青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

密~ ~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~
寛~
~寝 寝~ ~寝た 寝た~ ~寝る 寝る~ ~寝台 寝台~ ~寝室 寝室~

「寛~」 1261, 14ppm, 8141位

▼ 寛十郎~ (93, 7.4%)

4 のこと 3 であると, という御家人 2 が死んだ, ではなかっ, と母

1 [77件] がほん, が出, が少し, だった, だったの, てえの, てえ人, てえ仁, であったか, であったこと, でないこと, ではない, ではなく, でもさっき, とあの, という人, という人物, という仁, といっしょ, とじ, とのあいだ, とのいきさつ, との仔細, とは同じ, とは知らず, とふたり, とほんもの, とまた, と一空さま, と名乗っ, と呼ばれる, と認められ, なる人物, になりすまし, にはじめて, には性来, にも娘, に会っ, に対する一空さま, に相違, のおも, のくせ, のその後, のなれ, のよう, の人相, の娘, の掛け小屋, の行方, の転身, の遺した, の面影, の顔, はあの, はいったい, はうつくし, はお, はどういう, はまだ, はもう, はもとより, はわたし, は一空さま, は世にも, は何, は全く, は完全, は相良寛十郎, は親分さん, は金, もその, も娘, も金, をたずねた, を家, を探し出し, を発見

▼ 寛~ (83, 6.6%)

4 ところへ

1 [79件] かつぎ出したもの, この人生, これらの, したやう, すがた, それと, と, ところに, ところの, ひろしを, もち場として, やうな, ように, ゲラが, テエマの, テーマ小説が, テーマ小説の, 一家に, 三人である, 三君に, 中學生みたいな, 主宰で, 主題が, 云つたのが, 五人のは, 代表作としては, 仮初に, 作品が, 作品には, 作品の, 作品を, 例も, 処女作では, 半自叙伝, 友人の, 名高い叔父, 喧嘩から, 場合の, 声なりけり, 外は, 如き天縦, 娘は, 家, 家族の, 封建的な, 小説, 小説は, 弟子實成房と, 役を, 後を, 御新姐, 感想を, 戯曲が, 戯曲の, 手紙で, 散文は, 文学が, 文学と, 文学は, 次男蕃徳を, 歴史的素材を, 海容の, 為に, 現実主義は, 短篇小説が, 紹介で, 縮図が, 肝入りで, 腰かけてる上, 著述である, 葬式で, 見方に, 見解に, 言ったよう, 説に, 郷里の, 重き病煩ふよし聞き, 陣を, 骨格を

▼ 寛~ (76, 6.0%)

62 が言った, は

1 [66件] から頼まれ, が, がかつて, がべつ, がぼく, がチベット, が其, が失明傷痍軍人, が文藝春秋社連, が新劇協会, が東日, が歴史小説, が銀座, だつたかと, だと, であっただろう, である, とあたし, といふ有難い, と三木武吉氏, と久振り, と共有, と比較的, と直木三十五氏, と私, と連立っ, などはある, なんかよく, に, にも同じ, に全然, に初めて, に芝居, に話し, のうち, のもの, のやう, のよう, のオチ, のダス・ゲマイネ, の主宰, の勘, の啓吉物語, の家庭, の小説, の東京, の歌, の激励, の真似大笑い, の短歌朗吟, の筆, の腰, の説, の賞, はこの, はテーマ, は持參, は日本, は某所, へもわが, ほど一目瞭然, もそん, や里見, をはじめ手近, ノ考, 書いて

▼ 寛~ (59, 4.7%)

2

1 [57件] えの, であ, であつ, でござっ, で古雅, と極, なひと, なもの, なようす, なる貫祿, なズボン, な和服, な外套, な家庭, な度量, な微笑, な心, な性質, な感じ, な態度, な懷ろ手, な新月, な日々, な日本服, な旦那振り, な様子, な樣子合, な歩きぶり, な気持ち, な無頓着, な狂言, な生活, な男, な着流し, な肘掛椅子, な胸, な自分, な衣, な賑やかさ, な足どり, な雰囲気, な面もち, な風俗, になった, に声, に引, に遊び, に顔, の侠気, の気質, の気質ゆえ, の要望, の障壁, また更に, を好み, を思う, を羨んだ

