青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太夫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~天気 天気~ 天然~ 天狗~ 天皇~ ~太 太~ ~太い 太い~ 太刀~
太夫~
太子~ 太平洋~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人

「太夫~」 3624, 36ppm, 3235位

▼ 太夫~ (744, 20.5%)

14 云った 11 それを 4 さすがに, すぐに, 思った, 頭を, 頷いた 3 声を, 平太郎の, 急に, 眼を, 自分の, 茶を

2 [30件] おいでかね, おのが, おゆみ, お銀, そ, そこで, それが, それに, ひそめた声, また笑った, カラカラと, 上の, 云うの, 今年五月の, 元気よく, 喜三郎の, 微笑を, 心の, 早くも, 歯噛みを, 白虎の, 盃を, 眉を, 立ち上がった, 箱の, 若くて, 袖を, 見て, 静かに, 黙って

1 [621件 抜粋] あいさつを, あいまいに, あえて掛け声, あのジダンダ, あの朝, あの通り, ある日二人, いそぎ足に, いたく心配, いつぞや清水, いまは, いよいよ真剣, いよいよ苦り切っ, うごかさぬ程, うなずいて, うわ語, えらばれて, おせんちゃんには, おどろいた, おびえた声, およそ二十日余り, おらぬか, おりうからの, お園, お角, お銀様, お雪, かっとのぼせた, かつて長崎, かなり真剣, かねて寿平次, かれに, がまんを, ぎょっとした, くすくす笑いだした, ぐっと拳, けんめいに, こういう話, こうオツネ, こう云っ, こう思っ, こう約束, こう言っ, こちらの, このごろこんな, このとき, この二人, この品, この座敷, この書面, この発句, この話, これから発狂, これを, こんなこと, こんな変, さうい, しかるべき家, したたかに, しばらくためらっ, しばらく畳, じっと彼, じっと眼, じっと見詰め, すこし身, すっかり感心, すっかり慌てた, すなわちお, すなわちそれ, そうお, そう云っ, そう思う, そこでやわらか, そこもとに, そっちへ, そのほう, そのま, その向う, その問題, その席上, その日, その管轄領主, その綱条, その若者, その金包み, それでもこの, それには, それのみ, そんな年寄ぢ, たしかにお, ただ笑っ, だんだん本職, ちょっと考え, ちらと, ついにこの, ついに全くその, つかまれて, つくづくと, でえ, とう, どうかする, どこまでも, なお暫く, なお雫, なのりあったあと, なみなみ水, なんと思さるる, にぎった拳, にこにこし, はじめて与八, はっとした, はっとべつ, はなしかけた, ひやかした, びくとも, びっくりした, ふしぎな, ふところから, ふと気がついた, ふり向いて, ぼんやりと, まさをとの, まず寝台, また云った, また当時相撲取り中, また暫く, また桝田屋, まだ何, まだ見えぬで, まるでそれ, みんなお, もう一言, もう先刻, もう喘ぎ, もう席, もっとうまい, もと船頭, もはや一時, やがて云った, やはりよそ, やはり依然として毒婦, ややしばらくオースチン師, ややひそめた, よし人形, よろめきながら, わかり切ったこと, わが家の, アッと, アリアリ思いだした, イスを, エライよ, クツクツ笑いだした, ズンズン進ん, ノソノソと, ピッタリ岩壁, ホッと, 一人で, 一向そんな, 一喝した, 一段と器用, 一語も, 不在か, 与八が, 両手で, 中気で, 中風で, 主人だ, 主人右衞門佐に, 乗出して, 二三人の, 二十七八に, 云い障子, 云って, 云ふ, 五代目である, 京師を, 今までの, 今日の, 今日は, 他の, 他家への, 仰向けに, 伊太夫として, 伊太夫としての, 伊達太夫相生太夫らにて, 伊集院平がもう一度, 伝内の, 佇んで, 何んで, 使えます, 供養の, 修業時代には, 俯伏した, 偉いところ, 側へ, 傍から, 元祿十年七十歳, 先へ, 光悦どのが, 全盛の, 兩人が, 冷かすよう, 冷たい調子, 冷静な, 凄味の, 初めて知っ, 初代が, 刺して, 助かるまい, 動ぜぬ座, 十五人ホーキン氏は, 十八番の, 十秒前後で, 厚いふき, 厩から, 又追いやられた, 叔父勝り, 口ごもった, 口を, 口惜しそう, 古参でも, 只事でない, 叫んだもの, 可笑しくなつた, 吉田八十松の, 呟いた, 呼ばわった, 和尚の, 唇の, 唇までも, 商売柄注意力観察力記憶力なぞが, 喋るまい, 喜三郎と共に, 嘲笑い, 四十年前に, 国老が, 城の, 堺の, 壺坂の, 変人の, 夜に, 夢の, 大喝した, 大声で, 大得意, 大病人, 大袈裟な, 大言を, 天使だ, 天晴粋の, 失笑を, 女性に, 如何なる特美, 妙月庵の, 始は, 家人が, 家内へ, 家康に, 容易の, 寛永から, 審か, 寿美蔵の, 小坊主の, 小走りに, 少し御, 尼について, 居ずまいを, 岩の, 左手の, 市五郎を, 師匠の, 常時の, 平常痰持, 平次と, 平次の, 平素自分から, 幸若の, 座を, 座興の, 引越しを, 弟子の, 強く喉, 彌, 当惑な, 彼を, 御病気ゆえ, 御馳走に, 微動さえ, 心持声を, 心配し, 必死と, 必殺の, 怖, 思わず云った, 思わず歓喜, 思わず相好, 思案し直す, 怨みを, 怪しい謡, 怪しく心, 恐る恐る語りつづけた, 恐れ入った気色, 恭しく一揖, 情けない面, 愉快そうに, 愕いた, 感に, 感心な, 慌てて, 慎重で, 慢心和尚を, 憮然として, 我意を, 我手の, 戦場へ, 戦時に, 手前か, 抱えて, 押返し夫しき, 拙者も, 拳を, 挨拶が, 挨拶に, 振り返りつと, 振返って, 播磨という, 故意と, 斃ちた, 文楽座の, 日の, 早くから若殿, 早速其の, 早速女房, 昔から, 春さきから, 是非も, 暗くな, 最も安心, 最初から, 最前と, 有名な, 机の, 杯盤の, 松明を, 枕に, 林を, 根気よく, 極り惡さうに首筋を, 楽屋に, 榧の, 歌の, 正気を, 此処へ, 此方の, 歩いたもの, 歩み寄って, 死んだけれど, 死物狂ひ, 母に, 母御の, 気も, 水戸樣の, 決して不愉快, 沈痛に, 没落した, 泣いて, 泣き出しそう, 活と, 渡辺金兵衛や, 源女の, 灯籠を, 無関心, 片腕に, 片足を, 狩衣にて, 玄関に, 生きながら, 用右衞門を, 申しました, 登を, 白状した, 皆三河から, 皮肉に, 直樣原澤村名主用右衞門同道, 相当考古学, 相手きらわず, 真剣でした, 知らん顔を, 破れ扇に, 確かに, 磔刑か, 社殿から, 禿げあがった額, 秀でた資質, 突然真夜中, 立ちすくんだま, 竹刀を, 竹槍で, 笑い出した, 笑った, 笑止気に, 筆を, 答えた, 精根が, 紐を, 素人の, 紹由が, 終始うつ向き, 絞り出すよう, 絶えずとは, 絶望の, 綾瀬太夫播磨太夫らにて, 緑雨の, 緡銭を, 繰り返した, 美人で, 老巧らしく, 考えた, 考えて, 考え込んだが, 聞かなかった, 肩を, 肱枕で, 背の, 腰を, 腰車に, 腹を, 膳の, 自由党時代の, 自身携え, 舞い乍ら, 色を, 若殿様の, 苦い面, 茶椀を, 荷打ちを, 葭簀の, 術師の, 表向きに, 袖乞いに, 袴の, 見も, 視力が, 観念し, 観念の, 言葉を, 訊き返した, 記憶を, 話しだした, 語った, 語らないで, 説明した, 調剤所へ, 謙遜とばかり, 豪語する, 責を, 賛成の, 起ち上り, 起った, 越路太夫住太夫津太夫らなり, 足を, 跛の, 躓かせた路端, 身の, 身ぶるいした, 軽い咳, 軽く頷い, 返辞を, 追放せられた, 透かさず声, 逞しい髯面, 進んで, 道鏡の, 遠く夜, 酉年の, 野半天割羽織に, 鉄砲玉薬を, 長曾我部元親, 陰密の, 陰気に, 階下の, 非公式に, 面目を, 頷いたが, 頷いて, 頼もしく思っ, 顔見あわせ, 顔見合せた, 顫え, 飛び退いて, 飲みながら, 首を, 駈けて, 騎馬の, 驚いた手紙, 驚きの, 驚きも, 高野山, 黒痘痕の, 黙った

