青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「容子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来 家来~ 家臣~ 容~ ~容子
容子~
~容易 容易~ 容貌~ ~宿 宿~ 宿命~ ~宿屋 宿屋~ 寂~ ~寂し

「容子~」 1470, 16ppm, 7098位

▼ 容子~ (473, 32.2%)

55 見て 42 して 27 見ると 14 見に 10 した 9 窺って 8 見た 7 見せた 5 示して 4 聞くと, 見れば, 話して

3 [11件] うかがって, まるでそれ, 探りに, 眺めながら, 示した, 窺つてゐた, 見さ, 見ながら, 見ようと, 見るの, 訊いて

2 [27件] うかが, した人, しながら, ぢつと, つくって, ながめて, 一目見る, 不思議そうに, 今更鏡に, 仰ぐと, 何と思った, 可なり, 変えて, 御覧に, 想像した, 眺めて, 窺うと, 窺った, 聞いて, 見せて, 見たもの, 見ては, 見ても, 見ること, 覗いて, 話した, 軽い好奇心

1 [197件] あり, あわれと, いろいろ訊ねた, うかがうと, うかがったが, おもい出して, お話したら, かまは, こう話した, さぐって, されたが, しげしげと見入っ, したので, した小娘, した犬千代, しては, じいっと見, じっと睨み詰め, じっと見とどけ, じっと覗きこみました, じろじろ瞶め直し, じろじろ見, すつかりお, する, すること, するので, するもん, たしなめた, ぢろぢろ眺め, ながめても, ながめ皆クツクツ, なさるもの, なつかしく思ひ返しました, にやにやし, にやにや見, のぞき見した, はつきりと, みたが, みて, みられんこと, みると, もう一度凝, もう見, もって, ややしばし見まもっ, ジロリジロリと, ドアの, マジ, 一変した, 一目亡奥様に, 一目京都から, 三斎は, 不審に, 与へて, 伺うと, 伺うに, 伺おうと, 伺って, 伺つて来る, 何かに, 作つた, 作つたり, 作り自ら善人, 使者に, 保つこと, 保つの, 偸み, 凝視し, 取柄に, 嗅ぎ分けるらしかつ, 声にまで, 売つて, 変えなかった, 変へ, 夫に, 察したらしい, 察して, 尋ねた自己, 御参, 御見せ, 御覧なさい, 心あり, 心から冷笑, 快く思ひ出し, 思ひ出さずには, 思ひ浮べて, 怪しみながら, 怪ん, 恵瓊は, 打ち, 抑えて, 拜見した, 拝しまし, 拝もうと, 拝見した, 拝見する, 拝見に, 持って, 振り向いた, 振反, 探った, 探ったうえ, 探って, 探つて, 改めて, 改めてゐた, 改めなかった, 整えた, 文太郎は, 昼の, 有繋に, 横目ででも, 正成は, 母親に, 注意し, 浮べて, 物語つた, 目に, 眺めたり, 眺めると, 睨めた, 瞥見し, 知らせろと, 知らんが, 示し, 示し敵, 秘さんでも, 窺いに, 窺うこと, 窺つた, 窺つてゐ, 窺つてゐました, 窺つてゐる, 立際に, 粧うて, 粧ひ, 粧ふ, 納得する, 羨ましげ, 考へて, 聞いたん, 聞いてから, 聞くこと, 聞く勇気, 聞こしめされて, 聴きすまそうと, 聴きに, 胡散くさそう, 衆目は, 装いました, 装って, 装つてゐました, 見い見い訊ねて, 見くら, 見せず安然, 見せたが, 見せなかったそう, 見せなかつた, 見せませんでした, 見せよと, 見せる事, 見たいと, 見たいばかりの, 見ただけでも, 見たところ, 見たの, 見たらいかに, 見た上, 見た祖母, 見た私ども, 見た職工たち, 見た農夫, 見ちや, 見なれて, 見まするか, 見やったなり, 見るに, 見るにつけ, 見るほど, 見る卯平, 見上げながら, 見利家, 見咎めて, 見守つて, 見届けに, 見届けること, 見張りを, 見瞻つて, 見詰めつ, 見送って, 視て, 覗き見して, 覗つてゐた, 訊かれるの, 訊くって, 露骨に, 頼朝は

