青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

客~ 客観~ 客間~ 宣~ 宣伝~ ~室 室~ ~室内 室内~ ~宮
宮~
宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~ 家々~ 家中~ 家人~

「宮~」 7000, 76ppm, 1489位

▼ 宮~ (1679, 24.0%)

34 お心 15 おいでに, お居間, 姫君 11 ことを, 御様子 10 お邸, 方へ 9 お姿, ほうへ, 日のみ 8 お手紙, ために 6 おそば, ような, 下の, 境内に 5 お使い, お土産, ためにも, 下まで, 中に, 仰せを, 前に, 夫人が, 御代に, 御病気

4 [13件] お住居, お噂, お目, お言葉, お返辞, お髪, ほうから, 下へ, 執心びと世々の, 母君の, 浦の, 浦まで, 鳥居の

3 [36件] あるところ, お召し物の, お帰り, お座敷の, お心持ち, お手, お歎, お車, お返事, お顔, ことも, まはり, 中の, 候人殿, 喪の, 大前, 姫君の, 姫君は, 姫君を, 姿は, 宗良は, 御愛情, 御感情, 御挨拶, 御歌会に, 御殿の, 御殿へ, 御殿を, 手を, 星の, 星は, 朝顔の, 裳着の, 門を, 顔を, 首の

2 [127件] あったところ, ある所, うち, うちに, おからだ, おそば近く, おん名を以て, お亡, お供を, お前に, お命, お恨み, お悲しみ, お愛し, お教え, お文, お気の毒, お気持ち, お相手, お美し, お耳, お衣服, お身体, お近く, お首, ことで, ことばかりが, このお, この御, ご消息, そばで, ためには, のぼるころ, ほうの, ほうへも, ほとりに, 下から, 中, 中にて, 中は, 中へ, 乙女たちの, 乙姫様の, 乳母の, 事宜しく, 令旨を, 伊庭の, 住んで, 候人と, 候人殿ノ, 入口に, 境内から, 境内で, 境内の, 大御饗, 大銀杏, 夫人は, 夫人も, 奥様の, 奥様は, 女房の, 女房を, 女王の, 女王は, 女王を, 姫君と, 宿から, 小父ちゃん, 御ため, 御事が, 御処分, 御出家, 御前で, 御墓, 御娘, 御家来, 御幸福, 御心, 御忌日, 御懐妊, 御手, 御札に, 御機嫌, 御注意, 御消息, 御生活, 御祈願所, 御神楽例の, 御良人, 御誠意, 御近状, 御過失, 思って, 愛が, 新しい御, 星, 星これに, 星と, 東門の, 横の, 正門に, 死は, 段に, 渡し場から, 琴の, 疑って, 社殿の, 神主の, 神職と, 縁日は, 美しいお, 群衆は, 若君の, 若君は, 行って, 裏へ, 越の, 釘かくし, 釘隠しと, 釘隠しの, 門に, 門の, 隅々を, 階段に, 頃から, 首に, 鳥居前から

1 [1027件 抜粋] ああした, あえなき死, あそばされる間, あたりに, あたりには, あの家, あるあたり, いった通り, いる東塔南谷, うごきは, うちこそ, うちなる, うちへ, おいでを, おかめ, おこもり, おすがた, おそろしい御, おなりに, おむね, おやまの, おん供し, おん許へ, お住み, お供に, お前へと, お召し, お堂, お字, お席, お座敷へ, お後, お思い, お憎しみ, お描き, お曹司, お札を, お歌を, お気の, お留守, お祭が, お立場, お胸, お若い, お袖, お見せ, お言い, お話に, お語り, お身持ち, お返しに, お頼み, かたわらで, かの条, ぐるり目抜き, ことだった, ことと, ことに, ことばかりを, これへ, ころから, ごとく輝いた劇場, ご不遇, ご夫妻, ご子孫, ご幕下, ご所在, ご決意, ご胸中, ご説得, しっかりさ, すさまじいお, すだま, そばに, たくみに, つかわれる用語, ときにも, ところへ, ところまで, どこかの, ながめが, ほうが, ほうは, ほとりにぞ, まえに, まします堂, まだ元服前, ものに, やうに, よろいを, ゐら, キラキラした, 一切経会放生会また, 一存で, 一行が, 一身は, 七五郎, 七里の, 三女として, 三条の, 下あたりで, 下に, 下富士屋ホテル行一泊ス, 不思議な, 世話を, 中などで, 中にも, 中を, 中学三年頃から, 中門まで, 久米正雄邸へ, 乙姫樣の, 事だ, 事件によって, 事蹟を, 二人は, 五十の, 人々には, 人々も, 仇とばかり, 今日の, 令旨と共に, 令旨も, 仲に, 低氣壓, 余所見せる, 侍女であろう, 侍従の, 倉庫へ, 催したまいし, 僧門復帰は, 優雅な, 兄君の, 先発として, 党人三木俊連の, 八の, 兵たちであった, 兵を, 兵衛督内大臣家の, 内外から, 内外も, 内部の, 冷淡なら, 出方を, 初瀬詣での, 別れが, 別当職に, 別邸が, 前の, 前身を, 十三絃の, 南北から, 参り路, 叔母君である, 口吻そのまま, 口女であり, 合わせて, 吉野十津川の, 同腹ぞと, 君などと, 君は, 君長は, 周囲に, 咳く声, 唱和, 喪中に, 四つが, 図書館を, 土牢は, 地位を, 坐って, 垣の, 城主加納遠江守久徴の, 執心びとも, 塀に, 境内は, 境内らしい, 境内産地, 壮麗しき台を, 声が, 外廊を, 多情な, 夜着の, 夢でも, 大宮司, 大膽, 大足日, 大鎌形には, 天の, 太陽次第に, 夫人たるに, 夫人である, 奈良なる, 女房とかを, 女房武蔵との, 如きは, 如き畜生, 如く美き, 如何に, 妹君が, 姦謀を, 姫君が, 姫君たちによって, 姫君という, 姫君にも, 姫君も, 娘を, 婦人たちは, 宇治へ, 安否だけを, 宗良が, 宗良も, 官能すべての, 客地に, 宣旨木曾の, 家あかりまで, 家来高間秀行僧快, 宿外れに, 密参内と, 寝みだれて, 対象に, 尊影を, 小城を, 尼に, 屋根が, 屋根の, 山本宗信算額なる, 山荘に, 山荘を, 左兵衛督は, 帝は, 帰る時一人, 幽居, 広場へ, 床几に, 座主は, 庭へ, 庭園を, 廣い, 弱腰を, 形見の, 役民の, 後なる, 後ろ姿を, 後宮, 御ふだん用, 御一周忌, 御不快, 御事は, 御代, 御健康, 御入内, 御出座, 御前すら, 御即位, 御名が, 御在世, 御墓等, 御声望, 御子お, 御子に, 御孫女, 御宮の, 御家人といふ, 御容姿, 御寝室への, 御幼年, 御後見役代わり, 御心配, 御恐怖, 御所に, 御所へ, 御文, 御最期, 御本妻, 御歌は, 御殿で, 御母子, 御煩悶, 御父, 御状が, 御生涯そのもの, 御病気見舞い, 御神体, 御笑, 御籠堂, 御美声, 御聲, 御葬送以来薫, 御装束一そろい, 御覧に, 御車を, 御返事が, 御遁世, 御遺言, 御長男, 御陣中, 御風采, 御首, 心事も, 思の, 思召し, 怨霊が, 恋しく思召す人, 恋の, 恨宮の, 悟り澄まし, 悲しがっ, 悲宮の苦宮の, 愁宮が, 愛の, 愛をば, 慈善興行, 態度に, 戀の, 戸口へ, 所在地であり, 扈従で, 手に, 手蹟なり, 拝殿などより, 拝殿へ, 指令による, 振仰ぐ時, 放送に, 數日が, 新婦に対する, 方々から, 方に, 方の, 旗上げ, 昔の, 星と列る, 星太陽の, 星雲殿に, 春は, 晩に, 暮らして, 最も大切, 有名な, 望みは, 木立は, 末摘花は, 条に, 来る気, 板縁へ, 柳の, 様だ, 模樣を, 横顔を, 歌やら, 歌集, 正に, 正殿には, 武台殿に, 武士景正は, 段にも, 殿堂は, 母親たちの, 水瓶形が, 池で, 池を, 洗練された, 浦あたりには, 浦といふ, 浦岳という, 海辺に, 涙ぐんで, 渡しから, 渡しを, 渡り給ひし, 滞在は, 為に, 片ほとり, 牛車の, 物の, 狐格子が, 猛然たる, 猶羞づる, 王女の, 現れたの, 瓦一枚にすら, 生きて, 生活に, 痛いところ, 白いおす, 白の, 眉は, 真後ろまで, 石段の, 社前は, 社司で, 社頭に, 神さまは, 神は, 神主と, 神主友成とは, 神君の, 神符を, 祠前で, 祠官の, 祭主と, 祭日と, 祭神の, 秘密は, 秘計を, 空濠に, 窓に, 築地の, 粉黛も, 精氣みたいな, 結構は, 絶壁の, 縁から, 縁日で, 縁日には, 縁日へ, 縋るを, 美が, 老母と, 考えの, 股肱の, 肩頭を, 背後から, 背後力による, 腹心の, 臣民よ, 自邸である, 舎人を, 船だけには, 若いお, 若い火鉄, 若君を, 茶店でも, 落ち行かれた様子, 蜘蛛の, 衆徒を, 行事や, 袖を, 裏から, 裏山へ, 裏門で, 西に, 見て, 親衛隊には, 言い伝えと, 言って, 訃を, 詩が, 話は, 誠意という, 説を, 護符が, 豪毅不屈は, 起りと, 越である, 越上松三留野都合五か, 越藪原二宿を, 越附近, 足もとを, 跡を, 身を, 車寄の, 輿に, 辻と, 辿着くを, 近所まで, 通い路の, 進まぬふう, 運河などは, 遠流先, 遺したる筆, 遺臣や, 邊近くに, 部下に, 部下高間行秀快, 釜鳴り等鬼神の, 長いお, 長女である, 門は, 関係でした, 附近に, 階段まで, 随身らも, 隠れて, 電車通りから, 霊魂が, 露臺から, 鞭音, 領地へ, 顔つきから, 馬場先の, 骸の, 高台から, 高貴な, 鳥居が, 鳥居は, 鳥居前会所前湯の, 鳥居河岸は, 鷹揚な

▼ 宮~ (1093, 15.6%)

12 お思い 11 お言い 10 御覧に 8 言って 7 お返辞, して, 御自身, 思召した 6 おいでに, 彼の, 非常に 5 こうお, これを, 固より 4 それを, 思って, 思召し, 男の 3 お帰り, お泣き, この日, その人, なって, 二条の, 傍に, 夫人の, 御病気, 心の

