青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~ 家々~
家中~
家人~ 家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来 家来~

「家中~」 2065, 22ppm, 5170位

▼ 家中~ (948, 45.9%)

84 者が 54 者の 49 者は 43 者を 41 者に 29 ものが 11 ものは 10 ものの 9 ものに 8 者も 7 ものを 6 人々は, 人が, 人は, 者から, 者で 5 人の, 若侍 4 者と, 諸士 3 一人を, 噂を, 士の, 武士は, 者か, 誰よりも, 雨戸が

2 [40件] さむらい, すべてが, もの, ものであった, 事を, 人々から, 人々の, 人々も, 人々を, 人たちを, 人に, 侍で, 侍の, 侍は, 士で, 士に, 多くは, 大多数, 将士の, 愛を, 戸を, 方々も, 注意を, 物を, 示しが, 者すべてが, 者ども, 者には, 者皆んなに, 耳に, 若い者, 若侍達, 若武士, 若者が, 誰かが, 誰にも, 資本家です, 鍵を, 電燈が, 面々が

1 [454件] あいだには, あいだにも, あらゆる卑しい, ありとあらゆる戸, ありとあらゆる黄金, うちえらばれた, うちから, うちでも, うるさい声, おびただしい通行, おもだったもの, お仕事, お侍, お掃除, お方船は, お笑い草, かたは, ことに関する, ことは, ことを, ご藩士, ざわめきは, しまり, しめしが, ために, だれよりも, どなたかを, どよめきに, なかでも, なかを, ひとたちが, ひとりが, ひとりでも, ひとりへ, ほとんどすべて, みなさまが, みめよき処女, もてあまし者, ものから, ものたちは, ものと, ものと共に, ものまで, ものも, もの一切合切持ち出し, もの何人も, もの共の, もの誰彼と, もの高倉祐吉と, ような, よき聟, よろこびは, ベルが, 一人が, 一人の, 一名が, 一名だ, 一婦髪を, 一白犬すこぶるよく, 一行は, 一部は, 一隊が, 三宅治忠と共に, 三河武士は, 上下が, 上席の, 不人氣, 不評御, 乗物の, 乱れは, 乱れを, 争を, 井戸亀右衛門を, 人々が, 人々とともに, 人々には, 人々にも, 人々らしく, 人たちは, 人でなけれ, 人と, 人も, 人を, 人曾我部兵庫へ, 人気を, 人気者に, 人達に, 人達の, 人間の, 仔細あっ, 付き添いで, 何かを, 何の, 使手として, 使番石渡勘太夫は, 侍が, 侍たちの, 侍たちは, 侍たちへ, 侍へも, 侍も, 侍や, 侍を, 侍衆では, 侍見る, 侮蔑は, 信仰も, 倫理であった, 備えも, 児等を, 共通な, 兵を, 内儀としての, 内儀らしい, 内情を, 凡そ口と, 出口を, 列座した, 剃刀では, 加藤弾正か, 動静は, 北沢某も, 十人の, 十分の一ほども, 単調を, 原稿用紙を, 反感は, 取り沙汰は, 取沙汰など, 取締りを, 口が, 召使いでも, 召使が, 各部門, 同僚であった, 名古屋逸見家の, 吟友も, 問題に, 喧嘩は, 噂にも, 四十何戸百何十人かは, 四谷左門の, 土間の, 地位によって, 塩漬類を, 塵芥を, 壁が, 士が, 士では, 士とて, 士と共に, 士は, 士も, 士三人の, 士全部も, 士族の, 士気は, 士気も, 士風は, 声に, 多くの, 多くも, 大きな歓び, 大人が, 大仕事, 大掃除, 大福帳手紙日記書出しなど, 大笑いでした, 大笑いの, 大金藤八郎山路正国などに, 大騷動, 天井裏を, 夫と, 奥の, 女が, 女どもや, 女に, 女の, 女共も, 女房で, 女母親も, 奴だ, 奴等は, 