青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宿屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

容~ ~容子 容子~ ~容易 容易~ 容貌~ ~宿 宿~ 宿命~ ~宿屋
宿屋~
寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~ 寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~

「宿屋~」 2525, 27ppm, 4287位

▼ 宿屋~ (782, 31.0%)

17 主人は 11 主人が 9 前に 8 主人に, 亭主に, 裏の 7 一室に, 主人の, 二階の, 名を 6 亭主は, 方へ 5 二階で, 番頭が, 飯を

4 [12件] おかみさん, ような, 主人も, 二階に, 亭主が, 前の, 前へ, 名は, 女中が, 忰が, 戸口の, 番頭に

3 [18件] お上さんに, 下駄を, 中に, 主婦が, 二階から, 亭主の, 人に, 前で, 女中と, 女中に, 方を, 浴衣を, 番頭は, 窓から, 者が, 者も, 門を, 離れ座敷

2 [68件] ことを, ほうへ, やうな, ように, 一室で, 一室へ, 一間に, 下女が, 下婢に, 中は, 中へ, 主人から, 主人としての, 主人を, 主婦を, 亭主か, 亭主である, 亭主も, 亭主や, 人々を, 仕組みなどは, 代りに, 伜が, 伜を, 入口の, 前から, 前では, 勘定を, 台所に, 名と, 名前を, 土間で, 女中や, 女中を, 女主人, 客引きの, 居心地も, 屋根の, 店に, 御主人, 御神さん, 戸口に, 手代は, 払いを, 払ひ, 拂ひ, 方が, 方で, 方でも, 方の, 朝飯を, 浴衣に, 燈火の, 玄関の, 男に, 男は, 看板が, 看板を, 美人が, 者は, 者を, 親爺が, 角の, 貸浴衣, 軒下の, 部屋の, 門に, 食事は

