青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「変~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

売~ ~売っ 売っ~ ~売り 売り~ ~売る 売る~ ~壺 壺~ ~変
変~
~変え 変え~ ~変っ 変っ~ ~変った 変った~ ~変らず 変らず~ ~変り 変り~

「変~」 13568, 130ppm, 815位

▼ 変~ (4952, 36.5%)

297 ことを 254 顔を 151 気が 118 ことが 72 ものが 63 気持に 59 事を 55 ものだ 46 ことに 42 ものを, 奴だ 41 声を 40 風に 38 奴が 36 んだ 35 気に 33 もので 28 気持が, 男が 26 ものです 25 ことばかり 24 ところへ, 人だ 23 ものに, 音が 22 んです, 話だ 21 ところで 20 心持に 19 声が, 音を 18 ことだ, ことは, 工合に 17 ことで, 男だ 16 ところが, 真似を 15 のです, のは, 人が, 具合に, 心持が, 眼で 14 形の, 気持ちに, 顔し 13 やつが, 声で, 男に 12 のが, 事に, 人ね, 噂を, 女が, 笑い方を, 野郎が 11 のよ, ふうに, 人間が, 夢を, 女を, 物音が, 言葉を, 面を 10 のだ, 事が, 形に, 形を, 様子を, 気を, 気持を, 物を 9 ことも, ところに, ので, ものであった, ものである, 感じが, 気持ちが, 表情を 8 もの, 名だ, 噂が, 女に, 男の, 癖が, 目で 7 のか, もんだ, やつだ, 家です, 晩だ, 気の, 気持で, 物が, 男は, 素振りを

6 [13件] ことの, ところを, 奴です, 奴に, 恰好に, 恰好を, 所が, 男と, 目つきを, 目を, 眼つきを, 話じゃ, 話である

5 [20件] ことには, こと言う, ところから, の, ものばかり, 事には, 事は, 事ばかり, 人間に, 恰好の, 手紙を, 方ね, 気持, 気持だった, 眼付を, 者が, 臭いが, 話を, 調子に, 顔つきを

4 [39件] こと, ことです, のである, のと, ものじゃ, ものでした, ものとは, ものは, ようです, んでございます, 事, 事と, 人, 処で, 匂いが, 名前の, 味が, 咳を, 声だ, 奴, 奴な, 子が, 子だ, 字を, 家だ, 所へ, 手紙が, 文句が, 日だ, 服装を, 格好を, 気もちに, 気持です, 眼付で, 笑ひ, 言葉だ, 言葉で, 調子で, 電話が

3 [72件] いい方, ことから, ことな, せきが, ところの, においが, のさ, のでよく, のを, まねは, まねを, ようだ, 事だ, 人に, 人の, 偉くなり, 具合だ, 処に, 取合せだ, 名前だ, 味の, 場所へ, 声, 声は, 夢ばかり, 女だ, 奴で, 奴と, 好奇心から, 婆が, 婆さんが, 家が, 工合だった, 心持ちに, 心持で, 恰好で, 感じに, 感じも, 感じを, 捕物だ, 方角へ, 時に, 格好で, 様子で, 気は, 気分に, 気持だ, 淋しさ, 物だ, 理窟を, 男で, 男です, 男を, 眼つきで, 笑いを, 結果に, 考えを, 親爺が, 言ひ, 話が, 話です, 話では, 野郎じゃ, 雲が, 顔, 顔だ, 顔で, 顔に, 顔も, 顔付を, 魅力が, 鼻の

2 [206件] あしあとなどが, うちだ, おやじが, お客が, お屋敷, お話です, かたちの, かたちを, かっこうの, ことお, ことおっしゃいまし, ことおっしゃっ, ことだった, ことだらけだ, ことって, ことである, ことでも, ことばかりを, ことばっかり, こと知ってる, こどもは, それは, ためか, ところは, ところも, のかと, のであります, のでございます, のでした, ので再び, ので甲乙とも, のに気, のの, ひとり言も, ものか, ものかも, ものだった, ものでございます, ものでしょう, ものな, ものね, ものの, ものよ, ものをも, もんね, やうで, やうな, ような, ように, んだい, んで, んでしょう, ハズミから, バクチ打ち, メタルの, 三十一文字を, 不安に, 世界が, 事とは, 事の, 云ひ, 人で, 人です, 人達だ, 仲に, 例だ, 具合で, 処を, 力の, 力を, 反感を, 叫び声を, 名である, 名前を, 呻り, 咳払いを, 咳払ひ, 問答を, 噂は, 夢だ, 夢に, 女と, 奴って, 奴には, 奴らが, 奴を, 娘が, 子に, 子の, 子は, 子を, 子供で, 字が, 字だ, 字です, 存在である, 実験を, 宣伝を, 家でした, 小細工を, 屋敷だ, 幻想を, 廻り合せじゃ, 形で, 得体の, 微笑さえ, 微笑を, 心地が, 心持であった, 心持にも, 恋の, 悪臭い, 悲しさ, 感じで, 感じである, 感じの, 所を, 手附で, 捕物だった, 探偵の, 方です, 日, 曲線を, 月の, 木が, 格好に, 格好の, 楽隊を, 様です, 歌を, 気で, 気にな, 気も, 気分が, 気味の, 気持だつた, 気持ちで, 気持にな, 気配が, 泥棒が, 洒落を, 浪人が, 淋しい気, 火が, 灰色の, 物に, 物の, 生物が, 男, 男であった, 男女が, 疑惑が, 病気に, 癖だ, 眼遣, 着物を, 空気が, 笑顔を, 置物だ, 羽目で, 老紳士, 者どもの, 者に, 胸苦しさ, 腰つきで, 腰つきを, 臭いの, 臭いを, 臭ひ, 臭気は, 船が, 色だ, 苗字だ, 若い男, 見当へ, 言い方だ, 言い草だ, 言葉に, 言葉の, 詩を, 話だった, 話で, 話な, 話に, 誤解を, 調子の, 議論を, 質問を, 身振りを, 返事を, 酒を, 野郎, 野郎だ, 野郎てえ, 野郎です, 野郎と, 間違いを, 雑誌に, 面だ, 音, 音に, 響きを, 題を, 顔の, 香が, 鳴き声を

1 [1503件 抜粋] あいさつを, あるいは滑稽, いたずらを, うわさを, おそろしい気, おとなしさ, おチヨツカイ, お婆さんが, お客ばっかり, お洒落で, お猪口, お話で, かおを, かたねえ, かつおかき, ぐあいだったわ, ぐあいではあったけれどいつも, けちを, こだはり, ことあらせん, こといってる, ことした, ことずくめしかし, ことぢや, ことであった, ことでなけれ, こととが, ことなら, ことにも, ことまで, ことより, こと云ってる, こと仰っし, こと何も, こと言いおる, こと言ひ出した, ごまかし方を, ご様子, しかしいい, しゃっくりだ, じゃまものに, その場, ために, てめえ自慢から, とき来, ところだ, ところへなんて, と思っ, なまりの, においを, のかも, のだろう, のでこういう, のでとうとう, のでふと, ので勢い, ので岡, ので振返っ, ので玄関, ので目, ので行李, のにお, のに心配, のよ猫背, はなしです, ひと, ひとねえ, ふうについて, ふたり, ほど雲, まねでも, みたいな, もどかしさ, ものさね, ものだろう, ものであろう, ものでねえ, ものという, ものには, ものも, ものをね, もん, もんだろう, もんであった, やうに, やつな, やろう, ようであり, わらひ, んかよ, んで便所, アダヨ部屋へ, ウシミツ時に, オイノリを, カッコウしてる, キョトキョトした, グアイだ, サツカリンの, チビ芸者を, トランクという, ニセ豪傑, ヒューマニズムの, ペテンに, ペンネームが, マスクを, ユスリ方を, 一室が, 一行であった, 三角の, 下等な, 不安の, 不快を, 世渡りし, 中どころが, 乞食を, 予感が, 予覚が, 事という, 事も, 事件に, 事件を, 事実は, 事柄の, 二人称の, 享楽は, 人だった, 人でございまし, 人ねえ, 人物さ, 人相手の, 人達と, 人間な, 人間ばかり, 仕事だった, 仕掛は, 仮面をか, 会合だ, 位な, 何か, 何とも言えない, 例などを, 信心に, 儒仏流道徳と, 先生だ, 光景だった, 光線の, 其場の, 具合だって, 写真が, 冷気が, 処て, 切符切りが, 力が, 動物が, 勝手な, 匂いまで, 区分だろう, 医者は, 単調な, 即興歌は, 取合せで, 口を, 口語体で, 句は, 句法などは, 可笑しさ, 台詞よし, 名だろう, 名では, 名まえ, 名前が, 名前な, 含み笑いを, 命令, 命題に, 唐草模様の, 問題であります, 嘘を, 噂などは, 器械を, 因縁だ, 国です, 国の, 圧迫を, 坊主が, 坊主と, 報告を, 場合が, 塩梅だ, 塩梅です, 境に, 声でなんか, 声なんか, 声色を, 夢ったら, 夢の, 夢心地に, 大学も, 天気です, 失策ばかり, 女, 女でも, 女は, 奴じゃ, 奴でし, 奴は, 好みの, 妄想が, 姦通事件が, 姿や, 威力が, 婆であった, 子, 子分の, 存在だ, 孤独感で, 宅の, 宗教の, 客が, 家でございまし, 家も, 容態に, 宿に, 対照だつた, 射倖心例えば, 小品を, 小男の, 小説を, 工合だ, 巷を, 年月を, 幻想の, 建物が, 廻り合わせである, 弟子, 当て推量で, 形である, 形容でからか, 影響を, 御探索, 微笑であった, 心も, 心地に, 心持だ, 心持であります, 心持と共に, 心持も, 心細さ, 思いを, 性分の, 怪我, 恐ろしい形, 恨みでも, 恰好が, 悪寒さえ, 悲しいこと, 意味で, 意義を, 感が, 感情として, 態度で, 慰め方を, 所です, 手つきに, 手付きで, 手答えの, 手紙書かない, 扱い方だった, 押し釦を, 挙動が, 挨拶, 挨拶に, 捕物でした, 探りは, 擽ったい心地, 敵討が, 文句, 文句に, 文字や, 文章が, 斜視の, 方, 方向に, 旅を, 日じゃ, 日本人が, 日本語で, 日記帳を, 時でありました, 時世に, 時期だつた, 時間を, 暗やみが, 暗示を, 書生を, 木は, 本ない, 杞憂が, 柄の, 梨を, 様子には, 横道の, 櫛は, 歌と, 歌なんか, 歩きぶりな, 死から, 殺しでした, 気だ, 気など, 気もちだった, 気分で, 気分を, 気性が, 気持だけは, 気持であった, 気持な, 気持も, 気重さを, 池だ, 沓が, 泣き顔みた, 泥棒であった, 洋服で, 洋杖に, 活動の, 浪人も, 消極的さで, 淋しい真暗, 溜息まじり, 演説を, 火事で, 無感覚さを, 無責任さをも, 煉瓦塔とを, 照れ方を, 爛れが, 爺は, 物であった, 物今日まで, 物音も, 状態に, 独り笑いを, 猫に, 現象が, 理屈だ, 理窟だ, 生長を, 男たちが, 男では, 男も, 画が, 疑いをさえ, 病気な, 痙攣の, 癖なんか, 発音で, 目つきで, 目にばかり, 目付きを, 目的を, 相図, 真剣さに, 眼付とを, 着物が, 矛盾を, 碑は, 私の, 稽古を, 穴居者が, 空想ばかり, 空虚の, 立て札を, 笑いそれは, 笑い声が, 笑い顔を, 笑顔に, 筈だ, 箱は, 節廻しが, 粂邸の, 精神状態に, 納屋の, 紙片が, 素振りが, 素振りの, 紹介だ, 結末を, 絵を, 縞の, 美しさ, 義理立てと, 老人は, 老爺, 老耄めが, 者目盲てから, 職業を, 胸騒ぎが, 腰つき手つきを, 自然石など, 臭いだ, 臭いまで, 臭気を, 興奮も, 色な, 色を, 芝居気を, 芸人が, 若い人, 苦笑を, 落としまゆの, 蕈だ, 虚構に, 虫けらが, 蝮屋の, 蟹や, 行進でした, 衣裳を, 表現を, 裏口の, 見世物だ, 見栄とか, 親心ね, 観音像を, 解剖学を, 言いがかりは, 言い方です, 言葉である, 言葉なる, 言葉遣いを, 訛りが, 訳何う, 試合だった, 話しぶりが, 話でなく, 話の, 話何か, 語なれ, 説明を, 論理だった, 諮問を, 講釈を, 譫語を, 讃辞を, 質問幾日で, 贈物だ, 足応えだった, 路地だ, 踊りを, 身ぶりから, 身ぶりを, 身構えが, 軍隊が, 軽やかな, 迷信を, 連中が, 遊びを, 運命で, 道具を, 遠さ, 部屋では, 酒だ, 重苦しい重圧, 野郎で, 野郎に, 金儲けを, 鉛筆でした, 鋭さが, 錯覚である, 錯誤が, 錯誤を, 長細い, 間違いの, 関係だ, 隅っこに, 雑誌へ, 電波が, 青っぽい眼, 面で, 音の, 音頭を, 響きなどは, 頭に, 題まで, 顔した, 顔です, 顔ね, 顔付で, 顔色よ, 風にな, 風の, 風習として, 風采を, 馬は, 駕籠を, 魅力を, 鳥じゃ, 鸚鵡が, 黄色いもの, 黒い沓

