青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寄り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~ 寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~
寄り~
寄る~ 密~ ~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~

「寄り~」 1763, 19ppm, 6027位

▼ 寄り~ (287, 16.3%)

6 ところに 4 方は 3 岸の, 方で, 方へ, 空地に

2 [14件] 一劃に, 岩の, 或露地, 所で, 敷居近く, 方とは, 方に, 方には, 方にも, 深みの, 空に, 道を, 隅に, 黒板に

1 [237件] あの死骸, ある露路, おはぐろ, お役人たち, がらす, こっちに, この辺は, こはれた, これは, さびれた古寺, そこの, その枝枝, その栗木屋, その男, つまり彼女たち, ところで, ところへ, ところゆうべ初太郎が, なぎさ, なぎさへ, はやが, ほうに, ようで, カヴタットといふ, ソヴエットに, テエブルには, テエブルの, パリー郊外に, ビルから, ヘンリ通に, ベットに, レヂナ旅館へ, 一めんの, 一劃は, 一手で, 一手に, 一枚である, 一枚に, 一番端つこ, 一角に, 一部に, 三尺ほどの, 三根, 上席には, 上等地帯に, 下町の, 丘の, 丘や, 中洲であった, 中濱といふ, 中硝子の, 九畳へ, 二番目か, 五城目という, 人, 仕事である, 仮橋, 伊香古の, 低い山, 個処だ, 側に, 側面の, 其も, 凉み, 処にも, 処の, 動きも, 北部の, 北風が, 半分は, 半島たつた, 南の, 南向きの, 南風が, 取遺されたよう, 向う側稲葉家の, 商家の, 国々は, 土地だ, 土地などが, 土手に, 地, 地勢へ, 地方で, 地方であった, 地方に, 地方は, 地方を, 坐る式, 場所例えば, 塀の, 壁に, 壁際には, 大きなフロア, 大きな岩蔭, 大きな店, 大きな漁家, 大きな雪田, 大柱, 天山南路に, 奥まったところ, 奧に, 女中部屋の, 宿場の, 密林に, 小さな町, 小さな船艙, 小料理屋へ, 小林町に, 小瓦葺, 小蓮華続き, 小高い丘, 小高い処, 小高い寺, 少し離れた, 屋形へ, 屋根を, 山路である, 岩壁の, 岸に, 峠村中の, 峡は, 崖の, 工合は, 平らな, 平ヶ岳に, 平地だった, 平地では, 平野に, 広間で, 往來から, 恰好な, 悪いこと, 悪いの, 戸袋の, 所から, 手すりへ, 手前として, 文明の, 斜面へ, 方から, 方だ, 方でございます, 方の, 方を, 方向に, 方面でも, 時から, 暖炉の, 暗闇には, 木戸の, 木蔭に, 村だけに, 村落では, 東に, 東南向き斜面で, 板囲いの, 柱に, 柱の, 梅林ちかく, 棚の, 森林地方へ, 楽屋入口から, 橋の, 橋番小屋の, 機会も, 武州南葛飾郡金町の, 武者窓から, 気流に, 水害の, 水沢地でも, 池の, 沖合に, 河岸に, 河岸へは, 沼地は, 流れの, 浅いところ, 海岸で, 海岸線を, 湖水の, 湿地帯は, 溜りにも, 濠ちかく, 濱邊に, 炉の, 煖爐の, 片側は, 特等席に, 狩屋邸までは, 甚しきに, 田圃の, 甲板の, 町に, 町の, 町中で, 磯を, 築地の, 緑の, 線を, 線路の, 者が, 腰越方面へ, 茶屋の, 蒲団部屋を, 薄板を, 薪で, 薬研堀矢の, 藝盡し, 處で, 裏店で, 裏通りの, 角に, 角の, 谷間に, 賀茂温泉一つは, 辺を, 近くで, 通りだ, 部屋, 部屋で, 部屋に, 長さ二三里, 間道から, 陽あたりの, 隅の, 隅へ, 障子の, 隣室を, 電車道で, 静かな, 風たち騒ぐ, 食卓を, 駅の, 高みの, 高原にか, 鮫ヶ橋に

▼ 寄り~ (149, 8.5%)

