青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「孔子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~子 子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~ 子孫~ 孔~
孔子~
孔明~ ~字 字~ ~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます ~存する 存する~

「孔子~」 2235, 23ppm, 5002位

▼ 孔子~ (769, 34.4%)

11 前に 10 顔を 6 教えを, 教を, 答えは, 言行を, 語を, 道を 5 弟子の, 思想を, 言葉は, 言葉を, 語は, 門に, 門人の, 顔は 4 ような, 一行に, 人物を, 管仲に, 言葉に, 語が, 語の, 面影を

3 [13件] いわゆる, 仁は, 声が, 如き聖人, 姿を, 心を, 教えの, 言葉が, 言葉も, 言行が, 車を, 道は, 門を

2 [58件] ために, 一行だ, 一行は, 一言一行を, 伝記が, 伝記の, 伝記を, 偉大さを, 偉大な, 像を, 名さえ, 声は, 天の, 姿が, 学派の, 學を, 室に, 室には, 家の, 容を, 宿を, 弟子も, 後に, 心の, 思想が, 態度は, 教えは, 教に, 教も, 教義では, 教義を, 方で, 時に, 有名な, 木像を, 樣な, 横顔を, 死についての, 死に関する, 死の, 父の, 特別の, 眞意を, 真意を, 眼には, 眼の, 眼を, 耳にも, 膝の, 言葉の, 語と, 語として, 語録の, 語録は, 説き方, 道の, 門人たちの, 顔が