▼ 変~ (2483, 18.3%)

162 なって 51 なったの 35 思って 28 なったよう, なりそう 27 なつて 19 気を 14 気に 13 応じて 12 なりました 11 なった, 気が 10 なる, 思った 9 して, なったん 8 なるの, 思いながら 7 なったという, 顔を 6 お思い, なったと, なつた, なるよう, 不安な, 思いました, 気味の, 皮肉な, 間の 5 心が, 思われた, 皮肉に, 硬ばっ

4 [18件] こじれて, ちぐはぐな, なること, にやにやし, 不気味な, 彼の, 心に, 心を, 思いまして, 思うかも, 憂欝な, 歪んで, 淋しかった, 私の, 笑いながら, 腹が, 薄気味が, 頭が

3 [44件] ぎくりとした, くすぐったい気持, ござります, そぐわない気持, なったか, なったこと, なったせい, なったわけ, なったエンジン, なった人, なりかけて, なるなんて, なるほど, なるまで, なるよ, なるん, 不気味だった, 口を, 声が, 思えた, 思ひながら, 思われて, 思われても, 思われるかも, 憂鬱な, 斯う, 気持が, 白っぽくなり, 真剣に, 眼を, 神経質に, 私を, 緊張し, 聞えるかも, 肩を, 自分の, 落着か, 見える, 静かな, 頑強な, 頭に, 頭を, 黙り込んで, 鼻の

2 [129件] あたしの, うつろに, おぢ, お思ひ, からまって, からりと, ぎごちない, くしゃくしゃな, こだわって, する元素, その言葉, なったとか, なったに, なったので, なったほど, なったもん, なった女, なっちまうん, なってるん, なりまして, なりますよ, なり始めた, なり始めたの, なるか, なるので, ねっとりした, のぞんで, はぐれて, ぼんやりした, ゆがんで, わく, シミジミと, フラフラした, 不愉快に, 乾いて, 人の, 人を, 何か, 備えて, 備へて, 光って, 光らして, 取澄し, 可笑しくなった, 周平の, 咽喉に, 声を, 夢中に, 好きに, 小さな腰, 底びかりして又, 当って, 心臓が, 思うだろう, 思うでしょう, 思うほど, 思う人, 思ったが, 思ったと, 思ったの, 思ったので, 思っては, 思わせぶりな, 思われるでしょうが, 悲しくなっ, 悲しくなった, 感じたの, 感じて, 感傷的に, 感動し, 憂欝に, 憂鬱です, 持って, 暖く, 曖昧な, 歪めて, 気の, 気味が悪い, 気味が悪かった, 気味わるく, 気懸りな, 気持ちが, 津田の, 淋しくなっ, 滑稽に, 澄んで, 物々しく本格的, 甘えたクズレ, 生ま生ましい幾つ, 白くて, 目が, 相手の, 真面目くさった顔, 真面目な, 硬ばってる, 神妙に, 神経を, 窮屈な, 笑った, 笑ったが, 考え込んで, 耳に, 聞こえた, 臨んで, 自信を, 興奮し, 苦しい, 落ちつかない眼, 薄笑いを, 見えたけしき, 見えたもの, 見えるから, 言葉までが, 調子が, 責任持ちたがる, 赤らんで, 途切れて, 鄭重慇懃な, 重くるしく, 陰気な, 陰気に, 青く白く見え, 非現実的, 頑固な, 頭の, 頼りない, 高慢で, 鮮明に, 黙りこんで

1 [1468件 抜粋] あいまいな, あらずや, いがらつぽ, いこじの, いやな, いやらしくからん, いらいらし出す, うすら寒かった, うす曇っ, うち沈ませた, うろうろし, おいしいん, おくにさん, おじけづいた心, おとりに, おなりに, お気ぜわしい, お高く澄し, かしこまった調子, からみついて, かんぐられると, きびしい, ぎごちなく, ぎょろ, ぎらぎらと, くすぐったい舌, くずして, くっきりと, くねって, くわしく知つて, けばけばしい標題, こじつけて, こだ, こまかい知識, こわばって, こんぐらかって, ささくれて, させられて, さびしいところ, しおれ返った様子, しずまり返って, しつこく汚らしいモツレ方, してやろう, しゃがれた声, しょぼ, じろじろ自分, すいて, すらすらと, せつないよう, そぐわなかった, その方, その親父, ぞんざいに, だれきった一月間, ちぢこまって, つかみどころ, つかれた足どり, つばの, つまらなくなっ, つめたいの, つんつるてんな, とがった太陽, とりすました気どった悟った一人, どんよりとして, なったから, なったって, なったらあかへんが, なったらしい, なったらたいへん, なったんだい, なった彼, なった数名, なった犯人, なった訳, なった鶏, なっちゃあ, なっちゃって, なっても, なってるの, なつちやつたんだ, ならないで, なられたの, なりかけた, なりきった時, なりたい, なりはじめたはず, なりましたか, なりましてな, なりますから, なりみる, なりポートダーヴィン, なり出した, なり十幾年, なり帰国, なり苦しく, なるかも, なるであろう, なるに, なるもの, なる酒, なんかなりません, ねばっこいもの, ねむくて, のどかに, はにかむやう, ばつの, ひけらかせて, ひねくれた長っぽ, ひん曲がって, ふるえて, べたっと, ぼってりと, ぼやけた色, ませた言葉づかい, まぶしげ, むし暑くて, むず痒いよう, むっつりし, めいるよう, もったいぶった足どり, もつれの, やかましくて, やわらかな, よく徹る, りくつ, アジア人の, イライラし, カスレた, ガツチリと, ギクギクと, ギラ, コマッチャクれ, サバサバし, シビレが, シンミリと, スベスベし, センチ一方, ゾクゾクと, ダルくっ, トンがった, ニヤ, パキパキした, フカフカ口を, プリンプリンとして, ボヤけて, ムツカシク説を, モヤーッと, リズムを, 一字一字読む, 一面の, 上ずッ, 上の空な, 不安だ, 不平気, 不機嫌な, 不満に, 不調和な, 世の中が, 乱れた空気, 事大的に, 二人の, 亢奮し, 人慣れない, 仇光り, 任せて, 伴うて, 何事にも, 便りなく, 俺の, 備うべし, 備えたの, 僕の, 優しいところ, 先っぽ, 光つてゐる, 冷たいもの, 冷たく白ッ, 凄いよう, 凝った分りにくい, 几帳面な, 処する者, 出来てるん, 切ない気分, 別者, 剃り込まれて, 剛ばっ, 力を, 動いたら隠し持って, 勘違いした, 勢いが, 匂うぜ, 卑屈だ, 危なつかしい, 厭に, 叔父さんも, 取り上げるの, 取れば, 口の, 可愛いの, 同情し, 呆つ, 唇を, 喉に, 嘘だらけの, 図々しいもの, 固くなっ, 固苦しくて, 国士を, 垢ぬけ, 堂々たる捨て, 塩から, 変わって, 夢中な, 大きな, 大胆な, 奇麗ごとの, 女性的丁寧な, 好奇心を, 妨げられて, 威圧する, 学問を, 宮方に, 寒い, 寥しい, 射倖的な, 小さくなっ, 小心ヨクヨクたる, 小気味が, 小首を, 居心地わるく苦しい, 山口を, 嵩ばった小包が, 帰り後れて, 平井老人の, 幼稚な, 底暗く, 廻り冗く, 引こんだところ, 弛い, 強く感じ, 当りその間, 彼をぞ, 征台の, 微笑し, 心乱され, 心打たれ, 心苦しいの, 忘れられなかった, 応じたあらゆる, 応じる所存, 応ずるには, 怖いよう, 思いながらも, 思いはじめたよう, 思いますからね, 思い金之助, 思うから, 思うだろうから, 思うと, 思えて, 思た, 思ったでしょうねえ, 思ったに, 思ったらしいがね, 思ったん, 思った守人, 思った様子, 思ってるん, 思つたので, 思つてゐた, 思はるるは, 思はれて, 思ひつく時, 思へた, 思わないか, 思わないで, 思われそう, 思われたので, 思われました, 思われるから, 思われるでしょう, 思われるの, 思われれば, 思召す, 性の, 恍惚と, 息苦しいやう, 悪党悪党した, 悪魔的な, 悲しいよう, 悲しい心持, 悲しい童話, 悲痛な, 情熱が, 愉快に, 意気地なく, 意識する, 感じたが, 感じは, 感じられて, 感じられるの, 感心させ, 憂欝そうに, 憚られる, 懐しくて, 懐疑的な, 成つた気が, 手柔か, 技巧的な, 抹香くさく, 持ち上って, 捩くれた万年筆, 捻つたこと, 揶揄する, 政治化した, 整然と, 新鮮で, 昂奮を, 映ったらしいが, 映る鏡, 暗くて, 暗夜に, 曇って, 曲りくねった杖, 枝を, 柔らかく手頸, 極りの, 楽しみに, 止まらず, 歪んでしまつたといふ, 毒薬係を, 気どられまいもの, 気まずくなった, 気取った声色, 気味が悪いとか, 気味悪くなった, 気味悪く思われた, 気圧された心地, 気恥か, 気持の, 決然と, 沈思的な, 泣きそう, 浮いて, 浮き上がった明るい, 淀んで, 淋しい家, 淋しい笑い, 淋しそう, 湯気が, 湿つて, 潜めた声, 澄みきって, 無器用な, 焦点が, 煮え切らなかった, 熱っぽかった, 熱心な, 片付る, 物を, 物淋しい気持, 物足らない, 物音一つ聞えなかった, 犬の, 狭い富士額, 現れて, 理窟っぽい本性, 甘え, 甘えもんだ, 甘やかすより, 生気が, 生真面目な, 異様であり, 疑ぐり, 疑ひ深い, 疲れちゃって, 病的だった, 痛ましいの, 痴鈍な, 白々しい気持, 白い眼, 白くぴかぴか, 白っ, 白っぽく見え, 皮肉らしく, 盛上っ, 目立つ, 相模太郎時宗を, 真面目さうな, 眩いここち, 眼まい, 矛盾した, 破れて, 社交声で, 私に, 空っ, 空虚な, 突っかかりなさんな, 立廻りや, 笑い, 笑ったと, 笑ってから, 純造, 細長い建物, 絡んで, 緊張した, 緩漫, 置きざりに, 老成じみ, 考えさせられるの, 考え込んでばかり, 聞いたよう, 聞える, 聞こえますが, 聞こえるよう, 肌を, 胸が, 胸に, 胸糞の, 胸騒ぎが, 臆病がる, 自信が, 自分を, 臭いので, 臭くつて, 至るまでの, 舌に, 色が, 色ッぽい, 色ッポイ女だ, 芝居じみる, 苛ら苛らし, 若くミズミズ, 苦しい心持, 苦しそう, 茫漠と, 荒立てん, 落ちついた蒼白い, 落ちつかなかった, 落着い, 蒼ざめた顔を, 薄ぎたなくなっ, 薄ら寒い感じ, 薄暗く高い窓, 行き詰って, 西洋人臭くっ, 見えたん, 見えやう, 見えるが, 見え心, 見栄坊で, 覚えて, 親しげ, 角突きあってる, 言葉の, 話を, 誤解される, 調子の, 警戒し, 赤いこと, 赤くぼんやり, 赤く染められた, 赤茶けてるの, 跛者の, 踊りながら, 軽っぽく, 通俗的に, 過ぎませぬ, 違ない, 遠ど, 遠慮深く, 遭い新政, 遮って, 醗酵せず, 重くなった, 重苦しいよう, 野火を, 鋭い隆吉, 錆びついて, 陰欝な, 陰鬱な, 随うなり, 隠すよう, 青々と, 青じろくなっ, 静まり返って, 面白くない, 響く言葉, 頬を, 顴骨が, 首なんて, 馴れなれしい感じ, 騒がしくなっ, 骨立っ, 髪が, 鳴りそう, 黄色い手, 黒い突出, 黒ずんだ鋭い, 黙って

