青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「婆さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

姿~ ~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘 娘~ ~婆 婆~ ~婆さん
婆さん~
婦~ ~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~ 嫂~ ~嫉妬 嫉妬~ ~嫌

「婆さん~」 4315, 45ppm, 2595位

▼ 婆さん~ (1068, 24.8%)

9 それを 8 言った 6 私の 5 少しも 4 例の, 室の, 眼を, 私が

3 [12件] いつた, 何か, 口を, 呆気に, 彼に, 急に, 手を, 朝から, 次の, 私を, 答えた, 自分の

2 [59件] あなたの, いなかった, これは, そのころ, その戸口, その餅, それから, それが, それでもこの, それに対して, どこから, まだ泣きやまない, やつと, やはり嘲る, シクシクと, ッと, ナイフを, ラプンツェルを, ランプを, 三十円の, 三百弗の, 云つた, 何も, 何を, 俺の, 僕を, 先刻から, 出て, 占師から, 占師の, 又門野, 呪文を, 妙な, 実は田舎, 帰って, 後ろの, 意外にも, 方々から, 最初から, 次の間の, 死んだ娘, 気が, 爺さんの, 猿股へ, 相手に, 立って, 立つ前, 笑ひ, 耳が, 腰が, 臆面も, 若い者, 茶の間で, 言つた, 豆小僧が, 金光教の, 頭を, 飯を, 驚きでも

1 [870件 抜粋] ああそれ, あたしゃ毛嫌いされ, あたりを, あれが, あんなもの, いうの, いかにも勿体な, いきなり棍棒, いざ神, いった, いって, いつの間にか刳り抜き, いつもいそがし, いつもちよこ, いつもの, いつも仕事, いつも千日前, いつも眠つて, いつも老, いひながら, いやわたし, いろんな話, うつぶせに, おからの, おとき, お前たちの, お千代, お客さまを, お愛想, お歯黒の, お留守番, お秀, かいがいしくお, かえって猶予, かねて, きっと助かるまい, きつと, きまり切って, ぎょっと顔中, くりかえした, けげんらしく答えた, けっして下等, こうやっ, こう答えた, この前, この年紀, この温灸, この邸, これを, こわい魔法使い, こんな坊さん, ごまかした, さうし, さも疑, さわら, した, しばらくためらった, しぶしぶ承知, しゃあしゃあと, じつは田舎, じろじろそれ, すぐもと, すぐ裏町, すぐ金, すでにこの, そういい, そうです, そう言い捨て, そう言っ, そこで, そこを, そのたび, そのほか, その実, その日, その日病気, その粉, その翌日, その薄暗, その話, その黄色い, それでも何, それでも此辺, それで木, それどころでない, そればかりは, それ限何にも, そ知らぬ顔を, ただ紅く, ちゃんと支度, ちょっと自分, ちよいと, つい黙っ, てんで相手, とうに死ん, とても親切, どうしました, どうなった, どこに, どこの, どこまでも, なおおかし, なお心, なるほど, にたにた笑い, はばかりに, ひどく喜んだらしい, ふところを, ぼんやりし, まくしかけた, ますます驚いた, またはじめ, また口, また指, また涙, また私, また繊細, また驚い, また驚かされた, まだこちら, まだ枕こんな, みずから化物を, みんな一度に, むずかしそう, むやみに, もうとうに, もうひどく, もう六十幾つ, もう店, もう歳, もう気, もう目, もう隠居, もとカミョンスキイ伯爵の, もと髪結い, やがて改心, やさしく米友, やさしく言った, やっと薄, やっぱり笑い, やにわに腰, やはり蛇, よく知らねえ, よたよた走り, わざとらしく頭, エライと, ガード下に, ケロリと, サイを, ソバの, トラホームといふ, ハボンスを, ビュルゴン夫人と, ブク, マルグリットという, ワルワーラが, 一そうがんがん, 一体どこ, 一向知らない, 一寸皮肉, 一度掛けた, 一応帰っ, 一番目の, 一語一語に, 丁度おも, 七十過ぎ, 三十いくつかの, 下へも, 下女から, 不思議そうに, 不機嫌さうに鶏の, 中から, 丹念に, 事もなげに, 二つ返事で, 二人が, 二人の, 二十貫目の, 云いながら, 云い合したよう, 云うん, 云って, 五十銭やった, 井戸から, 亡くなる, 人の, 人文開化の, 人相の, 今その, 今一人の, 今度は, 今日も, 今晩も, 今頃どうして, 伝法な, 何し, 何です, 何となく嫉妬, 何にも, 何の, 何一つ役に立たん, 何時もの, 何時も根, 何枚, 余が, 使賃という, 例によって, 便所に, 俯伏せに, 借金で, 側杖喰っ, 傍に, 元から, 先刻と, 兎も, 八十余で, 六十を, 内儀さんが, 再び心配, 出しませんね, 別として, 前にも, 前夜捕えられた, 動かぬので, 勝手の, 勿論この, 危くな, 又オキマリ, 反物を, 取縋るやう, 口惜しがった, 古くから, 只圓翁, 叫びました, 可哀そうな, 右の, 同じよう, 同じ苦情, 君枝が, 呉服屋の, 唇を, 唯でも, 喉を, 喰ひし, 嘲るよう, 噛みつくよう, 土の, 地べたに, 地獄の, 執事を, 変な, 夕餉の, 外から, 夙くの, 大きな皿, 大井町辺に, 大分怪しく, 大抵寂光, 大軽蔑, 女が, 女だ, 妙に, 威す, 娘の, 娘を, 婆の, 嬉しそう, 子供の, 字が, 客を, 室内の, 家の, 家へ, 寂しそう, 寝て, 察したから, 小首を, 少しばかり, 少し強い, 居たけれど, 居なくとも, 屋根裏へ, 希有な, 常藏の, 年の, 年寄に, 幾らも, 幾年の, 幾歳ぐらいに, 庄吾が, 座を, 座敷の, 強いの, 当世はやりの, 往来から, 待って, 後見らるる, 得意そうに, 微笑し, 微笑らしい, 心配そうに, 思い出し笑い, 思った, 急いで, 恐ろしい金聾, 恐ろしさ, 息も, 悲しげ, 愛想よくこう, 懸命に, 我等の, 戸口を, 手箱の, 承知し, 指で, 掌を, 敬太郎に, 断言しなかった, 斯う, 日本の, 早く良人, 明日くる, 昔大阪の, 昨夜死ん, 暫くの, 更に, 更に卯平, 最後の, 木片で, 木皿へ, 本当に子供, 机の, 村の, 村中の, 来なくな, 枕こんなに, 案外にも, 案外深切さ, 棍棒を, 構わずに, 機械的に, 正の, 此れ, 此度は, 歯の, 歯を, 死んだかい, 残して, 毎夜私の, 毎日おなじ家へ, 毎晩いつごろやすむ, 毎月一度宛駅の, 比較的詳しく, 気の, 気の毒とも, 水口の, 汗を, 決して二階, 決して昼, 注意深くそれ, 津村に, 涙を, 渠を, 温灸が, 温灸を, 溝板を, 炉の, 煙草盆を, 照ちやんに, 爺さまを, 片づけもの, 物知りである, 狐を, 独りで, 王子を, 珍しいが, 生みの, 男と, 留守だった, 留守で, 疲れたよう, 痛いので, 白い粉, 白紙を, 皺くちや, 皺の, 益疑, 益疑わし, 目を, 直覚的に, 看護婦が, 真暗な, 眩しさうに秋晴, 眼は, 着物は, 着物を, 矢張り子供を, 知らん顔し, 祈を, 祖母よりは, 秀子の, 私に, 私よりも, 突て, 立ち去りました, 答えたが, 答へる, 箒の, 箱を, 紙に, 紙幣を, 続けた, 繰り返した, 罵倒を, 羨まし相, 老人に, 老衰と, 考へた, 耳の, 聖者の, 聞えよがし, 聲を, 聴いて, 背の, 胡散くさそう, 胸の, 脅すよう, 腰を, 膝に, 膝の, 膳の, 自分たちの, 自分を, 自家の, 自身の, 興も, 若い其等, 若い女車掌, 苦々しそう, 英語の, 茶を, 荒っぽい愛惜, 落着きの, 蒼い顔, 蔵書の, 薄笑を, 蝋燭を, 袋と, 西郷隆盛などが, 言い出したそして, 言うの, 言って, 言ひました, 証人として, 話した, 話の, 話好きと, 誰か, 赤い布, 起きられないの, 起ち上つた, 起とうとも, 足手まといだ, 路傍の, 蹤い, 身体が, 迂散臭, 追つかけ, 退屈に, 通は, 部屋を, 酔ぱらいの水兵連が, 酔狂の, 里へ, 釘に, 針の, 銀貨を, 鋸楽師の, 長い剛, 長く奉公, 長火鉢を, 附近の, 障子を, 隣の, 霎時私の, 青々した, 静に, 非常に, 額から, 額の, 風呂敷を, 風邪か, 飯も, 香ばしく入れた, 驚く程冷淡, 高価すぎる, 鬱々と, 鷹揚な, 黙然として, 鼬の