▼ 太夫~ (671, 18.5%)

7 家に 5 名を, 家で, 家は 4 前へ

3 [12件] すがた, ところへ, 側へ, 口から, 家には, 屋敷へ, 方で, 死骸を, 笠に, 話に, 話を, 部屋を

2 [47件] お玉は, ことで, ために, ふたりが, むちの, もとへ, やうな, ように, 一座が, 事が, 二人が, 人柄でした, 人気は, 人氣は, 位だ, 位でも, 体は, 前で, 力強い声, 勤振, 口が, 口まねだ, 名が, 名も, 周囲を, 墓は, 声が, 妻を, 娘, 娘お, 娘の, 家から, 家では, 家も, 屋敷の, 心中の, 息の, 手を, 方の, 方は, 槍が, 様子を, 船に, 許へ, 身の, 邸へ, 頭の

1 [515件 抜粋] あの気前, あやまりやり直し, あやめであった, ありがたいお, いたこと, いないもぬけの殻, うちに, うちへ, うわさで, おこよと, おゆるし, お上屋敷, お世辞, お俊伝兵衛, お側用人, お尻, お心, お染さん, お玉が, お石碑, お紋, お蔭なりとて, お鈴, お骨折りだ, ことそういう, ことだろう, ことであります, ことでございます, ことです, ことと, ことに, ことについては, この娘, ごときが, しかたも, したよう, せがれか, その悩み, そばに, それに, ためにも, つばめと, つもりで, とうわべ, ところでは, ところに, はあれ, は佐藤信淵, ひとりだった, ひと知れぬ, ひろめを, ふたりだった, ほうから, ほうには, ほうへ, まじろぎも, もあります, やしきである点, ようで, よりも立派, イキで, ドラ息子の, 一の, 一人二役だ, 一味であっ, 一命を, 一座に, 一手で, 一枚絵にも, 一枚繪にも, 一派から, 一番でありました, 一行が, 一行は, 万歳す, 三人の, 三勝半七も, 三千歳は, 三卿で, 三番叟でも, 下屋敷から, 下駄は, 不遜に対する, 両名, 中にも, 主なる, 乳の, 事です, 事も, 二人に, 二人は, 二名士が, 二老人は, 些細な, 亡くなつた時, 人氣が, 人氣には, 人氣も, 仇討を, 他に, 仲に, 伜の, 位の, 位を, 位牌は, 住居の, 住居妓家の, 体が, 信太妻以来歌舞妓唄にも, 倖稲富喜三郎の, 側で, 傍に, 傍らに, 傷ついた身体, 兄弟は, 先祖が, 出るの, 出府も, 刃傷には, 切腹を, 前に, 勢力を, 単なる推理, 卵と, 取り得べき, 取り落した槍, 受けた辱, 受領は, 古跡という, 吉田屋の, 名で, 名にも, 名は, 名槍, 名残りも, 君などという, 告白であります, 呼び声が, 命令も, 咽喉と, 品評が, 唇から, 問題は, 喜びは, 噂も, 墓が, 墓も, 声で, 声に, 声の, 声は, 声を, 夢を, 大丸船を, 大官に, 大船が, 大船は, 女房お, 女房の, 女房へは, 如きは, 如き清元, 妻が, 妻へ, 妻女が, 妾の, 姿が, 姿と, 姿は, 姿を, 娘が, 娘きいが, 娘きいであった, 娘で, 娘なんか, 娘なんかじゃ, 娘は, 娘暴女王として, 娘気の毒ながら, 娘縄を, 子か, 子だ, 子喜三郎直久, 子息九郎兵衛と, 宅は, 官名は, 家からは, 家でも, 家とで, 家にも, 家の, 家へ, 家へも, 家や, 家を, 家内が, 家族たちが, 家族四人を, 家来と, 家老宍戸備前その, 家臣であろう, 宿に, 寄せ書を, 富と, 寝間は, 寢間は, 封印を, 專横を, 小坂さんの, 小堀義哉も, 小屋掛けの, 小手を, 小林民部輔様や, 少年の, 居た頃, 居城の, 居間や, 屋敷あと且つ, 崇拜者の, 差した酒盃, 帰りを, 帰るの, 平常を, 年増は, 幼名と, 座中に, 座敷でなく, 座敷に, 座敷の, 弟で, 弟に, 弟にて, 弟子である, 弟子では, 弟子に, 強靭な, 役儀大切に, 後から, 後に, 後を, 後妻お, 後妻を, 後見を, 後身かと, 後身にも, 徒に, 従者の, 御内儀, 御帰還, 復命を, 心が, 心の, 心へ, 心を, 心持ちであろう, 心持をも, 心持次第と, 忌避に, 快方を, 怖れ, 恋人だ, 息子源之進と, 悔悟の, 意を, 意見を, 態度とに, 態度を, 慰みである, 手から, 手で, 手に, 手にも, 手の, 手は, 手へ, 手下には, 手前も, 手腕に, 手討にな, 手許には, 手許へ, 手踊りと, 手飼の, 扶持を, 持てるもの, 挙動を, 推薦で, 操座では, 支配に, 支配を, 收入は, 方から, 方が, 方ぢや, 方に, 方にては, 方へ, 方を, 旅館を, 映画を, 智慧だらう, 曲独楽使いの, 最後の, 服を, 望み通り荷物の, 来た時, 枕もとを, 枕許へ, 根拠地の, 楽屋の, 槍に, 様子では, 横町で, 次男に, 正本, 正本と, 正本は, 死んで, 死体は, 死体も, 死骸が, 死骸の, 死骸よりも, 母は, 母親の, 気分とを, 氣を, 江戸のや, 沈んだ声, 浄瑠璃との, 湯には, 燕女といふ, 爲事で, 父親だ, 独り子三郎の, 生活に, 生涯は, 由緒書なる, 異様な, 病は, 発意によって, 白秀英と, 白秀英は, 眉の, 眉間には, 眉間を, 真似してたら, 眼に, 眼を, 知ったこと, 知行でさえ, 稽古所, 空骸を, 立場が, 立場です, 竹久紋之, 第一, 粂吉た, 糸でも, 系図が, 紋之, 細君名人お, 組下に, 組下の, 経験でも, 総べて, 緑雨醒客の, 美しいの, 群は, 義辰の, 老番頭, 者が, 耳に, 耳にも, 肩に, 胸次第太夫が, 脈を, 脳膜に, 膝の, 膝を, 膳を, 舞台に, 舞台姿に, 船が, 苦い面, 苦い顔, 蔦吉という, 薪猿楽奉納が, 蘭語も, 虚に, 衣裳や, 袂石, 袂石という, 袖の下を, 袴で, 製作に, 製法に, 襟元を, 西部姫氏を, 見せられて, 見た夢, 見るまじきもの, 見世物小屋であっ, 見台が, 覚悟に, 言葉に, 許から, 訴えに, 証言, 話が, 話し出すの, 話なんか, 語るチョボ, 語る文句, 説明は, 調子によって, 諫言も, 負けざまは, 財産に, 財産額として, 質問が, 質問に, 起きだすの, 足もとへ, 跡取で, 踊ってた足, 踊り衣裳も, 身上に, 身上は, 身代りに, 身代りにな, 身許は, 身辺に, 身辺へ, 躯の, 辛崎一本松とは, 辯解は, 返歌は, 迷惑じゃ, 連判に, 連名を, 道中といふ, 道中も, 選択に, 選擇に, 遺骸の, 邸で, 邸と, 邸の, 邸へと, 邸へも, 部下の, 部屋から, 部屋からは, 部屋だけに, 部屋に, 部星の, 都合を, 配下に, 金力が, 鋸引きそういった, 錚, 鑑賞力では, 長持を, 門下に, 門人だった, 隔離せられた, 雇人である, 離れ座敷, 難儀を, 静物福助だ, 面々は, 面を, 面影を, 領内で, 領土, 頬が, 頬を, 頭が, 頭では, 頭に, 頭は, 頭を, 額へ, 顔に, 顔には, 顔の, 顔ひとりが, 顔を, 顔色が, 顔色万事祇園に, 願は, 風, 養子と, 首は, 首を, 髑髏の, 鬼小僧自身であった, 鶏娘, 黙認が

