青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家康~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宵~ ~家 家~ 家々~ 家中~ 家人~ 家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~
家康~
~家族 家族~ ~家来 家来~ 家臣~ 容~ ~容子 容子~ ~容易 容易~

「家康~」 2503, 27ppm, 4322位

▼ 家康~ (603, 24.1%)

7 顔を 6 場合は 5 すがた, ために 4 耳にも 3 ほうから, 前に, 前へ, 天下を, 心を, 手に, 手を, 方は, 父広, 耳に

2 [48件] お株を, ことばに, ふところへ, まえに, やうな, 一子於義丸が, 上に, 党類は, 初々しさ, 命を, 場合, 声が, 変に, 好戦的な, 姿は, 姿を, 娘は, 寝所へ, 影は, 心は, 怒りを, 思案なら, 所領で, 持つて, 方から, 方が, 方で, 旗下に, 旨を, 本営へ, 温和さを, 織田に対する, 肚は, 落胤だ, 袖を, 言を, 許を, 質子は, 足もとを, 軍は, 農民政策であった, 農民政策を, 邸へ, 野心の, 陣に, 領内を, 養女を, 馬の

1 [450件] ある前山, いない家康, いるここ, いる仮屋, いる古府, いる方, いる都会, うしろの, うつけたる, うわさが, からだを, こういう直之, こころは, ここ数日間の, ことだ, ことばの, ことばを, ことを, この災難, この行届き, ごき, ごときまた, ごとき脂肪, そうした慎み, その太, そばに, そばへ, そばまで, つぶやきと, ていを, とりなし, はからいで移封, はからひでその, はからひで移封は, ふじヶ根山へ, ほうにとって, ほうへ, ほかの, ほか榊原康政も, ほんとの, まえで, まわりで, まわりには, まわりへ, まわりを, もうろう性は, もとに, ものと, ゆがめた口, ような, ように, よくやる, エライところであります, エライところは, カンに, 一生には, 一笑一顰を, 一行が, 一行を, 一門は, 三河勢によって, 三河勢も, 三河武士八千を, 不明と, 不首尾な, 世代, 中軍とても, 主力も, 主従と, 乗って, 二人ぐらいしか, 二女督姫が, 二役に, 云い分, 云ったよう, 亡くなつた元和二年, 人物を, 人物比較からも, 人間らしい英雄, 今川義元の, 代に, 代理として, 伏見の, 位置を, 何者たる, 何者なる, 使者として, 使者に, 侍女で, 依然むかし, 倖せ, 側に, 側女に, 僻目であった, 儀は, 入国の, 公式意志を, 六十六歳の, 共同声明をも, 兵三万人城北荻窪村には, 内書を, 内諾を, 再来だ, 処世術の, 出世絵巻中の, 出処進退という, 出処進退といふ, 切支丹禁令の, 制止も, 制止を, 前で, 前には, 前へも, 前後という, 力を, 加勢で, 助力を, 勇戦し, 動きだす根, 勘定高い性格, 勢威と, 勧誘, 半顔, 南洋政策に対し, 南洋政策は, 厚い好, 参向は, 反応は, 叔父にあたる, 口から, 叱責を, 同意を, 同盟に, 同盟二十年全く, 名は, 名を, 名代として, 名分に, 名前を, 命で, 命には, 命によって, 命日孝高の, 和睦に, 問いに, 喧嘩でしょう, 営所へ, 四十の, 四肢と, 国代へ, 城下あり, 城下を, 城地へ, 士酒井左衛門尉忠次に, 声で, 外孫の, 夢は, 大きな性格, 大軍と, 大阪城に対する, 好餌であった, 如く尊氏, 如く真剣, 妾お, 威風に, 娘の, 嫡子信康を, 子徳川信康が, 子於義丸は, 