青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「察し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寝る 寝る~ ~寝台 寝台~ ~寝室 寝室~ ~寝床 寝床~ 察~ ~察し
察し~
~寢 寢~ ~實 實~ ~寧ろ 寧ろ~ 寮~ 寸~ ~寺 寺~

「察し~」 2066, 22ppm, 5166位

▼ 察し~ (1043, 50.5%)

52 いた 18 いる, くれ, 下さい 14 いたので 11 いたの 9 いたが, ください 7 います 6 いながら 5 いて, いますよ, いるから, いるが, くれて, これを, しまった, みると, ゐた, 半七 4 いたよう, いるには, いるので, くれても, もらいたい, やらなければ, ゐる, 下さいよ, 見ると, 頂戴

3 [22件] あげて, いたから, いたに, いましたが, いるの, いるもの, おくれ, くれい, くれたまえ, くれなくちゃ, くれ給え, やること, やれば, ゐるやう, 下さらない, 下さりませ私, 下されと, 居る, 私の, 見れば, 貰いたい, 頂戴な

2 [57件] いたこと, いたん, いた通り, いないでは, いました, いるものの, いるよ, いるよう, いるらしい, いるん, おくりゃれ, おくれと, おくれよ, おくん, おりました, おりまして, お呉れ, くださいませ, くださらない, くだされ, くれと, くれない, くれるだろう, くれるであろう, くれると, くれるに, これに, それに, それも, だまって, どうぞ可哀そう, やって, ゐて, 下から, 下さいな, 下されでは, 下されとて, 之を, 何か, 僕の, 先手を, 出て, 同情し, 呉れないの, 呉れるやう, 居た, 居て, 彫辰, 早くも, 潮合を, 笑ひだし, 老婆の, 自分の, 貰い度い, 遣ること, 鍵を, 頂きたいと