▼ 容子~ (207, 14.1%)

6 ない 5 変って 4 おかしいと 3 あり, ちがう, なかった

2 [18件] あるので, ないの, 何となく気, 可笑しいので, 可笑しい所, 変だ, 如何にも亦, 少しも, 彼の, 悪夢の, 狐に, 眼に, 美奈子にも, 見えた, 違うと, 違って, 青年の, 鷹揚な

1 [147件] あった, あつて, あはれに, ありません, ある, あわれ, いいっていうまでの, いいな, いかにもあわただしい, いかにも元気, いかにも哀れ, いかにも好い, いかにも少し奇怪, いかにも敵, いかにも見苦しかっ, うかがわれはやく, おかしい, おかしかった, お分り, お変りに, かわりました, がらりと, きり, さすがに, すこしへん, すこしも昔, そっくりだった, それにも, たまげる程, たれの, ちがって, ちと変, つつめなかった, どうしても薄汚い, どうである, どうも物, どんなか, どーも, なくも, はき, はっきりと, ふと内侍, よいか, よくなった, よくわからない, よく分る, わかる, ドウも, ドウモ来客らしくない, 一見し, 人間の, 以前とは, 会わないでも, 住持の, 何から, 何とも云, 何とも言えない, 何分不審, 余りお, 余りにい, 余り無遠慮, 信徒の, 信濃には, 光秀には, 処女みたいな, 分らないが, 分らないに, 分らないの, 分るかも, 厭やで, 古いお, 可笑しくも, 四辺を, 変ったでしょう, 変ったの, 変であった, 変である, 変な, 変りだした, 変り何時しか, 外から, 奧床しく, 好いの, 好って, 如何様紅顔, 姉に, 家人の, 少しずつ, 少し活氣, 岸本にも, 岸本の, 常で無い, 平生と, 幾分違つて, 弥兵衛には, 徐々見え出した, 忠平には, 悪くお, 想像され, 手に, 手紙の, 新子の, 明らかであった, 明らかに, 明るいから, 桔梗にも, 止まなかつたが, 気の毒で, 気の毒であった, 浮んで, 清楚な, 滑稽である, 漂った, 漂って, 無かつ, 町の, 目に, 知人の, 私に, 私には, 窺えました, 笑止ながら, 聞えるの, 聽ゆる, 膝も, 蔵し, 薄々ながら, 見えぬ, 見えましたが, 見えます, 見える, 見えるの, 見え無, 見たくなつ, 解らない, 読めたわ, 諸将, 變な, 變に, 道誉にも, 違つてゐた, 違つて来た, 長刀に, 面に, 面白かつ, 顏の, 顔いろ

▼ 容子~ (134, 9.1%)

10 ない 3 少しも

2 [12件] ないが, なかった, まるで画, 一瞬の, 信一郎に, 信一郎の, 前日と, 見えなかった, 見えなかつた, 見せなかった, 見せなかつた, 露ほども

1 [97件] ありません, あるが, いかにもご, いかにも愍然, いかにも満足気, いかにも画, お氣, きょうも, これから又, ございません, さてはこれ, して, すぐ彼, すぐ諸, そのまま四日, その豊麗, それこそ, そんな思い出ばなし, たいへん熱心, たとえば狡智, たれの, ちっとも砕けず, どうぢ, どうでござる, どこへやら, どんなであった, どんなふう, なおさら無理, なかつた, なかなか意気, なくおもむろに, なく忽ち, なく無念無想, なんとなくいぶかしい, ほとんど自分, まことに遊歴, まったく人目, まるで彼女, まるで長い, みえないが, 一つとして, 一つも, 中空の, 主人の, 主君が, 云は, 今しも, 今猶, 仕事場に, 似つかわしく外国語, 何か, 余の, 余り見, 先刻申上げました, 全くなかっ, 分りませぬもの, 前の, 割子を, 勇に, 勘次の, 在りし日, 多少信子, 大勢が, 天地自然や, 姑に, 対手にも, 少しもござりませぬ, 岸本には, 帰りがけに, 彼等の, 心の, 想像に, 愉しま, 愛嬌に, 態とらしく見える, 抱えの, 殆ど年少時代そのもの, 殆百鬼夜行の, 氣の, 決して尋常, 火の, 無くて, 疾く姫路, 目立って, 確かに, 私には, 衆目にも, 見えず翩翻, 見えません, 見えん, 見せたが, 見ては, 見るからに, 見る人, 迚も, 隠せなかった, 鴛鴦の

