青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「姑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~始め 始め~ ~始めた 始めた~ 始めて~ 始める~ ~始末 始末~ ~始終 始終~
姑~
委員~ 姪~ 姫~ 姫君~ ~姿 姿~ ~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~

「姑~」 1216, 13ppm, 8727位

▼ 姑~ (226, 18.6%)

5 方を 4 前へ 3 やかましいが, ような, 下に, 方で, 気には, 跡を, 顔を

2 [18件] お百, お秀, ために, ふでは, まつは, ように, 世話を, 事を, 側を, 方へ, 機嫌に, 氣に, 爲に, 爲め自己の, 病みて, 許を, 身に, 髪は

1 [160件] ある家, いがみ合って, いわゆる, おとせに, おとも, おまき, おまん, お八重, お定, お角, お鳥, ことだ, ことなれ, こと意地くね, そして小姑たち, その敵, そばに, たどたどしい筆つき, ちょっと席, ないところ, ないアメリカ, なかつたこと, なきあと, ふでが, ふでと, ふみ女が, まつが, もとに, やうな, やうに, やっさもっさが, ような年取った, ゐる里, オナリ婆さんは, ニコ, 一存で, 一生の, 一言は, 上に, 不法な, 不用に, 世話だ, 争いは, 事などを, 二段の, 人相を, 仕来りとは, 仲に, 伊勢子の, 伴ばかり, 側に, 側の, 傍に, 傍を, 共に, 出かたを, 前が, 前で, 前では, 前に, 前を, 勝ちだ, 勢力が, 口へ, 味方であるらしく考へられる, 味方に, 味方を, 問題などこそ, 喧嘩から, 地位に, 墓が, 奥さんな, 女さすなわち, 如き地位, 妬氣も, 字である, 家に, 家の, 容子に, 小言の, 少くない, 尼, 居間よりも, 干渉を, 床の, 後ろ影, 後を, 後裔なり, 微かな, 心に, 心も, 心を, 思える様子, 意に, 意を, 意地の, 感情が, 感情を, 所有物と, 手を, 手紙が, 手紙の, 手紙を, 扶養と, 批難に, 支配の, 方が, 晩節を, 曰くお前おまけだ, 枕元へ, 権威で, 機嫌も, 機嫌を, 死水を, 気に入っても, 気に入らんの, 気分は, 気持は, 浅野又右衛門夫婦で, 為に, 為めに, 無情非理を, 生命に, 田舎らしく, 病氣の, 療病に, 目ざといの, 眉を, 眼が, 福田に対する, 立場の, 聲として, 聲今聞ゆ自らの, 背を, 背中に, 背後へ, 胴着を, 膳を, 苦しさ, 萱野夫人とに, 葬式の, 虐遇に, 衣類が, 言うが, 言付で, 言葉に, 話あの, 話など, 貌は, 辛さ, 過ちでない, 部屋の, 鑑遠から, 間に, 関係は, 閨に, 顔色を, 髪を, 髷が, 鼻

▼ 姑~ (177, 14.6%)

