青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~ 家々~ 家中~ 家人~
家内~
家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来 家来~ 家臣~ 容~

「家内~」 2141, 23ppm, 5009位

▼ 家内~ (539, 25.2%)

32 者は 17 者が, 者を 16 者も 13 者に 11 様子を 10 ものは 5 ことを, 人々の, 者にも, 者の 4 ものに, ものの, ものを, 事は, 人々を, 匂ひ, 方が 3 おもん, ものも, 容子を, 心を, 者ども

2 [33件] お園, ことは, さまが, ところへ, ものどもよりも, ものへ, 一存で, 冬に, 前で, 勝手も, 勝手を, 叔父に, 大部分, 女たちは, 女たちを, 奴が, 妹です, 姿を, 実家の, 寝て, 實家の, 弟が, 方を, 様子が, 気に入らないよう, 気配が, 生んだの, 眼を, 者どもが, 評判は, 話を, 部屋へ, 騒ぎと

1 [294件] あとへ, ある者, いたましさ, いたるところ, いるうち, おき所, おやじは, お兼, お巻, お浜, お篠, お艶, お藤, からだ, ことが, ことだらう, ことでも, ことも, ことよりも, さとの, さまは, その時々, ために, ためには, ためにも, だれかが, です, ときが, なかの, はなしに, ほかに, ほかは, また従兄, まだ生き, ものが, ものと, ものどもに, ものにも, ものらが, もの出できた, も子供の, やうに, やつが, やつを, ようすに, ように, ゐどころ, ゐる所, エジスと, シャツ一枚きりでございまし, フェオドゥーリヤ・イワーノヴナです, ラヂオ轟然たり, 一人と, 一人に, 一個は, 一室ごとに, 不審は, 世話し, 事その, 事を, 事務は, 事情が, 二人は, 亡父の, 交には, 人々が, 人々とも, 人々に対して, 人々迎え, 人たちが, 人たちに, 人たちは, 人でも, 人びとも, 人も, 人数が, 人達に, 人達の, 仕事では, 他に, 体裁を, 使童を, 例の, 傍へ, 労作には, 労働は, 動静を, 勤労者の, 匂いが, 又さき, 友だちが, 友達で, 収入に, 取散らして, 取締は, 叫ぶ声, 右側に, 名も, 吐いた屁理窟, 告白した, 喧騒には, 喰う事, 器物蜜で, 困難を, 声が, 声の, 女と, 女に, 女は, 好主人たる, 姉が, 姉と, 姪に, 姪の, 姿が, 娘が, 婢たちや, 婢僕には, 子では, 子供を, 安否も, 実家から, 室ででも, 家庭で, 容体も, 容子差し覗き候所篠宅の, 寂寞たる, 小用事, 小者に, 小遣錢に, 平和だ, 平和は, 幸福といふ, 幸福の, 御方が, 徳は, 心が, 心づけ, 必要は, 必要を, 快楽を, 恐怖の, 恥辱に, 想像を, 愛用し, 我等には, 手から, 手へ, 手エの, 手腕に, 手許に, 抱きかかえるよう, 挙措に, 掃除子供等の, 揉て, 方から, 方じゃ, 方に, 方は, 日頃の, 明を, 有様は, 有様を, 有樣, 本性を, 枕の, 枕もとへも, 様子, 様子は, 様子奥の, 模様さえ, 模様も, 模様を, 歯と, 死によ, 死んだこと, 死亡を, 母と, 母にだけでも, 母は, 母乳が, 気に入らなかったの, 気質を, 気配を, 治療に, 清掃に, 火鉢に, 灯の, 灯を, 為る通り, 無事を, 煩雑なれ, 父親の, 片づけに, 物を, 物議を, 状況によって, 生前私が, 甥で, 用も, 申すには, 男子の, 留守に, 病中も, 病気は, 皆, 目を, 相談という, 相談相手にも, 眼, 着物, 着物までも, 祖父祖母など, 神経の, 私徳に, 空氣に, 笑ひ, 紳士を, 結婚前の, 美津子です, 者か, 者で, 者と, 者とも, 者どもも, 者どもを, 者へ, 者みな寄っ, 者一同も, 者共に, 者共にも, 者共は, 者共を, 者同様に, 者四五人を, 者注意怠る, 者翌朝はじめて, 者達の, 者達への, 者限りで, 者集へる, 耳に, 聲が, 肥つた身體から, 育児の, 胸は, 茶菓などを, 茶道の, 葬ひ, 葬儀を, 葬式に, 表情が, 装飾用その他無限に, 親友とが, 親父に, 親類たちとの, 言については, 言葉が, 言葉は, 話だ, 話であった, 話です, 話に, 話は, 誰にも, 誰一人これを, 誰彼は, 調子が, 調子に, 財布じり, 身替りをね, 道と, 遺骨を, 那珂子でございます, 部屋を, 郷里の, 郷里へ, 里が, 里へ, 量見では, 間取, 闇試合で, 障子と, 集まりたるもの, 雑具部屋へ, 静まるの, 靜謐を, 頓馬が, 頭に, 顔ぶれで, 顔を, 飢寒を, 驚きと, 鼠までも

