青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寒く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寄る~ 密~ ~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~
寒く~
寛~ ~寝 寝~ ~寝た 寝た~ ~寝る 寝る~ ~寝台 寝台~ ~寝室

「寒く~」 1330, 14ppm, 7762位

▼ 寒く~ (181, 13.6%)

5 仕方が, 寒くて 4 しようがない, 仕様が 3 叶は, 雪が 2 いけません, いや, いやです, よく晴れた, 困るところ, 手の, 窓を, 耐らぬ, 震えて

1 [139件] いけない, いけないから, いけないと, いけない追, いけねえ, いけねえ早く, いけませんが, いけませんし, いけませんでしょうねえ, いつもの, いまに, いやでしょ, いらっしゃいましたでしょうね, おしまいには, おちおち眠っ, おまけに, おりにくい, かなわないなどと, きゅうりの, くしやみが, この大雪, しやう, そして淋しく, それに, たまらない, たまらないから, たまらなくな, たまらぬから, つらくて, とうてい行かれない, とても行けやしません, とても高い, どうにもならない, どうもなる, なか, ならねえわい, なりませんでした, はやりきれないわね, ひもじくて, ひもじそう, ぶるぶるし, ほとんど人間, また腹, やりきれない年末, やり切れないから, やり切れないの, やり切れないや, ようは, われ知らず日の, ガタガタする, ペットは, 不自由でも, 乾燥した, 二人は, 人は, 体が, 働けぬ, 億劫で, 億劫に, 冬めい, 冷たいが, 凍えさうに, 凍えそう, 凍てついて, 凍りそう, 出られぬやう, 動けないよと, 又閉め, 叶わない近頃, 合外套で, 困難です, 堪えられない, 堪らない上, 堪らなかった, 堪らぬ, 夏暑い, 外に, 外出も, 外出不能である, 大騒ぎを, 寂しくて, 寝つかれなかつた, 寝られない, 寝られないところ, 居ながら, 崖下の, 弱いこちょう, 弱りました, 後は, 心細いわ, 戸外には, 春雨とも, 暗かった, 暗くて, 死にそう, 死ぬほどの, 毎日震え, 気味が悪い, 気持が, 気持わるく, 水道が, 永い間, 浴衣を, 淋しかつ, 火を, 然し雪, 生きて, 目が, 目を, 眠くて, 眠れなかった, 眩暈も, 眼が, 私は, 空から, 立つては, 索莫として, 耐らなかっ, 耐らんから, 腕を, 苦しいか, 苦しかった, 薄ぼんやり, 薄暗い工場, 行かれないから, 身体が, 辛いので, 酔うこと, 閉口した, 零下四十度くらいの, 震えあがって, 震えてる者, 震えましたよ, 震へが, 震へながら, 風の, 風邪を, 飲みたくも, 駄目早く

▼ 寒くなる~ (125, 9.4%)

14 ような 7 のを 2 と蒲団, につけ, やうな, 前に

1 [96件] かといふの, から, からこの, からメリヤスシャツ, から体, から雨戸, から頭, か睡く, けど此次, けれど僕, ことを, こと早し, さあこっち, し寫生行, し腹, とあ, とあたい, といいます, といっ, とお湯, とかなにか, とがたがた, ときっと, とそれ, とまだ, とカゼ, と人, と共に甲板, と却って, と同時に, と困ります, と夜着, と大概, と小さな, と少し, と山の手大通り, と川, と川原, と幾百里, と日本服, と朝, と死んだ, と毎朝家, と毎朝芋焼餅, と決まって, と炬燵, と爺さん, と男, と疎開者, と皸, と砂原, と私, と穴, と老人, と腰, と血, と誰, と過, と雪, と風邪, と飲まず, につれうどん屋, につれてうどん屋, につれて婦人, につれて炉辺, に従って人通り, に従つて, に相違厶, ね, のが, のじゃ, のたとえ, のでした, ので義雄さん, ので船, のねえ, のも, ばかりである, ほどうれしく, ほど白い, ほど私, まで家, まで此, ものです, わな, わね, んだ, 事あり, 天気は, 時分に, 時節柄満, 様な, 生血の, 筈の, 英国の, 頃には