▼ 変~ (1334, 9.8%)

11366 と思っ 6359 と思った 5140 なあ 31 と思う, なア, わ 2524 なと思っ, よ 21 と思いました 17 と思つて 16 ねえ, 変だ 13 と思 12 とは思った, わね 10 が, という 8 と思い, と思ったら 7 から, と思います, なと思った 6 とは思わない 5 からね, と, というの, ナ 4 が私, し, といふ, とおぼしめし, なと思う

3 [20件] が何, けど, しそれ, ということ, といえ, とは思いました, とは思わなかった, と云う, と云え, と云っ, と思われた, と思われる, と見, と言つて, なと思い, なと思つて, なと気がついた, のう, わえ, わよ

2 [35件] からちょっと, からであった, がこれ, がこんな, が実は, けれど, こと, つたので, といい, という気, とお前, とすぐ, とは思っ, とは思ひ, と云, と僕, と思え, と思ってたら, と思つた, と思はない, と思ひました, と思われ, と気が付いた, と言っ, と誰, なたしかに, なとは思った, なと首, などう, な八, ね誰, よ君, わお, わこれ, ネ

1 [436件] うまく死ねない, え, え殿様, おかしいおかしいと, おかしいと, おれは, からあの, からこそ誹謗, からこの, からこれ, からこれから, からさ, からすぐ, からそっと, からそれとなく, からという, からと云っ, からと庖丁, からな, からなお, からなるべく, からひとまず, からまあ正々堂々, からまた, からよ, からわたし, から二時間後, から云, から今夜, から今日てめえ達, から今朝, から僕, から列, から夜, から尋ね, から少し, から席主, から心配, から早く, から最前, から止す, から母, から気, から片づけなきゃいけない, から立っ, から精神鑑定, から続い, から表, か分らない, か私, がくろうと, がしかし, がそう, がそこ, がその, がそれ, がそれはと, がつまり, がと思っ, が事実, が仕方, が何より, が例えば, が僕, が元来, が兎, が全く, が呂将軍, が実, が宮城県, が小崎さん, が斯ん, が新年, が有効, が段々はっきり, が浜子, が海, が玉塚, が白く, が眠く, が色, が蜘蛛, が許嫁, が認容, が議論, が追, が面倒, けどあたし, けど乞食, けど若し, けれどおれ, けれどぎらぎら, けれどその, けれどそれ, けれどた, けれどまんざら, けれどもう, けれども段々よく, けれども私, けれど僕, けれど思召, けれど我慢, けれど物, けれど相手, けれど胸, けれど親, こいつぁこいつぁ人間じゃ, こりゃお気, さながら話し相手, しあれ, しあんまり, しお, しこれ, しもう, し又, し君, し当人, し彼, し散々ひね, し旅姿, し横, し歓楽天国, し消えた, し砂土原町, し立つ, し第, し結局これ, し若さま, し頭, し顔つき, ぜこの, ぜさつき, ぜ八, ぜ店, ぜ跡, そうかしら, ぞあの, ぞお, ぞという者, ぞと三造, ぞと俺, ぞと思う, ぞと気がついた, ぞと気付いた, ぞやと申しまし, ぞオ, ぞ一体どう, ぞ今日, ぞ変, ぞ留吉, ぞ部屋, ただそれ丈, つたからさ, つたで, つたのだらう, つた彼は, つた私も, といいます, といい出した, というよう, というわけ, というん, という事, という場合, という感じ, という風, といっ, といつ, といふ理由, といへ, といよいよ, とお, とおまえ, とおもいます, とおろした, とかいう疑, とか思う, とか誰, とか面倒, とすれ, とそれ, とでもいう, とは思, とは思い, とは思いません, とは思つて, とは思はない, とは思われない, とは思ッ, とは疑い, とは薄々, とは言えなかった, とばかり考え, とひどく, とほか, とまぶしい, とも, ともおかしい, とも思う, とも思わなかったらしい, とも無礼, とも考えた, とも言えない, とゆき子, とわかっ, とゴーギャン, と二人, と二見, と云い出した, と云った, と云つて, と保治, と妹, と子供心, と存じました, と心づい, と心づかれ, と思いつづけ, と思いはじめた, と思いまし, と思いましたら, と思いましょう, と思い思い, と思うた, と思うっ, と思うでしょう, と思うなら, と思え出した, と思ったらしい, と思ってた, と思ってる, と思つて横, と思ひ, と思ひだし, と思ひます, と思わない, と思われないで, と思召, と感じ, と感じた, と感じ出したらしい, と感づい, と手, と段々, と気, と気がついたらしく, と気がつく, と気が付い, と気づい, と町, と直ぐ, と知っ, と知られ, と神尾, と私, と秋笹, と答えた, と考えた, と考える, と蒲団, と見える, と見る, と覗きこむ, と言いあっ, と言い合っ, と言った, と言ってる, と言わなけれ, と言われた, と診断, と貴僧, と間違えられ, と驚い, どうしてあの, どうしても変, どこかに, どもねす, なああの, なああれきり, なあいくら, なあこいつ, なあこんな, なあそんなに, なあでも, なあといい, なあとおもう, なあと不審, なあと思い, なあと思いました, なあと思っ, なあと思った, なあ今日, なあ同じ, なあ娘, なあ誰, なあ電波, なえ, なおかしい, なこの, なこんなに, なたしか, なただ, なだまっ, なとなつ, なとは思い, なとは思いました, なとは思っ, なとぼんやり, なと云っ, なと余, なと勘づかなけれ, なと存じました, なと心, なと思, なと思いました, なと思い始めた, なと思い思い, なと思ってる, なと気, なと私, なと考え, なと胸, なと覚った, なと頭, などうしてそう, などこ, ななん, なわし, なんて思いません, なんて思ひませんでした, なんて言いがかり, なァ, な不思議, な二階, な今更, な代り, な似た, な先生気, な右, な変, な彼女, な成, な母ちゃん, な誰, ねあと, ねあれ, ねあんた, ねえどうして, ねえなるほど, ねえみんな草, ねえもう大分, ねえ娘, ねえ親分, ねお, ねこ, ねこうして, ねそう, ねどうして, ねどうも, ねまだ, ねもう, ねエ, ね何, ね何だか, ね君, ね始めて, ね少し, ね意久地, ね時々, ね毎日, ね行っ, の, のと, もう仮装舞踏会, もの, ものです, よあの, よこわれてる, よそれ, よちょい, よというつもり, よどうも, よな, よもう一度, よよした, よ冷, よ博多, よ変, よ奇体, よ後, よ昼日中, わあたし, わいここ, わいと思った, わと気, わと波子, わねえ, わね私, わむろん, わよお父さん, わネ, わ何, わ変, わ多津, わ順ちゃん, わ黒川さん, キ印では, ッ, ッという, ナとグズ弁, ナと思いきっ, 一体誰, 一口も, 今頃立山から, 伊兵衛の, 何か, 何だかアル中, 何だか何処, 何だか幽霊屋敷, 俺の, 兵変だ, 君の, 四年に, 変です, 変な, 如何炭屋, 少し怪しい, 斯んな, 滅多な, 耳も, 腹が, 舌の, 芋, 長浜では, 雪江さんの, 顔を

▼ 変つて~ (538, 4.0%)

58 ゐた 46 ゐる 26 しまつ 20 来た 16 ゐない 12 ゐるの 9 来たの 8 しまつて, ゐました, 居た, 居る 6 ゐたの, ゐて, ゐるので 5 ゐること, 行くの 4 はゐない, はゐなかつた, ゐないの, ゐると, ゐるところ, をります, 居たの, 居て, 来なければ 3 ゐたが, ゐないこと, ゐないやう, ゐなかつた, ゐます, ゐるん, をり, 来たこと, 来たので

2 [24件] しまつたか, は行, ゐたか, ゐたこと, ゐても, ゐないし, ゐません, ゐるし, ゐるだらうか, ゐるのに, ゐるやう, ゐるやつぱり亭主, ゐれば, 出て, 居ない, 居ります, 居るが, 居るの, 来たと, 来たもの, 澄み上, 行くこと, 行くもの, 行くん

1 [180件] あたらしい書方, あのあたり数個, あるかも, いかめしく猛り立つ, お日さま, かうし, からでもかつら, から古, から来つ, この火, さうし, さむらひと言, さも世話, その唇, その家, その寺, たとへ, て綺麗, て面白い, て面白ろ, ともう, ないわ, なんとも立つ瀬, のぼせ気味, はゐる, またもともと, まゐりました, み経, もそして, もその, もそれほど, もひと通り農作物, もゐた, もゐない, もゐます, もゐる, も中身, も依然として, も古, も多く, も尠, も居ない, も此魂, も淫靡, も然, も短歌, も見えなかつた, やがて天井, やしない, ゐたから, ゐたせゐだらう, ゐたに, ゐたので, ゐたり, ゐた四五日, ゐた或, ゐた時, ゐた筈, ゐた頃, ゐないああ, ゐないあたり, ゐないその, ゐないと, ゐないところ, ゐないね, ゐないので, ゐない出たとき, ゐない厚ぼつ, ゐない感じ, ゐない気, ゐない舞台, ゐなかつたと, ゐなかつたといふ, ゐねえな, ゐは, ゐますか, ゐますね, ゐますので, ゐまするほどに, ゐませんの, ゐやしない, ゐようが, ゐるかの, ゐるかは, ゐるかも, ゐるからといふ, ゐるからね, ゐるが, ゐるけれども, ゐるさ, ゐるだけといふ, ゐるだらうと, ゐるといふだけ, ゐるとは, ゐるに, ゐるもの, ゐるものの, ゐるよ, ゐるらしい, ゐるんで, ゐるロココ, ゐる七郎の, ゐる人間, ゐる夫, ゐる敵, ゐる新, ゐる様子, ゐる空気, ゐる辺, をられません, をりました, ドンと, ワイワイと, 主としては, 人なつこさうに, 光るの, 入らつし, 全然方角, 単にその, 参りますけれども, 受け継いで, 同じ様, 喜ばしげ, 好機嫌, 少しも, 居たから, 居たもの, 居たらうが, 居たらよ, 居たら先, 居ても, 居なかつた, 居ます, 居らぬの, 居りません, 居ると, 居るので, 居るのに, 居るやう, 居る事, 居る点, 強い方, 怒り出した, 新しい悪魔, 書けなくでも, 最う十年近く, 有りがた, 来たから, 来たやう, 来たよ, 来たん, 来た処, 来た径路, 来た神聖, 来た空, 来てるん, 来ねば, 来ました, 来ましたのに, 来まして, 来ますが, 来る, 来ると, 泊りたくなくなつて, 猛りにた, 立つて, 考へられて, 考へる様, 荒れたりなど, 落ちついて, 行かうとして, 行かなければ, 行きました為, 行くもの以外, 行く時間, 見えるの, 見えるので, 見る間, 起つたモンチャク, 面白い珍

▼ 変つた~ (350, 2.6%)

15 ことも 10 やうに 97 ことが, やうな 5 ことを, ものである, ものに 4 ことは, ところが, ところは, と云, ものが, ものだ, よ, 事は, 様子も 3 でせう, と思ふ, なあ, のであらう, もので

2 [22件] か, からね, ことで, であらう, といへ, ところで, ところも, など, のだらう, みたいに, ものです, ものと, ものは, ものを, もんだ, ように, んだ, 事が, 人間だ, 様子は, 物を, 酒飲みで