7 なって 2 あって, くぐり戸付き, なったこと, なりませんか, なること, みな横向く, 仕置場が, 青い蔭

1 [126件] あつた, ある, あるコーヒー屋, ある海軍省, ある秘港グリーノック, ある能代, さびしおのがじしをる, したら料理法, して, しもの, し海人船, ずっと低く, ずれて, そこだけ, ついたポケット, つくねんと立っ, なった, なったから, なったが, なったそう, なったという, なったの, なった方, なつて, ならなかった, ならなかったもの, ならなかった紅葉, ならなかつたん, ならなくなったよう, なりいつ, なりました, なりましたか, なりましたら早く, なりましたろう, なります, なりますから, なりません, なり夫人, なる, なるあの, なるじゃ, なると, なるの, なるん, なれば, べつの, まるで自動車, もう一筋先きの横町, エフィニゲウス家の, スタンドが, ツツ, トルコ風の, ムキ出しの, 一つと, 一帯の, 一廓を, 一軒ちょっとした, 之だけが, 五六町下る, 井戸が, 交い棚, 伊豆屋は, 伝えるところ, 住んで, 依子の, 倒れて, 円い自然石, 出入口の, 切石が, 厚い蒲団, 君に, 在る唯一, 大いなる木, 大きなテーブル, 寄つて来る, 寝た伝七, 寢た, 小高き丘, 少し木立, 少し繼, 少し離れ, 巣を, 席を, 店の, 廊下へ, 建つた離屋, 建つて, 当って, 影を, 御尋, 成吉思汗の, 掛けて, 散在する, 数人の, 旗が, 李の, 松が, 枝ぶり優美な, 梁が, 横平山という, 横須賀という, 母屋, 水熊の, 消炭で, 湖も, 演奏壇が, 特有な, 甲府の, 番小屋が, 白壁の, 目立って, 石田三成の, 禿山が, 移し窓, 移る際, 緋モーセンを, 繋いで, 羅漢寺という, 聳えて, 肩へ, 葭町堺町葺屋町側に, 見えるそれ, 路地の, 連って, 鍋を, 高い高殿

▼ 寄り~ (105, 6.0%)

3 さしのぞく, 見れば 2 その手, 久しう, 扶け, 抱きおこし, 細螺は, 縫ものなど, 肩を, 袂を

1 [83件] あそべり鴨島, あそべり鴨鳥, あまゆる, これに, その惡鬼, その足, それを, なにごとを, なに事を, ひとしく胸, ふみ読みなどす, 一の, 一杯, 二ツ三ツものいう, 二三段づつ先立ちける, 亡びたる, 人を, 何事をか, 促し陳, 兼ねても, 力を, 叫び曰ふ, 右の, 土ながら, 地を, 坐りたるは, 声を, 妾の, 帰宅, 幾許似たる, 彼の, 御硯, 心静かに, 悲しめり, 惡しき人かな, 慇懃に, 我に, 戸を, 手に, 手まねする, 手を, 抱き止め程, 押隔て, 撞球戲を, 曰ふ, 来る, 桃金嬢の, 欅の, 海を, 漸く氏家, 燈心の, 爭ふかたち猿なれ, 父様それは, 男の, 相談とにかく, 眼にも, 眼定め, 窺へば, 立ち止ッ, 竹火箸で, 結ばんと, 絶えず炉, 緊と, 聞けば, 色白き, 花の, 蜈の, 衣引きあ, 西入船町を, 見下せば, 見物す, 言ふかも, 討とめ, 話し離れて, 語らひければ, 貫一の, 足ずりする, 軽く宮, 辛労せし, 進み給, 門, 集ふ, 顏を

▼ 寄り~ (51, 2.9%)

12 ふやう 6 ひながら 5 ひて 42 ふ風

1 [22件] た, つて, はし, ひその, ひました, ひます, ひ五十銭, ひ半, ひ居るを, ひ屹, ひ弘, ひ手, ひ末野, ひ松, ひ青瞳, ふとその, ふと今度, ふわけ, ふ時, ふ淫ら, ふ真木柱そ, ふ身

▼ 寄り集まっ~ (35, 2.0%)

3 ている 2 ていた, てくる

1 [28件] たりし, て, てあっち, てき, てきた, てこそ初めて, てできた, てはささやき合い, て何事, て小声, て手遊び, て昨今餅, て来た, て深く深く, て無理, て牛女, て生ずる, て盛ん, て粗製拡声器, て腕, て評議, て談笑, て金色, て長短色々, て雨戸, て食い尽した, て食べる, て飽く

▼ 寄り~ (31, 1.8%)

3 ひて 2 って歩い, って歩いた

1 [24件] って, ってお, ってその, ってなにごと, ってゆっくり, ってヒソヒソ, って一人, って一息, って中野, って小声, って彼, って懐中電灯, って抱きおこす, って抱き起した, って横, って腕, って腰, って血路, ひながら, ひ影, ひ来ても, ひ静か, ふ, へるに

▼ 寄り~ (29, 1.6%)

4 ひが 32 ひの, ひ世帶

1 [18件] かも知れない, がありました, だから, つた, つたからには, で前, で飯炊き, など開い, ひて, ひである, ひに, ひにも, ひばかり, ひを, ひ騒ぎづら, ふと今更新しい, や仲裁, をつけた

▼ 寄りながら~ (23, 1.3%)