9 措いて 7 擱き 4 これを 3 之を, 問題の, 此に, 置く 2 下の, 友の, 妄に, 拒むらしい, 擱い, 自分の

1 [133件] これに, さう, その絶対独立, それに, たつて, の間辛抱, はその, は目, フイツシエルに, フォイトの, 一個の, 下に, 不義の, 丙午を, 二三の, 二女史の, 人と, 休んで, 休息の, 伝説として, 伝説を, 佇めり, 保留し, 信ずるより, 共に, 其の系統論, 其方法によりて, 其要を, 別個の, 前の, 前人の, 前者を, 助太刀の, 右の, 君臣略伝の, 問は, 問はず, 問はずたとへば, 問はずま, 問はず事の, 問はず紋服そのものの, 問題外として, 喫烟に, 填めたに, 家に, 家を, 差措き, 差置き兎, 差置き扨, 巻を, 弟の, 形ある, 待つて, 心理と, 忠告に, 惜き, 慣れて, 憂を, 成文神話を, 我が爲め, 打案ぜし, 捜索の, 掛れり, 推問答の, 措いても, 措きて, 措きまして, 措き以上述, 措き余, 措き稗史, 措き蝮, 措き鰐水, 措く, 措くと, 措くとして, 措くも, 措く後者, 擱かう, 擱く, 旧の, 昔からの, 書かずに, 望まれない, 未解決, 来て, 榛軒は, 此研究を, 此詩中に, 淺井氏所藏の, 生きて, 用と, 男の, 男女同権は, 画を, 疑を, 疑問として, 病人を, 祀つたの, 私の, 窓に, 窓の, 立てるなりけり, 第二, 絶対的といふ, 絶滅した, 置かむ, 置け, 脱すれ, 舎き, 色にも, 茶山が, 蘭軒が, 蘭軒の, 行くと, 見廻して, 言はず切籠燈籠の, 記, 記者の, 話を, 語無, 論ぜずして, 足を, 辞を, 通稱に, 適当な, 録し, 長崎明倫堂の, 関係の, 閣き, 集中の, 音信も, 顧みずと, 黙って

▼ 姑~ (124, 10.2%)

6 對し 5 事へ 4 事うる 3 仕えて, 對する 2 仕へ

1 [101件] あたへ, いじめ抜かれた, いたしました, いびられた嫁, いびられて, いびられる嫁, かしづいた, したがわざると, して, するたあ, その訳, つかえさせるため, つかえたの, つかえ自ら, なったり, なって, なり終せて, なるの, なれないと, なれば, にくまれ機, まかせっ放し, よく事, わびましてね, わを, 事えざるが, 事えた, 事えて, 事えぬ, 事へる, 今日の, 仕うるもの, 仕えさすこと, 仕えその, 仕えるが, 仕えるとは, 仕えるも, 仕える嫁, 仕え子, 仕ふるもの, 仕へた時, 偶然追いついた, 刃物を, 加へ, 向って, 向つて, 向ては, 問ふて, 善い相, 孝行で, 孤立の, 引き止められて, 当たるお婆さん, 当るもの, 当る四十, 従うという, 従うもの, 従順に, 從は, 惡口云つた時には, 愛想を, 感じさせなけりゃならん, 投げ附けた, 持つん, 持とうと, 挨拶した, 捧げる限り, 接するの, 死んだ舅, 氣に, 汝の, 沒我の, 泣かされる嫁, 泣かれて, 添うて, 渡しつつ, 礼足らずと, 練らるる浪子, 背かせん, 良人の, 苛めさせた上, 苛められた事, 苛められに, 苛られ, 苦しい思ひ, 虐げられて, 虐められた嫁, 言われて, 訊ねた, 訴えると, 調和せん, 輕く, 逢った, 逢ったな, 連れられて, 酒を, 里の, 重箱を, 順ざる, 順なら, 順ならざる

▼ 姑~ (95, 7.8%)

1 [95件] いかむ, いよいよ気, おたま, おっ被せるよう, おなじたくらみ, おりおり夫婦, お庄, お粥, かわりに, この通り, こんなこと, さすがに, ぜいたくに, そこでまた新た, そのたんび, その側, それを, つぶつぶの, どうにもそれ, なにか呆け, なんでも, ふと中風, ふと思い出, まだ上, もう五十歳, やはり心, よけいこの, よめを, クレゾオルの, ニコニコした, 一つの, 一人で, 中風夫は, 何でも, 何処からか, 余所行きの, 依然として舅姑, 優しい調子, 先程から, 十娘を, 単衣, 哀しいほど, 固より, 外から, 外へ, 大事そうに, 大切に, 夫の, 如何と, 如何なる場合, 嫁に, 嫁の, 尽く逮捕, 居ない舅, 床を, 弾んで, 待ち受けて, 微かなかすり, 心の, 息子に, 悪形を, 我子夫婦から, 承知の, 折々気, 押しとめ, 掃除の, 散々の, 武家育ちの, 気まり悪, 江戸期の, 浴衣の, 清子の, 温泉行を, 湯に, 無い, 無数に, 無理に, 煮団子, 片見分け, 眼を, 着替えを, 確かな, 神力に, 端然と床の間, 納得した, 自分が, 舅姑に, 良き妻, 茶碗を, 菜穂子と, 言葉の, 誰も, 賢女だった, 鋭利な, 露路口まで

