青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「實~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寝室 寝室~ ~寝床 寝床~ 察~ ~察し 察し~ ~寢 寢~ ~實
實~
~寧ろ 寧ろ~ 寮~ 寸~ ~寺 寺~ 寺院~ 対~ ~対立 対立~

「實~」 11586, 125ppm, 841位

▼ 實~ (2040, 17.6%)

23 して 15 此の 13 於て 1110 氣の 8 對する, 慘憺たる 7 對し, 私は, 立派な 6 彼れ 5 不思議な, 存在する, 彼の, 斯くの, 於いて, 於ては, 當時の, 變な

4 [11件] かくの, この, それが, 一種の, 不思議だ, 是の, 私が, 私の, 自由詩の, 關する, 非常の

3 [27件] なつた, よりて, 一瞬の, 不思議の, 世界の, 人の, 天下の, 妙な, 嬉しかつ, 實に, 就いて, 微妙に, 思ひも, 情無い, 愉快だ, 日本の, 氣持の, 甚しい, 自由黨の, 藩閥を, 言語に, 變る, 閣下の, 靜か, 面白い, 馬鹿, 驚く可

2 [115件] あえか, あらず, あらずして, お話に, けしからん, ここに, する, する者, どうも, ひし, ひどいの, ぶつかつて, まづい, みじめな, むづかしい, やつてる, よく似, よく其氣味, よく分る, より自由, アッケ無い, イヤな, 一つの, 不幸な, 不思議です, 不意に, 之れ, 之を, 人を, 人間が, 今の, 何でも, 何の, 信頼する, 先生の, 克明に, 其方に, 其通りで, 北海道の, 十八等を, 十六等を, 千古の, 厭な, 同情に, 君の, 國家の, 基いて, 多くの, 大なり, 奇怪な, 好ましからぬ事, 客觀的妥當性を, 容易な, 容易ならぬ, 寂として, 寒心に, 就いては, 屬する, 巧い, 已むを, 師父に, 張る氣, 御氣, 徴し, 思ひがけ, 愉快で, 愉快である, 愚劣だ, 憎むべき奴, 我々が, 支那に, 斯の, 於ても, 是れ, 樂しい, 此, 歸着する, 氣持ち, 氣持ちの, 法世の, 淨めの, 無數, 無邪氣, 珍らしい, 現はれ, 現はれたる, 相當, 相違ない, 破天荒の, 示す信仰, 神の, 福を, 私を, 筋の, 素晴しい, 結びつけて, 繋つてあり, 美しい, 自分の, 自然の, 茲に, 著者の, 行きあつ, 見事な, 觸れ, 負くる, 貧しい, 貴重な, 近ければ, 運命に, 重大な, 非凡の, 面して, 驚いた, 驚くべきもの

1 [1530件 抜粋] あかざるか, あさましい, あさましい人々, あらず又, あらゆる方面, ありがたいと, あるところ, ある意, あゝいふ, いい生活, いささめ, いま私は, いろいろな, うすい紅, うまく一樣, うらやましいやう, えらい人間, おかしな會見, おほ困りだらう, おもしろく短い十七字, かけ離れた考へ方, かなえられるよう, きづいて, ぐさとばかり突き刺さつた, このやう, この地震計, この弱線, この普遍的妥協, この計, この險惡, こまりますこと, これである, これ等義勇の, さう思つて, された曉, しつこい, しばしば利己的, しばしば落ち, しようと, すぎて, すばらしく感じる, する或, その, その人, その意味, その明晰, その花火, それこそ, それであります, それは, そんなもの, ただ明日, たまらない, ついて行かうと, つまらない人事, つまらん事, ない世界, なつて, なります, なるのみ, のろのろと, ばかばかしい話, ひしがれた男, ひどい有, へんてこな, またこの, むしや, めざましいもの, もう退屈, もとづいた暴露材料, やつて, よい歌, よく仕事, よく出, よく教, よく晴れ, よく知人, よく纏, よく調べ, よれば, わが刹那主義, わるい花, イヤに, ギリシア哲學以來の, コロボックル漁業の, スタ, ピールの, マルクスが, 一を, 一刻一瞬の, 一定の, 一時を, 一週間以前までは, 一面に, 三萬五千本と, 下らないもん, 不便な思ひ, 不吉な, 不安を, 不思議と, 不都合極まる, 世界有數の, 世話に, 中國民族, 主人と, 九年以上である, 亂離骨灰のた打ち廻る, 二十七里である, 二夜と, 井月の, 人は, 人情自然然, 人聽を, 人類を, 今年八歳と, 今迄, 伊藤侯が, 伯の, 似たること, 何ともいへぬ, 何と云, 何十人と, 何物をも, 佗びしい他人を, 佛者は, 使ひ馴らされた, 依るに, 便利な, 信ずるならば, 個人の, 偉大なる, 傳達したる, 僕は, 優しい, 元氣, 先生は, 全廊, 八千兩といふ, 其お, 其の言, 其國の, 其時で, 其聲を, 其通りである, 具體的なる, 冐險は, 凄いほどの, 凡庸人の, 函谷の, 初めて人間, 刺戟する, 前代未聞です, 前後の, 劣り優りは, 勇敢だ, 勝頼は, 化する, 十七年目で, 十年一日の, 千載の, 印度洋の, 危險では, 即いたる, 即した現, 原子核探究の, 厭や, 又太陽, 双肩の, 句の, 右に, 合せざる者, 同居し, 名状すべからず, 君を, 吾等兩人の, 命掛けで, 唯一種の, 善い所, 善惠以後に, 嘔吐を, 困つちま, 困るの, 困難な, 固着する, 在つたまま, 坊樣は, 基かずして, 基づいた自我, 基づくの, 堂々たるもの, 堪へられん不, 壯快, 外聞が, 多しと, 多岐多, 夢にだに, 夥い, 大した所謂日本, 大事に, 大師の, 大論に, 天下無比の, 天性進歩主義の, 天衣無縫であり, 失敬, 奇と, 奇怪で, 奇蹟である, 好, 好い感じ, 好い機會, 好く整ツ, 如上數千言の, 妻を, 媚び之, 子供の, 孔子を, 孟子である, 學徳才三絶の, 宋の, 完璧である, 宗教生活に, 害ある, 容易ならざる, 寂しかつ, 寂寥たる, 寓公たらぬ, 實現され, 尊いと, 小なる, 少數, 尤なる, 就て, 川の, 巧みな, 巧妙極まる, 師岡氏未亡人石が, 幸福な, 幾多の, 度し難い手合, 引下げて, 張つてゐる, 強い聲, 彼が, 彼等の, 彼等我が, 從ひ, 御明察, 徳川の, 徹底した, 心にくい, 心得たやり口, 心配し, 忍ぶこと, 怒つて, 思ひ半ば, 思ひ當, 怪しからぬ, 怪しくも, 恐れ入, 恐ろしい技術, 恐ろしくも, 恥づかしい, 悒然樂しまざる, 悲しく苦しいもの, 惜しいこと, 惜しい死なせたくない, 想像する, 愉快です, 愉快に, 意外で, 意外の, 愚と, 愛に, 感じて, 感嘆する, 感心である, 感服し, 感知する, 慘たる, 慘鼻を, 憎みても, 憲政の, 應用した, 戀人の, 成敗を, 我と我が, 我を, 我國最初の, 戰士中の, 打たれないもの, 拘泥し, 捌けた申し條, 揣摩を, 據つて文を, 據る, 政府の, 政治家の, 效果的である, 數, 數知れぬ, 斯樣いふ, 新に, 斷膓の, 於ける成女式, 旅な, 日月の, 日置の, 明かに, 明るく反射, 明治時代の, 春秋も, 昨日氣涸れ, 是兵道の, 是程, 暑苦しい日, 曰ふところ輕んじ, 最初の, 有ること, 朝暮に, 木造家屋が, 本づいた, 本邦薩州大河, 柔かな, 案外な, 樂し, 正直な, 此のみ, 此れ, 此地方に, 此奧州の, 此巨人の, 此時です, 此藥液の, 此飴細工の, 歩くに, 死の, 殘念で, 殘酷な, 比類稀なる, 氣にな, 氣持ちが, 氣隨氣ままだ, 求むる處, 汚らわしいもの, 決して感づく, 泉先生の, 注意した, 活, 浮かび出, 深い, 清艶である, 滑稽至極と, 演じようと, 澄んだ寂しい, 濱島の, 火の手を, 無之候, 無双の, 無法な, 無限に, 無類の, 照し, 煩悶苦惱が, 燦爛の, 爽か, 狹小で, 王者を, 現在かの, 琉球文の, 甚だしき謬見, 生きたらしいこの, 生きよ, 生きよと, 生まじめ, 生硬な, 由つて觀る, 畢竟, 異なもの, 當らざる, 當世罕に, 疊見累出する, 痛くて, 痛快である, 皇居である, 益無き, 直面し, 相異なり, 眞に, 眞劒だつた, 眼も, 知らざるが, 社會に, 神々しく參拜者, 神祕な, 禮經を, 私によ, 稀有な, 種々な, 空想せざる, 突拍子も, 立憲政治家の, 笑ふこ, 答へる, 簡單な, 精神的に, 紙上に, 素朴な, 細やかな, 絲によ, 編纂した, 續い, 美くしくいろ, 美しい色, 美しさ, 美味かつ, 美觀である, 羨ましい有福, 考へた樣, 肉體といふ, 肩摩轂撃の, 臆病であり, 自然に, 至れり盡せり, 至難の, 良い男, 良く知, 苦々しい話, 苦しいよ, 荀子の, 荒唐無稽な, 葉に, 薄情だ, 行はれる, 表現する, 見る人, 見事である, 見逃し難い, 親切で, 解釋を, 詭辯家だ, 話に, 誰が, 譬へ, 讀む, 變へ, 豫想の, 貧弱な, 賓人よ, 足利時代である, 身體攝養の, 轗軻不遇の, 辛抱づよく耐へて, 迅雷疾風の, 近い基本語, 近い時間的配列, 近からう, 近く山の, 近代的無産者的基礎經驗の, 迷惑します, 逢ひ, 進退きはまる, 達識な, 違ひ無い, 適合す, 適用する, 遺憾の, 酷い目, 醜いの, 重心を, 鋭い言葉, 長い御機嫌奉伺, 開闢以來の, 間然する, 閣下に, 阿呆な, 險しい, 雄大に, 難し, 露人の, 非ざる, 非常で, 面白いこと, 面白い問題, 革命的で, 音聲の, 頑固とも, 頓着せず, 顯は, 食人人種の, 首領專制黨員盲從の, 驚いたもの, 驚くばかり, 驚くべき哉, 驚くべき現象, 驚くべき迷信, 驚歎す, 體驗し, 高く買, 魚骨魚鱗等有り

▼ 實~ (1245, 10.7%)

10 私も 8 私は 6 私の 5 これは, 僕も, 斯う 4 さう, それが, 今の, 何です, 僕の, 少しも, 私が

3 [11件] かう, さうでは, もつと, 主人の, 之に, 之を, 俺も, 實は, 折入, 私に, 非常に

2 [62件] あの時, ありません, あれは, お鳥, こ, こちらへ, これが, これまで, これらの, そこに, それによ, それは, それほどの, それを, な八, ほんの人, 事實だ, 今日は, 何も, 作者の, 僕が, 全アジア人, 其處に, 凡ての, 到底之, 反對, 反省によ, 君に, 單なる, 大に, 女だ, 娘が, 存在せぬ, 實感, 少しばかり, 廻し者, 弘法大師全集の, 彼の, 彼等の, 御主人, 心待ちに, 成りぬ, 支那の, 朽ちぬ, 村の, 東京から, 東北に, 根に, 正反對, 此の, 決して清朝時代, 笑みこぼれ, 自分の, 自分も, 自我の, 萬物を, 親分, 言ひ, 重大な, 金が, 雄の, 非常な

1 [1021件 抜粋] あいまいに, あつしも, あなたを, あの大根畑, あの娘, あの晩, あの火事, あまたみのらひ, あまり良く, あらゆる藝術, ありがたくも, ある, あれから, いくらでもあつ, いつかの, いつ覺めむ, うつかりした, おごつて頂く, おのれ自身の, おほから, お住居, お前の, お君, お屆, お才さん, お組, お道さん, かういふ私, かうである, ここへ, こちらの, このフランス革命, この二三日, この倉田, この場合, この家, この春, この男, この老木, この間から, これ, これから後, これに, これを, こんないや, さあれ底土, さうでない, さう容易く, さつきから, さばかりに, しかし一ヶ月, すき腹へ, そいつを, そこから, そこでね, そのとき, その下, その二割, その匂い, その困難そのもの, その形, その時, その研究, その結果, その邊, その頃流行つた町, それから, それと反, それほど珍, そんな仕掛け, そんな風, たいていこんな, たつた今, ちよツと, つねに記録, どうしても頭, どちらが, ない, なか, なかつたので, なくなりました父, ならなくても, なんにも分かつ, な平次殿, ねえ兄さん, はつきりしなかつた, ひどく違, ほんた, ほんの煙草二三服, まだあれ, まだまだ青い, まったく逆, み, むすび實, むつかしいの, もう一人, もう紅く, やはり靈代, ゆうべ田村君が, よくは, よく意味, わがゆめ, わくわくする, わたくしも, イヤな, カモの, ゼッテルベルグさんが, ハイネの, パリの, フランスの, ホテル・エソワイアンの, モールス氏の, 一つしか, 一つ二つは, 一代に, 一寸下り, 一年前から, 一昨年の, 一面で, 三十五六を, 三日目に, 三歳の, 上述の, 下手人として, 不確かである, 世に在る, 中年の, 主人と, 久しく顏, 之が, 之れ, 事に, 事實として, 事實其物が, 二つ目の, 二の足の, 云ひもしない, 互ひ, 五十六に, 五岳の, 亡びぬと, 人を, 人間によ, 人間樣の, 今から, 今一ツ御, 今宵吾一人の, 今度來て, 今日, 今日の, 今日兩國の, 今日自分が, 今朝佐原で, 今朝小, 他の, 以前から, 伏生以後兩漢の, 伯の, 何か, 何でも, 何にも, 何れも, 何んな, 何日でも, 何處も, 例へば一緒, 信仰の, 信用し, 俺にも, 俺は, 俺自身に, 假相である, 偶然の, 僕である, 僕は, 僕小使錢も, 元來日本國民, 兄哥に, 先刻から, 先年獵せし, 先日も, 先生は, 先生自身にと, 入つて一月位, 全くその, 全く他人, 全く幻影, 全部私一人で, 八五郎に, 八五郎親分, 六十幾歳の, 其, 其の何とも, 其僧が, 其構素として, 其玉葉に, 其處には, 其通りで, 兼次が, 内儀さんあの, 列んで, 判らぬま, 判然いたしませぬ, 刻々にも, 前から, 前述の, 割り切れぬもの, 動かす事, 勿論豪信, 匂いの, 十中八九それの, 十手捕, 半左衞門, 南方の, 印度洋の, 却つて屡, 却つて自己の, 厚みが, 去年私達は, 反つて政黨, 叔母と, 古今賢哲の, 史上に, 同じやう, 同僚の, 君さ, 否定し, 吾れ, 味辛し, 哲學上若く, 唐代より, 嘘でした, 四半刻, 困つたこと, 固有種と, 國友の, 土手の, 外の, 多良井家の, 夜中過ぎに, 大した事, 大使で, 大根と, 大變, 天使に, 太左衞門が, 女で, 好方便, 如何ともし, 妹の, 姙娠した, 嬉しい樣, 孔子が, 存外自分, 孝高の, 學問を, 完全に, 宗教としての, 官祿を, 宜しくない, 客觀的に, 家名や, 寒暖計の, 實體である, 寫し得ない, 小石川傳通院大, 少々近, 少し無理, 尤も雄, 山に, 山縣内閣を, 左に, 平次の, 平次殿お家に, 幻影と, 幾年來の, 建中三年西暦七八二, 弟の, 強勢, 形而上論上無, 役所の, 彼は, 往路にも, 後世に, 後代の, 御聞き及び, 心ある, 心配し, 必らずしも, 思ひも, 怠け者といふ, 怪談である, 恐らくは境遇, 恰も信仰, 惡を, 意外にも, 感覺的物質的の, 成年式の, 我々は, 我が所謂實, 我國肖像畫の, 戰國から, 所謂羅甸區の, 手前どもでも, 承認せなけれ, 抑, 拙者の, 拾はれません, 據り, 支那渡來の, 支那紙輸入の, 政治に, 政治上に, 故郷への, 敢て, 敵討つ, 數へる, 文化使節な, 斯うなんです, 斯く申す, 旅立つ者, 既に婚約, 早急な, 明かには, 明日にも, 明治四十三年四月の, 春の, 昨夜地方の, 昨日から, 是認せなけれ, 是非錢形の, 晝過ぎ日本橋を, 普賢でございます, 曉り, 更に面白う, 最も幼稚, 最も美しい, 最も難儀, 最早今日, 最早疑ふべき, 朝日新聞の, 本當, 本能なる, 東京の, 東國屋伊兵衞弟俳名東之, 東洋史は, 枝に, 校讐略に, 格子さきに, 梅干すら, 棚車とて, 棠園さんの, 極めて少, 機敏なる, 權力者が, 此, 此は, 此儘に, 此夏少し, 此妙案の, 此等の, 此處の, 武田信玄の, 殆ど見, 段々減つて行つて居る, 毒酒で, 民族の, 永劫に, 汚れない, 決して固定, 沒却哲理, 流行の, 海螢以外に, 混同では, 淺野樣家中の, 清浦曾禰兩氏の, 漱石が, 潔白を, 澁く, 炎に, 無いもの, 然う, 然云, 照ちやんも, 燒けたので, 爰に, 牢の, 獨り, 理想と, 甚だ多, 甚だ平々凡々, 生の, 甥も, 當て, 當代の, 當時の, 當赤塚家には, 疲勞の, 白樺派の, 皆さんの, 皆墨子の, 益, 監獄署より, 盲目でも, 相異, 矢張り僕の, 石が, 石器だろう, 砂上に, 破壞, 確實な, 神明前の, 福井町の, 秀吉と, 私たちにも, 私自身で, 私自身に, 稍, 端的に, 第三者でなく, 筆の, 精の, 純粹, 素より知る, 紫陽花を, 細川勝元が, 結はじ, 絶え間なく, 經濟的法則である, 羅針盤の, 群盜の, 義雄が, 義雄身づか, 聞あき, 聞きたいの, 聽きたかつた, 脚氣で, 臀を, 自個, 自分は, 自分達は, 舊制廢止以後までも, 芙佐子が, 苗字と, 苺より, 草鞋の, 菊を, 萎え落ちぬ, 著者が, 薄氣味惡, 藩閥を, 虚榮心に, 行はれ, 複雜である, 要害に, 親分お, 親分さんに, 親分さん私は, 親分も, 親分昨, 親父自身も, 訪ねて, 誰れ, 講演といふ, 變な, 谷崎さん當座用の, 貞元三年西暦七八七, 財政計, 貴族政であり, 起源と, 身を, 近々歸京, 近頃チヨイチヨイ, 退引, 逆に, 途中で, 運命の, 遠藤の, 郷里を, 都心に, 酒なんか, 酸素が, 金の, 金主は, 鈴の, 鎌倉の, 鎌倉行きは, 長崎の, 閑事で, 雜作も, 離れ難, 震災の, 面白くて, 風に, 飯田町の, 餘り, 高い, 鬼が, 黄色くなら, 黒雲源左衞門の