▼ 太夫~ (378, 10.4%)

14 云った 7 来て 3 出て, 答えた

2 [14件] お客に, それを, 介錯した, 先に, 声を, 嵯峨の, 座を, 所領の, 来た, 泥棒と, 浜松の, 為に, 自分の, 館と

1 [323件] あとに, ある時, いかに御用, いた, いった, いて, いなくなって, いる, うやうやしく式体, うー, おいでに, おみえ, おり赤髯, おるであろう, お前に, お客さんと, お花, お迎えに, かえられますとか, かつて住ん, がまん強く云った, きいた, こう言い出した, ここで, ここに, このこと, この横暴, これを, こんなに急, さも大仰, さりげなく聞い, しきりにその, した, したたか兵衛の, したやう, しめっぽい調子, すわる, すんなりと, せっかくの, そういう, そういうもの, そう答えます, そこに, そのぱっと, そのテーブル, その城兵, その方, その祖, それへ, そんなに年寄, そんなに年寄り, たずねて, ために, ちょっとその, つとめる, つぶやいたが, とにかく明日, とぼんと, どうした, どうして十石, どんな亭主ぶり, なぜか, なにか云い返そう, なにげない口ぶり, なびきたい方, なんでここ, はっと思う, はね起きた, ひとりござっ, ふと病床, まずそれ, またも掛物竿, また上方見物, また告げた, また知らせ, まったく津川, めざまし草, もう大方あらまし, やって来て, ようやく認めました, わけても製法使法, わざと受太刀, わずかに, オースチン老師と, セカセカした, ホッと, 一ノ関の, 一人も, 一人尚, 一人足に, 一月寺の, 一行から, 七十三万石の, 三万七千石と, 三萬七千石と, 上つて性根場に, 上方見物に, 不憫に, 与八と, 与八を, 二人, 二人あっ, 二人を, 二度目の, 些細な, 人に, 今度の, 今度上方へ, 今晩避難の, 何か, 何という, 來た, 倒れると, 借りに, 傷ついて, 元祿四年生れ, 入つたん, 入らないの, 全くあきらめ, 全体への, 兵衛の, 再びここ, 勤めて, 勧進元の, 半蔵や, 去定, 参ったと, 又それ, 口を, 口軽く, 台所へ, 叱ったもの, 叱っても, 合点し, 呼ばれた, 命令を, 和田の, 唐人語を, 唸りました, 土人部落へ, 堀川の, 声が, 大津に, 大織, 太刀にかけて, 太刀ばかり, 奥へ, 姿を, 娘に, 娶つた美妻, 宝暦末年の, 客に, 客の, 家に, 家は, 家内の, 家老の, 寛文十一年に, 尊信措かざる, 小町庵の, 少し皮肉, 居らぬ, 帶の, 平三郎の, 年増でこそ, 床の, 床へ, 庭さきへ, 廊下へ, 引つ込んで, 引立た, 引舟を, 引連れて, 弟にて, 当惑する, 役向きにも, 彼の, 後閑仙七の, 御文, 微笑した, 心配した, 心配そうに, 怒って, 思い当るところ, 思わず眼, 急病だ, 急病だって, 怪しいと, 惡事露顯の, 想像し, 愕いた, 所望し, 手ずから茶, 手馴れの, 承知を, 振り乱したる髪, 捕らえられたそう, 改悛を, 故地, 故意に, 教会に, 斎藤越後守を, 断わって, 新九郎に, 旅を, 旅立ちを, 日頃は, 最優等生, 朋輩の, 朗々として, 朝廷の, 木剣も, 本邸詰の, 来たそうな, 来たならお, 来たので, 来たらその, 来てるなぞという, 来ました, 来る, 柳沢家へ, 案内されました, 案内し, 横死と, 歎く, 此の, 死ぬると, 死んだ, 死んでからは, 殺されたとき, 殺されてから, 殿と, 殿の, 浄瑠璃を, 浪人した, 潮の, 父の, 現はれ, 生憎に, 生涯の, 用いすてたの, 甲州から, 甲斐に, 男ぎらいになったらおいらは, 男の, 病氣の, 真にうけない, 眼を, 祝儀を, 稲佐の, 立帰った, 立派な, 笑つてゐ, 笑つてゐる, 第二, 第八十三番, 紅に, 経済問題を, 綱に, 締めて, 編笠越しに, 縁の, 義太夫聲に, 老後に, 聞いて, 聞き出したの, 背後に, 腹に, 膝を, 自藩, 舞台で, 良辨杉の, 若年の, 茶椀を, 菊治だ, 薄紫熨斗目の, 藤十郎の, 蛇の目の, 衆人環視の, 西宮の, 見えれば, 見たところ, 見つめると, 覚りました, 親子打揃つてこの, 言い出したこと, 言葉を, 訊いた, 訊き返した, 訪れて, 許を, 評判で, 語り物を, 語るこ, 語ると, 語るところ, 請人にて, 警察を, 辛い思ひ, 辛うじて両手, 逃げ出すの, 通詞として, 道薫坊である, 道薫坊と, 遥かに, 遮った, 選ばれた, 部屋へ, 部屋を, 金鋲を, 長崎で, 間近から, 阿古屋を, 降って, 露西亜から, 静かに, 非常に, 順三との, 頑固で, 頭二十四孝吃, 高扇, 鳥追ひ, 鳰鳥を

▼ 太夫~ (179, 4.9%)