▼ 婆さん~ (783, 18.1%)

19 顔を 11 家の 9 声が 8 ところへ, ように, 前へ, 所へ, 方が 7 ような 5 ことだ, ところに, 事を, 前に, 家で, 家へ, 家を, 方で, 方は 4 処へ, 外に, 姿が, 手に, 手を, 肩を, 顔が

3 [11件] ことを, すること, 一人が, 前には, 声に, 娘は, 家は, 後を, 聲は, 話の, 顔は

2 [53件] ほかに, ようだ, 世話に, 云う事, 依頼の, 内職に, 取亂, 同胞だ, 呆気に, 喋舌てる間紫檀の, 声は, 姿も, 姿を, 娘が, 娘だ, 娘の, 家と, 家に, 家には, 家へは, 容子を, 屍骸から, 心は, 所なぞへは, 掌の, 方に, 書いたもの, 枕元に, 様に, 病気の, 癖に, 眼にでも, 眼の, 答を, 給仕で, 給金も, 罵る声, 腰が, 舌は, 言ひ, 話です, 話に, 話は, 話を, 足腰を, 部屋の, 頭は, 頭を, 顔に, 顔へ, 驢馬に, 骨が, 鼻の

1 [485件] あけたところ, あたりに, あとを, あはてた, あばら家まで, いうこと, いうには, いたころ, いた処, いふところ, いふの, いる不景気, うちなどへ, うち誰か一人だけには, うまい言い方, おいち, おしゃべりに, おぼろげな, お倉, お冬, お前さんとは, お化粧, お料理, お木像, お石, お祈りを, お豊, お酉, お酌, くどくどした, こと, ことが, ことで, ことであった, ことと, こととは, ことは, ことも, この一言, こんな頭, して, そういっ, そうした恐怖的, その時, その目, そばで, そばへ, たった一人, たびたびの, ために, ためには, でない別, ところから, ところで, ところの, ところへは, とらわれて, にこにこした, は一寸, ふところへ, ほうが, ほうは, また隣, まわりに, もてなし然, もので, やうな, やうに, やってる一番, ようで, アファナーシエヴナと, カケアイ漫才の, カン高い, トラホームは, ユカタなら, 一人で, 一人娘な, 一件である, 一拶には, 一服三杯, 一条を, 三人切りに, 三人暮しで, 下僕の, 中風が, 予言は, 予言も, 事でございます, 二番目の, 二銭の, 二階に, 二階を, 云いなり, 云い草也, 云うの, 云った通り, 云わゆる, 五六人が, 仕打を, 他の, 代りに, 会合みたいに, 伜である, 住居に, 体の, 作略に, 使に, 例である, 信用を, 借金を, 側に, 傍からは, 傍に, 傍を, 傷は, 働く家, 兄の, 六十何年の, 内に, 内の, 内股に, 凜と, 処から, 処では, 処に, 処にも, 処を, 出した餅, 出して, 出て, 出ようが, 前だ, 前です, 前では, 前にも, 前を, 前垂にも, 力も, 助手で, 助言で, 労に, 包と共に, 北隣だった, 口から, 口も, 口吻から, 口説節が, 叫喚が, 右の, 同情と共に, 名に, 向い側の, 吝ン坊, 周囲に, 呵責に, 呼吸は, 命に従って, 命も, 命を, 哀願泣訴の, 唯一の, 問に, 喋るそっくり, 喚き声, 噂を, 坐って, 型で, 報告で, 報知で, 境涯を, 声, 声お菜と, 声らしい, 声を, 変態的な, 夢を, 大切に, 大声が, 天理教も, 夫という, 夫の, 女中さあいつど, 女中に, 好物で, 妹の, 姿で, 姿でさえ, 姿は, 姿勢が, 姿勢は, 娘に, 娘に対して, 婢に, 婿が, 嫁いびり, 嫉妬を, 嫉妬振りは, 子供だった, 存在も, 存在をも, 孫で, 孫な, 孫に, 孫の, 孫娘が, 孫娘の, 宗教は, 官吏夫人と, 実話である, 室に, 家から, 家が, 家だった, 家にまで, 家へも, 家や, 家出を, 家近く住む, 宿と, 寝て, 寝床が, 寝床を, 寸白は, 小屋の, 小舎は, 尼は, 居る時, 居る腰掛, 屍体は, 屍体解剖の, 左の, 帯の, 帰った後, 年齢の, 店が, 店なりに, 店の, 店へ, 弱々しい体, 当惑する, 形が, 後ろ姿を, 得意なるべき, 御誂え, 心持に, 必要も, 怖い姿, 怨みも, 怪我も, 恐ろしい意地, 息子が, 息子は, 悪事などは, 惨めな, 愚痴を, 感じ, 感情に, 態度に, 戸籍を, 所に, 所は, 所へでも, 所在などは, 手から, 手で, 手には, 手下に, 手下にな, 手伝いで, 手伝いを, 手元を, 手料理で, 手癖の, 手腕一つで, 指図通り戸棚を, 挙動と, 掌に, 故郷の, 教授は, 新造なんざア足が, 方からは, 方がよ, 方である, 方でない, 方の, 日向, 昔の, 時々ニヤリと, 時世に対する, 曰くだ, 曰く私の, 書いた三字, 木像のみ, 末の, 本名でしょう, 机の, 村も, 植えたもの, 様子は, 横死, 横顔を, 機嫌を, 止めるの, 歯一本削れない, 歯抜け, 死ぬ前, 毒舌と, 気づかぬうち, 気に入っとるに, 気を, 気丈な, 気質を, 汚い体, 治療費や, 泣いて, 泣き方, 注意である, 注意を, 洞穴の, 淀みなき, 温灸という, 溜めたの, 潮風に, 為事が, 物で, 物売りが, 猫は, 理屈で, 理由が, 理窟で, 甘酒の, 甥は, 男意地の, 癖と, 白い一塊, 白い手拭, 白米とを, 白髪を, 皺くちや, 皺頸へ, 目にも, 目の, 直覚的判断は, 看病で, 真名娘が, 真鍮の, 眼と, 眼に, 知って, 秘密の, 突掛けの, 笑いが, 笑う声, 笑ひ, 笑ふ, 答えを, 箱の, 簡単な, 籠の, 素性はと, 絶叫が, 群ばかり, 老人づれ背負商人青服を, 考えでは, 耳に, 耳には, 耳にも, 耳へ, 耳元だけ, 耳許に, 聲が, 肉を, 肩の, 肩へ, 背から, 背中に, 背中の, 背中を, 背後へ, 腕前は, 腹の中で, 膝に, 膝の, 臍繰だ, 自製に, 芋責に, 苦情で, 茶店は, 落ち付いた, 蔵書は, 處を, 行った後, 袖にも, 解らない点, 解釈, 言い張る声, 言うだけの, 言うには, 言うの, 言う事, 言ったとおり, 言に, 言を, 言葉は, 言葉を, 言葉一つで, 記憶かも, 許から, 許に, 許可を, 訴えは, 証言によって, 評判が, 詰めっきりで, 話, 話したまま, 話しに, 話し声などの, 話じゃあ, 話すよう, 話である, 話と, 話なぞし, 話には, 話も, 話や, 説明で, 説明に, 謎は, 識らない, 財布には, 財布を, 超然と, 趣味も, 身を, 身体が, 転んだ怪我, 返事が, 返事を, 迷信だ, 逃げ支度の, 連れは, 運んで, 遠縁と, 部屋に, 都合で, 酌である, 醫療代は, 門下であった, 門下と, 間に, 隣同士の, 青んぶくれの, 面倒を, 靴下は, 鞭撻下に, 頑固さにも, 頭に, 頭には, 頭痛を, 頼みを, 額に, 額には, 顔じゃ, 顔でも, 顔の, 顔ばかりと, 顔色は, 顔色を, 飼ひ, 養女と, 養女に, 餌食に, 首と, 首を, 髪の毛が, 髪の毛に, 髪の毛を, 髷あ, 髷は, 鳥類的な, 黄ろな, 黄色い襟, 鼻先へ, 鼾の