子男女合はせ, 存在であった, 孫徳川万千代を, 安危を, 完全なる, 実子於義丸を, 実検する, 実検を, 宣教師追放ヤソ教迫害が, 家庭には, 家来共が, 家来大久保長安あれは, 家臣徳川四天王の, 容子には, 寄進で, 将座たる, 小姓ヨハネ原主, 小心と, 小牧の, 小牧山の, 小牧本陣と, 尽力である, 居城が, 居城では, 居間は, 山例だ, 帰城を, 幕営へ, 年齢とを, 幼名竹千代岡崎の, 幼少から, 床几の, 度量を, 廟は, 廟東照宮を, 影で, 待って, 後に, 後の, 後陣と, 御朱印を, 御朱印状以來特惠國として, 徳を, 徳川勢も, 心からの, 心くばりで, 心の, 心中には, 心事も, 忘れない戒心, 怒りに, 怒りは, 思想でも, 思考は, 恩顧を, 悩みの, 悪がしこい処, 意が, 意中を, 意図は, 愕き, 愛妾阿, 感じて, 態度は, 憲法を, 懐刀藤堂高虎に, 成人も, 成功は, 戦争目的大義名分といふ, 戦術には, 手から, 手が, 手にでも, 手の, 手より, 手出しに, 手切れは, 手勢関東口からは, 手厚いもてなし, 手状だ, 手紙で, 手足を, 手際の, 批評に, 批評を, 抜かりでござる, 挑戦に, 挙用した, 援軍として, 援軍を, 擁護で, 攻めかたは, 攻略する, 政策が, 教えにも, 断と, 新しい文教政策, 方からも, 方に, 方へ, 方へも, 旗が, 旗下たちは, 旗本に, 旗本へ, 旧家保護主義は, 早い防ぎ, 時には, 時代に, 晩年に, 智いかで, 智恵で, 最も日本, 有力なる, 朝廷に対する, 期待を, 本国三河の, 本城勇将強卒は, 本城浜松の, 本城浜松へ, 本拠を, 本陣へ, 本陣小牧にたいして, 本領はつた, 札では, 来るを, 東下を, 東軍を, 根気の, 植ゑたものもあるやうで現在は, 様子をも, 横ッ面を, 歓心を, 武器だの, 母の, 気に, 気もちが, 気転で, 決心を, 治下と, 活眼を, 深慮の, 渡海免許の, 満面から, 激怒を, 無二の, 無表現, 父が, 狸爺め十人と, 玄関先で, 生母が, 生母水野氏の, 用事は, 用意は, 甲州入の, 界へも, 目通りへ, 直臣, 真実の, 真意に, 真意を, 眼から, 眼と, 眼に, 眼にも, 眼は, 眼もとだ, 眼を, 眼鑑で, 着いた十五日, 知遇に, 硬軟二道の, 祐筆は, 祖父さんだけに, 祖父岡崎次郎三郎清康が, 祖父清康が, 神速と, 禁令後約, 禁教令の, 秀吉に対する, 私心私謀に, 移る以前, 立場は, 立場を, 第二子結城宰相秀康, 第四子忠吉, 築山殿も, 素志を, 縁者で, 耳にまで, 耳ぶ, 耳へ, 肌を, 肚では, 肚と, 股肱の, 股肱家康の, 背後に, 胸には, 胸の, 胸中の, 脳裡には, 腹心で, 膝下に, 臣列に, 若い頃, 血色を, 行動を, 行方不明をも, 行蹟であり, 複雑なる, 要求を, 見と, 解決を, 訪れを, 許へ, 許へは, 話へまで, 誤算なき, 諸将相談, 貫禄に, 貫禄を, 賞め言葉の, 足もとから, 足もとに, 身に, 身を, 軍に, 軍に従って, 軍を, 軍勢に, 軍師とも, 軍門に, 通俗の, 連合軍が, 運命率は, 過ぐる日, 過り, 過りである, 道をは, 道中の, 道案内を, 部下たちは, 部将中酒井石川は, 都合を, 采地浜松の, 重臣中で, 野望を, 金扇陣の, 鑑戒主義行刑法, 長い長い根気, 長男竹千代九歳信長の, 門を, 間牒として, 関係が, 関東移封が, 陣へ, 陣営へ, 陣営を, 陣屋に, 陣屋へ, 陣標, 隠密組菊池半, 面に, 面持ちだった, 領分まで, 領地ざかいは小田原の, 領地遠江の, 顔の, 顔ばかり, 風, 飾り物に, 養女振, 饗応に, 首を, 馬を, 馬前に, 馬印は, 馳走役を, 鬱を, 鼻息前に