▼ 寒くなっ~ (123, 9.2%)

30 て来た 7 てきました 6 てきた, てくる 3 て来る 2 て, ていた, てそこら, てゆく, て山, て来ました, て雪

1 [57件] たってそんなに, たりいたします, たりする, たり暑く, ちゃやりきれません, ていった, てうつらうつら, てえさ, てお玉, てからこんな, てからの祭, てからはお前, てからは出歩く, てからは毎晩, てから木曾路, てから火鉢, てきたで, てくれれ, てけさ, てこの, てさらさら, てはどこ, てはアパート, ては体, ては歩き, てもまた, てもシャツ, ても着, てコレラ騒ぎ, てブルッ, て仕方, て力, て厚い, て去年十七日, て参りました, て夕潮, て大, て太陽, て実際, て往来, て心臓, て息, て日, て来, て来たし, て来ちゃった, て正門, て気がつい, て目, て私, て羽根布団, て胴慄, て起き, て身, て部屋, て顔, て風

▼ 寒く~ (113, 8.5%)

14 ない 13 なかった 11 ないか 4 ないが 3 ありませんか, ないかと, ないけれども, ないの 2 ありません, ありませんでしたか, あるし, ないかい, ないから, ない筈

1 [47件] あったが, あつた, ありませんから, ありませんでした, あるが, あるまいかと, あれど, ございませぬか, ございませんか, ございませんでした, ございませんの, ないかしら, ないかという, ないかね, ないし, ないその, ないぞ, ないだろうか, ないだろうからね, ないで, ないでしょうね, ないですか, ないです寒い, ないに, ないね, ないよう, ないん, ないモモコさん, ない外, ない雨, ない風, なかったでしょう, なかつた昼飯, なからう, なくなった, なくッ, なったし, ならない, なるし, なるので, なるまた, なる大戸, 分って, 感じなかった, 有るし正月, 無いか, 無かった

▼ 寒くない~ (64, 4.8%)

11 ように 4 か, かい 3 んだ 2 かしら, のツ, ようにと, 日小さい, 様に

1 [32件] ある日, かと見舞, ぜといふやう, って法, つもりだ, というの, ときでも, と云っ, の, のかしら, のかと, のが, のだろう, のって, のです, のでその後, ので大, ので汽車, のに, のみならず, の夏, や, やうに, よ, 事が, 人も, 地獄で, 戸外で, 時と, 時雨の, 雨であった, 頃だった

▼ 寒くなった~ (62, 4.7%)

432 ので窓, よ, ようだ, ようです, ように

1 [45件] あ, からもう, から南, から呼ん, から当て, から汽船, がお, が変わり, が話, こと皆様お, これじゃ, し, しなあ, しナイル川, せいか, せいでも, ぞ, ときに, ところへ, としても起き, と思った, と見え, と鏡台, の, のでもう一度, ので一, ので岡田, ので気がつい, ので着物, のね, のを, ものです, ようで, ような, エライ芝居を, ブル, マスク買ふ, 十一月の, 夜風に, 掻巻を, 故か, 橋の, 狐の, 私もう, 襟巻を

▼ 寒く~ (43, 3.2%)

8 つて来た 3 つても 2 つてゐた, つて來た

1 [28件] さそうな, つたあたりま, つたと, つたとでも, つたやう, つたシヤツが, つた冬が, つた冬に, つた冬らしい, つた冬らしく, つた冬物の, つた十一月の, つた吐く, つた朝は, つた朝寒夜寒障子を, つた澄太君なかなか, つた草が, つた風物が, つていやでございます, つてからといふ, つてからの, つては, つて木の葉が, つて木の葉や, つて来ました, つて行つた, つて雨が, つて雪の

