魚を

1 [105件] お椀, ところが, ところで, ところは, ところへ, ひさごを, ほのぐらいが, めり込みました, ものを, もの尾の, キリストの, ローラーが, 丈に, 上で, 上に, 傷口が, 光が, 円き瑕, 円形に, 刀の, 刀を, 刀形の, 切つ, 卵形の, 厚みに, 古木で, 四角い穴, 大熨斗, 天目台すくすくと, 太い針, 太刀傷を, 女の, 奴が, 小さい素人写真, 小さき耳, 小さな乾草, 小さな観音像, 小ざかなである, 小瓶一つずつ, 小筥, 小脇差しか, 小蛇頭, 小魚, 山女魚の, 巻き返しに, 幅の, 幼魚の, 強そう, 所で, 所へ, 新月を, 札を, 柄の, 棒を, 楕円石なり, 法螺貝の, 深さ, 瘢痕を, 的は, 真鍮の, 真黒な, 短い竹刀, 石が, 硝子の, 禿が, 穴が, 穴に, 空の, 空間に, 管は, 紅白の, 紙きれを, 細目鋸を, 綻びが, 緋の, 緑を, 緑秧が, 美しい女の子, 聖体を, 脇差を, 芍薬の, 蛇が, 蝋着せ, 蟷螂が, 西洋紙で, 赤い蟹, 赤蕪にて, 距離で, 身体を, 釘付けに, 鉢型を, 銀の, 鋭利なる, 長さ, 間隔だ, 雑魚を, 雲形を, 面積の, 髢が, 魚が, 魚の, 鮎を, 鯉を, 鰈を, 黄色い蝋燭

▼ 寸~ (122, 2.7%)

6 のもの 4 もある 3 に切っ, の大き, の小さな 2 あった, になつて, の小, の小炉, はお, も削り

1 [91件] あったよう, ある, あるので, ある大男, いせいぜい, いと, い朴, から一尺, から八寸位, ございます, しかありません, しか低く, しか地層, しか浮い, しか開かぬ, ずつすかし, ずつに截ら, ずつ七本, だ, だと, であったと, であらう, であるが, でございましょうか, ですむ, でその, と思います, なもの, なんてお前, なサイド, なブリキ製, な槍, な稀, になっ, になる, にはなりました, にまで育っ, に切る, に固く, に延びた, に育つ, のところ, のゴム管, のヰリアム・ブレーク, の円丘, の刷毛, の創痕, の化粧箱, の古びた, の可愛らしい, の四角, の圓, の富士形, の山女魚, の山形, の山葵, の山葵一本, の巾, の帯, の幅, の底, の本物, の松, の椴松, の欅, の甕, の緑色, の脇差, の茶色, の蒲鉾板位, の西洋大判罫紙, の距離, の針金, の鉄, の長方形, の隙間, の雪, の鬱紺木綿, の鮠, は船, は離れ, ひの, までの簡, まで育て上げ, もあります, もありやんし, も高く, を切り出す, 置いて, 赤い古傷, 離れる程度

▼ 寸~ (121, 2.7%)

15 して 2 しときませう, なったり, なる, 伸びて, 及ぶもの, 延びた麥, 過ず頗る

1 [92件] あまる名馬, あまる甕, いたるもの, きまって, ぎょっとした, ちかいかと, とどまりて, なった麦, なって, なりに, なり一分, みたぬ図, 三寸位の, 三尺六寸の, 二寸合わせ, 五寸くらいの, 五寸ほど, 五尺の, 今しも, 伸びたばかり, 余つて肉の, 余る大, 余る金, 充たない木版立姿, 六寸の, 出来て, 切った塔婆形, 切った木片, 切った物, 切つた, 切りたる炉, 切り前, 切り揃えろ, 刺刀を, 及ばないこと, 及ぶ此, 四寸ほどの, 四寸五分ほどの, 圧倒, 奧行八尺の, 巻かせ鐺, 広さ六, 復活し, 拡げ示しその, 擴大し, 放たれた, 暗くなっ, 梳れる程, 欺しつけ, 燒きつけられ, 盈ち文, 積もって, 積り雑木山の, 縮み五寸, 縮めたの, 織る唇, 肥満性という, 育ったもの, 育った鮭, 育って, 育つ, 胸の, 至った, 至り扁平, 至る, 萌出した, 足らず, 足らないもの, 足らぬ, 足らぬ自, 足りない, 足りない芽, 足りない長, 足るまいが, 載って, 近いから, 近い鋒先, 近く夫が, 近く屈曲の, 過ぎず, 過ぎず色青苔, 過ぎないの, 達しその他これ, 達する, 達せず, 達せるも, 長さ七八寸, 長さ三寸, 長さ五寸, 青みたり, 餘る, 高さ

▼ 寸でも~ (91, 2.0%)

2 二寸でも, 五分でも, 動かしたが, 高処

1 [83件] あの女, あんた達の, い, おぼえて, お房, お蝶, お見舞, かいたその, この時間, こわさない様, そのまどろみ, そんな事, とぎれると, ふりかへ, ふれて, まさった事, やましい所, サロンで, 一分でも, 一尺でも, 並んで, 五助が, 傍について, 傷を, 優さしくされる, 優しくされる, 先に, 先へ, 其の答え, 出しては, 出て, 動いたやつ, 動いて, 動かしうるか, 動かす為, 動けば, 吃驚し, 喧しく云, 圧して, 坐を, 好いから, 妙な, 岸壁の, 帰って, 弱みを, 手を, 曲げないで, 本山を, 来て, 東は, 深淵が, 物事に, 甘土, 眼を, 知って, 私の, 美しい異性, 考えさせたり, 脳の, 自分の, 自分自身を, 行って, 見えないと, 見せて, 見たくない光君, 見て, 話が, 話しかけようもの, 誰かに, 起つた時, 踏ませて, 踏み込んで, 躊躇したら, 身体に, 迷わされては, 退きは, 逆立ちで, 逢い度, 逢って, 逢つてゆきたい, 長く男, 間が, 間違いが

▼ 寸~ (82, 1.8%)

2 云ふ, 君の, 定法が, 物も, 相場の

1 [72件] ありそう, あるの, いえば, いって, いふ事, いわれる長人孔子, かげって, じりじりと, じりじりに, たじろいだらしかつ, なさい, なった, なって, なり丸々, なると, ほき花ゆゑにみぎはの人, みるみる溢れあがっ, サナダ虫の, 一尺程の, 丈を, 上等に, 云う, 云うから, 云うので, 云う信玄流, 云う高, 云って, 八寸との, 出たらば, 前進する, 動いて, 周囲の, 喰べて, 大岩を, 定むることも, 引き開けた, 彫りこまれて, 彼女を, 後ろへ, 心すれば, 思いながら, 思われる裸体像, 思われる黄銅製, 掘て, 暗い寒い目, 書いて, 極めて置く, 歩を, 点けた, 相手に, 瞬く間, 立てみて, 若者の, 見る間, 見分け難い, 言う者, 身体が, 身体を, 近寄って, 鉄道時間表の, 開かれて, 開けられて, 附記す, 離れずに, 離れて, 離れない壁, 離れない所, 離れない處, 顔を, 駆けて, 驚かされたせゐか, 驚くやう

▼ 寸ほどの~ (75, 1.6%)

2 大きさ, 幅の, 痩せて, 穴が

1 [67件] ところに, ところ竹光を, もので, コンクリートの, 下を, 丸籠に, 亀裂が, 人形に, 偉大な, 兩端が, 円形を, 切傷が, 列車, 十手の, 厚さ, 厚みの, 原稿を, 古傷が, 可愛らしい卯, 小さな鏡, 小形の, 小溝, 尖った鉄管, 差が, 木の, 木材を, 板ばりで, 柳の, 桃の, 棒に, 棒を, 欄間は, 深さ, 湧き口, 瀬戸の, 物多く, 狭い欄間, 狹い, 玻璃板を, 白い筋肉, 真紅の, 真黒なる, 短い矢, 短刀を, 紫色に, 細長い窓, 縦に, 脇差を, 色浅黒い, 薄い板, 薄刃ながら, 薄板を, 藁で, 蛸であります, 裏梅の, 逞ましい, 部分が, 釋迦如來の, 銀の, 鋭く尖った, 門札の, 間隔に, 隙間に, 髪の, 鮒を, 鯰と, 黒い丸い棒

▼ 寸ほど~ (74, 1.6%)

6 開いて 2 です, 下の

1 [64件] あいた抽斗, あけて, あげよ, あった, あります, ありますから, ある樫, その下一寸二三分離, で材木坂, とびかかるよう, な大, な彫刻, な物, にゅっとつき出た, のを, ひと晩の, ひらくと, もしも手, 上がったところ, 上に, 下がった辺り, 下方に, 丸く穴, 人間の, 伸びた辣薤, 低いところ, 低ければ, 余って, 切り出しその, 切り込んだ, 切り飛ばし, 前へ, 剥ぎ取られその, 厚い原稿, 右の, 四角に, 土の, 土を, 少し段々, 引き開けられ三鞭酒, 強い力, 後ずさりして, 抜いたの, 抜いたまま, 抜きパチ, 持ちあげると, 掘り下げると, 斬り下げられ生命危篤, 新しく削らせ, 明けると, 此方で, 白く見え, 積って, 空いて, 絲を, 芽の, 載せて, 込が, 開きかかつて, 隙い, 障子に, 離れた真正面, 離れて, 鞘辷りし