1 [192件] あげくに, かこの, かこれ, かたちで, かと思はれる, かと思ふ, かねえ, かのやう, かも知れない, からだ, からなあ, からは生存ら, からもう, から全然, から別人, から外出, から大丈夫, から当時, か分り, か或は, か正直, か訣, か詳しく, か遇つて様子, が変らん, が残された, ことさへ, ことなく, ことに, さし物の, し変らん, じや, すぐれた作家, その暗, だけなら, だらうか, ぢや, と, というわけ, といつた, といふ, といふこと, とき, ところでは, ところの, ところをと, とさ, としてもすこし, とすれ, とても仕方, とはい, とは信ぜられず, とみえ, とも, とも思ひ, と仰, と共にガラス, と山田, と思ひます, と早く, と気がつく, と見え, なら炎, に違, のかい, のであつ, のです, のでせう, ので伊藤公遭難, ので僕, ので判事, ので別, ので又, ので家, ので宿, ので度忘れ, ので火, ので締切, ほど情なく, みたいな, もの, ものか, ものさねえ, ものであります, ものとして, ものばかり, もの今は, やうだ, やうで, やうである, やうです, ような, よす, より正確, よ変, ンだ, 一事を, 世にな, 主人たちが, 事なら, 事情で, 人物の, 人間が, 今では, 今日私の, 伝説が, 偉い人, 全く別種, 冷い, 処の, 動きを, 叔母は, 名前で, 問題は, 国柄で, 土と, 土地の, 土地を, 地方が, 女で, 女らしかつ, 如何にも, 姿で, 姿にな, 姿を, 娘にな, 婆さんだつた, 婦人と, 家内の, 将棋は, 尋常でない, 御意見, 御様子, 性格が, 態度で, 敏捷な, 新意, 方でした, 方です, 方法を以て, 方面が, 晩が, 晴れやかな, 服装が, 様子が, 死に方, 気取つた態度, 気持も, 気軽る, 潔白者で, 点が, 為である, 為めに, 為其かばねである, 熱心な, 物で, 特質を, 男で, 男の子が, 社会も, 種類の, 空路に, 素振りも, 経歴で, 緻密な, 縫取, 考へを, 考へ方, 肥えた男, 肴は, 自分の, 色彩と, 艶し, 行き方, 表情も, 見方の, 訣です, 試みだ, 調子で, 象棋を, 賑やかな, 趣が, 趣きに, 趣向では, 足どりで, 釣りを, 長襦袢を, 静かな, 面白い小さい壺, 頃は, 風体と, 飯山の

▼ 変です~ (280, 2.1%)

743316 ねえ 1087 わね 6 か, ぜ親分 5 なあ 4 から, が 3 からね, とも, なア 2 から私, がね, がまあ, しそれ, ぞ, な, わねえ

1 [84件] かね, からちょい, からちょっと, からちよ, からどうか, からねえ, からふい, からまあ, からまさか, からもう, からわたくし, から一つ名乗り, から不破, から今日, から僕, から坐る, から少し, から或いは, から挽回, から泊る, から鐚, があなた, がその, がつい, がとにかく, がどうもいろいろ, がなまじ, がま, がまことに, が人並, が今度, が何だか, が何事, が健吉くん, が先方, が兎, が凉, が前, が同じ, が奥さん, が御, が日本語, が本当, が生来, が義夫, が親父, が里子, けど, けれど, けれどあの, けれどいろいろ, けれどお, けれどもあの, けれどもう, けれど信者, けれど僕, けれど初め, ことね, ことねえ, という意味, なという, ねあくまでも, ねえ表, ねと言い出した, ねどうか, ねよほど, ね何, ね宅, ね少し, ね当座, ね玻璃窓, もの, ものね, ものねえ, よあなた, よそれに, よと得意, よもしかして, よ主人, わね見とどけ, わネ, ネ, 早く来, 無意味に

▼ 変へて~ (265, 2.0%)

5 ゐる 4 ゐた 3 しまつ, 行く, 行つた 2 しまふの, みた, 了つた, 了ふ, 後も, 来て, 見たが, 見たり, 走つて, 飛び込んで

1 [227件] いかねば, いただきたいこと, いただきたいの, いや鰻, いろいろな, うす暗いランプ, うろた, おいたの, おお, お奥, お庭, お玉の, お節の, かうつめよると, かう云, かう額, かねと, きた, きたが, くれとか, ける夏ごろ, ここでは, ござる, さうで, さながら二人, しまうたの, しまつてゐた, しまひその, しまひたいの, しまひました, しまふ, しまふこと, しまふと, しまふので, しまふん, しまふピカソ, しまふ信用, しまふ違, しんとして, すましたもの, その瓶, そばに, それから暫く, そんなこと, はあとだけ, はめて, ひとに, ほしいもの, まし, みたいとも, みたところ, みたり, みると, みるより, みれば, やつて, やらうと, やる, ゆくといふ, ゆく五色花火, ゆく妻, わけも, ゐたこと, ゐるもの, ゐる連中, ゐる部分, コップに, ハイヤで, パン, ロロはと, ワツとばかりに, 一人帰れる, 一献差上げ, 一生懸命に, 一面に, 上井出村に, 与里の, 世に送つた, 之を, 了は, 二に, 二人の, 云つた, 交渉した, 人通りの, 仁和寺の, 今思へ, 今頃出, 仮初にも, 伝へて, 伝蔵の, 何処とも, 作つたロオヴは, 作曲を, 元の, 兄音羽屋を, 入つて, 再び募集, 出かけて, 出世した, 別な, 動いて, 勿論時間, 卑怯でない, 卓子を, 只よく釣る, 叫んだの, 右の, 呉れ源太, 呼びさ, 唖者に, 四五週間も, 売りさばき質, 夜更けの, 大衆に, 嫐り, 宮廷式に, 家の, 小判だ, 小説を, 少数を, 居た, 居る, 屹と, 平穏な, 座敷の, 引き上げるの, 形似, 彼は, 待つにも, 御憎み遊ばしました, 心より, 心配した, 悪いところ, 憤りながら, 我鳴り立てた, 戻って, 打ちほ, 拝受の, 拵へ, 持つて, 文学者と, 新しい宴会, 日を, 日光に, 日劇地下の, 日本の, 日本橋辺の, 明治十二年二月版, 昨日は, 朝夕フランシス上人に, 本国へ, 来た, 来た理由, 来ること, 東洋の, 棒立ちに, 次の, 正三を, 毛程の, 永続する, 湯崗子へ, 滅多打ちに, 演出された, 熟語を, 牧師の, 物をも, 狂気の, 現はれた, 現れたの, 現れたもの, 現れて, 申します, 男の, 畏る, 発足した, 真摯な, 眼には, 私の, 立ち上ると, 立ち窺, 自分で, 良人の, 落ち付か, 蝦鞘巻の, 行かなければ, 行くといふ, 行くのに, 行つたのである, 行つたのは, 表は, 裁判にな, 見せること, 見せる女優, 見たい, 見ようぢ, 見る所, 言ふ, 言へば, 論告を, 謙に, 貰つた, 貰ひたい, 貰へ, 赤鬼と, 走り出して, 起き上り何, 追ひかけ, 逃げたの, 遮ぎつた, 邑落の, 都会に, 鎧櫃に, 阿父さん, 霊魂の, 青眠洞の, 靴音荒々しく, 須世理姫を, 須田町食堂の, 風の音にもをの, 飛んで, 駆け寄つた, 駈けて, 駈付けても, 駭いた, 驚く, 黙つて後

▼ 変てこ~ (231, 1.7%)

18 なもの 13 な気持 7 なこと 6 りんな 4 な感じ, な手つき, な立場 3 なの

2 [16件] だった, なん, な侍, な名, な夢, な奴, な字, な心持, な恰好, な歌, な気もち, な気分, な笑い方, な音, な顔, になりました

1 [140件] じゃありません, だから, だが, だと, だよ, だわい, って, でけれども, でございますよ, でしょう, です, ですが, ですな, でどうして, でならねえ, で仕方, で仕様, で困りました, なあり相, ないまわしい, なうず巻き, なえたい, なおそろしい, なお内裏雛様, なお屋敷, なところばい, などす黒い, なねじ, なねずみ, なのよ, なむず痒, なめりはり, なゴチャゴチャ, なスリル遊戯, なヂェスチュア, なホテル, なユーモア, なヴェール, な三ン, な事件, な二人行列, な人たち, な人物, な仕掛, な仕掛け, な会話, な何, な兄いが, な凄味, な出入口, な刺戟, な取り合わせ, な呪文, な味, な問答, な嗜好, な噂, な団体, な場所, な塊, な夢何, な大, な女, な姿勢, な局部像, な形, な挙動, な数字, な文学的, な料理, な昆虫, な木, な本, な杖, な楽しみ, な様々, な機械, な武士, な歩きぶり, な気, な気違い, な洋服, な物, な物すごい, な状態, な猫, な玉, な申渡し, な男, な画, な病人, な白い, な白衣, な眼つき, な石膏像, な研究, な符号, な紙片, な縁, な羽根飾り, な耳慣れぬアクセント, な肌, な草, な荷物, な衣裳, な表現, な装置, な見慣れない沼沢性, な言い方, な話, な話さ, な話しぶり, な誰, な論争, な議論, な質問, な身の上話, な輓具, な逸話, な道具屋, な錯覚, な雑誌, な静寂, な面, な風体, な飛行機, な飲料, な髪, な鼠, にこう, になっ, にも見えない, に化け, に威儀, に尻, に涙, に笑った, に絡ん, よ, りんに

▼ 変~ (230, 1.7%)

3514 なければ 10 たの 9 ずに 5 たが, たので 4 ました 3 なかつた

2 [15件] させて, し間取り, ずには, たこと, たと, たといふ, たやう, つ, てい, ない, ないといふ, ねば, ようといふ, られるもの, 浮かぬ顔

1 [115件] あらゆる俗悪, あり申し候, うすれ又, きらないうち, けり石鹸玉, けるよし, させた方, させないか, させること位, させるつもり, させるやう, させ客間, させ時期, さへ, ざる限は, して, しは, しばしは, ずいちいち, ずそして, ずそれに, ずんば, ず気色, ず黙つて雀, たいにも, たぞ, たつて, たもの, たもん, たらぐっと, たら或は, たるを, たる貫一の, たれども, たれ主題, た丑松, た事, た事実, た作家, た動機, た由, た祖母, た程, た訣, た鞄, た香代, ちやふ, つてふ, てか, てこの, てつめ寄る, ないぐらゐの稽古, ないで, ないと, ないもの, ない以上, ない方, なかった, なかつたと, なかつた作者, なきゃいかん, なくては, なくなつ, ぬ, ぬ輩, ねば我, ねば月並調, まい, まいとして, まして清岡球江, ます, ません, ませんか, また流れ歩いた, むと十五より, もし原義, やうと, やうよ, ようとして, より良い, られて, られない, られないやう, られること, られるの, ろと, 一文たり, 一日休まし, 人種を, 体裁を, 側近に, 口も, 口を, 命計りをと, 国を, 布団や, 悪しき手相, 悪魔の, 意味を, 憂鬱に, 或ひ, 所を, 新らしい, 方, 方としては, 方生活の, 昨日は, 暗くした, 更に, 極まりなき風景, 死を, 腰を, 辞を, 過ぎて, 鍬を

▼ 変~ (194, 1.4%)

34 て来 24 て来る 17 てしまふ 12 てゆく, て行く 9 てきた 6 てくる 5 てしまひました 4 ていた, ている 3 たりする, ていつた, てき 2 たといつて, たりした, てい, ていない, てしまひます, てるで, て参りました, て来るだらう

1 [42件] たかと, たらしくどうやら, たらしく人肌, たらしく北, たらしく塀越し, たり, たりさうかと, たりし, たりもする, たり厭世思想, たり或, たり毀れ, たり母, たり特別, たり自分, ちやつたな, ちやゐまい, ていく, ていなかつた, ていよいよ, ているだろう, ており, ておりません, てきました, てきます, てくるだらう, てさながら, てしまう, てしまひ, てしまふた, てませう, てみなけれ, てゆき, て三々五々, て何, て来ない, て来ませう, て来るであらう, て極めて, て私, て行き, て貴方

▼ 変じゃ~ (165, 1.2%)

57 ないか 42 ありませんか 8 ないの 7 ございませんか 4 ない, アありません 3 ありませんよ, なあ, ないかね 2 ありません, な, ないかと, ないですか, ないよ, ねえか

