青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家来~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

家中~ 家人~ 家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来
家来~
家臣~ 容~ ~容子 容子~ ~容易 容易~ 容貌~ ~宿 宿~ 宿命~

「家来~」 2034, 22ppm, 5238位

▼ 家来~ (307, 15.1%)

7 ように, 一人が 5 一人に, 一人は, 顔を 3 不調法は, 者に, 者を

2 [23件] ころは, ために, ひとりが, やうに, ような, 一名が, 丈助も, 中から, 中で, 勇助が, 急を, 方が, 方を, 痩せたる刺客等, 目には, 箕部五兵衛は, 者が, 者たちが, 衆も, 誰かが, 身として, 身分として, 鬼が

1 [223件] ある一人, いったこと, うしろに, うちで, うちに, うち一人は, うち骨の, お言伝, かたき討, くせに, けじめが, こと吾輩のみが, このよう, すがた, つもりで, ところへ, なかでは, なにがしと, はしにでも, ひとり, ひとりに, ふたりも, ものどもは, ものも, やつふたりも, アブナアが, サンタクローズに, パシユカの, フラテは, ヰクトルと, 一す, 一人であるらしい, 一人と, 一人といふだけの, 一人の, 一人はかの, 一匹は, 一族また, 一日, 一部の, 丈助と共に, 三匹の, 不心得などから, 不調法にも, 不調法を, 中には, 中にも, 中仁は, 二三が, 二三人は, 二人が, 二人とも, 二疋の, 五人ばかりの, 人たちは, 人の, 人達と, 仕置は, 伜殊には, 伯父さんだ, 例の, 保証が, 先生の, 内二派に, 分だろう, 分際として, 別荘へ, 前では, 務は, 口の, 叫びが, 可児才蔵と, 右馬介を, 吉良, 名などを, 名は, 命とを, 命より, 唐人は, 唱が, 器量骨柄を, 四天王の, 回向でも, 声が, 大半は, 奴どもが, 奴ばら, 奴共も, 妾にとりましても, 娘だ, 子で, 子供に, 宇田金五郎という, 安否とな, 完全な, 定説な, 家で, 家へでも, 家老長井長弘も, 小幡民部という, 小領地, 少しの, 尽きぬ怨み, 屋敷前を, 岸田右内さんの, 川村隠岐守が, 平助に, 幾人かが, 幾人かを, 幾人は, 彼も, 後方へ, 忠平という, 急に, 息子さんが, 息子たちが, 情合だ, 惣助という, 愁訴で, 所作か, 手には, 手を, 才木茂右衛門と, 指令を, 救ふて来た, 数名の, 方から, 方で, 方に, 方ばかり, 明智光秀に, 智慧の, 暴言悪く, 本庄采女を, 束縛は, 来るの, 松永久秀に, 果てよと, 横井弥兵衛を, 檜熊の, 武士とは, 死を, 気風は, 注意で, 渡邊織江とかいう, 滋賀右馬大, 無調法を, 熊さんが, 熊太郎が, 熊太郎と, 猪早, 猿共に, 甘利八郎太夫と, 生殺与奪の, 用意のと, 田中伝右衛門と, 申したこと, 男は, 男女は, 眼の, 私へ, 私を, 端に, 粗相は, 罪は, 老爺も, 者, 者と, 者の, 者は, 者も, 者らしく, 者共に, 耳に, 耳を, 肩から, 背に, 若い武士, 若党や, 藤内兵衛遠, 藤助だ, 藤左に, 蟹奴から, 蟻に, 血を, 衆が, 衆と, 衆は, 衆まで, 衆を, 覆面武士の, 討死し, 話に, 誰にも, 趙累が, 足もとに, 身が, 身で, 身でも, 身分の, 身扮です, 逐電おまけに, 連中が, 道, 采女と, 重なる者, 野西春行を, 長田忠致という, 間柄だ, 関係に, 隔てなく召仕, 雉六は, 雑兵約, 面目が, 顔ばかり, 首が, 首で, 首の, 首は, 鬼は, 鬼王団三郎の, 麁相などは, 黒牛という

▼ 家来~ (211, 10.4%)

13 して 10 なって 7 なりました 6 命じて 3 いいつけて, するか, なった, 命いつける 2 お言いつけ, なったの, むかって, 三間半の, 持たせて, 持って, 負わせて

