青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「孔明~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~ 子孫~ 孔~ 孔子~
孔明~
~字 字~ ~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます ~存する 存する~ ~存在

「孔明~」 2208, 23ppm, 5054位

▼ 孔明~ (691, 31.3%)

8 それを 7 笑って 5 彼に, 彼の 4 これを, なおいった, 声を, 笑った, 面を 3 孟獲, 微笑し, 羽扇を, 膝を, 諸将

2 [36件] いう, おごそかに, ここに, この報ら, その後で, その言, やがてその, 何か, 兄の, 冷然と, 口を, 命じた, 嗟嘆し, 四輪車の, 大いに驚い, 天を, 実に立派, 待って, 心の, 急に, 成都に, 手を, 拝謝し, 漢中に, 笑いながら, 紙筆を, 耳を, 自分の, 蜀に, 蜀の, 起って, 車から, 門を, 静かに, 首を, 馬謖の

1 [559件 抜粋] あっさり話した, あっと, あとで, あやしんで, あらためて姜維, いかにも信じきった, いずこ, いたずらに, いった, いったい物事, いつに, いつも, いない, いよいよ重く, うしろから, うしろ姿を, うなずいた, うなずいて, おそらくそれ, おもむろに口, お留守, かかる忙しい, かく訓示, かたわらに, かならずお, かねて, かねてから, こういっ, こういった, こう教えた, ここぞと, ことばを, このこと, この大事, この条, こんど皇帝の, こんな爺, さしずめ戦後, さして苦, さっそくゆうべ, さっと十里, さてこそと, さらに云った, さらに朝, しばらく間, しみじみ眺めた, じっとその, すがすがしい顔, すぐさとった, すぐ伝令, すぐ張飛, すぐ情勢, すぐ王平, すぐ車, すぐ退がった, すこし厳, すでにその, すでに他国, すでに看破, すでに西, そういい, そういう先輩, そうも, そう戒め, そう考えた, そう観, そこに, そこへ, そこらに, そっと嘆, その, そのあくる日, その中軍, その冒険, その処断, その夜, その好意, その朝, その機, その歓び, その爆笑, その白皙, その葬儀委員長, その頃, それから, それから各自, それと共に, それに対して, たしかに蓋世, ただ, ただちに諸, ちらと, ついに自身陣頭, つつしんで拝受, つづいて, つねにそういっ, つよく面, どうした, どうしました, どんな面, なおその, なお善行, なお微笑, なお聴かない, なお諦めかねた, なお還れ, にこやかに, にやにやし, にわかに厳か, ねんごろ, はじめて彼, はたと膝, はたと足, はっとした, ひざまずいて, ひとたび壇, ひと目見る, ひょいとその, ふいに, ふかく夜, ふかく感嘆, ふたたび地, ふたたび後, ふたりが, ふと眉, まずそういっ, まずその, まず王平, まず董荼奴, まず雍, まず魏延, また, またニコリ, また二人, また云った, また壇下, また最後, また楊儀, また玄徳, また自己, また語, また趙, また趙雲, また高翔, まだ十四歳, まだ死ん, まったくその, まったく別, まるで掌, みずから動い, みなまで, もう一度いいつけた, もう一度行っ, もう一歩, もう明るい, もっぱら理念, やおら彼, やがて云った, やがて漢中, やがて黙々と自分, やにわに羽扇, ややしばし眉, ゆっくりと, ゆるさなかったが, よくその, よく幼帝, よく眠る, よろこばない顔, わが意, わざと冷静, わざと打ち笑っ, わらって, われ亡き, われ自身を, 一つの, 一令の, 一使を, 一夜を, 一夜盛宴を, 一日高所から, 一時彼の, 一書を, 一死を, 