青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~室 室~ ~室内 室内~ ~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵
宵~
~家 家~ 家々~ 家中~ 家人~ 家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~

「宵~」 2405, 26ppm, 4489位

▼ 宵~ (893, 37.1%)

97 うちに 64 うちから 39 うちは 16 うちの 15 内に 13 内から 12 うちだ 11 明星が 9 うちで, うちでした, くちの, 間に 8 うちには, 春 7 ことであった, 中に, 明星の, 空に 6 中から 5 うち, ことで, ように, 街を 4 ような

3 [13件] あいだは, うちだった, うちです, うちでも, くち, ほどより, まに, ままで, 内でした, 内は, 明星, 景物の, 頃から

2 [39件] うちからの, うちだけ, うちでございました, うちも, うちよりも, くちであった, ことか, ままの, 一刻を, 七時から, 中には, 中より, 事だ, 五ツ, 人足が, 八時に, 八時頃に, 内の, 出来事である, 勤行も, 夕暗に, 寝苦しい暑さ, 小侍従, 明星と, 明星を, 月が, 灯が, 灯の, 灯を, 灯影を, 町を, 稲づまほのかなれ, 空を, 箱根の, 花の, 間は, 間を, 頃だった, 鱠

1 [399件] あの裏返し, あの赤谷伝九郎, あまりが, うす暗さ, うた, うちいいかげん, うちお, うちお客に, うちこそ, うちさ, うちさえ, うちじゃった, うちすこし, うちすでに, うちであった, うちであれ, うちでさえも, うちで御座います, うちとは, うちな, うちなら, うちにも, うちほど, うちまで, うちわしは, うち一度ずつ, うち乍らわざと, うち人びとが, うち坐つ, うち外へ, うち宿場の, うち寒かっ, うち平賀さんは, うち急ぎの, うち戌刻, うち早くから, うち早目に, うち浅草の, うち無事に, うち父君の, うち花嫁の, うら寒き, おぼろなる, お月樣, お馴ずみ, かやつり草に, きた筑波屋の, くちそれ, くちだ, くちだった, くちで, くちですよ, くちに, くちべに, くち早くから, くち降って, ことだった, ことだつた, ことである, ことでした, ことです, こととは, ことは, こと再び, こと大津の, こと彼は, ころ, ころであった, ころまで, こんだ電車, ご用は, さまであった, ざわめきを, し, しじまを, しとしと雨, たは, つれづれに, とおりな, ながしを, ひと, ひととき現世の, ひとり歌なき, ひろば, ほどさえ, ほどと, ほどは, ほど月を, ままおろさせない, ままに, まま揚げ, みぎはに, ものぐるひ, ユスリの, ロベリヤ朝の, 一〇時ごろに, 一声に, 一襲, 一部始終を, 丁字, 七時ころ, 七時半か, 上汐, 中からの, 中ず, 中だ, 中であっ, 中であった, 中と, 中の, 中は, 中を, 中丈露店を, 中賑な, 中雨が, 中麓の, 九時か, 九時を, 九時頃に, 九時頃には, 乱れ髪, 事である, 