▼ 家内~ (300, 14.0%)

3 私の

2 [19件] いつでも, このこと, すぐ娘, それを, どこに, また自分, もうその, 何にも, 俄に, 吉利橋の, 女の, 平気で, 幼い自分, 無風流である, 皆留守である, 知らないと, 祖母と, 自分の, 非常に

1 [259件] あいつに, あたま, あの辺, ありません, ある日, あんたがた, いうの, いそいそと, いっこう憂鬱, いっそう静まり返っ, いつかな, いつもの, いつも勝手, いつも薄闇, おろかせっかく, お前が, お前達の, お勝手, お母さんとの, かう私, かなりに, からだじゅうの, きちんと片付い, ここに, ことばを, この傍, この宣告, この煙り, この着物, この間感冒を, さっと顔色, さも懐し, しばしば道, しんかんと, しんとして, すぐに, すっかり喜ん, すつかり脅え, すべて荒廃し, すましたもの, そこにも, そのまま出, その下, その影像, その後手紙で, その必要, その新聞, その日目, それじゃ, それほど分別, そんな時代, だから僕, ちょっと言いよどん, ときどき私, とりつく島, どうかね, どうした, どうとばかり, なんでも, ねばるつもり, はじめから, はじめて子持ち, ふだん御, ほ, ほくほくし, ほとほと困り, また僕, また家内, また弟, また莫迦, まだ食事, みな下谷へ, もう死にかかっ, もう薄暗い, もちろんこの, もともと消極的, もとより子供たち, ものものしく油紙, もらいません, やかましかつ, やはりポチ, やはり浮かぬ, よく間男, わしに, わたくしと, わっと, サミュエルスン, ツイ女の, ツト進み, ニタ, プレゼントの, 一体に, 一向ヒステリィ, 一寸手を, 一枚一枚きた, 一枚障子の, 三日間に, 不在であった, 之を, 乱暴狼藉を, 二人の, 些と, 京城で, 京都大阪奈良と, 人に, 人工哺乳に, 人気が, 今の, 今何処に, 今実家, 今郷里に, 仰天した, 何か, 何だか取込ん, 倒れかけた襖, 僕に, 全く寝鎮まりたる, 全く無い, 六畳二間しか, 兵隊を, 其所に, 切れても, 別に誘拐, 動かなかつた, 勿論庭, 十八日間も, 十時ごろに, 十時比に, 卯木と, 反つて, 反対した, 吉田さんに, 君なんにも, 君の, 吸物を, 哀心から, 唯今其の, 喜びますよ, 四五十分で, 土間にて, 土間へ, 報われなかった, 売上高も, 夜も, 夜道を, 大喜び, 大町を, 夫婦と, 失神した, 奇麗で, 奥の, 女中の, 姉の, 始終ゴタゴタする, 姙娠五ヶ月で, 娘さんに, 子供が, 子供に, 家から, 家内だ, 家内ぢや, 家内で, 家相の, 寂然として, 寝て, 小人数, 少なからず, 平気であった, 幽明を, 幾人いる, 幾人じゃ, 広島の, 廿一二の, 弱氣, 彼の, 御宅, 御承知, 思わずほほえんだ, 急いで, 挙りて, 日記に, 早く寝させます, 明日から, 昔勤めを, 昨日の, 時々息, 時々私, 晝過ぎから, 暗くなる, 最後の, 朝ごはんの, 来ませんでしたか, 東京横浜それから, 森然, 歎願の, 残らず明け放して, 気が, 活発な, 浮かぬ顔, 浴衣がけて, 混雑し, 湯殿に, 滅多に, 澄まし返って, 火の, 無いの, 猛之介, 玄関の, 用人の, 病気に, 病魔を, 白い顏, 眉を, 眼を, 睦しく, 社会の, 私が, 私に, 私を, 稍眞面目くさ, 答える, 米子の, 経験が, 総門の, 聞きかえす, 聞入れない, 背が, 臨月の, 自身の, 若い時分, 落ちついて, 蒸しぬ, 薄暗く水, 血相変え, 襷がけで, 言った, 言下に, 貧しいなか, 赤子を, 赤飯を, 起きあがった, 近所や, 逆襲し, 連れ立って, 郷里の, 酒を, 金魚です, 銀座あたりで, 鎧橋で, 長い年月私, 面白くない, 頑固であった, 頼まれて, 顔を, 風邪の, 髮を, 魔物だ, 鳴りを, 黄昏が

