青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寄せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宿命~ ~宿屋 宿屋~ 寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~ 寄~ ~寄せ
寄せ~
~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~ 密~ ~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒

「寄せ~」 3183, 34ppm, 3399位

▼ 寄せ~ (2231, 70.1%)

63 いた 44 来た 30 いる 23 きた 22 来て 20 いるの 15 ゐた, 何か 13 くる 11 行った 10 きて 9 いたこと, 私の 8 いたが, いたの, 来る 7 いること, くるの, くれた, ゐたの, ゐる, 云った, 居る, 置いて, 見ると, 言った 6 囁いた, 来たの, 自分の 5 いて, しまった, 來る, 彼の, 膝の, 顔を 4 いました, います, きたの, ゐるの, 叫んだ, 来るので, 私は, 行ったが, 見せた, 見て

3 [35件] あつた, いたという, いた者, いなかった, いるらしいの, いる人, おるの, くると, それを, はかへ, みたり, みると, ゐること, ゐる樣子, グイと, 中から, 中を, 低声, 右の, 庭の, 当麻寺へ, 彼女の, 待って, 来たん, 来るの, 来るよう, 歩いて, 笑った, 考えて, 聞いて, 行く, 見せる, 話を, 長塚君が, 馬の

2 [126件] あった, ある, いただいて, いたところ, いたので, いたもの, いった, いったが, いても, いると, いるに, いるよう, いる女, いる所, いる者, おいて, おりました, きました, くるよう, くる波, くれい, こればかりは, こんな事, しまいました, じっと眼, その上, その頬, それに, どうしたら, まづ髮, みて, みろ, もらいましょう, もらいます, ゐたから, ゐたが, ゐたもの, ゐた照子, ゐるでは, ゐる神威古潭, 二ツばかり, 云つた, 人の, 代助, 何やら囁い, 何事か, 促して, 八五郎の, 其癖美味, 凝と, 動かずに, 十粒に, 取って, 口を, 吠えて, 囁いたり, 坐って, 壁に, 外を, 女の, 家内の, 寝かして, 居た, 居たの, 居りました, 居るが, 居る事, 岡崎屋の, 帰って, 彼に, 彼は, 微笑する, 心の, 必死に, 打ち開けて, 指の, 敵を, 敷居の, 来たので, 来たもの, 来た敵, 来た時, 来ては, 来ました, 来ようとは, 来ると, 来るなと, 来る時, 来る毎, 来る波, 来る浪, 此の, 殊に美しい, 水を, 煙草を, 父の, 物を, 玉の, 當麻寺へ, 目を, 眺めて, 眼を, 立ち止まった, 立つて, 笑ひ, 縁側の, 腰を, 苦し相, 蒔かずしも, 行って, 行つた, 見せ, 見た, 見たり, 見ても, 見むとす, 見れば, 言葉寡し, 語りつ, 読んで, 近まさり鳴く, 集めて, 雨宿りする, 静かに, 馬も, 黒い太い洋傘