1 [149件] あんな怪物, お前等二人の, お命じ, かかえたので, かくの, かつがせた箱, こんな箇条, ご遠慮, されて, した, したいという, したが, したつもり, したの, した後, してやらうと, してやる, してやろう, しましたが, しようなどとは, すぐアラジン, する, すること, その運動方法, たすけられて, つめ腹, なっただね, なった方, なった者, なってたから, ならないか, なりたいと, なりたがって, なりに, なりましたので, なりましょうと, なります, なり切って, なる, なるか, なるだね, なると, なるの, なるべき人, なれと, はなしかけた, はやく行っ, ひとりも, ぶんどりの, まあなにか食べる, よき役儀, わたしわが子信豊, 一人ひとりつらい, 丁度出逢った, 丈助という, 三宅左近と, 云い付けて, 云って, 人並外れ, 仕立て例, 代って, 任して, 使って, 供や, 偉いの, 内緒で, 助けられて, 去年の, 口説かれて, 只の, 召し抱えること, 向かいささやかれたよう, 向って, 向つて, 吩附て, 命じ同じ, 堀勝名が, 失策が, 導かれて, 就ても, 届かないと, 島安太郎と, 平常より, 幾らかの, 従いて, 恃んで, 悪人が, 成って, 戦の, 手丸の, 扶持を, 担がせて, 拳に, 指図した, 掌を, 教わって, 敵と, 文武の, 斬られて, 斬り殺されて, 暇を, 止められて, 武芸者は, 殺された上, 気まずいもの, 水司又市と, 汗を, 汝は, 渡しながら, 渡辺綱卜部季武碓井貞光坂田公時という, 渡邊織江と, 満足し, 焚せる, 無心を, 申付け, 相違有りません, 知行六百石の, 福島何某という, 空駕籠を, 羊を, 美濃金山の, 自分の, 至っては, 舁が, 見せますると, 言いつけて, 言いつけ何, 言いふくめて, 言いました, 言い付けられました, 護られて, 身を, 迎えられて, 送られて, 逢って, 連れて, 連れられて, 違えねえッ, 遠い親戚, 遠慮する, 鎌の, 門を, 随い, 難儀いする, 非ず, 面師を, 顎で, 顎を, 駕籠側を

▼ 家来~ (160, 7.9%)

3 駈けつけて 2 ありまして, ある, 主人の, 付いて, 全部反対で, 来て, 殿様の, 附いて

1 [141件] あって, あはた, あべこべに, あやまって, あります, あるとよ, あわてて, いきり立ったとき, いそいで, いたもの, いて, いばった顔, おありなさる, かう言つて, きら星, ぐるりと, けわしい眼, この猿, ごいっしょ, すくねえ, その名, その遺志, それは, それを, だまって, だんだんに, できたの, できたので, どうしてあんな, どんなにおすすめ, なめれば, ひそやかに, ふえては, まけても, まず食べ始め, また呶, また御迎え, もっと気, やると, エッチラオッチラ大, キモを, ナプキンに, ハーガからの, ボンボリを, 一人ある, 一人二人と, 一朝の, 一種の, 三人辻講釈で, 上から, 不安な, 不義を, 不調法を, 主人と, 主人に対する, 主人を, 主君の, 主君を, 二人つながっ, 二人で, 二人ばかり, 二人番する, 互に眼, 人足が, 今にも神尾主膳, 今もっ, 今頃こんな, 代り番に, 仮病を, 仲間に, 住むには, 何べ, 出て, 出世を, 剃刀を, 勝頼の, 十人ばかり, 厳そかに, 合槌を, 嘸案じ, 四五日前に, 四人で, 土井に, 墓場の, 多勢いた, 大勢いる, 子供を, 実権を, 寄って, 尾張の, 居た, 引っ込んで, 強盗を, 待って, 御主人様, 恐縮し, 悪い事, 悪かった, 悪心を, 或る, 手に, 手を, 折敷の, 持ち切れぬよう, 持って, 捧げ物, 数人詰め, 数代神妙に, 昨夜吉良上野を, 有りまして, 朝から, 東の, 枕を, 横浜郊外の, 武者あぐらを, 決して背きませんで, 町屋の, 疑って, 皆揃っ, 立つて, 粗忽を, 約七十人, 編笠を, 自分の, 若者の, 葭簀で, 袂を, 言ふと, 誓ったこと, 諷諫した, 負けるという, 貴方に対して, 走り戻っ, 足を, 道中を, 邪推し, 酒を, 門の, 間が, 雲の, 霊廟の

