青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「室内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

実験~ ~客 客~ 客観~ 客間~ 宣~ 宣伝~ ~室 室~ ~室内
室内~
~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~ 家々~

「室内~」 2491, 27ppm, 4341位

▼ 室内~ (594, 23.8%)

13 様子を, 空気が 10 空気は 9 空気を 8 電灯が 6 様子は, 空気に 5 光景は 4 人々の, 光景が, 光景に, 光景を, 模様を, 装飾は, 装飾を, 調度は 3 ようすを, 一隅に, 中央に, 机の, 様子が, 模様が, 空気の, 者は, 装飾に, 闇を

2 [40件] おふささん, すべての, ふたりの, ほかの, ストーヴの, 一同を, 一同声を, 人々は, 人物としては, 光りが, 光りを, 光線が, 光線は, 動静を, 卓子の, 圧力が, 壁には, 大きなデスク, 怪塔王は, 息づまるよう, 情景に, 掃除, 掃除は, 有様を, 有樣, 温度が, 温度は, 温気の, 灯が, 灯を, 煙が, 物を, 状況は, 異様な, 装飾などは, 装飾の, 調度が, 鈍い光線, 闇に, 雨音の

1 [382件] あそびごと, あちこちに, あちらこちらでは, あの安楽椅子辺, あらゆる戸棚, あらゆる痕跡, ありさま, ありとあらゆる物, いきれと共に, いる所, うす暗い片隅, からくりにも, がらんと, くもの, この人々, この光景, この静寂, さまでも, さまなりき, さまを, ざわめきに, しじまに, すみずみ, てれ加減が, どこに, どこにも, どこへ, どこまでも, どこやらに, どの男, にごった空気, ひねもす, ひろさ, ほこりを, ほんの一部分, ものだけ, ものらは, もの音は, もれ灯, ゆとりない, ようすが, よさ, わびしさ, シーンでも, スイッチを, スケールも, スタンドの, タタミの, テレビジョン電話の, デスクの, トランクが, ベッドを, 一人と, 一切の, 一同の, 一同まじまじ, 一番大きな, 一種異様な, 一部が, 一部だけを, 一部とを, 一部へ, 一隅にかけて, 一隅を, 七人の, 七人は, 三人は, 三人びっくりし, 三計器は, 上半部が, 乱刃で, 乱暴な, 事を, 二人には, 二人は, 五人には, 人々に, 人々まで, 人々を, 人たちは, 人の, 人は, 人を, 人工の, 人影で, 人情本趣味を, 人物は, 人物を, 什器の, 什器は, 什器も, 什器や, 什器を, 仕事を, 何物にも, 余りに, 傍聽人は, 僅かな, 働きは, 僕に, 先客である, 光った金具, 光に, 光は, 光景から, 光景だ, 光景であろう, 光景と, 光景とは, 光景の, 光景も, 光景及び, 光線で, 光線を, 冷気が, 冷気に, 凡ての, 凡てを, 凡ゆる, 刑事に, 十分な, 午後の, 半分から, 卓に, 卓上の, 卓上電話に, 単調の, 司令官の, 司令官は, 司令官を, 品物を, 喫煙は, 器やら, 器具で, 器物の, 器物を, 四方へ, 場面すっかり, 塵が, 壁は, 壁や, 壁紙に, 声は, 変化に, 夜の, 大鏡, 天井へ, 天井めがけ, 太陽と, 奥に, 奥まで, 奧深く, 女中に, 娘を, 安楽椅子に, 家具の, 家具は, 家具や, 家具装飾等卑俗な, 富五郎の, 寒暖計は, 寝台の, 寢臺の, 将校たちは, 小姓まで, 居なりへ, 山城守を, 左手東側に, 幸福を, 幾側にも, 廣さは, 影も, 心地よく整頓, 怪塔王の, 恐ろしい有様, 患者の, 惡戲は, 惨めさが, 惨めな, 拝観を, 拭掃除から, 掃除に, 掃除を, 掃除整頓を, 掃除防寒具の, 散歩を, 整理やら, 整頓な, 整頓を, 方々も, 方が, 方を, 日が, 春の, 春光は, 暗くなった, 暗くなつた, 暗さ, 暗黒が, 最も恐ろしい, 有様などには, 有様は, 朝の, 本棚や, 東方に, 様子に, 模様は, 樣子を, 機械を, 機械的な, 欄間の, 正面には, 歩行に, 毒ガスは, 気は, 気分が, 気圧が, 気圧は, 気温が, 気温を, 気温気圧湿度が, 気象の, 気配の, 水槽で, 水瓶に, 水蒸気が, 汚穢はた, 洗面台で, 浮気な, 清掃が, 清楚で有り得る, 清談に, 温度で, 温度の, 温度を, 温度八十五度, 温気と, 温気に, 湿った空気, 演劇からは, 濁流の, 濕氣を, 灯で, 灯りを, 灯光が, 灯火が, 灯火と, 灯火も, 焜炉の, 煙の, 照明が, 照明に, 照明は, 熱量は, 燈し, 燈で, 燈消ゆる, 燈火が, 燈火の, 燈火を, 燭では, 爆笑は, 物が, 物の, 物品が, 物品などを, 物品に, 物品は, 物品も, 物影には, 状が, 状況, 状況を, 玄心斎障子を, 生徒全体が, 生活ぶりが, 生物たちを, 用具も, 異臭を, 畳を, 白い半, 白い壁, 白壁を, 真紅の, 眼が, 空気がらおのずから, 空気だった, 空気も, 空気よりも, 空気些も, 空氣に, 空氣は, 空氣を, 空虚が, 空間には, 空間を, 立派な, 絵の, 絵を, 絵画器具について, 老爺さん, 者が, 者を, 花瓶燭台に, 薄ら明りの, 薄暗がりの, 薄暗さ, 衣ずれをも, 装飾が, 装飾すこぶる, 装飾でも, 装飾と, 装飾なんぞも, 装飾にまで, 装飾も, 装飾品手道具が, 装飾等の, 襖かげ外から, 要所にと, 見えない位置, 見えぬ姿, 見当は, 設備などは, 読書家たる, 誰からも, 誰かを, 誰もが, 調度, 調度そのものも, 調度と, 調度という, 調度に, 調度の, 調度まで, 調度を, 調度全部が, 調度品を, 談合は, 諸器物, 讀書家たる, 豪華さに, 造作は, 造作を, 連中が, 遊び道具は, 道具などにだけ, 遠景を, 遠望の, 配置の, 配電盤の, 金や, 金博士は, 鏡に, 陽氣を, 隅々まで, 隅々までも, 隅の, 隈にまで, 雰囲気は, 電気が, 電灯の, 電灯は, 電灯を, 電灯スイッチを, 電燈と, 電燈も, 電話器が, 霧の, 青白いよう, 面目を, 風景は, 食卓の, 飾りすべて, 飾りつけ書物, 飾りも, 飾付を, 飾附は, 騒ぎが, 騒ぎを, 高い長押, 高声器, 鼾は