▼ 婆さん~ (771, 17.9%)

14 出て 6 住んで 5 来て, 立って, 顔を 4 いた 3 あって, ある, 何か, 入って, 来た, 私の, 自分の, 驚いて

2 [41件] あつた, ある日, いて, これは, して, そう云った, そこへ, その時, ひとりで, やって来た, 一人, 一人その, 一人で, 一人商人らしい, 下敷に, 云う, 何を, 口を, 夫を, 小屋の, 引掴ん, 急に, 持って, 横から, 歩いて, 死んだの, 死んでから, 殺されて, 気が, 漸く急須, 火を, 犬の, 目を, 私に, 茶を, 行って, 見つけて, 話して, 転んだ花, 鴉の, 黙って

1 [626件 抜粋] あたふたと, あった, あった爺さん, あつて, あの箒, あの道, ある時, ある耳もと, あろうかと, いう, いきなり呼んだ, いざ仕事, いそいそと, いたの, いっそう小さく, いつた, いつたやう, いつに, いふの, いへば, いる, いるから, いるじゃ, いるだろう, いるところで, いるの, うしろで, うどんの, うなずいた, おえいを, おどろきました, おばさん相手に, おるもの, お上んなさい, お墓参り, お待ちし, お敏, お料理, お誕生, お雪, お餅, かう言つた, かつて愛し, かれこれ一年, がむしゃらに, きいたら何とも, きて, きょときょとし, きりだした来訪, くたばれば, くやみに, くるいや, ぐるだ, こう言いました, こちらへと, この二人, この晩団子, これも, こんな石, さ, さう, さわぐから, するよう, ずかずかと, せんだって手紙を, そう言っ, その三日前, その中, その秘密, その空家, その野菜食堂, それには, それほどお, それを, そんなこと, ただ一人落ち散らばった, たった一人, たった一人裁縫, たづねました, だらしなく, ちやんと, ちょこちょこと, ついて, つっ立って, つぶやいた, でんぼであっ, とめようと, どういう因縁, どうした, どうです下りましょう, どんなに驚くであろう, どんな顔, なかなおりに, ひっくり, ひとり寝, ひとり暗い, ひょいと乗る, ひょいと裏, ぶら下がる軍曹, ぼやり, まじって, またかんし, また例, また正直, また輪, まだその, まだ火, やがて一々叮寧, やがて老耄, やっきと, やってきたとき, やってたくらい, やって来まして, やっとなだめ, やとって, やはり壁厨, やられましたぜ, よく人, わたしの, ゐない, カタコトと, ガラリと, キリスト教の, ギョッと, コトワリを, ショールを, ジャカジャカ三味線を, ジャン・ヴァルジャンに, セリフを, タッタ一人で, トボンと, ハイネを, パンパンなみに, ユスブリ起し, リストの, 一と, 一人あとから, 一人ぐらい, 一人この間から, 一人これも, 一人ね, 一人ゐる, 一人世話を, 一人今戸燒の, 一人内職の, 一人戸の, 一人片手に, 一人留守に, 一人病人の, 一人行火に, 一人覘い, 一人静かに, 一人黒絽の, 一匹五文で, 一升徳利を, 一日ぶん生き返つた, 一日一人四十銭ずつ, 一本一本こまっ, 一歩立入っ, 一片附け, 一知の, 一緒に, 三人を, 三人立て居, 三味を, 三度目に, 三輪山に, 上がって, 上つて来た, 下女奉公に, 下手人です, 不思議な, 不思議に, 不相應, 並べて, 主人の, 久保寺逸彦氏に, 乗って, 二つの, 二人きりで, 二人だけ, 二人煙草を, 二個の, 二十遍も, 二日許りし, 云うには, 云うの, 云ったの, 井上の, 今まで, 今度は, 今日は, 仕事を, 伝えて, 住んでるのみ, 何かと慰め, 何でも, 何んと, 何処からとも, 何故そんな, 余の, 使いに, 來て, 例の, 便所の, 側へ, 傍から, 僕の, 僕を, 八つぐらいに, 八つ位に, 六七寸ばかり, 其の前年, 出かけて, 出しゃばって, 出てから, 出る, 出るよう, 切ると, 剥いて, 加減が, 勝手から, 勝手の, 勧誘する, 勧進元で, 十四五歳母が, 千円の, 千本銀杏と, 半ば独り言の, 卵を, 去って, 又, 又九郎, 口に, 古賀さんの, 古風な, 叫び声を, 可哀さうに, 台の, 台処へ, 台所で, 名前を, 君に, 唄う, 唯怖い, 善人であったなら, 喚きながら, 喚く, 喰つてか, 四国新聞を, 在って, 地下の, 執りもって, 堂々と, 塩煎餅の, 墓まいり, 夕食を, 多い上, 夜分は, 夢見が, 大きな地位, 大きな声, 大きな息, 大奮發, 妙に, 姓も, 媒介人と, 嫁入, 子供を, 守り主, 安火, 室を, 家中の, 容易に, 寂しがります, 寂しくなる, 寢てる, 小さいランプ, 小便を, 少々心配, 居て, 居ないからと, 居ますね, 居る, 居睡り, 居間へ, 川越の, 帰った後, 帰りがけに, 帳場の, 常に私, 年端も, 広岡浅子夫人だつたら, 店を, 座右の, 庫裏から, 彼に, 彼の, 彼を, 彼女に, 往って, 後の, 後を, 後生願ひ, 御座いまして, 御膳を, 心から憎く, 心配さう, 忍び込んで, 怒ったよう, 怪我を, 悦んでるぜ, 懐中なる, 戸口の, 戻って, 扉を, 手桶を, 手造りに, 承知しない, 承知すまい, 振ら下げてたの, 振撒いたから, 捜しに, 掃除に, 改まって, 教えた, 教えましたか, 数珠を, 早耳で, 昔は, 昨夜遲く, 時々外, 朝飯を, 机の, 杖に, 来たが, 来てから, 来ても, 来やしてない町さ, 来るの, 椎茸を, 横向きに, 横着な, 横綴じの, 止めるの, 正面の, 死にそう, 死にましたの, 死ぬと, 死んじゃったから, 死んだと, 段の, 毒婦の, 気の毒がっ, 気の毒に, 気を, 