青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「字~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~ 子孫~ 孔~ 孔子~ 孔明~ ~字
字~
~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます ~存する 存する~ ~存在 存在~ 存外~

「字~」 11008, 114ppm, 926位

▼ 字~ (2613, 23.7%)

119 書いて 26 書くの 19 使って, 寄せて, 用いて 18 書いた, 見て 16 書くこと 15 つけて 14 書いたり, 見ると 12 かいて, 読んで 10 当てて, 書いたの, 知って 9 もって, 描いて, 消して 8 書くと 7 並べて, 使つて居る, 加えて, 横に, 用うる, 読むこと

6 [13件] あてて, とって, 入れて, 大きく書いた, 宛て, 書きました, 書く, 書く人, 添えて, 用ゐ, 略して, 眺めて, 見ても

5 いくつも, かくの, 使用する, 取って, 寄せながら, 書きあげて, 書く事, 書く者, 用ゐた, 読んだ

4 [15件] 使ふ, 使用した, 分けて, 印刷した, 口に, 教えて, 書いた額, 書いても, 書かせて, 書きながら, 書きます, 書くん, 用いたもの, 貰って, 附けて

3 [48件] あて, かいたり, かきて, これに, たどって, つけるの, なして, 二つに, 付けて, 仮りて, 使つ, 使用し, 充てて, 公明と, 判読しよう, 名に, 埋めること, 宛てて, 宛てるの, 寄せた, 当てたの, 彼の, 思い出した, 拾って, 指して, 描いた, 書いたこと, 書かして, 書きつけあと, 書き出した, 書くとか, 書くもの, 書く女, 書く方, 書く時, 書こうと, 案じたり, 濫用し, 用ひ, 用ゐる, 省いて, 置いて, 聞けば, 覚えた, 読みました, 識り, 識る, 逆に

2 [159件] あたえて, あなた方どなたでも, お君, お書き, かき, かきながら, かきます, かくこと, かくと, くツ, ここに, ことさらに, その上, たかせに, たよりに, つけないと, つける, つけ足して, とつて, どこまでも, なんとも思わない, まちがえて, みて, よく書い, よく書く, よせて, よんだ, ススキの, 一つも, 一字も, 上に, 不恰好に, 並べても, 並べてるの, 並べること, 二つ層ね, 五つ六つ書く, 五六行息つかず, 作って, 使う, 使ったもの, 使っても, 使つてある, 借りて, 充てるが, 入れた赤い, 写真にとって, 冠して, 冠つた神社が, 冠らせた, 切って, 刻し, 削除する, 加へ, 加へて, 十入れ, 印した大, 取った, 取ったの, 取りて, 古人が, 含みしからざるも, 埋めて, 大きく書い, 大く, 宛てたの, 宛てたもの, 寄せ夥しく, 實在の, 幾つも, 当てはめて, 彫り込んだ奴, 御覧に, 忘れて, 念じて, 思い出すと, 急に, 手の平へ, 拈出した, 持って, 握って, 日本の, 書いたと, 書いたもの, 書いた三角, 書いた古風, 書いた旗, 書かせたり, 書かないと, 書かれて, 書きつけて, 書きますか, 書きますが, 書き岩, 書くに, 書くには, 書くふり, 書く癖, 書ける人間, 書して, 注して, 添へ, 狭く解釈, 用いた例, 用いなければ, 用いること, 用いアジサイ, 用ひた, 用ひます, 用ひる, 用ゐたる, 知ってるか, 知らないの, 知らなければ, 知らぬ人, 知るの, 縁側へ, 繰り返した, 缺い, 缺く, 習った, 翻訳した, 聞いて, 脱して, 落した, 蚊帳の, 見たこと, 見たとき, 見なければ, 見るが, 見れば, 見付出して, 覚えて, 覚える労力, 解剖し, 記入した, 記憶し, 認めて, 認める事, 誤つて, 読む, 読むと, 読むの, 読むよう, 讀むこと, 讀んだ, 讀んで, 貰ひ受け, 逆さに, 逆立ちさせたよう, 連れて, 酸水素焔かなんかで, 重ね用, 附けたの, 集めて, 頗る難, 頭に, 頼りに, 額に

1 [1535件 抜粋] あっちこっちひろっ, あては, あてる, いうから, いただいたなど, いただく工人一家, いわない, うちかえしうちかえし拝見, おいては, おぼえません, お手本よりも, お調べ, かいたかと, かいても, かかないで, かきなぐる, かきよく, かくその, かくん, かく気, かこうと, かなり並べる, かぶらせた青蛙, きる, くっつけて, こしらえた, こぼすよう, さかしまに, さすって, さらにの, したためて, しまって, じっと眺め, すったの, そのかわり, そのまま使っ, その方, そんなに大きく, ちよい, つかうの, つかわずに, つけたの, つけた書室家具, つけました, つなぎあわせたら, つらねて, とったに, とり羽柴, どう書こう, どんなに骨折っ, ならって, にじました, ぬたくらせた短冊, のみこむよう, はぶいて, ば平中とぞ, ひろって, ふみながら, ほりこむに, みこと, みたら大笑い, みなおぼえ, むかふで, もじったノヴァミルスキー, もて大書, やたらに, やや平, よくみる, よく使っ, よして, よせるよう, よみ込んだもの, よむより, わざわざ面倒くさく, アヤと, カタカナで, キノコに, ジッと, スミレに, ツバキに, ナメと, ハゼだ, パクリと, ペンでが, モット余計に, ヤマトと, ロオマンと, 一々見, 一つ一つ綴つてゐる, 一ぱいに, 一字, 一字書い, 一寸角大に, 一様に, 一部分一部分に, 三つ書く, 三ツ組み合せた, 三郎と, 上田の, 下したの, 下すこと, 不揃, 与え忠三郎, 並べたポスター, 並べ肩, 九の, 二つ両方へ, 二と, 二十八葉橄欖冠で, 二度繰り返した, 井に, 仏教は, 他に, 付くと, 付けたもの, 付け加えて, 代入する, 令明という, 仲達という, 伯直と, 何度も, 作ったの, 作るを, 使うかという, 使うの, 使った事, 使つた, 使つては, 使つて居りまし, 使わないと, 信じると, 倒しま, 借用した, 借用し来った, 偏重視する, 僭称する, 充て, 充て上流, 光明と, 入れたらええ, 入れた数十張り, 入れられたまで, 入れ換, 公台という, 公績という, 円で, 写した, 冠しただけで, 冠せた近, 冠らせられた, 出さないで, 出して, 分類し, 切り離す歌唱的, 制限され, 刻したるもの, 刻みたる石塔, 刻んで, 削り去り単行本, 削る冒険, 剩すこ, 割って, 加えそれ, 加えてと, 加ふれ, 区別すれ, 千里と, 南無阿弥陀仏を, 反対に, 取った事, 取つて雄太郎, 取り上げると, 取扱った小説, 句中に, 右の, 合わせて, 后の, 吟味し, 味うに外ならぬ, 呼ぶこと, 呼んだ, 品格の, 善卿と, 四徳と, 国号として, 土に, 塗りつぶして, 墨で, 士明と, 変えて, 多く女, 大きく書き, 大書す, 太い筆, 好んで, 嫌うなら平凡, 子均という, 子才と, 子禽と, 子魚という, 存し, 季行という, 学ぶほど, 學ぶべき, 定めしめられると共に, 宛てたシトギ, 宛てはめたら近い, 宛てること, 宛てる花木, 実にしっかりと, 寄せたが, 寄せましたが, 寫して, 寫せば, 将つて一個, 少くする, 少し許, 山民と, 左へ, 巻首に, 帽子に, 幾度も, 引いたの, 引く事, 張りこみたいところ, 当つる例, 当てた例, 形で, 形成した, 彫らせたもの, 彫りつけられたの, 彼へ, 彼等の, 得ること, 徳容という, 必ず形容, 忘れた, 忘れぬやう, 忠に, 思い出す, 思わせる圧迫的, 恐るるもの, 想わしめるすこし, 懸命に, 或る, 戴いた雑誌その他, 手紙の, 把持し, 抜きましてね, 拭き消すと, 拾い読みする, 拾つて讀む, 持つ様, 指しました, 挿入した, 探してから, 控除せよ, 掲げたり, 描いたやう, 描く, 換へ, 撰んだの, 改めてとっくりたしかめる, 教えながら, 教え読み書き, 数限りも, 文長という, 日本語に, 昨日教わり, 景盧と, 暗示する, 書いたからと, 書いたところが, 書いた場合, 書いた家, 書いた方, 書いた短冊, 書いた荷札つき, 書いてでも, 書かされるやう, 書かせその, 書かせるなんざ, 書かなけりゃならねえ奴, 書かねば, 書かんと, 書きおけば, 書きそれ, 書きつけましたが, 書きて, 書きますかな, 書きゃしませんか, 書き与えて, 書き出したと, 書き始めた, 書き布, 書き損じたもの, 書き旁, 書き済まし手, 書き鉛, 書くか, 書くが, 書くし, 書くって, 書くとき, 書くので, 書くまた, 書くより, 書くマジナイ, 書く同じ, 書く思ひも, 書く遊び, 書けたか, 書けば, 書ける奴, 書しその, 書したる札, 書せるが, 書簡箋の, 有するもの, 木版摺りに, 染ぬいた, 染め出した越後屋, 染拔いた, 柱に, 棄てかねた執着, 榜す, 標準と, 歌として, 正当に, 残すもん, 気に, 求めたの, 決めて, 浮かした細長く, 浮き立たせて, 消し後, 添加した, 満足そうに, 濃く淡くし, 烙印します, 熊坂とて, 爪紅の, 片端より, 玄放と, 現わす, 用いこれ, 用いその後八年, 用いたが, 用いたであろうか, 用いたの, 用いた中, 用いては, 用いられそれ, 用いる家風, 用いんという, 用い晩年, 用う, 用ひねば, 用ふ, 用ふるなり, 用ゐし, 田口の, 画いて, 画き偈, 畫い, 當てた, 発明したらしい, 白く抜いた, 白眼んで, 百里と, 目出度しとして, 省きしもの, 真似した, 眺めそれから, 眺め将棋盤, 眼中に, 知ってるだけで, 知つてゐます, 知らざる者, 知らないと, 知らない原住民, 知らなかった時, 知らなくては, 知らぬこと, 知らば, 知らん明盲, 知りません, 知り又, 知り語, 知るとともに, 知る必要, 知れ, 研究し, 私に, 種々雑多, 空と, 竝べ, 笑出し, 筆法の, 紙に, 索り当てる, 終り迄, 結び興, 經過した, 綴つ, 繋ぎ合せたもの, 罫紙に, 置き後, 羊示の, 習いましたもの, 習い次に, 習うとか, 習ったか, 習ったという, 習ひ始め, 聖朋と, 聞き乍ら手紙, 胡馬というは, 脱したる, 臀部の, 與へ, 花もて, 草の根で, 著け, 蠅に, 被せられるもの, 裏表から, 襲い画人狩野家, 西班牙語だ, 見きわめてから, 見た瞬間, 見つけ出した, 見つめながら, 見ましても, 見るからこそ, 見る時, 見落して, 視て, 覚えた猟師, 覚えねえの, 覚え出して, 覺えて, 解する者, 解釈する, 言は, 訓めり, 記すこと, 許されたの, 詠み込む為, 認めたもの, 認めとくに, 誤つたもの, 読まして, 読みて, 読み義, 読むだろう, 読む事, 読めなどと, 読んだの, 誰にも, 識った, 讀むの, 貫いて, 貰った, 貴重がった, 賜り晴信, 賜わり光貞, 贈られて, 赤と, 躍らすなど, 辨夫と, 追って書きとった, 送ったの, 通り名として, 連ねたもの, 選ぶもの, 避けこれ, 部屋の, 重ねて, 金書し, 金紗で, 鉛筆で, 鑑賞する, 門や, 間違えて, 闡明し, 附けまして, 附せざる, 除いた, 除き間違, 隠くす, 難じた, 音読する, 頭で, 題して, 題する場合, 飛ばした, 駢べて, 鵜呑みに, 黒

▼ 字~ (1294, 11.8%)

17 上に 15 下に 13 書いて 12 形に 11 中に 10 ように 8 形を 6 やうに, 形が, 意味を, 方が, 焼印が 5 ために, 一を, 上の, 働きを

4 [15件] あつた, あるの, うちに, この不器用, つくもの, ような, 上を, 下の, 下へ, 中の, 如く, 如し, 師, 間から, 隠語

3 [19件] ことを, ま, 中には, 傍に, 前に, 大きさ, 如くに, 形は, 意味が, 手紙を, 方を, 旗を, 漢語を, 皺を, 色は, 記号に, 読める者, 諡の, 鑄物を

2 [75件] あらざるは, あること, かわりに, ことに, ついたの, ついた名, つかいかた, つくの, つくやつ, つく名, ところへ, ひとつ形よく, まごつきに, ままに, ものを, やうな, よく読めない, マークを, 上には, 上手な, 下手な, 事, 事は, 人で, 付く女, 代りに, 使いかたが, 傷, 化身の, 印が, 原だ, 原義で, 右の, 号を, 名や, 周囲に, 外は, 如きも, 如くである, 如く思はれ申候, 如しじゃ, 小天地に, 形の, 恐ろしさ, 意味は, 所に, 扁は, 文章なんて, 文章を, 旗は, 書き違, 書けるもの, 書ける者, 書を, 書物を, 欄に, 歌でも, 歌を, 漢字が, 甘しと, 祈りを, 美しさ, 義を, 肩書が, 艸冠を, 苗字を, 足は, 通り或, 通称で, 通称である, 道を, 長句ながら, 間を, 隠語その, 額を