1 [485件] あたりへ, あとに, あまり語らなかった, いった, いって, いふ學ん, いわく, いわく富に, いわゆる仁, いわゆる北方, いわゆる好ん, いわゆる祷, いわゆる竜, いわゆる芸, いわゆる食, いッてる, うしろに, うしろ姿を, おかげである, お伴を, お供を, お蔭である, かねての, こうした教訓, ことである, この言葉, この超, ごときは, ごときキリスト, ごとき場合, ごとく問い, ごとく天命, すぐ前, それとは, そんな言葉, つかんで, と申す, のこした, ふみ読み, ふるまい方, ほかに, もって貴き, やうに, やさしい声, ように, 一家は, 一生は, 一生を, 一著書であった, 一行から, 一行が, 一行だったら, 一行を, 七十歳の, 三歳の, 不遇とに対する, 主張した, 予言も, 事で, 事蹟は, 云う仁, 五十歳前後の, 人となりについての, 人となりを, 人格と, 人格に, 人格について, 人格は, 人格を, 人物が, 人物について, 人物の, 仁も, 仕官し得る, 仕官の, 他の, 伝記および, 伝記だけは, 伝記に, 伝記について, 伝記は, 伝記弟子との, 体験, 体験を, 体験経歴を, 作でない, 供を, 倫理的理想主義を, 假想した, 偉い處, 側に, 傾向では, 儒教中心の, 公正な, 内政改革案の, 凝視から, 出生は, 出生より, 刪定に, 到底忍び得ざる, 前まで, 前を, 創した, 力量を, 助言なし, 北面稽首の, 十翼には, 半分位しか, 博文約, 厳かな, 反省を, 口から, 口からさえ, 口ぶりには, 口調は, 名を, 否定的な, 命が, 唯一の, 問いに, 問いは, 問答が, 嘆声である, 噂の, 四十歳前後は, 四大聖人の, 回に対する, 地位を, 坐像と, 堯舜崇拝という, 堯舜禹湯文武を, 場合は, 境地に, 墓は, 声に, 声も, 大同時代に, 大成した, 天才の, 失敗談は, 如き仁者, 如き古, 如く修養の, 如く周公, 如く非難反, 妻も, 威厳に, 子孫であった, 存在に, 学問が, 学問の, 学徒が, 学徒に, 学徒においては, 学徒は, 学業仕官周遊学的労作などの, 孫弟子, 孫弟子あるいは, 孫弟子の, 學と, 學問の, 宅から, 実践躬行という, 室で, 室では, 室を, 容貌, 宿に, 宿の, 尊像の, 少年時代にまで, 少時は, 居られた國, 巽与, 師が, 席が, 常に言う, 平常の, 幼時孔子の, 廟で, 廟まで, 弟子たちが, 弟子たる, 弟子なる子路は, 弟子に, 弟子冉有が, 弟子澹台滅明璧を, 後たつた, 徒の, 御子は, 御孫, 復古主義については, 徳教に, 徳行に関する, 心づかいを, 心に, 心は, 心よき, 心持も, 心配を, 思想などに, 思想の, 思想史上の, 思想弟子との, 性格にも, 情熱との, 意に, 意も, 意味を, 意義が, 意義ふかい, 意見は, 愛, 愛弟子の, 愛情が, 感化だ, 感化を, 感想を, 態度が, 態度や, 慾が, 所に, 所へ, 所説に, 所謂る, 所謂東周を, 所謂知命の, 手に, 手は, 批判を, 批評として, 批評は, 持たないある, 挙措の, 挙止動作を, 推奨の, 推挙で, 推薦者であった, 推薦者は, 改制といふ, 政治に, 政治家としての, 政策の, 政策を, 教え, 教えた中庸, 教えた忠道, 教えでは, 教えと, 教えとは, 教えには, 教えも, 教えよりは, 教だの, 教と, 教の, 教法が, 教法は, 教義が, 教義と, 教義に, 教義にと, 教義の, 教義は, 教義や, 教育方針を, 教説が, 教説に, 教説の, 文を, 文廟に, 新法を, 方から, 方が, 方だって, 方を, 施政の, 明察が, 春秋は, 時から, 時には, 時は, 時よりも, 時代に, 時代には, 時代は, 時代よりも, 時代或は, 時分には, 時周室は, 晩年に, 晩年は, 智慧を, 書である, 書を, 最も古い, 最も愛した, 最後の, 有って, 木像は, 枕元に, 枯糞, 楚に, 模倣, 権威を, 機嫌を, 欠点だ, 次ぎの, 正統を, 死については, 死に方, 死を, 殘した, 母が, 沈默が, 沈默は, 没年が, 没後いくらかの, 没後子, 法語の, 活動した, 派と, 流浪の, 流浪は, 父は, 片言隻句から, 特徴を, 特色で, 王道と, 現世的性格と, 理想と, 生れた當時, 生地, 生活が, 生活の, 生活描写など, 生活状態を, 生涯が, 生涯にとっては, 生涯の, 生誕地は, 留守を, 番犬に, 疾はなはだし, 病を, 病気は, 痛烈な, 目にも, 直弟子の, 相手は, 真意が, 真意として, 眼, 眼が, 眼に, 眼にぶ, 眼にも, 眼をのぞ, 知遇に, 祖先の, 祖先は, 祖先孔子の, 祭典を, 私的生活の, 立場を, 答えこそ, 答であった, 答を, 管仲評が, 管仲評に, 粘り強さ, 經書の, 編纂なりと, 考へでは, 耳に, 胸には, 能力と, 自伝が, 自伝に, 自伝は, 自伝を, 若い門人, 著書であるなら, 行く先々, 行である, 行ない, 行ないが, 行為の, 行爲として, 術を, 衣食住の, 表情を, 裔なる, 視線が, 視線にぶ, 視線は, 言えること, 言った, 言った如く, 言って, 言であり, 言である, 言として, 言なる, 言に, 言は, 言を, 言及し, 言葉から, 言葉だ, 言葉つきは, 言葉どおり包囲は, 言葉に従って, 言行に, 言行には, 言行は, 評論と, 話に, 話を, 詳伝には, 詳伝を, 語, 語であるなら, 語では, 語としては, 語とともに, 語なりとて, 語に, 語において, 語も, 語をのみ, 語勢を, 語録を, 説いた忠, 説く所, 説は, 説を, 諸語は, 賢の, 足音が, 踵を, 身神に, 身近くに, 車の, 返事を, 逢った楚, 遍歴が, 道が, 道と, 道といふ, 道とは, 道に, 道も, 道徳に対して, 道徳は, 適切な, 部屋には, 部屋を, 酷評を, 重病については, 重病を, 長い放浪, 門にさえ, 門人たちが, 門人だ, 門人を, 門人三千人の, 門人中で, 門人達は, 門前は, 門徒が, 関せざる, 集めて, 面が, 面目が, 革新家たる, 音楽論を, 頭上に, 額が, 顔に, 顔には, 風采, 食居等についての, 饑餓に, 髯の

▼ 孔子~ (424, 19.0%)