好みが, 妻子や, 婦が, 嫌は, 子供から, 子供が, 子供達が, 子弟などの, 子弟に, 子弟にも, 子弟百人を, 孫乾であった, 家族の, 家族へ, 家族を, 富田作兵衛二階に, 将士に, 尊王熱に, 小者らしく, 小菅五郎兵衛は, 少年たちが, 屈強な, 山師連は, 岡村の, 岩間三太夫らが, 岩間角兵衛様から, 巨峰である, 師範役成瀬権蔵大川八右衛門広瀬軍蔵という, 幾人か, 弓でも, 徒輩が, 御機嫌, 御浪人, 心ある, 心が, 心持も, 心理が, 心理は, 心理を, 心配を, 忠義者へ, 怨嗟を, 悪侍大友瀬左衛門, 惡侍大友瀬左衞門と, 意志であり, 愛嬌者である, 態勢を, 慶事では, 戸が, 戸じ, 所置方にも, 手が, 手に, 手も, 手引でも, 折りあいが, 押入を, 拭き掃除を, 掟が, 教育を, 敷物を, 斉彬派の, 新しい顔, 方々あやしい, 方々と, 方が, 方たちが, 方たちみんなに, 方で, 方ね, 明かりが, 最後の, 最急進家, 月見宴が, 有金を, 服喪は, 木村助九郎様へ, 杉坂内匠様を, 材木の, 正木作左衛門様が, 正義派は, 武士が, 武士であった, 武士として, 武士に, 武士共の, 武士夜廻りの, 武将の, 武芸の, 武芸熱心である, 殆ど主権者と, 気もちは, 気もちを, 気分が, 気持も, 水入らず, 混雑一方ならず, 渡辺天蔵と, 灯を, 煩雑さを, 物音にでも, 狼藉も, 生活に, 用が, 男たちに, 男という, 異分子を, 異論も, 異論や, 疊に, 皆んなに, 皆んなを, 眼を, 硝子器と, 祕藏兒泣蟲の, 神への, 神崎郷助と, 禄を, 稼ぎ人で, 空想から, 空気に, 空気も, 空氣を, 窓は, 立場は, 端で, 端と, 端に, 笑ひものです, 精鋭なる, 総大将, 締まりを, 締りの, 締りも, 縁の, 縫物も, 群れに, 羽柴秀吉という, 老臣から, 老若が, 老若婦女子を, 者, 者からは, 者その, 者たちに, 者たちは, 者たりと, 者だけが, 者だけは, 者でござる, 者とが, 者として, 者との, 者とも, 者どもが, 者どもに, 者どもの, 者どもを, 者なら, 者にも, 者へ, 者まで, 者をも, 者一統の, 者下宿人仲間まで, 者全部に, 者共の, 者共は, 者十六人それに, 者夜も, 者残らず, 者洞院左膳と, 者皆, 者皆んなでございます, 者立ち, 者老幼の, 脈を, 臣も, 花悪い, 若い武士, 若い者ども, 若ざむらい, 若ものであった, 若侍二人, 若侍共, 若侍等, 若手みな復帰には, 若殿輩も, 若者の, 若者へ, 苦悶と, 草履を, 荻野河内の, 葛藤そんな, 蔭口や, 藩士達両, 蘆塚忠兵衛年五十六歳松島半之丞年四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の, 虫けらに, 血気の, 血気者が, 衆に, 衆望共に, 衆議に, 褒めもの, 評か, 評も, 評判っていう, 評判でありました, 評判と, 評判も, 詰侍や, 話で, 誤解は, 誰とも, 誰も, 誰もが, 誰や, 誰彼を, 誰彼志ある, 誰方である, 調度や, 諸将, 財産を, 責任を, 足もとから, 身分ある, 軒さきから, 軽輩下級武士の, 軽輩共は, 輩が, 道具が, 違和に, 邸に, 部屋, 部屋部屋を, 酒宴, 里見新, 重なる者, 重役に, 重役には, 重役の, 重役古島五郎左衛門の, 重臣や, 鏡と, 陰謀の, 隅々に, 隅から, 障子を, 雨戸で, 雨戸を, 電気という, 電灯が, 電灯は, 面々およそ, 面々は, 面々を, 面々分け, 面目だの, 顏の, 顔に, 風儀が, 騒ぎに, 騷ぎになつて女房の, 骨髄に, 高倉利吉らの, 高禄の, 魂は, 鷹見爽鳩と, 鼠が, 鼠がこそ, 鼠を

