青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嬢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嫉妬~ ~嫌 嫌~ ~嫌い 嫌い~ ~嬉し 嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~ 嬉しく~
嬢~
孃~ ~子 子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~ 子孫~

「嬢~」 3462, 36ppm, 3246位

▼ 嬢~ (544, 15.7%)

9 顔を 7 ことを, ために 6 ような 5 姿を 4 前に

3 [11件] お手料理, ところへ, 姿が, 御馳走を, 心を, 手に, 手を, 様子を, 理想の, 部屋に, 顔が

2 [34件] ことは, ほうは, ほかに, ように, ルーカは, 上に, 事を, 人気は, 例の, 倒れた方, 口から, 嗜好に, 家を, 御事業, 御承諾, 心は, 愛を, 方に, 方は, 方へ, 暴行, 死体の, 温情に, 父は, 生活を, 眼に, 眼は, 自殺の, 言葉に, 身の上を, 部屋の, 部屋へ, 頭の, 顔にも

1 [405件] あとに, いること, おっしゃる通り家庭料理, おとが, お伴を, お嫁, お守代として, お家から, お家なんぞは, お家へ, お心, お手, お手柄, お拵え, お拵えなさる, お料理, お祈りの, お胸, お蔭で, お蔭にて, お買いなすった, ことで, ことばかり, この国体観念的, ごときは, ごとき二郎, ごとき屡々, ご機嫌奉仕, さまざまな, しめきった扉, それでもなかっ, それと, それへ, ため引留められ, つ, であったから, とり持ち役でも, なかに, なさんよう, なすべきこと, ほうからも, もので, ものと, やうな, やうに, オツムに, カバン持ち, クリップが, デスクの, フェロオヂイ翁の, ベッドの, ロオマンスを, 一乾児と, 一団から, 一心を以て, 一生の, 一行も, 一身を, 下生えで, 世話も, 両氏が, 中を, 丸髷姿の, 主張が, 予告の, 事かい, 事が, 事とを, 事は, 事ばかり, 事件を, 二人が, 云う通り発音, 亡母さんの, 交際という, 亭主であり, 仕事は, 以前の, 仰有るの, 伴奏が, 低い笑い声, 体は, 体を, 何とかの, 作品も, 作曲による, 価値は, 俗名を, 保護者として, 信仰は, 俤を, 偽証の, 傍を, 傷口によって, 働く酒場, 優しい看病, 元へ, 写真も, 写真を, 写真一枚はさみあり, 写真取り出し, 冠を, 処へ, 出場を, 初の, 前で, 前にて, 前をも, 剣器の, 力を, 労力に, 厚意を, 去らん事, 取り計らいで, 合同慰霊祭が, 名を, 名前は, 名誉続い, 命を, 咽喉に, 品性に, 墓地発掘屍姦並びに, 声で, 声でした, 売り子も, 大きい目, 大事な, 大力にて, 天使の, 失踪, 奇妙な, 女友達, 如きもの, 如き寧ろ, 妖艶なる, 姉と, 姿さえ, 姿の, 姿も, 姿わが, 嫁ぎ来りて, 嫉妬を, 学識や, 宏荘な, 実母さんは, 実験課題は, 宣伝の, 室には, 室へ, 家へ, 家出事件の, 家庭の, 容姿を, 寝過し問題, 将来こそ, 屋台に, 左右の, 巧みな, 帰宅を, 平生の, 年金と, 座布団を, 座談会を, 御世話様, 御伝授, 御信切, 御口, 御名をも, 御容子, 御年, 御心, 御心中, 御恩, 御意見, 御祈祷, 御納得, 御親切, 御輿入れ, 御面, 徳を, 心には, 心中にも, 心掛の, 必死の, 志望を, 思はくも, 思ひ込みなされた御方, 思想は, 怪行動だ, 恋, 恥は, 悦ぶ所, 悩みは, 情夫に, 惨死体発見ボートルレの, 意見に, 意見は, 意見や, 愛称と, 態度は, 慰めには, 所へ, 所天たる, 所有と, 所謂乗務振りを, 手から, 手料理に, 手料理を, 手許に, 才を, 扮する, 承諾し, 技芸以外この, 招きを, 持論に, 指は, 振舞を, 控えの, 推定の, 推察どおりそこの, 推理であった, 提案を, 放言が, 教え子だった, 教を, 教育費に, 料理談に, 断髪なら, 方からは, 方も, 昔に, 最も望む, 有様は, 有益な, 望みに, 望みは, 朝鮮事件に, 林の, 検分した, 槍投これは, 様に, 様にも, 様子に, 様子の, 機嫌を, 欠点を, 武家時代さながら, 死んで, 死体が, 死体だろう, 死体を, 死骸だ, 死骸でない, 残香漂い来る, 母親を, 気に, 注意, 注意を, 洗い立てたところ, 洗礼名を, 消滅とか, 深い心, 深く謙遜, 演じたトルストイ, 演じた女主人公, 演技に, 演説を, 潔白な, 為にも, 為めに, 熱心平生に, 父という, 父上に, 父上の, 父上は, 特別財産を, 狙いを, 独唱も, 独白独演と, 独自な, 独身主義には, 現時の, 琴の, 甦生と, 病には, 病室を, 白馬も, 監督上私が, 監禁され, 目と, 目の, 直ぐ後方, 直ぐ次に馬, 直観は, 相手役を, 真価を, 眼が, 眼付の, 睨みの, 知りたもう, 知り得ざるところ, 示した唯一, 秘密休憩室で, 立ち去った後, 立腹, 精神が, 精神を, 純潔なる, 結婚式あり, 美いところを, 美しい姿, 美しい顔, 美しさ, 考えた偽, 考えも, 耳に, 耳の, 耳へ, 聞き得たところ, 肩を, 胸からは, 胸中を, 脳裏に, 腕に, 自愛と, 自由なり, 舞台を, 色に, 色目は, 芝居に, 芸は, 芸者と, 芸風は, 苦悶の, 苦悶を, 苦痛の, 苦衷に, 藤子さんの, 虐待酷使を, 行く方, 行動に関する, 行方が, 行末に, 行為は, 行為を, 衣裳考案と, 見つかった室, 見出された室, 見栄は, 見通しに, 親切な, 親切を, 解したまわぬ境, 解し難き, 言葉と, 言葉を, 計算に, 証言の, 証言を, 評判は, 詩は, 話は, 誕生を, 誤解です, 説に, 説明を, 講釈が, 謝意に対する, 質問の, 起きるの, 身が, 身の上に, 身体には, 身元を, 身替りを, 退席を, 遺品の, 遺産は, 邸宅附近であった, 部屋で, 部屋へと, 金剛石などと, 銀の, 長所なり, 長衣, 阿父, 非常に, 面を, 面影を, 頓死事件じゃ, 頭が, 頭に, 頷いたの, 顔に, 顔の, 顔色の, 顔色は, 飛び退いたの, 馬の, 髪の, 髪の毛は, 髪を, 魔術みたいに, 鼻の, 齎して