8 見た 4 つれて, 呼んで 3

2 [11件] こちらへ, よんで, 奥方に, 持ちこんで, 殺したの, 殺して, 袋叩きに, 見ると, 足蹴に, 非難する, 顧みました

1 [138件] あまい人間, あやめたん, お家の, お雪, きめ込む, これから訪問, さえ叱, たすけだしたり, たんのうさせる, つかまへて, つくづく眺めた, はじめ家中の, はじめ桝田屋の, はじめ桝田屋蓬莱屋梅屋いずれも, はじめ毛利長門守細川越中守浅野安芸守松平大蔵大輔, はら, ひとり身受け, みこと, モルガンが, 主観的に, 乗せた時, 二心の, 交えて, 仕つり候, 仰天させた, 伴ひ, 伴れ, 傭ふ, 出せ, 別に嫌っ, 勤めた, 友達扱いは, 口説いて, 召し寄せ手ずから, 召抱へ, 名のる, 呼で, 呼びに, 呼べッ, 呼んだ, 呼出され其方名前, 呼出され文藏宅, 和尚と, 喜ばすこと, 土俵の, 始め一座, 始め二三, 子供心に, 尊敬し, 小姓に, 居合討ち, 巡って, 師と, 座に, 引つ張り出して, 引つ張り出すん, 引攫って, 引渡すし, 引立て養子延寿太夫, 弾劾する, 当の敵, 彼に, 得て, 御前様と, 御屋形, 御手討, 恋して, 悩まさねば, 愛して, 憶い起す, 我は, 抜打に, 招いて, 招き置きて, 招ぎ清元節稽古の, 招じ, 挙げなければ, 捉まえ, 援けて, 教えた男, 教えて, 斬った, 斬って, 斬つた時, 斬れなどと, 根引い, 横取りする, 残したる九人, 殴りたかった, 殺したと, 殺したとき, 殺した女, 殺してから, 殺す氣, 独占し, 生擒, 生檎, 痛み吟味, 益々怪奇, 相手と, 相手に, 知らんというは, 祖神と, 称へる, 穴の, 聴くだけでも, 自分の, 致さる, 舞臺正面まで, 薫陶した, 裏切るよう, 見かえった, 見たこと, 見るつもり, 見上げる, 見知って, 見舞わなければ, 見送って, 親分御存じです, 討ち取ったを, 訪ねた, 訪ねたの, 訪れたこと, 訪れて, 訪問した, 誉めて, 語せ, 賞するため, 贔屓に, 蹴落して, 身受けした, 連れて, 重から, 関ヶ原で, 除いたら水藩, 静かに, 頭に, 鷺娘の

▼ 太夫~ (177, 4.9%)

6 云ふ 3 いって, 云ふも, 用人の 2 いう, 云うの, 云う人, 懇意に, 申す者, 登は

1 [150件] あるは, いい唱門師, いうな, いうので, いうよりも, いっても, いつて, いわれた沢村源之助, いわれた蘿月, お座なりの, お銀様, かいつてもちツ, この菓子皿, し雨, そこを, その一行, であった, なった, なった道長, なって, なつた, なつて, なりて, オースチン師は, ホーキン氏とが, ホーキン氏とは, 一味の, 一寸法師の, 一杯やり, 一緒に, 丁山という, 三味線ひきの, 三味線切っ, 不義を, 二人で, 二枚目品位と, 云いますそう, 云う侍, 云う妓, 云う男, 云う知人, 云う老年, 云う老爺, 云う者, 云った, 云ったそう, 云った摂津, 云った老人, 云はれた, 云ふあり, 云者の, 仇名され, 今の, 位階格式禄高の, 儀助を, 全く別人, 別看板を, 十平太とが, 危くつき当りそうに, 号し, 合議させ, 同じくのち, 同じく自分, 同じく色, 同じもの, 同じやう, 同じ値, 同じ推理, 同じ痢病, 同盟の, 名のる, 名を, 名乗って, 名乘ら, 名宣つて, 呼ばれた侍, 呼ばれる第一流遊女, 呼ぶんでしたかね, 呼んで, 和らぎ合せたいと, 和気行蔵の, 奮戦し, 女興行師お, 女芸人は, 存じますが, 定めたので, 宛名し, 平太郎とは, 心中沙汰に, 思はれるから, 情夫を, 意見の, 才蔵とが, 才蔵とは, 打合せを, 新知事, 旅川と, 柳沢吉保との, 梅野井, 梅野井の, 権次とを, 河豚内は, 洒落ぬ, 浄瑠璃の, 瓜二つに, 申さる, 申され候御仁, 申しまして, 申します, 申しますの, 申しまする, 申します私, 申すの, 申すもの, 申す大家さま, 申す舞, 知合いに, 禿とを, 私稱し, 称す, 称する遊女, 称せしこと, 立合いながら, 竹内数馬の, 紀州との, 膝を, 膳を, 色事の, 若殿と, 衝突し, 親しくなりました, 言い争った会所, 言うたか, 言うた訣, 言もの, 言われる程, 誤って, 謀りにわかに, 辰男が, 近藤勇との, 違って, 邂逅した, 長兄とが, 雪之, 霜頭疎, 青砥弥助とは, 青砥弥助を, 順々に, 食堂へ, 鳰鳥とが

▼ 太夫~ (162, 4.5%)

5 向って 3 なって 2 ござります, して, しても, 会って, 似て, 化けた志賀内匠, 嫉妬を, 惚れて, 頼んで

1 [136件] いい付け, いい付けた, お手討, お預けと, きくと, くるしめられしゆゑ, こびて, これへと, ございます, ございまする, した, した所, そんな内情, そんな惡戯, たのむところ, ちと急用, ついたこと, つめよつて, なったとしても, なった人, なつた, なつて, なるだけ, なれたまた, なれると, もうちっとの, よく申しあげ, ホシを, 一人の, 一瞥を, 三味線は, 云った, 仕込みそうして, 任された事務, 任じて, 任せて, 任ぜ, 会いこれこれ, 会いに, 会い事実, 会い河野父子, 会ってと, 会わせに, 似氣, 元の, 光悦屋敷を, 出る処, 別れしより, 別れ何, 刻薄であった, 化けて, 十円の, 向い, 吹聴しました, 呼ばれて, 呼びもどすこと, 声を, 夢中だつた, 夢中で, 夢中に, 大きな悩み, 奢らせて, 尋る, 對ひ, 就いて, 巻きついて, 師事した, 廉立った, 弓引く者, 念を, 急病人, 恭しくも, 手切れとも, 招かれたからと, 招かれて, 拾はれ, 拾われて, 指図され, 挿させたまでの, 採り入れられて, 擬せられる傀儡子, 本式の, 来て, 案内され, 残って, 洩したの, 渡して, 火急な, 焦れた男, 猪之の, 申しあげたらさぞ, 申し上げまする, 申し出ると, 申入れる, 申諭し, 目くばせし, 目を, 相違は, 短刀を, 稽古を, 立ち帰り, 組した, 継いでの, 縋りついた, 習わせるといった, 聞いて, 背くこと, 腹を, 臣事した, 見えた, 見こまれて, 言ひ含め, 訊いた事, 訊きましたが, 託し六郎太夫, 託すと, 話して, 認められたこと, 認められたの, 講釈を, 近く少し, 返って, 送り届けい, 逢い損ねブラブラ, 逢つた, 逢ひ, 逢わずに, 連係した, 遅れては, 遺つた, 関係する, 附属する, 青桃, 面会した, 頼まれたから, 飛びかかるかと

▼ 太夫~ (119, 3.3%)

