青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大衆 大衆~ 大通り~ 大金~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天 天~ ~天下
天下~
~天井 天井~ 天使~ 天国~ ~天地 天地~ 天子~ ~天才 天才~ ~天気

「天下~」 6484, 64ppm, 1772位

▼ 天下~ (2632, 40.6%)

34 ために 17 大事を, 大勢を 15 人心を, 耳目を 14 事を, 形勢を, 政治を 11 大勢は 10 富を, 形勢は 9 副将軍, 権を 8 事は, 人が, 人心は, 政権を, 風雲を 7 ことを, 人は, 勢を, 泰平を, 為に 6 人を, 大を, 大事は, 大勢が, 大問題, 学者を, 形勢に, 往来を, 春を, 険

5 [14件] ことは, 人に, 人の, 人気者, 兵を, 大勢に, 大道に, 形勢が, 御為, 爲に, 秋を, 英雄寧ろ, 諸侯に, 難に

4 [18件] お旗本, ためと, 一大事と, 主と, 人心が, 仕置を, 同情を, 大事でも, 大事に, 大名物, 大本なり, 実権を, 平和の, 御政道, 政務を, 政治家に, 直参の, 英雄は

3 [34件] お尋ね者に, お為, お直参, どこに, 一大事です, 三大, 世論を, 乱を, 事も, 人々が, 人民三分の二は, 人気を, 公論に, 勢力を, 名器で, 名士の, 土地を, 士を, 壯觀也, 大事である, 大権を, 大道を, 天下なり, 子弟を, 嶮, 御政事, 春は, 珍と, 耳目に, 耳目は, 諸侯は, 諸侯を, 財宝を, 険函谷関ももの

2 [193件] うごきを, お乞食, お乞食さま, お尋ね者だ, お尋ね者と, お膝元, ご直参, ためだ, ためでも, ためという, ためにも, ため先例の, とり方を, まわりものだって, もの笑いに, バカ殿様, 一の, 一大事である, 一大事に, 三分の二を, 乱に, 乱れを, 乱兆は, 事に, 事を以て, 人々に, 人々は, 人心も, 人情を, 人材を, 人民の, 人民挙っ, 人物を, 人皆, 仕置は, 何人にも, 何人も, 偉観であった, 八五郎を, 公器を, 公是非と, 公認に, 公議輿論に, 公道だ, 公道で, 利用なり, 利益, 前に, 力士という, 勢いとして, 名人だ, 名人です, 名刀を, 名勝, 名士が, 名奉行, 名法医学者, 名石, 名馬に, 唯一人者で, 国士を, 城の, 塗炭を, 士たる, 士に, 多数も, 大乱と, 大乱は, 大乱を, 大事です, 大事と, 大事という, 大出来物, 大勢から, 大勢だ, 大勢と, 大勢という, 大勢今すでに, 大小名, 大幸, 大機, 大法である, 大法に, 大統, 大軍を, 大道, 奇才だ, 奇蹟だ, 奇蹟である, 女性の, 学者に, 安からん, 安危に, 宝の, 宰相たるべき, 宰相として, 害を, 富と, 富豪と, 将来を, 将軍と, 将軍に, 師を以て, 平和には, 広きには, 形勢という, 形勢の, 形勢も, 役人が, 往還が, 御大事, 御威光, 御定法, 御武備, 御直参, 志士汲々これを, 怨府たらし, 恥何事か, 成敗は, 成行を, 戦乱を, 掟を, 改革を, 政事を, 政務は, 政治について, 政治の, 政治は, 曲者だ, 椿事, 権が, 権は, 権力総て之を, 権勢が, 横綱に, 民の, 民は, 気風が, 決斷所へ, 法に, 法を, 浪人共だ, 源氏を, 為ぢや, 為です, 為とか, 物に, 生産力が, 相貌は, 眼の, 窯器を, 笑われもの, 範と, 糸平と, 糸平を, 経済に, 経綸を, 統一疑, 絶勝である, 美味と, 美味を, 美女を, 群雄を, 臣民は, 良民たる, 色男は, 蒼生を, 衆に, 衆生を, 覇業を, 見せしめに, 諸侯の, 諸侯も, 諸將, 豆腐屋だ, 豪傑に, 賊, 賊なり, 賊を, 賢才は, 軍勢を, 輿論が, 通宝だ, 通宝を, 通用金です, 逸品です, 道士を, 道義を, 重大事, 野望を, 金は, 青年は, 風雲が

1 [1678件 抜粋] あざけりでは, あり様, おた, お名物, お尋ね者の, お役人様, お旗下御身分, お金持, ことに, こと居, ご執権老中職, ご法度沸然, すべてが, ためでは, ためも, ため島津の, どこへ, ひとも, まはり物ぢ, もの笑いにも, ゆるされを, イヤ東京, ゴシップである, タクミと, バカモノ, ペエトロンなる, ルンペン浅間新, 一大事たる, 一大事でも, 一大事には, 一大事出來とは, 一大家と, 一桃源と, 一角へ, 万民は, 三分の二, 三富といった, 三筆とまで, 不平の, 不祥を, 与力筆頭の, 世帯を, 世論では, 主たるほど, 主人とな, 乞食先生蒲生泰軒の, 乱る, 乱れは, 乱賊と, 乱雲を, 予言者だ, 事ことごとく, 事のみ, 事ニ引く, 事何者か, 事悉く, 事業が, 事物を, 事迫れり, 二大, 京都へ, 人その, 人と, 人まさに, 人ニよく, 人士を, 人心さらに, 人心一定と, 人心俄然, 人心皆西洋の, 人望の, 人民と共に, 人満座の, 人衆を, 人間道場たる, 仕置きも, 仰望する, 伝称する, 何人と, 何者が, 作法だ, 信仰は, 俯瞰図だ, 偉人豪傑が, 傾きようも, 優者も, 先覚憂世の, 全土を, 八代様, 公卿諸侯が, 公器としての, 公橋を, 公民として, 公民を, 公衆を, 公論の, 公議で, 公道の, 兵と, 兵二十万を以て, 兵略家としても, 冬を, 処理に, 分け目を, 初春だ, 制度は, 剣客の, 剣道の, 力士たる, 力士として, 力士を, 助五郎は, 勇士なる, 動乱は, 動静は, 勢いが, 勢いの, 勢の, 勢力家に, 北条を, 医師は, 千畳敷に, 危機が, 反宮方, 叛逆人だ, 司権者と, 同病者, 名人松崎殿にも, 名優よりも, 名勝たるには, 名勝を, 名医を, 名品は, 名器に, 名城だけに, 名士ぞろいでございます, 名士に, 名宝二つと, 名宰相, 名山に対する, 名所に, 名探偵, 名瀑布, 名画と, 名門だ, 名馬は, 名駿赤兎馬, 吟味叶は, 周知である, 商人が, 善惡邪正を, 嘲りを, 嘲罵を, 器として, 土地は, 執政たる, 執権ご, 執権松平伊豆守の, 堂摺だ, 士であろう, 士なり, 士を以て, 士民に, 壮観であり, 声に, 変動を, 多事ここに, 大が, 大乱で, 大乱に, 大事が, 大事であったろう, 大事の, 大事われらの, 大事例へば, 大事旦那様に, 大仕事, 大剣豪, 大勢である, 大勢なんて, 大勢の, 大医, 大器とも, 大変出来いたすべし, 大宗たる, 大将軍の, 大戦とでも, 大景観, 大本だった, 大機会, 大法によ, 大法早, 大瀑たるを, 大知識, 大義を, 大計に, 大軍である, 大選手, 大阪の, 天下である, 天下に, 太宰治じゃあ, 太閤秀吉とまで, 奇人で, 奇才と, 奇材異, 奇観で, 奇觀です, 奇談申上げ候日これ有るべし, 女という, 女人に, 女性は, 好劇家, 妻君に, 威武を, 嫁悉皆, 存在である, 学問の, 学生諸君に, 学者宜しく, 守護大名中に, 安危静かなる, 官吏なる, 定法だ, 定評に, 宝でございます, 実業家, 宰相と, 家だ, 富を以て, 富豪たる, 富豪や, 富貴を, 寶の, 将来でなけれ, 尊信を, 小鳥を, 尼姑という, 島津だ, 嶮蜀の, 工匠三万余人夫三十万と, 師範たるべき, 常法と, 平和も, 幾分は, 広居, 廻りもの, 弥次馬を, 形勝なる, 形勢など, 形勢万国の, 形勢文明は, 形成を, 役人を, 往来が, 往来であろう, 往還だ, 御事とは, 御大老, 御宝蔵, 御役人樣, 御政治, 御法という, 御法令, 御爲君, 御用聞き, 御評定, 御連枝, 徳望を, 志サ, 志士とか, 志士を, 忠臣を, 怠け者起き, 怨嗟は, 恥カキ者いい若い, 恩師蘇峰先生, 悪者ズルイ上にも, 情勢に関する, 惡文では, 愚人が, 慣わしを, 憎まれ者, 才俊を, 持主は, 損失である, 支配者と, 政事など, 政権武門に, 政治に, 政治には, 政治経済の, 整理は, 敵である, 文章不良少年の, 新人を, 新聞は, 旗本が, 旗本という, 旗頭と, 春である, 春陽堂博文館ともどもに, 時勢切迫致し, 時流は, 景観と, 書は, 書生が, 書記長, 最高権力者であった, 有徳の, 有志者に, 望み已に, 期待とが, 木鐸に, 東海道筋を, 枢機にも, 栄華を, 梟雄や, 樞機に, 権勢を, 横紙破り三好清海入道だ, 機動に, 歌人挙つて古今調を, 歌手お, 正論大いに, 武士に, 武家みな野人だ, 武者は, 歩みが, 殖産社会に, 民みな一新の, 民三分の二までは, 民心は, 民衆は, 決斷處なる, 治定まる, 法なり, 法度だ, 注意を, 洪福は, 流浪人である, 浪人が, 浪人者ただし, 浪士達が, 浮浪民が, 渡し守は, 為じゃ, 為なら喜ん, 為ニ国を, 為坐視は, 無宿お, 爭亂の, 父たる, 父母は, 物世々の, 物笑いだ, 狂乱を, 王侯も, 珍事だ, 珍味だ, 珍味を, 珍景だ, 珍本な, 理義は, 用を, 田園を, 男子その, 町人, 番頭したがって, 病者や, 百姓という, 皮算用などは, 目を, 直参である, 直参を, 相国の, 真理を, 眼は, 知恵者が, 神人は, 禍根と, 秀吉だ, 秀才を, 秋である, 秘剣と, 租税を, 稲を, 窮民を, 笑いものに, 第一, 等しく認める, 米喰虫にて, 精強を, 紊るる, 紛難を, 経営に, 結城さん, 絶勝なり, 絶景だ, 絶景とは, 絶景也, 美人が, 美人の, 美味で, 美料理を, 美玉が, 美食という, 群雄に, 義人, 義士だ, 義士らしい, 老中に対する, 者は, 耳や, 耻辱に, 膝元へ, 臥龍を, 至宝の, 至親と, 興廃は, 色男と, 芸術の, 英傑だ, 英雄どもも, 英雄使君われといった, 茶器を, 菜食論者を, 蒙を, 蒼生の, 虎将, 衆愚が, 衆目が, 術それに, 裨益を, 要衝である, 覇握, 覇者に, 見ものぢやらう, 見懲らし, 親に, 計よりも, 評定所を, 誤解を, 読者を, 調和を, 論鋒ようやく, 諸侯です, 諸侯みな慄え, 諸侯有司志士と, 諸地方, 諸寺院, 諸豪, 講釈師だ, 議論を, 豊島の, 豪傑たらん, 豪傑なれ, 豪傑や, 豪傑頭山満が, 財産だ, 貫禄に, 賢者良才も, 趨勢である, 跡目には, 軍勢と共に, 輿論の, 農民だ, 通則ながら, 通用物を, 通用金だ, 通貨が, 逸民だ, 運勢は, 道は, 選良達は, 酒飲みと, 重宝私も, 野を, 野辺に, 銘刀じゃ, 長良川の, 関白に, 陶器師を, 隙を, 雄壁に, 難儀に, 青年悉博士の, 静謐と共に, 韻士に, 頭山翁と, 風流は, 風雲さらに, 風雲に関する, 飯を, 首府かと, 騒ぎに, 騒乱身辺で, 騷ぎにならうも知れない, 高味, 麦酒樽漬の

