青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寄る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~ 寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~
寄る~
密~ ~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~

「寄る~」 1149, 12ppm, 8842位

▼ 寄る~ (334, 29.1%)

30 さわると 28 触ると 6 障ると 4 さはる 3 彼は

2 [13件] その手, プーンと, 低声, 何か, 其処に, 友達は, 小便を, 手に, 英吉は, 見れば, 觸る, 遙か, 野原の

1 [237件] ああ宰八, あたりの, あの蒼白い, あぶないじゃ, あぶないぞ, いきなり鞄, いずれも, いつた大, いつた感じ, いつもの, いつも斬られ, いふよりは, お冬, お種, お角, かれの, きっとラックフォルト乾酪, きっと喧嘩, きっと病人, きまって何, こずえの, このなべ, これは, しっかと握手, しばらくし, しまった, しよう, しようか, すこし厳しい, すりゃ, そっと彼, そのこめかみ, そのまま命, その上, その勝利者, その羅, その蓋, それに, たかると, たちまち議論, たちまち蹴とばし, なお見苦しい, なく馴れし, ひどく臭かっ, ふしぎや, ふ鰒珠, まだ数通, まだ若い, めいめいが, もうこんな, もう口喧嘩, やっぱり町角, ゆっくりと, ゆるゆる店先, よい, よく聞かされ, クワツと, サヤサヤと, ドイツ製の, ドンと, ピニヨレ夫人は, リンボルグじゃ, 一寸冷, 一郎が, 丁度長火鉢, 世は, 中の, 主人の, 久保田万太郎先生に, 云う訳, 云ったら寄り道, 今既に, 仕官の, 他所の, 佐々爺武田の, 何かと心細う, 何とも形容, 何処の, 余は, 俺もう少し, 僅に, 入り口に, 其處に, 内儀は, 写生を, 別に會釋, 加藤さんが, 動物園臭くっ, 卒爾ながら, 博士は, 危ねえ, 口を, 只は, 同時に手, 喜多その他の, 土地の, 土方歳三が, 在宅, 地獄の, 塚を, 壁と, 外を, 外出の, 外国へ, 大川尻の, 大法師, 大納言の, 奥には, 姉夫人思わず, 娘の, 子が, 安行は, 寅松は, 小学校を, 小気味の, 山伏は, 山田耕筰氏が, 帆村は, 年寄の, 幻滅の, 床柱に, 座へ, 張は, 強右衛門は, 影は, 彼の, 後ろに, 忙しく何, 思うと, 思ったの, 思ふと, 急いで, 怪老人は, 息が, 愚痴っぽく, 戯談を, 手を, 手巾を, 拱んで, 揺りと, 敷布団に, 新聞に, 日本も, 時計の, 暖簾の, 曲者の, 曹操は, 最後には, 桃の, 案内人が, 森さん不在試写室で, 横浜へ, 武蔵野の, 歯が, 死體に, 河童の, 河童を, 河野も, 泣き腫らした瞼, 深夜三時あたりから, 瀬戸口藤吉夫妻が, 火の, 為めに, 父は, 物覚えが, 犬が, 犬千代は, 狸は, 甘寧, 田中三郎に, 申します, 目の下の, 盲目搜り, 眇目の, 眼も, 破屋を, 祖母が, 私が, 私一人で, 穴の, 突き合い切り合いを, 窓枠に, 純情で, 縁側から, 縄付の, 老人は, 老先生, 耳から, 肩に, 胸を, 腹立たしそう, 腹這ひ, 臭いほど, 臭えずら, 臭気の, 至って器用, 船に, 芸術家と, 若い妓, 草むらに, 薄り, 蝶の, 血に, 血染めの, 袖を, 要離平気, 見ると, 見るま, 解釈すりゃ, 言うん, 言って, 豹一の, 躊躇なく, 途端に, 野の, 野獣の, 銀八が, 長持の, 長野まで, 阿弥陀の, 階下から, 隠居さんは, 集まると, 集ると, 露路の, 靜かに, 靴もろとも, 頭の, 頭髪を, 頭髮を, 顏から, 駄目だ, 骨は, 鳴りを, 鴨は, 鷲の, 鼠の

▼ 寄る~ (70, 6.1%)

