青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「富~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寂しい~ 寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~ 密~ ~富
富~
富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~ 寛~ ~寝 寝~

「富~」 2872, 31ppm, 3761位

▼ 富~ (504, 17.5%)

12 分配の 117 増加が 6 ために, 程度が 5 分配を, 勢力を, 増加は 4 増加と, 増加の, 快楽に, 性質及び, 理論

3 [14件] 分配, 分配が, 分配において, 分配は, 創造では, 小川の, 札を, 理論の, 生産の, 発達を, 神と, 程度に, 程度は, 貞操

2 [42件] あらゆる増加, うちに, すべての, わずかに, プールが, 一部を, 上に, 不平均, 価値は, 分布の, 分配法そのものを, 分量は, 力であった, 力は, 勢力にも, 勢力は, 半分を, 唯一の, 増加に, 増加につれて, 増加を, 増進が, 増進は, 外に, 定義について, 快楽, 快楽を, 急速な, 方が, 渇想を, 神である, 神の, 程度でも, 種類, 競争が, 箱を, 臣, 蓄積を, 阿魔, 額は, 顏を, 顔を

1 [301件] あくなき, あずかり知るところ, あらゆる誘惑, うた, うちで, かかる増加, こと, ことを, さらに広大, すべてを, ためか, ためには, つぎ足しを, ところだ, ところへ, ない自分ら, まえへ, ますます進歩, またよく, やつとも, よってきたる, よって来たる, より以上, エレメントに, 一家が, 一小, 一種を, 一部である, 一部分である, 一部分を, 上で, 世界ある, 世界なり, 世話を, 中での, 中心点たらし, 中心点であるだろう, 主たる源泉, 事は, 二倍量, 交換, 伜と, 何割を, 余剰は, 余裕大ならざる, 使者なり, 価値も, 価値を, 価値をば, 偏在, 偏在を, 傍へ, 傘に, 充実を, 全体を, 全部を, 公正な, 兵に, 出来よう筈が, 出沒は, 分け前を, 分配に, 分配や, 分配知識の, 分量を, 前に, 前には, 剰りなり, 割合を, 力が, 力でも, 力の, 力よく, 劣る隣国, 勢力が, 勢力すなわち, 十分の一に, 原因である, 厭離すべき, 圧制も, 在り方であった, 地に, 地殷賑の, 基礎が, 塵の, 境遇に, 増加なく, 増加により, 増加及び, 増加率と, 増大は, 増殖, 増減を, 増進に, 増進において, 増進により, 増進を, 増進及び, 声も, 売買が, 外には, 外にも, 多少を, 夢をね, 大きな分け前, 太陽は, 奥ゆきの, 奪取を, 威力で, 威力と, 字か, 字と, 字を以て, 安全を, 完成に, 定義, 定義に, 宮殿だ, 専有に関して, 専有は, 小川, 小路と, 小路に, 尺度であるなら, 尼寺上座の, 崇拝, 崇拝と, 崇拝を, 巣へ, 市を, 帝王だ, 平均と, 平均的再, 幾つかを, 度より, 廢滅すべき, 当り屋とまで, 彼に, 徴候では, 心に, 快楽は, 急速なる, 性質と, 性質の, 悪臭を, 意義, 態度も, 所在を, 所有者である, 所有者と, 手を, 持続とは, 数学的理論, 新創造, 方は, 方へ, 日だ, 時であっ, 暴力, 本質的差異について, 松といふ, 松八代將軍の, 根を, 根源である, 極に, 概念を, 標準とは, 権威を, 正しい説明, 武家たちに, 死骸は, 死骸を, 死體を, 母親お, 求心力なる, 求心力を, 流入や, 消費者たれ, 渇想と, 渇想は, 測定の, 湯へ, 源が, 源であります, 源泉たる, 源泉に対しては, 源流でも, 滿ち, 為には, 無限の, 煩悩の, 片頬, 王者とを, 理論が, 理論すなわち, 理論である, 理論は, 理論経済学の, 生産, 生産が, 生産と, 生産における, 生産には, 生産に対する, 生産または, 生産をば, 生産分配消費の, 生産及び, 生産問題には, 生産者と, 生産論すなわち, 産業的生産は, 番号は, 発展を, 目には, 真の, 眼も, 破壊であった, 破壊理性と, 祝言といふ, 神たる, 神として, 神なり, 神プルツス, 神様, 福音を, 科学である, 科白, 程度の, 程度を, 程度向上し, 種々を, 競争によって, 競争により, 競争や, 第四, 約百分の二, 累進的増加につれて, 細工で, 経済的生産の, 結果に, 総計で, 総量である, 縁起を, 美徳を, 胸の, 膨張も, 自然的な, 自然的必然的結果たる, 自然的発達につれて, 若草を, 荷物が, 華奢な, 蓄積が, 薩, 襟もとへ, 視線に, 親が, 親娘, 言うところ, 言う通り, 言って, 言ひ, 言ふ, 言葉を, 許婚者で, 話に, 誇りに, 調査を, 豁達さも, 豊富無尽蔵を, 貧しくなりたる, 購い得るあらゆる, 身請を, 辛辣な, 返事は, 進歩し, 進歩につれて, 進歩の, 進歩は, 進歩を, 過剰を, 過剰蓄積に対し, 過多と, 部屋へ, 都市, 都市集中を, 野郎が, 野郎は, 量である, 量でも, 長襦袢の, 間のみの, 隱れ住ん, 集まりたるもの, 集中大, 集中富の, 額が, 顏の, 顔には, 鵞鳥の

▼ 富~ (490, 17.1%)

8 積んで 7 もって, 得て 5 構成する 4 擁して, 重ねて 3 作って, 分配する, 定義し, 所有し, 持って, 支配する, 有して, 生産する, 蓄積する