5 さすがに 2 ぎょっとした, 出て, 千原九右衛門も

1 [108件] あたりを, いた, いとま, いるくらい, おなじ位, お秀, お願, こころよく泊め, この御, この際, さき程から, しいて手伝え, しばい, すぐかれ, すこし寄れ, せっかくああいっ, そこは, それについては, つづけ, どうする, どのよう, なんだかばか, なんとなくこちら, ひまは, またそれ, またほか, もう一度ここ, もう少し不, もとよりその, われながら, ホーキン氏も, 一応お, 下座の, 不安に, 不憫を, 世間には, 云う通り, 五太夫も, 今夜は, 体へ, 何やら不安, 係り合, 六助の, 十一人すべてが, 反閇, 口を, 右近も, 同じよう, 同じ着物, 呆れましたが, 命令こそ, 喜びました, 困って, 堀江町の, 墨菊太夫も, 大いに喜び, 大いに感じ, 大坂者ゆゑ一しほ思ひ遣り, 大層よろこん, 奴共も, 始めは, 小さい時, 小さい机, 小菩薩太夫, 少しあっけ, 島原の, 当日出席する, 心置きなく, 念を, 思わず知らず, 悦んで, 悲痛な, 旨そう, 會釋し, 止め兼, 此方へ, 武士が, 死骸の, 気がついて, 狂気の, 町人が, 畳の, 皮肉に, 相当な, 真槍の, 眼の, 眼鏡を, 知っては, 祥光院の, 立派に, 膝を, 自分ながら, 至極に, 若党も, 若党共も, 見物に, 覗くこと, 跣足だ, 近頃は, 近頃少し気, 近頃少し氣, 追, 退き伏見屋, 途方に, 道也も, 銭形平次も, 面を, 鹿爪らしく

▼ 太夫さん~ (118, 3.3%)

3 を, 呼んで 2 が急病, が首, の家, は, を探し

1 [102件] お使いで, お妻太夫さん, から何, から言伝, がいう, がいろいろ, がお, がお前, がかかった, がここ, がぽんぽん, がわからない, が乗ってる, が会う, が引, が死ぬ, が目付, が確か, が自害, が鷹, が黙っ, しっかりお, じゃったかな, だなんて, だよ, でございますよ, でしょうという, です, ですがね, ですって, でも, で長虫使い, とお前さん, とは段ち, とやりやった, とやり合った, と呼ん, と竹之助様, どうもわたし, なぞと呼ばず, なので, ならそれ, なん, なんていう, なんて者, になっ, にはなに, にもよろしく, に一言, に教わっ, に焼酎, に片耳, に踊らせ, に逢いたくっ, に頓着, のお, のお話, のすすめ, のため, のほう, のよう, の子, の御存じ, の方, の源五郎殿, の粋, の芸, の見世物, の辱ン, の面, はこしらえない, はた, はどう, はやんごとなき, は中学校, は佐用姫様, は僕嫌い, は情女, は美しい, は茂丸, ばかりで, へ何, へ太夫さん, へ短刀, まあお, まだです, もやり, もオカ, も年, も殺します, やサーカス, よかッ, をお, を紛失, を血眼, 下りて, 判らないこと, 御案内, 御見物, 疲れると, 程の腕, 踊ったり

▼ 太夫~ (67, 1.8%)

6 の御 5 のお 3 にお 2 お手, お手ずから, にお茶, の福分

1 [45件] から, からのお, がお立ち, がこれ, が乗込ん, が仰っし, が去ぬ, が名代, が知己, が高力左近太夫様, だなん, でさえ, ですからね, で道中, とおっしゃる, と来たら, と言, と言われた, に, にちょっと, にも一腰, によく, に会いたい, に会う, に負, の, のご, のところ, の許, の道中, はお忍び, はそれ, はわたし, は今年二十七, は引受けません, は萩, へいいつけ, もつづい, も世, も今度, も大岡清九郎様, を敵, を日頃, を殺した, 今必死

▼ 太夫という~ (62, 1.7%)

7 のは 4 のが 3 ものの, 名を 2 人が, 人の

1 [41件] お旗本, ことに, たところ, のには, のを, はじめ身分も, もの, ものが, ものここに, ものです, もの何とぞ, 人を, 人間が, 名から, 名で, 名である, 名前まで, 名称と, 唐人であった, 弓の, 当時の, 御師, 方が, 方の, 浪人が, 海賊が, 清元の, 男が, 男の, 男は, 祈祷者ともに, 義太夫の, 老人中年まで, 者が, 者であった, 芸人は, 若い美しい堺, 豪農が, 足利の, 軽業師を, 関口流の

▼ 太夫殿~ (31, 0.9%)

1 [31件] お家督, からだった, から受取つた潤筆, から餞別, が湖水, が通り, とても御用人格, と云, と同盟, と申す, にご, の, のお, のため, の云う, の娘小夜, の御, の手先, の真実, の総領, の血統, は槍, は迷路, へお, へお預け, へはお世話, もういけない, も家族, より頼まれ, りが, 正太夫殿

▼ 太夫から~ (22, 0.6%)

1 [22件] あの暗, そう言われ, たずねられて, たよりの, 下座に, 二世は, 先ほど, 冷かされたが, 右の, 外国領事を通じて, 奥役まるで, 宮川町の, 招かれたん, 来たと, 献じて, 珍らしい, 聞いたし, 聞いた十二月以来, 見せて, 諸士, 選ばれて, 鑑札を

▼ 太夫~ (21, 0.6%)

4 の若

1 [17件] では愈々, に忍び入っ, の人気, の勢力, の周囲, の坂田藤十郎, の座付茶屋宗清, の座元, の弥生狂言, の役者たち, の持主, の木戸, の楽屋, の舞台, の道具方, は直ぐ, よりも後

▼ 太夫には~ (20, 0.6%)

1 [20件] しません, その風, ちと男, ちと難しかろ, ながめられるだけ, 久しい前, 伯父にあたる, 別れて, 史館の, 執事の, 恨みを, 構わず甲斐, 田舎者らしい, 相当知音, 聞えなかったらしい, 裃を, 解らない, 解らなかった, 言は, 話さなかった

▼ 太夫~ (16, 0.4%)

1 [16件] いった, かさねて, 尻を, 手紙を, 攻め寄せる, 来た手紙, 武士が, 渡され其方共瀬川親子, 申し聞かすとて, 菊五郎が, 話しかけたが, 話を, 質問する, 躍りかかりました, 頭を, 頼んで

▼ 太夫とは~ (15, 0.4%)

1 [15件] いかなる者, まったくうらはら, よく言, 二刻あまり, 付近に, 別々に, 寝室へ, 御嶽山中を, 支那周代の, 支那唐朝の, 歴々武士の, 殆ん, 申されなかったか, 緑町の, 聞きも

▼ 太夫~ (14, 0.4%)

2 江戸へ

1 [12件] あつた, あつたの, ござりました, その傍, でも, なにぶんにも, はじめ一つ鞠の, 副使は, 彼を, 手のうちの, 構えも, 美貌と

▼ 太夫義辰~ (14, 0.4%)

1 [14件] というの, という人物, とその, なる者, にも増し, の手勢, の陣, の領下, はみずから, はもいちど一室, は加え, は自身, も時, を訪ね

▼ 太夫といふ~ (13, 0.4%)

3 のは 2 幕府の 1 ものあり, ものが, 人は, 佝僂男が, 百姓にても, 義太夫の, 老人中年まで, 若くて

▼ 太夫~ (13, 0.4%)

1 [13件] その他の, それに, 五太夫の, 人形使いに, 宗対馬守の, 得石を, 梅渓卿も, 糸や, 紫朝の, 薩摩太夫に, 親戚の, 長唄の, 閣老の

▼ 太夫どの~ (11, 0.3%)

1 [11件] あなたの, お二人, か, か伴内, ご隠居さま, であります, に餅, の, のご, の母御, 御隠居さま

▼ 太夫~ (10, 0.3%)

1 が高力左近太夫樣, で道中, によく, に端, はお忍び, は今年二十七, は引受けません, は萩, を祭つて, 今必死

▼ 太夫その~ (9, 0.2%)

3 人の 1 ほかだいぶ, 人でした, 息子に, 方が, 方の, 武士の

▼ 太夫~ (9, 0.2%)

1 か一段, ぞそう, つたから, つたと, つたのです, とわかる, な, 女に, 次が

▼ 太夫なる~ (9, 0.2%)