▼ 天下~ (941, 14.5%)

21 名を 9 向って 7 号令する 6 一人も, 敵なし, 道が 5 稀れな, 隠れも 4 して, その名, 怖いもの, 示すこと, 紹介する

3 [17件] これを, ない, なった, 並ぶもの, 二つと, 二人と, 令し, 何が, 何事も, 充満し, 向て, 呼号し, 大乱でも, 広告し, 稀な, 身の, 身を

2 [65件] あの男一人, かくれない真, この法, これほど, それ一つだ, たった一人, なかった, なって, なると, なれば, むかって, われより, 一人の, 人も, 何を, 充満した, 公けに, 勅し, 博せし所以, 名高い人, 名高い伊賀流, 君臨した, 君臨する, 告白し, 呼号する, 大亂, 宣言したる, 展ぶる, 布告し, 影響しない, 彼の, 得る所以, 恋ばかり, 恐るるもの, 恥を, 我一人なり, 我我の, 掛替えの, 敵なき, 旅する, 有名な, 有名なる, 有名に, 望みが, 朝廷を, 比なく, 比類なき, 求むるは, 求むる固, 求めて, 満ちて, 満ち満ちて, 生きること, 知れて, 笑って, 紹介し, 繋ること, 罪を, 自分の, 覇を, 轟いて, 通じる道, 面目を, 顕彰する, 高名な