▼ 家中~ (165, 8.0%)

5 党を

2 [11件] バラ撒い, 仕えて, 左様な, 幾人も, 漲らせます, 紛争を, 紛擾を, 響き渡ります, 響き渡るやう, 響き渡るよう, 騷が

1 [138件] あったの, あって, あるとき, ある事, ある和, ある廉恥, いた頃, いっぱいに, いるの, うごめいて, お家騷動が, お菓子を, くばりました, くれとは, これほど, する酒宴, そのよう, その人, ただよいました, ただよい渡るはず, どんな心配, はおりませぬ, はなし, ひきとられて, ひっこしひっこしして, ひびいた, ひびかせた, ひびきました, ひびき渡る高笑い, ひびくよう, ひろがり家全体, ひろげて, ぶちまけられた襤褸, よい手蔓, わめく蚊, 一人も, 両党, 事情を, 二十銭しか, 人一人いない, 以後の, 伊丹亘の, 伝えられて, 伝は, 住する, 信じうる者, 傅はります, 充ち満ちて, 入らず, 八ツ当りで, 加えて, 動員を, 匿って, 反響し, 吹聴する, 吹聽した, 告げわが子, 奉公し, 姓名を, 守られて, 射込むて, 小野兼吉という, 小野田帯刀と, 嶄然頭角を, 広まったの, 弓を, 張り渡した, 強い麻酔剤, 強制移民の, 御存じの, 恥じて, 息を, 愉快な, 抱き茗荷, 拡がったの, 持ったと, 擴が, 散乱した, 文武の, 於ける位置, 於ける責任, 於て, 於ては, 映すこんな, 歓声が, 溢れて, 溢れ出した, 漂うて, 漂って, 漲つた, 灯が, 灯を, 無理に, 無用な, 物申す馬扱い, 物議を, 狂気めい, 生まれた者, 田岡甚太夫と, 病人が, 發見され, 眼を, 知れては, 知れ渡った, 知れ渡ると, 箪笥といふ, 紛擾が, 綱を, 縁者が, 置いて, 聞えし美人, 與へた感化は, 血が, 行われる, 見せまわって, 触れるよう, 觸れる, 谺した, 貰いうけたいなどとは, 起こった事, 遠く響き, 限るという, 陽が, 響かせて, 響きはじめた, 響きまさア, 響きわたる, 響きわたるよう, 響き何処, 響き渡つた, 響き渡る大きな, 響く大きな, 響く小言, 鳴り渡つたらおれ, 鳴り渡ります, 鳴り響いた, 鳴り響くと, 鳴り響く大声

▼ 家中~ (123, 6.0%)

5 捜して 3 探して, 調べて 2 して, 探したこと, 探したの, 探しましたが, 掻き廻したらしいが, 揺がせる地響, 搜し, 歩き廻って, 見廻ります, 陽気に