事です, 事なりき, 事を, 事空から, 五つ, 五つから, 五つ半と, 五つ過, 五ツ前, 五ツ前でした, 五ツ半か, 五ツ少し, 五刻, 五刻ごろトントンと, 五刻だ, 五刻に, 五刻前に, 五名も, 京極は, 人の, 人を, 人中として, 人出を, 人影も, 人目を, 人通りは, 人通りも, 仏前の, 仕事に対する, 仲之町で, 位地に, 何倍にも, 傷を, 八時か, 八時には, 六ツ半, 六ツ半から, 六ツ半頃, 六時に, 六時まで, 兵糧も, 内か, 内だ, 内だけ, 内だつたさうで, 内であった, 内とは, 内など, 内はらはら, 内より, 内通った, 冷たさ, 冷情を, 冷感, 出来事を, 切ない心持, 別れの, 勤め泊りの, 勤行が, 勤行の, 勤行は, 化粧を, 十二社の, 半月に, 即景, 厚みの, 口説を, 可愛いい飲食, 名残かと, 咲いてる原, 唄, 城門を, 夜ふけの, 夢を, 大川に, 大晦日を, 大津を, 女々しい華やかさ, 如きところ, 姫百合の, 子である, 客, 宴に, 寂しさ, 寒い風, 寒きに, 寒さ, 小座敷で, 山の端に, 岡崎は, 島々, 島々静かに, 嵐去り, 巴里を, 広場, 往来へ, 微風に, 急行で, 恋にも, 恥辱を, 悩ましさ, 悪夢の, 情景の, 情景を, 情炎を, 戌の, 戌刻, 手すきに, 手枕に, 手遊びな, 打合せで, 新宿街の, 日光鬼怒川行などには, 旦那の, 明星ある, 明星さまが, 明星である, 明星にも, 明星は, 明星や, 星が, 星く, 星の, 星を, 星空の, 春か, 春の, 春雨は, 時刻旅人の, 時間までが, 景物である, 暗い露路, 月, 月は, 月も, 月を, 月カタ, 月代も, 月夜の, 本郷通りは, 村雨に, 松原, 松虫は, 殿妻と, 気は, 汽車に, 浅いところ, 浅ましかりし, 海を, 渋谷の, 湯殿の, 満月, 火かげの, 灯, 灯と, 灯ともし, 灯賑わし, 無風状態を, 燈が, 燈と, 燈に, 燈には, 燈を, 燈下である, 燈火が, 燈火の, 燈火も, 燎火白, 物成高五百円位きわめて, 現に, 生暖, 男, 男が, 男なら, 町に, 町中を, 町角を, 真っ暗な, 私の, 程, 程なりし, 程は, 程より, 程幾度か, 程誂へ, 稍, 稼ぎと, 空, 空は, 空気に, 空気を, 空薄, 紫に, 絃歌さわぎ, 編集室は, 縁日らしい, 美しさ, 羽織の, 胆吹の, 膳の, 自分を, 舞台姿を, 色, 色こめたる, 色としては, 色は, 花火までの, 花火騒ぎにでも, 落着き払った傲慢, 薄暗がりで, 蚊やり, 蚊柱が, 蛍の, 蠑螺の, 行事で, 行先は, 街, 街での, 街は, 街光と, 街路は, 街路を, 街道を, 表へ, 裏街で, 計画どおり女と, 計画通り女と, 話を, 談笑に, 賑は, 踊の, 辻を, 追懐など, 通りまだ, 遊び疲れで, 酉の, 酒宴の, 銀ねずみでした, 銀座に, 銀座の, 銀座は, 銀座を, 鋪道は, 鐘暁の, 間だ, 間で, 間の, 間も, 間短, 闇から, 闇へ, 陰惨の, 雑沓の, 雨かな, 雨が, 雨と, 雨に, 雨は, 雨ほど, 雨も, 霧も, 静寂の, 頃この, 頃すでに, 頃であった, 頃まで, 頃より, 頃円明寺川の, 風が, 風に, 風には, 風景は, 食べ物の, 食事の, 首尾も, 黄い, 鼠の