▼ 嬢~ (494, 14.3%)

13 言った 4 私を, 自分の 3 兄の, 日本の

2 [15件] あれから, まるで自分, ホッと, 二人の, 何を, 博士の, 大原の, 大急ぎで, 富豪の, 悲劇の, 更に蒼蠅, 直ぐに, 眼の, 私に, 黙って

1 [437件] あとで, あられも, あるひま, ある事, ある日, いかが, いきなりハンドバッグ, いそいそとして, いった, いったいどうしたであろう, いつもすっきりした, いつも兄さん, いまだ悉く中川, うすぐらい階段, おどろいて, お登和嬢, お茶を, かつて美しかっ, きわめて慎重, こういいました, ここにおいて, ここの, ここまで, このとき, この事件, この事実, この娘, この時, この朝高台公園, この申し立て, この瞬間, この自分, この間まで, これでも, これに, これに対して, こんな倶楽部, ごらんの, さすがに, しかしその間, しかしもう, しばらくファラデー, しり込し, じっとそれ, すぐにも, すぐまた立ち上がった, そういうこと, そういったん, そうなった, そう云っ, そう長く, そこで, そのそば, そのバカ, その二人, その声, その夜, その平静さ, その弁解, その弟, その後シジウィック夫人と, その晩司教, その焼跡, その総体, その耳, その靴, それと, それを, そんなこと, たしかに大きな, たずねた, たずね大きな, ただこの, ただ天, ただ愛らしき, ちかごろ夕方, ちよつと, ついその, つづけた, つんとして, とくにヤスナヤ, とつぜんおどろき, とん, どうした, どうだ, どこに, どこへ, どんなにその, なにを, ねっしんに, はからずも四人, はつきりと, ひどく気, ひょろ長い色, ぴたりと, ふり向いて, ふり返っ, へまな, ほっと嘆息, ほんとに御, まあ如何, まさに帝王, また同時に, また自分, まだ小児, まだ生きてた, まったく穏, まづオフエリヤ型, もうぢ, もうと, もう一つ, もう三十ぐらゐになる方, もう何, もと心順なる, やっと正気, よくそんなに料理, よくも得, よも鎌倉, わが願い, われも, アップル, イキナリ広告の, イギリスの, オーゲや, オーゲを, ガラスで, ギョッと, ギルに, コンナ事を, タイタイ先生の, タヌの, チャント外出用の, テンピの, デュマの, トランクの, ハッと, ハッキリ物, ハヤテの, ハンケチを, バタバタと, バルコニーに, バルメラ男爵夫人と, ピストルの, フト胸に, フラ, フロシキ包みを, マリユスが, ムラムラと, ルパンの, ルパンを, ロヴィーサの, ワイコフ医師の, 一人も, 一人旅では, 一八, 一時どこか, 一生懸命の, 一町ばかり, 一種の, 一縷の, 一足歩を, 一週間前から, 丁抹切っ, 三十六秒間に, 三十近い, 三十銭の, 下女のみにて, 下女を, 下稽古で, 中川の, 乃公の, 二階の, 云ってるぜ, 人差指で, 今しも, 今にも小山, 今ま, 今帝国ホテル, 今日でも, 今日の, 低い声, 体得し, 何し, 何でも, 何事が, 何事も, 何人に, 何処かへ, 何故か大島, 何故僕, 依然として気高い, 俄かに, 俄に, 保釈中自宅の, 傍を, 僕に, 僕を, 元は, 先づ第, 先ほどから, 先ほどよりの, 先週日曜日の, 先頃南米地方へ, 入浴中で, 全く己, 全く料理談, 全く焦, 全く貴方, 全然手, 公爵邸へ, 六十万フランの, 再びわが, 凝然として, 出かけて, 列から, 判事の, 別に, 劇に, 労を, 勇敢な, 医師の, 十二分に, 十何歳の, 千葉秀輔という, 半ば口の, 厭世自殺を, 口にこそ, 口籠った, 只今から, 台所に, 台所の, 同情深い, 同時に国立劇場, 向うむき, 啻に旧, 国家警察局の, 声を, 大使館へ, 大先生, 大原と, 大喜び, 天満方面の, 天資明朗美貌と, 太子の, 夫人の, 好物の, 妻君の, 姉に, 姉の, 婆やを, 子供さんで, 安楽椅子に, 実に断腸, 実験台の, 実験室の, 寝台の, 寝室の, 小山さんの, 小山の, 少しかんじた, 少し紅く, 就中活溌に, 年取った悧巧, 幾度も, 強いて, 当時の, 彼の, 彼を, 彼女の, 御了解下, 御自分, 微々たる人間, 微かに, 微笑みながら, 心の, 心得たもの, 心臓より, 必ず御, 急に, 急病の, 悪き点, 悲劇俳優として, 惜しいこと, 意外にも, 意識を, 感ぜずには, 憤ろしさ, 戦争犯罪者として, 手に, 手綱を, 手近の, 打ち案じたが, 救い出された, 救い出されボートルレ, 斎藤の, 料理法を, 斯う, 斯様な, 新しき智識, 新らしき, 日本料理の, 明白に, 昨夜ひとりで, 最前より, 最後に, 東京で, 東京の, 植民政策の, 楽しき月日, 機嫌が, 正にその後者, 此の, 此方にて, 死んで, 殆ど帰る, 殊にストリンドベルヒ, 殺害せられ, 毎日なんべ, 毎日朝つ, 毒蛇に, 気が, 気にも, 永久に, 決して肚, 泣きも, 洗えば, 浦山敷思わない, 涕を, 涼しい顔, 深い深い溜息, 清浄な, 済ました顔, 湯殿の, 漸く承諾, 烈しい言葉, 無事に, 無論そんな, 然り, 熟睡し, 父が, 父の, 特に青年, 猫の, 瑕の, 男装癖の, 痛そう, 皆を, 益々雄弁, 直観した, 相不変, 相変らず, 真に美しい, 真紅に, 眼に, 睨んだ, 睨んで, 私が, 私にも, 私の, 種々な, 穏かな, 穏和なやせた, 窓ぎわから, 窮屈な, 立って, 米国に, 給料の, 綱に, 美貌の, 羞ずかし, 老婦人, 老年に, 考えを, 耳を, 聴衆を, 肉親の, 肥っちょ, 背が, 胸の, 自分は, 船室に, 花柳を, 苦笑した, 苦笑せず, 蒼くなり, 血眼に, 西国の, 西瓜が, 見たまいて, 見つかったかネ, 見て, 見事に, 見物一同の, 見返りも, 言いしばらく, 言い張った, 言い部屋, 訴訟とは, 話し出した, 語り終ると, 誰か, 誰とも, 調べましたか, 謹んで, 貴婦人の, 踊りばかりが, 躊躇の, 身は, 身支度し, 車掌用語にでも, 車輌の, 途中で, 途中予期せざる, 遂にその, 遂に要領, 部屋の, 金切声を, 隣りの, 雌狗の, 難問の, 非常に, 靴の, 靴を, 頓に答, 頬に, 頬の, 頭を, 頻に, 額に, 顔を, 顔見られじ, 飛行機に対する, 飽く迄も独身主義, 飾椅子に, 高い声, 鵞鳥と, 黙つて