2 瑠璃子に

1 [21件] いった, お敏, こう叫ん, その屈まれる, たがいに, シオシオと, 一層厳格, 云った, 云つた, 五六日厄介に, 五本の, 再び老, 呶鳴った, 嬉しまぎれ, 息を, 独逸人の, 発句でも, 目を, 自分の, 辿って, 黙然りで

▼ 寄り添つて~ (21, 1.2%)

2 ゐた, ゐて, ゐる, ゐるの, 来た, 歩いて 1 お坐り, ゐると, ゐる人, 寝るの, 戻つて, 来たから, 案外富岡, 歩きながら, 然も

▼ 寄り~ (19, 1.1%)

3 願います 2 溯る, 避けたがる

1 [12件] いたしましたの, したので, して, しながら, せなかった, 幽かに, 攻めるの, 歩きながら, 流れる水流, 浮かべて, 知りやがて, 避けて

▼ 寄り~ (18, 1.0%)

12 へ出る 51 も定まりし

▼ 寄り集まり~ (16, 0.9%)

1 [16件] さらに耳, だ, だらう, だろうか, だ前世, であった, であるの, で仏人, なら身代, に過ぎない, のよう, の身性知らず, もなく, らしいって, 凝り固まって, 相当の

▼ 寄りそう~ (14, 0.8%)

2 た, て鞄 1 たそうして, ていた, てだ, て歩く, て親し, で危, な景色, な樹, になった, もない

▼ 寄り~ (14, 0.8%)

1 [14件] ございませぬが, しないかと, しなかったか, しなかったはず, しませんから, しませんが, せぬかと, せんの, 丸くうす緑, 何じゃった, 寄つたれども, 為ません, 焼けないさ, 鉄道省の

▼ 寄り~ (13, 0.7%)

4 てみた 1 お貞, ていろいろ, てふざけ, てました, て今帰り途, て拝借, て来たい, て来ました, に火

▼ 寄り~ (12, 0.7%)

4 まつて 1 つたもの, つたり, ひて, ひ草庵, ふてゐるの, ふて来た, ふ限り, へり

▼ 寄り~ (11, 0.6%)

2 あって 1 あり瘤, あるからな, ない, ないとは, わるい, 一ノ, 悪いので, 悪くなった, 惡い

▼ 寄りそっ~ (11, 0.6%)

2 ていた 1 たりねむる, たり右側, ていたいばかりに, ている, てきた, てくる, てそっと, て歩いた, て進む

▼ 寄り集まった~ (10, 0.6%)

1 ときに, には不思議, もの思い思い, ようで, 大勢の, 明りの, 渓谷で, 眼球が, 移民の, 貴賤男女

▼ 寄りそつ~ (9, 0.5%)

2 て坐 1 た, たやう, て, てこほろぎ, てそれ, て一人, て何時

▼ 寄り~ (9, 0.5%)

1 ござれば, しず塩梅, しないし, しないのに, つかれぬよう, なかった, なければ, 來る, 御座いまするでこの

▼ 寄り~ (9, 0.5%)

2 り, る 1 つ, と樂, ね, ば, る氣合

▼ 寄り集っ~ (9, 0.5%)

1 ていた, ててんでに, て一生懸命, て大きな, て手, て拵ら, て来た, て案じ, て看病

▼ 寄りした~ (8, 0.5%)

2 だけです 1 がお, だけ, のです, のは, ような, 魚の

▼ 寄り~ (8, 0.5%)

1 すぐ近く, ひよつと, もしなすった, 東北に, 浅草の, 直ぐ門, 背負ひ, 芸妓屋が

▼ 寄り~ (8, 0.5%)

1 から勢揃, になっ, になる, に桜花, のない, はどこ, へ案内, を失っ

▼ 寄りその~ (7, 0.4%)

1 上近年病者に, 前に, 叫び主を, 晩若君金一郎様が, 縛めの, 胴体は, 落ち窪んだ

▼ 寄り~ (7, 0.4%)

3 いつたら寄つて 1 いったら寄っても, いふよりは, おっしゃりますと, する息子

▼ 寄りコーヒー~ (7, 0.4%)

5 を飲む 1 のむ, 飲み橘

▼ 寄り集り~ (7, 0.4%)

1 が共通, だという, て術計, ですよ, ということ, に負け, のやう

▼ 寄り~ (6, 0.3%)

2 妻どんお前買ひ 1 かみさんと, 千絵の, 命を, 露の

▼ 寄りする~ (6, 0.3%)

2 気に 1 って言っとい, と云っ, のを, わ

▼ 寄りそうよう~ (6, 0.3%)

1 にし, にした, に坐っ, に坐りました, に銚子, に青木

▼ 寄り~ (6, 0.3%)

2 へ情味 1 ふな, ふ神, へよ, へるに

▼ 寄りあつまっ~ (5, 0.3%)

