青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寝台 寝台~ ~寝室 寝室~ ~寝床 寝床~ 察~ ~察し 察し~ ~寢
寢~
~實 實~ ~寧ろ 寧ろ~ 寮~ 寸~ ~寺 寺~ 寺院~ 対~

「寢~」 2273, 25ppm, 4744位

▼ 寢~ (680, 29.9%)

23 しまつ, ゐた 19 居るの 18 ゐる 17 ゐて, ゐるの 10 ゐると 8 居て 7 しまひました, 居ると 6 了つた, 居た, 居る筈 5 ゐたが, ゐるところ, ゐるん

4 [13件] しまひましたよ, ゐたの, ゐたので, ゐても, ゐるうち, ゐるお, ゐる部屋, 居たの, 居ります, 居る, 居るから, 居るし, 居る部屋

3 [15件] いるの, さへも, しまふ, ゐたん, ゐるから, ゐること, ゐるので, ゐる二階, ゐる娘, 居たといふ, 居た筈, 居りました, 居りますが, 居るが, 居るところ

2 [42件] いた, いたの, いらつし, お出, しまつたのか, しまひましたが, ゐたと, ゐたま, ゐたり, ゐた母, ゐます, ゐや, ゐるし, ゐるやう, ゐる人間, ゐる佐野松, ゐる太田, ゐる室, ゐる心, ゐる病人, ゐる私, ゐる者, ゐる間, 了ふ, 居たお, 居たが, 居たと, 居たん, 居た私, 居ました, 居りましたが, 居りますから, 居るうち, 居るお, 居るのに, 居るん, 居るんで, 居る勘兵衞, 居る奴, 居る者, 目を, 起きて