2 [54件] いろいろと, うれしく思召, お喜び, お悲しみ, お笑いに, お聞き, お覚え, お語り, お隠し, この家, さすがに, その顔, どうなされた, 上手に, 中の, 二品の, 今も, 仰せられた, 何ともお, 俯きて, 六条院へ, 危み, 吉野を, 唯継, 声を, 奥より, 姫君を, 小首を, 式の, 御不快, 御所へ, 心を, 悲しくお, 我を, 持って, 東宮の, 歎い, 歎き, 歎息を, 母君の, 涙ぐんで, 涙を, 湍の, 琴の, 白羊宮に, 神泉苑の, 笑って, 自分の, 薫が, 行宮と, 見て, 見るより, 話して, 頭を

1 [837件 抜粋] あくまでも冷静, あずまの, あそばさないの, あちらの, あはれ生き, あまりに思いやり, ある朝, いちども, いっそうお, いっそう深い, いても, いまその, いよいよ告げん, いよいよ荒れ, いろいろお, うなずかれた, うるおいの, うれしそう, おあきらめ, おあり, おいらだち, おおかたここ, おかしそう, おのれの, おほめ, おもしろくお, おられぬ, お亡くし, お出かけに, お取り出し, お唇, お寄り, お心, お怒り, お思われ, お惜しみ, お感じ, お手, お折らせ, お書き, お気楽, お用い, お目, お知り, お美しかっ, お見え, お見とがめ, お話しに, お認め, お選び, お顔, お首, かえって幸福, かく地球, かつて曹操, からからと, きついおん眉, きびしく, こうお答え, こう冗談, こう打明けた, ここに, こちらへ, このまま小野, この世には, この人, この夜, この室, この心事, この日頃吾, この早春, この無造作, この誓, これへ, さあどう, しかしいつ, しきりと, じっとし, すぎないの, すぐお, すぐに, すこし間, すでにこの, すばやく大, ずっとおそく, ぜひなく, そうである, そちらこちらと, そのとおり, そのまま横, その傍, その前, その唇, その夜宮中, その寝顔, その旧, その月, その机, その生れ, その競争者, その言葉, その貫一, その身の上, その身一つさ, それで, それらに, それらを, それ等を, そんな方, そんな物, たいへんな, ただ恨めしく, ただ想夫恋, ただ残念, ただ草, たびたび勧め, だれよりも, とたんに理知, ともあれ正成, ともに死にたい, どうしても, どう返辞, どこ, どこまでも, どんなに悲しん, どんな時, なお激語, ながめて, ながめまわって, なつかしさ, なほ言はずし, なるべく楽観的, なんとかし, にこにこし, にわかにうつ向い, はやここ, ひとか, ひとり仰臥し, ふと在房, ほかか, ほとほと仆れん, ほろほろと, まして宇治, まして憂鬱, まして美しい, まじめに, まずお, またお, またよい, また好意, また快足, まだだれ, まだ名, まだ若々しく, まったく予期, まもなくその, もう成年式, もう起き, もっと上, やうやう面, やがて氷, やっと得心, やはりすぐれ, よく洛外, わざとほか, わざと打, わびしい気持ち, カルデア象形文字に, クウ・デタを, タライ・ジャンガルという, 一たん蔵王堂へ, 一日を, 一面に, 上着を, 不安を, 不弥, 不機嫌, 不覚胸に, 両手に, 中姫君, 主星アルデバラン, 九時ごろに, 予期し, 二三日も, 些も, 人が, 人の, 人気に, 人目立たぬ, 仇の, 今の, 今までからも, 今までの, 今外出, 仏前で, 仏勤めをばかり, 他から, 他人の, 以前噂に, 仮想の, 伏し転んで, 会の, 何という, 何事とも, 何人の, 何度と, 何心無く面, 侍女の, 侍従の, 俯きたり, 健康でなく, 偽者かも, 僧領の, 先帝に, 六の, 六条院の, 其方を, 内へ, 再び起つべき, 冠台の, 冷ややかな, 冷笑し, 出奔し, 切々と, 別にどこ, 前へ, 前よりも, 剣を, 十三絃を, 十三絃源氏は, 千条の, 単に一顧, 参りにくく, 双手を, 取乱したる泣顔, 口を, 可悲, 吉野の, 吉野落ちの, 唇を, 唯胸, 唯頷きぬ, 困ったよう, 報徳神社といふ, 声の, 夜に, 夢と, 夢にもお, 大きく空, 大塔と, 大夫を, 大廊下, 天秤宮と, 失望あそばした, 奈良街道を, 女御の, 女王たちの, 女王の, 如何に, 姫宮の, 婢に, 嬉し悲しの, 子息の, 学問などを, 宇治の, 宇治を, 安房神社官幣大社に, 実に美しく, 実際おから, 宮ご, 宮中から, 宮刑です, 寂しく悲しいまま, 寄りたかる, 寒烈, 寝殿の, 小き, 少く食, 少し御, 少し遠く, 少時あり, 尾張田の, 山を, 山門に, 左大将の, 差含む, 常に沈冥, 常に開け, 平凡な, 平生にも, 平生以上に, 幾人もの, 引きあけて, 引き続き誠意, 弱いお, 彼が, 征夷府大将軍として, 待ちかねて, 後醍醐の, 御兄弟, 御冷淡, 御同意, 御帰京, 御弟, 御心配, 御所から, 御所などで, 御病苦, 御美貌, 御落胆, 心配し, 必死に, 忘れて, 忽ち全身, 忽ち面, 思いなしか, 思召され, 思召す, 急来る, 恋人の, 恐ろしい罪, 恐ろしくおなり, 悲しくて, 情けなくお, 意外な, 愚か滿人の, 慄然として, 慌忙く, 懌べ, 我とも, 戯談を, 手を, 手紙を, 手綱を, 打萎れ, 折れるが, 抱いて, 持たり, 挫ぐばかりに貫一に, 捻倒されて, 放さじと, 文を, 方角塞がり, 旅なれぬ, 既に富む, 明け方に, 明治七八年から, 昨夜の, 昨日を, 昼の, 時が, 暮らして, 更に切, 最初姫君の, 有形の, 朝おそく, 朝日を, 未だ頭, 未来と, 来年が, 柔らかいなつかしいふう, 桟敷で, 様子を, 檄文を, 次々に, 正面からの, 歯ぎしりし, 死の, 殆ど裂けぬべく, 殿, 母似, 毎よりも, 毫かも, 氏子の, 気分が, 決して富山唯継, 決して旧, 泣いて, 泣音の, 浦安神社と, 浮舟に, 海底一萬尋だ, 涙ぐみながら, 涙に, 涙ばかりが, 深く源氏, 深さ, 源氏と, 漸う顔, 瀬田の, 火燵に, 無力な, 無残に, 無邪気に, 燭を, 父似, 牀几に, 片親で, 物見, 犇と, 猛獸, 献策した, 猶打, 猶黙し, 獣の, 珍重あそばす, 琴を, 甘えるでも, 生命の, 異心, 疎々しい待遇, 疑無し, 皆気高く, 皇子にこそは, 相変らず, 相手を, 真心から, 眼を, 知っての, 知らざりしに, 稍羞ひ, 突っこんで, 窃に, 立ったまま, 笑う, 笑った, 笠置いらい, 紅葉見, 紙へ, 終焉の, 絵を, 美き, 羞じ, 耐り, 聞いて, 聞えよがしに, 胸を, 胸潰れ, 脚を, 膝の, 自室へ, 自害し給い, 自責を, 興奮を, 艶な, 若君を, 苦しげ, 苦しそう, 苦痛に, 菊の, 菟狭, 落ちいぬ心, 落涙を, 虚さず躍り被り, 蟻の, 行きて, 行き行きて, 衛門督の, 西郷隆盛を, 見たがって, 覚えて, 観念され, 言った, 討たれ給いついに全く, 語られるの, 語り終った, 謀士である, 警固の, 貫一が, 賞辞された, 足りない点, 足蹴を, 路を, 身悶し, 身支度を, 辛くもその, 返らず老婢, 返辞の, 迷った, 逢おうと, 里居を, 銕の, 阿修羅に, 降頻る雪, 限りなく, 際無く, 雲井の, 静かに, 面を, 韶子内親王である, 頬杖を, 顔赤らめ, 飽き足らずに, 飽き足らぬよう, 馬で, 馬を, 驚いたふう, 高円, 鳩羽鼠の, 黒沢のみ

▼ 宮~ (529, 7.6%)

33 おいでにな 11 おいでに 7 ましまして 6 仕へ 5 呼び戻されたおれ, 愛着を 4 ありて, おざります, お移りに, して, 人となり唐土の 3 あり, お還り, よく似, 御参, 行幸あった, 詣づ, 馴染み深

2 [26件] あり而, あるが, あるは, いたの, おいで, お仕えし, お付き, それらを, まゐり, 仕えて, 似たうしろ姿, 入って, 参り人々, 参詣し, 参詣した, 参詣する, 君をこそ, 好意を, 對する, 御面会, 心を, 於て, 沿うたセエヌ, 行幸の, 謁し, 還りましき

