青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寂しい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

容貌~ ~宿 宿~ 宿命~ ~宿屋 宿屋~ 寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい
寂しい~
寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~ 密~ ~富 富~

「寂しい~」 2336, 25ppm, 4618位

▼ 寂しいこと~ (73, 3.1%)

5 を忘れ 4 だ, であつ 3 であった, である, であろうと 2 か, があった, がある, だつた, では, はあの, はございません, はない

1 [35件] おへん, があろう, だった, だったろう, だと, だらう, だらうあいつ, だらうと, だらう鍛冶屋, だろう, だろうと, だろう幾日, だ僕, でございましょう, でしょう, ですから, ですが, なぞ, にかはり, になっ, になる, のよう, の好き, は, はないだろう, はなかつた, は依然として, は我慢, ばかりが一生, もある, もない, も心, や責任, を知らないでゐた, 沈んで

▼ 寂しいもの~ (67, 2.9%)

7 である 54 だと 3 になる, はない 2 が一抹, であった, です, になっ, に私

1 [35件] があった, だから, だけれども, だったが, だな, だらう, で, であったの, であったらしい, でありました, であるかを, であるが, であること, でございました, でした, で大変, で木母寺, として観, とは思はなく, と寂しい, と思つて, にかはつ, にし, に眺められた, のさうである, のため, は山, は謫居, を何故, を感じ, を感ぜざる, を慈しむ, を見入る, 惜しまれるもの, 足りなさ

▼ 寂しい~ (57, 2.4%)

73 だと 2 がひどく, である, です, では, は私

1 [37件] いやで, か, かえ, かも知れない, がわたくし, が品, が本当, が気に入つた, が綾衣, だそれ, だよ, だらうと, だろう, でございますの, でございますよ, でした, でしたのに, ですよ, とでその後一, と二人, には馴れ, はその, は人, は仕方, は友人, は平, は我慢, は自分, も再び, も間切れない, をえらん, を瑕, を紛らし, を見た, を通り越し, 一所に, 悲しいの

▼ 寂しい~ (36, 1.5%)

3 云ふ 2 云えば, 云つてゐる

1 [29件] いうよりも, いえば, いって, いっても, いつて, いふので, おっしゃりながら, おっしゃるお, しを, 云うこと, 云うの, 云っても, 云つては, 云はせる, 云ひ, 云へば, 勿体至極もねえ, 思えば, 思たりは, 思ふあこがれ, 思ふ以上, 思わない, 思わないと, 申して, 申せば, 見ると, 言って, 言っても, 言ふ

▼ 寂しい~ (34, 1.5%)

15 がした 4 がする 3 がし, がしました 2 を起させた 1 が致す, になった, のする, はいたします, もされる, をおこさせた, をおこさせる

▼ 寂しい~ (32, 1.4%)

2 に物

1 [30件] から, じゃ, だ, だそう, だわ, でああ, である, でうち, でした, でしたが, ではあつ, で安心, で遊ん, で鳥, なもん, に, にある, には野犬, にゐたら, に女王, に永年, のある, のよう, へなぜ, へ住ませる, へ往け, へ来, をかなり, を歩い, を通っ

▼ 寂しいところ~ (31, 1.3%)

3 でした

1 [28件] から一つ, がある, だつたの, でございました, です, ではござりまする, で若い, で近所, ならば, なん, なんで, にある, に人, に住ん, に来, に独りぽっち, に育ちやした, のある, はある, は全く, へそんな, へ来た, へ物, へ連れこまれた, まで連れ, をながれた, をも通り過ぎなけれ, を解

▼ 寂しいよう~ (30, 1.3%)

4 な気 3 な心持 2 な悲しい, な感じ, な暗い, に感じられる

1 [15件] では, でも, なうら悲しい, ななんだか, なよ, な云うに, な変, な気持, な滅入ったよう, になった, にもなる, にも思い, にも思われた, にも思われます, に思っ

▼ 寂しい心持~ (28, 1.2%)

5 になった 4 になっ 3 がした

1 [16件] がし, がしました, が底, が湧き出し, が胸, でこの, で聞いた, となつ, になつてこ, になつて來, になつて宿, にもなりました, にもまた, はしない, を与える, を表現

▼ 寂しい~ (28, 1.2%)

2 へ自分達, を初枝, を歩きつづけ, を行く

1 [20件] だし, だだが, であった, である, で人通り, で苗木栽培地, に立っ, の上, の片端, へ平, をてく, を僕達, を歩き, を歩ませ, を車, を辿っ, を通った, を選ぶ, を選ん, を鑿

▼ 寂しい~ (28, 1.2%)

10 をし 6 をした

1 [12件] がどこ, が見えた, であるから, で随, に一脈, に見え, のバック, や複雑, をうなだれ, をする, をなさる, を見せず

▼ 寂しい姿~ (26, 1.1%)

2 をいつ, を自身

1 [22件] がありあり, が何となく, が想像, が痛ましく, が眼, が褄さき, すら見る, で出仕, で桜子夫人, となっ, と色, になった, になり, に打たれた, に打たれるであらう, はどこ, ばかりが残る, をさらし, をし, をふと, を照, を見せ

▼ 寂しい~ (26, 1.1%)

3 を抱い 2 になっ, の底

1 [19件] がした, が一層, が三吉, が思ひやられ, が無性に, が連日, になった, になる, の在所, の尖, の辰爺さん, は彼, は炉, を厭, を自分, を誘ふ, を誘惑, を連れ, を遣った

▼ 寂しい微笑~ (25, 1.1%)

3 を浮べ 2 らしい影

1 [20件] がこの, が浮ん, であった, になつて, の影, の顔, をさがす, をした, をする, をもらし, を以つて返事, を含ませ, を忘れさせ, を投げ, を洩す, を洩らし, を浮かべ, を浮べた, を湛え, を頬

▼ 寂しい生活~ (24, 1.0%)

4 をし 3 をした

1 [17件] が大分健康, であつ, と想い, には特に, に対して非常, に飽いた, の経験, は無い, も今後, をいたし, をさしのぞく, をする, をばかりし, を今日, を思います, を送っ, を送る

▼ 寂しい~ (24, 1.0%)

2 の角

1 [22件] が余計, で, であった, でありましたけれど, であるが, です, で夏, で江戸時代, で町, で雪, に前後, に部屋, の古道具屋, の寂しい, の状, の真中, へ住む, へ入っ, も桜, を帯しろ, を歩い, を長く