▼ 室内~ (498, 20.0%)

10 入って 6 足を 5 ひとりで 4 人の, 於て, 流れた 3 あって, いなかったもの, 充満した, 入ると, 向って, 這入って

2 [32件] いたもの, いた者, とどまって, とびこむと, 二人の, 何か, 侵入し, 充ちて, 充満し, 入った, 入ってから, 入り込んで, 入れた, 向けて, 姿を, 射しこむ家, 居る人, 帰つて来た, 張られた紐, 忍び込んで, 描き出したの, 燦爛たる, 立てられた明るい, 籠って, 置いて, 舞を, 蟄居し, 起つた光景, 躍りこみました, 躍りこんだ, 集って, 飛び込んだ瑠璃子

1 [383件] あった, あったもの, あったラジオ, あった背, あった自動車同士, あっては, あふれるやう, あふれるモスク, あらはれる, ありて, あり圓い, あるかと, あるすべて, あるとを, あるの, あるらしい, あるウラスマル君, ある何物, ある操縦席みたい, いたこと, いたに, いたん, いた一同, いた二十人, いて, いても, いなかったかも, いなかったと, いなかったものの, いらっしゃるから, いるかも, いるに, いるの, いる彼, いる時, いる警官たち, いれば, うずを, おこり博士, おとなしくしてない, かかげて, きちんと並ん, くいとめて, この深, こもって, こもつて, こもり夜じゅうそ, こもり夜ぢ, さし入る, さし込んで, さっきまでは, して, しのび込む, すこしばかりの, ただ渠, たちこめて, たらし鉤, つくられて, つやつやと, ときを, とじこめられた単に, とびこみました, とびこんだらしいその, とびこんで, なかった, なく面前, なり次, なんにも怪しい, はいったが, はいったとき, はいった人々, はいった黄金豹, はいり込もうと, はおりませぬが, ぱっと百燭, ひき籠らせて, ひそんで, ひっぱりこんだ, ひびきわたりました, ひびきわたるリキー, ふくれあがつて, ふりまかれて, ぶら下った, ぼかされて, ぽと, まだ毛, みちみちた, みなぎらせる, みなぎるすさまじい, ゐて, ゐるかれを, カーニヴァルの, ドンドンドン, モヤモヤと, レコードを, 一つ十燭光の, 一人ずつ, 一人で, 一人の, 一個の, 一時間も, 一杯に, 三人の, 上がって, 上りこむや, 五人の, 人のけ, 人を, 人間が, 今しも, 今起り, 仰臥してう, 何者か, 侵入した, 倒れて, 僕一人が, 充ち, 充ちたチエイン, 充満する, 光って, 入ったとき, 入った署長, 入ってからも, 入っても, 入り, 入りしが, 入りて, 入ります, 入り同時に, 入り来って, 入り来る, 入り来るを, 入り込むこと, 入る, 入ること, 入るなり, 入るに, 入るべきもの, 入るやいなや, 入れて, 入れば, 入れまいとして, 入ッ, 其の大, 具えつけて, 冬の, 出現し, 刀掛が, 半暗, 南町奉行大岡越前守忠相様が, 博士が, 取り付けた瓦斯煖炉, 取り残されたまま, 取付けて, 吐き出した, 向き直った, 吹き入れしめるとき, 吹付けた, 唯渠, 四つばかりの, 圧力の, 在つて道, 在りますもの, 坐つて, 坐つて冥想, 壇を, 大きく円, 大きな電灯, 大利根博士は, 大音響, 子供を, 宙に, 密封された, 射し込んで, 