▼ 嬢さま~ (450, 13.0%)

14 のお 64 が私, にお, のこと, は

3 [12件] お嬢さま, がお, が卒倒, とお, にそんな, の名, の御, の着物, はお, は私, も御, をお

2 [23件] がいらっしゃる, がご, がた, が久しく, だ, でございますか, と御, と縁組, にお目にかかっ, にし, に惚れ, に求婚, のなさる, のほう, の愛情, の方, の顔, はまだ, は何, は先生, もお, を所望, を驚ろ

1 [332件] あたくし, あの朝鮮唐津, あの赤い, ありがとうございました, え, おちかづき, おて, おはいりなさいまし, お一人, お露, お髪, か, かと聞いた, かはいらしい, からすれ, からひとつ, からも事, から叶え, から頂いた, かッ, があなた, があれ, がいとしい, がいま, がいま自分, がいらし, がおから, がおくれ, がおっしゃっ, がおとなしい, がこの, がすっかり, がそういう, がてて, がててお, がです, がぬけだされる, がねその, がぼてれ, がまだ, がもう, がりっ, がわたし, がアメリカ, がネ, がヤミヨセ, が不意, が九段, が乳母, が五才, が兄さん, が入らし, が出席, が勝手, が又, が夫, が対, が帰り保養, が彼家, が御, が御存じ, が手綱, が敬二郎さん, が是, が是非, が書留, が正勝, が殺され, が気, が病気, が結婚, が聡明, が胸, が若い, が詫こと, が遊び, が金, が高らか, こそよく, この牡蠣, ご退屈, じゃ, じゃない, じゃア, せっかくお, そのお, その実, そんなにお, たった一人, だが, だけはやめ, だけれど, だった, だという, だとは, だよ, ってどこ, づきだつたので, であったそう, であるハットン夫人, でございます, でございますお, でございますが, でございますって, でしょうか, ですか, ですよ, では, とあやしい, というの, といわれる, とか呼ん, とだけおられました, とてまえと, とても入れません, との間, とも云われた, と一度, と一緒, と何, と何処ら, と分った, と呼ばれ, と夫, と女中ひとり, と女中三人, と存じ, と思っ, と感じ, と比べ, と萩原新三郎, と言った, どうか, なの, なので, なりを養っ, なんかほんとう, なんかわざと, なんてみんな, なんで, に, にお茶, にお話し, にぜひ, にそつくり, にだけ打明け, にとおっしゃっ, にはお, にはすこしも, にはふさわしく, には私, にひそかごと, にふさわしい, にもおそろしい, にもちょっと, に乳, に別れる, に名僧知識そこのけ, に命じた, に外出, に婿, に対しても汝, に少し, に御, に手向かった, に手紙, に琴, に着物, に罪, に苦しみ, に見え, に見付けられた, に訊かれ, に逢い, に鉄砲, に附い, に顔向け, ね, のお伴, のお供, のお出まし, のお蔭, のお話, のしょげ, のそば, のたった, のため, のよう, の世話, の五色揚, の他, の代り, の俗名, の処, の前, の古い, の圭子, の失望, の婚期, の帰っ, の年, の店, の心配, の楽しい, の死骸, の気, の気保養, の気持ち, の目, の眼差, の籍, の考えかた, の身, の身代り首, の顔色, はああ, はいよいよ, はいらっしゃいます, はお変り, はしつれいです, はしばらく, はじゃあ, はそこ, はその後, はそんな, はたとえ, はどう, はどこかお, はどっち, はなん, はゆうべ, はよく, はゲロ, はスヤスヤ, はニンシン, は中, は二十一, は今日, は何度, は侍中, は兄さん, は古島, は吃驚, は器量, は夏, は天王会, は少し, は御存じ, は敬二郎さん, は昨夜, は正勝さん, は此方, は気分, は河童, は無事, は珍し, は療養所, は相, は相手, は相談ずく, は窓, は自分, は若旦那, は誰, は軟弱, は都, は金, は鏡, は間もなく, は隣村, は馬車, は高い, ばかり, へお力添, へは何とも, へ宛てた, へ講義, まあだ納屋, まことに恐れ入ります, またい, までが庭, もあの, もうどん, もう八時, もう直, もおとなしい, もその, も一しょ, も一緒, も仲働き, も只今, も吉原, も庭, も御存じ, も恨ん, も所詮, も無事, も犯人, も若旦那さま, や, やまあ, やポーランド大使, や松平侯爵夫人, らしくおっとり, わるいこと, を, を□□□□□□□楽しみ, をくどい, をわたくし共, を乗せたら, を何処, を実は, を拝見, を散歩, を欺かし, を欺く, を死ぬ, を若旦那, を貸し, を連れ, を馬車, 何とも何, 何とも申し訳, 嘸お, 後で御, 殺して, 然と, 真平御免, 育ち, 誠に何とも, 誠に私, 間違ったただ

▼ 嬢~ (312, 9.0%)