1 [317件] あけがた, いてね, いました, いましたが, いましたそう, います, いるでしよう, いると, いるところ, いるもの, いるん, いるキャムプ, いる兩親, いる胸, いる顏, おいでに, おくれ, おくれおれ, おしまいに, おしまひ, おりました, おれと, お出なされませ, お醫師樣, くらすこと, くる考, くれないので, しまあ, しまいました, しまうて, しまったという, しまつたで, しまつたといふ, しまつたのなら, しまつた樣子で, しまつた樣子です, しまつた蟒は, しまつてて, しまつてゐ, しまつて何んにも, しまつて便所へも, しまはれた, しまひましたね, しまひます, しまひ今朝, しまひ外, しまひ目, しまふこと, しまへ, それから夏, それは, はしぢかに, はります, ましもの, ますが, む後は, めざめたやう, もらつて, ゆく舟, わが立ち出づる山かげ, ゐたい, ゐたお, ゐたか, ゐたから, ゐたけれど, ゐたこと, ゐたこの, ゐたさ, ゐたその, ゐたといふ, ゐたなんて, ゐたひよろひよろ, ゐたほう, ゐたやう, ゐたらたうとう, ゐたら間, ゐた上, ゐた主人, ゐた側, ゐた六疊, ゐた嘉三郎, ゐた學校, ゐた幸子, ゐた息子, ゐた時, ゐた樣子, ゐた父, ゐた由, ゐた看護婦, ゐた筈, ゐた與, ゐた部屋, ゐた間, ゐた首, ゐないの, ゐないん, ゐなくては, ゐなさるのよ, ゐなよ, ゐぬのに, ゐは, ゐました, ゐますよ, ゐようか, ゐられないの, ゐられないらしい, ゐられない氣持, ゐるおま, ゐるおれ達, ゐるかたはら, ゐるかと, ゐるかな, ゐるすぐ, ゐるそば, ゐるであらうか, ゐるであらうかと, ゐるでは, ゐるとき, ゐるなと, ゐるなんて, ゐるに, ゐるのに, ゐるのよ, ゐるひさ, ゐるふところ, ゐるほか, ゐるほどの, ゐるめい, ゐるもの, ゐるよ, ゐるわけ, ゐるんぢ, ゐるんで, ゐる中の間, ゐる中風, ゐる二階六疊, ゐる伜, ゐる側, ゐる先妻, ゐる内, ゐる匂, ゐる吉五郎, ゐる多, ゐる大工, ゐる夫新三郎, ゐる奉公人達, ゐる奧樣, ゐる女, ゐる志郎, ゐる所, ゐる方, ゐる時, ゐる時分, ゐる末, ゐる構圖, ゐる次の間, ゐる母子づれ, ゐる犬, ゐる甥, ゐる由, ゐる疊, ゐる病父, ゐる眞上, ゐる眼, ゐる祖父母達, ゐる竹丸, ゐる筈, ゐる繼母, ゐる老, ゐる葉藏, ゐる蒲團, ゐる處, ゐる袖, ゐる見知らない部屋, ゐる遠藤, ゐる隱居, ゐる雇人等, ゐる顏, ゐる風, ゐる香, ゐる齋藤, ゐ給, オゾーンを, 不味い物, 九月二十三日の, 了つたあとは, 了つたことも, 了つたと, 了つたといふ, 了つた店を, 了つた樣だ, 了つてから, 了ひました, 了ふこ, 仕舞つたから, 仕舞つてから, 仕舞ひました, 來た, 來ました, 僕は, 出でましき, 厭な, 喰つてゐる, 夜中に, 夢を, 大きくなれ, 居たあたり, 居たこと, 居たつて言, 居たに, 居たので, 居たばかり, 居たら眼, 居たら間違ひも, 居たんで, 居た主人, 居た二階, 居た八疊, 居た奉公人達, 居た民, 居た白犬, 居た行火, 居た親爺, 居た部屋, 居た養子, 居た馬, 居つた時, 居ても, 居ないで, 居ながら, 居なさるの, 居なされよ, 居ましたので, 居ます, 居ますぜ, 居られたが, 居られないやう, 居りました師匠, 居りますので, 居り子, 居り手代, 居るあつし, 居るあの, 居ること, 居るさ, 居るつて法, 居るとやら, 居るなんて, 居るに, 居るやう, 居るよ, 居るらしく次, 居るらしく見たところ六十, 居るガラツ八, 居る三人, 居る三右衞門, 居る三郎兵衞, 居る主人, 居る兄さん, 居る名ばかり, 居る品, 居る多, 居る大, 居る女, 居る娘, 居る方, 居る時, 居る枕元, 居る此兒, 居る民, 居る癖, 居る納戸兼用, 居る身, 居る間, 居る離室, 居る離屋, 居る顏, 居る首, 居る馬, 居乍らも, 待つこと, 思ふこと, 手は, 手足を, 抱付締寄せ, 晩飯も, 暮したといふ, 暮らしたこと, 梭の, 歌を, 歩きたい, 毛布を, 添乳し, 町を, 稼いで, 米を, 置かうと, 聖ピエトロの, 自殺者の, 自由な, 良い夢, 行き去れ, 行つた, 行つたといふ, 見た, 見て, 見るせゐか, 見度, 貰は, 貰ひました, 起きたい時, 起きると, 踏返した, 酒に, 飯食つて寢て, 鯉を, 默つて歸つて行く

▼ 寢~ (221, 9.7%)