▼ 實~ (764, 6.6%)

10 言ふと 9 否定する 7 いふと, いへば, 先に 6 語るもの 5 傳へ, 拾ひ, 持つて, 言へば 4 云へば, 承認する, 指摘し 3 つけて, 立てたる論, 結ぶに, 結んで, 記して, 記する, 設けて, 離れて

2 [38件] えんとて, それの, ひしと一度, 不實, 云ふと, 信ずること, 吐かせようと, 實と, 彼は, 待つて, 得たもの, 感じて, 抹殺する, 拾つた, 暴露する, 書かうと, 根據と, 根據として, 模倣する, 次の, 申しますと, 申すと, 申せば, 知ること, 確保する, 端視する, 紹介し, 綜合し, 落します, 表現する, 見た, 見ると, 言うと, 記述する, 記録する, 誣ふる, 食へる, 食べて

1 [586件 抜粋] あたり前として, あなた方は, おちかは, おもふときそれ, お前迄が, かなしい口惜しさ, くらひ, くらひし, こ, このみ, この園, この時, こまかく自然主義ふう, こめた自分, さはに, そこから, そこなひ, そつと, そのま, その對象, それが, たたいては, つ, ついばむ鸚鵡かた, ついばんで, つくつて, つくりだすもの, つけた, つけ加へ, とりて, とるなかれ, どこまで, なつかしみ, はつきり知らされた, ひとり吸ひも, ひろつて, まぜて, まだ物足りない, むすびたるを, もつた優しい, もつた木, もつて, もつても, ゆがめるやう, わざ, 一つ加へる, 一つ投げ込ん, 一囘的と, 一粒, 一變する, 三年間祕し, 上べに, 並べただけ, 並べて, 並べ立てたところ, 丹念に, 主張する, 了解し, 了解せずし, 事實として, 云は, 人間に, 今日に, 他の, 代表させ, 以つて其姦淫を, 以つて意識的には, 作つてことわつ, 作つてめつたに, 作り出して, 作る事, 作る如き馬鹿, 併せ考へると, 信じない, 信じ此故, 信ずれば, 偏重する, 傳えたもの, 傳ふる, 傳へて, 傳へてを, 傳聞し, 傷け, 僕の, 入れたの, 全く有たず, 全然感知, 共に運び行く, 具體的に, 内容に, 再び心, 列記せる, 利用し, 前に, 前提した, 剔抉する, 割ると, 動かすこと, 包んだ紙, 區別せ, 十二分ならしむれ, 南宋の, 參考し, 反映し, 反省する, 取つて, 取つて來, 取らむや, 古賀が, 古賀に, 叩き落したり, 同時に是認, 同樣, 吐けば, 否定しない, 否定しよう, 否定せん, 否認する, 含んだ句, 含有し, 呉れまして, 告げて, 告げよ, 告げ孝道, 告白し, 告白する, 味つてゐた, 味は, 味はつたり, 味へる, 咋い破り, 啄ば, 啄み去るを, 啄み窓, 啄めるを, 啄んでも, 喰ふ, 囘避する, 圖る, 垂らして, 垂る, 垂れたり, 基礎として, 壓し, 大げさに, 太田は, 失ひしはなし, 失ふこと, 失ふやう, 如實に, 妻などに, 妻は, 委細に, 嫌惡し, 學び得るで, 守らうと, 定め後葉, 客の, 害するもの, 容れざるにも, 察知し, 實在, 實現し, 寫し實中, 寫すこと, 將來した, 對比する, 少しでも, 少し雜, 尚ぶ, 巧みな, 差し出して, 引き出すの, 強ひ, 彫つたの, 役する理想主義, 後に, 後にな, 御參考, 御馳走した, 心では, 心掛けて, 忘れたわけ, 忘れて, 忘れる樣, 思つた, 思ひいづるにしたがひて, 思ひ出した, 思ふと, 恥と, 悉く網羅, 想像し得た, 愈々鮮明, 愛し得なければ, 感じるので, 應用する, 成文に, 手に, 手切つて落す, 打ち明けて, 承知せなかつた, 抉るやう, 把握せね, 投げて, 投げ棄てて, 拵へて, 拾ひ上げる, 拾ひ出せ, 拾ふ, 拾ふとき, 持ちながら, 持ちま, 持つた橙, 指して, 指し後者, 指すに, 指せるに, 指導し, 捉へ, 捏造し, 捏造する, 捩つて食, 掘り出した愉快, 採りて, 採り食みて, 採ること能はず, 採るの, 採るを, 採る事, 探し出しならべたてそれ, 探つて, 探り事相, 推理によ, 掴み出して, 揉ぐことによつて, 描かうと, 揚げ理, 搖り動かす, 搜るいろ, 摘みためて, 摘みと, 摘みなましと, 摘んで, 撫で, 擧ぐることなく, 擧ぐること出, 擧ぐるには, 擧ぐるのである, 擧げたから, 擧げた方, 擧げて, 擧げむか明治二十年, 擧げること, 擧げ得たに, 擧げ板垣伯, 擧げ法律上女子, 擧示し, 擧示す, 收め幾春秋を, 救ふ, 文學の, 新しい角度, 新聞紙上に, 既にすべて知, 日本に, 明かに, 明らかに, 明るみへ, 明記し, 是認する, 暴露し, 曲げる譯, 曲解する傾が, 書きました間, 書きまして, 書き込むと, 書くに, 有する以上, 有せり, 有たなけれ, 未だ實らざる, 本體, 枝から, 根がたに, 根本として, 根本の, 楯に, 檢べて, 正しく我, 正確に, 此の, 此目で, 歩一歩に, 求めさせなさいました, 求めるドン, 汲んでな, 注意し, 注視せよ, 洩らした, 活動させる, 混じたる者, 湮滅したる, 漸, 澤山採, 澤山軒に, 無益の, 照らす日, 熟せしめたる, 熟知したれ, 牢記せね, 王に, 理解しない, 生じたり, 生じ出す, 疑ひさ, 疑ひ收支, 疑ふ, 發き究めよう, 發表する, 發見し, 發見した, 發見する, 盡し, 目撃した, 目撃する, 直覺, 直言する, 看過する, 眺めながら, 知つた, 知つた曉を, 知つてゐた, 知つてゐる, 知つて犯罪者を, 知つて郷里から, 知らしめるの, 知らすため, 知らずに, 知らず文化科學者, 知らせるの, 知らなかったの, 知り三, 知り悉, 知り考説, 知るため, 知ると, 知る爲め, 知れども, 矯め聞くに, 石山に, 石灰に, 確める, 確立する, 示したに, 示した場合, 示し秩序保持, 示すこと能, 祕し, 穿鑿する, 突き刺せよかし, 突き留めようかと, 立證する, 簇がらせた, 籠に, 糺して, 紀傳とか, 紊る, 細々と, 紹介致さう, 結ばうも, 結ばない, 結び, 結びたえて, 結びたれど, 結びて, 結びました, 結び年毎, 結び成就, 結び損, 結ぶ, 結ぶこと, 結ぶには, 結ぶの, 結ぶので, 結ぶは, 結ぶまでは, 結ぶもの, 結ぶ種, 結んだ, 結んだの, 結んだ棕梠, 結んだ濱なす, 絞つて, 缺い, 缺いた, 缺き, 美術の, 考へると, 考察する, 聞いたが, 聞くとき, 聯想する, 肯定する, 與へて, 良く説明, 茲に, 落して, 蒔いて, 表現し, 表示する, 裏切る業, 裏書し, 見ざるもの, 見し, 見せつけられて, 見つけられるで, 見て, 見ようと, 見るに, 見るには, 見るべき日, 見る内省, 見る限り, 見出すこと, 見得た譯, 視るの, 視る眼, 觀察し, 言ひ立てよう, 言ひ解く, 計ること, 記したるのみを, 記した經書, 記録した, 設定し, 許へる, 評價する, 詠じたもの, 誇帳, 認めずと, 認めつ, 認めねば, 認めること, 認めんと, 認識し, 語らずば, 語りあつ, 語りたること, 語る, 語るかに, 語るため虚僞, 語れ忿, 説くの, 説明し, 説明した, 説明す, 説明すべき, 調べ史蹟にあたり, 論據として, 變革し得る, 貪り採つて, 貯へる, 貴ぶ, 超えたもの, 距る, 踏み踏み應接, 較量する, 輕蔑したら, 輕視する, 辿るよりも, 述べた, 述べたもの, 述べたる一語, 述べて, 運んで, 遠かつ, 遺憾なく, 酌んでな, 長崎奉行へ, 閑却し, 隨分多勢の, 隨所に, 隱した, 雄傳に, 集めた, 集めたといふ, 離れたる映象, 離れたる白日, 離れた考, 離れない點, 離れること, 離れ具象性, 類別し, 食は, 食ひ, 食べたり, 食べに, 食物として, 高め淨むる力として, 鼻に

▼ 實~ (726, 6.3%)

12 中に 11 上に 9 やうな 8 やうに, 世界に 7 うちに, 罪で 6 罪を 5 罪に 4 問題として, 處を

3 [11件] 下手人を, 世界の, 世界を, 前に, 娘だ, 存在そのものを, 存在を, 承認を, 生に, 眞相を, 色の

2 [50件] あざやかな, ありの, いらぬ前, ことを, ために, ついたの, ところは, なかに, ひき續きで, ま, もとに, ものとして, やうです, ようです, ように, 上で, 世界においては, 世界は, 中から, 事だつたら, 事に, 事を, 二つ三つを, 卑さを, 姿を, 子でない, 子では, 存在は, 實なる, 意味を, 手と, 文を, 日に, 殼, 熟する, 生と, 生る時分, 生活が, 生活に, 生活の, 生活は, 目的を, 眞を, 經驗に, 經驗の, 經驗を, 落ちて, 親, 重壓, 順禮の

1 [512件 抜粋] あつた, あと, あまり文獻とか, あらしつらけれ, ありさま, あり數, あるお方, あるひと, ある事, ある人間, ある奴, ある話, いくばく落ち, うちから, おいしいの, おのづか, おも, お姿, お母さんか, お母さんが, お池, かたへは, ことだらう, ことに, こぼれたやう, こもるお, こよなく熟れ, ざわざわいふ, それと, それに, それを, つくだ煮を, つた穀物は, つばらかに目に, つゆ, ところまだまだ, ところ人麿が, ところ生れ, ところ私は, ところ貧乏といふ, ともしきろかも, どれでもの, ない製詩職工, なかで, なかには, なかへの, なつかしく, なつた, なつて, ならぬ花, なるに, なる並木樹, ひとつ, ひとつなる, ひとりぬれ, まだ, ままぢや, ままでは, ままを, まま描かず, もう一人, ものから, もので, やうである, ようだ, トリツクは, 一つだ, 一つである, 一ふさを, 一人子同志いひなづけ, 一切を, 一族は, 一片を, 一端を, 一面に, 三箇條である, 上では, 上は, 下で, 下に, 下手人は, 不安から, 不思議を, 世界から, 世界で, 世界では, 世界との, 世界なり, 世界も, 世界具象の, 中でも, 中にと, 中には, 中により, 中到る, 主體, 事あり, 事だ, 事件には, 事實に, 事態より, 二つの, 二つや, 二三を, 亡びざるもの, 人と, 人倫關係は, 人生とを, 人生の, 人生を, 人間である, 人間と, 人間に, 人間の, 人間的な, 人間的主, 他者であり, 他者でなけれ, 他者性即ち, 仲間から, 仲間入を, 伜の, 伜吉三郎を, 作家は, 侍女を, 個人の, 個人を, 停滯, 側では, 傳へる, 兄つながる, 兄とは, 兄をも, 兄弟では, 先端から, 入つたこと, 入つて, 共同を, 共同他者を, 兵は, 典型, 冷酷さを, 出來た, 出發に, 刺激に, 前には, 力すぐれたれ, 力倆が, 力強さ, 功徳を, 努力といふ, 動きに, 務を, 勢力である, 包圍に, 十中八は, 十分な, 千之助では, 南洋は, 卵いろ, 原因にまで, 反射に, 取扱ひ, 史的價値は, 君子少なき, 味は, 味を, 味甘き, 呼びごゑがよせやいとせせら, 問題すら, 問題としては, 問題など, 問題に, 器械と, 噺を, 四子なる, 土臺を, 地盤から, 地盤と, 地盤の, 地盤を, 地面に, 基礎經驗に, 報告を, 報道乃至, 境ひ, 境半, 墓を, 壓迫を, 士に, 夜ふけの, 夜もすがら, 大きな地方貢獻, 太陽の, 女の, 如きは, 如き名人, 妹と, 姉さまに, 姉妹ぢや, 姉妹と, 姉樣お, 始めは, 姪が, 姿で, 姿である, 姿と, 娘では, 娘に, 娘にも, 娘の, 子でなく, 子の, 子孫としての, 子孫の, 存在, 存在から, 存在する, 存在そのものの, 存在と, 存在とは, 存在の, 存在及び, 客觀的觀察特に, 實踐が, 對の, 少ないの, 幸福です, 幸福は, 弟か, 形ち, 形を, 彼女により, 御苦勞被遊候得共, 忠實な, 念を, 思ひがけ, 思想を, 性格に, 怨を, 息子實の, 情緒は, 想を, 意味で, 愛が, 愛であり, 愛に, 愛情である, 感とを, 感謝を, 戀びとではありません, 我々に, 房が, 房や, 房粒の, 所はね, 所むつかしい, 所余が, 手に, 手本を, 扱ひ, 批評が, 承認の, 承認は, 把握と, 把握は, 描寫が, 收穫, 放逸, 政友を, 故郷に, 數本の, 數極めて, 文の, 斷片を, 方が, 旅行に, 暴露に, 暴露は, 暴露者であり, 曾孫で, 曾孫なる, 有無は, 林檎ああ, 核を, 根源に, 業を, 模作なるべし, 模作を, 模倣に, 模倣にも, 模倣や, 模倣人生の, 模寫, 模造なるべし, 模造を, 樹は, 次第である, 歌にては, 歴史的課題の, 殼が, 殼の, 殼は, 殼を, 母でも, 母親と, 毬と, 氏名を, 深さ, 溢れたやう, 濱邊に, 無け, 無限なる, 煩さかつ, 熟れた麥, 父が, 父島見むと母島の, 父母を, 父親が, 父親の, 特殊の, 特殊的把持を, 獨りもり居る, 玉, 玉座を, 理解に際し, 環境に, 甘い液, 生きたる宗教的經驗, 生きた人間, 生きた經驗, 生ずること, 生ずること遲, 生そのもの, 生つて, 生な, 生において, 生は, 生みの, 生命に, 生活から, 生活と, 生活との, 生活とを, 生活を, 生活關係に, 異同や, 痛苦にも, 發見で, 發音が, 皮などを, 目的である, 直筆を, 直視から, 相對性, 眞性は, 眞理は, 眞相に, 矛盾から, 示す所, 社會では, 祈を, 祖先である, 祖母樣かなし, 神と, 私の, 私自身を, 種類と, 空想家の, 穿鑿には, 筆と, 範圍を, 紅くなる, 細個條と, 結ぶの, 結象したる, 經驗としては, 綴り初, 縁に, 總和である, 缺乏を, 罠が, 罪だけは, 罪な, 置物が, 羅列が, 美といふ, 美なる, 美味か, 考證に, 考證のみを, 聟仲屋の, 肖像畫の, 自分かと, 自己と, 自己の, 自體, 興味に, 苗字を, 茂れる, 莢が, 莢で, 落ちる音, 藝術で, 處あなたのみ, 處は, 處より, 處一日見ぬ, 處今でも, 處出立は, 虚の, 血が, 血なく, 血筋を, 行爲に, 表と, 表面しか, 襲撃の, 要求でなく, 見當ら, 親かといふ, 親で, 親といふ, 親は, 親子兄弟なら, 覺醒は, 觀を, 觀察は, 言語と, 訂正では, 記述に, 記述は, 記録と, 記録な, 記録書と, 詩だ, 認定に, 認識に, 認識以外に, 説明としては, 調査が, 謂にては, 謠ひ, 證と, 證據に, 證據にな, 證據には, 證據を, 變化する, 變化を, 變化をも, 變革の, 赤き實, 赤び, 起つた少し, 趣を, 農民が, 通り皆無と, 通讀である, 通路も, 通路を, 連枝と, 連鎖過去の, 進歩である, 過ぎ去つたもの, 道は, 道徳を, 酒の, 醜惡, 重きが, 重きより, 重げに, 重さうに, 野外に, 錆びた野茨, 錯覺な, 鏡では, 鏡ばかり, 間から, 間に, 關係, 關係に, 陰影をしか, 霜に, 霞あれ, 青さ, 青春を, 靜觀に, 面白さ, 革命階級である, 音を, 頭に, 顏貌を, 類までが, 風味は, 風景が, 高等學校が, 鹽ふけり見, 黄色, 點は