1 [92件] あげて, あちこち覗き見, あらしの, あらためて掃除, あるきまわる, お見廻り, かけ廻った, ぐるぐるまわりはじめた, さがして, さがしても, さがしましたが, さ迷, どうなされる, トゥーサンに, ヨチヨチ歩きまわっ, 一回回った, 一間一間楽屋に, 他人ごとならぬ, 代表する, 仰天させ, 励ました, 動かして, 呶鳴って, 呼び起す連中, 呼んで, 嗅ぎ廻つて, 家さが, 巡回し, 巡回する, 廻り歩い, 引っくり返して, 引つくり返し, 引ッかきまわし, 引掻きまわして, 彼方此方と, 往来し, 怖れた, 挙げて, 捜させたが, 捜しましたが, 捜し廻り, 捜し廻るよう, 探が, 探したが, 探したけれど, 探しに, 探しまわって, 探しまわると, 探し回りましたが, 探し廻った, 掻き亂, 掻き立てるやう, 搜した, 搜し廻りました, 斬ることこれ, 暖める丈, 最近に, 案内させました, 歩きま, 歩きまわった, 歩き廻った, 歩く癖, 油紙や, 泥足で, 率いて, 立ち退いた士, 笑わせて, 荒れ廻った, 蒸した, 見せて, 見て, 見まわして, 見やった, 見廻して, 見廻りながら, 見廻り歩き台所, 見渡しました, 調べ雇人, 走りま, 転げ廻って, 迎えた, 追廻したり, 配置し, 隈なく, 靄の, 駆けまわって, 駆け回つた, 駆け回つて, 騒がせたの, 驅け, 驚かした不思議, 黒光り煤だらけに

▼ 家中~ (106, 5.1%)

5 急に 2 しんとして, シーンと, 上を, 淋しく成りまし, 賑つ

1 [91件] うしろ巻を, お待ち申した, かねてこの, くすぶりきって, ぐつたり疲れた, しいんと静まりかえっ, そちが, そろりそろりと, どれほど猫, どんなに湿っぽく暗く, にぎやかに, ひっくりかえるよう, ひっそりし, ひとしお春めいた, ゆさゆさと, トルストイに, ムンムと, 一喜一憂の, 一致する, 上がって, 上流の, 乗船した, 事務所の, 二十名も, 二派に, 人殺しを, 何だかザワザワ, 何となく濕つて, 俄かに, 出発の, 刄を, 割合に, 助太刀に, 危害を, 大坂, 大騒ぎだらう, 大騒ぎに, 大騒ぎを, 天井から, 子供を, 寂然する, 寄ったが, 寝て, 寝鎮まるの, 寝静まった深い, 寝静まられた後, 寝静まると, 寢鎭つてから, 引っくり, 彼女とともに, 心配致し, 抹香臭くな, 抹香臭くなっ, 控えた次, 揺れる, 明くなる, 来るという, 森閑と, 気を, 泣声の, 混乱し, 溝口伊予たちの, 無病息災で, 物忌みを, 物音一つしない, 獄裡に, 珍しくしん, 疑われて, 皆し, 皆祭で, 目ばかり, 真暗な, 真暗に, 真赤に, 知れると, 笑わされました, 続々馬籠, 總出の, 芝居気ちがいでし, 荷物という, 薄暗くそして, 見えた時, 見通し女房の, 陰惨でいけない, 隊を, 霹靂に, 静かに, 非常に, 騎馬の, 騷ぎに, 黙々と有事

▼ 家中~ (97, 4.7%)

4 知らない者 3 知らないもの 2 一番よく, 幼いゴーリキイ, 百石を

1 [84件] あの人, うらぎり者, おいでなさる, おかしな子供, お頭, こ, ござりましょう, ござります, さるお, どういうもの, どんな騒ぎ, なんという, みんな働い, もっとも個性, もっと空気, ストックホルムへ, 一番可愛い, 一番可愛がられる, 一番広い, 一番引隠れた, 一番弱い, 一番日当りの, 一番暖かい, 一番権威を, 一番涼しい, 一番立派な, 一番落着い, 一番遅く, 一番馴染の, 主人を, 五十石取, 僕を, 処理しよう, 出色の, 勘定方を, 叔母の, 喧嘩を, 喪を, 大変な, 大騒ぎを, 婆やの, 家財を, 庄田喜左衛門と, 引留める, 忠義の, 愉快そうに, 手当し, 持て余されて, 持て餘, 撮った写真, 改めること, 旦那と, 来て, 板倉修理というさ, 槍を, 橋本と, 此内陣計りは, 武蔵どのと, 江戸へ, 河村権七か, 泰子を, 溝口信濃という, 無二の, 直江と, 相当由緒, 知らぬもの, 碓氷貞之助と, 祖母さんが, 禄五十石役は, 私が, 第一番, 羽ぶりの, 要害が, 見た顔, 許嫁などと, 身分の, 逗子へ, 重きを, 隠れるの, 難波内記と, 雪子さんが, 顏が, 風が, 食事し