2 ていずれ 1 ていろいろ, てそれぞれ, て馬鹿話

▼ 寄りこちら~ (5, 0.3%)

4 へよりし 1 へ依りし

▼ 寄り~ (5, 0.3%)

1 うして, へすれ, ま両膝, やらふ, わらないよう

▼ 寄りそれ~ (5, 0.3%)

1 から突然, に凭れかかつ, を一通り, を塔, を投げかけた

▼ 寄りつけ~ (5, 0.3%)

2 もしなかつた 1 の酒場, もしない, もしなかつたら

▼ 寄り~ (5, 0.3%)

2 種々のが 1 てえ, ねえ作さん, ッて

▼ 寄りには~ (5, 0.3%)

1 ならなくなった, 一劃の, 柵を, 水鳥が, 誰か

▼ 寄り~ (5, 0.3%)

1 ぞろ, 包帯し直し, 同じメニュー, 歩き歩いて, 轉じ

▼ 寄り合つて~ (5, 0.3%)

1 さうし, 主觀的, 互に警醒, 待つて, 色々の

▼ 寄り~ (5, 0.3%)

1 が物, になっ, にはゆく, の名人, を投げかけ

▼ 寄り食事~ (5, 0.3%)

3 して 1 するチキン, それから青山

▼ 寄り~ (4, 0.2%)

1 つてものものしい, つまつてまたぞろ, ひでかたまつた, ひでも

▼ 寄りあい~ (4, 0.2%)

1 があちこち, があるで, のよう, の模様

▼ 寄り~ (4, 0.2%)

1 かつてぢ, かつてゐた, さあ行こう, ぬるとき

▼ 寄りそった~ (4, 0.2%)

1 がちょうど, のが, ままいつまでも, まま身体を

▼ 寄りそれから~ (4, 0.2%)

1 大雅, 寺木歯科へ, 彼等の, 自分の

▼ 寄りつど~ (4, 0.2%)

21 って色紙, へり

▼ 寄りどころ~ (4, 0.2%)

1 が定まった, であった, となつ, ない遣

▼ 寄りなすっ~ (4, 0.2%)

1 ちゃいけません, て, て下さいます, て雨宿り

▼ 寄り~ (4, 0.2%)

1 大網を, 小さい板囲い, 廻って, 曲がれば

▼ 寄り一時~ (4, 0.2%)

1 にビクター, に銀茶寮, 半帰宅, 帰る

▼ 寄り二人~ (4, 0.2%)

1 の使女, の傍, 寄って, 集まりがやがや

▼ 寄り冷コーヒー~ (4, 0.2%)

1 とみつ豆, のみて出る, のみ座, を飲み

▼ 寄り包帯~ (4, 0.2%)

1 されて, して, し替へて, で顔

▼ 寄り天ぷら~ (4, 0.2%)

2 を食 1 少々食っ, 食って

▼ 寄り集つて~ (4, 0.2%)

1 かなしんで, てんでに今朝, ゐる人びと, 来ては

▼ 寄り集まる~ (4, 0.2%)

1 ところで, ところと, んです, 時分には

▼ 寄りあつ~ (3, 0.2%)

1 てゐる, て同じ, て澄んだ

▼ 寄りけい古場~ (3, 0.2%)

21 へ出る

▼ 寄りすし~ (3, 0.2%)

1 をつまみ, を食っ, 大いに食

▼ 寄りつき~ (3, 0.2%)

1 に待つ, もしない, を好く

▼ 寄りつつ~ (3, 0.2%)

1 この夜, やがて手, 裏がれたる

▼ 寄りては~ (3, 0.2%)

1 かにかく, 崩れ崩れては, 讀書算術思ふ

▼ 寄りでは~ (3, 0.2%)

1 あるが, ないか, 三根山が

▼ 寄りより~ (3, 0.2%)

1 協議中であった, 話し合って, 鳩首凝議し

▼ 寄り~ (3, 0.2%)

2 すって 1 を見

▼ 寄り夕食~ (3, 0.2%)

2 して 1 する

▼ 寄り女房~ (3, 0.2%)

1 とかど, と共に浅草, をロードスター

▼ 寄り~ (3, 0.2%)

2 のない 1 のよう

▼ 寄り~ (3, 0.2%)

1 と楽し, 給ふ, 阪中の

▼ 寄り申し~ (3, 0.2%)

1 てくる, て小, て来ました

▼ 寄り~ (3, 0.2%)

1 が霞ん, になった, の縁

▼ 寄り軽く~ (3, 0.2%)

1 頭を, 食って, 食事し

▼ 寄り~ (3, 0.2%)

2 を手 1 から布団

▼ 寄りあつまり~ (2, 0.1%)

1 きっとけちらし, ながらなかなか

▼ 寄りかた~ (2, 0.1%)

2 まつて

▼ 寄りから~ (2, 0.1%)