1 [675件 抜粋] あきらかに, あって, あまねくそれら, あまねく総, あまねく虫, あらざれども, あらずすなわち, あらず天下, ありとあらゆる芸術品, ありませんしね, ある, あるだろうか, あるので, いくらも, いさぎよくむべむべ, いないこと, うたわれる花形選手, うんとある, おくの大計, おもきを, おるまい, おれの, お札が, お酒, かう云, かくれない白拍子, かくれも, かれの, きこえること, こう道, ここより, この俺, この先生, この流儀, この秘呪, この秘密, これくらゐ, これぐらい, これ以上に, こんな博識, こんな珍しい, さす日影, さらすあさましい, さらすの, した功労, すくない, その人, その人相書, その言論, その類, それほどよき, ただ一つ, ただ一人しか, ただ一枚と, たった一つ, たれも, つたえたいの, つないで, とどろいて, とどろくでしょう, どこにも, どれほどある, ないじゃ, ないと, ないのよ, なおたくさん, なかろう, なったからって, なったところ, なったの, なった事, なつて, ならぶ者, なり易い, なり鎌倉, なるから, なるは, なる対馬守様, のぞみを, ひびいた, ひびいた名宝, ひびいた名物, ほしいまま, まき起した結果, またと, また無き, みじめな, みちて, むかい同様, もう一人, ゆるされめいぼう, ゆるして, わかるもの, オレが, オレぐらい, コンな, ロクな, 一つあっ, 一つという, 一ツだけ, 一ツの, 一ツも, 一人や, 一国の, 一階級を, 三人より, 三千人も, 上手や, 並びない権勢, 主人の, 之を, 乗りだして, 乞食を, 事を, 二つとね, 二つとは, 二人で, 二人の, 二冊しか, 人なし, 人ぶつの, 人物なし, 今の, 今日の, 仕打は, 令名サクサク, 伝えて, 伝える事, 伝へて, 伝り, 何一つ消え失する, 何事が, 何人ある, 使い手も, 俺たちぐらい, 俺と, 傲らず, 僕の, 先んずるの, 光宅る, 全くかけ, 公に, 公約された, 公表される, 公表されるだろう, 公表する, 公表するべく, 公言する, 冠たり, 冠たるに, 冠絶し, 冠絶する, 切っても, 剣の, 剣道は, 勇名で, 勇士を, 動乱の, 勝つべし此意味, 勞する, 勢いが, 勧ても, 占むるに, 去来程の, 及び, 及ぶ, 及ぼし一家, 及ぼす騒乱, 只一人の, 号令し, 号令なさろう, 号令の, 号令を, 吉だ, 名あり, 名が, 名のりを, 名人として, 名分が, 名高いの, 名高いもの, 名高いツツジ, 名高い南部駒, 名高い大, 名高い大辻, 名高い観光地青島, 名高く土それ自体, 名高く毎週土曜, 向かって, 向っても, 君一人より, 君臨し, 吹聴する, 吼号し, 告げよう, 周ね, 唯一つ, 唯一人半之丞自身が, 唯貴下, 唱えん, 唱えんか, 唱ふべき, 喧伝された, 喧伝せしめる, 嗤って, 嘖々たる, 嘗て代っ, 噂の, 困ること, 国籍くらい, 堂々と, 報告し, 墓ほど, 声明しました, 声明せい, 売卜者と, 外聞が, 多い, 多い野望家, 夜を, 夜中棺桶を, 大乱を, 大事業, 大作は, 大功を, 大塩平八郎なき, 大望を, 大波瀾, 大赦す, 大赦の, 大踏, 大難が, 天下を, 失うは, 失うもの, 威信を, 嫡統を, 嬌名を, 孔明より, 安定する, 定まる家, 定まれる君主, 宝塚の, 実物教育を, 宣した, 宣伝した, 宣伝する, 宣告し, 宣示し, 宣言し, 家なき, 家庭教育の, 容れられないの, 容れられなくとも, 容れられるもの, 密, 屁の, 展観しよう, 山の, 布いたこと, 布いてから, 布かれた, 布くには, 布く必要, 平和到来し, 広充, 広告する, 張る事, 彩って, 役立てられなければ, 得らるべき, 御吹聴, 心を, 志が, 志と, 志の, 応ずる者, 忠義を, 怖る, 恐い者, 恐るべきは, 恐るべきもの, 恐ろしいもの, 恥じて, 恩人兵頭殿を, 悪名が, 悪名の, 悪名を, 意なき, 憚る, 懼るべき, 懼るる, 成さんと, 成りましょうか, 我一人の, 戦争なし, 批評家の, 拡げて, 指折り数えられる, 振ふを, 振るわせて, 掃き棄てる程, 推し及ぼし公明正大, 推称する, 推称出来る, 撒布された, 撤き, 攘夷開国論の, 政治上の, 散布し, 敵する諸侯, 敵なく, 敵無き, 新しき何物, 於て, 旗を, 易々として, 是なし, 晒し斉彬公, 普及浸潤せしめた, 普遍な, 智者は, 曝露し, 書を, 有名であっ, 有名と, 有名ならしめた, 有数の, 望みなかっ, 某と, 横から, 横行したる, 樹つるに, 歓迎せられ, 歡迎せられ, 正義ある, 比なき, 比の, 氾濫させた, 法律などの, 泰平を, 洽く狹土邊鄙, 流伝し, 流行ッて, 浩さんの, 深き恨み無し, 満ちるの観, 満ち後, 満てり, 溢るる, 漸く事, 濶歩すべき, 瀰漫せしめ, 為すある, 無い美人, 無しと, 無敵たらしめた, 王朝時代が, 理想を, 甲たり, 発し, 発表し, 益すること, 直胤, 真に恃, 知らしめたか, 知らしめて, 知らすつもり, 知られざるは, 知られたいと, 知られたご, 知られたの, 知られたる渡辺党, 知られて, 知られながら, 知れたの, 知名の, 知己が, 知己なき, 示さぬか, 示さんが, 示し, 示したい, 示したいと, 示したもの, 示すよう, 示す時, 示せと, 禍いするだろう, 禍いを, 称えさせて, 称ふる, 稀に, 立たず日本人士, 立たんつもり, 立つお, 立てり, 約束した, 紛れ込んだ, 紹介したい, 紹介したる, 紹介すべき, 縦横し, 美婦人は, 義を, 義戦の, 翻え, 聞えた山, 聞えた美人, 聞えると, 聞えわたって, 聞こえた酒豪, 聞こえ大力, 職業の, 肩を, 臨まむと, 臨まんと, 臨むと, 臨むならその, 臨むや, 臨む或は, 臨もうと, 自分と, 自分ほどの, 自分より, 若様のみ, 著名な, 著聞し, 蔓延せし, 蔓延せしめたる, 蟹本さんぐらゐ自由の, 行うべし住, 行ふべき, 行われる当流, 表彰する, 表白する, 見くびられもの, 見せ示すべきでありましょう, 見へるの, 見得, 視す是, 親しきもの, 訴え堂々, 詔する, 評判さる, 誇るべき御, 認められた処, 誥ぐるの, 誰が, 誰ひとり, 謀反の, 謝すの, 謝罪しなけれ, 貢献する, 賭けて, 赤恥を, 跋渉仕る, 身寄りの, 転じて, 迎へ, 遍からん, 遍き武者修行, 遍し必, 遍満し, 道を, 達し遂に, 重かりし, 重き勢力, 開き申したき事, 隠れなきもの, 隠れなく畏き, 雨ふる, 雷の, 靈星祠を, 非ず, 面目が, 響ける, 頒ち, 頒ち示されたるなり, 頒つべし, 顔を, 顕彰される, 類がねえ, 類例マレな, 顯然, 飛ばして, 飛べり, 馳せたり, 馳せて, 高きに, 高きを, 魁たる, 魁たるの, 鳴った一高, 鳴って, 鳴らした豪勇, 鳴り響くハーキュリーズ, 鳴るくらい, 鳴る人達, 鼓吹し

▼ 天下~ (891, 13.7%)

60 お治めなさいました 14 お治め 13 して 10 取るの 7 取って, 挙げて 6 取ろうと, 平定し, 統一した, 風靡した 5 二分し, 治むるの

4 [14件] 二つに, 取ると, 周遊し, 擧げて, 料理する, 横行した, 治むるに, 治めて, 治めること, 相手に, 睥睨する, 統一し, 統一する, 風靡し

3 [16件] とつた, とるか, アッと, 三分し, 取るという, 周游した, 家と, 平定した, 平定する, 敵と, 敵に, 望む大伴, 横行し, 渡せと, 知ろしめす天皇, 談じ

2 [72件] お取り, お讓, しよつて, とったの, とるに, とるべき性質, とる奴, めざす獰猛, ハッキリ意識, 一統し, 一統する, 争って, 二分する, 再興し, 動かすの, 双肩に, 取ったの, 取ったよう, 取らせたり, 取らむとする, 取りたる藩閥, 取りました, 取りましても, 取ること, 取るのみが, 取るもの, 取るわけ, 取る筈, 取る者, 向うに, 周遊する, 呪って, 如何に, 安きに, 小と, 平定せん, 掌握しうる, 掌握した, 掟する, 握って, 握る人物, 支配する, 有するを, 望むの, 望む最前面, 望んで, 横奪, 欺かぬ聖賢, 治むべ, 治むる能は, 治めた時, 治めようでは, 治めようと, 治めんと, 狭しと, 的に, 知らぬ平々凡々, 紊る, 経綸する, 統一の, 綏むずるに外ならざる, 背負って, 自分の, 自由に, 茶の, 行く, 見抜いたの, 見越して, 震撼させた, 顛覆せん, 風靡する, 麾て