居られたの, 居ると, 居合わせたの, 屍体とともに, 山積し, 席を, 帰りぬ, 座って, 引いて, 引きこもうと, 引返した, 当分預っ, 彼女を, 待って, 心持よく, 忍びこみ鍵, 忍び入った, 思いがけない新しい人, 悪臭ある, 意外な, 慌しい足音, 戸外の, 戻つて行, 戻る道, 投げこみ被害者, 投げた, 投げて, 抜け穴なんか, 押し戻すと, 押入れられ如何なる, 招じ入れた, 持ちこんで, 持ち込む, 撃ちこまれた, 撒いて, 放ったの, 放って, 散らばって, 於けるあらゆる, 於ける只, 於ける配置, 日本人を, 時々ポタンポタン, 最少限の, 机の, 板の, 梯子段が, 死んだよう, 死体の, 残って, 残り高田, 残る煙, 殘し, 毛布を, 氷が, 沈黙が, 洋装の, 流れて, 流れる冷たい, 流れ込んだ, 流れ込んで, 浮き上つてゐる, 浮き出た姿, 浸みこんで, 深く閉じ, 満ちて, 満ちみちて, 溜まった石灰, 滑りこんだ, 滿ちた, 漂いはじめた, 漂う, 漂うて, 漂う寒, 漂った, 漂つた, 漂は, 漂わして, 漆器と, 漲るには, 濃く充満, 濛濛として, 火氣の, 点されたばかりの, 無かった, 無気味に, 無造作には, 煖炉を, 煙の, 照りはえ火, 燦く, 犇めき合って, 犯人が, 狂気の, 珍しく雪子, 現れて, 現れ奥さん, 現われて, 現われは, 琴を, 用意し, 異様の, 疲れきつて, 発見し, 白石夫人の, 目立つの, 眠って, 石が, 硝子の, 神棚が, 積みかさねられて, 突き入れて, 突き入れながら, 立ちのぼった, 立ちのぼりました, 立ち籠め, 立ったまま, 立った羅門塔十郎, 立入りて, 籠もっ, 籠りたり, 籠りたる生, 籠る, 籠るラムプ, 籠る煙草, 籠を, 籠居する, 粧飾用を, 續い, 置かれて, 置くこと, 自分ただ一人と, 自分唯一人と, 興味を, 若松屋惣七, 茫と, 菊の, 落ちる, 蒸発を, 蔭と, 蟋蟀が, 蟠蜒, 行くと, 衣ずれの, 装飾と, 記者連中の, 詰めて, 誰も, 赤外線男が, 走り込んだ清澄, 起ち居, 起ったが, 踏みこんだ妾, 踏み込んで, 躍り出でた, 軍隊の, 転がった, 転がり込んだ, 転げこんだ, 転げ込みました, 転げ込んだまま, 辷べり, 辷り込まうと, 近づけて, 送って, 送つて, 送り込まれたか, 送ること, 逃げ帰って, 這入つて, 這入ると, 連れこんだの, 連環し, 進みぬ, 運ぶ, 運動所を, 遺書および, 重く漲っ, 金属, 金銀珠玉を, 銀扇を, 閉じこもって, 閉じこもりがち, 閉じ籠り定, 閉じ込められた人, 閉籠つてゐ, 閉籠つて今朝大佐から, 閉籠つて兼て, 閑居する, 闖入した, 闖入したるなりけり, 陳すれ, 集まった, 雨を, 雪子と, 電灯を, 非常に, 靴音が, 響きて, 顧みて, 飛びこんで, 飛び廻って, 飛び込みランプ, 飛び込むと, 飛び込んで, 飛込もうと, 馬が, 駈け込んで, 高圧瓦斯が

▼ 室内~ (428, 17.2%)

9 見廻して 8 見廻した 6 歩き廻って 5 照らして, 見まわした 4 掃除する, 照し, 見, 見まわして, 見廻したが, 見渡した, 覗き込んで, 隅から 3 あっちへ, うかがって, のぞき込んで, 大股に, 明かるく, 歩きながら, 歩きはじめた, 見廻しました, 見廻す