1 [1408件 抜粋] あくる日から, あこの, あったが, あったそう, あった五脚, あって, あのお, あやか, ありまして, あるいた, あるさまざま, あるの, ある牛, ある神々しい, あれこれと, いう, いきなり姉さん, いずれも, いたかという, いたため, いただきましょうか, いたと, いたマドロス君, いた八坂, いた好感, いた引綱, いた感情, いた時代相, いた淮南, いた田辺, いた眼, いた訳, いた青年, いっしょに, いつて, いない恐らく, いふあの, いら, いるお, いるぞ, いるところ, いるので, いるゆえ, いるらしいこと, いる今日, いる侍たち, いる半, いる問題, いる寺男, いる幸吉, いる忠烈, いる様子, いる状態, いる笹村, いる興味, いる輝かしい, いる青年, うかがうと, うつらうつら煙草, うまく除け, おいた小刀, おきましたから, おどおどし, おもらい申します, おられるから, おりましたが, おる家, お呉れやす, お椀, かう云, きたが, きたところ, きた十夜頭巾, きた王平, きた聞き込み, きびしく問い, くすッ, くだすって, くるかと, くるという, くる一つ, くる潮水, くれそう, くれた多く, くれませんの, くれるであろうと, くれるらしい人たち, くれる女, くれれば, ぐいと, ぐったり疲れきってる, こういうもの, こっそり教え, このよう, この思掛, これから達者, これは, ささやいた, さっさっと, さまよい続けて, さも嬉し, しばらく群, しらぬ間, じっと立っ, じつは複雑, すつかり, すゝみ, そこで飴細工, そして優しく, そっと訊ねた, そのご, その乳, その先頭, その奉納, その戦功, その杖, その無, その産所, その肩, その隙間, それから急, それでひと, それらの, そんなもの, たとえばいま, ちびりちびり飲ん, つづけた, どうした, どなつて, なぐさむ了簡, なにか考え, なんだか囁いだ, のしかかって, ばらばらの, ひた泣き, ふたりの, へえつていふ, ぽつ, またがりまた, また不平, また自分, まるまると, みたところ, みれば, もし頼む, ものを, もらいます言うて, もらおうと, もらひます, やがて普通, やった方, やろう, ゆきながら, ゆくなり, よこしたのに, よよとむせび泣いた, われと共に, ゐたころ, ゐた何ん, ゐた山, ゐた青年, ゐても, ゐました, ゐるかといふ, ゐるかも, ゐると, ゐるのに, ゐるらしいこと, ゐる凡て, ゐる微笑, ゐる某, ゐる関心, カラリと, コソコソ囁い, シンと, ズラリと, ディヴァンふうの, フフンと, リボンの, 一冊の, 一字の, 一心に拝ん, 一曲吹きすさむ, 一服やった, 一点に, 一緒に, 一軒, 三十貫, 上り框の, 上目がちに, 下さいまし, 下さる, 下女に, 不快そうに, 丑松が, 世を, 並べられて, 乘り, 乳呑児が, 二つに, 二三人が, 二人し, 二十歳以上の, 交を, 交際を, 今しも, 今出, 令夫人は, 佇立み, 何ぞと, 何やらひそ, 何やら考え込んだ, 余の, 使いを, 來ては, 來ました, 俯目勝な, 偵察を, 兄の, 先生の, 入口の, 其の中, 其房, 内懐へ, 冷えた茶, 出て, 力を, 労わるように, 千里の, 半身構えに, 参ったの, 参ります, 又一と, 叔父が, 古甕, 叱るよう, 同じく留まる, 同氏は, 名越の, 向こう岸から, 呉れた人達, 呉れる者, 呼んだ, 唇を, 喜びを, 囁いた計, 囁くと, 囁く時, 四方構わずわめき散らす, 土地の, 坐ったので, 坐る気配, 執念く, 墨を, 声を, 外国人と, 多年の, 夜を, 大きな柳行李, 大変な, 夫を, 奪り返さね, 如何にも気, 妙に, 婿君の, 子供を, 宗右衛門町の, 室の, 寒空を, 寝具と, 寢言なりと, 小さい花, 小声に, 少し苦り切っ, 尾根, 居られたこと, 居ると, 居るものの, 居る様, 居る者, 屈みこんで, 左手で, 差出してる首, 常に台, 平気である, 府門から, 庭に, 建てた二階家, 引出の, 形見こそ, 彼を, 往って, 待構え, 御一所, 微笑した, 心酔ひつつ, 忙しい日常生活, 思いを, 思を, 恍惚と, 息を, 愛人としての, 憩ひつ靜かに, 我家の, 手拭の, 手習いや, 打って, 抱き上げると, 担ぎ出して, 持って, 掛けて, 接吻した, 揚げますが, 撃つ工夫, 支えに, 教を, 斜に, 斬り結ぶしか, 日の, 明日の, 昨夜深更まで, 晴夜の, 暗がりで, 暮近く, 曰く飛電頻々として, 書いた, 朝飯を, 来い, 来たお, 来たから, 来たな, 来たり, 来た大, 来た彼, 来た者, 来ないので, 来ました時, 来るかの, 来るほか, 来る事, 来る人波, 来る味気, 来る大, 来る幾島, 来る気づかいはござりませぬ, 来る白い, 来る肩, 来る静か, 来れば, 格闘する, 構図の, 横抱きに, 次々に, 歌える, 正面を, 歩るいて, 気の毒さうに笑ひ, 気遣わしそう, 池を, 治を, 注意を, 流れて, 浪子が, 海辺の, 深い沈黙, 渦の, 溜息を, 潮の, 火の玉でも, 灯火を, 無念ながら, 無言の, 熱い接吻, 燃した, 燦爛と, 父を, 牛を, 犇と, 独り泣い, 現代の, 生々しいその, 由喜子夫人の, 男の, 白粉を, 百二十個の, 直立ピアノが, 相變ら, 眠りに, 眠り給ひき, 睦言に, 研究でも, 碎けて, 祀られ包まれた白い, 祝言を, 神馬草と, 私に, 稲を, 積み上げる砂小石, 突返した, 竈の, 立てた人, 笑い出し束髪, 笑うのみ, 笑つた, 笑ましげ, 笑顔を, 精巧に, 素足の, 結べば, 緊張の, 縋るよう, 美しい虫, 翳すが, 考えこみました, 考えたが, 考え合わせて, 考へ, 聞いたり, 聞耳を, 肩を, 肴を, 脇差を, 腕を, 腰掛けた, 腹立たしげ, 自分と, 臭い様, 舌打する, 色も, 苦々しい微笑, 苦い顔, 落着き一服煙草を, 薬を, 蝶の, 行きます, 行くといふ, 行く人数, 行ったから, 行ったり, 行つた頃には, 複雑な, 見せるの, 見ただけ, 見ねえか, 見ようと, 見る癖, 見んの, 見北条, 見毛利, 覗いて, 観察し, 言って, 訊いて, 評定の, 詠んだ和歌, 説いて, 読み通しました, 譜面通りに, 貰ったん, 貰ひ, 貴国の, 走って, 踏絵の, 車外を, 迫るよう, 透して, 造りつけた石, 過日の, 遠慮も, 郵便局に, 重々しく首肯いた, 金縁眼鏡で, 鉛筆を, 錠の, 鐵砲で, 閑山が, 閨情を, 降しきる雨, 陽射しを, 隊員の, 雁首を, 雪から, 震えながら, 面を, 音の, 頂いたという, 頂きますわ, 頬を, 頭を, 顔には, 飄然として, 食後の, 餘つた布の, 香以を, 騒ぐ, 高楼の, 鷹を, 黙々と棚, 黙つて, 黙読し