▼ 家来たち~ (148, 7.3%)

3 に御, はシンデレラ 2 に囲まれ, はすぐ

1 [138件] からその, が, があと, がいろいろ, がさっそく, がなだめる, がやって来ました, がワラワラ, が守護, が急きたて, が恐れ, が東京住い, が皆, が等しく, が裏門, が見る, が邪魔, が馬, が骨, だよ, とふだん, とわかれ, と一しょ, と何, と共に大, と共に夫人, と共に威儀づくり, と共に憤然, と御, と渡り合っ, と異なる, と砂漠, と試合, と話, と話し, にすぐ, にその, にはぐれ, にはそう, には偶然, には分らない, には暇, には気, にめいじ, にもどうぞ, にもわけあたえた, に向かっ, に帰宅, に忘れられ, に恨まれる, に打たれ, に生き, に真剣勝負, のため, のところ, のひねこびた, のテゴチ, の不用心, の中, の亡霊, の何人, の前, の卑劣, の嘆き, の変, の多く, の大きな, の忠言, の慌て, の手, の数, の求め, の疵, の眼, の顔つき, は, はいずれ, はいつ, はお互い, はかり, はせき, はたいそう, はちゃんと, はてんでに, はまだ騒然と, はみな, はみんな, はわれがち, はガラス, はバカ, はマグレ当り, は不幸, は信長, は僧, は八幡社前, は初めて, は困り果て, は少々, は岸, は心から, は心配, は慌てふためき, は時信, は死ん, は殿様, は決してわざと, は目, は相談, は真剣勝負, は血相, は逃げ, は餓鬼大将, は驚い, までみんな命, まで市, もいる, もそう, もはじめて, もみんな, ももう, もわざと, も主人, も口, も彼, も王様, も真っ青, も茶屋, も頭, をうやうやしく, をお供, を入れた, を取り鎮め, を安心, を懲らした, を時々, を追いかけ, を連れ, を集め

▼ 家来~ (144, 7.1%)

14 つれて 10 連れて 3 呼んで, 引き連れて, 手討ち, 指揮し 2 して, やって, 付けて, 使って, 持って, 此方へ, 率いて

1 [94件] あいてに, あわせて, いじめたって, いやしみ良人, おしつけて, おもち, お手討, お集め, かかえて, かかえようと, そっと死刑, つきとばして, つれ提灯持, ひきいて, もち他家, もって, やつて, やり養母, よびました, よぼうと, りっぱな, 一万人連れ, 一人ならず, 一人使っ, 一人召連れ, 一人呉れる, 三四人置い, 三河の, 下段に, 主と, 乞食に, 二十人ばかり, 伴れ, 余が, 供に, 備後守も, 六人連れ, 出して, 刺殺して, 加へる, 召して, 叱りつけたといふ, 叱ること, 呼び止るもの, 呼ぶ配下, 大切に, 大勢ものものしく, 大勢連れた, 大勢配っ, 失うが, 失ったとは, 威嚇する, 嬲り殺しに, 帰さぬと, 幾度も, 庭口の, 引きつれ近く, 引き具して, 従えたまま, 従えて, 手打ちに, 打ち立てしとのこ, 押退け, 持った大名, 止めに, 殺され哀れ散々, 殺すこと, 沢山持っ, 片端から, 生きながら, 用意し, 町に, 皆わが子だ, 相手の, 督し, 糾合し, 置き去りに, 老母に, 螫した, 見かえって, 見つけるやくそく, 見返って, 計る君, 走らせて, 連れられ丹生川平, 遠ざけて, 遠ざけようという, 遣わして, 遣わし秀次公, 鉄砲で, 隣国へ, 集めて, 顧みて, 養って

▼ 家来~ (109, 5.4%)