2 [36件] あちこち歩き出した, ぐるぐる見まわし, ぐるりと, のぞきこんで, のぞき込んだ, みまわしながら, グルグルと, 一巡し, 描けるもの, 散歩し, 歩いて, 歩きはじめたが, 歩きまわった, 歩きまわりながら, 歩き出した, 歩き初めたが, 歩き初める, 歩き廻った, 流れた, 漫歩し, 照した, 照らした, 物色した, 真昼の, 眺めて, 窓から, 見た, 見て, 見まわしたが, 見廻したもの, 見廻すと, 見廻わ, 覗いた, 覗いて, 覗きこんだ, 領し

1 [264件] あたためても, あちこち歩いた, あちこち歩き, あちらこちらと, あっちこっち歩いた, あっちこっち歩く, あらためて見た, あるきだした, あるき廻ると, いくら探し, いちおう捜査, うかがい見るに, うかがった, うすぼんやり, うろうろと, うろつきはじめた, おどるよう, お片づけした, かくしそして, かたづけるとき, かわるがわるに, きょときょと見廻した, くるりと, ぐるぐる廻り出した, ぐるっと一, ぐるっと見まわした, ぐるっと見渡した, こつこつと, こま鼠の, さがしはじめました, さがしまわって, さぐり歩いて, さしのぞいた, さまよ, しばらくのぞい, しらべおわると, しらべて, すたすたと, ずいぶんうろついた, その家具, てらした, でてから, とびあるいて, どうやら見定める, なお十分, ながめて, ながめまわして, のこのこ歩きだした, のそ, のぞいた, のぞいて, のぞきこむの, のぞき込む, のぞき込んだの, ぱっと照らさせ, ひとわたり眺め, ぴよんぴよん飛ん, ぶらぶら歩い, ぶらぶら歩き, ぶらぶら歩きはじめた, ぼんやりと, ぼんやり眺めた, またきょろきょろ, また見渡しました, まっくら, まっ暗に, みまわして, みまわしました, みると, めぐらせて, もう一度眺め渡し乍ら蜂屋文太郎, もの珍しさうに, もの珍しそう, ゆりうごかして, よくさがし, カッと, キリキリ舞いを, クルクルと, グルグル廻る, グルグル歩きまわる, グルッと, ゴトゴト歩きまわっ, ジロジロと, ジロリと, ズッと, ソロソロと, テーブルの, ドシリドシリと, パッと, パツパツと, ヴェランダや, 一と, 一巡りした, 一応隅, 一目見, 一目見た, 一通り見廻した, 一通り見渡した, 丁寧に, 七歩あゆめ, 上に, 不安そうに, 何者とも, 出て, 匝環し, 南京花火の, 占めた, 占領し, 占領した, 取片, 取片づけて, 吹き通した, 呆然と見廻す, 和らげ分担, 填充, 夢中で歩き廻っ, 大胯, 威圧し, 寒さ, 廻って, 慌ただしく閃いた, 手早く片づけた, 抜ける, 指さして, 指し, 指した, 振り向いたとき, 振り返って, 捜し廻る, 掃いて, 掃除し, 探して, 掻き乱した, 支配した, 改めてズーッ, 散歩し始めた, 散歩する, 整理し, 明るくした, 明るくする, 暗示する, 朦朧と, 横伝いまだ, 檻に, 歩き, 歩きだした, 歩きはじめる, 歩きま, 歩きまわって, 歩きまわり初めた, 歩き出したもの, 歩き回り再び, 歩き始めたが, 歩き廻つた, 歩き廻つたり, 歩き廻りながら, 歩き廻りました, 歩き煙草, 歩くこと, 歩くと, 歩くにも, 歩くの, 歩く事, 歩く程度, 歩み, 歩みながら, 歩みはじめた, 歩み出し, 歩めと, 歩行し, 水で, 注意ぶ, 注視した, 活動写真に, 温めること, 滑つて歩き, 濃い緑色, 炊事場と, 焚きしめて, 照す, 照らしつけた, 照らしつけて, 照らそうと, 熱心に, 片づけ終つた時, 白目沢山で, 盗み見るという, 眞つ, 眺めた, 眺めたが, 眺めました, 眺めまわしたこと, 眺めると, 眺め廻した時, 眺め廻すと, 睥睨する, 睨ませたが, 睨め廻したが, 睨んで, 瞳が, 確めて, 空気が, 窺いながら, 窺うと, 窺う帆村, 窺った, 窺って, 篤と見定め, 縦断する, 葡いまわって, 薫ぜしむ, 行きつ戻りつして, 行きつ戻りつしながら, 行ったり, 襲って, 見つめたまま, 見てから, 見まわし, 見まわした末, 見まわした眼, 見まわしてから, 見まわしながら, 見まわしまた, 見まわすと, 見やった, 見ること, 見るに, 見わたすと, 見わたすや, 見下ろさうと, 見入れたれば, 見廻したけれど, 見廻したり, 見廻した主膳, 見廻した揚句, 見廻した眼, 見廻し私, 見廻ったが, 見廻は, 見廻わし, 見廻わす, 見渡した後, 見渡して, 見渡すと, 見詰めて, 視線で, 覗いたのち, 覗かせて, 覗き込みました, 覗き込んだ, 訪れた時, 調べて, 賑々しく明るくした, 赤くし, 走り廻つて, 跳ねまわって, 躍るかの, 軽く辷る, 逃げ廻って, 通るのに, 頷した, 飛び, 飾る種々, 飾る美術品