1 [428件] あたりと, あるじなら, あるという, あるといふ, あるの, ある村, ある町通り, ある蟹田村, ある辺, うちの, おかみさんである, おかみさんに, おかみさんには, おかみさんにまで, おばあ, お内儀, お勝手で, お女中, お女中さん, お女中さんたち, お帳場, お茶という, お茶は, かみさんが, かみさんも, きたない室, ことから, ことで, ことです, ことなんか, ことの, ことや, ご飯が, しかも私, しるしの, すぐ下, すぐ裏, すべての, ただどまりなんて, ていしゅの, とつ, どてら姿だった, どてら着た, なかった, はしごを, はづれ, は古う, ふじや, ほうで, まえで, まえの, まえは, まどを, むすこ, むすこと, ものな, ものの, ものは, ろうじ出ましたら, わかい主人, インキや, オヤジ等々, ガラス戸越しに, キングを, クッションという, ドアを, ボーイにも, ランプの, ヲバサンは, 一こま産婆の, 一つであった, 一と, 一人息子だ, 一室には, 一番上等の, 一間で, 三味線も, 上さんの, 上り口の, 上り框には, 上を, 下の, 下は, 下女に, 下女の, 下男つまり, 下男と, 不寝番も, 中の, 中庭だった, 丹前を, 主の, 主は, 主人たる者が, 主人だ, 主人だつた, 主人で, 主人でありまし, 主人であろう, 主人という, 主人など, 主人にも, 主人まで, 主人や, 主人下女下男に, 主人公この, 主人同志は, 主人来り, 主人等の, 主婦さんが, 主婦に, 主婦の, 主翁, 事である, 事には, 二嬌何人か, 二階からでも, 二階を, 二階寒けれ, 二階座敷から, 交渉し, 亭主こそ, 亭主たちは, 亭主だ, 亭主では, 亭主でも, 亭主と, 亭主という, 亭主とかは, 亭主なんか, 亭主には, 亭主め仕事中に, 亭主らしい, 亭主風情に, 人々が, 人が, 人たちの, 人にも, 人達に, 人達も, 仕事は, 令嬢なんかじゃ, 仮寝に, 伜です, 伜という, 伜は, 作男を, 便所か, 傘を, 光景について, 入口まで, 冷遇やら, 出物を, 別の, 前あたり, 前は, 前まで, 前までもぞ, 前迄, 勘定が, 勘定がきだった, 勘定だけを, 勘定は, 勘定も, 勘定書き位で, 半被を, 印半纏を, 受け取りやらを, 召使いに, 召使たちが, 召使たちに, 召使たちの, 台所へ, 名前でも, 名前なんか, 名前まで, 名前吉田の, 向いに, 向いの, 向横町, 周囲と, 味噌汁の, 商賣だつせ, 土間に, 在る処, 在る場所, 場で, 塀を, 壁や, 売り物が, 外へ, 外壁で, 多いパリー街, 夜の, 夜具の, 大きい土蔵, 大きな門口, 奥の, 奥まった二階座敷, 女が, 女中ああ, 女中あがりらしく, 女中さんが, 女中さんに, 女中たちは, 女中なぞは, 女中などと, 女中の, 女中は, 女中も, 女中らの, 女中然, 女中達が, 女主なり, 女将に, 女房が, 奴は, 奴も, 奴や, 奴らだ, 姐さんの, 娘, 娘が, 娘で, 娘と, 娘という, 娘に, 娘の, 婿に, 子供が, 子供や, 実地調べで, 客の, 客ひきだ, 客ひき番頭を, 客引を, 客引案内に, 室にと, 室の, 室借で, 室内に, 寝床で, 寝床の, 寝衣, 尊敬を, 小さい一室, 小僧が, 小母さんに, 少いところ, 屋根で, 屋根に, 帯を, 帳付けにも, 帳場, 帳場などに, 帳場の, 帳附け, 床の, 床の間や, 店先へ, 店前について, 店頭には, 座敷に, 庭で, 庭に, 庭の, 庭まで, 庭オペラの, 往來に, 御亭主, 御馳走が, 息子さんが, 息子です, 惡口が, 感じも, 所まで, 手代であった, 手摺りに, 払いさえも, 払いにも, 払いも, 払ひも長く, 敷居の, 敷居越しに, 料理では, 新築の, 方から, 方に, 方は, 方へと, 旦那にゃ, 明るい窓, 有無を, 机か, 楼上に, 構えも, 欄干いつしか, 段とか, 汚い一室, 浴衣だ, 浴衣の, 海の, 淋しい燈火, 清光館と, 滞在にも, 灯が, 灯と, 灯に, 為に, 焼印の, 燈火が, 爐ば, 片手間に, 物干, 物置き, 玄関へ, 玄関先へ, 生活で, 生活の, 町名まで, 番頭, 番頭さんは, 番頭さんを, 番頭であった, 番頭なども, 番頭の, 番頭も, 番頭や, 番頭らしい, 番頭を, 番頭殿びっくりし, 番頭泌みた, 番頭等に, 看板では, 看板に, 石の, 硯を, 秋の, 窓で, 窓の, 窓硝子が, 総領娘と, 縁側にも, 縁側へ, 老主人, 老番頭, 者とも, 者にも, 者のみ, 者らしく, 脇の, 膳に, 膳の, 臺所で, 臺所口が, 若い女房, 若い者ら, 若僕三人, 茶代を, 荒れたさま, 落付いた, 著物, 薄暗い二階, 藁草履を, 表には, 表二階という, 表二階一ぱいに, 裏から, 裏に, 裏二階の, 裏畑には, 褞袍が, 褞袍を, 親父は, 親爺の, 譲り渡しという, 貸下駄, 路地口を, 身内の, 軒にまで, 軒下であります, 軒先に, 軒行燈に, 近くまで, 近所に, 造りでは, 連中とは, 達見の, 遲い, 部屋部屋には, 酒だ, 酒など, 酒場, 采配を, 長男に, 門まで, 門口に, 間毎間毎を, 関係上三つ四つ先の, 閾を, 階段の, 隠居も, 隣に, 隣室に, 雑用などは, 離れが, 雨戸を, 風が, 風呂である, 風呂には, 風呂の, 風呂場が, 風呂場の, 風呂焚き, 風景である, 食事には, 食物などは, 食膳の, 飯にも, 飯は, 飯盛を, 飯盛大人に, 首尾は, 馬小屋で, 馬小屋に, 馬車が, 高善, 鯉のぼり

▼ 宿屋~ (355, 14.1%)

17 泊って 6 泊つた 5 帰って, 泊ると 4 泊まって, 泊ること, 着いて, 着くと 3 ついた, とまって, 泊った, 泊まりました, 泊めて

2 [22件] いるの, とまりました, とられること, ゐて, 休んで, 似て, 偶然にも, 入って, 入つた, 帰ると, 待って, 投じた, 泊ったの, 泊りました, 泊る事, 滞在する, 着いた時, 着くから, 草鞋を, 行ったの, 酒の, 陣取って