▼ 家中~ (60, 2.9%)

2 大騒ぎに

1 [58件] うっかり頷い, おろか海の, この催し, ごった返しに, さつきコーリヤが, しんとして, すこしばかりの, すっかり大, すべてこの, どうも調べ, どこと, なかなか枯れた, ひそかに, ぼうぼうと, また半蔵, まるで植木屋, みな, みなかくの, みな泣かん, みな非常の, 一体わけて, 一統に, 不在であった, 主人と共に, 今上を, 以前に, 何という, 傷手も, 党を, 勝家を, 半数にも, 啜泣き, 城門に, 家老より, 寂として, 小六党出, 少しホッと, 恐れ惑い, 横暴じゃと, 残らず旅装, 水を, 江戸の, 涙に, 濃紅姫, 申す迄も, 畳の, 皆同じ, 盲の, 眠って, 秋の, 結束し, 総勢四十六人である, 總腰拔かしの, 脚の, 薄情者揃ひだ, 賑やかだ, 電話の, 静かに

▼ 家中~ (31, 1.5%)

2 差込ん

1 [29件] お出入り, こう伝えい, そんな噂, はいって, はなしたの, ひきあげて, もらい受けたいもの, 仕えるなれば, 伝わった風評, 伝言を, 内職の, 口止めし, 吹聴し, 布令出, 御当主斉興派, 懇望し, 斬り込まんと, 沙汰せよ, 洩れたらわし, 示さなくては, 立ちこめ, 立ちこめその, 自分の, 茶坊主の, 語り伝えたが, 蹴ちらかした, 隙間といふ, 面向けが, 鼻が

▼ 家中には~ (28, 1.4%)

1 [28件] あなた様以外そう, こういう声, その専門, その版図, なって, まだ茶道衆, 一種特別な, 久しぶりで, 何処にも, 元の, 先づなかつた筈です, 兼ねて, 奥山どの, 容れられず不遇, 寝耳に, 愚痴を, 旧知の, 武芸者が, 殿の, 犬一匹も, 番頭の, 真の, 知れ渡った, 自ら洋算を, 誰にも, 金の, 駿府から, 鳴り響いた筈

▼ 家中でも~ (27, 1.3%)

2 一番人眼の, 重きを

1 [23件] お桃, かなり身分, そうは, その才能, なく, ひとりの, また宇喜多家, 一二と, 一体何が, 久しいあいだ, 云われるくらいに, 名誉の, 平常に, 昼行灯と, 最も興味, 殉死する, 無いよう, 珍しかろう, 老臣以外には, 評判の, 譜代宿老を, 足軽に, 近ごろは

▼ 家中~ (20, 1.0%)

1 [20件] からもおそれられた, から名古屋, が尾州藩, が徳川直属時代, が斎食, だけは長い, で江戸表, のなか, の入国, の前, はいずれ, はまだまだ, は見えなかった, へも手先, もある, もいる, もすべて, も大, も思い思い, を訪ねた

▼ 家中~ (19, 0.9%)

1 [19件] あった, あの安土, いよいよ多士済々, かえって同意的, これの, こんな若, びっくりした, また一般, まとまらずわるく, 双手を, 同じこと, 多いの, 多い中, 対峙し, 少しずつ, 引き揚げて, 急増し, 挙げて, 追い追いやって

▼ 家中一般~ (19, 0.9%)

1 [19件] からも, にもその, に一つ, に平時, に暇, に聞え, の不和反目, の人々, の同情, の噂, の士気, の生計, の白眼, の眼, の評判, の軍学, の輿論, へはあらためて, もほっと