一睡を, 一種の, 一舟の, 一言に, 一読する, 一読ニコと, 一読莞爾として, 一隊ごとに, 三度目の, 下知し, 世上に, 丞相として, 丞相の, 主君を, 主君玄徳の, 予定の, 事実すでに, 二十七歳劉備玄徳は, 二将の, 云いかけて, 云った, 五丈原へ, 五度孟獲, 人を, 今どこに, 仕方なく, 他人事みたい, 令を, 何も, 何事か, 何人いる, 何思った, 使いを, 例の, 依然すべて, 依然固辞, 信じた, 先に, 入念だった, 入念にも, 全軍, 全部の, 八門遁甲の, 兵五百を, 冷やかに, 冷静な, 切れの, 初めてうすい, 初めて周瑜, 初めて朝, 前日から, 励ました, 南安に, 南安へ, 南征の, 南郡の, 占領した, 危篤に, 即日大軍を, 又廖立, 友達の, 双方の, 取り上げない, 召しを, 叱った, 叱って, 否と, 否定も, 周瑜を, 呵々大, 命を, 嘆きましょうよ, 嘆息し, 四輪車という, 城に, 城兵の, 壇に, 外に, 夜中流に, 大いに嘆, 大いに歓ん, 大きく胸, 大きな衝撃, 大笑, 奏しながら, 如何に, 実に仁者, 実に果断速決, 宣言し, 室を, 家に, 容れない, 容易に, 将台に, 将士や, 少しも, 屍を, 山より, 左右に, 左右の, 帝に, 帝を, 席を, 帰ると, 幕僚を, 幼に, 床に, 座へ, 弟の, 張蘊に, 彼らに, 彼らの, 彼を, 征地に, 後に, 後ようやく, 微行し, 必ず東南, 必罰主義で, 快げ, 思わずさけんだ, 思わず手, 思案し, 怪しみも, 恐懼し, 悠々と, 悧巧者です, 惜しむ, 意を, 愕然と, 感嘆し, 感心し, 感泣した, 成都へ, 打ち慄, 拝泣し, 拠るところ, 指令を, 支那三千年第, 政堂に, 敗軍を, 教えた, 敢えてしたがわず, 敢えて歓び, 敵の, 敵営の, 文字通りに, 文豪と, 斎戒沐浴し, 日々悠久なる, 日々葫芦の, 日本人の, 昂然と, 明確に, 明言した, 是非ない, 智者です, 智謀神の, 書を以て, 曹真が, 最初から, 望むところ, 木門道の, 李福を, 杖を, 来なかった, 来るべき敵, 杯を, 梁父の, 楼上に, 横の, 櫓に, 櫓の, 武卿侯に, 武士を, 武陰に, 死んだ, 気を, 水上の, 江を, 沈思し, 沈黙し, 沈黙した, 沐浴し, 法正の, 渭水の, 牀の, 特に近く, 狡猾の, 玄徳から, 玄徳の, 玄徳へ, 王平と, 生きて, 用心深く関興, 留守に, 病中ながら, 痛嘆し, 白い羽扇, 白羽扇を, 百余座の, 百官に, 百官を, 目下どこ, 直ぐに, 直ちに全, 直ちに出迎えた, 直ちに虜, 相変らず, 相府, 眉を, 眉重く, 眼を以て, 着々と, 睨むよう, 睫毛を, 瞑目し, 石像の, 祁山の, 祁山へ, 立ち帰って, 童子に, 童子を, 笑いは, 笑いを, 管仲樂毅などの, 篤と見, 素輿, 細くふさい, 絵図を, 綸巾を, 編制の, 縄を, 翌日そこに, 翌日陣中の, 胸を, 自分で, 至って計, 舌を, 舌打ちし, 舌打ち鳴らし, 舟手の者に, 船が, 船の, 船窓の, 苦々しそう, 茶を, 荊州に, 落去の, 落着い, 蜀において, 蜀全体の, 街亭の, 街亭へ, 衣の, 表の, 袂を以て, 襟を, 西暦二百二十七年に, 西涼州出身の, 見るに, 計の, 託ち顔, 詐りを, 誇らなかった, 語を, 語気勃然と, 説くの, 論じつづけた, 諭すの, 諸臣, 諸陣, 謎の, 賛成した, 赫怒した, 趙雲の, 足ずりした, 身を, 車を, 車上一眄を, 軍の, 軍を, 軍師座に, 軽く笑った, 轡を, 辞して, 農業を, 逆らい, 重々しく念, 重くか, 鉄甲を, 銀坑の, 鍵を, 長らく隆中, 長久の, 長嘆し, 間髪を, 附近の, 降を, 降参の, 陛下に, 隴西の, 雅丹宰相の, 静かな, 食を, 馬謖を, 驚いた, 高士として, 髪を, 魏延や, 魏延を, 魯粛に, 魯粛の, 黄色の, 黙然とさし, 黙然と退出, 龍床の

