青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「妻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

如何なる~ ~如何にも 如何にも~ 妓~ 妖怪~ ~妙 妙~ ~妹 妹~ ~妻
妻~
妻子~ ~妾 妾~ ~姉 姉~ ~姉さん 姉さん~ 姉妹~ 始~ ~始まった

「妻~」 19817, 205ppm, 491位

▼ 妻~ (4273, 21.6%)

84 顔を 39 ことを 34 手を 32 ために 26 死を 24 姿を 22 顔が 21 方へ 19 前に 18 言葉を 17 ところへ, 方を 13 お民, 心を 12 ように, 名を 11 事を, 寝室の, 手に, 母は, 静子の 10 体を, 姿が, 姿は, 手から, 方が, 方に, 止利は

9 [11件] ことも, 不貞を, 傍に, 声が, 心に, 方で, 真帆子は, 眼を, 肩に, 順子は, 顔は

8 前で, 実家の, 心の, 方は, 話を

7 [11件] お富, すがた, 口から, 墓を, 所へ, 母が, 母の, 眼は, 肩を, 顔に, 顔には

6 [16件] ことで, そばに, ような, 名は, 妹の, 小右京, 座, 方から, 枕許に, 枕頭に, 様子を, 病室へ, 眼が, 話に, 顏を, 骨を

5 [20件] おもかげ, おれに, お幸, ことが, 上に, 事は, 凜子は, 後を, 心も, 愛に, 手が, 手紙を, 機嫌を, 止利よ, 涙を, 生んだ粟津子, 目を, 胸を, 許に, 里の

4 [45件] あること, お陸, ことに, ところに, ほうへ, やうな, やうに, 一人として, 一周忌も, 体に, 傍へ, 口の, 合は, 声も, 妹が, 妹に, 姿, 実家へ, 家の, 富貴子は, 寝顔を, 帰りを, 心が, 心は, 手前を, 死の, 死体を, 死骸は, 気を, 瑚, 留守の, 病室の, 眼の, 耳に, 肉を, 肉体が, 胸に, 腕に, 膝の, 言葉に, 身に, 身を, 道が, 部屋へ, 額に

3 [83件] あとを, ある自分, うしろに, おきん, お咲, お国, お妻, お由, お艶, きみ子は, それを, ためにも, とま子, ほうも, みよ子に, 不義を, 中の, 久子の, 以前の, 兄の, 卯木も, 厳氏に, 口に, 名です, 園子の, 墓は, 声を, 姿に, 姿も, 実家に, 室に, 家に, 家へ, 影が, 役表面には, 律が, 従弟との, 息子は, 態度が, 態度に, 手紙の, 持って, 松の, 松子が, 松子は, 棺を, 歓心を, 止利, 母, 母を, 注意を, 爲めに, 父が, 父に, 父の, 父親が, 男の, 目に, 罪は, 肉体は, 肉体を, 背を, 胸には, 臥所の, 臨終を, 視線は, 貞操を, 身の, 身体に, 身体を, 返事を, 道を, 邦子に, 部屋に, 郷里を, 里方の, 間に, 霊は, 静子が, 静子は, 頭の, 顔, 髪を