1 [891件 抜粋] あった気, あとは, あべこべに, あまりに不, ある処, ある場所, ある有難, ある王, いの, うちで, うち一字が, うまいの, うまい人, うまい局員, うまさ, おおよう, おっとり刀, おのおのは, お上の, お話を, お陰で, かいたもの, かかれる時, かけるあいだ, かける朝鮮人, かしら字だけで, かたつむりの, きちげえ, くっついたもの, くっついて, くばり方, ことだ, ことにつき, こんばんは, ごとき偶然, ごとき運動, ごとくますら, ごとくわれわれ, ごとく娯楽, ごとく実際, ごとく岡, ごとく某所, ごとく物, ごとく身分, ごとく逆, そっくりな, た, ためには, ついた名前, ついた地名, ついた家, ついた気持, つくほう, つくりは, つく一人, つく世界的音楽家, つく作家, つく大金, つく姓, つく方, つく親類, つく金, つく額, つづきも, つまったの, つもりで, つを, とおりに, とおり怪しい, ところを, どこかに, ないところ, ない俳句, ない字, なかに, ならべかた, はいった学校, はいった荷札, はじまりである記号, ひらき体, へたな, べたべた並ん, ほかには, ほかは, ままの, まわりを, むらの, ものだ, ものである, ゆきさ, ようで, よって来たる, よみかたについて, よめなかったこれら, わからない女, わかり好き事, カナが, パーミュテーションコンビネーションが, ピンと, ヘンが, ヨハネの, ロチイなつかし, 一つも, 一例としては, 一個一個の, 一切経で, 一句を, 一年に, 一点一劃も, 一等古い, 一部が, 三分の一を, 上から, 上が, 上で, 上にて, 上半を, 上手と, 下で, 下半分, 下駄の, 世界に, 並べ重なるの, 中かに, 中では, 中なほ, 中は, 中三十九字を, 中心交叉点に, 九右衛門爺さんは, 二階へ, 交じって, 人に, 付いたもの, 付くこと, 付く人, 付く名前, 付く山, 仙左衛門が, 件まで, 伏字も, 伝統的感覚においても, 体を, 使い方は, 使ひ, 使用され, 例を, 俗字で, 俗字でござる, 俳句が, 俳句に, 俳句を, 傘の, 傾斜が, 働きは, 僧名の, 入った五十箇以上, 入った提灯, 全意義, 兵法とは, 内容が, 出ること, 出処なりと, 出来の, 刀を以て, 初めと, 初めの, 刺激によって, 刺青が, 刻って, 前で, 剥げかかった茶煉瓦, 効果の, 動詞で, 半紙の, 印一册は, 原稿なんか, 原義は, 原音を, 反対側には, 口し, 右に, 右肩に, 合印し, 名, 名號, 吟ずるところ, 周囲の, 呼吸や, 和歌十七字の, 品の, 商売を, 問題である, 四倍四八〇字との, 国と, 在所が, 垂直線は, 増加の, 増減をすら, 売り切れ, 外母音を, 大小ふちどり, 大工が, 大工の, 天地が, 奥書も, 奴も, 如きは, 如き市中, 如き現在, 如き者, 如くイモン, 如く前方, 如く天気, 如く太陽礼拝, 如く書くも, 如く案ずると, 如く湖水, 如く物, 如く畫, 如く苦しい, 如く讀み, 如しで, 如しである, 妥当を, 字画が, 官歴である, 定義などを, 定義は, 宛て方が, 容器に, 小さな部落, 小唄に, 小詩形, 山形を, 左の, 巧い, 巧拙に, 差で, 差異も, 師恩一飯の, 帯の, 平仄を, 幻術によって, 底に, 廻沢である, 当字であろう, 形なり, 形も, 形式だけを, 形式の, 彫られたジャック小刀, 後姿を, 御著作, 徽章の, 必ずしも入, 性質も, 恰好が, 恰好に, 意味です, 意味では, 意味の, 意義に, 意義は, 意義も, 感じ, 感じが, 感じ大正よりは, 懸物, 成立も, 扁が, 扉と, 手紙で, 手紙など, 批評も, 択び方, 拙いの, 拙さ, 採択は, 提灯は, 故事を, 数と, 数二十に, 數は, 文学である, 新聞売である, 方へ, 旁にて, 旗が, 旗の, 旗竿が, 旦那には, 明ヶ瀬, 普通の, 暖簾を, 暗号文に, 暗号文の, 曲り目から, 書, 書いてない箱, 書きっぷり, 書きよう, 書き版, 書けない農奴, 書である, 書ばかり, 書をも, 最下部, 有無を以て, 本文の, 本義で, 札が, 格好に, 梨の, 極印つきだ, 極印つき小判が, 構成を, 標札を, 模樣の, 横幅が, 横木には, 次にしか, 次は, 歌つくりならひし, 歌の, 比丘すなわち, 沢山彫っ, 法に, 法を, 注に, 活字を, 活殺の, 消えかかった黄ばんだ札, 混じる欠点, 温泉, 溝洫に, 漢字に, 漢文体の, 濡れて, 点を, 烏山では, 無い例, 焼き印の, 熟語を, 片仮名の, 瑠璃と, 生きた鎖, 用い方, 用ひられた, 用例を, 田之助の, 田之助珊瑚が, 画が, 留つた所へ, 略号を, 異弁, 異形を, 発音山口の, 皇甫名は, 目印と, 相違も, 相違如何などという, 看板が, 真中を, 真心に, 着いたのに, 短文字, 短歌でも, 短章にも, 短語, 研究にとりか, 示すごとく鞴, 社に, 秘密なぞを, 秘訣を, 空理に, 答を, 篆文が, 紋所染めたる, 細い哲学, 終わりの, 組み合わせは, 組合せなら, 組合せ六字の, 組立より, 縁に, 繩張りの, 置き方, 置き處, 美人である, 義に, 考証は, 者は, 耳に, 肩の, 船橋で, 色々な, 色分明に, 芝居で, 英語すら, 草書じゃと, 葉書を, 蓮の, 蔓を, 街の, 装飾を, 裏に, 製造を, 襷を, 要点に, 見えなくなった表札, 見えるところ, 親しみは, 角度を, 解釈にも, 解釋である, 解釋として, 解釋如何によりて, 訓で, 訓は, 記されたもの, 訛りである, 訳を, 詩でも, 詩は, 詩即ち, 詩形が, 語, 誤りこれは, 誤りでなく, 誤也, 説明は, 読めない正直, 読めない者, 読めなかった娘, 読めること, 読める男, 論は, 諡も, 諡を, 謎, 講釈だ, 講釋ださうである, 護符, 變形ならざる, 貴い筆蹟, 赤い色, 足が, 足りない歌, 跡で, 輪廓と, 返事を, 通りこい, 通りであります, 通りよ, 通り商業的な, 通称と, 通称として, 通称関五郎と, 連用, 違いが, 違いでも, 違った, 部の, 部屋を, 重なって, 重畳に, 銀に, 鋳形, 長短句の, 閃光を, 間が, 間にも, 間まで, 間違いであった, 間違いまで, 附いた人, 附く大, 附近の, 障子を, 難も, 鞏固なる, 音であっ, 音と, 音に, 音を, 頭の, 頭を, 頭文字は, 題を, 題目でも, 額が, 風呂敷に, 首切役人が, 骨に, 高欄には, 髯に, 鬚を, 鬮に, 黄や

▼ 字~ (1212, 11.0%)

72 書いて 14 書かれて 12 あって, ある 8 ついて, 出て 6 あった, あると, 彼の, 読めるの 5 用いられて, 目に, 読めないの, 違って, 非常に 4 あったの, あつた, あつて, あらわれて, あるが, あるの, あるので, 流行りますか, 消えて, 滅法うまい

3 [18件] あてて, あります, まだ濡れ, 上手で, 使って, 使われて, 光って, 入って, 彫って, 書けて, 書けるか, 残って, 生きて, 用いて, 見えて, 見えない, 見えるの, 附いて

2 [79件] あったため, あて, あるから, あるという, あるもの, いかにも懐しい, うつりそれ, うまいの, うまかった, かかって, したためられて, しみついて, そこに, つくと, つくの, つくので, ないと, ない方, なつかしい, はっきりと, よく讀めない, よめるよう, わからないの, ランプの, 一つも, 一つもう, 一字も, 七と, 上手だ, 上手に, 不明瞭ながらも, 二行に, 五字ばかり, 何を, 充てて, 入用な, 出おる, 出た, 出来た, 出来る, 分らないん, 前の, 大きいので, 大きくなっ, 大きく書い, 大きな楷書, 妙な, 嫌だ, 幕に, 幾つも, 当てて, 意味する, 手に, 新に, 明かに, 書きなぐって, 書けない, 書けないと, 毒々しく烙, 無い, 無いから, 無ければ, 省略され, 眼に, 紙を, 自分の, 草書で, 見えないから, 見えぬ程煤びきつて, 見える, 読まれた, 読めて, 読めなくて, 読めると, 読めるはず, 読めるよう, 霞んで, 題して, 麗々しく先頭

1 [785件 抜粋] あったから, あったね, あったもの, あっては, あつた室, あてられて, あぶられて, あまり多義, あらわれた, あらわれたの, あらわれました, あり, ありますが, ありますね, ありまた, あり乃, あり二, あり便, あり則, あり由, あり縁, あるかも, あること, あるため, あるだらうか, あるだろうか, あるとして, あるドウ, ある故, あんまり細かく, いいし, いうこと, いかにもおかしく, いくつと, いくらか大きかっ, いけないという, いっぱいならん, いつの間にやら, うまいじゃ, うまいでしょう, うまくて, うまくなる, うまく詩, おぬいさん, お上手, お母さまの, お母さんで, お読め, かかれたとき, かくして, かけて, かける程, かちりと, かつての, かなしくて, かぶらせられた, ぎっしり七枚, けっして読めない, ことに大きく, こんなにあらわれる, こんな風, しけて, しみて, すうッ, すこし気どつた, すでに広く, そうして最後, そこにも, その作者, そめられました, それを, そんな恐ろしい, ただとりつけられた, たとえば慈, だんだん薄く, だんだん速記的, ちがう, ちっとものびない, ちと他, ちゃんと読める, ついた, ついたとて, ついてるから, ついてるが, つく, つくから, つくべきです, つけられるの, できた, できはじめました, できる, でき上った, とてもあなた, どうしてだ, どうやら暗号内容文, どこかへ, どことなく神聖, どれほど必要, ないから, ないため, ないん, なかった, なかつたもの, なければ, ならび原語, なんとなく情けない, なんぼでも, はいってるの, ひきしまつ, ひじょうに乱れ, ひっくりかえって, ひとつ眼に, ひどい, ひどいと, ひょろひょろとして, ぴかりと眼, ふえて, へたな, ほりつけて, ぼつと, ぼんやり眼, また見え, まちがって, まったく源氏の, まるで箒, みごとに, むやみに, もし有ったら, もっとも普通, よく出, よく売れる, よく見えないだろう, よく見えなかった, よほど句, よまれた, よめないもん, よめる距離, わかったよう, わからねえてや, わざ, わたしは, アストージェンカ一番地と, ウタテアリに, キラキラ往来, ケースの, ハッキリと, バラバラで, ボーッと, ポツリと, 一つぎりしか, 一つ落ち, 一ぱいです, 一パイに, 一句出来た, 一字あったら, 一字何か, 一字書きこん, 一字記し, 一朝ツバキ, 一杯出, 一杯書い, 一番似, 一番元とで, 一種の, 一郎の, 三つも, 三字であっ, 上に, 上品に, 上手でした, 下されて, 下して, 下手だ, 下手です, 下手で困る, 並べて, 中世風の, 亂れ, 二つあつ, 二十八字かい, 二行程, 二重に, 五回, 五百鰹が, 今度の, 今度は, 付いた所, 付くだけに, 代用された, 伸びるぜ, 似て, 何う, 何であつ, 何にでも, 何時までも, 余り恰好, 使つてみたいが, 使われるの, 使用せられ, 使用せられる, 倒ま, 充て用いて, 入った十個, 全然合点め, 共通に, 冠せられる所以, 出ただよ, 出る, 出來, 出来て, 出来るので, 出来るよ, 分らない, 分らなければ, 分れたか, 初版よりも, 判らないと, 判別しかねた, 別に違う, 制限漢字に, 刻んで, 加つて居る, 動詞に, 十ばかり, 半分ぐらい, 半分に, 単独で, 印刷され, 原稿用紙の, 古くから, 各, 同知, 呪文の, 善悪の, 喜撰の, 四回使っ, 土に, 在るかと, 変則に, 外側へ, 多いの, 多いやう, 多くなっ, 多過ぎる, 夜目にも, 大きくて, 大きく印刷, 大きく染めだし, 大きく見えた, 大事だ, 大切な, 大嫌いで, 大抵書い, 大書し, 大紋みたいに, 天から, 失はれた, 女の, 好きでない, 好きに, 如何に, 威圧する, 字の, 孟起などという, 完成した, 宛てて, 容易に, 寄って, 將軍の, 小さく押し, 小さく見える, 小さく金色, 少々妙, 屡次繰り返し出, 崩れ九, 巧いと, 巧いの, 平野的にて, 康秀の, 廊下の, 彫つてあつ, 彫りつけられて, 従来区々であった, 御差支, 心を, 必要であろう, 忽然と目, 思う様, 急に, 悪くて, 惡い, 意味も, 所々ハゲた, 手拭一ぱいの, 拙いのねと, 拙うございます, 拙かった, 拙くなった, 探し出せたもん, 描いて, 描き出されるの, 撮影されよう, 操るよう, 断頭台の, 斯う書い, 既にもう軍港, 日本紀の, 旨くなった, 明らかに, 明るい月光, 時計の, 普及しない, 暗号文の, 書いたもの, 書いてねえの, 書かれても, 書かれるより, 書きつけて, 書き綴られて, 書けないから, 書けないため, 書けないという, 書けなかった, 書けなかったそう, 書けなくっても, 書けなくて, 書けぬので, 書けねえとは, 書けます, 書けるかと, 書けるという, 書けるまでに, 書けるやう, 書けるわけ, 最も多い, 最も適した, 有つ, 本当に彼等, 朱書し, 村にも, 来たが, 来ると, 染めだして, 染抜いて, 桂に, 棘蛇と, 極意です, 標に, 模様の, 樹に, 次の, 次第に蟻, 殖えて, 殴り書, 毎朝一つぐらゐづつ讀め, 比較的に, 気に入ったよ, 気に入らなん, 汚くて, 油墨あざやかに, 波斯語系の, 活躍し, 浮きで, 浮び出て, 浮彫り, 消えてるから, 淡く書い, 深くなり, 淺薄で, 添うて, 滲みぽたぽた, 漢の, 潜入し, 火に, 灯に, 無かった, 無くな, 焼いて, 焼けるの, 片彫し, 猿沢佐介の, 珍らしい, 現代文芸ことに, 生れる, 用い出された, 用ゐられる, 画が, 當つて居る, 發音された, 白雲堂の, 皆めちゃめちゃに, 目を, 相当の, 真紅の, 眼には, 眼の, 着いて, 知りたい, 確かに, 確実に, 示して, 私に, 私の, 竹の, 第二句, 節の, 篆文で, 米へんにな, 続かない, 綺麗さつ, 緑青い, 縫いとって, 署し, 美しく書かれ, 背中などに, 自分たちの, 自分に, 興言である, 若松屋の, 蔓に, 蔓葛に, 薄給で, 虫篇故, 行を, 行列を, 表するごとく並列, 見えた, 見えなくなった, 見えぬ程雨風, 見えねえよう, 見えました, 見えますから, 見えまするぞ, 見えるね, 見えるので, 見なれた白い, 見られる迄には, 見當ら, 記されました, 記して, 詩の, 詩經の, 認めて, 読まれる, 読み返された, 読めそう, 読めたねえ, 読めないという, 読めないので, 読めない中国, 読めなくっても, 読めなくなった, 読めぬから, 読めぬの, 読めねえなあ, 読めねえの, 読めました, 読めましたか, 読めやへん, 読めるから, 読めるだろう, 読めるほか, 読める頃, 読書氏や, 護符よ, 讀めないといふ, 讀めやへん, 讀めるぢ, 赤くた, 赤塗に, 趙と, 足りては, 躍って, 転がり出した, 転用される, 逆さ書きに, 透いて, 遍昭の, 過去十数年間その, 違うやつ, 配られて, 野々宮さんの, 金色に, 鋳出されて, 附くと, 附くんぢ, 隙間なし, 隠されて, 隠れて, 集つて来る, 電光の, 面白くまた, 頭と, 飛舞する, 鮮かに, 鯛を, 鳩が, 鴃の, 黒主の, 鼾を

▼ 字~ (1012, 9.2%)