1 [498件] あげて, あまねく巡っ, あらそって, うかがう意, うごかすの, うごかす程, うらむ者, おさえた三賢人, おさえて, おぼらすジャーナリズム, お嗣, お平らげに, お授け, お授け申しました, お握りあそばす, お治めなさい, お治めなさるべき, お治めなされた, お治めなされよう, お治めなされる, お治め遊ばされました, お治め遊ばせ, かきまわした年, かけての, くつがえす下拵え, くつがえす変動, こ, ここに, こころざす足がかり, さらわれて, さわがしとうない, さわがす大名物, さわがせねば, しろしめさむ, たなご, たれの, だ, とったに, とったアカツキ, とった反対派, とった男, とつて, とられた亭主, とらんもの, とりましたのち, とり時, とること, とるだろうとか, とると, とるという, とるなら俺, とるの, とるまで, とる前兆, とる野心, とれなどと, ながめて, なびかして, ねらう者, ねらおうと, ねらって, のぞむ勿, ば, ば小と, ひっくり返す口火, ひっくり返そうと, ひっくり返そうという, ふたたび百年, みだす叛逆, やっと取っ, わがもの顔, ウヂの, カッポ, ギョッと, ヤソの, 一つにと, 一と, 一に, 一も, 一呑み, 一度に, 一新する, 一時暗澹と, 一統した, 一統したる, 一統するだらう, 万々歳の, 三十六郡に, 下され候, 乗取って, 乗取ろうと, 乗取ろうとは, 乱すに, 乱そうと, 争うの, 争うほど, 争うもの, 争う考え, 争はれし, 争ふべく, 争わんと, 人も, 併せて, 保つの, 俺一人で, 倒して, 倒そうと, 克復した, 全有, 八分まで, 処理した, 分けて, 切り回しただけ, 利すること, 制したるもの, 制して, 創み出そう, 動かしたばかり, 動かしつ, 動かしつつ, 動かすだけの, 動かすと共に, 動かすに, 動かす事, 動かす力, 動かす者, 動かす能はず, 動かそう, 動揺せしめずし, 十に, 半分ずつに, 占領し, 危うくする, 即刻拙者に, 友と, 反逆を, 取ったが, 取ったこと, 取ったためし, 取ったとか, 取ったらお, 取ったわけ, 取ったん, 取った奴, 取った姿, 取った将軍, 取った日, 取った暁, 取った気, 取っても, 取つた當時, 取つた程, 取つた種属, 取つた高祖, 取つて, 取らずとも, 取らずに, 取らせるか, 取らせん, 取らむと, 取られて, 取られるか, 取りし後, 取り競, 取る, 取るかな, 取るであろう, 取るなり千万人, 取るべきもの, 取るも, 取るや, 取るよ, 取るよう, 取る奴, 取る思し召し, 取る算段, 取れるに, 取れるわけ, 取ろうとは, 吹いて, 吹きめぐって, 呑まんと, 呑んで, 周遊した, 味方に, 囘復した, 圧する勢い, 執る段, 壓せんと, 大平に, 天下に, 天家と, 失うに, 失わなかつた, 奈何に, 奪う志, 奪う気, 奪う逆賊, 奪ったの, 奪った人間, 奪った大盗, 奪ふ, 奪ろうと, 奪われること, 奪わんと, 奪わんとでも, 威せしが, 嬶に, 安ん, 安んずべき人間, 定むるや, 定めた, 定めて, 定めてから, 定めるに, 定め帝業, 家として, 富嶽の, 対手として, 対手の, 将来させる, 将来した, 專有する, 導こうと, 巡歴し, 巡狩, 巡行した, 左右する, 差し出して, 己に, 希んで, 席捲し, 席捲せん, 平かに, 平げる, 平げん, 平らかに, 平定いたします, 平定しよう, 平定なさるでござろう, 引渡したるは, 彈壓した, 往来した, 往来する, 待つほか, 得た所以, 得るため, 得るもとより, 得るもな, 得るを, 復する計, 心掛きょうず, 志したに, 忘れること, 想ふ, 愁うる, 愚弄した, 憂い国, 憂える者, 憐れむが, 我が物, 我家と, 我物に, 我物顔に, 扶けて, 押えて, 押領せんと, 拙者に, 招来した, 挙て, 挟んで, 掃清した, 掃除せん, 掌に, 掌の, 掌中に, 掌握し, 掌握しよう, 掌握する, 掩う, 掻き乱して, 握ったが, 握った将軍達, 握つて, 攘みしが如き, 攪乱する, 支配した, 支配すべき, 支配せん, 改革する, 放浪し, 政治する, 救うの, 救う事, 救う大計, 救う能わずと, 救って, 教化し, 敵として, 料理され, 旅行する, 早く失った, 晴れやかに, 有したり, 有して, 有しない, 有するに, 有せしむる数百年, 有つべし, 望みうる実力, 望むという, 望むよう, 望むよりも, 望む自分, 標準として, 横に, 横睨みに, 横行しよう, 横行する, 欺き了, 欺くこと, 欺くの権利, 欺す, 歩かせて, 歴巡って, 残賤する, 沸かせるよう, 治むの, 治むること肉を, 治むるといえども可なら, 治むるも可なりといった, 治むるや五声を以て, 治むるを, 治むる事諸を, 治むる兵法, 治むる宰相に, 治むる間は, 治めしもの, 治めたらその, 治めたる文教, 治めたる武断的政府, 治めた徳川家康, 治めた理由, 治めよう, 治めよという, 治められたす, 治めるから, 治めるには, 治める君主, 治める器, 治める技倆, 治めんという, 治め兵農, 治め宸襟, 治め得ざるゆえん, 治め得んやと, 治め給, 泰平に, 洗いわし, 添えて, 渡すわけ, 渡す前触れ, 渡せなぞ, 湿さん, 滅茶滅茶に, 濶歩する, 火と, 煙に, 燎原の, 牽く, 狙いたいにも, 狙う大伴, 狙う大志, 狙う大盗人, 狙ったが, 狙って, 狙つて動きだした, 狙ひ, 狙ふ, 狙ふも, 獲ようとして, 率ひ, 理する, 益し, 盗む, 盗む者, 相手として, 眺めて, 睥睨し, 睥睨した, 睥睨せる, 睨む大伴, 睨んで, 知らないから, 知るですか, 知る耳, 知ろしめすわが, 禪つた時その, 禪る, 禹に, 私するに, 窺う奸物, 窺う所存, 窺う野望, 窺って, 窺わせられい, 簒ひ, 簒奪した, 簒奪する, 紊そう, 紊乱し始めた, 経営した, 経歴いたし, 経綸せんと, 統べたま, 統べて, 統一, 統一しよう, 統一し始めた, 統一するであろう, 統一せぬ, 統一せる, 統一安定したれ, 統治すべき, 縦横し, 纂奪する, 罵った彼, 考えなければ, 聳動させた, 聳動し, 聳動した, 脅かす的, 與奪, 舜に, 蔽へる, 虎視す, 行き行き, 行くもの, 行雲流水し, 被おう天下, 裁する, 覆が, 覆さないうち, 覆さんと, 覆し江戸中, 覆すこと, 覆そうと, 見くびるよう, 見て, 見ぬいて, 見まわした, 見下し父, 覘ってる, 観ると, 計ったに, 計る心, 誇る得意満面, 誤らんと, 誤るとな, 論じ人物, 論じ提調先生昂然, 謳歌した, 警醒する, 譲ったが, 譲らうと, 象徴し, 賭す, 跋渉し, 跋渉せし, 跋渉せり, 蹂躙し, 遊行し, 運りた, 郡縣に, 鎮め給うて, 関り, 闊歩し, 震動せしめ, 震駭させ, 震駭させた, 静謐に, 預かる英雄, 預って, 領せん, 風靡したるや, 騒がしたの, 騒がした豪傑, 騒がし法, 騒がすこと, 騙し取ろうと, 驚かしたの, 驚かす事虎列刺, 驚かす日, 驚かす様, 驚倒させた, 麾いで, 麾ける往年, 鼓動し簸

▼ 天下~ (275, 4.2%)

6 天下の 4 一人の, 広大だ, 秀吉の 3 挙げて, 泰平だ

2 [15件] あなたの, お前の, どうなっ, どうなる, まことに簡単, 信長公の, 取れぬ, 大分明るく, 太平である, 常識に, 廻り持ちだ, 破れば, 統一に, 自ら秀吉の, 麻の

1 [221件] あいつら隠亡共が, あくまでも太平, いかなる動き, いつか宮方に, いつまでも, いま進ん, いやおう, いよいよ分れ争うであろう, いよいよ泰平, おしまいです, おのずから泰平, おのずから秀吉, かならずかく動く, こう趨, ここで, こっちの, この半日, この新, これほどまでに, それこそ, それで安, たちまち大乱, だめだ, つまり三日さ, とったけれども, とれぬ, どうせ秀頼, どうだったろう, どうなるだ, どうなるだろう, どうも信長, どのやう, どのよう, ないに, のべつ乱麻乱世, ひとつに, ひろい, ひろいが, ほんとに治まっ, ま, またたく間に, また乱れだす, まだ厳然, まだ曹操, ままならぬ, みだれ民心, やがてあの, やがて必ず織田軍, やっと安らか, やはり衆生, よく保たれる, わが掌, わが有, われらに, われわれの, 一のみ, 一場の, 一変する, 一大改革を, 一箇将軍家の, 一統の, 一致仕るべく, 下民が, 乱れる, 乱れるだろう, 乱脈の, 二人あり, 二分し, 二分する, 二勢力に, 亡びるの, 亦平氏, 今日まで, 今蓄財の, 何うなる, 何と視るだらう, 依然漢朝, 信長様で, 元亀, 光秀が, 光秀自身の, 全く統一, 公家一統に, 再び曇り, 再び王朝, 凪の, 分崩し, 制度や, 割れる紛乱, 動いた, 勢ひ, 半ばは, 半ばわが, 吾, 呉越いずれが, 唖然と, 変動する, 大であった, 大なる, 大乱と, 大動乱, 大坂, 大変な, 大物だ, 大物なり, 大阪に, 天の, 太平だ, 太平で, 太平という, 太平な, 太平無事だ, 如何なる時, 完全に, 家康に, 家康の, 家族と, 尊氏の, 帰する, 帰一する, 平にならん, 平らかに, 平和に, 平定し, 平氏の, 平相国, 平穏すぎ, 広い年月, 広しと, 広大で, 広大である, 広大也, 廻って, 廻り持ち, 当家へ, 彼から, 彼女の, 彼等を, 微動だ, 必ず二, 必ず二大政黨, 必ず家康, 必ず尊氏, 応仁の, 忽ち麻, 思いの, 我々の, 我らが, 我等が, 掌に, 掌の, 救われは, 文字どおりかれ, 新たに, 春と, 是ならざる, 暗澹, 曹操と, 未来の, 武を以て, 治まっては, 治まらない, 治まりまして, 泰平, 泰平だって, 泰平で, 泰平であり, 泰平でございます, 泰平です, 泰平と, 泰平といった, 泰平に, 泰平風を, 浪人の, 温かなる, 漢末の, 無天下, 無窮の, 王政の, 現出する, 甚だ広い, 皆お前は, 皆王土であり, 益, 盲千人の, 真二ツ, 眼前に, 確かに, 秋と, 箸の, 紅葉先生が, 累卵危うく, 絶え果てましょう, 綱渡りの, 股の, 自ら二分し, 自然に, 至極安静, 興隆した, 荊州に, 蕭寥たる, 蜂の巣の, 蝮やら, 蟹の, 見えませんか, 誰でも, 誰の, 追放解除旋風で, 鉄砲の, 隅から, 震動し, 震動しましょう, 青々と, 靜謐です, 面白く廻りだし, 風の, 騒乱の, 驚倒し, 高倉宮の, 鳴物停止の, 黄巾党の