▼ 寂しい思い~ (23, 1.0%)

7 をし

1 [16件] がさせられる, がする, が林之助, であった, である, で枯木, で鉦, なんぞしなくっ, に堪えられない, に沈ん, のする, ばかりをさせ, をいたし, をさせられ, をする, を誘われた

▼ 寂しい場所~ (21, 0.9%)

2 であるから

1 [19件] だった, であった, でいきなり, でそれ, にさしかかっ, に似合わない, に意外, に近づいた, に集っ, のあき屋敷, の人目, ばかり求め, へさえ置かな, へただ, へ出, までうろつい, を彼, を択ん, を選ん

▼ 寂しい~ (20, 0.9%)

42 だよ, だろう

1 [12件] だか, だが, だがね, だね, だらう, だろうサ, です, ですがね, ですの, ですのに, ですよ, ですわ

▼ 寂しいから~ (19, 0.8%)

1 [19件] いて, ここへ, せめて十日, そこへ, そばへ, だろうと, であ, であらう氣, である, です, でも, なんだ, もう引返そう, ヒョイと, 元の, 夜だけは, 手を, 景気づけにと, 来られませんかと

▼ 寂しいとも~ (19, 0.8%)

4 思はぬ習慣 2 心細いとも, 思わなかった, 悲しいとも 1 不自由とも, 何とも思はなかつた, 夜半にとも, 怖いとも, 思いませんでした, 思はないね, 思わないで, 思わぬ習慣, 思われぬ

▼ 寂しい感じ~ (19, 0.8%)

4 のする 2 がする

1 [13件] がし, が沁, が漂っ, である, には父, に堪えられなくなっ, に襲われ, のもの, も起こる, を与える, を今夜, を起させた, を起させる

▼ 寂しい~ (19, 0.8%)

3 を送っ 2 をくらし

1 [14件] がずんずん, が毎日, だ, であった, であったが, であつ, に客, に来, の夕方, の来始めた, ばかりが続いた, ばかりで, を送つた, を送る

▼ 寂しい~ (16, 0.7%)

2 がさした

1 [14件] がさし, がふと, が一体, が差し, が映した, が映る, が添わっ, が颯と, も添っ, を夜, を投げ, を投げた, を見た, を見返りたい

▼ 寂しい気持ち~ (16, 0.7%)

2 になっ

1 [14件] がしみじみ, が私, であった, でそれ, でカフェ, で女王, になった, になる, に夫人, に姫君, に泣かされる, のドン底, の充満, も一刻ごと

▼ 寂しい~ (15, 0.6%)

1 [15件] だったん, だつた氏, であつ, であるといふ, でした, です, ですねえ, ではなく, でもある, なつっこい自然, なの, なん, におさせする, になった, に違い

▼ 寂しい~ (15, 0.6%)

3 の中

1 [12件] で, であった, であったと, ではすべて, で死なせ, に宝沢, に思いがけない, に棄て, に籠っ, に置く, に這入る, の格子戸

▼ 寂しい~ (15, 0.6%)

1 [15件] が来た, であった, であり懐しみ, でも私, でも素知らぬ, などに手紙, にあわない, には霊仙, に手紙, に最もよく, の可, の御, は折井, は本, は蠅

▼ 寂しい~ (15, 0.6%)

3 を立て 2 だ, をたて 1 がする, がつづく, が立っ, をし, を次々, を立て続け, を立て続けた, 立てて

▼ 寂しいやう~ (14, 0.6%)

2 なつまらない, な氣 1 だ, である, な, な恐ろしい, な感じ, な気, な気分, な薄暗い, にも思はれます, に悲しけれ

▼ 寂しい寂しい~ (14, 0.6%)

2 冬が

1 [12件] とおっしゃり, のが, 人な, 別離の, 懺悔であった, 氣持ちが, 氣持ちに, 生活, 畑, 異郷の, 私と, 鶯谷と

▼ 寂しいので~ (13, 0.6%)

1 [13件] あらう, ござります, ただ何, ついその, 何だかあたり, 奥様も, 小さな盜賊, 帰って, 春の, 気が, 烏ばかり, 益々体, 色々な

▼ 寂しい~ (12, 0.5%)

1 [12件] ここには, それだけに長閑, 優雅で, 喜んで, 土地がら今時は, 城太郎は, 寂しい中, 左右へ, 旅情と, 私は, 美しい瞼, 鼻の

▼ 寂しい~ (11, 0.5%)

2 の庭, の日 1 が來, が来る, の夜, の山里, の間, は来た, らしく万物

▼ 寂しい~ (11, 0.5%)

1 [11件] だよ, である, でございますな, で人, で有った, で通宵これ, へ伴, へ能, へ隠居家ア建て, をとぼとぼと, を一人

▼ 寂しい~ (11, 0.5%)

1 [11件] であった, でしたがネ, です, となる, になった, の光景, の坂路, の曠野, の書斎, をやつ, を訪ねた

▼ 寂しい笑い~ (11, 0.5%)

1 [11件] で, であった, の口, をうかべた, をたたえ, をのせ, を僕ら, を洩らし, を浮かべた, を浮べ, を浮べた

▼ 寂しい景色~ (10, 0.4%)

2 である 1 がながめられた, が目, になります, に何となく, の作られ, をながめ, を作っ, を作つて

▼ 寂しい~ (10, 0.4%)

1 だ, であった, には秋, に伊香刀美, に泊っ, に生れ, の人家, の川, の川岸, の盆踊り

▼ 寂しい~ (9, 0.4%)

1 一人ぼっちな, 住まいを, 住居でしょう, 住居の, 心に, 心持ちからでも, 暮らしを, 言葉つきで, 顔を

▼ 寂しい~ (9, 0.4%)

1 で亡くなりました, で私, にぽつんと, にも何とも, にも可, に取, に夢, に暖か味, を辿っ

▼ 寂しい~ (9, 0.4%)

1 がきこえる, が石像, だな, で, です, ではあった, で言い渡しました, を出す, を飛ばせ

▼ 寂しい~ (9, 0.4%)

4 の中 1 でもたくさん, の中腹, を甚だ, ん中, 合いに

▼ 寂しい~ (9, 0.4%)

1 に閉ぢ, をいたしやした, をさして, をさせた, をさせる, をし, をした, を三吉, を抱き

▼ 寂しい思ひ~ (9, 0.4%)

1 がし, がした, がする, の底, をさせた, をしなけれ, をそ, 出が, 出の

▼ 寂しいその~ (8, 0.3%)