43 あるが, どう書いた, どう書く, 子龍, 私が

2 [52件] いずれも, おなじ風土記仁多郡, かなり長い, こう書く, この場合, これで, これに, た, まずいが, まるでへた, ウマ味が, 一つも, 之を, 二寸ばかり, 亦柔, 人を, 今でも, 今の, 伸子に, 何でも, 借り物だ, 傷だらけでは, 公覆, 几帳面な, 出羽様の, 十六に, 同じで, 善卿通称は, 子供の, 子善, 季公, 容易に, 寧ろ拙, 少卿, 山の, 左へ, 恐ろしく下手, 日の, 日本の, 普通に, 木ヘンに, 男の, 皆, 相変らず, 美しかった, 肉の, 読めぬ, 誰の, 鍵の, 陳腐といふ, 麗卿でございます, 麗卿名は

1 [889件 抜粋] あたらない, あとから, あらゆる罪, あるかい, あれど, いいこと, いつしか消えうせ, いつもながらの, いつも頭文字, いないわよ, いらない, おもしろくない, お前さんが, お茶の, かけませんもの, かよわい一画一画, きっと余り美味, きれいでありません, くちの, ことさらに, このアズサ, これは, こんなにこまかく, こんなに澤山, さう, さすがに, すぐわかる, するが, そう書い, そのせい, その嘗て, その男, その竪棒, それだけで, それを, たしかに, たしかに同筆, ただその, たっぷりインキ, だから, ちがう字, つまらんが, とうから敬太郎, とても讀めません, とんと讀めん, どうかと, どうも聞き苦しい, どう書いたら, どう見, どこか, どこでも, どっさり, どれを, どんなに汚, なかなか立派, なして, なるほど鉛筆書き, はかない力, ひっくり返しに, ほとんど無意識, ますますよくなる, まずいし, まずくても, また親譲り, まぶしいほど, まるで気, まるで男, もう少し拙い, もう透視, もっと日常的, もつと, もとより, もと家を, やっぱりそれ, よほど面白い, わかるの, わたくしが, われわれが, アッシの, アングロ・サクソン語の, ウの, カラスという, セマル意で, ツマリ食つて其の, トイレット用に, ノラノラと, フラットで, モスク, ラテン語でも, 一つと, 一切法根得べからず, 一向それら, 一字も, 一字より, 一方が, 一本二の, 一縱線の, 七銭に, 三四郎の, 上に, 上級生の, 下へ, 下手だ, 下手な, 不思議にも, 世儀通称は, 世粛と, 世馨号は, 中国には, 丸で, 主人にも, 主人の, 九州から, 亂暴だ, 二代将軍の, 二本五の, 五本で, 井守の, 亞剌比亞語の, 人と, 人という, 人冠に, 人生と, 今では, 今や万鈞, 今日の, 今申しました, 仕様の, 令明という, 以前より, 仲孚肥前国島原の, 仲尼と, 仲業であった, 仲温一字は, 仲礼小字は, 仲竜居る, 仲翔という, 仲謀生れつき口が, 仲達, 仲達であった, 件の, 伯孝初め周迪と, 伯寿本御, 伯民小字は, 伯符, 伯苗, 伯魚を, 何, 何かと探す, 何だかひどくまるっこい, 何とかい, 何と讀みまする, 何も, 何年たっ, 余の, 余りつかわない, 作者が, 例の, 依然としてまずい, 保の, 俳句特有の, 健卿万延元年幕府に, 優しく柔, 元とか, 元倹, 元化, 元来は, 元来理窟的の, 兄様ぢや, 充夫酔仙と, 兆新号は, 先方が, 光琳の, 全部忘れ, 八といふ, 公嗣, 公圭通稱は, 公寿である, 公礼である, 公衡という, 其代りに, 円周率を, 冷和香以鯉角梅阿弥等と, 凡字の, 刃の, 分りますかなどという, 剌より, 前に, 剛侯である, 割烹の, 勿論の, 化け粧う, 十本引く, 千頭家の, 半ば当っ, 半次の, 卑彌呼の, 印刷に, 即ち段匹, 去害, 友直仙臺藩に, 叔亀は, 叔琢である, 古く經典, 古来転倒し, 右大将の, 同じなん, 同じ意味, 君偉, 君悌後名は, 君理その, 君璧宜山と, 君美既出の, 吾ら両人の, 周輔で, 善卿錦橋は, 四五日前に, 国瑞の, 土でなけれ, 土という, 堪えて, 堯典の, 士, 士元襄陽名士の, 士剛号は, 士道別号は, 外へ, 大きく一字, 大して違いますまい, 大年という, 大昔に, 天保五年十二月十二日の, 天分も, 天眞らんまんだ, 奉孝, 女字に, 如何にも絵柄, 妖怪学に, 威卿小字重太郎豫州宇和島の, 嫡妻に, 子の, 子休, 子初という, 子友, 子山, 子彦, 子徳, 子成で, 子新一の, 子明少い, 子淵, 子済, 子溌, 子由一に, 子礼, 子節初め静斎と, 子義, 子臧, 子融何の, 子路という, 子載, 子醇その, 子長年二十侍徒在, 子雲, 子霊, 孔明, 孔明また, 字典などにも, 字音シンで, 孝直, 孟昌は, 季, 季父である, 季題趣味に, 学古である, 学校の, 宋拓を, 宗旦の, 官僚的な, 定まって, 実にこの, 実に早く, 実に深刻, 実録である, 実際変, 宣子易老を, 寛猛後に, 寝て, 専門家風に, 小さくていかん, 小説の, 小野さんの, 少し讀めます, 少なからず, 屡々峠路, 山陽が, 山陽一流の, 崩した方, 希之, 希哲少き, 帝, 帰りに, 幸太郎の, 廉夫が, 引張って, 当てに, 形の, 彼女について, 得入空華月所如是縁庵等と, 御承知, 徳昂と, 徳祖と, 徳達は, 必ずしも臣, 必ず加えざるべからず, 必ず小穴君, 忘れましたが, 念祖菖軒又は, 恐らくは, 恵風橘姓南谿と, 意地悪そうで, 或る, 折檻とか, 拙いの, 拙かつ, 支那にも, 政府に, 敦卿である, 敬甫後年屡, 文兆の, 文台という, 文明開化の, 文時が, 文誠法名称仙軒季が, 文邦淡, 文長突如, 斗胆通称は, 日本で, 旧くより, 明治二年己巳に, 昔から, 昔も, 春の, 春農とも, 景真後に, 景興文官の, 曙覧の, 書かれませぬが, 書き易い, 書けども, 書けないから, 書けないよ, 書けますよ, 曼成という, 曼才, 有和, 木へ, 木偏に, 本は, 本來, 本山荻舟の, 本来ススキとは, 本物の, 朴甫と, 杞山という, 林述斎が, 格別の, 楳とも, 極めて卑近, 横綴の, 止所が, 正平, 正甫, 歳月を, 死屍を, 母は, 永劫未來御, 永劫未来御用部屋に, 決して北朝, 河澄通称は, 注目に, 洋語の, 浪という, 深く心, 準の, 漢国にて, 潭明通称は, 火偏に, 無いびた助, 物騒で, 独り真宗に, 玄徳が, 玄徳め, 珍らしい, 現在鶯が, 現金の, 瑶甫安芸の, 甥の, 用いてない, 用いられて, 用ゆべからざる, 田夫又木斎と, 皆この, 皆已に, 皆相通ずる, 相塘, 省いて, 眞先に, 真中から, 知らんし, 石神だ, 破損し, 確に, 祖先の, 私と, 科学の, 立夫初め伊織中ごろ養真後, 立夫岡西徳瑛字は, 笑いすてきれない, 筆の, 篆文に, 紅葉先生の, 純卿, 細くって, 終吉楓亭の, 網の, 綺麗に, 總て, 美しいよう, 義譯で, 翼徳と, 老であり, 考えようによって, 肉と, 肉眼で, 能く, 腐肉に, 自分の, 良寛様の, 色を, 若し, 英卿又, 荒いの, 藤次の, 蘭軒の, 蜴の, 補仁観書の, 西郷さんが, 見たこと, 見つからなかった, 観るという, 解し難い, 言ふまで, 訊ねても, 詩形として, 説文には, 説明された, 読ま無え, 読みにく, 読めた, 読めないから, 読めないの, 読めなかったけれど, 読めるの, 諸学, 識此と, 豁然蓮社と, 豕の, 越石と, 足の, 辞書には, 近いよう, 送れる, 通用する, 道純また, 道風であった, 達者に, 違ってないでしょう, 違ふかも, 遠慮しよう, 遠藤さんが, 郭璞の, 金扁が, 鎮魂である, 限なるべし, 陳腐という, 集中多く, 離塵という, 雲長なり, 零です, 非常に, 音が, 風と, 飛んだひようたん, 飛卿である, 馬に, 高嶺氏に, 鳥の, 鳴であるが, 麻賀禮に

▼ 字~ (711, 6.5%)

18 なって 15 して, 曲げて 13 結んで 12 書いて 10 似て 8 なるの 6 なる 4 ある, なった, なつて, なります, 変って, 就いて, 折れて

3 [11件] したの, する, ちがいない, つきて, なったよう, むすんで, 余りぬべき程, 千理を, 眼を, 重きを, 関係が

2 [39件] あきらめ, かいて, くつ, したもの, しながら, するの, なったり, なるよ, よせて, アクセントを, カッコを, 二つの, 代えたの, 何か, 凡ての, 力を, 因んで, 對し, 尽きる, 帰する, 帰着し, 帰着する, 引き緊め, 当るの, 抜けられる八十軒長屋, 換えるに, 曲げ, 曲げた, 曲げながら, 書けば, 真似て, 結んだ唇, 縮めたるは, 見え誰, 読むべきにて, 身を, 通ずる五十軒長屋, 重りあつ, 釘付けに

1 [475件] あたります, あたるからと, あふれ匂って, あやどりて, あやなして, あらわせば, あり, ありかナ, あること, あるに, いい尽されて, いんかを, えがきわけられた各々, おきかえます, おき代, お前は, かかれる時代, かがめて, かくと, かけたいかにも, かけよって, かげを, かたどつた星, かなり重要, からげた豪傑, からげて, からまる権威, ぎゅっと曲げた, くねらせながら, ぐつとつつぱり長い, こだ, こめられて, したり, したる, したる事, した口許, した方, した横看板, しっかりと, しても, しながらも, しばしば一番割, しろ半分, しろ落, すぎないが, すぐ続い, するお手本, すること, すると, するとき, する必要, する為, すれば, せられたらなほ, その大広間, その引返す, それたまま仕切り, たましい, ちぢめたもの, ちなみ長寿, ちなんで, つ, つきるの, つきる半生, つっぱった, つづいた物質的, つづめて, つめて, つり合った口調, どの字, なおして, なったという, なったら駕籠, なった両脚, なっても, なつた, なりちょい, なりましたが, なり細い, なるが, なるであろうと, なると, なるやう, なるわけ, なる化学鉛筆, ぬの, ねたまま, はねて, はらはらと, ぱたりと, ひきむすんで, ひき曲げ青黒い, ひどく関係, ひねりあげる真似, ひびいて, ひらいた長崎, ひろげて, びじ訓を, ふくまれて, ふさわしくない, ぶっちがえ, ぶつかる, へし曲げて, まかせて, まがった, まがるの, まげて, まげるの, また, まとめて, みしと, むすんだまま, むすんだ理, もう一つサイド, もう少し重厚, よく似た, よく現れ, よせ, れの, わけが, イミが, カナしい, グイと, ケリという, サヤと, ダアトが, ヤブの, リンズと, ルビつけ, 一カ所, 一切を, 一特徴が, 一種限定的の, 一行に, 上げさせて, 下す可, 両足を, 両頬, 並べたるに, 並んだその, 乗って, 二種あり, 二重丸を, 今も, 仕立てて, 代うる, 代えれば, 代はり, 代ふる, 代ゆる, 代置し, 会うこと, 会わせろと, 似ず音, 似せて, 似たの, 似たり, 似てるん, 似る雨, 何歳絢子と, 作り字典, 依って, 依つて, 保護と, 写して, 冠するに, 出会いその, 出会いません, 出会うか, 出会ひません, 出来にくい, 分れ一つ, 副詞として, 動かされ迷, 匍ひ出し, 化って, 印を, 合せたまでの, 向って, 向合つて, 君の, 吸口の, 呪あれ, 和訓の, 四つの, 因み忠三郎秀賦, 囲んで, 国語の, 在る, 在るの, 坐ったなり, 埋めて, 執着し, 執著し, 基づいた紙上, 基づいた説, 塗り付けて, 声が, 変えて, 変った, 変へて, 変わりは, 外ならなかった, 多少の, 多羅斯, 大變ふしぎ, 大通りにつき, 如何にもふさ, 妙な, 娼妓の, 媚, 字音という, 宛てた, 宿命され, 寄せて, 寄って, 寄りました, 寝た, 寺の, 對する, 就いての, 就いては, 就て, 尽きるすばらしさ, 尽きるでありましょう, 尽きるに, 尽きるもの, 尽くされて, 局られ, 帚を, 帯を, 帰着致します, 建てめぐらされた木造二階建, 引かれた眉, 引きしめて, 当たる, 当たる故, 当てがったもの, 当てたるなり, 当てはめた方, 当てはめない, 当ると, 当るもの, 当るアエ・アイ, 当る日本語, 当る漢字, 当る葉書, 形を, 彫りつけたそれ, 彼は, 往来する, 從ふてゐる, 心血を, 思ひ迷つたの, 情緒も, 惚れくさって, 意義は, 慰藉を, 成つて祠の, 成らなかったと, 成らなかったといった, 戻らねば, 房毛の, 手を, 打ちつけて, 折って, 折りまげて, 折り曲げて, 折曲った, 拱んだ, 振った, 振りかぶられた, 掃いた, 接続する, 換えて, 揺れる白い, 擬人的作意が, 改むれば, 改む西両国西広小路, 改めし後, 改めた, 改めたという, 文吾は, 新しい力, 於ても, 易ふ, 易へ, 暗しである, 曲げたり, 曲げた千鶴子, 曲げた園絵, 曲げてる両足, 曲げようと, 曲げると, 曲げるの, 曲げ横柄, 曲げ腕, 曲った衿元, 曲って, 曲りそう, 曲りたる電信, 曲ると, 曲る路, 書いたこと, 書いたもの, 書いたよう, 書いたり, 書いた上, 書かずして, 書かなくても, 書かんと, 書くと, 書くの, 書くは, 書くやう, 替えても, 未練を, 村人の, 来ると, 根ざして, 格別の, 梵語の, 棒を, 標榜し, 永久の, 求めたらしいこと, 汗衫と, 注目せよ, 流れギリシャ劇, 浩の, 涙を, 渡す糸, 溢れ一句, 点火した, 無量の, 焼き直したの, 煩されぬ, 特に重き, 生ひ, 用いられたる, 用うる, 用ひられた, 用ゐられ, 由て, 申しあげますが, 申上げます, 略して, 異議ござる, 當つて居る, 疑を, 疑問な, 白鉢巻まで, 皺を, 直ぐ續, 直したところが, 直して, 相当する, 相応しない, 相違ない, 真正の, 眩惑せられ, 着眼しない, 知辺の, 神田を, 神経の, 突いて, 簡単な, 粒の, 糸を, 糸二つか, 約して, 紛わしい書, 組み橋, 結ばれて, 結びあわすこと, 結びうわ, 結び眉根, 結び鈴, 結べる薄, 結んだり, 結んだ厚い, 結んだ口, 結んだ呉羽, 結んだ小, 結んだ邦夷, 結晶させた, 綾取る間, 締め島田, 縋りたい思, 纏めたいと, 纏めた時, 置いたの, 置きかえれば, 置きかへて, 置き換, 置き換えては, 置く句法, 美しい顔, 背中に, 胸の, 腰を, 腹を, 膝を, 臭気を, 至りては, 草冠を, 落ちついたの, 落ちて, 蘭だらう, 表された場合, 表象を, 複雑怪奇な, 覊絆れ, 見えた, 見えたがって, 見える, 見られた, 見るも, 見入ったであろう, 見入つた, 見覚えが, 触れて, 訂正する, 託して, 註釈が, 読める, 譯し, 讀むべきにて, 象つた, 赤い電気, 越すもの, 足りぬもの, 蹈ん, 近いという, 近代的特色を, 通じ二者, 通ずるから, 通ずる露地, 逢つて戸惑ひしたら, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎないので, 過ぎなくとも, 違いあるまい, 適して, 適当な, 重りつきて, 重圈, 金石の, 長くよみたる, 開いて, 間違いありませぬ, 間違えられやすい, 関連する, 關係が, 附合っ, 限っての, 限られて, 限るといふ, 隠れて, 離して, 青くアンダーライン, 非ず, 非る, 非常な, 頤の, 頬笑まない, 頼まれて, 顕せば, 顯は, 飽きたら子供, 饒舌を, 髭の, 鬼字を, 魂を