▼ 天下~ (110, 1.7%)

79 一の 4 一等の 3 一, 一を 2 一だろう, 一と, 一に, 一流の

1 [13件] 一お, 一じゃ, 一だ, 一である, 一といふ, 一ノ, 一人といった, 一候是猶, 一城の, 一江山, 一等, 一驍捷の, 三位を

▼ 天下~ (90, 1.4%)

2 [11件] いったいに, とりたからう, 亡びて, 取れる, 周の, 好いか, 家康に, 平になろう, 明治と, 泰平な, 麻の

1 [68件] あなたを, いって, うごく時雲, おぶさって, くるね, ことごとく孔子, はじめて泰平, ふところに, ほしいの, もし乱れた, グラつい, 三分し, 三百年も, 乱れた時, 乱れて, 乱れようとも, 乱れるから, 乱れるの, 二つにも, 亡びた時, 何うだ, 余りに横暴, 俺に, 僕の, 動くもの, 勤王方に, 北洲に, 取れないぜ, 取れなかったの, 取れるでなし, 取れんよう, 変るわけ, 大いに乱, 大いに乱れる, 大いに乱れん, 大乱と, 太平に, 太閤秀吉様に, 宋の, 平かに, 平ぎ人民, 平らに, 平和に, 広いと, 徳川に, 徳川の, 徳川へ, 挙って, 日に日に家康, 来ると, 来るの, 正義なりや, 治った, 治まらぬと, 治まると, 泰平に, 滅茶, 無くなったら争, 田舎侍の, 統一された, 織田や, 自由に, 苦しくなっ, 落着くべき, 誰の, 雲に, 騒, 騒々しいこれ

▼ 天下国家~ (79, 1.2%)

11 のため 4 の事 3 のこと, を論じ, を論じる 2 の一大事, の大, の大事, をコンパス, を学問技芸, を論じた, を論ずる

1 [41件] がおさまるでしょう, とやらこの, と何ん, に志, に望み, に表向き, に関する重大, のさし, のため身命, のの御, の利益, の名, の問題, の大きな, の安寧福利, の形勢, の政道, の経綸, の行末, の要録, の談, の談論風発, はあまり, は治まらない, ばかり論じ, も独立, を, をうしない, をどう, を事, を云々, を以て任じ, を危く, を啓蒙, を憂, を憂うる, を手だま, を揮廻, を救う, を治むる所以, を論じ合った

▼ 天下泰平~ (71, 1.1%)

4 の姿 3 だと 2 さ, だ, だな, な事, な夏, になる, に納まつ, の御

1 [48件] いや些, から来た, じゃよ, だぜ, だったこと, だつたわけ, であった, であった甲府, であつ, でありました, でした, でその, でめでたく, という訳, とおい, となつて, と書い, と高, なこと, なの, ならば, な図柄, な圖柄, な大, にし, になっ, に暮らし, に治, に治まる, ね, のその, の兆, の先祖, の夢, の山奥, の工夫, の時代, の真盛り, の祈願, の表情, の趣, の長, の顏, の顔, は無論, を祈願, を誰, 諸民安堵

▼ 天下晴れ~ (51, 0.8%)

3 ての夫婦 2 て, てこの, て振り

1 [42件] てあらはれ, てうどん, てのご, てのめおと, ての土俵場裡, ての夫婦ぐらし, ての宿屋, ての御, ての快挙, ての恋人同士, ての浪々, ての無礼講, ての空地, ての結婚, ての袁彦道, ての許婚, てわし, てプン, て一緒, て大っぴら, て太陽, て女, て女狂い, て娘, て嫁, て存分, て強引, て彼, て暮らし, て来往, て東京府北多摩郡千歳村字粕谷, て私, て胡坐, て荒巻, て許婚, て話, て語りあう, て財布, て連れ, て遊べる, て里, 風も

▼ 天下無敵~ (44, 0.7%)

2

1 [42件] おっそろしく, だと, だよ, だろう, であろう, でしょうね, というやつ, とかいっ, と云, と信ずる, と称し, と称する, な気持, に強い, ね, のモノスゴイ魅力, の下手, の人, の何の, の兵法, の剣, の勇者, の動物, の名, の実力, の強者, の御, の快男児, の怪塔王, の有, の概, の此電光艇, の玄妙, の突き, の蠅男, の話, の透明軍, の達人, の雷霆, は余計物, を豪語, ノ全勝將軍トシテ支那ニ臨ムベシ

▼ 天下御免~ (30, 0.5%)

2 で, であの

1 [26件] だ, で人, で大っぴら, という奴, といふ奴, と怒鳴りちらす, なの, なるあの, なる威厳, にはだし, のお宝, のよう, のドンチャン騒, の乞食姿, の事, の伝法風, の八つ当り, の国益事業, の場所ゆゑ一度, の太平樂, の御, の扉, の良人, の送, の通行手形, の遊民

▼ 天下無双~ (29, 0.4%)

2 の大, の強者, の美味

1 [23件] じゃろ, でしょう, で丁度, といっ, と法螺, と聞え, ならん, の任原, の先生, の兵法者, の剣, の名馬, の大将, の天才人, の好男子, の容色, の武芸者, の武蔵, の爆薬密売買, の猛, の稀代, の者, の荒牛

▼ 天下~ (28, 0.4%)

3 申やうな 2 なって

1 [23件] いうが, いひ言葉, いふた, なった, なったの, なった後, なっても, なり大いに, なり父親紋七, なる, なるお, なれば, みえ孟, 云ふ, 云ふも, 共に楽しむ, 大いに希望, 家族とは, 更始一新せん, 申しますると, 異なること, 聞いて, 言ふ

▼ 天下~ (28, 0.4%)

2 島津も

1 [26件] あまり泰平, いよいよ望み, いよいよ駄目, しずまりましたし, ようやく一統, 一おう定まる, 二百六十年そろそろ, 亡びるに, 亡ぶよう, 亦教坊, 今ようやく, 今日から, 南朝の, 取りたい, 国家も, 小なり, 当家も, 慴伏す, 既に定まつた, 末だ, 源氏の, 無えもの, 独立すべし, 結局ある, 許す自慢, 金で

▼ 天下太平~ (28, 0.4%)

2 のお祝い, の兆, は武備機関

1 [22件] だと, だの国土安全, だらうと, です, で何事, なもの, ならん, に向, のしるし, の世, の八五郎, の功, の建設, の時, の晝下がり, の本源, の蒼空, は平氏, は物質的文明, を齎し, を齎した, を齎せり

▼ 天下~ (27, 0.4%)

2 たらん, のお

1 [23件] が一旦, たらんなどとは, たる器, たる者, だぞ, でなければ, として彼, ともいわれる, ともならん, と仰ぎ奉る, などに坐ったら, に成られた, に成りおわせた, の兆瑞, の気, の虚態, はあろう, は天下人, は秀吉, もなげなる, を仆, を蔵, ヲ相定

▼ 天下万民~ (26, 0.4%)

6 のため 2 を安んずる

1 [18件] いかなること, が, とともに一心協力, と共に公明正大, にない, に各, に罪, のため命, のよろこび, の害, の心, の怨み, の永世, また此, もみな, をし, を困窮, を悦服

▼ 天下後世~ (24, 0.4%)

2 の評論

1 [22件] が証拠, にその, に俺, に定論, に恨事, に惨, に残す, に申訳, のため, の人, の史家, の同情, の大事, の為め, の耳目, の談, の識者, へ伝わる, をいかに, を謀れ, を震駭, 不慈不幸

▼ 天下統一~ (24, 0.4%)

3 の大業, の後 2 といふ事業, に近づい, の覇業, らしき形態 1 が何物, に便利, のご, の万人, の先駆け, の大, の盛時, の足場, をもたらした, を誇

▼ 天下~ (16, 0.2%)

1 [16件] あつた, あつて, ここでは, ござります, すぐさま人, ゆく, わたしほど, 九月には, 何を, 小なる, 幕府の, 男が, 自分だけが, 行ったら一体, 釣に, 骨の

▼ 天下~ (15, 0.2%)

2 向って

1 [13件] こう云っ, その由, 公に, 公約する, 公言した, 君臨なさる, 御頒示, 手を, 政道を, 父の, 笑い者に, 聞えること, 通ずる道

▼ 天下取り~ (14, 0.2%)

1 [14件] であるけれども, になれる, のチャンス, の上, の前祝い, の収穫, の台所, の大望, の戦争, の道具, はどうしても, も出し, をやった, を名代