▼ 孔明~ (600, 27.2%)

9 前に 6 計に 5 ところへ, 心を, 死を, 顔を 4 ことばに, ほうから, 前へ, 命を, 車は, 車を 3 うしろを, ことばを, すがた, 兄諸, 家の, 意中を, 手に, 言を, 軍は, 首を

2 [42件] あとを, ことです, ことばは, さしず, ために, ひとみは, まえに, ような, 下に, 人物を, 兄だ, 名を, 四輪車は, 四輪車を, 大軍が, 姿が, 家を, 帷幕には, 廬を, 徳を, 心事に, 指揮に, 旨を, 智謀を, 書簡に, 書簡を, 本陣は, 本陣へ, 本陣まで, 死に, 病は, 肚を, 胸には, 舟を, 計と, 計を, 計畫, 説に, 軍を, 遺志を, 陣へ, 陣を

1 [427件] あとは, あまりな, いうよう, いって, いない蜀軍, いまいる, いる葫芦, うしろには, うらみは, うわさと, うわさなどには, かなしみは, からくりに, きょうの, ことだ, ことである, ことばが, ごときは, ごとき高き, さしず通り, すすめに, すすめに従って, すべてを, その一活路, そばに, そばには, それならね, ためでは, ためにも, なお生, ひきいて, ひそかに, ふたりだけが, ふたりを, ほかに, ほかには, ほか知る, むごい命令, やつは, よくなす八門遁甲, よろこびも, 一大失態である, 一心を, 一念だった, 一性格であった, 一扇一扇は, 一握, 一書を, 一片の, 一短と, 一短を, 一能にしか, 三軍が, 下せる大, 下には, 下知を, 不在を, 不才を, 不遜に, 中営だ, 中軍へ, 予察どおり司馬懿仲達は, 事蹟を, 二十七歳の, 二名は, 云いぶん, 人品事業は, 人物について, 仮屋を, 仲も, 伏兵か, 住んで, 作戦が, 作戦は, 使命は, 保護によって, 信念に, 偉さ, 側に, 側近樊建という, 偽使者, 傳に, 兄たる, 兄でも, 兄とは, 兄弟へは, 先見に, 先見は, 全生活, 六曜占と, 兵を, 再征, 再来とも, 出師表や, 出廬を, 出軍を, 出陣を, 初めの, 前で, 力説する, 功は, 北伐, 危ぶむところ, 危惧は, 友人博陵の, 叡智を, 叫びを, 召還と, 合図と共に, 名だけは, 名とともに, 名は, 呟きを, 周到な, 命に, 命によって, 命は, 唇を, 唱える大義名分, 喪を, 四輪車に, 四輪車の, 四輪車へ, 四輪車よりは, 在世中であった, 在否, 場合に, 墳の, 声が, 声である, 声は, 夢は, 大仁に, 大器は, 大度が, 大志は, 大畧, 大言した, 大軍の, 大軍は, 大陣, 天下の, 天下三分の計も, 女は, 奴日頃の, 好みに, 如き人, 如き有, 妻と, 妻や, 妻黄氏の, 姿は, 姿も, 姿をも, 存在と, 学識は, 安否を, 実兄で, 客館を, 家から, 家がらという, 家庭は, 家系は, 家系や, 家諸, 容子には, 寛仁も, 寛大を, 寵を, 尊い人格, 小さい疵, 小乗観である, 尤も親愛, 左右に, 