▼ 宵から~ (325, 13.5%)

8 朝まで 6 戸を 4 寝た 3 出て

2 [25件] ぐつすり寝た, こうしてぶらぶら, ここに, どこへか, 今まで, 何を, 夜中へ, 夜中まで, 夜半まで, 大目玉を, 嫁の, 寝たが, 寝て, 店で, 往来が, 息も, 早く寝床, 早く床, 曉方まで, 月の, 消えて, 溝口屋の, 聞えたこと, 見張つて, 降り出した雨

1 [254件] あけ放してあつ, ある大, あんなによく睡れた, いよいよはげしく, いよいよ烈しく, うたた寝の, うつらうつらし, およそ歩き尽くした, お前の, お孃さん, お由良, お目, お目にかかったの, お糸, きょうまでの, ぐう, ぐっすり寝た, ぐつすり, ぐつすりと寝た, ここへ, この座敷, この部屋, これは, こん, じっと武器, ずっと今, ずっと歎, そう何, そこへ, その軒, ただこう, である, のべて, ひどく氣持, ひろがりそれ, ふところに, まいりまして, まだ貴下, みょうにはしゃい, グウグウ, グッスリ, コタツで, 一と, 一度も, 一晩の, 一緒で, 万戸戸を, 三升も, 三組ほどの, 上の, 丸山へ, 二階などへ, 人知れず台所, 今に, 今までの, 仕残して, 佐原屋へ, 何処かへ, 來た, 來て, 例の, 元朝寅の, 入って, 入り込んで, 八方の, 兵隊たちが, 其處に, 出かけた, 出かけて, 出かけるやう, 勝手元で, 勢いを, 十二時過, 十二時過ぎ迄, 右の, 同じ着, 四更にかけて, 四隣も, 塔の, 夜なかまで, 夜ふけまで, 夜中に, 夜中の間に, 夜中までも, 夜半にかけて, 夜半までに, 夜半までの, 夜半過ぎまで, 夜半過ぎる, 夜明けまで, 大勢で, 大勢集まっ, 大変な, 大変気に, 大變, 大酒盛を, 大雨しかも, 大鼾, 天堂一角の, 天気模様が, 奥で, 奥殿に, 始まって, 始まつて, 子刻前まで, 宮は, 家を, 容子が, 寂寥勿論, 寐る, 寝た夜中, 寝た酔, 寝てばかりさ, 寝る, 寝る寝苦し, 寝る暗闇, 寝台に, 寝床の, 察して, 寢て, 小雨が, 居たやう, 居睡りを, 屋台を, 嵐が, 市内に, 帳を, 幾人かの, 店に, 庚申横町の, 引続いた, 張つて居た, 張り續け, 強制的に, 彼の, 往来の, 御自分, 心遣いに, 心配で, 忍びやかに, 忍び込んで, 快眠した, 念仏を, 急ぎの, 急に, 悔みに, 戸締りが, 戸締りも, 持ち越した悪感情, 支度し, 数えるほどしか, 早く大戸, 昏, 暁まで, 暗くて, 曉方までの, 朝にかけては, 来て, 林彦三郎の, 楽寝召使いの, 橋の, 止められるのでね, 正面桟敷に, 此處に, 死ぬこと, 氣むづかしくて夜半過ぎまで, 沖で, 注意し, 泰然と, 淋しく花時, 深夜まで, 清太郎さんに, 濕つ, 灯も, 炬燵に, 焚き付けさして, 熟睡, 燈も, 猪番小屋に, 産婦の, 留守だった, 留守だつたさうです, 白酒を, 目が, 目先に, 眠って, 矢来の, 私の, 空腹な, 籠つて居た, 細かい雨, 細雨が, 経験した, 絶えて, 続々詰めかけ, 締めて, 締めてゐた, 締めないと, 締りを, 置いた処, 翌る, 聞えるって, 聞えるつて言, 胸騒ぎが, 腹痛を, 臥せって, 臥て, 自分の, 荷駄荷梱を, 薄く陰っ, 薄ら寒くなった, 薬師堂で, 虫が, 裏の, 見張って, 親切に, 誰も, 豪雨に, 豪雨にな, 賑わって, 賢くも, 近所の, 通った人, 遊べる日, 邸内に, 釣道具を, 銀座裏の, 錢湯は, 門へ, 閉ねる, 附近には, 降ったはず, 降りだした雨, 降り出した大雨, 降り出した春雨, 降り出した雪, 降り出しなほ子, 降出した大雨, 陰って, 隙か, 離屋に, 雨が, 雨に, 雨戸を, 雪に, 雪模樣にな, 雲の, 飮んで, 飮んですつかり潰れ, 飲み始めた, 飲んで, 飾って, 鳴きはじめたの, 鼻の

▼ 宵~ (295, 12.3%)

7 なると 3 忍び込んで

2 [16件] ここへ, して, ちらり, ちらりと見た, わたしは, 一寸姿を, 一度締め, 姐に, 寝たまま, 春雨が, 来て, 氣分が, 聞いた女, 自分の, 酒を, 食べたもの