▼ 寄せながら~ (89, 2.8%)

2 低く呟く, 行くにも, 言った

1 [83件] あの可愛らしい, あまり話, いつかそれを通して, いつまでも, お島, かう振り, くり返し言った, こちらを, さう, さえぎった, しかし口元, しかし防湿紙, しきり, じっと息, そう云った, そのようす, その一行, その運命, だんだん墓地, ちょっと中将, ついにその, ともかく, なみなみと注いだ, ぷッと, ほとんど噛みつき, まじめに, ガサガサと, ムクの, リチネを, 三人の, 二三歩黙っ, 云いました, 云った, 休止の, 何やら早口, 促すよう, 偉い画家, 勝手に, 向ふ, 呟いた, 営所の, 声を, 天井を, 孫策は, 小圓太, 帯の, 底から, 彼女から, 微笑を, 恥しさ, 息子を, 感嘆した, 懐紙を, 手紙に, 接吻した, 新しい筆, 森村は, 武蔵は, 歩いた, 泣くよう, 浜の, 熱心に, 爪先に, 玄徳が, 生きて, 疑問の, 目玉を, 相手を, 睫毛の, 礼を, 笑い出した, 粗雑な, 練習し, 考へたこの, 聞いて, 自分が, 自分で, 舟底を, 襖を, 鋭い乳, 静に, 默つて盃を, 黙って