▼ 姑~ (78, 6.4%)

8 嫁との 4 一緒に, 云ふ, 嫁の 3 嫁とは 2 うまくゆかない, 嫁が, 嫁と, 若夫婦

1 [47件] いっしょに, いわれる立場, おぼしき人, して, それに対して, よぶ人, わしの, 一しょに, 一所に, 三人の, 世にいふ, 二人っきりの, 二人で, 二人の, 二人暮しで, 云ふも, 何かの, 出戻りの, 叔母との, 名が, 四人で, 夫と, 夫とが, 妻との, 婦と, 婦は, 婿との, 婿は, 嫁という, 嫁とが, 嫁とに, 嫁妻と, 嫁嫂と, 子供一人とを, 孰れ, 實家の, 小姑に, 年寄りの, 幼きもの, 戰ふ, 折合が, 折合ひ, 清子の, 義妹とが, 老爺の, 話して, 諍い本国へ

▼ 姑~ (75, 6.2%)

2 なくて, 化けた獣, 嫁に, 嫁を

1 [67件] あった, あるから, かわいがって, こんな精神, それを, そんなに罰せられる, たいへんやさしく, どうした, どの様, なぐさめて, ひどく気, もし頬, やかましや, よほど事え, 一人小姑が, 一切家政家事の, 一番大事である, 二人で, 亡くなってからは, 亡くなりますと, 伴れ, 側に, 内職を, 出来あがること, 呼びとめて, 夫婦の, 姦夫を, 嫁いぢめ, 嫁の, 孫娘の, 寝物語に, 尚ほ存する, 帰ってから, 彼女の, 意地わるく, 或理由, 持病の, 死ぬと, 死んだ翌年, 死んで, 沈み考えるよう, 清子には, 湯へ, 為るかと, 父の, 狂的に, 甚だ稀, 皆に, 目を, 總明でない, 腹を, 臥せりがち, 臥せりましたあと, 花嫁に対する, 蓋を, 虐げるの, 言った, 言ふ, 貫太に, 辛かった, 邪慳で, 郷里に, 重い病気, 鏡の, 間に, 頑張って, 食べると

▼ 姑~ (44, 3.6%)

3 刺したという

1 [41件] いびる嫁, おぶって, お持ち, きめつけにか, こきおろした女たち, はばかって, もつて, 侮辱し, 先に, 八百屋の, 刃傷した, 初めの, 刺すという, 刺殺し金銀, 喪った時, 嚇したらその, 大事に, 大切に, 守って, 客観し, 寝ませた, 庇うこと, 往來で, 戴かず気兼, 残して, 毆く, 気の毒に, 滿足させる, 罰する場合, 虐待し, 虐待した, 見に, 見送ってから, 見送りながら, 訪いて, 軽んずる勿, 迎えに, 逮うる, 雇ひ, 離縁し, 養ひ

▼ 姑さん~ (40, 3.3%)

1 [40件] がおもに, がほしかっ, が一人, が亡くなった, が余り, が出かける, が居る, が没, が滅多, たら何, だ, だって勤まるだろう, だと, とうまく, との衝突, との関係, と気, などアメリカ, にぢ, になる, には行っ, にぶつかる, に差上げる, のお, のお家, のむりがむりじゃなく, の人, の仲, の余生, の方, の機嫌, の気にいらなく, の気にいらねえ, の肩, の言う, の身, の間, はあられ, もある, もあれ

▼ 姑~ (26, 2.1%)

2 嫁も, 清子も

1 [22件] ありて, かわいがっては, し嫁, その場, またその, ゐると, 一緒に, 三四年前に, 側へ, 嗤え, 大事に, 夫の, 姉も, 居りその, 来て, 現在目の, 疲れて, 笑へば, 義妹も, 良人も, 言い出した, 馴染んで

▼ 姑~ (21, 1.7%)