5 それを, 子路の 4 つづけた, 子貢, 急に

3 [11件] しかし彼, そういっ, そう云っ, それに, にこにこし, 云った, 今度は, 子路が, 微笑した, 春秋を, 自分の

2 [19件] しかしそれ, つづけて, よき人, 何か, 即座に, 周の, 子路と, 子路を, 季氏の, 彼が, 彼に, 微笑し, 手を, 春秋に, 沈痛な, 眼を, 諄々として, 音楽の, 魯の

1 [331件] あとで, いかにも嬉し, いかにも情, いかにも愉快そう, いかにも淋し, いくらかそれ, いつも先廻り, いつも思っ, いつも理論, おりおり彼, かつて弁論, かような, けげんな, ここで, このごろ仲弓に対して, この優れた, この剽悍, この歴代, この気概, この点, この父子とも, この申し出, この頃, これに, これには, これまでにも, これまでの, これを, さすが博識, さすらいの, さっきからの, しかしあくまで, しかしいよいよ, しかしきっと, しかししずか, しかしじっと, しかしすぐ, しかしそう, しかしそっぽ, しかし子路, しかし思った, しかし笑い, しかし笑わなかった, しかし門人たち, しかし静か, しかし頑として, しずかに, しばらくし, すかさず云った, すぐみんな, すっと立, そう思った, そこで, そこに, その事, その偉人, その多く, その日, その時, その時一般, その晩年, その欲, その無謀, その牛, その生, その答, その質問, その頃, その風の音, それが, それっきり默, それらに, それ以上彼の, そんなこと, たたみかけて, ただの, ただ一語, ただ専念, だしぬけに, ちょっと彼, ちょっと眉, つかえること, どうである, ぬかりなく, ふたたび自分, ふとそんな, まさに往い, また子路, また答え, まだ達し, むしろ神, むろんそれ, もうその, もう一度彼, もう微笑, もどかしそう, やはりにこにこ, やはり平然, やはり眼, よく門人, よほど社会人的, われわれ門人の, シナ思想史の, ユーモリストでは, 一々それ, 一ころ定, 一わたりみんなを, 一人貪婪なれ, 一寸眉, 一寸眼, 一寸考えた, 一寸苦笑, 一寸間を, 一日も, 一段と声, 一生こつこつ, 一生を, 一言に, 一語も, 一野翁老子の, 七十歳の, 三十に, 三十而立四十不, 不惑を, 与せずと, 中国周代の, 久方ぶりに, 事もなげに, 二人を, 二千四百年の, 五十の, 人を, 人事を, 人情に, 人間の, 人類の, 仁を, 今の, 今は, 今まで, 今より, 今日も, 仕方なし, 仲由を, 伯魚の, 何と, 何れにも, 何千年の, 余りに彼等, 儒教の, 元來殷, 元来兄を, 先ず祭官たち, 先づ軍備を, 先王の, 先秦の, 六經を, 兵も, 内心衞に, 再び微笑, 別に, 前に, 前途遼遠だ, 十二君に, 半身を, 厳かな, 叔魚子, 口に, 合法性を, 同じく儉素, 君の, 君主政體と, 周公が, 周公などを, 周公の, 嘆息する, 四十に, 四十代の, 国老の, 圓滿なる, 堯舜よりも, 堯舜三代の, 多くの, 大きく眼, 大丈夫だ, 大聖人, 大體, 天の, 天下周遊の, 天命を, 子賎, 子路から, 子路について, 子路ほど, 孔子で, 孔子自身の, 孝について, 孫たちとでも, 宗廟の, 宗教的な, 定公, 実に自由人, 宰予から, 富と, 寒そう, 小策を, 少し体, 少し呆れた, 少し声, 少し調子, 少し離れた, 居ずまいを, 己れ, 平凡なる, 年十九に, 幾度か, 座を, 弟子の, 当時まだ, 彼なら, 彼に対して, 彼自身に, 待遇よりも, 御者台に, 心から欣, 心も, 必ず墨子, 念を, 思い出したよう, 思わずニコリ, 恐らく貧相, 恠力乱神を, 憐れむよう, 懿子の, 或は自分, 或る, 支那人とは, 文を以て, 斉の, 斎戒する, 明かに, 星空を, 昼間他の, 智慧の, 暗然と, 曰く参よ, 更に語りつ, 最も平凡, 有って, 朱子によって, 案外功名心, 楚には, 楽長を, 次第に遠, 欣んで, 歎息する, 歩きながら, 歩き出した, 死して, 殆ど非難された, 殷の, 氣の, 水の, 永いこと何, 永いこと默, 決してそのままには, 決して功, 決して単なる, 決して子路, 決して我見, 決めその, 泰山の, 流浪の, 渡場に, 満面に, 独り気力少し, 独語の, 率直に, 生活の, 畳みかけて, 病気の, 皮肉なし, 直接霊公に, 眉一つ動かさず, 空を, 笑いながら, 第三, 答えた, 答えて, 答えない, 答を, 管仲功業の, 絶えざる刻苦, 絶えず努力, 絶えず彼, 聖人と, 聴き終って, 自ら, 自分で, 自分に対して, 舜の, 色々難しい, 若い時, 葉公の, 西紀前, 言下に, 言葉を, 話を, 語り終っ, 語を, 財政を, 賢を, 踵を, 車の, 軽くうなずき, 軽く子路, 進むにも, 郷人とともに, 釈迦や, 門人を, 間もなく座, 闇を, 陽貨も, 顏囘が, 顔回に, 顔淵に対しては, 顔淵を, 顔色一つ動さない, 首を, 魯に, 默って