▼ 家内~ (259, 12.1%)

2 [11件] いませんから, くれたと, くれたもの, どうした, ゐなくても, 娘の, 帰って, 心配し, 我輩の, 持ち出して, 死んでから

1 [237件] あがって, あまり静か, あるか, あるくせ, あを, あんたを, あんなに朝, いつか手紙で, いやがるから, いやだ, うまくいった, おはぐ, お勝手で, お噂, お年玉をって, お産を, お相手, お見舞, お頼みした, お駒, かう言つて聲, きまるまでは, こうしてこちら様, こう訊く, この楽譜, ごた, ごたごたする, すこし怪しい, その方面, その残っ, つかつかと, どういうもの, どうもそうじゃ, どことなく陽気, どんなこと, どんなに, どんなに喧しく, ないと, ないの, なにかいつもと, なんと言ふか, ほかの, まいって, まいりましてね, またえらく, また感心, まだ生き, みゑ子を, もうすこし解つて, もう一度伺っ, もう襷, やかましゅうございます, よろめくよう, わたしよりは, オナラを, グルノウ療養院に, タブラカされた, ドコへ, ブリ返し一刻ばかり, 一人で, 一番気を, 一番良い, 三寶に, 三番目の, 上野で, 下地を, 不愍がっ, 予感し, 事実こんな, 事実を, 二人とも, 二円で, 二十六私は, 云いますから, 云いますには, 五人あれ, 五月にも, 亡くなつたの, 今年の, 今急に, 伊三郎を, 何か, 何で邪魔, 何人居っ, 何処かで, 何坪借り, 何日どこで, 何時からと, 余りに森閑, 俄かに, 俯向い, 借金が, 傍で, 僕に, 入れて, 内職に, 出たの, 出発する, 勝子という, 印を, 又此, 取次に, 口を, 可哀そうで, 可哀そうに, 吉田さんと, 君に, 吾が児, 四時頃うす, 土産ものを, 多いので, 多くても, 夜中に, 大へんお世話, 大阪見物に, 夫の, 奥さん, 奥に, 女の子が, 妊娠中で, 妙に, 姙娠八ヶ月で, 娘が, 嫁に, 嫁入りの, 子供を, 子供用又は, 寂然と, 寝たかと, 寝て, 寝鎮まって, 小酒井さんの, 居るから, 居るだろう家内, 左の, 帰つて来る, 帰りの, 干物を, 御厄介, 心配を, 急に, 急病で, 悦ぶだろうと, 悲鳴を, 慎しみ深い, 才覺し, 拵らえた, 持って, 挨拶に, 捕虜に, 揃って, 整理し, 旦那からの, 晩の, 朝の, 本を, 来ると, 校合方に, 桂川の, 此の, 死んだあと, 死んだとか, 死んで, 気に, 氣の, 混雑する, 湯から, 父さんは, 牛込まで, 玉子を, 玉江さんから, 珍らしく, 生きて, 産んだ, 留守で, 病気で, 病気な, 病気にて, 病臥する, 癪持ちで, 眼鏡を, 知ったの, 知つて居るだらう, 神奈川在の, 私に, 私の, 私を, 立つて, 笑ひ, 米が, 糠味噌いじりの, 結婚の, 絞殺される, 綿を, 総がかりで, 総て御, 聞いたら嘸, 聞きます, 色々に, 茶の間へ, 草双紙好きで, 血相し, 見える, 見つけました, 見に, 見守って, 見舞に, 言いますには, 言うこと, 言った, 証明し, 説明する, 責める, 貴方を, 賑かで, 起きたら訊いて, 身ごもって, 退屈しない, 連れて, 遠慮の, 部屋の, 金を, 長唄を, 阪本さんは, 階下から, 集らなければ, 雜誌へ, 頻に, 頻りに言う, 頼んで, 食事を, 飼って, 馬鹿に, 髪を, 髮結さんから, 魚屋は, 麹町の