1 [369件] あった火独楽, あらず周, あらば, ありき, ありき故に, ありしが, ありしなり, ありし太陽, ありし間, ありと, あります, あり亥, あり日, ある, あるに, ある夜, ある太陽, ある後鳥羽法皇, あれども, いたつもり, いたひらめ, いた時, いた頃, いでましし時, いでましぬ, いなかったなら反, いよ, いらしって, おけるが, おつれ, おりながら, おわす武田伊那丸君, お並べし, お仕えした, お任せしよう, お会いした, お別れ, お参りなさいました, お帰り, お弾き, お抱かれし, お持たせし, お持ちする, お気の毒, お見え, お見せした, お見せすまい, お逢いさせ, お鎭まり, お預けし, かかげし絵馬, かく産めり, かく誇る, かしずき入れること, かしずくの, こうして迎えられ, この宿主, さきだつ天, さし出す事, さずけた, しても, しよう陛下, しろがねの, すゑてあつた時, そそがれるばかり, そっくりな, そのお, それとなくお, それは, つく, つれられて, とどまった, とどまるであろう, とどまれ, とどめしめた者, とどめよわれ, なって, なるより, ねり込んで, ひそんで, ひれふる, ひれ振る, ましましし時, まします時, ます, ます神, もの申すあ, や, ゆけらく, ようやく後継内閣, よく似たや, ゐた時, ゐるうち, ハガキ二枚を, 一のか, 一天秤宮に, 一年おいでに, 七年おいでに, 七年間おとどまりに, 三十幾年お世話に, 三年いた, 上って, 上らしめたま, 上らしめなさいました, 上り汞, 下馬し, 不快の, 不思議な, 乗り込むこれ, 五百八十年おい, 五百八拾歳ましましき, 今も, 今日の, 仕え飛鳥, 仕へて, 付いて, 付与され, 会い何事, 伴い之, 伴なう, 伺候し, 似た, 似た三層楼, 位する時, 住み皇太子, 住んで, 何か, 何の, 使役され, 來て, 候する, 入ったという, 入つた後, 入り, 入りしなり, 入りたる真理, 入りて, 入りまさずて, 入り秋分, 入り驢馬, 入る, 入るが, 入ること, 入るこれ, 入ると, 入るに, 入るの, 入るは, 入る神曲示現, 入る者, 入れその, 入れて, 入れば, 入れられてからは, 八年おいでに, 八百日日は, 内閣組織の, 出して, 出て, 出会ったので, 出入りする, 出掛けて, 分配した, 到り七年, 到り海神, 劣らず大事, 務める灯火係り, 十分の, 即き給う, 即位し, 去りしとき, 参つた口子この, 参り給, 参り願文, 参出る, 参詣を, 參り, 參出る, 及ばなかった, 取りもどされる時, 取着きて, 叫ぶにか, 召されし, 召して, 台盤所へ, 合せ祀りて, 同情の, 呼ぶ, 問うと, 善根を, 在って, 坊官として, 坐するという, 坐せまつりて, 城を, 多く心, 夜ご, 天上の, 天下を, 太陽は, 夫人の, 奉った, 奉つた, 奉るの, 奉額, 妃と, 子と, 害刃を, 宸翰を, 宿られて, 寄する, 富山に, 居し鯉, 居た, 居て, 居られた頃, 居られ窃か, 居るかく, 居る神, 山荘相当な, 崩御された, 崩御した, 帰って, 年は, 幸した, 幽せられしが, 弁明も, 当たらせら, 往復す, 御即位, 御座ります, 御案内, 御遷, 徹す, 恋を, 愛情を, 戦捷の, 押しこめ代るに, 押しつけるよう, 拝謁し, 拝謁新潟に, 拝顔を, 掘立柱, 換へる, 放ち漢, 於いて, 於けるは, 於ける御, 日参し, 昇るとか, 暴露し, 朱の, 来りまみえた, 栖む燕門田を, 案内した, 次ぐ天, 歛めしより, 歸り着き, 歸り行く, 死ぬこと, 殉じようとは, 沢山ある, 深い御, 準ずるありまた, 滞め, 潜, 焼かしめた時, 熱心な, 特志の, 琵琶の, 瑠璃の, 申して, 申し上げたのち, 申し上げて, 留まる三年, 留めしもの, 相談した, 着いたが, 着いたら何だか, 知られること, 砲口を, 祭る, 禰宜の, 秘密の, 移りて, 立てる生き物, 立籠つて外界との, 籠つた風の, 納れ, 納れた, 続いて, 縁故の, 置きたく思うが, 置くと, 聖ヨハネの, 育ちたまいもろもろ, 育てられ都, 自分は, 至り給ひし, 至る, 花火祭が, 薨ずとある, 薫が, 行きて, 行き盆, 行く, 行くの, 行って, 行幸あそばした, 行幸あらせられた, 行幸した, 親愛感を, 訪ねた時, 訴えた, 詣ず, 詣づるもの, 詣で神前, 詣り田間, 誅刀を, 語った, 謁を, 負けずおさおさ, 賜わった時, 赴きて, 赴くこと, 近い湖岸, 近づき公卿貴紳, 近づけようと, 迷ぐれ, 退くは, 這入った, 通ずる水, 通ずる道, 進みて, 進められる, 進献した, 遷されひたすら, 遷つてから, 遷る, 遷居し給う, 還って, 還りましつ, 還り上ります時, 還り入りましき, 還り給, 還ること, 還ると, 都した, 重箱という, 鍬は, 関したこと, 関係の, 關係が, 附属し, 降って, 随従し, 隠れて, 隱る, 集まる, 集る大群, 雨は, 面会し, 風を, 養わして, 饗宴を, 馴染み深かっ, 駐まり, 高貴な, 鳴り響いた

▼ 宮~ (479, 6.8%)

32 のお 30 の御 12 がお 9 のこと 8 のほう 6 がおいで, をお 5 が御, のつもり 4 にお, のため, のよう, はお 3 がた, でさえ, なの, にし, の姫君, の縁日, はどんな, 御自身

2 [22件] からお, がその, がそれ, がどんなに, が来, だか, だって同じ, だと, であった, と同じ, になった, のおいで, のお札, のお話, の御利益, の御成, はすでに, ばかりを讃め, も御, らしい宮様, を未亡人, 御降嫁

1 [282件] あっての, お買い上げ, かなんぞのよう, からの申し込み, からぼんやり, から宮様, から私, か天皇, があなた様, があの, がいっしょ, がいらっしゃいました, がいらっしゃる, がお迎え, がこちら, がじっと, がそう, がそんな, がたいへん, がまだ, がよく, がラヴィニアみたい, が一度, が一段上, が不快, が人民, が借り, が好き, が姫君, が子, が寛大, が幾人, が弘前, が御所, が心細, が持っ, が熊野方面, が物怪, が甘やかす, が皆, が私, が見物, が身, が飲み, じゃア, そっくりな, だから, だけの静かさ, だけはお, だったという, だったのよ, だったら先生, だったら私, だという, だの大臣さん, だ妖精, つまり一番宮様, であったと, である, であるから, であるからと, であると, であるゆえ新聞, である以上, であろうが, でこれ, ですから, ですからね, ですが, ですわ, でその, でも, で先生, で父, で私達, で誘拐, というの, というふう, という方々, という生活, という生活自体, とが競争者, とさえいわれ, としてお, としてはご, として世間, として先生, とちがっ, との御, とはいったい, とは数年, と呼ばれる, と御, と深川, と申した, と言っ, などから婿君, などというもの, などは人間, などは恨ん, なのに, なら, なら私たち, なん, にある, にいってる, にお目にかかっ, にお目にかかれませんでした, にこんな, にご, にその, にだれ, についての遺言, になっ, になったら, になりすまし, になりたい, になれる, にはかばっ, には何, には固く, には夢, にもいろいろ, にわかっ, に女王, に対して十分の好意, に対して御, に御, に比べ, に申, に申しわけ, に申し上げる, に私, に見られ, のあの, のいつ, のいらっしゃる, のおい, のお力, のお嬢様, のこの, のところ, のやう, の二条, の今, の今後, の今昔生活物語, の代わり, の内親王様, の別院, の前後, の場合, の境内, の女中, の尊厳, の御忌日, の御殿, の思い出, の思召, の愛すべく, の所, の挨拶, の撥音, の新しい, の方角, の松山, の殿様, の母方, の水茶屋, の涙, の琵琶, の生き方, の真上, の私, の耳, の行啓中, の邸, の邸宅別荘, の銅像, の面影, はお里住まい, はかりそめなよう, はこの, はこれ, はそれほど, はそんなに, はただ, はただ今, はどう, はどういう, はどうも, はなんと, はまた, はまだ, はもう, は一瞬, は上輿, は中将, は例外, は健気, は半ば, は姫君がた, は婿君, は宇治, は安産, は寂しい, は幼い, は御, は御所, は悲しみ, は情味, は普通, は最も, は母, は涼しい, は私, は親子内親王, は陛下, は露出狂, は騒がしい, ばかりになった, へお, へお負, への敬意, へは御, へは申し上げました, へよく, へ二人, へ今日, へ日参, へ素直, へ贈った, もあなた, もお, もさまざま, もその, もそんなに, もなくなった, もなに, も世間, も六条院, も植物, も殿様以上, も珍しい, も華族, も近づき, も通っ, や奥さん, よ, よりも御, よりも明石夫人, よりも頼もしく, らしいよそながら, をあちら, をお迎え, をこうした, をとうとう, を二, を仏道, を何事, を口, を合祀, を夫人, を奥様, を征東大総督, を御, を忘れる, を思いだしました, を悪く, を故人, を生徒, を福助, を総裁, を若い, を衛門督, を表面, を見た, 御一行, 御下向, 御出発, 御通行, 御降嫁以来

▼ 宮~ (392, 5.6%)

16 おいでに 4 お言い 3 あって, お薨, こうお, 心の, 胸は

2 [22件] あまりにも, ある, お思い, お気の毒, お腹立に, お隠し, とどまって, どこに, 二条の, 六条院へ, 宇治の, 寺へ, 御病気, 御自身, 御覧に, 来て, 胸の, 訪ねて, 院の, 非常に, 面を, 顔を

1 [313件] ああした, あくまで子, あくまで抱擁, あそばされた, あそばされるの, あそばすの, あそばす念仏, あった, あったら鼓, あつて, あとから, あの一つ, ありました, ありまして, あります, あり奥, ある其の, いった, いとどむずかしい, おうらやましい, おかわいそう, おさえて, おさせて, おさせに, おはし, おる以上, お亡, お住まい, お出し, お受け持ち, お好み, お嫁, お嬢さんと, お寄せ, お年の, お得, お微び場所, お心, お恨めしかっ, お手ずから, お捜させ, お数え, お書きつぶし, お気がかり, お泣き, お目ざめ, お若かっ, お言われ, お許しに, お読み, お迎えに, お駈け, かかわりを, こいしくて, こういう思召, こう言っ, ことにお, この一年, この姫君, この客, この方, この歌, この言, こんなふうに年月, ご一身, して, すわって, せきたてると, ぜひにと, そこへ, そのこと, そのままずっと二条, その幽, その後の, その時, その音, そばから, たが, ただいまこの, ただ泣い, たとかは, たのしいので, ついて, てんでにありまきの子, とやかくと, どうして曹操以上, どの程度, どんなに寂しく, なお世, ながく途絶え, なされようと, にわかに出家, はげしく恋, はじめておいで, はじめて父, ひそかに, ふと僕, ほほ笑まれたなどは, また顔, まだあの, まだ不平, まだ何, めちゃめちゃに, もしお, やつて, よくお, わが家へ, 一山の, 一生の, 不和に, 不幸を, 世を, 中宮に, 中宮の, 乱鬢を, 事を, 二十六歳の, 二心を, 亡くなって, 交渉し, 人間皇族としての, 今の, 今までの, 今罪を, 仏間の, 付き従って, 伊勢を, 会津方面への, 住んで, 何でも, 何処に, 來られた, 信貴山の, 信貴山を, 先に, 内蔵から, 円の, 出家を, 出来て, 出現され, 初一念, 前導, 前途に, 前非を, 剣に, 千早に, 南禅寺へ, 参内し, 受けて, 叡山を, 叡山第, 可憐な, 同居し, 名人で, 命を, 命松丸へ, 唐突に, 喉は, 墨を, 夢幻の, 大事に, 夫人と, 夫人に, 夫人の, 失脚し, 妻せら, 姫君たちを, 姿は, 子供を, 官から, 少しお, 尼に, 居間と, 屍を, 巨然として, 平, 平生に, 幽屏, 幾日も, 座主と, 引き受けて, 後宮入りを, 得堪へぬ, 御主催, 御同席, 御同意, 御在世中, 御対面, 御幸福, 御意志, 御所に, 御所の, 御満足, 御潜行中, 心で, 心なり, 心也と, 心地勝れずなり, 心苦しく思召さ, 恋い, 恨めしかった, 恨めしくて, 息絶え, 悔は, 悲しんで, 情の, 情は, 愛か, 憂悶し, 憐んでくださる, 手を, 手習は, 手落ちなく, 敵に, 文に, 斎宮として, 斎宮に, 新しく斎院, 日常お, 昨日の, 時々念仏, 書いたもの, 曹豹の, 最後に, 来訪された, 梶井の, 横へ, 欲しいと, 死んだ恋人, 殺される時, 母なり, 比較し, 気がかりに, 気に入つたら何日, 求婚されたなら, 泣き惑うて, 派手な, 深い愛着, 深くお, 火事で, 無事に, 焦心に, 煩悶し, 熊野落ちの, 片腕と, 特にこの, 現われて, 琉球だ, 琴を, 琵琶内大臣は, 生きて, 盛んで, 目の, 知って, 私に, 私を, 秘蔵し, 空き色香に, 突然お, 答えな, 経験した, 結婚を, 継娘の, 続いて, 美しい出し車, 羞恥に, 耳には, 耳は, 肩頭に, 胸に, 膝を, 自分を, 自発的に, 色香は, 苦ま, 落着きはらっ, 薄命の, 薨去せられ, 薨去に, 虎の, 血色の, 衣の, 衰容に, 袖を, 裹める, 西の, 見そめられるくだり, 訪問し, 詰所から, 語って, 説明あそばす, 読んで, 謀み, 身の, 身体と, 軽率な, 迎えを, 追いつかれた所, 退いたあと, 送りし再度, 通って, 過ぎると, 重態だ, 野伏山賊の, 錦旗を, 間近に, 隠れた愛人, 面影の, 面色の, 音信の, 頭を, 顔をば, 骸よ

