青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「察~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寝た 寝た~ ~寝る 寝る~ ~寝台 寝台~ ~寝室 寝室~ ~寝床 寝床~
察~
~察し 察し~ ~寢 寢~ ~實 實~ ~寧ろ 寧ろ~ 寮~ 寸~

「察~」 1035, 11ppm, 9714位

▼ 察する~ (667, 64.4%)

29 に余り 23 に難く 15 にあまり 11 とこの 8 にこの 7 ことが, ところこの, に彼 65 と, ところでは, に足る, に難から, に餘 4 と何, にあの, にこれ, にその, に余, に余りあり, に是, 時は 3 ところが, ところその, とどうも, と恐らく, に足らん

2 [35件] がどう, ときは, とこれ, ところ, ところあの, ところ今まで, ところ例の, ところ彼は, ところ汝は, とその, とただ, とやはり, とよほど, と二人, と彼等, と此, と私, と美奈子, と蔬菜, にお, におそらく, にここ, につけ, にどうも, にどうやら, に会葬者, に何者, に余りあるで, に充分, に曹操, に本堂, に正成, を得べし, 所では, 時人知れぬ

1 [412件] からさ, がこれ, がしばし, がねまあ, がもっとも, が何故, が可, ことにも, ことは, ことも, ぞ, だけである, だけにいよ, だけの余裕, だけ余, だけ自分, だけ記事, だに哀れ, とあの, ということ, といつか伊那丸, とお, とおそらく, とかつて, とかなり, とかれ, ときいつも, とき矢代は, とここ, ところあなたの, ところあなたは, ところあんたは, ところあんな, ところおのれ伊兵衛と, ところお前は, ところお母さんから, ところかね, ところかの, ところこりゃ, ところこれも, ところこれ等の, ところそれある, ところそれは, ところたしかに, ところてめえは, ところである, ところどうやら, ところどこかの, ところねえさんの, ところまだ, ところわれは, ところペチカ委員め気でも, ところペン先の, ところロロと, ところ一つには, ところ三十人もの, ところ三平は, ところ下宿の, ところ主上に, ところ事態を, ところ二人は, ところ仏語の, ところ他国の, ところ以前こ, ところ以前も, ところ何か, ところ其処は, ところ南条を, ところ古, ところ右大臣など, ところ吉岡清十郎その, ところ周瑜の, ところ善光寺から, ところ墨屋敷へ, ところ大, ところ大目付溝口豊後守が, ところ幾月と, ところ弁当を, ところ彼らは, ところ彼女は, ところ彼奴妻恋坂の, ところ後方の, ところ御, ところ忠平としては, ところ意地で, ところ意地汚く, ところ我説を, ところ政府では, ところ敵と, ところ文字に, ところ新田殿には, ところ日本機は, ところ春の, ところ春琴女の, ところ昼間係長の, ところ曹操と, ところ曹操は, ところ最前は, ところ木曽へ, ところ本来この, ところ札を, ところ李楽が, ところ樹下に, ところ永らく, ところ洞窟の, ところ火星兵団では, ところ猿殿一躍, ところ男の, ところ相手は, ところ羽鳥の, ところ自殺せられた, ところ萩之進という, ところ蘭医の, ところ該方面には, ところ謡曲や, ところ貴様は, ところ軍師孔明には, ところ追い詰められた, ところ造船工廠の, ところ運転手の, ところ過日衆人の, ところ道案内を, ところ遠慮し, ところ金博士の, ところ長知公も, ところ関ヶ原くずれ, ところ雑貨屋が, ところ音楽美術に, ところ鼠賊猟奇の, としょせん, とすくなくとも, とそして, とそれ, とそんな, とぞうり, とだいぶ, とだらだら, とどうしても, とどうやら, となか, となん, とふたり, とほとんど, とほんとに, とよく, とハネ, と一度, と三人, と上方, と主人, と之, と亀井戸, と事, と井谷, と今, と伯父, と伯父さん, と健康, と八五郎, と其心痛, と前日, と加十, と十中十, と千枝子, と叔父, と同時に, と向, と墨子, と多分, と夜明け, と大, と大隅学士, と夫, と女, と奴等, と少なくも, と左, と弁信殿, と弟, と当時仏人, と彼, と彼ら, と必ずしも, と必ずしもそう, と或, と手, と捕虜, と断層線, と是等, と梨花, と正井, と武者修行, と気の毒, と治右, と滝野, と無理, と猫, と番人, と病態, と矢代, と美しい, と芋中, と若い, と萬蔵, と許嫁, と貴島, と逆, と酒, と酒興, と長割下水, と驚いた, と黒須, にあまる, にいかさま何ぞ, におくびょう者, にかうである, にかつて, にきのう, にこ, にここ幾日, にこれ等, にすべて財, にそういう, にそち, にその頃インド, にそれ, にただ, にたぶん, につい, には足りた, にまず, にまた, にも難く, にやつめその間, によしありません, にイ, にイワン, にイワン君, にプルウスト, にベルナルドオ, に一, に一方, に万太郎, に万更, に上, に上帝室, に世間, に世阿弥, に両, に亀蔵, に予, に事, に事件, に二ツ, に今, に今夜あたり決定書, に今度, に今日, に佐久間, に何, に何と, に便, に優美, に先頃, に八卦, に其の, に其人, に凡, に凡そ, に前線, に勤王佐幕, に十分, に双手, に叔母, に只, に台湾云々, に君, に呉, に味方, に嘘, に地蔵, に埴生, に増, に多, に大, に大国, に太平洋沿岸, に女, に妖狐, に姿, に孔明, に安永八年, に宝満寺, に富士山, に専門, に小作対地主, に岡田内閣, に弓, に当時, に彼ら, に彼等, に必ず, に必ずしも, に恐らく, に愚堂, に戦時中, に掻き集め, に政府, に敏, に敵, に新, に昔, に星, に智, に暑中休暇, に最初, に本人, に柴田党, に欧州諸国, に此等, に此論者, に江南黄葉邨, に決して, に沼垂, に深更, に添い遂げ, に熱海芸者, に特売店, に王位, に當時, に登山, に相当, に石舟斎, に秀子, に第, に精神病者, に綾子刀自, に肚, に胸, に至重, に色恋, に苦, に菊五郎氏, に葉石, に蜀, に衆議院, に行きたる, に親友ジョン, に諸氏, に譬えば, に豊田, に貴様, に貸借上, に越前守, に足りる, に足るべく, に足るべし, に車, に軍國, に近日, に近来, に錦小路どの, に隣島宮古島, に難, に難い, に難しく, に露西亜人, に頭山先生, に頼母しき紳士, に飾磨屋, に馬, に馬車屋, に馴れた, に髭黒奴, に鷹揚, のが, のでワザ, のにお前, も齢, やうに, より他, より大刀, を常, を得べく, を賜, 事が, 事を, 処やられた, 処七十議会の, 心術を, 所か, 所この, 所これと, 所これは, 所は, 所二十一年も, 所今度の, 所其人達の, 所彼等は, 所復讐者の, 所昔は, 所此の, 所段々, 所自分が, 所見舞に, 時には, 時吾人は, 程に, 穴は, 處受話器を, 通りご, 通りその