▼ 家内~ (152, 7.1%)

3 居れば, 話して 2 そういっ, なって, 不幸が, 病人ある, 相談し, 風波を

1 [134件] あって, ありて, ある物, いたっては, いる時, うづく, おぶさりっきり, お出あそばす, お持ちじゃ, お聞き下され, かかり合いの, ことづけを, この由, これを, ござります, さえなくば, さわろうと, したいと, して, しても, じっとし, すると, せきたてられますので, せんには, たびたび言い寄った, ちょっと見せ, なったもの, なつくまで, なつて, なりたいと, なるか, なるであろうか, なんとかし, なんとも解しかねる, むかって, もちあがって, もって, もっと金目, やったろう, わしは, 一人も, 一番心を, 一言し, 下げて, 下男五人下女一人を, 世話を, 両親我々両人その他一二名と, 人間が, 何か, 何かの, 何となし, 充ち充ちたり, 先年死に別れ, 先生の, 入り下枝, 冗談の, 出あいまして, 別状は, 加わって, 勝れぬもの, 取込みが, 叱られます, 向って, 問い訊, 囁きさっさと, 売上高と, 大いに嫌われた, 大した風波, 子供が, 小言を, 少し取, 居ては, 建物を, 引越すの, 当りを, 心配事が, 恥ずること, 悠々と, 悪い男, 感謝した, 懸けられた, 成って, 手製の, 披露した, 持って, 持てと, 探偵事件が, 教えた, 教へ, 敵手を, 於ける境遇, 案内させ, 死なれたり, 死に別れてから, 死人病人を, 決して手, 波風なく, 泣きつくんださうだよ, 混雑な, 満ちこれ, 灯を, 甘えるの, 病人あり, 病人など, 相談した, 相談しなけれ, 相談しまし, 相談する, 示すこと, 私は, 突立っ, 笑はれ, 精神の, 紛失物も, 育せられ, 致すの, 行わるると, 袷を, 見つかって, 言いつけて, 言葉あらそひ, 話しましたところが, 赤恥を, 返りて, 逢いたいん, 遇わしめた, 閉じこもって, 面会させまし, 面倒が, 響き渡りて, 預けます, 頼まれたの, 顔が, 風波が

▼ 家内~ (143, 6.7%)