10 前に 8 のは 6 やうに, んだ 5 ことにな, ことは 4 ことに, のか, のも 3 ときは, のが, のです

2 [12件] ことが, ことを, といふ, と云, と母, のだ, のを, んです, 女たちには, 時は, 癖が, 頂板に

1 [136件] お兼, かぢ, かと訊く, からである, からやつぱり二人, から御免, か次ぎ, がい, が二人, が俺, くせが, こと, ことから, ことだ, ことである, こととど, ことにかけては, ことによりて, さうで, その恰好, ぞ, ために, だけにある, だけの場所, だけ寢, つもりで, つもりな, と, といい, といふ離屋, ときだけ, ときに, ときの, とき取り揃へて, ところまで, としよう, とすぐ, となる, とは珍しい, ともなし, と地震, と小屋, と昔淀川, と温う, と言, と雷鳴, どころの, には早から, には私, にも寢, にも起きる, のかと, のさ, のだろう, のである, のでございます, ので向, ので奉公人仲間, ので彼, のにやア, の敬語, ほどになつ, ほどのもの, ほど人懷, までもあか, までコキ使, まで人斬庖丁, まで奧, まで都, まへの, も起る, やうな, よ, ように, よりは小さい, よりほか, より仕方, わけで, わけにも, を肯んぜず, んだい, んださうです, んで, んや, リボン一本よりも, 三疊の, 世話は, 世話を, 中で, 事た, 事に, 事にな, 事も, 事を, 人が, 人も, 佐渡の, 刻限が, 前には, 前の, 四疊半に, 場所を, 壁際の, 夜の, 夜や, 夜幾夜ある, 夜落ちず, 家無き, 床, 支度も, 支度を, 方が, 方で, 方でへ, 時に, 時には, 時の, 時まで, 時一度, 時主人が, 時念入りに, 時枕元に, 時煎, 樣だ, 氣が, 氣にも, 目も, 程で, 習慣である, 草には, 處です, 處とかいふ, 迄無意識, 部屋に, 金之助が, 間も

▼ 寢~ (118, 5.2%)

9 のは 3 か, きりで, と云, ふりを 2 が如何にも, ことが, ところを, やうな, やうに, 心, 筈の

1 [83件] あとへ, いちうて泣いた, かと思ふ, かも知れない, から今, がした, が夜, が夜中, が夜具, が翌, きりである, ことだ, ことだつた, ことと, ことなんて, ことに, ことは, ことも, ことを, しかし一夜, といふ金五郎, とか云, とか寢, と成る, と見せかけ, なりで, のか, のかも, のが, のだ, のだらう, ので, のであつ, のであらう, のでせう, のと, のを, ばかりだ, ばかりだつた, ばかりでした, ままな, ままぽろぽろ, まま唇を, まま延びを, ものかと, よ驅, んです, ナ, ベツドぢや, 三日目の, 上あたりで, 上は, 主人が, 乞食だ, 事が, 事を, 事翌, 傳六を, 兒を, 切りの, 場所と, 女の, 女中が, 寢た, 後で, 時分納戸や, 時刻は, 時竹で, 棟梁だ, 樣子だ, 樣子も, 牢屋の, 男が, 筈だ, 筈を, 而し, 艫の, 蒲團の, 部屋に, 頃の, 顏へ, 風を, 鼻へ

▼ 寢~ (101, 4.4%)

61 して 10 されて 2 されたま, されました, した床

1 [24件] され, された, されたが, されたこと, されたの, された部屋, されましたが, されるの, した, したの, した上, した六疊, した善兵衞, した方, した横井, した赤, してやらうと, してやると, しました, し二枚折屏風, し仁丹, し形, し百太夫, し足

▼ 寢ころん~ (50, 2.2%)

7 でゐる 4 でゐた 2 だりし, で愉快

1 [35件] でうち, ですぐ, でた, では一見放心, でゐ, で割れた, で地面, で大, で居, で居る, で庭, で彼, で手あたり, で新聞, で暑, で東京, で柳, で樂, で無駄ばなし, で煙草, で眠り, で眼, で知らん振り, で秋, で空, で聞い, で聞く, で肱まくら, で見た, で詩集, で話し込んだ, で誰, で雜誌, で青い, で頬杖

▼ 寢~ (50, 2.2%)

28 して 2 する

1 [20件] した, したから, したが, したこと, したと, したの, したらしいの, した上, しつちまつたのよ, しても, してるが, しなせ, しましたよ, すること, するの, するん, する樣子, する漸, する筈, 始終氣

▼ 寢そべつ~ (41, 1.8%)

6 てゐた 5 てゐる 3 て居る 2 たりし

1 [25件] た, ていた, てお, てしかも, てゐ, て何, て兩足, て居た, て居られ, て居ります, て徒ら, て日向ぼつこ, て本, て泥水, て煙草, て甲羅, て粉煙草, て自分, て街, て見, て話, て讀まれ, て路地, て雷, て餌

▼ 寢返り~ (39, 1.7%)

9 を打つ 6 を打つた 3 をうつ, をし, をした 2 を打たう

1 [13件] て, ながら云つた, の時, の氣勢, ばかり打つ, も打てない, も自由, をうち, をうつた, をしつ, を手傳, を打たれ, を打ち

▼ 寢~ (32, 1.4%)