▼ 家康~ (586, 23.4%)

7 それを 5 温和な 4 うなずいて, これを, 子供の, 秀吉の, 笑って 3 それに, 何か, 信長の, 口を, 爪を

2 [45件] お人好しで, かれら, ここでも, こだはらぬ, この時, この男, これらを, すでに天下, すでに自ら, その愚か, その手, その折, その正義, その点, つぶやいた, ひそかに, まさしく温和, アア今それを, 保身の, 信雄の, 助けだされたが, 化けて, 同盟といふ, 天の, 実力第, 小牧山の, 急に, 殺されも, 殿下の, 流石に, 甘んじて, 真田昌幸に, 知って, 知つても, 石橋を, 笑った, 素性など, 総勢五騎で, 考へも, 血に, 誰の, 長久保の, 阿修羅で, 頭を, 顔を

1 [449件] あくまで三, あたりへ, あとで, あまり宴楽, あれほど, いっこうよろこぶ, いった, いつに, いつの間にか人一倍大きい, いつまでも, いつもの, いまし, いよいよ笑った, いよいよ親和外交, うしろに, うなずいた眼, うんざりした, おのれ一箇の, かういふ気風, かくべつな, かくまで, かさねて頷いた, かれに, かれの, がばと刎, きっと伊勢, こういう中, こういう気風, こうすすめた, こう大声, こう答え, こう腹中, ことしに, ことし三十の, ことし三十四歳その後は, ことし二十九, この使い, この地, この奬勵, この好人物, この時代思潮, この機会, この請願, これに, さきに, さして歓び, さすがに, さっきから, さらに, しげしげ藤吉郎, しばらくだまっ, すぐ待たせ, すこし心配, すこし猫背ぎみ, すでにいない, すでにそこ, すでに立っ, ずしりと, そういう愚民心理, そうでない, そう前提, そう問い, そう思った, そう情懐, そう犒った, そう答えた, そう観, そこの, その中, その使者, その十人, その変化, その夜三成一派, その孫, その封, その後京都大坂を, その徳, その意気, その時, その皮肉, その石見守, その軽, その通り, その間に, それには, それに対して, それらの, ついに援軍, つかれて, つかれも, つと座, つねに孤独, とうに読みきっ, ときに, どう出る, なおおっとり, なおしばらく, なおその, なお否定, なお安土, なお清洲, なお腰, なお部将, なにか一言, にこやかに, にやりと笑, ねぎらって, ぱちぱちと, ひとりつぶやい, びつくりする, ふじヶ根山の, ふとあらぬ, ふり向いて, またうしろ, また左右, また近う, まだ四十幾歳, まだ若い, まだ誰, まるで問題, みずからその, もうと, もうとくに朝, もうまったく平常の, もう五七年, もう堺, もう対石川問題, もう荒っぽい, もちろん充分和談, やっと顔, やはり近世的, やや逞しく, ゆうべよく, よく衆議, より遠大, わが娘, わざと云った, わざと鷹ヶ峰, わずか十里, オランダとの, ニッと, 一分一厘の, 一晩じつくり考へた, 一月の, 一言の, 三人を, 三成の, 上人を, 不愍らしい, 不運で, 主の, 之を, 乗馬に, 九八郎の, 乱世の, 二三の, 二十の, 二女の, 二段から, 五十を, 井伊直政榊原康政本多忠勝の, 京都の, 人々の, 人の, 今や清洲, 今や秀吉, 今伏見城を, 伊那丸を, 住持について, 何と詫び, 何にも, 何事にも, 何度も, 使を, 例の, 信じられぬもの, 信州の, 信玄の, 信長に, 信長へ, 信雄が, 信雄にたいして, 信雄を, 先づ時に, 先月から, 六ツで, 六ツであった, 六人の, 六十ぐらゐで中背で, 兵八百を, 其の実見, 内大臣に, 内心欣しかったらしい, 内部の, 冬の, 冷やかに, 凶方を, 出迎えるつもり, 初めて微笑, 利家の, 前, 努めて, 勝手に, 勿論それ, 勿論の, 北条氏勝に, 十人並よりは, 十人並よりはよ, 卒然と, 博奕を, 卯の, 即座に, 即日全力を, 又初期, 又非常, 古千屋, 古府まで, 同情を, 同盟二十年約, 同盟国の, 唯関ヶ原, 喜び, 喰へ, 営々と, 嘆声を, 四十の, 四十二彼は, 四月十七日以来二条の, 国防の, 坐視し, 城之, 堀久太郎と, 堺に, 夜を, 大いに安, 大きくうなずい, 大蝋燭, 大阪方の, 奥へ, 女色を, 如水の, 妻女教育を, 安土山上の, 完全なる, 家臣では, 家臣達に, 将軍職を, 小児の, 小姓だけを, 小幡城へ, 小牧と, 小田原征伐の, 小笠原長忠を, 屁でも, 山城に, 岡崎の, 岡崎を, 左右の, 平八郎から, 平気で, 平生餅菓子を, 平静であった, 幸村を, 座を, 強健な, 当の本人, 当惑した, 彼に, 後者の, 微酔し, 徹頭徹尾, 必然に, 忠広の, 忠直卿の, 忠行に, 怪しからぬ, 情報を, 愕然と, 慶長九年に, 慶長八年に, 慶長十七年天下に, 成政の, 或いは食いもの, 所謂歴史上の, 手の, 手放しては, 承知しなかった, 抜け目なかっ, 持って, 持つて, 指さしまた, 接待役を, 改めて石舟斎, 政宗に, 敵の, 新イスパニヤ, 新附の, 早くも, 昌幸の, 明けて, 春から, 是等の, 昼寝の, 晩年と, 景勝の, 智慧の, 書を, 書見台に, 最も不快, 最前の, 本丸の, 本多を, 本多佐渡守正純に, 本多平八郎に, 本能寺の, 朱に, 来ない, 東海から, 果たしてどんな, 柄杓の, 桃配という, 桃配山に, 案外あれ, 梅雪が, 榊原康政を, 櫛の, 次ぎの, 次の, 歩きながらも, 気を, 江戸に, 江戸城の, 池田勝入の, 浜松の, 海道一の, 温厚な, 温和で, 湯を, 満足だった, 満身に, 火の手の, 火の気も, 無事岡崎に, 無二の, 無慈悲で, 無理は, 然うでなく, 牀几に, 特に云いふくめ, 狡さ, 独特だつた, 狸オヤジと, 狸オヤヂと, 率直に, 甲州武田を, 眉を, 真田に, 眠って, 眼が, 眼を, 知つてゐた, 砂粒の, 祐筆に, 秀吉が, 秀吉で, 秀吉よりも, 秀吉を, 秀忠に, 突然禁教令, 竿立ちに, 筑前に, 篤く礼, 簓者の, 約束どおり甚五郎を, 縄付を, 羽柴どのに対して, 翌二十日, 翠色の, 老婆に, 老獪だ, 考えて, 肺腑を, 胸の, 能楽師として, 脇息を, 腰を, 自信が, 自信覇気満々の, 自分の, 自分は, 自分も, 自分を, 自身に, 自身先陣を, 自身譜代の, 舌打ちし, 花鳥の, 若い時, 苦笑の, 苦笑を, 英人三浦按針を, 茶屋四郎次郎の, 茶色の, 藤原惺窩を, 裸でした, 見ぬいて, 言ひました, 言下に, 諸将, 讃嘆した, 豁然と, 豊臣氏の, 貿易を, 赤城也, 身に, 通俗小説に, 遠くから, 重大な, 野袴に, 金を, 鈍根な, 鉄砲の, 鎌倉幕府や, 長政に, 開城を, 関ヶ原合戦の, 関ヶ原役後当時敵と, 関八州を, 降を, 陣所の, 青年義定の, 鞍を, 頃を, 頷いたぎり何とも, 頷いて, 頷き頷き聞いて, 頼朝の, 風気味で, 食えぬ男, 香炉の, 馬を, 馬上を, 馳走攻めに, 駒を, 駿府に, 駿府には, 黙々と軍事, 黙って, 龍源寺に