▼ 寛~ (57, 4.5%)

2 札幌に

1 [55件] この資格, そう主張, その作品, その作家, それぞれ東京大学文科に, 一言云っ, 七十六歳に, 七福の, 亡妻の, 今日女で, 伏古の, 信じも, 偉いところ, 全く数学教授, 六日帰塲す, 前記, 午前三時でも, 又一, 又一を, 大正九年朝日新聞に, 安政四年四月廿三日に, 専らその, 小説, 屡改称, 帰塲す, 帰塲せり, 幸に, 文学的出発において, 明治四十三年夏の, 昨秋より, 昭和に, 東京より, 植松弓夫と, 歴史的題材を, 殊にへこたれ, 海水浴として, 無駄なく, 王藏に, 異彩を, 発足す, 直木は, 着塲せり, 種痘の, 粟田関白五代の, 自身が, 芥川の, 芥川龍之介と, 芸術家か, 英国文学の, 蓬蕨を, 蕨を, 足寄帯広方面に, 通俗小説の, 餘作が, 餘作を

▼ 寛先生~ (43, 3.4%)

2 の亡くなられた

1 [41件] が内, が渡欧, であ, であり歌, などは愛用, に初めて, に有名, に連れられ, のお, のところ, のはじめ, の三囘忌, の主宰, の作, の側, の口, の忌日, の数篇, の方, の発明, の百日祭, の短歌革新運動以来追放, の筆蹟, の考案, の葬儀当時, の見方, の還暦祝賀会, の還暦祝賀會, の霧島, はこの, はその, はとんでも, は作者, は全く, は如何, は痛心, は若い, ひょっくりお, もよく, も死, より手紙

▼ 寛~ (42, 3.3%)

1 [42件] かだつた, かであっ, かでふっくら, かで時々, かなる, かなイギリス風, かな三条の, かな厭世観で, かな取扱いを, かな彼女, かな後世, かな微笑を, かな心に, かな心を, かな心持が, かな愛を, かな日は, かな服を, かな朗らか, かな気分で, かな牢に, かな着物の, かな美しい, かな落着いた, かな袖は, かな見方を, かな道服を, かな面差しで, かな高峯で, かに, かにあそばす, かになっ, かに意識を, かに扱い過ぎ, かに起き臥しすべし, かに頭から, かに黒の, 中村武羅夫の, 久米正雄の, 倉田百三や, 私などの, 長谷川伸文学を

▼ 寛~ (33, 2.6%)

1 [33件] あやまって, いひ出したの, いまより, こしかけて, されたもの, その器量, たのまれも, なかばに, やつて, 丁度大阪, 代る, 倒れ大庭六郎, 八十歳で, 劇作の, 又ふいちまっ, 大阪の, 客が, 寺島雄作といふ, 帰塲する, 幕前で, 広く読まれた, 弱気にな, 急に, 戦争の, 書いて, 月給値上げを, 来ない昨夜, 来りビール, 死んだ當日, 芝居から, 言ひ出し, 運転手に, 陥ったと

▼ 寛~ (30, 2.4%)

2 いだ, いだ様

1 [26件] いだか知れません, いだ心持, いだ情景, いだ方面, いだ様子, いだ気分, いだ気持, いだ父, いだ話, いだ話しぶり, いだ雑談, いでいましたから, いでいる四人, いでのびのび, いでみようと, いでゆ, いでゆっくり, いでゐる四人, いで居る心持, いで笑つた, いで膳, いで言, いで誰, がう, がせる, ごうじゃありませんか

▼ 寛~ (30, 2.4%)

2 にくるまっ, の裾, をつけた, を着

1 [22件] が彼女, であり彼等, と対照, にかえ, にゴム靴, に赤帯, のかげ, の一種, の下, の中, の夫人, の間, をひっかけ, をまとい, をまとつ, を求道者, を清らか, を着け, を着た, を織る, を脱ぎ終っ, を著

▼ 寛~ (29, 2.3%)

7 して

1 [22件] すると, せよ加藤武雄, そのよう, よれば, 代らせたので, 到ると, 取成したる風情, 失した代り, 扶けられ, 救済された, 流るるの, 狎れる, 百人を, 罪が, 薄夫, 託し嘉納さん, 話して, 逢ひ, 過ぎて, 過ぎ事, 開いて, 髯を