1 [253件] あの娘, あの惨劇, ありがち, ありきや, いた所, いちどじ, いったん勝龍寺, いっぺん上がった, おしおから, おびやかされた名残, おん手とりし, お今, お目, お糸, お絹, お綱, お萬, かかる前, かたへ, かわって, ぐっすり寝, ここらを, こっそりやって来, この蚊帳, こんな物, こんな話, しばらく寝, しまつ, しゅッ, すこし病, ちらと, ちらりと月影, できた真っ白, とく走る, どこへ, なく, なった, なっても, なりかけて, はいろうが, はじめて聞かされた, ひとりの, ひとり慷慨の, ふさわしいばらりと, ふとめざめた, ほたる, みた夢, もう一度行く, わたしが, アムラが, クツクツクツちら, チラと, トム公の, 一と, 一寸寝た, 一寸開けました, 一度てんどんの, 一度は, 一度庭へ, 一旦ちらちらと, 一時間ばかり, 一獻傾け, 一睡なされた, 一雨かぶった, 三時間も, 上野を, 不忍, 不忍池, 中屋敷へ, 二つ續けて, 二時間ばかり, 伊兵衛が, 伺いました者, 併んで, 使った行水, 來た, 來ない, 來る, 偸んだ, 光春との, 入った五右衛門風呂, 入って, 入つたら, 入ると, 入れるの, 出たという, 出たといふ, 出た星ヤ, 出て, 出逢った幾組, 切った臂, 到りぬ, 前川と, 千鳥の, 半七老人, 受け取った葉子, 受持の, 呼ばれた茅町, 地方を, 外から, 外を, 大きな月, 大分遅く, 大雨の, 奥の, 女が, 女に, 女は, 宰八が, 家へ, 宿つた旅籠屋では, 寐か, 寝て, 寝早朝, 小ぶりの, 小降りの, 少しばかり, 尺八の, 屯し, 山から, 川魚の, 帰るという, 平三郎が, 廊下で, 張ったテント, 張出縁へ, 彼は, 彼女が, 御菩提寺, 御話し申した, 忍んで, 快睡した, 怯え切った面もち, 戸棚の, 手ぐすねを, 插す, 新月が, 早く帰る, 曇らぬ色, 更行く, 書いて, 月が, 木賃の, 来た奴, 来た按摩, 来べ, 東山の, 松本夫婦の, 枕が, 柳島の, 梅吉を, 止んだが, 歸つたのは, 歸つた人間に, 母屋で, 母親に, 泊った客, 活けて, 浮かして, 浴びた酒, 海岸の, 清江の, 渉り, 無数の, 燈す, 生れいで友, 生れた女の子, 申し上げた一萬兩, 発った汽車, 発車する, 皆んな人数が, 相談した, 眠つてから, 着いた飛脚, 着て, 神官の, 秀吉から, 私と, 笠井氏は, 約束した, 納所の, 綾吉を, 締めて, 締め忘れた, 置いたまま, 聞いた, 聞いたよりも, 聞いた通り, 聞いた驚異, 胸を, 脅迫状を, 脚の, 脱ぎ捨てた浴衣, 脱出す, 自分が, 至ると, 舞踏の, 若い夫婦間, 若い女, 落ちる月, 薬師の, 蚊いぶし, 行うので, 行ったでせう, 街から, 街灯の, 袖を, 見えたお客さま, 見たまま, 見たより, 見た土器色, 見た塩冶, 見た天の川, 見た月, 見た船, 見なかったかい, 見るたえ, 見当を, 親しく御酒, 親分さんの, 証拠立てられた, 誘った, 調べて, 貴様の, 贈れる花輪, 軍鶏屋を, 逃げ出したあぶない, 逢いて, 遁げたは, 遊びに, 遊びほうけ, 酔って, 銀座通りを, 門前から, 降った雨, 降つた雨, 限つた事では, 隣り村, 露の, 顏を, 顔を, 風呂から, 食え, 食えば, 飲み干したまま, 飲んだ茶, 飲んだ酒, 飲んだ酒気, 馬道の, 駿河台から, 騒いで, 髪を, 鯊を

▼ 宵~ (75, 3.1%)

2 あそびを

1 [73件] あたたかい靄, あまり楽, おいおいに, おぼろおぼろ何が, くちづけの, このとき, この時, こほろぎ近し, すでに暗かっ, すでに暗く, すなわち富者万燈, すべてそこに, その本郷, たらふく食わされ, だんだんに, どんな様, ほんのり夢色, まずいから, まだ啼く, まだ戌, まだ早かっ, まだ星, まだ月, まだ薄, もう風, よかった, 一際鋭, 万斛の, 三日四日と, 三明院の, 二つの, 人に, 価値を, 吉原の, 君見えず, 吹雪じゃった, 地獄深夜は, 変わらぬ心, 夏の, 夜中枕の, 寝た, 嵯峨の屋が, 師走霜月の, 待ぐらいを, 待ち, 待ち夜中, 徹宵話し, 愉しい一つ, 早く寝, 早く身, 暗いおまけ, 更けて, 未だ八時, 森の, 水の, 浪路さすら, 深くなる, 爆ぜたれ子, 猫の, 睡れなかつたが, 私達の, 縁に, 縁近く寝床を, 花簪蝶々髷やがて, 軽い秩序, 迫り呉, 過ぎつ, 長く感じられた, 雨に, 青葉の, 静かに, 風も, 馬鹿ッ話を

▼ 宵~ (56, 2.3%)