1 お家へ, 先生は, 古寺の, 店などは, 癖心強い, 聲は, 花の, 通りは

▼ 寂しい~ (8, 0.3%)

1 あらへんの, おまへん, だ, ですね, では, は無い, も怖い, よ

▼ 寂しい~ (8, 0.3%)

1 であつ, の半, の姿, の思, の者, を漂泊, を続けた, を見送っ

▼ 寂しい生涯~ (8, 0.3%)

2 だったが 1 だった, でせう, に果敢ない, を想う, を送った, を送つ

▼ 寂しいけれども~ (7, 0.3%)

2 静かな 1 ちっとも涙, やっぱりそれ, 冬でも, 朗らかである, 為方

▼ 寂しいだろう~ (7, 0.3%)

1 がまあ, とクルウ大尉, と思う, と思わず, などと云った, 実家の, 批評家に

▼ 寂しい~ (7, 0.3%)

1 せう, せうといふ, せうな, せうね, はありません, はござらぬ, はない

▼ 寂しいとは~ (7, 0.3%)

1 こういうもの, 少しも, 思いませぬじゃ, 思いませんか, 思うけれども, 思ひませぬぢ, 思わなかった

▼ 寂しいもん~ (7, 0.3%)

2 だな 1 だ, でした, です, ですから, ですね

▼ 寂しい人間~ (7, 0.3%)

1 だよ, で姪, としての御, なの, は一人, ばかりが牽かれ, よ

▼ 寂しい孤独~ (7, 0.3%)

2 の身の上 1 では, な人, に住まわれた, の中, の身

▼ 寂しい~ (7, 0.3%)

42 は無い 1 の牢屋

▼ 寂しい~ (7, 0.3%)

2 であった 1 だ閑, に最後, のうち, の雨音, を誘っ

▼ 寂しい悲しい~ (7, 0.3%)

1 ありさま, 今にも亡び, 日でした, 気が, 気に, 気持である, 訪問だつた

▼ 寂しい暮し~ (7, 0.3%)

3 を続け 2 を續 1 の憂鬱, をし

▼ 寂しい気持~ (7, 0.3%)

1 がする, でじっと, と家郷, にもなる, に取り残され, に襲われ, のした

▼ 寂しい自分~ (7, 0.3%)

1 でぬかない, の嘗め, の心, の書斎, はせめて, は養女, を置い

▼ 寂しい通り~ (7, 0.3%)

1 が朝日, だった, で一間, で近所, に軒灯, ばかりです, を大

▼ 寂しいといふ~ (6, 0.3%)

1 事に, 事は, 事を, 時には, 秋が, 程では

▼ 寂しい~ (6, 0.3%)

2 の奥 1 である, のたくさん, のなか, を散歩

▼ 寂しい気もち~ (6, 0.3%)

1 だか, とそれ, になっ, によく, もあつ, を与えた

▼ 寂しい田舎~ (6, 0.3%)

1 ではあり, で堅く, に居た, の停車場, へ入っ, へ入り込ん

▼ 寂しい~ (6, 0.3%)

1 ではございまし, と思ふ, になり, に迫つて, の心, の生活

▼ 寂しい~ (6, 0.3%)

1 がきた, だと, の呼吸, の夜, の晩方なんざ, の野

▼ 寂しい笑顔~ (6, 0.3%)

1 して, をつくっ, をなさる, を上げた, を向け直し, を見る

▼ 寂しい~ (6, 0.3%)

1 があった, があり, がある, のさす, への一種, をつくっ

▼ 寂しい~ (6, 0.3%)

1 が一瞬間何処, しかわからない, とばかりは見えないでしょう, に変わっ, をし, をした

▼ 寂しい~ (6, 0.3%)

1 が葉, だ, である, は往来, をつけ, を綴っ

▼ 寂しい諦め~ (6, 0.3%)

2 を感じた, を持つ 1 と我執, に外

▼ 寂しい部屋~ (6, 0.3%)

1 から茶の間, のなか, の中, の態, をいよいよ, をお

▼ 寂しいこの~ (5, 0.2%)

2 御所は 1 一罪囚に, 町も, 秋には

▼ 寂しいほど~ (5, 0.2%)

1 まばらに, 寂, 着痩せの, 静かであった, 静かな

▼ 寂しい停車場~ (5, 0.2%)

1 にもきょう, に三度, に降り, は富士, を浜屋

▼ 寂しい山道~ (5, 0.2%)

1 ではもちろん, で夜遊, をお, をのぼつ, を辿らなけれ

▼ 寂しい往来~ (5, 0.2%)

2 を眺め 1 には犬, へ出よう, をたった

▼ 寂しい~ (5, 0.2%)

2 であった 1 がある, の松の内, の野

▼ 寂しい~ (5, 0.2%)

2 をし 1 に會つて, に遇, をさせ

▼ 寂しい道場~ (5, 0.2%)

4 に過ぎなかつた 1 に過ぎなかった

▼ 寂しい~ (5, 0.2%)

31 がほろほろ, の聲

▼ 寂しいうち~ (4, 0.2%)

1 にうっとり, にお互い, に包んだ, ね

▼ 寂しいがらん~ (4, 0.2%)

4 とした

▼ 寂しいだらう~ (4, 0.2%)

1 と考へた, な, ね, 親父には

▼ 寂しいであろう~ (4, 0.2%)

1 がこの世同士, と源氏, と考えられ, な

▼ 寂しいという~ (4, 0.2%)

1 ことさえ, ことに, ことは, ことを

▼ 寂しい人生~ (4, 0.2%)

1 が彼, の一角, の何もの, を展開

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

21 でした, で御

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

1 が男, の声, を幻, 主人の

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

1 堀端を, 様子である, 表情を, 起居は

▼ 寂しい心持ち~ (4, 0.2%)

1 で聴い, で行燈, になっ, の起こった

▼ 寂しい旅情~ (4, 0.2%)

1 にしみじみ, にも似た, は僅か, を経験

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

2 の中 1 の真ん中, の間

▼ 寂しい横町~ (4, 0.2%)

1 である, の角, へ電車, を選び

▼ 寂しい海辺~ (4, 0.2%)

1 で命, の岩, の村, を歩い

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

1 だった, だったの, です, の笑顔

▼ 寂しい眺め~ (4, 0.2%)

21 であろう, にまた

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

1 のこころ, の下, の色, ばかり

▼ 寂しい美し~ (4, 0.2%)