1 [247件] あずけて, あらざる適當, いい付け, いた, いたが, いたと, いたもと, いた人たち, いっしょに, いても, いないかも, いますが, いますがね, いま寝, おいでな, お国, くすぶって, このまま, ごろついて, したそう, したとか, しますか, その夜, その時十九, ちっとは, ついたの, ついて, つくと, つくらせたん, つくらせて, ですか, とまったこと, とまること, とまるとき, とめて, どんな不義理, なって, なるため, はいった, はいったの, はいりそこ, はいりましたが, はいりむさぼるよう, はいりも, まだ重要, ゆくに, ゐても, ゐるやう, オルガンの, ゴロゴロし, 一人の, 一日閉じこもった, 一晩泊った, 一枚宛散, 一泊した, 一泊する, 一緒に, 七八百人の, 上がって, 不平が, 両三日, 両親に, 二人ぎりで, 二晩泊った, 二月ばかり, 休息し, 使ひ, 倒れし時, 入った一, 入った二人, 入つた時, 入つて行, 入りました, 入り下女, 入り徳島新聞, 入る, 入込み一度, 出入りする, 分宿し, 分宿する, 別る, 勤めて, 口を, 呼んだいうの, 天平式美人を, 奉公し, 奉公した, 安らかに, 宿ったり, 宿つ, 宿を, 寄って, 寄つて部屋に, 寐て, 寝て, 寝泊りし, 尋ねて, 小憩した, 就いては, 居た頃, 居て, 居りましたから, 居るあなた, 居るつもり, 居るの, 居を, 帰った, 帰ってから, 帰りますと, 帰る道みち, 引きこもったの, 引き上げたとき, 引上げて, 引返す, 彼を, 往けないので, 往って, 御夏さん, 応用した, 愛想を, 戻って, 戻つて眠り, 戻る気, 戻ろうかな, 投じ暫く, 投ず, 押し懸けこの, 於いて, 於ける私, 日を, 早や, 暫く滞在, 来てから, 来てること, 案内させた, 案内され, 案内された, 案内せられた, 歸り, 残して, 残って, 毎日私が, 泊ったが, 泊ったこと, 泊った夜, 泊った裸, 泊っても, 泊つ, 泊つたそして, 泊つたなら, 泊つたのは, 泊つたンだ, 泊つた三人とも, 泊つた時下女や, 泊つた経験といふ, 泊つてこれが, 泊つてに, 泊つてゐる, 泊つて今日で, 泊つて宿賃が, 泊まった, 泊まったの, 泊まった時, 泊まってる行商人, 泊まつた, 泊まりましたが, 泊まりを, 泊まる, 泊まると, 泊らず藩邸, 泊りこんでまで, 泊りに, 泊ります, 泊り合せて, 泊り私, 泊り翌朝, 泊り込み湯殿, 泊り込んで, 泊る, 泊るところ, 泊るのに, 泊るより, 泊る場合, 泊る客, 泊る是非, 泊れない人間, 泊れば, 泊ろうかと, 渡して, 滯在中に, 潜み居る由確か, 瀕死の, 無事に, 病身らしい, 百何十人という, 真三郎, 眼が, 着いた, 着いた修學旅行, 着くこと, 着くには, 着くまでが, 着く早々, 着く迄, 矢留瀬苗子を, 移った, 籠つて青葉の, 納まって, 紹介する, 繭買と, 纏る, 置きて, 腰を, 荷を, 荷物を, 落ちつきいろいろ, 落ち合って, 著くや, 行かないの, 行った, 行って, 行つて鰯の, 西洋物店の, 見つけた, 見に, 見受けられる大きな, 訪ねて, 訪れもう, 買収された, 走って, 起った, 辛抱した, 辿りつけば, 辿り着くこと, 迎えるよう, 近づいた時, 送り込んだ紹介人, 這入った後漱石氏, 這入って, 這入りました, 違ひお, 部屋が, 閉ぢ籠つてゐた, 電話した, 風呂敷包と, 飛込んだ矢留瀬苗子, 鳥打帽を

▼ 宿屋~ (243, 9.6%)

10 連れて 6 帰って, 泊って, 行って 4 案内し, 泊れば 3 尋ねて, 来て, 置いて

2 [14件] いく道, はいった, 入つた, 戻って, 泊ったと, 泊つてし, 着いた, 着いたの, 着いて, 着きました, 着く, 茶代を, 行くの, 行つた