1 [109件] あるあるけれども, いきり立ちました, いっしょうけんめいになって, おふくろを, かしこまって, きのうと, こういうこと, ここに, ございませんこの, さっそくこの, しゅっと, すぐ藤吉郎, すべて屍を, そういっ, そばへ, それ以来ちりぢり, た, たいがいふるまい, たった五騎, ちょうど前日あたり城内, とうに皆, ないでしょう, なくなつ, なぐって, ひたとひれ伏し, まだ濠, みな俄浪人と, みんな乾干し, みんな点が, みんな皇子を, めずらしい, わずか六人, わずか四, ハタと, ポロポロと, 下等な, 不服で, 両手に, 主の, 主人を, 二人連れた, 二十八騎だけ, 五人か, 何人お召連れに, 其の時, 初めから, 千枝太郎の, 即刻ウマを, 又花壇, 叮嚀に, 四散し, 城の, 大変に, 大帝の, 大抵皆, 女王が, 宝庫の, 家来でございません, 家来でない, 家来らしくしなけれ, 寺の, 少くない, 居ないかと, 山を, 島に, 島津家一家に対して, 幾人も, 幾年と, 当惑した, 彼が, 後から, 心得て, 心配げに, 急ぎ駈下ります, 携えて, 柱に, 此は, 死んで, 残らず暇, 残らず討たれて, 油虫と, 泊めぬか, 火葬で, 皆今川家の, 皆忠義者ばかり, 皆頼もしい, 直垂の, 相談を, 石神様の, 立ちはだかったまま, 笑って, 答えました, 群れから, 自分も, 自動車の, 荷物を, 薔薇を, 表向きみな忠臣の, 袴着用殿様の, 襖を, 見あげましたすると, 討ち果たせそれ, 説明した, 躊躇した, 身分こそ, 道度の, 遥か隔, 電気の, 驚破

▼ 家来ども~ (87, 4.3%)

2 に命令, に申し付け

1 [83件] あまた, か, がこれ, がじ, が不調法, が出, が各, が居並んだ, が居列ん, が引, が引っ返し, が怒りおる, が毎日, が泣きます, が狐, が眼ざめるとまたうるさい, が道, この裁判, でした, でちりぢ, と顔, にいいつけぬ, にはうらみ, には暇, には木像, にひと泡, にもウチ, にも申しつけ, にも真, に任し, に向っ, に対して一途, に死傷, に見限られる, に言った, のののしる, の中, の仕業, の口, の口々, の怒り, の手, の疎漏, の腕, の苦心, の言い条, はいつ, はことごとく, はこの, はたくさん, はみな, は一度, は主人, は人足, は今更, は何と, は信用, は剣, は口々, は家来ども, は心得, は意地, は目ざす, は素直, は翌朝, は退屈, もいる, も侍女ら, も勇気, も持て余し, も案じ, も躍起, も遠, をいかに, をつきまくっ, をつれ, を宮, を怪訝, を手古摺らせる, を持っ, を洛中, を眺め, を追い払っ

▼ 家来~ (64, 3.1%)

2 あつた, 立派な

1 [60件] おいらは, おざる, お年は, お馬廻り役, こいつは, ござえますから, さあ, しかもそれ, すら生かし, それからが, でも, みな官兵衛の, よく主, わずか五十石暮らし, わるいです, ツイきのうまでは, レクと, 一旦坊様, 三十石も, 主人と共に, 人を, 今は, 今村要人とかいう, 何も, 何石の, 八百石を, 去年の, 国事に, 宜い, 家敷を, 小川様, 居ちゃ, 居ながら, 店請致し, 彼には, 彼奴の, 御所の, 忍びの, 本郷弓町に, 松山久馬様と, 柳田典藏と, 榊原を, 正木様, 殊に児, 毎晩ここに, 水司又市と, 水司又市様と, 泉州堺の, 漆間蔵六という, 父は, 百六十石頂戴致しました, 神崎定右衞門という, 聊か御, 苗字は, 若い中, 謂わゆる復家来, 遠山龜右衞門とは, 野澤源作という, 間にあわせる, 駒込の

▼ 家来~ (58, 2.9%)

1 [58件] あったが, あるもの, いるが, お由羅, がっかりした, この中, この通り, ずッ, その騒ぎ, なかった, なくたまたま, なければ, ねえという, また家来, みな喧嘩好きである, みな日本の, みんな同じ, わらわらッと, 一しゅんに, 一しょにか, 一人, 一族も, 一朝に, 今は, 今更考える, 侍女共も, 入りみだれての, 共々に, 切るん, 同様その, 多くは, 多く集まった, 多勢附い, 大勢ある, 女も, 女中も, 家来だ, 従いて, 微笑みながら, 怪しむよう, 抜からず焼いたの, 持つ郷士, 新しいカンバン, 有りましたが, 決して模範的, 沢山あり, 沢山江戸藩邸, 流石に, 無茶な, 無論わし, 痩せて, 皆朝夕この, 見習いの, 訊いて, 負けず劣らず大食, 連れずたった, 遅かれ速かれ皆それ, 馬鹿だ