▼ 室内~ (221, 8.9%)

6 まっくら 2 しんとして, ひっそりと, 余り大きく, 四季常に, 妙に, 寂寞として, 少しも, 沈黙の

1 [199件] いやに, いよいよ静まり返った, うすぐらい, うつすらと, おそろしく乱れ, かなり混ん, がらんと, くらくなった, こうも, こんな貧弱, さっきと, しいんとし, しばらくシーン, しんしんと, すっかり暗く, すっかり荒され, すべて其儘に, たいへんしずか, ただ明るく楽しい, たちまち硝煙, たとえよう, だいぶ闇, ちょうど颱風一過後, ちょッとだけ, とても暗く, どういうもの, どこのかべも, どんがらどんがらやっ, どんなに高度, なま温く, なんとなく暗, ぱっと明, ぱっと明るく, ほとんど暗々, ほの, ほのかに, ほの暗かった, ほんのり明るい, ほんの数秒, ますます明, また暗澹, まだ明るい, まだ薄, まったくの, まっ暗に, まるで屠殺場, まるで牢獄, まるで画, むし暑いから, むし暑かった, むっとする, むっと蒸れ, もうお互い, もうほの暗い, もうもうと煙, もう暖め, もう暗く, もう薄闇, もちろんがらんどう, もとの, ようやく闇, よくは, よけいに, スウッと, マグネシウムの, モトの, 一層賑, 一目で, 一瞬に, 一面の, 万国寝台会社の, 不潔の, 乱雑に, 他人の, 何一つ動く, 俄かに, 光線が, 全く森閑, 全く静か, 再びもと, 再び闇, 再び静か, 出て, 出拂つて, 割に清潔, 動揺む, 勿論すこし歩け, 勿論戸棚, 十坪ほどの, 午後二時と, 只なんとなく暖, 四畳半ぐらいの, 土間なり, 土間の, 外が, 外套を, 夜が, 大きな雪洞, 大丈夫と, 大混雑, 太陽の, 存外凝った, 存外静か, 実に乱雑, 寂然した, 寂然靜返, 密閉され, 広いので, 彼を, 応急灯だけと, 急に, 恰で, 悪臭激しく, 戦場の, 整然として, 明るい, 明るかった, 明るくいろいろ, 明るくなった, 明るくなる, 明るくテーブル, 明るく人々, 春の, 昼でも, 昼を, 暖かい, 暖かで, 暖炉の, 暗かった, 暗くて, 暗くなっ, 暗くなった, 暗室に, 暗黒であった, 暗黒と, 暗黒なる, 暮れて, 書物で, 有って, 朝の, 次から, 次第に静か, 殆ど真暗, 水の, 水を, 流石に, 深い霧, 混乱驚愕の, 湿気と, 濛々たる, 濛々と, 灯が, 無人でしょう, 焦げた毛, 煙で, 煙草の, 燈火が, 燈火明, 直ちに暗室, 直に乱雑, 眞暗, 真暗だった, 真暗で, 真暗に, 眼の, 硝子の, 空っぽだ, 空気の, 空虚で, 窺き見る, 絶対に, 綺麗でも, 膿汁に, 膿臭で, 至極あっさりした, 荒れ果て樽, 荒波に, 莫迦げて, 薄暗くなつ, 薄暗くなり, 薄暗くなりかけた, 薄暗く陰気, 見えるが, 誰一人息を, 贅沢に, 赤あかと, 適度に, 鉄格子の, 闃として, 闃然として, 闇と, 闇に, 闇黒だ, 静まり返って, 非常に, 音楽に, 香の, 騒然として, 鼾の

▼ 室内~ (140, 5.6%)