▼ 寒く~ (42, 3.2%)

5 ないのに 4 時は 2 ないの, 暑くも

1 [29件] あった, ありお, あり空ッ風, あるし, あるの, あろうが, ない, ないから, ないが, ないきれい, ないし, ないだろうと, ないまさに, ない初秋, ない快適, ない者たち, なかった, なくて, なくまず, なく安並, なければ, なしじつに, なしめまひ, なって, なりますから, なるし, ねえのに, 何ともなくなりました, 群を

▼ 寒くなりました~ (24, 1.8%)

72 から, ので海岸

1 [13件] お風呂, がこの, がご, がそれ, ことねえ, などと言いたく, な山国, のでそろそろ, のにまだ, のも, ものです, わね, 旦那風邪を

▼ 寒く~ (22, 1.7%)

2 て, ていた, て雨, もなく

1 [14件] たり同時に, ています, てしまった, てコトコト, て不自由, て忽ち, て松, て粟肌, て路伴, て酒, て震慄, て頬, ながらも勇敢, ながらも園

▼ 寒くなり~ (20, 1.5%)

2 はしません

1 [18件] けむ肌, さうである, て全体氷柱, ながらも裸, ながら立っ, 困った, 夜着を, 大いそぎ, 思わず襟, 手の, 次第方々に, 申候, 町には, 真っ蒼, 眼玉を, 襟元から, 雪だるまの, 霜が

▼ 寒くなります~ (20, 1.5%)

32 で暖, よ

1 [13件] からそれ, からね, からね寒く, そうです, という手紙, と夜分, と昼夜, と沢山, と牛肉, と締, と締っきり, ばかり, わ

▼ 寒くても~ (16, 1.2%)

1 [16件] い, こっちでは, さすがに, しばらく窓ぎわ, またどんなに, まだ炉, シヤツ一つにな, 世界の, 動じぬ人柄, 服を, 殺風景でも, 着なかった, 着るもの, 起きあがりひととおり新聞, 酒の, 鶯が

▼ 寒くなつた~ (12, 0.9%)

1 [12件] から, からあたり, けれどもやつぱり懷ろ手, ど, ねえ, のでやがて, のでガランドウ, ので姿, ので家, ので岡田, ので窓, やうぢや

▼ 寒くなつ~ (9, 0.7%)

6 てきた 1 たつて, たらう, たりし

▼ 寒くなれ~ (9, 0.7%)

1 ばそれだけ, ばつい, ばなる, ば上衣, ば冬, ば寒, ば氷, ば湯, ば知らない

▼ 寒くては~ (8, 0.6%)

2 書を 1 かなわないから, もう一里, 何もかもちぢかん, 俺達の, 墨染の, 死んで

▼ 寒くとも~ (6, 0.5%)

1 これにて, また暑く, 安心し, 必ず小用, 暖遅く, 気分は

▼ 寒くなく~ (6, 0.5%)

1 ていい, て好い, まさに好, 何とも言えない, 暑くない, 江戸の

▼ 寒くする~ (5, 0.4%)

1 あの雷, だけじゃありません, ほどである, ものは, 力は

▼ 寒くちゃ~ (5, 0.4%)

1 とてもいけません, アイスクリームだ, 此の方が, 舟も, 遣切れない

▼ 寒くつて~ (5, 0.4%)

1 たまらないよ, も町, やりきれませんね, 寒くつて, 眠られるもん

▼ 寒くなかった~ (5, 0.4%)

2 のかも 1 からみんな, ような, わと云ったら

▼ 寒くならない~ (5, 0.4%)

3 うちに 1 うちきれいな, うちとり変える

▼ 寒くねえ~ (5, 0.4%)

1 なゆんべら, のだ, のつて, んです, 手足の

▼ 寒くさえ~ (4, 0.3%)