2 [322件] あつた, ある男, いつたやう, いる部屋, うちに, おいね, おきせさん, おさわ, おたね, おつゆ, おむら, お京, お兼, お國, お安, お岩, お島, お市, お政, お滝, お百, お糸, お縫, お菊, お辻, お隅, こと, ことなど, ことは, ことよりも, こひ, さうし, すべてが, そういう態度, そなた, そばへ, た, ただむき, ため, だらしの, なきがら, ひと間の, ふしだらを, ほうにも, ほうを, まへに, みさおは, みよ子は, もとへ, もので, ものは, やうだ, わたくしが, ゐる方, クララも, ドローレスを, ベッドの, ワカメは, 一人に, 一日の, 不品行を, 不貞に, 世話を, 両親も, 中に, 云うよう, 云う通り, 亡父が, 亡靈では, 介抱を, 仲に, 体は, 侍女の, 俤を, 借着を, 側に, 兄が, 兄は, 光子も, 入籍を, 冷淡な, 処置は, 出生にまで, 前の, 前へ, 勤めて, 勤め先である, 千代子の, 卯木は, 収入が, 口を, 名でも, 名前を, 告白は, 呼ぶ声, 命は, 品子は, 問いに対して, 園子が, 園絵への, 墓も, 声だった, 声であった, 声でした, 声と, 声に, 声は, 外に, 奈保子は, 奴が, 妊娠を, 姉が, 姉の, 姿の, 子である, 子は, 存在に, 実家だ, 実家である, 実家を, 室の, 室へ, 家と, 容子が, 寝床が, 寝床の, 寝息を, 實家に, 寧子も, 寿衛子と, 屍の, 屍を, 屍骸を, 山吹が, 左右の, 左手に, 帰って, 幸福を, 幼い純, 床の, 座に, 弟に, 弟の, 弟も, 形を, 影わが, 待ちてや, 従兄に, 従弟の, 御常, 心と, 心にも, 心をまでも, 心持を, 怒りを, 性格を, 恵みや, 意見では, 意見に, 意見も, 意識が, 意識は, 愚鈍さに, 愛情を, 手の, 手は, 手紙が, 手記, 招霊を, 持つて, 挙動を, 授業を, 政子に, 故郷は, 故郷を, 敏子が, 敏子は, 敦子と, 早瀬の, 智恵子に, 最後の, 最期を, 本当の, 松子に, 枕もとへ, 枕もとを, 枕許で, 枕許の, 果敢ない夢, 柔かい肩, 様子が, 様子は, 権力が, 横顔を, 止利といふは, 死, 死と, 死と共に, 死によって, 死は, 死歿に, 死骸が, 死骸の, 残して, 殺されるの, 母も, 母や, 母親が, 気持には, 泣き声が, 泣く夜, 注文通り羽織や, 為に, 為にも, 為めに, 無能力, 爲に, 父から, 父は, 牧の, 献立表は, 理想で, 琴路が, 生れた土地, 生命を, 生家の, 生家は, 生家を, 生活の, 生活は, 生活を, 病は, 病室は, 病気が, 病気の, 病院へ, 登子は, 登子や, 白い顔, 真紀子が, 眼から, 眼に, 眼付に, 着物を, 睫毛三本を, 瞳を, 神々しい迄に, 神よ, 私に, 空気が, 笑顔は, 答える声, 綾子が, 綾子は, 繰言, 美しさ, 美津子に, 美津子は, 肌に, 肩へ, 背中に, 背後に, 腕を, 腰に, 自分には, 舅の, 苦痛を, 英断で, 茂子は, 蒲団を, 血を, 行動に, 表情の, 視線を, 親戚などは, 親戚に, 言を, 言葉が, 言葉も, 計画の, 許へ, 話が, 話では, 話は, 貞淑が, 貞淑にも, 賈氏は, 賈氏も, 賜であった, 足の, 足を, 身は, 身体と, 躯が, 返事には, 過去を, 道母には, 道母の, 選択に, 邦子には, 邪気ない, 部屋の, 部屋を, 郷里には, 郷里の, 里という, 里に, 里方では, 関係は, 雌を, 霊が, 青褪めた, 静子に, 面影を, 順子に, 頬に, 顔では, 顔と, 顔の, 顔も, 顔色を, 魂を