7 です 3 を煩し, を留める 2 おぼろ田にも, が法, が見えた, であった, である, を見る

1 [45件] がきまり, が嫌, が怖, が楽しみ, さえも気づかない, たとえで, だ, だから, だが, だつたら是非, でした, でしたが, ですが, とは違います, にもどんなに, はいい, はお, はきまって, は厭, は夏, は当然, は怖, は秋, は落語, は表向き墓参, は隣家伏見屋, は非常召集, は飛騨, も, も怖い, も楽しみ, も知らず, も間にあわない, をいま, をピューッ, を場所柄必死, を妨げる, を嫌った, を徐ろ, を忘れ, を楽しむ, を窺っ, を見ます, を避け, 圖

▼ 寄ること~ (40, 3.5%)

2 がある, になった, になつたん, はできません

1 [32件] があつ, ができず, ができなかった, ができよう, が出来た, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来る, であるし, ではござりませぬ, にし, にしよう, にする, になつ, になつて, になる, に一旦, はこれ, はふさわしい, は出, は容一郎兄妹, は御免, もあり, もできず, もできない, もできなかった, もできる, も出来る, をしなかった, を懼, を源氏, を院

▼ 寄る~ (37, 3.2%)

9 寄るな 63 ッ寄る 2 平次退かない

1 [17件] あッち, けがれる, この葉巻, この龕灯, この龕燈, ッ寄ッちゃいかん, ツ, 下手に, 口が, 寄っちゃ, 物いう, 移り香がすら, 見世物じゃ, 見世物じゃねえ, 離れろ離れろつて, 風邪が, 馬鹿野郎

▼ 寄るよう~ (37, 3.2%)

4 にし 2 に丘陵群

1 [31件] だ, で疚しい, なこと, な人, な場合, な情熱, な気息, な運動, に, にあの, にお, にすすめ, になった, になり, になる, に云った, に分け前, に列ん, に動い, に勧めた, に卓上電話, に合図, に外套, に委ね切った, に新しい, に時々, に歩い, に流れ, に表, に見えた, に障子

▼ 寄るもの~ (23, 2.0%)

2 がある, でも

1 [19件] があれ, がもしも, であつ, であります, であるから, と見えます, ならずば, にきまっ, はありませんでした, は人, は身, ばかりで, もあった, も社會, を, を千実り瓢, を慰めよう, を払, 多くさては

▼ 寄る年波~ (19, 1.7%)

1 [19件] じゃよ, で亡くなった, とセント・ビタス・ダンス, と共に下町, と共に不遇, と共に今, と狂気, にて御許さま, には争われない, には勝てず, に撓み, に敵し兼ね, のせい, の争い, の変り, はかち, ばかりは争われなかった, も忘れ, をも顧みず

▼ 寄るやう~ (17, 1.5%)

2 にな

1 [15件] で疚しい, な気分, な男, に, にする, にすゝめ, になんと, に何物, に列ん, に死骸, に自分, に落合つて幕舎, に響い, に頤, に顏

▼ 寄る~ (16, 1.4%)

4 早いか 2 よいと 1 いいと, いい支度, お否, その皺, まま, よい今に, 如き気色, 娘は, 宜い, 鳥獣の

▼ 寄るところ~ (14, 1.2%)

2 がある

1 [12件] があった, で, で小松, にし, に寄つた玉, に玉, はありません, は一, へ片寄っ, へ玉, を誰, 見えこの

▼ 寄る~ (13, 1.1%)

2 にした

1 [11件] が例, が出来た, ならぬ, にし, になっ, もや, もよし, も要らない, も遠慮, を約し, 有るまじきこと

▼ 寄るなり~ (12, 1.0%)

1 [12件] おどし文句, さもさ, その背, 三人し, 地面へ, 廂下に, 彼の, 政子の, 秋の, 縋りついて, 非常に, 駕の

▼ 寄るので~ (11, 1.0%)

5 あつた 1 僕が, 尊む可き, 忠一は, 此れ, 職業を, 鉄砲を

▼ 寄るかも~ (10, 0.9%)

4 しれないと 1 しれない, 知れない, 知れないから, 知れないと, 知れないといった, 知れないといふ

▼ 寄るかと~ (8, 0.7%)

1 またもや武士みな去就, 思うと, 思って, 思ひながら, 聞いて, 見えて, 見えながら, 見るま

▼ 寄る~ (8, 0.7%)

3 私を 1 會へ, 相違ない, 違ひない, 陣地なく, 頼母しい

▼ 寄る~ (8, 0.7%)