2 [21件] たもつ者, 一代に, 作り出すこと, 呉れると, 増加する, 増加せしめる, 彼らに, 得た, 得たるが, 得る道, 手に, 振り返つた, 有するもの, 有せしめば, 有つ, 為す者, 研究する, 積むの, 積んだ人間, 論じ貧, 豊富ならしめる

1 [386件] いたしこれ, いたしたるの, いたしたる者, いたすの必要, いたすもの, いのるけれども, いま三倍も, うらやませて, かち得た偉, こういう風, ことごとく持っ, この東作, さえも, さらいこむの, しまひ, すくい取るため, すてて, すてるも, すなわち, そのままな, それに, たくはえたの, ちょろまかして, つかむ代価, つくした建築, つくつたので, つくらうと, つくるに, つくろうと, つぐ者, つみ上げて, つめこんでる彼ら, つめるという, つれて, とったの, なした, なしたの, なすゆえん, にぎり民主政府, のぞんで, はからんと, ひとり占めする, ふやした, ふやして, ふやす能力, ふやそうと, ませば, むさぼらぬよう, むさぼるよりは, むさぼる悪業, もたらすべき生産設備, もたらす幾多, もち経済力, もつて, やって, よびおこして, より有効, われに, アカイアの, キュリー夫妻へ, 一つに, 一人占めに, 一人殘し, 一度達せられた, 一段上へ, 一緒に, 一般的には, 一身に, 三輪の, 与えたもの, 与えるならば, 主として商工業, 主人の, 二つに, 享楽する, 人に, 人為の, 今でも, 何う, 何せん, 作った, 作ったが, 作ったと, 作っては, 作つた, 作らなければ, 作りたる人物, 作りつつ, 作り出す力, 作るべしだ, 作るもの, 作る原因, 作る道, 作れ作れと, 作ろうとして, 併せたり, 例証する, 価値が, 促して, 傷つけること, 傾けつくして, 傾け尽しても, 先に, 全部手に, 公共の, 冀って, 冀つてゐた, 分捕るの, 別け与えること, 制すること, 制するの, 制限する, 削減するであろう, 加えて, 助長し, 勤めたるほどの, 包容する, 占め勢甚矜豪, 占領したい, 取て, 受け継いで, 吸収される, 吸収し, 問うと, 国家の, 均等化する, 増さうと, 増さむとしてこころをつくす, 増した, 増し大衆, 増すこと, 増すと, 増す方面, 増そうという, 増加しない, 増加し得る, 増進さす, 大いに利用, 大いに増大, 失ったのに, 失った沖縄, 奪い取り暴力, 奪われたかと, 奪還しよう, 守り栄えしめること, 家の, 寿する, 属せしめる, 平均化し, 平等に, 引取つて掛り人とも, 引取つて神田で, 彼に, 待つて, 得がたし, 得たいと, 得たかと, 得たきもち, 得たという, 得たやう, 得たらば, 得た場合, 得た島守, 得た市長, 得た起原, 得るか, 得るに, 得るも, 得るよう, 得る一途, 得る事, 得る方法, 得る為, 得れば, 得んこと, 得んと, 得んより, 得繁盛する, 心待ちに, 忌みきらっては, 恃み, 意味し, 慾の, 憎まず, 成さない, 成したという, 成す家畜, 成す成功者, 所置しなけれ, 承け繼ぎ, 投げ込み成功, 投ずるは, 抛たしめば, 抱く者, 拐帶し, 拵へた人が, 拵へる, 持つた家, 持来そう, 挙ぐとも, 掘るもの, 探る役目, 控へて, 掴んで, 握りながら, 握ること, 握るといった, 握ろうと, 撮食, 擁する富豪翁, 擁する者, 擅に, 支配す, 数へ, 數へ, 日本に, 最も公平, 最終戦争準備の, 有しこれ, 有するとき, 有すれば, 有せざれば, 有せしめなくては, 有た, 望む者, 極めて増加, 欲する非常, 此世で, 死守しよう, 残した血, 殖し, 殖やししたがって, 殺さずに, 殺したの, 殺して, 殺すこと, 殺せば, 母に, 水の, 永つづきさせたい, 求むることをなさずたゞ貨を, 求むるに, 求むる婆羅門, 求めず戰, 求めて, 求めては, 消化吸収する, 減少し, 無くしても, 無事に, 爲すかと, 爲すに, 物語つてゐ, 犠牲に, 狂熱的に, 独占する, 獲るため, 獲るに, 獲んと, 獲得する, 生ずるもの, 生産し, 用いて, 百倍に, 益々ふくらませた, 益々増加, 盗んで, 目当の, 目標として, 目的と, 相続する, 睨みつけた, 睨んで, 示して, 社会に, 社会の, 祖先から, 神の, 神様の, 私し, 私せる, 私せん, 稀少な, 積みながら, 積みましたが, 積み三井三菱, 積み兵, 積み娯楽, 積み江戸, 積み町人, 積み高位, 積むに, 積むべき汐, 積める者, 積んだあげく, 積んだだけに, 積んだといふ, 積んだ家, 積んだ男, 積んだ百壽園壽齋, 積んだ覚え, 積んでも, 空想し, 突き当てて, 笑わせも, 築いただけの, 築いた富豪, 築きあげた実業家, 築き一方, 築き上げたという, 築くに, 組成する, 絶対とみ, 翻訳者自身に, 致しけるが, 致した, 致した基, 致した者, 致した賢人, 致し得て, 致すこと, 致すこと算, 致すは, 致す評, 興行し, 英本国へ, 蓄えたとか, 蓄えたなら第, 蓄へ, 蓄積し, 蓄積した, 蓄積しはじめた, 蓄積しよう, 蓄積し得ない, 蓄積占有する, 蔵い込ん, 表して, 表わす一時的美観, 表象する, 褒めちぎります, 見ながら, 見送りながら, 見露, 覚えつつ, 誇って, 誇りと, 誇示し, 説いて, 論じて, 謳へ, 譲り受けた時, 護るため, 豊富に, 負債に, 貯えて, 貯え高い, 貯へ, 貯積し, 貰うなどの, 賭けた九つ, 起すに, 軽蔑し, 追つ, 追は, 追ひ出す, 追ふ, 造つて居る, 造り出すの, 連れて, 遺された富める孤児, 重ねしと, 重ねる, 重ね故に, 量る, 量るを, 金庫の, 集めた, 集めたばかり, 集めたる, 集めて, 集中し, 集積する, 顯現し, 黴の, 鼻にかけて, 齎すべき方法