▼ 寸~ (66, 1.4%)

2 あまご, あろうと, なれて, 燃えて, 確かに

1 [56件] あった, あった筈, あつたらう, あらうと, ありませんか, あり二百匹, あり驚かされたこと, ある, あるだろう武蔵, あるでせう, あるゆえ, あるらしい, あるらしい身体, あろうという, いった洋食屋, いて, おありらしい, お米十七粒, さうし, そう見える, そのままが, なく形体, ひくかった, ひくかつ, 一度も, 中国の, 人間の, 低いやう, 何時の間にか振落し, 充分に, 先刻収った, 出來, 切って, 危惧の, 増水し, 大きいの, 年上な, 我に, 支えて, 支へて, 根に, 検事さんに, 楽に, 気がつかぬであ, 燕号の, 生えること, 生憎一個も, 短かい, 積もったかな, 突つ立つ, 越えて, 越して, 足りねえったって, 違って, 高い, 高からう

▼ 寸五分~ (64, 1.4%)

2 なるもの三本, ばかり, もある

1 [58件] あったおれ, あって, あり東側, ある小紋, お歯, から六寸五分, ぐらいである, ぐらい高, しかない, だ, だが, だとか, であつ, であるから, とある, というくらいの大き, というところ, という小さい, といった調子, とかいう大, とかの良く, となっ, と註, にし, にて上, に七寸位, に当たる, のあたりまえ, のところ, のスマート, の正, ばかりの網目, ばかりの辺, ばかりもある, ばかり厚, へかざし, ほどに切り, ほどに育つ, ほどの一冊本, ほどの傷, ほどの圓, ほどの大き, ほどもある, もあつ, もあらう, もあり, も白い, 乃至五寸, 伸びたさ, 厚さ五分位, 小鱗, 程の檜, 程の製本, 程深, 迄に限る, 高さ三寸位, 高さ二尺, 高さ六寸

▼ 寸~ (45, 1.0%)

2 ないの, 足りないと

1 [41件] あったよ, ありました, ありましょうな, ありますよ, ある, お定まり, た丈, つまつて丸い, つまつて見え, ところ紋也の, とまりです, ないのに, ほんとうに, ものあ, チベットの, 八百尺上で, 十銭, 少しつまっ, 延びます, 延び鸚鵡, 形づくられ口火, 手頃じゃ, 指頭から, 極り羽には, 標準であった, 欲いの, 燃え上ると, 狭い, 相手の, 短いからでも, 短く見, 絶対金科玉条の, 見えない, 見つからない, 詰つてノウ天氣で, 詰つて八五郎も, 詰ります, 足りない, 足りないという, 銀座の, 長く張り

▼ 寸ぐらいの~ (42, 0.9%)

2 大きさ

1 [40件] ところでも, ところを, もちろん獲り, ものだ, ものだろう, ものを, アフタヌンという, ビフテキだの, 丸い小, 五色の, 優さ男です, 半跏像, 古い古い土, 台石が, 壁板が, 大団子, 小さな二十日鼠, 小蝦, 嵩に, 幅の, 新雪が, 木彫り細工である, 柱を, 檻が, 段が, 白木で, 白百合の, 穴を, 管に, 肉片を, 脇差を, 花が, 苗だった, 若鮎を, 草の, 赤い絹, 金属の, 高さ, 鮒が, 黄金の

▼ 寸~ (39, 0.9%)

2 床に, 芝居を

1 [35件] うつした灯, おめおめ降る, この私, ござりまする, は子供, よいさ, よいさかい, 一旦切れ, 一羽の, 事もなげに, 人情情景さながら, 便所の, 俗に, 円く軽いが, 喫んで, 壁を, 売るという, 夜の, 天下を, 宜し吾助, 成上者の, 日本新, 枯死した, 框に, 止まった, 水面までは, 濟まして, 灯籠の, 瓦斯煖炉を, 縦が, 老若の, 脈釣りの, 螻蟻に, 錘から, 長さ

▼ 寸ずつ~ (35, 0.8%)

3 ジリジリと, 動かして

1 [29件] うごいて, その都度, スーッスーッと, 一分ずつ, 一尺ずつ, 上の, 伸びて, 伸びる思い, 切り棄てて, 切ッ先の, 動きはじめた, 動出す, 喰い違って, 喰う仲, 壊れて, 夜具を, 少しの, 後退さりし, 徐々として, 戸擦れ, 摺らして, 辷る音, 迫って, 這って, 開いて, 開けた時, 開け放して, 静かに, 食りまし

▼ 寸から~ (34, 0.7%)

2 一尺が, 四寸位も

1 [30件] ある長刀ほおずき, せいぜい二尺位, だが, はじまりますが, 一丈に, 一寸五分位の, 一尺あまりに, 一尺ぐらゐの長, 一尺ほどに, 一尺ほども, 一尺までが, 一尺二三寸許も, 一尺位象牙の, 一尺余も, 一尺近い, 三四寸位の, 三尺近い, 二寸五分というくらいの, 二尺ぐらい, 五六寸に, 五六寸位な, 五寸まで, 八尺ぐらい, 六七寸も, 六尺五寸を, 四五寸ぐらゐの大き, 大きいの, 寸, 眼を, 積って

▼ 寸待っ~ (33, 0.7%)

10 て下さい 3 て, てくれ 2 て今

1 [15件] たり, ていらっしゃい, ておい, てくれ給え, てけれ, てすぐ, てて呉れ, てね, てネ, て下さらない, て何ぞ, て欲しい, て訊きたい, て貰う, て頂戴

▼ 寸~ (33, 0.7%)

5 の柱

1 [28件] くらいのくしゃくしゃ, ぐらいの堅い, ぐらいの棒状, で裏表, の一尺五六寸, の中, の作, の土台数十丁一寸厚み, の土臺數十丁一寸厚, の大きな, の材木, の格子, の格子戸, の欅柱, の石, の穴, の荒目, の金属板, ばかりのもの, ばかりの中, ばかりの奴, ほどの, ほどのかなり頑丈, ほどの材木, もあらう, もある, を獲る, 高さ一丈

▼ 寸程の~ (31, 0.7%)

2 ところに, 地割れが, 物を

1 [25件] すき間より, 刀を, 切れ端へ, 厚味の, 大きさ, 大きな下部注水孔, 懐剣が, 所と, 所に, 所塀に, 支那の, 杉の, 比較的若木, 痕に, 白木の, 白鞘の, 直刀, 直径を, 竹片が, 細長い瘢痕, 緑色で, 蚰蜒が, 鉛の, 長さ, 頭髪の

▼ 寸四方~ (30, 0.7%)

2 ばかりの小

1 [28件] から五, から五寸位, くらいの小さい, ぐらいが朧げ, ぐらいな, ぐらいの呉羽嬢, ぐらいの板, ぐらい切り取っ, だけとかお, として, とを食う, と言う, の問題, の天鵞絨, の小さな, の毛皮, の紙片, ばかりの, ばかりの緋縮緬, ほどのパラフィン紙, ほどの四角い, ほどの小さい, ほど床板, ほど鋭利, ほど食いちぎられ, を注文, 程の小さい, 程の薄

▼ 寸~ (29, 0.6%)

2 ある大きな, 三寸五分位の, 二寸しか

1 [23件] あはん, ある, へる兩度, ソコラの, 一尺位の, 一尺切った, 一尺開ける, 七八分位のが, 三寸ばかり, 三寸位の, 九寸ぐらい, 二寸で, 二寸に, 二寸の, 五寸くらいしか, 五寸で, 五寸位の, 六寸中子が, 四寸位ある, 四寸位ずつ, 四寸位づゝすかしてあるに過ぎぬ, 鍬の, 高ければ

▼ 寸ぐらい~ (27, 0.6%)

2 ある傀儡, ある鮒, なの

1 [21件] あって, ある, あるすんなり, おありです, だろう左右, であったが, でありますが, ですこぶる, で走高跳, で金色, で顔, コンクリート製である, 低い地面, 低かった, 低かったでしょう, 幅が, 時に直径一尺位, 背が, 血潮は, 開いた丈, 非常に

▼ 寸~ (26, 0.6%)

1 [26件] な細長い, 下った所, 出して, 切られただけ, 切り込んだ, 切り附けた, 同所下之方に, 同所脇肩に, 咽突創一箇所長, 左肩六七寸ばかり, 明いて, 横へ, 深さ二寸, 空いて, 突創一箇所創口腫上り深, 背が, 背中が, 芽の, 都合七箇所, 鋏様の, 長かった, 開いた, 開いた此, 離れた肩先, 雪が, 骨まで

▼ 寸以上~ (25, 0.5%)