1 [611件 抜粋] あげなくちゃ, あげなくては, あげること, あの人, あの女, あまりある, あらかじめその, あれも, あわただしく包, いいかげんに, いくら傲慢, いさんしょう, いたし, いたため, いただきたいそれ, いただけるかも, いただけると, いたという, いたとおり, いたところ, いたよ, いたらしく家僕, いた訳, いた長次郎, いた阿州屋敷, いぢ, いっそう暗い, いても, いないはず, いなかった, いましたよ, いましてね, いますから, いまは, いらっしゃるの, いられるに, いるか, いるかと, いるかも, いること, いるそこで, いるだろう, いるだろうが, いると, いるとは, いるはず, いるべきはず, いるらしい彼, いるらしくひそか, いるらしく無邪気, いるらしく相手, いるらしく眼, いる弟子達, いる様子, いる筈, いる運転手, いる遑, いんなさるなら言おう, おいでだ, おいでだろう, おいでに, おくれだろう, おくれでないっていうのよ, おくれな, おくれならお前, おくれの, おしまいに, おそらくまだそこ, おった, おやり, おやりよ, おやン, おられる, おりはせんじゃったかな, おりましたよ, おりますが, おり従って, おる, おるわい, お呉んなさい, お茶でも, お遣りなさい, お銚子, かからねば, きいたわけ, きた, きょうこっそり, くださいましたら, くださるに, くださるはず, くつろがせるためお呼び, くりゃれよ, くれいうて, くれさわらぬ神, くれそう, くれた, くれたであろう, くれたの, くれたらしい, くれたらたとえば, くれないじゃ, くれなかったよう, くれました, くれよ, くれようと, くれるか, くれるの, くれるもの, くれるやろ, くれる人, くれる様子, くれる者, くれれば, くれん, くれ己, くんねえ, こ, こうしてとりあげ, こう言った, ここに, この事, この出しゃばりな, この木, この甲府, この際, こまごまと, これは, こんどは, こんな事, さいご, しまいとかく, しまいましたので, しまうのね, しまったよう, しまったらしい口吻, しまって, すこし口, そういう贅沢, そう云っ, その二十歳, その仔細, その僕, その後お, その恩, その挙動, その時々, その桃色, その苦しみ, その虚実, その馬, それきりさわぐ, それには, それを, た, たずねる, ただちに, たちまち態度, たぶんその, ちやうだい, ちょっとしんみり, とうとうお, とっくに先廻り, ともどもよろこん, どうかここ, どうやらお, どこまでも, なお鋭く, なぐさめた, はおりません, ひどく気, ひょいとふり, ほかの, ほどなく勘定, ほほ笑むこと, まず自分, まず重大, またひきとっ, また云い足した, まだ本能寺, みい, みたり, みても, みるが, みるの, みれば, みろ, むりはない, もう声, もの好きらしい, もみ反省, もらいたいという, もらいたそう, もらえるでしょうが, もらひたいの, もらへると, もらわにゃ, やむをえず手, やめた, やらず, やらないから, やらないの, やらねば, やられば, やりそれぞれ適当, やるが, やろうとも, ゆうに数千騎, よいなら, よき樣, よそながらいたく心, わざと近頃, わたしに, ゐたこと, ゐたの, ゐた樣子, ゐた通り, ゐながら, ゐましたよ, ゐるから, ゐると, ゐるに, ゐるの, ゐるよ, ゐる者, カンベンし, ガラッ八, ジョージ, マアキュリーは, ローソクの, 一しお念, 一世の, 一同御, 一応それ, 一歩さがる, 一緒に, 丁寧に, 三百里外の, 上って, 下さいその, 下さいと, 下さいまし, 下さいますか, 下さいジャヴェル, 下さい夏川さん, 下さい私, 下さって, 下さらないのね, 下さらないん, 下さること, 下さるそう, 下さるだろうと, 下さるの, 下さるので, 下すって, 不安の, 世の中の, 世を, 両手を, 中つて, 丹波に, 主人も, 久太郎を, 事を, 二人の, 二百五十円で, 云いおるわ, 互いに加減乗除, 人に, 人知れず苦念, 今は, 今夜は, 今度は, 仏壇の, 他殺の, 以下できるだけ, 以後は, 仮病を, 何う, 何とかわれわれ, 何とつかず立っ, 何物であろう, 何遍か, 例の, 俊子の, 俺に, 僅に, 僕に, 兇器は, 先へ, 先刻の, 光秀の, 兩夫人を, 兵庫が, 其の一錢, 内分に, 凝乎, 出戦, 出発前に, 初めは, 別段やかましく, 勉めて, 勘弁し, 千住へ, 千米以上の, 半兵衛の, 取りもったこと, 取り押え事, 口汚く罵り始めた, 可かろう, 吉川元春は, 君は, 吾れ知らず, 呉れたま, 呉れても, 呉れる, 呉れるだらう, 呉れるだろう, 呉れ給え, 地団駄を, 坂田は, 堪えて, 売れ残りの, 多分六百年以上, 大いに奮発, 大を, 大抵は, 大臣は, 如何に, 姑らく時機を, 孔明が, 孝養を, 孫乾糜竺糜芳らを, 孫権の, 家族の, 専務が, 尊氏が, 居たしかも, 居た有馬藩, 居た積り, 居ったですけれども, 居られるん, 居りますじゃ, 居りますもの, 居るので, 居るよ, 巧に, 差出した佛前, 帰って, 帽子を, 幕府が, 幸い独身者, 幸子の, 引き退いた, 引受けて, 当分ままたき, 彼が, 彼に, 彼は, 彼女が, 彼女は, 彼女を, 御所の, 微笑する, 思惑に, 怪しい男たち, 恐らく嫉妬, 恐縮し, 恭, 悪寒の, 悲しんで, 悲嘆した, 情を, 懇ろに, 手代の, 折々は, 抜目なき, 指を, 教育の, 旧領安堵新, 明智を, 晩の, 暗い顔つき, 更に多かろ, 朝之助は, 本館に, 来たが, 案内者も, 梯子段を, 樹島が, 欲しいとは, 止めた, 正直に, 此処かしこ距離を, 比較的近頃, 気ずつ, 気の毒がった, 気の毒に, 気の毒にも, 気を, 気球が, 涙ぐましくなる, 涙ぐむ, 淋しい思い, 深く心, 深く謝, 火の, 父の, 爺の, 独りあせっ, 独り泣く, 猶予なく, 猶予の, 甘なっ, 用心ぶ, 申しました, 男は, 畑中の, 發射廻旋輪の, 白と, 皆を, 知って, 硝子戸越しに, 神意を, 私に, 私も, 秋作氏が, 稍, 種々実状, 笑い出した, 答へる, 簡單に, 続けた, 編隊を, 美しい眼瞼, 羨むだけの, 聞いて, 肯いて, 背後の, 自分で, 自身の, 芳江兄妹の, 荷あげ, 蔡瑁張允の, 蔵六が, 藤縄を, 行くん, 袁尚へ, 見なければ, 見む, 見知らぬ人, 見舞う気, 親切に, 言いました, 言ふこ, 訪ねの, 謹んで, 豹一を, 貰いたいの, 貰えるだろう, 貰おう, 貰ひたい, 貰ふより, 赦して, 身を, 身動きひとつしない, 身構へ, 躱したつもり, 軒の, 轟く胸, 迎えを, 近侍は, 追いかけながら, 追い立てるよう, 追かけ, 退路を, 逃げて, 逃げ出したの, 逃げ腰に, 逆ひ出した, 進んで, 適宜の, 邦通は, 酌取る, 重兵衛, 鍬を, 間違いに, 雪之, 非ず, 頂きたいの, 預め之, 頸を, 頻りに嘆息, 飛んで, 飛衛も, 飲まして, 館の, 騒ぐの, 骨の, 鮨の, 黙って