14 言った 2 あっしの, 入って, 持って, 目を, 私の, 自分の, 頷く

1 [284件] ああいう, あなたの, あなたや, あの事務室, あの危険千万, あらぬ方, あらわれて, いい, いかに深き, いじらしい嬌声, いつの間にか階段, いまゲラゲラと, いら, いるため, いろんなこと, いわゆる人, うなずくと, お拵え, お更, お菓子を, お部屋, かかる気高き, かつて仰ぎ見, くるりと, ここで, ここに, ここまで, この事件, この姿, この時, この曲馬団, この正月五日御地, この話, この遠く, しきりに言い立てた, そのお, そのやう, そのよう, その会談, その前, その幼, その最後, その言葉, それを, そわそわし, ぞっこん君, ためにも, つかまると, つるしました, では悪く, どうしてもウハ手, どこまで, どれほどナオミ, なんの, はいって, はいっては, ひとつの, ひとりで, ほんた, また悪い, まだ持続, やったの, やると, よろこびの, わずかに, われに, ゐた, アヤなし, イヨイヨやり切れなく, エヘンと, オロオロ気, キツパリ御, ジャヴェリを, セエラの, タイプライター台の, タッタ一人轟氏の, チヨイと, デパートを, ドラーゲ公爵家の, ナオミを, ピアノで, ピストルを, フォアグラの, ヘンリイ・ウイリアムズ, ボアシュヴロン夫人に, ボートルレと, ヨアンネス少年の, ラヴィニアに, ロンドンから, 一々教え, 一緒に, 一足乗り出した, 丁度その, 上を, 中川に, 中座した, 主役だった, 之を, 乗馬に, 九蔵氏を, 乞わるるまま, 二の, 二人の, 二十二歳に, 亡くなりましたとえ, 今日は, 今朝に, 以前に, 仮に作り出した, 伴の, 住んで, 何と, 何んにも, 何度頼ん, 何時に, 余を, 傷わ, 僕に, 元気一ぱいの, 元祖だ, 再び予, 写真の, 出て, 切り出しまた, 列車の, 到着した, 前に, 勘の, 勝ちます, 勢よく, 勤め先に, 十七日の, 台所へ, 同じよう, 同伴者の, 品性に, 地獄の, 坊ちゃ, 場の, 塀の, 大使館へ, 大変お, 天川一流とも, 失くし, 奥床しい御, 如何ばかり, 姿を, 射留めました, 居たの, 川北老に, 席について, 帰った心祝い, 帰って, 広場へと, 弁解の, 引き受けるよう, 当人を, 彼女の, 待ち構えて, 御懐妊, 御来会, 心に, 心を, 心配する, 心配そうに, 思案し, 急に, 悲を, 情けの, 愈々瞳, 慌てて, 慟哭し, 成行きかな, 成長し, 戸を, 手に, 手を, 手鼓を, 才覚なるべし, 承諾を, 挨拶を, 掌いだしたまわぬ, 掌に, 料理に対する, 旅客機の, 日本の, 日頃そんな, 昨夜停車場へ, 書斎に, 書物だ, 朗読なされた, 本土から, 本当に信濃町, 来訪再び, 東郷元帥の, 格子門の, 桑摘唄の, 歌い出す, 正面の, 此の, 此辺に, 死んだなら寺, 死んだの, 残って, 母の, 毛皮の, 気に入って, 気を, 泣くやら, 洋行なさる, 流暢な, 浅草の, 浴室を, 浸みこんで, 演説の, 父親の, 犯人らしい, 独身で, 珈琲茶碗へ, 現れた如く, 現われた, 甘たれかかる, 男に, 白き手, 皿を, 直接関係した, 真正に, 真青に, 眼うるみ, 眼を, 稽古に, 窓から, 立った, 立ったの, 立って, 立上った, 立派な, 笑って, 答えた, 絶叫した, 綱を, 総指揮官, 考えて, 胸を, 腹を, 自信あり, 自殺した, 自由とも, 自由なり, 若いボーイ, 苦心の, 苦情を, 落ちたの, 落ちて, 衆人に, 行って, 西洋へ, 見たところ, 見掛けとは, 親しき親族, 解からず, 訪ねて, 訴えに, 読むを, 謙遜し, 豊かな, 貴族的な, 踊って, 退会でも, 遊びに, 運んで, 銃で, 鎌倉の, 階段の, 隣の, 静, 項羽と, 頭を, 顔は, 顕微鏡を, 飛行機から, 食堂で, 饒舌と, 駆けつけて

▼ 嬢~ (203, 5.9%)

9 のお, の御 3 は御

2 [23件] がそれ, じゃ, だが, っ, で, にお, に念, に谷川, のこと, のやう, の事, の姿, の手, の死体, の聟君, の袖, の許, はお, は如意自在, は帰る, は恥, を不便, 別しての

1 [136件] あ朝夕泣き, あ死ん, お屋敷奉公, からいただきました, から一献, から頼まれた, が, がある, がお気, がその, がどうして, がよく, が京都, が何, が先刻, が唯, が城下, が少し, が御, が思う, が思ふ, が手拭, が手本, が書い, が梵論字, が甘, が着物, が身, が逃げ出す, が逃出, この雪ふり, じみた美人, じゃが夏休み, それでは明晩, だ子, ちょいと, であったそう, でがしょう, ですって, ですつて, とかお, とて御, とは提灯, と呼びかけられる, と國, と嫁, と子供衆, と聞く, と長良, なぞにもそういう, なれば, にお世話, にご, にはあんなに, にはお変り, にはこの, にひで, にも二人, にも入っし, にやさし, に向, に周旋, に御, に思込ん, に拝顔, に渡し置き, に物語られた, に献げた, に色文, に苦労, に親切, のお気, のお産, のため, のところ, のよう, の仰し, の出, の別嬪, の安寧幸福, の幸福, の撰択, の由, の苦労, の関係, の馬, はまた, はやはり, は別に, は十七歳, は十六, は吃驚, は否, は手厳しく, は抜からぬ, は新三郎, は毎日俺, は滅法, は立派, は荒尾君, は華尾, は落っこち, は読ん, は軟弱, ばかりです, へは勿論, まあだ納屋, もある, もこの, ももう, も呆れ, も夫人, も好い加減, も御, も心配, も此, も此人, も無類, も近頃, も閉口, や子供衆, をば良い, を伴い来る, を何, を尋ねたら, を尋ねる, を掌中, を殺した, を生んだ, を私, を落さう, を蔵元屋, を青馬, 呼んで, 御病気, 漸と

▼ 嬢さん~ (161, 4.7%)

4 はまだ 3 が御, でも, と結婚

2 [11件] が去年, が来られた, なんぞは顔, のお, の名, の在り, の妙子さん, の方, はどこ, は東京, 御嬢さん

1 [126件] ありがたう, かも知れない, があの, がいる, がお, がこの, がそう, がで, がどう, がどれ, がひよつくら来, がまた, がまだ, がよく, がピヤノ, が何, が吃驚, が哀れ, が大分方々, が巾着, が待ってる, が心配, が来, が欲しくっ, が此方, が泣く, が深川, が粥河様, が肺炎, が見つけたら, が身, この方, だ, だが, であった, である, です, ですか, ですが, で年齢, としては夜なか, とは時々, と云え, と今一人北国, と仰し, と語呂, なので, なら私, なんていう, にいちいち何だか, については多く, にでも御, にも, に上げた, に付け文, に対して済まん, に引き合せくれん, に恋着, に惚れ, に未来, に話, に贈物, に追跡, に頼まれた, のいない, のお気に入り, のそぶり, の事, の代り, の共同研究, の前, の御, の意向, の所, の手紙, の手紙ぢ, の損, の畜生, の白い, の落目, の行き, の袂, はうち, はちっとも, はどう, はどっち, はひどく, はやさしい, は他, は何で, は医学士, は可哀そう, は御, は時々, は朝顔, は枕橋, は私, は音楽家, ばかりであろう, もあすこ, もみたろう, もよう, もよく, も好いた, も最早, も泣き, も老, も見えん, やテエプ, や向う, や奥さん, を, をお, を呼び, を慰め, を持たれた, を攫った, を攫つたの, を時々, を自分, を見ました, を貰う, 入らつし, 口説かれては, 是非たのみます, 見たよう