▼ 富~ (282, 9.8%)

6 自分の

2 [13件] どこへ, ない, 不安そうに, 労働者の, 四十を, 増加されるであろう, 実に第, 彼を, 日本の, 笑って, 言いました, 資本家が, 顏を

1 [250件] あり大勢, いい出したものの, いい気な, いかに豊富, いくらかの, お富, お町, お秀, お糸, お糸さん, お鮒, かう言, かかりあいだが, かくて, ことごとくローマ, この定義, さう, さすがに, しとやかに, しばしば地代, すっかりあちら, すつかり, すなわち威力, すべて消え, すわると, ずんずん東京, そつと, そのよう, その学之舎, その性質, その清麗, それほどの, それほど父親, たしなめるよう, ちよいと, どうだい, はるかに, ひとり腕力を, ひどく難色, ふと目, ふりかえりながら, べつたり, べつに作っ, ほとんど何千万ドル, ぽかんとした, まじめで, またこんな, また泣き出した, また黙っ, まだ目見え中, まだ躊躇, みな封建武士以外の, もう一度腹立たし, もう傘, もと柳橋で, やがて思いきった, やるせない樣子, カラコロカラコロと, クシャクシャと, ゾツと, ドイツ人または, ハツと, フィオレンツァよ, 一つの, 一と, 一個人の, 三つの, 三味を, 三百八十兩の, 下手人は, 不審そうに, 主としてその, 主人公の, 二つの, 二倍と, 云った, 人の, 人手にか, 今にも逃げ出し, 今の, 今までとは, 今や一郡, 他方の, 伊勢屋の, 佐吉が, 体を, 何が, 何とか言, 何となく怯え, 何とも言い, 何人目かの, 何処へ, 何時か, 何時でも, 何時の間にやら, 何番何番が, 余分な, 価値が, 価値に, 個人にのみ, 傘を, 全く自然的, 兩手を, 八五郎が, 兵によって, 兵を, 内, 出て, 分量の, 利得されるであろう, 勢州山田の, 半ばは, 半蔵の, 単に右, 又新, 友達と, 収入である, 口の, 可哀想です, 吾が狂疾, 啻により, 啻に所得, 固い表情, 国民の, 土である, 地方に, 地方を, 城下に, 増加される, 増加する, 増加せられず, 声を, 夕飯の, 大したもの, 大名にも, 大陸にも, 夫や, 奥から, 姪の, 子どもの, 実際減少, 富として, 富者に, 寺社奉行が, 封建領主達が, 尋常の, 小首を, 少し浮, 峠の, 川に, 常に生産, 平家の, 平等を, 年々この, 年毎に, 引返して, 当然資本, 彦兵衞に, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女自身嚇かす, 後家を, 心安立てに, 必要品及び, 忌々しさうに, 思い出して, 思はず聲, 思はず足, 急に, 急速な, 戦争もしくは, 投り出された, 断ち切って, 昨夜何んの, 時々内所, 暇を, 有利化されたる, 朋輩の, 望みません, 本郷春木町の, 某氏夫人では, 植物を, 止めて, 武士と, 死ぬ筈, 殆どぢだ, 求めて, 江戸に, 河内屋に, 泣き出した, 流石女同志, 淡々と, 測り知ること, 満足し, 濱町の, 無心な, 無論増加, 煮え切らない返事, 瓜生の, 界隈に, 白銅一個を, 盡きぬ名, 直ぐに, 眉も, 真面目に, 眼, 眼を, 稀少な, 立ち聞きを, 立て二人, 終に國民, 繩を, 美しい眼, 美しい瞳, 美しい髮, 美しく清らか, 聲も, 自分を, 自由に, 自身に, 舅姑との, 若い有, 若草と, 莫大であり, 莫大な, 萬といふ, 蓄積された, 行燈の, 親の, 言って, 言葉を, 貧乏人の, 貧弱である, 越後の, 轉んで, 近所の, 逞ましい, 造らずとも, 進歩せり, 道を, 部屋の, 量り知れない, 長女の, 集積された, 雑掌の, 頬笑んだ, 首を, 魂を, 黙って

▼ 富~ (181, 6.3%)

7 人口との 5 一緒に, 権力を 4 人口とを, 人口の, 力とを, 繁栄の 3 地位を 2 お組, 人口とにおいて, 兵とは, 幸福を, 文化とを, 権勢とを, 爵位との, 需要の