▼ 家中一統~ (15, 0.7%)

1 [15件] のお, の人々, の参拝, の緩怠, の者, の者ども, の胸, の間, は思う存分, への恩賞, へ御酒, へ申し渡し, をあつめ, を集め, 御手

▼ 家中から~ (14, 0.7%)

2 倉の

1 [12件] ロクでも, 云々と, 変人扱いに, 役人を, 槍術に, 浪人した, 聞きましたので, 誰をか, 貰って, 選ばれたうち, 選抜し, 騒然たる物議

▼ 家中では~ (14, 0.7%)

1 [14件] あるが, いろいろ取り沙汰, かえって冷たく, ござらぬが, そういう嫌疑者, とかくな, ないが, 何だ折助, 先頃筑前が, 名を, 最もなつかしい, 最も優れた, 木像蟹と, 誰も

▼ 家中にも~ (13, 0.6%)

1 [13件] こんなの, すべてその間は, 上品に, 京の, 優れた人物, 同意者が, 多い, 彼しか, 有馬大膳という, 知つて居る, 知らせてない, 間者を, 類を

▼ 家中一同~ (12, 0.6%)

1 [12件] で手, にその, にとっても最後, にも陪観, の中, の同情, の念願, の難儀, は彼ら, へ一刀流, へ言い渡し, 揃って

▼ 家中最も~ (8, 0.4%)

1 多くの, 天分ある, 天分に, 学殖に, 己に, 正統的で, 能文なる, 逞しい描寫力

▼ 家中~ (6, 0.3%)

1 さきに, 城下の, 家中の, 申されるからには, 聞きましたので, 見わけられるの

▼ 家中いっぱい~ (4, 0.2%)

1 でした, になった, に啼い, の火

▼ 家中という~ (4, 0.2%)

1 ことに, ことや, ものは, 観念が

▼ 家中において~ (4, 0.2%)

1 その道に, 別駕, 打物取っ, 朝山どのの

▼ 家中にて~ (4, 0.2%)

2 和田静馬と 1 劇詩を, 青木丹左衛門と

▼ 家中~ (4, 0.2%)

1 城下の, 徳川の, 組の, 馬を

▼ 家中随一~ (4, 0.2%)

2 の使い手 1 の漢学者, の美童

▼ 家中ぜんたい~ (3, 0.1%)

1 が同じ, で謹慎, の関心

▼ 家中たち~ (3, 0.1%)

1 の足音, へも, へもわざと

▼ 家中として~ (3, 0.1%)

1 あるじゃござんせんか, 留め置かれたいと, 見栄えの

▼ 家中にては~ (3, 0.1%)

1 弥増す, 最も英国的, 最も英國的

▼ 家中のみ~ (3, 0.1%)

1 でなく一般, でなく幕府, なるぞ

▼ 家中へも~ (3, 0.1%)

1 徳川方の, 方向を, 秘密だ

▼ 家中まだ~ (3, 0.1%)

1 しぃんとしているからな, しぃんとしてゐるからな, しいんとして

▼ 家中屋敷~ (3, 0.1%)

1 で庭, に住み, の住

▼ 家中探し~ (3, 0.1%)

1 ても何処, ても出, て見た

▼ 家中最大~ (3, 0.1%)

3 の芸術家

▼ 家中無事~ (3, 0.1%)

21 なもの

▼ 家中~ (3, 0.1%)

3 へ送り出し

▼ 家中からも~ (2, 0.1%)

1 挙げられて, 馬術の

▼ 家中すっかり~ (2, 0.1%)

1 美紅姫に, 金張りだ

▼ 家中すら~ (2, 0.1%)

1 みなこう, 大部分

▼ 家中たいへん~ (2, 0.1%)

1 です, な騒ぎ

▼ 家中であった~ (2, 0.1%)

1 かと思う, が

▼ 家中であり~ (2, 0.1%)