▼ 寛~ (26, 2.1%)

2 を示した

1 [24件] がある, でない, で周圍, で後, と好意, と情味, などもある, によって無事, に出, に対し謙信, に返っ, はあり, はもっ, は到底, は武士, もあっ, もない, もなけれ, も仁侠, も大きな, をもってもし, を仰いだ, を持っ, を落ち目

▼ 寛~ (25, 2.0%)

3 二年の 2 二年三月の, 年間に

1 [18件] の二文書, の奈良坂非人, の際, の頃, よりも三十余年前, 二年, 二年に, 二年を, 二年三月付の, 二年及び, 二年四月の, 二年奈良坂, 二年頼嗣の, 五年六月三浦氏滅亡の, 四年に, 四年往生の, 年間における, 年間の

▼ 寛さん~ (19, 1.5%)

1 [19件] から餅, が, があれ, がやつ, だか, とのわたくし, と共にわたくし, にほめられる, のやう, の代表, の好意, の所蔵, はどこ, はショウ, は元, へも馬酔木さん, も来訪, を訪ね, を訪ねる

▼ 寛~ (18, 1.4%)

2 の六年, の六年秋, はじめの, 四年十一月二十三日条に 1 の大, の頃, 二年だけの, 二年には, 五年, 六年には, 六年の, 六年三月の, 四年十一月二十三日条, 年間から

▼ 寛かに~ (15, 1.2%)

4 して

1 [11件] この世を, する位, なつて來, なりつつ, なり其の, なれるとき, 坐わり婢, 揺られる, 着こなしいささか, 落ち着いて, 音調の

▼ 寛~ (15, 1.2%)

1 [15件] からどちら, からの手紙, と会見, と自分, に依頼, に先日来方々, に脚色, の, のエノクアーデン, のホントウ, の厚意, は比較的, へ, へ駈けつけ, を訪ね

▼ 寛~ (13, 1.0%)

1 [13件] しっかりと, そして強く, て座敷, なツ, ゆたかに, 交際も, 空の, 紺絣二三度水へ, 親切でも, 足元に, 軽きが, 銃口を, 顔にも

▼ 寛~ (13, 1.0%)

1 [13件] 一しょに, 二人小浜へ, 云う男, 云つて俳諧を, 云ふ, 大臣の, 小笠原章二郎三人で, 御逗留, 申す男, 訣をを, 遊ばしまし, 雖も, 顏を

▼ 寛~ (13, 1.0%)

2 を蒙り

1 [11件] すら容, というべし, にめぐまれる, に処, に流れた, に浴, に馴れ, の御沙汰, の沙汰, を与えられた, を仰ぎたく

▼ 寛~ (12, 1.0%)

2 の言葉 1 が割り込ん, が医師, にそっと, の方, はこの, はそれ, は医師, は娘, は更に, は血

▼ 寛~ (12, 1.0%)

1 [12件] で獵, で豪毅, で錢形平次, で音楽好き, なの, な微笑, な笑い, な青年武士, な風, な風格, に学ぶ, の気持ち

▼ 寛~ (11, 0.9%)

4 を穿いた 1 だが, といつた, についてゐた, に糀, の二倍, をはい, を穿き

▼ 寛~ (10, 0.8%)

2 にも見 1 して, であった以上, と云う, と気品, なきの, なる御言, は銀行, を得

▼ 寛~ (8, 0.6%)

1 あげると, はじめ二三人の, はじめ尠く, 先頭としての, 好きに, 後軍に, 賞める, 連れて

▼ 寛~ (8, 0.6%)

2 至極 1 が女, な与八, はできないらしい, ぶりで, ぶりであります, 至極にも

▼ 寛なる~ (7, 0.6%)

1 が故に, なかに, にあらざれ, ものである, を怪, を着け, 信用と

▼ 寛~ (7, 0.6%)

2 とし 1 その牙, とお, とお出で, とした, 召上つ

▼ 寛ろぎ~ (7, 0.6%)

2 を与える 1 が出来る, を感じ, を見せ, を覚えるであらう, を覚えるであろう

▼ 寛城子~ (7, 0.6%)

2 かな 1 のロシア寺院, は寂れ, は長春, へ行き, をば哀れ

▼ 寛~ (7, 0.6%)