1 [22件] ありませんかね, ありませんでしょ, ないかしらと, ないかな, ないかよ, ないから, ないかネ, ないけれど, ないこと, ないぞ, ないでしょうか, ないのよ, ないわ, なくって, ね, よ, よ森, アない, 希有じゃ, 神かくし, 見あたらぬ, 駈け落ち者

▼ 変~ (159, 1.2%)

16 聞いて 6 知って 5 知らせて 4 知ると 3 聞くと 2 きいて, つげ取次, 告げて, 知ったとき, 知ったの, 知るや, 見て

1 [111件] あきらめて, あらわす謙信, あんじ伊那丸, こう見聞, この二, したばかりに, した憎い, しらせるだけ, なした人, なす, また天皇上皇, みて, もって, 上り燕, 与へ, 予知する, 伝えて, 伺いて, 伺ひ之, 利用し, 前知すべ, 合図とは, 告ぐるに, 告げた, 告げに, 告げわめいた, 告げ眠った人々, 告げ難, 報じた, 夢にも, 失す, 奪い鬼神不測, 好み自己, 好むもの, 好む浪人共, 家康へ, 小幡民部に, 希おうや, 幾度も, 弄する, 待つため, 待つの, 待とうと, 御着, 思うこと, 思って, 思ふの今日, 感じて, 慮かる, 成すを, 戦略という, 打診し, 描写し, 案じて, 案じひたすら, 案じるからの, 機会に, 正しく知っ, 洞察し, 清洲の, 測り併せて, 激生仕事鏡に, 現すかも, 現わす, 生じたらどう, 生じよう, 生ずる無きを, 生ずれば, 知ったもの, 知った近郷, 知っても, 知らされたとき, 知らせた, 知るが, 知ること, 知るべきであった, 示すなどとも, 秀吉へ, 窺わぬもの, 考慮し, 耳に, 聞いた一党, 聞いた御陵衛士隊勇士, 聞いた新九郎, 聞いては, 聞いても, 聞き知った花婿, 聞くやいな, 聞こし, 聴いて, 能く伺う, 見ざりしは, 見ずただ, 見たらどう, 見ぬ限り, 見まいもの, 見よう, 見ると, 見るに, 見れば, 見越して, 覚ると, 計ろうか, 貫一は, 起させないため, 起して, 起すだろう, 起すは, 通り越して, 面の, 鬼頭内蔵介から

▼ 変~ (128, 0.9%)

11 な気持 8 なもの 5 だ, なの 4 だぞ 3 なこと 2 だった, だな, だよ, な名, になっ, に思われた

1 [80件] じゃなかろう, だぜ, だったの, だったので, だったよ, だって, だと, だなあ, だね, で, でございますよ, です, でネ, で私, で終, と云わざる, ないきさつ, なおもしろ, なお道化, なての, なのよ, なんで, な事, な事柄, な云い, な人, な僕, な冷, な口, な問, な型, な女, な姿, な家, な帽子, な心理, な悪友共, な感じ, な戯曲, な扮装, な捨科白, な文句, な時間, な模様, な死に方, な気分, な気持ち, な滑稽, な爺さん, な田舎者, な男, な画, な病気, な秘史, な芸談, な蝶, な蟹足, な話, な足, な身ぶり, な身振り, な部屋, な障害, な雰囲気, な音楽談, な顔, な餓鬼, な馬, な高, にさせ, になってる, に分らなくなった, に思われる, に感じ初めた, に插入, に疑, に笑, に聴, に見える, 極まる仕草

▼ 変テコ~ (110, 0.8%)

8 になっ 6 なこと 3 なもの, な事, な顔 2 だから, な幻想, な心持, な沈黙, な物差, な現実

1 [75件] が治らねえ, だ, だが, だったの, だなあ, だね, だろう, てえほどの, であるに, でこちら, でしようが, ですね, ですわよ, でまして, で御座いますので, で自分, で顔色, なお伽話, なお客, なお話, なところ, なの, なん, なジャングル相手, な事実, な入道雲みたい, な出来, な動物, な単純, な印象, な友情, な可笑し, な呼び名, な唄, な問題, な声, な変ったこと, な夢, な失礼, な女, な奴, な対座, な小説, な工合, な意識, な扮装, な旅行会, な本, な板前, な殺人事件, な気, な気分, な気品, な状態, な百姓, な笑い顔, な第一人称, な素振り, な結論, な絵, な胴間声, な胸騒ぎ, な臭い, な色気, な話, な農村, な迷信, な野郎, な降参ぶり, な雑居族, な頭, になった, に可笑しい, に脱線, ねッて

▼ 変~ (102, 0.8%)

23 はない 6 はありません 4 あつた 3 ござりまする, はある 2 ね, はあるまい, はございません, はないでしょう, はなかっ, はなく, もない

1 [49件] いちどは, これまで, ござりましたげ, ござります, せう, せう奥さん, それは, どうしてもそんな, な, なりません, はあります, はありますまい, はありませぬ, はその, はないだろう, はないです, はまだ何ら, また話, ゆっくり考えなけれ, ネその, 一寸も, 一生一緒に, 不幸にも, 井伏氏は, 今晩何処で, 仕方が, 仕様が, 僕は, 前記の, 口惜しまぎれ, 変で, 往々に, 有ったの, 此方だけの, 気に, 水が, 病的であっ, 相当な, 糞土よりも, 自分で, 薬の, 話も, 路地を, 農村金融の, 辻褄の, 都落ちを, 銀座は, 間の, 隣の

▼ 変へる~ (71, 0.5%)

4 ことが, ことは, 必要が 2 ことに, ことも, ための, といふ, のが, のを, やうに, 事も, 必要は

1 [41件] あの方, かな, からがつかりする, から不思議, が底, ことだ, ことである, ことなど, ことによ, ことによりて, ことの, さ, たびに, と, といふやり方, といふ人物, といふ態度, ときある, とすれ, とまた, と人力車, と土地制度, と客達, には其の, には十分, のだ, のである, のは, まで青, もう蚊帳, わけで, 事の, 事や, 必要を, 毎に, 決心してる, 目的は, 神秘な, 能力くらゐ, 運動として, 銅山党の

▼ 変~ (64, 0.5%)

2 ために, ように, 時に

1 [58件] ある凶兆, ごときその, した者に, して, ためみずから外征に, ふくみを, もとづくところ, ようじゃ, ようだ, ようで, ような, 一事が, 不思議を, 事は, 人生に対し, 伏手と, 前後鴻山と, 前日平, 呈色を, 寸前に, 少し前, 当日, 後それからの, 後光明子立后の, 後秀吉から, 微笑を, 怪を, 患者を, 才は, 才を, 折から, 折だった, 折と, 時には, 時にも, 有った時, 次第が, 法が, 法であっ, 法と, 法の, 洩れて, 活用語尾の, 無駄話ばかり, 犠牲者日野資朝や, 独りで, 由之を, 略筮を, 直後家康が, 研究, 美しさ, 背後に, 起った翌月, 起る可能性, 陣形さまざまに, 陰謀に, 順徳上皇の, 類よりも

▼ 変~ (57, 0.4%)

3 ありそう 2 あるに, あろう, 伝はらぬ, 起つた

1 [46件] あらわれた, ある, あるもの, あれば, あろうとも, いつ起る, えなんど, えの, えるという, きまして, この肉体, しばしば続い, つづくので, ないとも, なくって, 伝わって, 伝わると共に, 報ぜられたの, 変って, 多かった, 彼には, 待ちうけ, 来たと, 来ましょうよ, 来る前, 漏れてはと, 漸く成熟, 現れるまで, 生じないとも, 画かれたか, 罪ぶかく私, 行く途中, 見られない, 起こったの, 起こること, 起ったの, 起ったらどう, 起った時, 起って, 起つたとき, 起らないとも, 起り信長, 起ると, 起るやも, 起ろうとて, 鎌倉へ

▼ 変だった~ (50, 0.4%)

3 ぜ, わ 2 ことを, ね, のだ, ので彼, よ

1 [34件] かも知れません, からさ, からすぐ, から根, から金沢, がきっと, が向う, が呼びならわし, が次に, ことは, しそれ, せいも, そうだ, ということ, という折紙つき, とかってね, とは思った, と云いたい, と思う, と見え, のかも, のである, のでおれ, のです, のでその, のでよく, のでわれ, ので充分, ので大道芸人, のね, のよ, ものだ, わ時々じいっと, んです

▼ 変つたの~ (39, 0.3%)

7 である 3 を見 2 が原因, だ, だと, は何

1 [21件] かそこ, かと云, かはればれ, か手提げ, があの, がある, だが, ださうでございます, だなど, について出世, には訣, に自ら, に驚い, は, はあながち, は偶然, は年, は当然, も或は, や魚, 変ら無え

▼ 変~ (39, 0.3%)

4 ない顔 2 ないが

1 [33件] あらばと, あらましは, あろう, そうだった, ない, ないけれども, ないこの, ないの, ない合理的, ない女, ない山国, ない平凡, ない当り前, ない徳利, ない自然, ない風景, なかった, なくって, なく行われ, なければ, なげに, よそに, 何も, 初謀, 妙味も, 極力小, 生じて, 知らず兄, 知れぬ戦い, 見えざりけれど, 覚悟し, 起るまい, 陰謀とやらも

▼ 変~ (38, 0.3%)

2 ない旧道

1 [36件] ありやしないから, いつも不測, いわばお, おろか当地にて, ここだけ, そう長く, その翌々年, たちまち一喜一憂, つた, つた事が, つた后は, つてし, ないが, ないけれどという, ないで, なけれど, なさざりしならむ, らざらなん, りつ, インドには, 京都の, 免れないの, 六月五日の, 十五年以来我が, 大体唐で, 実に此, 少なかろう, 度々あった, 御同様悲歎, 恐らくこの, 正ならず, 測りがたい, 聞えて, 要するに丞相孔明, 通ずるの, 長引くかも

▼ 変~ (32, 0.2%)

2 いえば, なる, 言えば

1 [26件] いい兄弟, いうので, し略筮, どうじに, なす, なった, なって, なり建武, なる時, ぼとぼと進め, 云う事, 云って, 云や, 動きそれら, 同時に炎, 呼ばれた物騒, 思いながらも, 思ったですが, 急な, 打ちつづきようやく, 玩弄の, 節目したる, 聞いて, 見えまするぞ, 言う, 謂ふも

▼ 変である~ (28, 0.2%)

2 が私, と思った

1 [24件] から一体, が, がこの, がしかも, が二葉亭, が前, が当時, が早速, が正確, が筋, が陽当たり, ことから, ことに, ことは, こと世間には, したった, し顔淵, ために, だけにどうか, という噂, といえない, と感ずるなら, 何の, 日本の

▼ 変~ (22, 0.2%)

2 して, になる

1 [18件] あるいは変, が一瞬, し婚礼, その渓, でもし, と同じ, なりし, になり, に世, に過ぎざるなり, の初歩, の山水, の浪士達, をし, をした, を呈したる, を社会, を見せられたい

▼ 変つて行~ (21, 0.2%)

15 つた 3 つたが 2 つたもの 1 つたこと

▼ 変~ (20, 0.1%)

11 やない 7 やありません 1 や, や無い

▼ 変話機~ (20, 0.1%)

2 を口

1 [18件] から聞え, があった, が見つかった, だ, だった, ではない, という機械, にかじりつい, のおかげ, のたいした, のラッパ, は大変重宝, をかたく, を使っ, を出し, を用い, を耳, を通じて聞えた

▼ 変でございます~ (19, 0.1%)

3

1 [16件] か, からまことに, がしばらく, がヘルン, が今日, が思いのほか, が新しい, が自然, し私, どうか忘れず, な, ね, ねエ, もの, わねえ, わネ

▼ 変でも~ (18, 0.1%)

2 何でも

1 [16件] あっては, ありひどくいたましい, ありまた, ある, あるし, いい生きて, したの, しては, そんな事, ないけれど, なかつた, なさそう, なんでも, 生じましては, 綺麗な, 起ったらしく感じて

▼ 変れる~ (16, 0.1%)

3 ものか 2 状態を

1 [11件] が群, はいずれ別に, ものかと, もので, を下, を庭, を見出さん, 乎, 側が, 友を, 所ある

▼ 変~ (15, 0.1%)

3 これんな

1 [12件] いても, おります, これん, これんじゃあねえか, どういうふう, ツと, 云々, 居まして, 山口などへ, 慥に, 身構し, 逃廻った

▼ 変~ (15, 0.1%)