1 [2260件 抜粋] ああいう, あったという, あの声, ある一色, ある夫, ある身の上, いう所, いたましさ, いとしさ, いない床, いふま, いるはず, いる療養所, うめき声が, おえつの, おさき, おちついて, おばあさんが, おもとは, お光, お婆さんに, お延, お松と, お玉が, お貞, お里や, お関, かしげるもの, かたみ, からだ, きわが, くらわせた鼻薬, ことと, ことなどを, ことばは, こと子供達の, こひも, さいが, しだして, すぐの, そうした愛嬌, その一夜代, そばで, そぶりです, それは, そんな顔つき, たね子や, ためにとて, つつましき櫛巻, つや子の, ところでは, どこにも, ない時, にあて, のぶ子から, ひとみも, ふりに, ほうに, ほしいまま, まだ年, みな子であった, むかしの, もとの, も私の, やす女が, やりそう, よし, わたす脇差, アタマを, イトコです, エビルは, キセ子を, キンさんと共に, コンスタンツェと, サヾエは, ソフィヤは, ツル子へ, トシ子を, ドローレスであった, ノブ子に, ヒステリイを, ブランカだ, ベンチから, マユミは, マリネツトを, ミネが, モニカも, ヱリザベスとの, 一人としての, 一挙一動に, 一面に, 三七日が, 上半身が, 下宿で, 不二は, 不品行に, 不徳に, 不行届を, 世の中を, 両手は, 丹女に, 久子が, 久美子が, 了解した, 事じゃ, 事ばかい, 二人に, 云ふ, 亡父の, 亡骸を, 人格を, 仕儀に, 仕方と, 代に, 代名詞から, 伊久が, 伝説を, 位牌に, 低い呻き, 体について, 何を, 作品です, 來る, 便りが, 便覧妻の, 信頼から, 倫子に, 健康を, 側で, 傍から, 働いて, 優れること, 兄である, 兄にあたる, 兄守時が, 兄顔濁, 入浴姿を, 全部は, 内助は, 写真を, 処女時代又, 出た跡, 分に, 初瀬が, 前でも, 前身に, 力だった, 功績だ, 助けを, 動きを, 勝子が, 匂いを, 千浪と共に, 卯木と, 危篤と, 友達とが, 双足, 取沙汰を, 口笛が, 句は, 右肩に, 同胞として, 名に, 向い側に, 告白後その, 呻きは, 呼吸, 命日に, 品子の, 唇にも, 唯一の, 啜泣, 喬氏は, 噂をは, 国へ, 園絵とともに, 場合である, 境遇から, 墓標を, 声には, 変死事件を, 外国行きか, 夢枕に, 夫である, 夫及び, 女流作家と, 如くならしめしぞ, 妙子弟の, 妹にて, 妹を, 姉に, 姉妹が, 姦淫によって, 姪の, 姿だけの, 姿には, 姿態は, 姿通りの, 婦徳と, 嫉妬が, 子が, 子故に, 存在を, 実家が, 実家には, 実弟です, 室を, 家にも, 家族に対して, 容色に, 富子に, 寝て, 寝室で, 寝室へは, 寝床は, 寢ざめの, 寧子からの, 寧子に, 寧子また, 将来した, 小宰相, 小芳, 尼御前が, 局や, 居る処, 屍体を, 崔氏へも, 希望に, 帰るべき家, 常子が, 平常など, 年齢で, 幸女の, 幻影でも, 座は, 弟であった, 弟を, 強壯, 形見を, 律とは, 後姿が, 従妹で, 従弟と, 微かな, 心との, 心尽しで, 心持なども, 心臓の, 忌むこと, 志村のぶ子に, 怒りに, 急に, 性格から, 怪しい挙動, 恐怖の, 悲しみや, 情なさそう, 情愛仲間たちの, 意が, 意義は, 意見を, 愛の, 愛情も, 感情など, 態度です, 懐中に, 房枝と, 手つきが, 手へ, 手塩の, 手料理にも, 手落ちばかりという, 手足は, 抜群な, 持病の, 挙動は, 掌の, 放射線の, 故を以て, 教え子である, 数子と, 文句を, 方じゃ, 於萱は, 日記では, 旧友の, 昔を, 時計と, 暴虐に対する, 曾乃に, 有つ, 未練がましい心配, 杞憂や, 来るに, 松子とは, 枕もとに, 柩, 桔梗が, 棚卸しを, 楊氏であった, 権幕は, 機嫌に, 機織臺の, 歌との, 歌一首の, 止利を, 歩む影, 死とは, 死ぬの, 死体が, 死後, 死後ひどく, 死後幼い, 死時いためる, 死骸ばかり, 殺害, 母から, 比露子が, 気に, 気持にも, 気配が, 永い病, 沈着き払った, 注意が, 洗濯物を, 浮薄を, 涙の, 清子は, 準備し, 演技的迫力が, 為の, 無いもの, 無学に, 無権利, 焦躁は, 熱心は, 父妻と, 父秋田時顕内, 片方で, 特権を, 独壇場である, 玉瀾は, 現在の, 琴路と, 生前そのまま, 生家だ, 産前の, 産見舞として, 田氏が, 由利との, 留守に, 疲れを, 病を, 病室では, 病床は, 病気には, 病氣と, 痩せた肩, 癖の, 登子そう, 登子も, 白い手袋, 百合が, 盛子と, 盲御前や, 真佐子に, 真帆子に, 真蒼, 眼つきを, 眼付も, 着物までも, 知人の, 磯女と, 祖父母父母を, 神経と, 私でさえ, 秘密を, 積りでは, 突然の, 立ち見を, 立派な, 笑顔が, 筆癖を, 答を, 糧を, 素振りも, 経過は, 絶望と, 縁で, 縁者である, 繍履の, 美しい姿態, 美加子の, 美点を, 習慣, 考では, 聞いて, 職業を, 肉体の, 肌も, 肥えた体, 肩揉む, 背中を, 胤子が, 能力は, 腕は, 腰巾着に, 膝に, 臨月に, 自動車は, 自由意志なら, 舅即ち, 良人らしい, 芝居を, 若い時, 苦心を, 苦悶は, 莫大な, 葬に, 蒼白いにこやか, 薄い背, 血の, 行ひ, 行為に対する, 衣裳箪笥の, 袖屏風の, 裸を, 襟が, 見えない日, 見る毎, 親である, 親切といふ, 観察を, 言い分では, 言ひ, 言動が, 言葉の, 訊問と, 記憶で, 許まで, 話しよう, 誕生日贈物に, 誠実を, 読む手紙, 讒訴を, 貞操が, 貞節に, 財産に対する, 資格, 足が, 跛足で, 身として, 身よりの, 身分上の, 身辺を, 近く來た, 返辞は, 透視し, 連子である, 運命が, 過去に, 道義感が, 選択は, 遺骨云々の, 邦子が, 部屋から, 郷里に, 醜くさ, 里なる, 里方と, 金蓮じゃ, 鈍感さに, 鋭くな, 開明な, 閨房に, 陰事が, 隠れ家と, 離反である, 霊魂が, 露骨な, 静子から, 非常な, 面輪を, 韓氏が, 須美子に, 頤使に, 額を, 顏の, 顔から, 顔でした, 顔弟の, 顔色で, 風俗で, 首も, 骨の, 高慢が, 髪をば, 魂と, 鶴子である, 鼻を