1 [129件] いいその, いい交換手, いい経済, いう, いえども, いって, いわんと, お勝, お屋敷, お濱, しからざるもの, ししからざるもの, ともにはるか, なすべからず人, なった, まだ若い, もう一人, わたしの, 一世の, 一国の, 一緒だ, 三七は, 三人お, 乞食と, 争った事, 云う娘, 人口が, 人口とに, 人口とは, 人口は, 位地と, 価値とに関する, 保守とは, 公職とに, 兵との, 内々夫婦約束くらゐし, 冒険の, 切られ与三郎, 初対面の, 別れるとき手切金, 利の, 力と, 力とにおける, 力において, 力は, 力を, 勢いとを, 勢と, 収入とは, 吉太郎を, 同一の, 名づけたの, 名とを, 名乗って, 呼ぶすべて, 呼べば, 呼んだ多く, 命と, 嗜好との, 団結力と, 地位とで, 地位とを, 天賦とを, 好い仲, 妹の, 安坐的生活法とによって, 富の, 工業人口とは, 幸福と, 幸福とが, 幸福とを, 弱点との, 彌之助, 彌八, 徳之助が, 思います, 愛との, 懇ろに, 手拭を, 文化の, 新らしい, 時の, 栄えとは, 楽しみとを, 榮えとに, 権力とによって, 権力とを, 權力との, 正義, 武力とを, 決つて明日は, 流行の, 牒し合せ, 物資を, 生一本の, 生活の, 申します, 男子の, 異る, 相變ら, 知力とに, 知力とを, 社会を, 稱せらる, 経済力とが, 結びついた高い, 結びつく時, 繁栄とにおいて, 自由とを, 行き届いた化粧法, 見なされるの, 言つてね, 言はれた, 貧, 貧しさ, 貧との, 貧困とが, 貧困との, 貫録とは, 貴とは, 資本の, 資源とを, 門閥とを, 閑散とを, 閑暇とは, 関係が, 雄弁とを, 顔を, 馬鹿に

▼ 富~ (160, 5.6%)

3 ある, 形成せられ 2 三千代に対する, 優越する, 兵に, 益々安定, 長い間停止的

1 [144件] あたへられたら, あった, あったか, あったというくらい, あまりの, あり日, あるばかりの, あれば, いきなりあつし, お信, ここへ, ことごとく川, この断罪, これも, ころげこんで, こんなこと, さうでも, さう言, さらにいっそうの, そこから, それも, それを, それ以上増加し, そんなふうに十数年, できた, できたなら父母, どれだけ, なければ, はたして埋もれ, ふいと, ふさわしいと, もっぱら商工業, やつて, よくあらゆる, わけられ近頃, わたくしに, チヤンと, 一人袖に, 一寺を, 不釣合とは, 世界列強と, 両側に, 乘出し, 人口に, 今の, 何や, 保存される, 個人及び, 全部貴女の, 出て, 出来て, 労働貧民の, 医者よ, 南方君を, 叔母と, 口を, 可哀想でなりません, 嗣ぎ富, 埋蔵され, 増したとか, 増すの, 増加し, 増加する, 増大され, 増進し, 増進する, 夜の, 嬌名は, 子供たちへ, 実際に, 寢酒を, 将来に, 小声で, 岡八幡宮の, 岡八幡門前仲町の, 帰って, 平均し, 平均すれ, 年々二億円ずつ, 彌八, 当った嬉し, 当らんとって, 彼の, 彼れ, 得られるかも, 必ずしも楽, 必要なら, 急速に, 恍惚の, 恐ろしい, 悪者共, 惡制度, 我儘なせゐだらう, 戦争中の, 手に, 持て餘, 掘り出す當, 日々に, 普満, 最も公正, 最も急速, 最も自然的, 来た, 次第にその, 次第に増加, 欲しいね, 残ったに, 殖えそれ, 殺されたと, 決心する, 河内屋へ, 泣き濡れて, 海へ, 消えて, 独り出迎えた, 生じるか, 男優り, 真正に, 着かない, 積まれて, 積めないという, 絡みついて, 自分で, 自分の, 自分を, 自然に, 舞台の, 蓄えられ耕作, 蔵に, 言うこと, 言った, 訊いた, 話した世間, 読みましたから, 請人に, 足る時, 跋扈する, 過去二十年間に, 集中され, 離屋の, 預かった金, 顏を, 顔の, 駈け出そうと

▼ 富~ (85, 3.0%)

3 して 2 しても

1 [80件] あたった礼, あたった祝い, あらざれば, あり, す, そういう迷惑, たずねた, どれだけの, なびくと, なれなれしくし, ほのめかしたの, まかせて, みちた土地, よりて, 両方の, 事へん, 二人の, 任せ切れなくな, 会ったら山帰り, 何を, 余裕ある, 依存する, 初孫が, 加うる, 化けて, 取つて, 向う一国の, 問ひ, 因りて, 大身代, 存在する, 寄りつく人, 寄加持の, 對する, 当たった某, 当ったこと, 当ったの, 当った品川宿, 当らねえが, 応じて, 怨まれるだけの, 惚れられるの, 扮し, 散々怨を, 敵すべからず, 於て, 於ては, 於ても, 最も附加, 比べると, 気を, 滅ぼされて, 由て, 目が, 着するが, 約束した, 結びその, 縛せられ憂, 繼が, 聞いて, 行われる, 行われる売買, 見付けられいきなり, 話したの, 護られ子供, 足を, 転化し, 逢つて一と, 逢つて見たい, 逢つて訊いた, 達する唯一, 関係は, 阿ねらず貧, 随い, 非ず, 頼まれて, 頼んで, 飛びか, 飽き満ちたという, 驕れる高下

▼ 富さん~ (72, 2.5%)

3 の家 2 が歸つた後, と一緒

1 [65件] おさよ婆さん, お光さん, お富さん, お帰り, か, から間もなく, がそういった, が一緒, が來, が入れましたで, が出るなら聞き, が座, が引, が教, が次, が温厚そのもの, が焼け死ん, が褌, が運八, が飛ん, が鶏, こうなる, じゃない, そのほか沢山, だから親方, て云, といふの, といふん, といふ御飯, とお, とかいうのはね, とか言, と二人, と言, には神, に夢中, に我儘, のいない, のこと, の三人, の云う, の出る, の前, の口前, の姿, の次, の猫, はいません, はくすぶる, はその間, は明日河内屋, は本, は湯あがり, は膝, もお, もっと側, も大変, も承知, も歸, や聞い, を頼ん, ネ渋江, 忘れも, 本当にお前, 酔うにも