1 [170件] あずけて, あてて, いかせたもの, いく短い, いらっしゃりたくないんですか, うつる舞台, おいでに, おむつや, お出でなさらない, お出なさい, お泊り, お食事, かえった, かきに, かつぎ込んで, きたなあ, くわえ込んだの, この馬子, ころげこんだの, つれて, とまったの, とまり込んだ, とまれば, ねかされたの, はいると, もどりましょうか, もどる, わざわざ出かけ, わたしが, ノコノコでかけ, 一寸泊りました, 一週間も, 三人を, 両博士, 両手に, 乗込んで, 二三日の, 二人会の, 五円やった, 今日泊り合せた, 入ったならも, 入ったら高い, 入って, 入つて, 入りやしたから, 六十歳の, 出かけた, 出かけて, 到着した, 参りますと, 参り互に, 呼び寄せて, 売つたり, 女を, 室の, 宿を, 寄って, 対しても, 尻を, 帰った, 帰った直ぐ, 帰っても, 帰ってよ, 帰つて朝飯を, 帰りま, 帰りました, 帰りましたが, 帰るまで, 帰る気, 帰る途中, 廻ろうという, 引き取って, 引揚げ, 引返したところ, 引返した細野君, 当りを, 往かせた, 往って, 往て, 忘れ物を, 戻りますじゃ, 戻るだけの, 手伝方々預けられ, 投じた, 投宿, 担ぎ込まれたくらい, 持って, 早速転泊, 昼飯を, 来た, 来ますと, 案内される, 案内しまほか, 案内を, 沙汰を, 泊った, 泊った七兵衛, 泊った時, 泊っても, 泊つた, 泊つたことも, 泊つても, 泊らなければ, 泊りましたが, 泊りまして, 泊り合せて, 泊り大生郷, 泊り段々, 泊り翌日雨, 泊り込みました, 泊ること, 泊ると, 泊る事, 泊る足しにでも, 泊る金, 泊れないの, 泊ろうかと, 王様から, 着いたとき, 着きましたなれども, 着くと, 着くや, 着けば, 移ったにも, 立ち寄つて, 納まると, 置くん, 腰を, 自動車で, 落ちついて, 落ちつきウイ, 著く度, 蓄音機を, 行き着いて, 行くつもり, 行くなり, 行く本道, 行く道, 行こうじゃ, 行った, 行つてうまく, 行つてからの, 行つてぢかに, 行つてと, 行つては, 行つても, 行つて事情を, 行つて私の, 行つて話さう, 訪ねて, 話に, 送って, 送りこまれた, 送りこむと, 送り込んだり, 這入つた自分, 這入つて, 這入り汚い, 通うこと, 逢ひ, 遊びに, 運んだよう, 電話を, 預けて, 頼みまして, 顎十郎を, 飛び込んだ, 馬車を, 馬鈴薯か, 駒井能登守様の

▼ 宿屋~ (177, 7.0%)

3 あつた 2 山鳥を, 御飯を, 怪しいこと, 懇意に, 断られて, 相宿の, 私は, 窮死した

1 [158件] あのひと, あの男, いった, お結飯, お絹さん, こういう昔, こしらえて, この槍, ござります, ごぜえます, ごぜえやす, ごはんと, さ, すぐ作っ, すごして, せうか, その採集品, その日, そんな贅沢, たびたび説法, たべる朝飯, つかまったの, とった, ね毎晩水, ふてくさって, ぶら, また例, やる事, ゆうべも, ゆつくり, よくこれ, わけなく縫つて, わたくし共を, クリスマスの, ゴロッチャラし, ドンチャン騒ぎの, 一と, 一ばんよい, 一夜を, 一室に, 一日一夜を, 一緒に, 三層の, 三百フィート四方も, 上等の, 主人が, 久し振りに, 二三日遊びつづけ, 亭主が, 今夜詳しい, 今晩は, 今朝の, 会うこと, 会って, 何か, 余も, 六三郎の, 其の日, 冬籠を, 冷たい腹, 出会った初め, 出掛, 別れたの, 受けた色々, 召上つてから, 呉れたこの, 四五日滞在した, 地主の, 売って, 夕飯の, 夜ふけに, 夜具を, 子供らは, 宿賃が, 寝ころんで, 寝たら敷蒲団, 寝て, 寝ながら, 寝心地は, 寧ろ漁師, 尋ねて, 小さな子供たち, 小沢の, 岸本は, 帝国ホテル見た, 待ち合わして, 待って, 待つて, 待機せよ, 昼寝し, 時時あ, 暮せる, 暮らして, 書いて, 書きつづけ二月十二日, 東京音頭を, 横に, 橋本と, 歌い手達と, 歌会が, 歌會が, 此等を, 毎日朝から, 決してきらした, 沼田の, 泊ったのよ, 泊れ, 泊れば, 泣かれるンぢ, 洋館の, 海水を, 海邊の, 満足も, 無くて, 特に木賃, 男の, 病院だ, 発見された, 盗賊に, 盥を, 目を, 相擁し, 着物を, 私が, 私たちは, 私も, 粗末な, 置きっぱなし, 義雄兄から, 聞いて, 聞かうより, 聞こうより, 落ち合うと, 著物を, 襖の, 誰かに, 貰った絵はがき, 貰つた絵はがきに, 貰つて來た, 貴人の, 貸して, 費し暑い, 起きるか, 逆上し, 過ごし金, 違つた男に, 郵便も, 酒を, 酔ひつぶれた, 長い間, 難有, 難有い, 電話番号は, 頭山と, 食事した, 馬を, 驚いてるだろう, 鯉の

▼ 宿屋~ (142, 5.6%)