3 夫に, 小姑の 2 清子を, 隣組や

1 [11件] 大きい方, 夫が, 定吉は, 小姑たちと, 小姑と, 小姑に, 父親への, 義理ある, 聟も, 自分の, 隣りの

▼ 姑らく~ (19, 1.6%)

3 措いて 2 措きて

1 [14件] かう言, してから, は中入り, 故ら, 棄て難い, 略しぬ, 眺めて, 祀つたの, 置きて, 説くを, 論ぜずすべて適度, 論ぜずとして, 避けて, 預つて

▼ 姑~ (15, 1.2%)

6 鳥の 2 女を, 鳥に 1 と呼ぶ, 鳥さながら, 鳥と, 鳥とも, 鳥は

▼ 姑根性~ (13, 1.1%)

1 [13件] から脱し, から脱する, が潜ん, では到底, というもの, として寛假, なるもの, には種種, に對, は憎ん, をかなり, を悉く, を脱

▼ 姑との~ (11, 0.9%)

2 折合が, 間の 1 いきさつだの, 仲が, 仲悪しく, 折合いが, 軋轢に, 間に, 間にも

▼ 姑らく擱~ (7, 0.6%)

3 いて 1 きても, き上, くと, くとして

▼ 姑小姑~ (7, 0.6%)

1 がゐない, が四人, と云, にたいする, に虐められた, のある, の意地

▼ 姑から~ (6, 0.5%)

1 こんな小言, 伝へられたん, 出して, 為造の, 細い銀, 随分大切

▼ 姑たち~ (6, 0.5%)

2 について私 1 が済む, のこまかく, は一方, への気がね

▼ 姑という~ (6, 0.5%)

1 人が, 人は, 尼姑を, 者を, 関係が, 関係に

▼ 姑~ (6, 0.5%)

1 だの茗荷, であり妙子, では無い, の怒り, は刎, は身

▼ 姑~ (6, 0.5%)

1 から出発, に臨む, の寒山寺, の山水, の者, 即ち今

▼ 姑~ (5, 0.4%)

1 たちへ, と申す, にはなれなれしく, をはじめ, 二人とも

▼ 姑~ (4, 0.3%)

2 郎女様の, 郎女樣の

▼ 姑にあたる~ (4, 0.3%)

1 とても口やかましい, 人が, 人に, 年よりも

▼ 姑には~ (4, 0.3%)

1 すっかり快く, どうにも不憫, 内証で, 絶對に

▼ 姑にも~ (4, 0.3%)

1 まだ洒落, 御亭主, 柔順で, 清子にも

▼ 姑に対する~ (4, 0.3%)

1 嫁の, 新聞紙の, 気兼苦労の, 義理合から

▼ 姑~ (4, 0.3%)

2 于は 1 于が, 于という

▼ 姑おま~ (3, 0.2%)

1 ん, んであり, んの

▼ 姑くそ~ (3, 0.2%)

1 の存在, の影, の連鎖

▼ 姑~ (3, 0.2%)

1 のという, ッて, 小姑だ

▼ 姑~ (3, 0.2%)

1 あつた, あつて, 辛い思い

▼ 姑として~ (3, 0.2%)

1 事えなければ, 仕えなければ, 言えないよう

▼ 姑とは~ (3, 0.2%)

1 仲が, 夫の, 比較し得ざる

▼ 姑とも~ (3, 0.2%)

1 なるつもり, よく折り合っ, 折れ合

▼ 姑への~ (3, 0.2%)

1 奉養, 義理も, 返事を

▼ 姑蘇城外~ (3, 0.2%)

1 に聳え立つう, の蘇, を過ぎ

▼ 姑~ (3, 0.2%)

1 の多, はどう, は其中心

▼ 姑くおい~ (2, 0.2%)

1 てもの, て村役人

▼ 姑くに~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 姑さえ~ (2, 0.2%)

1 その奥, 決して世間

▼ 姑だの~ (2, 0.2%)

1 小姑だ, 母を

▼ 姑つまり~ (2, 0.2%)

2 愚妻の

▼ 姑でも~ (2, 0.2%)

1 ある所, 持ッたら

▼ 姑とが~ (2, 0.2%)

1 何とかだ, 喧嘩した

▼ 姑などと~ (2, 0.2%)