▼ 富~ (64, 2.2%)

3 誉れも 2 なければ, また離ればなれ, 不思議も, 地位も

1 [53件] あるし, いらん名誉, この血, その享楽品, それに, ただ一人, ない, ない家庭, なかった, ひどく氣, ほまれ, まじって, また彼ら, もはや若, 一と, 一寸良い, 一種の, 三十七まで, 不安らしい, 世襲の, 位地も, 位置も, 作れた金, 併せて, 充分に, 光栄も, 力も, 原本的には, 口を, 名声も, 名誉も, 増加されるであろう, 大事には, 天皇家に, 夫を, 娘の, 容易ならぬ, 幸福も, 恋も, 惡戲が, 望んでは, 栄華も, 権力も, 民主主義も, 片付けて, 物慾の, 疾うから, 義理も, 誘うべからずして, 財産税だ, 貴きも, 身を, 遠く及ぶ

▼ 富~ (36, 1.3%)

3 の家

1 [33件] が一人子, が多かっ, が穀千斛, が第, であった, ではなかつたらしい, として一生観音, ならば, ならん, にあらざれ, の別業, の家の子等, の惜し, の愚息, の所為, の手, の敵, の構え, の物, の私利, の豪奢, の貧人, の醜き, は御札, は盜, は賊徒, も稗, をし, を勧進, を嫉む, 入天國, 怒って, 求めたが

▼ 富~ (33, 1.1%)

3 の開発 2 のよう

1 [28件] あれば, からもし, から愛情, であった時代, であります, である, でも後廻し, といいまし, として新しく, となした, となった, とを有する, とを発見, と共に勤労階級, のため, の宝庫ヤクーツク, の魅力, はわが, また実に, より如何, を増加, を尊重, を搾取, を有する, を発見, を自分, を開発, を開鑿

▼ 富~ (31, 1.1%)

2 控えて

1 [29件] お手打, がはて, が忠義無二, が止むる, で, という若様附, の両人, の罪, の顔, ははら, は急, は慇懃, は落涙, も控えよ, 何ういう, 儀太く, 免し, 又口, 君宮崎君が, 如き者, 山田金吾という, 山田金吾も, 屹度棄てます, 有難く御, 様は, 止めるな, 此の, 死んでも, 物をも

▼ 富ちゃん~ (28, 1.0%)

4 のお 2 の気持

1 [22件] お棺, お楽しみ, お止しなさい, から手紙さし, がよん, が組ん, こそ着物, だっていや, とすっかり, とのってか, など野原, にはバンド, にも話した, に対してハラハラハラハラ, に茂ちゃん, のゴタゴタ, の年賀電報, の方, は, はきっとこう, は朝, 大いに感謝

▼ 富~ (27, 0.9%)

4 の写真 2 のもの, の母, の継母, の頭蓋骨, の首

1 [13件] だと, であること, であれば, といっしょ, とは違った, にそそのかされた, のおかげ, の家庭, の母親, の白状, の継母ふさ, の腹ちがい, の顔

▼ 富~ (25, 0.9%)

2 名誉を

1 [23件] あさましい貧乏, おい富, 世などに, 位は, 力に, 名声に対しては, 大層帰りが, 子供らの, 孫達を, 彼の, 彼方へ, 悦楽は, 成功や, 智能の, 権利を, 権力に, 権力の, 権力は, 権勢や, 美女を, 荘厳無比の, 華美など, 身分の

▼ 富~ (25, 0.9%)

1 [25件] というところ, に住んだ, のお, の上, の下, の傍, の周吉, の周吉親分, の家, の富士菜館, の方角, の源覚寺, の火避地, の片側, の近く, はトビ坂, へかかった, へ出, へ別居, まで走らせた, をかけ, をばもう, をひかえ, を上る, を登っ

▼ 富~ (24, 0.8%)

2 である, の子道悦, もまた

1 [18件] が, が六十四歳, が家督, であらう, といい, とその, とは何事, と人, と口論, に家, の二人, の如き, の子, の父子, の輩, は跡, は面色土, をし

▼ 富との~ (20, 0.7%)

2 仲が, 膨大な

1 [16件] あてに, 二大, 値を, 勝負を, 増加に, 増加により, 戦争史なり, 消長盛衰の, 特性に関する, 祝言にも, 祝言は, 観念の, 話を, 避難所としての, 間に, 頂点に

▼ 富なあ~ (16, 0.6%)

8 こは 7 こが 1 この言葉

▼ 富~ (14, 0.5%)

3

1 [11件] がいい, がいや, がこの, が意地, といふの, の意趣返し, の話, は一日, は内心, は意外, は自分

▼ 富武五百之進~ (13, 0.5%)

4 の娘 1 が正式, です, という人物, とは誰, には非常, の墓標, の愛娘, の邸, は自刃

▼ 富~ (13, 0.5%)

2 の土地, の地 1 である, と為る, なる西インド中, なヱイレあたり, な国内, な稲, においで, のリキエー, の間

▼ 富~ (12, 0.4%)

3 にし 2 なるに, なるは, なる情意臻つて詞華之 1 なこと, な食品, の裡

▼ 富~ (11, 0.4%)

1 [11件] いた, いて, お鮒, ますます豊か, 動かすっていう, 同時に資本, 地に, 急速に, 潤おした, 百両に, 買ふ

▼ 富及び~ (11, 0.4%)

1 [11件] それに, 人口が, 人口の, 力が, 力を, 効用を, 収入が, 収入は, 彼らの, 所得, 資本の

▼ 富寿~ (11, 0.4%)