10 入って 9 はいって 6 はいった 4 入った 3 入ると, 戻って, 招じ 2 侵入し, 押し込んで, 足を, 飛込んで

1 [94件] あがって, あがらずに, あげたん, うつしたらそこ, おくられはじめた, おどりこみました, おどりこんだ, かくれた, きらめき込んで, ころげこんで, さきに, さし出されるの, さまざまの, すべらせて, すべりこんだ, つきとばした, ぬぎすてて, はいられては, はいりこんで, はいり椅子, はいると, はいるの, はいれ, はなやかな, ひきかえした, ひきずり落された, ほうりこんで, また戻っ, まったく予期以上, もどって, 一歩踏み入れました, 上がって, 上げたくないと, 上らずに, 主君秀吉を, 入りうしろ, 入りこんだ, 入れなかったので, 入れ扉, 冷たい空気, 向けて, 吹き入り卓上, 姿を, 威勢よく, 室外の, 導き入れた, 帰って, 帰らうと, 庭口へ, 引き返す左膳, 引っ張り上げたもの, 忍び込む方法, 急に, 戻つて, 投げ入れて, 押し戻して, 持ち込みながら, 振り向けて, 推し遣つた, 放尿する, 机の, 来て, 案内する, 洩れ聞えて, 流れた, 流れて, 流れる光, 滑りおちて, 点じた如き調子, 独り忍び入る, 移して, 突きおとす, 突入し, 組立て梯子を, 舁き入れて, 落ちて, 行って, 言って, 走らせた眼, 踏み込むと, 躍り込んだが, 迎え入れて, 退いて, 送った, 逃げ込んで, 這入って, 通った泰軒居士, 集められたの, 雪崩こん, 飛び込むこと, 飛び込んだ, 飛んで, 駈け戻つた, 駒井が

▼ 室内には~ (125, 5.0%)

7 いって 2 だれも, 二人の, 螺旋で

1 [112件] ある, いると, うつらないの, お照, この外, これぞという, これと, さまざまな, さらに奇怪, しばらく弛みきった, すでに艦長水原少佐以下, すべての, その前, たくさんの, たちまち明るい, どの様, ぱっと明, まことにふしぎ, まだ晩方, まだ沈黙, もうひとり, もう一人, もはや高く, やや色, シャンデリヤが, シューシューと, ベッドの, ボストンテリヤと, ボーッと, ポータブルの, 一つも, 一小, 一種の, 一行六人の, 七輪にも, 万一の, 三々五々塊, 不細工千萬に, 乗客達が, 二個ずつの, 二本の, 些細の, 仕事に, 位置の, 何か, 何の, 何も, 何事も, 例の, 入ったすぐ, 前から, 剥製に, 半透明, 参詣の, 古いテーブル, 器械が, 壁や, 大きな二つ, 大きな鏡, 大した貴重, 大原家の, 奇妙な, 嫩い, 實に, 居る筈, 巖疊な, 已に闇, 座を, 彼の, 彼一人なりき, 戸外と, 招じ入れませんでした, 既う, 明るい電灯, 明るく秋, 書籍や, 曽て, 桃色の, 椅子が, 殆ど居残った, 油と, 泰造が, 海底超人の, 消し忘れた, 火が, 灯が, 燈火が, 燭台を, 犯人の, 現に誰, 男性的な, 白いテエブルクロース, 白い灯, 白衣を, 窓さえ, 窓に, 聞えて, 薄燈, 蚊いぶし, 蠅一匹見えやしない, 西洋の, 見えなかった, 見馴れぬ舶来, 誰も, 足跡が, 通辞の, 金泥の, 陳列品の, 電灯が, 電灯は, 電燈が, 青白い瓦斯ランプ

▼ 室内~ (66, 2.6%)

7 急に 2 むれて, 明るくなる, 煙で, 見える

1 [51件] あかるい, あまりにみすぼらしく, いやに, かえってすがすがしく, からりと, ざわついて, しいんとなった, すうつと, すでに夢, その水, ちゃんとし, にわかにパッと, ぱっとくらく, ぱつと明るく, ひとめに, ひどく荒し, ぼうっとしてる, みんな陰気に, よくみえます, パッと, 三人だけに, 三年程, 仄かり暖まっ, 余程暗く, 俄に, 割合に, 夕暮ぐらいの, 大変明るく, 寒さうに, 広きに, 明るいの, 明るくちゃ, 明るくなった, 明るくなり, 暗くなっ, 更めて, 森として, 温室の, 瀟洒として, 煙草の, 熱うなった, 珍しかつ, 真暗に, 確実に, 薄暗く差向い, 見えて, 見えない, 見えました, 見えると, 見渡された, 遽かに

▼ 室内~ (60, 2.4%)

1 [60件] かいて, かの僧, きこえた笑い声, きのうきょうは, こんな物, さへ, たつた一人, つけて, もう一名, アコーディオンを, ガラスの, 一人の, 一時間毎に, 七十八度あります, 七十四度と, 不思議な, 伸子は, 何か, 例の, 再び考へないで, 写生を, 出来るいろいろ, 回復され, 夜分まんざら, 大きな声, 大人は, 小さなもの, 左の, 帽子を, 息と, 文字を, 朝から, 椅子によって, 歌ったり, 歌は, 正成と, 水色の, 発見された, 眼に, 睡眠剤を, 研究した, 結ばれた愛, 絵が, 肺病患者の, 自由に, 若い女, 行われまた, 行われる犯罪方法, 装置する, 見た時, 話声が, 輪投げなど, 近い目, 過すこと, 道子を, 金物に, 隣合って, 零度乃至, 非常に, 顎骨を