3 選んで 2 日の, 過ぎると, 過ごして

1 [47件] うれしさうに, すぎて, すごした時, ただ一点, ちと出遅れ, ちひさく, ひとり歩ん, ゆたり, 一段と刻ん, 作って, 刻んで, 呑んで, 庭向, 心地よく白い毛布, 思え, 急いで, 惜しんで, 想ひ, 戦がせ旅籠旅籠, 持とうと, 揺いす, 早くから眠っ, 更したの, 歌たまへ, 歩いた, 歩き出しましたが, 流す一節切, 照らしますじゃ, 田の神送りと, 知りそうした, 笑い声の, 見渡しながら, 越さずに, 越す金, 踊り狂っ, 迎えて, 迎えようと, 過ぐれば, 過ごした初夏, 過ごしぬ, 過して, 過す趣味, 過せばよ, 限つて此処で, 静に, 騒がせた, 鴨頭草の

▼ 宵~ (50, 2.1%)

3 の光, の頃 2 があった, の明り

1 [40件] がちら, がほのか, がみんな, が二人, が冴え, が出, が出た, が映し, が映しこん, が水, が海, が狩野川, が顔, じゃちらりと, そして星空, なりけり, に浮ん, に照, に照らされ, に舞踊, に茶, のあかり, のある, のうつくし, のほ, のポスト, の何, の尾の上, の影, の心持, の映へる如く, の朧, の気, の面, はあります, は木の間, ほつかりとある, もすばらしく, を仰い, を見出し

▼ 宵~ (37, 1.5%)

2 の顔

1 [35件] だけは別に, だって御, でなくっちゃ, と同じ, と自分達, のため, の不幸, の姿, の守, の棺, の様子, の着物, の突然, の竈, の経帷子, の肉, の裾, の頭, の頭蓋骨, の額, はうとうと, はまた, は固, は旨し, は湯, は生れ, は頸, を抱い, を抱き起した, を指環, を盥, を相手, を裸, を覗き, を連れ込んだ

▼ 宵には~ (30, 1.2%)

2 薄月

1 [28件] あるべしこの, あんないまわしい, また子供たち, もう真っ暗, 万の, 三里さきの, 何事も, 六条の, 其の声さ, 堂の, 多くの, 奥へ, 奧へ, 妹の, 家職の, 小やみに, 情人が, 時々曇りました, 村の, 来合わせなかった, 氣が, 淡い月影, 瀬田は, 町へ, 空に, 綿を, 金藏を, 風が

▼ 宵ながら~ (24, 1.0%)

2 月は, 門を

1 [20件] ここらの, そこらには, ひっそりと, 仲の町には, 凄いほどに, 四辺寂として, 家々の, 山奥の, 往来は, 往来も, 戸が, 斉斉哈爾の, 朦朧と, 松立てる, 町は, 眞夜中の, 眠れるよう, 繚乱と, 靴の, 餅屋では

▼ 宵~ (24, 1.0%)

2 夜中も

1 [22件] あとの, ある, お噂, きつと, すぎたが, だいぶふけたらしかった, またこの上なくこころよかっ, また興, やがて九時, 人間は, 南門外の, 夜ふけも, 小夜子が, 己らは, 更けまして, 朝も, 逢た, 過ぎたらしい, 過ぎた時刻, 過ごしたの, 酒呑みには, 電話での

▼ 宵~ (23, 1.0%)

2 来て, 来るかも, 迫って

1 [17件] ある, この大海, しっとりと, すぎても, へりが, またうってつけ, よかった, よくもそっと, 伸子を, 地を, 尽きるころ, 来たやう, 濃くなり, 蚊帳の, 迫る, 過ぎると, 過された

▼ 宵からの~ (21, 0.9%)

2 疲れで

1 [19件] つかれに, 事を, 大肌脱, 大酒, 張り番に, 放樂寢, 曇り空が, 気疲れで, 生あたたかい風, 輿論だった, 酒, 酒で, 酒を, 酒宴が, 酒気が, 長時間を, 雨が, 馬鹿遊びの, 騒動中である

▼ 宵~ (21, 0.9%)

4 あつた 2 柱時計が

1 [15件] きょうは, ござります, さびしい屋敷町, しかも往来, そこらの, その時, 何よりも, 後庭, 朝から, 橋の, 波の, 無数の, 膝の, 表には, 静かな

▼ 宵~ (20, 0.8%)

2 の中

1 [18件] がせまっ, せまれば, でも貴女, で愛吉, ながら向う, の, の七時半ごろ, の都市, の離屋, の露地, の顔, へ消えよう, を, をしのばせた, をはるか, を思はせ, を關口, 乍ら向うへ

▼ 宵より~ (16, 0.7%)