1 であ, 町奉行神尾備前守に

▼ 寄りしました~ (2, 0.1%)

1 のどす, 所が

▼ 寄りします~ (2, 0.1%)

1 が, よ

▼ 寄りそい~ (2, 0.1%)

1 ながらまた, になった

▼ 寄りそこ~ (2, 0.1%)

1 で心ゆく, に一日

▼ 寄りそこで~ (2, 0.1%)

1 その仕事, 或日

▼ 寄りたかる~ (2, 0.1%)

1 テュロたちの, 武士を

▼ 寄りたる~ (2, 0.1%)

1 場所に, 態を

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 という, と思う

▼ 寄りであった~ (2, 0.1%)

1 のですべて西, のでどっち

▼ 寄りである~ (2, 0.1%)

1 がこの, が角田

▼ 寄りなど~ (2, 0.1%)

1 して, なさいませんよう

▼ 寄りひたすら~ (2, 0.1%)

2 にかく

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 づいカツレツ, へん

▼ 寄りやすい~ (2, 0.1%)

1 一等の, 区域が

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 一ぱい上げたい, 屹度半ちゃんを

▼ 寄りウイ~ (2, 0.1%)

1 をのみ, を買

▼ 寄りクルックス~ (2, 0.1%)

1 の光線, を受取っ

▼ 寄りスープ~ (2, 0.1%)

1 とスパゲット食, と平目

▼ 寄りトマトスープ~ (2, 0.1%)

1 とチャプスイ, と犢

▼ 寄りバス~ (2, 0.1%)

1 で一休庵, で銀座

▼ 寄りビクター~ (2, 0.1%)

1 へ, へ行く

▼ 寄りビフテキ~ (2, 0.1%)

1 を食った, 食って

▼ 寄りポタアジュ~ (2, 0.1%)

1 とハムエグストースト, にオムレツ

▼ 寄り一人~ (2, 0.1%)

1 でいろ, ではしゃぐ

▼ 寄り一寸~ (2, 0.1%)

1 のみすし, 上り込み話し今度

▼ 寄り一時間~ (2, 0.1%)

2 ゐて

▼ 寄り一杯~ (2, 0.1%)

1 のむ, やりすし

▼ 寄り一荘~ (2, 0.1%)

1 やり又, やり負け

▼ 寄り下さいます~ (2, 0.1%)

1 から, やうに

▼ 寄り両手~ (2, 0.1%)

1 を目, を背中

▼ 寄り京極~ (2, 0.1%)

1 を夙川, を市政会館

▼ 寄り今日~ (2, 0.1%)

2 は八幡村

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

2 ったまま

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

2 が馬

▼ 寄り寄り~ (2, 0.1%)

1 にさ, に伝える

▼ 寄り寝し~ (2, 0.1%)

1 妹, 妹を

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 の手, の縄目

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 にし, に触れ

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 楽座で, 楽座へ

▼ 寄り本社~ (2, 0.1%)

2

▼ 寄り東宝本社~ (2, 0.1%)

1 へ, へ行く

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 寄り添つた~ (2, 0.1%)

1 と思ふ, なり静

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 の祝, を見舞っ

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 すなわち磯, をも云わず

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 しけるは, そうと

▼ 寄り申そう~ (2, 0.1%)

1 と思いまし, と思っ

▼ 寄り白い~ (2, 0.1%)

1 のを, 手を

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 の手, の至情

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 へ手, を胸

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 と鑵詰, をふくめ

▼ 寄り銀座~ (2, 0.1%)

1 の松島, へ出る

▼ 寄り~ (2, 0.1%)

1 が瓦屋, をやり

▼ 寄り集った~ (2, 0.1%)

1 ところに, 人波の

▼ 寄り集まつ~ (2, 0.1%)

1 た, た小さな

▼ 寄り集る~ (2, 0.1%)

1 と火の手, 所或は

▼1* [494件]