▼ 孔子~ (233, 10.4%)

5 春秋を, 魯の 3 何を

2 [13件] 云った, 人物を, 仁を, 周公を, 天命を, 死の, 答えた, 答えて, 管仲の, 管仲を, 聞く, 自分の, 説いた如き政治

1 [194件] あまりによく門人たち, いつまでも, いつも口, いつも自分たち, かねがね自分, ここを, このよう, この三句, この主宰神, この言葉, この話, この顏囘, これに, すこぶる恭しい, すでに自分, そういう家, そういっ, その一生, その弟子, その温良恭倹譲, その生涯, それに, それにも, それを, そんなこと, ただ曾皙, たった一人, たまたま蒲, とう, とうとうやって来た, どういう事情, どう思っ, どう答える, どんな顔, なぜ自ら政治, また妙, まだ官途, まだ浪々, みだりに皮肉, やって来たという, わかって, 一人で, 七十歳に, 不届きだ, 世道人心の, 中都の, 人類の, 仕官を, 他の, 代表し, 仲弓を, 会稽山の, 伝え聞き, 伯夷叔斉の, 作つたから, 先王の, 先輩といった, 全く無策, 公に, 公宮から, 公的生活において, 其事を, 再び踵, 匹夫で, 匹夫の, 十余年ぶりで, 南子風情の, 危機を, 即座に, 却つて, 口に, 古いもの, 古聖賢, 司空の, 呟くの, 善いかな, 嘆じた, 嘗て, 四度目に, 堯を, 堯舜の, 場合によっては, 夏の, 夏殷よりも, 大泥棒, 天を, 天下周游中に, 妖婦に, 子供の, 子貢, 子貢自身, 子賎, 子路とともに, 子路に, 子路を, 実際周, 容易に, 容貌で, 容貌の, 尊重し, 小人閑居し, 少時賤しかった, 己れ, 常ある, 幵官氏を, 幼時いかに, 幾人も, 弁舌に, 彼を, 心の, 志を, 忠信のみといった, 愀然として, 愚なる, 慟哭した, 或る, 所謂身を, 打ちあけて, 支那人の, 支那山東の, 政治家として, 政界に, 教えて, 教化しよう, 新しいもの, 新しく法, 早くその, 易を, 春秋で, 春秋の, 晩年に, 書かれたもの, 最初に, 未知の, 東周を, 楚に, 楚の, 此の, 死や, 死んだの, 殷道を, 比較的晩年, 永遠の, 決して革新家, 沒く, 没したの, 油断した, 流浪の, 淮河流域の, 犠牲を, 甞て, 生きた日々, 病床について, 癰疽や, 直接に, 礼の, 筆削した, 管仲に, 継室を, 老, 老子に, 自分を, 自分及び, 舜の, 苦笑と共に, 蔡に, 見たて, 觚を, 言う, 言った通り吉祥, 言って, 詩の, 誰の, 諸国流浪を, 近づくと, 逃げ出したとでも, 運命の, 野に, 門人たちと共に, 門人たちを, 門人に, 門人や, 陳, 陽貨の, 革新家であった, 革新家である, 音楽の, 顏囘の, 顔淵の, 顔渕を, 魂の, 魯から, 鸚鵡が, 默りこんで