2 楓は 1 あはれ悟らず, 嫌いますから, 應も, 締めて, 見よう, 貫一は

▼ 寄る~ (8, 0.7%)

2 じゃねえ 1 じゃない, じゃア, だ, だらう, ですよ, でも

▼ 寄る~ (8, 0.7%)

1 ありて, ありますから, が, だとも, という, に当然, へは押し寄せ, もありません

▼ 寄る~ (8, 0.7%)

1 がすぐ, と橋, にたち重ねたる, のゆ, の心, は, は寄り, や返す

▼ 寄る~ (7, 0.6%)

2 否, 暇乞 1 ひしと死骸, 否や, 否阿波守重喜

▼ 寄る~ (7, 0.6%)

1 でも, になった, にならなかった, はしなかった, はしなかつた, はひ, を感じ

▼ 寄る~ (7, 0.6%)

1 があったら, が多い, でも, の至って, はない, もあっ, もある

▼ 寄るつもり~ (6, 0.5%)

1 じゃったばって, であろう, で七月, で千住, で明神下, らしい

▼ 寄るといふ~ (6, 0.5%)

2 ことは, 馬鹿は 1 ことなく, 説は

▼ 寄る~ (6, 0.5%)

1 のおと, のたぶた, のはらはら, のよう, の沖, 白し天城嶺ゆ

▼ 寄る~ (6, 0.5%)

2 なげなる風情 1 ないおもひがし, ない心, なき身, なくし

▼ 寄るとも~ (5, 0.4%)

1 なく塊, なく引かれる, なく集まった, 寄らぬとも, 躍りこむ者

▼ 寄る~ (5, 0.4%)

1 があれ, の後姿, の気配, もなく, をば喜びつ

▼ 寄る~ (5, 0.4%)

1 なの, にそれ, はかれ, ははきたる, は妙

▼ 寄る~ (5, 0.4%)

1 がない, とか仲, に心, をつれなく, を一々

▼ 寄る~ (4, 0.3%)

1 年波でも, 留と, 通を, 關

▼ 寄る~ (4, 0.3%)

1 どうかは, 寄らぬかと, 左によるか, 橘の

▼ 寄るという~ (4, 0.3%)

1 ことは, ような, 信仰が, 約束を

▼ 寄るには~ (4, 0.3%)

1 まだ早, 及ばずすぐ, 寄ったが, 遅過ぎる

▼ 寄るほど~ (4, 0.3%)

1 このおさな, よく酔う, 上席の, 強く男

▼ 寄る~ (4, 0.3%)

1 と共にますます, の憂い, の疲れ, よりはぐっと

▼ 寄る~ (4, 0.3%)

1 の勢, の將, へ瓦, を感じ

▼ 寄る~ (4, 0.3%)

2 の何 1 が島邊, の額

▼ 寄るなと~ (3, 0.3%)

1 見る間, 言います, 言うたら寄るな

▼ 寄るなんて~ (3, 0.3%)

2 いふこと 1 そんな事

▼ 寄るはず~ (3, 0.3%)

1 だが, だったので, になっ

▼ 寄るひま~ (3, 0.3%)

1 がなかっ, が有れ, に彼

▼ 寄るまで~ (3, 0.3%)

1 何も, 待って, 苦海に

▼ 寄る予定~ (3, 0.3%)

1 になつて, にもなっ, の便船

▼ 寄る~ (3, 0.3%)

2 に板 1

▼ 寄る~ (3, 0.3%)

2 蟹も 1 草の

▼ 寄る~ (3, 0.3%)

2 に居た 1 をこうして

▼ 寄る~ (3, 0.3%)

1 がない, であったが, であつ

▼ 寄るうち~ (2, 0.2%)

1 ふと一人, 或る

▼ 寄るから~ (2, 0.2%)

1 悪いの, 良ちゃんに

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

2 ざなみ刈株の

▼ 寄るすらも~ (2, 0.2%)

2 無し

▼ 寄るとか~ (2, 0.2%)

1 いって, 言ってたけど

▼ 寄るにも~ (2, 0.2%)

1 袖によるにも, 音なく

▼ 寄るに従って~ (2, 0.2%)

1 次第にひとり兵士たち, 雫と

▼ 寄るまでは~ (2, 0.2%)

1 味方は, 馳走を

▼ 寄るまでも~ (2, 0.2%)

1 なくよく, なく大

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

1 寂しき園, 寄らぬも

▼ 寄るより~ (2, 0.2%)