3 はある 2 あつた

1 [20件] たべると, ではなかっ, と測定, になる, に映る, のもの, のゆれ, の上背, の外国婦人, の大きな, の大物, の奴, の雪, もあった, もある, も出, も積, も長く鋭く, も雨水, を用

▼ 寸~ (25, 0.5%)

4 りの 2 りしか, り上

1 [17件] なるに, の所, の新, の美しい, の距離, の高, もあり, り, りあいて, りたれて, り字間, り布団, り殘, り透明, り開くと, り離れた左, 新枝ハ浮毛

▼ 寸~ (23, 0.5%)

2 もある, もあろう

1 [19件] あったと, で六弁, とも伝, に生え, のもの, の円き, の大男, の小像, の白い, の相違, の禿, の穴, の竹, の長, の鯉, もあります, も如意嶽, も縁, も見えない

▼ 寸という~ (22, 0.5%)

1 [22件] ところだろう, のが, ふうに, ものが, 化物の, 堂々たる青年, 大きな貨幣, 大ゆれ, 大剣, 大太刀, 寸法で, 小さいもの, 小柄でげしょう, 小男で, 所で, 方が, 畸形的な, 空間の, 自分の, 長身を, 雄偉なる, 鯛が

▼ 寸した~ (21, 0.5%)

1 [21件] ことで, のが, もの出し, ギム的執筆を, トラホームにか, 事から, 事も, 好奇心に, 応答を, 悦ばしい観念, 感想に, 料理を, 時期の, 浮世の, 物を, 物音にも, 興味を, 行違ひ, 話の, 買物が, 閻魔堂が

▼ 寸しか~ (20, 0.4%)

3 なかった 2 ないが, 減じない

1 [13件] おしるしほか, ない旧式, ない普通, ない脇差, なくうしろ, 会って, 伸びて, 出ないくらいの, 逃げ延びて, 進むこと, 開かぬ勘定, 間の, 離れない

▼ 寸~ (20, 0.4%)

2 だよ

1 [18件] がその, が入っ, で人形, に火, に過ぎません, のなか, のよう, のレッテル, の中, の奧まつ, の様, の樣, の横側, をうけとった, を僕, を出, を積み重ねた, を賣る

▼ 寸あまり~ (19, 0.4%)

2 の矢尻

1 [17件] しかない, と, の凄い, の刀傷, の刃, の大き, の大男, の枯木, の柳箸, の美女, の鋭利, もあっ, もぶら下っ, も伸び, も宙, も身丈, も鞘ぐるみ

▼ 寸くらいの~ (18, 0.4%)

2 長さ

1 [16件] おもちゃの, くぼみを, モロッコ皮の, 個所に, 円形に, 大きさ, 小さな菜, 山椒魚でも, 巻煙草の, 心細い野道, 手ごろな, 竪幅だった, 縫いぐるみの, 胸部で, 腰細跪坐の, 距離に

▼ 寸にも~ (18, 0.4%)

2 近い束

1 [16件] たらないもの, たらない青い, なると, 余って, 充たぬ扇, 及ぶ大きな, 及ぶ真紅, 育つ成長力, 足らず, 足らぬもの, 足らぬ小さな, 足らぬ小柄, 足らぬ虫, 足りぬその, 達したで, 達するもの

▼ 寸くらい~ (17, 0.4%)

1 [17件] たべたらちょうど, で胸部, なもの, な葉, 低くし, 低く言う, 横幅で, 沈み睡眠不足が, 沈む峠, 深さ, 深さ一寸, 畳を, 痩せがた, 痩せて, 積った, 積って, 縦は

▼ 寸~ (17, 0.4%)

2 さ五尺の

1 [15件] さ一寸五分程の, さ一間たらず, さ三寸ぐらいの, さ三寸ばかりの, さ三尺ほどの, さ二三尺の, さ二寸という, さ五尺ほど, さ六寸位の, さ四尺一寸余の, さ尺余の, すぎても, な見る, をも見, 三尺頭尾均等而し

▼ 寸ばかりも~ (16, 0.4%)

2 ある, 紐の

1 [12件] あって, あり初め, あろうと, 伸びて, 小さくって, 抜け出て, 樫の, 溜って, 等閑に, 裂けたるまま, 足りなかった, 飛び出したごとく口

▼ 寸三寸~ (16, 0.4%)

2 ずつ動かし, と物, の小さい, の手斧傷 1 ずつ壊れ, とペーヴメント, と見る, と開かれ, と開けられ, と離れ, また三寸, 高さ

▼ 寸~ (16, 0.4%)

2 の時, を置いた

1 [12件] だけで, にもう, に一書, に先, に触れ合った, に過ぎる, もあった, も休まらない, も安心, も目, をである, を得ず

▼ 寸ある~ (15, 0.3%)

2 沙魚を

1 [13件] から夕方, が, ことが, こと能は, つまりそれ, という, とかあの, のが, のです, のを, ひは, 像だ, 点であった

▼ 寸ほども~ (13, 0.3%)

2 人間の

1 [11件] あつた, ある, あるかと, ある長い, 厚く見えた, 口を, 延びて, 有ろう其の, 落ち凹んで, 雪が, 高くなり

▼ 寸くら~ (11, 0.2%)

6 ゐの 1 ゐある奴, ゐで, ゐですね, ゐは, ゐ見えて

▼ 寸~ (11, 0.2%)

2 の製作 1 が初めて, くちゐ, ぐらいまでの花火, という, のその, の中, は雲, もその, を限度

▼ 寸とも~ (10, 0.2%)

3 ない 1 ないの, 動かぬと, 思わない, 愧じ, 手を, 考えが, 落付かぬ

▼ 寸乃至~ (10, 0.2%)

4 一尺の 1 一尺も, 一尺余も, 一尺長く, 三寸位の, 二寸身は, 五寸下に

▼ 寸~ (10, 0.2%)

1 でもあった, でもおぼしめし下さるなら, なくし, に恩賞, もあり, をたて, を争う, を剋, を挙げた, を顧み

▼ 寸たり~ (9, 0.2%)

2 とも人の 1 とそこ, とひく, ともあける, ともお, とも上げ, とも開けられない, と当

▼ 寸とは~ (9, 0.2%)

2 減じて 1 ちがわない位置, 不作法に, 何だ, 燃えて, 組立屋台を, 超えない底, 離れて

▼ 寸~ (9, 0.2%)

2 にある, の方 1 が向う, で折れ, に止め, へ行つて來, を人魂

▼ 寸余り~ (9, 0.2%)

1 あるよう, のみごと, の箱根山椒魚, の素焼, も浮き上った, も積み重ね, も隙, 切ると, 開いて

▼ 寸~ (9, 0.2%)

2 のお 1 が起っ, で引い, の妙薬, の様, はたった, は厭わぬ, を露わし

▼ 寸すぎ~ (8, 0.2%)

1 いやはや, かえりました, て車夫, に体, に善義, に座, に引き上げました, の青年

▼ 寸だけ~ (8, 0.2%)

1 しあわせ, 未申, 置くと, 背中を, 開いたでは, 開けて, 間を, 陽炎でも

▼ 寸より~ (8, 0.2%)

2 三尺に 1 二尺余に, 五六寸に, 低からざる, 先は, 厚く積, 少し廣

▼ 寸二分~ (8, 0.2%)

1 あったとは, ある大身, ある海音如来, だったとは, であった, で目方, ないし九寸五分, に一寸五分の鳥の子

▼ 寸四方位~ (8, 0.2%)

3 の大き 2 の小さな 1 な小さな, の四角い, の板

▼ 寸~ (8, 0.2%)

3 の箱はり 1 の箱一個, の軸木, は短, をシュッ, を借してやる

▼ 寸~ (8, 0.2%)

1 さが, さこれ, さの, さ一尺ぐらいの, さ七寸の, さ十七尺五寸に, さ十尺ぐらい, サ八九尺葉ノ

▼ 寸ぐらいに~ (7, 0.2%)

2 なったり 1 なり人, 切った一本, 切りそれ, 川べりの, 短く切っ

▼ 寸その~ (7, 0.2%)

2 椅子を 1 事で, 初重, 女の, 廻り六尺五寸近付い, 邊が

▼ 寸といふ~ (7, 0.2%)

1 のが, のつ, 大した佛像, 氷柱が, 長い鍼, 電話特賞かと, 黄金の

▼ 寸ほどに~ (7, 0.2%)

1 のびた院内, 伸びて, 切った, 切った竹筒, 切った藁, 痩せもうわずか, 育ちさらに

▼ 寸五分位~ (7, 0.2%)

1 にブツブツ, に切ります, に隔たる, の大き, の川蝦, の穴, の輪

▼ 寸~ (7, 0.2%)

1 が一寸先, きは, だよ, にどうぞ, に茶, の主人, は見え

▼ 寸~ (7, 0.2%)

1 の隙, も, もゆずらず守っ, も余さず, も白い, も踏みたまわない, を余さず

▼ 寸~ (7, 0.2%)

1 となり, なるは, なるも, にし, の紅白, の紙, の賞牌

▼ 寸~ (7, 0.2%)