▼ 宮~ (359, 5.1%)

5 お思い 3 お訪ねし, 追ひ

2 [22件] おおろしした, お得, お恨めしく, お愛, お愛し, お訪ねした, お訪ねしよう, お迎えする, さして, さながら峰, して, 作り堂, 唯一の, 奉じて, 建てて, 拜き, 拜ましめに, 支えて, 薫は, 襲うた, 通って, 非常に

1 [304件] あげての, あの世へ, あるいは得られた, いとなまれた次手, うずめた, うながし, うらめしいよう, うれしく思う, おいたわしく, おうらやましく, おかわいそう, おたずねし, おたずね申しあげ, おつれ, おのぞき, おのぞき見した, お下ろしした, お先立てし, お入れしなかった, お動かしする, お取り扱い, お呼び寄せしよう, お喜ばせする, お失いした, お導きし, お帰, お待ちし, お待ちした, お思い出し, お恨みしよう, お抱きおろし, お抱きし, お残しし, お生みした, お生み申された, お移し, お立て, お見舞い, お見送り, お訪ね, お訪ねせず, お誘いした, お誘い出し, お迎えした, お迎えしよう, お造り, お降ろしし, きたえて, こしらえさして, ことさら院, このまま女, これへ, こわして, ごらんに, さながら常世, してやらせて, そこに, そのころ, その人たち, それにお, たいせつな, たずねて, なお気がかり, ながめて, ながめながら, はじめとして, はじめ正親町日野石山その他の, はじめ長袖の, また新た, まよ, みちびいて, みる目, めぐる殿, めぐる雰囲気, やって, 下へ, 下る時, 不人情に, 不快に, 与えよう, 世にたぐい, 中宮に, 二女の, 京の, 人形の, 今後どう, 仰ぎに, 何為らん, 作って, 作つて御馳走を, 傷んだ, 兵部卿の, 内閣の, 冷然と, 出たと, 出た時, 出て, 出で, 出ると, 初めとして, 初めわが子義隆をも, 初め高徳や, 初雪見参の, 助けたいと, 助けて, 勤めて, 勸進し, 占領した, 古く白羊宮, 吹かれた火, 呼びだして, 呼びとめ, 呼びに, 営ませて, 営むや, 囲んだ老松, 地上の, 夢殿と, 大事に, 大将が, 大臣の, 天日栖宮とも, 天皇の, 失う時, 失ひし以来, 失われた女王たち, 奪はれし, 奪れし, 女房たちが, 好むであろう, 妻に, 始め奉り, 始め景清唐糸等が, 委き, 姫君の, 婿に, 嫁に, 宇治へ, 守る神禰宜, 完全な, 宮中から, 対手に, 尊敬する, 尊重あそばす, 尋ぬる, 少しでも, 少し怨めし, 尻目に, 山の, 山荘へ, 巡って, 年に, 廢し, 建てさせたり, 建てたいと, 建ててしも, 建てる前, 建て祠, 引揚げる, 待たせて, 後に, 得たいと, 得たい心, 得たるが, 御保護, 御子の, 御当惑, 御息所は, 御懐妊, 御援助, 御覧に, 御訪問, 思いやって, 思い出すふう, 思ったが, 思ひて, 恋しくお, 恋して, 悲しませたこの, 慰めて, 慰めんと, 懸けて, 成敗せん, 抜けますと, 抜け出て, 抱いて, 拉した武士たち, 拉して, 拔け, 拜する, 拜禮し, 拝むつもり, 拝見する, 捕握したらば, 捕握せよ清涼宮, 据へて, 接近おさせしない, 擁して, 擁立し, 攻めるであろう, 救い起せよ, 散々尋ね, 暗々と, 暗殺せしめた, 東の, 梢に, 棄てて, 横切って, 殺した悪党, 殺めさせたの, 殺めまいらせたこと, 殺害した, 気に, 求めて, 浮上がらせる, 深く動かす, 源氏は, 焼く, 焼立て, 熱愛する, 物怪の, 珍しくお, 現出し, 現出する, 用意した, 留めろ, 発った, 皇居に, 盗み出して, 目標として, 眺めて, 知って, 砲撃した, 禁獄しまいらす, 称して, 移してさえ, 突放して, 立て則, 紫夫人は, 美しくするであろう, 美人でない, 美妙の, 背に, 脱し堕涙, 脱れ出た, 自分の, 自分らの, 良人に, 落成させ, 裏へ, 襲わしめこれ, 見いだすこと, 見しやう, 見せて, 見たるその, 見て, 見ると, 見る毎, 見失うこと, 見放けたまひ, 観ずること甚深, 観ずるの, 訪う, 訪ねに, 訪ねられた事, 訪ねる決心, 訪ふと, 設け夜, 認めたるもの, 誘惑しよう, 起し西京, 蹴り捨てた, 軽んずるの, 辱しめる, 追ひし, 追ッ, 退げ, 逐われた醜い, 通りて, 通るであろう, 造って, 造り関東諸国, 造るべき處, 造れば, 造営する, 連れて, 過ぎる前, 過ぐるとき誕, 遠望なさいました, 酒に, 重く用い, 重んずべし之, 鎌倉の, 長い将来, 閉じて, 開かず心, 開きて, 闔じ, 院が, 陥れる讒, 離れると, 顧みなくなったとき, 飽き足らずお, 騒がせた

▼ 宮さん~ (188, 2.7%)

6 の所 4 の妹 3 の話 2 が妹, が言った, と美禰子, の部屋, の隣家, は, は下宿, は椽側

1 [159件] あの金剛石, お手製, お暇, かうし, かと聞き直す, からう, からの拜領, から下宿, から京都, から受け取れ, から用達, から聞いた, が, があらためて, がお, がです, がはいっ, がまた, がわざわざ, がシュリーレン写真, が一家, が原口さん, が壇上, が宮廷, が庭, が望遠鏡, が無造作, が立っ, が立つ, が聞いた, が聞き出した, が腰, が見えられた, が計測係, が計算, が評した, じゃない, だけで専領, であった, とあの, といえ, と与次郎, と呼び, と夫婦, と尼さん, と広田先生, と言う, どういふ, などに人づて, ならなれる, なるもの, にお, にでも話されたら, にとってお, にもっとも, に会っ, に光線, に失礼, に次い, に知れ, に鉄砲弾, の, のお, のこと, のそば, のとこ, のほう, のもと, のポッケット, のモデル, の一族, の住居, の広い, の心一つ, の意見, の愛人, の愛人ぢ, の方, の時代, の気楽, の深刻, の熱心, の病気, の石段, の神主, の答, の精養軒, の罰, の言った, の隣, の隣りです, の顔, はあれ, はいい, はいつ, はおらん, はお出かけ, はかゆい, はここ, はさぞ, はそうした, はその, はそれ, はそれでは, はどう, はなんと, はなんにも, はにやにや, はべつだん, はまた, はまだ, はもっとも, はもと, はよく, は三四郎, は下手くそ, は勿論, は合い, は外国, は妹, は幾多, は広田先生, は廊下, は承知, は招待状, は柵, は理学者, は目録, は私, は腰, は若い, は行く, は超然, は踊らない, は返事, へお, まで出かける, もいよ, もいる, もおりおり, も広田先生, も御, も知つて, も若い, より年, をほめだした, を引っ張っ, を御存知, を愚弄, を皆, を相手, を置く, を見た, を見たまえ, を訪ねる, 善く考へ, 善く覚え, 好う言, 考へて

▼ 宮~ (185, 2.6%)

5 行って 4 申し上げた 3 お手紙, お移りに, 帰って 2 お取り次ぎ, お書き, お譲り, つれて, はいった, 出かけて, 出て, 御同情, 来て, 行つた

1 [147件] いう, いった話, いって, いよいよお, いろいろと, おあずけし, おはいり, おひき移り, おもねる, お与え, お伝えさせ, お告げに, お寄せ, お帰り, お暇乞い, お直々, お耳打ち, お見せした, お言い, お説きする, お贈り, お返ししよう, お願いする, かかった時, かけつけて, かけては, このこと, ご日参, ささげさせた, しかかって, すすめやがて, すすめ申せ, そう申しあげた, そう申し上げた, その期, たつた後, ぬかずいたこと, はいって, はいること, はいる仕度, まいりました, むかって, もう一度行っ, ゆき十三日は, わたろう手だて, 一人は, 一時まで, 上がって, 不時の, 借りに, 入御され, 出るの, 出入する, 参拝した, 参賀を, 參籠の, 取り次がせること, 取り次ぎを, 吐きだされた幾つ, 向う, 奉ろうとして, 女房たちが, 女房勤めに, 始終見舞い, 姫宮の, 家を, 寄進の, 差し上げたい自分, 差し上げて, 帰ったとき, 帰つて行つた, 帰れと, 引かれる心, 強制的に, 征夷大将軍を, 御きかん, 御伴, 御分配, 御参拝, 御挨拶, 御注意, 御親切, 御訪問, 御面会, 忍び入った, 戻って, 戻つた, 戻つたところ, 戻つて, 手紙を, 抗議を, 押し寄せて, 攻め寄せるという, 日参, 時々あなた様, 時おりの, 朝餐を, 来ても, 来ること, 案内された, 様子を, 氷滑りを, 渡り更に, 源氏は, 無数に, 甘えた心, 申し上げさせた, 申し上げたが, 申し上げて, 申し上げると, 申し上げるの, 着くといふ, 着く汽車, 移ること, 繰り込むといふ, 蔵人少将を, 行きました, 行き給わば, 行くこと, 行くと, 行くところ, 行くには, 行くアーチ, 行こうと, 行こうという, 行った, 行ったらね, 行った時, 行つて見る, 行つて遊びたい, 行幸した, 親子の, 計った, 訪問する, 詣でた時, 詣でて, 譲ろうと, 贈るの, 近づいて, 送る手紙, 通うて, 通った, 通話を, 連れて, 飛んで, 馳せつけた, 駈け付ける