▼ 家来~ (55, 2.7%)

2 がその, がふさふさ, が追っかけ, に言いつけ

1 [47件] から一々, がいつかそれ, がすぐ, がグデングデン, が先廻わり, が四方八方, が大勢, が後, が現われた, が皆, が花火, が走り出た, だ, であった, と酒宴, にくれぐれも, によって掻き乱され, に取りまかれ, に合図, に対して, に対する圧倒的, の中, の助け, の外, の誰, の面, は, はたいへん, はギェーッ, は勿論, は千俵, は大はしゃぎ, は度々, は御, は心配, は意外, は手分け, は次第, は相談, は走りかかり, までが手, も主人, も随, も顔, を, をズツ, を幾人

▼ 家来~ (48, 2.4%)

3 なって

1 [45件] あるからは, いうよりも, いえば, いっしょに, いって, いっても, おぼしめして, お伴とを, お角さん, した, し奴隷, そこへ, ちりぢり, なった, なったの, なり家, なり得意, なり業, なり長井, みえて, ゆるしたこと, 不義の, 中曲輪の, 云う事, 云う者, 云う資格, 云ふ, 別れる時, 名乗って, 家来も, 思って, 思わんとな, 申しても, 知って, 知らずに, 知らず鉄砲, 確かに, 約束した, 聞くからは, 言っても, 言ふ, 身分を, 隠密など, 顔見合せ, 駈落

▼ 家来~ (40, 2.0%)

1 [40件] からお, がお, が力, が変, が寄り, が辻, が迎え, が馳せ, であること, でなければ, とあれ, とても, とも見えません, と共に厳重, と馬, にお, に不審の, に叱られましょう, に対しては昔, に帰っ, に限ります, のお, のなか, の口, はなんと, は兎, は別室, は大勢, ばかりあ, もたいがい, もたんと, もみんな勝手, も嘸, も心配, も数多, も有る, も板, も苛, や召仕, よりもわたし

▼ 家来~ (39, 1.9%)

2 も皆

1 [37件] があれ, がまどろんだ, が不調法, が何, が大分, が流言, が番, が苦情, と別れ, に対面, のため, のよう, の監視, の着物, の膳, の言葉, の顔, はその, はもう, は今更, は夜, は寝台, は躊躇, は馬, までが御用, もすぐ, もつづい, も別に, も動き出す, も召捕, も自分, も進退, や腰元共, を制し, を引きつれ, を従え, を追い散らし

▼ 家来~ (26, 1.3%)

2 からといっ, そうで, と

1 [20件] からああ, からあんなに, からい, からその, からってもの, から丸, から気, が其の, といっ, とか, と云った, と告げ口, と怪しから, と言っ, もの, よ, よう, アから, ッて, 家来だ

▼ 家来~ (19, 0.9%)

2 工匠や

1 [17件] 下女を, 人夫を, 人民に, 人民共の, 侍女たちも, 侍女どもが, 側近の, 傍輩が, 土岐の, 奉公人なら, 奴隷は, 小者は, 居候といった, 村人を, 百姓は, 腰元を, 荷駄の

▼ 家来では~ (18, 0.9%)

2 ない, ないから

1 [14件] あっても, おまえだけ, ございまする, どちらや, ないが, ないの, ないらしく, ないわたし, なかった, なくて, なく仲間, なく国王, なしこれ, 真鍮巻の

▼ 家来とは~ (17, 0.8%)

2 言いながら

1 [15件] そのひま, ちがって, ちりぢり, 一緒に, 云いながら, 云っても, 何だ, 思いません真実, 思わない今, 思わない伯父, 思わない我儘, 思わねえと, 思われん, 申しながら, 顔を

▼ 家来でも~ (15, 0.7%)

1 [15件] あっしにばかり, あゝやっ, お家の, ない, ないくせ, なかなかあっさりは, なければ, 呼びつけるよう, 呼び棄てるよう, 平民でも, 志の, 殿様の, 落したの, 譜代の, 頤使する

▼ 家来~ (15, 0.7%)

3 に当る 2 の者 1 か何, だもの, だ秀吉, でも国, で丹治, ならば, のもの, の師直, の若者男女, や親戚

▼ 家来という~ (13, 0.6%)