1 さが, さに, さの, さや

▼ 寂しい若葉~ (4, 0.2%)

4 の夏

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

2 で露西亜 1 から街, を通らなけれ

▼ 寂しい街路~ (4, 0.2%)

1 である, に一杯, の霧, を周平

▼ 寂しい表情~ (4, 0.2%)

1 になった, をし, をした, を現

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

1 さうし, では片山夫人, などをきく, はやめましょう

▼ 寂しい~ (4, 0.2%)

2 を歩い 1 でも踏まね, を北の方

▼ 寂しい運命~ (4, 0.2%)

1 のきわまっ, のまま, の行末, を分け合っ

▼ 寂しい野原~ (4, 0.2%)

1 で道, にさしかかる, になつ, の一方

▼ 寂しい静か~ (4, 0.2%)

1 な姉, な御, な秋風, な風琴

▼ 寂しい頼り~ (4, 0.2%)

2 ない気 1 のな, の無

▼ 寂しいあきらめ~ (3, 0.1%)

1 に入る, のいろ, の世界

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

2 しれない 1 切ねえ

▼ 寂しいからと~ (3, 0.1%)

1 いって, 庭に, 貸家を

▼ 寂しいくらい~ (3, 0.1%)

1 だ, である, 白い歯

▼ 寂しいため~ (3, 0.1%)

1 にいろいろ, にお前, ばかりで

▼ 寂しいでしょう~ (3, 0.1%)

1 からね, ねこんな, ね肩

▼ 寂しいです~ (3, 0.1%)

21 からね

▼ 寂しいとか~ (3, 0.1%)

1 体の, 怖いとか, 悲しいとか

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 お洲美さん, がめばかりを, アと

▼ 寂しいのに~ (3, 0.1%)

1 それが, 氣が, 秋の

▼ 寂しいまでに~ (3, 0.1%)

1 ひそまり返って, ひっそりと, 静かであった

▼ 寂しい下宿~ (3, 0.1%)

1 でどう, の膳, の部屋

▼ 寂しい乾声~ (3, 0.1%)

3 が響いた

▼ 寂しい午後~ (3, 0.1%)

1 であった, である, 時々理由

▼ 寂しい土地~ (3, 0.1%)

1 にたった, へ, を選んだ

▼ 寂しい境地~ (3, 0.1%)

1 でその, ならびにその, はないだろう

▼ 寂しい夕方~ (3, 0.1%)

1 が来た, とか物哀れ, の景色

▼ 寂しい室内~ (3, 0.1%)

2 の雨音 1 の光景

▼ 寂しい小路~ (3, 0.1%)

1 に接し, のうち, を進み

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

2 のほとり 1 の流

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

2 笑みを 1 笑いが

▼ 寂しい心もち~ (3, 0.1%)

1 がした, にさせられた, を味

▼ 寂しい氣持~ (3, 0.1%)

1 がする, だ, になつて來

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 の上, べだった, べと薄倖

▼ 寂しい海岸~ (3, 0.1%)

1 に穴, を暫らく, を歩き

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

2 がその 1 がほろほろ

▼ 寂しい白い~ (3, 0.1%)

1 燈に, 真冬が, 鳥を

▼ 寂しい空気~ (3, 0.1%)

1 が籠, であった, のたまっ

▼ 寂しい美しい~ (3, 0.1%)

1 女が, 横顔へ, 目の

▼ 寂しい老人~ (3, 0.1%)

1 と彼女, の顔, や老

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

2 には女性 1 だと

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 であるが, の聞え, は次

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 が下町風, にばかり聽, の裡

▼ 寂しい苦笑~ (3, 0.1%)

1 が口許, で知れる, を感じた

▼ 寂しい身の上~ (3, 0.1%)

1 だ, です, になる

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 ではある, にどうして, は冬

▼ 寂しい郊外~ (3, 0.1%)

1 に住ん, の山の手, を一二軒づつ

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 が好き, だつた, でもあり

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

1 の中, の核心, の野中

▼ 寂しい陰影~ (3, 0.1%)

1 があっ, が漂う, はけれども

▼ 寂しい~ (3, 0.1%)

2 をし 1 を見

▼ 寂しい風の音~ (3, 0.1%)

2 を宿し 1 ばかりで

▼ 寂しいある~ (2, 0.1%)

1 ものに, 夜の

▼ 寂しいいい~ (2, 0.1%)

1 紅葉だ, 音が

▼ 寂しいかな~ (2, 0.1%)

1 川隈の, 空の

▼ 寂しいくらいの~ (2, 0.1%)

1 路地の, 頸すじや

▼ 寂しいけれど~ (2, 0.1%)

1 今は, 安らかな

▼ 寂しいさながら~ (2, 0.1%)

2 源氏の

▼ 寂しいしかも~ (2, 0.1%)

1 しなければ, 清浄な

▼ 寂しいじゃ~ (2, 0.1%)

2 ありませんか

▼ 寂しいそして~ (2, 0.1%)

1 たのしい生活, 一種の

▼ 寂しいとき~ (2, 0.1%)

1 に呼ばれた, に寂し

▼ 寂しいとこ~ (2, 0.1%)

1 へ連れ, 行きたい誰

▼ 寂しいには~ (2, 0.1%)

1 寂しい, 違いない

▼ 寂しいにも~ (2, 0.1%)

1 寂しいが, 第一此

▼ 寂しいまた~ (2, 0.1%)

1 なつかしい晩, 美しい風景

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 お話しなさい, せめて君

▼ 寂しいやさしい~ (2, 0.1%)

1 思想を, 調子であった

▼ 寂しいわけ~ (2, 0.1%)

1 ですわね, なん

▼ 寂しい一室~ (2, 0.1%)

1 にいつも, にひとり革鞄

▼ 寂しい一本道~ (2, 0.1%)

1 にかかる, を辿り続け

▼ 寂しい一行~ (2, 0.1%)

1 であろう, は歩み出した

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 ではありました, に二つ

▼ 寂しい世の中~ (2, 0.1%)

1 に孤独, を互に

▼ 寂しい世間~ (2, 0.1%)

1 に交つて, への解放

▼ 寂しい乾聲~ (2, 0.1%)

2 が響いた

▼ 寂しい人たち~ (2, 0.1%)

1 にとってはよい, の影

▼ 寂しい侘しい~ (2, 0.1%)

2 唄の

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 を放つ, を漏らし

▼ 寂しい出来事~ (2, 0.1%)

1 だったに, の一つ

▼ 寂しい初冬~ (2, 0.1%)