▼ 家康~ (228, 9.1%)

2 [17件] いうと, その肚, 三河生来の, 信雄を, 出て, 切支丹を, 副将軍, 北条と, 危くなる, 思案中だ, 意志する, 濃州金山, 玄関へ, 百姓を, 立てば, 耳に, 血刀ふりかぶり助ける

1 [194件] あれば, いうには, いかに彼, いくら切り取つた, いつこの, いなくなれば, いる, うごいては, おのずから天下, おのづか, かたい殻, かならず手, かれを, ここに, この府中, この息子, こんなに褒めた, しかと要害, しばしば招いた, すっかりと, そういう領主, そこに, その中, その子, その征伐, その東軍, その活字, その緊密, その親戚, つぶやいて, どうでる, どれだけ, なおねん, なんだ, にこにこし, ひどくこの, また切り取つた, まだ江戸, まだ洟, みずから全局の, ゐる, キリシタン弾圧を, 一生中の, 一笑し去った, 三方ヶ原で, 不世出の, 五千の, 井伊直孝と, 今日の, 今浜松を, 余命幾何も, 俄に, 信長に, 信長の, 信長へ, 信雄と, 儒教によって, 入って, 入つて, 入国し, 内々何より頭痛, 出たら報らせい, 初めである, 到着した, 勝てば, 北国五ヵ国を, 千代田城を, 南洋諸国に, 受けたと, 口述する, 名護屋に, 呂宋兵衛と, 呼んで, 嘗て僧某, 地ならしと, 基督教に対して, 堺の, 多年目の, 夢にまで, 大阪に, 天下の, 天下を, 嫌ひなだけ, 嫌ひなのだ, 子の, 子息への, 安土に, 安閑と, 家康らしい, 家臣全員ひきつれ, 小牧の, 己に, 常になく, 平服に, 幼時今川家に, 幼時質子として, 床几を, 征夷大将軍と, 後年駿府に, 心の, 心遣りじゃ, 応仁の, 意識し, 感じた由, 感心し, 戦国時代に, 手を, 手本と, 打ったはめ手通り, 招いたからと, 政宗を, 政権を, 旧恩ある, 晩年にも, 書けて, 會津の, 本営を, 本陣を, 本領守備の, 来て, 桃を, 極度に, 正信に, 武田の, 江戸へ, 江戸まで, 江戸幕府を, 没取し, 治国の, 洟を, 浜松に, 浜松の, 清浄潔白の, 満足な, 特にこの, 用いた方法, 申しおったと, 申したと, 百練千磨の, 相手の, 真田に, 着京, 礼を, 秀吉と, 秀吉に, 秀吉の, 秘蔵の, 立てた政治, 立てた江戸幕府, 笑ひし, 答える前, 総攻撃, 置き去りを, 義直に, 自分の, 自分を, 自己にたいして, 自身の, 落ちて, 薨じ, 西方に, 見て, 見破って, 言う, 誰よりも, 負けないこと, 賞讃する, 軽々たる, 迫害した, 選定した, 部下の, 酌してやる, 酒井家に, 野州へ, 金扇の, 金銀に, 鎧の, 鐘名に, 長い年月苦心, 長安の, 長政に, 関ヶ原で, 関ヶ原の, 関東へ, 關が, 陣頭に, 面接し, 頑として上洛, 頭を, 養女に, 駿府に, 高天神, 鷹野に, 黙祷を

▼ 家康~ (157, 6.3%)