▼ 容子~ (118, 8.0%)

13 あつた 4 いつた 2 ぢつと, 何か, 太刀を

1 [95件] あたりに, いたか, いった, いつもの, おかしがりながら, およその, かう畳みかけて, かう疊, こうして向いあっ, ここへ, こんな事, さらばと, しかも高氏ただ一人, しばらくし, すぐさま馬, すぐ告げた, そう言った, そちこちの押入を, その日, その物, そわそわ後, た, のこのこ階段, のどかに, ひぢ, ぶらりとはいっ, へりを, まず美和子, やがてあたふた, やがて言葉尠なに, わく, カタカタ戸, 一日々, 下へ, 下り立った, 不当な, 二階へ, 五杯六杯と, 伊織は, 元気よく, 光秀は, 其處らほうつき, 几帳面な, 動いて, 勝負を, 医者の, 反物へ, 地から, 官兵衛も, 寝て, 小倉の, 尚お, 左右の, 帰つて来た, 帰りました, 平四郎は, 彼は, 後へ, 後ろへ, 微かに, 息を, 悟った遊女, 戸板に, 掴み付き, 昂然と, 暗黒の, 最後の, 栗の, 氏家広行は, 洋傘も, 爺さんは, 独り口の, 王允へ, 町を, 盃を, 目を, 硬ばつた舌, 私の, 立った, 細君の, 背中の, 胡麻塩の, 花房と, 解りますわ, 訊いた, 誠にお, 貴女が, 遣って, 遣つて, 銘仙の, 鏡台の, 雪之, 青木さんは, 飛び散るの, 馬岱と

▼ 容子~ (93, 6.3%)

7 見える 5 見えた 2 いつもの, 恐れたと, 気づいて, 眼を, 耳を, 見えるもの

1 [69件] あらわした, あらわして, お通, かう云, こういう気もち, しても, すぐそれ, とりつく島, どこか, どことなく中華大人, なつた, なりすまし仲居, なり懐し, ひき入れられたの, ふと顔, また腹, みえる, ゆえ御, よりません, 似ずまた, 似合は, 候いし, 前刻, 十兵衛は, 厶ります, 司馬懿仲達が, 呑まれた, 変つたのである, 多少の, 大事件, 察しられた, 對し, 山木は, 彼も, 抑え切れぬ嫉妬, 抑へ, 掩い, 曹叡は, 曹操は, 有頂天に, 気がついて, 沢庵も, 注意し, 注意深い眼, 注目し, 洞察を, 満悦し, 準之助は, 焦, 由ると, 畏る, 疾から, 目をと, 義経は, 自分より, 蔡夫人は, 見えて, 見せたが, 見入った, 語ったけれど, 謙信が, 銀子は, 雪の, 驚いたもの, 驚いて, 驚かされた, 驚歎の, 魅力を, 魯粛は

▼ 容子~ (93, 6.3%)