▼ 嬢~ (155, 4.5%)

6 連れて 2 して, 助けて, 呼んで, 見ると, 誘拐し

1 [139件] おちつかせようと, おどかして, お伴れ遊ばし, お嫁, お連れ, お願, かかえて, かち獲るとともに, さがして, さし招きて, さす, その時, つれて, とりまいた五人, ながめて, なぜ全面的, はったあんちゃん, ひきわたした, ふりかえり, ぶらさげて, まん中に, めぐまれためいろ君, フン縛る, 不孝の, 中心に, 主役に, 伴れ出し, 余所人と, 侍らすの, 促して, 信じて, 僕の, 優に吸収, 全面的に, 其のお, 初め他の, 加えた演技, 厭い抜いて, 同伴し, 君に, 味方に, 呼びて, 呼び出すの, 呼出して, 唆か, 地下牢の, 大切に, 大原の, 天質と, 奪還します, 妻に, 姉さんと, 威して, 娶らんと, 存じて, 宥めて, 小生宅へ, 居間へ, 引留めたし, 張合った訳, 待ちかねつつ, 従男爵が, 御一緒, 思うて, 怪しいと, 恨みこの, 悦ばせん, 惑乱させよう, 愛し死ぬまで, 愛する者, 愛ずる心あり, 慕ひ, 打ち守りたるこ, 打擲なさる, 抱いて, 指して, 指す, 振り返って, 捕えれば, 捜し出そうと, 探し出さねば, 探し出そうと, 救い出さん家, 救うか, 救ったか, 救ひだし, 敬ひ, 斯くまで, 有する, 殺すつもり, 犠牲に, 産みました, 発見した, 監禁し, 監視し, 真中に, 真実の, 眺めて, 知ったの, 知ってること, 知るほどの, 神サマと, 突きだしさうな, 縛り猿轡, 罵る大声, 肴に, 膝に, 苦しめしだけ, 苦め申す如き, 見つけ出せないの, 見つめそれから, 見に, 見るあたわず両, 見れば, 見ん, 見棄てるに, 見舞って, 訪ねたこと, 訪ね案内, 許すこと, 誘惑し, 誘惑しました, 誘拐した, 説きければ, 説き伏せて, 警戒せね, 警視庁に, 貰いたいと, 貰ふ, 貴所に, 送り出すと, 送るため, 銅線の, 離すと, 離れる事, 面白がる, 顧みたまいて, 顧みながら, 高山に

▼ 嬢~ (134, 3.9%)

3 言った 2 お願いが, しても, 御相談, 心を, 知らせて

1 [121件] あいゴハン, あげる, いたしましても, うったえた, お悔み, お相手, お願いを, くらべては, この文, これ又, それぞれ儀礼的な, そんなこと, そんなにたやすく, ちがいない, つきあたられて, で, ぴたりと, ぶつかったの, やるの, よりて, よろしく云, アノ様に, 一つの, 一つ腕を, 一事件が, 云わせると, 仇討を, 今の, 代りまして, 会って, 伝え得んや, 何か, 何を, 例の, 優るとも, 先日書い, 出向いて, 劣らぬほど, 十枚の, 単刀直入きく, 取入ろう, 口を, 台所の, 同情し, 向かって, 向けられて, 向ッ, 品物を, 問うに, 大使館当局に, 大変熱心だった, 委託された, 学び英語, 寄せたよう, 対ッて, 尋ねた, 差上げるつもり, 廻り合うこと, 引渡せば, 彼女が, 御目, 御聴, 心の, 恋文を, 恨みが, 悪い影, 憎まれる様, 手渡して, 手渡そうと, 打ち明けないこと, 挨拶の, 捧ぐ, 捧げたの, 於ける如くその他何, 最一度, 未練が, 本社の, 渡して, 演出照明舞台美術マネージャーに, 演説でも, 熨斗を, 琴一曲を, 用心深く導かれ, 申込みたる二人, 監視員を, 相談する, 神経痛の, 私は, 笑われまじとて, 結婚を, 義理を, 肩を, 胸を, 興味を, 色々の, 花束も, 見せ嬢, 見舞われる惧, 親しく拝顔, 訓戒を, 話しかけた, 話したもの, 語りし事, 調べられて, 謝罪し, 贈ったのに, 贈ったもの, 送り返すべきなれど, 逢いて, 逢いました, 逢い昨夜, 逢うこと, 逢った瞬間, 遇って, 違いない, 間ちがいない, 隠れて, 雇われた, 面会した, 願うの, 願うべき時

▼ 嬢~ (129, 3.7%)

3 いっしょに, いへば, 一緒に 2 二人で, 呼ばれて, 女優髷の, 婚約の, 燕尾服の, 結婚し, 結婚する, 話を

1 [104件] あいたずさえて, あってること, いいます, いえば, いったが, いわれる婦人, おかみさん, お揃い, すこぶる深遠, その次に, その犯人, その許婚, ただ黙, たった二人, つれだち花壇, なった, ぶらぶら散歩, ほんの少し, もう一人, よばれた猿, ゴジッコンの, サレ嬢とから, ジョンドレット自身とを, チョキ嬢という, トビ君とは, トビ君の, ハドルスキーは, ハルトアン氏とは, フイ嬢の, ベラントの, ベラント氏は, ベラント氏を, マグロアールとを, ルグナンシェとを, ルツェルンの, 三宅先生の, 上原君の, 不正な, 並びし事, 並んで, 中川は, 九蔵氏が, 云って, 仰有る私共, 仲が, 伊太利大使館の, 会見座談会を, 何事をか, 余の, 保一くんが, 僕との, 共犯者トビ学生は, 出会った, 分れて, 到る処, 合乗なら, 同じ人気, 同列で, 同年配, 同様に, 名乗り仏蘭西, 向うの, 向かいあって, 呼び和装, 呼び父, 呼んで, 四人で, 大原さんの, 大尉とが, 婚約が, 対座せし, 市中へ, 御自分, 料理談を, 楽しい時間, 法廷に, 申し上げるの, 男学生トビ君の, 白薔薇との, 相談の, 知り合いに, 私の, 窓に, 笠支配人にも, 結婚した, 結婚したい, 結婚したら, 結婚しよう, 自分との, 自動車に, 見せかけて, 親友の, 言った時代, 言って, 言われ修道院, 許りで, 話が, 話して, 話してたの, 赤ン坊を, 遊ぼう, 面白い舞台, 高嶺若夫人とを, 鬼頭少佐との

▼ 嬢~ (103, 3.0%)