9 出て 7 して 3 ぬけ出して, 叩いて, 営んで, 探して, 立って, 聞いて 2 やって, 出た, 出るとき, 始めたの, 物色し, 見つけること

1 [96件] いくつか, いつまでも, うろつき出して, おそひました, お世話します, お逃げなさいまし, きめて, しげしげと眺め, してる夫婦者, するから, する位, たずねると, たづねあてました, つきとめれば, はじめた, はじめた歌団治, ひどい状態, ひらいて, みつけました, やってるの, やつて, 一つ見ましょう, 一二軒敲き起した, 一応調べ, 一軒のこらず当たっ, 三ツ四ツ預けた, 六時発道標を, 内職に, 出たの, 出た小沢, 出ましてから, 出ると, 出る時, 出外れて, 出逢い場所, 初めるつもり, 動かない, 取り巻いた兵隊達, 叩き起こして, 叩き起こし泊めて, 吹聴する, 問ひ合せ, 始めさせたので, 始めた頃, 始めてからは, 尋ねあぐんで, 尋ねたとき, 尋ねて, 引きはらって, 引き上げて, 引き揚げて, 思わせるもの, 想像し, 抜いて, 担保も, 持って, 捜しても, 探したン, 探しに, 探し出して, 探すくらい, 教えて, 斡旋させよう, 曲がって, 替えたん, 案内し, 求めさせた, 泊り歩いた, 營な, 知って, 立去らせようと, 紹介し, 聞いたから, 襲った奴ら, 見つけた, 見つけて, 見に, 訪ねたが, 護ろうと, 賃貸ししてやろう, 起して, 転々と, 追つ, 追はれた, 逐ひ出された, 選ぶこと, 選んだ, 選んで, 開いた, 開いた最初, 開業し, 開業した, 頼んでも, 飛び出しました, 飛び出すと, 駈出して

▼ 宿屋~ (131, 5.2%)

3 たった一軒, 一軒も 2 どこだ, ホテルでも, 潰れた, 無いが, 石垣と

1 [115件] あっても, ありましず四里だ, ありません, ありませんか, ありませんが, あるかね, あるには, あるまえかの, いいが, いいなあ, いいね, お菊, きまって, きれいで, この吉水院, この土地, ござりません, しだいに非運, そんなに高く, たしかに秀吉長浜時代, たちまちみな満員, だめだ, どうする, どこ, どこだい, どこに, ないかと, ないかな, ないが, なかなか哀れ, なしどこ, なし仕方, なにしろ一泊二十五銭, ほとんどなくなった, ほんとうは, まだ建っ, みな町に, みんな泊を, もの悲しかった, もの悲しかつ, やって, よかった, カツギヤ専門の, チベットには, 一パイな, 一行の, 一軒しか, 一軒残らず, 七戸のみ, 三軒しか, 上の, 不意の, 両国の, 二三名を, 今から, 今でも, 伊勢屋という, 何処へ, 何百軒と, 充満でございます, 先度の, 全部あ, 兵隊に, 前には, 勿論あるまい, 千人も, 厭だ, 又忙しく, 古風で, 叶わない三度三度, 壁も, 外国人の, 外見上, 宿めない, 宿屋として, 宿屋に, 山光水色の, 巡査で, 彼に対して, 彼の, 心やすく, 戦前私たちは, 日光山へ, 暑かった, 村の, 村内唯一の, 案外が, 梶たち一家が, 此近所には, 殊に見すぼらしくなった, 比較的閑静, 気が, 湖畔の, 満員だ, 滿員で, 無からう, 焼け多く, 片商売, 私の, 竹丸が, 粉屋であった, 繁昌し, 至って静か, 船の, 色町の, 近村の, 近来ほとんど, 避暑客で, 都会の, 閉ざされどう, 随分さびれ, 非常に, 駅から, 高屋と, KKの

▼ 宿屋~ (102, 4.0%)

6 あった 3 あって, ある 2 あつた, ありました, あるから, あるの, ないので, 大抵古風, 非常に

1 [76件] あったが, あった様, あってよ, あつて, あなたたちの, ありましたので, あります, ありますでしょうか, ありますと, ありませんでした, あり小さく, あるかと, あるかね, あるさ, あるそう, あるだろう, あると, あるとき, あるには, あるのに, あるまず, ある駅, いいという, いいの, いくつも, お上りさんで, ございませんから, ござんすか, ごぜえ, すっかり波, たまらない, たッ, ないから, ないよう, なくて, ならんで, ひっそり立っ, また大変, まるで無, よいかと, 一つの, 一軒あつ, 一軒と, 一軒簷先には, 三味線屋といふ, 三軒ほど, 上等だ, 並んだ表通り, 並んで, 並んでる道, 二三軒ある, 二三軒しか, 二三軒起き, 他に, 何軒ある, 出来ました, 半道と, 各駅に, 商売だ, 四軒だけ, 四軒蕎麦屋が, 多い, 多いん, 客に対する, 幸か, 建って, 春部とかいう, 満員だった, 滿員の, 無い, 焼け細君, 目に, 薄暗い灯, 見えますね, 軒を, 迷惑する

▼ 宿屋~ (54, 2.1%)