氣を, 永い事, 池の, 汲込んで, 沈み入るごと, 油を, 泊り込みで, 泣きつくと, 注ぐの, 洋傘を, 洗濯し, 洗足の, 涙を, 深切に, 渡すから, 湯殿へ, 火鉢の, 煙草の, 煮ば, 燗酒を, 父親の, 特に勝れ, 狐ツキの, 猫に, 珍らし, 現われて, 甘酒を, 生き返つたと, 由紀の, 申したも, 申しました, 病室の, 病気に, 発見した, 白粉つけ, 目に, 目の玉を, 目笊を, 真黒な, 眠るもの, 眼の, 瞰き, 瞳を, 石の, 破れ三味線, 神を, 禁厭の, 突然かすか, 窓の, 窘めるやう, 竈の, 笊へ, 笑つた, 簑を, 簡単に, 紅白の, 紅茶の, 結構働くだ, 給仕盆を, 織匠, 置き去りに, 美少年と, 翌る, 肝臓を, 肩を, 能弁に, 脇目も, 膳の, 臆病そうな, 臍繰, 自分に, 若いとき一時一緒, 若い女たち, 若い女の子, 若い息子, 葭で, 蒼黒い, 薬罐に, 行くと, 衣ものを, 表から, 裏に, 裏の, 襖の, 襖を, 襷がけを, 見た五つ, 見に, 見廻りに, 覗いて, 親しげ, 言い出した, 言うには, 言葉を, 訪れて, 話したが, 話した通り, 話しました, 誠実に, 貶して, 費用を, 赤い月の, 起したと, 足を, 跟い, 身を以て, 身寄が, 返事を, 述懐した, 逃げかけに, 這いずりながら, 通り掛つた, 遽しく乗り込ん, 邪魔し, 重そう, 金子を, 釜で, 鈴川源十郎の, 鎮守様の, 長らく老病, 開けて, 降りようと, 陰気な, 隣の, 雇って, 雇われて, 雑巾を, 鞭を, 頑張って, 頓死した, 頓狂な, 頭だって, 頭に, 頭を, 顔の, 飛び出して, 飛んで, 飛んでも, 食事を, 駄菓子を, 駆け込むよう, 駈けつけて, 駒井を, 鼠色の

▼ 婆さん~ (321, 7.4%)

6 怪我を, 頼んで 4 なって, 向って, 手を, 聞いて 3 抱いて, 言った, 連れられて

2 [19件] なったもん, なるの, なるまで, 云って, 何か, 向っても, 声を, 尋ねた, 席を, 彼は, 渋茶を, 渡して, 狸汁だ, 着物を, 石臼を, 見て, 訊ねた, 話して, 頓着せず

1 [246件] ああいう, あとを, いってるん, いはれたこと, いろ, いろいろの, おまかせなさい, おんぶされ, お札を, お目にかかって, お目にかかりたいと, かえして, かけられて, きいても, きくと, くらべること, こ, こっそり頼ん, このお寺, このごろの, これだれが, さう言つて, さへ, したところ, して, しては, しばらく飽き, そう言っ, その方法, そめなおしの, たずねた, つかまつたの, つき当たって, つれられて, でしょう, です, なった, なったと, なったという, なったもの, なったら, なったろう, なつたらう, なる, なると, なる法, ねだつたら手作り, ぶつかって, まかされた, むかって, めッた, やかまし屋が, やつて, やるため, わざわざ御, グングン手, サモ, ステッキを, ステツキを, モトという, 一体絹布団, 一週間一ポンドずつ, 三十五カペイキやっ, 三十六フランその他少し, 与うと, 与えて, 世話を, 中央を, 二品三品口に, 云いおいて, 云いつけて, 云いました, 云い云いしたが, 云え早く, 云ふか, 云わせますと, 云われたとて, 云われた通り, 亡くなった家内, 人種は, 今度工藤の, 今日は, 今晩待っ, 付添はれ, 会った隠し事, 似たけちん坊, 似た処, 低い声, 何であらう, 佳い考え, 促され東側, 充分な, 処置を, 出て, 出る, 出逢って, 別れてからねえ, 別れると, 化けた上狸, 千枝子も, 単なる引掻き, 厭味を, 及ばない訳, 可厭, 可愛いい孫娘, 可愛がられては, 叱られて, 叱られますから, 同じ問, 呼ばれて, 單なる引掻き, 喰い殺されて, 因果応報を, 報ずる序, 変装し, 夕餉の, 大声で, 大変な, 娘が, 娘も, 孝行してやろう, 宛てたもの, 寝込まれて, 尋ぬる, 尋ねると, 導かれるよう, 少しばかり, 巧く絞られ, 帰って, 引かれて, 当るの, 当るもん, 後を, 御飯を, 忠誠を, 怪しむべきところ, 息子が, 惘れた顔, 手伝って, 手伝わせて, 打ち明けると, 打明けて, 扮した, 抱かれたまま, 抱かれて, 押しつけられた洗いもの, 指し示した, 挨拶し, 捉まつた, 揉んで, 攻め立てられ老衰, 教えられたその, 教えられた時, 昵懇んで, 晩に, 案内させ, 案内を, 次の, 武者ぶりつきました, 残して, 毎日すい, 比べると, 気まぐれで, 注意し, 洗わせよる昨夜, 洗濯さして, 渡した, 渡したり, 澁茶を, 炊いて, 牛耳られて, 特別に, 発見せられた, 看護られ, 眼くばせ, 知れて, 突き飛ばされるところ, 立ち合つて貰つて, 紛らわしい関寺小町, 繩打つ, 聞いたら其前, 聞いた突當, 聞きました心積り, 聞きました通り, 聞くと, 聞けば, 聲を, 能く, 腕を, 自分が, 菓子を, 虫が, 被せる夜, 見える, 見せた, 見つかったら余計, 見張られて, 見舞を, 言うの, 言って, 言わせると, 言葉を, 訊いて, 訊いても, 訊くと, 試されたか, 詫び入る一手, 話しかける, 話した, 話したが, 話せば, 説教する, 譲って, 責め殺されたの, 貰った飴, 賛成なさる, 足を, 跫音が, 近づきに, 途を, 逢って, 逢っては, 逢ひました, 連れて, 連れられ高島田, 遇うん, 遇ったと, 遇つた, 道路の, 都々逸を, 銭を, 鏡を, 長らく厄介, 阿部川の, 降を, 降参し, 預けて, 頭を, 頼まれたとき, 頼むと, 頼む必要, 頼んだ, 頼んでから, 顏を, 顔を, 食わして