2 また大原, われも, 僕の, 連れて

1 [95件] あんまりだ, いるし, うなずきたまわんかくにわかに, おそらくここ, おなじ生態, きつと, こうなっ, このわれ, この処置, さぞ喜びましょう, さっきから, しかの君に, しよく, そのあと, その意, その部類, たしか金の, どうかし, なるほどと, はずさない, またこの, またわずか, また味, また思案, また振り向き, また料理, また時, また相応, また細川, もう妙齢, もう年頃, よくその, オホホホ何だ, ツイその, 一座し, 一緒で, 三人の, 二十二といや, 今は, 余り強情, 余計な, 先に, 共になん, 出で, 前だれなど, 十九や, 去る十月十六日金曜日, 口を, 可愛そう, 司法主任からの, 吃驚した, 呆れ, 団十郎の, 嬉しくて, 安心だつたろう, 小山も, 帰り再び, 常に其, 幾分か, 御大事, 御緩, 心を, 心配顔に, 思わず, 急の, 悠々たる, 感心し, 感心せり, 我意を, 折角の, 教室も, 暫く思案, 最前紫の, 検分したごとく, 歎息し, 氏も, 気の毒でした, 浦和に, 混って, 漸く心落着き, 眼を, 知りたもう, 窃に, 笑い出した, 続いて, 耳新しく覚え, 自分の, 行末は, 見事に, 親切運転手君も, 詮方なく, 負けて, 跡から, 音楽の, 驚くべき冷静知的

▼ 嬢次様~ (73, 2.1%)

8 のお 3 にお 2 が曲馬団, は云われました, は御, は日本, は曲馬団

1 [52件] から承わりました, があの, がお母さま, が私, が笑っ, が逃げ出す, でございます, とわたくし, と一緒, にだけ捧げ, にとっては生命, にとって何, にわかりましょう, に乗り移られ, に怨まれる, に欺, に紹介, のお話, のもの, の一番大切, の人相書, の写真, の御, の怨み, の手, の自由, の行方, の讐, はいつも, はその, はそれ, はそんな, はグルリ, は一生懸命, は云っ, は人, は今日, は初め, は大層, は心配そう, は楽屋, は私, は表, は貴方, は鞄, は馬, ばかりをお, もあなた, もお母様, をお, を通じてもっともっと, 御一家

▼ 嬢~ (41, 1.2%)

2 が日本, の写真, の行方

1 [35件] がコンドル, が壁, が生れました, が紐育, でございます, という名前, とどんな, とも大変, と三人, と印刷, と名乗る, と思召, と称する, と話, ならば, に対する純愛, のため非常, の事, の作り事, の保護, の功績, の姿, の怪手腕, の母方, の生命, の説明, の讐討ちの助太刀, はお母様, は廷丁, も共に, よりほか, を捕える, を殺し, を虚空, を誘拐

▼ 嬢ちゃん~ (32, 0.9%)

2 です

1 [30件] がいた, がいまだ, がたで, さあいらっしゃい, さあさあおはやく, さようなら, さア, でした, ですか, どうもありがとう, なぞがあらわす, にいつ云う, になっ, に上げ, に何ぞ, のおかし, のお供, の草花いじり, は, はまだ, は魚, も七歳, や, やお, ようく, をさらおう, をさらった, を一しょ, 大層おみ, 御一緒

▼ 嬢~ (31, 0.9%)

3 が多く, なる姫, はさ, はどう, は家路, は男, をくれ 2 がその, が替 1 がそのまま, が替っ, と共に風雨, の言, を心, を汝

▼ 嬢次少年~ (26, 0.8%)

2 が云った

1 [24件] が丸卓子, が書いた, が注意, が生命, が真面目, に会っ, に欺かれ, の, のため, の予告, の仕事, の復讐, の最後, の服装, の訪問, の説明, の過失, はその, は云った, は私, も顔, を一刻, を信用, を見事

▼ 嬢との~ (17, 0.5%)

1 [17件] ご婚約, 三人だけ, 二人が, 二人を, 会話だけで, 友誼の, 問答が, 声を, 密談は, 居住する, 恋愛の, 恋愛時代にも, 様子が, 結婚も, 舞踏が, 関係も, 関係を

▼ 嬢には~ (17, 0.5%)

2 私が

1 [15件] あまり早く, どうかは, ほんとに御, もう一人キテレツ, わからなかった, 今日まで, 似合わない細い, 宅の, 時々この, 気の毒だ, 現場の, 秘密で, 紫の, 自分の, 苦しき紀念

▼ 嬢~ (16, 0.5%)

1 [16件] これまでよりか, さいっ, その, もつともつと綺麗, シュザンヌ嬢の, タルボーという, ベリサン嬢や, マグロアールとともに, ムューシュ嬢と, 女中達や, 看視女等, 真珠夫人ダイヤ姫なぞと, 私が, 綺羅子の, 酌婦などが, 阿父様

▼ 嬢から~ (14, 0.4%)

1 [14件] お詫びなど, であるには, バルテルミー・アドー夫人に, 一通の, 三十銭料理や, 僕に, 僕は, 店内の, 引離そうと, 拒絶された, 握らされた紙幣, 直接に, 観れば, 電話が

▼ 嬢という~ (11, 0.3%)

2 のが, のは 1 二人が, 人は, 名を, 女の, 柳派の, 美しい婦人, 若い娘

▼ 嬢~ (9, 0.3%)

2 まっ 1 あん, までいらっしゃいます, までこれ, まで次, まで身性, まア, まアお嬢さ

▼ 嬢~ (9, 0.3%)

1 から何, といふ噂, ねえ, ねえ人柄がい, よ, イヤ浦原嬢と, 嬢だ, 嬢の, 家の

▼ 嬢~ (9, 0.3%)

1 あつて, げすね, この燕嬢, これも, 一番利口な, 同時に, 少女歌劇が, 年は, 柔道の

▼ 嬢~ (9, 0.3%)

2 デディケートし 1 それを, ドラーゲ公爵家より, モニカよりと, 宛てた書簡, 尋ぬる, 心を, 申すも

▼ 嬢とは~ (8, 0.2%)

1 いかなる婦人, およそ反対, こうしてその, たいした相違, 両派の, 席に, 心が, 揃いも

▼ 嬢たち~ (6, 0.2%)

1 から深海, がおそろしく, で更に, の姿, の手, は皆其方

▼ 嬢ちや~ (6, 0.2%)

1 んだす, んでした, んね, んよ, んサア, ん大きく

▼ 嬢ちやん~ (6, 0.2%)

1 とお, と老, に小さく, のきれい, のばー, 方は

▼ 嬢です~ (6, 0.2%)

2 か, よ 1 きっと, ねえ

▼ 嬢とともに~ (6, 0.2%)

1 ディーニュに, フィーユ・デュ・カルヴェール街六番地の, 中川家へ, 捕えられ怪しい, 枝の, 立ち去る人たち

▼ 嬢~ (6, 0.2%)

1 あんたを, 何んとでも, 僕が, 実は僕達, 生きて, 石橋ジーナ嬢よ

▼ 嬢ちゃ~ (5, 0.1%)