布いた陣, 帰って, 帰るの, 座を, 廬たる, 廬へ, 弄策に, 弟の, 影武者であった, 後ろ髪を, 従えて, 徳に, 心が, 心であったろう, 心に, 心は, 心も, 心を以て, 心中に, 心中には, 忠告による, 忠告も, 怒りの, 思う気運, 思慮とも, 恩に, 息の根を, 悪戯か, 惨心, 意中にも, 意志を, 意見にも, 愛は, 憂色を, 戒めに, 戦法の, 所へ, 所へも, 所為を, 所置に, 手になんか, 手へ, 手もとに, 手先蹴ちらし, 手足の, 手蹟である, 才を, 拠陣へ, 指揮を, 掌にも, 援軍が, 擬勢だ, 政治振, 故郷, 文辞は, 新妻が, 施政ぶりや, 日頃の, 旧陣, 明や, 明察に, 智なき, 智を, 智嚢から, 智多, 智張飛の, 智恵も, 智略が, 智略に, 智謀が, 智謀に, 最期を, 未熟, 本軍が, 本軍と, 本陣を, 来て, 来るまで, 来意を, 来襲を, 根本作戦が, 横顔を, 正面に, 死する前後, 死と, 死に対しては, 死の, 死を以て, 死去の, 死後と, 死後には, 死後は, 歿した, 歿後魏は, 気持だった, 気持は, 気魄は, 決意に, 深謀で, 烱眼には, 無念そうな, 無礼を, 父珪は, 父諸, 片腕にも, 生前から, 生前に, 生命を, 生涯と, 生涯の, 甥に, 用いた釜, 用兵は, 用意は, 病状は, 痛烈な, 白衣の, 目前に, 目的を, 相手としては, 眉には, 真意を, 眦は, 眸には, 眼にも, 眼は, 眼中に, 短所を, 祁山出陣を, 祈りの, 神機は, 神謀も, 祷りが, 秘策が, 称ある, 究極の, 立場から, 立場と, 立場に, 筆は, 答えを, 答は, 策略に, 築陣, 縮地の, 考えは, 考えを, 考案に, 考案による, 耳へ, 肉を, 肩を, 背へ, 胸に, 胸は, 胸裡に, 脳裡には, 腹を, 自責は, 至誠忠義の, 舅にあたる, 舟は, 船は, 船へ, 船を, 船住居を, 苦労は, 苦勞は, 苦衷が, 草廬を, 落胆は, 著作について, 虚実に, 蜀軍を, 衣鉢を, 表を, 裁断に, 装束も, 裳を, 観るところ, 言明に, 言葉に, 言葉は, 訃が, 計かも, 計が, 計らん, 設計に, 許へ, 詐り事だろう, 詭計に, 詭計を, 話を, 誘いに, 誠実と, 誠忠にも, 説に対して, 説明に, 諭示は, 護り, 足もとに, 足もとをも, 身を, 身辺に, 車であった, 車と, 車との, 車に, 車の, 軍に, 軍勢が, 軍勢は, 軍略で, 軍立てによる, 輩は, 迅速な, 返事に, 退く手口, 運命は, 運命も, 過勞, 遠征した, 遠征軍を, 遠謀に, 遠謀を, 遷延策に, 遺嘱, 遺志であった, 遺志に, 遺筆たるは, 遺計, 遺風は, 遺骸は, 邸を, 邸宅における, 鈍いまこの, 門に, 陣中へ, 陣中を, 霊を, 霊車は, 静かな, 面には, 面の, 面は, 面上に, 頭脳から, 頸を, 顔に, 顔は, 首級を, 麾下牙門将軍王平待つ, 鼠輩だ

▼ 孔明~ (176, 8.0%)