1 ながら人々, 覇府斎藤が

▼ 家中である~ (2, 0.1%)

1 ことなどは, 蜂須賀党が

▼ 家中での~ (2, 0.1%)

1 きけ者, 腕っ

▼ 家中とともに~ (2, 0.1%)

1 甲賀の, 辻

▼ 家中どこ~ (2, 0.1%)

1 にゐ, を探し

▼ 家中ども~ (2, 0.1%)

1 ここに, もご

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 家中らしい~ (2, 0.1%)

1 武者四五名を, 黒扮装の

▼ 家中をも~ (2, 0.1%)

1 やの, 尋ねたけれど

▼ 家中ロイド・ジョージ~ (2, 0.1%)

2 は私

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 同恐悦, 同毛

▼ 家中全体~ (2, 0.1%)

1 に知れ渡っ, をおおっ

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 さわぎを, 騒を

▼ 家中大騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 である, で医者

▼ 家中悉く~ (2, 0.1%)

1 参列し, 安心という

▼ 家中手分け~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ 家中探し廻る~ (2, 0.1%)

1 というあわてよう, といふあわて

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 あびせが, を打つ

▼ 家中無双~ (2, 0.1%)

1 と思わね, の名誉

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 が話し, 立つて

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 一, 一の

▼ 家中総出~ (2, 0.1%)

1 でお迎え, で警戒

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 が吾, でも彼

▼ 家中近藤平六~ (2, 0.1%)

1 が目通り, は新規

▼ 家中閉口~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 家中~ (2, 0.1%)

1 なく, なく見

▼1* [218件]