▼ 宮~ (149, 2.1%)

3 また 2 おいでに, お帰り, しいて, 口を, 大きく境内, 東宮の, 母も, 非常に

1 [130件] あくびを, あつた, あと三時間以内には, あのよう, あり無縁, いろいろな, おなりに, おわかり, おん直衣に, お出, お居間, お思い, お悟り, お感じ, お手紙, お泣き, お笑いに, お聞き, お覚え, お馴れ, かわいがって, きらめき出し二十四日, きれいな, きわめてご, ここに, この人, この修業, この姫宮, これへ, これまでよりも, これを, こんなの, こんな所, ご安心, さすがに, しごく閑, しまいには, しみじみお, すぐれて, すでに駿府, そのとき, ためらいに, どんな御, はじめて頭, また不幸, また敢, また新しい, まだお, まだ産, むろん灰燼, やがて同じ, やっと, わびしも, 万策つきた, 両親も, 中を, 今後会見する, 今日では, 仮に六条院, 先方に, 共に籠城, 出て, 列を, 加えて, 召されて, 右近の, 同じ樣, 嘗て己, 多情な, 女の, 女御たちも, 姉君も, 始終二条, 安心し, 家としては, 寂しいお, 対の, 弓を, 弱々しくお, 御同乗, 御同情, 御孫, 御煩悶, 御自身, 心に, 恨んで, 悲しくて, 搦手軍に, 旅の, 普通でない, 来て, 来や, 気がかりだった, 決して美しく, 決して自分, 深い悲しみ, 源氏も, 熱心に, 父の, 父皇の, 父重明も, 白い唐衣, 皆わかっ, 皇子などを, 真剣な, 真黒に, 秋季の, 立上りかけ, 聞いて, 自分も, 興味を, 英国の, 藁屋も, 衛門督の, 貫一をば, 起きて, 辞を, 近日に, 近頃は, 過去の, 還俗し, 酔い泣き, 鎌倉の, 長くこの, 長く同棲, 隅の, 随身たちも, 隠して, 離れじと, 飽き足らず思召

▼ 宮~ (111, 1.6%)

5 遊ばす思召 3 いって 2 中の

1 [101件] あるばかり, いえば, いひ河童, いひ香取明神, いわれた方, お別れ, お母様は, お見くらべした, お話などを, お話を, お逢い, かご殿とかの, さす神, して, し其, そこへ, その方, それを, である, とこよの, なし身高四十里, なづけつつ, なられる風習, なられ一人, なりけり, はかうい, よんで, 一処にな, 一所に, 一方を, 云うお方, 云ひ, 互に知ら, 以上の, 八の, 同じやう, 同じよう, 同じ六条院, 吾は, 呼ばるる高原王子, 呼ばれた方, 呼ばれた皇子, 地続きであった, 大将の, 天覧に, 妃殿下の, 姉君に, 姉君への, 姫君に, 宗良とは, 富山との, 常世とを, 廉子との, 弘法大師の, 御同乘, 御息所は, 御接近, 懇意に, 斑鳩寺に関する, 曹操の, 有仰る, 東院との, 松平容保を, 松田父子が, 正反, 正成とは, 決まった, 浮舟の, 源氏は, 漢訳しある, 熊の, 琴平の, 申した方, 申し上げるの, 申すは, 相対した, 称せられた皇女, 稱し, 稱せられた, 紫の, 結婚が, 結婚を, 義経との, 自分との, 薫は, 藤壺の, 言うて, 言って, 言っても, 言ふ, 言われて, 訛るという, 語らんこと, 警固の, 連署の, 鈴鹿の, 阿弥陀仏と, 面を, 頼政の, 額を, 高順とは

▼ 宮から~ (85, 1.2%)

5 勅使が, 召されること, 頂戴した 4 恐れ多いお召 2 幕府へ

1 [64件] おいでに, お下賜, お使い, お召し, お土産, お手紙, お願いに, そっと使い, その人々, みれば, 一行足らずの, 人形町の, 令旨を, 伺おうと, 何の, 六条の, 兵庫の, 北は, 十国峠の, 参ったの, 名古屋へ, 唐猫が, 境内を, 外へ, 大沓川, 大隈にたいして, 奈良, 奏上される, 女二の, 子とも, 宝, 寧楽宮に, 寳物の, 山の, 山寺の, 帰って, 御所へ, 愛の, 拝領した, 新聞記者の, 早く生まれる, 本院の, 東京駅へ, 歸つた樣な, 歸つて來まして, 決心が, 河とも, 海の, 消息が, 源氏へ, 熱愛は, 程遠からぬ, 舟で, 見ると, 訪ねに, 贈られた時, 起つた様, 追い出して, 遠くない, 遠くひき離す, 鎮まった, 阪の, 離れた, 食ひ逃げ

▼ 宮内省~ (76, 1.1%)

4 の方 3 へ献納 2 からいただいた, の侍医, の御, の調度頭

1 [61件] からお, からきりはなされ, からのお, からの需め, からは広幡侍従, からは矮鶏, から御用これ, から来た, から町, ではどう, では芳川伯爵家, では飛ぶ, で久しく, で絵画, というところ, とは縁故, にはいの一番, には往来, にも出入, に入り, に分りし, に勤めた, に弁事, に御礼, に関係, のお, のサイン, の一部, の内大臣府, の大膳頭, の官吏, の属官某, の山内先生, の役人, の所属, の所轄, の控え室, の救護用テント, の方々, の楽部, の法令, の管理, の被管土工司, の附属, の音楽, は六年目, は管轄外, へまかりで, へも出入, へ出頭, へ差出さるる, へ往, へ行き, やほか, や文部省, よりお, よりは貞順善行, より百円お下げ, 御用品, 御買い上げ, 御買上

▼ 宮~ (76, 1.1%)

43 の妹 2 と同じ, のよう, の先生, の家, の話, はただ, は少し, は笑い

1 [53件] がいない, がまた, が何, が兼安, が子供, が帰っ, が石橋, が言った, が陶酔, であったならば, とが來訪, に会う, に会ったら, に似, に別れ, に聞い, に西洋料理, のの, の名, の奥, の意見, の態度, の穴倉, の説, の返事, の鑑賞力, の駆けつけ, はおるまい, はかの, はこの, はさっき女, はさっそく, はしばらく, はすぐ, はすこぶる, はまた, はもう, は三四郎, は向こう, は妹, は封, は思う, は愉快そう, は昨夜, は椅子, は椽側, は生涯現実世界, は自分, もこの, もはあ, より白シャツ, を知ろう, を立たし

▼ 宮~ (49, 0.7%)

12 おあり

1 [37件] あつた, あなたの, お握りを, ご自身, する, ただ二人連れ, はない, は次第に, もっとも美しき, われわれの, 一槍も, 再び殆どお, 再び殆どおおっぴら, 冬の, 國や, 大統領ウィルソンの, 天下を, 天堂様に, 御籤を, 政を, 昼寝涼しい, 書いた手紙, 氏, 済ましてを, 生命を, 甥の, 癒されたとも, 皇子を, 神酒を, 老女が, 芸者を, 見た稚, 角助平湯で, 轆轤首の, 降りた時, 鳩を, 鷹司殿と

▼ 宮~ (42, 0.6%)

2 の扇, は花

1 [38件] があたふた, が公主, が奔, が控え, が進み出, であり牧師, でも, でもあろう, として宮中, と同様, と見える, ならば, なんかが使, にしました, に扶, に花, に逢う, のあと, のよう, の一人, の名声, の姿, の服, の服一着, の琵琶, は, はしばらく, は夜, は椅子, は笛, は近代, をその, を守る, を携え, を見たる, 在り, 皆爭つて輕粉, 過

▼ 宮には~ (33, 0.5%)

2 陶ものの

1 [31件] あらで, うれしいこと, この日, これが, これよ, そうした不審, それに, また陳宮, 七草の, 人の, 別當, 各人之に, 夜も, 御子が, 批評は, 敬意を, 春の, 油断は, 無かりし, 猫の, 王女卑弥呼の, 疑問で, 白く大きな, 皆よく, 監視が, 祀る者, 禰宜も, 逢ふこ, 遠くに, 関係が, 雨も

▼ 宮~ (30, 0.4%)

4 寺又は 2 てっちゃ, 寺の, 楠木の

1 [20件] わが子の, トロカデロの, リユクサンブルの, 元興寺の, 光遍寺の, 公卿大将の, 右大将は, 命婦の, 城隍廟の, 大将が, 官の, 寺へ, 寺や, 成城の, 松田父子の, 楠木が, 正成の, 父上には, 父重明とともに, 臧覇も

▼ 宮~ (25, 0.4%)

2 へをし, へをした, 人は

1 [19件] が忙しかっ, などがお, に出, の短い, はまた, へ, へといふぢ, へにさし出すなら, へもした, へをしろ, へをば, へを辭, へ人, へ果て, まで許す, もする, をする, をもせ, 人見ぬ

▼ 宮将軍~ (25, 0.4%)

2 のお

1 [23件] が密, と, とのあいだ, とのお, とのご, との御, と足利, に属する, の, のこと, のご, の一兵, の功臣, の大塔, の威勢, の御, の悪, の没落, の門, へ付く, らしいお, をいや, を中心

▼ 宮さま~ (23, 0.3%)

2 のお, の御

1 [19件] いうたか, お馬, からの出品, が, があった, がお, が見えてるでしょう, というもの, とはどなた, とよばれる, には粒ぞろい, のお参り, のお守人, のが一枚, のこと, のご, の縁日, へ参拝, も毎年借家

▼ 宮という~ (22, 0.3%)

4 お宮に, のは

1 [14件] のが, のも, よい所, 一歯を, 人の, 名は, 字の, 宏大も, 御殿に, 放縦な, 無名の, 男は, 神社の, 者で

▼ 宮ちゃん~ (20, 0.3%)

2 のよう

1 [18件] います, いますか, いるかね, からたびたび, が其様なに, が来た, すぐまいります, ちょっと, と一緒, に何より, に遊び, のその, は今日どこ, は非常, も少し, をやります, を呼ん, 汚い風

▼ 宮では~ (19, 0.3%)