1 てい, ておくれ, て今日, て呉ん, て見, て見た, ねえ

▼ 寸~ (7, 0.2%)

1 てくれ給え, てとよませた, て一寸, て帰る, て来よう, て置く, て首

▼ 寸離れた~ (7, 0.2%)

1 ところを, 壁の, 所から, 据膳で, 櫟や, 白い足袋, 自分の

▼ 寸ぐらいずつ~ (6, 0.1%)

1 伸びつ縮みつ, 削ぐよう, 垣根を, 小刻みに, 競りあがっ, 開いて

▼ 寸それ~ (6, 0.1%)

1 が低い, が怪物, に触つ, は短い, より低く, 照らして

▼ 寸ないし~ (6, 0.1%)

1 一尺ぐらいで, 一尺ばかりの, 一尺許り, 二尺余に, 五寸ばかりも, 六七寸内外径三寸ばかりも

▼ 寸伸びた~ (6, 0.1%)

2 頭を 1 だけの緑野, と思う, ばかりの髪, 蒼黒い

▼ 寸六分~ (6, 0.1%)

1 あり鎌倉, であり計器, ですぜ, になりました, のもの, の高

▼ 寸四角~ (6, 0.1%)

2 ほど破っ 1 ぐらいしかない, ぐらいな穴, ぐらいの紙, だから

▼ 寸~ (6, 0.1%)

2 の横物 1 のひらひら, の枠, の猩々緋, ほどの角帯

▼ 寸~ (6, 0.1%)

1 から真似, にせまり, をすりぬけ, を振り向い, を振向い, 向いて

▼ 寸~ (6, 0.1%)

1 したが, して, せしめたと, にし, になり, に爲

▼ 寸~ (6, 0.1%)

1 さ一寸程, さ二三寸の, さ五分くらゐ, さ六分程, さ四寸という, さ骨膜に

▼ 寸~ (6, 0.1%)

2 をぬすん 1 の暇, も女子供, も抜き差し, を得

▼ 寸~ (6, 0.1%)

1 をひねっ, を下げた, を出し, を動かせ, を廻せ, を掉

▼ 寸あった~ (5, 0.1%)

1 という, とか, と云われ, と言います, のである

▼ 寸くぎ~ (5, 0.1%)

1 が出た, だったから, です, に打ちえぐられ, 抜かば

▼ 寸ぐらいしか~ (5, 0.1%)

1 あるまい, なかった, 不足では, 付いて, 飛んで

▼ 寸ぐらゐの~ (5, 0.1%)

2 長さ 1 古い古い土, 大きさ, 細長い石

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 から駕籠半弓, がならぶ, ただそれだけ, めしに, ネ

▼ 寸もの~ (5, 0.1%)

2 間左右に 1 をお尋ね, を塩焼き, 厚さ

▼ 寸一分~ (5, 0.1%)

1 からあった, が四分, になる, を半径, 重一銭八分五厘

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 に位置, に延び, に見える, のところ, へ来る

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 ています, てからも食い, て居る, て来, て肉色

▼ 寸四分~ (5, 0.1%)

1 という極, なり, にきり, の大, ほどの広

▼ 寸工場~ (5, 0.1%)

1 で刷板部, に働く, に出, の女工, の職長

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 と文芸近況, や小, をもつた, を洩らす, を述べたら

▼ 寸書いた~ (5, 0.1%)

1 とおり十日までには, やうに, ブルムの, 新平民, 時

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 で読んだ, もの, をよみ, 口周り三尺九寸本, 口直径一尺四寸末口周り一尺五寸末口直径七寸と

▼ 寸程も~ (5, 0.1%)

1 あったと, くびれて, 欠けて, 溜まって, 長かったら

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 するを, った, った庭, った雪, って居る

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 が額, のうち, の裡, をしたためた, を認めた

▼ 寸見る~ (5, 0.1%)

2 と露骨 1 とそれ例, と一定, と小さい

▼ 寸~ (5, 0.1%)

1 が灰だらけ, に挿しかえた, の頭, をつまみ, を横

▼ 寸開い~ (5, 0.1%)

1 て, ています, ている, てスウ, て見

▼ 寸~ (5, 0.1%)

2 を出す 1 の長, を出した, を貸し

▼ 寸あっ~ (4, 0.1%)

1 てそして, てつまり, て上唇, て帯

▼ 寸かいた~ (4, 0.1%)

1 かしら, しおめにかかっ, と思います, 記事が

▼ 寸ぐらいも~ (4, 0.1%)

1 あって, ある美しい, 延びて, 距れ

▼ 寸さがる~ (4, 0.1%)

1 という丑満, といっ, と俗, 時に

▼ 寸であった~ (4, 0.1%)

1 ことに, ことは, と云う, ものが

▼ 寸です~ (4, 0.1%)

1 から開い, って, ね, よ

▼ 寸とか~ (4, 0.1%)

2 五寸も 1 前へ, 行田形の

▼ 寸ばかりに~ (4, 0.1%)

1 して, 伸びたそれ, 切た, 切ったマカロニ

▼ 寸一本~ (4, 0.1%)

1 さえ烟, だって大きな, で火, のため

▼ 寸七分~ (4, 0.1%)

1 あるから, とあった, の大, 深さ一寸三分の箱

▼ 寸三分~ (4, 0.1%)

1 かあるいは, くらいにかける, に切り, を手帳

▼ 寸下がる~ (4, 0.1%)

2 という丑満 1 というその, という丑

▼ 寸伸び~ (4, 0.1%)

1 が足りなかった, て出, て幾本, を持った

▼ 寸~ (4, 0.1%)

1 さの, さ七寸幅九寸八分目方四十一貫あり, さ三寸位に, の松板幾十枚

▼ 寸~ (4, 0.1%)

1 に一杯, に八本, の花火, をつけた

▼ 寸~ (4, 0.1%)

2 は何寸 1 の側, んなった

▼ 寸寄っ~ (4, 0.1%)

1 ていく, て又, て来た, て糖

▼ 寸平方~ (4, 0.1%)

2 ほどのビラ 1 であったの, とし

▼ 寸~ (4, 0.1%)

2 脛の 1 丈三尺という, 命じ被

▼ 寸来い~ (4, 0.1%)

1 と云, と云い, と云われました, と言っ

▼ 寸~ (4, 0.1%)

1 上げたでしょう覚えて, 上げた通り, 上げます, 遣し候事

▼ 寸~ (4, 0.1%)

1 に角, に角たて, をはなした, を見張った

▼ 寸~ (4, 0.1%)

2 といふ男, は山陽

▼ 寸見た~ (4, 0.1%)

1 が何だか, 位では, 時は, 臺所の

▼ 寸~ (4, 0.1%)

1 の短刀, ナル犢, 五発込懐剣より, 最も小

▼ 寸計り~ (4, 0.1%)

1 と云, にし, を常, 開いて

▼ 寸足らず~ (4, 0.1%)

1 の, の刃物一ツ, の小男, の木綿真田紐

▼ 寸近く~ (4, 0.1%)

2 もある 1 ある大, の楕円

▼ 寸過ぎ~ (4, 0.1%)

1 だったそう, になる, に二度目, に着いた

▼ 寸~ (4, 0.1%)

3 を点じ 1 がぼやぼや

▼ 寸高い~ (4, 0.1%)

1 ぐらいにすぎない, だけである, やうに, ように

▼ 寸あい~ (3, 0.1%)

1 てしまいました, てはまた, てゐる

▼ 寸あけ~ (3, 0.1%)

1 てしまいました, てそこ, て見る

▼ 寸あの~ (3, 0.1%)

1 あれが, 家に, 本が

▼ 寸あり~ (3, 0.1%)

1 て豪州, や足袋, 根元の

▼ 寸からの~ (3, 0.1%)

1 大男で, 減水で, 雪を

▼ 寸くらいしか~ (3, 0.1%)

1 ない, ない所, なく川端

▼ 寸そこ~ (3, 0.1%)

2 へ刀 1 へ触れよう

▼ 寸である~ (3, 0.1%)

1 がしかし, がその, がそれ

▼ 寸なる~ (3, 0.1%)

1 ものを, もの等不具的仮装的の, 小幅が

▼ 寸ばかし~ (3, 0.1%)

1 動かして, 海を, 進歩し

▼ 寸よっ~ (3, 0.1%)

1 て喋っ, て大笑い, て来たら

▼ 寸一寸~ (3, 0.1%)

1 と前進, と手招き, と歩

▼ 寸一尺~ (3, 0.1%)

1 ずつずるずる, と上, と連山

▼ 寸二分金無垢~ (3, 0.1%)

1 の大日如來, の大日如来, の海音如来

▼ 寸五分半径~ (3, 0.1%)

1 で永代橋, の円周, の場合

▼ 寸以下~ (3, 0.1%)

1 ぐらいという話, でなければ, の勾配

▼ 寸何分~ (3, 0.1%)

1 というよう, とかある, と区別

▼ 寸入った~ (3, 0.1%)

1 場所で, 左側で, 所に

▼ 寸出し~ (3, 0.1%)

1 ている, てゐる, て云った

▼ 寸出た~ (3, 0.1%)