3 向って, 謁した

2 [13件] しても, とつて, 上申する, 似て, 傾いて, 対立し, 帰してからは, 指を, 比す, 結ぶだけ, 自分の, 見えて, 頭を

1 [125件] いとま, うけて, うながすこと, おそわれて, お目にかかりに, お追従, かぎっては, かたく誓っ, かつがれたと, きょうは, この話, さ, したところが, してやられて, しろ秀忠, せまって, せよそれ, その由, たいし陰, ちかづいて, なだめられて, なった場合, はり倅長政, ひとつの, むかって, めぐる天運, めしかかえられそう, よせる溢れるばかりの, ソツは, 一矢を, 一礼した, 与えて, 会いたいという, 会おう, 会わん, 信じさせた, 倚って, 傾こう, 公子が, 内申しよう, 出鼻を, 加担せしめた, 勝味の, 卑屈な, 反抗しよう, 取っては, 取っても, 召出され実戦, 可なり, 叱られて, 向い万一, 向かい遺憾, 向っても, 向つた時である, 味方すれ, 喰付け, 増封を, 大局の, 大饗応, 対面し, 尾行られ, 差出した, 幸する, 座を, 後事を, 従いて, 従つて浜松から, 復命した, 悪まれ, 悪意を, 惚れたから, 感心した, 憎まれ戦功, 戦いの, 手を, 手出しを, 投じられて, 抜露しなかった, 撰み出されたる, 擬して, 於ける伊井万千代, 明日の, 有利であり, 有利でありすぎた, 次の, 歎きける, 泣きついては, 火の, 献じた, 理由を, 用あり, 知らせた, 耳語した, 自分以上の, 至って, 至る日本, 茶の, 見え始めて, 訴えその, 訴へて, 認められた但馬守宗矩, 語った, 調停を, 謁し, 謁する, 謁見した, 謂つて曰く関東に, 賭けるかの, 返事を, 迫って, 通報し, 通報した, 進撃を, 過ぎたるもの, 過ぐるもの, 長袴を, 閑日などは, 関八州を, 關する, 附して, 附し上国, 陳べたことば, 随った, 靡いたありさま, 魚をと

▼ 家康~ (153, 6.1%)

8 して 4 見て, 論じた 3 説いて

2 [16件] 中心と, 人質として, 人質に, 副将軍, 夜襲する, 孤立させ, 山上の, 徳と, 怖れる, 殺しも, 目し, 知つてゐた, 罵つた, 観るに, 訪問した, 護衛する

1 [102件] うながし連立つて, かつぎ上げた者, ごまかしその, その居る, たずねて, ねぎらった, のがれしめん, のせて, はじめ加賀の, はじめ諸, はばかる少数, まん中に, むかえた, やりこめて, よびよせて, よび出して, よんで, 上洛させ, 仆し, 介して, 伊賀山麓に, 使おうなどという, 信玄に, 信用しない, 先陣に, 其殿り, 出しぬいて, 初め遠, 制肘する役に立った, 助ける者, 励まそうと, 北条時政と, 口説こうと, 向うに, 喜ばした能樂, 大敗させ, 奪ったから, 奪つた, 始め岡崎の, 嫌います, 嫌つてゐた, 安心せしめ, 寝殿の, 将来の, 屏風が, 強いるなら家康, 待つや, 怖れさせた, 急襲せん, 恃む者家康を, 恐れない人, 恐れない以上, 恐れない我が, 恨まなければ, 恨む以上, 恵んで, 憫笑する, 扶ける, 押し出して, 捕捉しよう, 措いては, 支持し, 放って, 東へ, 案内し, 武田家の, 焚き付けたこと, 狸おや, 獲んと, 生け捕る好餌, 生んだと, 用いて, 盟友と, 目指すけれど, 相手に, 知らぬ, 神様扱いに, 神樣扱ひ, 絶えずおびやかし, 脅かしたが, 虫が, 見あげて, 見たとたん, 見つめた, 見込んで, 観ること, 討ちもらしたの, 討とうと, 説いたもの, 論じた下, 論ずるのに, 買ひかぶる, 軽蔑せん, 追いかけて, 追って行っ, 追って行った, 都見物と, 重く視, 降すか, 陣屋に, 除けば, 除外し

▼ 家康~ (143, 5.7%)

4 また 2 一兵卒で, 亦いのち, 亦律義, 亦自分, 悟るところ, 来て, 温和な, 眼を

1 [123件] いい, いきおいかれ, いちいち得心, うごかず天龍川, かかる意外, ここでは, この愚か, しかとこっち, しかと覚え, すこし異な, ぜひなく, そこへは, その失敗, その精鋭, その身分, その辺, それにたいして, だまって, つぶやいた, とくと考えおくであろう, なかなか人, なかなか粋, にやにや眺め, ひとまず兵を, ほっと満身, まさかと, まず改めよう, またその, またようやく, またよく, またわれ, また全, また刮目, また勝家, また心ひそか, また選り, みんな偉く, やはり豊臣秀吉, やりおるな, わが子を, 一人一人を, 一代の, 三成の, 三成も, 三遠, 上方の, 不満で, 丘に, 亦この, 亦一寸, 人を, 今日を, 何を, 保守家で, 保守家であった, 信じて, 信長の, 信雄の, 信雄も, 信頼した, 公式に, 出たの, 利家も, 剣道は, 剣道を, 北畠信雄, 右の, 同感です, 名将この, 器, 四十を, 四囲の, 困った顔, 固着し, 国内事情と, 夜明けとともに, 大いに笑っ, 大股に, 天下を, 家康公と, 将座, 少しは, 御同慶, 微笑し, 心より, 必勝を, 忘れず平六, 愚秀吉も, 懐紙で, 手の, 手を, 於義丸は, 明らかに, 暗愚ながら, 期せずして, 本多正信も, 東海道の, 河内山も, 泊って, 浜松へ, 漸次迫害, 父の, 甲州の, 目的の, 直江山城を, 相手が, 眉を, 真実を, 知らぬ如水, 祝着に, 秀吉も, 筑前の, 義定の, 苦笑し, 英雄色を, 見と, 負けたやう, 近ごろとんと, 迷惑だつた, 遠くに, 長秀に, 黙っては, 黙然といる