▼ 孔子~ (133, 6.0%)

5 見た 4 素王と 3 して, 評して, 迎えたという 2 尊崇する, 尊敬する, 拜し

1 [109件] いつまでも, うらんで, こんなふう, はじめ五六名の, はじめ沢山の, へこまして, へこませるよう, ほほ笑まして, ほめる権利, まじまじと, まもりて, 一つの, 一目見, 上に, 云々し, 人類発生以来の, 伝えるに, 作者として, 侮辱した, 偉大化しよう, 先生扱ひ, 其宗教の, 冷かしそう, 刺る, 取り巻いて, 取巻いて, 召さんと, 司空に, 喜ばす最善, 国賓として, 始めその, 子路に, 学ぶ者, 尊ぶやう, 崇拜いた, 引きおろすよう, 引見しない, 引見する, 待ち受けて, 従って儒教, 心から尊敬, 怒鳴る件, 思う情, 怨む心, 恫喝し, 悪ん, 想像した, 擧げ第, 政治の, 本家として, 標準と, 正式に, 死の, 流浪の, 無視しょう, 現世へ, 現実の, 理解し, 理解し得ない, 生んだシナ, 生んだ先秦, 生知安行, 産まれたとな, 用うる, 用ゐん, 疑ったり, 知らなければ, 知りたい一念, 知るには, 祀つて其神位, 祀る所, 祭りたる廟, 祭り武廟, 祭神として, 筆の, 罵り救世, 考えるについて, 聖人として, 聖人化しよう, 聖人化する, 聘せしめた, 自分の, 菩薩扱に, 見つめて, 見て, 見出して, 見守った, 見送って, 訪ねたお前たち, 訪ねて, 評せざりし, 詰りたいよう, 詰問する, 誣ひ, 読んでると, 讃めそやす, 賊するもの, 贔屓し, 迎えは, 迎えるため, 迎えるなどとは, 述者と, 送り届けたあと, 逸する事, 道徳の, 重用しなかった, 野に, 随えて, 非難し

▼ 孔子~ (120, 5.4%)

3 問うと

2 [14件] いった, かぶれて, そう云われ, 一揖した, 仕えたよう, 会って, 似たるをもって, 問いて, 問う, 對する, 真正面から, 訊ねた, 諷刺の, 面会を

1 [89件] いった言葉, しみじみ接しうる, しろ王陽明, そう云われる, そんな風, たずねた, たずねたの, とつて, はか, やりこめられて, ゆるされて, 仁を, 会うの, 会えば, 会わせたくなかった, 会見を, 似て, 何を, 侍し孔子, 侍するもの, 倣って, 充て光淨菩薩, 先だつて, 凝って, 凭り掛かっ, 叱られた人, 叱られて, 叱られるの, 叱られる者, 向けたまま, 問いけるは, 問ひし, 喰って, 在るもの, 報告した, 奇妙な, 子貢, 実践上の, 封地を, 尋ねたこと, 少しぐらい, 師事する, 後る, 心服する, 思わせたかったの, 思われたの, 思われるの, 慾が, 手を, 握りしめられた自分, 教えられて, 敬を, 早く辞め, 最も嘱目, 最も近, 楯突くこと, 横合から, 死の, 比して, 由る時, 破門され, 示した, 礼を, 種々の, 突っ掛かり, 立てられた, 老子に, 老子釈迦は, 聞えよがしに, 聴かなくても, 至るに, 触れたこと, 言わしめて, 言わしめる, 言われた時, 言葉を, 語って, 讃められる, 軍事上の, 近づいた, 近づきながら, 近づくと, 遠いの, 限つた, 限つた特色である, 集中し, 面と, 面会させ, 餞けした

▼ 孔子~ (61, 2.7%)

2 さすがに, 五十に

1 [57件] いって, えらい, かくや, しましま, ずっと古く祭る, そう意地, その弟子, その時, それっきり默って, それと, はじめて大, また, またそう, また一つ, また仕うる, また革新家, まだ若かっ, もちろん死んだ, やむをえず挨拶, よく呑みこん, われ老, キリストも, 一寸当惑した, 一寸驚いた, 世を, 今では, 仕方なし, 倒れるという, 初めは, 名案なき, 周の, 墨子も, 子は, 子貢, 孟子も, 幅を, 幽遠な, 怪力亂神を, 手が, 昔え, 時に逢わずで, 東洋人だ, 歌を, 此の, 私かに, 空海も, 老子も, 考えない, 自分も, 誘惑された如く, 説いて, 讃めて, 道は, 遣つて, 釋迦も, 集めて, 頗る顏囘