▼ 實~ (696, 6.0%)

19 に於 5 だ, である, に行, のところ, の事實, の生活 4 にあ, に存在, に於い, はその, はそんな 3 そんな風, にさう, にその, の上, の必要, の政治, の樣子, の結果, の話

2 [38件] さうだ, その時, そんなこと, だよ, です, に, にある, にこの, にこれ, にし, にそれら, になつ, に價値, に合, に役に立つ, に應用, に無限, に私, に自分, に見, に近い, に近く, のこと, のもの, の下手人, の事, の價値, の施設, の日, の發音, の社會, の經驗, の處, はこの, は決して, を白状, を觀, 見て

1 [524件 抜粋] あつた, あのて, あのひと, あの人, あの弱々しい, あの無邪氣, あり得ない關係, あり得るかの, あるかも, あるぞと, あるの, あんな單純, いいの, いい酒, いかにしばしば私, いつもの, うつくしい目, うまく行く, おごる値打ち, おしづさん, おどろくね, お米, お糸, お鳥, かういふ小説, かういふ賢明, かくすること, から考へますれ, がその, が其, が判斷, が斯樣, が矢張り, けふ, この, このインテイメイト, この人, この俺, この書, この界隈, この計算, この通り, この頃, こんなこと, こんなやう, こんな狹い町, こんな處, こんな身體, ご苦勞さん, さう, さびしいらしかつた, そのとおり, その人, その若い, その途切れ, その通り, その頃あちこち, その魂, それからといふ, それ程よく海, そんな感じ, たしかに昔, だぞ, だと, だらうさ, だ夢, であつ, であらう, であります, であるから, であるならば, ではありません, では有らう, で有る, で東京, とし, としては斬罪, となつて, との價値, とはこれ程, とはまだ, とは大抵, とを人, とを察, とを決して, と云, と合わない, と大差, と實感, と寸毫, と模型, と理想, なくな, なれば, にあいた, にあった, にあなたがた, にあり, にあり得ない, にいる, にうまく, においてその, においては勞働階級, においても彼, において社會感覺, にお前, にかな, にからだ, にこれから, にさういふ, にさうされた, にしとげた, にそれ, について見る, にどう, にどんな, になり, になる, にねうち, にはあり得ない, にはこの, にはじまつた, にはどう, にはなかつた, には世界, には人々, には何事, には何處, には兩者, には分つ, には十個, には最も, には水, には王法護, には私, には行, には餘, にま, にまた, にもの, にもほとんど, にも馭者, にやつ, にスヰッツル, に一人二人三人, に一層, に不可能, に人氣, に人間らしい, に作られる, に作者, に使はず, に使用, に來, に便利, に冬, に凍傷, に分らない, に勢, に區別, に反, に味, に寒, に小火, に就, に就い, に山, に巡査, に左樣, に幾倍, に引きとめる, に役に立つべき, に征服, に御, に感じ, に感じなかつた, に感覺, に成功, に抱く, に持つ, に接近, に政治, に政界, に斯く, に新鮮, に於ける, に施し, に施す, に施爲せん, に有, に有る, に東北, に構像, に歴史, に殺し, に消滅, に涙, に無い, に物質, に現, に現れ, に生きなけれ, に用意, に甲高い, に當, に當つて, に當つて一, に當つて其信仰, に當つて結婚, に登りかけ, に發見, に目, に眞, に知つて來, に知らない, に知らなかつた, に知らなく, に神, に空中, に筆, に統計, に經驗, に聽, に臨ん, に舞臺上, に花子, に蝋びき, に行う, に行つて, に觸, に試した, に起った, に起つた, に起れる, に遠き, に適し, に郷土, に靜, に非, に顏, に鳴い, ねうち, のところこれ, のところそれ, のところ今日, のはたらき, のま, の三倍以上, の事業人, の事歴, の二派, の人, の人物, の人生, の人間, の伴, の作品, の例, の例證, の信仰, の兄妹, の内容, の出來事, の分類, の利害關係, の利益, の力以上, の動物, の北海道, の半ば以下, の原, の名, の器, の女, の好意, の寂莫, の年, の形, の役, の役に立たぬ, の役に立ちません, の役に立つ, の心得, の必要上, の感じ, の戀, の所爲, の拍節, の探, の政務, の政治的問題, の文字, の映, の案, の模樣, の權利, の權力, の歴史, の歴史編纂, の民俗, の氣分, の津輕, の無意義さ, の物, の状態, の状況, の現象, の病氣, の目撃者, の示し, の社會面, の筍, の經營, の經驗上自分, の美, の美人, の腐敗, の自分, の著者, の處當時日本, の處自分, の見聞, の親, の記録, の試驗, の説明, の費用, の距離, の運動, の運用, の道程, の適用, の適用上, の里程, の關係, の防禦, の音樂, の風景, の馬の脚, はあ, はあたり, はいかが, はかう, はかえって, はさう, はさうで, はそこ, はそれ, はそれ以上, はどう, はなか, はなくならぬ, はなつて, はまだ, はもう, はもっと, はよく, はれい, はアノ金村ツ, はドイツ流, はドストイェフスキイ, はフオス灣, はマリヤン, は一膳飯屋, は三人, は二十二, は二時間, は二里, は五録, は何, は何時何處, は何程, は兔, は全く, は其の, は内心, は勉強家, は動植器物, は勤勉, は十分ぐらゐで熱海, は史通以後歴史, は四十八丈, は墮落, は多く, は官吏, は幕府, は弱い, は必ずしも, は恐怖心, は摩頼耶, は數箇所, は日本, は最もよく, は法律, は海, は漸, は潮, は然, は生計, は男, は當時, は簡單, は聽, は自分, は自然, は蓋し, は表面, は金庫, は飯代, ばかりだ, ひどく汚れ, まかり間違, ませて, またかの, また恁, また雪ぐらゐ此, まつ正直, まるで稻妻, むせて, もう少しで, もし技師, もし私, も多少, も文學, も讀者, やり切れまいと, ゆで釜, よくあった, よりもすぐ, よりもひどく, よりも以上, よりも多少, よりも幾倍遙, よりも遠く, より六百年, を何, を僕, を墨子, を幾らか, を探つ, を敢, を書き, を疎, を目撃, を知らない, を知り得る, を示された, を示した, を自分, を見る, を見極める, を見渡したなら, を言, を誠實, を説明, を重んずる, を離れ, 今囘の, 仕樣, 何だかへん, 何と云ツ, 何もかも解らなく, 其の旨意, 其の男, 再び東京, 初めて, 助かるが, 又大殿樣, 又熱帶國, 及び理論, 困つた樣子, 困つちま, 困つて, 多少とも, 大地震, 大東京市, 大苦痛, 好い家, 寂しかつ, 幾分づゝ, 忘れません, 快樂亭, 持つて, 書いて, 死ぬ氣, 永い間あれ, 泣きたくなるん, 然うだ, 疑は, 眠いの, 破膜, 羨ましさ, 考へると, 考へれば, 苦しかつ, 蒙古, 讀みづらい, 長く旅, 驚きました, 驚くほど

▼ 實~ (433, 3.7%)

40 性を 21 的他者との 14 性が 13 性の, 的な 11 性は 10 的他者に 9 的に, 的他者の 8 なるもの 7 する主, の問題, 性と 6 する他者, 的他者は 5 するもの, の人物 4 の多少, の觀念, 性に, 性において, 的なる, 的他者性に 3 性をば, 的である, 的中心を, 的他者が, 的他者へ

2 [20件] するか, であるか, との一致, に對, の君主, 性, 性といふ, 性との, 性への, 性も, 的, 的で, 的他者, 的他者であり, 的他者である, 的他者として, 的他者を, 的他者性である, 的他者性の, 的根據を

1 [163件] から動的現象, から宇宙, がある, が惡魔, が現代哲學, が精神, が認められない, する, するかの, すると, するところ, するなら應援, するもの自ら, する世界, する事物, する他者そのもの, する夢, する惡夢, する物體, する現象, する絶對者, せしめわが, そのものと共に, そのものを, それを, だと, であると, であるカント氏, である妄想, である爲, といふの, といふ事, とか云, として取扱, として扱, として此, として現世, となる, との間, とは違, と一致, なりやは, なる神變不可思議的, にあ, にあこがれる羽ばたき, において把握, についての理論, には必ず, に歸, に沈潛, に等しい, に適用, に關, に附し, の, のもの, のモデル, の一例, の上, の不可解, の世界, の中, の人, の人々, の地名, の女性, の島, の底, の意識, の本質, の樂しみ, の模寫, の理論, の程度, の突端, の色彩, の認識, の象, の領域, はしなく, はただ, は不動, は宇宙萬物, は間違つた想定, への涙ぐましい, へ切なく, よりとら, をのみ意味, を以て終始, を以て語る, を信ずる, を全く, を完全, を幽閉, を律し, を必要, を思ふ, を構成, を無視, を疑つた, を研究, を認め, を論定, を證明, を進化的, 不可疑, 人物は, 偶在及び, 其物が, 即ち宇宙, 原理を, 常住の, 性すな, 性そのものは, 性そのものをも, 性では, 性とは, 性とへの, 性など, 性または, 性より, 性よりの, 性をしか, 性他者性に, 性及び, 性若く, 或ひ, 抔には, 的であり得る, 的でなく, 的と, 的ならしめる, 的にも, 的の, 的世界との, 的中心である, 的中心と, 的中心の, 的中心より, 的主, 的交渉に際して, 的交渉の, 的人物に, 的他者では, 的他者と, 的他者よりの, 的他者性であり, 的他者性よりの, 的基礎とを, 的基礎より, 的妥當性が, 的存在者が, 的存在者でなけれ, 的存在者としての, 的必然性として, 的意味が, 的有は, 的聯關に, 的關係交渉に, 自然の, 論を, 論的, 論的思想から

▼ 實~ (309, 2.7%)

30 して 16 されて 12 の生活 7 された, した, しようと, すること 6 に移す 5 するに 4 したもの, しなければ, とならぬ 3 するもの, するを, に移し

2 [17件] されたか, したが, したこと, した場合, しやう, し貫く性格, するならば, するの, する能, すれば, せざるもの, せよと, である, とは主, に於い, に訴, の問題

1 [157件] が出, が添つて, させるやう, されずに, されたが, されたこと, されたもの, されたらしい, された樣, された確, された譯, されちやそれ, されないならわたくし, されなん, されました, されよう筈, されるもの, される時代, される迄は, され出したの, され又は, され明治, され更に, され菅公以後, したがる, したと, したの, したはうが, したる理想, した人, した例, した始皇, した始皇帝, した麟徳暦, しつつ, してさ, してやらうと, しない, しないで, しないの, しない場合, しなかつたの, しなかつたやう, しにくい, しました, しますから, しようという, し不幸, し否ら, し帝國主義, し後, し得ざる空想, し得たの, し得ないところ, し得ぬ大, し得るの, し得るので, し此, し至時, し難い, すべしとて, する, するため, するだけの, するので, するの決心, するの準備, するは, するも, するん, するデカダン, する也, する事, する亦, する樣, する機會, する氣配, する程, する義務, する者, せざれば, せしむる不思議, せしむる爲, せしめること, せしめ就眠時間, せしめ或は, せずして, せなん, せむことを, せむと, せよ此, せらる可, せられたので, せられなん, せるもの, せんと, だ, であるが, できよう筈, できるだらうかといふ, でただ, では解決, としては決して, とです, となつて, とならざる, とならず, となる, とに歸着, との完全, との對立, との生活, との間, とは別々, とは合致, とは意見, とをはづれたことを云, と冥想, と勇往邁進, なり事實, にももツ, に一定, に人間, に及ばず, に取, に移さう, に移さない, に移され, に移されなけれ, に移らなく, に至らなかつた, に關, のため, の報告, の如何なる, の形式, の歩, の能力, の途上, はその, はひと, は出, は可, ばかりで, より美しき, を主, を以て之, を以て侯, を以て自ら任ずる政治家, を妨ぐる, を強, を抑制, を督促, を追, を避ける, を防遏, 難く要は

▼ 實~ (229, 2.0%)

11 ある 8 あつた 3 あつて, あるから 2 あらば, あると, 今日の, 入つて, 落ちて

1 [194件] あり, ありそう, ありそれから, ありのままに, あります, あり同情, あり得るの, あり而, あるか, あるきり, あるぜ, あるつて, あるならば, いかにわれわれ, いくつも, いつぱい, いや應, お前の, かくも, こもつて, ころげ出して, こんぐらかつてゐるだけなのだから, さうだから, さうでも, すくない, すでに茶ばなし, そこにも, その核, そもそも既に, それに, それを, たべたさ, つぶら, どんなにほろ, ないの, なければ, なつた, なつて, ならぬさ, なりました, なり今, なるの, はげしく太田, はつきり掴め, ひとつの, ひとつも, ほの, ほろ, ほんた, ぼて, ぼろぼろと, ぽたりと, まつ青, まつ黄, よるの, わかる, 一たび視界に, 一つづ, 一つ二つ落ちた, 一つ落ち, 不變性, 之を, 五代史卷十四に, 五日に, 亡びないといふ, 今も, 他の, 何の, 何事に, 何樣な, 信じられない樣子, 信憑すべき, 先き, 入ると, 其出來せし, 冴え冴え, 分つたので, 初めは, 判明する, 割れた朽葉色, 印度には, 叛いた, 含まれて, 噛じれる, 四邊へ, 堪へられなかつたの, 墨子に, 多い原野, 多くある, 大きくな, 失はれるから, 存在し, 密集つて生りました, 少年の, 尠く, 已むこ, 年を, 幾つと, 往々發見, 念中に, 急に, 愛である, 成るの, 成るやう, 我が上古史, 房, 採れないから, 擧がる, 擧りました, 支那の, 敦盛に, 明かに, 明代の, 明白である, 昔から, 曲げられ其間, 最後の, 有る, 有るに, 未確然, 枝の, 此の, 毒である, 湖水に, 潜んで, 無數, 熟したとて, 熟して, 熟れました, 燒けて, 現はれる, 現れて, 甘いこと, 甚だ淺, 生じつつ, 生ずれば, 生つて, 生らず五年, 生り熟しすべて, 生ると, 生る時分, 當時支那に, 疊出し, 發見せられる, 相俟つて日本, 相違した, 眞でなく, 破壞, 確かで, 確められ, 窺はれる, 第二, 結びかけ, 繁雜に, 肥つた, 胃癌の, 自分の, 自然に, 萎びて, 落ちたやう, 落ちる, 落ちるまで, 落ちるやう, 落ちる時分, 落ち或, 葉と, 葉の, 裏打ちを, 見えたら再び, 見えて, 見えるくら, 見つかつ, 見出される, 覗いて, 記載され, 記録され, 評定所内部から, 認められないのみ, 變化され, 赤く熟し, 赤みが, 身體の, 辭退した, 酸ゆかつ, 間口ばかり, 露見した, 青くて, 頗る多い, 頻りに目先, 顏に, 飛ぶ, 髮から, 黒くなる, 點

▼ 實~ (199, 1.7%)

9 すること 6 の活動 4 するため 3 さる, しようと, する, するに, の一契機, の契機, の要求

2 [21件] するもの, するを, する事, する働き, する生活, として活動, の努力, の動作, の地盤, の姿, の從順, の性格, の目的, の質料, の途, は行, を可能, を本質, を求むる, を行, を見

1 [117件] がいつ, がむづかしいのです, が出, が更に, が殆, が發想, こそ文化的生, さるべき, するかを, するが, すること是, するの, するのみ, するの要求, するやう努力, する一大事業, する主, する前, する力, する勞苦, する存在, する方法, する日, する時, する機會, する段, する爲, する爲め, する用意, する絶對的主體, する絶對的精神, する能力, する虹, でありこの世, でありしかも, であり活動, であり表現, である, であるかの, であること, できないとしても, でも見たらう, といふ性格, となるであらう, との一生, とを捧げ, と結び, なしに, による他者, のため, のため滿洲, の一形態, の内容, の制約, の原動力, の地, の基體, の失敗, の完成, の情熱, の意志, の成就, の新た, の最後, の結果, の舞臺, の質料的契機, の道, はさほど, はそれぞれ内容, は主, は困難, は存する, は文化的動作, は本質的必然性, は社會, は社會制度, は隱, は難中, も達成, をいつも, をなす, をフリードリッヒ・ウィルヘルム三世, を信じた, を夢み, を妨げる, を完成, を意味, を慫慂, を援, を斷念, を時間性, を望む, を本, を目のあたり, を目的, を確信, を要する, を見ない, を見なかつた, を見合, を迫る, スベキコトヲ確信シテ北支那ヲ, 不可能と, 不可能の, 乃至自己表現, 及び活動, 崇尚, 形態と, 的考慮を, 者三太郎の, 者三太郎及び, 自己表現が, 自己表現としての, 自己表現において, 自己表現の, 自己表現を