1 位の, 家の, 時に

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 なかった, なき粉鉱, もなかっ

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 から七, も来た, 御齒

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 の方, へ行っ, へ行つて

▼ 寸島比~ (3, 0.1%)

3 賣の

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 が立っ, すら見えないで, すら見出されない

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 がはなせない, を掛け, を貸し

▼ 寸東京~ (3, 0.1%)

1 に出, へかえる, へ參つて

▼ 寸此方~ (3, 0.1%)

1 が踏み止まつ, に振りむいたらしい, へおいで

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 もあるけますまい, も後, も足

▼ 寸~ (3, 0.1%)

1 を, をあら, を見る

▼ 寸~ (3, 0.1%)

2 という面 1 を取り出し

▼ 寸程度~ (3, 0.1%)

1 である仕掛け, のこの, の小さい

▼ 寸立っ~ (3, 0.1%)

1 て下さい, て異教徒席, て窓

▼ 寸~ (3, 0.1%)

2 を出し 1 の色

▼ 寸行っ~ (3, 0.1%)

1 て来い, て萩原様, て見る

▼ 寸覗い~ (3, 0.1%)

2 て通る 1 てすぐ

▼ 寸進尺~ (3, 0.1%)

1 退うっとうしき, 退の, 退一歩

▼ 寸離れ~ (3, 0.1%)

2 て立つ 1 てい

▼ 寸~ (3, 0.1%)

2 を出し 1 を縮め黙

▼ 寸馬豆人~ (3, 0.1%)

1 そのまま人, のみぞかれ, をかぞえられましょう

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 て太政官, て引込む

▼ 寸お話~ (2, 0.0%)

2 の出た

▼ 寸お話し~ (2, 0.0%)

1 したこと, したと

▼ 寸お辞儀~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 寸かの~ (2, 0.0%)

1 あまり大きく, 距離を通して

▼ 寸くらいに~ (2, 0.0%)

1 したの, 長く伸び

▼ 寸ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 小男であり, 日光が

▼ 寸ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 あろうと, 積りました

▼ 寸さき~ (2, 0.0%)

1 だと, を反れ

▼ 寸そんな~ (2, 0.0%)

1 ことにも, 話出てた

▼ 寸ちかく~ (2, 0.0%)

1 ありました, になっ

▼ 寸とかいう~ (2, 0.0%)

1 ので, 高壁

▼ 寸には~ (2, 0.0%)

1 解らずわざと, 過ぎないでしょう

▼ 寸また~ (2, 0.0%)

1 三寸ずつを, 三寸と

▼ 寸まっ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て下さい

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 三寸ずつ, 三寸斬られ

▼ 寸やっ~ (2, 0.0%)

1 てみた, て見ました

▼ 寸よかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ 寸よん~ (2, 0.0%)

1 でつまらなかっ, で敬遠

▼ 寸一分半径~ (2, 0.0%)

1 の中, の円周

▼ 寸一所~ (2, 0.0%)

1 に行っ, に行つて

▼ 寸上っ~ (2, 0.0%)

1 て傳次さん此間, て折れた

▼ 寸下る~ (2, 0.0%)

1 うしの, といったよう

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 から片手, を見やる

▼ 寸二人~ (2, 0.0%)

1 ともとろり, を呼ん

▼ 寸云っ~ (2, 0.0%)

1 て来る, て置く

▼ 寸云った~ (2, 0.0%)

1 んだけ, 事も

▼ 寸五分二十三貫五百~ (2, 0.0%)

1 という牛, の体躯

▼ 寸五分以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, はあられます

▼ 寸以上の~ (2, 0.0%)

1 を好まれなかった, を鼻曲り

▼ 寸以内~ (2, 0.0%)

1 に生きた, に造る

▼ 寸会釈~ (2, 0.0%)

1 して, をする

▼ 寸伺っ~ (2, 0.0%)

1 て参ります, て知っ

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居る

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 だねえ, のこと

▼ 寸倍石~ (2, 0.0%)

1 という名, と申しました

▼ 寸入っ~ (2, 0.0%)

1 てもいい, て美

▼ 寸八分~ (2, 0.0%)

1 なる単, を萬作

▼ 寸八分目方四十一貫~ (2, 0.0%)

1 ありと, その価

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 だけ一しょ, を労

▼ 寸~ (2, 0.0%)

2

▼ 寸其の~ (2, 0.0%)

1 家系と, 玄関口で

▼ 寸内外~ (2, 0.0%)

1 の柳, 長さ八

▼ 寸凹み~ (2, 0.0%)

2 が何分

▼ 寸出る~ (2, 0.0%)

1 ぐらいにし, 前に

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの懐中電灯, の奪還

▼ 寸分ち~ (2, 0.0%)

2 がはない

▼ 寸切れ~ (2, 0.0%)

1 てなくなった, て白い

▼ 寸刻み~ (2, 0.0%)

1 にやっ, 出た

▼ 寸前後~ (2, 0.0%)

1 の小さな, 長さ一尺二

▼ 寸厚み~ (2, 0.0%)

1 の松板数十枚, の牡丹雪

▼ 寸~ (2, 0.0%)

2 な心持

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 の注意, は帝國ホテル

▼ 寸周章て~ (2, 0.0%)

2 了つて二人は

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 だけはお, を用い

▼ 寸善尺徳~ (2, 0.0%)

1 をなしたる, を施したる

▼ 寸四五十匁~ (2, 0.0%)

1 から百匁近く, の川鮎

▼ 寸四角位~ (2, 0.0%)

1 な白木, の中

▼ 寸埋め~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 な, な気

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 へ出, を覗いた

▼ 寸多く~ (2, 0.0%)

1 四時は, 開き三時

▼ 寸学校~ (2, 0.0%)

1 に行つて, の事務員

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 しか上っ, しか上りませぬ

▼ 寸少し~ (2, 0.0%)

2 は有ろう

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 などという寸法, にも足らぬ

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 にハンドル, のほう

▼ 寸帽子~ (2, 0.0%)

1 を取, を脱い

▼ 寸幅七寸~ (2, 0.0%)

1 の細長い, 厚さ三寸位

▼ 寸幅九寸八分目方四十一貫~ (2, 0.0%)

1 ありと, その価

▼ 寸床屋~ (2, 0.0%)

2 へでも行っ

▼ 寸延び~ (2, 0.0%)

1 という大安売, の片手

▼ 寸延びた~ (2, 0.0%)

1 蔭または, 麦の

▼ 寸廻った~ (2, 0.0%)

1 時分でした, 頃だろう

▼ 寸引き~ (2, 0.0%)

1 て草, 次第に引き寄せし

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 その全文, の減水

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 の中, の観音様

▼ 寸~ (2, 0.0%)

2 って来る

▼ 寸手前~ (2, 0.0%)

1 に降りた, の人相

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 きかけたま, き出して

▼ 寸斬られる~ (2, 0.0%)

1 のも, も同じ

▼ 寸新九郎~ (2, 0.0%)

1 の脾腹, は常に

▼ 寸普通~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 を点じ, を無数

▼ 寸来た~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, 人の

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 から拔, 長く造らせたる

▼ 寸様子~ (2, 0.0%)

1 が好い, を見る

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 をひかれ, んなる

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 につかった, をかけ

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 のもの, を軽蔑

▼ 寸父子~ (2, 0.0%)

1 の墓石, の沈没船

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 なくし, もなけれ

▼ 寸目方~ (2, 0.0%)

1 は一枚十三貫, は六

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 に收, の中

▼ 寸知っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ておい

▼ 寸知らし~ (2, 0.0%)

1 て呉れ, て呉れたまえ

▼ 寸短い~ (2, 0.0%)

1 とかという類い, 吹筒つと

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 に行かう, に行こう

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 の顔, は辛うじて

▼ 寸程は~ (2, 0.0%)

1 イヤに, 確かに

▼ 寸積もっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て全

▼ 寸立止つて枕頭~ (2, 0.0%)

1 を見, を見廻した

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 に尽し, の中

▼ 寸続い~ (2, 0.0%)

1 てはいる, てはゐる

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 にちぢまり, にも触れた

▼ 寸~ (2, 0.0%)

2 が七八寸

▼ 寸置い~ (2, 0.0%)

1 て, てち

▼ 寸考へ~ (2, 0.0%)

1 て復, ものだらう

▼ 寸~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ 寸聞い~ (2, 0.0%)

1 てみ, て來

▼ 寸聞いた~ (2, 0.0%)

1 けれど, 所に

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 には例, へはいったら

▼ 寸英語~ (2, 0.0%)

1 で返事, 行ったり

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 て見, の記事

▼ 寸行く~ (2, 0.0%)

1 と右手, 気が

▼ 寸見えた~ (2, 0.0%)

1 がナ僕, ばかりで

▼ 寸見える~ (2, 0.0%)

1 二階の, 程の

▼ 寸角位~ (2, 0.0%)

1 に切っ, の

▼ 寸言葉~ (2, 0.0%)

1 がと切れた, を切る

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 て上げ, て貰

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 さえ耳, でこう

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 たりとも賊, の物

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 は蝦, を引い

▼ 寸退かぬ~ (2, 0.0%)