▼ 察し~ (191, 9.2%)

12 通りで 6 ことと, 通りです 5 通り 4 とおりです, 通り私は 3 とおり, ように, 通りお, 通りだ, 通りでございます 2 いいところ, つく通り, とおりだ, とおりで, とおりぼくは, 事と, 通りあの, 通りな, 通りの, 通りよ

1 [119件] いいこと, いい白, いい読者, きく仁ぢ, きく程度の, こと, ことである, ことでございましょう, こととは, ごとくその, すくない郷里, つかないところ, つかないもの, つかない語気, つかぬ人たち, つかねえこと, つくこと, つくそして, つくところ, つく事, つく通りアッパッパ, とおりあなた方が, とおりあの, とおりある, とおりいろいろ, とおりこれは, とおりそれは, とおりつい, とおりでございます, とおりでござる, とおりでござろう, とおりな, とおりに, とおりホホホホ, とおり万太郎は, とおり千百三十両は, とおり商人でございます, とおり大変こたえます, とおり或, とおり明智探偵の, とおり此の, とおり死体を, とおり禅尼様ばかり, とおり私は, とおり自分は, とおり足利の, ないもの, ない事, ない仕方, ない奴, よいところ, よいわるい, よいブライアン氏, よい呼吸, よい読者, よさ, わるい人, 事である, 可い, 好い子, 好過ぎた, 好過ぎる, 如く, 如くどんな, 如くに, 如く裏, 宜いの, 悪いったら, 惡い, 早いこと, 深さ, 無いこと, 無かった, 通りあまり, 通りいかにも, 通りこれは, 通りさ, 通りそろそろ, 通りであります, 通りである, 通りで御座います, 通りと, 通りどういう, 通りに, 通りふたりは, 通りまだカンカン, 通りやはり, 通りろくな, 通りベッドの, 通り一人は, 通り両親は, 通り並々, 通り今どきは, 通り以前は, 通り仲間では, 通り佐渡屋平左衞門の, 通り厳格な, 通り四五日は, 通り天眼通だ, 通り女は, 通り実は, 通り小さな, 通り左近倉平と, 通り巾着切りの, 通り帰りには, 通り息せききっ, 通り惡人共は, 通り我々は, 通り欽さんは, 通り治部に, 通り浅田写真館に, 通り由兵衛は, 通り真に, 通り私が, 通り私の, 通り藤代の, 通り貴様は, 通り轟さんから, 通り銭の