▼ 實~ (175, 1.5%)

12 なつて 4 認めねば 3 云ふ

2 [15件] するに, する所, とつた, なつた, なる, 傳説とが, 傳説との, 小枝, 思ふ, 思想とを, 爲し, 理想の, 矛盾する, 談理との, 赤土とを

1 [126件] いつて, した, したなら棄て措かれぬこと, したらそれ以外, したら如何, しまたは, し合, すると, するを, する時, す可, せざるを, そして誠心, その影響, それに, なして, なすと, ならねば, なり, なりその, なりつ, なりて, なりぬ麥秋, なりふつ枝, なり得るに, なり永遠性, なるの, なるべしや, なるも, なる晩春, 一つに, 一歩の, 云ひ, 云ふも, 人性との, 信ぜしに, 健全繁, 傳説とを, 全く關係, 其記述との, 内容とを, 及び彼等, 取つて差支, 取るの, 取るを, 取る錯覺, 受取ること, 合は, 同じであり, 同じ事實, 國家の, 國民生活の, 多くの, 女性とを, 完成とに, 專心とに, 希望と, 幸福とを, 彼れ, 思つてゐる, 思はれず, 思ふなら, 悲壯と, 情熱とを, 感情の, 手加減を, 探偵小説は, 數字とを, 文部大臣といふ, 曾て, 機會とを, 比較すれ, 水の, 法とを, 溶け合ったよう, 照らし合せて, 熱心とを以て, 爲らしめ, 現實, 理想と, 理想との, 理想とは, 理義に, 疲れを, 相待つ, 眞感想とを, 知つても, 知り不, 知り乍ら, 知る人, 福祉との, 福祉とを, 稱せらる, 立てたの, 符合した, 純潔との, 緊張とが, 緊張とを, 置きかへて, 考へて, 聽い, 自分との, 藝術との, 虚との, 虚構との, 見ゆるの, 見る人, 見做, 解つた, 言うよう, 言ひ, 認むべ, 認めたの, 認められしも, 認められて, 認められるもの, 謂ひ, 譯し, 譯す, 豐富とにか, 貞操道徳とは, 違い多く, 違ふ, 配合せる, 間々吻合, 雖も

▼ 實~ (168, 1.5%)

13 の材料 9 して 6 をし 5 の結果 4 によつて, をした, を行 3 に用, ヲ主 2 した, せられたこと, であるから, に符合, のお, の方

1 [105件] かはわからぬ, から, から推測, から行つて自由, から證明, がある, がさらに, が不, が出, が學者, が必要, が書い, が終つて, が自由, が行, したの, したる上, した智識, しつつ, しても, しないこと, しはじめて, し醫界, すること, するばかり, する事實, する爲, だ, だけによって行われる, である, であると, である以上矛盾, でちやん, で分つた, で檢證, といふのはかやう, といふもの, と批評, と符合, と關係, にしなく, についての論議, にみる, によって事實, によつて模範, による檢證, に乏しく, に供, に取り, に合, に因り, に從事, に指, に於, に照, に由れ, に疲れた, に訴, に關, のない, のやう, の世界, の仕方, の助手, の場合, の巧妙, の方法さ, の條件, の種類, の罪, の進む, の道具, はこの, はこれ, は思ひ, は所謂鹽出沈澱, は正し, は決つて暗室, は理論, は私, は頗る, もしない, もせず, やによつ, をさせ, をさせました, をしたい, をする, をまるで, をやつ, をやらした, をエチル, を二三供覽, を加, を反覆, を委しく, を引受けた, を忽, を手, を生徒自ら行, を見, を見せられた, を試みる, を遂行, を重んじ

▼ 實~ (154, 1.3%)

5 のだ 4 んだ 3 もの, ものに 2 ので, のである, ものの, 事を, 助手の, 心から, 犬の, 畫因を, 胸を, 顏を

1 [119件] ことだ, そして深刻, それの, ところがあ, のだらう, のであります, のでしきりに, のです, ので庄司家, のを, ものが, ものだ, ものだつた, ものと, んです, んでせう, ガラツ八, ライフが, 下女の, 不眞面目, 事よりは, 人々である, 人で, 人である, 人に, 人によ, 人の, 人やつた, 人生に, 人間は, 人間生活の, 使役を, 傳記では, 先生その, 内弟子の, 前進が, 努力に, 動きの, 動物どもに, 友人であり, 反省を, 口から, 呉葉よりも, 問題が, 問題と, 問題として, 問題は, 地味な, 大家な, 夫人で, 姿でした, 子分の, 學校科目の, 家庭の, 家政婦の, 市民の, 常連の, 弟子で, 彼藥種屋效力は, 後ろ姿を, 心で, 心を, 息子が, 意志で, 愛の, 愛を, 愛情を, 愛惜と, 感を, 態度と, 憂國者として, 批評でも, 改革意見を, 敬虔な, 文學には, 新興會社の, 日本人に, 時代で, 最も自由, 最も遊戲分子, 本性で, 歴史的哲學的分析が, 氣分には, 犬つ, 犬も, 獵犬が, 獵犬の, 生活が, 生活ぶりを, 産聲を, 男ぢや, 男で, 男です, 男甥の, 眞摯な, 眞面目な, 眼つきにな, 精進の, 素氣ない, 者の, 聲だつた, 臣下が, 自分を, 自食的戀愛觀, 與太でなけれ, 興味をも, 蟲に, 裁縫所に, 語氣が, 論斷を, 謙遜な, 讀者が, 讀者であり, 貫徹の, 農村青年の, 返事だ, 進歩が, 醫者に, 風は

▼ 實~ (146, 1.3%)

12 なるもの 5 なもの 3 なる意識, なる時間, な意味, になつ, になる, に存在

2 [13件] すなは, であ, である, で事實, となり, なる人間, なる存在, なる意味, なる歴史的, な人間, な前提, になり, に無限

1 [85件] で, であつ, であらぬ限り, でありすべて, であり從, であるそして, であるの, でそして, でない活動的, でも, でダイヤモンド, で人間, で實際的, で常識もち, となつた認識, となる, なそして, なその, なるある, なる一切, なる原理, なる唯物論, なる机, なる理論, なる生ける諸, なる運動, なを, なバツク, な事柄, な全, な具體的, な力, な威力, な存在, な意識, な感性的, な我, な有, な歴史敍述, な生ける諸, な生活, な眞理, な空想, な立脚地, な經驗的, な線, な苦悶, な面, な飽き, にする, になり得ぬ, にのみ超, にはない, には初めて, には見る, には這入, にひびく, にも純理的, にフィヒテ, に主, に交渉, に問題, に形成, に影響, に彼, に所有, に抽象的, に接する, に握る, に求められる, に現, に理解, に環境, に考へる, に耳, に行動, に表象過程, に見た, に規定, の充實, の威嚇, の意味, の生活, 主體, 現實性

▼ 實~ (115, 1.0%)

17 あつた 8 はない 7 あらう 6 あつて 5 あらうと 4 はなく 2 はある, もあつ

1 [64件] あつた思想家たち, あらうか, あらせたいと, いぢめ, お神樂, からかつて, こまやかに, ごあん, さへ, しかもその, せうかと, せうから, せう顏, そのお蔭, その娘, それは, それを, でもあれ, どうにも仕方, はあり, はその, はなかつた, はなから, はなぜ, は何ん, は其時捉, は少し, は忍び切れない, は有る, は私, ふくらませて, まだ若々しく, もよい, 丁寧で, 二人の, 何と云, 利巧なお, 娘の, 宵越の, 家で, 實は, 幽芳氏は, 幾何學も, 庄司右京の, 彼の, 彼等の, 從つて拔け, 故郷の, 景教碑は, 最も重要, 有つて, 正直で, 武者人形に, 死んだと, 注意に, 然も, 物理學も, 立證する, 紀州の, 芝居と, 萬事の, 誰にか, 貧乏で, 障子も

▼ 實~ (112, 1.0%)

5 の觀念 4 のうち, のない 3 な男, を離れ

2 [12件] であるから, であると, であるといふ, に對, の偶有性, の屬性, の瓦石, は實, は物體, は神, を失ふ, を私

1 [69件] から出, が愛, すなは, であり, でありそれ, である, であるか, であるかは, であること, であるとの, である感傷, でなく單, ではなく, で正直, で農業, といふ點, として明晰, として考, とは我々, とは疑, と名づけた, と映像, と考へた, なしには, なもの, なる處折, にしかし, についてなんら, にで, に勤めた, に從つて, に從つていふ, のごとく, の中, の力, の地位, の或, の間, はいは, はどんな, は互に, は偶有性, は彼, は有限, は次第に, は物, は空間的存在, は精神, は虚無, も活動, や膓, よりも一層, らしい老, をば物體, を保持, を創造, を成す, を指し, を捉, を無, を物, を生み出す, を知つて, を知らん, を示す, を觀察, を認めた, 即ち詩的情熱, 詳しく言

▼ 實~ (101, 0.9%)

6 なり 3 をあら 2 に富める, の上位, の如實的, を主

1 [84件] からも夢, から生れた, から發, から遠く, があつ, がす, がにじみ出, が強く, が恐, が異, が許容, が迸つた, させること, しないで, しない限り, すること, だつた, であつ, であらう, であり實感, である, であるよりは, でもあつ, とを知ら, とを破, なきこと能はず, なし, などは少し, ならむとは, なること, なるは, なるべきもの, なるべく見ゆる, にあらず, によつて, に比較, に近い, に遠い, のあら, のある, のうち, の下位, の交錯, の伴, の基礎, の少ない, の強, の根據, の直ちに, の眞劍勝負, の約束, の複合系, の餘韻, はいよいよ, はこの, はサン・セバスティアン, は失せ, は猶, は理窟, は震災後, も批判, をいかに, をうたつた句, をこめ, をはみ出させた, をば度外視, をぴつたり言, をもつ, を伴, を味, を基礎, を失はない, を尋ね出さむこ, を感じなかつた, を承認, を持たせる, を現す, を直, を與, を飜, を體驗, 同時に氣温濕度, 御感慨, 若くは

▼ 實~ (98, 0.8%)

4 しようと, との辯證法的統一, に於 3 して, である, として把握 2 から游, すること, する所, の歴史性, はそれ, は心理的, は理論, を重んずる

1 [61件] かだ, から結んだ, が本質的, が泡沫, が行, されるに, した, したる人, した女性, しなければ, する又, する者, ということ, とかいふもの, としてのみ把握, として特性づけられる, との對立物, との融合, とはかかる, とは直接, とは辯證法的統一, とを第, と全く, と關係, なる交渉, においても極めて, において人間, にはしる, には感激, によって決める, に參加, に求める, に關, の域, の基礎經驗, の契機, の要求, の要素, の領域, はどこ, は主, は勞働, は勿論, は可能, は單, は必然的, は更に, ばかりが裁斷, また生, も感性, をそれ, をひとつ, をもつ, を強調, を樞軸, を發展, を要求, を重ね, を高調, ノ案内トシ, 即ち勞働

▼ 實在者~ (95, 0.8%)

6 の象徴 4 の位 2 が, との交, との共同, との聯關, と實在者, に對, の外, の間, をわが

1 [67件] がいかに, が存在, が定立, が實在者, が時間性, が時間的制限, が本, が眞, が神, である, であること, であるならば, でない以上, としての中心, としての主, としてはそれ, として實在, として生きる, として説かれる, として飽くまでも, との交はり, との交渉, との直接的, との關係交渉, と出, と異, と衝突, において滿足, にとつて, に出合, に到達, に歸屬, のうち, のそれ, の世界, の事, の地位, の生, の直接性, の總體, の自己實, の觀念, の超, は主, は他, は他者, は客體的觀念的存在者, は實在者, は純, へと向, へと導く, へと還元, への希求, もない, も文化的活動, も永遠的實在者, をも離脱, を以つて自任, を俟つて, を殆ど, を直接, を離れ, を顯, 主體, 即ち人, 即ち實, 特に自然的實在者

▼ 實~ (90, 0.8%)

4 を示す 3 である, を擧げ 2 として恐し, に照らす, の中, は支那, を見

1 [70件] あらざるも, あらゆる人倫的交渉, あり, ある事位, から狩獵用, があります, が佐藤, が尠, が幾ら, が無い, が甚だ, が疊見, が示された, だけでも驚くべき, であらう, でありあの, ですしかし, では是等, といくつ, としていくつ, としては孰, としても自由詩, と同, と申し, なし, なので, にし, には私, によつて, に壓倒, に就き, に徴する, に數, に照, に由つて明白, に過ぎない, に違, のやう, の示し, の紹介, はいくら, は他, は勿論, は印度, は歴代, は現に, は私, もある, も見, をあげる, をいろ, をここ, をすこし, をスウィフト, を三つ四つ, を口, を幾つ, を引き, を引く, を擧, を擧ぐる, を擧ぐる場合, を有つて, を目前, を知つて, を示さう, を示された, を見ました, を見る, を開示

▼ 實~ (76, 0.7%)

4 の親 2 でも少し何とか, に歸つて, の墓, の惡るい, は上野, は新宿, へ戻した, へ歸つて仕舞, へ行く

1 [54件] からこちら, からやつ, が村, が良い, が隨分, で田舍, で若い, といふの, といふ程, となり, となりたる, に一週間, に同居, に寄せ, に歸, に歸つて了, に病臥, に詫び, に食客, のちかく, のポスト, の事, の人たち, の仕事, の妹, の姉, の姓, の方, の母, の母親, の法事, の父, の牧場, の生母, の貧, の近所, の郵便受箱, の食客, は, は内地, は弟, は御家人, は維新後東京近郊, へも船, へ歸つた, へ歸つて貰, へ用事, へ親, へ金策, まで行つて, も全盛, をさ, をた, を繼

▼ 實~ (66, 0.6%)

3 ある 2 あるから, 美しくいろづくであらう

1 [59件] あつて, あらうが, ありて, ありません, ある重, ある青年, いまに, からくその, この見解, その印象, だん, ちらつと, つと人, ない, ないので, なきや, なし, はじけんばかりに, よくつく, 亦た, 亦信用, 亦其傳記中, 亦同じ, 亦景教碑, 亦淺, 偶然では, 僞り, 其實際に, 其通りなら, 出來, 午の, 又必要, 取れば, 多いが, 大阪の, 始めて, 少く根幹莖葉, 尠く, 必らずしも, 忠實すぎ, 思ひ當, 普通の, 有る武士, 次第にその, 汲まぬでは, 淺かつ, 漬けること, 猛獸, 猶凡て, 現れない事件, 眠たげで, 知らずして, 知らないで, 知りました, 精確なり, 考證も, 蓋も, 豐に, 輕く

▼ 實~ (66, 0.6%)

3 に就い, の上 2 を見, を親覩

1 [56件] からし, から證據, があらう, がなく, が陳列, で織物, との對照, とを見比べた, と對照, と引き合, と思ひ, と文獻, と映れる, と隆信, について見れ, について覺, によつて寫生, に就, に就く, に引き合, に徴する, に照, に面接, のやう, の先生, の周公, の寫生, の搆造, の方, は今, は傳, は字形, は此の世, は親, もみ, も同じ, よりも十倍位, より十倍, より小さく, らしさ, をお, をしらず, をたより, をみなけれ, を始め, を影, を無視, を目, を示されるなら, を示し, を示す, を處理, を見ず, を見たる, を見ない, を驗

▼ 實~ (62, 0.5%)

4 に於 3 があり 2 と力, に關, のもの

1 [49件] ある知識, があつ, が八五郎, が多い, が示されなけれ, が紙面, とがない, とがまた, となつ, と人生, と客觀性, と形相, にまで高める, にもたらされない, によつて保證, に到達, に基づく, に對, に引, の大き, の性格, の最初, の頂點, はそれ, はヘーゲル, は一字一句, は初めて, は成立, は我々, は決して, は疑ひ, は萬七, は顏, への推移, への方向, または非現, をそれ, を主張, を感じない, を有する, を目安, を確信, を確然, を見る, を認め, を認めた, を體驗, 或ひ, 純粹

▼ 實~ (58, 0.5%)

2 あるもの, のある, の源, の養成, を試驗

1 [48件] あつた, あるに, ある人物, ある政治家, ある者, があつ, がない, が弟, が知られる, としてのみならず, とに無, とは尨大, とは非常, とを要する, と人品, と共に兩得, と運動, と金, によつて北支那, に壓倒さる, に敬意, の幻影, の興起, はかかる, はもう, もない, をあり振れた, をつける, をも有, をテスト, を世間, を以て支持, を以て競爭, を尊ぶ, を度外視, を持たせよう, を有つて, を理會, を發揮, を蓄積, を認め, を養わね, ヲ以テシタリ, ヲ見, 共に天下, 及び位地, 及び偉大, 已に自ら立つる

▼ 實なる~ (56, 0.5%)