▼ 寄せては~ (69, 2.2%)

6 返す波 4 返して 3 返し返しては 2 その内, 寄する, 返す渚, 返す荒波

1 [48件] いるが, かえして, かえし湿った海風, かえす七里ヶ浜, かえす海, くだける波, ざっとおうよう, ざつとおう, ならないで, ならぬぞ, ひっぱたき幕府, ひっぱたき引, 倒れるいかにも, 十五夜の, 叩きする, 叩き引, 叩け寄せては, 大変だ, 居れど, 崩れる集団, 崩れ崩れては, 巌端から, 帰る潟, 引かれ数回くり, 散らし散らしては, 敵船へ, 砕けるさま, 突き伏せろ, 翠柏の, 見たけれども, 返すとき, 返すに, 返すよう, 返す仇波, 返す如く, 返す如く絶間, 返す小島, 返す岸辺, 返す幾重, 返す汀, 返す浜, 返す浦, 返す浪, 返す潮騒, 返す男浪女浪ひだ, 返へす波, 返へす浪, 食って

▼ 寄せ~ (50, 1.6%)

9 なって 3 なった, なっては 2 なったの, なったり, なるか, 寄せて, 押し寄せて

1 [25件] おくれ毛を, お互, そろりと寄せ, なったので, なったよう, なった人, なってから, なりました, なりましたあと, なり特に, なり芸事, なり髪, なること, なるに, なるの, なる好意, なる宮, 作り変えたの, 吹いて, 城下に, 怖れ, 押し縮めて, 掛りましたから, 敵の, 来る水

▼ 寄せたり~ (46, 1.4%)

5 して 4 した, 引いたり, 引いたりも 3 するの, 退いたり 2 してから, し張り, 手を, 返したり

1 [15件] お堀, しました, します, し名残, その意味, はらはらする, 伸ばしたり, 何か, 口唇を, 唇を, 寄せも, 種々様々, 筮竹などを, 自ら領地に, 離したり

▼ 寄せ~ (45, 1.4%)

1662 る浪

1 [21件] しか, し時, つつある, り勢猛, るかれヘクトール打斃, るひ, るやう, るを, るトロイア軍, るパントーオス, る唐代, る弓箭, る敵, る新手, る暗, る波, る状, る衆中, る軍勢, る餘波, る鰻

▼ 寄せ集め~ (29, 0.9%)

2 に過ぎない

1 [27件] させたの, それを, てくれました, てできた, て問題, て縫, て縫っ, であった, であつ, ではない, でもした, で市民, に見え, のお菓子, のもの, の人種, の古木, の姿, の材料, の相図, の継ぎ, の総和, の軍勢, ばかりである, みたいに, 敷隙間も, 米が

▼ 寄せ~ (23, 0.7%)

2 中に

1 [21件] あった向側, うえで, ことを, 上実は, 人夫が, 人足が, 人足だけ, 人足七百三十人伊那の, 前に, 各部分, 呪文なり, 呪文は, 大太鼓, 岩藤を, 後に, 石の, 秘術ならびに, 花田, 花田の, 間なども, 鴨も

▼ 寄せ~ (18, 0.6%)

42 るる御

1 [12件] るべき因縁, るべき筈, るべく承諾, るる, るるなら, るるに従って, るる人少な, るる俳句, るる思い, るる思し召し, るる者, る心爲

▼ 寄せても~ (13, 0.4%)

1 [13件] それだけは, なかなか敵, よいが, よかろう, 千人しか, 寄せきれぬ半兵衛, 寄せ効いが, 巌流の, 根限り呶鳴らなけれ, 烏帽子親など, 知らずに, 返しても, 遁げない

▼ 寄せつつ~ (10, 0.3%)

2 冬は 1 あるの, おけいこ通, かえって忘れ, 文化主義の, 眼を, 雪の下から, 首尾よく, 黙して

▼ 寄せその~ (9, 0.3%)

1 一端を, 上に, 人材は, 反対側に, 旦那の, 細腰を, 花を, 非凡な, 髪の毛や

▼ 寄せ~ (9, 0.3%)