5 つれて, 連れて 3 伴れ, 呼んで 2 して, 亡くして, 助けて, 持たない時, 捜索する, 残らずあらためたが

1 [115件] あがらせましょう, あしらったの, あるく勇気, うかがった, うかがって, おどかした, くすぐったん, こんど離縁した, しずまらして, すぐさまそちら, それから夫, つけて, なくしたの, のぞくこと, はじめこの, ひと通り見まわった, ぶん殴ろうかと, ほめたく思, みなごろし, もらって, やしなって, 一ぱいに, 一度も, 乱暴に, 亡くしたの, 亡くしてから, 俺が, 刺したの, 加えて, 励ましたり, 取り乱し候, 取り調べると, 取戻して, 司る事, 呼び寄せ, 呼び寄せること, 呼べ, 呼んだ, 呼出して, 外へ, 失い不自由, 奪われた家内, 媒酌し, 御存じだ, 急き立てて, 憚つてか, 持たしたが, 持たせる, 持たせるに, 持たれて, 持って, 持つと, 指して, 振りかえり, 振り返つて, 捜索し, 掃除し, 探しあるだけの, 探しまわった末, 探しまわると, 探し出して, 検べて, 歩く足音, 残らず捜索, 治むるゆえ軽々しく, 活用し, 渡して, 渡すこと, 渡すの, 烏天狗に, 照すと, 照らす電燈, 盗人の, 相抱居候上, 瞞した, 私と, 種々世話, 稽古に, 窘めて, 紹介いたしましょう, 紹介させ, 自分の, 見せて, 見つけ出し度, 見まわしぬ, 見まわったが, 見まわると, 見廻して, 覗きつ芳さま, 覗ひ, 覘う曲者かと, 詮議し, 詰問する, 誇りに, 説き伏せたわけ, 誰も, 貰いそれ, 貰った, 貰ってから, 貰つたのは, 貰わなければ, 迎えなくては, 迎えにね, 迎えねば, 迎えませぬ, 迎えるため, 迎へ, 送り届けて, 隈なく, 隠すほどの, 離別した, 靜謐に, 顧みるに, 養って, 騒がせて

▼ 家内~ (84, 3.9%)

5 子供を 4 二人で, 相談し 3 一所に, 一緒に 2 内々相談を, 女中を, 妹を, 子供は, 家内の

1 [55件] いっしょであっ, いや女, お湯に, かたく抱きあっ, けがを, その遠縁, です, もうひとり, もう一人, わたしとも, 一しょに, 三人で, 下女の, 乳呑児とを, 二人の, 二人悄然として, 二人暮らしであります, 二人連で, 二階に, 云うもの, 仲直りを, 会うこと, 來ては, 僕とが, 共に行っ, 出かけた, 別々の, 同じ疾, 喧嘩の, 大津へ, 女中と, 妹だけ, 娘は, 婢女と, 子供とは, 席を, 弟が, 弟です, 弟とは, 徒党を, 御領内, 来たらポテト料理, 狭い家, 相談を, 確かり, 私だけ, 私とは, 私は, 葱を, 詩人ジャンフローと, 話して, 連れだ, 離婚後の, 食事を, 駈出して

▼ 家内~ (83, 3.9%)

3 子供も 2 妹も, 申して, 矢田の, 笑つた

1 [72件] あるよう, うまく行きません, おちついて, お宅, ございません貧乏, じきに, すつかり, そちらには, その通り, たって, なかなかよく行き届いた, なし火, ひどく傷心, ぼくの, みな好人物だ, やはり日頃, よくやって来ました, わしも, 一口した, 一度ひどい, 一瞬へんな, 三人起き, 云った, 今お目, 今日が, 他の, 克く働く, 円満無事一言の, 出ますはず, 出来て, 別の, 前に, 可なり, 可愛さ, 吉之助も, 同じやう, 多ければ, 娘の, 娘も, 嫁も, 実に驚い, 寝静まったころ, 小人数, 少し不安, 帰つ, 平和と, 彼様言ひます, 御挨拶, 忘れた, 思いを, 恋女房で, 悉く心配, 戦陣と, 日夜案じ, 死んだみんな永遠, 母も, 湿り切ッ, 漸く静ま, 狐に, 病死し, 空家の, 笑つてゐる, 綺麗に, 職人も, 肺結核の, 落ついた, 行きたいと, 要らなければ, 迂濶, 迎えずずっと, 随分多い, 風呂敷包を

▼ 家内~ (63, 2.9%)

8 の者 2 が幾年, に聞え, の手, の誰

1 [47件] かき集めた銅貨, が, がキリキリ, が大, が大騒ぎ, が島廻り, が此町, が流行性感冒, が畑, が知らなかった, して, である集会, でいろいろ, でその, での遊び, で待つ, で派手, で私, で脊負つて, で腫もの, で藤, との触れ, との觸, どんなに貰い, にただよいました, に号令, に綿入れ, に響き渡った, の事一, の女, の弁当, の心配大方, の恐怖, の殆ど全員, の貧乏神, の連中, は皆, をあげ, を圧し, を睨め, を驚かし, ハ困, 同じ室, 唯悲しん, 寝込んで, 揃って, 暮らしや