1 の十二月, の日

▼ 寂しい別れ~ (2, 0.1%)

1 の伴奏, 難い気持ち

▼ 寂しい別荘~ (2, 0.1%)

1 で暮らした, はどこ

▼ 寂しい努力~ (2, 0.1%)

1 だと, を再び

▼ 寂しい半島~ (2, 0.1%)

1 のその, の奥

▼ 寂しい原野~ (2, 0.1%)

1 の姿, の樹木

▼ 寂しい反映~ (2, 0.1%)

1 である, でなくて

▼ 寂しい哀れ~ (2, 0.1%)

1 つぽい, な思い

▼ 寂しい四谷~ (2, 0.1%)

1 なんかに師匠, の大通り

▼ 寂しい地方~ (2, 0.1%)

2 の小さい

▼ 寂しい境遇~ (2, 0.1%)

1 の女王たち, の自覚

▼ 寂しい墓場~ (2, 0.1%)

1 にも人声, に同棲

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 の入日, の祭り

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 だった, を迎へた

▼ 寂しい夕暮~ (2, 0.1%)

1 もあれ, を守る

▼ 寂しい夜更け~ (2, 0.1%)

1 の時間, の街路

▼ 寂しい夜道~ (2, 0.1%)

1 をさま, を辿っ

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 でも見, に埋もれた

▼ 寂しい大通り~ (2, 0.1%)

1 の最も, を歩い

▼ 寂しい天地~ (2, 0.1%)

2 であつ

▼ 寂しい失望~ (2, 0.1%)

2 が一面

▼ 寂しい奥山~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 寂しい安易~ (2, 0.1%)

1 な晩飯, に戻る

▼ 寂しい宿~ (2, 0.1%)

1 で丁度一ヶ月, ばかり雪

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 の書院, や荒れ果てた

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 駅である, 駅に

▼ 寂しい小さな~ (2, 0.1%)

1 港の, 白金の

▼ 寂しい小屋~ (2, 0.1%)

1 だった, でときどき

▼ 寂しい屋敷町~ (2, 0.1%)

1 の方, を抜け

▼ 寂しい山奥~ (2, 0.1%)

1 に住まはれ, の生活

▼ 寂しい山荘住まい~ (2, 0.1%)

1 をさせ, をし

▼ 寂しい山路~ (2, 0.1%)

1 であったので, を散歩

▼ 寂しい幸福~ (2, 0.1%)

1 よ, を想像

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が生涯, の心

▼ 寂しい心地~ (2, 0.1%)

1 がした, に滅入り

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が渠, を籠め

▼ 寂しい愛孤独~ (2, 0.1%)

2 の愛

▼ 寂しい愛着~ (2, 0.1%)

2 を感ずる

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 になった, を与える

▼ 寂しい感情~ (2, 0.1%)

1 であった, を味

▼ 寂しい慰め~ (2, 0.1%)

1 である, を求めた

▼ 寂しい新地~ (2, 0.1%)

1 へ差掛った, へ風

▼ 寂しい旅人~ (2, 0.1%)

1 が一人, のよう

▼ 寂しい日影~ (2, 0.1%)

1 が漂っ, が漂つて

▼ 寂しい日本~ (2, 0.1%)

1 となっ, の笛

▼ 寂しい昼飯~ (2, 0.1%)

2 をすませた

▼ 寂しい時間~ (2, 0.1%)

1 が寄せ, を送っ

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 などに其時, に人手

▼ 寂しい暗い~ (2, 0.1%)

1 街を, 闇を

▼ 寂しい暗黒~ (2, 0.1%)

1 を投げかけた, を投げかけたであろう

▼ 寂しい書斎~ (2, 0.1%)

1 でやる, に現われる

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が天, を相手

▼ 寂しい月日~ (2, 0.1%)

1 を送, を養生園

▼ 寂しい木蔭~ (2, 0.1%)

1 に椅子, の椅子

▼ 寂しい本所~ (2, 0.1%)

2

▼ 寂しい杉垣~ (2, 0.1%)

1 の青々, を廻らした

▼ 寂しい松原~ (2, 0.1%)

1 が来た, を抜け

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 だ, な自由

▼ 寂しい横丁~ (2, 0.1%)

1 に面した, の出口

▼ 寂しい横顔~ (2, 0.1%)

1 くずれた塀, を鈍い

▼ 寂しい歩道~ (2, 0.1%)

1 とは正反対, をときどき

▼ 寂しい氣持ち~ (2, 0.1%)

1 が胸, になつ

▼ 寂しい河岸~ (2, 0.1%)

1 っぷち, ぶちを

▼ 寂しい湿潤~ (2, 0.1%)

2 が私

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 の光り, の消えた

▼ 寂しい無縁坂~ (2, 0.1%)

1 を取る, を降り

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 であるだけ, や静か

▼ 寂しい物恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 丹生川平という, 森林の

▼ 寂しい独身生活~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 寂しい狭い~ (2, 0.1%)

1 感慨に, 量見

▼ 寂しい田舎道~ (2, 0.1%)

1 で遊ん, までを自転車

▼ 寂しい留守~ (2, 0.1%)

1 の状態, を守つて

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 がある, に薄情

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 がぽかんと, の中

▼ 寂しい空しい~ (2, 0.1%)

1 心地で, 落付か

▼ 寂しい空氣~ (2, 0.1%)

1 が籠, の澄んだ

▼ 寂しい細い~ (2, 0.1%)

1 声で, 澄んだ響き

▼ 寂しい美奈子~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 卑自屈の, 鳴鐘

▼ 寂しい自然~ (2, 0.1%)

1 がすっかり, の描写

▼ 寂しい茶の間~ (2, 0.1%)

1 に涼し, の暮方

▼ 寂しい草原~ (2, 0.1%)

1 の小, を横ぎって

▼ 寂しい荒れた~ (2, 0.1%)

1 ものに, 家の

▼ 寂しい葬式~ (2, 0.1%)

1 のあんまり, をすませた

▼ 寂しい街道~ (2, 0.1%)

1 に小さい, をおよそ

▼ 寂しい裏町~ (2, 0.1%)

1 なので, を通り

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が出, は漂っ

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が芝, である

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

2 瀬ない

▼ 寂しい陰気~ (2, 0.1%)

1 な土地, な妙

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が, を旅

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

2

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 に唇, の色

▼ 寂しい頬笑み~ (2, 0.1%)

2 を浮べ

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 だつて良人, を枕

▼ 寂しい顔立~ (2, 0.1%)