9 の番 3 に待つ, に搜 2

1 [15件] てよみける, にお, にでもする, にゐる, に働い, に働いた, に居よう, に心配, に忠五郎, に看護, に碁, に私共, に考へた, に飛廻りました, 御寶我

▼ 寢~ (29, 1.3%)

2 就く, 就く時

1 [25件] けり, ける, した三田, しづむらしまして墓原, ついたが, つきしに, つけり, 下りて, 來い, 來し, 來る, 先ち, 入らしたあと, 就いた, 就かうと, 就かむとする時, 就きて, 就きぬ, 就きます, 就くの, 就く事, 就けば, 歸って, 行つた, 還る軍馬

▼ 寢泊り~ (28, 1.2%)

18 して 3 をし 1 させるやうぢ, したところ, すること, するところ, するやう, する事, をいたし

▼ 寢ながら~ (25, 1.1%)

2 兩手で

1 [23件] くみ子との, くれて, その古ぼけた, それを, たくさん本を, どうして妻, プルウストの, 佛造つた額を, 出來, 土地の, 星が, 無意識の, 然し寢, 獨り, 相島の, 眺めて, 考へて, 聞いた, 聞いて, 見て, 足先で, 附いて, 電氣スタンドを

▼ 寢よう~ (25, 1.1%)

4 とする 2 とした, と知つた

1 [17件] おもつとつたん, か, といふ時, とし, としてゐた, として寢卷, として居る, とはわたし, ともしなかつた, と幾度, と思う, と思つた床, と思つた時, と思ひました, と思ふ, と身體, なア竹

▼ 寢部屋~ (23, 1.0%)

2 の小, の窓

1 [19件] から出なかつた, がまた, だつたの, でもありました, で傅次郎, なども下女二人, にはよく, にも使つて, に陣取りました, のあたり, はひどく, へは來, へ一番, へ入, へ宵, へ忍び込ん, まで別, らしくかなり, を見せ

▼ 寢~ (21, 0.9%)

13 へりを 2 えりを 1 へりするの, へりも, へるけは, へるとては, 一度飯を, 第二

▼ 寢入り~ (21, 0.9%)

5 して 3 をし

1 [13件] したが, したら直ぐ, すると, たる女, ても仕舞, でお, ときめました, とする, とやらかす, の魂魄, ばなで, ばならしい, を續

▼ 寢たり~ (18, 0.8%)

11 起きたり 2 坐つたり 1 して, するの, なぞする, 起きたりで, 起きたりの

▼ 寢~ (18, 0.8%)

1 [18件] さびしさが, まに, 四十男, 夜など, 夢の, 天幕を, 寛り, 床も, 敬語を, 早起, 早起きが, 早起きで, 朝ぼらけ, 爲めに, 番を, 目を, 農夫には, 部屋を

▼ 寢~ (18, 0.8%)

5 で居ります 3 でゐた, で居りました 1 だ, だやう, だ部屋, でるもん, で居なさる, で居ます, ねさして

▼ 寢たつ~ (17, 0.7%)

3 きりで

1 [14件] きりだ, きりです, きりに, きりの, きり家の, きり横に, てしようが, て宜, て眠られやしません, 切りでございます, 切りです, 切りの, 切り奧方の, 切り業平朝臣から

▼ 寢~ (17, 0.7%)

8 やらずに 2 やらず待つて 1 やらず, やらずつら, やらずヒソヒソ, やらず平次, やらず日頃, やらず美しき, やらで獨

▼ 寢~ (15, 0.7%)

5 になつ 4 になりました 1 になっ, になつたん, になつて, にならない, のところ, のやう

▼ 寢込ん~ (15, 0.7%)

3 でしまひ, でしまひました, でしまふ 2 で何ん 1 でから誰憚, で二人, で定吉, で開け

▼ 寢~ (14, 0.6%)

1 [14件] えつちまつた, えつちやつたかんな今, がての, ては夢, て名, て寒, にたりける, またも, また衣, 夜は, 穀類に, 空腹く, 貧窮の, 難く起つ

▼ 寢起き~ (14, 0.6%)