2 ここに, そこに, 帰って, 生きて

1 [168件] あり一剣天下, あり周瑜, ある気, あれほど, いう, いつも糧道, いないとき, いる, いるよう, いる以上, おそれつつも, おります, おりますよ, おれを, かく多忙, かたわらから, かつて後主, きびしく守っ, こう別れ, このたび, この再挙, この城, この遺, これへ, これほど, さらに鋭意工夫, じっと怺, すぐ明らか, すべてを, そういったという, そう云い出した, そう信じる, そう慰め, その中央荊州, その快, その苦い, そばから, それへ, たくさんに, ついこの, ついて, つつがなく養っ, とんぼ切りの, どういう, どう智慧, ひとたび断, ふたたび悲壮, ふたたび祁山, まだ襄陽郊外, みずから率い, やや色, よろしきよう, わざと危ぶむ, 一夜に, 上流に, 中心と, 主家の, 久しくご, 久しく蓄えた, 云いのこして, 云った, 云っても, 五年や, 今日呉の, 仕立てた偽者, 何でみだりに自己, 何という, 何とか論駁, 何を, 何故の, 使いして, 側に, 兄でも, 先帝の, 八門遁甲の, 出て, 初めて石韜, 卒然と, 南蛮に, 参加し, 司馬仲達を, 名を, 吟を, 呉を, 咽びながら, 問うと, 嚢中の, 坐視し, 多趣味な, 対面し, 小功, 少しすぐれ, 少しばかりの, 布いた徳, 帝の, 帰ると, 帰るの, 座談的に, 廬を, 彼に, 彼を, 後を, 必ず軍, 忽然と一隊, 戦場で, 手を, 承諾しよう, 控えて, 攻めて, 敏くも, 斜谷祁山の, 断乎斬れ, 新野の, 早舟を, 書を, 曹操に対しての, 最後に, 朝に, 来て, 死んだと, 死んだ時, 残ること, 涙を, 清廉潔白の, 漢中まで, 現れたわけ, 生前すでに, 生前にも, 用いて, 画に, 留守と, 病気である, 発明した, 知って, 神異を, 祷りに, 祷りの, 突然退, 答えて, 策を, 緊密に, 臣下みな一睡も, 臨終の, 自ら来る, 自分に, 自身それに, 船へ, 荊州に, 荊州を, 西部の, 見えたと, 言わずや, 訊くと, 請いを, 諫めよう, 讀書た, 負う, 起草した, 身に, 軍馬を, 農耕の, 迷って, 追撃を, 逝かれた後, 首を, 首尾よく, 馬良と, 鸚鵡返しに

▼ 孔明~ (140, 6.3%)

5 向って 2 いった, むかい, 代って, 向っては, 告げて, 對し, 放されて, 献じた, 生擒, 託して

1 [115件] あいそを, あったとは, あてた書簡, いった如くここ, いわれないでも, お会い遊ばし, お貸し, こういった, この由, さき頃の, さとられて, すすめながら, そっと見せた, その大策, ちがいあるまい, ちがいなかった, とどかずその, どれほど, べつの, まぎれも, 一杯喰わされた, 一計が, 万恨を, 任せきって, 会いたい, 会うと, 会えずに, 会おうと, 会ったので, 会った馬良, 会って, 会わせない点, 伝え, 似て, 使いが, 侮られたの, 先立たれた劉, 先立たれて, 免じて, 入れ智慧, 兵千騎を, 出しぬかれた, 出しぬかれたり, 出し抜かれたか, 出し抜かれたの, 別れて, 勝ち得る虚, 勝てる自信, 及ばずであった, 及ばない, 及ばないか, 及ばん, 及ぶこと, 合流せん, 同情する, 告げた, 呼びつけられて, 命ぜられて, 問われると, 問わんと, 問合わせを, 圧倒され, 報告した, 天地を, 対策を, 導かれて, 師事し, 当るもの, 後事を, 従って, 復命し, 復命した, 心服した, 恩を, 息を, 意見を, 打ち明けないこと, 投げながら, 抱いて, 捕われて, 敵陣に, 服しては, 注意した, 渡す気, 献言した, 申し入れた, 示して, 示せば, 私淑し, 答えた, 約した, 終る二, 膝詰めで, 自分が, 至つては, 致されまいと, 訊くと, 訊ねたところ, 訊ねて, 訴えて, 語ると, 説かれて, 諫めた, 諮った, 諮れと, 迫り, 迫り才, 迫るの, 追いすがりついに, 逆手を, 降伏し, 随身しようで, 非常な, 願い出て, 首尾相救う

▼ 孔明~ (134, 6.1%)