1 [16件] ありし事柄, いたくお待ちかね, つとひ, にわかに容子, 中天に, 出でて, 台所の, 右肩を, 夫ろに, 庭を, 強くあたり, 待ちあかし, 忍び居, 打しきりぬ, 涼しかりし, 衾を

▼ 宵~ (15, 0.6%)

2 なった, はいっても

1 [11件] いえば, いっても, この花, なったが, なりそこ, なりましたので, なり銀燭, 二度も, 夜なかと, 暁とに, 言つても

▼ 宵~ (14, 0.6%)

32 という 1 からと油断, くみ, ぜ, つたのである, といふ, と云っ, のに寂然, まだ, 血が

▼ 宵先生~ (13, 0.5%)

1 [13件] がはじめて, が作った, が十年, である事, です, とあっさり, に向っ, のほう, の一番弟子, の傑作, はタオル, は僕, は急

▼ 宵~ (11, 0.5%)

3 のだ 1 のです, ので折々, ので月, ので誰か一人, ので近づい, のにシンシン, のに中堂, のに矢走

▼ 宵~ (11, 0.5%)

3 をする 1 が留みさえ, で気, という忌わしい, なんて厭, に神経, の本体, をすりゃ, をもっ

▼ 宵~ (11, 0.5%)

1 [11件] に, に夕月, に太く黒く, に星, のよう, の彼方, の微塵, の澄み, は星雲, は真っ暗, をながめ

▼ 宵子さん~ (10, 0.4%)

1 かんかん結っ, が死んだ, といっしょ, と云っ, と呼んだ, と瓜二つ, の事, の死顔, はもう, 叩かして

▼ 宵節句~ (10, 0.4%)

3 の晩 1 から出ました, だった, と節句, にお, にはすこしドッシリ, の日, を全く

▼ 宵では~ (9, 0.4%)

4 あるが 1 あったが, あったけれど, あり女, ない, まずい

▼ 宵~ (9, 0.4%)

2 の金, の銭, の錢 1 のぜにア持, の錢さ, の麦酒

▼ 宵とは~ (6, 0.2%)

1 いえ月夜, ちがって, 云へ, 比べものに, 言つても, 違って

▼ 宵~ (6, 0.2%)

1 ほのかに, まの, 修道士たち今は, 待ちの, 春の, 朝には

▼ 宵ごと~ (5, 0.2%)

1 すっかり明け, にその, にちかづく, に点す, に聞く

▼ 宵である~ (5, 0.2%)

1 からハハア, から両側, から客, にも拘らず, のに此処

▼ 宵にも~ (5, 0.2%)

1 かかわらず照らす, ぐうぐうと寝る, なって, 申しましたとおり, 通りがかりの

▼ 宵まで~ (5, 0.2%)

1 ごつた返し, 小屋を, 見張りましたが, 雨の, 鮭とる

▼ 宵~ (5, 0.2%)

1 に新, のいたっ, は主人, ばかりにもの, を中心

▼ 宵過ぎ~ (5, 0.2%)

1 てはいなかった, て見えぬ, には全く, のうそ寒, は宿場

▼ 宵鳴き~ (5, 0.2%)

2 をした 1 をし, を色々, 烏の

▼ 宵であった~ (4, 0.2%)

1 から敵, がその, ことを, と記憶

▼ 宵~ (4, 0.2%)

3 かけて 1 移ろうとして

▼ 宵強盗~ (4, 0.2%)

2 は荒仕事 1 があっ, は凶器

▼ 宵早く~ (4, 0.2%)

1 の食, 寝ねにたり, 寢ね, 雨戸を

▼ 宵~ (4, 0.2%)

1 のうっすら, の一つ二つ, の二つ三つ, の夜

▼ 宵~ (4, 0.2%)

1 に咲い, に月, に花園, に長火鉢

▼ 宵~ (4, 0.2%)

1 なの, の中, の景色, の湖面

▼ 宵~ (4, 0.2%)

1 がほのか, そよぐみぎ, には涼味, に吹かれ

▼ 宵~ (3, 0.1%)

3 夜中か

▼ 宵からは~ (3, 0.1%)

1 すでに非常, もう若い, 傾けず

▼ 宵ごろ~ (3, 0.1%)

1 おつかれ, だった, 着いた

▼ 宵すぎる~ (3, 0.1%)

1 と, と無量光院, まで花

▼ 宵だった~ (3, 0.1%)

1 が坂, が落合川, に相違

▼ 宵~ (3, 0.1%)

1 ぱりしても翌, 張な, 張の

▼ 宵でした~ (3, 0.1%)