2 の惡, の良い 1 すぐの, であつ, なんかに構, の早い, の氣分, はし, をする, をともに, を共に, 奉公人への

▼ 寢んで~ (11, 0.5%)

2 しまひました 1 おります, らつ, ゐること, ゐる部屋, 下さい, 居られたの, 居るよ, 居る三人, 見るといふ

▼ 寢ころび~ (10, 0.4%)

1 つつ女生徒, ながらトロツコ, ながらパイプ, ながら例, ながら初めて, ながら温かい, ながら物差, ながら螢, ながら讀ん, ながら足

▼ 寢どこ~ (10, 0.4%)

1 で暖められた, にもぐりこみました, に三人, に入, の上, は廣, へ行, を作つた, を敷い, を敷き初めた

▼ 寢ても~ (9, 0.4%)

4 起きても 1 下痢は, 不安起き, 居れんぢ, 影法師起き, 覺めても

▼ 寢椅子~ (9, 0.4%)

1 に凭, に凭つて, に半裸體, に横, に身, のうえ, の中, を持ち出し, を縁側

▼ 寢ころ~ (8, 0.4%)

4 がつて 2 がつた 1 がつたの, がつて眼鏡

▼ 寢~ (8, 0.4%)

2 さ寢てば, て 1 づまつた兩側の, づまつてから, づまつてゐる, 我かも

▼ 寢てる~ (8, 0.4%)

2 んだ 1 とこ咽喉笛に, のねえ, べえ, 時だ, 時の, 樣だ

▼ 寢ない~ (8, 0.4%)

1 ことは, で働いた, で待ツ, で番, のが, のは, んです, 町の

▼ 寢られない~ (8, 0.4%)

1 し氣味, ときには, と言つて, ほどひつきりなし, やうに, 人だ, 位嬉し, 晩など

▼ 寢起きし~ (8, 0.4%)

5 てゐる 1 てゐた, て床下, て晝間

▼ 寢込んだ~ (8, 0.4%)

1 か馬方め, といふ時分, といふ番頭, ところを, ま, 主人の, 地方長官は, 時は

▼ 寢しな~ (7, 0.3%)

1 に厠, に女連, に殘, に煙草, に番頭さん, に睡眠剤, に聞い

▼ 寢ついた~ (7, 0.3%)

2 であらう 1 かと思ふ, ことが, 父親は, 病人の, 頃佛壇が

▼ 寢ました~ (7, 0.3%)

1 が, がその, が一年三百六十五日, が曾祖母さん, が犬, が陽, よ

▼ 寢心地~ (7, 0.3%)

1 が惡, が惡い, が良い, のもの, のよかつ, は良い, も惡

▼ 寢かせ~ (6, 0.3%)

1 ておく, てくれた, て置かう, て置きたい, て置く, て自分

▼ 寢~ (6, 0.3%)

1 てあげとく, てある, てあれ, てけない, て終, 座敷を

▼ 寢~ (6, 0.3%)

4 べる 1 けてし, べっていた

▼ 寢つい~ (6, 0.3%)

1 たりし, ている, てからひと月近く, てからもう, てしまった, てしまふ

▼ 寢つかれない~ (6, 0.3%)

1 お前ぢ, といふ小判形, のであの, ほどで, 事が, 時は

▼ 寢込み~ (6, 0.3%)

1 でも襲, ながら忍び泣き, を押, を襲つて, を驚かした, を驚かす

▼ 寢ころんだ~ (5, 0.2%)

21 がお, まま上を, まま山林官が

▼ 寢こん~ (5, 0.2%)

1 でいられる, でいる, でしまひ, でふっと, で九時半

▼ 寢した~ (5, 0.2%)

3 まひき 1 まふ, まへりし

▼ 寢たま~ (5, 0.2%)

1 へ, までそれ, まで尼, まで言, まで開け放した

▼ 寢たら~ (5, 0.2%)

1 と指, どう, どうか, よからう, 少し汗

▼ 寢ちや~ (5, 0.2%)

1 あ危, はうかと, ゐられない性分, ゐられなかつたかも, ゐられませんよ

▼ 寢てから~ (5, 0.2%)