▼ 家内~ (28, 1.3%)

2 はいった, はいって, 歸つて當りちらされる

1 [22件] お伝えの, なりと, はいったが, はいり込んだ, 三日間の, 上つてね, 切って, 厳しく小言, 帰って, 帰つて当りちらされる, 引き返して, 引っ張り込みました, 恋文を, 申し伝えたい言葉, 知れると, 立入ったから, 註文する, 跳り込む, 這入ろうと, 運んだと, 飛ばせたもの, 飛びついて

▼ 家内~ (25, 1.2%)

1 [25件] いそがしいところ, おもに近所, ござります, ござりまする, ざいますといはれて始て, たった一人寄席, どうやら三番目, 口を, 呼ぶから, 四銭の, 子猫の, 寮母といった, 心配し, 暮して, 殺す風, 物争いが, 男の, 矢代貫太の, 祝いを, 私は, 第一, 通るこの, 非常な, 食うも, 食べて

▼ 家内~ (22, 1.0%)

2 出入りの, 当人に

1 [18件] なんかが, 伜は, 奉公人にも, 妹も, 娘たちの, 子どもたちの, 子どもの, 子供たちの, 子供と, 子供を, 孫とともに, 孫を, 庭内を, 牧瀬姉妹が, 老人どもも, 職人たちが, 近所の, 長男が

▼ 家内には~ (19, 0.9%)

2 何の, 父親が

1 [15件] いつて, いろいろ世話, たくさんの, 仕事が, 大事件, 子供を, 居なかつた昼間, 更におそろしい, 相談した, 私の, 紛々が, 紫いろの, 聞かせて, 若い女, 遠ざかるやう

▼ 家内から~ (16, 0.7%)

2 矢田の

1 [14件] いろいろな, お送りする, もれて, ポテト料理の, 伸びあがっ, 何とも言っ, 射し出る燈火, 忠告を, 恨まれるという, 洩れる炎, 聞きましたが, 藁を, 金盆の, 飛び出して

▼ 家内では~ (16, 0.7%)

1 [16件] ある種, できない女中, ないか, ないね, ねずみも, 三人首引っ込め, 公然な, 喜左衛門が, 守人が, 彼を, 昨夜から, 朝から, 男女が, 総出で, 趣味の, 頭が

▼ 家内にも~ (16, 0.7%)

2 因果を, 挨拶を

1 [12件] また家内, よく言いふくめ, 一旦相談, 何一つ事も, 戸外にも, 気がつかぬよう, 聞かせて, 見せたかつたの, 言いきかせとにかく, 語らず自分, 逢って, 酒肴の

▼ 家内じゅう~ (15, 0.7%)

2 のだれ, のもの

1 [11件] がそこ, が陽気, で特別旅行, で私, で自分, と云った, の世話, の者, の騒ぎ, は顔, 大喜び

▼ 家内一同~ (14, 0.7%)

1 [14件] から期待, がおどろい, この少し, でなにごと, で楽しめる, なん, の乗れる, の知らぬ, の者, はおどろき, へすこしも, をつれ, 大いに喜んだ, 眠って

▼ 家内とは~ (12, 0.6%)

2 違ひ 1 そんな話, 一方ならぬ, 不敏ながら, 女子大の, 知りませぬから, 縁故も, 舊い, 貴方に, 関係の, 離婚し

▼ 家内です~ (11, 0.5%)

21 か, からやはり, から他, が, がねどちら, が二人, こちらさん, そんな言い分, 私

▼ 家内工業~ (11, 0.5%)

6 に従事 1 として起った, による収益, の仕事場, はありました, をはじめよう

▼ 家内安全~ (9, 0.4%)

2 を主 1 すなわちこれ, と書く, の快楽, の祈祷, の運行, をもっ, を保護

▼ 家内~ (7, 0.3%)

1 しする, つて面は, でわし, な, のと, よ, 宜しい全体勘弁

▼ 家内という~ (7, 0.3%)

2 のは, ものは 1 のが, 以上どうしても, 奴が

▼ 家内~ (7, 0.3%)