▼ 孔子~ (49, 2.2%)

2 の讃, も女子

1 [45件] が仰せ, が右, が歌, が立つ, この人, だ, だけ, だの何様, でなければ, とは大変, とカンタイ, にさ, にそんな, のお, のよう, の伝, の傍, の写真, の口調, の学説, の廟, の時代, の本, の流儀, の画像, の真似, の絵, の被, の隣り, は, は世, は云った, は偉い, は君子, は所謂道学者達, は此, は陽虎, もおっしゃった, も吾が, も感心, をよむ, を今更, を尊敬, を憎ん, を殺し

▼ 孔子~ (42, 1.9%)

2 いえども, 同じく古, 異なるに

1 [36件] いうものの, その弟子, ソクラテスとを, 一緒に, 併べ, 併稱された, 儒教は, 前後し, 同じく堯舜禹湯文武, 同じく詩, 同列の, 同時の, 同時代, 同時老子よりは, 問答した, 子貢との, 子路, 子路とが, 子路との, 孔明に, 宋代に, 宰予とが, 年が, 弟子との, 弟子達とは, 昨夜の, 時間まで, 曾子との, 申すお方, 盜跖の, 相異なる, 老子と, 老子の, 葉公, 話して, 韓非との

▼ 孔子~ (18, 0.8%)

3 孟子の 2 その弟子たち, 老子の, 釈迦や 1 ソクラテスは, ソクラテス型の, ソフオクレスや, 孔明は, 孔明を, 孟子などは, 孟子自身はとに, 耶蘇が, 耶蘇の

▼ 孔子自身~ (17, 0.8%)

1 [17件] がしきりに, が堯舜, にとってはそれ, の修徳, の出処進退, の口, の姿, の性格, の持論, の理想, の生活, の語, の述懐, の関する, は有, は此等, もむろん

▼ 孔子より~ (14, 0.6%)

1 [14件] 一歳乃至, 三十歳乃至, 二十歳乃至, 五十歳乃至, 先に, 十歳乃至, 四十歳乃至, 新しいという, 百五十年ほど, 百年も, 百年近くも, 盛んなる, 若きこと三十歳, 非常に

▼ 孔子~ (13, 0.6%)

1 [13件] が孔子, が実は, が死, が録せられた, とも言える, に比べ, に至る, の著しい, の重大, を他, を書いた, を目ざし, を開い

▼ 孔子学派~ (10, 0.4%)

1 においては有力, における一致, における道, の人倫, の思想, の智慧, の運動, の道, はこれら, は家族道徳

▼ 孔子との~ (9, 0.4%)

2 会見を 1 会見の, 問答でも, 問答として, 応待が, 間に, 間を, 關係に

▼ 孔子~ (9, 0.4%)

2 へ向っ 1 あり鹿島祠, があった, が勲章, で待っ, の壁, の情況, の縮圖

▼ 孔子という~ (8, 0.4%)

1 すばらしい背景, 人は, 人間が, 人間の, 人間は, 人間一人の, 哲学者が, 概念を

▼ 孔子以前~ (8, 0.4%)

2 の思想 1 から其儘, にすでに, の思想信仰, の時代, の道, より全く

▼ 孔子さま~ (7, 0.3%)

1 がある, でもいっ, のよう, の社, は何, も歎息, を脅かし

▼ 孔子~ (7, 0.3%)

7 えて曰く

▼ 孔子~ (6, 0.3%)

1 あつて, おいしいお菓子, この弟子, さへも, すら手こずる, ギリシア文化を

▼ 孔子とは~ (6, 0.3%)

1 其の執る, 同一では, 名は, 天職が, 色彩をも, 関係なく

▼ 孔子学徒~ (6, 0.3%)

1 においても道, に学問, に対して学徒, の学究生活, の根本的標語, へ示された

▼ 孔子から~ (5, 0.2%)

1 その強靱, 愛撫包容せられる, 理解ある, 罵倒せられる, 聞いたこと

▼ 孔子だけは~ (5, 0.2%)