▼ 婆さん~ (191, 4.4%)

11 呼んで 4 置き去りに 3 伴れ, 殺したの, 雇って

2 [17件] えいとばかりに, おどかして, やつつけた, よんで, 一緒に, 助けに, 婆さんの, 安心させた, 帰して, 引掻いて, 拝み倒して, 掴まえて, 欺き九死, 眺めて, 見て, 見ると, 連れて

1 [133件] いろいろ宥めすかし, お前が, くびり, して, ちよつと, ぢろ, つかまへて, つれて, ながめたそして, のぞいては, ひとつものに, ふり仰いだ, ぼやでも, また地面, もうすこしで, もぎ離して, よろこばせた, ポンポンと, 一人よこし, 一目見た, 下へも, 下手人に, 二人乗りに, 仲に, 伏し拝んで, 伴って, 使いに, 入れるあの, 刎ね, 助けること, 助けるん, 労って, 労つてゐた, 半ちゃんが, 取っちめても, 叩き殺した者, 叱ったところ, 叱つたところ, 向うに, 呼び, 呼びに, 呼び附けた, 困らしたって, 囲んだ者, 奥山に, 好いては, 好きには, 妖物か, 嫌うの, 実母の, 対決させ, 尾けて, 差し向けて, 帰しなよ, 廊下で, 引っ張って, 引っ張るよう, 引合に, 御存じな, 忘れちゃあ, 怒らせちま, 怒らせました, 思い出しました, 急き立てて, 態, 慰めました, 慰楽しよう, 拾って, 振りもぎり, 振り返ると, 捕へて, 捕まえて, 捕まへて, 捨てて, 授かっても, 春の, 殺した古狸, 殺した曲者, 殺し第, 気味悪く思っ, 煩がって, 狸と, 皺だらけの, 相手に, 知って, 積込んで, 窘めて, 紹介される, 線路から, 置き逃げすること, 置くに, 職業に, 背後に, 背負って, 葬る時, 表へ, 見た, 見たもの, 見たん, 見た者, 見つけて, 見なければ, 見るたび, 見るの, 見上げた, 見下す, 見付けた相, 見付けて, 見覚えてる者, 見送ったから, 覗き込んだ, 訪ねて, 誘って, 誤魔化して, 踏台に, 軽蔑した, 辻の, 退治て, 逆に, 通した, 通ひで傭ひ入れ, 避けかたがた, 避けようと, 集めるなどと, 雇ったん, 預けて, 頼みなさい, 頼むこと, 頼んで, 顧みる, 馬車や, 驚かして, 黙らせるか

▼ 婆さん~ (156, 3.6%)

5 ある 3 あった 2 いる, この魔法, さすがに, さるもの, 声を, 死ねば, 門野の, 門野も

1 [132件] あるが, あるき出す, あるにゃ, いくらか飲む, いつた, いないもの, いなくて, いるには, お, おいおい泣き出す, おおげさだった, おかしく思い, おどろいて, けちん坊の, こうしてそこら, ここに, この湯槽, この若い, そう云っ, そう言う, そのうち, その傍, その廓, その物音, その皮肉家, その稼業, それを, そんな話, ぞんざいな, ただもの, ついて, ともに声, どこかへ, なかなか落ちん, なくな, にわかに面色, はつきりした, ひどく弱っ, ふだんは, まさにその, もうやつ, もう老衰, エラ者である, ラジオで, 一寸の, 一度上京, 一緒だ, 七十ばかり, 上き, 中中文学好で, 二度とは, 交つてゐた, 亦一通り, 今スパルミエント夫人, 今月の, 今頃は, 伊達から, 休ませ皆んな, 余から, 其都度又, 出て, 出る, 判らないじゃ, 別に怪しまなかった, 勿体ねえ, 同じく慈悲, 呆気に, 夢にも知るまい, 大きに驚い, 女の子マッチョウンノックムンムックたちも, 好意を, 嬉しそう, 子供も, 孫も, 孫七も, 室の, 小山研究嬢も, 居た, 居れば, 年増も, 引取り度いと, 張合いが, 張合の, 彼を, 御座るぜ, 微酔に, 心配し, 心配しない, 怒るん, 愛想が, 手の, 手伝いに, 昔の, 本家で, 来て, 次第に忙しく, 死んで, 決して入れない, 油断は, 海千山千, 涙が, 照ちやんを, 牛乳の, 生国の, 町に, 皺枯れ, 直吉も, 確かな, 私も, 笑い出した, 笑って, 腹に, 良くない, 若夫婦, 萌葱の, 見えなければ, 見たの, 見て, 証人だ, 躍気, 近々と目, 近所の, 遂に同居, 酔って, 釣込まれて, 長男も, 阿母, 隣の, 雇わず一人, 面白い元気, 頼みますよ, 鼻唄を

▼ 婆さん~ (152, 3.5%)

5 二人で, 話を 4 阿母 3 同じよう, 娘が

2 [13件] ふざけられるか, 一緒に, 二人暮しです, 僕と, 僕二人だけで, 差向ひで大きな大きな, 年の, 看護婦とが, 言えば, 話しこむ, 話して, 門野とは, 顔を

1 [106件] あつたげ, あの厳, いうても, いうほど, いえば, いっしょに, いっても, いふと, いへば, おいぼれが, おめ, お花, くると, こぼして, さる面白い, そのわき, その娘, その孫, その裏, とても仲, なって, なつて, ひそひそ立ち話, まだまだ若い, オンコッコとが, ソフィヤも, ツキアウことによって, ラプンツェルは, ランプの, 二人ぎりでお前の, 二人に, 二人住いである, 二十二三の, 云うの, 以前の, 仲違ひし, 会った, 会つた, 何の, 何んの, 兩人きりで, 別仕立の, 十四五の, 半分ずつ, 同じく門番, 向いあって, 向い合う, 呼んで, 善い婆さん, 喧嘩を, 土地で, 垣根越しに, 声を, 外に, 夫婦なら似合っ, 女の子が, 娘とが, 嫁女の, 子供と, 子供とを, 子供多く, 客の, 息子づれ, 故人菊之助の, 昨年の, 昼間乗った, 来たら慾張り, 染吉と, 格子の, 照ちやんとの, 片脚, 男の, 略同年輩の, 直吉とが, 直吉を, 知り合い, 私の, 竜之, 結婚した, 縁遠い容貌, 自分の, 船へ, 若いの, 若い女, 若い娘, 若い息子, 若夫婦, 蔭ながらでも, 表に, 見たの, 親しくなっ, 親しくなる, 言う母親一人きり, 言ったの, 言っても, 言われて, 談判し, 身上話を, 車道を, 辰さん家の, 近づきに, 酒をの, 雨村の, 青い綺麗, 顏を, 飲んだ