2 前日の

1 [52件] あります, ありませんでしたから, あり飮食店, あるから, あるだが, ある犬, あれば, この前, ころあいの, こんなにすっかり荒れ, すしづめのさわぎ, それを, たいへんに, ない, ないし, ないもの, ない位, ない筈, なく乗り物, なく漁師, なく道路, なにも, ひどくおたかく, まあ料理屋, みつけて, 一應は, 一晩泊れ, 一杯に, 今では, 今夜は, 出来て, 出来るという, 別荘も, 十軒ぐらゐはあるのだが全国に, 及ばざる程, 多い, 多かろう, 実にあ, 払うし, 数々あった, 氣持の, 江戸見物の, 混雑し, 満員で, 滿員だ, 潰されて, 目の, 見当らず当惑, 起きて, 車夫も, 閑だった, 青い田圃

▼ 宿屋では~ (46, 1.8%)

2 ない, 朝も

1 [42件] あさましい痴情風景, あるが, おかずも, お定まり, がんせん, ございませんでほんの, しきりに石巻, そこまでは, ないけれど, ないげ, ないその, ないの, ないん, なかった, みな断られた, ドイツの, 一合と, 亡くなつた仏たち, 其名の, 内地米三十俵も, 初めに, 受け付けなかった, 困却の, 地竹の, 夏の, 女主人が, 小沢と, 小箱, 山の上の, 彼に, 排日で, 晩飯の, 枕が, 決して素性, 牛乳と, 畳一枚に, 私に対する, 聞いた, 軒を, 陽が, 食事を, 麦は

▼ 宿屋から~ (35, 1.4%)

2 逃げ出します

1 [33件] すすめられるまま, ちょっと離れた, です, とうさんの, 七八町の, 三度三度食事を, 使ひ, 借りた剃刀, 借りた古, 出て, 列車の, 勘定を, 南東に, 喧ましく云われ, 城へ, 声の, 外へ, 宿屋を, 少し離れた, 手に, 楠公神社やら, 泳ぎに, 版に, 瑞巌寺の, 秣草すなわち, 聞き出したこと, 船を, 見た高橋, 追放された, 送って, 通わせた, 遠ざかって, 離れて

▼ 宿屋~ (32, 1.3%)

3 いうよりは 2 薬屋とを, 風景と

1 [25件] あれば, いうても, いうより, いえども, いっては, いっても, お土産, なりぬ, ひどく似, 云う感じ, 云っても, 云つても, 別に, 同じよう, 土産物を, 宿屋との, 市役所との, 思われる家, 教会との, 料理屋とを, 比較する, 申してな, 言えるかしら, 違いまして, 違って

▼ 宿屋まで~ (30, 1.2%)

2 僅か一町足らず, 辿り着くこと

1 [26件] いくの, ちゃんと判っ, ちやんと, やって, 一つ所へ, 一走りしよう, 下って, 伴われて, 出迎, 十人ほどの, 十町ばかしの, 塞がるよう, 引ッぱって来やがった, 御一緒, 朝湯に, 来ると, 案内し, 歩こうじゃ, 歸つて來た, 私に, 突止められて, 行かなければ, 追っかけて, 送られるの, 連れて, 遣りたれど

▼ 宿屋には~ (21, 0.8%)

2 二階の

1 [19件] おほ, たくさんお金が, とまらず三食分, とまらんの, もう渡波, ザザといふ, 厳しいお触れ, 可愛いい娘, 泊まらないで, 泊まりませんわ, 泊まれませんでしょう, 泊られないから, 滅多に泊る, 穏かな, 穩かな, 蚤が, 覚えが, 鐵筋コンクリートの, 隠居に

▼ 宿屋でも~ (20, 0.8%)

2 泊めて

1 [18件] こみ合って, ございましょうから, すりや, ない, なくて, また朝, もう寝, 大切に, 平気で, 御神さん, 心得て, 料理屋でも, 断られ一杯, 断わられるぜ, 気を, 湯治客の, 蓮華温泉に, 風体の

▼ 宿屋~ (16, 0.6%)

1 [16件] のが, 劇場の, 小商人, 居酒屋にでも, 店屋が, 料亭が, 料理屋などの, 料理茶屋の, 歓迎と, 港の, 珈琲店へ, 知人の, 郵船などの, 酒屋に, 飲食店などは, 飲食店の

▼ 宿屋~ (12, 0.5%)

1 [12件] からと言っ, か料理屋, が湖, つた, ということ, といったの, といふ, とかなん, ときいた, と皆, べよ, よ

▼ 宿屋~ (9, 0.4%)

1 え, お茶屋の, そういう家, どこかで, または物, ゆうべの, 何かに, 小料理屋の, 海の

▼ 宿屋です~ (9, 0.4%)

31 か, からお, からやっぱり, が, がその, し泊り客

▼ 宿屋~ (9, 0.4%)