▼ 察すれ~ (55, 5.3%)

5 ば彼 3 ば察 2 ばあなた, ばこの, ば夫人

1 [41件] ばいっそ, ばいまさら, ばおの, ばこそであった, ばその, ばなり, ばふびん, ばまた, ばもう, ば万古, ば亦, ば今後, ば仲造, ば何, ば即ち, ば台風, ば周, ば單, ば天下, ば実に, ば実際, ば察する, ば寧仕事, ば彼女, ば彼等, ば必ず, ば我, ば我劇, ば戸倉, ば所在, ば更に一層, ば書, ば死体, ば疑ふべき, ば目科, ば禅宗, ば糜芳, ば貴族, ば迂, ば雅楽頭, ば駒込

▼ 察しない~ (29, 2.8%)

4 わけには 2 で, ではありません, ではない, ではなかっ, のか

1 [15件] ことである, ではいられない, では無かっ, でほんとに, でもない, で事ごと, で何ん, で喜ん, で左, という問題, ゆえである, わけで, 不粋な, 議論である, 部将たちは

▼ 察~ (17, 1.6%)

1 [17件] とおり単, ほかご, 一つの, 学問性に対して, 山口老, 手を, 方へ, 明を, 普遍性の, 正面性と, 求められた普遍性, 結果を, 纏まるよう, 誤謬を, 資格を, 通り, 通り恋愛に

▼ 察~ (15, 1.4%)

2 余りある, 固有な

1 [11件] す, めんくらって, 今述べられた, 到着する, 基きて, 従事せり, 気を, 照会し, 照会し来たる, 較べて, 難くない

▼ 察~ (15, 1.4%)

2 少くとも

1 [13件] この制限, この場合, その制限外, まだ高い, より正面的, 偏狭と, 全力を, 常に何, 従って, 性格的であった, 或る, 要求され, 超個人的普遍性

▼ 察せず~ (11, 1.1%)

1 [11件] してか, に, にはいられなかった, に似た, に只今, みだりに惡聲, 只その, 唯一個の, 国家の, 日本の, 昨夜ついに

▼ 察的学問性~ (11, 1.1%)

2 は性格的 1 でなければ, という概念, との区別, とは夫, に関わる, は正当, は論証的学問性, を有, を追求

▼ 察~ (10, 1.0%)

1 が血相, の険しい, はあわただしく, はうなだれ, は刀, は居崩れ, は露台上手, は駈け寄っ, をはじめ一, 駈け入って

▼ 察せざる~ (8, 0.8%)

2 に拘らず 1 ときは, をえない, を得ず, を得ない, 可から, 可らず

▼ 察~ (8, 0.8%)

2 の活動 1 でも兼五郎, に依頼, の剣道教師, の思想係, は全力, は數日前

▼ 察~ (6, 0.6%)