▼ 婆さん~ (51, 1.2%)

43 え, な

1 [41件] お杉, から, からたしか, からたまらない, からちと, から仕方, から力, から大丈夫, から屹度, から東京流, から私, がいや, がどんな, が中, が人間, が今日, つたのに, つてあんな, つて何処の, つて六十迄も, つて其通りチャンと, つて其通りチヤンと, という, とも思った, とも言, とも言う, と別に, と怒る, と思っ, と思った, と思つて, と書い, と栄蔵, と竜, と聞きました, と見えた, なあ, ねえ, ね新宿, もっとも婆さん, 此間も

▼ 婆さん~ (39, 0.9%)

4 あつた 2 皺だらけの

1 [33件] あの娘, いまだに毎朝, おきみ婆さん, お父様, これが, さへもが, その中, たつた一, なかなかしつかり, なぜこの, よくおれ, わしじゃ, ボロ雑巾で, リュボーフィ, 一人娘の, 一枚一ドル三十セントの, 乞食の, 二十年間に, 全体が, 半白の, 台所ばかりに, 実際は, 彼を, 後姿の, 手には, 日本橋で, 暮して, 無地の, 私が, 稍とも, 縞の, 貰つたといふ, 馬鹿な

▼ 婆さんから~ (38, 0.9%)

2 手紙が, 更科源蔵氏採集, 聞いた

1 [32件] いじめられて, この物語, こんな古雅, その容子, その話, もらって, ランプの, 何か, 信吉は, 半助, 受けた盃, 土地の, 婆あ, 山嵐が, 幾らもらった, 折々油, 振り当てられてる手引人, 教えられたの, 流れ出た活ける力, 清心丹を, 筆者が, 絵葉書を, 聞かせられた幼時, 色々の, 草履を, 菓子の, 見りや, 貰つた無患子の, 身を, 鍋と, 飽きる程, 鼻薬を

▼ 婆さん~ (36, 0.8%)

3 お前は

1 [33件] あっちの, おせいたち, おや婆さん, お迎, どうした, ないかい, はいこれ, よくここ, よろこびな, わしも, オンコッコ等と, 人が, 人様の, 今度の, 勘作や, 唖の, 姐さんもしくは, 娘が, 娘さん達が, 娘より, 娘達が, 家族たちの, 広々と, 新聞売子が, 照ちやんと, 爺さんが, 爺さんの, 男の, 男衆など, 足袋の, 近所の, 都育ちの, 養父の

▼ 婆さん~ (30, 0.7%)

2 は, は又

1 [26件] がいふ, が空虚, が飯つぎ, と火, の口, の忙しい, の袂, はいつた, はそ, は互に, は何, は佛壇, は側, は口々, は圓, は思案, は慌て, は抗, は箸, は表, は酒, は頗る, は風呂敷, は騷ぎながら跟, もどつと, を顧み

▼ 婆さん~ (27, 0.6%)

2 が小さな

1 [25件] がその, がまだ, が一つ, が床几, が水精, が編物, であるかを, と顔なじみ, なんてある, にはその, に云わせる, に向っ, のこと, の口, の周圍, の店, はいつもよく, はかう, はそんな, はもともと, は手, は播磨屋橋, は申し合せた, は短く, は頼まれ

▼ 婆さんたち~ (22, 0.5%)

1 [22件] がいっぱい, が後, が料理女, が灰, であった, であるが, でさえ彼, などが集まっ, に, にもひとつ懺悔, の口, の姿, の話, の誰か, はこの, はせかせか, はちゃんと, はよく, はよそ, も多かっ, や若い, を侮辱

▼ 婆さんには~ (21, 0.5%)

2 珍らしく

1 [19件] お友達, さっき逢った, そこに, それが, もう十五カ月, 会わないで, 夫が, 子供が, 弱りましたよ, 思いがけない福運, 思い当るフシ, 我ながら, 持って, 此の世で, 死に別れたった, 満足を, 関係ない, 随分役に立つ, 魔法の

▼ 婆さんでも~ (15, 0.3%)

1 [15件] あるめ, ないじゃ, ないらしい, マルでも, 一視同仁に, 何だか空, 君の, 手さぐりで, 此時だけは, 殺されると, 爺さんでも, 男でも, 皆それぞれに, 置かねば, 見付けて

▼ 婆さん~ (15, 0.3%)

1 [15件] が泣く, とは小さな, と同じ, にむかつ, のその, の姿, の手足, の頭, はお日様, はその, はだまりき, は声, は太い, は小舎, は思ひ

▼ 婆さん~ (13, 0.3%)

1 [13件] が鶏小屋, でした, に声, はいひました, はしんみり, は一同, は地べた, は暗い, は自分, は長生, は雄鶏, を尻眼, を憎む

▼ 婆さんという~ (12, 0.3%)

3 のが 2 のは 1 あたりから, ことに, 女だけが, 矢野龍渓小栗貞夫三木善八の, 綽名を, 見当では, 齢恰好でも

▼ 婆さん~ (12, 0.3%)

2 飛びかかりました 1 その短冊, 何気なく訊いた, 向ける心算, 唐鍬を, 声を, 少しばかりの, 持って, 気が, 茶代を, 話しかけた

▼ 婆さんお前~ (11, 0.3%)

1 [11件] がそこ, これから飯, に何, に昨夜, の耳, はなかなか, はまあ, は口, は心, は此, 知って

▼ 婆さんとは~ (11, 0.3%)

2 何か 1 とても思へない, 仲よしな, 吉川氏の, 大違ひだ, 敬助の, 貴夫人, 違った風流, 違つた風流な, 鶴に

▼ 婆さん~ (9, 0.2%)

1 あらずお茶, え, かみさんに, なりあら探しで, ゆりかごの, 何かが, 友田かに, 痘痕の, 赤ん坊が

▼ 婆さん~ (9, 0.2%)

2 のだ 1 のだった, のである, のでテレビ, ので耳, ので豆小僧, んていう, んで

▼ 婆さんにも~ (9, 0.2%)

1 ごちそうし, ろく, 一寸そんな, 三人の, 不思議と, 聞えぬよう, 見は, 逢った, 麻川氏にも

▼ 婆さん~ (9, 0.2%)

1 が並ん, が井戸端会議, が浩然, などである, のはしゃぎ, の中, の想像, は端折っ, も吾

▼ 婆さんです~ (8, 0.2%)

41 か, から, がね, って

▼ 婆さんとが~ (8, 0.2%)

1 いる古めかしい, たった一杯, 二人きりで, 入って, 夜中などに, 彼等の, 杖つい, 縄を

▼ 婆さんまでが~ (8, 0.2%)