2 のだ, んだ 1 のでいま, のでございます, んです

▼ 家内である~ (6, 0.3%)

1 お前が, からきょう, がその, と答えた, と言つて祝ひ, 訳で

▼ 家内でも~ (6, 0.3%)

2 薄暗いところ 1 あるので, あれば, なし雇い人, 来て

▼ 家内とも~ (6, 0.3%)

1 まことに折合, 別れて, 心がけて, 相談し, 相談です, 言う

▼ 家内との~ (5, 0.2%)

1 ことな, 住居に, 折合が, 間に, 頃に

▼ 家内だけ~ (4, 0.2%)

1 いくらかお, で盃事, なれば, 父上お母さん私隆達だけで

▼ 家内でございます~ (4, 0.2%)

21 がおぼえ, と挨拶

▼ 家内などは~ (4, 0.2%)

1 そのため, 大笑いする, 手ばなしで, 西洋人に

▼ 家内同様~ (4, 0.2%)

1 にし, になっ, に此家, の方

▼ 家内太夫~ (4, 0.2%)

1 という清元, の家, は, は初めて

▼ 家内~ (3, 0.1%)

1 ゆうが, 小夜どの, 種との

▼ 家内たち~ (3, 0.1%)

1 のかま, の者, や

▼ 家内だけで~ (3, 0.1%)

1 ちょっと礼式, 暮して, 食べつくすわけ

▼ 家内~ (3, 0.1%)

1 うで, やない, やア

▼ 家内まで~ (3, 0.1%)

1 そこへ, その仲間, 寝ついて

▼ 家内より~ (3, 0.1%)

1 友達の, 村内の, 近藤右門様おんもとへ

▼ 家内~ (3, 0.1%)

1 同だんまり, 同膳, 同驚き

▼ 家内医官~ (3, 0.1%)

1 とは阿部家, を拝, を罷められた

▼ 家内揃う~ (3, 0.1%)

2 て飯時分 1

▼ 家内揃っ~ (3, 0.1%)

1 ていささか, てその, てよく

▼ 家内経済~ (3, 0.1%)

1 がよく, の必要品, はあまり

▼ 家内総がかり~ (3, 0.1%)

2 で貼り残し 1 で追い廻し

▼ 家内だけの~ (2, 0.1%)

1 事です, 祝言を

▼ 家内といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, のは

▼ 家内ども~ (2, 0.1%)

1 にもありがたい, は居らん

▼ 家内など~ (2, 0.1%)

1 持つの, 早速お

▼ 家内にでも~ (2, 0.1%)

1 云って, 会うよう

▼ 家内への~ (2, 0.1%)

1 手紙にも, 示しの

▼ 家内むつまじく~ (2, 0.1%)

1 ばらの, 月見の

▼ 家内~ (2, 0.1%)

1 が変わり果てた, もほか

▼ 家内~ (2, 0.1%)

1 は運び来った, も立ちましょう

▼ 家内一人~ (2, 0.1%)

1 だけで, でやつ

▼ 家内中誰~ (2, 0.1%)

1 も嫌, 知らぬ者

▼ 家内~ (2, 0.1%)

1 者共, 者共此度呼下度候段奉

▼ 家内何人~ (2, 0.1%)

1 でもやっ, という札

▼ 家内子供~ (2, 0.1%)

1 に遺言, を揉ん

▼ 家内手工~ (2, 0.1%)

1 である刺繍, の一つ

▼ 家内~ (2, 0.1%)

1 な工業, の仕事

▼ 家内静か~ (2, 0.1%)

1 にほか, に他

▼1* [170件]