家中あの近くへ, 家中あやしくなって, 家中いたるところに, 家中いつぱいランプを, 家中いよいよ大笑いに, 家中大名仕え, 家中およそは柔弱ぞろい, 家中お抱え町人能役者その他参覲の各, 家中お歴々とても同じ, 家中浪人か, 家中かたずをのん, 家中がたがたになる, 家中きってのつかい, 家中きれいになり, 家中くまなくさがす, 家中こぞって田楽の, 家中この事を, 家中ごった返して仕舞った, 家中ごつた返して, 家中てざわめいた, 家中じゃと申すか, 家中それへ引越す, 家中とかおっしゃる, 家中だけで秀吉, 家中だけで一戦隊を, 家中だけの食糧さえ, 家中だったな, 家中だまって居る, 家中てんてこ舞ひ, 家中であろうそして恐らくは常に, 家中でござるが二本榎, 家中でさえ十人の, 家中でしたがこの, 家中でなくてさ, 家中とな失礼ながら, 家中とは知れきって, 家中とも解らなかつたの, 家中どの部屋も, 家中ども命が惜しく, 家中など付添い黒田家, 家中などがおびただしい同勢, 家中なめた男でも, 家中なら知っていよう, 家中においてはもっぱら評判, 家中においてまで政治の, 家中においても番所にて, 家中における反阿賀妻, 家中にとってそのトウベツ, 家中に対する夫の, 家中ひっそり閑と, 家中ひとかどの, 家中への手前として, 家中ほかのもの, 家中まで遣わされかつ, 家中みなが無念, 家中みな源氏閣とよん, 家中みな遊びに出た, 家中みんな一しょに逃げた, 家中みんな留守と思われる, 家中めいめいにうんとお, 家中もう寢て, 家中もうすっかり怖気を, 家中もっぱら評判じゃ, 家中やられたのが, 家中よく浮世絵を, 家中らしく良人の, 家中コレラになり, 家中ドビュッシーと共に最も, 家中マツチを搜, 家中モウ寝て, 家中ロイド・ジョージただ一人である, 家中一ばんの働き手, 家中一二を争う, 家中一党の者, 家中一同ひそかに心配, 家中一同年も越せぬ, 家中一同病を案じ, 家中一同館の中, 家中一杯だったという, 家中一流のつかい, 家中一番の美男, 家中一等の美人, 家中一統心から今度, 家中一藩ひとつ主をいただく, 家中三人ほか知る事, 家中三蓋總出だらう, 家中取締りの, 家中亀井重茲のこと, 家中二千あまりの軍馬, 家中二百六七十人という数, 家中は天下, 家中仏壇の薫, 家中仕置不行届で領地, 家中佐々平左, 家中の部屋, 家中何となし新, 家中何百人を路頭, 家中全般の底流, 家中全般隠れもなく知る, 家中に罪, 家中内紛の責, 家中もりを, 家中列座のなか, 家中初めて眉を, 家中剛毅の士, 家中動き廻りながら, 家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 家中南条右近とはなっ, 家中對する, 家中反対するの, 家中同座の御, 家中同様の刑罰, 家中呼吸を殺し, 家中和田静馬と申す, 家中喜びに満ちてる, 家中囃し立てられたからたまらない, 家中売れるものは, 家中夕飯時であったが, 家中大酒盛をやる, 家中奥向勤めの輩, 家中女子ばかりになった, 家中学問世話是迄之通, 家中宇津木兵馬と申す, 家中安堵の胸, 家中客人分として三百石, 家中寂寞とはし, 家中寄って眺め, 家中寄り合い諸士, 家中寝鎮まったものと, 家中寝静まられましてからたった, 家中小姓組の家, 家中岩見重左衛門の次男重太郎, 家中岸本誠太郎妻初とな, 家中干ぼしになる, 家中店先の涼み台, 家中延留供養とあり, 家中引きはらって, 家中引っ掻き廻されている, 家中引っ掻き廻している, 家中引つくり返す, 家中彷徨き廻ったと一般, 家中一統の, 家中御祓をし, 家中心得のある, 家中志賀玄蕃同苗内匠の母, 家中忙しかった, 家中恐らくは空前絶後の, 家中成瀬隼人正の女中方, 家中捜しても居ない, 家中捜し廻ってようやく, 家中探せど水, 家中揃いも揃っ, 家中しても, 家中新たに一群, 家中もおる, 家中日置帯刀の従兵, 家中明け放しの中, 家中明け放した庭の, 家中明るい灯火は, 家中暴れまわったりした, 家中村中が誘いあっ, 家中松浦勘次ヲトモニ連レテ, 家中だや, 家中根元圭は建部, 家中として暗い, 家中様一服おあがり下さいませ, 家中武骨者ぞろいで心, 家中歩き廻って居る, 家中残らずで喰, 家中永久に記憶, 家中泰西の鑑賞家, 家中活気を呈し, 家中浮世絵を愛玩, 家中無敵の老, 家中無断で引掻きまわし, 家中煙ってしまう, 家中片倉小十郎の旧臣百五十七戸, 家中物分りがよかっ, 家中で暮し, 家中病人だらけだ, 家中皆んなでお, 家中皆んな旦那樣のお, 家中皆んな留守のこと, 家中磯野丹波守の手勢, 家中穴だらけの障子, 家中穴だらけ隙間だらけで我家, 家中竹中半兵衛重治妹のゆう, 家中筒拔ける遠慮, 家中粒選りの武士三十人, 家中紛争をもちだせ, 家中続いて彦根, 家中総掛りで屹度間, 家中老臣から目見得格, 家中自分のもの, 家中若年寄方にも悉く, 家中荒し廻るのに, 家中衆あたりがやかましく, 家中衆数名そのいずれ, 家中表座敷へ揃うた, 家中見れるわけで, 家中見廻して何一つ, 家中見廻って長椅子, 家中誰一人殉死のこと, 家中起き上って鯰, 家中踊って歩いた, 家中轉手古舞をし, 家中つかけ, 家中進士作左衛門は一小隊, 家中邦婀娜夢氏は, 家中野良へ出る, 家中で張ったるん, 家中鏖殺に願いたい, 家中鏡葉之助, 家中長短宜封口, 家中まつて, 家中静かで返辞, 家中風俗を町, 家中騒ぎ廻られるの