2 ものは

1 [11件] ことで, ことを, のが, のは, ものが, ような, わけじゃ, わけで, 事に, 者は, 資格で

▼ 家来~ (13, 0.6%)

5 のだ 1 のか, のじゃ, ので, のであった, のである, のでございます, のです, んだ

▼ 家来には~ (11, 0.5%)

1 [11件] なれない, 変な, 家老として, 強盗を, 役者も, 押しつける, 木村常陸介どの, 次ぎの, 死んだ者, 珍しい者, 田舎侍多く

▼ 家来です~ (10, 0.5%)

41 から, がふしぎ, って, と誓, どうか, の会津様

▼ 家来として~ (10, 0.5%)

1 これへ, ただ感佩, 召し抱えられたこと, 国民党の, 妾は, 当然受, 牧の, 置きますと, 腹を, 馬込の

▼ 家来であった~ (9, 0.4%)

1 かも知れない, から私, が久しく, が後に, が菊池, が身持, くせに, のが, 年寄が

▼ 家来にも~ (8, 0.4%)

1 いいふくめて, それが, なりたくない, なる, 分らない, 甚だ慈悲, 用人給人中小姓若党中間の, 見離された乱心者

▼ 家来であり~ (7, 0.3%)

1 かつは, たまには, ながらその, ながら家附, また地方武士, 合力の, 朋友であるらしかった

▼ 家来とが~ (7, 0.3%)

1 使いとして, 使用した, 密通の, 話し合いながら, 贅を, 門の, 飛びついた

▼ 家来~ (7, 0.3%)

1 が取っ, が容易, とともに領土, はその, はまたもや, は思い, も来

▼ 家来~ (7, 0.3%)

1 では顔, と一緒, の御, は云う, まで申しあげた, もはや, も日ヶ窪

▼ 家来じゃ~ (6, 0.3%)

4 ないか 1 ない, なかったの

▼ 家来である~ (6, 0.3%)

1 からたぶん, から艦長, が猫, ところの, と云っ, と共にこの

▼ 家来から~ (5, 0.2%)

1 そんな人間性, 受け取つた, 名主へ, 御親類方, 若さまと

▼ 家来たる~ (5, 0.2%)

1 ことは, ことを, ものが, 兄に, 土肥権右衛門が

▼ 家来らしい~ (5, 0.2%)

1 侍が, 旅の, 者が, 者どもが, 連れの

▼ 家来孝助~ (5, 0.2%)

1 だ相川, でございますが, と申す, の復讐, は主人

▼ 家来でない~ (4, 0.2%)

1 ものが, ものの, ものは, 殊には

▼ 家来との~ (4, 0.2%)

1 間が, 間にあった極端, 間には, 間ばかり

▼ 家来とも~ (4, 0.2%)

1 いうべき関係, 思えと, 思って, 離れ離れに

▼ 家来一同~ (4, 0.2%)

1 がすっかり, の手, をまとめ, 遠ざけたから

▼ 家来二人~ (4, 0.2%)

1 うかがいいず, は矢走, をあの, を添え

▼ 家来同様~ (4, 0.2%)

1 な訳, に使える, に畑, 使って

▼ 家来有助~ (4, 0.2%)

1 が頼まれ, と申す, は姿, を取っ

▼ 家来~ (3, 0.1%)

1 わからないが, 九谷の, 浪人かぐらいは

▼ 家来さん~ (3, 0.1%)

1 に逢わせ, の為, 危うが

▼ 家来だろう~ (3, 0.1%)

1 これでも, ね, 三崎の

▼ 家来にて~ (3, 0.1%)

1 お馬廻, 三百石取りの, 澤田右衞門の

▼ 家来みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, なもん, な形

▼ 家来思い~ (3, 0.1%)

1 なご, な秀治, の切

▼ 家来~ (3, 0.1%)

1 なるあり, 三位, 三位くやしけれ

▼ 家来渡邊織江~ (3, 0.1%)

3 と申す

▼ 家来すじ~ (2, 0.1%)

1 だって今どき, の者

▼ 家来だけが~ (2, 0.1%)

1 御殿を, 正三君の

▼ 家来だった~ (2, 0.1%)

1 か, のである

▼ 家来でした~ (2, 0.1%)

1 が李, ね

▼ 家来としての~ (2, 0.1%)