▼ 字~ (578, 5.3%)

47 書いて 14 書かれて 8 あつた 5 かいて, 書くと 4 いえば, こう書い, 斯う書い, 書いた, 書きつけて 3 あつて, あらう, 出来て, 手紙を, 書くこと, 次の

2 [24件] かくこと, かけば, さへ, それは, つぎの, ねえと, もって, ノートを, メッドの, 何か, 印刷され, 印刷し, 女は, 左の, 日本共産党と, 書いたの, 書いたもの, 書いた一枚, 書いた手紙, 書かれた, 書き得る仮名, 書く, 歌一首, 眞つ

1 [413件] あつたの, あつたら, あらわされる芸術, あらわすこと, いい表わした, いうならば, いつぱい, いとどしく, いふ, いふの, いへば, いへる卑近, いろいろの, うずめられた原稿, うめという, おぼつかなく別れ, おまけに, お和, お手紙, お書き, お目, お礼を, お讀み, かう書いて, かかれた札, かかれた表書き, かかれて, かなりみごと, きざんで, きっとうまく, ぎっしり二三枚, ぎっしり書い, ぎっしり詰まっ, ぎっしり詰め, くしゃくしゃと, くしゃくしゃに, くわしく書いた, げしてね, げすか, こうかい, こう云う, こう書いた, ことさら今日, こまかく粒, これは, これを, こんなこと, こんなにあと, ござります, ごしゃごしゃと, ごぞんじ, さあ, さえあれ, さわりひっかかりという, しかも赤インキ, しかも非常, したためられて, しばしばこれ, すら羊, せう, せうか, そう書い, その中, その淋漓, その漢音, その肩書, その複雑, その醜, それが, それだけ, それでその, それよりは, それを, ただ, ただ字体, たてがきを, たどたどしく書きつけ, ちゃんと御, ちょうど四枚, ついて, つた家と, どういうもの, どうし, どこの, どんなもの, どんな事件, なしに, なすくつ, はおかしい, はない, はなかっ, は不充分, は少し, は滿, は絶対, ひどい綴り, ひらめと, ぶつけて, べたべたと, まじめな, みじかい詩, むすびの, もつて, も判らぬ, ゆがみ文字はくの, ゆっくりサイン, よいという, わたくしは, わたしは, ウマなる, カメの, コレハ冗談ダと, シカゴ畜産組合と, シュタッド・ガルドと, スエコが, スラスラとこう書き流した, ノートの, ハッキリ書い, パレオロガスが, ヒノエウマを, ビッシリ書い, ビフカツと, ビラが, ブハーリン著史的唯物論と, ヘビである, ポトリと, ミスタ・タイゾウ・サッサと, ランチ金ずしで, ヴェルダンと, 一パイ, 一人はかなく, 一人一人名を, 一家の, 一昨日大使館にて, 一時間も, 一杯に, 一杯の, 一杯自在奔放, 一杯詰まつた, 一杯通信文を, 一面に, 丁寧に, 七言絶句が, 万端を, 三行の, 中央に, 事實を, 二つ書い, 二三行かいた, 二人の, 二側に, 云えば, 云ひ, 仕事を, 代表させ, 代表させる, 代表される, 代表すれ, 以て, 伝へられたもの, 何かの, 何が, 何だか五文字, 余程ハイカラ, 余興と, 偶然と, 先ず, 全体を, 全体三百十字の, 八頁から, 共産党員と, 写したら如何, 処々汚なく, 出来上つて, 分離され, 切る方, 初めたかと, 割り切れて, 加野が, 十分意味が, 十本が, 千世子に, 半ば以上埋められ, 半紙一パイに, 印度の, 原稿を, 去る二十七日任地, 口供を, 名を, 名前が, 呪文が, 咯血の, 唐紙牋に, 問うまでも, 喋りその, 喝破した, 地図の, 埋めた, 埋めて, 埋めるの, 填められ名香, 壽詞と, 夕食し, 大いにテニス, 大きく書い, 大変迷った, 大寺餅あり, 大變, 大變迷, 天狗連らしい, 天麩羅先生と, 失敗し, 始まつて, 姓名を, 字によ, 字の, 寿と, 封筒の, 小万, 尹主事と, 尽きて, 尽きる, 山, 帳面をば, 幼稚な, 広告し, 府下世田ヶ谷と, 廣告し, 延びるだけ, 引かれて, 当地も, 彫って, 彫りつけて, 心が, 心眼で, 感じよく, 戈を, 所謂オホカミを, 手紙が, 打壊しだあ, 批評を, 括弧が, 挨拶を, 掬水園と, 支配され, 敬畏, 数字を, 文句が, 斯う, 日本語を, 日附が, 明日面会とか, 曰く, 書いたこれ, 書いたそして, 書いたハガキ, 書いたプラカート, 書いた一封, 書いた假名, 書いた奉書, 書いた女, 書いた文, 書いた旗, 書いた標題, 書いた看板, 書いた罫紙, 書いた詫, 書いた額, 書いた駅, 書いた黒札, 書いては, 書いても, 書え, 書かなくっちゃあ, 書かれたこの, 書かれたと, 書かれた大きな, 書かれた有, 書かれた標札, 書かれた立看板, 書かれた貼り紙, 書かれちゃあ, 書かれちや, 書かれましたもの, 書かれ口, 書きこれ以外, 書きしるされて, 書きしるして, 書きつけた鉛筆, 書きつづって, 書きつぶして, 書きなぐられて, 書き下された, 書き印刷, 書き埋められた長たらしい, 書き続けた, 書き表わされるが, 書き込みを, 書き込んで, 書くという, 書くなんて, 書くの, 書くべきかを, 書くよう, 書くより, 書く事, 書けば, 書けようという, 書けるだけ, 書けるよう, 最近の, 村上兵曹と, 構成される, 横濱市の, 次つぎに, 歌が, 歌を, 死骸の, 母へ, 汽船の, 河野ウメ子は, 注意書した, 浮出してる長い, 添書が, 済して, 滿足すべきでなく, 濃く薄くのたくった見, 父に, 父親の, 片づけ懐疑説, 牛の, 物を, 特色ある, 狭い胸, 現すより, 現はし, 田植と, 申上げます, 男爵フォン, 白紙の, 盡され, 相当の, 省略し, 看板を, 真白に, 眼尻が, 知らぬ字, 社名が, 祖母ちゃんは, 私の, 筆画が, 簡単な, 紙片の, 経木へ, 置手紙が, 翻訳文が, 聞き分けたり, 胡粉の, 自分等は, 苗代二之字で, 苦しんで, 英語の, 茶を, 茶をのみ, 表し成立, 表わしました, 表わしますけれども, 表現される, 裏が, 補充した, 見せつけて, 見栄えのせぬ, 記されて, 記される時期, 記念品とか, 許愼の, 詩人の, 認められた山岡鉄舟先生, 誤字も, 説明が, 説明し, 説明する, 読んで, 読方の, 誰人も, 證明する, 豆蒔き, 貫こうと, 貴殿に, 貼り付けられて, 貼り紙が, 賛が, 軍医森林太郎が, 軽く食事, 返事が, 返事を, 達筆過ぎ, 鄭重に, 金一円也を, 銀座節の, 銘の, 長くかかっ, 長たらしく書かれた, 開拓使と, 間に, 障子襖に, 雨風に, 雪の, 面白い物語, 面白く写生, 食事し, 駅名が, 285大浦と

▼ 字~ (435, 4.0%)

5 口に 4 書くこと, 絵も, 若草の 3 ない, 忌だ, 書いては, 書けて

2 [27件] ありは, ありません, ある, つけずわが, なかなかうまい, なくしなけれ, よく書き, 出て, 出来たり, 判も, 口へ, 字を, 書いてなかった, 書きたり, 書けない, 書けない甚だ, 田の, 知つてゐた, 知らずに, 立派だ, 著けず, 言は, 言葉も, 訳なき, 読めない人, 讀めるから, 達者だ

1 [352件] あったよう, あって, ありますが, ありませんよ, あり絵, あり送の, あり鉤, あるし, あるところ, あるなんて, あるわけ, あれど, あれば, あんまり当, いいませんでした, いうまいという, いえた義理, いけませんね, いという, いまだに知らぬ, いやに, いわずに, いわない, いわなかったこと, うずめられて, うまいし, うまいでない, うめえが, おくびにさえ, おっしゃらないなぞ, おっしゃらなかったん, お越, かくから, かけず頭, かけない, きたなく意, きれいです, くすの, ぐつと胸に, したためる事, しないよう, しゃべれずパッシヴ・ヴォイス, すてきに, そういうふう, その先, その特定, ただ花, ついでに, つかうかと, つかって, ていねいだった, とうとう頭, ともに諸君, どうやらかける, どっちからも, どの字, ないくらい, ないわけ, なおこの, なおさず記事中, なくして, なくすら, ならわない学問, ねえんで, のがすまいと, はつきりし, はつきりと, ふれて, ふれられて, また一致, また幾度習つて, まだ書く, まちがいなく, まちがいは, みごとな, みたいと, みんな同じ, もうこのごろ, もちろん自分, ものしずかな, やさしい候かしく, やはり一つ, やはり波斯語系, やらさせて, ゆるがせに, よくかけ, よく分らない, よく書きます, よめます, ろくによめない, わかったとは, わかって, わかりやしない, わたくしの, ハゼには, マの, モット上手な, 一という, 一行も, 上に, 上手だ, 上手だろう, 下手くそで, 下手で, 下手です, 不存者, 乱れて, 二字づゝ劃を, 云わずに, 云わなかった, 亦た, 人に, 人情といふ, 今のかれ, 仰しゃる気遣い, 会話し, 似たり, 何故問題, 余さず読んで, 余すまじと, 余り見受けざれ, 使わずに, 使わぬこと, 使用される, 光と, 入れるすき, 全く言, 出ない方, 出来ねえし, 分らないの, 分らないよう, 判然たる, 十字架も, 半字, 半画も, 印も, 厭だ, 厳重に, 取っては, 口い出さん, 口から, 古き法帖, 右側から, 吉原の, 同じ, 名筆だ, 和尚の, 和製字で, 善く書いた, 嗅いだこと, 国字である, 坊さんから, 変えぬ元, 多かった, 多く読みたき, 大きなまずく, 嫌だ, 字が, 字の, 存外意味, 學ぶ場所, 対校せられ, 少くは, 少しぱらりと書こう, 山人の, 当てはまるかも, 後に, 心得ないもの共, 忌に, 忘れて, 思いよらない大, 意味を, 愛称な, 感じが, 感じる事, 戦争の, 抜かさないよう, 改めずに, 文句も, 文字が, 文字の, 文章も, 斑に, 断って, 明さんの, 時によれ, 普通の, 書いたと, 書いて, 書いてない真っ白, 書いてを, 書かずに, 書かない, 書かないうち, 書かなければ, 書かぬのに, 書きだす力, 書きづらい, 書き得なかった書簡箋, 書き込まれては, 書くという, 書く事, 書く彫物, 書けず師匠, 書けず本, 書けないで, 書けないと, 書けない古書画, 書けなくなって, 書けねえや, 書けば, 書けません, 書けやしません, 書けるし, 書けん女, 書け読めも, 書生が, 有名だ, 板に, 染めて, 楊柳では, 此の, 殆ど書かなかった, 浮いて, 添削され, 漏れずその, 漢字風に, 焔に, 無い, 無いもの, 無いわけ, 無くこの, 特色の, 独逸風のや, 現われません, 用いずに, 用いないで, 用いますが, 画以上に, 発生し, 目明しにゃ, 省略し, 知らず奴隷, 知らず文章, 知らず身, 知らないの, 知らないやう, 知らない場合, 知らない男, 知らない盲人, 知らない貴様, 知らない連中, 知らない鼻, 知らなかったくせ, 知らなかったもの, 知らなかったん, 知らなかった奴, 知らなければ, 知らぬ構え, 知らんの, 知らんほど, 知りませぬが, 知りませんよ, 知りゃあ, 知んねえもん, 磨滅し, 私に, 筆を, 結構であり, 続けずに, 縁起の, 考えずに, 考えなくなったの, 聞えず今日, 自分なりに, 荒れて, 落ち着いて, 落第槭の, 落第詩人は, 葉子には, 見あたらないで, 見えずただ, 見えたもの, 見えないじゃ, 見えないの, 見えぬ, 見えません, 見えや, 見せず七, 見せず万事いや, 見当たらねえの, 見当らぬ, 見栄を, 覚えなければ, 覚えの, 解し得なかったけれども, 言いおわらぬうち, 言いなさらぬ, 言うこと, 言はずに, 言はず相, 言はねえ, 言わせぬこと, 言わなかった, 言及し, 言葉は, 訂正しなかった, 記すあたわずこれ, 誌した, 誤字や, 読みそこ, 読みにくい, 読み外, 読み違, 読むこと, 読めそう, 読めない, 読めないくら, 読めないので, 読めない子供, 読めない子供時代, 読めない恐ろしく, 読めない文字, 読めなかった, 読めなかったけれども, 読めなかつた所, 読めぬ位, 読めません, 読めませんでした, 読めりゃ絵, 読める, 読めるもの, 読んだこと, 読んで, 譯なき, 讀み外, 讀めない, 讀めると, 起らなかった, 造ったこと, 造つた, 達筆で, 違って, 違は, 違へ, 邦語の, 閃めかなかった, 閃めかなかつた, 間違いが, 闘という, 附着し, 鮮かに

▼ 字~ (190, 1.7%)