▼ 室内から~ (48, 1.9%)

3 声を 2 出て

1 [43件] うったよう, きこえた, ご返事, さす燈火, その腕金, ぱっとあかるい, みな振り向いた, もう一人, 一歩も, 三文判を, 二人を, 二本の, 出られなかったそして, 十七ばかりの, 半弓を, 南京虫が, 叫んだ, 呼び返されて, 外に, 大声で, 宝石入りの, 扉の, 投げられるよう, 振向くと, 氷の, 溢れる皎, 澄んだ碁石, 男と, 発火し, 立ち去る, 絹を, 総てが, 縁へ, 良人を, 街頭に, 街頭へ, 見えるの, 見ると, 視線を, 返事が, 飛び出して, 飛び出すとき, 飛んで

▼ 室内装飾~ (22, 0.9%)

2 のこと友人

1 [20件] がナポレオン, が支那風, が施し, として並べた, との見本, などをした, などを直させる, につい, に盛ん, の一例, の弧, の或, の本, の趣味, は何, は実に, は有りふれた, までこの, も庭, を剥ぎ取っ

▼ 室内では~ (16, 0.6%)

1 [16件] すべてが, それにも, リット少将が, 乗客たちが, 依然たる, 先から, 夕方に, 夜更けの, 有毒瓦斯は, 死面を, 殊にひどく, 盤崛し, 菊が, 蝋燭が, 警報ベルが, 音盤が

▼ 室内~ (16, 0.6%)

1 [16件] いくらかざわめき立った, こんなに新し, たった一つ, どことなく潮, よち, 北方ゴート風の, 同じこと, 同じよう, 周圍から, 急に, 染りそう, 窓の, 立派で, 自ら陽気と, 見えない, 頼まれも

▼ 室内にも~ (8, 0.3%)

1 わざと遠く, 及んで, 外にも, 彼自身の, 漂って, 窓が, 襲って, 見えない

▼ 室内~ (7, 0.3%)

1 この人間, そこに, 云はず廊下と, 云わず廊下, 室外の, 廊下にかけて, 新しい調度

▼ 室内でも~ (6, 0.2%)

1 トンビを, 九十度を, 山高帽を, 息は, 皆足踏み, 障子とか

▼ 室内温度~ (6, 0.2%)

1 がどう, がやや, が前, の下降, は零下十二度, を保つ

▼ 室内からは~ (5, 0.2%)

1 ついたばかりの, なにかどすん, 一つの, 別人の, 返事が

▼ 室内へは~ (5, 0.2%)

1 いるが, いるや, ひつて, 庭からの, 戻りません

▼ 室内~ (5, 0.2%)

1 がついた, のスイッチ, の光, の線, を睨み上げ

▼ 室内遊戯~ (5, 0.2%)

1 などで開塾, にたまらない, に実に, の材料, をあまり

▼ 室内~ (5, 0.2%)

1 だった, であること, をじゅうたん, をはい, をはいた

▼ 室内捜査~ (4, 0.2%)

1 が始められた, のけっか, ばかりし, を開始

▼ 室内監禁~ (4, 0.2%)

1 しました, にあった, をうけ, をくった

▼ 室内~ (4, 0.2%)

1 だったでしょう, をきた, を出し, を脱ぎ捨て

▼ 室内~ (4, 0.2%)

1 という, を取り上げました, を携え, を胸

▼ 室内いっぱい~ (3, 0.1%)

1 にう, に立ちこもった, の大きな

▼ 室内における~ (3, 0.1%)

1 人間以外の, 仕事である, 題材の

▼ 室内にまで~ (3, 0.1%)

1 漂い込んでる薄, 火矢の, 響いて

▼ 室内へと~ (3, 0.1%)

1 とってかえした, 移った, 移り迫っ

▼ 室内~ (3, 0.1%)

1 その部屋, 園内の, 室外の

▼ 室内より~ (3, 0.1%)

1 仕切りたる体, 街頭へ, 見ゆる處

▼ 室内体操~ (3, 0.1%)

1 つづいて, にはじまった, をする

▼ 室内~ (3, 0.1%)

1 がかぶられ, をかぶせ, をかぶっ

▼ 室内生活~ (3, 0.1%)

1 から解放, により一般, の凝

▼ 室内電燈~ (3, 0.1%)

1 に照らされた, のスウィッチ, の光

▼ 室内電話~ (3, 0.1%)

1 が鳴った, で女中, を使っ

▼ 室内風景~ (3, 0.1%)