3 ものを 2 ものに

1 [51件] が故に, ためには, に在り, のみならず, もそ, ものかならずしも, ものには, や疑, を示せり, を認めざる, 一學生で, 一小説家で, 事務的能力は, 事實として, 交渉を, 人であらむことである, 人の, 凡人を, 反映である, 四五人の, 地方町家に, 基礎が, 基礎の, 大隈黨たらしめ, 子供の, 子分を, 寫生を, 形なる, 心ばかりは, 心をば, 志とにより, 思想は, 情熱を, 感謝の, 憲政の, 政友と, 政黨内閣は, 敏感なる, 方便家, 更に清い, 服從を, 材料の, 材料を, 程度に, 結果である, 自己内心の, 藝術を, 記録に, 青年なりき, 高次の, 黨人たるに

▼ 實として~ (53, 0.5%)

1 [53件] お孃さん, その他は, その原因, その辮髮, それなりに, はじめより, 三十歳の, 何人の, 余には, 依然時, 侯の, 信用されたらしい, 傳へらる, 傳へられたれ, 列國に, 別に今さら言う, 取扱は, 受取り難い, 受取り難く, 吾人の, 報導すべき, 存在したなら, 實感的な, 實現を, 承認される, 押賣りしよう, 採用し得べきや, 深く俺, 火山地方には, 現はる, 現われて, 私が, 究明し, 立川景子から, 肯定し, 自分自身に, 自由詩は, 與へ, 船乘り, 表は, 裏面に, 見るやう, 見出すところ, 言つたのだ, 詩を, 認めること, 請取る, 證明しか, 變化する, 起るの, 身自らその, 送られて, 鎭壓策を

▼ 實在世界~ (49, 0.4%)

11 の認識 2 とそれ, における存在, に屬

1 [32件] がそれ, が全く, が實, が成立つ, である, としての自然, と結び附ける, においては實體, において高次的絶對的主體, に達し, に關, の一部, の事件, の任務, の基本的構造, の基本的秩序, の形相, の性格, の時間性, の時間的性格, の最も, の本質的性格, の構造, の空間性, の範疇, の觀念的聯關, はかくして, は客體, もこの, をさらに, を基體, 即ち

▼ 實業家~ (43, 0.4%)

2 と云, と稱

1 [39件] から金, が一體何, が醉つて詠歎, たり眈溺家, であ, でなければ, で金持, としての弱味, とならん, など藝苑, なら大抵, にし, にでも豆腐屋, には國家的, には類, にも會, に内意, のみ, の令孃, の夫人, の如き, の家, の手代, の持家, の爲, の用語, の避暑, はそれ, は初め, は孰, は赤城的, も往き, も澤山往つた, を味方, を招徠, を收容, を私, 大軍人, 言わば名家

▼ 實~ (42, 0.4%)

2 ある成功, に於, の増加

1 [36件] ある糧, あれども, から引かれ, がない, が丸, が惡, が既に, が緻密, が餘, でもない, との矛盾, なき夢, においては全く, においても必ずしも, において携, にし, については西洋, には何等, には贊, には進入, に存する, の代, の問題, の善く, の方, は大きく, は相違, は統制主義國家, は薄弱, よりもダンテ, より人氣, を保存, を具, を攫み得ない, 即ち腦, 概して狷介

▼ 實である~ (39, 0.3%)

1 [39件] からそれで, から仕方, か否, か彼, が, がそれでは, が假, が其の, が明以後, が此等, が煩雜, けれどそれ, けれどももし, ことそして, ことは, といふ工合, といふ感じ, といふ最も, としてもそれ, とすれ, とは認められなく, と信じ, と信ずる, と口, と思はれた, と本文, と考へられる, どこまでも, のか, のを, 之を, 光は, 其代り古人の, 剩餘價値は, 即ち, 唐代の, 廉を, 爲に, 限り如何なる

▼ 實踐的~ (38, 0.3%)

2 である, な表現, にはたらきかけ, に交渉

1 [30件] だつた, であらね, でありながら, であるか, であること, であるといふ, である限り人間, なる, なるそれ自身過程的, なるもの, なる交渉, なる人間, なる他, なる問題, なる存在, なる性格, なる根本規定, なる生, なる規定, な人物, な人間的, な問題, な性質, な態度, にはたらきかける, に完成, に或は, に支配, に解決, 現實的價値

▼ 實~ (37, 0.3%)

32 とする, とすれ

1 [30件] からである, から仕, から仕方, か判らない, がその, がホント, が其教理, が孰, が思遠, けれど引き上げる, しそれ, し別に, つたのだ, つたので, つたのであり, つたのです, つた言葉は, と, といつ, といふ, として置く, とは受け取らなかつた, とよ新聞, と思はず, と思はれる, と思われる, と感じさせ, と言ひたい, ね, わね

▼ 實際的~ (33, 0.3%)

2 であつ

1 [31件] であり空言的, であり非凡, でした, でない, でない言葉, で肉感的, といふ, ともいふべきで, なところ, なりき, なるアングロサキソン, な太吉, な對處法, な所, な生活問題, な目的, な科學的要素, な第, な鎌倉時代, な鬪士, には政治的場面, には竹, に一團, に即ち, に目, に謙遜, に電氣凸版, に非ずし, の意義, の進歩, 諸關係

▼ 實生活~ (31, 0.3%)

2 の上, を核心

1 [27件] から切り離された, から比較, がそれ, そのま, とが分離, との間, と云, と團欒, においては常に, にまで延長, にも働く, に於ける, に根ざした, の中, の日記, の生臭い, の苦勞, の苦痛, の虚僞, の記録, は存外, を彼, を描いた, を根本的, を通して來, を遊離, を顧慮

▼ 實社會~ (31, 0.3%)

3 といふもの 2 が自分, に出, に突掛つて, に立つ

1 [20件] が科學的, だ, である, との深, との通念, と云, と切實, と文學的生活, にあり得る, にある, に對, に肉薄, に苦鬪, の事, の名, の強い, の訓練, への發足, へ突掛つて, も父母兄弟妻子朋友隣人等他人

▼ 實~ (30, 0.3%)

4 に就い 3 を檢分 2 に應用

1 [21件] に出, に就き, に教, に當つて, に知らさん, に臨ん, に自動車, に行つて, に見まし, の戰爭, の踏査, を併せ考へ, を目撃, を知らない, を知らぬ, を見聞, を視察, を調べ, を調べた, を調べる, ノ經驗

▼ 實現に~ (28, 0.2%)

2 對する

1 [26件] して, それの, たよる間, なるの, よつて眞正, より立派, 努力する, 努力を, 協力し, 參加しなけれ, 參與する, 向ふ, 在るとも, 堪へるまでに, 就いて, 就て, 於いて, 於て, 生きる, 由つて合致される, 留まるを, 裨益する, 貢獻する, 近づき自己, 過ぎず有限者, 關する

▼ 實主義~ (27, 0.2%)

2 の作品

1 [25件] がわれわれ, たる役目, である, といひ, といふものがさう, とを混同, と世間, にほかならない, のお婆さん, のみ自然主義, の作風, の場合, の弟, の童話, の自, の自分, の超現, は僕ら, は少く, は恐らく, は沒落, は藝術, もそろそろもう, を方向, を淡々

▼ 實~ (27, 0.2%)

2 である

1 [25件] であつ, でこの, とはどうしても, と追, などを見, なの, には聲, に對, に目覺め, の, の凝視, は到底, は或は, は掴めない, も何, をつかみ出す, を探る, を撥, を書いた, を根源的體驗, を正面, を見究め得たなら, を酌, を離れたる, 既にかく

▼ 實現し~ (26, 0.2%)

4 てゐる 2 表現する

1 [20件] つつある, つつ永遠性不死性, てくれたい, てはゐない, てゆく, てゐなかつた, て價値, て國民大衆諸君, て居る, て新しい, て行く, て見なけれ, 盡さざる, 盡される, 盡し, 盡した, 盡せりや, 自由黨は, 表現すべき, 難き夢

▼ 實~ (26, 0.2%)

3 に供 2 に供する, を主

1 [19件] とか學生, との二つ, と私自身, と考へ, には不適當, には適さない, に使, に切, に堪へぬ, に適しませぬ, に適せなかつた, のみを目的, の學問, の支那語, の領域, をなす, を旨, 有りしとは, 相成候法

▼ 實~ (25, 0.2%)

5 して

1 [20件] された指導, される, する, するの, するもの, せられて, できるん, となるべき, ともいふべき, なき机上, の一つ, の存する, の學問以外, の方法, はなかなか, は掴まへられる, を伴, を提供, を擧げられ, ヲ示シツツアル所ナリ

▼ 實~ (24, 0.2%)

2 へあれ

1 [22件] ういふ, うだ, うで, うです, うで羊羹色, がこの, がなけれ, が嬉しく, が禪, が見られなく, が誰, でありまた, と拔目, に疑ひ, の何處, は佐久間町中, へも曲庇, へ傳, へ疑はれる, よりも寧ろ, を保つ, を持つ

▼ 實~ (24, 0.2%)

6 の觀念 2 の本性, の言, は存在

1 [12件] から出, から創造, が何等, が有る, でなくそして, と非, について思惟, に依, の實, の概念, は神, をば最大

▼ 實~ (24, 0.2%)

4 の歌

1 [20件] から近く, が之, が別, が殺されまし, ではない, といふ人, の, ので非常, のはじめ, の如き, の此言, の讖言, の造詣, の高官, は全く, は固, も歌, をし, をほめた人なれ, を初め

▼ 實から~ (22, 0.2%)

1 [22件] さへも, して, その矛盾, みて, 二つの, 來る, 完全に, 推すと, 推測する, 最初に, 油をも, 游離した, 甘いお伽噺, 生れて, 申しますと, 直接に, 移行し, 絞りまして, 考へて, 與へられたらう, 見た歴史觀, 進入する

▼ 實はね~ (22, 0.2%)

4 親分

1 [18件] あたしは, あたしん, あなたに, あの若い, マア好い, 丸屋さんお前さんは, 僕, 僕は, 僕も, 兄は, 八五郎親分, 姐さん斯うなんです, 番頭さんこんな, 親分この, 親分山谷の, 親分川崎の, 親分從兄妹同士だ, 親分肝心の

▼ 實~ (21, 0.2%)

4 てゐる 2 ている, て來

1 [13件] たるを, てゐなけれ, てホルモン, て居る, て漲, やかに傳, 來れる, 徹底し, 現在の, 純粹, 緊張し, 難きを, 飛躍する

▼ 實には~ (21, 0.2%)

1 [21件] あまり深入り, いい機會, おのづか, つきり, つきりと, とてもそんな, なさるまい伏木, ならなかつたの, むしろ, 人間の, 働かず不出不入, 商品生産社會である, 存在する, 存在せぬ, 寒帶地から, 後漢, 本當, 椋鳥が, 目前に, 縁遠い物語, 隨分確かなる

▼ 實~ (21, 0.2%)

1 [21件] あり得べからざること, では, にも理論上, に成立, に於, に民政國, に表示, の不都合, の問題, の尋問, の性格, の滿洲占領, の運搬, の首領, は時間的, は相互, 全く滅亡, 取つた形, 大唐天子, 已に大, 行われて

▼ 實~ (21, 0.2%)

2 の考察, を歴史

1 [17件] と名づけるであらう, につき類似, の一々, の何所, の兩極端, の現象, の至る, の解釋, は其儘宇宙, は其儘現象網, は巨視的, は新, は現象, は自ら變化, も歴史的, 全體, 即ち歴史

▼ 實した~ (20, 0.2%)

2 ものと

1 [18件] そしてまたもつ, たり薫ずる, やうな, 事實を, 今日から, 内容や, 内容を, 力づよさを感じた, 好いユウモア, 感じなどに, 感じは, 明るい希望, 時代だ, 現在生活の, 生活が, 生活を, 精神の, 響きを

▼ 實~ (20, 0.2%)

1 [20件] がない, である, でなかなか, に即し, に就, に通達, はかよわい, は彼ら, もあつ, もここ, も明白, をも考慮, を物語, を知らしめない, を知らない, を知悉, を話す, を語, を語る, 及び二月十一日

▼ 實驗室~ (19, 0.2%)

2 の中

1 [17件] から逃出, だのその, だの物理實驗室, で, でこの, で實驗, で簡單, とを含む, になつて, のなか, の南側, の時, の研究生, の總動員, へ行く, を設け, 及び工作場

▼ 實とを~ (18, 0.2%)

1 [18件] くつつけた, 傷つける恐ろしい, 具ふる, 合致せし, 尊ぶ清らか, 掩うて置く, 有するまでに, 標準として, 欲するリアリズム, 比較する, 混同させる, 混同し, 生ずる熱, 立證する, 經驗する, 綜合し, 缺く, 關聯させない

▼ 實~ (18, 0.2%)

1 [18件] こんま, コステルの, 人住ん, 又三從, 又杭州地方, 各其出處, 將來の, 年代が, 湯に, 百合の, 眞黄色に, 禪僧を, 草の, 虫は, 虫を, 蟹の, 野獸や, 銀杏の

▼ 實~ (18, 0.2%)

1 [18件] が父母, ぞと問, であり本木家五世, であると, でこの, でない長太郎, でなくちや駄目, で有, とせる, と取替, なん, にてもあら, のない, の鯉, はなかつた, は既に, よりもと思はれる, アッツォを

▼ 實的生~ (18, 0.2%)

3 の續

1 [15件] が全く, が活動, においてはアガペー, においては客體内容, においてもすでに, においても愛, に對, の構造, の立場, の缺, はいかに, はいつも, は自然的生, は飽くまでも, 即ち自然的文化的生

▼ 實的自我~ (18, 0.2%)

3 に奉仕 2 である限り, に對, の意志 1 と名づける, には夫, の奉仕, の實現, の證悟, は, はその, は二重, は多く

▼ 實際以上~ (18, 0.2%)

2 に黄人

1 [16件] にこれ, にすべて, にアジア, に情, に擴大膨脹, に東方アジア, に歌, に歐洲, に狹小, に褒める, に誇張, に貶し, に重く, に露軍敗亡, に餘程接近, の惡人

▼ 實~ (17, 0.1%)

2 之日本社

1 [15件] が好き, だ, ですつて, との關係密切, にかけては僕, に向, に從事, に投じた, に關, のやう, の點, はあ, をやらう, を一生懸命, を千代子

▼ 實~ (17, 0.1%)

2 を掌握, を握, を握つ, を握る, を有する 1 ある首領, は分家, は大, は若く, は錢形平次, を彼ら, 全然北條氏

▼ 實としては~ (16, 0.1%)

1 [16件] しばしば行, ただここ, どちらも, プラトンが, 今日迄, 到る處, 唐, 多少相談, 往古の, 既に北宋, 時に城内, 當時の, 皆故郷に, 認められぬかとも, 野蠻人も, 阿片戰爭の

▼ 實世界~ (15, 0.1%)

2 に對

1 [13件] に引き出したる, に於, に於ける, のいやしき, の人, の人間, の前, は初, は無論, は空想, より狹, をうち毀され, を外

▼ 實~ (15, 0.1%)

1 [15件] おほ, があか金, であつ, ではなかつた, で七十二歳, で喜八, といふの, に當, のやう, の存生中, の肖像, は彼, もお, を加, を失ふ

▼ 實といふ~ (14, 0.1%)

2 ものの, ものは, ものを, やうな 1 ことも, ものが, ものについても, 例を, 語の, 語は

▼ 實~ (14, 0.1%)

1 [14件] で二三年, といへば, な地方, な態度, な新, な父, な男, な返辭, に勤め, の人望家, らしい男, らしい額, らしく見えるところ, 一點張の

▼ 實~ (14, 0.1%)

2 の部

1 [12件] が入, が載つ, でない, といふもの, といふ以上, といふ部門, ならざる, なりき, に據, に本, に此事, は建文一朝

▼ 實際上~ (14, 0.1%)

3 の效果

1 [11件] どのやう, には全, の問題, の困難, の差異, の影響, の要求, はその, より之, 第一, 頗る困難

▼ 實際問題~ (14, 0.1%)

2 になる

1 [12件] だけしか私, である, であるだけに, としては私, としては餘, としても内外, として從來, として文士, として見た, に當, に關聯, を處置

▼ 實との~ (13, 0.1%)

3 間に 1 一致を, 交渉を, 應酬を, 混淆である, 美徳を, 見境ひ, 距離に, 間には, 間の, 關係を

▼ 實~ (13, 0.1%)

3 木を 1 といふ仙郷, とき, のを, を見, 木でも, 木とは, 木は, 殼の, 水田が, 頃よ

▼ 實際生活~ (13, 0.1%)

2 の上, を見る 1 でその間, と矛盾, に必要, の役に立たね, の苦勞, の苦汁, は實際生活, は曾良, を表現

▼ 實際私~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこれ, がただ神, が判斷, が神, にはまだかくべつ, の生家, は弟達, は整頓, は涙, は然, は臆病, は自分, は過去

▼ 實なら~ (12, 0.1%)

1 [12件] ばさ, ば此樣, ば義時, ば而, ば自分, ば許し, ば訴, む, んかと, んと, 力に, 私は

▼ 實によ~ (12, 0.1%)

2 つては 1 かつた, つてその, つてだ, つても, つて余は, つて推察する, つて推測される, つて考察する, つて説明し, つて證明される

▼ 實業雜誌~ (12, 0.1%)

2 の初 1 にも劣つて, に似た, に奉公, のこと, の印刷屋, の印刷所, もこんな, を出さう, を發刊, を送つ

▼ 實現せ~ (12, 0.1%)

2 らる, らるべき 1 むとしたるは猶, むとするとき我等の, むとするの動機に, むとする情熱を, むとする普遍的自我である, むと欲し, むと欲した, らるる

▼ 實現せられたる~ (12, 0.1%)