2 を訪ねる 1 であた, で稀也送別句会, ながら問うた, へ推参, を訪ね

▼ 寛濶さ~ (7, 0.6%)

1 がある, だった, で平次, で馬, に返っ, は微塵, も今

▼ 寛~ (7, 0.6%)

1 いきなり黄金, といふ坊さん, と御, に二目, の前, はまた, は死

▼ 寛かな~ (6, 0.5%)

1 キモノを, 一種の, 寝間著を, 年貢を, 感じの, 静かな

▼ 寛~ (6, 0.5%)

2 文壇の 1 ゐて, 人なれ, 作家としての, 餞別しました

▼ 寛~ (6, 0.5%)

2 して 1 あり天人共, を乞う, を存せ, を願いたい

▼ 寛から~ (5, 0.4%)

1 もらったが, んこと, 二百餘年の, 片岡武田麟太郎瀧井孝作も, 阪中正夫或は

▼ 寛~ (5, 0.4%)

1 き, き見つつもの, くここ, くたまかづら, くて

▼ 寛けさ~ (5, 0.4%)

1 から脱出, があつ, と憑, は欠け, を或

▼ 寛~ (5, 0.4%)

1 あつた, さまざまな, 教師に, 現に下谷仲徒士町, 銀座の

▼ 寛ろげ~ (5, 0.4%)

1 て取繕わぬ, られた, られた気持ち, る, るでも

▼ 寛五郎~ (5, 0.4%)

1 と従者, は今, は津軽順, を養子, 承昭

▼ 寛~ (5, 0.4%)

1 さるべき不徳, すること能はず, するに, するよりも, せず海

▼ 寛~ (5, 0.4%)

1 されます, されること, されると, するの, の縁

▼ 寛~ (5, 0.4%)

1 であったが, なるを, なる皇師, な親切心, な鷹揚

▼ 寛律師~ (5, 0.4%)

1 が配所, などもその, の処, はどうも, は奧州

▼ 寛い服~ (4, 0.3%)

4 を着

▼ 寛~ (4, 0.3%)

1 に着, 心を以て, 衣を, 袖を

▼ 寛~ (4, 0.3%)

1 た辺, て, ても心, ばすなわち

▼ 寛保二年~ (4, 0.3%)

1 にはだんだん, に十五歳, に正明, のこと

▼ 寛保元年~ (4, 0.3%)

2 に八十三歳 1 に上土出村, に再興

▼ 寛~ (4, 0.3%)

1 の世相, の常, の此記事, の記事

▼ 寛~ (4, 0.3%)

1 にくつろぎ, のよう, をはおっ, をもっとい

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 お許し, すべから, すべきを

▼ 寛うし~ (3, 0.2%)

1 て之, て同じ, て近代

▼ 寛うせん~ (3, 0.2%)

1 が為, とするなり, と心

▼ 寛くり~ (3, 0.2%)

1 した気分, と充分, 考えて

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 は底部, を覚えた, 今憶

▼ 寛三郎~ (3, 0.2%)

3 正寧

▼ 寛仮し~ (3, 0.2%)

1 ては学校, て妻妾, 規定し

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 に及ぶ, の末, の末年浮世絵

▼ 寛喜年間~ (3, 0.2%)

1 のやう, の大, の常

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 の差, の差等, の相違

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 を取っ, を着けさせ, を重ね

▼ 寛殿~ (3, 0.2%)

1 という, は, 計らひにて

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 なり諸, な燕尾服, の徳

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 いろ, が大衆小説, のごとき

▼ 寛~ (3, 0.2%)

1 の二人, の利害, の表情

▼ 寛行者~ (3, 0.2%)

1 が王滝口, なぞが登った, を共に

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 なんだろう, りき

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 ている, てくれ

▼ 寛その他~ (2, 0.2%)

1 の人々, の文学者

▼ 寛であり~ (2, 0.2%)

1 三上於莵吉であり, 悲痛に

▼ 寛といふ~ (2, 0.2%)

1 坊さんである, 老人が

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 方に, 足取りで

▼ 寛なども~ (2, 0.2%)

1 そのひとり, 来り休むこと

▼ 寛には~ (2, 0.2%)