2 ない, なかった

1 [15件] あった, この藻, その影法師, ないか, ない噫, なければ, 一人として, 兵士たちは, 反絵, 女房が, 拝謝し, 王女卑弥呼の, 眞珠を, 着々と, 長羅は

▼ 宮との~ (19, 0.3%)

4 間に

1 [15件] あいだに, あるま, ご父子, 例の, 問題である, 婚儀などが, 御結婚, 御縁, 手によ, 結婚の, 縁組みの, 連絡に, 間, 関係その, 関係を

▼ 宮にも~ (19, 0.3%)

1 [19件] あれば, いたくご, お別れ, お味わわせしたい, お待ちかね, しまいにお, すぐさまお, その苦しみ, それと, どこか, はや大安寺, 中の, 似て, 光明山の, 大将にも, 寺にも, 局に, 御来会, 拝謁した

▼ 宮~ (18, 0.3%)

2 自身で, 自身も

1 [14件] 一味の, 住持の, 使則賢出会之, 別邸あり, 別邸を, 垣は, 夫婦の, 成婚の, 所蔵の, 直々に, 自身だけには, 自身でも, 自身と, 自身は

▼ 宮への~ (17, 0.2%)

1 [17件] お参りは, お返事, お返辞, 一書を, 厚情から, 嶮しい, 御挨拶, 御粥, 御返事だけを, 御遠慮, 恋を, 情誼を, 愛が, 手紙を, 発表を, 遠慮から, 随身を

▼ 宮~ (17, 0.2%)

1 [17件] において応接, に二日, の, のお祭, の天満宮, の天神様, の天神祭万歳, の天行居, の安宿, の花御子, の花御子祭, の藤井又兵衛, はお祭気分, はその, はふるさと, は私, は花御子祭

▼ 宮へも~ (15, 0.2%)

1 [15件] お告げ申したい, そのよう, まいった, 事の, 大将へも, 夫人の, 孫悟空は, 引かれて, 強硬に, 書かれたの, 武者どもが, 洛中の, 浅香木の, 物を, 親しく出入り

▼ 宮~ (15, 0.2%)

2 の下, の中, の内外 1 だぞ, とは, なるぞ, に爆裂彈, の威厳, の安危, の状, の癌, の謀賊ども

▼ 宮~ (14, 0.2%)

3 太しり

1 [11件] としておる, にどうやら, に萱葺, のある, はふろふき, ふとしり, もみるみる, を壯大, を太く, 太しく立て, 太しく立てる

▼ 宮たち~ (12, 0.2%)

2 のため 1 がまつわっ, が幾人, そのほか, といっしょ, と同じ, と申し上げる, と結婚, の中, も多く, を見

▼ 宮とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] 世を, 可愛い名, 同じお, 学校朋輩にて, 御生母, 日本よりの, 果して今, 聞いたこと, 親友の, 違い愛する人, 隣合に, 離れて

▼ 宮~ (12, 0.2%)

2 へでも納めた 1 と現代, において外国, にも暗, に歸つて, に置く, の中, の宴会, の泉, の音楽家, やルイ王朝

▼ 宮志多亭~ (12, 0.2%)

3 の招き行燈 2 の雷隠居 1 からきょう留守中, のとき, の御, の雷隠居め, はな屋根, へほんの, へ借りられた

▼ 宮~ (12, 0.2%)

2 へお 1 からぼんやり, で誘拐, とかに學校, にお, のお, の境内, の水茶屋, の縁日, もゐられた, を信心

▼ 宮~ (12, 0.2%)

2 という小僧, はツイそこ 1 が大切, が縁側, が見えなくなった, だったよう, とどこ, に面白い, の小僧, をうんと

▼ 宮であった~ (11, 0.2%)

1 [11件] からそちら, からその, からそれ, から世間, から今, から喜ん, から実家, から幾人, がかり, が覚え, 茉利夫人の

▼ 宮さんお前~ (10, 0.1%)

1 から好, に限つて, はそれ, はどう, はどうしても, は唯, は奸婦, は好く, は貫一, も自分

▼ 宮先生~ (10, 0.1%)

1 から買取り, が私, なるもの, に会っ, に歎願, の如き, の手術, の特技, の許, の門

▼ 宮~ (10, 0.1%)

3 を禁止 1 が自暴自棄, にとつ, に待たね, の取締規則, の濫出, の跡, は後宮

▼ 宮~ (10, 0.1%)

1 のかの, の一段, の一節, の円太郎, の前後, の市電, の条, の神話, の自動車, の説話

▼ 宮遷し~ (10, 0.1%)

5 宮奠め遊した 4 があつ 1 があった

▼ 宮がた~ (9, 0.1%)

1 に求婚, のお世話, は自然, へ御, もおいで, もそれぞれ, も親友, や高官, を世間

▼ 宮~ (9, 0.1%)

2 自身は 1 もりには, 一人の, 自体の, 自身, 自身の, 自身を, 自身美丈夫では

▼ 宮まで~ (8, 0.1%)

2 七里の 1 そっとお, 乘り切り, 参りました, 廻らせて, 通じて, 黍畑や

▼ 宮より~ (8, 0.1%)

1 出す守符, 出て, 外れて, 奴国へ, 携え来りたる潮, 数等立派なる, 更に上り, 賜った家紋

▼ 宮~ (8, 0.1%)

2 の装, は島 1 が仰天, が気絶, が百日紅, の影

▼ 宮~ (8, 0.1%)

2 の手術 1 なんかとは訳, に会った, のところ, の助手, は魔術師, 正王殿下がくげ沼

▼ 宮~ (8, 0.1%)

1 には心外, の綽名, はぐさり, はその, は慄, は男, は通った, も女

▼ 宮様がた~ (8, 0.1%)

1 だけが四人おいで, だけは院, のお世話, の中, はどなた, はよくよく, は私, も大人

▼ 宮~ (7, 0.1%)

1 おれも, 右大将に, 名古屋へは, 宮は, 早いな, 花の, 魅惑の

▼ 宮である~ (7, 0.1%)

1 から愛し, ことに, ために, とその, どんな機会, 意味の, 相な

▼ 宮へは~ (7, 0.1%)

1 ご諫言, 体裁よく, 手が, 日本紀に, 正成が, 真心の, 長い手紙

▼ 宮~ (7, 0.1%)

1 助二君と, 助君の, 真境, 越から, 越で, 越でも, 越に

▼ 宮御所~ (7, 0.1%)

1 では明けがた作戦, のお, のほう, の召集, の門, へ提出, へ移され

▼ 宮~ (7, 0.1%)

1 がアリストクラット, といふの, に過, の一列, は典雅上品, や商人たち, を喜ばせる

▼ 宮~ (7, 0.1%)

3 当壮君 1 といふ村, の村, 当壮, 当壮さん

▼ 宮貴様~ (7, 0.1%)

1 が俺, に手向ける, はまあ, は俺, は死, は立派, は自殺

▼ 宮~ (7, 0.1%)

1 から式部小路, で磯五, と呼ん, にある, の雑草, へかけ, へはいっ

▼ 宮~ (6, 0.1%)

2 ひとりの 1 はすらし, ひとりであったらしい, ひとりのみかは, 一人が

▼ 宮からは~ (6, 0.1%)

1 お返辞, 右近の, 悲しかった, 日々に, 絶えず女, 面部の

▼ 宮からも~ (6, 0.1%)

1 たびたび慰問, またこんな, 人家からも, 御慰問, 春が, 是非女を

▼ 宮~ (6, 0.1%)

1 つたと, つて平生さう, と思い, と思召, なんて陳腐, よ

▼ 宮づか~ (6, 0.1%)

1 えする, えの, えを, え千駄木, へする, へに出初

▼ 宮とも~ (6, 0.1%)

1 あきらかに, なって, 会えず宮, 思はれぬ, 見えて, 距離は

▼ 宮などの~ (6, 0.1%)

1 お年は, 希望された, 御座所に, 情を, 遺産の, 風流男とは

▼ 宮アイ子さん~ (6, 0.1%)

1 にほんとう, のお, はホント, は在学中, は貴方, をソッ

▼ 宮一味~ (6, 0.1%)

2 や楠木 1 からの襲撃, のうち, の盟約, をここ

▼ 宮大夫~ (6, 0.1%)

1 であった役名, になつ, は二三度お辞儀, は御前, まで登った, を辞し

▼ 宮~ (6, 0.1%)

1 から八里, で殺された, と言っ, の仮寓, の名, へ逃げ

▼ 宮護良親王~ (6, 0.1%)

1 のご, の兜, の御, の戦勝祈願, は先頃来, を祀る

▼ 宮~ (6, 0.1%)

4 に造られ 1 に造られた, の宮

▼ 宮あり~ (5, 0.1%)

2 宮の奥に 1 その第, 社伝に, 金形に

▼ 宮~ (5, 0.1%)

1 てギリシア, て謀反, 創を, 女装せしめ, 婦装女

▼ 宮だけは~ (5, 0.1%)

1 どうしてもこの, 御床几, 悲しみに, 還幸の, 鈴鹿越え

▼ 宮でも~ (5, 0.1%)

1 して, ない男性, まるっきり新参, 同様に, 結婚の

▼ 宮とか~ (5, 0.1%)

1 中宮大夫などが, 左衛門督とかにも, 私の, 私白とか, 言つても

▼ 宮~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 の, のである, んです

▼ 宮などは~ (5, 0.1%)

1 お知り, ことに残念, 何処を, 熱心に, 軽薄な

▼ 宮なる~ (5, 0.1%)

1 かと瞳, よ, シドオニイの, 御存在, 鳥居を

▼ 宮よりは~ (5, 0.1%)

3 もつと 1 もっと手入れ, 三ツ下の

▼ 宮奠め遊~ (5, 0.1%)

5 した代々

▼ 宮様方~ (5, 0.1%)

1 からは立派, が箱根, の勿体なく, の宴会, を他

▼ 宮殿下~ (5, 0.1%)

1 が鐘紡工場見学, と立ち, のお伴, の邸, はエリサベツト夫人

▼ 宮~ (5, 0.1%)

1 がいずれ, がよかろ, が多い, に籠り, のフト

▼ 宮角力~ (5, 0.1%)

3 の大 1 では大関, の大関

▼ 宮~ (5, 0.1%)

1 と云, など口, に曰, に止まる, を読ん

▼ 宮説話~ (5, 0.1%)

1 という, として, にし, は人間, を比較

▼ 宮離れ~ (5, 0.1%)

5 の時

▼ 宮と共に~ (4, 0.1%)

1 あれから, この家, どこかで, 龍駕に

▼ 宮などと~ (4, 0.1%)

1 いって, 仰っしゃる親王, 同じよう, 東条内閣を

▼ 宮商角徴羽~ (4, 0.1%)

1 などの幾通り, に分け, の調べ, 新寮

▼ 宮女たち~ (4, 0.1%)

1 から受けた, に戯れ, をあ, をあい

▼ 宮弑逆~ (4, 0.1%)