1 の女, をした

▼ 寂しい食事~ (2, 0.1%)

1 が続い, を済ませた

▼ 寂しい馬鹿~ (2, 0.1%)

2 さわぎも

▼ 寂しい高原~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 寂しい高笑~ (2, 0.1%)

2 ひを

▼ 寂しい~ (2, 0.1%)

1 が島, の五六匹

▼ 寂しい鶯谷~ (2, 0.1%)

1 となる, の方

▼1* [619件]

寂しいあこがれの心, 寂しいあしなみであつ, 寂しいあなたの残る, 寂しいあなた様のお, 寂しいあの女よ, 寂しいいや人並以上に, 寂しいら声を, 寂しいうそ寒い散歩を, 寂しいうとましいこの場, 寂しいうら哀しい日, 寂しいな, 寂しいおちつきの, 寂しいお寺へやってくん, 寂しいかぎりであった, 寂しいかつ矜らかな, 寂しいかも知れません, 寂しいからとて泣く気, 寂しいもちで, 寂しいきょうの葬式, 寂しいくらゐ静か, 寂しいけりや行かない, 寂しいこころもちね生き, 寂しいこってしょう, 寂しいこと靜かなこと, 寂しいこのごろに横, 寂しいこんな荒地を, 寂しいうして, 寂しいさびしい心を, 寂しいさまと代, 寂しいざんざ降りの音, 寂しいしづかな道, 寂しいしめやかな花, 寂しいしもた家, 寂しいすべての草木, 寂しいすみずみに, 寂しいせんりやうの, 寂しいそれほど佗しい, 寂しい俺は, 寂しいただ寂しい涙, 寂しいたってお前様仕方がねえ, 寂しいのなど, 寂しいだけそれだけ広々と, 寂しいだろ当座の, 寂しいちょうど盆の, 寂しいやない, 寂しいって別に何, 寂しいつまらない気持が, 寂しいといったような, 寂しいところにわかアラスデルと呼ばれた, 寂しいとでも云うの, 寂しいとりなしを, 寂しいどころじゃない, 寂しいどころか御歎き死, 寂しいなかを五, 寂しいながら正月らしい, 寂しいながらも今は, 寂しいなどという心地は, 寂しいなどとは思わない, 寂しいなりににこにこし, 寂しいなんて思いを, 寂しい一杯お, 寂しいのみならず澄まし切ってる冷然と, 寂しいはるかな山鳩, 寂しいばかりだった, 寂しいばかりを慾に, 寂しいひとり旅の日数, 寂しいひろい野原に, 寂しいひろがりが彼女, 寂しいふうを見せた, 寂しいほとりをただ, 寂しいほとんど人間らしい味, 寂しいほほえみは消え, 寂しいほほ笑みを浮べ, 寂しいぼんやりとした, 寂しいまでの奥底を, 寂しいみそ萩の短い, 寂しいものすごい荒れた灰, 寂しいやるせない夏夏は, 寂しいゆえに御, 寂しいつて私も, 寂しいわねホテルも, 寂しいわびしい生活を, 寂しいりなどには, 寂しいんでせう, 寂しいイヤな気, 寂しいウィーンの下宿, 寂しいエゴイズムが閃, 寂しいガーゼのタオル, 寂しいクラシツクの高い, 寂しいクリスマスを送った, 寂しいクロムウェル街のコックス家, 寂しいサキソホンの音, 寂しいサボア県なんかにはいや, 寂しいセピアと白い, 寂しいトラピストの修道院, 寂しいパリーの中, 寂しいブローメ街に当時動物合戦, 寂しいマチが彼, 寂しいリズムの閃, 寂しいリュクサンブールの園, 寂しいリュクサンブール公園の裏通, 寂しいと頻り, 寂しい一切の喜悦, 寂しい一刻だ, 寂しい一家はまた, 寂しい一寒村にすぎなかった, 寂しい一生を思った, 寂しい一種の興味, 寂しい一端に開い, 寂しい一筋の街, 寂しい一筋道を真, 寂しい一羽の小鳥, 寂しいの木戸, 寂しい三味線がちんちん, 寂しいに主人公, 寂しい上坂で彼, 寂しい不幸な人間, 寂しい不足を感じ, 寂しい世界に贖罪, 寂しい世界絶望以外には頼り, 寂しいの上, 寂しい並木のある, 寂しい丸の内の電車道, 寂しい街に, 寂しい事実である, 寂しい二十ばかりの若い, 寂しい五条そこの夜, 寂しい井戸掘りの光景, 寂しい亡霊の道, 寂しい京塚村といふ, 寂しい亭園に二人, 寂しい人々の間, 寂しい人家を画い, 寂しい人気なさ, 寂しい人生観や宿命観, 寂しい人通りの少ない, 寂しい人間共の悲しみ, 寂しい仏室を見, 寂しい以上に凄, 寂しい伊賀の山中, 寂しい伊賀越えにか, 寂しい位おおどかに往来, 寂しい声で, 寂しい住居と存じます, 寂しいもない, 寂しい何人かの旅人, 寂しい何処かに不愉快, 寂しい何時も苦しい, 寂しい便りないもの, 寂しい修業地から引返し, 寂しい俳優であった, 寂しいのすみ, 寂しい個性が感じられた, 寂しいであつ, 寂しいひ松, 寂しい停車場前の小さい, 寂しい側面に左右, 寂しいしい死, 寂しいない浅ましい, 寂しい光悦寺の門, 寂しい光景だ, 寂しい光線で金色, 寂しい入京はおのずと, 寂しいの宮, 寂しい八月の日, 寂しい兵列が哀愁, 寂しい内容をもっ, 寂しい冬枯の日, 寂しい冷たい教師の, 寂しい凄いお茶の水の, 寂しい処幾曲り, 寂しい切ない思いを, 寂しい初春にもやすらひと下, 寂しい別離の歌, 寂しい利別川の谷, 寂しい前途の思い, 寂しい割りに小夜子, 寂しいの, 寂しい北国の町, 寂しい十三湊の民家, 寂しいなかの, 寂しい原中におばあさん, 寂しい参拝道となっ, 