1 [11件] がその, がまずこう, でさすが, にもはっきり, はうなずいた, はそっと, は二階, は代っ, は更に, は説明, を急がせ

▼ 富~ (11, 0.4%)

8 の主人 1 の, の仕事, の御

▼ 富という~ (10, 0.3%)

2 ものが, ものは 1 これが, のを, ものの, ものを, 女中が, 念も

▼ 富とは~ (10, 0.3%)

1 その種族, どうせない, なお明かに, ふだんは, まもなくその, ローマ帝國の, 二個の, 大違い, 必ずしも連帯, 生命より

▼ 富ます~ (10, 0.3%)

2 に足る 1 かこの, ことも, といふこと, の法, の策, や全, を得べし, 第一

▼ 富より~ (10, 0.3%)

2 はなはだしきは 1 出でざれば, 君自身の, 姉の, 尊くどんな, 後連綿, 得る快, 生じ来たらざる, 籠絡せらるる

▼ 富~ (10, 0.3%)

2 の雪 1 とともにきよし, とともに潔し, に及ばず, のごとく, の企て, の教育, の美, をもっ

▼ 富とを~ (9, 0.3%)

1 あわせ有したフランツ, 享ける, 否定する, 後世に, 得たと, 投げ出して, 持って, 測定し得ない, 追う嫌悪

▼ 富に対する~ (9, 0.3%)

2 一種の, 何らの 1 より有利, 唯一の, 揺がぬ自信, 誇りとか, 適当な

▼ 富といふ~ (8, 0.3%)

1 ことも, のと, のは, んだ, ジヤラジヤラした, 人は, 女は, 風に

▼ 富~ (8, 0.3%)

6 である 1 であったが, を指した

▼ 富~ (8, 0.3%)

1 である, には驚くべき, のあれ, の一番違い, の発表, をもたぬ, をもっ, を一枚

▼ 富麿~ (8, 0.3%)

1 が大隈伯, じゃありません, っていうん, といいません, という子, という少年, なん, なんて呼ばれた

▼ 富から~ (7, 0.2%)

1 いえば, こんな子供, 下隣, 吸収するべき, 大事にと, 生ずる食料品, 聽き出せる

▼ 富ヶ岡八幡~ (7, 0.2%)

1 から拾っ, といい, に寄った, の境内, の社前, の社地, の社地内

▼ 富坂町~ (7, 0.2%)

1 というの, に住ん, の千本殿御住居, の千本邸, の此處, の自分, へ行つたの

▼ 富~ (7, 0.2%)

1 かう見えても, に氣, に眼, に頼む, の酌, の面, 相變ら

▼ 富でも~ (6, 0.2%)

1 あった, 何でも, 勢でも, 名でも, 美しさ, 買って

▼ 富にも~ (6, 0.2%)

1 お勝, よく察せられた, 換え難い, 見つかつ, 言って, 逢つて見ました

▼ 富~ (6, 0.2%)

1 向って, 呉れましたの, 廻つて來た, 来た友達, 目を, 眼を

▼ 富よりも~ (6, 0.2%)

1 はるかに, 人間の, 多いの, 尊きもの, 幸よりも, 破産を

▼ 富~ (6, 0.2%)

1 好キデ, 恣ニシ強敵ニ向, 捨テル気カスグ, 有スル者ハ其, 有ス可シ, 頼ンダ故

▼ 富~ (5, 0.2%)

1 とか名, とそれから, もので, よ, 人だって

▼ 富である~ (5, 0.2%)

1 ことは, と言った, はずの, 是より, 若さ

▼ 富どん~ (5, 0.2%)

1 がみんな鞄, が飛ん, で抱, のやう, の分

▼ 富に関する~ (5, 0.2%)

1 定義に, 彼らの, 純粋な, 関係すなわち, 限られた不

▼ 富作さん~ (5, 0.2%)

1 が与八, が首, の口, は言いました, も世

▼ 富~ (5, 0.2%)

3 助右衞門 1 から川岸, は麦

▼ 富森助右衛門~ (5, 0.2%)

1 がつぶやく, が三杯, が何, が帯, に打ちこまれ

▼ 富武家~ (5, 0.2%)

1 にはその, の裏門, の門, の門前, も檀家

▼ 富祁王~ (5, 0.2%)

1 が, がまず, が仁賢天皇, とご, は急い

▼ 富突き~ (5, 0.2%)

1 があ, が終つて十日, というもの, は明日, を興行

▼ 富~ (5, 0.2%)

1 であるから, の損失, の饒多, も積ん, ノ損失

▼ 富~ (5, 0.2%)

1 という名前, という葦簾, と叫び合っ, の食堂, を思い出した

▼ 富~ (5, 0.2%)

2 に過, の都 1 の七五調

▼ 富かつ~ (4, 0.1%)

2 智なる 1 学識ある, 貴きを

▼ 富では~ (4, 0.1%)

1 ないであろう, なかつたで, なかつたの, なくって

▼ 富とも~ (4, 0.1%)

1 なる, よく談合, ろともに, 交換したくなる

▼ 富なる~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 物を, 表現なり

▼ 富には~ (4, 0.1%)

1 主人は, 外に, 当然すぎる, 比較に

▼ 富を以て~ (4, 0.1%)

1 して, すれば, 匱し, 報いらるべし

▼ 富國強兵~ (4, 0.1%)

1 の基, の大, の術, を目的

▼ 富小路~ (4, 0.1%)

2 の里内裏 1 とかや, の内裏

▼ 富武五百~ (4, 0.1%)

4 之進殿

▼ 富~ (4, 0.1%)

2 多多良伊須須岐比 1 といふ事, を突きき

▼ 富~ (4, 0.1%)

2 の命, の天皇

▼ 富限者~ (4, 0.1%)