1 まに, まは, まも, まダイヤ, ま観音さま

▼ 嬢とが~ (5, 0.1%)

1 いる別荘, びっくりし, 場内を, 座敷にて, 結婚する

▼ 嬢なら~ (5, 0.1%)

1 で中川, われわれも, トモカクあの, 兼て, 只でも

▼ 嬢にも~ (5, 0.1%)

1 お眼, なれるの, 小当りに, 少しでも, 有りますと

▼ 嬢に対して~ (5, 0.1%)

1 すみませんすみませんと, 大いに注目, 彼の, 私は, 耻辱を

▼ 嬢よりも~ (5, 0.1%)

1 中川が, 兄です, 可愛いくれえで, 松茸売の, 設計図に

▼ 嬢次君~ (5, 0.1%)

1 から志村浩太郎君, が思い, が藤波弁護士, とお母様, に色々

▼ 嬢次母子~ (5, 0.1%)

1 の気強, はそれとなく, は思わず抱き合っ, は首すじ, やかく

▼ 嬢~ (5, 0.1%)

1 お妙さん, にそんな, にゃ極内, に極, も旦かぶれ

▼ 嬢いよいよ~ (4, 0.1%)

1 悲しさ, 悲し気, 気に, 熱心に

▼ 嬢ちゃんと~ (4, 0.1%)

1 が乗った, 合乗に, 同じ年ごろ, 呼ばれて

▼ 嬢~ (4, 0.1%)

4 ちゃん

▼ 嬢と共に~ (4, 0.1%)

1 彼女の, 御馳走を, 月の, 花形役者たり

▼ 嬢吉三~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 の小さな, 定九郎

▼ 嬢あなた~ (3, 0.1%)

1 のお母さま, はイギリス海峡, は以前

▼ 嬢さまあなた~ (3, 0.1%)

1 が蝙蝠, はほとほと, は今晩こ

▼ 嬢さまがた~ (3, 0.1%)

1 にみだら, は庭, もご

▼ 嬢さまこれ~ (3, 0.1%)

1 が皆朝, じゃど, は皮肉

▼ 嬢さま私~ (3, 0.1%)

1 が此処, だけはどうか, ももう

▼ 嬢その~ (3, 0.1%)

1 声に, 美麗なる, 輝かしく美しい顔

▼ 嬢だけ~ (3, 0.1%)

2 では 1 滞め

▼ 嬢だった~ (3, 0.1%)

1 かな, のでございます, 頃わたし開封の

▼ 嬢ちゃん坊ちゃん~ (3, 0.1%)

1 が, と呼ぶ, の事

▼ 嬢である~ (3, 0.1%)

1 かどう, ことを, としたら

▼ 嬢といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 事も, 婦人記者だつた

▼ 嬢とも~ (3, 0.1%)

1 しばしば会談, 呼んだ, 見ゆるならむが

▼ 嬢~ (3, 0.1%)

1 のだ, のである, んです

▼ 嬢に対する~ (3, 0.1%)

1 反抗の, 嫌疑が, 慇懃さは

▼ 嬢サン~ (3, 0.1%)

1 よという恋文, チョット変ダカライラシッテ下サイ, 大キナ声

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 一人, 一人ッきりじゃ

▼ 嬢こそ~ (2, 0.1%)

1 よく知りた, 正しくあの

▼ 嬢これ~ (2, 0.1%)

1 の言う, はわれわれ

▼ 嬢さえ~ (2, 0.1%)

1 そういうお, 知らなかったの

▼ 嬢さま何~ (2, 0.1%)

1 うか, がお

▼ 嬢さま只今~ (2, 0.1%)

1 帰りました, 帰りました申しエ嬢さま只今

▼ 嬢さんあなた~ (2, 0.1%)

1 の手袋, まさか仙太郎さん

▼ 嬢それ~ (2, 0.1%)

1 にワイコフ医師, はいかにも

▼ 嬢ちゃんおんぶ~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 ちやんに, ちやんを

▼ 嬢であった~ (2, 0.1%)

1 が上役, ヴァイオレット・スミス嬢の

▼ 嬢では~ (2, 0.1%)

1 ないか, 性別が

▼ 嬢などは~ (2, 0.1%)

1 その技芸, なんと人間らしく

▼ 嬢については~ (2, 0.1%)

1 わたしは, 怪しむべき節

▼ 嬢に関する~ (2, 0.1%)

1 調査が, 限りは

▼ 嬢ばかり~ (2, 0.1%)

1 ぢや, でなく石川治氏

▼ 嬢へと~ (2, 0.1%)

1 した幟, すっきり染出された

▼ 嬢ほんとに~ (2, 0.1%)

1 幸福ネ, 彼の

▼ 嬢やは~ (2, 0.1%)

1 すっかりたまげ, プリンセスだ

▼ 嬢をも~ (2, 0.1%)

1 盗んで, 襁褓の

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 の落着, わが美しき

▼ 嬢以外~ (2, 0.1%)

1 には, に作者

▼ 嬢何事~ (2, 0.1%)

1 も得言わで, も言わね

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 に心付き, に愁然

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 へ寄り, より

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 がお, が衣服

▼ 嬢様そん~ (2, 0.1%)

1 ならこの, なら此儘

▼ 嬢様ぢ~ (2, 0.1%)

1 や, や無い

▼ 嬢様何~ (2, 0.1%)

2 か存じません

▼ 嬢様家~ (2, 0.1%)

2 に着いたで

▼ 嬢様方~ (2, 0.1%)

1 かへつて, はみんな水泳

▼ 嬢次殿~ (2, 0.1%)

1 の運命, を枷

▼ 嬢~ (2, 0.1%)

1 に兄, に心

▼ 嬢自身~ (2, 0.1%)

1 と笠支配人, は慈善団体

▼1* [241件]