1 早く声, 早く粟田口

▼ 寄るわけ~ (2, 0.2%)

1 に行きません, もない

▼ 寄る丁度~ (2, 0.2%)

1 近衛首相の, JOの

▼ 寄る人々~ (2, 0.2%)

1 がのどか, の顔

▼ 寄る今度~ (2, 0.2%)

1 は大塚駅近く, は皮膚科

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

1 に寺木ドクトル, に正太

▼ 寄る必要~ (2, 0.2%)

1 が起きた, はない

▼ 寄る横浜~ (2, 0.2%)

1 の女学校, は明日

▼ 寄る機会~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, がなかつた

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

2 になつ

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

2 のさなか

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

1 の浪, はありける

▼ 寄る煙草屋~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ 寄る玉藻~ (2, 0.2%)

2 いろくづ

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

1 や廣, を勘定

▼ 寄る石垣下~ (2, 0.2%)

2 の藻草

▼ 寄る積り~ (2, 0.2%)

1 であった, でお

▼ 寄る約束~ (2, 0.2%)

1 なの, になっ

▼ 寄る自分~ (2, 0.2%)

1 の姿, の袖の下

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

1 の弁風, の瓣風

▼ 寄る~ (2, 0.2%)

1 かとばかり, の性

▼1* [259件]