1 頼もしい男, 頼母しい

▼ 寸銀場~ (2, 0.0%)

2 を代

▼ 寸開けた~ (2, 0.0%)

1 とたんに, と思う

▼ 寸間隔~ (2, 0.0%)

1 に七, に赤い

▼ 寸隙間~ (2, 0.0%)

1 が出来, の開いた

▼ 寸~ (2, 0.0%)

1 なす卯の花, のよう

▼ 寸零分埃~ (2, 0.0%)

2 と垢

▼ 寸~ (2, 0.0%)

2 を出した

▼ 寸高く~ (2, 0.0%)

1 して, なった一畳

▼ 寸鶏頭君~ (2, 0.0%)

1 の文章, の病

▼1* [918件]

がつた, 寸あいさつして, 寸あいたところから, 寸あけただけで, 寸あすこらを歩いた, 寸あそびに行き, 寸あたかも闇の, 寸あたりの近く, 寸あつた, 寸あともどりした, 寸あまりこちらの地上, 寸あまりそれを右手, 寸あまり三十五匁はあろう, 寸あまり宙に浮き, 寸あまり積って今戸, 寸あるいは八分だ, 寸あれば狼, 寸いた室は, 寸いった整形外科へ, 寸うちまで行っ, 寸うつむいただけでこれ, 寸ひざから, 寸おき位にナイフ, 寸おじぎに行った, 寸おびやかすように, 寸お嬢様にお, 寸かいていた, 寸かきたいのよ, 寸かけるケープぬっ, 寸かすがいで, 寸かに垂れ下って, 寸からかふやう, 寸がた開いて, 寸がたついたコムパスで, 寸がらみはあろう, 寸ききに来る, 寸きって売っ, 寸きめつけ僕に, 寸くらいずつ間隔を, 寸くらいは高い, 寸くらいまで育って, 寸くらいも歩いたかと, 寸くら手真似で話される, 寸くれエの, 寸くれえあるだえ先生, 寸ぐらいから三寸ぐらいの, 寸ぐらいが真白な, 寸ぐらいずつの穴が, 寸ぐらいで塗りつぶすべき面積, 寸ぐらいまでのものである, 寸ぐらゐ離して, 寸ぐらゐある鮒をとっ, 寸ぐらゐしかありませんでしたからハーシュは車, 寸ぐらゐになったり又三尺ぐらゐに, 寸ぐらゐのもので形は御, 寸ぐらゐの奴が四尾, 寸ぐらゐの小男で私, 寸ぐらゐの的を射る, 寸ぐらゐの鏡が外面, 寸ぐらゐひよいと出たの, 寸ぐらゐも延びて, 寸ぐらゐもあつて然しすらり, 寸ぐらゐもある大きな磨製石斧, 寸ぐらゐ色浅黒くずんぐり, 寸こういう心持をも, 寸こうして君達の, 寸ここまで来, 寸こじれたのが, 寸これも美濃もの, 寸これから行って, 寸ごちそうになりましょう, 寸ごまかせますよ, 寸さがれば二寸, 寸さしつかえが出来た, 寸さし渡し一尺位の穴, 寸さっきここの前, 寸さわってああ, 寸しかも毛むくじゃらの, 寸しゃれた歩哨舎が, 寸すぎホテ・グリへ植村氏, 寸すぎ位になった, 寸すぎ座員数名と御影, 寸すり競争をやっ, 寸することを, 寸するするさがって, 寸ずったような, 寸ずつにきり中央, 寸ずつの竹三本を, 寸ずつも伸びて, 寸ずつを発育し, 寸え高い, 寸そういう風な, 寸そこらまでお出かけ, 寸そちらへゆきます, 寸そっち向いて, 寸それでよし, 寸そんなくさったまがいもの, 寸たたいてしまっ, 寸たたいたと思ったら, 寸たべてごらん, 寸たべましたからまだ, 寸だから一寸の, 寸だって未練なんて, 寸ちがって又, 寸ちがったところが, 寸ちぢめている, 寸ちと長過ぎる, 寸ちょッとの素晴らしい, 寸ちようど笠のところあたり, 寸やあんめ, 寸かつきあわない, 寸ってところで, 寸ついたのが, 寸つまりになつ, 寸つまり一坪に足りない, 寸づつ動かして, 寸づつ一尺づつだん, 寸づゝ動きはじめた, 寸づゝ動出すの, 寸づゝ縱横に間, 寸でかわして, 寸でございましたと存じます, 寸でございますか, 寸でなくなつて, 寸でなければならぬ, 寸ではなくて, 寸でもというお座敷へは, 寸でもの水を, 寸といったように, 寸としか考えられないがね, 寸として直径二丈一尺の, 寸とって来, 寸とでも母を, 寸との関係と, 寸とよんでいた, 寸とを盗むやう, 寸なぞは使わんぞ, 寸などが乱雑に, 寸なら二つで, 寸ならぬ白百合の, 寸なら引っ張って継がせられよう, 寸なれども槍, 寸なんてどこにも, 寸につき代銀四分一厘, 寸にて左よりの, 寸のぞいて居る, 寸のぞく七八分の入りで, 寸のびて電車, 寸のまで枕に, 寸のみすしを, 寸のめりに喰い込まれ, 寸はじいてもいい, 寸はみ出させて牛肉, 寸はみ出してその, 寸ばかりがすっぱりと, 寸ばかりしかない, 寸ばかりずつ水が, 寸ばかりずつに切って, 寸ばかりであらう, 寸ばかりというもの妙な, 寸ばかりは縫ひ込まなけれ, 寸ひかえて居りました, 寸ひっかかって来る, 寸ひろげれば大変, 寸ふつうは三寸前後, 寸ふところに手, 寸ふり返ったっきり, 寸ぷつりと消えて, 寸火を, 寸ほどから短いの, 寸ほどしか違わない, 寸ほどずつ恐縮し, 寸ほどな丸さ, 寸ほどにでもなれば, 寸ほどのが沈んで, 寸ほどのまで入って, 寸ほどは黒く染め, 寸ほどまでの頑丈な, 寸づい顔, 寸まえまで居た, 寸まごついた其場しのぎの, 寸まず一メートル半という, 寸または数尺の, 寸まで浅, 寸までの魚が, 寸まわって子供たち, 寸まわりが六尺五寸, 寸まわり白木の箱, 寸を入れ, 寸みぞれが, 寸むこうの襖, 寸めくって見, 寸もうなくてよ, 寸もささらの, 寸もだし着流しに, 寸もはひっては, 寸やがて四尺に, 寸やきもちを, 寸よって貰う, 寸よみかけて居た, 寸よりか切れるぜ, 寸よれば二寸, 寸ゐなくなるのを, 寸をもって主君の, 寸ギクリとした, 寸クルクルッと宙, 寸ジャストだよ, 寸セリ上ります, 寸ソリャこそ抜いた, 寸ダッチャンこれかけない, 寸ニ巻カセ二尺一寸ノ打, 寸ニ足ラズ頭ハ蝦ニ似テ, 寸ヌーボー式を発揮, 寸打刀モ, 寸ハンケチで五十嵐, 寸ページの上, 寸メーテルリンクをみ, 寸ヨリ大ナルモノハ一尺五寸許モアル, 寸可トス, 寸一つ貰いました, 寸一人相談して, 寸一分一分一厘一厘が政元, 寸一分幅六分厚三分の鏃, 寸一口の白鞘もの, 寸一寸五分七分とヒカリモノ, 寸一尺一分黄金づくりの柄, 寸一尺二尺遂にドア, 寸一尺二尺空の風船, 寸一尺二尺草樹の影, 寸一尾二十匁から三十五, 寸一度寝るばかり, 寸一息つきまして, 寸一方のもの, 寸一枚に十年, 寸一緒に新宿, 寸一葉のこと, 寸一言君にも云っ, 寸一言申述べます, 寸一語か二語, 寸七分これが勝負, 寸七分四寸である, 寸七寸の巨大, 寸七寸尺などという寸法, 寸が一尺三四寸, 寸尖方形, 寸三分の痩せた男, 寸三分の箱に順序, 寸三分の縱二寸三分五厘だ壁, 寸三分クロオスを裂かなけれ, 寸三分三寸七分四寸である, 寸三分五厘だ壁, 寸三分余の円筒型, 寸三分鴇色地に桜ン坊, 寸三十二年に十七尺, 寸三十八貫江戸の大関, 寸三四分体量は十八貫目足らず, 寸三寸五寸むこうの, 寸三寸五寸一尺と上, 寸三寸四方から五, 寸三日月形のあの, 寸上ったかを計りたくなり, 寸上体をのり出す, 寸上品な若, 寸上背のある, 寸上鈎が四寸程度, 寸下がらんばかりな底気味, 寸下ったところに, 寸下りて左, 寸爛の, 寸不安な気持, 寸両足に輪相, 寸中子が一尺以上, 寸丸太の長, 寸九分無銘白鞘の短刀, 