3 して 1 がし, の日の丸旗, の葉書, をした, を戦地, を集めた

▼ 寄せ~ (8, 0.3%)

1 つた, はせた, はなかつた, ひながら, ひ互, ひ知らず知らず呼吸, ひ靠ら, ふなんて

▼ 寄せ~ (8, 0.3%)

1 がこぼれる, にする, に集つて, までし, を入れ, を投げ込ん, を撒い, を見

▼ 寄せ~ (7, 0.2%)

1 した, したで, する春火桶, せずポネヒル銃, せば, 寄せたり, 押したり

▼ 寄せやう~ (7, 0.2%)

2 とか, とする 1 とした, としては希望, と企圖

▼ 寄せてから~ (6, 0.2%)

1 もう二年余, 事もなげに, 人々立寄り打殺した, 後の, 後義経は, 雨の

▼ 寄せまた~ (6, 0.2%)

1 わたくしを, わたしは, 各国人民に, 後半は, 沮授の, 降順を

▼ 寄せ~ (6, 0.2%)

1 して, ふと見たら, 塵取りに, 押しあう刹那, 解くと, 試みたるに

▼ 寄せ来る~ (6, 0.2%)

1 かとばかり見える, ままに, 接唇を, 椿の, 空の, 群集に

▼ 寄せ~ (6, 0.2%)

1 にレモン, に致しましょう, はどういう, は寒天, を受持つ, を寄せ

▼ 寄せそこ~ (5, 0.2%)

1 からは陸地, から他家, に腰, に腰かけ, に重点的

▼ 寄せそして~ (5, 0.2%)

2 飛ぶが 1 世間をも, 初めてキス, 私に

▼ 寄せ~ (5, 0.2%)

1 いいその, ムサッカ, 中天王, 同種類, 称する怪術

▼ 寄せ~ (5, 0.2%)

1 と引き算, も引き算, をし, をする, をやっ

▼ 寄せ~ (4, 0.1%)

1 いずれの, せじ, ぢめた, ぢめて

▼ 寄せ~ (4, 0.1%)

1 そろそろ立ちならび候え, 出て, 往く, 行き鉄板

▼ 寄せ右手~ (4, 0.1%)

4 の崖

▼ 寄せあつ~ (3, 0.1%)

1 た, て仕事, て相手

▼ 寄せあつめ~ (3, 0.1%)

1 ていた, の古, の屍體

▼ 寄せ~ (3, 0.1%)

2 とは殊 1 とねを敷い

▼ 寄せたる~ (3, 0.1%)

1 を知らず, 探偵は, 脣も

▼ 寄せていう~ (3, 0.1%)

1 ことなら, のであった, 者豈

▼ 寄せよう~ (3, 0.1%)

1 としてかえって, にも私, は無く成った

▼ 寄せ~ (3, 0.1%)

1 か囁いた, か囁く, をあわてた

▼ 寄せ~ (3, 0.1%)

1 を固く, を引, を押し当て

▼ 寄せ~ (3, 0.1%)

2 をくいしばり 1 をくいしばってる

▼ 寄せ~ (3, 0.1%)

2 ひて 1 ふ處

▼ 寄せ附けない~ (3, 0.1%)

1 という見立て, と云う, と云っ

▼ 寄せ集められ~ (3, 0.1%)

1 ている, て最上川, 狭い細路

▼ 寄せあそばさるる~ (2, 0.1%)

1 趣きを, 趣を

▼ 寄せあるいは~ (2, 0.1%)

1 わが家に, 親鸞の

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 かんには, 賤の

▼ 寄せこの~ (2, 0.1%)

1 天下分崩群雄の, 寺に

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 さの, した

▼ 寄せそれ~ (2, 0.1%)

1 に片手, へ彼女

▼ 寄せてからも~ (2, 0.1%)

1 次の, 童貞純潔な

▼ 寄せてを~ (2, 0.1%)

1 りました, ります

▼ 寄せながらも~ (2, 0.1%)