▼ 察し~ (148, 7.2%)

10 ついて, つく 6 ついた 5 つくであろう 4 ついたの 3 つくでしょう

2 [16件] あって, いい, ついたので, つかなかった, つきました, つきましょう, つきます, つきますわ, つきませう, つくが, つくだろうと, つくと, つくの, よすぎ, 付くでしょうが, 附いて

1 [78件] ありそう, あるならば, いいと, いいや, いいわネ, いいん, ついたか, ついたかい, ついたが, ついたけれども, ついただけ, ついたでございましょう, ついたでしょうが, ついたと, ついたもの, ついたればこそ, ついたろうと, ついたろう彼女, ついては, ついてらッ, つかあ, つかず, つかず私, つかなかったもの, つかなかつた, つかなん, つかぬ事, つきますまい, つきやす, つき若林, つくけれども, つくじゃ, つくだろう, つくだろうがな, つくだろうし, つくだろうよ, つくでしょうか, つくでしょうが, つくので, つくはず, つくん, つく筈, つこうという, つこうわ, できて, できやしません, できる, ない, ないの, ないん, なかった, なくべらべら, なさすぎたね, よい, よいの, よくて, よすぎる, 付いた, 付かなかったが, 付きましたならば, 付く, 付くでしょう, 出来ましょう, 出来るであろうと, 同時に弟, 好いので, 届くが, 届くまいと, 悪いから, 悪いね, 悪いのネ, 惡い, 深ければ, 無さすぎ, 着いて, 至らぬ爲, 良い, 願い度いのです

▼ 察し~ (42, 2.0%)

8 なって 2 任せます

1 [32件] あずかりたい, たがわずそこ, なったか, なったかも, なったこと, なったと, なったもの, なったよう, なった院, なつたでせう, なつたら, なりさっそく, なりましたでしょう, なりまして, なるとは, なる事, なれたという, なれます, まかせます, まかせるという, まかせるほか, 任せたい, 任せて, 任せましょう, 任せますよ, 任せる次第, 委せる, 違はず聞き, 違わず長浜, 違わぬ金之助, 難いこと, 難くない

▼ 察し~ (38, 1.8%)

3 して, するが, ついて, つく 2 つくが

1 [24件] あたつ, いたしますが, ついたが, ついたの, ついたので, つきます, つきますまい, つきますわ, つき心, つくがの, つくし何, つくだらうが, つくだろうが, つくの, つくべ, つくまい, できるが, どうかと, ないん, わけなくついた, 付いて, 出来まいけれ共, 図星だった, 早え

▼ 察し申し~ (30, 1.5%)

5 ております 4 て居ります 3 ておりました, ておりまする, て居る 2 ていた, ている, てをります 1 て, ていました, ておりますれ, て母, て聞い, ながら父上

▼ 察しても~ (28, 1.4%)

2 居て

1 [26件] あるいはほんとう, おそらく私たち, くれや, これは, それは, それを, どうやらあいつ只, なるほど一葉, ゐて, 下さい, 今日の, 分る通り其発電者, 可から, 大分両人の, 大概その, 居たもの, 居た樣子, 彼奴は, 御覧なさい, 最悪の, 月や, 此歌には, 生活に, 蕗子は, 貰ひたくない, 頗る難物

▼ 察し~ (23, 1.1%)

2 して, つくまいが

1 [19件] するが, せずあんな, つかう, つかない, つかない程, つかなかったが, つかぬの, つく, つくだろうと, つくまい, ない男, なかった, なく押し退けられる, 付かう我と, 付くでしょうが, 抱いて, 早く私, 深し花子煙草, 無い男

▼ 察し申します~ (20, 1.0%)

52

1 [13件] あの方, お察し, があの, がせめて, がどこ, が一つ棟, が人間, が柔術, そういうわけ, と失礼, と誠に, 乗物を, 其の歎

▼ 察し~ (19, 0.9%)