2 なもの

1 [13件] だぞ, で, で酒, な, なその, なので, な初対面, な店, な御託宣, な心持, な感じ, な矛盾, な驚き

▼ 変でした~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] から大方, から後ろ, から時, から横柄, が, がしかし, けれどだんだん, けれど中, しそして, ね, よ何処, よ小料理屋

▼ 変~ (14, 0.1%)

1 [14件] あなたが, こっちが, じゃア, ただの, どうした, 今日は, 何が, 何でもそこ, 大変寄っ, 奥さんと, 帰る途, 本当に, 男が, 花井さんは

▼ 変~ (14, 0.1%)

2 なもの

1 [12件] だ, であるが, なシュピネル氏, な会話, な形式, な怪物, な手つき, な支那人, な文体, な楽隊, な疑わしい, にう

▼ 変調子~ (13, 0.1%)

4 になっ 1 というの, などからいずれ, なよう, ならざる事, なりとせ, のこと, は鳴沢イト子, を呈し, を解く

▼ 変には~ (12, 0.1%)

1 [12件] なるけれども, 何かの, 変だった, 変を, 天下へ, 女である, 思ったが, 思ってや, 思わなかったかと, 思われなかった, 感じて, 違ない

▼ 変つて了~ (11, 0.1%)

31 うて居る, つたんで, はなけれ, ははつ, ひました, ひ又もや, ふね, ふ為

▼ 変にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] なって, ならざるか, なるわね, なるん, や, 奇にも, 思はうぢ, 思はれる, 感じました, 畸形にも, 考えずに

▼ 変はらぬ~ (11, 0.1%)

1 [11件] にその, にほひ, をむなしく, を萩, 優しさ, 内とや, 千代の, 戯れ言も, 琴の, 色に, 虫の

▼ 変へよう~ (11, 0.1%)

2 と思 1 かと思, かと思ふ, とした, としない, としました, とせず, ともしない, と云, と思はなかつた

▼ 変~ (11, 0.1%)

1 [11件] がある, すべから, すること, するとき, するの, するもの, せざるもの, に亘っ, に感じ, もあらず, を見た

▼ 変~ (10, 0.1%)

2 ている, てゐる 1 てすこぶる, て之, て意外, て憲政党, て緊密, て魚

▼ 変つた形~ (10, 0.1%)

3 をし 1 のもの, の崩れた, の鐘乳石, をした, を採, を生み出した, を生み出す

▼ 変~ (10, 0.1%)

2 た事 1 た, た所, て, ていた, ている, て仔細, て咽元, て延喜天暦

▼ 変~ (9, 0.1%)

3 事は 2 ことは 1 人物に, 国だ, 書を, 男では

▼ 変つた事~ (9, 0.1%)

2 に逢 1 には舷, はあるまい, もあつ, もない, もなく, も大, も無

▼ 変つてる~ (9, 0.1%)

1 とは思はなかつた, な, なと思, なと思ふ, ね, のは, よ, わ, んだ

▼ 変であった~ (9, 0.1%)

1 から少し, が帰り, が自分, けれども迎え, ことは, ので私, ので聞い, わいという, 事が

▼ 変でない~ (9, 0.1%)

1 ことに, ことは, ことも, と思わない, ものと, ものの, もの交, やうに, 人の

▼ 変な云い~ (9, 0.1%)

3 方です 2 方だ 1 伝えが, 廻しね, 廻わしじゃ, 方でしょう

▼ 変はる~ (9, 0.1%)

1 ことが, ことなき, と思ふ, のだ, 不愛想, 世の中を, 浅茅を, 秋の, 袖をば

▼ 変へた~ (9, 0.1%)

1 だけで, だけである, だけで寄り集る, と云, なり女の童, のはい, ばかりの暮し, やうだつ, 受ける

▼ 変へながら~ (9, 0.1%)

1 うつ伏して, 一人称を, 些も, 口角から, 坐り直して, 昂まつて, 父に, 瑠璃子の, 立竦んでしまつた

▼ 変~ (9, 0.1%)

1 あの人, あれは, その時宏子, ウ, ネシッカリし, 右の, 少うし, 監獄じゃ, 腹が

▼ 変~ (9, 0.1%)

1 したの, した頃, すなわち俗, だと, であること, によって起こる, に対する手術, の場合, はなかなか

▼ 変ちきりん~ (8, 0.1%)

2 な家 1 な事, な泣き声, な身, な身体, の籠, はあんまりいろいろ

▼ 変はり~ (8, 0.1%)

1 しにぞ, て今にも, て逆, ぬる秋, もの, を, を見る, 今に

▼ 変屈者~ (8, 0.1%)

1 で二年, にはそういう, に出来あがっ, の, の意地わる, の愛人, らしく誰, をいつか

▼ 変~ (8, 0.1%)

2 まし 1 と云, ましに, めやも, を希, を希う, 得しむ

▼ 変あり~ (7, 0.1%)

1 て詔, と火の手, と聞いたら, われを, 兵あり, 徳ある, 而し

▼ 変じゃあ~ (7, 0.1%)

2 ない, ないか 1 ありませんか, ありませんよ, ありませんわ

▼ 変つた所~ (7, 0.1%)

1 があつ, があり, のない, は無い, は見られない, もあり, もない

▼ 変つた話~ (7, 0.1%)

2 を聞かせぬ 1 でもあつ, をし, をしかける, をしませう, を申し上げたい

▼ 変へたり~ (7, 0.1%)

1 した, しただね, しては, する必要, 吹く風, 色んなどぎつい, 鼓豆虫の

▼ 変へられ~ (7, 0.1%)

1 その目, ていつた, てし, てよろしい, て了うた, て固定, て耐

▼ 変~ (7, 0.1%)

1 かいま, であまり, な人, な性質, な若い, な金持黒住箒吉, を心痛

▼ 変でござる~ (6, 0.0%)

41 よ, よ足

▼ 変~ (6, 0.0%)

1 あらゆる険しい, と思う, わ, 人情について, 思いました, 畿内に

▼ 変テコリン~ (6, 0.0%)

1 だと, で困ら, な憐れみ, に無関心, に腹, に高かっ

▼ 変~ (6, 0.0%)

1 だが, であろうと, なもの, の姿, の形, 至極な

▼ 変ある~ (5, 0.0%)

1 ことも, ときは, とき見よ, も控, 日には

▼ 変~ (5, 0.0%)

1 あん, 教えて, 教へて, 朝廷の, 知ら

▼ 変だろう~ (5, 0.0%)

1 から何処, が, しあまりに, と思われる, と突ッぱねたことがあるとか

▼ 変つたお~ (5, 0.0%)

2 人だ 1 もむき, 客の, 方だ

▼ 変つてしまつたの~ (5, 0.0%)

2 である 1 でございます, に驚いた, よ

▼ 変という~ (5, 0.0%)

2 のは 1 ものが, 大転換, 疲れかた初めて

▼ 変なら~ (5, 0.0%)

1 ば意志, ば直ぐ, 医学博士を, 少なくとも出入り所, 松永町の

▼ 変~ (5, 0.0%)

1 と, と女性, に非, の女神エヌス, の情緒

▼ 変~ (5, 0.0%)

1 の自在, を見せ, 千畳返し, 術死霊術等説き去り説き来った, 限りなし

▼ 変若水~ (5, 0.0%)

1 い取り来て, であつ, と称する, の役目, は禊ぎ

▼ 変あら~ (4, 0.0%)

1 ばすぐこうこう, ばたちまち, ばと擬勢, ば退い

▼ 変かも~ (4, 0.0%)

2 知れない 1 しれないとは, 知れないけれど

▼ 変~ (4, 0.0%)

1 な何, に於, ねえ, の活用

▼ 変だって~ (4, 0.0%)

1 何が, 何にも, 偶然という, 言ってるん

▼ 変つた処~ (4, 0.0%)

1 に参, に参つた, はあまり, へ遊び場

▼ 変つて今~ (4, 0.0%)

1 は旅館, までの強, まで押し, も往時

▼ 変てつ~ (4, 0.0%)

4 もない

▼ 変とは~ (4, 0.0%)

1 何な, 申しながら, 画像の, 魂遊び魄散じ

▼ 変ねえ~ (4, 0.0%)

1 そんなこと, たしかに女, なんでしょう, よその

▼ 変へれ~ (4, 0.0%)

21 ばわかる, ば津軽人

▼ 変らしい~ (4, 0.0%)

3 んです 1 青年に

▼ 変チクリ~ (4, 0.0%)

4 ンな

▼ 変テツ~ (4, 0.0%)

4 もない

▼ 変~ (4, 0.0%)

2 と見るべき 1 に属す, の洋傘

▼ 変~ (4, 0.0%)

1 は出来ぬ, は出来ません, を言, ヲシタソウスルト早々

▼ 変~ (4, 0.0%)

2 自強 1 じみた因果関係, 自疆

▼ 変~ (4, 0.0%)

1 が色の, といえ, といへ, を伏せた

▼ 変~ (4, 0.0%)

1 があっ, だってそんな, に相違, をもっ

▼ 変いらい~ (3, 0.0%)

1 そちの, の天下, 佐渡の

▼ 変この~ (3, 0.0%)

1 かた大小の, かた表沙汰と, 懶い安らかさ

▼ 変だつた~ (3, 0.0%)

1 よ, よ着せ, 所でした

▼ 変つた味~ (3, 0.0%)

2 ひが 1 を出さう

▼ 変つた土地~ (3, 0.0%)

1 で慣れない, の状況, へ旅

▼ 変つた男~ (3, 0.0%)

1 がゐた, の声, の性格的

▼ 変つた自分~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 を想像

▼ 変つた風~ (3, 0.0%)

1 もみえぬ, をし, を見せる

▼ 変つて女~ (3, 0.0%)

1 に嫌, のひと, は静か

▼ 変つて自分~ (3, 0.0%)

1 の物, はこの, は健康

▼ 変つて行つて~ (3, 0.0%)

1 もやつぱりどこかに, 一向差支, 居る

▼ 変でし~ (3, 0.0%)

1 てね, てね時々, やうが

▼ 変でしょう~ (3, 0.0%)

2 親分 1 がない

▼ 変と共に~ (3, 0.0%)

1 毛利方へ, 活躍した, 驚くべき速力

▼ 変どす~ (3, 0.0%)

1 えなあ, な, なあ

▼ 変なる~ (3, 0.0%)

2 は御 1 は義足

▼ 変なれ~ (3, 0.0%)

1 どもこの, ども大した, ば客待ち

▼ 変な死に~ (3, 0.0%)

2 方を 1 方する

▼ 変な言い~ (3, 0.0%)

1 かただ, かたね, ぶりに

▼ 変に際して~ (3, 0.0%)

1 家康の, 政党内閣の, 日本人の

▼ 変ひっそり~ (3, 0.0%)

2 して 1 した篠垣

▼ 変へては~ (3, 0.0%)

1 いとしに, ならないこと, 居るが

▼ 変へに~ (3, 0.0%)

1 ならずそれ, なる筈, 東京へ

▼ 変妙不可思議~ (3, 0.0%)

1 だろう, な頭, の鳥打帽

▼ 変屈人~ (3, 0.0%)

1 である, のよう, よ

▼ 変常数~ (3, 0.0%)

1 がまた, すなわち治癒係数, を色々

▼ 変易性~ (3, 0.0%)

1 によってすぐ, を物, を証拠立てる

▼ 変朽安山岩~ (3, 0.0%)

1 が正規浸蝕谷, で塞がれ, をほじくり返す

▼ 変~ (3, 0.0%)

1 なこったが, な意味, のもの

▼ 変~ (3, 0.0%)

1 なり, は之, は御

▼ 変痴奇論~ (3, 0.0%)

1 にもまた, に半面, を敷衍

▼ 変~ (3, 0.0%)

1 には三種類, に関する問題, の仮説

▼ 変若水信仰~ (3, 0.0%)

2 は沖縄諸島 1 の起因

▼ 変静か~ (3, 0.0%)

2 に寝入っ 1 に微笑

▼ 変~ (3, 0.0%)

3 の小男

▼ 変あっ~ (2, 0.0%)

1 て天人たち, て後

▼ 変いけます~ (2, 0.0%)

1 ね, ねとは失敬

▼ 変から~ (2, 0.0%)