▼ 家康~ (82, 3.3%)

4 直弼 2 きた日, 信雄を, 婚を, 秀吉とが, 秀吉とは, 黒田如水が

1 [66件] あわただしく争奪, いえども, いえ常に, いわねば, おなじよう, がいは, この両, すれば, そして本人, その旗本たち, その臣佐橋甚五郎, ただ二人きりに, ちがって, どう手, またふたたび, 一つ取っ組ん, 一緒に, 三代家光とだけ, 三成が, 三成との, 云うよう, 云ふ, 井伊直弼とに関する, 会見し, 信康の, 信長の, 信雄で, 信雄とが, 信雄の, 信雄は, 処世訓の, 処分法を, 利家両, 北条早雲とを, 又四郎とで, 同盟し, 同行し, 和睦した, 天下分け目の, 如水この, 密会し, 寸も, 差向いで, 彼との, 戦ふ覚悟, 手を, 改む, 改めた彼, 攻守同盟を, 書かずして, 直弼引ナシ金五十銭, 石垣山から, 秀吉と, 秀吉との, 秀吉は, 秀吉を, 秘密協約を, 結んで, 見て, 越前の, 軍議を, 通じる者, 長島の, 面談を, 馬が, 馬の

▼ 家康~ (58, 2.3%)

7 の御 3 のお 2 のご, の御朱印

1 [44件] から恩賞, から直々, が富士登山, が小身, が桃, が秀忠公, が行水役, が鉱山, が関ヶ原, が関ヶ原合戦, が高, だ謙信, とは異父同母, と云っ, なども危く一, における, にて一驚, にとっての金脈, にとっては実に, にもうしあげ, に傘, に向っ, に拝謁, に見出され, の傍, の命令, の問, の弓矢, の母君, の直, の血, は理窟, へお, へお目にかかっ, もよく, も二目, も信玄, も太刀一尺, も実際, よりお, より信牌, を苦しめた, 聞きて, 薨ずる二日前

▼ 家康から~ (29, 1.2%)

1 [29件] そういう観察, 一たまり, 一浪人赦免二秀頼転封の, 一蹴され, 三代経っ, 使が, 催促した, 先に, 助命の, 単にさし物, 多大の, 実地教育を, 家光の, 小田原陣に, 手紙が, 授った, 援軍を, 日本樊, 早く帰順, 柳生家に, 眼を, 秀吉へ, 秀吉への, 義を, 賜は, 質子を, 辞令を, 追いうち, 高飛車に

▼ 家康~ (28, 1.1%)

1 [28件] いった, こういった, それを, はなした, ひきあわせると, 乾坤一擲の, 事態の, 二心なき, 云い込んで, 伝令し, 匠作には, 取次ぐため, 告げた, 告げられて, 報じて, 嫁いで, 宛てた懇篤, 届いたわけ, 届けさせた, 急訴, 意を, 披露された, 注意した, 目通りを, 知らせるため, 身ぐるみ恃みきっ, 雪辱の, 音信し

▼ 家康~ (26, 1.0%)

8 はない 5 あつた 2 はなかつた, 狸どころか 1 おもむろに小, さう, さえあの, さえこう, さえこの, そういう太, もない, 信長の, 専ら田舎廻り

▼ 家康には~ (20, 0.8%)

2 利いた風, 恩義が, 父の

1 [14件] いたい皮肉, この手, さる事, その気もち, 国際間の, 孫にあたる, 毎度の, 永徳や, 甲軍に, 目算が, 秀吉に, 表面さる, 頭痛の, 駿河を

▼ 家康という~ (17, 0.7%)

5 人は

1 [12件] ものは, 不世出の, 世界歴史でも, 人が, 人心の, 人間であった, 人間の, 古狸位銭勘定の, 狸爺の, 男は, 者こそ, 者を

▼ 家康との~ (16, 0.6%)

3 間に 2 二大

1 [11件] あいだに, こんどの, 交渉の, 仲介者に, 南洋政策は, 和睦も, 密交を, 対立が, 根くらべ, 縁故による, 軍事同盟が

▼ 家康自身~ (9, 0.4%)

1 がその, が彼, が快, の陣地, はかならずしも, は前山, は決して, も杯, も知らず

▼ 家康さま~ (8, 0.3%)

2 のお 1 とが鎬, と秀吉さま, のおん内, の家来, の手紙, もご

▼ 家康とは~ (8, 0.3%)