7 願います 2 願いたい 1 お願いします, つけたと, つけたに, つけて, る, 持合せ, 願うとして, 願うほか, 願ひます, 願ふ

▼ 察しては~ (17, 0.8%)

3 いたが, くれない

1 [11件] いなかったの, いましたがね, いるらしい, くれなかったよう, ゐたけれど, ゐたの, 居ったが, 居るけれど, 御前の, 慰さめ, 自己心内

▼ 察し申す~ (15, 0.7%)

2

1 [13件] いずれへ, がなにしろ, がま, がまた, ことが, ただこの, と栄, な, まあ話し, ゆえかたちばかりの, よのう, 所が, 暫時これにて

▼ 察しする~ (12, 0.6%)

6 ことが 2 がどう 1 がどうも, がね気, が手紙, 気に

▼ 察しながら~ (11, 0.5%)

1 [11件] これも, なおもやさしく, にやりと彼, 客書院へ, 尋ねた, 尾い, 戦争目的の, 押して突然お, 空呆けて, 襷股立ちの, 適当な

▼ 察しいたし~ (9, 0.4%)

3 ております 2 ておりまする 1 ておりました, て居ます, て居ります, て居りまする

▼ 察し~ (9, 0.4%)

1 ていた, ています, ている, ていれ, ております, て云い, て苦心, て見, て陰ながら

▼ 察し入る~ (9, 0.4%)

1 から朝廷, がそうして, がその, さて, ぞ, よ, 察し入る, 次第です, 處なり

▼ 察しします~ (8, 0.4%)

321 がしかし, がわたし, が一体

▼ 察しその~ (7, 0.3%)

1 人物の, 先その, 原因を, 外国に, 日の, 用件も, 裏を

▼ 察してか~ (7, 0.3%)

1 どうか, クルリと, 乗り棄てた, 察せず, 強いてとも, 彼は, 諾か

▼ 察し下さい~ (7, 0.3%)

1 これは, こんな躯, 今でこそ, 別の, 旅費の, 特に近頃, 親分さん

▼ 察しまする~ (6, 0.3%)

1 と若林博士, に, にこれ, に伊豆守様, に御, に此方

▼ 察し下さる~ (6, 0.3%)

2 ように 1 かも知れません, ことが, ことと, と思います

▼ 察し下され~ (6, 0.3%)

2 度候 1 右近殿, 度, 度それに, 眼上と

▼ 察し出来る~ (6, 0.3%)

2 やうな, 事と 1 からで御座います, ような

▼ 察し申しあげ~ (6, 0.3%)

2 ております 1 ていた, ておりまする, てほろほろ, 候

▼ 察し~ (6, 0.3%)

31 はらば, へといふ, へる如く世にも

▼ 察しいたします~ (5, 0.2%)

1 がいかに, が暫く, ところによる, わ, 私も

▼ 察したり~ (5, 0.2%)

1 した, すること, 両方から, 勇断を, 眼顔を

▼ 察しでしょう~ (5, 0.2%)

1 から代っ, があの, が勇二, が竜濤寺, が馬鹿

▼ 察しよう~ (5, 0.2%)

1 がない, がなかっ, にも察しきれぬ, にも相手, のない

▼ 察し~ (5, 0.2%)

1 しもし, 上げて, 上げます, 上げます私, 上げると

▼ 察しそれ~ (4, 0.2%)

1 ならば, を万年青, を止めよう, を自分

▼ 察し~ (4, 0.2%)

1 同情を, 思いますが, 思いやりは, 思うが

▼ 察しなされ~ (4, 0.2%)

2 て下さりませ 1 て下さいませ, て下されませ

▼ 察し下さいまし~ (4, 0.2%)

21 て, てなあんまり

▼ 察し得可~ (4, 0.2%)

31 からざらむや

▼ 察し申し上げ~ (4, 0.2%)

3 ております 1 ていました

▼ 察し致し~ (4, 0.2%)