寸也十倍にし, 寸乾いた土の, 寸を結び, 寸二三分のごく重い, 寸二三分の眞鍮板で形, 寸二三分離して, 寸二分これが出征, 寸二分の如来様だそう, 寸二分二厘真向上段大上段頭の頭上, 寸二十六貫ぐらいな, 寸二十円ばかり貸し, 寸二十数貫という巨漢佐藤清吉君, 寸二百匁前後五年目で一尺三寸余三百匁前後, 寸二貫目もある, 寸二階へ上っ, 寸えない, 寸分厚さ三寸, 寸五六分より裄, 寸五六分毬栗頭の筋肉質, 寸五分ぐらゐのところへ押立て, 寸五分ぐらゐ大男の私, 寸五分のハイカラの手前, 寸五分の地質学者は当惑, 寸五分の大刀を打ち振う, 寸五分の大男であるし, 寸五分の天下一の大, 寸五分の愛刀で対し, 寸五分の檜の角材, 寸五分の私とをのせた, 寸五分三十匁ほどが最大, 寸五分以下のもの, 寸五分位丈は八尺位, 寸五分体重はただ, 寸五分倫光の短刀, 寸五分前後のもの, 寸五分十五貫といえ, 寸五分四寸となる, 寸五分小の方, 寸五分左の片耳一尺八寸, 寸五分幅六分ぐらいの小さな, 寸五分板鉛の軽い, 寸五分柄をいれる, 寸五分横四寸七分深さ一寸三分の箱, 寸五分物干竿, 寸五分相州伝片切刃大切先, 寸五分製作に付き, 寸五分順慶長光の太刀, 寸五十嵐の顏, 寸五寸むこうの, 寸五寸一尺と上, 寸五寸一尺二尺草樹の影, 寸人豆馬と言います, 寸人間の顔, 寸の坊さん, 寸仕事をし, 寸の一本, 寸他所へ行っ, 寸以上一尺二寸までの魚, 寸以上五六寸もある, 寸以上周りは一丈三尺余, 寸以上姿はスラリ, 寸以下八種あるそう, 寸仰向いて笑っ, 寸休みで帰りました, 寸休むにこまる, 寸会った時に, 寸会社の古い, 寸伺いますが今, 寸伺つて参ります, 寸位これでは子供, 寸位づつ動くので, 寸位づゝすかしてあるに過ぎぬので, 寸位ほかはなれ, 寸位幅が一寸, 寸位直径のある, 寸位背の高い, 寸位高みに出来, 寸低く妹が, 寸をひねり, 寸体皆具わるかつて, 寸体重は十五貫, 寸体重三十七貫と言う, 寸体重二十貫の重味, 寸体重十三貫二百匁強健にし, 寸体重十三貫弱たいへんな, 寸体量二十七貫見かけは堂々たる, 寸体量十四貫七百というの, 寸体量四十八貫つづいて, 寸体量四十四貫同じく大関, 寸何處やら異, 寸余たけ一寸ばかりの小さい, 寸余った長さ, 寸余り切先が這入つた, 寸余り慶長九年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 寸余るそれによって, 寸余ニシテ皺多シ, 寸余一貫八百匁三十年目で三尺二貫七百余匁, 寸余一貫四百匁二十年目で二尺五寸余一貫八百匁, 寸余三分角位はある, 寸余三百匁前後六年目で一尺五寸余四百匁前後, 寸余体重十六貫ばかり, 寸余八百五十匁十五年目で二尺三寸余一貫四百匁, 寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 寸余四百匁前後七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 寸使えそうな, 寸て見ない, 寸倒れかかったそうです, 寸まで寄っ, 寸備前長船の大業物, 寸僅かに匍匐, 寸をすませた, 寸光りを帯びた, 寸光録が出た, 寸入り込んだ水際に, 寸八分の如来様の如来, 寸八分の木刀を作った, 寸八分の石室の内, 寸八分丈は四寸二分, 寸八分今その雛形, 寸八分南蛮鉄の只一本, 寸六七分あるから, 寸六分の狭い石室内, 寸六分の業物であり両氏, 寸六分体量十三貫に足りなかった, 寸六分何れも無銘, 寸六分無銘ではある, 寸六十一歳以上及び残疾者, 寸六寸にあまる, 寸六寸それは短い, 寸六寸七寸尺などという寸法, 寸六福田メリ子なんていう, 寸兵氏とあやか, 寸其邊を見, 寸や何, 寸内外径三寸ばかりもあり, 寸内守谷川辰口で一丈, 寸より春, 寸出たら畑の, 寸分際なく神妙, 寸切られていた, 寸切られるつもりに, 寸切り詰めたところで, 寸切り込まれるばッ, 寸切れるのを, 寸初会に宜, 寸判事が引用, 寸のかかり, 寸別離を告げ, 寸刺さった青竹を, 寸前久しぶりで池, 寸前後藻蝦よりも少し, 寸前後身体の非常, 寸前急病患者で暗い, 寸前方へ刻み出た, 寸前眼を覺, 寸を逆手, 寸割いても誰, 寸功なかつせば, 寸功擧がる無くして, 寸動いて肉, 寸動いたと思ひます, 寸動くと錣正流, 寸動揺を示すべき, 寸ひ込んだので, 寸ひを, 寸十三貫すなわち痩せ, 寸十二本継の竿, 寸十六貫六百のぼく達, 寸十錢貸して, 寸千葉へかえり, 寸厚いところは, 寸厚サの一枚板, 寸原料として伐, 寸腕かけ, 寸反れた橋板の, 寸取消してくれ, 寸重籐, 寸口元に微笑, 寸を頂く, 寸台所に御, 寸史乘に痕, 寸へはいった, 寸合わせて四寸, 寸をきい, 寸名前の出た, 寸向うの家, 寸君達に逢っ, 寸吸物と木の芽, 寸に返つた, 寸周囲三寸掌に載る, 寸呼び止められてそこ, 寸和尚様に告げ, 寸問題だ, 寸を積み, 寸四分の小さな大黒さん, 寸四分二十一貫五百の女, 寸四分二十一貫五百匁が歯力, 寸四囲に気, 寸四寸といふ氷柱, 寸四方くらゐの, 寸囲繞いた群集, 寸国長の刀, 寸が赤き, 寸坊蛇と呼ぶ, 寸坐る癖が, 寸迄此引幕壱帳, 寸に過ぎない, 寸の灯, 寸壌尺地の微, 寸売出してゐました, 寸売子いかさま賽, 寸外れて歩い, 寸外れると折角, 寸夜光に映え, 寸大きいものに, 寸大きくなりました丈, 寸大さ三尺に近い, 寸大地に入っ, 寸大変な災難, 寸大湾れで錵, 寸奥さんにお目にかかりたい, 寸奥行二寸五分の檜の角材, 寸へふみ込ませ, 寸好奇心を起した, 寸始めて長小結, 寸威儀を繕, 寸めかしい, 寸嫣然として見, 寸嬢さんを見ました, 寸孔中ニ乾青魚二ツヲ入, 寸宛綱が上がり初めました, 寸宛隙かす, 寸いので, 寸は減った, 寸家畜用だと, 寸宿所帳に書きつけ, 寸寄つてゐると, 寸ても若い, 寸寛げれば直ちに, 寸寝る許り, 寸の方, 寸というある, 寸工場以外硬派と軟派, 寸左右合わせて, 寸左手に乾雲, 寸巨人のよう, 寸巻いて六畳, 寸は, 寸巾六七分位の薄様美濃, 寸の娘, 寸を外した, 寸帰って来た, 寸幅一丈にも余る, 寸幅一尺ほどな, 寸幅一尺八寸の潜り戸, 寸幅三指の, 寸幅九分一厘肉二分という, 寸幅二寸ほどの大き, 寸幅二寸五分位の穴, 寸幅二寸位い朴, 寸幅二尺五六寸の入口, 寸幅四寸五分ほどの大き, 寸平均五匁はある, 寸サ九寸, 寸床屋さんに寄つた, 寸底KLが一尺一寸五分, 寸を覗いた, 寸は白けた, 寸座敷に御用, 寸廣さが六寸, 寸の得物, 寸廻りの全, 寸掛けて, 寸引いて見る, 寸引かれたようだった, 寸弘仁期のもの, 寸当りは黒星, 寸当歳又はデキ, 寸待たんか, 寸待ちたまえ, 寸待ちなさいと云っ, 寸待っててくれ, 寸待つがいい, 寸御見舞に伺いました, 寸御覧なさい素晴, 寸心持が晴々, 寸心細くなって, 寸忍坂長谷畝火耳無と御名, 寸忘れたが何, 寸忘れるか不注意, 寸でもよい, 寸思いあたらなかったがやっと, 寸思い出せず名刺みなく, 寸思い出せないが第, 寸といえ, 寸悲しがったら何故, 