1 かという, なんかには色彩, ねあれ

▼ 室内からの~ (2, 0.1%)

1 物音に, 返事が

▼ 室内にて~ (2, 0.1%)

1 前記の, 李の

▼ 室内まで~ (2, 0.1%)

1 明るいほど, 異変を

▼ 室内よりも~ (2, 0.1%)

1 よほど冷やか, 高いの

▼ 室内三度室外零度~ (2, 0.1%)

2 でありましたからな

▼ 室内全体~ (2, 0.1%)

1 が真暗, の見渡し

▼ 室内~ (2, 0.1%)

1 である, をやっ

▼ 室内散歩~ (2, 0.1%)

1 の歩調, を繰返

▼ 室内旅行~ (2, 0.1%)

1 の夢, をする

▼ 室内~ (2, 0.1%)

1 の女, を寛

▼ 室内水泳場~ (2, 0.1%)

1 を中心, を利用

▼ 室内照明~ (2, 0.1%)

1 に使, を消した

▼ 室内~ (2, 0.1%)

1 にはピンポン, の環

▼ 室内画家~ (2, 0.1%)

1 かというお尋ね, だったね

▼ 室内~ (2, 0.1%)

1 なもの, な静か

▼ 室内管弦団~ (2, 0.1%)

1 に加わり, の演奏

▼ 室内電線~ (2, 0.1%)

2 を修繕

▼ 室内音楽~ (2, 0.1%)

1 でも附属, にドイツ

▼ 室内音楽会~ (2, 0.1%)

1 が催され, が行なわれた

▼1* [115件]

室内いちめんの鮮血, 室内および死体の, 室内かすかに吐息, 室内さがしにやや, 室内さながらに白昼, 室内しんとして水, 室内しんしんとし, 室内すべてを照明, 室内たくさんの寄贈品, 室内ただ喉の鳴る, 室内たちまち真闇, 室内から塵, 室内だけに特に圧力, 室内であれば家政婦, 室内での僕の, 室内とは同じ建物, 室内のか, 室内ならとにかく税関, 室内においてはほとんど高低, 室内においても不用な, 室内にてはストーブを, 室内にても灯なく, 室内にでも戸外にでも, 室内にのみ閉じこもって, 室内にばかり引込み勝ちで, 室内のみならず室外, 室内きを, 室内へでも懸けおく時, 室内へもはいって, 室内また音も, 室内までが黄金色に, 室内までもはいりこんで, 室内暗みゆきつつ, 室内ようやく暗く人々, 室内よりはここの, 室内蟋蟀ガ鳴, 室内ブランコなどあっ, 室内プールの失敗, 室内暗クシタ, 室内一杯に磅, 室内一面にバラ, 室内一面濛々とした, 室内七十三度海水七十四度なり, 室内七十四度にのぼる, 室内上手の部分, 室内には黄いろい, 室内乃至風の, 室内九十度に上った, 室内仕掛けの新, 室内体操場でバスケットボール, 室内八十五度にのぼる, 室内劇場とでも命名, 室内噴水のそば, 室内塵一つ止めない寂し, 室内壁辰は茶の間, 室内大きなテーブル椅子四五脚多少, 室内姿を鮮明, 室内容貌表情などに関する詳細, 室内射的といふことさ, 室内射的場がつくっ, 室内屋台の上, 室内屋外各種の遊び, 室内ヲ穿イテ来タ, 室内左手の中央, 室内帽子をかぶった, 室内廊下を照らし, 室内然縄床, 室内復音もなく, 室内戦略家がもろもろ, 室内捜査法はこの, 室内掃除の大体, 室内操櫓器と名, 室内散策を始めた, 室内の如く, 室内檻禁にあった, 室内は広々, 室内次第に暗くなる, 室内気圧計へ目, 室内清潔衛生に注意, 室内点検の獄吏, 室内煖爐の瓦斯, 室内照りて真昼, 室内燈火を使用せり, 室内狭くして, 室内的玩弄品として用いられる, 室内福神鬼刹鍾馗等の画, 室内空気の寒暖, 室内競技に至る, 室内競技場へ行こう, 室内競馬と銘売, 室内給仕に昇格, 室内が切断, 室内の胃の腑, 室内舞台の形式, 室内装飾具は素っ気, 室内装飾品などが好き, 室内装飾春の衣裳, 室内装飾法は西洋, 室内装飾等贅を尽した, 室内裝飾は各種, 室内見厭きた庭を, 室内設備の部屋, 室内調度各室のとびら, 室内貧窶の摸樣, 室内遊戯室に何, 室内遊戲の方法, 室内運動場で遊ん, 室内運動館であった, 室内部長とか執行部長, 室内配置は可, 室内野外劇とでもいうべき, 室内陰々たり, 室内なくそれ, 室内電燈スイッチが皆, 室内風景それはどんな