1 ておりました, てわれらども, て居ります, て居る

▼ 察し~ (4, 0.2%)

2 下度御 1 下度候, 下度候新橋にての

▼ 察し遊ばし~ (4, 0.2%)

1 て, ても宜, て下さいまし, て下さる

▼ 察しくだ~ (3, 0.1%)

3 さりませ

▼ 察しこれ~ (3, 0.1%)

1 に智慧, を採っ, を研究

▼ 察しした~ (3, 0.1%)

21 のである

▼ 察しながらも~ (3, 0.1%)

1 半七, 義雄は, 自分は

▼ 察しなすっ~ (3, 0.1%)

1 て, てくださいまし, て下さいまし

▼ 察しまた~ (3, 0.1%)

1 世の, 信長公を, 金離れの

▼ 察しもの~ (3, 0.1%)

2 です 1 ですぜ

▼ 察し~ (3, 0.1%)

21 るる

▼ 察し~ (3, 0.1%)

1 さりませ, すったでしょう, すったでしょうか

▼ 察し~ (3, 0.1%)

2 の利害 1 にあたってうろたえなき

▼ 察し奉る~ (3, 0.1%)

2 次第である 1 のである

▼ 察し~ (3, 0.1%)

1 て居る, て誤らざる, なん

▼ 察し致します~ (3, 0.1%)

1 が又, が少し, という貴女

▼ 察しくださる~ (2, 0.1%)

1 ことは, ようお願い致します

▼ 察しくだす~ (2, 0.1%)

1 ってお, ってどうか

▼ 察したらしく~ (2, 0.1%)

1 云った, 何知らぬ

▼ 察しつまびらか~ (2, 0.1%)

2 に古今

▼ 察してでも~ (2, 0.1%)

1 あらうが, なかった

▼ 察し~ (2, 0.1%)

1 ござりましょう, せうが

▼ 察しでも~ (2, 0.1%)

1 あらうが, ありましょうが

▼ 察しどおり~ (2, 0.1%)

1 あの杜鵑管, でご

▼ 察しなされた~ (2, 0.1%)

1 ものでございましょう, やうで

▼ 察し下す~ (2, 0.1%)

1 ってこれ, って私

▼ 察し~ (2, 0.1%)

1 を宇内万国, を論理

▼ 察し其の~ (2, 0.1%)

1 意を, 甲兵を

▼ 察し大勢~ (2, 0.1%)

1 の機微, を達観

▼ 察し~ (2, 0.1%)

1 つたのである, 申上候

▼ 察し彼ら~ (2, 0.1%)

1 も強いて, を愛する

▼ 察し得る~ (2, 0.1%)

1 だけである, 所なり

▼ 察し~ (2, 0.1%)

1 え, ふ可

▼ 察し申しまする~ (2, 0.1%)

1 がまず, わい

▼ 察し申すです~ (2, 0.1%)

2

▼1* [199件]