寂しい參拜道となつ, 寂しい反響を立て, 寂しい取り返しのつかない, 寂しい古びた二階で, 寂しいをくちずさむ, 寂しい句調ながら暗く, 寂しい台所へさしこん, 寂しい同じ情愛の, 寂しいは正直, 寂しい周囲のため異様, 寂しい周圍に迫つて來, 寂しいを占め得る, 寂しい哀しい按摩笛が, 寂しい哀愁を覚えた, 寂しいをうたった, 寂しい商人の群, 寂しい啼聲を聽, 寂しいの色, 寂しい四辻の角, 寂しい土堤の陰, 寂しい在所の村はずれ, 寂しい地域を北西, 寂しい地点の一つ, 寂しい地郭に住ん, 寂しい地面の有様, 寂しい城下町でこんな, 寂しい城砦の隅々, 寂しい場所女の身, 寂しい場末の屋敷町, 寂しいの下, 寂しいからよろめき, 寂しい境内へ鍬, 寂しい墓原の松, 寂しい墓地の中, 寂しい墓標を尋ね, 寂しいの所, 寂しい士官学校前から広い, 寂しい士町と思う, 寂しい壮麗さを持っ, 寂しいな心持, 寂しいから專ら内, 寂しい多少単調な, 寂しい夜寒を一人, 寂しい夜明けであった, 寂しい大森の町はずれ, 寂しい大路小路をどう, 寂しい大道を通りかかる, 寂しい天心の月, 寂しい太陽の子孫たち, 寂しい夫人は年月, 寂しい女達の群れ, 寂しい妄想に耽り, 寂しい威厳まで加わった, 寂しいが同じ, 寂しいでしょんぼり, 寂しい媼さんの鼠色, 寂しい子供たちの気分, 寂しい季節といえよう, 寂しい孤墳の前, 寂しい孤島ではこの, 寂しい孤影のため厚意, 寂しい孤独感に捉えられた, 寂しい宇治の山荘, 寂しい宇田川町夜がしんしん, 寂しいへ来る, 寂しい室中に這, 寂しい宴会から更け, 寂しい家宅にはをり, 寂しい家庭をなし, 寂しい宿駅を車, 寂しい寂しい寂しい畑, 寂しい寒い真夜中小学校の, 寂しい寺町はずれのやっぱり, 寂しい寺院もその, 寂しい寺領の奥の院, 寂しい将軍の晩年, 寂しい小便をした, 寂しい小学校にいた, 寂しい小説だ康成百パア, 寂しい少しぼっと気が, 寂しい少女の肖像, 寂しい少年の日, 寂しい屋並みの上, 寂しい屋形の対, 寂しい屋敷ばかりで, 寂しい山かげにいる, 寂しい山みちをよぢ登つて, 寂しい山國に埋め, 寂しい山径を何年, 寂しい山村へ来た, 寂しい山村生活を研究, 寂しい山林の中, 寂しい山河である, 寂しい山荘においで, 寂しい山里へつれ, 寂しい山門を出, 寂しい山間の町, 寂しいから荒れた, 寂しいであつ, 寂しいの上, 寂しいの跡, 寂しい川上へ薄らい, 寂しい川岸の下宿, 寂しい川筋の景色, 寂しい工場とは図書館, 寂しい巴里の空, 寂しい常陸の宮, 寂しい平凡に帰っ, 寂しい平野であった, 寂しい幾月かを送る, 寂しい広い方形の, 寂しい広場を歩い, 寂しい広間にはできるだけ, 寂しいに交っ, 寂しい庵室に住まわし, 寂しい廊下で出会す, 寂しいに眺められた, 寂しい影そのもののよう, 寂しい後姿に声, 寂しい後悔が胸, 寂しい微光の氛囲気, 寂しい微妙な楽, 寂しい徴笑を洩らした, 寂しい徹宵の後, 寂しい心境をうたった, 寂しい心情とのみはいいきれない, 寂しい心持ちそれを林之助, 寂しい心細い私は, 寂しい忌み嫌いされるその姿, 寂しいに誘はれ, 寂しい念仏僧を喜ばせる, 寂しいが荒れ狂っ, 寂しい思想を起す, 寂しい思索家などのいう, 寂しい思索生活は永続, 寂しい性根がある, 寂しいはそれから, 寂しい恋愛といふ女性, 寂しい恐ろしい山住み, 寂しい恰好をし, 寂しい悔恨の人生, 寂しい悦びにひたった, 寂しい悲しげに, 寂しい悲しみを心, 寂しい情景であった, 寂しい情趣をいま假, 寂しい惨めな思ひに, 寂しい想いが胸, 寂しいとを思つた時急, 寂しい愛慾の断ち切り, 寂しい憂わしい心持に, 寂しい憂鬱と混, 寂しい憎しみが起る, 寂しいをなげき, 寂しい懺悔であった, 寂しい我が家刀自の境地, 寂しい我居間に閉じ籠っ, 寂しい所五十・五十二番地の家, 寂しい所在なさ, 寂しい手ざはりの岸の柳, 寂しい扱い方をした, 寂しい抒情的な気分, 寂しい投げやりな感傷, 寂しいにわれ知らず唇, 寂しい揺れ方だ, 寂しい撞着だ, 寂しい支那服の女, 寂しい枯木も, 寂しい散歩を続け, 寂しい新年の宵, 寂しいへ連れ, 寂しい方面に進ん, 寂しい旅以来の半蔵, 寂しい旅寝の床, 寂しい旅愁を感じさせる, 寂しい旅立ちだと, 寂しい旅舎の洋燈, 寂しい日日に児童図画, 寂しい日曜日の午後, 寂しい昼間の明る, 寂しい時気の狂, 寂しい晩年の舞台姿, 寂しいは早く, 寂しい暮らしをする, 寂しい暮方でございましたの, 寂しい暮秋の日, 寂しい曇天或は雨日, 寂しい曠野と誰, 寂しい曲がりくねった小路が, 寂しい書院で静か, 寂しい最後の杯, 寂しい望みが女, 寂しいの姿, 寂しい朝運命は一羽, 寂しい木の間をもと, 寂しい木曽街道を彼, 寂しい木津川縁でうるんだ, 寂しい木立の中, 寂しい木魚の音, 寂しい未来も考えられ, 寂しい本所深川のけむり, 寂しい村落である, 寂しいしかたの, 寂しい来し方を思い出し, 寂しい松並木の旧, 寂しい松林をすすん, 寂しい板囲いの塀, 寂しい栄えないものであった, 寂しいで空, 寂しい極東の辺土, 