4 なる, 字の, 見倣して 3 乙の, 同じで, 字との

2 [12件] いえば, なった, なって, なりて, なり更に, なるの, 云うもの, 取り違, 同じ意味, 申します, 私の, 署名した

1 [145件] あなたの, あの七ツ森, あり段玉裁, いうが, いちばん少し, いったら, いっては, いへば, いわず文学的, ここの, この雁皮, さんの, し, したの, して, するの, すれば, たどって, ちがうか, どういう字, どの字, なしこれ, なつた, なつて, なりますが, なり唐時代, なり彼, なり漢字, なり語, まるでちがいます, まるで違っ, みても, よんで, ろの, ウという, リの, ロの, 一, 一二〇字の, 一本棒が, 万金丹の, 三時の, 下五字とを, 並べて見る, 並べると, 中という, 中といふ, 事業といふ, 云う居酒屋, 云う物, 云ふ, 云ふも, 仲という, 会わねえうち, 似て, 作す, 佶屈な, 全く異なる, 其第三の, 勇気という, 十ミニュート, 印度の, 取る, 古き世, 同じくもと, 同じく和製, 同じく我が, 同じく百合, 同じ事, 同じ天, 同じ言葉, 同一にて, 同意義, 同様我が, 名前がちが, 命の, 四十ミニュート, 大きな顔, 婆の, 子供という, 定まつ, 定まりたるを, 寺という, 寺といふ, 嵐の, 川の, 己という, 年玉との, 心得まして, 思って, 才の, 日本での, 日本の, 昨夜の, 書いた札, 書き置きの, 最初の, 朱色の, 来たら本人, 柴田修理勝家が, 桃という, 正の, 派手な, 無筆の, 照し合せ, 申したところ, 申すが, 画を, 略し切りたる洒落工合, 知れ切って, 硫黄の, 社会学という, 稱し, 第七字, 第三字, 第八字, 第十三字, 第四字, 米だ, 結ばれるが, 結びついて, 絵とが, 自分で, 與譽など, 若干の, 茶色という, 見なして, 見做, 解らぬ字, 言う酒屋, 語って, 読点だけしか, 讐といふ, 豫定せずし, 貴婦人醜行という, 赤との, 連続と, 違うよう, 違ってや, 錫杖との, 間違へて, 関係が, 餘り, 魚といふ, 鯨といふ

▼ 字~ (80, 0.7%)

93 か絵, な 2 なア, ね, ねえ, 育の

1 [57件] か, から, からあっし, からえ, からぞっと, からで, からやはり, から以後カナ, から別に, から大した, から此処, から記憶, から記載, から鴉, か分らない, か模様, が, ががん, がそういう, がそんな, がミディ, が形, が斯, けれども, けれども何分, この上, ぜ, ぜ恐るべし, そうです, つたに, つたのである, つたのは, つてや, ということ, という説, といふ返事, とかさ, とか言, とか飾り立てた, とする, とは思わなかった, と凝っ, と勘違い, と強情, と思いました, と思います, と聖書, なと思, なと思いました, なやっぱり, ねあれ, のを, もの, エビ蔵では, リッシンベンかな, 事, 此の

▼ 字一字~ (79, 0.7%)

3 の間 2 がはっきり, 考えて

1 [72件] から説明書, がひきし, がゴシック風, がバラバラ, が人間, が如何, が所々ハゲ, が断頭台, が自分, が詩, こう白く, ずつとりはずし, で聞き分け, で證明, とおいて, とたどっ, には現われず, にも意味, に心血, に浩, に神経, に粒, に譯, のよみかた, の内容, の法華経, の活字, の褒貶, は, はっきり大きく, はなし, は不思議, は見えない, ひろった, へ彼, ぼつぼつと, をさすっ, をそっと, をたどっ, をどんなに, をよんだ, を実にしっかり, を彼, を惜, を懸命, を拾っ, を書い, を植え付ける, を清し, を見, を見る, を読ん, 区切って, 埋めながら, 小さい声, 小さな独和辞書, 小さな獨和辭書, 怒って, 押し印した日記, 拾い集めると, 拾うよう, 書いて, 書かうと, 書きすすめもう, 書き写して, 洩れなく引くの, 読みあげて, 読みはじめた, 読み下されるよう, 読む一種, 読んで, 連ねて

▼ 字一句~ (72, 0.7%)

2 の末, も違わない, をもゆるがせ

1 [66件] いやしくせぬ, があの, が層, が思ひ, が死, が殆ど法律條項, が長い, そのま, そのままくり返した, だつて会得, といえ, と逐, と雖, どころか言語, におそれ, にこめられた, につま, ににじん, にも気怯, にテーマ, に私, に籠つて, に血, のすえ, の上, の使い方, の必然, の意味, の未, の瑕疵, の研究, の裏, はみな悠久, もいやしく, もって, もまた, もゆるがせ, もよみ落すまい, も変, も忽諸, も改竄, も書かない, も直し, も苟, も見当らない, も覚え, も誤謬, も読みおとさない, をくり返しくり返し, をそのまま, をも加減, をも深い, をも等閑, を争う, を明確, を翫味研究, を訳し, を読みはじめた, を読ん, 余さずに, 残らず暗記, 覚えて, 違わず二時間, 違わないから, 違わないこと, 違わない講演

▼ 字という~ (54, 0.5%)

9 ものは 6 ものが 2 ことに, ので, ものを, ように

1 [31件] うちに, ことだ, ことである, ことにのみ, ことは, のが, のは, のも, ものに, ものの, ような, わけでなく, 事季題という, 俳句に, 名前が, 型に, 大尽に, 妓楼が, 字は, 形に, 意味です, 文字の, 文章を, 方で, 格調並びに, 極端に, 点に, 言葉が, 調子からも, 調子は, 風で

▼ 字でも~ (47, 0.4%)

1 [47件] あたしの, あったでしょうか, ありあり見える, ありやしたろうこの, ある, ある向, いろいろの, かくのに, ことは, この頃, こりゃ変, こりや, さして, そうです, それに, どこか, ないて, なく全く, また料理, めしの, よいが, ミスが, 三字でも, 云ふたか, 何でも, 分ったなどと, 半句, 又やる, 善いじゃ, 善いぢ, 多く覚えよう, 大昔は, 少ないの, 御肴, 教えて, 書いて, 書かうといふ, 書き残して, 氣息の, 直されては, 算盤でも, 絵でも, 習って, 聲が, 見られる, 読めりゃ何とか, 読んだもの

▼ 字~ (47, 0.4%)

3 になっ 2 にぎゆつと引き結び, に曲った

1 [40件] がごく, さながら地獄, ではない, というの, なつて, につきあたった, になった, にひん曲っ, に倒れる, に切, に包囲, に変形, に屈んだ, に展開, に往来, に懸, に折れた, に曲げ, に曲りくねつ, に歪め, に比し, に結んだ, に行塞つて, に身, のカーブ, のジッグザッグ道路, の一端, の上部, の古, の唇, の四間, の地形, の家, の建物, の罠, の谿, の鼻, をした, をせず, を得る

▼ 字から~ (46, 0.4%)

1 [46件] いえば, きて, こしらえて, して, それて, でたことば, ひいたらそこ, ひとりでに湧き上っ, やり直すため, シンニユウを, 三十字位の, 丹念に, 二十五字六字という, 何かの, 先ず名状, 先づ名状し, 判断し, 南へ, 叩き直して, 合成した, 察しても, 察せられる, 引いて, 徴兵に, 思ひついたの, 想像を, 成る會意文字, 成立した, 成立つて, 手を, 推せば, 推断されるだろう, 教えはじめたが, 新たに, 東へ, 梅泉が, 百字位までの, 私に, 第七字, 第三字, 見れば, 訛って, 説明書まで, 讀み始めて, 起ったの, 連想が

▼ 字~ (46, 0.4%)

3 の手品使い 2 と頬髯, の下, の明色, をはやし, を生やし, を生やした

1 [31件] あり人々, がある, がひどく, が少し, が生, が黒い, ではなく, でも撫上げ, と厚い, と金縁眼鏡, などが大勢目白押し, の上唇, の先, の右, の女, の安藤巡査, の役人, の旦那方, の濃い, の紳士, は根, をそつ, をひねっ, をゆりうごかし, をピン, を生し, を生やしいる, を蓄, を蓄え, を軽く, 美しき医師はちよ

▼ 字では~ (43, 0.4%)

4 あるが 3 ありません, ない 2 あつた, ないが

1 [29件] あったが, ありませんでした, あるけれど, かなわなかった, こんなに単純, とうてい成功, ないかと, ないから, ないと, ないのよ, ない調子, なかった, なからう, なく, なくこれ, なくして, なく鬼, 唯一軒の, 如何で, 書いて, 書かないの, 月草とも, 無い, 現わし, 目の, 童謠と, 舞台がけ, 表は, 麦は種が

▼ 字なりに~ (43, 0.4%)

4 なって 3 曲げて 2 して, 身を

1 [32件] えへら, ぐっと曲げ, した, すぼめながら, なつて, なり胸, ひきむすんだ, ふんぞり返って, むすんだ唇, ヒン曲げた, 低めた左膳, 出した吸付煙草, 吊り上り, 堅く結ん, 外へ, 寝る位, 居くずれて, 巻きそれ, 座敷に, 引き曲げて, 引ん, 引掻くよう, 張出して, 強情らしく, 彎曲し, 曲げた, 曲ったところ, 曲って, 歪んだ右足, 畝った, 組みならべた, 長い波

▼ 字である~ (40, 0.4%)

4 ということ 2 ことは, ことを

1 [32件] からと謂つて, から今, から漢学者, かを到底, かを私, が, がこれ, がそれ, がとにかく, が上手, が字, が直, という説, といっ, といふ, としてもその, と云, と思う, と思ったら, と源氏, と私, にし, のか, のに興味, やらはた, 事が, 事を, 以上いかなる, 併し, 其毒飼という, 場合には, 場合は

▼ 字を以て~ (40, 0.4%)

2 善く之

1 [38件] きすと, これを, したのみ, したり, し依然, し又, し茂, するなど, するの, する例, すれば, せば, せり, その巻, タニグクに, 代へ, 名乗として, 大和朝廷に, 大旱の, 官場成功の, 定義され, 居つたこと, 度人妙經の, 意を, 我が国号と, 承けて, 易へ, 止めて, 瀉下した, 現は, 現わす, 称して, 結べるもの, 行はれた, 表されて, 解する, 貴公に, 金澤と

▼ 字ずつ~ (35, 0.3%)

3 飛ばして 2 心を, 書いて

1 [28件] あてはめたん, つないで, とって, とりはずしの, はっきりと, ひら, みると, ゆっくりと, バラバラに, 二行に, 何だか, 出た, 切って, 区切って, 取り集, 口で, 喰いちがわせて, 幽に, 文字が, 文字に, 書き綴るの, 欠字が, 毒殺者の, 漢語を, 覚えて, 読み下すと, 離して, 鳥の

▼ 字には~ (33, 0.3%)

2 あらず

1 [31件] いたく失望, こだわらず書けるは, しずかに, すなは, つくり物語, とかくどこ, なるまい, やはり時代, よく見入っ, カエデの, 一々, 二三年来二十七戸の, 二重圏点が, 何を, 個性が, 八つの, 力が, 善種学とか, 圏点を, 心の, 意味が, 昔から, 書いて, 此振假名は, 氈裘の, 無数の, 現われず全体, 細かな, 讀みにくい, 違いない, 金銭の

▼ 字~ (32, 0.3%)

3 三十一字の 2 な, 絵を

1 [25件] かて書けま, ことに, そんなけつたい, むちや輪が, 一句は, 中途半端な, 二字の, 二字は, 仮名違いが, 八の, 句の, 四字の, 小屋の, 形を, 手爾, 文句が, 江次第に, 画を, 発音は, 結んだ唇, 絵の, 絵は, 言葉は, 8の, 9の

▼ 字です~ (29, 0.3%)

542 わね

1 [18件] からつまり, からどうして, からわたし, からト, が, がこれ, がそれ, が昔, が普通, と畳, なア, な何だ, ねえあんな, もの本当に, もの眞似ようたつ, サカナという, 表に, 魚の

▼ 字だけ~ (28, 0.3%)

3 書いて 2 では

1 [23件] ありませぬ, いつでも, しきゃ書けやせんが, しるされて, であ, である, で数字, ならあるいは, よむのでね, クモリで, ロシア語を, 伏字, 出て, 分ったの, 変ったって, 変へた実在の, 多いの, 彫ったブロンズ, 片づけた, 見えるあと, 記して, 認めた葉書, 読め

▼ 字がらめ~ (27, 0.2%)

8 にし 6 にされ 3 に縛り上げられた 2 を解き始めました 1 にした, に締め, に縛っ, に縛られた, に縛りあげられ, に縛り上げられ, のお, の半

▼ 字引き~ (27, 0.2%)

1 [27件] がない, が一番大切, で引いた, で調べ, として, と語彙, と首っぴき, なぞいう, などがその, にある, にすぎない, には, には不可能, にもない, に不可能, のほう, は石川家, ひいて, ひっぱって, もあります, をひい, をひきます, をやりましょう, を持っ, を染めぬいた, を製作中, を見る

▼ 字~ (26, 0.2%)

7 りに, りの 4 りを 3 りと 2 りには 1 りとは, りは, り故

▼ 字にも~ (23, 0.2%)

2 似て, 董の

1 [19件] かかわった義, たれて, なつて, ならないほどの, ふさわしく水師提督, 人間の, 何にも, 作る事, 力が, 及んで, 意味を, 書いて, 此偏に, 種類あり, 若干の, 行って, 西洋語の, 見えるほど, 非る

▼ 字~ (23, 0.2%)

2

1 [21件] が何と, である, であるところ, でないの, で彦達, などが残っ, にし, になった, になつ, の一字, の偽名, の小, の残っ, の苗字, をイトリツク, をトオトル, を呼ばれた, を嫌つた, を持つた, を用, を陶器師

▼ 字とは~ (21, 0.2%)

1 [21件] いわない, そっくりじゃ, どんなもの, 上半の, 二つ別々に, 何を, 全く反, 多少其意義, 大変美しく, 大變, 小柳雅子の, 少しも, 思いながら, 思えないほど, 思へない程, 感覚の, 空理に, 言えないの, 違つてゐる, 違ふから二本一対に, 間違うべくも

▼ 字~ (19, 0.2%)

2 三字の, 見当の

1 [15件] ずでどんな, その次, 三十一二字並ん, 九字を, 二字しか, 二字無く, 何か, 何百字を, 判らなかった, 否か, 多いの, 失つて居る, 矢代には, 紋所と, 素か

▼ 字~ (19, 0.2%)

7 んだ 2 のであります 1 のだ, のだらう, のであろう, のでこれ, ので久江, ので好感, のに, のは, の日本語, んです

▼ 字ばかり~ (17, 0.2%)

3 書いて 2 床の間に

1 [12件] きってたの, だったらどんな, だよ, です, で物々しく, ならべたてても, ひねって, 一本ずつ, 並んだ古本, 使って, 足りません, 集めること

▼ 字~ (17, 0.2%)

4 着きますの

1 [13件] かかると, さっと光, つくはず, ながれる水, 二本足を, 彼の, 棒を, 点を, 皆すじを, 紅を, 行って, 通じる間道, 飛び込んで

▼ 字~ (17, 0.2%)

3 と庭訓往來

1 [14件] からし, で一通り漢字, で請, という一巻, に立ち入る, の中, の初め, の字號, はまだ, を傳, を択ん, を盗んだ, を習い, を読み

▼ 字ある~ (16, 0.1%)