3 眞理の 2 ものは 1 ものの, 民族性の, 民族的特質が, 民族的特質に, 民族的特質の, 民族的特質を, 眞理を

▼ 實際それ~ (12, 0.1%)

1 [12件] がそれ程, が後に, に違, は孝子, は彼, は彼等, は恐ろしい, は意想外, は長, は餘, をやっ, を用

▼ 實現される~ (11, 0.1%)

3 ことを 1 でせう, のである, ものである, ものに, 奴な, 時が, 時代の, 期は

▼ 實際主義~ (11, 0.1%)

3 といひ 2 を秉 1 なんて名, にし, に偏したる, の個想, の弊, を叙事詩

▼ 實~ (11, 0.1%)

1 [11件] でございます, で少し, で眉, で眼, に愛嬌, に目鼻立ち, の淺, は可憐, をあげ, を擡げ, を胸

▼ 實なり~ (10, 0.1%)

1 と, といひ, とも當時, と取る, と思へる, と認めたる, 公明なり, 大岡氏は, 此の間屬僚中にも, 造化なり

▼ 實なれ~ (10, 0.1%)

1 どその他, どもその, ども何ぞ, ども恐怖, ども肖像畫, ば, ばいよ, ばなり, ばわが, ば何人

▼ 實にも~ (10, 0.1%)

1 あらず實, うつくしき里, ソフイヤ夫人の, 夢の, 成らないの, 歌は, 符し, 譬へ, 責任は, 靈性の

▼ 實より~ (10, 0.1%)

1 また青葉, 六代目に, 出發, 力強く人, 小ならむこ, 採りたる澱粉, 推窮すれ, 美しく彼, 離れたるを, 類推し

▼ 實~ (9, 0.1%)

1 ある, さても, 何かの, 分らない, 功利か, 嘘かを, 狷之介殿, 知らないが, 餘り

▼ 實さうな~ (9, 0.1%)

1 ことは, 久六は, 五十男です, 大森の, 店構若く, 男, 男でした, 立派な, 老爺が

▼ 實です~ (9, 0.1%)

1 か, から私, がさうかと, がそれでも, がそれ以上, が腹立ち, が見掛け, とはもう, よねえ

▼ 實を以て~ (9, 0.1%)

1 して, し術, すと, するより, わたくしに, 作れり, 其者の, 徐, 理を

▼ 實~ (9, 0.1%)

2 者として 1 てゐる, との相違, と推測, はしません, 者たる, 者の, 談に

▼ 實~ (9, 0.1%)

2 にかかつて 1 で, であつ, で通す, で配達, のうち, を全部, を辨償

▼ 實ある~ (8, 0.1%)

1 が如く, ことなし, に於, のみ從つて運動, ひは, を以てこの, 意味では, 既成政黨に

▼ 實はな~ (8, 0.1%)

2 己は 1 佐野松を, 八, 八この, 八少し, 秋山樣の, 親分方私も

▼ 實~ (8, 0.1%)

1 であつ, である, とし, はまた, をまのあたり, を其儘, を歌, を觀測

▼ 實現され~ (8, 0.1%)

2 てゐる 1 てあり, てある, て了つたもの, て居ます, て現, て離脱

▼ 實行力~ (8, 0.1%)

2 のある 1 があり, のない, はない, も芝居氣, を持つ, を認める

▼ 實見した~ (8, 0.1%)

1 けれどかかる, ことが, ことも, んで無けれ, 人々から, 材料の, 記憶で, 話だ

▼ 實質的~ (8, 0.1%)

1 にはいづ, には同一, にも要求, に一致, に傾かざる, に小説そのもの, に見, に適用

▼ 實際家~ (8, 0.1%)

2 を必要 1 であらう, である川路, にし, らしい生活, を卑し, を賣

▼ 實際彼~ (8, 0.1%)

1 の家, の藝術, はその, は一座, は云つて, は人生, は彼, は驛員

▼ 實驗的~ (8, 0.1%)

1 であ, なもの, な方法, に作つて, に原子核, に表, に解決, に長岡博士

▼ 實その~ (7, 0.1%)

21 へんだ, 區別は, 夫人の, 濱路が, 通りで

▼ 實それ~ (7, 0.1%)

1 だけの大きな, に鹽, は, は日本, は此方, を, を立證

▼ 實とは~ (7, 0.1%)

1 しがたし, なり得ないの, なり得ぬの, 大分距離の, 少なくとも, 牴觸し, 非常なる

▼ 實らしい~ (7, 0.1%)

1 お糸, からね, ものの, ものを, 姿を, 支配人の, 顏を

▼ 實主義者~ (7, 0.1%)

3 だと 1 からはか, である, と稱, なりと斷言

▼ 實~ (7, 0.1%)

1 が刑事探偵, であつ, である, ではあるまい, で鈴木, なり, にて信州

▼ 實~ (7, 0.1%)

1 に就, に當, に着手, に關, の準備整頓, は實, を布かう

▼ 實業雜誌社~ (7, 0.1%)

1 に歸, に行つて, の隣り, へまわつた, へ歸つて來, へ行, へ行く

▼ 實~ (7, 0.1%)

3 して 1 がある, が一般, も二三度, をやつ

▼ 實~ (7, 0.1%)

1 である, です, などは仲, はまさに, をさとらせたくない, を反映, を非常

▼ 實現された~ (7, 0.1%)

1 といふこと, ところで, とすれ, のであつ, のを, 所で, 譯で

▼ 實現した~ (7, 0.1%)

2 のである 1 としたら, ものだ, ものといふ, 樣に, 而し

▼ 實行家~ (7, 0.1%)

2 にし 1 が先, である, で躊躇, として印度, にあらず

▼ 實そのもの~ (6, 0.1%)

1 から出, が如何, で何ん, に對, の示す, はすでに

▼ 實つて~ (6, 0.1%)

2 居る 1 ゐます, ゐる, ゐると, 居るので

▼ 實としての~ (6, 0.1%)

2 死の 1 囘想には, 死では, 死は, 民政は

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 ざる民族, しからざることなりよし, しからず, ず, せ十二分, ぬ柿

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 て甘美, はせ, は必ず, 冬に, 物は, 食料は

▼ 實在し~ (6, 0.1%)

3 てゐた, てゐる

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 し隨つて其内閣, するに, でありました, の形, の規準, を我々

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 である, でまことによく, と實姉, の丹三郎, の勝造, の駒木典内

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 なり先, に間, の試合, の體驗, もし, を實踐

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 がどうしても, でさ, とさ, に對, に當, を毆打

▼ 實~ (6, 0.1%)

1 であるが, といふもの, に參照, に據, の荒筋, を書いた

▼ 實證主義~ (6, 0.1%)

1 だ, の果て, は本質的, は虚無主意, は虚無主義, を意味

▼ 實證的~ (6, 0.1%)

2 であること 1 でなければ, なる實, な傾向, な徳

▼ 實體性~ (6, 0.1%)

4 のない 1 と因果性, は上

▼ 實體的~ (6, 0.1%)

2 なもの 1 で要素的, なるもの, なる物, の

▼ 實する~ (5, 0.0%)

1 が如く, ことが, に至る, 泉を, 生活へ

▼ 實でない~ (5, 0.0%)

1 か, ことを, といふこと, ものは, 眞摯で無い

▼ 實としても~ (5, 0.0%)

1 その正貨, 未完成, 植物纖維を, 民衆が, 茲に

▼ 實について~ (5, 0.0%)

1 いつたこと, その根源, ハアヴエーは, 彼が, 語り出した

▼ 實にや~ (5, 0.0%)

1 げに冬, 彼歌人は, 此の, 縁に, 輪王位高けれども

▼ 實また~ (5, 0.0%)

1 そのため, その氣持, どう考へ, 種と, 音表文字も

▼ 實よりも~ (5, 0.0%)

2 つと現 1 少し大きな, 斜陽の, 華が

▼ 實~ (5, 0.0%)

1 在リ, 大海軍, 最惡ナル政治ト云フノ外ナシ, 然ル事ニテ, 疑ヒヲ容レザルナリ

▼ 實~ (5, 0.0%)

1 の擧らざる, を奏せ, を擧ぐる, を擧ぐるとき, を擧ぐる能

▼ 實~ (5, 0.0%)

1 に不忠實, に當つて, のある, の上, は一切夢中

▼ 實~ (5, 0.0%)

2 を擧げ 1 の境, も表面, を奏する

▼ 實施し~ (5, 0.0%)

1 てある程度, ている, て行く, ようとは, バクに

▼ 實施する~ (5, 0.0%)

1 が爲, ことが, に方, 多くの, 素志も

▼ 實~ (5, 0.0%)

3 録に 1 によれ, 調べは

▼ 實現せん~ (5, 0.0%)

2 とする 1 ことを, と努めたる, と欲し

▼ 實用化~ (5, 0.0%)

1 したり, した功績, し得ると, すること, の研究

▼ 實用的~ (5, 0.0%)

1 なの, な平民藝術, にし, になつ, のもの

▼ 實~ (5, 0.0%)

21 であるとの, な人物, な有馬君

▼ 實行出來~ (5, 0.0%)

2 ないこと 1 ると, るね, る事

▼ 實論者~ (5, 0.0%)

1 と共に人生, にとつて, には思ひ, に從つて, の思想等

▼ 實質上~ (5, 0.0%)

1 の自殺, の進歩, はさうでない, まさに妻女共有制, よりは觀念的存在者

▼ 實際僕~ (5, 0.0%)

1 がこの, はお, は一つ難關, は不, は逢

▼ 實際此~ (5, 0.0%)

1 のコロール, の土地, の如き, の娘, の手紙

▼ 實際自分~ (5, 0.0%)

1 の眼, の顏, はまだ, は自分, も少から

▼ 實こそ~ (4, 0.0%)

1 あれ, つゆれ, むすべ, 落ちに

▼ 實この~ (4, 0.0%)

1 ルタン紙上の, 王は, 種類の, 通りこの

▼ 實したる~ (4, 0.0%)

1 句法の, 意味における, 歌は, 物と

▼ 實であり~ (4, 0.0%)

1 從つて存在の, 從つて實在, 神は, 翌十二年

▼ 實でも~ (4, 0.0%)

1 もぐやう, 典型として, 花でも, 食べて

▼ 實とる~ (4, 0.0%)

2 は誰 1 と見上げ居る, ひとが

▼ 實なき~ (4, 0.0%)

1 ものが, ものである, キリスト教徒が, 冬の

▼ 實をも~ (4, 0.0%)

1 知り天上, 立つべけれど, 言は, 認識する

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 以テ立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ見, 去ル甚ダ, 忘レタル外形的整頓ニ捉ハレタルニ依, 結ベドモ熟セザルガ如シト

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 を掲ぐべき賊盜律, を科しない, を科す, を科せず

▼ 實利主義~ (4, 0.0%)

1 と淺膚, にも存するだらう, は國語, 唯我主義

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 かへん, にあらずし, は徳通, を呼ぶ

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 でした, には感服, の兄さん, の考選

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 のいふ, の偉大, はここ, は十日足らず

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 は吾が, は彼等, を見る, を觀測

▼ 實~ (4, 0.0%)

2 に小さき 1 といふもの, を得

▼ 實現し得る~ (4, 0.0%)

1 と信じた, と空想, ので, 力を

▼ 實現すべき~ (4, 0.0%)

1 世界の, 自己に, 質料の, 適當の

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 が自分, とす, と實在界, に入らしめざる

▼ 實直さう~ (4, 0.0%)

1 な人物, な女, な男, な鼻

▼ 實自分~ (4, 0.0%)

1 がゐなく, が苦しい, の心, の思想

▼ 實行生活~ (4, 0.0%)

1 に向, に對, に移らなけれ, は根柢

▼ 實~ (4, 0.0%)

1 と偏りたる, に暗き, は法華涅槃, は阿

▼ 實證性~ (4, 0.0%)

1 がある, とは異, に對, に目

▼ 實際今日~ (4, 0.0%)

1 の人間, の反, の諸, の類型研究

▼ 實際彼等~ (4, 0.0%)

1 にとつて, の判斷, の生活, はさつき

▼ 實際派~ (4, 0.0%)

1 だな, なりとてた, の別, をおの

▼ 實驗物理學者~ (4, 0.0%)

1 が次, が腐心, たること, であるといふ

▼ 實驗結果~ (4, 0.0%)

1 からし, とを照し, に精通, の良否

▼ 實あれ~ (3, 0.0%)

1 ば果して, わがいのち, 程の急

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 きみは, つる沼なれ, 腰元の

▼ 實これ~ (3, 0.0%)

1 が似合, にとも, より固く

▼ 實せる~ (3, 0.0%)

1 に尠, ものにて, 丈に

▼ 實そんな~ (3, 0.0%)

1 事を, 人が, 僕らでも

▼ 實だらう~ (3, 0.0%)

1 か嘘, と思ひます, な

▼ 實つたの~ (3, 0.0%)

1 をとつ, を一莖拔, を拔

▼ 實であります~ (3, 0.0%)

1 がまた, が楊守敬, が西洋

▼ 實であれ~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば彼等, ば非常

▼ 實とも~ (3, 0.0%)

1 つかないやう, 見え試驗, 黄皀莢とも

▼ 實ならず~ (3, 0.0%)

1 と來, ば個物, ば物力

▼ 實においては~ (3, 0.0%)

1 つねにただ, 一身同, 尚幾分

▼ 實らしく~ (3, 0.0%)

1 それらの, 充分可愛らしい, 相手に

▼ 實をば~ (3, 0.0%)

1 單に, 彼自身の, 未だ知る

▼ 實人生~ (3, 0.0%)

1 との間, に對, の不可避性

▼ 實以上~ (3, 0.0%)

1 であるか, の人生, の生

▼ 實入り~ (3, 0.0%)

1 が多い, になる, を多く

▼ 實全く~ (3, 0.0%)

1 氣狂ひ, 理解されてなかつた, 陰謀の

▼ 實~ (3, 0.0%)

2 に獨立 1 に備

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 し表現, はいづ, はこの世

▼ 實即ち~ (3, 0.0%)

1 彼等の, 想に, 正しく著述

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 くは, のほど, を確め

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 がありました, をばよく, を帶びて生長

▼ 實在化~ (3, 0.0%)

1 が行, すること, はすでに

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 で照, とは義絶, の異状姙娠

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 が僕, に會つて, は僕

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 とを思召, とを認められ, なんてもの

▼ 實施され~ (3, 0.0%)

1 ている, てすぐ, て來

▼ 實施された~ (3, 0.0%)

1 のは, 社會政策は, 譯である

▼ 實業界~ (3, 0.0%)

1 から政治界, に足, の強硬

▼ 實模倣主義~ (3, 0.0%)

1 の背景, は前者, は藝術

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 が, が内大臣, などを中心

▼ 實現させる~ (3, 0.0%)

1 か一學生, ためには, 動力としての

▼ 實現せられざる~ (3, 0.0%)

2 理想は 1 理想が

▼ 實現せられる~ (3, 0.0%)

1 といふ思想, に至, 日が

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 うらわかき, が對社會的, も先刻汽車

▼ 實男子~ (3, 0.0%)

1 又ハ養男子トシテ婦人ニ扶養, 又ハ養男子ニ貧困ナル老親, 又養男子ナキ六十歳以上

▼ 實眞理~ (3, 0.0%)

1 の世界, の普遍性, は明晰

▼ 實知らない~ (3, 0.0%)

1 か, ものなら, よ

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 によつて代表, は木炭, を眞

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 が擧つた, を擧げ, を收め

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 との兩面, と不, を捨て

▼ 實行者~ (3, 0.0%)

1 がゐるごとく, であつ, ともなり

▼ 實見し~ (3, 0.0%)

1 て歸, て置かう, て貰

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 し自, を以て妄語者, を發

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 なり, は刹那主義, をお

▼ 實踐哲學~ (3, 0.0%)

1 が何, と關係, はまた

▼ 實踐家~ (3, 0.0%)

1 であつ, の研究, は獨斷的

▼ 實踐的活動~ (3, 0.0%)

1 として理解, の領域, は凡て

▼ 實~ (3, 0.0%)

1 から考へる, なきを, は近

▼ 實際これ~ (3, 0.0%)

1 が法律, では紹介状ドコロ, は歐米人

▼ 實際さう~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 いふ事で

▼ 實際ヘーゲル~ (3, 0.0%)

1 に於, の後, の辯證法

▼ 實際俺~ (3, 0.0%)

1 の嬶シヤポ, の後, はこれ

▼ 實際出來~ (3, 0.0%)

1 なかつたので, るか, るもの

▼ 實際地震~ (3, 0.0%)

1 の全く, の豫知問題, は地球

▼ 實際支那~ (3, 0.0%)

1 にはかかる, に行, の塞外

▼ 實際方法~ (3, 0.0%)

2 の問題 1 の場面

▼ 實驗中~ (3, 0.0%)

1 の寫眞電送機, の行論, はうつ

▼ 實驗材料~ (3, 0.0%)

1 が終に, に仕上げた, を入るれ

▼ 實驗的研究~ (3, 0.0%)

1 の史的發展, を一貫, 例へば單調

▼ 實驗者~ (3, 0.0%)

1 から寄せられた, によつて, の圭齋自身

▼ 實體そのもの~ (3, 0.0%)

1 について我々, を我々, を目

▼ 實體概念~ (3, 0.0%)

1 とが一つ, と機能概念, によつて思考

▼ 實あつ~ (2, 0.0%)

2 たこと

▼ 實あの~ (2, 0.0%)

1 人程, 時代としても

▼ 實あり~ (2, 0.0%)

1 や否や, 彼等の

▼ 實かう~ (2, 0.0%)