1 二子二女が, 子で

▼ 寛りし~ (2, 0.2%)

1 てゐ, て行く

▼ 寛ろい~ (2, 0.2%)

1 だ気, でゐた

▼ 寛久米正雄~ (2, 0.2%)

1 そして久保田万太郎, というよう

▼ 寛保三四年~ (2, 0.2%)

1 に始まりし, に至り始め

▼ 寛保三年~ (2, 0.2%)

1 と寛政十一年, 同四年

▼ 寛六郎氏~ (2, 0.2%)

2 は今や

▼ 寛十郎さま~ (2, 0.2%)

1 ならお, もお

▼ 寛十郎さん~ (2, 0.2%)

1 がめっかったという, に相違

▼ 寛~ (2, 0.2%)

2 の前

▼ 寛博士~ (2, 0.2%)

1 の, の説

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 休み大庭今日, 例の

▼ 寛喜元年~ (2, 0.2%)

1 の前, はその

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 から餅, がそして

▼ 寛山本實彦佐藤春夫~ (2, 0.2%)

2 と考へ

▼ 寛山本有三~ (2, 0.2%)

1 という作家, は今日

▼ 寛怠なり~ (2, 0.2%)

1 他さ, 他さえ

▼ 寛怠過ぎた~ (2, 0.2%)

1 了見じゃ, 了見ぢや

▼ 寛慈先生~ (2, 0.2%)

1 がその, がやや

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 なお方, なる二十一年来

▼ 寛朝僧正~ (2, 0.2%)

1 という人, はもう

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 に托し, 同訳

▼ 寛氏並~ (2, 0.2%)

1 に山本有三氏, に畑中蓼坡氏

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 話を, 遊びに

▼ 寛~ (2, 0.2%)

2 之仁也

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 サレシ理由ノ, スルハ實ニ國家

▼ 寛達さ~ (2, 0.2%)

1 に打ち込ん, はあります

▼ 寛~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 に打, は慷慨

▼ 寛院さま~ (2, 0.2%)

1 とは和宮さま, と天璋院さま

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 が子, という人

▼ 寛~ (2, 0.2%)

1 が居る, の門人

▼1* [197件]