▼ 妻~ (3095, 15.6%)

34 私の 24 夫の 23 云った 21 彼の 19 それを, 自分の 18 私に 15 眼を 12 夫に, 私を 11 私が, 顔を 9 いった, 僕の, 子供を 8 云ふ, 彼が, 急に 7 そう云っ, 何の, 手を, 黙って 6 さう, 良人を, 言った 5 いつもの, そこに, そんなこと, 思った, 泣いて, 目を, 自分を, 身を

4 [18件] その前, その時, どうした, 云って, 何か, 例の, 前に, 口を, 夫が, 夫と, 夫を, 家の, 相変らず, 相手の, 確かに, 立って, 自分に, 見て

3 [41件] ああ, これを, こんなこと, それが, だしぬけに, どうし, ふと, 主水, 今は, 今まで, 他の, 刀を, 又泣いた, 台所の, 名を, 妻で, 娘の, 宵の, 寝椅子, 彼に, 彼を, 後から, 微笑を, 心の, 或る, 最後に, 母の, 泣いた, 湯に, 甲斐, 看護婦に, 私と, 私達の, 笑って, 絆纏を, 肩を, 自分が, 良人の, 足を, 頭を, 驚いて

2 [186件] あわてて, いつでも, いつまで, いやな, うなずいて, おどろいて, おれが, お互に, こう言っ, この会, しばらくし, すぐに, ずっとまえ, そういう私, そう答えた, そう言っ, そのうち, その夜, その方, その間に, それで, それに, それには, たいして愉快, とうとう病気, どうしても生きなけれ, にこりとも, はじめたった, ぼんやりと, また菊子, まだ何, もう長い, やつと, よくこんな, よく私, わたくしの, コバルトを, シンガーミシンを, テツさんの, バスク生れの, ベッドに, 一人の, 一体誰, 一瞬その, 三成の, 下の, 下女を, 与助を, 世間の, 両手で, 乳児を, 事務室に, 二三日中に, 二人の, 二階から, 云うの, 云つた, 人の, 人仕事に, 今の, 何かの, 何という, 何とも, 何時もの, 傍らに, 僕と, 僕を, 児を, 其処で, 列車の, 初めから, 医者の, 十九の, 反対に, 古い手紙, 叫ぶ坂部さん, 可なり心, 吃驚し, 同僚の, 咄嗟に, 唇を, 埋葬の, 声を, 夢の, 大に, 天井を, 天候について, 夫から, 夫と共に, 女の, 女の子を, 妊娠し, 妻, 妻と, 妻として, 妻の, 子を, 安心し, 家に, 家を, 容易に, 密乎と, 寒さ, 寝たまま, 寝台の, 小供, 小声で, 居並ぶ近親たち, 帯の, 帰って, 年で, 座敷の, 彼と, 彼より, 後に, 心配さう, 急けども, 怪しんで, 息子と, 悄然と, 悲しさうな目, 慌て, 手綱を, 持って, 支那人の, 既う, 昔に, 木下の, 次の, 此の, 歩いて, 死の, 死んだ, 母親の, 氣が, 流石に, 海に, 涙の, 深い眼, 無言で, 父の, 現在縛られた, 甚助の, 甚助を, 病床に, 目の, 眉を, 着物を, 知つてゐた, 石の, 立ちあがつて, 立派な, 竹の, 笑いながら, 笑つて, 答えた, 縁側の, 能代の, 腰を, 自殺を, 自身若しくは, 良人に, 苦笑を, 荷を, 落着い, 蚊帳を, 血相を, 衣紋を, 裏の, 見るも, 見向きも, 言う, 言つた, 託宣に, 貞操を, 起きて, 返事も, 退屈に, 部屋の, 階段を, 静かに, 非常に, 顎を, 驚いたよう, 驚いた様子, 高知へ

