青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

室内~ ~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~
家々~
家中~ 家人~ 家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来

「家々~」 1414, 15ppm, 7369位

▼ 家々~ (691, 48.9%)

11 屋根が, 屋根の 9 軒に 8 屋根は 7 窓の 6 上に, 前に, 屋根を 5 外には, 娘御, 戸は, 氏人までが, 門に, 間に

4 [11件] 前の, 前を, 燈火が, 空に, 窓からは, 窓や, 縁の, 語とは, 軒には, 軒の, 軒は

3 [20件] 上を, 中で, 家根の, 屋根に, 屋根も, 屋根や, 戸が, 旗を, 湯の, 灯が, 灯は, 生活を, 神に, 窓から, 窓には, 軒を, 門を, 門口に, 間から, 飼馬を

2 [38件] ランプの, 一尺に, 中から, 中に, 中へ, 垣根の, 壁と, 壁の, 壁を, 女性が, 定紋を, 客を, 屋根と, 庭や, 戸を, 戸口に, 旧事, 根太よりも, 様子を, 灯火が, 犬の, 甍が, 男は, 祭りが, 窓が, 窓に, 窓にも, 窓を, 窓硝子を, 裏口まで, 軒や, 軒下には, 軒先には, 門や, 間を, 顏見合は, 顔見合は, 飼馬は