寸想い出します, 寸想寸墨に過ぎない, 寸意吉麻呂が詔, 寸意外な気, 寸感動し世界, 寸慌てたやうな, 寸を引い, 寸手伝いに頼んだ, 寸手柄山正繁, 寸があり, 寸投手としてはもうし, 寸折れて失せ, 寸抜きかけたが大力, 寸抜き上げたままこと切れ, 寸抜けてすきや橋, 寸抱いてはいと, 寸押し上げて見た, 寸押し拡げるでないぞ, 寸拵付能く出来た, 寸拾ったボタンだの, 寸持たない事も, 寸指先きで自分, 寸挙げれば竿頭, 寸に載る, 寸探して見, 寸掻き取って見る, 寸揃ったところで, 寸描くものの, 寸摘むものを, 寸へてくれない, 寸の御, 寸斬られても痛く, 寸斬られた傷が, 寸斬り下げて居ります, 寸斬下げた凄い業, 寸断りとし, 寸新しい柱を, 寸新派映画を見た, 寸となる, 寸方形位の写真, 寸明けてくん, 寸明け放したまま真中に, 寸時の間沈黙が続いた, 寸時間でも駈けつける, 寸景光の刀, 寸書いて下され, 寸書いたぎり十日経ちました, 寸書いた隣りの細君, 寸書きかけた手紙の, 寸書き出したが気に入らず, 寸最初お銀様, 寸會釋をした, 寸有らんかと思はれ, 寸木戸を押し開ける, 寸末口周り一尺五寸末口直径七寸といふ, 寸末口直径七寸といふ, 寸ならびに論語到来, 寸札御返事は奉, 寸朴の木で作つたヒヨロヒヨロ, 寸李堂の家, 寸材料がなく, 寸来ねえお賤一寸来, 寸来例によって早口, 寸の戸, 寸板戸の開き, 寸林町へ行く, 寸枝張五十三間を数えられる, 寸栗子翁の訃, 寸根もとの周囲六十四尺, 寸根元から一尺五寸許, 寸格子のはまった, 寸格子戸を開き, 寸棄て難いもの, 寸に外, 寸で僅か, 寸極め振分の, 寸横一尺六寸僅かに匍匐, 寸横一尺趺は二重, 寸横二寸三分鴇色地に桜ン坊, 寸横五寸余のもの, 寸横六寸位の小さな, 寸横四尺あります, 寸横手四寸の業物, 寸横物に殆, 寸の字, 寸此伯母にいけず, 寸此処に居, 寸歩いて来る, 寸歩いたというよう, 寸歸つていらつし, 寸残って, 寸を捨て, 寸殿にオヨメ入り, 寸にその, 寸の功, 寸気がついたことを, 寸気付いたからといっ, 寸気味の悪い, 寸気味悪くさえ思われた, 寸気持に引, 寸気軽にビロード, 寸水平動何寸という大, 寸沈んでゆく, 寸津比賣の, 寸津毘古が倭武天皇, 寸津毘売の懼悚心愁, 寸流行した純, 寸浅傷を受けた, 寸へ行っ, 寸のこり, 寸淋しい氣が, 寸深く切り込んだ大, 寸をつく, 寸潜戸を開け, 寸煙突は外部, 寸して, 寸片手斬りに, 寸片方の脚, 寸猶予ふ, 寸が玉座, 寸のかがやき, 寸甘えた樣な, 寸があっ, 寸用事があっ, 寸がある, 寸申し上げて見まする, 寸申上候東京表へ転住, 寸へ行く, 寸病勢を防ぎ止めた, 寸痩せてはいる, 寸白疝気なぞに利く, 寸白虫根切となのった, 寸を取, 寸の物, 寸は百練, 寸目の玉が八咫鏡, 寸焼無銘横鑢銀の, 寸直径二尺くらいのまるく, 寸相交つて居る行司, 寸の後, 寸着るしね, 寸睥む真似をし, 寸知らせて下さい, 寸かい大, 寸短かくなつて, 寸破いて櫛, 寸せらる, 寸神社などが此, 寸程と思われる小児, 寸積もり江戸の, 寸空気の中, 寸つ立つた, 寸突っついた所では, 寸立ったら起きてやろう, 寸立合って下さい, 寸立方ほどの縮緬, 寸竪五尺の絹本, 寸で指圖, 寸をふくん, 寸笑ってかう云った, 寸が遠祖, 寸筋骨脂肪質足袋何文顔うす黒い質, 寸箆坊が荒熊, 寸箱みたいな家, 寸箱二つつないだよう, 寸簡類がもし, 寸は二重糸, 寸紅堂の主人, 寸破ぬくが, 寸なったのに, 寸経って健, 寸縛って置, 寸縦一尺ほどで, 寸縦二寸ばかりの四角い, 寸縦五寸黒革で止め金, 寸縦幅一尺八寸はあろう, 寸りの, 寸縱一尺ほどで, 寸置いた所も, 寸置かれて客, 寸置きに布片, 寸義仲の命運, 寸の無い, 寸へが附かない, 寸考えるだけである, 寸聞きねえまア, 寸の色, 寸肩幅が広く, 寸育ったような, 寸がほしい, 寸背丈が高い, 寸胸廓手足之に準じ, 寸は鉄, 寸を低く, 寸を止めね, 寸の上, 寸の上, 寸自宅に歸, 寸自身番まで一緒, 寸船脚が重い, 寸色白のぱちりとした目鼻, 寸芸当を演じ, 寸苔蘚厚重して, 寸の青, 寸茶の間に坐っ, 寸落し方が, 寸落ちかけて, 寸落ちたの, 寸の径三尺許, 寸蘭洲とどっち, 寸行ったが彼女, 寸行つた處の寒戸, 寸行つて先生の来る, 寸行つて右に廻る, 寸行つて来まつさ, 寸行隻言も慎重厳戒, 寸衣裳三領が古, 寸に収める, 寸裏銘に, 寸製造家が困る, 寸をいなす, 寸西洋人ならポケット, 寸見られる姿だった, 寸覗いただけで入らなかつた, 寸覚えで居た, 寸親指の太, 寸角ぐらゐの紙片が貼つ, 寸角二間柱一本ずつを割りあて, 寸解し兼ねる処に, 寸触れて見る, 寸言ったが年齢, 寸訊いておきたい, 寸訊いたのです, 寸記した面識の, 寸訪ねる家も, 寸許モアル出ヅル頃土人, 寸許也ければ, 寸許弁ノ本, 寸許枝無クシテ梢ニ葉アリテ松, 寸許細葉多く簇生, 寸許葉似側栢蔵篋笥中, 寸許蒼味がかった茶, 寸詰まりの愛嬌, 寸話していたでしょう, 寸話したっきりな, 寸話したら一向平気, 寸話すだけである, 寸したが, 寸についてまで熱心, 寸を述べ, 寸説明しよう, 寸調べて見た, 寸調子が悪い, 寸貞藏さんを寝かし, 寸貴方だって種々, 寸です, 寸っぽく神経質, 寸起きて目, 寸起き上って見なすっ, 寸の方, 寸足りない程な, 寸跳ね返ッた, 寸躊躇したこと, 寸転びぼく引張, 寸近付いて見れ, 寸つた, 寸退く余裕が, 寸ふことは, 寸無からん, 寸進尺進徐々として密教, 寸過ぎ頃千世子はたまらなく, 寸道傍の店先, 寸道行のやう, 寸の勢, 寸酸味のある, 寸さは, 寸重富附近にては厚, 寸金本土の阿弥陀仏, 寸金生が盛れ, 寸金銅立像の胎内仏, 寸銀蛇のごとくきらめい, 寸鋭いところあれ, 寸のみにても尚, 寸鎧櫃があとずさりし, 寸を見る, 寸を帶びず, 寸鐵人を殺す, 寸鐵骨をさす, 寸長いのは, 寸長くした, 寸長二尺ほどの紙, 寸閃いた秋の, 寸閉め残されていた, 寸閉め残されてるその襖, 寸閉め残してある, 寸開いた茲ぞと, 寸開かれたお座敷の, 寸開けいかにも四隣, 寸開けかけて彼, 寸閑知人の媒酌, 寸閑茶に落着, 寸間ごとに椽, 寸間馬をとめ, 寸降つて朝, 寸陰鬱になつ, 寸隔て一列に, 寸離してしけしけ, 寸雪太郎と雪二郎, 寸雪片を口, 寸雲雀の歌, 寸電話で瑪瑙座, 寸露わしている, 寸青い空を, 寸青き柄の, 寸喰った形, 寸面白い現象で, 寸鞣し革で, 寸ひげ, 寸頭髪の濃い, 寸頼んで置き, 寸がない, 寸顧みていつた, 寸颯々と音, 寸飛び上つたまま庭の, 寸食ひつき損ったかと, 寸の輪, 寸餘口腕の長, 寸餘青貝の柄, 寸るに, 寸遠く人生行路, 寸驚いた様に, 寸驚ろいた, 寸體重は十五貫, 寸高輪の通り, 寸の違い, 寸を垂らした, 寸のはら, 寸が一枚七寸五分, 寸鶏頭さんに, 寸鶏頭君元寛君に先日来方々, 寸麗らかな太陽, 寸麿の作, 寸黄生をし, 寸黒革で止め金, 寸默つて居たが, 寸黙って考え, 寸鼠位の太, 寸OPが一尺四寸二分