3 して, 呼んで 2 尋ねて, 師と, 怖れた, 生捕っ, 迎えて

1 [118件] あざむき得たぞ, あざむくこと, あなどらなかった, お用いあろう, かえりみて, この手, これへ, さし鳳雛, その客館, たのみ勇, たばかられたな, だ, つれて, なだめて, にらみつけて, やぶらん, やぶれ, よび張飛, 世に出し給う, 乗せた趙雲, 亡き者, 亡くしたよりも, 伴って, 使いとして, 使いに, 偲びながら, 先生と, 刺して, 刺そうと, 危険視し, 召しつれよ, 召し連れて, 呉の, 呼びに, 呼ぶ, 呼ぶに, 地に, 城へ, 夏口へ, 始め社稷, 害さんとばかり, 害そうと, 實際以上に, 尋ね親しく, 得たこと, 得て, 徳として, 思わぬ日, 恐るる事, 恐れるの, 恐れ恐れ, 恨んで, 悪くいった, 惧れた, 憎むこと, 打破ること, 招くには, 撃つあるのみ, 擒人に, 敬いその, 敬うこと数倍, 是々非々し, 欺こうとは, 歌へる, 殺さずんば, 殺して, 殺してから, 殺しに, 殺すこと, 氣に, 無能の, 父として, 父とも, 生捕られ, 用いて, 目の, 知らないか, 破らんとして, 破るもの, 神仙視した, 祭の, 称するの, 粉砕すべし, 虎の, 見かけたらこの, 見たからには, 見やりながら, 見ると, 見込んで, 計略にかけて, 訪う, 訪ねて, 訪れたいと, 訪れるであろうが, 訪れん, 訪れ彼, 誘き入れ予定, 説かせて, 説破し, 誹謗し, 論じ孔明, 諫めた, 譜代の, 責めた, 賞した, 賞めて, 迎えに, 迎える列, 迎え彼, 追い崩し給え, 追い込みました, 追撃する, 送って, 送り出した, 鍛えるべく試すべくあらゆる, 防ぎますか, 除き玄徳, 頌した後人

▼ 孔明~ (83, 3.8%)

2 そこに, 涙を

1 [79件] あとから, いささか関羽, いち早く谷外, いまわが, うなずいたし, ここに, ここへ, このとき, これには, じっと堅守, そういっ, その拠地, その第一歩, ちょっと呆れ, ついに心, つねに尊敬, ともに云った, ない, なつかしげ, ひたすら逃げ, またにやにや, また以来漢中, また区々, また周瑜, また報, また慈父, また筆, また表, やむなく滞陣, ややしばし黙考, やや気の毒, 一代の, 三舎を, 久しぶりに, 人の, 人間は, 仲達の, 共にすすめた, 共にわが, 共に飲ん, 剣に, 困りはてて, 城門へ, 大いに悟る, 姿を, 完く, 席に, 彼の, 心では, 成って, 手を, 折々には, 折れて, 攻めあぐねた, 日々そこへ, 来て, 汝が, 漢中へ, 百年目だ, 直ちに漢中, 眼を, 立って, 童子の, 総退却, 蜀一国の, 蜀軍を, 計の, 跣足に, 辟易した, 逃げ走るほか, 連判し, 道家は, 青い紗, 風を, 首を, 馬を, 馬鹿で, 骨が, 黙然とふかく

▼ 孔明~ (41, 1.9%)

2 顔見合わせ

1 [39件] いうが, いえど, いふ, かねて耳, その三軍, その幕将たち, その新妻, ひとつに, ひとつ車に, ふたりきりで, みな怖, むかい合って, よぶ尊厳, 一戦を, 一手に, 三軍を, 並び称して, 仰っしゃるお方, 仲達と, 会すや, 会った上, 会って, 別れてから, 叔父御, 同車相並ん, 周瑜とは, 孔亮と, 対陣し, 弟の, 戦うには, 戦わないに, 末弟の, 玄徳の, 玄徳は, 瑾の, 馬を, 魏の, 魯粛が, 黄忠の

▼ 孔明~ (40, 1.8%)

2 は言葉

1 [38件] がからく, が再び, が吃驚, が呆気, が平和そのもの, で用, とは莫逆, の人間業, の毅然たる, の第, の胎内, の行く, の頑固一徹, はあまり, はこみあげ, はひとつ, はゾッと, はホッ, は三千円, は今, は何, は呆気, は完全, は屋根裏, は彼, は思はず, は意気冲天, は旅費, は極めて, は泰然, は無法, は生れつき楽天的, は相手, は突然, は絶望, は蹉跌, は閃, も言