1 いつまでも, そのままじっとし

▼ 寄せにな~ (2, 0.1%)

1 つて御, つて生々に

▼ 寄せには~ (2, 0.1%)

1 いつでも, なりますまい

▼ 寄せむしろ~ (2, 0.1%)

1 下命を, 貧乏徳利よりも

▼ 寄せもの~ (2, 0.1%)

1 だし, は伊太利移民

▼ 寄せもやし~ (2, 0.1%)

1 たる, たる勿躰

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 とする, とすれ

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 肱を, 膝の

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

2 から玉葱

▼ 寄せ乍ら~ (2, 0.1%)

1 にや, も今

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 は革命, も向う

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 をきっと, を堅く

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 で埋まっ, をひそめ

▼ 寄せ夥しく~ (2, 0.1%)

2 蚊に

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 いや, くない

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 にはさらに, には大徳寺

▼ 寄せ我が~ (2, 0.1%)

1 ために, 刈る草

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 から庭, をする

▼ 寄せ日本人~ (2, 0.1%)

2 の耳

▼ 寄せ時々~ (2, 0.1%)

2 広島へ

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 で讀んだ, などを見

▼ 寄せ漸く~ (2, 0.1%)

2 蔗を

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 ばちの, をふきつけ

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 を取り上げ, を秉

▼ 寄せ給はん~ (2, 0.1%)

1 か, か又

▼ 寄せ脇の下~ (2, 0.1%)

1 に汗, へ手

▼ 寄せ自分~ (2, 0.1%)

1 の家, の日頃

▼ 寄せ行き~ (2, 0.1%)

2 通へ

▼ 寄せ返し~ (2, 0.1%)

1 する浪, 遠く消えゆく

▼ 寄せ部屋~ (2, 0.1%)

1 の中, の内

▼ 寄せ集めた~ (2, 0.1%)

1 ものである, 砂や

▼ 寄せ集められた~ (2, 0.1%)

1 ものである, 群衆で

▼ 寄せ集め物~ (2, 0.1%)

2 の火鉢

▼ 寄せ~ (2, 0.1%)

1 をさも, を下げ

▼ 寄せ黒八~ (2, 0.1%)

2 を掛けた

▼1* [328件]