あまりの悔し, 嬢あまりにこの話, 嬢あり今日こそ, 嬢お礼の寸志, 嬢知れない難物, 嬢かけ合いの槍投げ, 嬢かと思うところ, 嬢からの破談通知の, 嬢からも検査証を, 嬢はわが, 嬢こそが三年以前当時十六歳の, 嬢ことウノ子さんは未だ, 嬢こと女優天川呉羽をスター, 嬢この話しを, 嬢さあーん, 嬢さまあさっての晩, 嬢さまあたりからそれとなく, 嬢さまあんた何うして, 嬢さまあんた口をきい, 嬢さまうちの茶園, 嬢さまおもちゃにし, 嬢さまおらんじゃチョックラ, 嬢さまかぶれの眠った, 嬢さまこのごろ時花の都々逸, 嬢さまそそそんなまた, 嬢さまみたいでこの, 嬢さまゆえ嘸哀し, 嬢さま一匹はひきうけました, 嬢さま一度渡れば, 嬢さま丈助が此処, 嬢さま下がお, 嬢さま今晩は萩原さま, 嬢さま危のがす嬢さま, 嬢さま同様にぶら, 嬢さま唯今お支度, 嬢さま御機嫌宜しゅう若い衆さん気, 嬢さま昨夜のお, 嬢さま是れは, 嬢さま毎度同じこと, 嬢さま気質が染みつい, 嬢さま男の方, 嬢さま神さまがわたくしども, 嬢さま育ちだから, 嬢さま若さまに別れ, 嬢さま萩乃のお, 嬢さま踊りのさら, 嬢さま附となっ, 嬢さんうちだ, 嬢さんここいらが好い, 嬢さんじや貴公, 嬢さんたちの結綿島田, 嬢さん何事も此, 嬢さん喰べなさった, 嬢さん坊っちゃん学者世間見ず御, 嬢さん扱いにされる, 嬢さん然として居る, 嬢さん集り話し込む, 嬢さアん, 嬢さーん, 嬢すぐかえりますか, 嬢すこしあざといよう, 嬢すなわちイノサント長老は, 嬢その他出資者に分つ, 嬢その他数人の献金, 嬢それとも私たちの, 嬢そんなところで, 嬢だけのことを, 嬢だけは当主ヘンリク公爵に, 嬢だつたことを, 嬢だのテアトル・フランセイズの, 嬢だろうしまた, 嬢ちゃんがたの遊び, 嬢ちゃんたちに聞い, 嬢ちゃんなにを拾いました, 嬢ちゃん何うも, 嬢ちゃん川上さんという家, 嬢ちゃん相手の機嫌取り同然, 嬢ちょうど臨月であった, 嬢っぷりが下がる, 嬢つぎはモナ・ベクマン嬢, 嬢でございますが兄, 嬢でもあはれんで, 嬢とか申されたな, 嬢とから同時に色目, 嬢として明治二十一年に, 嬢とつぜん大声で, 嬢とてもその本心, 嬢とでも仰言, 嬢とに逢いました時, 嬢とを捜して, 嬢どちら様でいらっしゃいます, 嬢なぞにこまかい注意, 嬢なぞのいたいけな, 嬢なぞもコンパクトや, 嬢などが顔を, 嬢ならずとも邸中, 嬢ならびに狐の, 嬢なるものが, 嬢なんかは高が, 嬢なんぞはどんな好い, 嬢において見出されるの, 嬢について聞いたこと, 嬢についてもまた語るべき, 嬢にでも取りに, 嬢にとつては, 嬢にとってはディーニュ司教は, 嬢にゃ可笑しいか, 嬢によって実行された, 嬢のみにあらず, 嬢はくすぐつたいのをこらへるやうに身体を, 嬢はなあこの犬, 嬢はまるっ切り相手に, 嬢ばかりには一目置い, 嬢ばかりは別だつた, 嬢へというので, 嬢への平凡な, 嬢へは何う, 嬢ほど家庭に, 嬢ほどの癖の, 嬢まあどちらから, 嬢まあどうしてこんな処, 嬢まで矢張其様事を, 嬢までが何が, 嬢もし被告が, 嬢もて飾り付けさて, 嬢やとお父様, 嬢やに気を, 嬢やはと聞くと, 嬢よくおいで下さいました, 嬢のお蔭, 嬢わたしは事務家, 嬢をすら頭ごなしに, 嬢をば盗み去って, 嬢サンアナタ考エ無シデス, 嬢サンガスベテ御存ジデス, 嬢サンココデ仕度ヲシテソレカラ海ヘ出, 嬢サンソンナ愚痴イケマセン少シノ辛抱デス, 嬢サンニ取ッテ置キノ珍シイモノ聞カセテアゲタイト思ッタデス, 嬢サン提灯ヘローソク, 嬢ッちゃん見えただろう, 嬢ッちゃん坊ッちゃんまでが, 嬢ッちゃん遠眼鏡のほう, 嬢テンピの戸, 嬢ハッと思い, 嬢ハッキリと引き受け, 嬢一つ一つ択り出して, 嬢にて水ぎわ, 嬢二つの壜, 嬢二人の出場, 嬢今日は前日, 嬢以下の報告っきり, 嬢以前の留場, 嬢よく御存知, 嬢何と仰しゃッ, 嬢余り残酷で, 嬢倦める色なく, 嬢先生は前身, 嬢十二歳の山川捨松嬢, 嬢千葉富子に負かれ, 嬢同伴で訪問, 嬢四番目は, 嬢四辺を見廻し, 嬢の器, 嬢女給店番なぞいう, 嬢妻子走って, 嬢嫌いよテン, 嬢官文書保存所の羊皮紙氏, 嬢容貌は梅子, 嬢寄席で今日, 嬢少し涙ぐみ, 嬢年齢は二十五歳, 嬢に実質的, 嬢引受けの下, 嬢一身の, 嬢微笑を含み, 嬢忽ち少しく涙ぐみけるを, 嬢怒るに及ばじ, 嬢思いきってすっぱり, 嬢思わず前に, 嬢に顔, 嬢手ごろのやつ, 嬢振返りて思わず, 嬢最後に妹娘ポーレット嬢, 嬢様あんた泣いてるな, 嬢様おら達はなぜ, 嬢様どこさ行かっしゃ, 嬢様わしあはあもう, 嬢様ツイかうと, 嬢様今晩は萩原様, 嬢様何処さ行かつ, 嬢様先はどう, 嬢様先生の御, 嬢様其れは, 嬢様勘違ひさつし, 嬢様勘違いさっしゃるな, 嬢様危のがす嬢様, 嬢様坊ちゃん方をはじめ, 嬢様婆やの目, 嬢様旦那様と奥様, 嬢様皆様お揃ひで, 嬢様育ちのお, 嬢次対狭山九郎太の個人, 嬢次少年自身の名刺, 嬢次様母子の貴方, 嬢次親子が立っ, 嬢殺害事件は日に日に, 嬢が気, 嬢漸く思案を, 嬢無事に帰る, 嬢熱心に御馳走, 嬢田婦を追いまわす, 嬢男主人の大原, 嬢町井石子嬢と云っ, 嬢疲れは兄, 嬢な新橋辺, 嬢を食卓, 嬢相手はヨアンネス, 嬢の伜, 嬢三は, 嬢にもネ阿, 嬢篠田さんが自分, 嬢紳士は終年宴楽, 嬢美術研究所の標本嬢, 嬢く御, 嬢自ら出でて, 嬢蓮紅嬢かけ合いの, 嬢被告を御覧, 嬢見咎められじと一旦, 嬢諸氏の現身, 嬢諸氏すべて偉大なる殉国者, 嬢豈唯白髪を, 嬢貴女を茲, 嬢送り来りて, 嬢逆上をしずめ, 嬢那須ってあの, 嬢邸内轟九蔵氏自室の場面, 嬢電気の舞, 嬢面白がり, 嬢面白いことが, 嬢願わくはこの書, 嬢飛んでも無い