1 [417件] あかるい灯, あつた, うごかない薄暗, うちから, うちで, うちの, うち宮殿めい, おくさん, お嫁さん, かまどから, けむり, ことあしざまに, ことだろう, ことに, ことを, こんろなぞから, そとを, た, つづま, ともし火, どこも, どの軒, なかから, ひば, ひまを, まえに, まばらな, ものは, ウネリと, ウヤンコウすなわち, オシラサマを, チャブ台の, 一つ一つが, 一人の, 一画は, 一軒で, 上へ, 上塗りも, 下を, 下婢が, 並びたるさま, 並んだの, 並んだ狭い, 並んだ町, 並んだ細道, 中では, 中へまで, 中まで, 中や, 中を, 中庭の, 中庭や, 主人が, 主婦たちは, 主婦たちも, 主婦を, 乾場を, 事情どちらも, 事情に, 事情を, 二階は, 五月幟時に, 人々の, 人は, 人も, 仏壇の, 代表者は, 伝えが, 位牌を, 倉や, 傳來を, 傾斜した, 傾斜の, 元祖の, 光が, 入口に, 入口の, 入用ぐらいの, 共同の, 共同井戸にな, 内々の, 内部から, 内部が, 内部の, 処女か, 前で, 前にも, 前は, 前庭には, 北側の, 口争い女房の, 古い石垣, 台所と, 台所を, 周囲に, 周囲には, 周囲を, 国旗殊に, 園で, 土台下や, 土台石を, 土地面が, 垂氷いつの間にか, 垣根も, 塀に, 塊り, 墓とは, 壁や, 夕飯が, 夜の, 大巖, 奉公人とか, 奥さんたちが, 奥の, 女が, 女の, 女達に, 娘と, 娘共は, 婚禮にも, 子供等が, 子弟の, 子弟や, 学問の, 定紋の, 宝器は, 実力を, 宮廷に, 家族は, 家根から, 家根を, 宿禰, 小さいあかり, 小さな灯, 小範囲, 小門, 屋上に, 屋敷を, 屋根から, 屋根からは, 屋根などを, 屋根には, 屋根へ, 屋根ほどの, 屋根対岸の, 屋根瓦が, 屋根町の, 屋根陽炎の, 屑の, 巫女なる, 常の, 庇の, 庇合い, 店頭には, 座敷に, 庭さきへ, 庭に, 庭へ, 庭先を, 庭前の, 庭園には, 庭背戸が, 廂に, 建てこんで, 建築具合を, 形が, 影が, 影も, 御田の神, 思い出と, 態度は, 慎しみの, 戸ごとに, 戸に, 戸の, 戸も, 戸口から, 戸口の, 戸口や, 戸口より, 戸口を, 戸袋も, 戸障子は, 扉の, 扉を, 手機で, 招きの, 掃除が, 数が, 数は, 文化が, 文庫を, 断面が, 新嘗, 方へ, 旗印を, 昔は, 暖簾が, 暖簾や, 暗き軒下, 有りやう, 望まれる方, 杓子を, 格式による, 棟から, 棟とを, 棟は, 棟を, 棧敷と, 楽しみだけには, 様子に, 正月が, 正月すなわち, 正面の, 歴史的生活の, 残骸と, 民間祭祀から, 水ですます, 水撒き, 洗濯物を, 洩れ灯, 浮沈が, 消費作業と, 涙を, 深いひさし, 湯けむりが, 準備には, 溝に, 火は, 火水に, 灯かげは, 灯の, 灯も, 灯用として, 炊事の, 煙も, 煙出しは, 煙突, 煙突の, 燈が, 燈も, 燈火は, 燈火も, 燦く, 燭影水に, 燭燈悉く, 特徴と, 犬が, 狭い間, 狹い, 瓦が, 瓦などが, 瓦の, 甍から, 甍の, 生活は, 生産を, 田を, 由来記にも, 由緒や, 男の子らは, 男女の, 畜犬堅く, 白と, 白壁を, 盛衰昔より, 直系の, 真ん中に, 眺めに, 石や, 砧の, 破れ戸から, 破風の, 硝子窓, 礎までも, 祖先には, 祖神は, 祖霊が, 神が, 神として, 神ながら, 祭の, 祭りである, 祭りと, 祭りに, 私用に, 秘密を, 稼業の, 穹窿門は, 空を, 窓からも, 窓と, 窓は, 窓へ, 窓よりは, 窓をば, 窓口からは, 窓掛けを, 窖の, 竈前の, 符牒の, 節供または, 簷に, 簷端には, 簾や, 籬に, 籬の, 系図, 紋づくしと, 紋には, 紋所が, 紋所馬印を, 纂記後代の, 習俗が, 老幼は, 者が, 者は, 者まで, 聳えたどこ, 職の, 背に, 背は, 背中同士差迫つた暗い, 背後には, 脚部が, 腰板古い, 自由に, 臺所口から, 苗じる, 若い働き手, 菜園が, 蔀が, 蔭に, 蔵が, 藍ばんだ, 行事なり, 表に, 表の, 表口には, 装飾の, 裏ば, 裕富そのものの, 補食の, 見える硝子戸, 角には, 角度が, 諸説人々の, 貰い物も, 赤い灯, 路地奥に, 躾け, 軒が, 軒と, 軒丈よりも, 軒下を, 軒先き, 軒先に, 軒先を, 軒燈は, 軒燈籠が, 軒端からは, 軒端の, 農祝いと, 近所で, 道具に, 道具類が, 遠景その, 重宝共此時に, 金の, 鉄柵が, 門から, 門で, 門には, 門の, 門は, 門ラムプが, 門先に, 門内や, 門前へ, 門口へ, 門口より, 門地の, 門戸を, 門松しめ繩を, 開放的な, 間で, 間の, 間へ, 間食も, 閨を, 閾の, 防火壁の, 階段を, 障子硝子の, 集合によって, 雨戸も, 雨戸や, 電燈は, 非運を, 面目として, 顔見合わぬ, 食物調製にまで, 食膳を, 飼馬が, 餅と, 饗宴が, 馬が, 馬は, 馬を, 馬印思い思い, 騒がしい絃歌, 高低が, 高張軒提燈は, 鶏において, 鹵簿を, 黄いろっぽい, 黒い色

▼ 家々~ (112, 7.9%)