寄せつめでは, 寄せあとは各, 寄せいきなりその頭, 寄せいくらか顫え, 寄せいつもに似合わぬ, 寄せそれとも武者押し, 寄せかえす怒濤は, 寄せかへつてその, 寄せから鞍上の, 寄せ腐って, 寄せがきをやっ, 寄せきびしい眼つきを, 寄せぎれ細工の手箱, 寄せぐいとその喉, 寄せければそれ, 寄せこういって, 寄せこっちでは鐘, 寄せことごとくこれを, 寄せしきりに彼女を, 寄せしばらく外を, 寄せしようとし, 寄せすぐ必要な, 寄せすこしかすれた低い, 寄せすでにここを, 寄せせめてもその, 寄せそこでうまうま, 寄せそっと客の, 寄せそのうえに嘉七の, 寄せそれから前腕, 寄せたりけむそ, 寄せたりしも今は, 寄せたりとも見えず, 寄せつるに山, 寄せてからの小一年, 寄せてからは何かと案じ, 寄せてでも来たやう, 寄せてと小書きが, 寄せてどつかと, 寄せてな杭を, 寄せてにこ, 寄せてのお話に, 寄せてはをらず, 寄せ聞くもの, 寄せというものを, 寄せとはかたじけない, 寄せともいふべきもの, 寄せともかくもなだめ賺し, 寄せとんと寢て, 寄せなかツた, 寄せながらがくりと, 寄せなさいますなとつまり, 寄せなさり度一日も, 寄せなさりたく一日も, 寄せなどするの, 寄せなべでもつつこう, 寄せなむわが戀, 寄せなんて云ふ, 寄せにけむ鹿野の, 寄せについて実験を, 寄せにもなお歯, 寄せはよ煮えはよ, 寄せ此方ぢや, 寄せひたすら十七の, 寄せふんだんにお餅, 寄せべと思っても, 寄せほかの人々, 寄せまでつくって, 寄せむとするにぞお艶, 寄せむとするに王はふり, 寄せむ胸と胸, 寄せもう一人は, 寄せもぐもぐ鼻の, 寄せやがて凄じい龍卷, 寄せやさしくキスし, 寄せやって来た女中に, 寄せやっと聞える程, 寄せわきの下にぴったり, 寄せわたくしの分, 寄せイヤどうもこの, 寄せインドによってもっ, 寄せガッと引っ, 寄せハリーも満更, 寄せバッサリ蜘蛛の, 寄せポケットに突込み, 寄せムニエルミラネェゼなどといろいろ, 寄せ一炬の火, 寄せ一語一句にもゆっくり, 寄せ一閑斎の武士, 寄せ丁々と額, 寄せ三重まわしの, 寄せから繩, 寄せ上唇をツン, 寄せ唇を, 寄せ下さいますでしょうねえ, 寄せ下すつた七言絶句の, 寄せ乍ら屋内の様子, 寄せ乍ら眼はボンヤリ往來, 寄せ乍ら顫へる手先, 寄せ乍ら駄夫の顔, 寄せ乗遷り船中, 寄せ乱波の者, 寄せ仔細にこれ, 寄せ仕事に気, 寄せ位牌の厨子, 寄せ体操がはぢ, 寄せ何かと世話を, 寄せ何やら考え込んで, 寄せ何やら暫くこそ, 寄せ來老の水手, 寄せの樟板, 寄せふべき, 寄せきて, 寄せの受け持ち, 寄せに包ん, 寄せ其ののち幾度も, 寄せ其情は初, 寄せ内藤君より那珂先生, 寄せ円陣のうち, 寄せ加減に腰, 寄せ勿体らしく息を, 寄せを枕, 寄せ厳然と云い放った, 寄せ撫で物, 寄せ双輪船は波, 寄せ叔父を頼り, 寄せ快くその, 寄せ合せて其上, 寄せ合つて寒さ, 寄せ合つておまけに夢想, 寄せ合切嚢の中, 寄せ吐息をつい, 寄せ向うからも進ん, 寄せ唯一のつかみ, 寄せ嗅ぐ鞠の, 寄せをこする, 寄せ固く締めた帯, 寄せ執拗に執念深く, 寄せと雪, 寄せのほう, 寄せの田園風景, 寄せ夜業に絵の具, 寄せ大口開く, 寄せ天使たちの饗宴, 寄せ太田夫人は立っ, 寄せ太皷が鳴る, 寄せ太鼓の音, 寄せ女学校紀念会の催し, 寄せ姿態を逞, 寄せは変質者, 寄せに数々, 寄せ安東忠次郎さんは頼聿庵, 寄せ寄りかたまったその, 寄せ将門を責めた, 寄せ小刀をも抜出し, 寄せ小声に節, 寄せ句の, 