5 のみ

1 [11件] かを勘定, が爲, といっ, のかしら, のでそれ, のは, のみにし, は便利, より又或は, 位である, 時は

▼ 字さえ~ (16, 0.1%)

1 [16件] そのままで, わかれば, 並べておれ, 判らないしかるに, 口に, 思い出さぬ時, 明かに, 最初は, 朧げと, 残って, 生まないので, 知って, 知ってりゃ六十, 自分の, 見れば, 読めれば

▼ 字なんか~ (15, 0.1%)

2 書いて

1 [13件] いっぺんも, おちおち見, 一つも, 下手な, 十人の, 書いたら夜, 書くって, 書けないそう, 書けないわと, 書けやしないもの, 知つて居る, 誰でも, 黒蟻の

▼ 字~ (15, 0.1%)

2 が極めて, を生やした

1 [11件] と短く, のある, の下, は大将級, も生, をはやし, をひねり, をひねる, を生した, を生やし, を蓄

▼ 字だけを~ (14, 0.1%)

1 [14件] お答えの, 使つて居つ, 例の, 写し取って, 切り取りさっと, 夫人に, 採って, 用いる時, 見せて, 見た途端, 見ると, 読んだ汗, 讀めば, 赤く三十五度

▼ 字づら~ (14, 0.1%)

1 [14件] がおかしい, が薄, だけでの男女平等, だけで作品, だけの意味, でしか, で一種, で示され, の上, の不, の効果, をひと, をみつめ, を見る

▼ 字~ (14, 0.1%)

3 の原稿用紙

1 [11件] かで書いた, がつかわれる, でそういう, で何文, に直し, に至る, の用紙, の罫紙, を使, を使う, を使つて

▼ 字さん~ (13, 0.1%)

1 [13件] です, と狭苦しい, と言う, にはわからなかった, の知っ, の話, はカメラ, は半之丞, は多少, は東京, は翌年, ばかりで, もわたし

▼ 字だけは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いつの間にか彼, そっくりそのまま紙, とらねば, どこまで, よして, 不器用な, 全然読む, 全部父親の, 忘れないで, 恭一にも, 眠って, 芳正の, 読んで

▼ 字にて~ (13, 0.1%)

2 起したり

1 [11件] まつ, よろしとの, ハウハウは, 儒書は, 書かれたる最初, 書けば, 済せ片市, 現すを, 現はし, 秀でて, 貝の

▼ 字より~ (13, 0.1%)

1 [13件] ほか憶い出せない, 一時に, 一行は, 全体の, 合成さると, 多いの, 始まる, 成り伊呂波, 来る, 横に, 空の, 親戚の, 起こったと

▼ 字~ (12, 0.1%)

1 [12件] がキイ, が複雜, というもの, の上部, の正しい, の複雜, の順序, も寛永, も彫り, や点, を二つ, を正しくはっきり

▼ 字~ (12, 0.1%)

2 をなし 1 になし, に屈曲, に斉整, に曲った, に縫っ, に臂, に蛋白色, に蜿, の坂道, の谷

▼ 字旅行会~ (11, 0.1%)

4 の案内人 2 というの 1 だなんて, という会, のお客, の因縁咄, の関係

▼ 字しか~ (10, 0.1%)

3 え屋 1 ありませぬ, ありませぬが, ありません, 書いてない, 書けないよう, 書けません, 残って

▼ 字だけが~ (10, 0.1%)

2 残って 1 うとうとと, わざわざ赤, 品川の, 在るのみ, 殘され, 茶山の, 見える手ぶら提灯, 黒くその

▼ 字~ (10, 0.1%)

4 やない 1 やありません, やございません, やなく, やらうが, や無い, や納まらない

▼ 字として~ (10, 0.1%)

1 その他は, 使用した, 四時間寝, 恐慌や, 特に論ずべき, 用いられるの, 稚郎子, 諦めて, 讀み得ないもの, 適當の

▼ 字とを~ (10, 0.1%)

1 つきとめること, 含んで, 大昔は, 書いた紙片, 永く見くらべます, 混同し, 直接の, 組合せたので, 聞いて, 見比べて

▼ 字一つ~ (10, 0.1%)

2 消すでなくスラスラ 1 かいたら山一ぱいになつてしまつた, が気, はへの字, を当てる, 書く, 書く氣, 知らないでも, 見当らないばかりか

▼ 字~ (10, 0.1%)

2 に屈すべき 1 と云つた方, においてもっとも, に二十九字, に収め, に現, に現し得たる, の字句, ノ丸丙六〇号

▼ 字~ (10, 0.1%)

1 だけで, では漸, に, になる, には載つ, に明, に驟也, のほう, の類, をみ

▼ 字であっ~ (9, 0.1%)

1 たりする, たり一, てこれ, てすこしも, てそれ, てもさ, て前述, て季, て文字

▼ 字との~ (9, 0.1%)

4 間に 1 ちょうど中間, 違いこれなどは, 間には, 間を, 間及び

▼ 字によって~ (9, 0.1%)

1 これ等の, その時, カワを, 与えられる強, 世上の, 掩われ, 永遠に, 現わす, 説明される

▼ 字以上~ (9, 0.1%)

2 になる, の諡 1 となる, の仮名交, の妙, の語, を以てでなければ

▼ 字~ (9, 0.1%)

4 の中 2 の総 1 か又は, に含まれ, を異に

▼ 字書い~ (9, 0.1%)

2 てある 1 たり消し, てあり, てそれ, ては煙草, ても幾ら, て子供ら, て封筒

▼ 字~ (9, 0.1%)

21 がフ, だ漢字, なれず綴りにくき, なん, のン, は少し, 即ち

▼ 字~ (9, 0.1%)

1 と小さい, になるでしょう, には色々, に一〇, に入れ, に眼, に空気, の底, をもと

▼ 字~ (8, 0.1%)

1 ていた, て一名夕顔, て俵, て聘, て道, という字, の字, 幼少から

▼ 字じゃ~ (8, 0.1%)

2 ない 1 いけないから, いけませんかと, この文字, ないか, なくって, 納まらない事

▼ 字なども~ (8, 0.1%)

1 お家流だ, きれいに, ちょっときれい, りっぱな, 固い苦しい線, 当時よく, 所謂互訓といふ, 混じって

▼ 字をもって~ (8, 0.1%)

2 批評すべき 1 この二人, その体, 俊雄に, 単簡に, 我々の, 評する

▼ 字~ (8, 0.1%)

5 の方 1 が出来ない, というもの, の出来る

▼ 字~ (8, 0.1%)

1 でどんな, といふお茶屋, にも知らん, の内儀, の店, の明石, の釜, へは金持ち

▼ 字~ (8, 0.1%)

1 が次第に, が自然, が長く, ならば, の僅, を増し, を稼がせ, を算

▼ 字~ (8, 0.1%)

2 である 1 から学んだ, でそれ, で之, とは一字, なぞがある, の字

▼ 字~ (8, 0.1%)

1 三十字, 二十七字第, 五字から, 八字第, 六字と, 十九字第, 十六字第, 十四字第

▼ 字~ (8, 0.1%)

21 から推し, が十風, で而, で薄墨, の平, も大いに

▼ 字だって~ (7, 0.1%)

1 いく分抑揚, 上手に, 書いてないの, 本当に発音, 混じって, 私に, 綺麗な

▼ 字など~ (7, 0.1%)

1 ある時, かまうこと, 書いて, 狼狽て, 皆同じ, 若々しく熱中, 逆とんぼ

▼ 字にな~ (7, 0.1%)

2 つて鼻先が 1 つてゐます, つて大理石に, つて居, つて居ります, つて落ち

▼ 字まで~ (7, 0.1%)

1 すゝむと彼は, つけるに, どこで, 探ねて, 書いたり, 正しく, 雑談的な

▼ 字三條~ (7, 0.1%)

1 との關係, に向つた, に於, の上村源, の人形操, の附近, は古く

▼ 字~ (7, 0.1%)

2 の伏字 1 がきちんと, の空白, の符號, の面積, を聞かせ

▼ 字~ (7, 0.1%)

6 の主人 1 の屋根

▼ 字この~ (6, 0.1%)

1 三つの, 二字に, 位かけ, 場合彫, 繍文によって, 道の

▼ 字だった~ (6, 0.1%)

1 か, かも知れない, からこんな, がそれで, のである, ようだ

▼ 字とか~ (6, 0.1%)

1 あるいは不完全, しきりに注文, 十四字とかいう, 小さい字, 理由とか, 釋名とか

▼ 字とも~ (6, 0.1%)

1 つかない妙, 別に, 弥生は, 水深の, 片の, 絵とも

▼ 字などを~ (6, 0.1%)

2 読んで 1 並べたこと, 使用した, 書いて, 虫眼鏡で

▼ 字をも~ (6, 0.1%)

1 お貰い致したい, 削りもしくは, 召し上げられた, 含んで, 認めさせ右, 読む能わず四つ

▼ 字一行~ (6, 0.1%)

1 で百円, にも骨, に心, の文献, は点, も涙

▼ 字~ (6, 0.1%)

1 とか種々, には相当, による, の母院, の設立, は現在三百万

▼ 字~ (6, 0.1%)

1 がちやう, が書けない, の文字, はあつ, は書ける, までの文字

▼ 字~ (6, 0.1%)

2 の鼻先 1 がそう, の少し, をし, をピッタリ

▼ 字新聞~ (6, 0.1%)

1 に出す, に同じ, は, を出し, を引き出し, を読ん

▼ 字~ (6, 0.1%)

2 の東雲 1 という大きな, のあたり, の店前, を動かない

▼ 字~ (6, 0.1%)

2 が複雜 1 に格別, の似た, ノ多, ヲ缺キ

▼ 字~ (6, 0.1%)

2 の一章 1 であって, である, の形, は畢竟

▼ 字~ (6, 0.1%)

1 といいまし, なぞの当時, ならば, の半値, や古, 約三百六十三万両

▼ 字類抄~ (6, 0.1%)

1 にはミクリ, には転, に中, のほう, も形, を見る

▼ 字~ (6, 0.1%)

1 のある, のさき, の小男, の誇り, をしごき, を生やした

▼ 字といふ~ (5, 0.0%)

1 のは, ものは, 感じで, 文章を, 風に

▼ 字なり~ (5, 0.0%)

2 して 1 ともまたは, 何なり, 襖絵は

▼ 字なりの~ (5, 0.0%)

1 口軍艦の, 木片は, 深創, 町の, 通路から

▼ 字をば~ (5, 0.0%)

2 讀んだ人 1 あるいは縦, 読まずに, 読んだ人

▼ 字~ (5, 0.0%)

1 以テセザル可ケンヤ, 刻ス, 加ヘタルマデナル上ニ卑彌ハ姫ニテ女子, 辱ムルナクンバ可也, 駢列スルモ未

▼ 字ヶ原~ (5, 0.0%)

2 の高原 1 のまっ, の草靄, を去っ

▼ 字一画~ (5, 0.0%)

2 ゆるがせに 1 に満腔, は号泣, を楷書

▼ 字乃至~ (5, 0.0%)

1 二十二三字にも, 二十二字である, 二十五字が, 百二十字五行なら, 百五十字ぐらいを

▼ 字以外~ (5, 0.0%)

1 にありませぬ, には出られない, に他, に適せざれ, の文法

▼ 字勲章~ (5, 0.0%)

1 と年金, に彼, を与うべく, を彼, を欲しく

▼ 字~ (5, 0.0%)

1 だったかも, に改めた, の西門, は至って, をもっ

▼ 字~ (5, 0.0%)

1 の半面, の地理, の浦, の片すみ, の背

▼ 字~ (5, 0.0%)

1 が鳴る, に眼, のペンキ, の鍵穴, を切りぬい

▼ 字~ (5, 0.0%)

2 の方 1 でつ, に出る, に着く

▼ 字~ (5, 0.0%)

1 がにわかに, の意気, の瓜実顔, はひしと, を癪

▼ 字違い~ (5, 0.0%)

1 で混線, のため, もへん, やが, や仮名違い

▼ 字これ~ (4, 0.0%)

1 は片仮名, は解, をハイカラー, を見

▼ 字ずつの~ (4, 0.0%)

1 仮名を, 文字から, 文字を, 漢文

▼ 字ずつを~ (4, 0.0%)

1 とったの, 乞いうけ, 幾つも, 短冊形に

▼ 字だけで~ (4, 0.0%)

1 つめて, 仕事を, 書いて, 解釋を

▼ 字づつ~ (4, 0.0%)

2 並べたり 1 在るが, 或は七字づつ行列

▼ 字であり~ (4, 0.0%)

2 がんちゃんという 1 巴字である, 神の

▼ 字であろう~ (4, 0.0%)

21 と, と二〇〇〇字

▼ 字でない~ (4, 0.0%)

1 といふこと, のみならず, ように, 形で

▼ 字なら~ (4, 0.0%)

1 びが, 彼は, 看板で, 龍とか

▼ 字なりと~ (4, 0.0%)

1 あった, するも, 思惟する, 答えると

▼ 字なる~ (4, 0.0%)

1 ことが, こと明かである, は註する, を詳

▼ 字のみ~ (4, 0.0%)

2 である 1 であったの, 予が

▼ 字~ (4, 0.0%)

2 げの 1 げと, げを

▼ 字または~ (4, 0.0%)

2 七字の 1 名稱, 数文字を以て

▼ 字みたい~ (4, 0.0%)

1 だ, だわね, な形, になっ

▼ 字もしくは~ (4, 0.0%)

1 三字を, 二三字の, 菫菜の, 部落に

▼ 字らしい~ (4, 0.0%)

1 がどうしても, が何, ものが, 柔かみ

▼ 字ゴウロ~ (4, 0.0%)

1 だ, と呼びました, に, はどこ

▼ 字~ (4, 0.0%)

1 か書い, か甘い, とかいうアイヌ語, の何

▼ 字~ (4, 0.0%)

1 考, 考は, 考二冊到来, 薛なり

▼ 字~ (4, 0.0%)

4 がきまる

▼ 字~ (4, 0.0%)

1 と呼び, の, の八, は高い

▼ 字~ (4, 0.0%)

1 と言つて一部落, の坂道, の谷, へ登っ

▼ 字書いた~ (4, 0.0%)

1 が気に入らぬ, が消す, ところで, 端書が

▼ 字書き~ (4, 0.0%)

1 して, てのますべし, とおなじ, を御免

▼ 字書く~ (4, 0.0%)

1 ことに, と本字, と松岡先生, 真似を

▼ 字~ (4, 0.0%)

1 に撒いた, のある, の人事, の少女たち

▼ 字~ (4, 0.0%)

2 に再び 1 に狂い, に腸

▼ 字~ (4, 0.0%)

1 だけは皆, と名, にみ, も全然

▼ 字~ (4, 0.0%)

2 くの, である

▼ 字足らず~ (4, 0.0%)

1 になろう, にはいい, の文, はきっと

▼ 字違っ~ (4, 0.0%)

1 てい, ている, ております, てやしない

▼ 字おぼえ~ (3, 0.0%)

1 て自信, 二字おぼえ, 算術が

▼ 字かも~ (3, 0.0%)

2 知れない 1 しれない

▼ 字こそ~ (3, 0.0%)

1 まさしく更生, 読めないが, 非常に

▼ 字ごと~ (3, 0.0%)

1 に, にみんな黒点, に字

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 へ使, へ普及, へ朧気

▼ 字する~ (3, 0.0%)