1 ありし日, いい気, その写真, その調子, それを, 右に, 言う位, 逃げじたくだ

▼ 婆さん一人~ (7, 0.2%)

1 だ, では, で住ん, で店番, にだけは逢いました, に子供, より外

▼ 婆さんとも~ (6, 0.1%)

1 交渉が, 口を, 大分懇意に, 思って, 然う, 狎

▼ 婆さんなどが~ (6, 0.1%)

1 あちこちに, あった, そこの, やがて続い, ヨタヨタ乗込ん, 採りに

▼ 婆さんらしい~ (6, 0.1%)

3 のが 2 女が 1 意地が

▼ 婆さん~ (5, 0.1%)

2 めえ 1 名は, 敏, 膳立を

▼ 婆さんおれ~ (5, 0.1%)

2 にその 1 に黒麦酒, の立つ, は本気

▼ 婆さんこの~ (5, 0.1%)

1 おれが, かたたちは, ピストルも, 截江鬼の, 頃すこし

▼ 婆さんとの~ (5, 0.1%)

2 間に 1 今までの, 恋愛は, 相談も

▼ 婆さん芸者~ (5, 0.1%)

1 がシナ, であるが, はお, は怒っ, は本物

▼ 婆さんあの~ (4, 0.1%)

1 お妻, お比丘さん, ね足, 長い刀

▼ 婆さんいくら~ (4, 0.1%)

2 探しても 1 だえ, だね

▼ 婆さんからも~ (4, 0.1%)

2 切り離された 1 平尾角助からも, 言いふくめられて

▼ 婆さんさえ~ (4, 0.1%)

1 しっかり掴, しっかり掴まえ, 承知し, 赤い旗

▼ 婆さんじゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ないの, 茶一つ出せない

▼ 婆さんだけ~ (4, 0.1%)

1 であるが, でこれ, なん, 残して

▼ 婆さんだけが~ (4, 0.1%)

1 両手を, 今では, 生真面目な, 闇の

▼ 婆さんであった~ (4, 0.1%)

1 から, がそれでも, が先, そうです

▼ 婆さんなんか~ (4, 0.1%)

1 いないの, やっぱりパリ, 一番怖, 女の

▼ 婆さんまで~ (4, 0.1%)

1 それを, 出かけるらしいそれ, 大劇場, 頼まれて

▼ 婆さんみたい~ (4, 0.1%)

1 じゃない, なの, な鼻, に列

▼ 婆さん~ (4, 0.1%)

1 かつてばかう, か来た, をはじめた, を持っ

▼ 婆さん見たい~ (4, 0.1%)

4 な人間

▼ 婆さんがね~ (3, 0.1%)

1 ああ, けだるそう, よぼよぼと

▼ 婆さんだって~ (3, 0.1%)

1 しじゅうやってる, そうだったろう, 今に

▼ 婆さん~ (3, 0.1%)

1 やが, やない, やなく

▼ 婆さんであっ~ (3, 0.1%)

1 たりし, ても彼, てジル

▼ 婆さんである~ (3, 0.1%)

1 から, ことが, にもかかわらず

▼ 婆さんといふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 人の, 類ひ

▼ 婆さんとして~ (3, 0.1%)

1 市は, 描き出されて, 静かに

▼ 婆さんなあ~ (3, 0.1%)

2 婆さん 1 あの人

▼ 婆さんなかなか~ (3, 0.1%)

1 厳重です, 要領が, 頭が

▼ 婆さんなどは~ (3, 0.1%)

1 こんな便利, 十七人の, 十分気を

▼ 婆さんなんて~ (3, 0.1%)

1 いないの, いふ奴, つくづく平凡

▼ 婆さんにでも~ (3, 0.1%)

1 なって, 来て, 遇へば

▼ 婆さん婆さん~ (3, 0.1%)

1 そうガミガミと, なんていない, 早く来

▼ 婆さん早く~ (3, 0.1%)

1 一杯, 来て, 笊を

▼ 婆さん連中~ (3, 0.1%)

1 が村, の会話, は戸口

▼ 婆さんいつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, まで焦らす

▼ 婆さんここ~ (2, 0.0%)

1 ぞとおもっ, をちょっと

▼ 婆さんこそ~ (2, 0.0%)

1 一層恐ろしい, 何か

▼ 婆さんこれ~ (2, 0.0%)

1 とて当座, もおかしな

▼ 婆さんそっくり~ (2, 0.0%)

1 だった, 拾って

▼ 婆さんだった~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, に違い

▼ 婆さんでした~ (2, 0.0%)

1 が夜, っけね

▼ 婆さんでない~ (2, 0.0%)

1 ことから, と思う

▼ 婆さんでは~ (2, 0.0%)

1 ないが, ない誰か

▼ 婆さんとを~ (2, 0.0%)

1 比較し, 相手に

▼ 婆さんなぞの~ (2, 0.0%)

1 アツパツパの, 女達が

▼ 婆さんなどに~ (2, 0.0%)

1 して, 一度も

▼ 婆さんなら~ (2, 0.0%)

1 ば屹度, 自分に

▼ 婆さんなら取り上げる~ (2, 0.0%)

2 時に

▼ 婆さんにまで~ (2, 0.0%)

1 いつとは, 莫迦に

▼ 婆さんはと~ (2, 0.0%)

2 聞くと

▼ 婆さんはは~ (2, 0.0%)

1 あーと, ふり落ちる涙

▼ 婆さんばかしとは~ (2, 0.0%)

2 限らないよ

▼ 婆さんまた~ (2, 0.0%)

1 何処かで, 帰りに

▼ 婆さんもう~ (2, 0.0%)

1 一本, 何んにも

▼ 婆さんより~ (2, 0.0%)

1 ほかには, 外に

▼ 婆さん以上~ (2, 0.0%)

1 に注射, に詳しい

▼ 婆さん~ (2, 0.0%)

2 の人参

▼ 婆さん俺達~ (2, 0.0%)

2 は地獄

▼ 婆さん~ (2, 0.0%)

1 彼方へ, 行ってるなあ

▼ 婆さん役場~ (2, 0.0%)

1 から眞箇, から真

▼ 婆さん~ (2, 0.0%)

2 婆さん

▼ 婆さん振り~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 婆さん教授~ (2, 0.0%)

1 でもうこ, に依っ

▼ 婆さん椋鳥~ (2, 0.0%)

1 のあの, の畜生

▼ 婆さん此処~ (2, 0.0%)

1 の女房, へ来た

▼ 婆さん綺麗~ (2, 0.0%)

1 か, な衣装

▼ 婆さん自分~ (2, 0.0%)

1 が来るなら, では歩かれない

▼ 婆さん自身~ (2, 0.0%)

1 はどう, は同じ

▼ 婆さん荒もの屋~ (2, 0.0%)

2 の婆さん

▼ 婆さん見たいな~ (2, 0.0%)

2 ものに

▼ 婆さん訪問~ (2, 0.0%)

2 は毎日夜間

▼ 婆さん~ (2, 0.0%)

1 な犬, になっ

▼1* [237件]