▼ 天下~ (14, 0.2%)

2 にお, の往来 1 だ, である太閤, でも, と仰ぎ, に成られる, のなさる, の往来だい, の御用, 仰出でられ候, 御師範

▼ 天下無類~ (14, 0.2%)

2 の不所存

1 [12件] だと, です, でそれに, のやう, の奇景也, の奇觀也, の愚か者, の我儘娘, の早足, の浮世絵師, の荒れ, の黙り虫

▼ 天下名題~ (13, 0.2%)

2 の大人物

1 [11件] のこの, のコーズ牧場はじめ, のホトケ, の人間だらけ, の名, の名人上手, の名香, の新宿, の色魔, の茶器, の貧乏男爵家

▼ 天下~ (12, 0.2%)

1 [12件] を為す, 人物と, 伊藤八兵衛, 善士也, 士朝廷改過, 大亂, 大事を, 家督を, 岐趨異説, 死刑場, 理得, 糸平

▼ 天下~ (11, 0.2%)

1 [11件] からあがめ, から馬上, がね, ぞ, と小, と彼, なんて呑気そう, よイサミ, 弟子も, 敵ながら, 誰にも

▼ 天下には~ (11, 0.2%)

1 [11件] あること, あるまいね, まだ無数, わし以外にも, 今俺でない, 何処に, 可惜, 名人も, 桔梗さまにも, 沢山な, 自分の

▼ 天下多事~ (11, 0.2%)

3 の際 2 だ是非君 1 にし, のさい, のため, の日, の秋, よろしくこの

▼ 天下広し~ (11, 0.2%)

6 といえ 2 と雖 1 と雖ども, 家族多し, 我輩徳友に

▼ 天下大乱~ (10, 0.2%)

4 の兆 1 のなか, のもと, のサナカ, の中, の折, の相貌

▼ 天下無比~ (10, 0.2%)

1 であると, です, と云, と名古屋, の偉, の勇, の堅城, の壯觀, の壯觀也, の大観

▼ 天下~ (9, 0.1%)

2 掠ムルコト三十余年 1 匡スと, 失フノ結果ハ其人ヲ, 得ルノ結果ハ, 掠ム, 治ス, 治ムル者ハ人ノ, 禍乱ニ投ジタル逆

▼ 天下一人~ (9, 0.1%)

2 のこれ, もなく 1 でもその, の人, の公正, の涙, も無く

▼ 天下~ (9, 0.1%)

2 鬼神の 1 喜びて, 是を, 是忠義を, 然り, 畏れて, 胡服, 闇く

▼ 天下~ (9, 0.1%)

2 のスケール, の精神 1 であったが, であつ, ではない, のニヒリズム, の貫禄

▼ 天下一統~ (8, 0.1%)

1 して, に不漁, の大業, の形勢, の後, の氣運, は必ず, 珍しや

▼ 天下公衆~ (8, 0.1%)

2 の知悉, の認識 1 に向かっ, に対する義務, の一人, の耳目

▼ 天下周知~ (8, 0.1%)

3 の事実 2 のこと 1 の事, の事實, の檜山横領

▼ 天下~ (8, 0.1%)

3 直参の 2 禁制の 1 制禁の, 名代の, 政道隠し目付御意見番を以て

▼ 天下では~ (7, 0.1%)

1 ありません, ある, なく即ち, まず, 三千石は, 最初に, 朝廷の

▼ 天下という~ (7, 0.1%)

2 ものを 1 のは, ような, 名を, 坊さんである, 観念が

▼ 天下と共に~ (7, 0.1%)

1 天下の, 太平の, 朝廷を, 樂しむ, 清くなる, 潔くなる, 裨益を

▼ 天下にも~ (6, 0.1%)

1 あるからのう, これに, 不為である, 幾ん, 幾人しか, 相すみません

▼ 天下一般~ (6, 0.1%)

1 に理解, に知れ渡ってる, に蘭家, のもの, の弊風, の関心

▼ 天下万人~ (6, 0.1%)

2 の認める, の風説 1 のため, の許した

▼ 天下何人~ (6, 0.1%)

2 も恐らくは 1 かの大将, か縮み上がら, といえ, に向かっ

▼ 天下動乱~ (6, 0.1%)

2 の機 1 した, に至りたる, の基, の色顕

▼ 天下~ (6, 0.1%)

1 という高い, といふ洋物産, の三階, の前, の屋根裏, の梯子段

▼ 天下~ (6, 0.1%)

1 に亂, に喜び, に定まる, に飢, 底守彼式而異之族一人而無之, 惑の

▼ 天下無二~ (6, 0.1%)

1 の使い手神保造酒先生, の宝, の寺宝, の無, の薬品, の軍学者勝麟太郎

▼ 天下知名~ (6, 0.1%)

1 の兵粮丸, の兵糧丸, の祕藥ぢ, の秘薬, の豪傑, の音楽家

▼ 天下~ (6, 0.1%)

1 が不浄, でい, ともいう, と言, と言われ, または御用祭

▼ 天下靜謐~ (6, 0.1%)

2 のため, の折柄 1 だな, にきまつ

▼ 天下この~ (5, 0.1%)

1 人に, 位信用すべき, 口実遁辞を, 御定紋, 日を

▼ 天下はれ~ (5, 0.1%)

1 ての御, てわれわれ, て手, て王女, て画

▼ 天下一家~ (5, 0.1%)

1 といふこと, といふ思想, といふ成語, ともいふ, とも云つて

▼ 天下~ (5, 0.1%)

4 の人 1 に行

▼ 天下唯一~ (5, 0.1%)

2 の美味 1 の別格, の知己, の神

▼ 天下大いに~ (5, 0.1%)

2 乱れて 1 乱れ弥勒仏下, 治まる時, 飢え万民穀

▼ 天下~ (5, 0.1%)

3 を帰す 1 を傷まし, を帰

▼ 天下蒼生~ (5, 0.1%)

3 のため 1 の安危, の為

▼ 天下通用~ (5, 0.1%)

1 の寶, の紙幣, の貨幣, の遣, の銀

▼ 天下~ (4, 0.1%)

3 直参の 1 直参じゃ

▼ 天下その~ (4, 0.1%)

1 何十人だけ, 師弟の, 真偽に, 突きの

▼ 天下である~ (4, 0.1%)

1 か羅馬, とし, と思っ, 明日に

▼ 天下でも~ (4, 0.1%)

1 なくまったく, 人心が, 取ったよう, 支那の

▼ 天下として~ (4, 0.1%)

1 今人を, 武將の, 資本主義の, 鳴りひびい

▼ 天下どこ~ (4, 0.1%)

1 にもある, にもなし, にも有りふれた, に立て

▼ 天下なら~ (4, 0.1%)

2 有無を 1 ば諸国, 二つの

▼ 天下に対して~ (4, 0.1%)

1 其同情を, 大いになすべき, 弓を, 誇つて

▼ 天下への~ (4, 0.1%)

1 自信の, 野心を, 野望な, 面目を

▼ 天下タイヘイ~ (4, 0.1%)

2 で御座候, にご

▼ 天下一変~ (4, 0.1%)

2 の大 1 の予想, の革命月

▼ 天下一日~ (4, 0.1%)

1 も主, も帝, も政治, も男

▼ 天下到る~ (4, 0.1%)

1 ところに, 処を, 所に, 所今の

▼ 天下多数~ (4, 0.1%)

4 の人

▼ 天下大事~ (4, 0.1%)

2 の秋 1 な秋, の一

▼ 天下既に~ (4, 0.1%)

2 閣下の 1 乱れ身辺, 大変革

▼ 天下~ (4, 0.1%)

1 などには源流, には各派, にも見え, に後世

▼ 天下衆人~ (4, 0.1%)

1 に卓絶, の尊信, 之能存候罪状有之者, 皆存知候所

▼ 天下~ (4, 0.1%)

2 此に 1 人性人情なる, 鮪を以て

▼ 天下随一~ (4, 0.1%)

2 の茶碗 1 の彫刻家, の攘夷藩

▼ 天下静謐~ (4, 0.1%)

2 の折柄 1 のため, の前提

▼ 天下いたる~ (3, 0.0%)

1 ところに, ところ青山ありである, 処に

▼ 天下といふ~ (3, 0.0%)

1 やうな, 家族の, 目当てが

▼ 天下ひろし~ (3, 0.0%)

2 といえ 1 といへ

▼ 天下より~ (3, 0.0%)

1 たばこ御, 悪いかも, 景慕せられ

▼ 天下~ (3, 0.0%)

1 為大, 要津ナリ, 評定所デ

▼ 天下三品~ (3, 0.0%)

2 の短刀 1 の御

▼ 天下~ (3, 0.0%)

1 る, るるの, を思ふ

▼ 天下公然~ (3, 0.0%)