1 下し申し候, 乞い仰ぐ, 他の, 伴って, 自分の, 誤つて

▼ 察斗詰~ (6, 0.6%)

2 に行う 1 であって, といった, に対して罪人, の例

▼ 察~ (6, 0.6%)

1 からさっそく, に拘引, に泊, の拘留場, の留置場内, へ匿名

▼ 察せらるる~ (5, 0.5%)

1 とおりジャヴェルは, のみ, ほどのひ, テナルディエの, 由は

▼ 察~ (5, 0.5%)

3 の力 1 とは人, をなす

▼ 察しなさい~ (4, 0.4%)

4

▼ 察すべき~ (4, 0.4%)

1 のみ, ものが, ものである, 斑馬を

▼ 察せずし~ (4, 0.4%)

1 ていたずらに, て悉皆, て是, て結局彼

▼ 察せらる~ (4, 0.4%)

1 のである, 倉子は, 寝床及び, 頓て

▼ 察~ (3, 0.3%)

1 あり暗示, より普遍性, 正面的である

▼ 察しなけれ~ (3, 0.3%)

2 ばならない 1 ばなりません

▼ 察られ~ (3, 0.3%)

2 て正太さん私 1 てもお

▼ 察~ (3, 0.3%)

1 に富んだ, を文藝界, を有す

▼ 察心催眠その他~ (3, 0.3%)

3 諸幻術

▼ 察~ (3, 0.3%)

1 である時, とに区別, な用途

▼ 察~ (3, 0.3%)

2 下度候 1 下たく

▼ 察いたし~ (2, 0.2%)

1 ておりまする, 候

▼ 察から~ (2, 0.2%)

1 供給された, 出た説

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 てゐます, て深く

▼ 察しいたす~ (2, 0.2%)

2 次第です

▼ 察した~ (2, 0.2%)

1 と異なる, 救助の

▼ 察しなかった~ (2, 0.2%)

1 ので, のは

▼ 察しよう~ (2, 0.2%)

1 としない, ともせず

▼ 察しる~ (2, 0.2%)

2 のである

▼ 察しるこ~ (2, 0.2%)

1 ともできましょう, とも出来ない

▼ 察し合っ~ (2, 0.2%)

1 たりする, て黙々

▼ 察せし~ (2, 0.2%)

1 と見ゆれ, 如く

▼ 察せぬ~ (2, 0.2%)

1 ことも, 者が

▼ 察であっ~ (2, 0.2%)

1 てもその, ても無論

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 同時に神, 直観の

▼ 察なる~ (2, 0.2%)

2 藤田鳴

▼ 察によって~ (2, 0.2%)

1 その制限, 行なわれる他

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 不奉, 何の

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 にポナパルテ, の地名

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 が南山王, はある

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 へ這, をでた

▼ 察~ (2, 0.2%)

1 せんまた, 仕り候処

▼1* [82件]

いたすのである, 察いり候, 察ならず終日昏, 察されるのであります, 察される隠しても姫君, 察しあって, 察しなさっておられる, 察しねえでもねえけん, 察し願うと共に貴下, 察し願ってすべて, 察するであろうがご, 察するであろうごとくもし僕, 察するなら湖の, 察せいでか, 察せねばならぬ, 察せんため名だ, 察であり論証的学問性の, 察ではどうしよう, 察という多面性を, 察なんぞは最もふる, 察にとっては多面性こそ, 察にはない, 察勘や, 察する識, 察だにいや, 察シテ之ニ布告セザルヲ得ズ, 察シ之ヲ宇内万国ニ徴スルニ, 察シ其異同ヲ弁ジ其名実, 察シ工業ノ進歩如何, 察シ書斎デ日記ヲツケテイタガ, 察スルヲ要, 察下津浦の次兵衛, 察候に, 察仕りまするが此度, 察て明, 察御令嬢, 察候得共何如様共可致, 察児半弓を引っ提げ, 察児参謀らを促し, 察児参謀官人ら居並び背後, 察児露台の上手, 察候, 察制度の缺陷, 察の鮭, 察加風の横長, 察の報告, 察被下候, 察哈爾八旗の四つ, 察哈爾吉林黒竜江は, 察大矢野三左衛門有馬の治右衛門始め六百人, 察局長の, 察年三十二布津の太右衛門年六十五, 察度王の時, 察心術読想術観心術を詳述, 察料等の掲示, 察智部においては, 察氣訣などいふ, 察ノ適用ニ於テ遺憾, 察するに, 察獅子の心, 察御尤, 察申しあげておりまする, 察申升かねは口惜, 察にもっとも, 察病法五様なりしもの, 察的学問性それは事実解釈, 察的学問性之を区別, 察を堆, 察等云フ名誉心ニ駆ラレテ暗闇, 察等共同樣之御答, 察しふかく, 察終日昏昏只是夢昼, 察緬小地区の盆地, 察署南隣に可否茶館, 察自身によっては自覚, 察をよむ, 察容易なら, 察部勤務を命ぜられる, 察部長と松谷鶴子, 察部長殿御原籍は京都市東山区山科町深野百二十番地, 察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 察の外