2 別れを, 反響し, 桃や, 面した道

1 [104件] あがりこむ, その姿, たく暖炉, ちかくなり, ともされた切角灯籠, ともって, むかつては, もたらす目的, もつ故人, よびかけた, ゐる女房, パイプで, ランプが, 一つずつの, 一人, 一年中の, 一齊搜索が, 中門の, 人々が, 人々は, 令乱入雑物取る, 伝承せられた, 伝誦せられた, 住み込ませる人入れ稼業, 住んで, 依り年齢, 個々に, 入って, 共通の, 具わった道具, 勢力を, 反響した, 同居した, 唐黍の, 囲まれながら, 大筒を, 宿るまれびと, 宿る夜, 年男の, 彼は, 快い夢, 急襲し, 投げ込んで, 招かれること, 持って, 挟まれたまことに, 支那人が, 支那服の, 数人, 斎き祀り申す神, 新穀を以て, 於ける此年天保七年, 明りが, 明るく電燈, 札を, 来て, 来り臨む日, 来る手紙, 栖める, 權限を, 次第に発達, 歓迎せられた, 此常世神を, 歸り, 残ったものの, 残って, 水を, 水晶その他の, 沙汰が, 泊るまれびと, 満ちた, 灯の, 燈火が, 燈火の, 燦爛と, 猴鹿の, 眞の, 祝言を, 立寄って, 笊目籠を, 築き花林曲池, 簾を, 繋がれて, 老若男女聲を, 臨む年神, 自づか, 自分一個の, 蔽いかぶさって, 行つて楽器を, 踊りこんで, 躍り込んで, 迎へる, 逗留し, 配つて歩く, 配ること, 配る事, 附属する, 限りなく, 静かに, 飛び込んで, 飼って, 飼われた馬, 飼犬が, 養って

▼ 家々~ (99, 7.0%)

2 いずれも, 眼の

1 [95件] いつもほとんどすべて, おおよそ雨戸, かく遠く, これまた, しいんと眠つて, すつかり閉され, それを, つとに利害, なにか, ほとんど石造, ほんの少し, ほんの数分間, まるで背, みな早くから, むかし鳴海絞りを, もうすっかり深い, もうたそがれ, もうみんな戸, もう何処, もう戸, もっと陰気, よどんだ空気, 一つ一つと, 一層貧相, 一様に, 二階の, 人の, 伯父が, 低く屈む, 初めから, 北船場に, 十党二十党の, 同じ形, 坂の, 堅く扉, 多くは, 夜に, 大方未だひっそりと, 大昔の, 女中さん一人は, 娼家営業の, 嫡子に, 宵闇の, 小さくも, 少くとも, 少ない数, 屋根に, 屋根を, 島帝国の, 川に, 平面が, 彩紙で, 或は直ちに, 戸を, 持って, 数へ, 敵も, 日光で, 昼も, 最早冬籠, 未だひつそり, 村の, 棟まで, 森の, 森然, 檻の, 残りました, 水に, 海にまで, 燃ゆる, 白く氣味, 皆参加し, 皆古く, 皆外から, 皆洋館ま, 皆神事に, 皆財産を, 目ぼしい, 真似と, 石の, 私の, 窓も, 立って, 立つて, 簡素で, 繁昌し, 芥箱の, 薄れて, 薄紅色, 見るからに, 見る間, 賢き陪臣, 運動員の, 電灯を, 順番みたいに

▼ 家々~ (98, 6.9%)

5 廻って, 訪れて 4 訪問する 3 祝福し 2 まわって, 兩岸に, 歴訪する, 眼に, 訪ねて

1 [71件] あがきつつ, おおって, おおつて, おとずれること, おとなふ, その土地, たおして, たづねて, たべて, なめて, まわった, まわりなさいました, 一軒一軒廻っ, 両岸, 倒し大地, 出て, 午前中廻った, 卷きはじめたの, 取り卷いて, 垣の, 失わないで, 女の, 廻つて祝福を, 廻りはじめて, 廻るの, 思い比べて, 戸別に, 持って, 指して, 挨拶し, 掠奪から, 教えて, 暇乞いを, 望んだ, 歩きまわって, 毎晩訪問する, 永い間, 治つた者の, 照らした, 照らして, 眺めさ, 眺めて, 眺めながら, 眺め今更, 眺め渡して, 私は, 窺ったの, 経めぐっ, 繰り返して, 羨ましがらせ, 虱つぶしに, 見たという, 見なれた目, 見渡して, 見渡すと, 覗いて, 覗くという, 訪れた樣, 訪れた神, 訪れては, 訪れる仮装, 訪問し, 訪問なされる, 走りぬけて, 越して, 転々として, 通りすぎると, 遠く下, 震動させ, 順ぐりに, 頼つて海道筋を