寂しい構えだろう, 寂しい構内を眺めまわした, 寂しいな気, 寂しい様子だな, 寂しい樹蔭の細道, 寂しい歓びを味, 寂しい正月させては, 寂しい武蔵野は復活, 寂しい歩きぶりだつた, 寂しい歩みを運ん, 寂しい歩廊を周平, 寂しいをもち, 寂しいの沙, 寂しい死んだやうな, 寂しい殉教者らしい感じ, 寂しい残暑の渚, 寂しいの顔, 寂しい母君の處, 寂しい気分を漂, 寂しい気分戸棚の奥, 寂しい気配の女, 寂しいが致す, 寂しい水菜で夕餉, 寂しい水車の音, 寂しい水面へ眼, 寂しいの水, 寂しい汽笛の音, 寂しい沈痛な笑み, 寂しい河岸道へ飛出し, 寂しい法華寺の墓地, 寂しいの音, 寂しい洋燈に対, 寂しい流浪の旅, 寂しい海岸べりを長時間, 寂しい涼しい初秋の, 寂しい淀みなく流るる, 寂しい深川の河岸, 寂しい深紅を守らう, 寂しい渋面との外, 寂しい渓合をあなた, 寂しい渓谷をあなた, 寂しい渡頭に立つ, 寂しい温かい聲を, 寂しいの中, 寂しい溜池のふち, 寂しい漁村へはいりました, 寂しい漢口の風景, 寂しい濁った形が, 寂しい灌木の姿, 寂しい火葬場のある, 寂しい灯先に長, 寂しいの色, 寂しい灰色の死, 寂しい炬燵は日本, 寂しい変化の, 寂しい無色の沙, 寂しい父親の顔, 寂しい片すみの古い, 寂しい片すみ世に知られない, 寂しい片隅で一人, 寂しい物思いを多く, 寂しい物語があり, 寂しい物足りなさを, 寂しいを視, 寂しい独り寝を, 寂しい玄関の一室, 寂しい環境の内, 寂しい生々した心もち, 寂しい生れつきでございました, 寂しい生活者の姿, 寂しいだ, 寂しい田圃の中, 寂しい田圃路に突立つて, 寂しい田園のテーマ, 寂しい田舎町に停つ, 寂しい町並に一軒, 寂しい町外れの岸田家, 寂しい畑道で漸く, 寂しい異郷の独り旅, 寂しい病室に夜, 寂しいの脚絆, 寂しい白壁の影, 寂しい白日の酒, 寂しい白昼の坂, 寂しい百日紅の花, 寂しい皮肉の様子, 寂しい盜賊となる, 寂しいの凜, 寂しい暗な, 寂しい真夜中だった, 寂しい真昼の夢, 寂しい真暗な時間, 寂しい眠りを誘う, 寂しい眺望であった, 寂しいの底, 寂しい眼付をし, 寂しい眼色をし, 寂しいけに渦, 寂しい睡蓮の花, 寂しい石垣下の広い, 寂しい石河岸の前, 寂しい磯ばたに, 寂しい私自身を抱い, 寂しい私達には恰度, 寂しい秋口の朝, 寂しい秋意を加, 寂しい秋晩の空, 寂しい空ろのもの, 寂しい空地であったが, 寂しい空屋敷にいる, 寂しい空想である, 寂しい空疎に思ひ及ぶ, 寂しい空虚が芸術, 寂しい空虚感でそれ, 寂しいひ声, 寂しい笑い声だった, 寂しい笑顏を私, 寂しいでは, 寂しい篠懸の間, 寂しい結末の場, 寂しい絶望した声, 寂しい美福門の外, 寂しい老後を送る, 寂しい肌触りの幕, 寂しい背光にみるみる, 寂しい自画像を書いた, 寂しい自覚である, 寂しい致命の痛み, 寂しい舗石との映ってる, 寂しい花火だこと, 寂しい苦い作や, 寂しいが五六本, 寂しいの花, 寂しい草庵を引き渡し, 寂しいら屋で, 寂しい荒涼たる一口に, 寂しいかさ, 寂しい落ちつきを得, 寂しい落ち着かない気分に, 寂しい葉ずれの音, 寂しい葬列が下, 寂しい薄笑いをする, 寂しいで眼, 寂しい虚白なもの, 寂しいの声, 寂しい蟠りが生じ, 寂しい裏街を歩い, 寂しい裏通りのそこ, 寂しい娘であっ, 寂しい訴えをもっ, 寂しい詩趣を帯びさせる, 寂しい調和をなす, 寂しい議論であったけれども, 寂しいがぱっと, 寂しい谷あいに似, 寂しい豆ずれを曳い, 寂しい貧弱なもの, 寂しい賑やかさを作っ, 寂しい赤い土塀へ, 寂しい足音を立て, 寂しい踊りだなと, 寂しいの周り, 寂しい身分で御座います, 寂しい車輪の音, 寂しい軒下に赤い, 寂しい辛い思ひを, 寂しい迄の遊園地である, 寂しい退屈をまぎらす, 寂しい退屈さをただ, 寂しい道中を想像, 寂しい道路へ私たち, 寂しい都会になっ, 寂しい都市の外廓, 寂しい酔ひどれ女は, 寂しいに言いよう, 寂しいが開け, 寂しい野辺の花, 寂しい野道でとぼ, 寂しい銀座の通り, 寂しい鋭い音を, 寂しい長椅子にぽつねんと, 寂しい降りやうを, 寂しい限りではある, 寂しい陰鬱な夢, 寂しい陳列室の中, 寂しいの座敷, 寂しい隱居所の方, 寂しいもよひ, 寂しい雪空に日, 寂しいの音, 寂しいが鳴い, 寂しい霜枯れの草, 寂しいを眺め, 寂しい露天の一隅, 寂しいざしでしたが, 寂しい面影が映, 寂しい音楽の音, 寂しい音樂につれ, 寂しい音色は卅年, 寂しい音響という音響, 寂しい韻律を持つ, 寂しいが一首, 寂しい響きが籠つて, 寂しい須磨のよう, 寂しい顔つきを見せ, 寂しい顔立ちをした, 寂しい願いのため, 寂しいをし, 寂しい風景を眺め, 寂しい風流の道, 寂しい風物の間, 寂しい風致に私, 寂しい風貌を備え, 寂しい風韻枯寂の気, 寂しい飛沫をあげ, 寂しい飲食店で買った, 寂しい餘韻を引い, 寂しいである, 寂しい駅前の光景, 寂しい燈籠の, 寂しい鬱陶しい氣持を, 寂しいが今, 寂しい鰥暮らしをしよう, 寂しい鴫たつ様である, 寂しい黄昏が木木, 寂しい黒い目は