1 おしとも, のと, はやす

▼ 字その~ (3, 0.0%)

1 また下の, 家の, 尻を

▼ 字それ~ (3, 0.0%)

1 だけでもともかく, は手代, をもっ

▼ 字それから~ (3, 0.0%)

1 中七字, 何とか内, 推察される

▼ 字づゝ~ (3, 0.0%)

1 に分け, の文字, 出た

▼ 字であった~ (3, 0.0%)

1 ことと, という, と察せられる

▼ 字でありまし~ (3, 0.0%)

1 て, てシナ, て同時に

▼ 字なき~ (3, 0.0%)

1 ことは, はなし, は転写

▼ 字なれ~ (3, 0.0%)

1 ど活字, ば一字, ば專ら此觀念

▼ 字について~ (3, 0.0%)

1 いえるごとく善意, 云へば, 前の

▼ 字については~ (3, 0.0%)

1 別に論ずる, 味噌も, 昔から

▼ 字にまで~ (3, 0.0%)

1 出て, 抜け出る事, 溢れるという

▼ 字によ~ (3, 0.0%)

1 つてあらは, つて組を, つて見れ

▼ 字に対する~ (3, 0.0%)

1 今日の, 熱情が, 興味と

▼ 字ほど~ (3, 0.0%)

1 これも, 折れ釘の, 重いもの

▼ 字よりも~ (3, 0.0%)

1 よく見える, 一層憂苦, 唐様を

▼ 字カーブ~ (3, 0.0%)

1 になっ, の尻, の終り

▼ 字一二個~ (3, 0.0%)

3 の動詞

▼ 字一字丁寧~ (3, 0.0%)

2 に見つめ 1 に読ん

▼ 字一点~ (3, 0.0%)

1 の疑義, の落ち, 毛頭まで

▼ 字丁寧~ (3, 0.0%)

2 に見つめ 1 に読ん

▼ 字三つ~ (3, 0.0%)

1 ぞ, に念, を劃したる

▼ 字下げ忘れ~ (3, 0.0%)

3

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 を私たち, を説明, 助は

▼ 字五字~ (3, 0.0%)

1 というの, というよう, の奴

▼ 字内藤~ (3, 0.0%)

1 とは信濃国高遠, と註し, の何れ

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 となっ, の手突矢, の鏑

▼ 字半句~ (3, 0.0%)

1 の心得, の訂正, も他人

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 一字, 不明, 稚とも

▼ 字同様~ (3, 0.0%)

1 に変わった, のもの, の働き

▼ 字名号~ (3, 0.0%)

1 とか画像, の幅, を反射

▼ 字季題~ (3, 0.0%)

1 という二つ, という拘束, という鉄索

▼ 字~ (3, 0.0%)

21 の手

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 に掛った, に縛り上げ, み亀甲繋ぎ

▼ 字支那~ (3, 0.0%)

2 の書風 1 では古く

▼ 字~ (3, 0.0%)

2 の母院 1 の道院

▼ 字書かれ~ (3, 0.0%)

2 てあった 1

▼ 字構え~ (3, 0.0%)

1 となる, などの組太刀, に直っ

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 に精悍そう, の下, の外

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 が作られる, の調, を如何

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 に出る, に着く, まで十人

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 の, へ行っ, へ行った

▼ 字病院~ (3, 0.0%)

1 へ半之丞, へ売り渡した, へ送り

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 の名, は口惜しい, を馬鹿

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 である, ともなり, を引いた

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 ならん, の制限, は青幇

▼ 字粕谷~ (3, 0.0%)

1 に移した, の南耕地, の忠良

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 に千字文, を教え, を読ん

▼ 字~ (3, 0.0%)

1 の娘, の着物, の金紗

▼ 字送り~ (3, 0.0%)

1 といふの, は二つ目, 逆讀み

▼ 字~ (3, 0.0%)

3 といふ字

▼ 字あやせ~ (2, 0.0%)

1 ば笑, ば笑う

▼ 字あり~ (2, 0.0%)

1 とせん, 云ふ

▼ 字あゝ~ (2, 0.0%)

2 植村録郎植村録郎よむ

▼ 字いとも~ (2, 0.0%)

2 麗々しく書い

▼ 字かい~ (2, 0.0%)

1 あれは, てある

▼ 字かと~ (2, 0.0%)

1 問ひます, 思いましたが

▼ 字からも~ (2, 0.0%)

1 二人三人兵士を, 考へられる

▼ 字がた~ (2, 0.0%)

1 にし, の二人椅子

▼ 字くばり~ (2, 0.0%)

1 がでこぼこ, もなに

▼ 字ぐれえ読める~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 字すなわち~ (2, 0.0%)

1 個人を, 和字で

▼ 字そのもの~ (2, 0.0%)

1 はまさに, よまでが私

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 ときいた, 中空に

▼ 字だけしか~ (2, 0.0%)

1 無かつ, 見えないん

▼ 字だけに~ (2, 0.0%)

1 従来の, 鉛筆で

▼ 字だったい脚~ (2, 0.0%)

2 が開かない

▼ 字だつた~ (2, 0.0%)

1 かしら, やうに

▼ 字だの~ (2, 0.0%)

1 イブセンの, 図形だ

▼ 字だろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, 土という

▼ 字づかひ~ (2, 0.0%)

1 などは念頭, について考

▼ 字づくし~ (2, 0.0%)

2 のサービス

▼ 字づくり~ (2, 0.0%)

1 の四部屋, の小さい

▼ 字づめ~ (2, 0.0%)

1 の中, を使っ

▼ 字であります~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が元来

▼ 字でございます~ (2, 0.0%)

1 ね, 夫れです

▼ 字といった~ (2, 0.0%)

2 ところで

▼ 字とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものと, 定まった型

▼ 字とが~ (2, 0.0%)

1 一句の, 結びついて

▼ 字としては~ (2, 0.0%)

1 区別が, 違った字

▼ 字なぞを~ (2, 0.0%)

1 お母様が, 書くよう

▼ 字などは~ (2, 0.0%)

1 かなり著しく, どうも少しなまず

▼ 字なんぞは~ (2, 0.0%)

1 殊に巧, 讀めなくても

▼ 字なんぞも~ (2, 0.0%)

1 能く, 自分で

▼ 字なんて~ (2, 0.0%)

1 おりゃ見たこと, 荷物を

▼ 字に対して~ (2, 0.0%)

1 いつたの, 一字または

▼ 字はと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 見ると

▼ 字ばかりで~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ 字ばかりの~ (2, 0.0%)

1 経文を, 論文でした

▼ 字びき~ (2, 0.0%)

1 には水洟, にもちやん

▼ 字ほう~ (2, 0.0%)

2 たての

▼ 字までが~ (2, 0.0%)

1 松竹梅に, 震えて

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 くるしげ, 私葛木さん

▼ 字よりは~ (2, 0.0%)

1 少し筋, 横画一本少き

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 誤ハモトヨリナガラ字, 誤リハヒトリ此ノミナラズ

▼ 字一劃~ (2, 0.0%)

1 ができあがり, を疎か

▼ 字一字力~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を籠め

▼ 字一言~ (2, 0.0%)

1 もロシア語, をも忽せ

▼ 字一語~ (2, 0.0%)

1 に老, の理窟め

▼ 字七字~ (2, 0.0%)

1 となり, にする

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 け抹消, をながめる

▼ 字三十一字~ (2, 0.0%)

1 と古き, の詩

▼ 字三字~ (2, 0.0%)

1 ずつ欠字, の熟語

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 に加え, 悪途堤外地

▼ 字下げし~ (2, 0.0%)

2 ていない

▼ 字下羽田~ (2, 0.0%)

1 なる庭田清四郎, なる遠藤次郎

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 立の, 説目視心忘る

▼ 字~ (2, 0.0%)

2 反孔雀経

▼ 字人形~ (2, 0.0%)

1 ののろい, の一体

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 て文, て生きる

▼ 字何とか~ (2, 0.0%)

1 いうアドレス, とわかっ

▼ 字全部~ (2, 0.0%)

1 で三十字, の子供たち

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 であった, や武者絵

▼ 字出処~ (2, 0.0%)

1 あらん但, を尋ね得し

▼ 字出来ない~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 字前後~ (2, 0.0%)

1 あるいは三百二, というふう

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を籠め

▼ 字十七字~ (2, 0.0%)

1 と豫定, に適し

▼ 字十四字~ (2, 0.0%)

1 という文字, の長短句

▼ 字千句~ (2, 0.0%)

2 は文学者

▼ 字又は~ (2, 0.0%)

1 十七字を, 十八九字の

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 歌葉この, 歌葉千人沢ウソトキ

▼ 字喜多文吾~ (2, 0.0%)

1 が打たれた, を打ち込む

▼ 字多き~ (2, 0.0%)

2 漢語を

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 賚, 達引

▼ 字字出処~ (2, 0.0%)

1 あらん但, を尋ね得し

▼ 字小さな~ (2, 0.0%)

1 独和辞書を, 獨和辭書を

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 の, の瀬

▼ 字或は~ (2, 0.0%)

1 への字, 又逆

▼ 字採用~ (2, 0.0%)

1 または新字製造, ヲ決行スルトキ

▼ 字整理~ (2, 0.0%)

1 にあり, を紋章

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 がここ, の魔境

▼ 字最も~ (2, 0.0%)

1 多く十三字, 多く用ゐ

▼ 字格子~ (2, 0.0%)

1 の戸, を後

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 へ行き, まで口

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 がつく, を知らない

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 が大きく, 通ぜしこと

▼ 字省い~ (2, 0.0%)

1 て野田, て顧

▼ 字知れたら~ (2, 0.0%)

2 艶原稿の

▼ 字童仙房~ (2, 0.0%)

2 というところ

▼ 字紙鳶絵紙鳶奴紙鳶~ (2, 0.0%)

2 で一枚

▼ 字綴り~ (2, 0.0%)

1 の冠字, の讀み

▼ 字総じて~ (2, 0.0%)

1 もて存知, 忘れる宗教

▼ 字考え~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て書いた

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 の意図, を地下

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の有様

▼ 字~ (2, 0.0%)

2 の捌き

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 のよう, を初

▼ 字詩形~ (2, 0.0%)

1 であると, を歴史的

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 であったの, の中

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 の毫も, は到る

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 についてはいわく, に於

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 だとか, を天福輪

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 も一定, を明け

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 の中, を有し

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, が掲げ

▼ 字~ (2, 0.0%)

1 が違っ, の固い

▼ 字黒谷~ (2, 0.0%)

2 は黒谷川

▼1* [769件]