寄りあがっていた, 寄りあざやかに黒衣, 寄りあそばしまして, 寄りあっさりしたもの, 寄りあつまる所へ, 寄りあなたはもしや, 寄りいきなり足の, 寄りおいおいに潟, 寄りおでんなど食っ, 寄りおなじくわが銃, 寄りお父さんと言った, 寄りかたまったそのまま, 寄りかたまつた若者たち, 寄りがたからむ, 寄りがんじょうな鉄格子, 寄りくぐもる数の, 寄りくだすった両, 寄りくださいまして店頭, 寄りくださいましたとは, 寄りくださいます御好意, 寄りくださいますまいか, 寄りくるいさな討ち, 寄りけるをたゆ, 寄りこうして東京には, 寄りこぞって誰も, 寄りこぞりて, 寄りこっち寄りして, 寄りこのまま慄え, 寄りこんなに萎びた色艶, 寄りさせようとこんな, 寄りさつきは失礼, 寄りさま巧に八, 寄りさも憧憬に, 寄りざまに斜, 寄りざま主君生害のさま, 寄りざま勘兵衞の裾, 寄りざま気違いのよう, 寄りざま臂を伸ばし, 寄りざま電光石火に郷士, 寄りざま馬袍をすくい取っ, 寄りしたら昨日は, 寄りしないでせう, 寄りしばらくマライ半島と, 寄りしませんよまあ, 寄りじゃテ, 寄りそいつをひんまくっ, 寄りそうかたちでかすか, 寄りそのまま膝へ, 寄りその後夜おそくな, 寄りそれからまた原始的な, 寄りそれとなく時刻を, 寄りたかりいつの間にか応接間, 寄りたっぷり食って, 寄りたまひぬ, 寄りたまえ汝の顔, 寄りだが私が, 寄りってば, 寄りつけるこつちやないぞ, 寄りつどつてあのいつも, 寄りつどつて狐火を燃やした, 寄りつどつて運座を催した, 寄りてこそそれかとも, 寄りての御参詣, 寄りでしたら浅見の, 寄りでもしたよう, 寄りとうとうとうと, 寄りとか牛若自身が, 寄りとはいえ楽, 寄りどころ蟹の甲羅, 寄りなさいましたらどうぞ皆さん, 寄りなさらんか, 寄りなされたがさして, 寄りなしたから, 寄りなすつて下さい, 寄りななこちたかり, 寄りなほ南方の山中, 寄りなら幾らかありやす, 寄りになつていくらか, 寄りにも一つベットが, 寄り別れを, 寄り四日市で, 寄りはじめて吉左衛門の, 寄りふんだんに食った, 寄りほかの女中雇人, 寄りまずその上, 寄りみつ豆とコーヒー, 寄りアがれ, 寄りやがて越前の, 寄りらしく同じこと, 寄りわが腰衣に, 寄りわざとらしく声を, 寄りわたくしに被, 寄りアカイア軍勢破らんと, 寄りアヌンチヤタと媼, 寄りエノケンの, 寄りオリムピックで食事, 寄りオルドヴルグリーンピースのスープ, 寄りカツレツを食, 寄りガランティンとムサヤ, 寄りグレープジュースを飲み, 寄りゴムでしっかり, 寄りザンバラになった, 寄りスティルの新しい, 寄りスパナーで六角, 寄りスープ魚鳥肉と食った, 寄りタクシで送られる, 寄りダメを出し, 寄りダンシングとか云て踊り, 寄りチャップリンを見よう, 寄りツキがあり, 寄りテスト盤が出来た, 寄りデンツーでポタージュ, 寄りトマトクリームローストビーフにワフル, 寄りトンカツと天ぷら, 寄りニットウコーナハウスで紅茶, 寄りニットコーナハウスで紅茶, 寄りニュウグランドへ久々, 寄りネクタイ挾みと, 寄りハムエグスとタンシチュウ, 寄りバケツの位置, 寄りバーでのみ十二時, 寄りホテルのグリル, 寄りホテルニューグリルで食事, 寄りホテ・グリへコーヒー, 寄りボルシチとパステーチェン, 寄りポタアジュコールドラブスタースパゲティとローストビーフ, 寄りポタージュのうまい, 寄りマカロニトースト食った, 寄りラヂオの原稿, 寄りラッシュを見る, 寄りルードして, 寄りレターペーパーや封筒, 寄りレーニンと話し, 寄り一円半の定食, 寄り一緒に車, 寄り丁度疊から, 寄り七時前に今日, 寄り三人寄りほか, 寄り三十分ゐて, 寄り三時までベロン, 寄り三月帰京此の月一杯遊び, 寄り三直で天ぷら, 寄り三荘やるあゝ, 寄り上っていた, 寄り上京中の竹川, 寄り上半身を抱き起し, 寄り下されたとか, 寄り下されたく自分上京の, 