▼ 家々~ (72, 5.1%)

3 あつた

1 [69件] あちこちに, あった, あって, ありましたが, あり田畑, いる人, うす黒く宵やみ, ごちゃごちゃに, しきりと, しずかに, そこに, その数限り, ただ燃え, ところによっては, のこされて, ひしとひとかたまり, まことにきたならしい, まだ寝し, まだ相当, まるで古い, まるで廃墟, やっと起きた, 一度に, 両側に, 並んで, 主な, 低く点在, 其後栄えた, 凝つと, 多かつ, 大戸を, 太い材木, 家々に, 密聚し, 密集し, 建って, 彼の, 数町の, 新しい感じ, 暗く煙, 月光を, 木目の, 武器を, 殖えたこと, 深緑の, 澄まして, 火事に, 灰に, 焼けて, 燃え狂って, 皆相応に, 眠って, 立ち並び何事, 立ち並ぶ横丁, 競うて, 背を, 茅屋根を, 虫籠へ, 裏手の, 見えた, 見られます, 途斷れ, 遥かの, 遥か西の, 開け放しだから, 隙間も, 非常に, 音も, 黒く固まっ

▼ 家々では~ (45, 3.2%)

2 この水, みな草花を, 実例として, 實例として

1 [37件] あけはなしたまま戸外, いろ, お萩餅を, かならず嫁子, かねて, この草屋根, この藁ボテ, その折り, また家刀自, まだ起き, 以前も, 其専門に, 大提燈, 天つ, 太刀音や, 家庭争議が, 家財道具を, 店を, 悉く戸, 慌てて, 扉を, 歌舞音曲の, 正月でも, 炉の, 物見車の, 独り門前に, 畑から, 神なる, 窓を, 篝火を, 細目に, 老人から, 輪なりに, 迎い火を, 雨戸を, 餅を, 鯖の

▼ 家々~ (41, 2.9%)

2 ある, まず大同小異, 樹木も, 過ぎ去って, 電車も

1 [31件] ありました, ありますし, いまもっ, がら明きの, きょうは, そう頑丈, その屋根, た, だんだん貧乏, まだ多い, まばらに, みちこほる, みな古風な, 一九四五年の, 一軒ずつ, 不思議に, 何も, 何不足なく, 全部舟子屋敷で, 多かった, 多く見え, 大破し, 家々の, 小さなもの, 念の, 明るく歩い, 樹, 注意し, 立て込んで, 離れ点在, 黒眼鏡を通して

▼ 家々から~ (38, 2.7%)

4 出て 2 湯の, 立ち昇る

1 [30件] ちっとも煙, なびいた, パラパラッと, ラジオが, 一斉に, 交代で, 勝手に, 大ぜ, 奉られた巫女, 客に, 尻の, 店を, 弦歌の, 持つて, 持寄り米, 火を, 牛乳罐を, 独立を, 町から, 硯を, 突き出されて, 立ち上る時, 立ち昇る煙り, 立登る, 若い女たち, 衣食の, 貰って, 集めて, 顔を, 飛び出して

▼ 家々~ (38, 2.7%)

4 はこんやの 2 焚く蚊遣

1 [32件] いふと, すること, するの, その有, たかれる, まだ職人, まといと, みんな違っ, もう決して還っ, やれなければ, 七草の, 二三人の, 個々に, 充ちそして, 其家内に, 出たもの, 大きな相違, 大事の, 寝て, 強飯を, 必ずきまっ, 木綿機を, 正月元日の, 此を, 織られるよう, 草を, 行ふ, 見かける外科, 貧しい男たち, 送り火を, 食わせられなければ, 飲んだり

▼ 家々~ (28, 2.0%)