1 あった, あるのに, 思われる時節, 感じられた

▼ 寒くした~ (4, 0.3%)

1 せいも, のであつ, のは, 猛き

▼ 寒くそして~ (4, 0.3%)

1 冷めたいの, 寂しかった, 息詰るこの, 腹は

▼ 寒くなし~ (4, 0.3%)

1 さ, まことに生甲斐, 月は, 温泉に

▼ 寒くなりかけた~ (4, 0.3%)

1 ころに, のでもういっそ, 頃に, 頃の

▼ 寒く~ (4, 0.3%)

1 どんどと, 寒いにも, 絹綿を, 貸そうという

▼ 寒く暗い~ (4, 0.3%)

1 ものに, 人通りの, 停車場の, 板の間に

▼ 寒く~ (4, 0.3%)

2 足りぬ果敢なく 1 足らぬはかなく, 足らぬ果敢なく

▼ 寒く~ (4, 0.3%)

1 に染み, に浸み, の置き, を切らる

▼ 寒く~ (4, 0.3%)

1 が多い, は低く, まじりの, や霜

▼ 寒くありません~ (3, 0.2%)

21

▼ 寒く~ (3, 0.2%)

1 へな, へなけれ, へなる

▼ 寒くそれ~ (3, 0.2%)

1 にあたり, に空模様, に風

▼ 寒くたっ~ (3, 0.2%)

1 てかまわない, て煙草, て金魚

▼ 寒くなったら~ (3, 0.2%)

1 どうしましょう, 避寒かたがた是非お, 電熱服を

▼ 寒く~ (3, 0.2%)

1 て, てこれ, て仕様

▼ 寒く光っ~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていた

▼ 寒く冷たい~ (3, 0.2%)

1 のでありました, 夜に, 寝床の

▼ 寒く千鳥~ (3, 0.2%)

3 鳴くなり

▼ 寒く~ (3, 0.2%)

2 の客 1 に寒く

▼ 寒く見える~ (3, 0.2%)

2 位な 1 前に

▼ 寒く~ (3, 0.2%)

1 となる, のごと, はふり

▼ 寒くあるまい~ (2, 0.2%)

1 が吾ら, 私の

▼ 寒くいかにも~ (2, 0.2%)

1 万里孤軍来たる, 寒中らしい

▼ 寒くこそ~ (2, 0.2%)

2 あれ

▼ 寒くしぶ~ (2, 0.2%)

2 けり

▼ 寒くなら~ (2, 0.2%)

1 なくっちゃ, アヒヒヒヒ

▼ 寒くなりまし~ (2, 0.2%)

2 てからでも黒

▼ 寒くなろう~ (2, 0.2%)

1 とするおり, ともこの

▼ 寒くにじめる~ (2, 0.2%)

2 冬の

▼ 寒くのみ~ (2, 0.2%)

2 いまだけぶらふ

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

2 びかふ音ながら

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

2 はま

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 らしい日, 暑く日本全国

▼ 寒く冷たく~ (2, 0.2%)

2 ても私

▼ 寒く吹く~ (2, 0.2%)

1 なべ吾が, なべ竹籃に

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

2 は村

▼ 寒く夜中~ (2, 0.2%)

1 に起き, は寒暖計零度

▼ 寒く強い~ (2, 0.2%)

2 風が

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

2 んで

▼ 寒く思う~ (2, 0.2%)

1 ほどに初秋, 事も

▼ 寒く感じる~ (2, 0.2%)

1 のか, 日には

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 が射し, は凍り

▼ 寒く時雨れ来る~ (2, 0.2%)

2 田の

▼ 寒く木の葉~ (2, 0.2%)

2 ちるのみ

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 鳴きぬ, 鳴き新治の

▼ 寒く火鉢~ (2, 0.2%)

1 に炭火, をかかへ

▼ 寒く痩せ~ (2, 0.2%)

1 さらばうたやう, さらぼうた

▼ 寒く硝子~ (2, 0.2%)