1 この年, ちがう苦労, まったく別人, まったく正反対, よく主従二人きり, 余り交情, 全幅的な, 肌合が

▼ 家康~ (8, 0.3%)

2 信雄に 1 信長などの, 信雄からも, 其他の, 利家ぐらいの, 利家ぐらゐの人物は, 氏郷や

▼ 家康どの~ (7, 0.3%)

1 からもご, が近頃いかに, とはそう, には近ごろ, によろしく, へ従うだろう, 祝されて

▼ 家康よりも~ (7, 0.3%)

2 黒田の 1 はるかに, 一日も, 数等に, 時代の, 詩的である

▼ 家康といふ~ (6, 0.2%)

5 人は 1 名が

▼ 家康とても~ (6, 0.2%)

2 この微妙 1 同じこと, 思いの外であったろう, 思ひの, 鬼神では

▼ 家康にとって~ (6, 0.2%)

1 それは, どれ位幸福だった, 伊那丸は, 最も強烈, 父の, 絶好な

▼ 家康にも~ (6, 0.2%)

1 このところ, そろそろわかっ, 会い将来, 学ぶところ, 秀吉にも, 計らいなく突然

▼ 家康としては~ (5, 0.2%)

1 これが, さらにその, 小牧の, 西に, 重大なる

▼ 家康~ (5, 0.2%)

1 が織田, にしてやられた, の策, はあの, は手兵

▼ 家康信雄~ (5, 0.2%)

1 が北条方, に款, の二, の本隊, の眼

▼ 家康からの~ (4, 0.2%)

1 内書には, 条件に, 要請は, 頻々たる

▼ 家康でも~ (4, 0.2%)

1 一万石や, 策を, 自分に, 調べ上げて

▼ 家康にとっては~ (4, 0.2%)

1 それだけでも, 大きな損失, 絶対的な, 義定が

▼ 家康への~ (4, 0.2%)

1 加勢として, 答と, 義理戦で, 贈り物に

▼ 家康~ (4, 0.2%)

1 に与し, の小牧, へはいつも, へ組そう

▼ 家康~ (4, 0.2%)

1 だ, にお, の御, へ口上

▼ 家康である~ (3, 0.1%)

2 ことも 1 が藤吉郎

▼ 家康として~ (3, 0.1%)

1 このぬかり, 忠重までが, 政略上止む

▼ 家康とて~ (3, 0.1%)

1 うろたえるに, こよい, その道が

▼ 家康とを~ (3, 0.1%)

1 中断し, 分断し, 加えしめれば

▼ 家康と共に~ (3, 0.1%)

1 座へ, 心から楽しんだ, 敦賀表に

▼ 家康また~ (3, 0.1%)

1 何か, 至て, 関ガ原の

▼ 家康より~ (3, 0.1%)

1 ずっと上, 信ぜられ岡崎, 年上である

▼ 家康らしい~ (3, 0.1%)

1 家康である, 意地悪な, 注意などを

▼ 家康以来~ (3, 0.1%)

1 およそ二百七十年間, の名, の名家

▼ 家康~ (3, 0.1%)

1 に寛仁, に怒り其身, のきらい

▼ 家康ある~ (2, 0.1%)

1 のみだった, のみであった

▼ 家康からは~ (2, 0.1%)

1 勝家に, 特別に

▼ 家康からも~ (2, 0.1%)

1 おきき, しきりと

▼ 家康こそ~ (2, 0.1%)

1 大きな堪忍, 恃み

▼ 家康これ~ (2, 0.1%)

1 はいかん, もあまり

▼ 家康すら~ (2, 0.1%)

1 その例, その若年

▼ 家康その~ (2, 0.1%)

1 忠言を, 折より

▼ 家康~ (2, 0.1%)

1 がそれ, のという

▼ 家康だけ~ (2, 0.1%)

1 だった, であった

▼ 家康だって~ (2, 0.1%)

1 土民の, 神様じゃ

▼ 家康だの~ (2, 0.1%)

2 利家が

▼ 家康とが~ (2, 0.1%)

1 小牧の, 或る

▼ 家康とともに~ (2, 0.1%)

1 その罪, 甲山の

▼ 家康などに~ (2, 0.1%)

1 まんまと欺かれ, 頭を

▼ 家康なり~ (2, 0.1%)

1 からこの, 秀吉なりの

▼ 家康についての~ (2, 0.1%)

2 極り文句の

▼ 家康にと~ (2, 0.1%)

1 つては, つて父の

▼ 家康によって~ (2, 0.1%)

1 彼の, 撫でられたので

▼ 家康ほど~ (2, 0.1%)

1 な人, な忍耐

▼ 家康よりは~ (2, 0.1%)

1 あなたの, ずっと辛辣

▼ 家康ナポレオン~ (2, 0.1%)

1 が生まれなけれ, を列挙

▼ 家康一代~ (2, 0.1%)

2 の浮沈

▼ 家康主従~ (2, 0.1%)

1 としては甚だ, と彼

▼ 家康~ (2, 0.1%)