1 為すべき, 義理が

▼ 家来としては~ (2, 0.1%)

1 君辱められる, 弁慶よりも

▼ 家来などと~ (2, 0.1%)

1 偽り右よう, 唱え追い追い東下

▼ 家来なども~ (2, 0.1%)

1 住ませる事, 多くなる

▼ 家来にでも~ (2, 0.1%)

1 なれと, 見付けられてはと

▼ 家来になど~ (2, 0.1%)

2 ならな

▼ 家来ばかり~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 家来~ (2, 0.1%)

1 いった, 手いたい

▼ 家来までが~ (2, 0.1%)

1 わしを, 見習うて

▼ 家来~ (2, 0.1%)

1 が無調法, を遠ざけ

▼ 家来一人~ (2, 0.1%)

1 をつれた, 振の

▼ 家来下河原清左衞門~ (2, 0.1%)

1 と申す, 其の方

▼ 家来~ (2, 0.1%)

1 での老巧者, の凡て

▼ 家来共一同~ (2, 0.1%)

1 そのこと, その事

▼ 家来~ (2, 0.1%)

1 だという, になった

▼ 家来十人~ (2, 0.1%)

1 は娑婆, ばかりと共に所領

▼ 家来原丹治~ (2, 0.1%)

1 という人, 同丹三郎

▼ 家来小川鯰~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 家来弥藤二~ (2, 0.1%)

2 は松明

▼ 家来火葬~ (2, 0.1%)

1 ときめ, と前段

▼ 家来金吾~ (2, 0.1%)

1 の仇, の身

▼1* [218件]