2 の子供 1 が山の手, らしい造作

▼ 富~ (3, 0.1%)

1 それとも富, でないお婆さん, 富は

▼ 富すなわち~ (3, 0.1%)

1 収入は, 必要品便宜品及び, 資本及び

▼ 富そのもの~ (3, 0.1%)

1 の建物, は無くならん, を拝む

▼ 富ちやん~ (3, 0.1%)

1 かえ, が, が大

▼ 富とか~ (3, 0.1%)

1 公平とか, 安逸の, 言ふ

▼ 富~ (3, 0.1%)

1 もので, 人たちばかり, 町人で

▼ 富なき~ (3, 0.1%)

1 人よわき, 人弱き人愚かなる, 昔しの

▼ 富において~ (3, 0.1%)

1 いかに進歩, 英蘭と, 進歩する

▼ 富について~ (3, 0.1%)

1 考えないわけ, 語り合いたいの, 読者の

▼ 富によって~ (3, 0.1%)

1 一定の, 満足される, 維持する

▼ 富~ (3, 0.1%)

1 が天孫, が斎部, に從

▼ 富~ (3, 0.1%)

1 だと, といふの, にはそれ

▼ 富坂上~ (3, 0.1%)

1 のお, の何とか, の家

▼ 富坂時代~ (3, 0.1%)

1 から貧乏線, には時々, には沈鬱

▼ 富斗能地~ (3, 0.1%)

2 の神 1 大斗乃弁

▼ 富~ (3, 0.1%)

1 からヒダ, であったに, もある

▼ 富~ (3, 0.1%)

1 碩廿六, 碩斎木文礼石川厚安藤田松軒, 碩津山宗伯で

▼ 富足る~ (3, 0.1%)

2 天の 1 とある

▼ 富ある~ (2, 0.1%)

1 がゆえに, も先ず

▼ 富さんお前さん~ (2, 0.1%)

1 が供, はその

▼ 富さん私~ (2, 0.1%)

1 はいう, もね何時

▼ 富する~ (2, 0.1%)

1 のである, の要

▼ 富その~ (2, 0.1%)

1 代りこの, 許婚者の

▼ 富ちゃんと~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 叔母さまに

▼ 富ちや~ (2, 0.1%)

2 んとこ

▼ 富であり~ (2, 0.1%)

1 また社会的富, 門地であり

▼ 富として~ (2, 0.1%)

1 加えた, 常識に

▼ 富とによって~ (2, 0.1%)

1 支えられるならば, 衰滅せん

▼ 富においても~ (2, 0.1%)

1 また軍人仲間, 智能においても

▼ 富にしか~ (2, 0.1%)

2 存在せず

▼ 富または~ (2, 0.1%)

1 生産物の, 長い間

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 これの

▼ 富よく~ (2, 0.1%)

2 兵を

▼ 富をも~ (2, 0.1%)

1 加えること, 幸福をも

▼ 富不思議~ (2, 0.1%)

2 及ぶべしやは

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 曾松の

▼ 富両者~ (2, 0.1%)

2 の特性

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 がこの, というお

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 にはもう, の古馴染

▼ 富兄哥~ (2, 0.1%)

1 と二人, に任せ

▼ 富博士~ (2, 0.1%)

1 の事, より三月初刊

▼ 富又は~ (2, 0.1%)

1 学校教育等に, 美貌といふ

▼ 富右衞門~ (2, 0.1%)

2 の忰富五郎

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 と往復, の態度

▼ 富坂辺~ (2, 0.1%)

1 に家居, の物凄

▼ 富夜麻登玖邇阿禮比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 ならし, なる国

▼ 富富杼~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 富寿ら~ (2, 0.1%)

1 の眼, も感心

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 の郎女

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 には富, の我

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 富源地~ (2, 0.1%)

1 に満つ, 即ちインド

▼ 富源開発~ (2, 0.1%)

1 と称し, には国民

▼ 富祁袁祁~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 へ手, をちょっと

▼ 富美和~ (2, 0.1%)

2 の大神

▼ 富興行~ (2, 0.1%)

1 のうち, は密か

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 などは三都歌妓, は本願寺句仏上人

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 多志比

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 なる老師宿儒

▼ 富~ (2, 0.1%)

1 といふ有名, に書い

▼ 富鉄さん~ (2, 0.1%)

1 という大きい, の話

▼ 富~ (2, 0.1%)

2 麻比賣

▼ 富鳥鳴海~ (2, 0.1%)

2 の神

▼1* [254件]