1 がとち, が私, のにあたり

▼ 宵でも~ (3, 0.1%)

1 あった, あるまい, なかなか賑わしい

▼ 宵ながらに~ (3, 0.1%)

2 もう大方 1 悲しい思い

▼ 宵など~ (3, 0.1%)

1 どっち河岸を, 女は, 父の

▼ 宵などに~ (3, 0.1%)

1 寝室の, 自分の, 隣村どうし子どもなどが

▼ 宵にかけて~ (3, 0.1%)

1 打解けて, 相当に, 路地を

▼ 宵のほど~ (3, 0.1%)

1 ふと家, 壁に, 認め置きし葉石

▼ 宵まど~ (3, 0.1%)

2 ひで最う 1 ひでもう

▼ 宵ツ張り~ (3, 0.1%)

1 が次第に, なん, は出来ない

▼ 宵惑い~ (3, 0.1%)

1 なもの, の大, の目

▼ 宵明り~ (3, 0.1%)

1 が青黒く, の中, を自分

▼ 宵暗に~ (3, 0.1%)

1 まぎれて, 光る眼, 閉ざされて

▼ 宵いっ~ (2, 0.1%)

1 ぱりしての, ぱりの

▼ 宵すぎ~ (2, 0.1%)

1 から茶堂, てからの妖しい

▼ 宵だけ~ (2, 0.1%)

1 であるが, 解いて

▼ 宵どこ~ (2, 0.1%)

1 かで振舞酒, かで見た

▼ 宵などには~ (2, 0.1%)

1 健三に, 申し合わせたよう

▼ 宵などを~ (2, 0.1%)

1 彼が, 歩いて

▼ 宵なり~ (2, 0.1%)

1 線香と, 頭痛持

▼ 宵のほどに~ (2, 0.1%)

1 なつた, 逢ったはぎ野

▼ 宵までは~ (2, 0.1%)

1 確かにを, 見ず知らずの

▼ 宵まどい~ (2, 0.1%)

1 した鶏, もせず起き続け

▼ 宵もね~ (2, 0.1%)

2 母が

▼ 宵よりも~ (2, 0.1%)

1 この深夜, 混乱の

▼ 宵らしい~ (2, 0.1%)

1 がうたた寝, 空気が

▼ 宵ッ張~ (2, 0.1%)

1 たらない, だから

▼ 宵乍ら~ (2, 0.1%)

1 冴え返つて, 更け渡るやう

▼ 宵五ツ~ (2, 0.1%)

1 どき, の鐘

▼ 宵壬生狂言~ (2, 0.1%)

2 の役者

▼ 宵~ (2, 0.1%)

1 が覚め, をする

▼ 宵~ (2, 0.1%)

1 だし, をし

▼ 宵~ (2, 0.1%)

1 壺の, 宰相が

▼ 宵景色~ (2, 0.1%)

1 で駅, を眺めた

▼ 宵~ (2, 0.1%)

2 の其中

▼ 宵月夜~ (2, 0.1%)

1 のころ, の畦道

▼ 宵月夜風~ (2, 0.1%)

2 とほじろし

▼ 宵烏賊~ (2, 0.1%)

1 せがらし宵烏賊, ながせなが

▼ 宵~ (2, 0.1%)

1 と彼, の家

▼ 宵見し~ (2, 0.1%)

2 夢の

▼ 宵試合~ (2, 0.1%)

1 がごぜ, が終った

▼ 宵過ぎる~ (2, 0.1%)

1 とそれ, 頃で

▼ 宵~ (2, 0.1%)

2 を踏ん

▼1* [189件]