1 の, のである, のでせう, ので遅く, ので鍵屋, ものだ, んだ, んです, ンかに

▼ 宿屋という~ (7, 0.3%)

2 ものは, 宿屋は 1 ものを, 宿屋では, 宿屋を

▼ 宿屋へでも~ (7, 0.3%)

1 泊るン, 泊る晩, 泊ろう, 行けと, 行って, 行つてゐたい, 連れ込まれて

▼ 宿屋七左衛門~ (7, 0.3%)

1 が乱軍, と浅見対馬守, の帰る, は同じく, は小武者, も自己, をえらび

▼ 宿屋じゃ~ (6, 0.2%)

1 ありましねえで女地主, ありませんから, ありませんよ, ない, ないよ, ないよと

▼ 宿屋にも~ (6, 0.2%)

1 なる, 充分の, 公平に, 少なからぬ, 行き着くでしょう, 行って

▼ 宿屋らしい~ (6, 0.2%)

1 とわたし, ものも, 家は, 家も, 宿屋に, 雑音が

▼ 宿屋にでも~ (5, 0.2%)

1 ついたよう, 泊つてゐた, 泊まったつもり, 泊るよう, 身を

▼ 宿屋へは~ (5, 0.2%)

1 いつて, 二度と泊りたくない, 帰れるの, 泊つた形跡は, 泊らなかつたけれど

▼ 宿屋飯盛~ (5, 0.2%)

1 が撰したる, が文, だの山東京伝, としての雅望, などと戯作

▼ 宿屋だの~ (4, 0.2%)

2 泊り歩い 1 バスの, 又は停車場

▼ 宿屋について~ (4, 0.2%)

1 一しよ, 多くの, 奥の, 女中が

▼ 宿屋へと~ (4, 0.2%)

1 まつたら隣座敷, 出かけた, 着いた, 行きました

▼ 宿屋へも~ (4, 0.2%)

1 官軍の, 寄らないところ, 構わずついて, 行けない

▼ 宿屋みたい~ (4, 0.2%)

2 にたくさん 1 なところ, な所

▼ 宿屋より~ (4, 0.2%)

1 よっぽどいい, 外へは, 新聞投書に, 遙に

▼ 宿屋よりも~ (4, 0.2%)

1 こんなの, コンフォタブルだ, 居心地が, 獄中の

▼ 宿屋一軒~ (4, 0.2%)

1 がすなわち, に番頭板場, の勢力, めづらしい

▼ 宿屋全体~ (4, 0.2%)

2 から見 1 の主婦, を占領

▼ 宿屋商売~ (4, 0.2%)

1 が立っ, に身, の上, をし

▼ 宿屋ぐらし~ (3, 0.1%)

1 の淋し, もし, をし

▼ 宿屋として~ (3, 0.1%)

1 チャンと, 日本人には, 甚だ質

▼ 宿屋との~ (3, 0.1%)

1 ことを, 軒の, 間に

▼ 宿屋なども~ (3, 0.1%)

1 なつかしい古び樣, 一流の, 出来て

▼ 宿屋などを~ (3, 0.1%)

2 避けたの 1 全く私

▼ 宿屋なんか~ (3, 0.1%)

1 ないから, においとくの, べつな

▼ 宿屋~ (3, 0.1%)

1 にひろがる, に響く, の人人

▼ 宿屋住居~ (3, 0.1%)

1 だってホテル住居, の二人, をし

▼ 宿屋生活~ (3, 0.1%)

1 をきり, をし, をしなれない

▼ 宿屋~ (3, 0.1%)

1 だけれど, にあらわれた, までやって来た

▼ 宿屋稼業~ (3, 0.1%)

1 に力, は致し, へ身

▼ 宿屋からの~ (2, 0.1%)

1 延長である, 案内で

▼ 宿屋からも~ (2, 0.1%)

1 追い出された, 追い出されるん

▼ 宿屋きめず~ (2, 0.1%)

2 に草鞋

▼ 宿屋さん~ (2, 0.1%)

1 ですか, 見つかったかい

▼ 宿屋しか~ (2, 0.1%)

1 ありません, ない場合

▼ 宿屋ずまいする~ (2, 0.1%)

1 私たちも, 私の

▼ 宿屋だけに~ (2, 0.1%)

1 この美しい, 手紙まで

▼ 宿屋であった~ (2, 0.1%)

1 けれどいま, のだ

▼ 宿屋である~ (2, 0.1%)

1 ので彼, 友人と

▼ 宿屋とは~ (2, 0.1%)

1 名ばかりの, 違った奥深

▼ 宿屋なら~ (2, 0.1%)

1 他人の, 先づ足を

▼ 宿屋にて~ (2, 0.1%)

1 女乞食に, 飯を

▼ 宿屋にばかり~ (2, 0.1%)

1 いたんじゃ, 落着い

▼ 宿屋はん~ (2, 0.1%)