▼ 孔明から~ (19, 0.9%)

2 いわれて

1 [17件] いわしめれば, いわれたので, うわさを, 伝え聞いて, 呉へ, 孟達へ, 授けられた計, 授けられて, 放されて, 新手の, 書を, 渡された錦, 策を, 説かれて, 貰って, 贈った女衣巾幗, 餞別に

▼ 孔明という~ (15, 0.7%)

2 ものは

1 [13件] ところかな, ところでござんしょう, のは, 一人物の, 人が, 人がらについて, 人材を, 人格を, 人間は, 奴詐術に, 曲者です, 生き証人, 者が

▼ 孔明自身~ (11, 0.5%)

1 [11件] が以, が官位, が自ら, が誰, の四輪車, は五千余騎, は夜ひそか, もまた, もやがて, もよく, 行って

▼ 孔明~ (10, 0.5%)

1 からんで, すぐ戦況, 内示した, 向って, 嫁いだの, 急送し, 論じかけた, 贈った, 返書を, 送りどうか

▼ 孔明その~ (9, 0.4%)

1 ほかの, ほかを, 人であり, 人である, 人なら, 人に, 人の, 人も, 者に

▼ 孔明とは~ (9, 0.4%)

1 お互いに, その人, そもどんな, そも人, たがいに, 内通し, 刎頸の, 反対なお, 大きなちがい

▼ 孔明には~ (8, 0.4%)

1 あらで江夏, かなわないから, すでに足下, なおどこ, 他の, 別に確たる, 必ず何, 玄徳が

▼ 孔明先生~ (8, 0.4%)

2 は其許 1 にはよく, のお, は当世, ばかりで, を訪う, 時々よそ

▼ 孔明にも~ (6, 0.3%)

1 ちょっと会っ, 人の, 会わず同族, 何の, 勝るところ, 禍因は

▼ 孔明より~ (6, 0.3%)

1 ほか知る, 一足先に, 二つ年上に, 仲達の, 年は, 年も

▼ 孔明一人~ (6, 0.3%)

1 がその, が特に, といっ, と申し, の手, は太陽

▼ 孔明~ (5, 0.2%)

3 はない 1 はありません, もなし

▼ 孔明生ける~ (5, 0.2%)

5 仲達を

▼ 孔明軍師~ (5, 0.2%)

1 がきょう, がこちら, の兄上, はあらかじめ, を除い

▼ 孔明すでに~ (4, 0.2%)

1 あらずと, わが逆計, 亡き今日, 荊州を

▼ 孔明とて~ (4, 0.2%)

1 一蹴できよう, 如何とも, 木石では, 狼狽するだろう

▼ 孔明と共に~ (4, 0.2%)

1 冷静に, 堂へ, 樊口の, 江北へ

▼ 孔明はに~ (4, 0.2%)

3 こと笑っ 1 ことかえりみ

▼ 孔明~ (4, 0.2%)

1 の御, の有名, は古今, は持っ

▼ 孔明~ (3, 0.1%)

1 なるほど, 楠の, 豆を

▼ 孔明なお~ (3, 0.1%)

2 在りと 1 在り

▼ 孔明なき~ (3, 0.1%)

2 後の 1 後も

▼ 孔明にとって~ (3, 0.1%)

1 この事, じゃよ, 実の

▼ 孔明ほど~ (3, 0.1%)

1 な人, な大, 正直な

▼ 孔明~ (3, 0.1%)

1 弟の, 楠だ, 関羽に

▼ 孔明孔亮~ (3, 0.1%)

1 のふたり, の兄弟, の四将

▼ 孔明あり~ (2, 0.1%)

1 剣閣の, 武門に

▼ 孔明これ~ (2, 0.1%)

1 にあり, をとどめ

▼ 孔明ごとき~ (2, 0.1%)

1 がお, 才物の

▼ 孔明そのもの~ (2, 0.1%)

1 の存在, の為人

▼ 孔明たる者~ (2, 0.1%)

1 がそんな, が笑い

▼ 孔明~ (2, 0.1%)