11 ない 4 なかった 3 なく, 見せなかった 2 なかつた, なく灯, 御口, 未だに私, 見えません, 見せなかつた

1 [60件] あった, ありながら, ありません, あるので, いい, うかがわれる, して, しないという, すぐれて, すこし和らい, その手, ないし, ない具行, ない半兵衛, ない後ろ姿, なくかえって, なくじっと, なくすらすら, なくただ, なくまた, なく一輪挿し, なく両, なく云, なく冷然, なく弓弦, なく徐に, なく思い, なく羽, なく茂って, なく首, まことに静か, まだわし, みじん見えない, 以前と, 何も, 先づ人並の, 分らないので, 大人びた, 嬉しい事, 手に, 眉毛まで, 聞いて, 能く, 腑に, 表は, 見えない, 見えないこと, 見えないですから, 見えなかった, 見えなかつた, 見える, 見せずに, 見せず若い, 違って, 野暮で, 金花には, 陰気に, 陰氣に, 隠しきれないで, 鼠の

▼ 容子~ (47, 3.2%)

3 可い 2 いい女, いい方

1 [40件] あまりに落つき払った, あるの, い, いい, いいの, いい中年増, いい事, いい何処, いい噴水, いい背, うちにも, お変わり, お方かな, ただならぬ一途さ, ときは, もとに, ようであった, 中に, 人だ, 何時の間にか変っ, 佳い女, 佳い美しい姉さん, 千鶴子は, 唐沢氏は, 好いこと, 好い年増, 官兵衛であった, 常になく, 彼が, 悪い男, 樹脂で, 濱萵苣しかも, 無いにも, 男ぢや, 立派だつた, 裡には, 見えない程, 變つた處へ, 賤しく, 違う眉毛

▼ 容子では~ (27, 1.8%)

2 ない, ないか, なかった

1 [21件] いつとも, この婆さん, この方, この男, それ程でも, そんな憂い, たいへん将軍, たしかにまだ死なない, どうしても茶室, なお強, まさしく片手裁き, まるで骨肉, 与しやすい, 今夜は, 危ないほどの, 多分儒者, 当分仕事らしい, 所詮自分, 決してすれっ, 特にそういう, 私どもも

▼ 容子~ (25, 1.7%)

2 あまり違つて, 云ひ

1 [21件] いい今時, いい月夜, いい習慣風俗, いい顔立, いったら, いったら見るからが, いひ月夜, いひ申し分, その頃, てなく酒, 云いヒョッ, 云い先ず, 云い最後, 云うの, 云ったら母, 同じよう, 夫婦が, 市中の, 朗々たる, 言い酒井, 言ひ

▼ 容子~ (22, 1.5%)

2 か妾, が

1 [18件] からどうしても, か見る, がそち, が其の, が家康, が烟, が貞之進, しお市の方, し空腹, ぞとかう思ふ, という, といふ, とおれ自身, とか片腕, と如何にも, と銀座, ね, ものお前さん何だって

▼ 容子~ (17, 1.2%)

6 のである

1 [11件] のが, のだ, ので, のでこれ, のです, のでそれ, ので孔明, ので密か, ので突きつめた, んでがすね, んです

▼ 容子でも~ (15, 1.0%)

3 ある 2 なかった 1 あった, あるが, ないか, なく, 偸み聴い, 分りそう, 大体庸三に, 察しられた, 表面に, 見て取れる

▼ 容子にも~ (14, 1.0%)

2 少しも

1 [12件] その日, どこやら, ほとんど何らの, 似て, 御身分にも, 微塵狼狽えた, 微塵狼狽へ, 悪気らしい, 袴野は, 見えた, 観えるもの, 頓着せず

▼ 容子から~ (12, 0.8%)

2 考えて, 言語動作を 1 さてはと, して, 今日いまここに, 口振りまで, 御性質, 見れば, 醒めない嫁, 野中に

▼ 容子だった~ (11, 0.7%)

1 [11件] からである, がこの, がそれ, がふと, が大隅, が私, が軈て, が道三, ためしばらく, とか申し, のです

▼ 容子~ (10, 0.7%)

2 態度が, 表情の, 言葉や 1 いかにと, おつぎ, テレが, 言葉扱いが

▼ 容子には~ (9, 0.6%)

1 これまでの, さほどな, その夕べ, ほっとしたい, 一倍と, 声にこそ, 少しも, 弱ったね, 範国も

▼ 容子であった~ (7, 0.5%)