2 の障子

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 は大風大水, 暑し夜

▼ 寒く穂高~ (2, 0.2%)

2 の山塊

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 には星, には雲

▼ 寒く街路~ (2, 0.2%)

1 に撒かれた, は舞踏室

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

2 を重ね

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 てゐる, ゆ

▼ 寒く見せ~ (2, 0.2%)

2 て波

▼ 寒く近く~ (2, 0.2%)

2 で頻りに

▼ 寒く障子~ (2, 0.2%)

2 を染めた

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 が低かっ, は低く

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 えながら, ひぬ

▼ 寒く~ (2, 0.2%)

1 たてば, は荒びし

▼ 寒く颯々~ (2, 0.2%)

2 として声

▼1* [239件]

寒くあかるき水の, 寒くあかるくて, 寒くあざらしの心, 寒くあつちでも, 寒くあまり寒いので, 寒くありこすなゆめ, 寒くありますがそれ, 寒くある個所は, 寒くおのずから家郷から, 寒くかたくまた他, 寒くかわきけるかも, 寒くがたがたと震え, 寒くがらんとし, 寒くこころを憑, 寒くさせたがその, 寒くさびしくふけて, 寒くしあるを, 寒くしあれば, 寒くしみていかにも, 寒くすぐにも降っ, 寒くそぞろ兵の, 寒くその隙間に, 寒くちどり啼く, 寒くちゃあやりきれない, 寒くつて仕様がありやしない, 寒くつて海へは入れなかつた, 寒くていかんじゃない, 寒くでもなったか, 寒くどうかすると, 寒くないだろうけれど, 寒くない踏みしめるに力, 寒くなきよう支度せよ, 寒くなくなって来た, 寒くなくなったし眼, 寒くなければ嘘, 寒くなったずおん, 寒くなったらきゃつをだっこしますぼくの, 寒くなったらしく襟元を, 寒くなったら困るだろうと思います, 寒くなっちゃったから生め, 寒くなつたらあわてて前, 寒くなつたわね, 寒くなつちややり切れないよ, 寒くなりかかった夕ぐれに, 寒くなりかかると泳げない, 寒くなりかけて来た, 寒くなりしかば遂に, 寒くなりはじめていた, 寒くなります驚いて凋みましょう, 寒くなりゃしねえか, 寒くなりやしたなにね, 寒くなりやすから身体, 寒くなりやんすからお, 寒くなるだろういまは, 寒くなんかありやしない, 寒くなんとなくすごかった, 寒くぬかるみの上, 寒くはなつたし腹は, 寒くひき締まって降雪, 寒くひもじくとある人, 寒くふるへてゐる, 寒くぶらんとぶらさがって, 寒くぶるっと震えた, 寒くかがやく赤き, 寒くまた起きて, 寒くまだ春の, 寒くむなしくて, 寒くやりきれなかった, 寒くわびしい暗やみの, 寒くわびしくなって, 寒くない, 寒くストーブの設備, 寒く一両日のうち, 寒く一層静に, 寒く一日中の気温, 寒く一晩中凄い月, 寒く一望の墨黒色, 寒く一条路にも蔭日向, 寒く三時前までに帰れない, 寒く不自由らしいの, 