1 いふ彼岸の, 云ふ

▼ 實からの~ (2, 0.0%)

1 つながりを, 游離に

▼ 實させ~ (2, 0.0%)

1 て確實, て置く

▼ 實させる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ものでなけれ

▼ 實そう~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 實そこ~ (2, 0.0%)

1 に現, まで寂寥

▼ 實~ (2, 0.0%)

2 色づきつ

▼ 實たる~ (2, 0.0%)

1 を疑はむ, 意味深き

▼ 實だけは~ (2, 0.0%)

1 探究し, 爭はれない

▼ 實だけを~ (2, 0.0%)

1 喜んで, 擧げて

▼ 實だの~ (2, 0.0%)

1 瓢の, 竹の

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 奴は, 居る無花果

▼ 實であった~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, が

▼ 實でありまし~ (2, 0.0%)

1 てとにかく, て作家

▼ 實であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば政治的價値, ば相

▼ 實でなく~ (2, 0.0%)

1 事實で, 現實的

▼ 實で有る~ (2, 0.0%)

1 が是, けれども吾人

▼ 實という~ (2, 0.0%)

1 のは, ものが

▼ 實とが~ (2, 0.0%)

1 やつた, 重なり合

▼ 實とに~ (2, 0.0%)

1 同情する, 後先な

▼ 實なかなか~ (2, 0.0%)

1 の剛情ぱりだと云, 細かい神經

▼ 實なくし~ (2, 0.0%)

1 て個物, て君子

▼ 實などに~ (2, 0.0%)

1 思合せ, 拘泥せず

▼ 實ならざる~ (2, 0.0%)

1 色彩を, 面をしか

▼ 實ならしめ~ (2, 0.0%)

1 んとて, 智は

▼ 實にかの~ (2, 0.0%)

1 ペスツムの, 繪にのみ

▼ 實にが~ (2, 0.0%)

1 つかりして, ツかりせざる

▼ 實にと~ (2, 0.0%)

1 申しますと, 若和布

▼ 實による~ (2, 0.0%)

1 のである, 檢證という

▼ 實のみを~ (2, 0.0%)

1 單的に, 次に紹介

▼ 實ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく橿鳥, でなく超越的

▼ 實へと~ (2, 0.0%)

1 向ふ, 眼を

▼ 實ほどで~ (2, 0.0%)

1 火の, 青光りする

▼ 實ほどに~ (2, 0.0%)

1 取散らして, 太つてゐた

▼ 實ほどの~ (2, 0.0%)

1 大きな齒, 珠が

▼ 實もっ~ (2, 0.0%)

1 て正直, て氣

▼ 實らざる~ (2, 0.0%)

1 に先立つ, 否咀

▼ 實らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, めんと

▼ 實らしく思はれる~ (2, 0.0%)

1 程無理が, 點も

▼ 實ア己~ (2, 0.0%)

1 もこの, も何

▼ 實世間~ (2, 0.0%)

1 に適用, の經驗

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 て二, て怪しから

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 とを引くべく, と引きし

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 の中, の文章

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 に比します, の下落

▼ 實先生~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は極めて

▼ 實共に~ (2, 0.0%)

1 これに, 大隈伯を

▼ 實出來~ (2, 0.0%)

2 ない事

▼ 實利的~ (2, 0.0%)

1 な頭, に赴かね

▼ 實利益~ (2, 0.0%)

1 に遠き, を期する

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 の方面, を重

▼ 實務的~ (2, 0.0%)

1 に便宜, の仕事

▼ 實北神正~ (2, 0.0%)

1 がゐた, の三人

▼ 實十三~ (2, 0.0%)

2 曲りも

▼ 實問題~ (2, 0.0%)

1 としては我, として扱

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 りに, るる垣

▼ 實大抵~ (2, 0.0%)

2 女部屋の

▼ 實家方~ (2, 0.0%)

1 がお, へ歸つたの

▼ 實少し~ (2, 0.0%)

1 とせざるなり, も差支

▼ 實彦佐藤春夫~ (2, 0.0%)

2 と考へ

▼ 實感的~ (2, 0.0%)

1 で何月何日何時何分, な涙

▼ 實成房~ (2, 0.0%)

1 と云, も亦

▼ 實~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ 實或は~ (2, 0.0%)

2 傳説などの

▼ 實採り~ (2, 0.0%)

1 の來, の男

▼ 實査當時~ (2, 0.0%)

1 に及べり, の概況

▼ 實業家たち~ (2, 0.0%)

1 が登つて來, と共に双葉

▼ 實業教育~ (2, 0.0%)

1 とかを主, と云

▼ 實業的方面~ (2, 0.0%)

1 に手, に片足

▼ 實業社會~ (2, 0.0%)

1 との間, に投じ

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 した, をしよう

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 を喚びおこし, を自

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は吹かす

▼ 實無根~ (2, 0.0%)

2 と僕

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 うかも, や毎日新聞

▼ 實照師~ (2, 0.0%)

2 に示され

▼ 實~ (2, 0.0%)

2 るる

▼ 實物經濟~ (2, 0.0%)

1 といふ譯, の終期

▼ 實現されず~ (2, 0.0%)

1 には居ない, 便所通ひも出來ない

▼ 實現されたる~ (2, 0.0%)

1 ことと, 一切の

▼ 實現したい~ (2, 0.0%)

1 と渇望, と考

▼ 實現し得ざる~ (2, 0.0%)

1 善を, 焦躁と

▼ 實現し行く~ (2, 0.0%)

1 勞苦の, 者は

▼ 實現す~ (2, 0.0%)

1 可から, 可き

▼ 實現せざる~ (2, 0.0%)

1 價値の, 理想を

▼ 實現せられ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て豪族生活

▼ 實現せられぬ~ (2, 0.0%)

1 までも猶刻々, 處に

▼ 實用向き~ (2, 0.0%)

1 で恥, に造られた

▼ 實用品~ (2, 0.0%)

1 であ, である

▼ 實用式~ (2, 0.0%)

2 な目的

▼ 實的判斷~ (2, 0.0%)

1 に於い, の統計

▼ 實的意義~ (2, 0.0%)

1 を失ふ, を有する

▼ 實的精神~ (2, 0.0%)

1 であると共に, と併せ

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 はこの, は既

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 を喰, 諸君の

▼ 實篤氏~ (2, 0.0%)

1 の一派, はあの

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 したわけ, して

▼ 實若しくは~ (2, 0.0%)

1 自覺, 虚僞の

▼ 實~ (2, 0.0%)

2 の實

▼ 實行不可能~ (2, 0.0%)

1 であつ, な事

▼ 實行豫算~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 といふ人, に送つ

▼ 實見する~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 實話雜誌~ (2, 0.0%)

1 が讀み重ねられ, や何

▼ 實説物~ (2, 0.0%)

1 などと云つて, の安い

▼ 實調査~ (2, 0.0%)

1 に從事, の動議

▼ 實證的精神~ (2, 0.0%)

1 であり道徳, を出

▼ 實~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 實踐上~ (2, 0.0%)

1 の完備, の標凖

▼ 實踐的性質~ (2, 0.0%)

1 のもの, を帶び

▼ 實踐的態度~ (2, 0.0%)

1 が可能, に關

▼ 實踐的歸結~ (2, 0.0%)

1 においてなんら, に從つて解釋

▼ 實過ぎる~ (2, 0.0%)

1 のが, ほど忠實

▼ 實際あいつ~ (2, 0.0%)

1 の美し, はオキナワ

▼ 實際さういふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 時代も

▼ 實際シャク~ (2, 0.0%)

1 だな, は何

▼ 實際世~ (2, 0.0%)

1 に現, に行

▼ 實際九百部~ (2, 0.0%)

2 を過ぎ

▼ 實際五十錢~ (2, 0.0%)

2 から六十錢

▼ 實際人~ (2, 0.0%)

1 の書いた, の祕密

▼ 實際人民~ (2, 0.0%)

1 の程度, をし

▼ 實際人間~ (2, 0.0%)

1 の精神, は自分

▼ 實際今~ (2, 0.0%)

1 は穴あらば, ゐられないの

▼ 實際何處~ (2, 0.0%)

1 でも歩い, の學校騷動

▼ 實際刀自たち~ (2, 0.0%)

2 は夏

▼ 實際君~ (2, 0.0%)

1 と僕, の

▼ 實際四里~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ 實際地震學~ (2, 0.0%)

1 の或, を除外

▼ 實際彼女~ (2, 0.0%)

1 はいかにも, は意地惡

▼ 實際我々~ (2, 0.0%)

1 が感情, は睡眠

▼ 實際支那人~ (2, 0.0%)

1 は口喧しい, は蓄妾

▼ 實際教育~ (2, 0.0%)

1 の上, の任

▼ 實際東京~ (2, 0.0%)

1 の人間, はその

▼ 實際状態~ (2, 0.0%)

1 が無意識, に就い

▼ 實際當時~ (2, 0.0%)

1 の日本論客, の風評

▼ 實際的首領~ (2, 0.0%)

1 なり, のみ

▼ 實際目~ (2, 0.0%)

1 の前, を通した

▼ 實際社會~ (2, 0.0%)

1 はさ, を貫

▼ 實際科學~ (2, 0.0%)

1 との兩面, の知識

▼ 實際窕子~ (2, 0.0%)

1 には昔, に取

▼ 實際行~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ 實~ (2, 0.0%)

1 事實の, 實の

▼ 實顏色~ (2, 0.0%)

1 の白い, を變

▼ 實驗實證~ (2, 0.0%)

1 といふこと, に依

▼ 實驗方面~ (2, 0.0%)

1 にし, に於

▼ 實驗物理學~ (2, 0.0%)

1 に關, の論文

▼ 實驗談~ (2, 0.0%)

1 を聞かされた, ヲ聞イタ

▼ 實驗體~ (2, 0.0%)

1 得せしむる事, 得せしめて

▼1* [963件]