1 もの百太夫を, 一美形の, 人についても, 人物は, 小林民部太夫あり, 或意味, 百姓老爺が, 者は, 魔女の

▼ 太夫にも~ (9, 0.2%)

1 あう, あった, ない家族たち, 俺は, 同上の, 唖の, 数日来しきり, 相当よく, 考えが

▼ 太夫高長~ (9, 0.2%)

2 は翌年二月 1 その封, の惣領, はかつて, は仙台, は嘗て, は当主, は病

▼ 太夫とも~ (8, 0.2%)

2 云ふ 1 あるもの, ある傾城, ある者, あろう者, いって, 云われないねえ

▼ 太夫~ (8, 0.2%)

1 で交替, の長屋, へお預け, へ入門, へ呼込, へ移し, まで帰り, も御覧

▼ 太夫たち~ (7, 0.2%)

1 が唐人ことば, でも内蔵助, に興, の列, の浄瑠璃, は皆, も声

▼ 太夫である~ (7, 0.2%)

1 から称へた, ことについて, ことを, ということ, とは紹介, と云, に相違

▼ 太夫でも~ (7, 0.2%)

2 伴れ 1 あり更に, 不思議は, 受出し, 花魁なら, 請出して

▼ 太夫~ (6, 0.2%)

2 ッそろしく 1 こよを, めえ, 待遠, 角さんの

▼ 太夫~ (6, 0.2%)

2 なたの, なたは 1 なたお, なただけは

▼ 太夫~ (6, 0.2%)

2 ので 1 のだ, のです, のは, んです

▼ 太夫~ (6, 0.2%)

1 だと, なりし, にて今回, にて相応, の水戸藩士, は松島

▼ 太夫お前~ (5, 0.1%)

1 に命ずる, は兎, は立派, は覚え, を敵

▼ 太夫との~ (5, 0.1%)

2 關係は 1 二人が, 社殿が, 関係ふたりの

▼ 太夫にとっては~ (5, 0.1%)

1 それは, 不思議であり, 今日まで, 思いがけないこと, 無上の

▼ 太夫~ (5, 0.1%)

2 兄弟に 1 側御, 叔が, 預り御

▼ 太夫~ (5, 0.1%)

1 だ, にし, の誇り, をおき, をつとめ

▼ 太夫~ (4, 0.1%)

1 えおいこれ, お前の, 萬之助か, 誰か

▼ 太夫じゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, ない水芸, なかったか, ねえか

▼ 太夫とか~ (4, 0.1%)

2 鳥追ひ 1 乃至は, 申すの

▼ 太夫として~ (4, 0.1%)

1 かなり売った, 客に, 自分の, 詩作を

▼ 太夫などと~ (4, 0.1%)

1 いっしょに, 名乗りしばしば, 土地の, 類を

▼ 太夫なら~ (4, 0.1%)

1 お客にも, ばそういう, ば雪, 敦盛という

▼ 太夫よりは~ (4, 0.1%)

3 美登利の 1 此方が

▼ 太夫一味~ (4, 0.1%)

1 が周章て, のし, の者, の連判

▼ 太夫~ (4, 0.1%)

1 がある, がその, の開扉, は夷社

▼ 太夫~ (4, 0.1%)

1 と同じく, には時服二領, に追, はしばらく

▼ 太夫自身~ (4, 0.1%)

1 にも見物, のほか, の居館, も如何

▼ 太夫茶屋~ (4, 0.1%)

1 でヒラリ, で逢おう, の四畳半, へ足

▼ 太夫~ (3, 0.1%)

1 さ, の, の太夫い

▼ 太夫です~ (3, 0.1%)

1 か, から一段, そのくらいの

▼ 太夫では~ (3, 0.1%)

1 ないか, なくして, 無いか

▼ 太夫とかいう~ (3, 0.1%)

1 名前を, 浪人の, 瓢箪の

▼ 太夫とが~ (3, 0.1%)

1 この言葉, 全く一つリズム, 敵に

▼ 太夫~ (3, 0.1%)

1 に唆され, に縄, は命

▼ 太夫一人~ (3, 0.1%)

1 で八人分, のため, の為め

▼ 太夫以上~ (3, 0.1%)

1 にぶとい, にも俊基, に我々

▼ 太夫~ (3, 0.1%)

1 下が, 朔方節度副使試殿中監賜紫袈裟僧伊斯遠く, 熨斗太夫桜川善二坊その他俳諧師牧乙芽力士勢藤吾等であった

▼ 太夫姿~ (3, 0.1%)

1 が整えられる, にし, に仕立てた

▼ 太夫~ (3, 0.1%)

1 三品が, 五品上が, 四品下が

▼ 太夫~ (3, 0.1%)

1 が既に, が集まっ, はやはり

▼ 太夫~ (3, 0.1%)

2 であった 1 にひとり

▼ 太夫あの~ (2, 0.1%)

1 太夫なら, 綱渡りの

▼ 太夫あれ~ (2, 0.1%)

1 がいれ, を遣ろう

▼ 太夫おいら~ (2, 0.1%)

1 あどこ, にゃ平馬

▼ 太夫お勝手~ (2, 0.1%)

2 の側

▼ 太夫かた~ (2, 0.1%)

2

▼ 太夫これ~ (2, 0.1%)

1 はわし, は縄

▼ 太夫さま~ (2, 0.1%)

1 がさる, のお

▼ 太夫さんたち~ (2, 0.1%)

1 と半蔵さま, はどこ

▼ 太夫しか~ (2, 0.1%)

1 ないよう, まだ知りますまい

▼ 太夫そう~ (2, 0.1%)

1 いって, じゃあなかっ

▼ 太夫そち~ (2, 0.1%)

1 が水戸家, の弁舌

▼ 太夫たる~ (2, 0.1%)

1 土豪本多氏の, 書生の

▼ 太夫だけは~ (2, 0.1%)

1 べつとして, 独り気違いの

▼ 太夫だった~ (2, 0.1%)

1 が登, のです

▼ 太夫であり~ (2, 0.1%)

1 以後母は, 作者であり

▼ 太夫といふは~ (2, 0.1%)

2 伊勢渡会の

▼ 太夫とて~ (2, 0.1%)

2 木綿の

▼ 太夫と共に~ (2, 0.1%)

1 合祀され, 心機霊活の

▼ 太夫など~ (2, 0.1%)

1 いろいろを, 七十三人の

▼ 太夫などが~ (2, 0.1%)

1 たのもしい木蔭, 出たの

▼ 太夫などの~ (2, 0.1%)

1 不埒者の, 隔離地とも

▼ 太夫なんて~ (2, 0.1%)

2 贅は

▼ 太夫のや~ (2, 0.1%)

1 しきから, しきは

▼ 太夫ほどの~ (2, 0.1%)

1 ものを, 侍も

▼ 太夫まだ~ (2, 0.1%)

1 それを, 話したいこと

▼ 太夫よく~ (2, 0.1%)

1 しらせに, 我が心

▼ 太夫より~ (2, 0.1%)

1 半刻, 祐齋つづい

▼ 太夫わたし~ (2, 0.1%)

1 がこの, にはまだ

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

2 之丞

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

1 が朝, が朝議太夫

▼ 太夫主従~ (2, 0.1%)

1 は宿, は着

▼ 太夫五太夫~ (2, 0.1%)

1 の槍, は相手

▼ 太夫五太夫七~ (2, 0.1%)

2 之丞

▼ 太夫以下~ (2, 0.1%)

1 の奸党, はらやの

▼ 太夫以前~ (2, 0.1%)

1 にこの, に拡つた愛護民譚

▼ 太夫以外~ (2, 0.1%)

1 にはない, の何人

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

1 が昼, より申上候得バ

▼ 太夫夫婦~ (2, 0.1%)