寒く且つ鋭くし, 寒く乾かしていた, 寒く人影もまれ, 寒くはオホーツク海, 寒く代々木の原, 寒く伏せてあった, 寒く佇んだ影の, 寒く体じゅうで顫, 寒くか降り, 寒くはなつかしい, 寒く光り朝で, 寒く光る色で, 寒く入りゆけば陽, 寒く冷たい青い海が, 寒く凍えて来た, 寒く凍った道路を, 寒く凍てついた街道に, 寒くならず冷, 寒く刈田の面に吹き荒ん, 寒くの狭い, 寒く北向きにて日あたり, 寒く午前六時に零下五度三分, 寒く叡山に薄, 寒く古来数十回の凶作, 寒く吹いて暗い, 寒く吹きこんでくる, 寒く土合に着いた, 寒く変るまでぽかんと, 寒く暑く臭く百万, 寒く夕日黄ばめり冬, 寒く夕日力無く舂き, 寒くのやう, 寒くまさに雨ふらん, 寒く天の河にも霜降り, 寒くを離れれ, 寒く寂しき例へ, 寒く寝床の中, 寒くに帰る, 寒く小さかった, 寒く小さくして, 寒くの鴉, 寒くへのめりこんだ, 寒く平野に照っ, 寒く庇廂洩る住家, 寒く引き締めていた, 寒く当っていた, 寒くは平地, 寒く征衣纔に黒く, 寒く御座すらん, 寒く心頭滅却の修行, 寒く忽夏を忘れぬ, 寒く思つて見て, 寒く思ふこと更に, 寒くある身の, 寒く感じたりつめたく, 寒く感ずるのは, 寒く感ぜられたが併, 寒く慨嘆しながら, 寒く成った何うし, 寒く成つちや保存が, 寒く成つたのに驚い, 寒く成つた處へぶつ切, 寒く成つて来たぢ, 寒く成つて身体が慄, 寒く成るとも限らぬ, 寒くが赤く, 寒く日本アルプスにも永河, 寒く明けて濃く, 寒く映っている, 寒くは桜, 寒くは暖か, 寒く暮れてしまう, 寒く曇れる秋の, 寒く木葉のいまだ, 寒く松韻颯々として白衣, 寒くは黒く, 寒くは蒲団, 寒く染めていた, 寒くがようやく, 寒くの盛, 寒く正月十四日から十七日, 寒くも沈む, 寒く気持悪くさえ, 寒くを浴びし, 寒くが張った, 寒くの面, 寒く沈み切った空気は, 寒く沈む乾雲丸の, 寒く流込むと申, 寒くも毎日, 寒く海豹の心, 寒く淋しそうだった, 寒く淋しかった, 寒く淋しく暗み亘って, 寒く計六十五度, 寒く洲の, 寒く満州の天地初夜過ぎ, 寒く潤沢を帯びたる, 寒く澄んだ風が, 寒く濡らして更けゆく, 寒くを焚き, 寒く烈しいだろう, 寒く照っていた, 寒く物すごき日なりき, 寒く痩腕を組み, 寒く皮膚を刺し, 寒くの荒い, 寒く真暗らだった, 寒く眺めやり出羽に, 寒く眺められてゐた, 寒く硬き床なる, 寒く神社での夜明け, 寒く空腹がちでしたのに, 寒く突き立って見える, 寒くを干し, 寒く細りと草, 寒く続いた五月雨の, 寒く美しく照り渡つて, 寒く群鴉何の行く, 寒くから浴び, 寒くもすい, 寒く花暖に薫りし, 寒く茫漠とし, 寒く落ちついて承る, 寒くよりも穂, 寒く薄い膚を, 寒く薄暗い北であろう, 寒く薄暗かった, 寒くゆる程, 寒くじた, 寒く貧くして曙覧, 寒くに乘つて, 寒く車夫のいった, 寒く輝く下に, 寒く透間もる浅間, 寒くがすべる, 寒くただしくかて, 寒く部屋には炬燵, 寒くへない, 寒く重たい軒の, 寒く鋭くなる疑念, 寒くのやう, 寒く長く路上に, 寒く閉ざしていく, 寒く降りはじめ女装は, 寒く陰気で頭, 寒く階下の叢, 寒く雪ふりぬ, 寒く震えていた, 寒くを含ん, 寒くの深い, 寒く頭巾あぶりて, 寒く食べて一休み, 寒く食事はすべてひろぶた, 寒くじく, 寒く首都の東京, 寒く鳴くべき勢ひ, 寒く懶ければ, 寒く默りかへつて