あすこへ駈け, 實あらばこれ, 實あらしめんためなり, 實ありしは豈, 實ありのままの話, 實いけないと思ふ, 實いとあかくふく, 實いやといふ, 實およびその戰況, 實かぞへて, 實かと見上ぐる面睨み, 實かも知れません, 實からでも推定出來ます, 實からも理解されるであらう, 實がちやんと, 實ぐらゐの食に露命, 實に表さう, 實は南支那, 實こそにほへ, 實こんな奴が, 實さして大なる, 實さらには二つ, 實されることが, 實しあらば與, 實しかも赤裸々無遠慮の, 實しらべがすんだ, 實し切つて音も, 實ようだ, 實すぎてあの, 實すぎるほど眞實, 實すこしは外, 實すでに蓄へらる, 實すらなかつたのである, 實せしむ可き, 實せしめ怠りなき, 實そういう生活を, 實そんなに現代の, 實とひ, 實ただ一つの, 實たらむのみ, 實だけしか信用しない, 實だけと鰹節に, 實だったのだろう, 實だつたことは, 實ちつとも熊野, 實ちやんは, 實ちよつと手, 實やまでに, 實つたところもあつ, 實つた四邊一面の稻田, 實つた御所柿の中, 實つた稻がお, 實づけて世, 實てえのは, 實でありましたそれと, 實でなからうと申し, 實でなければならない, 實で無い心持の, 實といつてもそれ, 實とか葡萄などと, 實とかいふものの, 實としか考へないの, 實とぞさは, 實とを以て建設的の, 實と共に日本人, 實どういふ理由, 實なく謙遜なく, 實なし小貝, 實なぞ啄ついた, 實など私は, 實などという言葉を, 實などの流れよる, 實なほ喰ひつべし, 實ならぬことを, 實ならんことを, 實なるべき表象主義, 實なんといふもの, 實な遣口で, 實な飛びつくやうな, 實において虚無主義に, 實にかへすもの, 實にこそ從は, 實になつて來る, 實にのみ拘泥せず, 實にまで斯の, 實にもの足らなかつた, 實によって試めし, 實によつて示され, 實によりその實, 實にをこがましき意見, 實ぬらし秋雨ぞ, 實ねざす園の, 實のみなるが, 實のり多かつ, 實のる希望よ, 實はいなめなかつた, 實はか程の人, 實はきはめて曖昧, 實はけふにも, 實はさがし得られる, 實はちよつと惱みの, 實はみ木の根とりくひいき, 實はをばさんも, 實ばかりになつてる, 實ひとつの事柄, 實ひとつ事もなくし, 實ひどいはにかみやで羞, 實ふきこぼし庭, 實目白の, 實ほどもあらうか, 實つかりと, 實ぽいと乘つた, 實またさうであつ, 實まだ本當, 實までも記して, 實まわりにたかっ, 實ても, 實ものいはぬ彼ら, 實ややまぶどう, 實やら何やら心, 實やりたいが, 實やり切れぬ孃さまで, 實あゝ新婦, 實よくこれを, 實らざる何の紀念, 實らしくしくむことつくり, 實らしく見せるのです, 實らむやよ待て, 實りたる果を, 實づかに, 實わたしよりは數段, 實われに打明けよ, 實をか捉へて, 實をわつて食ふと, 實アわしの女房, 實カンカン蟲を, 實シ更ニ戰爭開始ニ訴ヘテ國際的劃定線ノ不, 實てゐた, 實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 實ナラシメントシテ茲ニ青海四川甘肅, 實ナル下僕デアル, 實ナル勞働ニヨルトヲ考査セズシテ等シク守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, 實ナル如ク濁人タル, 實ニ一日ヲ忘ルベカラズ, 實ニ世界大戰, 實ニ價値ナキ又ハ有害ナル者, 實ニ其資本ヲシテ有史未曾有, 實ニ國家ノ生産的利益, 實ニ天寵限リナキヲ見ルベシ, 實ニ將來ノ建設ニ避ク可カラザル準備ナルヲ悟得スベシ, 實ニ徴兵忌避ノ私, 實ニ我ガ扶導擁護ヲ外ニシテ自立, 實ニ朝鮮人ノ道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ, 實ニ根本ヲ忘レテ枝葉ニ, 實ニ此時ニアリトス固ヨリ必然, 實ニ爭ヒテ私人生産業限度ヲ超越セントスル奮鬪心, 實ニ經濟上ヨリ人ノ國家, 實ニ通俗政治家ノ標本タル, 實ニ門戸閉鎖ノ有力ナル一理由ナリ, 實ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, 實ニ體刑ヲ以テセズンバ一掃スル能ハザル官吏横暴國ナルヲ以テナリ, 實ニ龍車ニ向フ蟷螂, 實ハ兩相待テ他國, 實ハ精神教科書ニシテ即チ軍學研究, 實ユウガオヒョウタンの類, 實なりクレタ島, 實一人碁でその, 實一休は女, 實一回も書いた, 實一家傳來の法, 實一度ならず太田, 實一族五千人福岡城を死守, 實一日一日二人は居, 實七づゝ四分と五分の無疵, 實七八分通りまでは事實, 實は疑はれぬ, 實上不可能であらう, 實上俺はあの, 實上出來たこと, 實上單獨に存在, 實上天子を指す, 實上存在しない, 實上實在的他者, 實上實行されて, 實上山縣内閣に反, 實上已むを得ぬ, 實上彼等は共に, 實上支那の既に, 實上政友會の大, 實上明かに誤り, 實上時としてはかかる, 實上滅亡した, 實上社會が自己, 實上藩閥の勢力, 實上行はれて, 實不備なこと, 實世に疎き偏僻, 實世の中に樹木, 實に虚, 實主人の言葉, 實主人公が受け, 實主義刹那主義を主唱, 實主義實證主義を意味, 實主義時代との二段, 實主義物質主義に凝り固まつ, 實主義的方法によつて, 實主義的本質を失ひ, 實主義者たちの作品, 實主義者らが夢, 實乃義別用別自非口相傳授, 實乃至具象の, 實を證, 實乘つて來た, 實ありわれ, 實事實と彼, 實事實さうだ, 實事實事實と彼, 實事實事實事實と彼, 實事象の生々し, 實二百三十樽だけで, 實人肌地藏の臺石, 實人間として淺薄, 實今日又出掛け, 實尚は, 實伊達者通粹といはれる, 實を取, 實なる處折, 實何となくそれを, 實何ものにも打勝ち, 實何等の内容, 實自呂, 實作實效の境, 實例三ヶ條を次に, 實例四五だけを紹介, 實例圖中上の中央, 實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 實偏局せる人類, 實價下落に因る, 實儀一偏に平生無口, 實兩世界に出入せり, 實六經に載せ, 實其儘を受納, 實其物が新境現前, 實具足ノ大, 實具足セシメテ各其, 實兼備の首領, 實を一個, 實分析の極, 實刈り上げ祭り以外にも神, 實利一點張りの南方支那人, 實利性のみに頼つて, 實則岩倉具視徳川慶勝松平慶永島津義久山内容堂西郷隆盛大久保利通後藤象二郎福岡孝悌これらの人々, 實割れるばかり豐, 實力主義の名人制度, 實力以上の力, 實力卿の, 實力啓發など云, 實力如何にと艇, 實力援助ヲ與ヘタル佛蘭西海軍ガ英國海軍, 實力援助トナリテ現ルベシ, 實力援助ニツキテ大方針トスベキハ海上ニ於テノミ彼, 實力競爭時代となつ, 實力者に對, 實力首領は他日必ら, 實勘兵衞がお, 實務上の手腕, 實務主義に改むる, 實務官たちとおなじ, 實務家の, 實になり, 實十一種となつ, 實十五歳だと, 實千代子に聽, 實半之丞の女房, 實半分は眠つて, 實却つて安易に片, 實參體得して, 實引き續, 實叉難陀などが高, 實及び一種の, 實友達の誰彼, 實口説かせないのが, 實古い生活關係の, 實の高股, 實じきを以て, 實名毘沙門は通稱, 實吸ひとるかの, 實周到な處世家, 實の伴, 實哲學に執着, 實の官制, 實唐辛の實, 實問題トシテ濠洲又ハ, 實困るところで, 實在すとおも, 實在性について含む, 實在界とを峻別, 實在者そのものの本質的性格, 實在者以上の純, 實在者從つて充實したもの, 實在者換言すれば, 實在者相互の關係, 實在者神の惠, 實在者間の關係, 實在論から我々, 實地宣傳を試みられつ, 實地應用批評など, 實地教授の經驗, 實地檢分をしない, 實地此處に來, 實地練習の爲め, 實地觀測に立脚, 實地調査に由り, 實地踏査を要する, 實多き日記の, 實なるを, 實大師の時代, 實大衆を愛し, 實太田はさ, 實如何と云, 實嬉しくて厚く, 實存哲學的なすがた, 實存在せしや, 實存的人間の心理學, 實の態度, 實客觀的實在世界に屬, 實宰相の仕事, 實家あしらひの, 實家新原家の墓, 實家駒込追分のささやか, 實寛んだ帶, 實で林檎, 實小説では有り得ない, 實居士である, 實山椒は奴, 實常によきに, 實幕府外交に際し, 實平民の發展, 實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 實弟公證人奧宮某の如き, 實が飛び出す, 實彈演習で習志野, 實に出し, 實彦氏が紹介, 實彼女の髮, 實彼女自身四十年前に一人, 實彼此の律文, 實の一萬五千圓, 實徳氏の一萬五千圓, 實の中, 實忿寇讐壅塞天路控弦百萬義聲感激方欲大擧, 實性實在性, 實性感性がただ, 實性質料と形相, 實情ない事と, 實の主, 實愛徳大寺實則岩倉具視徳川慶勝松平慶永島津義久山内容堂西郷隆盛大久保利通後藤象二郎福岡孝悌これらの人々, 實感性がただ, 實である, 實惡と, 實懇ろにし, 實と生命, 實戀愛の動機, 實我が物に, 實我身は獨, 實戰シタル軍隊ハ徴兵制ノ佛蘭西ト露西亞ニシテ, 實戰ニヨリテ立證セラレタルモノニ非ズ, 實戰武道の研究, 實所謂人生からはまるで, 實技上の智識, 實折口さんのお話, 實持誦然後彼金剛及彼蓮華二事相撃, 實採るは誰, 實支那の建築, 實支那人の法律, 實支那官場の如き, 實收三萬石の采地, 實收入の, 實政府が怯懦, 實效以上の威嚇, 實畏の, 實として考, 實數二萬餘人に達した, 實數四十神だが, 實方卿の, 實施されず正確には, 實施される時代も, 實施せむと欲し, 實施せむことは難, 實施シテ參政權ノ運用ニ慣習セシム, 實施上の交渉案件, 實施以來其の朝, 實施問題をめぐる, 實施如何といふ點, 實施後の經過, 實日本は支那, 實明白となる, 實れ好, 實の間, 實景實情を語る, 實暦明和寛政と加速度, 實暴露でないか, 實書くことも, 實曾國藩ほどの人, 實最も反對, 實最初は力, 實有性の種々, 實朝一方には此萬葉, 實朝以來一向に振ひ, 實朝公の墓穴, 實朝大江廣元の諫言, 實に於, 實相成ること, 實業上に關, 實業團體や教育家團體, 實業奬勵策は何人, 實業學校長會議の席上, 實業家役人軍人教育家いろいろち, 實業家法律家教育者の生活, 實業家的立場から云つて, 實業家耽溺家或は探, 實業文藝などを合致, 實業方面に向けたら, 實業會社方面の寄附, 實業理化動植の諸, 實業的仕事を見つけよう, 實業社へ行つて, 實業談をやる, 實業雜誌主筆たる信用, 實業雜誌界月並みの, 實業青年にも同, 實極めて醜きもの, 實の季衡, 實權内にある, 實此世に亡, 實りたくない, 實歸結事實へと眼, 實死ぬの生きる, 實氣障で間拔, 實永遠なる改造, 實の物, 實沖繩諸島では他界, 實泣きたい樣な, 實深紅に變, 實測したる結果なれ, 實測ではなく, 實測によつて一般に, 實く侘し, 實無口な丹, 實無比な子分, 實物とわづかに, 實物以上に強い, 實物其三は土器形状模樣, 實物大でしかも, 實物幻燈といふもの, 實物教育の標本, 實物標本を紹介, 實物研究にも年月, 實のやう, 實現さすべきでありその結果人生, 實現させてゐます, 實現させたので無論, 實現され得る乃至されね, 實現したる政黨内閣をも, 實現し得たる限りの, 實現し得ない限り過去の, 實現せしむるためにはわれ, 實現せしめざるを得ない, 實現せしめねばならぬ, 實現せしめる副原因, 實現せられざりし新生面を, 實現せられず未だ結果, 實現せられないが, 實現せるものとして, 實現出來るか, 實現在の生活, 實から出, 實用ニ應ズル完成ヲ得, 實用一點張の刀, 實用一點張りにその, 實用上の效果, 實用實用と考へ, 實用性を與, 實用效果を稱, 實用方面に於, 實用的工藝品にけばけばしい, 實用的標準に照らし, 實用的見地からする, 實用眞理説はまだ, 實用計りを目的, 實用語學を教, 實用鼻緒の材料純綿, 實と云, 實田舍から出, 實當面の問題, 實白蝋虎の肉, 實百兩盜つて十兩か五兩, 實的一致といふもの, 實的不一致が眞理, 實的世俗的生においては主, 實的世界は自然的文化的生, 實的作家としての新, 實的内容にも平等, 實的功利主義から概して, 實的勢力として主, 實的地盤を明瞭, 實的妄執とも云, 實的存在の事柄, 實的存在そのものの歴史的, 實的存在世間的又は世俗的, 實的存在物にし, 實的客觀的歴史的に道教, 實的實感の上位, 實的將來ハ依然トシテ小資本ニヨル私人經濟ガ, 實的幻影は二日, 實的形相とならね, 實的性格においては實, 實的意志に服從, 實的意志彼等の利害, 實的改造ノ要求セラレツツアル現代社會革命説, 實的状態においてはすでに, 實的自己となる, 實的自我内に於ける, 實的體得などそれから, 實がある, 實だ人別, 實盛氣取でもあるまい, 實監視の重大役割, 實直第一に, 實相そはざる, 實相伴はざる, 實相實相と追, 實相論などは毘陀, 實相違で自分, 實相院頓譽淨圓居士である, 實眞面目になつて, 實は川崎, 實社會的の爲事, 實祖母としてある, 實福州から長安, 實私一人だつた, 實に入り, 實の學生, 實科女學校に出, 實秩父の重忠, 實立所に暴露, 實竝行の兩日記, 實笑つてゐるの, 實二第, 實篤兄から序文, 實粉碎したカント, 實粹な奉, 實素性も家, 實累々たる樂園, 實網經過の状態, 實習實行すること, 實考へてなんか居なかつた, 實考へた如く現在が, 實の役濟むべ, 實なき人々, 實職實務のある, 實胡桃の實, 實宮者に, 實自己の發展, 實自然といふ表, 實至聖の詩篇, 實船路なれど, 實若くは文字, 實菓子好の人, 實落つる沼なれ, 實行さへすれ, 實行せんとせ, 實行といへる流行語, 實行上に伴, 實行刹那主義の哲理, 實行可能の域, 實行可能性を有す, 實行如何を反省, 實行委員が僕, 實行手段として火災, 實行方法を定める, 實行方面は歸化種, 實行時代ニ入レル今日トナリテハ其レニ附帶セル空想的糟粕ハ一切棄却スベシ, 實行派であるけれども, 實行爲と力, 實行的の努力, 實行的手段には迂, 實行的文學に對, 實行的理想家でありたい, 實行的自我を逸する, 實行的藝術論の根本原理, 實行者タラザルヲ得, 實行躬踐の分量, 實行運動の端, 實裏口は外, 實見すれば何人, 實見せられたような, 實見るからに紙幣, 實解散は政友會, 實記録にものこらない, 實りでなく眞, 實試法は詳細, 實語教なんぞを讀む, 實説左の如し, 實説明の出來, 實も終る, 實論者以上に深い, 實謙遜の意味, 實證主義的傾向のうち, 實證主義者である, 實證的歴史的研究においても第, 實にあらず, 實變つた事を承認, 實貴重な事業, 實賣りの娘, 實質上大に爲, 實質上現在の社會, 實質以上に虚名, 實質以上買ひかぶつて, 實質共に歐洲文明, 實質内容の詮議, 實質同一である, 實質的内容を檢討, 實質的施爲を取る, 實赤く冬さり, 實起り得るものとして, 實超脱の努力, 實も何, 實路易は去年, 實踐そのものの中, 實踐哲學そのものの缺陷, 實踐派の哲學者, 實踐理性の要請, 實踐的交渉は不可能, 實踐的人倫的活動の諸, 實踐的哲學の助力, 實踐的唯物論者即ち共産主義者, 實踐的差異も辿られる, 實踐的意義を認識, 實踐的感性的なる活動, 實踐的法則に存する, 實踐的理性の全, 實踐的生活から脱, 實踐的目的に向, 實踐的表現に, 實踐者たる範, 實踐道徳を教, 實車輪の半ば, 實追討之訖, 實進んでは事柄, 實道具立ての一つ一つ, 實酸く醂して, 實野呂に對, 實は無い, 實録ものはすべて, 實長安に於ける, 實長年のゆたか, 實隔離して, 實際あそこの人參葉, 實際あてはない, 實際あなたに泣きつかね, 實際あれ丈の好意, 實際おれたちは人間, 實際お前の訴, 實際これら二つの觀念, 實際さうであるやうな, 實際それらのうち, 實際ぢや, 實際とんでもない不仕合せ, 實際どこの組織だつ, 實際どれだけが自分, 實際ひと昔前には上流社會, 實際へとへとだった, 實際エソツプといふ人, 實際カントの哲學, 實際コッケイな位, 實際シュリーマンとは比, 實際ソレルは總同盟罷工, 實際チェエホフは短篇作家, 實際トンネルを拔, 實際フォイエルバッハのアントロポロギー, 實際フランス大革命, 實際プルウストの尻, 實際ヴェリチャーニノフは不意, 實際一圓の香奠, 實際一時は師匠, 實際一目見るや, 實際三十一歳で既に, 實際三名の番屋, 實際上兩者は密接, 實際上古の純, 實際上吾人の憂苦, 實際上左程の功益, 實際上必要がない, 實際上餘り不都合, 實際不思議だよ, 實際世界に於, 實際世間といふもの, 實際主義者現實主義者, 實際久保田君自身は寫實主義, 實際事に當つて, 實際五人や七人, 實際五十嵐の身, 實際京都で戰爭, 實際人間生活の内容, 實際今度は僕, 實際今日以上に彼等, 實際今日職業の統計, 實際仕方がなかつた, 實際仙人が落ち, 實際何をやつ, 實際何ごとかがあった, 實際何ものかの影, 實際何一つ爲出來すこと, 實際何時だか, 實際何程にも當ら, 實際作歌の場合, 實際作者なり筆者, 實際使つた器を記載, 實際信吾でも歸つて色々, 實際俺自身も心, 實際個性の筆頭, 實際健康に關, 實際僕喫驚したぜ, 實際先秦古書の批評, 實際全身にその, 實際公平に論じ, 實際其方が有益, 實際其編である事, 實際冷吉にはすべて, 實際初めは伯, 實際判然したる者, 實際前記の大, 實際北京の正, 實際十分に明, 實際十分二十分とはかからぬ, 實際印度洋中マルダイブ群島から數千里南方, 實際危險な例へば, 實際厄介でもある, 實際去年の秋, 實際古代に行, 實際史上に殘, 實際合掌して, 實際哲學において, 實際哲學的の面白い, 實際土が載せ, 實際地下の水, 實際地方では人, 實際地質學で研究, 實際壽命が盡, 實際夏こそは男, 實際多くの定律詩人, 實際夜も更けた, 實際大人の賞翫, 實際大概のもの, 實際大野と靜子, 實際大阪で製造, 實際天分に對, 實際失望落膽したです, 實際女は清淨無垢, 實際女房にすまない, 實際如何に行, 實際娘であつ, 實際子を思ふ, 實際家者流の鑛山師等, 實際實の事, 實際實驗の場合, 實際小生が其處, 實際尠少にし, 實際山奧の湯村, 實際岩見澤まで行つて來たん, 實際島は最初, 實際島崎氏が何と, 實際差支へが無い, 實際師匠に殺される, 實際幕府も情けない, 實際平然として應對, 實際平生紙幣や銀貨, 實際年を經, 實際幻影で到底, 實際幾たりもあり得る, 實際庭口から裏門, 實際弟と澄子さん, 實際弱つちやつた, 實際彼等指導者はこれ等, 實際心持のいい, 實際怎も肇さん, 實際悲鳴を揚げ, 實際情け無いもん, 實際惡い事, 實際想像も及ばぬ, 實際意志がいかなる, 實際愚なこと, 實際愛と希望, 實際感心せしめられるの, 實際應仁の亂, 實際我等の此の世界, 實際手の著, 實際手足が痺れ, 實際持ち前の執着癖, 實際推理小説大小作家の業績, 實際支那通が非常, 實際政治に携, 實際政治家として中, 實際教育者からいへ, 實際敷居の穴, 實際數千人の者, 實際文太郎はそれ以來是非一枚, 實際文章ほど複雜多岐, 實際斯う言つた顏, 實際施設の方面, 實際旅行をし, 實際日本密教は金剛, 實際日本語の詩歌, 實際昔の原始時代, 實際普通の支那文字, 實際景色を見, 實際暗黒から少し, 實際最後の別れ, 實際朝の寢床, 實際村の人, 實際歌がよく, 實際此兩宗の間, 實際此月なんか子供等, 實際此校長位は屁, 實際此谷中村と云, 實際歴史を調べる, 實際死の命令者, 實際毒がひどい, 實際氣が晴れる, 實際河口湖は平凡, 實際法律上では, 實際泥繩式だと, 實際洗ひ曝しの, 實際津浪が寄せ, 實際渠の事業, 實際滿洲とか西比利亞, 實際火のうち, 實際父の愛讀書, 實際物を切る, 實際獅子にはまだ, 實際生なる物, 實際生活上の必要, 實際當てにし, 實際當惑したらしかつ, 實際病院を出た, 實際的作品を擇, 實際的價値一切の學理的妥當, 實際的努力を導く, 實際的政治家として中, 實際的方法宜しきを, 實際的根據も現在, 實際的理想的思想的のところ, 實際的生活にとつて, 實際的知識であるか, 實際的設備として藝術家, 實際的責任問題なり, 實際目前にちらつく, 實際直接勞働運動に携わつた, 實際眠つて居るにも, 實際石皿と伴, 實際碌な者, 實際私達はエセ泉鏡花, 實際私達二人は伯母さん, 實際稀れには, 實際稗田の阿, 實際罪惡感にすら責められる, 實際義雄はその, 實際老後の彼, 實際胴忘れに手紙, 實際能を見た, 實際自分自身の處分, 實際船が港, 實際良秀には見た, 實際色々な人, 實際若菜集を出した, 實際菜の花が咲い, 實際葉書研究の專門家, 實際藤野さんは今, 實際螢は地方, 實際行つて見て, 實際親切ないい, 實際設備と攻城, 實際詩人にしろ, 實際調査すると, 實際謎の人, 實際變るに, 實際變つてゐるもの, 實際變化しつ, 實際距離は經度, 實際距離二百二十度に對比, 實際躑躅なんて云, 實際近世以前に於, 實際近頃の自分, 實際逢つて見ると, 實際運のつかない, 實際道家若くば, 實際適はない, 實際遺失して, 實際重大なる問題, 實際長崎に行つて, 實際長期に亙る, 實際閉口ぢや, 實際閭はこれ, 實際陸行して, 實際難かしく考へれば, 實際雨が降, 實際雲のやう, 實際頂髮式に背いた, 實際頭巾にて覆はれ居るべき, 實際頭腦の雋敏, 實際飯田町へ歸つたの, 實際餘り美しい, 實際駄目だよ, 實隱岐が何, 實露見の端緒, 實非力な仕業, 實非常な急, 實鞏固を圖, 實頗る老獪なる, 實顏何處かお侠, 實顏其に口紅, 實顏笑ふと僅か, 實に感じる, 實食べた故さ, 實駄目であ, 實験室で劃期的, 實驗くらゐやつ, 實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, 實驗ト後ナル淵源ヲ深, 實驗事實を檢, 實驗以上の結論, 實驗場で進捗, 實驗室内に於, 實驗家の生涯, 實驗心理學の歴史, 實驗物理學的の仕事, 實驗的事實を論據, 實驗的基礎を得る, 實驗的精神が足りない, 實驗的證明は無, 實驗研究を行ふため, 實驗致しました處, 實驗解剖を見た, 實驗設備が整, 實驗證明を得た, 實驗體得を基礎, 實體さで挨拶, 實體カントやフィヒテ, 實體一の存在, 實體化して, 實體持續及び數, 實體持續數その他これに類する, 實體鏡で見る, 實體關係などがロック, 實高く飛ぶこと, 實垂れし幼時, 實魚かに等をとり, 實ふけば, 實にかがやき, 實黒く忍冬の, 實ずむ觀, 實と私