家内をき, 家内いっさいのこと, 家内ええと二, 家内おとせニ頼ミ候, 家内および娘とともに, 家内私も, 家内からは返辞が, 家内からも是非といふ, 家内ひ女, 家内こぞって三ッ指で, 家内ことごとくこれを, 家内これは極秘, 家内さえ知らないの, 家内さんだつて御, 家内しんとしてきわめて, 家内やない, 家内じゃありませんか, 家内じゅう大騒ぎになり, 家内じゅう留守なの, 家内じゅう総がかりで揚げ, 家内それから娘それから, 家内そろってみんな一緒, 家内そろつてお, 家内だすがな, 家内だったシェーンが, 家内づかいのもの, 家内づかひのもの, 家内であったにちがい, 家内であり半身である, 家内でございまして実は, 家内でしてな大変, 家内でなくて学事掛り, 家内とで行って, 家内とを合せると, 家内なぞの言ふ, 家内なぞも矢張りそれに, 家内などが夜点て歩きます, 家内などでも伴れ, 家内などと一所に, 家内などに用は, 家内なども申しますので, 家内なら寧そ同席に, 家内なら阿母さんは, 家内にさえ話も, 家内にたいする僕の, 家内にてすら火桶少し, 家内にとって血を, 家内にとっては学校友達であった, 家内にわかにさわぎ立ち, 家内に対して女中二人で, 家内はんも御寮さん, 家内ひっそりと八角時計, 家内へは相当な, 家内へもただ今仔細, 家内までが着物を, 家内もてまえも, 家内やら子供は, 家内ゆえ叔母一人の機, 家内あの人, 家内よく熟和する, 家内らしい住居も, 家内もお, 家内ニ於ケル幼少ナル同胞ヲ酷使シテ何, 家内ニ有シ或者ハ國境, 家内一人きりの筈, 家内一同ここに引き移っ, 家内一同夜になる, 家内一同朝の食事, 家内一般から顰蹙, 家内万事を儀式張らせる, 家内万事整頓して, 家内三人で睦, 家内手廻りで, 家内中の口を奢らせぬ, 家内中へとへとになった, 家内中一寸でも話, 家内中一統で稽古, 家内中大笑いをした, 家内中大騒ぎでございますよ, 家内中寄集りて口, 家内中戦にでも出る, 家内中手が空いた, 家内中晴やかな気分, 家内中総掛かりになり, 家内中裸で飛び込ん, 家内中評判でございます, 家内中順々に風邪, 家内中顔を見合せ, 家内之戦実に屋かま, 家内之者ハねぼけて, 家内之者召連福山え発足, 家内九人牛までゐる, 家内五人の家, 家内仕事における, 家内何処となく, 家内全体に生温い, 家内全部ですき焼き, 家内六人連れで泊まっ, 家内に熱燗, 家内力役に堪る, 家内労働力だけで, 家内労働者が各, 家内医官補を拝, 家内同志で飯, 家内同様友達同様のよう, 家内同然の, 家内和睦御利益疑なく, 家内四人という人数, 家内四人活計で細君, 家内団欒一家一族への御馳走, 家内國事笹屋方にて働女, 家内多勢かな, 家内大騒ぎしまず, 家内女等を仮に, 家内安全まめそくさい商, 家内安全万人安楽だ, 家内安全五穀豊饒を祈る, 家内安全天下富強の趣意, 家内安全子孫長久よそのこと, 家内安全鳳凰は舞い, 家内安寧の間, 家内でその, 家内寂寞として墓, 家内寂然として物音, 家内と申します, 家内工房でもの静, 家内工業その他に働かせられ, 家内工業者であったこと, 家内工藝であります, 家内平穏別段吾輩, 家内一統へ, 家内息災で商法, 家内恰も明放し, 家内惣出だその, 家内惣動員で色紙飾紙, 家内持ちの二人, 家内捜すまでもなく, 家内ふて飯時分, 家内柳吉の爲, 家内此処は何, 家内残らず大阪に, 家内残らず起き出でてその, 家内浜田寅之助なり, 家内の消えたるごとしで, 家内無事に大, 家内申し合わせて私, 家内を以てする, 家内相談があつ, 家内眷族が尽く, 家内私徳の事, 家内秘蔵の明墨, 家内一の, 家内は運び來つた濡れ, 家内でございます, 家内総出であって, 家内総掛かりになり, 家内總がかりで留め, 家内繁昌芽出度し, 家内舞踊の鹿島恵津子, 家内芸術に興味, 家内装飾等の日常芸術, 家内見送りでもっ, 家内親類奉公人などが残らず食いつくす, 家内親類枕元を取巻き, 家内連れで方々, 家内は大分心配, 家内限りで蕎麦切り, 家内陸女という女, 家内集まって大, 家内なれば