1 に逢, も傳六

▼ 太夫年寄役~ (2, 0.1%)

2 の儀助

▼ 太夫或は~ (2, 0.1%)

1 才の, 舞

▼ 太夫房覚明~ (2, 0.1%)

1 と申し, の血

▼ 太夫政元~ (2, 0.1%)

2 は四十歳

▼ 太夫晴信~ (2, 0.1%)

1 が使, の御

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

1 がいた, は御

▼ 太夫白秀英~ (2, 0.1%)

1 が観客, の演劇小屋

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

1 の朱, を着

▼ 太夫禅僧霊宗~ (2, 0.1%)

1 に下されました, を語らっ

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

1 の正本, を作り

▼ 太夫~ (2, 0.1%)

1 がもらう, や芸者衆

▼ 太夫貴女~ (2, 0.1%)

1 はそれだけ, は其

▼ 太夫足早~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ 太夫退屈~ (2, 0.1%)

2 をした

▼ 太夫道中~ (2, 0.1%)

1 があります, もその

▼1* [423件]

太夫あたしを清姫, 太夫あたしゃ会いとうござんした, 太夫あたりはいく, 太夫いかにも真槍を, 太夫いでや独楽, 太夫いまさらの如く, 太夫うけたまわればそ, 太夫おかえり前に, 太夫お前さん恒ならねえ, 太夫かかえて来た, 太夫かよと彼は, 太夫からのおいい, 太夫かれこそその, 太夫がまをおい, 太夫さまにも, 太夫くれえ好きな, 太夫こう三人が, 太夫ここだここだ, 太夫こそこの人, 太夫こと公用多繁, 太夫こと斎藤緑雨極楽浄土に居, 太夫この老人にも, 太夫足労じゃが, 太夫ごときは末, 太夫さえも一時うなっ, 太夫さんあっしだが, 太夫さんお客様じゃない, 太夫さんお気をつけ, 太夫さんお立ちあいの衆, 太夫さんこれでお気, 太夫さんとこへお, 太夫さんなんですか, 太夫さん一踊りご苦労, 太夫さん一人は右, 太夫さん何とまあ, 太夫さん出番ですお, 太夫さん妙な子供, 太夫さん寒かありません, 太夫さん後生ですから, 太夫さん椿嬢蓮紅嬢かけ合いの, 太夫さん気取りになっ, 太夫さん落籍おさせやしたや, 太夫さん親方さん今そこで十八番, 太夫しゃくりが出る, 太夫じゃあねえかい, 太夫すこしも騒がず口, 太夫すべて幸若に関した, 太夫すら予期しなかった, 太夫そのものよりは酒, 太夫その他の者, 太夫その他数氏の懇篤, 太夫そんな物を, 太夫たった一人で, 太夫だけが残って, 太夫だけになお悪い, 太夫だの谷の, 太夫やない, 太夫ってどこに, 太夫っていう人の, 太夫つきの禿, 太夫つづいて鬼石, 太夫つばめの美し, 太夫であって馬扱い, 太夫であったなど和尚, 太夫であるならば忠義一図, 太夫であれそんな事, 太夫でさえ騒々しさ, 太夫とかいふ女を, 太夫としての貫禄から, 太夫としてはそれに, 太夫としてもかりそめ, 太夫とてとしは, 太夫とても永, 太夫とに対し旺然たる, 太夫とやらで, 太夫とやらの申楽能は, 太夫とをごつちや, 太夫どすか今, 太夫どちらの座敷, 太夫どっちへ随, 太夫などから比較すれ, 太夫などにあんな肌合の, 太夫などは稽古の, 太夫なども召しか, 太夫などを側室に, 太夫なにがしという財閥, 太夫ならびに長門守は, 太夫なりしにぞ, 太夫なるたけ長く枕元, 太夫なるべき者を, 太夫なんかへっおれ, 太夫なんぞをやって, 太夫にだけは明かすが, 太夫にでもなるか, 太夫にばかりは足の, 太夫にまでも進めり, 太夫によつて出版された, 太夫に対して資本主としての, 太夫に対する才蔵にまで, 太夫のみ五十一で, 太夫はうは言, 太夫はくすっと笑った, 太夫はじめこの大尽, 太夫はじめこちらから見, 太夫はじめ一族が参列, 太夫はじめ文楽関係者は罹, 太夫はじめ能登守のお伴, 太夫はたからいらざる, 太夫はねられぬままに, 太夫ばかりでなく室町, 太夫ひとりしかなかっ, 太夫ふと妙な, 太夫ふところを探っ, 太夫ぶしの正本, 太夫へは丁寧な, 太夫へも他の, 太夫ほどに派手でなく, 太夫ほんとうにこの, 太夫ほんにいいこと, 太夫ほんの前芸に, 太夫また篤太郎とも, 太夫まで馴れ染め, 太夫までが變な, 太夫もう一人は, 太夫もへッたくれ, 太夫やったりその, 太夫やっちめえ, 太夫やも寄合つて更めて, 太夫よいことを, 太夫よりか余程骨, 太夫よりもこの煤ん, 太夫らしい女あらゆる, 太夫らしく他所行きに, 太夫わざわざの見舞, 太夫わびはあと, 太夫をもまのあたり藩主, 太夫を以て紅葉の, 太夫を通して訊きたいこと, 太夫ガ道中スルカラ二階ヨリ見セタラ, 太夫チョとインコウ, 太夫ナリである, 太夫も御, 太夫ロクにない, 太夫一家でもまず, 太夫一座の猿楽, 太夫一生の内, 太夫一行の泊った, 太夫三十六歳にし, 太夫三味線弾きが, 太夫三味線弟子等合して, 太夫三味線鶴沢重造諸氏も参加, 太夫三室戸伯爵を通じて改めて, 太夫上がりのよう, 太夫國地方は, 太夫乃ち起って, 太夫乗組み県立女子師範学校側を, 太夫亀右衛門丞などの人々, 太夫別ニ小弟, 太夫云い遺すことは, 太夫五十歳前後鶴澤吉治四十歳前後竹本座の手代庄吉, 太夫は百済王家, 太夫今日の旅路, 太夫付きの引船, 太夫以下楫取水夫十二人, 太夫以下紋太夫に組, 太夫以來世襲的な, 太夫以來家藏の書物, 太夫以来たいてい相場, 太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 太夫伝兵衛の下, 太夫住太夫津太夫らなりし, 太夫何もかも不思議な, 太夫何事ですかな, 太夫の事, 太夫信玄入道田夫野人の為, 太夫俺たちの交際, 太夫は見られず, 太夫先祖代代安喜香我美南郡はかせ頭役仕来, 太夫八ツ橋が花, 太夫公卿の子, 太夫六松と偶然, 太夫其外縁故のある, 太夫其山伏事御用の仔細, 太夫内海孫兵衛丞をはじめ, 太夫花の, 太夫勝美のうしろ, 太夫化物の入る, 太夫十九歳以前のこと, 太夫十字架の前, 太夫千原九右衛門のふたり, 太夫即座に答え, 太夫原信濃野尻右馬介河越喜翁千村民部奈良井主水, 