あたりのとこ, 寛かで彼を, 寛かな風が訪れ, 寛からは何も, 寛からも手紙大分今回は, 寛きが如し, 寛ぎがようござんすちょいと, 寛くして人, 寛くし印環を還さ, 寛くし和楽のうち, 寛くその土器, 寛くも手段の上手, 寛く深い万遍なき, 寛く着た袷と, 寛けしかもかく, 寛けた胸をず, 寛けて話し合いました, 寛さぬその厳し, 寛さん山本有三氏は現代, 寛さん来訪夜は馬酔木居往訪, 寛さん馬酔木兄さんに逢, 寛さ畝ばかりなるべし, 寛ということ, 寛すなき従来の, 寛せるつもりと, 寛その養母の, 寛その他ブルジョア作家のうま, 寛それに南島研究家の, 寛だけが南朝に, 寛だの短篇小説の, 寛であってモデル, 寛であったと見える, 寛である結果親子の, 寛でも一定不変の, 寛でやる何荘やった, 寛という一個の, 寛とか真山青果の, 寛とのとこ丸山との, 寛とはさまざまの, 寛と共に僕も, 寛など同人間, 寛などのような, 寛ならしむる, 寛なりという, 寛によってかかれた天女, 寛のみたよう, 寛らしく天上的な, 寛り伺ひますから早く, 寛り出来るさ, 寛り話さうぢや, 寛く座っ, 寛るやかに足, 寛ろぎかけたころ門外が急, 寛ろぎかたですつかり腰, 寛ろぎがあつたのでせうがたいした綺麗, 寛ろぎのときはと云えば, 寛ろぎや平安や歓び, 寛ろげたまえる気高く, 寛だ帶, 寛んでこのよう, 寛ナル其用ヲ認ムルニ, 寛プロの山中, 寛一分以上の穴, 寛一心一山なぞの行者ら, 寛三浦謹之助両氏, 寛三郎様御嫡子御願之通被為蒙仰候依之為祝儀若殿様, 寛中村武羅夫等の人々, 寛久米正雄中村武羅夫等であり中心的, 寛久米正雄山本有三岡栄一郎成瀬正一松岡譲江口渙等も学校友だち, 寛久米正雄植村宋一中山太陽堂社長などと築地, 寛久米正雄横光利一片岡鉄兵などの諸氏, 寛久米正雄氏等の間, 寛久米正雄等の作家たち, 寛二年の秋八月廿四日, 寛二段の飛香, 寛二郎森島二郎工藤平助藤田祐甫の五人, 寛五段廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 寛介藤田吉亨郎等に参集, 寛以下蒲田の女優連, 寛以後の現代劇, 寛仮され女子に対してのみ, 寛仮した当時の, 寛仮せねばならない, 寛仮せられもしくは正当, 寛休みで, 寛佐藤春夫加藤武雄僕この十五人, 寛保一辛酉左に四月十日, 寛保三年九月二十日の晩, 寛保三年某月二十六日に寂, 寛保三年正月の五日, 寛保二三年なるに, 寛保二年七月二日に歿, 寛保二年壬戌に怙, 寛保二年大水のため流失, 寛保二年錦橋八歳は享保二十年乙卯生, 寛保二年閏十月の饑饉, 寛保元年正月十一日に家, 寛保宝暦の紅絵, 寛保年中に中国, 寛保年中一時の窮, 寛保年間にございました, 寛保延享の頃, 寛保延享寛延に至る, 寛保末年より宝暦末年, 寛個人の資格, 寛元頃の彼ら, 寛兄俊兄星城子兄入雲洞兄, 寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 寛先生一人位のもの, 寛先生三宅克巳石井柏亭両画伯, 寛先生六十の賀, 寛先生歿後先生と晩年十五年間親交, 寛先生歿後書翰などの蒐集, 寛先生自身又その, 寛に行きぬ, 寛十郎おなごにかけては特別, 寛十郎どのであろう, 寛十郎殿のこと, 寛博素一天の吹貫, 寛晶子の, 寛君舞踊家の石井美代さん, 寛の蒔絵, 寛喜三年になつ, 寛喜二年の古, 寛喜二年閏正月之例, 寛喜二年閏正月廿六日の條, 寛喜貞永とつづい, 寛四郎といふ老, 寛城子風をば愛で, 寛城子駅まで長春, 寛大橋松平前田徳八郎等普賢嶽にのぼりぬ, 寛天保元年上総国に生れた, 寛夫君と鈴木, 寛を士栗, 寛宝三年の四月十一日, 寛宝正法院の実, 寛寥平緑平俊の諸兄, 寛山本有三久米正雄武者小路実篤久保田万太郎の五人, 寛もそこ, 寛常勝将軍がひどく, 寛年中に両, 寛年譜による, 寛に経済上生計上, 寛律師皆それぞれ法然の往生, 寛しらんが, 寛と構えた, 寛惇氏は総括, 寛という僧小猿, 寛懐俗情に忤らざる, 寛戸川秋骨の諸氏, 寛にフ, 寛晶子夫妻の明星派, 寛有三国士鉄兵などを経, 寛杉山平助の諸氏, 寛来るうちを, 寛来訪病気もよく, 寛正永正年間, 寛は猛, 寛氏令嬢と藤沢閑二君, 寛氏時雨亭氏に, 寛氏等を数, 寛氏雑誌明星の再刊, 寛の頃, 寛活伊達の衣裳, 寛活衣裳鮫鞘の一腰落し差し, 寛済十月八日東京にて没す, 寛は予, 寛濶ぶりをうつし, 寛濶派手者で花柳界, 寛爾さんとの御, 寛爾君は大連, 寛に従ってその, 寛粗密を, 寛猛後に養家, 寛は水兵, 寛を通り, 寛にし, 寛社長の企業的才能, 寛神山一徳の行者ら, 寛翁訪問を果し, 寛自身である, 寛芥川とかたくさん, 寛著す所の, 寛蓮巧に帝, 寛蓮見事に勝, 寛衣みたいなもの, 寛袖俗にこれ, 寛を被る, 寛を垂れよ, 寛谷崎潤一郎その他の作家たち, 寛賞受賞のこと, 寛趙衢のふたり, 寛の二人, 寛里見谷崎芥川みな新進作家のよう, 寛という人, 寛長衣小粋, 寛馬酔木寥平の諸兄