寄せ尻尾でもの憂, 寄せ屈強の書生達, 寄せの頂上, 寄せ山岡屋は陸, 寄せをなし, 寄せ市役所の紹介, 寄せ布団に腹這い, 寄せ廊下の気配, 寄せ強者に空うそぶい, 寄せと話, 寄せ彼等に残酷, 寄せを託し, 寄せ忙しく眼を, 寄せを繋, 寄せ恋人をながめる, 寄せ恵みをたれん, 寄せ悠々として煙草, 寄せ懐中へ納め, 寄せ或いはまたこれを, 寄せを繋ぎ合わせ, 寄せ手すりに軽く, 寄せ手書して, 寄せ手網は使わない, 寄せ打ちをやっ, 寄せ抱きしめてゐる, 寄せ掛るのである, 寄せ掛寄せ沈んだ跡, 寄せ集めかつ, 寄せ掻楯に掻い, 寄せ揉手をし, 寄せ支那人は孔子以後, 寄せ政治などに罪, 寄せ数カ所に講演会, 寄せ文句で出来上っ, 寄せうして, 寄せ方口の歪め, 寄せ明日に此意, 寄せ景教碑の模造碑, 寄せ暫くじいっと顔を, 寄せなる, 寄せ来たるを見る, 寄せ来りし小照を, 寄せ東亜新秩序建設, 寄せは耳朶, 寄せの下, 寄せになった, 寄せの小さな, 寄せ植えの鉢, 寄せをもっ, 寄せ橘東蔵の変名, 寄せの室, 寄せ次第次第に土用波, 寄せせる孔明, 寄せ水竿にて水面, 寄せ決然とした, 寄せ沈んだ跡へ, 寄せの魚籠, 寄せの音, 寄せ洪水のある, 寄せの上, 寄せ浪子の額, 寄せ深く考へ, 寄せの水, 寄せ漕ぎ寄せ, 寄せ無法にも青竹, 寄せ無造作に入れ, 寄せ無限の愛, 寄せらば, 寄せ片足を投げ出し, 寄せ牛若を抱いた, 寄せ物米利堅粉と玉子, 寄せいた, 寄せ状態は容易, 寄せ狩猟を催す, 寄せ玄徳はその, 寄せ玉網を入れ, 寄せ王室の衰え, 寄せ甘い言葉を, 寄せ用人棒とも手代, 寄せ申すんだ, 寄せ白く砕け縦横自在, 寄せをほとんど, 寄せ倶に, 寄せ相好をくずし, 寄せ相手の車, 寄せ眉根を寄せ, 寄せを光らかし, 寄せ着けときたい性分です, 寄せをすえ, 寄せのよう, 寄せ石灯籠などあり, 寄せ石細工を以て之, 寄せ硫黄焔硝を投げ, 寄せにも仕え, 寄せ神官が来, 寄せ秀吉へ目見得, 寄せに向, 寄せ稚児の身代り, 寄せから押し出し, 寄せ端近う坐っ, 寄せ竿頭からテグス, 寄せを組み, 寄せを揚げ, 寄せ算かけ算を教えはじめました, 寄せ管絃舞樂の娯しみ, 寄せか小麦, 寄せ紅い下唇, 寄せを重ね, 寄せ紙幣とともに鹿児島, 寄せ終に首尾よく, 寄せで括り, 寄せ縊め殺しかねない顔, 寄せ罪悪の前, 寄せ罪惡を具象, 寄せ七日開陽艦に, 寄せ耳元に囁く, 寄せ聖なる花と, 寄せで軽く, 寄せをしめ, 寄せの辺り, 寄せの前, 寄せを鼻, 寄せを押え, 寄せを見せた, 寄せ自ら訊問し判, 寄せを託する, 寄せ芝居の桟敷, 寄せを折っ, 寄せ若旦那たちのする, 寄せ苦い後口を, 寄せ茶山はこれ, 寄せ荒々しく次を, 寄せ落し元のよう, 寄せ著名な事件ごと, 寄せをとり, 寄せは取れ, 寄せの穴, 寄せ親指にて鯉口, 寄せの光沢, 寄せ蹴込みの, 寄せを委ねた, 寄せ返すような, 寄せ追懐と讃美, 寄せ遅れ馳せながらも二, 寄せ遊ばすと泣く, 寄せれ馳せながらも, 寄せ重苦しい宿酔を, 寄せ銑吉を傍, 寄せがやさしく清く, 寄せ長い頤鬚を, 寄せを出来る, 寄せ附けなかったものだ, 寄せ附けぬやうに, 寄せ附けねえと云う, 寄せ限りない期待, 寄せの敵, 寄せ陣十郎は囁いた, 寄せ集めあり春の, 寄せ集めものでそれ, 寄せ集め勢で訓練, 寄せ集め式計算だ, 寄せ集りで宗家, 寄せ難くまたそんな, 寄せのよう, 寄せを刻ん, 寄せ頬辺と口許, 寄せで下, 寄せに手, 寄せを見, 寄せ騎士道的崇拝に似た, 寄せ黒塗りに白く, 寄せ默つてお先煙草を二三服立て續