1 がこの, がすぐ, が取次ぎ, が東儀, が調子, そうです, のにいったい

▼ 容子じゃ~ (6, 0.4%)

1 おれの, 十年くらい, 狐どころか, 自殺する, 華厳の, 駄目だ

▼ 容子とは~ (6, 0.4%)

1 まったくべつ, まるで違っ, 打って, 田舎に, 表裏の, 違つて俄に

▼ 容子である~ (5, 0.3%)

2 から丸亀夫婦 1 か, から察しる, と書い

▼ 容子などは~ (5, 0.3%)

2 見せずに 1 あまり日本, 余り日本, 更に見えなかつた

▼ 容子探り~ (5, 0.3%)

1 にやっ, に先駆け, に参った, に早, に行った

▼ 容子あり~ (2, 0.1%)

1 げな, げに

▼ 容子~ (2, 0.1%)

1 えそれでも, こっそり見

▼ 容子かと~ (2, 0.1%)

1 お袋が, 家の

▼ 容子がち~ (2, 0.1%)

1 がつたやうに, がふ

▼ 容子こそ~ (2, 0.1%)

2 大人びて

▼ 容子さん~ (2, 0.1%)

1 とをいらいら, と競争

▼ 容子だつた~ (2, 0.1%)

1 がしかし, が意味

▼ 容子でした~ (2, 0.1%)

1 がやがて, が御門

▼ 容子です~ (2, 0.1%)

1 から, と朝

▼ 容子という~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 容子とには~ (2, 0.1%)

1 溢れるやう, 溢れるよう

▼ 容子とを~ (2, 0.1%)

1 見くらべて, 見くらべも

▼ 容子なぞを~ (2, 0.1%)

1 話した, 話したり

▼ 容子など~ (2, 0.1%)

2 見て

▼ 容子などには~ (2, 0.1%)

2 一切頓着しない

▼ 容子などを~ (2, 0.1%)

1 想像し, 書きたいという

▼ 容子なんか~ (2, 0.1%)

1 あン, よく思い出し

▼ 容子ばかり~ (2, 0.1%)

1 である, 見まもって

▼ 容子また~ (2, 0.1%)

1 わしに, 良人を

▼1* [71件]

容子あって父, 容子いかがとこ, 容子いかにと聞耳, 容子いかにも磊落で, 容子紋の, 容子がと婢が, 容子がをかしかつ, 容子これにて御免, 容子さえどこかに, 容子さすがに名門, 容子じゃが貴殿大和田殿御一家の, 容子そっくりの容子, 容子ただ事ならず思われるので, 容子たつぷりで, 容子たら容色たら, 容子だけでなりと, 容子だけしか彼には, 容子だけに驚くの, 容子だけはかう云, 容子ったらないん, 容子であって, 容子できよろ, 容子でして, 容子でないことで, 容子でなく信濃ノ, 容子とかそうした何, 容子とが交叉し, 容子とにじっとひとみ, 容子どんな風か, 容子ながら帝は, 容子なぞでは, 容子なぞも考へ, 容子などが余程せつ, 容子などにまで栖鳳先生の, 容子なり甚だ美しく, 容子なるによって急ぎ, 容子なんぞして, 容子にさえ見えた, 容子にだけは彼も, 容子目許に, 容子ばかりも見て, 容子気を, 容子ほどにはいかないから, 容子まで変って, 容子までが反對, 容子まではまだ窺い上げ, 容子までを恐ろしきまでに, 容子むんむんと厭, 容子よくちやんと, 容子よくぽつと色, 容子よりもしごくのどか, 容子らしいので玄徳, 容子らしくすると次の間, 容子をも無視し, 容子たらない, 容子たら亡母さん其儘, 容子乍らも何處, 容子化粧の奢り, 容子変りきて, 容子差し覗き候所篠宅の戸, 容子申こし, 容子振つた態は, 容子振りでじき, 容子振る幾つもの, 容子来る十一日石清水八幡宮に, 容子案内して, 容子次第で, 容子浪士取締り見廻り隊, 容子然るべき一方の, 容子箱丁がそっと, 容子に來