あらんと認めた, 宵あんまりお客が, 宵いったこと分らな, 宵うちでありますまいか, 宵おおそれよ, 宵おそく有年の, 宵お前に話した, 宵かぎりでぴたり, 宵かけてまた, 宵この娘が, 宵これを聴く, 宵ごこち小琴, 宵こいと, 宵さえあるの, 宵ゅうしめこまれていた夏の, 宵すぎた頃である, 宵すぐるほどに雨, 宵それから薄ら寒い, 宵それからそのあと, 宵うつりけらしな, 宵だけで仕舞つて歸る, 宵だけに往来の, 宵だつたり曉方, 宵だつたんだらう, 宵だ誓いだスペンサーだ, 宵ちよぼくれの, 宵やね, 宵張であった, 宵でしょうが山屋敷, 宵ですがいつもそう, 宵という有名な, 宵とか曉方とか, 宵とかの人込みの, 宵とて皆に, 宵とても矢場よ, 宵ともなるのに, 宵ともされた松明だけでも, 宵どきのごとき, 宵なぞにはかならず出し, 宵なら隨分賑やかな, 宵なる景気なれ, 宵なんか夜つ, 宵にかけては心気も, 宵にすらかの老女, 宵ねがすきで, 宵ねについてはまことに遅々たる, 宵のねざめに, 宵のほどの名残を, 宵のほどをだいぶ過ぎました, 宵のみは町家にも, 宵はとッくに過ぎ, 宵また籠を, 宵まったく顔を, 宵めいた暖かい夜風, 宵めく絃歌と共に, 宵もし軒を, 宵ものあくがれの, 宵ひは, 宵よいの賑わい, 宵よといへば, 宵よりのいたつきにや, 宵らしく下駄の, 宵らしくつづいた川向うの, 宵らしく聞きながら詮吉, 宵オペラを聴く, 宵ッぱりの紳士三四人, 宵ッ張りの師匠, 宵一夜はまんじりと, 宵一婢ノ適予ガ卓子, 宵一晩自分の身, 宵三国ヶ嶽の月, 宵肯眠, 宵不断電車響残夜猶驚孤客眠, 宵丸木組の病屋, 宵久しく尊氏へも, 宵久しぶり微酔の快, 宵五つごろでだから, 宵五つ半である, 宵五ツ頃のこと, 宵人声の聞えた, 宵伸子は暫く, 宵体温の下りきらざりし, 宵ノ所為ゾ, 宵余り寒いからと, 宵を刻, 宵が來, 宵六ツすぎまで少しく, 宵の海, 宵の姿, 宵出掛て行く, 宵前宵後暁前暁後と四ツ, 宵勘定に下げ, 宵雨声, 宵来ませよと, 宵啼きや牝鶏, 宵堀川の妓家, 宵場所は両国橋, 宵の差, 宵夕月夜灯す時, 宵夜中小使銭貸せの, 宵夜夜中に掛け, 宵太陽の没する, 宵妓家の蓄え, 宵と話, 宵子さんまんまよ, 宵子さん宵子さんと呼んだ, 宵子嵯峨玲子と共に, 宵安城渡の松崎大尉, 宵のない暗い, 宵よりもこの, 宵寢がちに朝, 宵小川町の五十稲荷, 宵少し過ぎたばかりだつたが, 宵帝国劇場に足, 宵帝国劇塲に歌劇, 宵干ししておく, 宵広い庭に, 宵半眠, 宵は必ず, 宵彼氏のお, 宵後暁前暁後と四ツ, 宵忍びの狩, 宵忠左衞門は大袈裟, 宵の私, 宵懊悩して, 宵早き有様を, 宵放した窓, 宵をつくる, 宵晩涼に乘, 宵暗きに舷, 宵暗にくっきりと浮い, 宵曲一水雨葉しげる湘海岫雲みづほ霜山今更たけし, 宵月勤めまする役人, 宵月花の上, 宵望月刑事は別, 宵朧乍ら屋並の上, 宵来月の誌上, 宵松田重明はすでに, 宵を排し, 宵の葉, 宵汽船珠江にさかのぼる, 宵沓掛を出, 宵泊った人は, 宵泣かれるのかなあ, 宵泥棒が入, 宵浅くあかり明るき, 宵海穏やかにし, 宵深くは真夏, 宵深まるにつれて烈風, 宵火事のあった, 宵殺遠, 宵病裏過, 宵に痛い, 宵真佐子は懐中電燈, 宵私たち小さくかたまっ, 宵私共は机, 宵私達四人の兄弟, 宵して, 宵立ちに出た, 宵箱根間道太閤道の辻堂, 宵ついて, 宵聞かせたのだ, 宵臥し千両朝寝万両の, 宵をもやい, 宵のよう, 宵花野には撫子, 宵に置く, 宵草庭ならば, 宵行きがけに合乗俥, 宵の姿, 宵衣桁にかけし, 宵詣りにでも来た, 宵貴君はカフヱー, 宵車中に臥す, 宵過ぎぬうちきっと, 宵をただ, 宵避宵瓊宵の三女神, 宵鄙物語というの, 宵と行こう, 宵重なりて雨, 宵嬌ノ, 宵院鳳凰楼九龍池などの林泉, 宵はそれほど, 宵雨過ぎしかば棕櫚, 宵のこと, 宵風月堂にて晩飯, 宵風雨暗船窓, 宵飲んで一応, 宵黒田長政例の水牛