婆さんあとはたのむ, 婆さんあり人丹, 婆さんあれは一番初め, 婆さんいきなり泰軒先生の, 婆さんいずれも立ち退き, 婆さんいそいでブリッジ, 婆さんいたはつて, 婆さんいつのまにか客が, 婆さんうまくやったね, 婆さんお前さんに聞い, 婆さんお前さん嫁いびりしなさんなよ, 婆さんお前ドコから来た, 婆さんお前何をする, 婆さんお前煙草が大層, 婆さんお直婆さんといふ, 婆さんお茶を一杯, 婆さんかと想って, 婆さんかの眼に, 婆さんかみさんが皆, 婆さんからは餡が, 婆さんがけふもまた, 婆さんがちつと勝気, 婆さんがちようどその, 婆さんがをりました, 婆さんくらいに恐れるもの, 婆さんぐらいのもので, 婆さんこの間から話し, 婆さんさすがだおれ, 婆さんしだいに慾が, 婆さんじっとして, 婆さんじみた皺だらけの, 婆さんすこぶる御機嫌が, 婆さんばと図星, 婆さんそうガミガミといいなさん, 婆さんその昼の, 婆さんそのものも甚だ, 婆さんその他うるさい親分衆, 婆さんそんな心配まで, 婆さんたら本氣, 婆さんだかんなははは, 婆さんだけに小隊長, 婆さんだけの家という, 婆さんだけはいつでも, 婆さんだの宿外れの, 婆さんちがうがの, 婆さんちょっと訊きたいがね, 婆さんって誰でしょう, 婆さんづれが一組温泉にでも来た, 婆さんづれの三人が降っ, 婆さんでありましたが一人娘, 婆さんでございましてな何さま, 婆さんでしかないと, 婆さんでしょうねえ, 婆さんでなければ手, 婆さんで御座いますがそれ, 婆さんで無いしまた, 婆さんといつてもまだ, 婆さんとうとう貸して, 婆さんとか又は出入, 婆さんときたらその肉饅頭, 婆さんとに一度斷られた, 婆さんとには不意に, 婆さんどうも美い, 婆さんどすなあ, 婆さんどちらも人, 婆さんどもまでが溲瓶, 婆さんなぜか足音, 婆さんなぞが心配し, 婆さんなぞにまじって, 婆さんなぞは五十八で, 婆さんなど来て, 婆さんなどからそんなこと, 婆さんなどと一緒に, 婆さんなどという暴力団が, 婆さんなどともいうの, 婆さんなどには実際かなり, 婆さんなどの話の, 婆さんなどもあった, 婆さんなり誰かなりが, 婆さんなるほどといわぬ, 婆さんなんかにぶつかって, 婆さんなんかの髮な, 婆さんなんかもその一人, 婆さんなんぞがゐなくな, 婆さんなんぞを見附けて, 婆さんにさえ口外せず, 婆さんにとつては, 婆さんになつてし, 婆さんにゃ見透しらしいからね, 婆さんはずつと以前から, 婆さんはつひ粗相, 婆さんはなもう食, 婆さんへの金とを, 婆さんべらべらしゃべって, 婆さんすっかりぼけ, 婆さんほら水持っ, 婆さんまあ家に, 婆さんまでも序に, 婆さんめでてえ, 婆さんめ肉饅頭を焼く, 婆さんもしだれか, 婆さんもね早く孫, 婆さんやが構成する, 婆さんやがのつそり, 婆さんやったがよう, 婆さんやるななかなか, 婆さんよりはもっと不景気, 婆さんよりもそういったよう, 婆さんらしく無くつんと高い, 婆さんわからんなこれ, 婆さんわけを話し, 婆さんわし達はこんな, 婆さんエステルの足下, 婆さんコロリと参っ, 婆さんヅラになる, 婆さんあの人, 婆さんプレシュコフスカヤの三十年, 婆さん一向平気な, 婆さん丈夫そうだね, 婆さん二人は眼, 婆さん今すぐわぐがらね, 婆さん今日は落合, 婆さん今朝は半分, 婆さん以前と同じ, 婆さん仲人の口, 婆さん仲間に吹聴, 婆さんなもの, 婆さん位いは我, 婆さんは馬鹿, 婆さん金持で, 婆さんでうす, 婆さん其の男は, 婆さん其他の諸君, 婆さん初めの話, 婆さん當は, 婆さん十五年も門番, 婆さんいばい, 婆さん叔父さんの子供, 婆さん同士老人は老人同士, 婆さんの半襟, 婆さん四十島田猫の子十匹, 婆さん地べたにう, 婆さん壺焼を一つくん, 婆さん大きに御苦労よ, 婆さん大柄でガラガラ, 婆さん天晴れ術者でございます, 婆さん天理教のおかず婆さん, 婆さん奉書があれ, 婆さんの癖, 婆さん女郎衆や禿たち, 婆さんにシンミリ, 婆さん媒妁人は頼んだ, 婆さんは要らん, 婆さんの竈, 婆さん宗左衛門の婆さん, 婆さん宛のと春三郎宛の, 婆さん実はミカリまたは, 婆さん尾形の容子, 婆さん居るかい, 婆さん屹度頼んだぜ, 婆さんは奥, 婆さん平君に飯, 婆さん年齢甲斐もなく, 婆さんで百姓, 婆さん弟子で昔, 婆さん弥平爺様だ, 婆さん待ってけれ, 婆さん後生の悪い, 婆さん御前なんざあ上草履, 婆さん御苦労さま有難う, 婆さんちゃんと兵ちゃん, 婆さん心配しない方, 婆さんの殺された, 婆さん息子さんみんな深切だつた, 婆さんにからん, 婆さん戦場に婆さん, 婆さんをあけ, 婆さん按摩が来た, 婆さんて泥, 婆さんとても承知, 婆さんを, 婆さん宵余り寒い, 婆さん暗がりをまたい, 婆さん最う行こうよ, 婆さん祖母上の, 婆さん来るといい, 婆さんのところ, 婆さん染みた顏に, 婆さんっていう字, 婆さん横町の角, 婆さん寒さ, 婆さん此金で, 婆さん母子にちやほや, 婆さんでも違った, 婆さんにアレヨアレヨ, 婆さん湯沸を借り, 婆さん漁師どもを捉え, 婆さんをつける, 婆さん灯火を早く, 婆さん炭取を持っ, 婆さん煙草色の作業服, 婆さんが時々, 婆さん甘酒を早く, 婆さん申訳がありますまい, 婆さん疎らな歯, 婆さん痛いかい, 婆さん皺びた両手で茶, 婆さん皺首を伸ばし, 婆さん相手があまり, 婆さん真実の身内, 婆さん眼玉を円く, 婆さんをお, 婆さん紋付なんか入れ, 婆さん美味い物を, 婆さん老人の気持, 婆さんを張上げ, 婆さんならば, 婆さん若い者女, 婆さん苦しさの, 婆さんに此, 婆さんを一杯, 婆さんが知らせる, 婆さん行ってくる, 婆さん親分と名, 婆さん言った膝の, 婆さん許して呉れれ, 婆さん貧病は治し, 婆さん貴方はあの, 婆さん身なりもお召, 婆さん達娘達が嬉々, 婆さん那古井へは一筋道, 婆さんを飮, 婆さんが沸い, 婆さん静かにしろ, 婆さん頼んだぜ, 婆さんが焦げる, 婆さん驚くまい事か