1 を愛し, を聞き

▼ 家康以下~ (2, 0.1%)

1 の主力, の将軍

▼ 家康以外~ (2, 0.1%)

1 にはない, の人々

▼ 家康~ (2, 0.1%)

1 かあらん, も知らず

▼ 家康信雄前田利家上杉景勝ら~ (2, 0.1%)

2 を先発着陣

▼ 家康~ (2, 0.1%)

2 の反乱

▼ 家康入国~ (2, 0.1%)

1 の当時, の頃

▼ 家康公以来~ (2, 0.1%)

1 の名, の客分

▼ 家康利家~ (2, 0.1%)

1 といったよう, の離間

▼ 家康圓一~ (2, 0.1%)

1 を助けん, を召し

▼ 家康支持~ (2, 0.1%)

2 に傾く

▼ 家康時代~ (2, 0.1%)

1 には銅活字, に入っ

▼ 家康正信~ (2, 0.1%)

2 はしつこい

▼ 家康殿何事~ (2, 0.1%)

2 も天下

▼ 家康自体~ (2, 0.1%)

2 にその

▼ 家康落目~ (2, 0.1%)

2 の時

▼1* [139件]

家康いかに武門の, 家康いたく喜ばれ, 家康いつになく, 家康うかつに踏み入っ, 家康利家か, 家康きたれと勇みたつ, 家康くみし難し, 家康ここにあり, 家康ことし四十一になる, 家康これ雑兵の首, 家康ごときは一蹴, 家康さえかつぐ者, 家康さま信康さまそれぞれ野田の辺, 家康たらんかも知れない, 家康だけに委した, 家康だに打てば, 家康でございますからな, 家康でないようだった, 家康とか種々雑多の, 家康とかいうのと, 家康としても晴れの, 家康とても必ずしも生え抜きの, 家康とも会合を, 家康とりあはぬ, 家康など泡を, 家康などには到底空想, 家康などは可なり, 家康などを加えた近畿合体, 家康ならではこう, 家康なるものを, 家康なんかの斡旋を, 家康においてすらなおかつそうであった, 家康にたいして服従の, 家康にたいしては他の, 家康にとっても蟹江の, 家康により野望を, 家康に対してはなおさらの, 家康に対しても又砂粒, 家康に対する方が, 家康に従って会津へ, 家康に従ってはいるが, 家康のきげんを, 家康のみならず信長, 家康はといえば, 家康はんが江戸, 家康ひとりは小さな, 家康へも使いを, 家康ほどをかしき人, 家康まで彼女の, 家康もう一名は, 家康もしくはナポレオンと, 家康もとより酒席, 家康は又, 家康づかの, 家康をさえ食い兼ねない男, 家康をも冷眼に, 家康クスリと笑つて, 家康一人をのぞく, 家康一個の私闘, 家康三代にわたる日本統治者, 家康三成の乱闘, 家康上洛を心掛け, 家康旗の, 家康主従二十騎ほどは城下, 家康二宮尊徳渡辺崋山近藤勇近松門左衛門などの名, 家康以上剣磨の行, 家康以下清洲城を立ち退い, 家康伝来の名品, 家康の神速, 家康信長は野田, 家康信雄等を招待, 家康の主張, 家康元就政宗位の仕事, 家康入府の際, 家康公のは柿, 家康公以来有名なる家柄, 家康公侍臣にかたっ, 家康公利家公その他のお歴々, 家康公御朱印と思ひき, 家康公開府以来二百年とはならない, 家康利家氏郷ら本営の重鎮, 家康創業の精神, 家康を賞め, 家康勢これを右岸, 家康かった, 家康即ち本多忠勝の, 家康喜んで安房守, 家康がひくい, 家康天守閣千畳敷などを砲撃, 家康如水の徒, 家康如水氏郷政宗三成清正正則それに毛利, 家康始め一同みな興じ入って, 家康嫌って打ち込み, 家康子義直の婚儀, 家康将軍宣下と共に徳川幕下, 家康帰化英人アダムスをし, 家康積みて, 家康と改造前, 家康見して, 家康でかつ, 家康の平凡, 家康徳川といい, 家康必ず若干の, 家康怒って大久保忠世, 家康感じて罰, 家康手当り次第に密使, 家康に四十, 家康本田正信の親族, 家康様直々にお, 家康江戸入府の際, 家康の深謀遠慮, 家康海内を一統, 家康清盛などの部分部分, 家康湯の島へ入湯, 家康父子をはじめ徳川一味, 家康甚だ人を, 家康甲斐には武田, 家康當時神君と崇められた, 家康着用という麻, 家康秀忠の出馬, 家康秀忠家光と江戸幕府三代, 家康笑って団右衛門ゆかり, 家康を読みはじめた, 家康五千余騎を, 家康織田信雄は東海道, 家康腹心の臣, 家康を打っ, 家康自身刃に対, 家康がだんだん, 家康若年のころ, 家康にあっ, 家康薨去の時, 家康蝶昇の茶坊主, 家康覚悟の前, 家康討伐の準備, 家康諸君はかれ, 家康逆心ありと, 家康遂に青春を, 家康野村にある