1 さきの, 半ばは, 床に, 打ち明けた, 私は

▼ 寢てばかり~ (5, 0.2%)

1 ゐた, ゐたのに, ゐたわけ, ゐても, ゐるの

▼ 寢てを~ (5, 0.2%)

1 ります, りますが, り次, る室, れば

▼ 寢~ (5, 0.2%)

1 といふ小唄, に明く, に綾, 戸の, 第一夜

▼ 寢ぼけ~ (5, 0.2%)

2 てゐる 1 きつた, ても居る, てゐた

▼ 寢られぬ~ (5, 0.2%)

1 ま, 事も, 夜半の, 性の, 晩が

▼ 寢られる~ (5, 0.2%)

1 でせう, と申し, ものか, やうに, 段じゃ

▼ 寢不足~ (5, 0.2%)

2 のはれ 1 の女中, の蒼白い, らしい顏

▼ 寢呆け~ (5, 0.2%)

2 てゐる 1 た雄, て反, て部屋

▼ 寢苦しい~ (5, 0.2%)

1 か變, ので右, 一夜を, 夜を, 思ひを

▼ 寢かし~ (4, 0.2%)

2 付けて 1 てあつた, 付けようと

▼ 寢かしつけ~ (4, 0.2%)

1 て居たらしい, て歸, て臺所, 寢不足の

▼ 寢かす~ (4, 0.2%)

1 ことに, ことにな, と平次, 場所も

▼ 寢ぐる~ (4, 0.2%)

1 しいんだ, しい思ひを, しい眠れない夜, しくなつ

▼ 寢たる~ (4, 0.2%)

1 に云々, わらべの, 子の, 高胸坂

▼ 寢~ (4, 0.2%)

1 いでなさいよ, くれや, 云ふ, 美食と

▼ 寢~ (4, 0.2%)

1 する, 宿さむ, 毒だ, 胸も

▼ 寢ぼけた~ (4, 0.2%)

1 やうな, ような, 處を, 顏つきで

▼ 寢付かれない~ (4, 0.2%)

1 からと仰し, のでもう, 何處からか, 樣子でした

▼ 寢付けない~ (4, 0.2%)

1 と仰し, ほどの逆上せ, やうな, やうに

▼ 寢入っ~ (4, 0.2%)

3 てしまった 1 てしまっ

▼ 寢おびれ~ (3, 0.1%)

1 て, てかつ, の

▼ 寢かしつける~ (3, 0.1%)

1 ことまで, とあの, とむつ

▼ 寢ころぶ~ (3, 0.1%)

1 といい, と何時のまにか, のは

▼ 寢ざめ~ (3, 0.1%)

1 の床, の心づか, の風の音

▼ 寢そびれ~ (3, 0.1%)

1 てしまひました, て曉方, て踏

▼ 寢そべり~ (3, 0.1%)

1 いかにもつまらな, ながら陽氣さうに唄, ながら順番

▼ 寢たん~ (3, 0.1%)

1 だから, ださうです, だつて

▼ 寢つかれ~ (3, 0.1%)

1 さう, さうもない, さうもなかつた

▼ 寢つかれぬ~ (3, 0.1%)

1 と口説く, 夜などは, 性で

▼ 寢つき~ (3, 0.1%)

2 の惡 1 が惡

▼ 寢つづけ~ (3, 0.1%)

1 ている, てゐたい, て來

▼ 寢つて~ (3, 0.1%)

1 いらつし, ゐられます, 在らつし

▼ 寢とる~ (3, 0.1%)

1 お父, かと思, んか

▼ 寢なかつた~ (3, 0.1%)

1 ことが, 不運だ, 證據で

▼ 寢みなさい~ (3, 0.1%)

1 お寢, とにかく今夜, 私は

▼ 寢付かれなく~ (3, 0.1%)

1 つて弱つた位です, て弱, て弱りました

▼ 寢付け~ (3, 0.1%)

3 なくて

▼ 寢入る~ (3, 0.1%)

2 のを 1 ごとに

▼ 寢込む~ (3, 0.1%)

1 とあの, やうな, やうに

▼ 寢飽きた~ (3, 0.1%)

1 やうな, やうに, 赤ん坊が

▼ 寢~ (2, 0.1%)