1 がね, この人間

▼ 孔明だけは~ (2, 0.1%)

1 どう考え, 強いて帳内

▼ 孔明でも~ (2, 0.1%)

1 いて, どうする

▼ 孔明とかいう~ (2, 0.1%)

1 小利巧者, 軍略に

▼ 孔明としては~ (2, 0.1%)

1 必ず速戦即決, 道理から

▼ 孔明とともに~ (2, 0.1%)

1 深苑, 自己を

▼ 孔明との~ (2, 0.1%)

1 間は, 關係である

▼ 孔明なく~ (2, 0.1%)

1 んば, 外征久しき

▼ 孔明などに~ (2, 0.1%)

1 この国, 威を

▼ 孔明なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, 人物を

▼ 孔明に対する~ (2, 0.1%)

1 害意に, 害意は

▼ 孔明ひとり~ (2, 0.1%)

1 がいなくなった, でも今日

▼ 孔明よりも~ (2, 0.1%)

1 年上だ, 心配顔し

▼ 孔明孔明~ (2, 0.1%)

1 という, とみな

▼ 孔明~ (2, 0.1%)

1 だ, の再来

▼ 孔明死後~ (2, 0.1%)

1 の成都, の蜀

▼ 孔明漢後主~ (2, 0.1%)

2 に上表

▼1* [96件]

孔明あるからには御, 孔明いまの陣立て, 孔明かと嘱目され, 孔明からの手紙と, 孔明からは何の, 孔明こそそう呼ぶ, 孔明このお方を, 孔明さんがよい, 孔明その他の本格, 孔明たりともそれくらい, 孔明だけを生捕りとして, 孔明だったらまずこの, 孔明だってそこは, 孔明ついに奔る, 孔明であったという伝説, 孔明であり左右二十余人の, 孔明であるぞ, 孔明であろうと橋畔, 孔明でございますが御, 孔明でしょうと誰, 孔明といふ人は, 孔明とかを擧げねば, 孔明とで何か, 孔明とやらいかに学者, 孔明とを待たせて, 孔明などいずれも, 孔明などといっても, 孔明なども実に腑抜け, 孔明などを具し, 孔明なら少しは, 孔明なんじは魏, 孔明にとっては実に痛恨, 孔明によつて孟子の, 孔明に対し予の, 孔明に対して次第に正しく, 孔明に従って出征した, 孔明はかぶりを振った, 孔明はかろく舌打ちし, 孔明はと見れば, 孔明ふたたび侵寇す, 孔明ほどの人物では, 孔明また道号を, 孔明までは捕えられないまでも, 孔明もう一遍戦えっ, 孔明もちと困った, 孔明よく論破された, 孔明よりは先輩だった, 孔明スデニ天水南安安定ノ三郡, 孔明ハ臥セル龍ニ似ル, 孔明一目見ると, 孔明一行の見つけない, 孔明一身にとっても今, 孔明七星殿に風, 孔明三年の歳月, 孔明不才ですが, 孔明不覚にもそれ, 孔明しと, 孔明以上なもの, 孔明以下文武百官もみな錦, 孔明以下法正も張飛, 孔明以下腹心の諸, 孔明以下蜀臣百二十人の連署, 孔明以外の諸, 孔明八擒八縦の備え, 孔明を祁山, 孔明兵法に暗し, 孔明出廬のとき, 孔明叔父の孔賓, 孔明周瑜共に大将, 孔明四輪車のうえ, 孔明は玄徳, 孔明を独火星, 孔明張良が城, 孔明張飛のここ, 孔明をしずめ, 孔明手ずから授けられた彼, 孔明楠以來の兵法, 孔明死せりか, 孔明歿後の推移, 孔明活ける仲達を, 孔明の兵書, 孔明流唐の孫武陸子, 孔明玉璽を擁し, 孔明を弾く, 孔明病み漢中に, 孔明相対して, 孔明を修せしめた, 孔明自身兵を引い, 孔明ヲ遺, 孔明の語, 孔明が来る, 孔明事, 孔明還る丞相還る, 孔明第一, 孔明関羽張飛らもあいそ, 孔明の仲達