1 としての交易, として営む, のこと

▼ 天下再び~ (3, 0.0%)

1 乱れんと, 大乱の, 麻の

▼ 天下唯一人~ (3, 0.0%)

1 てまえ, の女, の良人

▼ 天下大赦~ (3, 0.0%)

2 の令 1 の日

▼ 天下布武~ (3, 0.0%)

1 そのままの, という印章, の大志

▼ 天下御法度~ (3, 0.0%)

1 の戦薬, の現金輸送, の袁彦道

▼ 天下必ず~ (3, 0.0%)

2 主義政見の 1 同感の

▼ 天下晴れた~ (3, 0.0%)

1 ものな, 接吻の, 顔を

▼ 天下有名~ (3, 0.0%)

2 の彼 1 のお方

▼ 天下有志~ (3, 0.0%)

1 の善男善女, の士, の者出席

▼ 天下諸国~ (3, 0.0%)

1 につげ, に詔, を流浪

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 取った日, 取るの

▼ 天下いずれ~ (2, 0.0%)

1 に傾く, のところ

▼ 天下~ (2, 0.0%)

2 死か

▼ 天下から~ (2, 0.0%)

1 払わしむべきである, 更に季氏

▼ 天下これ~ (2, 0.0%)

1 に上, より快

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 直裁の, 通宝の

▼ 天下であっ~ (2, 0.0%)

1 てついに, てなんで

▼ 天下であり~ (2, 0.0%)

1 したがって私, 甲羅が

▼ 天下です~ (2, 0.0%)

1 からね, よ

▼ 天下とともに~ (2, 0.0%)

1 憂いて, 諸公を

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 のである, ものは

▼ 天下などは~ (2, 0.0%)

1 考えない, 考へない

▼ 天下に対する~ (2, 0.0%)

1 公約を, 責任の

▼ 天下また~ (2, 0.0%)

1 かくの, 難事有る

▼ 天下よく~ (2, 0.0%)

1 此君に, 治まり怨敵

▼ 天下わけ目~ (2, 0.0%)

1 と云う, の争い

▼ 天下をば~ (2, 0.0%)

1 命を, 撫で賜

▼ 天下をも~ (2, 0.0%)

1 失い家, 表は

▼ 天下一朝動乱~ (2, 0.0%)

2 の機

▼ 天下一面~ (2, 0.0%)

2 くもりなき

▼ 天下万人以上~ (2, 0.0%)

2 に秀吉自身

▼ 天下万邦~ (2, 0.0%)

1 いまだゲルマン, の上

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 大アルプス, 大音

▼ 天下三分~ (2, 0.0%)

1 し益州, の計

▼ 天下中何処~ (2, 0.0%)

2 にも無い

▼ 天下二六〇余年~ (2, 0.0%)

1 の太平, の長久

▼ 天下二分~ (2, 0.0%)

1 はもっと, 大戦乱

▼ 天下人心~ (2, 0.0%)

1 によろしく, の腐敗

▼ 天下何事~ (2, 0.0%)

1 かなら, か為す

▼ 天下何者~ (2, 0.0%)

1 か実用, にも低頭

▼ 天下公知~ (2, 0.0%)

1 の大, の捕物名人

▼ 天下公認~ (2, 0.0%)

1 の合理, の営業

▼ 天下兵馬~ (2, 0.0%)

1 の権, の統領

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 ビ知音無, 乱の

▼ 天下分目~ (2, 0.0%)

1 のところ, の決戦

▼ 天下古今~ (2, 0.0%)

1 の事実, の実験

▼ 天下名代~ (2, 0.0%)

1 のお, の絶世

▼ 天下周遊~ (2, 0.0%)

1 の旅, の間

▼ 天下~ (2, 0.0%)

2 だ閣下

▼ 天下大勢~ (2, 0.0%)

2 のしからし

▼ 天下大変~ (2, 0.0%)

1 にて生, の場合

▼ 天下大将軍~ (2, 0.0%)

1 のそれ, のやう

▼ 天下安定~ (2, 0.0%)

1 の指導力, の重鎮

▼ 天下定まる~ (2, 0.0%)

2 可くし

▼ 天下家毎~ (2, 0.0%)

1 に, に一本

▼ 天下平定~ (2, 0.0%)

1 の第一歩, の綸旨

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 んど, 干か

▼ 天下幾人~ (2, 0.0%)

1 のため, も無い

▼ 天下必ら~ (2, 0.0%)

1 ず二, ず二大政黨

▼ 天下悉く~ (2, 0.0%)

1 商民商村と, 血の道じゃ

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 なしだ, なしの

▼ 天下~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 天下普く~ (2, 0.0%)

1 其の活用, 喜んで

▼ 天下普通~ (2, 0.0%)

1 でそう, の武家

▼ 天下最悪~ (2, 0.0%)

1 の道, の香水

▼ 天下未曾有~ (2, 0.0%)

1 の名, の怪事件

▼ 天下泰平国土安穏~ (2, 0.0%)

1 の霊山, を祈らせ給う

▼ 天下泰平寝首~ (2, 0.0%)

2 を掻かれる

▼ 天下浮沈~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 禄の, 雙ぢや

▼ 天下無辜~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 天下真に~ (2, 0.0%)

1 われ独りなりと, 畏敬すべき

▼ 天下知己~ (2, 0.0%)

2 の恩

▼ 天下禁制~ (2, 0.0%)

1 のいたずら, の裸

▼ 天下稀覯~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 といふの, の通っ

▼ 天下経綸~ (2, 0.0%)

1 の大, の実務

▼ 天下統治~ (2, 0.0%)

1 の剣, の大法

▼ 天下經綸~ (2, 0.0%)

1 の大, の實務

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 といふの, はぺてん

▼ 天下翕然~ (2, 0.0%)

1 としてその, としてモーツァルト

▼ 天下萬民~ (2, 0.0%)

1 に會得, の望み

▼ 天下萬邦~ (2, 0.0%)

1 と袂, を敵

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 だから, も自己

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 あって, れか

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 大名の, 民を

▼ 天下豈斯く~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 天下通宝~ (2, 0.0%)

1 の小判, の楮札

▼ 天下非常~ (2, 0.0%)

1 の人材, の時

▼ 天下靡然~ (2, 0.0%)

1 としてこれ, としてブウシエ

▼ 天下~ (2, 0.0%)

1 を仰い, を望むであろう

▼ 天下騒然~ (2, 0.0%)

1 と噂, 食える野郎

▼ 天下騷擾~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 天下高名~ (2, 0.0%)

1 な剣客, の裸体武兵衛殿

▼1* [388件]