1 出て, 賤ヶ嶽北

▼ 変する~ (2, 0.0%)

1 ことなく, のです

▼ 変だっ~ (2, 0.0%)

1 たり, たり竜吉

▼ 変だったら~ (2, 0.0%)

1 前通り, 必ずお

▼ 変だの~ (2, 0.0%)

1 すぐ翌年, 坊さんか

▼ 変だひよつ~ (2, 0.0%)

2 としたら

▼ 変だらう~ (2, 0.0%)

1 と気づい, なやつぱり手紙

▼ 変ちき~ (2, 0.0%)

1 な女, な容

▼ 変ちく~ (2, 0.0%)

1 りんな, りんに

▼ 変つたつ~ (2, 0.0%)

1 ていふ, てそり

▼ 変つたまつ~ (2, 0.0%)

2 かな光線

▼ 変つたら~ (2, 0.0%)

1 それこそ, もうおし

▼ 変つたわ~ (2, 0.0%)

1 けぢ, ね

▼ 変つた事ぢ~ (2, 0.0%)

1 やございません, やない

▼ 変つた人~ (2, 0.0%)

1 のやう, の所

▼ 変つた人間~ (2, 0.0%)

1 が丸, を作家

▼ 変つた例~ (2, 0.0%)

1 がある, をあげる

▼ 変つた動物~ (2, 0.0%)

1 であ, を見

▼ 変つた商売~ (2, 0.0%)

1 らしいわ, をお

▼ 変つた姿~ (2, 0.0%)

1 に先, を目

▼ 変つた工夫~ (2, 0.0%)

1 とを以て遊び, もさる

▼ 変つた年~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 変つた手~ (2, 0.0%)

1 で来るだらう, を指し

▼ 変つた様子~ (2, 0.0%)

1 もみせず, をゆき子

▼ 変つた点~ (2, 0.0%)

1 に長物語, は入口

▼ 変つた生活~ (2, 0.0%)

1 の面白い, を生活

▼ 変つた画~ (2, 0.0%)

1 が歩く, でした

▼ 変つた皆~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 変つた考~ (2, 0.0%)

1 へではみつ, へを持つ

▼ 変つた色~ (2, 0.0%)

1 が, の少女

▼ 変つた調理~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ 変つた道~ (2, 0.0%)

1 へ踏みこんだ, を採つた

▼ 変つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐます

▼ 変つて仕舞~ (2, 0.0%)

1 つたこと, ふんだもの

▼ 変つて別~ (2, 0.0%)

1 の如く, の手

▼ 変つて行つたの~ (2, 0.0%)

1 だ, であるが

▼ 変つて行つて了~ (2, 0.0%)

1 ひます, ひますね

▼ 変であり~ (2, 0.0%)

1 それから観念, 信念である

▼ 変でならない~ (2, 0.0%)

1 の, んだ

▼ 変として~ (2, 0.0%)

2 山越し像が

▼ 変とも~ (2, 0.0%)

1 思はれるが, 思わないだろう

▼ 変ないいまわし~ (2, 0.0%)

1 であった, 方では

▼ 変なき~ (2, 0.0%)

1 を期すべから, 事と

▼ 変など~ (2, 0.0%)

1 ありしごと梅連, ろぼう猫と

▼ 変なはにかみやで~ (2, 0.0%)

1 あつて, 冗談は

▼ 変なり~ (2, 0.0%)

1 と云々, 須臾も

▼ 変な見~ (2, 0.0%)

1 得を, 装も

▼ 変な話し~ (2, 0.0%)

1 というやつ, を聞い

▼ 変にでも~ (2, 0.0%)

1 なって, 思うと

▼ 変にやにや~ (2, 0.0%)

1 して, 笑つてゐた

▼ 変のみ~ (2, 0.0%)

2 のりの

▼ 変はらじ~ (2, 0.0%)

1 と契りし, をこの

▼ 変はらず~ (2, 0.0%)

1 お前は, 君子さんの

▼ 変はらせた~ (2, 0.0%)

1 まはず, まはね

▼ 変はらね~ (2, 0.0%)

1 ど隔つる霧, 些し

▼ 変はれる~ (2, 0.0%)

1 身とも, 身にや

▼ 変ふる~ (2, 0.0%)

1 ものに, 事十数回に

▼ 変へてから~ (2, 0.0%)

1 彼の, 運が

▼ 変へても~ (2, 0.0%)

1 あいつは, よろし

▼ 変へぬ~ (2, 0.0%)

1 常磐木の, 限りその

▼ 変へや~ (2, 0.0%)

1 がつて, しないよ

▼ 変へよ~ (2, 0.0%)

1 では, 而し

▼ 変へられた~ (2, 0.0%)

1 とこが, 事を

▼ 変ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, そこに

▼ 変また~ (2, 0.0%)

1 これを, 万化真に

▼ 変みたい~ (2, 0.0%)

1 な, な大事

▼ 変れない~ (2, 0.0%)

1 の, ものでしょう

▼ 変われる~ (2, 0.0%)

1 に心づき, 千々岩の

▼ 変ホ長調~ (2, 0.0%)

1 のノクチュルヌ, の協奏曲

▼ 変ロ調~ (2, 0.0%)

1 の竪琴, の4

▼ 変一律~ (2, 0.0%)

1 です, で無責任

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 か城内, も知らぬ

▼ 変元気~ (2, 0.0%)

1 がいい, に笑い

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 が多い, を来し

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 に数倍, に日野俊基

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 と共にイギリス, を伝え

▼ 変天鵞絨~ (2, 0.0%)

2 の服

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 なもの, な文体

▼ 変少し~ (2, 0.0%)

1 も不平, も鼠

▼ 変幅対~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれ, の相棒

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 丈夫の, 忙しくて

▼ 変微笑~ (2, 0.0%)

1 しながら, を浮かべた

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 に丁寧, も無く

▼ 変快活~ (2, 0.0%)

1 にしゃべっ, に身

▼ 変方来~ (2, 0.0%)

1 な人, をもう

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 に沿道住民, の心得

▼ 変晴れ~ (2, 0.0%)

1 そうな, ばれした微笑

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 をする, をもっ

▼ 変牢獄~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 変的関係~ (2, 0.0%)

1 として示された, はリーマン・クリストッフェル・テンソル

▼ 変相する~ (2, 0.0%)

1 がいい, と急

▼ 変相術~ (2, 0.0%)

1 じゃったよ, を得

▼ 変神経~ (2, 0.0%)

2 ばかり苛

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 な僕, な生活

▼ 変~ (2, 0.0%)

2 ばかり嚥

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 の耳, も相手

▼ 変達雄~ (2, 0.0%)

2 を思っ

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 でそれ, の内部

▼ 変面異相~ (2, 0.0%)

1 少し詳しく, 穢くなったろう

▼ 変面白~ (2, 0.0%)

1 そうな, そうに

▼ 変~ (2, 0.0%)

1 だと, の于立嶺

▼ 変黄ばんだ~ (2, 0.0%)

2 ままな

▼1* [672件]