寄るいとまも, 寄るいろんなスティルを, 寄るうちプの妻アンテア, 寄るかとさえ思いました, 寄るかのように, 寄るからは命を, 寄るくさぐさの, 寄るくだりでも始め, 寄るぐらいであった, 寄るけどあてに, 寄ることはさほどに珍しい, 寄ること奇妙なり, 寄るこれは獵師, 寄るごとに左手, 寄るしなやかな手, 寄るじゃありませんか, 寄るそれがこれ, 寄るぞというて, 寄るたびになお, 寄るたび鉱蔵ひょこひょこと, 寄るためにもしくは, 寄るだけの所な, 寄るだけは寄れ御, 寄るやなし, 寄るつうんで例, 寄るふ, 寄るといった風であった, 寄るといはずやも, 寄るといふだけでもそれは, 寄るときに私, 寄るとき曇は一刷, 寄るところ家のある, 寄るとなそれ, 寄るとは言わなかったかい, 寄るどうも話が, 寄るどうもまだいけないらしい憂鬱, 寄るどころか, 寄るなど世にも情, 寄るなよけがれるわい, 寄るなり三名の武士たち, 寄るなんざ真ッ平, 寄る知ねども, 寄るはじめて汝が, 寄るはま子も先月, 寄るひとりは言, 寄るふしがありゆき, 寄るほおを流れる, 寄るほどに妾の, 寄るほどの男に, 寄るまだハッキリしない, 寄るまでに私この, 寄るもう一回で, 寄るやつぱり一人はさびしい, 寄るよしもなし, 寄るよと見る間, 寄るオルドヴルとポタアジュ・サンジェルマン, 寄るスープのみやり, 寄るてったから, 寄るドライカレーライスがうまし, 寄るきれの, 寄る一円の定食, 寄る一匹の小犬, 寄る一手である, 寄る三浦環門下の栗山道子, 寄る上歯の手入れ, 寄る不在待つ, 寄る不在新年早々借金, 寄るれた想念, 寄る二人の悪, 寄る二十分間電気で温め, 寄る二歳の子, 寄る二階洋館で清, 寄る京極の紹介, 寄る人一人二人ならずある, 寄る人妻の姿, 寄る人情紙の如き, 寄るはキャメラ材料店, 寄る今日より前売, 寄る他人の娘, 寄る以外に手, 寄る伊豆山行きをすゝめ, 寄るなら何故, 寄るうも, 寄るもござりませぬ, 寄る兵士たちを突き飛ばし, 寄る冠詞の前, 寄る冷紅茶三十銭とる茶房, 寄る出入りのお, 寄るを振りかぶる, 寄る前歯をすっかり, 寄る前途へ行き抜け, 寄る北海の浜辺, 寄る原因である, 寄るに先, 寄る吉三郎のいぢ, 寄る味鳧の命, 寄る喜兵衞は松五郎, 寄る場所がよかろ, 寄るの太郎左衛門船, 寄るを聞い, 寄るの蛾, 寄る夕雲の哀れさ, 寄るの寝, 寄る機嫌で, 寄る大分具合よろし安心, 寄る奥村と要談, 寄る女たちの間, 寄る当る奴, 寄るにかそ, 寄るの繊手, 寄る婦人の跫音, 寄る子らが影, 寄るも少く, 寄る小人神がある, 寄る小刀を受取る, 寄る岡氏夜見物に来る, 寄るの柳, 寄るは越した, 寄るに上り, 寄るを噛ん, 寄るの荒磯, 寄る巡査の一人, 寄る幅広の絹, 寄る平入身, 寄る平岡権八郎が, 寄る年並と見え, 寄る年波勝太郎を死なせ, 寄る年波紙小縒の羽織紐, 寄る年浪に跡目, 寄る幻影をどうしても, 寄る庄助の手, 寄る弟さんだけしかゐない, 寄るはみな一様, 寄るは, 寄る御馳走になる, 寄る徳望というもの, 寄る心境です, 寄る恐ろしさを, 寄る恰好をする, 寄る成之兄が拓務参与官, 寄るの緋縮緬, 寄る手柄話をお待ち, 寄る振舞から鈎合せ, 寄る捨吉極り惡さうに手を振つ, 寄る故人を馬鹿, 寄る料理とかは鼈四郎, 寄るを思ひ恋する, 寄る昨夜よりよほど, 寄る時候だったからね, 寄る時分ですから, 寄る時書院の静, 寄る時遁路あきたれ, 寄る時間もなかっ, 寄る時雨降るなか, 寄るがなくなる, 寄る曲者があろう, 寄る木の下蔭やほととぎす, 寄るの前, 寄る梅屋の三男益穂, 寄る椰子の實一つ, 寄る楽屋用の茶卓台, 寄るの中, 寄るに言い附けよう, 寄る様子も有りません, 寄るの皺, 寄る橋口の敵, 寄るになつ, 寄る段々快方らしい, 寄るに翻然, 寄る気持が出, 寄る気色は飽くまで, 寄る気配がした, 寄るの夢, 寄る水母のよう, 寄る氷雨と人影, 寄るの鯉, 寄る波燈籠にまく, 寄るの動揺, 寄る注射されると, 寄るべで泣いた, 寄る浜辺の朝光, 寄る浦野ますみは確然, 寄るの玉, 寄る澤山寄れば, 寄る濃い情に, 寄る無事だったが, 寄る煮豆屋のお, 寄るの恨めしく, 寄る父子を尻眼, 寄る物腰態度に就い, 寄る獸の, 寄る猛獣のよう, 寄る玄徳の手, 寄る百幾らといふ奴, 寄る盛り場の儀, 寄る眞直に歩い, 寄る砂浜の様子, 寄る磯貝浪江の術策, 寄る程度だし, 寄る程爺さんの心, 寄る筋骨質でふとっ, 寄る純潔な魂, 寄る細かな羽虫, 寄る経過い, 寄る網走に送つた, 寄る縁側にドタリ, 寄る縁側今までガラツ八, 寄る罪びとを大慈大悲, 寄る美しい蜥蜴を, 寄る老人もある, 寄る老女お市, 寄る職人も集まる, 寄るもねえ, 寄る船つきへ尋ね, 寄るなどが多く, 寄る花弁のよう, 寄る神の, 寄る若者たちに来るべき, 寄る草履の音, 寄る荒々しい響を, 寄る荒巌を, 寄るの花, 寄る蒼白い水中の, 寄る薄暗い光に, 寄るが変った, 寄るの汐騒広, 寄る藻屑をそれ, 寄るの異, 寄る蝶処を違えず, 寄るは桑畠, 寄る衣摺が遠く, 寄る見込が無い, 寄る親類顏幾代先きの誰樣に何, 寄るを安宅先生, 寄る警官を寄せ附けず, 寄る豊頬した如何, 寄る貧しい六疊に, 寄る足もとを児戯, 寄る足音に振向く, 寄るのとても, 寄るの, 寄る身構えで, 寄る輝子の話, 寄る途端にぱちぱち, 寄る道子を払い, 寄る野伏勢のうしろ, 寄るにはその, 寄る門下も多く, 寄るも惜しい, 寄るのあった, 寄るの中, 寄る青春期の眼, 寄るが聞え, 寄るが武器庫, 寄るを見た, 寄るの方, 寄る食つてゐやがる, 寄る馬車を見, 寄る黄昏にせばめられた