天下ぁ長州が横取り, 天下いかなる権力者たりとも, 天下いずこに, 天下いま他に恃む何もの, 天下うごかすべきハ是又, 天下かずある守護大名中には, 天下かつてこの事なき, 天下がもつかえ, 天下ここより壮観, 天下こぞって誅戮を, 天下ことごとく汝を, 天下これ以上の商法, 天下ごめんの垢すり旗本愚楽さん, 天下へも一家族, 天下さえ次代の, 天下じゃないぞ, 天下じゃがな蔵屋敷の, 天下すでに春なりと, 天下すなわちその不世出, 天下すべての者, 天下せいひつのもと, 天下それこれを何と, 天下ただ一人の男, 天下たひらかに, 天下たらしむるも敢て, 天下たるを知らない, 天下つたのか斯, 天下でござるいや帝, 天下でなくなつた, 天下ところとして事, 天下とばかり身を, 天下とまでいわなくても, 天下とやらを取りたいの, 天下とるまで膝枕チョイ, 天下なしと信じた, 天下なぞを計った覚え, 天下なと言つて俳優達ほど, 天下なにとはなし, 天下なにものよりも愛着, 天下なり関白家の, 天下なりというが, 天下なりの主權者, 天下において一の, 天下に対しまた後世, 天下のみだれを, 天下はなはだ多事の, 天下ひとつの楽土, 天下ひびきに応ずるごとく, 天下ひらける前祝い雁の, 天下ほかに身, 天下まず悋気の, 天下みなわれはこれ, 天下みな不親切なるが, 天下みな十常侍, 天下みな是とする, 天下みな非とする, 天下みな驚愕顛動して, 天下もとより同名, 天下もはや松永弾正明智光秀なし, 天下がなその, 天下わが主おひとり, 天下われを措い, 天下をという野望は, 天下をといふ野望は, 天下ををさめ仁義, 天下を以てすれば, 天下を通じて一氣のみとは, 天下クマなく話, 天下ニ仁政ヲ施スモノハ人, 天下ニ制スルモノハ法ヲ用ウルコト明ラカナルニ依ル, 天下ニ女色ヲ衒ヒ売ル者, 天下ニ布列スル者概ネ希世, 天下ニ心ざしお, 天下ニ愛犬令ヲ下, 天下ニ横行の国, 天下一トタビ乱レテ主モ安カラズ, 天下一割算指南の看板, 天下一大事この事件, 天下一家四海兄弟といふ博愛的仁, 天下一本筋の正しい, 天下一段の光明, 天下一滴の涙, 天下一統人心洗濯こいねがうところ, 天下一統生類を殺す, 天下一般分を守る, 天下一茶屋というの, 天下万世に誇るべき, 天下万世それ吾れを, 天下万世百徳の大本, 天下万代の木鐸, 天下万民これを見る, 天下万民和楽の大, 天下万生のため, 天下三分の二の多き, 天下三分の大気運を興すべきである, 天下三分の計もだめ, 天下三分シ操ハソノ二分ヲ占メ, 天下三分策の動向, 天下三名宝のはず, 天下三宝の一つ, 天下与存焉, 天下不平の声, 天下不思議の書物, 天下不良に満つである, 天下不良化の観, 天下与せざる無し, 天下中一堂上に會合, 天下丸呑の立志論, 天下乃公に如く, 天下しからず謀反, 天下乱麻の如く, 天下あれば, 天下なき御, 天下二つの珍品, 天下二分の争ひとなり厭, 天下二師範の名, 天下云々と争い, 天下人々心を痛め, 天下人士ののち, 天下人心安穏に相成り, 天下人心恟々然として, 天下人民をし, 天下人物と信, 天下今日の如く, 天下の恐る, 天下何ぞ毀誉の, 天下何とかで民百姓貧乏人, 天下何ものか暴力, 天下何れの家, 天下何人たるを間, 天下何思何慮天下, 天下併一の翌年, 天下併合の後, 天下併呑の競望, 天下信長公の亡き, 天下億万の後進生, 天下億民の塗炭, 天下免許ヲ蒙, 天下入っては女, 天下全く定まり文運日, 天下全快せば, 天下公儀のご, 天下公論の向かう, 天下兵馬大元帥となり, 天下其名を識らざる, 天下内官の弊悪, 天下再建の構想, 天下分け取りの分け前, 天下分崩群雄の競い立っ, 天下初春となり, 天下制覇の目標, 天下将軍, 天下劃一の政, 天下動かんとする, 天下の義, 天下十三州のうち, 天下半分の大切, 天下又一の力, 天下反って虚名, 天下反覆の人物, 天下収攬の具, 天下取ったる公卿将卒に, 天下取り商売どう考えた, 天下を斉, 天下藩とは, 天下帰而殊塗一致而百慮, 天下同志の人, 天下同意の人々申, 天下同様平家の天下, 天下后妃皇子皇女崩御御壽, 天下を指目, 天下周游中にさる, 天下呼延灼あるのみ, 天下唯一人志賀直哉に立ち, 天下唯松陰先生と雪江さん, 天下囂然の節, 天下四方の奇材, 天下四海をも掌, 天下国家的構想には少し, 天下国家社会民衆の事, 天下国権論者の警, 天下国治大行, 天下國家を濟, 天下地上の大将軍, 天下執心の美丈夫, 天下堂の前を通り越し, 天下堪へず墨子獨り, 天下堪へずんば墨子獨, 天下士民の公憤, 天下変革の兆, 天下多端のとき, 天下多端風雲急ならん, 天下多難の秋, 天下大半のあるじ, 天下大変吃驚して, 天下大難の時, 天下天下という坊さん, 天下天狗の鼻, 天下太平国土安穏なりゃア, 天下太平家門隆昌を祈っ, 天下太平愚痴無智, 天下太平海陸安穏の護符, 天下太平現世極楽だらう, 天下失われず諸侯に, 天下平安全の, 天下奢侈の悪弊, 天下好事の客, 天下如何ぞこれ, 天下婆羅門僧に敵する, 天下子弟の法律, 天下れの, 天下安泰黎戸の烟り, 天下安穏命にかけても友情, 天下富強の趣意, 天下対手にし, 天下将相になっ, 天下将軍じきじきのお, 天下小人に満ちいる, 天下小康を得ましょう, 天下岌岌生民死, 天下平らならん, 天下平均之儀, 天下平定覇者の悪夢, 天下平穏の来らん, 天下平静御岳の兵学大講会, 天下征服者の漠然たる, 天下待望の対局, 天下後世これより生ずる, 天下後世国を立て, 天下後世日本の人, 天下後日の世相, 天下後進を利済, 天下御免式面白さ, 天下た文, 天下怪しむ者なし, 天下与之歯, 天下にか定まらん, 天下惣気狂いとなっ, 天下として感激, 天下に帰したれ, 天下我ことなれりと, 天下ひは, 天下にあえい, 天下折り紙つきのむっつり, 天下指折りの大名, 天下掌握の壮図, 天下控訴院の椅子, 天下擾乱の兆, 天下攘夷の冥加金, 天下攘夷的血管沸騰したる後, 天下支配の野心, 天下放浪中食に窮, 天下政道の乱れ, 天下整理の大旆, 天下文学のため, 天下文運の不幸これ, 天下か春風, 天下に楽, 天下晴れ察度はある, 天下更始新主義, 天下最下等の愚劣, 天下最大の無益, 天下最第一の, 天下最高の美味, 天下有事幕政維持か王政復古, 天下有司に諭し, 天下有数の二号, 天下有數の地位, 天下有為の人士, 天下有用の書籍献上, 天下の意, 天下平氏を, 天下末尼寺並令廢罷京師女末尼七十人皆死在回, 天下果して如何, 天下枢機の地, 天下柔弱軽佻の気風, 天下の落胤, 天下奪の, 天下横行だ, 天下正義之者忽朝廷を憤怨し, 天下此以上重大なる問題, 天下を尚, 天下歩むことにかけて, 天下うかりしかな, 天下殆ど覚悟のない, 天下比類なき結構, 天下をし, 天下民衆を思念, 天下永く續き, 天下治まり目出度い御代, 天下治まるように, 天下波風一つ起こらぬ泰平, 天下泥棒ならば, 天下泰平さと人類, 天下泰平ぢやありません, 天下泰平オーヨーなもの, 天下泰平ノンビリフンナリして, 天下泰平万民和楽をお山, 天下泰平万民安堵の日, 天下泰平五穀成就と三唱, 天下泰平五穀豊年のお祈り, 天下泰平兮吾将酔, 天下泰平劇はここ当分, 天下泰平吉新万歳であるが, 天下泰平国土安穏五穀成就息災延命を朝, 天下泰平国土安穏今日の御, 天下泰平国家安康家内安全万人安楽だ, 天下泰平家内安全鳳凰は舞い, 天下泰平烽火を見ず, 天下泰平舟車往来の日, 天下泰平謳歌の春, 天下浪人又義, 天下混沌といっ, 天下清くはらひて, 天下済世のはかり, 天下災害頻りに至る, 天下炎旱に悩み, 天下に嗤笑, 天下ぞ雲, 天下焉んぞ風靡せ, 天下無事にて御, 天下無双兵法智略には丹羽昌仙, 天下無数の男, 天下無敵八方睨みだった, 天下無敵大円鏡智流刀杖指南役の優婆塞聖護院印可覚明, 天下無益の大, 天下無祿の浪人者, 天下無粋白之狐, 天下すあらんと, 天下特別の人, 天下の喧々, 天下独歩といふ, 天下独歩まね手もない, 天下独歩眼中人なし怖い者, 天下非一人有, 天下異変という, 天下疑問の名将, 天下疫癘盛にし, 天下白日の下, 天下百姓より進ん, 天下真偽雑駁善悪混同いずれを是, 天下眺望を以て鳴る, 天下あるの, 天下瞠目する, 天下知らざるものなき, 天下知るべきのみ, 天下社会から彼ら, 天下祭りなどという素晴らしい, 天下稀代の頭脳, 天下稀有の書, 天下篇呂氏春秋の序意, 天下紛乱のすき, 天下素浪人の新撰組, 天下経営の相談相手, 天下統一万民和楽もひと, 天下統一後に實行, 天下統一者の保護, 天下繁忙の時代, 天下多事, 天下自ら運命を作れる, 天下自然の窓, 天下興隆の英主, 天下若し妓なかりせ, 天下英才而教育之三楽也, 天下荒寥むといいどこにもここ, 天下融通交易と号し, 天下読書の種子, 天下諸侯ならば, 天下諸州にわたる宮方, 天下を置く, 天下転変の状, 天下に帰, 天下選抜きの壮士, 天下ち直し, 天下開けて十九刎, 天下なくどこ, 天下響きの如く, 天下に帰, 天下顛覆の密盟, 天下風景を愛する, 天下飛語あり諸州, 天下騒乱の間, 天下騒乱有事の際, 天下騒然復た文, 天下騷亂の際, 天下畏の, 天下鬱単越洲の人, 天下の如く