太夫友方と云, 太夫友謙三郎兵衛という男子, 太夫右近に対する消し, 太夫各務と私, 太夫合祀の夷神社, 太夫吉住小三郎関屋敏子先代桂春團治立花家花橘などがその, 太夫吉治庄吉は笑, 太夫同じく左内増田甚兵衛同じく, 太夫名竹松で一座, 太夫呂太夫の錚, 太夫周囲の取, 太夫命助けだ, 太夫咬み合いの場, 太夫唐津口には郡正太夫, 太夫善知鳥の曲舞, 太夫喜三郎の二人, 太夫四人目はその, 太夫四男は八兵衛, 太夫四男五太夫の二人, 太夫堀越寛介藤田吉亨郎等に参集, 太夫外国奉行喜多村瑞見などの, 太夫大勢なりと雖, 太夫大尽の宿, 太夫大蛇使いの組紐, 太夫大隅太夫呂太夫の錚, 太夫大隅守の申し付け, 太夫天一を駕籠, 太夫天満五丁目の商人阿部長助, 太夫太田備中守源資晴殿引き續いて, 太夫を曲舞太夫, 太夫始めより真, 太夫始め百乗千乗の王侯, 太夫は原口, 太夫となっ, 太夫孔融は前, 太夫宗仲の館へ着いた, 太夫定着の年代, 太夫家清など, 太夫小竹浜の茂七郎, 太夫小艶が綱, 太夫居常寛濶を好み, 太夫山口一露斎右筆の上坂大炊助, 太夫山彦師匠各得意, 太夫岸沢式佐連中で, 太夫の市村六, 太夫師匠は岸沢, 太夫帳元奥役道具方一統から踊子, 太夫幕下までは控えさせられ, 太夫平然と云う, 太夫年齢は廿九, 太夫に瀬川, 太夫座元で堺町, 太夫弘訓の勧, 太夫弥太一とやらの介抱手当, 太夫を承った, 太夫待ってくれ, 太夫徒小姓横目の木村長左衛門, 太夫従三品銀青光禄太夫正四品上, 太夫従五品上が朝請太夫, 太夫従四品上が大中太夫, 太夫御座あらせられましたネ, 太夫御手洗伊右衛門に鉄砲同心, 太夫御覧のとおり, 太夫徹夜のロケーション, 太夫忠八の兩人, 太夫感心は爲す, 太夫慇懃に口上, 太夫程然し, 太夫が買える, 太夫所蔵文書には, 太夫を貸せ, 太夫持宗が天海, 太夫控えましてご, 太夫播磨太夫らにて相応, 太夫支那人の劉, 太夫敢ない最期だ, 太夫敦盛の死後, 太夫新貝弥七郎天野貞之丞古留源八郎, 太夫方ニ相成申候, 太夫旅館に千葉一党, 太夫晏子に向っ, 太夫好橋谷市蔵重次, 太夫景行と名, 太夫曲独楽を廻す, 太夫望みを果したら生き, 太夫木暮武太夫永井喜八郎木暮八郎と云う, 太夫本多源右衛門の兩人, 太夫本姓林氏世々松浦侯に仕, 太夫本木三世は西家, 太夫とも言, 太夫村上浪六の諸氏, 太夫来らず空しく帰る, 太夫松倉良助の両人, 太夫松本能登三瀬越には大塚權兵衞, 太夫松葉屋桐屋以下呼出され瀬川, 太夫にこう, 太夫格子局女郎なぞとてまえ, 太夫格子毀の鉄伝, 太夫桑折甚右衛門横山弥次右衛門, 太夫桜川善二坊その他俳諧師牧乙芽力士勢藤吾等であった, 太夫取の, 太夫様ご存じのこと, 太夫様以下四十七人一人残らず無事, 太夫様団十郎の芸, 太夫様御家中志賀玄蕃同苗内匠の母, 太夫様此君様などともいい, 太夫樣御家中志賀玄蕃同苗内匠の母, 太夫権妻美妙女役者水蔭比丘尼露伴後室逍遥踊の師匠眉山, 太夫樫田阿波守という人長, 太夫此間から江戸中, 太夫し子元吉, 太夫死後は十數年打ち, 太夫殺しの件, 太夫殿あれをひとつ, 太夫殿お互いに浪々, 太夫殿この世に用, 太夫殿家督相續萬端首尾よく相, 太夫殿御病死の所御世繼これ無, 太夫殿此節俄に大病, 太夫殿江戸着にて伊豆守上使, 太夫殿等御相談, 太夫殿酒井讃岐守殿を始め, 太夫氏勝が八千余騎, 太夫を水, 太夫永井喜八郎木暮八郎と云う, 太夫沢村源之助の婉姿, 太夫河東の二人, 太夫泣いている, 太夫津太夫らなりし, 太夫浅野内匠頭長矩即ち忠臣蔵, 太夫浪速あやめと申す, 太夫渡辺金兵衛らはみな一ノ関, 太夫源政綱というこれ, 太夫の白糸, 太夫濁った眼を, 太夫為俊卿であった, 太夫父子をも手, 太夫父子吉野山出語あれば, 太夫物事はケチ, 太夫狂言方連歌俳諧師狂言作者などの上り, 太夫玉井春昇三味線お京, 太夫玉井春昇三味線徳弥いよいよ三勝半七酒屋, 太夫玉川權之助三十前後のこれ, 太夫用心して, 太夫用意せい, 太夫田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 太夫畝町には井上監物, 太夫病気の口上, 太夫盗賊めは, 太夫盛忠というもの, 太夫堅, 太夫直々のこの, 太夫相生太夫らにて今回, 太夫眷属ずらりと居流れ, 太夫石川日向守総和は歌川豊国, 太夫社産所の傀儡子, 太夫禅僧霊宗らの忠義者, 太夫移住の萬治二年, 太夫程に妙ならず, 太夫稲垣対馬守そして格, 太夫立女役の荻野八重梅, 太夫立派な方々, 太夫竹本小光愈, 太夫一の, 太夫筆屋三右衞門事福島彌右衞門町方住居の手習師匠矢島主計辰巳屋石右衞門番頭三次事木下新, 太夫答えて曰く, 太夫答えるものは, 太夫がつい, 太夫組紐のお仙, 太夫義久と申し奉る, 太夫義辰殿の許, 太夫老人がいっ, 太夫て大, 太夫聞いてさては, 太夫聞書という写本, 太夫職下は宿場, 太夫が治まらぬ, 太夫を立てかけ, 太夫自慢だ, 太夫致忠の四男, 太夫良意の, 太夫良斎は落語家, 太夫良永の地動説, 太夫芝居に野呂松勘兵衛, 太夫花魁共の紋提灯, 太夫芸妓の数, 太夫茨田軍次白井儀次郎入門す, 太夫薄墨のお, 太夫藤木氏の末裔チンコッきりおじさん, 太夫藤田将監などの一類, 太夫藤田将監以下その筆蹟, 太夫見るとあろう, 太夫見事な銀色, 太夫觀世太夫を呼, 太夫て出血, 太夫話してやっ, 太夫を覚え, 太夫贄川の権太夫, 太夫赤岡村に足田市太夫, 太夫身化粧ができます, 太夫身支度の間今一囃子, 太夫く存じ, 太夫遊女三人宛御給仕, 太夫遠慮はいらねえ, 太夫邪念をはらっ, 太夫配下のめん, 太夫重昌の三人, 太夫重長麾下に属せざる, 太夫鈴木順平藤林藤吉石川五郎治及余五人舟にて宮島, 太夫銀三郎民之助, 太夫銀座の小南利兵衞, 太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 太夫降って上杉謙信, 太夫隠才蔵, 太夫面會の處, 太夫になりまし, 太夫領内の健児ら, 太夫頼むかくまってくれ, 太夫頼淳と號, 太夫頼純の四男宗通, 太夫養母というもの, 太夫香屋の清一, 太夫高座まで控えさせ, 太夫高松凌雲箕作貞一郎山内元三郎らをはじめ, 太夫鬼頭天王の尼, 太夫鷹司の臣小林民部権太輔両人遠島, 太夫鹿の子の腰帯, 太夫と呼んだ, 太夫鼠小僧の墓, 太夫鼻金剛という名人, 太夫齋藤忠兵衞吉田久太夫毛利吉右衞門生松原