ろうも, 変あそばしてあなた, 変あっさりしたもの, 変あの女が, 変あらんも測られざる, 変あれば内応, 変いよいよはなはだしければ, 変いろいろの本, 変うるも恋人の, 変うれば, 変えっこしときましょうか, 変律の, 変お爺さんのなさる, 変かと思われる姫草ユリ子, 変がって人, 変きょうもひっそり, 変くつなお方, 変るかも, 変げらげら笑つてゐた, 変ごろりと炉側へ, 変させて世の中, 変しずかな表情, 変した肉体に, 変しろすとのみのりあら, 変すいて居る, 変せぬような, 変せるに反し, 変せんを見れ, 変そうの名人, 変その動その, 変たつた一人仏間に, 変たれあえて三国伝来, 変だけれ共, 変だしと思つて, 変だつていうの, 変だろ確かにな, 変だ云うて皆, 変だ取殺される幽霊だ, 変だ見るものも, 変だ間違って小代村, 変ちきれんな心持, 変ちっとも売れないね, 変ちょっと口を, 変つたあたりの光景, 変つたお客だと, 変つたお話だわ, 変つたしんみりした調子, 変つたすつかり変つて, 変つたどれも面白い, 変つたらしいの, 変つたボス政治に終る, 変つたミツキイがタオル, 変つた一通があつ, 変つた一類の籠, 変つた事尼になつ, 変つた事有之候, 変つた人中にも初対面, 変つた人情風俗に接しよう, 変つた作家である, 変つた個人主義者であるの, 変つた兄貴にも会つて, 変つた入道姿を珍, 変つた冒険をする, 変つた分別も私, 変つた判断をし, 変つた刺戟剤を是非, 変つた力のある, 変つた叔父様が未だ, 変つた善人らしかつ, 変つた地の色, 変つた型がある, 変つた壁の色, 変つた変つたとさ, 変つた夢を描い, 変つた夫婦で信子, 変つた女だ何だか, 変つた奴が幅, 変つた如く変つちまつた, 変つた姐御肌, 変つた実父が残る, 変つた室内の光景, 変つた家の中, 変つた小糸源太郎君と同期, 変つた小話を幾つ, 変つた展望である, 変つた岩がぱくりと, 変つた島の宮廷, 変つた彼の青年, 変つた律気さが許さなかつた, 変つた後近松の浄瑠璃, 変つた徴候をあら, 変つた心配さうな目つき, 変つた思案も出よう, 変つた意に取れ, 変つた意見を以てのぞみ, 変つた態がよく, 変つた扱をもせず, 変つた按摩に専門外科医, 変つた挨拶だ, 変つた文化を目指さなけれ, 変つた文句も出, 変つた文法の例, 変つた方角へ走り出しました, 変つた旅ではある, 変つた最大の意義, 変つた服装をした, 変つた果物を喰, 変つた様式と考, 変つた死の姿, 変つた毛嫌ひに, 変つた気配もなかつた, 変つた気骨の人, 変つた水は空中, 変つた河原町を眺め, 変つた流れがある, 変つた演劇形式があります, 変つた煙草をやる, 変つた独逸帽を大事さうに頭, 変つた王の様子, 変つた珍客万来人々は秀吉, 変つた生き物がゐる, 変つた病院であるから, 変つた癖があつ, 変つた目だとは, 変つた相になるだらう, 変つた眼鏡でウマク, 変つた石を産, 変つた砂粒など, 変つた私学の風習, 変つた秩序を与へ, 変つた節の大津絵, 変つた缶詰の一包, 変つた舞台が出, 変つた芝居だといふ, 変つた芸能が分布, 変つた苗字の靴屋, 変つた荷馬車がわざと, 変つた菊を心あて, 変つた落着かぬ, 変つた蒔の寝顔, 変つた行事としては生, 変つた西洋くさいもの, 変つた言葉をかじる, 変つた訳でも生き生き, 変つた試みをやつ, 変つた語が出る, 変つた調子で言, 変つた議論だね, 変つた賑ひが, 変つた通の話, 変つた連中のお, 変つた青年の顔, 変つた面について言ふん, 変つた音の聞えない, 変つた音色が時々, 変つた領域のある, 変つた顔をし, 変つた食物があつ, 変つた鼓動を打つた, 変つてあいつが何と, 変つてうつつてゐる, 変つてきただらう, 変つてしまつたお日さま, 変つてしまつたと申し, 変つてにこにこと笑つて, 変つてぺちやくちやとお喋りを, 変つてほんとうの恋愛詩, 変つてるだらうな, 変つてカミユ・モークレールの, 変つて一ツは講釈師, 変つて丁寧に, 変つて世界が花びら, 変つて主格となる, 変つて了うたのが, 変つて了うたものが多い, 変つて了つた今からおよそ, 変つて了つてお在, 変つて二人の方, 変つて人通りもなく, 変つて今度は人, 変つて今更らと彼, 変つて伯自身のお, 変つて例の神鳴り声, 変つて信助は新刊書, 変つて其人は其町, 変つて具合好く胴体, 変つて刷の悪い, 変つて剣道も柔道, 変つて午をま, 変つて危くなつた, 変つて合図が入る, 変つて吉田御殿よろしくと, 変つて向き直つた時, 変つて向方が油蝉, 変つて大声で笑, 変つて天つ罪, 変つて天勝その人, 変つて奇麗な玄関, 変つて奥村さんに非難, 変つて威風は一々, 変つて宮城前にとぼん, 変つて家庭などに何, 変つて山或は空, 変つて希望と勇気, 変つて帯広解で焼酎, 変つて彼は部屋, 変つて恰度自分の机, 変つて投書は一切, 変つて新装した姿, 変つて旅人も通らぬ, 変つて昭和の今日, 変つて来たつて, 変つて来自分の体, 変つて栃木山あたりから一体, 変つて森川丁にゐる, 変つて歌でも歌, 変つて正月になる, 変つて正月一ぱい寝通して, 変つて残つたのである, 変つて気にかけなく, 変つて浅草にかれこれ, 変つて海軍省には何とか, 変つて渠は常に, 変つて渡頭では無い, 変つて烈婦小松が志賀六, 変つて焦慮と不安, 変つて煙草屋へはいる, 変つて物の考へ, 変つて物事がすべて民主的, 変つて狂乱状態にはしる, 変つて生気なく転げ, 変つて町はづれ, 変つて白波を揚げ, 変つて目下の者, 変つて直人は千種, 変つて眼を据えた, 変つて神妙に鼠, 変つて私の脚もと, 変つて秋に行, 変つて稍ともすれ, 変つて笑ひながら, 変つて終ひます, 変つて結局一人の裸形, 変つて般若の面, 変つて草の上, 変つて著書の検閲, 変つて行つたもの, 変つて行つた下婢であること, 変つて行つた道筋を今, 変つて行つて了つてゐる, 変つて西風が強く, 変つて計算器の帯, 変つて軽妙な警句, 変つて逆に彼ら, 変つて遠征軍の指揮, 変つて部屋は稍, 変つて重税を課せられた, 変つて震へて来た, 変つて露はに身, 変つて青馬などとも言つて, 変つて静かにおちつい, 変つて頭のなか, 変つて顔の色, 変つて風教を害, 変つて饒舌になつ, 変つて馬鹿ていねいな物腰, 変つて高帽の紳士, 変つて高流にはどう, 変つて鬼の顔, 変つて鶺鴒は多く, 変であって見れ, 変でありましたからそのまま, 変である痛みさへ, 変であればまあ, 変であろうと説明, 変でいらっしゃるのだ, 変でございましたので, 変でございませうね, 変です泣くも笑う, 変でつか, 変でなア棒組変だ, 変でなかった日にゃ, 変でねえあたりまえだ, 変でもねえ面, 変としか思われなかった, 変とにさよならを, 変どころのさわぎ, 変どしたけどな, 変どなるような, 変なあけ方を, 変なあぶくが浮い, 変なあやまりかたを, 変ないを組伏せ, 変なうはさが, 変なうなり声に, 変なおどけたような, 変なくスリ硝子の, 変なくずれた甘さ, 変なくだらぬ趣向なり, 変なこたアありやしない, 変なさいませんがネ私ツ, 変なさわぎにならなく, 変なしかめ顔を, 変なせせら笑いをする, 変なたのみをし, 変なたくらみを持っ, 変なたべかたであろう, 変なってどう, 変なども沙ぼこりす, 変なばけものパン, 変なほめかたを, 変なもじりの詩句, 変なやりかただ, 変ならず変は, 変なわからない暗さ, 変な仕かけを, 変な仰り様ネ, 変な例えですが廁, 変な呟きの相手, 変な呻き飛び下りた武士の, 変な呼び方を, 変な唸声を, 変な妬みを抱いた, 変な威張り方である, 変な思わぬ結果を, 変な押し潰されたような, 変な持ち方を, 変な掘りかたを, 変な曇りがその, 変な曝し物を, 変な構わない恰好を, 変な殺され方を, 変な気取つた芝居は, 変な気取った芝居は, 変な狎れやすさとなる, 変な白けきった沈黙が, 変な目立つ存在であった, 変な落つきを示し, 変な褒め方を, 変な言い付けには慣れ, 変な話しだと昨日目撃, 変な身じろぎ一つでも, 変な顰め面を, 変な食いちがいを, 変にあたり国境の, 変にかどばつたおでこ, 変にかはつて来ました, 変にがつちり, 変にこやかに, 変にすら今日まで, 変にぞーっと, 変にて左の, 変になんて思う人, 変にのつぺりした綺麗, 変にゃ違ない, 変によって朴泳考とともに, 変によっても露呈された, 変による槿花一朝の, 変に対してもいかに裁い, 変に際したちまち殺し, 変に際してはたとい父, 変ねと突っ込みなさる, 変はかりがたく溺死, 変はつてるから, 変はらんものか, 変はりし不愛想, 変はりましたよ, 変はりませうも知れませぬ, 変はるでせうからね, 変やすきわが, 変ひつそりと藜, 変ひとりこう思って, 変ひびが入っ, 変ふとふ熱帶, 変へたセザールは一人フラ, 変へた事があつ, 変へた実在の旅館, 変へた芝居最中に左, 変へた顔を上げる, 変へてと例へば四谷, 変へての浮気勤寝, 変へてまで叱責なさらう, 変へてもよかつた, 変へで体が, 変へには多少の, 変へも間に, 変へやら前年度の, 変へるつてこと, 変へるべく未だ脳裏, 変へるらしかつた, 変へんと云, 変ぽうらいな, 変まずきよう覚え, 変まで約一年半, 変やがて水戸斉昭その, 変やってるな, 変やら何かに, 変ゆるという外交, 変よりは一つの, 変れるならかわいいひばり, 変をも知らせて, 変を以てこれを, 変エタガ予ハ全ク平気ダッタ, 変エタノハ木村デアルト思ウト, 変エテイルノダガ詮索好キノ彼女ハ事ニヨルト過去ノアラユル, 変ジテ多クノ男女, 変ジテ洪水頻ニ臻リ, 変ゼシメラレキソレト共ニ一ツノ神通力ヲ下, 変ゼシメ得ル力ヲ与, 変タイと見た, 変ダト思ウ仮リニ颯チャント春久サントノ間ニ何カアッタトシテモ, 変ダラケの昏睡, 変チクリンなもの, 変ッタノヲ見テ五子モ青クナッタ, 変ッタ御用ヲ承, 変テケレンな奴, 変テコだらけですよ, 変テコらて, 変テコレンな眼, 変デコだったろうと, 変名前ガ出テ来タジャナイカ, 変取ルノネ, 変ニ冷イ無愛想ナ顔ヲシテイタ, 変ニ愛ヲ割キテ尽ク売却シタレバ, 変お隣の, 変バラさん気をもん, 変ホ短調の遁走曲, 変メダルをぶら下げ, 変メンスラ・ゾイリの事, 変ラズ二三日置キニ来ル, 変ラナイウチニ戴クモノヲ戴イテ, 変リハナク携帯ニモ便利デアル, 変リヲ経験シタモノヨト自ラ驚カザルヲ得ナイ, 変リヴィングストンを讃, 変リヴイングストンを讃, 変ロ短調の第, 変ロ長調行進曲の初め数小節, 変一法の兵, 変一町ほど向う, 変七色の色硝子, 変万化自然に我人, 変万歳の声, 変主我的だと, 変二周年記念日黙祷回向私も日本人, 変井伊掃部頭の御, 変暗い薔薇, 変以後しばらくは, 変以後元治元年十一月の長州服罪, 変以来密雲につつまれ, 変以来恨みがさらに, 変以来阿波の秘密, 変休みのない, 変何時もの嘲笑, 変で厨, 変俄然として己霊, 変と会った, 変に珍, 変元勲崇拝なるも, 変光秀退治自然の通路, 変冷やかな眼つき, 変冷然とし, 変冷笑を浮べた, 変出鱈目を云う, 変よりも低級, 変分法や理論物理, 変勇壮に笑い, 変勉強で結構, 変勘定台の前, 変にさいし, 変十年の役等, 変のあ, 変厳かに三右衛門, 変厳格に挙手, 変同じ事を, 変した, 変呟くような, 変します, 変を嗅ぎつけ, 変四変して, 変囲炉裡で焚火, 変国内の乱, 変臭い空気, 変煩く何だか, 変からい豌豆, 変塾音頭を踊る, 変はその, 変でありニヤ, 変外界に起り, 変多忙でね, 変だか, 変奇的であるもの, 変妙勝の胆略, 変妙奇怪な世界, 変妙怪の魔力, 変妙来な男, 変威厳のある, 変孤独に暮らし, 変宗親に起り, 変が多, 変を外, 変小さな眼が, 変小まめに留守居役, 変小止みない雨声, 変屈ものにて, 変屈子にはお似合い, 変屈男と評判, 変屈者やかまし屋としてあちこち, 変屈野郎を調査, 変展して来た, 変巧手の名, 変のとき, 変平凡である, 変弱くてね正月, 変彼女の部屋, 変の反動期, 変後北條義時父子が後鳥羽上皇, 変後山崎の合戦後, 変後柴田の妻, 変後院宣に応ぜし, 変従順でした彼女, 変御機嫌で結構, 変御見舞申上候処御番頭様朝起感心, 変になつ, 変性命化而神常然, 変愉快さうな外国人, 変慎ちゃんは煮え切らない, 変慳貪にかう, 変慶長の地震, 変或は四変し, 変戦法は信長, 変戸板に打ちつけた, 変を大沢, 変手古なもの, 変才煥発なり, 変挺子なお寺, 変がお, 変百出, 変の恐れ, 変教場内でワー, 変新しい巻煙草に, 変などは自分, 変晴れやかな水, 変暮改雲の漂う, 変替えは遊ばされぬ, 変替えする俺じゃ, 変替無き恩義に, 変替相成らず候あわれ, 変の光, 変本安本其の他, 変のため, 変而如今将, 変をうねらせ, 変果てた此の前の, 変梃なかたちにならう, 変梃来な事, 変武家五変と節目, 変残暑の寂寞, 変殺人研究の本, 変毛生欅の並み木, 変の利いた, 変気味悪そうに, 変水戸天狗党の擾乱, 変法自彊の志望, 変浮かない顔を, 変なし, 変滅せざるものなり, 変澄ました御顔, 変火変何か城内, 変無表情にじっと, 変煙草の煙, 変熱心に幕, 変を示し, 変獣化鳥半人半魔の奇異像, 変珍奇であ, 変現に巧みな, 変現出没のきかない, 変現出没譎詐縦横を以て外交, 変だろう, 変生ず棊を, 変生ずるも未だ, 変生ッた, 変生女性を装っ, 変生男子風の優美, 変を試み, 変を眺め, 変へ眼, 変な点, 変畸狂態のきわみ, 変痴気説じゃ, 変痴気趣味が出た, 変発句にお, 変白い紙を, 変百出能く一時, 変的微分方程式として与えられる, 変皸だらけの頬, 変目ごとに打身, 変目景清江戸春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 変目毎に衣, 変相妖異のつら, 変相薬にご, 変眼鼻頭常に冷たく, 変称してそば, 変窟沼の中, 変竹林に和やか, 変答えは出なかった, 変して迄, 変の論, 変統一の修行三昧, 変編みものの手, 変の糸織, 変して, 変臨機大いによろしい, 変自ら寸心に溢れ, 変自分は貧弱, 変から通つて, 変花曇りの風, 変若い男達と, 変若返って神, 変若返つて神, 変若返りに愈, 変若返り遊ばし此又澄みき, 変苦り切つたまま勘定台の, 変が茂り, 変萬化する可笑し, 変落ち着いた微笑を, 変行ったら色の, 変の不測, 変に粧, 変観音様へ参詣, 変記憶がぼんやり, 変したの, 変す, 変詭術は日常茶飯事, 変調子風狂も亦, 変なれども, 変赤い更紗の, 変赤シャツを着た, 変赤シヤツに黒い, 変赤児に乳房, 変起るの兆なりといふ, 変身動きをする, 変返るかも知れない, 変退屈を極め, 変透きとおるように, 変遁隠形の術, 変運営を改善, 変あること, 変都新聞の第, 変金切声をふり立て, 変の一つ位, 変鋭い火花を, 変長外套鳥打帽子狐の毛皮, 変長州征伐おまけに英米仏蘭四カ国, 変降って居た, 変のかぶさった, 変に説明, 変音所を通つてタンク, 変頑強小夜も息災, 変顔色も声, 変の情, 変飾口蓋消音という二, 変養父母や伯母, 変馬杉君と甲板, 変骨屋が市会, 変高慢の面, 変鬱々と茂つた梢, 変が何十羽, 変麁相かしいね, 変麦藁の散らばった, 変黄包車が何台, 変黙然と口を, 変の生えた