ああ植村録郎植村録郎よむ, 字ああいや鈴川源十郎殿ッ, 字あったらそれから, 字あてすべてで四百字, 字あにいです, 字あまたあるもの, 字あまりもやるべきである, 字あらはるとの, 字あらへんたらいふて爭つて, 字ありがたき事あ, 字ありまして, 字ありますか, 字あればよろしい, 字いたします本名は, 字いったい何を, 字いやしくもせざりしが, 字い知んねえば出来ます, 字おきに読ん, 字お前さんもお節介, 字お祖父さんから二字, 字かくの, 字かの辻占を, 字かりそめにも, 字がてのひらにあらわれ, 字がとうふに, 字きいたかよきいた, 字きくのねえ, 字きりで済ませ, 字くっつけたいんだろう, 字くらいおびただしく意味深長, 字くらいしか読めない, 字ぐうたらばかりで出来た, 字ぐっとでも, 字ぐらいでは何にも, 字ぐらいの短文すらも, 字ぐらいまではたいして珍しく, 字ぐらいを含むこと, 字こう白く紺のれん, 字こういう矛盾的境地に, 字こそは所謂歳の, 字こんな全心, 字ごろだった, 字さあね, 字さらさらと書く, 字したが早く, 字しなやかな美くし, 字じゃあない, 字すべて約千九百字, 字イ, 字ずつが点字の, 字ずつは読めても, 字え知らねえ, 字せいぜいで二字, 字せられた傀儡子の, 字せられる傀儡子の, 字そのままに美しく, 字ぞろいだ, 字あ何だ, 字たのしからず, 字たらしめて居る, 字だから私は, 字だけでもおぼえさせて, 字だけにでも注意を, 字だけの気品しか, 字だけへ鉛筆で, 字だけも胡粉が, 字だこを上げ, 字だに見え分かず, 字だらうまづい, 字だ思えば昨夜, 字ちからをこめ, 字ちがうだけである, 字って横文字です, 字ついた帽子も, 字ついに後世美人を, 字つけたいのです, 字つよきことたと, 字づかいが異様, 字づつバラバラに書き散らされた, 字づつ克明に壜, 字づつ教へて手, 字づつ行列させて, 字づらから推察すれ, 字づゝ劃をつ, 字づゝ心を留め, 字づゝ技倆上達の霊符, 字づゝ文字に突当つ, 字ていねいに毛筆, 字てえのは, 字であったかれの訓話, 字であったら更に他, 字でかう書いて, 字でございませうか先生, 字でなくて絵, 字でなくって赤い, 字でなくなって御免, 字でなく見なれた昔の, 字でなければいかん, 字で無ければならなかつた, 字といつても雨, 字とおいてゆく, 字とおつしやる, 字としてのその自由, 字とても根源とか, 字とやらをつけたきゃかって, 字と共に寧ろ拙, 字と列を並べ, 字ほり棚機で, 字どうしても読めぬ字, 字どこか愛嬌, 字どころでは, 字どまりの木, 字なしに侠客, 字なぞも巧かった, 字なみの揃った, 字ならず依て作り, 字ならぬ奧山住の, 字ならべたこの快い, 字なりにべツたり, 字なんかどないだつて構, 字なんぞ附けては, 字なんぞを一つ奢っ, 字なんで急に, 字においてかつて考えた, 字にかけて丸い朱印, 字にけの字だ, 字にさえその拙, 字にとおっしゃった感じ, 字にまつわる誤解を, 字によつて示された, 字に関してゐると, 字はイ, 字ニンベンの, 字のみが強く光り出した, 字のみは姑らく故, 字のやまた猿, 字のよこへ, 字はっきり大きく書い, 字はつひぞ, 字ばかりが往来に, 字ばかりはいやに, 字ばっかりの誤字で, 字ひとつ書かしても, 字ほか書けない, 字ほども打ち継いで, 字ほり半右衞門, 字ぼつぼつと写し出した, 字まじめに考え考えし, 字また一字二枚の, 字までになる句, 字までも作りてござる, 字もうその話, 字もうとっとと小刻みに, 字もうまいから僕, 字もが濁酒にでも, 字もよオく, 字やくの字の, 字やらなにか, 字よく彼の, 字よせながら机, 字よりとして女に, 字らしかつた, 字わたしに話し, 字われも来る, 字をかへて示したの, 字をさえ賜うたほど, 字をだに留めぬのに, 字をとつて称へられた, 字をやはらかくする, 字をよオく, 字をろがみて, 字アキか改行, 字アレフの代り, 字はどない, 字ウールズソープをたずねん, 字クシャクシャかいて, 字クワノキ平の標木, 字サクナソリと書いた, 字タウを当て, 字チエトイ清川ネウサルモン婆さんから更科源蔵氏採集, 字チン部落片山カシンデアシ翁から更科源蔵氏採集, 字ッキリだから, 字ヅラもきれい, 字トオリノ山備前邑久郡裳樹村大字五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 字トナッブ原野ですな, 字トンビ岩の杭, 字ナクシテ訳者ノ困却スルコト, 字当ル, 字ニ如クハ無シ, 字ノボトに茂助, 字之ヲ擴大セルモノ由テ以テ片鱗, 字ハ廿一日と書く, 字ハ御手許より御, 字ハ我儘放盪ニテ, 字ホウリョウには丸玉, 字モホル可ラス書ハ中村不折ニ依託シ宮内省陸軍, 字ラメドを当てる, 字ヲ書スルヤヲ生徒ニ尋ネ然, 字ヲ用ヒタレドモ未ダ原語, 字一句それが原稿紙, 字一句今だにおぼえ, 字一句信仰して, 字一句吾輩を指し, 字一句小歌の笑顔, 字一句最大の効果, 字一句格闘なん, 字一句活字になった, 字一句違へず, 字一字ちからをこめ, 字一字ていねいに毛筆, 字一字まじめに考え考えし, 字一字わたしに話し, 字一字一行一行を念入り, 字一字二尺平方くらいの大き, 字一字仮名をつけ, 字一字入念に写し, 字一字全部で三十字, 字一字別な原稿用紙, 字一字刻みこんだやう, 字一字原稿用紙に書き記す, 字一字厳粛にかいた, 字一字墨色を眺め, 字一字念入の楷書, 字一字意味を説明, 字一字手を取っ, 字一字手さぐりにて押し印し, 字一字拾い読みをした, 字一字指で文字, 字一字文字が思い出せねえ, 字一字毎に狂い, 字一字活字工に依, 字一字清書しながら, 字一字目なれず綴りにくき, 字一字筆写した場合, 字一字自分の文字, 字一字菩提の心, 字一字豆粒でも拾う, 字一寸角もあらう, 字一意なるを以て, 字一時間に千字, 字一杯の双幅, 字一画筆法正しい楷書, 字一畫の微, 字一石にし, 字一行一行を念入り, 字一語皆出処があっ, 字一音の末, 字丁度原稿ぐらいね, 字七字五字というよう, 字七年には従六位上, 字七年六月十五日蒼美をおとし, 字三吉河西野の次子, 字三四寸大にし, 字三字四字から二十五字六字, 字三年一月の家持, 字三年春正月一日因幡国庁に於, 字三年鑑真が聖武天皇, 字三梅詩有無の四字, 字三礼妙典書写の功, 字上がっている, 字上げ2行にわたる, 字上落合三輪と呼ん, 字下げなし, 字下云馬八尺爲龍月令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍, 字下五字を制限, 字下五字等の制限, 字下栃内に普請, 字下泉鎮守の古び, 字下野田のごとき, 字不滅の, 字並びに無理が, 字並んでいる, 字中妻という所, 字中山オホナイあたりには殆ど道, 字中條には同社, 字中沢ならびに土淵村, 字中沢田の佐藤長右衛門方, 字中沢集落には喜六, 字中野に藩, 字中館という所, 字丸ごと埋まって, 字丸古立におまさ, 字久米の書體, 字之頭なる名, 字乗船之事, 字也開は女陰, 字亀瀬というところ, 字の字句, 字二ツ附けたるは, 字二ノ宮の地, 字二字の諡, 字二字づつ教へて手, 字二尺平方くらいの大き, 字二年の八月, 字二年二月式部大輔中臣清麻呂, 字二年八月に帰化, 字二年春正月三日侍従竪子王臣等を召し, 字二年春正月三日孝謙天皇王臣等を召し, 字二枚の紙, 字二行の遺墨, 字五つを書し, 字五夫到の, 字五字七字にする, 字五年に作られた, 字五年三月十五日に, 字五年光明太后の一周忌, 字五年春正月美濃と武蔵二ヶ国, 字五日市の神楽組, 字五段に亙る, 字五行ならば, 字五遊人の二字, 字井地某方より帰路, 字以音, 字のお上, 字を生かし, 字今井吉田兼吉氏所蔵のもの, 字以下の文字, 字仮名をつけ, 字仮屋の虎斑竹, 字伊波手井に在り, 字会員として三, 字会母院とよい, 字イ, 字位転換や最終子音消失や, 字佐久間新田と呼ばれ, 字供養の功徳, 字俳句はやはり, 字値段之脇, 字儒侠文左衛門の面目, 字当ナルニ, 字元年に従五位上, 字元年十一月十八日内裏にて肆宴, 字免許の制度, 字児髷高島田夜会結などいう, 字の字, 字入念に写し, 字八年と云, 字八竜神の竜神社, 字八行と見, 字六字というの, 字六年五月になっ, 字に不便, 字兵衛があやつった, 字内外に増加, 字冒させくださるべし御命, 字冠して洋一郎, 字冬野から稲淵, 字凧二枚半三枚半の大, 字凧絵凧扇凧奴凧トンビ凧の数, 字刀根の気比神社, 字切りの奴, 字切り込み枝の, 字な原稿用紙, 字利氏の後ろ, 字みこんだやう, 字刻んである, 字前川中條内より, 字劃右に寄せたる, 字劃寸法まったく同一, 字加はつた写本, 字動かして, 字北丸屋八二ノ四, 字区切って子供, 字十七字以外に適せざれ, 字十九字あるいは二十四, 字十二行になつて, 字十五字十六字なども混じっ, 字十八行詰の原稿紙いっぱい, 字十六字なども混じっ, 字十四字長短二句の連続, 字十四行目もし鎭守府司令長官, 字十手の用意, 字十郎次やりおるな, 字卅一字のつもり, 字の, 字印刷機兼植字機その他參考せる蘭書等, 字即ちゴシック形の, 字原稿で百枚, 字原稿用紙に書き記す, 字厳かなる二字, 字厳粛にかいた, 字又次が, 字叔琢号寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 字古くハシヒトと, 字古里という所, 字などを附ける, 字号通称は相似, 字實乃義別用別自非, 字呉れたところを, 字呪王經や佛説稱讃如來功徳神呪經, 字和蘭陀横丁の千坂桐代, 字和蘭陀横丁千坂桐代そう仰っし, 字問題は私達, 字善卿を書した, 字喜多氏にしよう, 字四つ瓣の花形, 字四千字を知っ, 字四字から二十五字六字, 字四年六月崩御せられた, 字四年六月皇后崩ぜられし時, 字四段活用かしら, 字四番目はさ, 字土淵にともに, 字地蔵という所, 字坂本の山ノ上, 字型がちがふ, 字型渓谷になっ, 字埋めながらこせつい, 字という純粋, 字が雪, 字墨色を眺め, 字変えるだけで, 字外目は我が, 字夜見何処へ出る, 字大いに発明あり, 字大五分許楷法厳正なり, 字大井戸にし, 字大佐貫と言, 字大島の共同井戸, 字大巻の堤防, 字大洞という所, 字天地始めて分れた, 字天摩なる神社, 字太田のこと, 字奥戸などの有志たち, 字如何に多量, 字如何にも妙で, 字で威骨, 字子哲徳山の臣, 字子字となり, 字子文祐八字子哲徳山の臣, 字字そのものよまでが私, 字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 字季題それらは申す, 字安達ヶ原へ集る, 字官軍音辺へ著, 字がどんなに, 字宙線のあじ, 字定型の運命, 字はっきりと, 字宛名は要りません, 字実に孔明の, 字宮本と云う, 字寄合うて大きく, 字に孔明, 字審美学の美, 字寫字はお, 字小さい声を, 字小判なぞの当時, 字小吹には山の神, 字小太郎さんらしくも, 字小山というところ, 字小松にある, 字小澤の永田家, 字小田山の頂上, 字尽く理窟なる, 字尽しも何, 字尾瀬沼に在る, 字屈足に十勝川, 字山中のオホナイ, 字山口というところ, 字山網張山鼻曲山八栗山の剣ヶ峰, 字というの, 字川崎富田村字奥戸などの有志たち, 字左比内の奥, 字の字, 字が北方, 字帯刀御免の制度, 字常世が三ヶ, 字幾らと相場, 字序ともに作った, 字廣田の廣田八幡, 字延びてゐる, 字引き性の秘密, 字弥生が子, 字の音譯, 字形相近いから何, 字の木額, 字手谷, 字念入の楷書, 字怒っている, 字に出, 字金子の, 字惟寅号詠帰頼春水の門人, 字意味を説明, 字我社会の総べて, 字或いは後人の, 字を取っ, 字手さぐりにて押し印し, 字承知のすけ, 字押し印した日記の, 字拾い読みをした, 字拾い集めるとの, 字拾うように, 字で文字, 字捜しの遊び, 字掠めとった女子供は, 字揃天富斎木石川出立す, 字いで落語家, 字り書, 字改良漢字廢止言文一致羅馬字採用等ノ議論百出ニ, 字改良論者からのもの, 字教母院の道院, 字数読方等を教え, 字文一卷合わせて, 字文又の名は梵語千字文, 字文四書五経の素読, 字文字が思い出せねえ, 字文学社会に多く用, 字文殊普賢延命護摩の煙り, 字文等を伝え, 字斎藤先生は書い, 字旅行の婦人客達, 字无キハ理ニ於テ穏ナラズ宜シク改正, 字日本の椿, 字日石という所, 字日記の方々, 字川田に, 字が輝いた, 字星倉から二里, 字普及論者として知られ, 字書かうとするで, 字書きすすめもう死ぬる, 字書き一行進めては, 字書き写している, 字書ければ大抵, 字月ヶ瀬というところ, 字て音, 字嘗沽, 字未だ嘗て沽らず, 字本宿という, 字という寂しい, 字東禅寺という, 字東福寺の沼木明神, 字松平出羽守様の極印, 字栗橋街道に至り, 字を書き, 字梓山でもらいうけ, 字森下訪ふ人, 字椿田は二十九年, 字楊字向字, 字極めて拙く候, 字のもの, 字権現向から字鯉沼, 字櫛句爬分折毫毛, 字といわれた, 字続を, 字残らず落第と, 字残らず写さしめなかった原因に, 字殖えて五字, 字気狂いの婦人客, 字なくて, 字池月の池月神社附近, 字沢山なん, 字河澄号京水一号酔醒又号生酔道人, 字法句法の輕捷, 字洩れなく引くのである, 字活字工に依, 字活字買入の動機, 字活版を購, 字浜町という漁村, 字海軍原の傍ら, 字護謨に, 字消したり直し, 字消した跡が, 字淋しかろうが, 字添削して, 字清書しながら, 字渾肥といふもの, 字湯本このへん, 字滅多なこと, 字滝の上というところ, 字漢字假名の混淆, 字澹父で澹, 字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 字火石にあり, 字炭山へも行つて, 字無くてよい, 字爲體即是大空, 字を, 字片仮名で書い, 字片山津小字砂走である, 字を示し, 字が出りゃがった, 字猥拙といへるは, 字理窟臭く相成, 字琴畑は深山, 字生出という山里, 字用格に於, 字田中小字大澤にて發, 字男垂という所, 字な淵明, 字皆作巫と言, 字皆切れ字であり閉鎖, 字を寄せ, 字ばかりとき, 字盲僧の盲, 字な文字はし, 字相当者は殆ど寥々, 字相応に四方, 字眉眉の下, 字看板を離し, 字睨んでいる, 字矢佐利の住人, 字知つてるウ, 字知り顔に, 字に刻んだ, 字石場町六騎とは平家, 字砂子浜という所, 字硯奇貧亦買, 字というの, 字神明西の堤防, 字神無は戸數五十, 字神経ばかりで出来た, 字福岡なりければ, 字下げて, 字を覗かせ, 字穴藤があり, 字空けの流人, 字空白となつ, 字が未だ, 字はいかが, 字笠井島の某, 字符一つさえ見出されない, 字筆写した場合, 字は性格的, 字筑紫村のほとり, 字筒越で与, 字箕曲の神事, 字管一本の実験, 字米子の住人, 字紋様の創形, 字紋麻の葉七宝雷紋のよう, 字終に目を, 字終り五字この三つ, 字結東がある, 字絵馬堂一面に秋晴, 字を習, 字続いては, 字によれ, 字総出の戸主連, 字繋ぎのどてら, 字美しい手紙を, 字羽田の横塚吉五郎, 字て哉, 字聞きとどけ侍りて愚老, 字能字皆な淵明, 字脚アクセントの上, 字脱けた一行脱けたと細か, 字を貸し, 字自分の文字, 字臺獨逸醫學博士加藤時次郎の二人, 字芥川の二字, 字苟もせざりしが, 字無惜, 字若もの三名午後十時ごろ同じ場所, 字英字といえ, 字茨右近の喧嘩屋, 字荒川東禅寺および火渡, 字荷菜の平目カレピア婆さん, 字菩提の心, 字萩川へ辿りつく, 字に紺染, 字虎杖浜のオソ, 字を附し, 字號爵里さえ分らなく, 字もシドロモドロ, 字街道へ飛び出した, 字街頭を歩くんじゃ, 字西内にもあり, 字見たいな建方, 字見当である, 字覚えるよりもいと, 字で左, 字とあります, 字記してある, 字記号をきざみ, 字詩中に求める, 字詰りに云わなけれ, 字詰三十八行の記事, 字詰三枚ぐらいのもの, 字詰九枚程の長, 字詰十二行の原稿紙, 字詰原稿十五枚前後内容はリアル, 字詰菊版六十五頁にわたる長, 字詰青罫のを用い, 字認めてあり, 字認めた金沢市長宛の, 字説毎に輒, 字読みあげている, 字読み下されるように, 字読む一種の, 字読んでゆく, 字も誰, 字調ですから, 字は俳句, 字論者である, 字谷内本城某は幼少, 字豆粒でも拾う, 字であるのに, 字貰って輝虎, 字賀郷に洞窟, 字賜わり尊氏と, 字足して二字名, 字足りないような, 字の一角, 字迄にして, 字迄はいいで, 字近き諡號を, 字送り三字送りは二つ目, 字通りに讀, 字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 字通り損になる, 字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 字通り隠密にだってなる, 字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 字通称説の元祖, 字造りの家, 字連ねてゆく, 字運動も明治十年代, 字達者な手, 字違ひでね, 字遣ひはおと, 字都宮弘前の各, 字都野と云, 字はさ, 字里行蔵を言はず, 字野崎に前川万吉, 字金一円と大きく, 字金泥の色洗, 字鉢石のこと, 字をふるい, 字の紋, 字長短二句の連続, 字長竹という在所, 字長谷という所, 字関谷清一郎の弟清次, 字附高名寄帳なるもの, 字松, 字のなか, 字隻句も茲, 字隻言之返事, 字と題し, 字集めた姦両, 字かしい理窟, 字難いかな, 字も三色, 字青筋出して, 字頂いて松吉, 字馬籠である, 字體もちがふ, 字體無しとあり, 字高山だけで二人, 字高柴の千眼城山, 字高橋毛野村字川崎富田村字奥戸などの有志たち, 字は椎茸, 字髭姿の松方正義伯, 字髭洋服姿の品川, 字髯様の横柄さ加減, 字鬼塚タバン・アウエルバツハ気付御常連殿, 字鬼涙と称, 字ノ川, 字鯉沼へ来た, 字鷲山の荒木源次郎, 字麻士真手を日本, 字黄金迫の黄金神社附近, 字鼈甲の花笄, 字というところ, 字ABCと教