1 まさかとは, 他の, 何等非難, 良く知っ, 非難せぬ

▼ 孔子でも~ (5, 0.2%)

2 孟子でも 1 この問題, どしどし産み並べ, 仔馬でも

▼ 孔子よりも~ (5, 0.2%)

1 キリストよりも, 一世紀後の, 三四十歳の, 偉いの, 後の

▼ 孔子について~ (4, 0.2%)

1 書くだけの, 歩くの, 詳しく知ろう, 語り孔子

▼ 孔子以後~ (4, 0.2%)

2 唯有 1 に儒家, の道

▼ 孔子及び~ (4, 0.2%)

1 それに, 其の門下, 祖先を, 諸弟子

▼ 孔子~ (4, 0.2%)

1 とか尊徳宗と, の更張, を國教, 乃至儒教

▼ 孔子曰く~ (4, 0.2%)

1 この時, はひどい, 吾が党, 非ず

▼ 孔子その~ (3, 0.1%)

1 人を, 孔子を, 高弟顏子を

▼ 孔子~ (3, 0.1%)

1 という, と言つて, よと威張っ

▼ 孔子だの~ (3, 0.1%)

2 仏陀だの 1 釈迦だの

▼ 孔子には~ (3, 0.1%)

1 七十二弟子とて, 似合はず諸, 反對

▼ 孔子にも~ (3, 0.1%)

1 なるほど, 負けないという, 釈迦にも

▼ 孔子に対する~ (3, 0.1%)

1 怨恨にすら, 理解の, 見解は

▼ 孔子に従って~ (3, 0.1%)

2 歩いた 1 この地

▼ 孔子に関する~ (3, 0.1%)

1 書物だけ, 記述さえも, 記録については

▼ 孔子一人~ (3, 0.1%)

2 のため 1 だけの時

▼ 孔子~ (3, 0.1%)

1 易非, 道, 道孝弟而已矣と

▼ 孔子~ (3, 0.1%)

2 を許す 1 を許

▼ 孔子以上~ (3, 0.1%)

1 だぜ, とさ, に尊崇

▼ 孔子~ (3, 0.1%)

1 か何れ, としても傳, や孟子曰

▼ 孔子~ (3, 0.1%)

1 なども裘, の御, の申し子

▼ 孔子老子~ (3, 0.1%)

1 が人生, の二聖, の學派

▼ 孔子および~ (2, 0.1%)

2 その弟子

▼ 孔子たらん~ (2, 0.1%)

2

▼ 孔子だって~ (2, 0.1%)

1 本音を, 申

▼ 孔子とか~ (2, 0.1%)

1 ソクラテスとか, 諸葛孔明

▼ 孔子としては~ (2, 0.1%)

1 子路の, 近づこうにも

▼ 孔子など~ (2, 0.1%)

1 所謂聖人なる, 未来生の

▼ 孔子などは~ (2, 0.1%)

1 この遊離, 隨分さういふ

▼ 孔子についての~ (2, 0.1%)

1 伝記的な, 記録に

▼ 孔子にとって~ (2, 0.1%)

1 いかに重要, こんな幼稚

▼ 孔子にとっては~ (2, 0.1%)

1 一門人に, 本質的な

▼ 孔子のみは~ (2, 0.1%)

1 この例, 終始人界

▼ 孔子ほど~ (2, 0.1%)

1 人物評の, 常識的

▼ 孔子ほどの~ (2, 0.1%)

1 人は, 聖人さえ

▼ 孔子を以て~ (2, 0.1%)

1 堯舜より, 神と

▼ 孔子孟子~ (2, 0.1%)

1 のよう, の徒

▼ 孔子帰国~ (2, 0.1%)

2 の物語

▼ 孔子曰く君子~ (2, 0.1%)

1 に三戒, 固より

▼ 孔子曰く賜~ (2, 0.1%)

1 や栄, よ爾

▼ 孔子様みたい~ (2, 0.1%)

1 でなんだか, に品行方正

▼ 孔子理解~ (2, 0.1%)

1 を通じて宋, を通じて漢

▼ 孔子~ (2, 0.1%)

1 の一行, を途

▼ 孔子聖人~ (2, 0.1%)

2 の末

▼ 孔子自ら~ (2, 0.1%)

1 いう, も敢

▼ 孔子~ (2, 0.1%)

1 に於, の乱

▼ 孔子語録~ (2, 0.1%)