1 たれの, びをかかうとした

▼ 寢ころび居し~ (2, 0.1%)

2

▼ 寢ごと~ (2, 0.1%)

1 は却つて, を書い

▼ 寢さして~ (2, 0.1%)

1 え, 貰つ

▼ 寢させ~ (2, 0.1%)

1 て呉れ, 其侍女の

▼ 寢する~ (2, 0.1%)

1 ことを, ところなど

▼ 寢たい~ (2, 0.1%)

1 と思ふ, 時には

▼ 寢~ (2, 0.1%)

1 から何, し兄さん

▼ 寢つく~ (2, 0.1%)

1 ことが, やうに

▼ 寢つけ~ (2, 0.1%)

1 さうもなかつた, なくて

▼ 寢てからは~ (2, 0.1%)

1 どうとも, 惡い

▼ 寢てからも~ (2, 0.1%)

1 おのれの, むかし讀んだ

▼ 寢ては~ (2, 0.1%)

1 ならん, 夢さめ

▼ 寢~ (2, 0.1%)

1 外へ, 戌刻半には

▼ 寢なく~ (2, 0.1%)

1 たつて, つたつて

▼ 寢なけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばなりません

▼ 寢ぬる~ (2, 0.1%)

1 もの, より

▼ 寢ねえ~ (2, 0.1%)

1 から今日, やうに

▼ 寢ませる~ (2, 0.1%)

1 を伺ひ, 時に

▼ 寢みだれ~ (2, 0.1%)

1 髮か, 髮を

▼ 寢みました~ (2, 0.1%)

1 から, がその

▼ 寢むと~ (2, 0.1%)

2 知りせば

▼ 寢~ (2, 0.1%)

1 なので, 毎晩寢に

▼ 寢よと~ (2, 0.1%)

1 したらあの, 教へ

▼ 寢られ~ (2, 0.1%)

1 さうもない, 食慾も

▼ 寢られなかつ~ (2, 0.1%)

1 たりした, たりびつくり

▼ 寢られなかつた~ (2, 0.1%)

1 ので兩眼, んです

▼ 寢られます~ (2, 0.1%)

2

▼ 寢~ (2, 0.1%)

1 に熟睡, をし

▼ 寢~ (2, 0.1%)

1 ばそれから, ば癒

▼ 寢れる~ (2, 0.1%)

1 かどう, 印度洋

▼ 寢付い~ (2, 0.1%)

1 てしまひます, て父親

▼ 寢付いた~ (2, 0.1%)

1 ばかりの新太郎, デング熱が

▼ 寢付かれる~ (2, 0.1%)

1 もので, 沙汰ぢや

▼ 寢付き~ (2, 0.1%)

1 の惡, の良い

▼ 寢付けなかつた~ (2, 0.1%)

1 といふぜ, やうで

▼ 寢取られ~ (2, 0.1%)

1 たりとなせる, 男に

▼ 寢支度~ (2, 0.1%)

1 にか, をし

▼ 寢返りする~ (2, 0.1%)

1 のが, のを

▼ 寢附かれない~ (2, 0.1%)

1 やうな, 晩が

▼1* [190件]