3 の一事 1 の不逞

▼ 宮~ (4, 0.1%)

1 だった, であったが, である, ながら烏丸

▼ 宮時代~ (4, 0.1%)

2 のもの 1 の人々, の吉野

▼ 宮神社~ (4, 0.1%)

2 へ上り口 1 の境内, の禁酒デー

▼ 宮~ (4, 0.1%)

1 いちいち記, にて演じ, の福神化, も行われ

▼ 宮籠り~ (4, 0.1%)

1 があり, という慣例, に対した, 女の

▼ 宮良君~ (4, 0.1%)

21 が島々, の苦労

▼ 宮薗千春~ (4, 0.1%)

1 に逢, を招ぐ, を築地二丁目電車通, を訪

▼ 宮詣り~ (4, 0.1%)

1 に行った, はさせませんでした, は一生, をした

▼ 宮~ (4, 0.1%)

4 らしき

▼ 宮からの~ (3, 0.0%)

1 お召を, お手紙, 御挨拶

▼ 宮さん僕~ (3, 0.0%)

1 はお前, はこれ, は貴方

▼ 宮その~ (3, 0.0%)

1 少年の, 時汝の, 者の

▼ 宮だの~ (3, 0.0%)

1 アマブタ, 右大臣家や, 梨の木だ

▼ 宮といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, 名は, 字が

▼ 宮とともに~ (3, 0.0%)

1 一品の, 柏木に対しても, 薫は

▼ 宮などに~ (3, 0.0%)

1 對する, 懊悩を, 残ったもの

▼ 宮に対する~ (3, 0.0%)

1 人間の, 思いとは, 態度は

▼ 宮びとも~ (3, 0.0%)

3 忙しいとは

▼ 宮までも~ (3, 0.0%)

1 さらって, 妻に, 探すら

▼ 宮以下~ (3, 0.0%)

1 の公卿軍, の長袖, の陣座

▼ 宮以外~ (3, 0.0%)

1 にある, には御所, の姉宮がた

▼ 宮内省御用~ (3, 0.0%)

2 の虎屋 1 と銘打ちし

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 の仮, を見れ, 見れば

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 の惨状, の附属品, は微塵

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 にある, は現在高市郡鴨公村大字高殿小学校隣接, は聖武天皇

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 に盤踞, に示した, の適当

▼ 宮妃殿下~ (3, 0.0%)

1 のお忍び, は有名, を扶

▼ 宮守り~ (3, 0.0%)

1 から官員, に過ぎない, を望ん

▼ 宮尊良~ (3, 0.0%)

1 と四条隆資, はみか, を上

▼ 宮~ (3, 0.0%)

2 のふもと 1 にかかる

▼ 宮常陸~ (3, 0.0%)

2 の宮 1 は阿波村

▼ 宮様の~ (3, 0.0%)

1 だ人形町, をお, を承りたい

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 が女子学習院, となる, の歸國

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 に悲田, は紫, を紫

▼ 宮臧覇~ (3, 0.0%)

1 に会見, の二大将, は顔

▼ 宮視学さん~ (3, 0.0%)

1 とゾッと, と川村書記さん, に違い

▼ 宮迦羅~ (3, 0.0%)

1 すなわち矜迦羅童子, を同書, 同前

▼ 宮造り~ (3, 0.0%)

1 の山門, の掘つ, の楼門

▼ 宮鈍千木氏~ (3, 0.0%)

1 の技倆, は, も実在

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 に納め, は琴, も久ぶり

▼ 宮~ (3, 0.0%)

1 に宿し, へも二十分, を発し

▼ 宮ある~ (2, 0.0%)

1 にあらざる, よりかく

▼ 宮あれ~ (2, 0.0%)

1 ば一天宮餘とい, ば梅

▼ 宮いらい~ (2, 0.0%)

1 いつも山門, の根深い

▼ 宮および~ (2, 0.0%)

1 松平容保の, 百司の

▼ 宮こそは~ (2, 0.0%)

1 好まぬお, 自分にとっての

▼ 宮この~ (2, 0.0%)

1 かたがたとの, 杉こそは

▼ 宮さん貫一~ (2, 0.0%)

1 でなければ, は何処

▼ 宮せらるる~ (2, 0.0%)

2 と雖

▼ 宮そち~ (2, 0.0%)

1 はこの, はどう

▼ 宮だけを~ (2, 0.0%)

1 最高の, 相手に

▼ 宮ちゃんお前~ (2, 0.0%)

1 あんなこと, も丸髷

▼ 宮づかひ~ (2, 0.0%)

2 のひま

▼ 宮であっ~ (2, 0.0%)

1 てお, て積極的

▼ 宮であり~ (2, 0.0%)

1 厳めしい, 皇后崩じ給いし

▼ 宮です~ (2, 0.0%)

2

▼ 宮とが~ (2, 0.0%)

1 棟を, 歯と

▼ 宮として~ (2, 0.0%)

1 たいせつに, 女王には

▼ 宮としては~ (2, 0.0%)

1 お気の, 思召す

▼ 宮とめ~ (2, 0.0%)

2 あぐみ

▼ 宮とよ~ (2, 0.0%)

2 行宮

▼ 宮などが~ (2, 0.0%)

1 侍された, 求婚者で

▼ 宮なら~ (2, 0.0%)

1 ば如何, 金の

▼ 宮にたいする~ (2, 0.0%)

1 周囲の, 警戒以上な

▼ 宮について~ (2, 0.0%)

1 いささかの, お亡

▼ 宮にのみ~ (2, 0.0%)

1 凝注したる, 御座あっ

▼ 宮びと~ (2, 0.0%)

2 も忙しい

▼ 宮へでも~ (2, 0.0%)

1 消息を, 行ったの

▼ 宮わき~ (2, 0.0%)

1 からネ, にある

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 御筆ニ成ル, 御迎ニ来リ

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 大臣家の, 子宮金牛宮白羊座と

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 矢河枝媛と, 矢河枝比賣

▼ 宮主矢河枝比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 宮主須賀~ (2, 0.0%)

2 の八耳

▼ 宮付き~ (2, 0.0%)

1 になっ, の役人

▼ 宮以仁王~ (2, 0.0%)

1 なりき, の霊

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に住ん

▼ 宮光る~ (2, 0.0%)

2 若葉の

▼ 宮内省御用掛~ (2, 0.0%)

1 といふ格, を拜命

▼ 宮内省等~ (2, 0.0%)

1 に対して申理, への出前

▼ 宮参籠記念~ (2, 0.0%)

2 のお札

▼ 宮吉さん~ (2, 0.0%)

1 の家庭, はお

▼ 宮同妃殿下~ (2, 0.0%)

1 の来り, も来た

▼ 宮地銀三~ (2, 0.0%)

1 と云いまし, と云う

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 などと云, の意図

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 の下, を守る

▼ 宮~ (2, 0.0%)

2 に凄

▼ 宮大塔~ (2, 0.0%)

1 のよそおい, の下

▼ 宮女一人殿~ (2, 0.0%)

2 めきて

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 宮左宮あり, 進藤原為隆の

▼ 宮山梨~ (2, 0.0%)

2 の岡

▼ 宮廷隠事~ (2, 0.0%)

1 の伝説, の書き物

▼ 宮引返し~ (2, 0.0%)

1 て駅前, て驛前

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 師だの, 師石川家に

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 に担ぎ出される, の傘鉾

▼ 宮朝彦親王~ (2, 0.0%)

1 との関係, 即ち維新前

▼ 宮染さん~ (2, 0.0%)

1 から稽古, と話し

▼ 宮~ (2, 0.0%)

2 の若葉

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 が来られた, は云

▼ 宮~ (2, 0.0%)

2 の手水鉢

▼ 宮禁令~ (2, 0.0%)

1 は発布, は發布

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 などがそれ, には后稷

▼ 宮簀姫~ (2, 0.0%)

1 の名, を出し

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 が多く, は清

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 が濟む, づべし

▼ 宮詣で~ (2, 0.0%)

1 に東京, を終え

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 大夫若江修理大夫の, 太夫樫田阿波守という

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 の方, を人

▼ 宮重久右衞門~ (2, 0.0%)

1 と云, の實兄

▼ 宮鈍千木師~ (2, 0.0%)

1 なる者, の名前

▼ 宮~ (2, 0.0%)

1 で見つけた, へ入り

▼ 宮齋殿~ (2, 0.0%)

1 深く, 深に

▼1* [458件]