1 が幾種, であったらしく考えられる

▼ 孔子釈迦~ (2, 0.1%)

1 から芸妓, を見れ

▼ 孔子釈迦基督~ (2, 0.1%)

1 が世界, などの考え出した

▼1* [127件]

孔子あたりが昔, 孔子いわく志士仁人は身, 孔子いわずや四海, 孔子かも知れない, 孔子からは遠いの, 孔子さえも七十に, 孔子さんだろうと, 孔子すら衆を, 孔子だけが段違いの, 孔子だけにはなついたという, 孔子であれば孔子, 孔子でさえも民衆の, 孔子でなければできない, 孔子といふは皆依託の, 孔子とても釈迦とてもそう, 孔子とを会見せしめたい, 孔子のである, 孔子などがあるが, 孔子などと同一の, 孔子なんて野郎は, 孔子において徳を, 孔子における道は, 孔子にても遠慮に, 孔子にとってさえ文献の, 孔子にとってもなかなかの, 孔子にぶッつかっ, 孔子によって器と, 孔子に対して抱いて, 孔子に関しても同様の, 孔子のみだと, 孔子のみが唯一の, 孔子ばかりで吾, 孔子使が, 孔子また言わずや, 孔子をも侮辱した, 孔子サマヤソサマの大, 孔子ソクラテスイエスの四人, 孔子ドストエフスキイダアウィンクレオパトラ釈迦デモステネスダンテ千の利休等, 孔子ドストエフスキイダアウインクレオパトラ釈迦デモステネスダンテ千の利休等, 孔子ハ之を仁, 孔子一世辨記二册と自然眞營道三册, 孔子一生の活動, 孔子三朝記に孔子, 孔子世家も仲尼弟子列伝, 孔子に其の, 孔子二十世の孫, 孔子から七百年前, 孔子といえ, 孔子以下じゃ, 孔子以來の諸子, 孔子以外の誰, 孔子以後儒家の人々, 孔子以後儒家發展の經過, 孔子以後戦国時代の産物, 孔子以後漢初までは隨分, 孔子以後漢書藝文志までを幾らか, 孔子以後現代までの聖人賢人悪人ども, 孔子伝中最古のもの, 孔子其人に與, 孔子で印度, 孔子十一世の孫, 孔子十七歳の話, 孔子去きて弟子, 孔子は丘, 孔子基督にでも色んな, 孔子基督その他あらゆる人々, 孔子墨子の其時, 孔子壁中から二十一篇, 孔子夏叔孫通梁文の, 孔子子路を中庭, 孔子孟子お釈迦さんもおいで, 孔子孟子この世に平和, 孔子学園と何ら, 孔子でも釈迦家, 孔子家康もしくはナポレオン, 孔子家語による, 孔子に遊び子路, 孔子崇拜祖先崇拜は一つ, 孔子序五篇於書之終, 孔子序周書四十篇東周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 孔子廟水時計等三四カ所を歴, 孔子弥子瑕に道, 孔子れて, 孔子を主, 孔子招聘の話, 孔子旧宅の壁中, 孔子春秋を成し, 孔子時代にも知られ, 孔子時代以前に存せし, 孔子にし, 孔子晩年の季康子, 孔子曰くわれ今ここにおいて竜, 孔子曰く命ありと, 孔子曰く天に二日, 孔子曰く後世丘を知らん, 孔子曰く我を知る, 孔子曰く自らなして, 孔子曰く苟に子, 孔子曰く隱を索め怪, 孔子歿後ただ一人と称, 孔子没する前年に, 孔子の策動, 孔子り昌益, 孔子王道を行なわん, 孔子癰疽と侍人瘠環, 孔子直接の門人たち, 孔子研究所とか論語研究会, 孔子祖述者は皆, 孔子をやりました, 孔子祭典会のあった, 孔子修養に, 孔子答えていわく, 孔子管仲の仁, 孔子の孟子荀子等, 孔子素王説の起る, 孔子耶蘇の訓戒, 孔子莊子季札蘚武等また上陽人, 孔子て曰く水, 孔子講誦弦歌して, 孔子讃美の辞, 孔子貴公なにしちょ, 孔子遠號, 孔子釈子同じ事, 孔子釈迦ソクラテスカントの四聖, 孔子門人作以釋六藝之文言, 孔子に当たって陳侯周, 孔子魯衛に悦ばれず