家来ありで胡赤児は, 家来あわてて帰っ, 家来かと聞くから, 家来かのように, 家来がたの背, 家来がちゃあんと, 家来けんぞくま, 家来ござればその, 家来さまが眼, 家来しっかりしろ, 家来しゅうがみな備前, 家来じゃというて, 家来その家来が, 家来たち四十七人が切腹, 家来だけに一杯飲ませる, 家来だけを進退し, 家来だったらよかった, 家来だの何だ, 家来ちかごろのほりだし, 家来であって家来, 家来でありましたからそん, 家来でございまして手前, 家来でございます無闇に, 家来でなくどうか御, 家来でなければ先生, 家来というのみでありし世, 家来といふことで, 家来とか聞きました, 家来とて主に, 家来とでもあった, 家来とに於ても, 家来とを一と, 家来と共に五百マイル以上の, 家来ども七百戸三千七百余人の人員, 家来なぞもあるから, 家来などがわたくしたち夫婦の, 家来などとはとんでもない, 家来などの使いは, 家来などは心配し, 家来などを手当する, 家来ならどんな非理, 家来ならぬ新田殿の, 家来なり妹を, 家来なり迂濶の, 家来なる忠臣岸田右内と, 家来なんかつれないで, 家来なんかはいないの, 家来なんぞと云うこと, 家来なんぞは虫けらの, 家来にとつて余り大事でない, 家来にとってよいもの, 家来になつたのは, 家来にまで苦労を, 家来によって議せらるる, 家来に対するように, 家来のというのは, 家来はいふまでもない, 家来はな折角君, 家来への命令この, 家来まかせにし, 家来または僕婢の, 家来まであるからな, 家来みんな家来で間にあわせる, 家来むこうはお, 家来もしくは書生同様に, 家来もつれずたった一人, 家来もつれずたつた一人の, 家来より弟正季に, 家来らしかったが, 家来らしき者が, 家来らしくしなければいけない, 家来わたしは友さん, 家来をもちまして書面に, 家来を通じてぜひそれ, 家来サソクに南蛮鉄, 家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 家来モ六ツカシク大心配ヲシテ, 家来一二人を召連れ, 家来一名とんだあ, 家来一統は白い, 家来三人がよそながら, 家来三四人を撃ち負かした, 家来下妻左衛門尉であること, 家来下河原園八郎がお, 家来不足で処置, 家来三人ずつと, 家来中田千股老女の喜瀬川, 家来主人の敵討ち, 家来九人を葬, 家来二人中間三人下女二人であったが, 家来五六騎と共にそっと, 家来井上勝の孤弥六, 家来仁田の縁類, 家来切藤五と, 家来仙波小太郎と申す, 家来以下です, 家来任せということ, 家来伊東玄朴松平三河守慶倫家来遠田澄庵松平駿河守勝道家来青木春岱に奥医師, 家来伊東貫斎が奥医師, 家来伊沢磐安黒田豊前守, 家来の某, 家来何人としるし, 家来傳助がこれ, 家来内藤正三位きさま, 家来加藤八弥太じゃよ, 家来勘八に申, 家来勘八頭を上げえ, 家来医者も家来, 家来十七人切腹致し渡邊祖五郎, 家来十幾人は三浦方, 家来十数名が先着, 家来原丹治親子で危, 家来原田某の妻, 家来及び浪人で, 家来可児才蔵である, 家来右内と密通, 家来吉田弥三左衛門が止む, 家来同様宗任をかわいがっ, 家来向き諸荷物人足五十二人, 家来善藏などに飯島様, 家来四人は徒歩, 家来国ニ残ツテ独リ召サレ直チニ東京ニ赴ク, 家来土肥権右衛門という者, 家来堀内伝右衛門をわざわざ, 家来堀川舟庵それから多紀楽真院門人森養竹, 家来堤五兵衛松田又市柿権八などを顧み, 家来大久保長安あれはいま甲府, 家来大塚彦兵衛だった, 家来大目附百石岩田十大夫女百合として願済, 家来天鼓流の築城家村上賛, 家来太田忠兵衛が働い, 家来奥富三郎兵衛がそれ, 家来奥村主殿若党四人に大, 家来孝助殿か立派, 家来安中越前守長房これなるは, 家来家中の者, 家来家来を計る, 家来小倉亘妹縁談願之通, 家来小者の一勢, 家来屋代某の女, 家来岡崎十次郎の顔, 家来岡本半助, 家来岩瀬某と申し, 家来島左近に討たれた, 家来建築技師も家来, 家来当り前なら膾, 家来当時細川家に御, 家来主人が, 家来憚りだが, 家来成斎がいかに, 家来戸塚静海松平肥前守斉正家来伊東玄朴, 家来所謂陪臣の身分, 家来扱いにする, 家来数人この難, 家来数名船のほう, 家来日置帯刀に謹慎, 家来早川三左衞門の胤, 家来有竹の息子, 家来有竹某と云う, 家来木下藤吉郎という者, 家来本庄茂平次金座お金改役後藤三右衛門並びに中山法華経寺事件, 家来村上彦四郎義光や平賀三郎, 家来柏原彦右衛門にご, 家来の女, 家来の者, 家来梅津宗三が打っ, 家来をたて, 家来殆ど全部ひきつれて, 家来殿に話した, 家来民谷玄蕃という男, 家来水司又市と仰しゃいます, 家来添差遣仕候処途中, 家来渡辺金太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 家来渡邊という者, 家来澤田右衞門様のお, 家来玉木勝三郎組合の辻番人, 家来を訴え, 家来用人八十石渋江官左衛門次男という名義, 家来田子大弥太, 家来田村彦之助は四文揚げ, 家来相良金吾様を熱海, 家来真柄十郎左衛門が途方, 家来眷属というもの, 家来石坂左門次に命じ, 家来秋月喜一郎というは彼, 家来稲垣左近右衛門と云, 家来竹中久作とはわが, 家来竹内玄同徳川賢吉家来伊東貫斎が奥医師, 家来竹田の太郎, 家来竹田某は日本, 家来等お供を四人, 家来老人であるからと, 家来から下ろし, 家来自身からは何, 家来を止めん, 家来船上忠助という者, 家来萩田与三兵衛吉田喜四郎河田郡兵衛坂乃木磯八の四人掛り, 家来藤助とか孝助, 家来衆めしつかわれるもの, 家来衆雇人たちのよう, 家来誠に恐入りましたが, 家来賀川肇を襲撃, 家来赤根忠右衛門宛の雲浜書翰, 家来辻貞叔は大福餅三百二十, 家来遠山龜右衞門の御内室, 家来野澤源作と申す, 家来金吾様と共に戸, 家来鈴木伯寿の子, 家来鈴木忠次郎忠三郎の兄弟, 家来長屋の一棟, 家来関宗兵衛寺川左馬助の二人, 家来青木春岱に奥医師, 家来青柳又八郎その不面目, 家来高間秀行僧快全, 家来鳥居強右衛門とよぶ, 家来鹽原角右衞門と云う, 家来黒川孝藏様へお