あたりには高, 宮あらば, 宮あらんたといこれ, 宮いまの賀陽恒憲, 宮いわゆる月卿雲客から, 宮おのれおのれ姦婦やい, 宮かた武士どもの動揺, 宮かと思った由, 宮がた高官たちが多数, 宮こそ高徳を, 宮これを釈, 宮こんな雑兵じゃ, 宮さえおいでに, 宮さま宮さまお馬, 宮さま方のお, 宮さんあなたの御, 宮さんお前さんどうした, 宮さんぢやつた, 宮さん一月の十七日, 宮さん今の奴, 宮さん何を泣く, 宮さん光線の圧力, 宮さん可羨いだらう, 宮さん宮さんと言う, 宮さん水晶の糸, 宮さん遠慮すること, 宮さん非常に酔つて, 宮まにて, 宮じゃないが, 宮すじの姫, 宮すなわち天台座主の, 宮すらも高氏の, 宮するならず実に妾輩, 宮せんとす, 宮それ海神の宮, 宮築かるる, 宮ただ一人を捕える, 宮だったね, 宮だって血縁の, 宮ちゃんお前斯ういう, 宮ちゃんさっき君の家, 宮ちゃん之れに, 宮ちゃん二階にいるだろう, 宮ちゃん今家にいます, 宮ちゃん其方の戸外, 宮ちゃん君は小説, 宮ちゃん年は幾歳, 宮ちゃん用がある, 宮ちゃん男を拵える, 宮やらう, 宮ってこんなきれい, 宮ででも感慨無量な, 宮でなく源氏の, 宮とかからのお話が, 宮とかのめでたい話, 宮とだけが旧支那式建設, 宮とだけは最も親密, 宮とてまたみかどの後醍醐, 宮とても実在では, 宮とでも何とで, 宮とやら何の, 宮とよむのだろう, 宮とを訪ねその, 宮ながら現在神として, 宮などにこそ自信の, 宮ならざるをも忘れ, 宮ならぬ宮と, 宮なりこの時太陽白羊宮, 宮なりと一途に, 宮なりなどの霊験いと, 宮なればこそ何事, 宮なんかの風景は, 宮において天下を, 宮における衛門督の, 宮にかけては天子様が, 宮にだけはもう一度お, 宮についての話に, 宮にて崩玉うとい, 宮にとっては空恐ろしくお, 宮にまで憎悪を, 宮に対してやましい思い, 宮に対してだけはよくお, 宮に対しては運命が, 宮に関する風説が, 宮のみに限られ斑鳩寺, 宮のみの字も, 宮のみは騒げる体, 宮のみ使の, 宮はかの山の下, 宮はつねに意気軒昂, 宮はやにはに蹶起, 宮はよくさういふ, 宮はんへ參つて, 宮しらめぐり, 宮ばらの女房, 宮へだけ稀有に, 宮へとの手紙は, 宮まがりの池, 宮ましたりし, 宮また筑紫の, 宮までがご落去, 宮までを連れては, 宮みたいな南京人, 宮もものふり極, 宮翁嫗の, 宮よりもこの死, 宮らしい考え方だ, 宮わか葉のなか, 宮をだけでも后の, 宮をとほりて, 宮をの余所へ, 宮をばいかにし, 宮をもお床, 宮アイ子は県立高女在学中, 宮アイ子様にお, 宮オコナイ寺オコナイという村, 宮コンコルドの広場, 宮ッ忘るるな, 宮近キ骨董舗ニテ, 宮ヘムリノ願ヲカケテ, 宮ホテルの前, 宮ヨリ南淵山ノマヂカク指向ヒテ見ユル, 宮拝ストイッタラ左様デ, 宮ヶ崎町の方, 宮の皇女, 宮一党の連判, 宮一品の兵部卿尊仁, 宮一家にだけはやや, 宮一巻は経苑, 宮一派の嫉視, 宮一社について見れ, 宮一箇のみ, 宮一見に出かける, 宮七代の滝, 宮ノ三六近藤方, 宮下寺町の寺, 宮下方で車, 宮下総香取の両, 宮世話人を手古摺らせた, 宮中宮をはじめ, 宮主スガノヤツミミの神, 宮主一人卜部三人が差遣, 宮内隔之, 宮もちて, 宮ノ七八六, 宮二十八宿やなんぞによつ, 宮二品尊雲と並ん, 宮二品親王は, 宮南都に, 宮京都の祇園, 宮亮林直康氏等が来, 宮亮経正は竹生島, 宮仁孝天皇のお, 宮かも沈め, 宮仕して一身, 宮仕で忘れられない面白いこと, 宮仕なされるのぞみは, 宮仙翁葛玄に度人經, 宮以下一驚を喫し, 宮以前に大体, 宮に, 宮何処へ行く, 宮作らしし時に, 宮作りてましましき, 宮使僧総督四条隆謌の下, 宮侍吉岡鉄之進と申す, 宮修理のため, 宮は面目, 宮健之を除く, 宮に錯, 宮入りを祝う, 宮八幡大菩薩, 宮公卿の名目, 宮が一名首, 宮其おつきの都, 宮内助すなわち城内勘定奉行, 宮内省その他の反対, 宮内省医局御用掛を拝, 宮内省圖書寮に藏, 宮内省土工司の条, 宮内省外務省以下各省と目次風, 宮内省属山田写真師槇君及私の外, 宮内省御物等をも拝借, 宮内省御用達の蝋燭屋, 宮内省御用邸塀外に老, 宮内省御用邸裏の石垣, 宮内省掌典部の星野輝興氏, 宮内省楽部のオーケストラ, 宮内省献納品で主題, 宮内省裏門の筋向, 宮内省辺りでもそれ, 宮内省陸軍皆縁故アレドモ生死別ル, 宮内閣が成立, 宮再建の企図, 宮冬日薄きに, 宮処女紋と処女座, 宮別邸の下, 宮別邸前の山径, 宮別邸裏を通っ, 宮刺殺の腹, 宮関白殿関白殿大樹公近衛殿へは, 宮劇場のプリ・マドンナ, 宮勢多の長橋, 宮十津川落に片岡八郎討死, 宮千世丸という名前, 宮参詣の山道, 宮又はもがりのみやに, 宮及び斎宮の, 宮口ずからのお話, 宮古伝の残ん, 宮いか, 宮をはじめ, 宮右大臣実資, 宮妃殿下山階宮同妃殿下も, 宮同様なタドタド, 宮后腹の五, 宮君君にはなにもかも, 宮に適, 宮喜佐谷村を経, 宮嘉彰親王が金甲馬, 宮四庵が前代, 宮の如き, 宮土産玉手の箱, 宮在るを忘, 宮地平線上にある, 宮城古寺窪平四村ヲ中牧ト云, 宮境内の勤番所, 宮新九郎等, 宮大夫俊成女と出, 宮大夫入江子爵が患者, 宮大妃周子殿下の母君, 宮大妃富子殿下故有栖川宮妃慰子殿下, 宮大聖寺殿の御, 宮大臣を詛つた, 宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 宮太夫三室戸伯爵を通じて改めて, 宮太柱がある, 宮太郎太郎冠者及ビ檜枝又三郎, 宮夫人と家柄, 宮女一の宮の女御, 宮女中の最, 宮女時代の姿, 宮女立ち小便の証拠, 宮女花の如く, 宮女院方までみな, 宮女風カルメン風歌麿風などあらゆる, 宮もあまた, 宮妃佐紀子女王殿下が御, 宮妃慰子殿下新樹の局, 宮の見学, 宮や宦官, 宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 宮嬪笑爲宴樂明皇呼爲半仙戯とある, 宮を公台, 宮宗良は湖, 宮官何十人がみな, 宮あれば, 宮をし, 宮と申す, 宮寛子女王殿下が小田原, 宮寝殿の近く, 宮寶船七福神などの模樣, 宮対岸の家, 宮対岸扁曰緇林命余詩之, 宮将軍令旨も発し, 宮将軍内方の兵, 宮将軍幕下のひとり, 宮将軍御所の空気, 宮尊胤親王も囚われ, 宮尊良親王以下八人の公卿大将, 宮小公爵の処, 宮尚薬奉御, 宮岡崎赤坂御油吉田蛸は大, 宮崇仁氏も同席, 宮崇仁親王と閑院春仁氏, 宮崩御のこと, 宮左大臣実頼, 宮左宮あり金形, 宮巨蟹宮両子宮, 宮幸若の舞, 宮は, 宮広場に進んだ, 宮の内外, 宮座頭屋というかたい, 宮庭内にある, 宮庭織物御用掛といふ官職, 宮を野, 宮廷隠謀の中, 宮建長寺円覚寺長谷の大仏, 宮廻りでしょう, 宮弘前の各, 宮彫りというん, 宮往古年中行事にも, 宮待つてゐろ, 宮御井の歌, 宮御方にも又, 宮徳大寺宮内卿三条太政大臣寺島山田らの参議, 宮志賀の辛崎明神, 宮純老元帥, 宮忠義王をも殺した, 宮恒性を中心, 宮悔いて全く, 宮愛四郎氏は本県, 宮愛四郎氏宛に残し, 宮をそっと, 宮手引草などと云う, 宮の隠微, 宮掖閨閤の詩中, 宮摩利支天の御堂, 宮放生会将軍家聊か御, 宮方位の談, 宮昌子内親王殿下ノ御, 宮明らにゆ, 宮明治神宮などがそれ, 宮明神の祭礼, 宮は料理屋, 宮晃親王殿下の若宮菊麿王殿下, 宮のかげせし, 宮月読日読の大御神, 宮本来一という子, 宮の秘, 宮がどんな, 宮柱太しき立てた橿原, 宮に非, 宮を咏ずる, 宮に飽きたる, 宮様いずれへも御無沙汰, 宮様お迎え御同勢, 宮様以外のもの, 宮様同様なお, 宮様姿をした, 宮様所在の御地, 宮様時代に持っ, 宮様用の紋章, 宮様腹の中将, 宮様見事であると, 宮樣御手植の對, 宮樣方初め大阪表並に諸, 宮歡樂の, 宮正成らと款, 宮此事をきこしめし, 宮りの, 宮比町の聞鷄書院, 宮毘羅仏の大, 宮毘羅大将と云う, 宮永久王殿下の御, 宮洋服店の事, 宮洞院ノ実, 宮の垂楊油, 宮炎上のあと, 宮焔上の光景, 宮焼打ちの際, 宮熊野落ちの条下, 宮熱田を七里, 宮の人, 宮理学士が姿, 宮高帝五年治, 宮の一角, 宮畑閑耕の胸づくし, 宮で両, 宮白羊座とこの, 宮皇太后の宮, 宮の興農園, 宮益坂まで行きました, 宮直参の諸, 宮相元老がその, 宮相撲の三役, 宮を率い, 宮知つてゐるの, 宮確乎しろよ, 宮磨羯宮射手座天蠍宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 宮社寺権門勢家の荘園, 宮社祠のある, 宮祖父の太政大臣, 宮神楽の音, 宮神楽双盤駅路山颪浪音そこへ噺, 宮を建てた, 宮の笛, 宮祭りのころ, 宮祭礼当日の事, 宮のこと, 宮移しのあつ, 宮一ノ, 宮等々のあたり, 宮答久常世辺爾復変, 宮簀姫物部氏の石上社, 宮簀媛けせりき, 宮紙石盤にすっかり, 宮には, 宮美子陛下のあれせられた, 宮羽生を經, 宮臣的のやり方, 宮舜仁法親王に扈随, 宮良氏の, 宮花園町附近に出る, 宮荒い父の, 宮荒れなば荒れ, 宮菊磨王殿下の設立, 宮薗千斎は無論, 宮薗千春方にて鳥辺山, 宮薨ぜさせ給ふ, 宮藤原晴子に五百枚, 宮藤川前新堀横手萩原を経, 宮行きをそそのかし, 宮行啓を記念, 宮行幸の時, 宮衙門の街辻, 宮袍錦を製す, 宮裕仁親王という六字, 宮裡花陰の夢, 宮西園寺禧子もこの, 宮西遊左金具彫刻は後藤平四郎, 宮視学のお, 宮視学官様のお, 宮覚えているであろう, 宮親王以下四十余人の幽閉, 宮の數, 宮訪問の神話, 宮をつくる, 宮諏訪と下る, 宮護良も弟宮, 宮護良右に尊澄法親王宗良, 宮護良親王様と同じ, 宮貴一さんなどでいづれ, 宮赦してくれ, 宮は摂津, 宮に立ち渡り, 宮近き畦を, 宮近くであるから, 宮近衛殿の庭, 宮迦羅使者をし, 宮通りを和泉橋, 宮と稱, 宮造るべき地を, 宮も皆, 宮遷都は和銅三年, 宮遺臣のあいだ, 宮邊様の長, 宮邦彦王殿下に対し奉り, 宮錦袍を着, 宮開かれて聖霊, 宮開成山からお, 宮闕合点だ, 宮闕已に塵, 宮阯あたりまで出かけた, 宮の御, 宮附属にエカテリナ二世, 宮附近に上陸, 宮るれば, 宮に, 宮静かなる万籟, 宮順禮と云, 宮館主にはもう, 宮首相はパリ, 宮高間の原, 宮鷹司公父子を遠島, 宮鷹司太閤近衛左府一條二條徳大寺その他数十家へ慎み, 宮黄村という男やもめ