うまくやったぜ, 富富俺の, 富かな乳房を, 富に巻い, 富さえ自由に, 富さんお前は酒, 富さん不思議な縁, 富さん人と長く, 富さん今夜は世話, 富さん先刻花車関が悔み, 富さん八五郎が何ん, 富さん卍の富, 富さん妹のお, 富さん本当かい, 富さん此方へ取次, 富さん殺しの下手人, 富した大切な, 富すくなからず気味, 富すら有せざる, 富あ, 富たるにや別に, 富だけ昨夜の, 富だけにそしてすべて, 富だったがまとも, 富ちゃんお前生きて, 富ちゃん先の手紙, 富ちゃん島田で手つだう, 富ちゃん気が小さく, 富ちゃん親子とがお客, 富ですよ, 富でないまでも清貧, 富でなければなりません, 富でもなささうです, 富とかいふやうな, 富とかが何にか, 富とから成って, 富とがきっとそれ, 富とやらへ借利, 富どのです, 富なくて亜米利加化, 富などいうもの, 富などがそれである, 富などというものは, 富などにちよつかい, 富なりしを悪み, 富なりとしまたは, 富なんぞが私たち風情の, 富にあたってけさその, 富においては何一つ誇るべき, 富にたいしてなして, 富については何ら重要, 富にとって好都合な, 富により汝統べり, 富に対しては彼れ, 富に関してはそれは, 富のみである, 富のみを目的と, 富はじめて進む政府, 富はぞつと身顫, 富ばかりでは, 富ましてやった, 富ます業なるぞ, 富また大岡に, 富までがお里風を, 富までは聞える筈, 富むてふことが有力な武器, 富むはらわたを持続できるはず, 富もって兵, 富らしい顔つきを, 富だけ且つ, 富アリマス, 富デモ九十両徳山ト一所ニトッタソレヨリ十二十位ハ幾度モ取ッタコトガアル, 富ニ何等立法的制限ナキハ國家ノ物質的統制, 富ハ其實社會共同ノ進歩ト共同, 富ハ國有タルベキガ故ニ, 富ブラリブラリと徒歩, 富ミテ才ニ拙キ者アリ, 富ミ百難ヲ排シテ勇往猛進シ以テ國威, 富ムト云フ源因ニ由リ其國治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 富デ居, 富ンダ方ガイヽト云ウノデ毎日イロ, 富一度用役を, 富一般の極めて, 富七十三番の札, 富中農婦人ならびに一部, 富乃古連甲冑五重進んで, 富乃荘へも出られる, 富九氏らと共にやはり, 富二らの日本活字創成, 富互いにそっと肘で, 富五つの千兩箱, 富亮碩亦青森行, 富人となり無学なる者, 富人大納言なる者, 富人某の家, 富人某方へ六部, 富人溝へ飯, 富人豪族が神社跡, 富を擬し, 富仁親王が御, 富今村信吉の多, 富以上の事業, 富会所へ行っ, 富伸した手は, 富何者ぞただ, 富とか乃至, 富兄貧弟の形, 富先代家橘の与三郎, 富などの小武族, 富蔵す, 富全部よりも貴い, 富及び繁栄, 富を以て此, 富即ち福を, 富を前, 富の繁華, 富可川ってうち, 富右衛門の家, 富名腰義珍先生を始, 富善友第一, 富四郎を難なく, 富國強兵策である, 富國殖産の要, 富國種にくらべる, 富國經濟の道, 富國長春の人生, 富坂下の菎蒻閻魔, 富坂寄の大道, 富坊今晩にもこの, 富基中村宗義などいう, 富士郎医学博士が眼, 富夜麻登久邇阿禮比賣の, 富天下に甲, 富如其智如其寢如申韓を各, 富姉ちゃんや菊姉ちゃん, 富御すまない, 富の侍女, 富婁那の弁, 富婆さんなああの, 富子供の戦さごっこ, 富大賚, 富常臨, 富がある, 富小走りに足, 富山ノ城へもどっ, 富山本節村松志孝石部惟三小泉源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 富山縣災害補助費岡山縣災害補助費其眞ン中に栃木縣災害補助費, 富山縣高岡市末廣町にある, 富山間はずっと, 富峯君と共に大悟法君, 富崇高百合の如き, 富年貢を納めろっ, 富を後方地帯, 富といはず, 富庶全國に冠絶, 富庶繁華を以て天下, 富き庭廣, 富にうしろ, 富彌余り厳ま, 富彌早速其の者, 富彼らの真実, 富戦争史といわざるべからず, 富教育環境そしてことに, 富数百万円あるだろうと, 富斎木石川出立す, 富既に山河を, 富早いものじゃ, 富に英傑, 富春巻が髣髴, 富本上るりに庄五郎, 富を失ふ, 富を持つ, 富栄えて居ります, 富栄えるのも, 富棟梁がつ, 富森三栖庄これは伏見, 富森助右衛門真瀬久太夫岡島八十右衛門など同志, 富森助右衛門近松勘六などは起き, 富楼那の弁, 富楼郷といえ, 富は今日, 富武五百之進花世郁次郎の三人, 富武様のお嬢様, 富武氏の娘, 富武親娘もどう, 富氏五十歳で妻, 富源ナルカノ如ク垂涎スル小膽國民ニシテ如何ゾ世界的大帝國, 富源只硝石年年輸山幾千舟, 富や文藻, 富の地, 富用無益のこと, 富男女四騎手の雑兵, 富に刺さった斬, 富直線の未だ, 富の色彩, 富を買っ, 富祁王袁祁王というお, 富神クヴェラを夫, 富神毘沙門でスクモ, 富程よい名望三棟の, 富穀矢島優善伊沢徳安などが居合せた, 富穀等と向島, 富穀通称は祖父, 富空屋付近に家, 富突き興行で梅, 富米野と云う, 富と緑, 富繁盛なるは, 富羅国の師波婆利, 富の許, 富翁大徳清居士と口, 富聖天の愉楽, 富肥沃の財寶, 富なる才藻, 富腕力を制する, 富自分の高名, 富致す可き, 富へ多く庶民, 富と程硯秋, 富茶香酒美貯書堆, 富華麗社交性女としての日常性, 富であったとは, 富蘭那の見なり, 富に果, 富西国に冠たる, 富はまだ, 富諸侯をしのぎ, 富豐盛なること, 富財山をなし, 富財産の豊富, 富貧生産消費分配交易貨幣信用資本家の権利, 富が年々増殖, 富資本が社会, 富資精英の子弟, 富なり, 富贍ナルガ為ニ形態豊満ニシテ男子ニハ筋肉腱骨ノ強大ニシテ挺起スルガ為ニ其形態稜, 富を列ぶる, 富と手, 富達智の四門, 富達者で暮, 富那毘が妹, 富野辺の大きな, 富鉄じいさんはこの, 富鍛冶屋富五郎の店さき, 富限者船の燈, 富陸地を遙, 富の人, 富の自由, 富青年学者は早速, 富養子の草, 富花を, 富の振舞, 富の当り番号, 富麿さんさようなら