2 やけど

▼ 宿屋らしく~ (2, 0.1%)

1 て母, 造作も

▼ 宿屋住い~ (2, 0.1%)

1 でもし, の方

▼ 宿屋家業~ (2, 0.1%)

1 の者, をする

▼ 宿屋宿屋~ (2, 0.1%)

1 したつくり, には厳しい

▼ 宿屋暮し~ (2, 0.1%)

1 のよう, をし

▼ 宿屋~ (2, 0.1%)

1 で宿屋, も相当

▼1* [133件]

宿屋あたりで疲れ, 宿屋ありけるが小熊, 宿屋ありますか, 宿屋ありませんか, 宿屋あるのみ也, 宿屋訪ンね, 宿屋いうたら私に, 宿屋お世話して, 宿屋かたの宛て名, 宿屋かにゐるだけの, 宿屋からはもう見えなくなっ, 宿屋ここらにありません, 宿屋さえ違ったもの, 宿屋したつくりの, 宿屋じゃあずいぶん損, 宿屋じゅうがひっそり, 宿屋ずまいのあと, 宿屋だけでは, 宿屋だけでも綺麗な, 宿屋だけはかねてから空想, 宿屋だったかもしれない, 宿屋だってないこと, 宿屋だつか, 宿屋だつたかしら安, 宿屋だろうと聞い, 宿屋やア, 宿屋ぢやあないか, 宿屋ったらねえやぜいたくな, 宿屋ってどこ, 宿屋つてどうせ彼方, 宿屋つて別にねえだ, 宿屋のは, 宿屋であってはいる, 宿屋であったらしいのです, 宿屋でございと言, 宿屋でございました処が, 宿屋でしょうそれなら, 宿屋でたづねてみますとじつ, 宿屋でないのは, 宿屋でなくッて, 宿屋での短い會談, 宿屋といったほうが, 宿屋といふ風に, 宿屋とか別荘とかが, 宿屋とかをお引き請け, 宿屋としては北の, 宿屋ともつかず下宿屋, 宿屋ともども大騒ぎを演じ, 宿屋どのが帰りました, 宿屋なぞで, 宿屋など致さずして, 宿屋などでは身祝いを, 宿屋などでもなか, 宿屋などといっても, 宿屋などとは以つての, 宿屋などに泊つてゐたら, 宿屋などにはいないという, 宿屋などの三助ででも, 宿屋などは夜じゅう雨戸を, 宿屋なり友人の, 宿屋なる珍らしき, 宿屋なんかに行くより, 宿屋なんかもやはり新しい, 宿屋なんぞございますかしら, 宿屋なんぞのないという, 宿屋なんぞは何處にも, 宿屋なんぞもほかに, 宿屋なんぞより此処の, 宿屋なんて妙ね, 宿屋にだけでも二百ほどの, 宿屋にとまつた, 宿屋によつて湯上りの, 宿屋にをります, 宿屋のむこう側, 宿屋はと尋ねても, 宿屋への電報を, 宿屋までの一本道を, 宿屋までも十時に, 宿屋みたような, 宿屋めしにもあき, 宿屋やつたらな, 宿屋やら楠公神社やら, 宿屋らしかつた, 宿屋ア世間ていの装, 宿屋一同此処へ泊る, 宿屋一軒きりであつ, 宿屋七左衛門尉は鳥打坂, 宿屋七左衛門拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 宿屋七左衛門浅見対馬守入道道西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, 宿屋中大騒ぎとなっ, 宿屋二木屋といふ, 宿屋代日用品の供給, 宿屋以後が受け, 宿屋仲間の公徳, 宿屋休息をなさしめたる, 宿屋ひを, 宿屋住ひだから魚, 宿屋住ひも出来なかつたので, 宿屋僕ら見てるの, 宿屋其他の家, 宿屋兼料理屋さ, 宿屋兼薬屋を剰す, 宿屋暗きに, 宿屋合宿所というよう, 宿屋合宿所並に社長, 宿屋同士は激しい, 宿屋賣も, 宿屋善兵衞は五番目, 宿屋大谷屋の二階, 宿屋奉公では五十円, 宿屋川岸屋といふ, 宿屋徳山山路などの諸, 宿屋数軒外湯一棟と言う, 宿屋數軒あり冬季, 宿屋料理というもの, 宿屋料理屋が多い, 宿屋料理屋飲食店至るところ売春婦, 宿屋暮らしだっただけに, 宿屋木更津屋の二階, 宿屋殿と浅見殿, 宿屋浅見の二名, 宿屋界隈に多い, 宿屋もいろいろ, 宿屋組合で未だ, 宿屋り屋, 宿屋調べをし, 宿屋軍港小作争議病院の研究材料, 宿屋通いの趣意, 宿屋連中が馬力, 宿屋風情の娘, 宿屋を食っ, 宿屋飲食店土産物店が並ん