あかぬ床に, 寢おびれた幼の, 寢かさうとすれ, 寢かしつけた室から, 寢かしやうはねえ, 寢かせた方が, 寢かせようとした, 寢かたをし, 寢がちに朝, 寢くさつた, 寢くたれ髮の, 寢このたびは, 寢こみを襲, 寢ころがりながらそれ, 寢ころんでる間に, 寢こんでしまつたしそれ, 寢さし戸棚から, 寢ざむればうすく眼に見, 寢ざめからさめると私は一枚, 寢ざめてわれと身の呼吸, 寢ざめて聽けば, 寢ざるらし子ら, 寢しくをし, 寢しずまる深夜の, 寢しつるかも, 寢しめたまひき, 寢がたを, 寢すごしまして, 寢せしことあり, 寢せられノミに, 寢せられたが三人限, 寢せられると直ぐ, 寢せる部屋だけで, 寢そこねた夜も, 寢たきや家, 寢たくなア, 寢たさうだが, 寢たならば, 寢たらうかと又, 寢たらしく宿中が, 寢たら眠られさうな氣, 寢たれど曉, 寢たわけぢや, 寢だけには例外の, 寢だら可がべ, 寢ちまつちやあ, 寢ちまつたのねお, 寢ちや惡いと言, 寢ちや手前の命, 寢きりに, 寢ついてしまつた, 寢つかれず本が, 寢つかれなかったんだ, 寢つかれなかつたやうです, 寢つかれなくて色んな, 寢つかれませんよ, 寢つき惡しき予の雨戸, 寢つちまへ, 寢つちまつた方が, 寢つ起きつする間に, 寢づいて今, 寢てからの夢の, 寢てたがな, 寢てて貴方何考へてるだ, 寢てなんかいられないのよ, 寢てやはる, 寢てるだあ, 寢てるやろな, 寢てればよかつ, 寢であるのと, 寢でもするやう, 寢でるだべせ, 寢というのを, 寢といふのは, 寢とぼけたやうな, 寢とまりしてゐた, 寢とられの一件, 寢どころでは, 寢ツて, 寢なかつたらしい顏を, 寢ながらにして, 寢なきや良い, 寢なさいよ, 寢なすつたんだ, 寢なはるさかい竹さん, 寢なほすと翌朝, 寢なむまた明日, 寢なる仕度を, 寢ねがてぬ軍馬なりしか, 寢ねざる人には, 寢ねじと, 寢ねずと覺, 寢ねたらむ, 寢ねつ雪のふる, 寢ねぬ隱者の, 寢ねんと欲するが, 寢はれつる身は, 寢やその, 寢ぶくれにふくれ, 寢ぼけたつらをし, 寢ぼけてるんだ, 寢ぼけまなこでそれ, 寢ぼけ眼で樣子, 寢ぼけ聲で言, 寢ぼけ顏を出した, 寢まきに着, 寢ましぬ友無しに, 寢ますよ, 寢ませうといふ, 寢ませんか親分, 寢みだすか, 寢みだれた女の, 寢みなすつては, 寢みのとこを御, 寢みの仕度をし, 寢みの樣子で廊下, 寢みますから何ん, 寢みませうつて, 寢迄姉, 寢むか消極的也, 寢むさうな目, 寢むと衾かつぎて, 寢む前に脱出, 寢む筈はない, 寢ものがたりし, 寢ものがたりする趣, 寢しません枕, 寢やうとする, 寢よとのみわれは, 寢よは來つ, 寢ないため, 寢られずにゐる, 寢られたことは, 寢られなくて仕方, 寢られねえなんて隨分間拔, 寢られやしねえ, 寢られればい, 寢るかうした變則の, 寢るでも起きるで, 寢るなら其處の, 寢るべき時を, 寢るらしくすぐに, 寢る倒さ蝙蝠よく, 寢る起きる総べて生活が, 寢れぬま, 寢れんや, 寢わらの底, 寢んでからでも勝手に, 寢仕度にか, 寢付かずにゐるらしい, 寢付かれはしません, 寢付かれぬ程其身を, 寢付かれねえしよんぼり歸つていつた, 寢付きましたから丑刻, 寢付けると申しまし, 寢冷えする心配, 寢化粧をするだ, 寢卷きに着替へ, 寢取られた一人の, 寢取られてる現場を, 寢取りとはどんな, 寢呆け眼のマーヴラ, 寢好きで房松兄さん, 寢如申韓を各, 寢崩れたやうに, 寢待ちさ, 寢惚け聲で, 寢惚けた鷄に, 寢も早く, 寢正月をし, 寢泊りしてんのよ, 寢物語までも手, 寢臭くなつて, 寢苦い思ひの, 寢苦しがる家, 寢苦しくて神經, 寢足らぬ顏を, 寢返りして言, 寢返りしたのだらう, 寢返りでも爲, 寢返る氣に, 寢通すやうな, 寢過ごしてはならず, 寢間着らしいもの, 寢附かれなかつた事も, 寢附くと又, 寢附けばあなた, 寢風呂にでもつ, 寢飽きるか人, 寢馴れた寢臺に