察しあそばしませな, 察しあんなこといわなけれ, 察しいたすにあまり, 察しいつかはと秀吉, 察しかならずこの人, 察しかも知れませんが, 察しくださいと言う, 察しくださいましたので命, 察しくださいませひとつぶの, 察しくださるべく候, 察しければある, 察しこの夜の, 察しこんな飢えと, 察しさせられるのじや, 察しされますが, 察しされるものの大きく, 察ししました時に, 察しすればその, 察しせぬではございませぬ, 察しそうなもの, 察しそういう心労から, 察しそして警戒しはじめた, 察しその後は種々, 察しそれだけの取計らい, 察したまはば甚だ, 察したるに出, 察しだけはついた, 察しだらうが, 察しだろうがね若旦那, 察しついてたですやろし道, 察しつきまして, 察しつつ西上し, 察してとどこほる, 察してなどといかにも思いやり, 察してやらにゃあ邪慳, 察しであろうと思います, 察しできますね, 察しできますでございますよ, 察しできる町方は, 察しでございましょうがそれ, 察しでございますが能, 察しで御座ろうの, 察しとっていたらしい, 察しなさいましよ, 察しなされましたら摂津の, 察しなんの興味, 察しになつて居られたらしく, 察しにわかに諸軍, 察しねがいたいものです, 察しねがいたく実はこれ, 察しまさあだから今度, 察しまるで死刑の, 察しみずから赴って直義, 察しもつこう我, 察しがれ, 察しやるかのよう, 察しよい気軽さで, 察しようやく安心し, 察しよく手綱を, 察しわたくしを見ない, 察し一大献策のため, 察し一日の出営を許され, 察し一物をも得ずし, 察し一般に哲学, 察し上りばなで, 察し下さいます方は, 察し下さるだろうと存じます, 察し下されたく候さて, 察しち得たる, 察し乞食姿の俺, 察し二人は話, 察し云うことは, 察し井戸を掘る, 察し亡父の遺産, 察しの語る, 察し人心のうごき, 察し人民にわかち与える, 察し人生を批判, 察しかとりつく, 察し信雄の度, 察し候えどもこの, 察し入っても飲んだ, 察し入りがない, 察しの動かし, 察し其人に聞, 察し兼ねながら暗澹, 察し兼ねたわけで, 察し實に, 察し出向は, 察し出来ないだろうと思います, 察し出来ます通りに, 察しを取る, 察し十日ほど前, 察し人の, 察し又はただ数頁を, 察し取ったことは, 察し喜三郎の言葉, 察し嗜好の移り変り, 察し図写する所, 察し地球人類の智力, 察し外来の影響, 察し奉らず吾儘ばかり, 察し奉り候, 察しから借用, 察し如何なる場合においても, 察しから特別, 察し対抗の戦略, 察しに成らん, 察し年頃此辺にて, 察しの中, 察し庚申の日ごと, 察しが境遇, 察し彼女はクリストフ, 察し得らるる危急, 察し得られるのである, 察しの燃, 察し必ず供に, 察し快く畏まりました, 察し怖いながらも一生懸命, 察し思わずこのよう, 察しに襲っ, 察し慈恵にし, 察し憤激に堪えず, 察し我が図写する, 察し或は楽境を, 察し手真似で児玉, 察し援助して, 察し數學的の推測, 察しもすこし, 察し早川秘書官を呼ん, 察しを仰いだ, 察し未来を知り, 察し来った人口に対する, 察し機宜に適する, 察し歓心を買わん, 察し気苦労して, 察し決意のほど, 察し注意深く研究する, 察し泰西流の政理, 察しを浮かべ, 察し深い君は, 察し溲瓶を当て, 察し無言にどやどや, 察し独り胸にたたん, 察し獲物の潜伏所, 察しさき短い, 察し申さずにおられませぬ, 察し申しあげた次第です, 察し申しあげますいかにもそりゃ, 察し申しあげるだにいたましい, 察し申した故に久々野, 察し申しまするに, 察し申します入らざる事と, 察し申しませば私, 察し申し上げますが少々, 察し申せば已, 察し申上げまする, 察し申上候へども一向, 察し申候が何卒, 察しり研究, 察しこの足食, 察し知りし瀧口なれ, 察し知ることが, 察し壞した, 察しの手, 察し種々誇大のウワバミ譚, 察し繪圖面を隱, 察し羽折をぬい, 察し臣等の願, 察し自己の信念, 察し若し私の, 察し菊之助無き後, 察し藤田に至り, 察し蟄居の身分, 察し衆之を好, 察し裴世清を我国, 察し見れば又, 察し解剖し盡, 察し解釋し批判, 察しを作り, 察し談笑して, 察しはり, 察し趣味のほどを考え, 察し身代りを立て, 察し返すと今更, 察し送別の詩作, 察し通り其の絵, 察し遊ばす事の, 察し遣りて泰助, 察し遺言書を作らしめず, 察し鈍を, 察しのもの, 察し難いことで, 察し難かった, 察し難く日夜苦心仕, 察しに, 察し願いたいと思いまし, 察し願うことに, 察しを根気