2 挨拶に

1 [26件] かえして, 出かけて, 出現する, 反響した, 墓参を, 帰りたいとか, 帰ろうと, 押し寄せて, 散らばった, 新聞を, 武具を, 水溜りの, 火が, 火を, 石油を, 礼状を, 神人が, 移って, 行く, 行って, 貼紙を, 達せられたの, 配って, 配られる頃, 飢えた狼, 鬼が

▼ 家々には~ (24, 1.7%)

1 [24件] その家, みな跳橋という, ランプが, 人々が, 厨子を, 古い美しい感情, 大切な, 大勢の, 早や, 椰子油の, 灯が, 灯がとも, 燭力の, 狸や, 生活が, 窓へ, 素晴らしい仏壇, 縞帳と, 貧乏で, 長い間, 階級的に, 電燈の, 黄いろい灯, 黒い幔幕

▼ 家々~ (18, 1.3%)

1 [18件] あのホテル, いひその, いふべきである, ちっとも変った, ひとしく見過し, 一緒に, 人とが, 停車場とへ, 其生産とを, 凍てついた窓ガラス, 同じく彎曲, 密接し, 幾艘もの遊女たちの, 往々まったく同じ, 往来と, 書いて, 縁組なされ, 色づいた雑木

▼ 家々~ (13, 0.9%)

2 倉庫などが, 寺, 白く光る 1 人々が, 宮城前の, 小径や, 掘割に, 木立に, 樹木も, 目に

▼ 家々にも~ (12, 0.8%)

1 [12件] おし擴めて, おのずから家法, 一つ宛は, 同様の, 名宝が, 國旗が, 声さえ, 暖簾も, 現実の, 行ふ, 街頭にも, 規模の

▼ 家々でも~ (6, 0.4%)

1 一人一人の, 宮廷と, 祝いまた, 菊を, 雨戸を, 餅を

▼ 家々をも~ (5, 0.4%)

2 訪ねて 1 おとずれたく日ごろ, 子に, 綿密に

▼ 家々からは~ (3, 0.2%)

1 夕炊の, 競うよう, 酒に

▼ 家々からも~ (3, 0.2%)

1 名代あるいは, 居酒屋からも, 物音や

▼ 家々だの~ (3, 0.2%)

2 水路だ 1 その傍ら

▼ 家々より~ (3, 0.2%)

1 漏る, 街の, 起こる叫び声

▼ 家々とを~ (2, 0.1%)

2 程良く

▼ 家々にては~ (2, 0.1%)

1 吉例として, 暖簾を

▼ 家々にとり~ (2, 0.1%)

1 入り其臣下, 入り遂に

▼ 家々によって~ (2, 0.1%)

1 この一劃, 集められた兵数

▼ 家々~ (2, 0.1%)

1 低き平家, 叺を

▼1* [52件]

家々あやしき賤の, 家々ごとに狼狽, 家々それぞれの好み, 家々ありける, 家々だけで団結し, 家々だけでの思い思いの, 家々だけに在るもの, 家々であって露路, 家々であり一族である, 家々というのは, 家々として繁殖し, 家々としては婚礼の, 家々としても老人か, 家々との間に, 家々とは違つて特殊な, 家々と共に上海一流の, 家々なく華, 家々においてもできる限り世間, 家々にとっては大へん, 家々にとっても初めての, 家々にまで伝わって, 家々のにひなめには, 家々はも抜けの, 家々ばかりお訪ねする, 家々ばかりが蜘蛛の, 家々へもそれとなく別れ, 家々またある土地, 家々または各個人, 家々まで普請を, 家々みな奥深きもの, 家々みな戸をあける, 家々互いに贈り合う, 家々に鶏毛, 家々伝来の外来魂, 家々檀那の, 家々即地方では早く, 家々自らの, 家々家々の窓, 家々教會コンブレエとその, 家々村業を守つて, 家々此処二三日の総菜もの, 家々の舞蹈, 家々相呼應して, 家々督相續の屆, 家々石垣を築き, 家々や豆, 家々習読せしめば, 家々豊かだった, 家々を連ね, 家々高い灰色の, 家々鮮肉を味, 家々なくころ