1 云う者, 居る人

▼ 姑に対して~ (2, 0.2%)

1 実に済まない, 朝夕の

▼ 姑はいふ~ (2, 0.2%)

2 めでたしと

▼ 姑より~ (2, 0.2%)

1 出づ, 嚴しく

▼ 姑らく之~ (2, 0.2%)

1 を他日, を龍

▼ 姑~ (2, 0.2%)

1 とが話, に頭

▼ 姑~ (2, 0.2%)

1 あのこと, を打

▼ 姑婆ア~ (2, 0.2%)

2 もよくよく

▼ 姑~ (2, 0.2%)

1 の飛仙, 橋附近の

▼ 姑摩媛~ (2, 0.2%)

1 が南朝, は即ち

▼ 姑~ (2, 0.2%)

1 などへ粗相, にも安心

▼ 姑~ (2, 0.2%)

2 之月

▼ 姑蘇城外寒山寺夜半鐘声~ (2, 0.2%)

2 到客船

▼1* [109件]

よしお婆さんの, 姑からの言伝だの, 姑からは娘の, 姑からばかりでなく社會, 姑くいわず, 姑くおき逍遙子が, 姑くも寛うせんと, 姑く問わず兎に, 姑く強て追, 姑これはあまりに, 姑さまとして初めて, 姑さんこんど雪岡が来たら, 姑すかさずもし覚えなくんば, 姑その人は, 姑そのままとなる, 姑その他と茶の間, 姑そんな事を, 姑たり関係者皆依然として, 姑だけに良人が, 姑だけは晶子さんの, 姑だったのである, 姑だろうね, 姑やありません, 姑である老僧夫婦, 姑であろうとする, 姑でなくたって音, 姑ではなくて, 姑というのもへんだ, 姑とともに家に, 姑とに所有され, 姑などでとどくもの, 姑なにかある小姑何, 姑なる老いたる, 姑なれば仕方, 姑については全く新しい, 姑に対しても相当に, 姑のきげんきづまをとって汗みずたらし, 姑はんに会う, 姑ばかりがその愛情, 姑返事を, 姑へは孝行尽し, 姑またいふめでたし, 姑まであるツ, 姑めいて奉公人たち, 姑やくふらむ, 姑らく内縁を結ぶ, 姑らく和漢三才圖會に従, 姑らく女志士として語らしめ, 姑らく後考を俟, 姑らく時機を待ちくれよ, 姑らく正本に従う, 姑らく此に論ぜず, 姑らく紀に拠つて, 姑らく肉体にこもる, 姑らく胤一つの兄弟, 姑らく自活の道, 姑らく誌して, 姑らく論外として置い, 姑らく郎女様のお, 姑らしい老女の, 姑ラク支那ヲ以テ歐洲大陸ト比シ, 姑ラク本邦中世以上ノ文章ハ, 姑が没, 姑丈さんが鰥, 姑且水を北, 姑勤めを嫌ひな我儘者, 姑酔, 姑に自己主張, 姑たる藤原維幾, 姑夫女ではある, 姑女らしい婦人やら, 姑妄聴之, 姑姑たちのこまかく, 姑のこと, 姑の相聞往来, 姑婆さんが台処, 姑婆さんたちが料理女, 姑の一行, 姑の手紙, 姑小姑たちの目, 姑小姑二人とかかり, 姑といふ島, 姑彼持戒の出家, 姑微笑みて時に, 姑必ずしも薄情ならず, 姑忘聽之, 姑思ひ手ばやに, 姑思案仕候, 姑悉皆悪婦に, 姑摩姫と云う, 姑だ, 姑果等を指摘, 姑母山と称する, 姑相公同音相通ず, 姑知らぬ客許多あり, 姑を祭っ, 姑継母継子のあいだ, 姑義理にも嫁, 姑も猶, 姑と相つい, 姑舅姑小姑が四人, 姑舅姑小姑二人とかかり, 姑蘇台を築く, 姑言下に應, 姑護女という幽霊, 姑護鳥でも構, 姑諸穆王之後, 姑を見るべし, 姑鳴り通しに鳴っ