寄り下二父上の命日, 寄り下宿人のため, 寄り与里の全身, 寄り腕で, 寄り中山晋平氏に, 寄り中泉眼科へ寄っ, 寄り乍らも肉附, 寄り乍ら感慨深く思ふ, 寄り乙女心の限り, 寄り九三の端, 寄りのもと, 寄り事情を話し, 寄り二人集まりして, 寄り二代目の評, 寄り二十一日放送の菊田, 寄り二十七日昼を白衣招待, 寄り二十分やって, 寄り二本が眞志屋, 寄り五百フランと千フラン, 寄り井口の北支戦線報告, 寄り付けねえが向う岸寄り, 寄り伊之助の足, 寄り伊織の肩, 寄りし, 寄り佐藤社長を訪れ, 寄り何となく物淋し氣, 寄り何とも言えぬ顔, 寄り何人かの男, 寄り何心なくその, 寄り來ざらめや, 寄り俳優協会のこと, 寄りが附いてる, 寄り先づチル子を抱き降さう, 寄り光線除眼鏡を直させ, 寄り公会堂へ, 寄り六時に日比谷音楽堂, 寄り六時半にはレインボー, 寄り其の形は, 寄り其翼無慘, 寄り合えから, 寄りの様子, 寄り内田誠氏とタイアップ, 寄り前列にならん, 寄り前方に飛行島, 寄り前歯と右, 寄り勝ちの額, 寄り勝手を悪く, 寄り勝津吉朗に会, 寄り十二時にエスキーモ, 寄り十二時すぎ引きあげる, 寄り十二時すぎ座へ出る, 寄り十二時ホテ・グリへ藤山一郎, 寄り千鳥聞く夜, 寄り卓上から銅貨, 寄り南ずしへ寄り食べる, 寄り南飯田町うらは, 寄り即ち大川の, 寄り原作料のこと, 寄り原信子邸へ, 寄り去る時も, 寄り友田と三人, 寄り古参の太田黒兵助, 寄りの奥歯, 寄り右足を診せる, 寄り合つた蓮の葉, 寄り合つて夜の更ける, 寄り合つて寒がつて, 寄り合つて相談した, 寄り合ふんです, 寄り合世帯のよう, 寄り合唱がねり歩く, 寄り合場さしずめここ, 寄り合所帯が発見, 寄り名誉賞を贈呈, 寄り君江がどんな, 寄り商工大臣のお, 寄り啼き寄る幼獣, 寄り四五冊買ひ込む, 寄り四本目の格子, 寄り四谷へ, 寄り土産など買, 寄りに膝突き, 寄り堡塁の陰, 寄り場所したがって世間, 寄り塩入に, 寄りをかけ, 寄り夏侯惇の面, 寄りをのぞき, 寄り夜な夜な発する霊光, 寄り夜食して, 寄り夢声の漫談, 寄り雅で, 寄り大事そうに抽斗, 寄り大声を揚げ, 寄り夫人に正月, 寄りに真面目, 寄りをひしと, 寄り威力に屈した, 寄り威勢よく少年, 寄り子供等も集, 寄り定食とスパゲティ, 寄り家康のそば, 寄り劇場へ, 寄り小松理髪店へ理髪, 寄り部数の, 寄り届書を書い, 寄り山家相応の馳走, 寄り岡氏と対談, 寄り岡田嘉子に偶然, 寄りの底ひ, 寄りに集まっ, 寄り巫女の片, 寄り市之丞の縄, 寄り市役所からの新, 寄り帝劇稽古場へ, 寄りを後楯, 寄り底気味わるい眼付, 寄りの炬燵, 寄りい心, 寄り引き戸に手, 寄り当局の賛助, 寄り後ろへ退こう, 寄りに思い立っ, 寄り恐らく右胸か, 寄り患者の枕許, 寄り悲鳴の子ら, 寄り愁然として四辺, 寄り懐中から書面, 寄り懸り気味に, 寄り成吉思汗の腕, 寄り手当して, 寄り招待券二枚置いて, 寄り拳銃を胸, 寄り探り寄り血潮, 寄り提灯や手燭, 寄り損つてゐると, 寄り支店の招待, 寄り支配人としばらく, 寄り数個つまむ外米, 寄り文ビルへ, 寄り斎藤もゐ, 寄り新刊を求め, 寄り新刊二三求めて, 寄り新刊二三冊求め何とか, 寄り新刊書と日記, 寄り新橋演舞場へ五郎氏, 寄り新聞を読ん, 寄り方衣と体, 寄りの眼薬, 寄り旅用の薬, 寄り旅館の名, 寄り日劇中三階へ行く, 寄り明るらし, 寄り明日早いのに, 寄り明日入浴しても, 寄り明治のレコード, 寄り春子さんにいろいろ, 寄り時には母に, 寄り書簡を矢, 寄り一度盲戸を, 寄り最後の話, 寄りがとろとろ, 寄り杏花楼でやき, 寄り来りて近く, 寄り来りうすれて消, 寄り来る楽しい浜辺, 寄り来月吹込みのこと, 寄りに海, 寄り東京の三田村, 寄り東宝グリルでロールキャベツ, 寄り松島眼鏡屋で光線, 寄り枝豆のすし, 寄りと連絡, 寄り栄ずしでひらめ, 寄り栗ぜんざいとざうにを, 寄りを打ち, 寄り次いで古座港に, 寄り正月十日頃出来とのこと, 寄りを完成, 寄り歯ぐきを切っ, 寄り死に顔を見, 寄りも寄り, 寄り如し, 寄り水中にからだ, 寄り水兵たちがすっぱ, 寄り水彩絵具を一式揃, 寄り江川で旗挙, 寄り沖合いへ碇泊, 寄り沿つたま, 寄り洗眼し本社, 寄り洗眼血膜炎らしい, 寄り浅草へのり出し, 寄り之助, 寄り涼しいので一時間余, 寄り添つてたいの想出話, 寄り添つて丈くらべを, 寄り添つて人中へ割込む, 寄り添つて何時もおだやか, 寄り添つて來て, 寄り添つて取り附けて, 寄り添つて口を耳, 寄り添つて平次の裾, 寄り添つて忽諸して, 寄り添つて枕元の小さい, 寄り添つて森の中, 寄り添つて胸元をふくらませ, 寄り添つて腰をかけ, 寄り添つて行つた, 寄り添つて頬と頬, 寄り添つて默つて平次の言葉, 寄り添ふけはひ, 寄り清月で天ぷら, 寄り澄む七面鳥の, 寄り無声映画の興行, 寄り牛肉たっぷり食っ, 寄り牛肉食ふ, 寄り狂言の相談, 寄り理髪五時に寺木, 寄り琥珀のパイプ, 寄り生駒を誘っ, 寄り田舎を食, 寄り申しあげお茶の, 寄り申したのでござる, 寄り申しますよ, 寄り申しませんよはい, 寄り申すところが, 寄り男みだらの, 寄り畳む五百重が, 寄り白魚フライにワフル, 寄り益田銀三等とのむ, 寄りははるか, 寄り抱いて, 寄り着かれた海岸近くに, 寄り知恵を借りる, 寄り石ダイやブダイ, 寄り研究の結果, 寄り硝子に頬, 寄り社長にたのんだ, 寄りを祭った, 寄り神宮寺の方, 寄り神楽坂へ, 寄りの夜, 寄り種々申し諭し医療, 寄り窃かに内, 寄り竹屋さんの馳走, 寄り節米時間中でもすし, 寄り簀掻藁を床, 寄りで荒く, 寄り米大尽やくじら分限, 寄り籾倉前の狭い, 寄り四分の一ばかりの, 寄り細目に開け, 寄り終日遊んで, 寄りにド, 寄りを解き, 寄り織田家に勝色, 寄り翌日水仙廟の後ろ, 寄り老人の体, 寄り老婆そのま, 寄り耕一路でアイスコーヒー, 寄りは病気, 寄り腕時計の輪, 寄り自分のピストル, 寄り自動車で八幡, 寄り自由ヶ丘の三益, 寄り芝居をしかけ, 寄り荒く短い頭髪毛むくじゃらの, 寄り菊池先生に会, 寄りつけると, 寄り藤作を囲み, 寄り藤山よりプレゼント, 寄りの右手, 寄り血刀をグイ, 寄り血潮の中, 寄り衣裳の流行, 寄り表通りは軒並み, 寄り装置の村上, 寄り西条軍之助, 寄りて立つ, 寄り見事なスクラム, 寄り見舞して, 寄り親切な目つき, 寄り親子丼をとっ, 寄り評議の結果, 寄り話しがある, 寄りへ縋り付いた, 寄り足もとへからだ, 寄り足踏みつつ唱う, 寄り身捨て身だ交叉, 寄り近づく者あら, 寄り近所中集まっては, 寄り進んできた, 寄り遂にその目的, 寄り遊ばしちゃア, 寄り遊ばせなねえ, 寄り那波と座員, 寄り那波氏に昇給者, 寄りなつて, 寄り重箱から鰻, 寄り野菜本位で食べ, 寄り金澤に寄つたの, 寄り銀座三丁目銀二ビル三階の大, 寄り鎮痛剤を買い, 寄り鏑木に意見, 寄り長光の太刀, 寄りがある, 寄りに仕へ, 寄り附かうとしない, 寄り附かない具合である, 寄り附かんかし, 寄り附かんように振廻す, 寄りに焼け, 寄り集い水など打ちそそぎ, 寄り集い申すよう, 寄り集つたのが三人, 寄り集つて喞筒の稽古, 寄り集つて彼奴は悟り, 寄り集ふたる配達夫, 寄り集まり不穏の事, 寄り集まり破裂し消え失せたあの, 寄り集り者の仲間, 寄り集ッて天下国家, 寄り難いありさ, 寄り難い凄気に, 寄り静かに体, 寄り静まれる舟いちどきに, 寄りを脱ぐ, 寄り順天堂医院へ連れ, 寄り重り脚, 寄り頭髪の手入れ, 寄りを集め, 寄りを介し, 寄り颯と石段を, 寄り食事ポタージュレタスにポークビンズ, 寄り馳走になりました, 寄りの毛, 寄り除けの, 寄りにする, 寄りの畑, 寄り麦酒を飲, 寄り麻布今井町の瀬戸口藤吉翁, 寄り黄色くなったところ, 寄り黒い眸を, 寄り鼻面を押え, 寄りAKへテスト, 寄りJOAK