1 [2172件 抜粋] あいまいに, あくまで侍く, あなたは, あの荒蕪地, あやまって, あるか, ある時, あわて, いかにもうれしくっ, いかにも良人, いっそ御, いつた, いつの間にか尽く彼, いつも其処, いぶかしげ, いよいよ今夜, いよいよ警戒, いわゆる外面如菩薩, うち砕かれた, うなった, おいらん浜照が, おずおずと, おほ, お世辭, お市の方と, お露, かなり満足そう, かの女, がっかりした, きつと, きょっとんとして, くぼんだ眼, けだるそう, こうして昨日, ここの, この世に, この位, この暢気, この矢代, この頃離縁, これで, これ以上の, ごくり, さしうつ向き, さっそくこれ, しかし未知, しきりに自分, しずまった空, しばしばそれ, しびれるよう, じっと不思議そう, すぐ病気, すこぶる大人しい, すつかり, すやすやと, そういう下, そうさえぎった, そう云う, そう吐きだす, そこで長く, そちらに, そのうっとり, そのはがき, そのわけ, その六年前, その右, その夜限り失踪, その子ども, その年のうち, その後も, その指さきで, その時何, その様子, その生涯, その美, その落第生, その近く, その間にも, その鶯, それほどおおきな, そんなよう, そんな呆け, たいてい尼寺, ただ, たった二人ぎり, だんだん, ついにその, つひに, でもすぐ, とうとう身, とても神経過敏, ともあれ老母, どうしてもぬきとる, どうして知る, どうでも, どこが, どんな顔, ないし, なかなか寝台, なけん, なぜだ, なんだかすっかり得意そう, にやりと笑った, はかない望み, ひとりごとの, ひどく驚いたらしかった, びくつき, ふたりの, ふと思い出した, ふるへた, ほがら, ほとんど狂わん, ほほ笑んだ, ぼんやり頷いた, まさに息, またこれ, またも, また何, また慰める, また泥田, まだそこ, まだ十九, まだ本当には, まだ眠た, まっ直ぐ, みごとに, むしろ朗, めとらなかったの, もうスエズ, もう休ん, もう泥棒, もがくの, もって, やがてよき, やけにそういえ, やっとの, やはり, やはり反物, やはり彼ら, ゆるされその, よくそういった, よく言った, よほどこの, わざと同情, わざわざ余計, わたそうと, アメリカン・ビユウテイの, カフェーの, コップを, スタンド台に, ドンと, ハンケチを, ビールを, ベッドから, ポーの, ライフの, 一ところに, 一人にて, 一向同情, 一家を, 一層, 一年の, 一揖し, 一月足らず居た, 一生懸命に, 一言も, 一面に, 七輪父親は, 三十三で, 三度迄, 上げた時直ぐ, 下を, 不安に, 不幸にも, 不断から, 与市を, 中, 主人の, 久しい前, 乳母と, 予の, 事件が, 二三歩傍らに, 二兒を, 二年前に, 二階へ, 云うて, 云われる通り, 五升の, 亡くなったので, 京子と, 仁右衛門の, 今働い, 今更故郷, 今算入, 他人から, 以前は, 会議に, 低いこえ, 何, 何とも答えませんでした, 何事かと, 何処へか, 何物よりも, 依然としてその, 促すの, 俯向いた, 倦み兒等, 側に, 傍の, 僕が, 兄に, 先帝の, 兎角病気勝ち, 入院の, 兩親の, 其の返し, 其頃もう, 内親王でなけれ, 再び夫, 冷淡な, 凌辱を, 出費の, 別に平生, 到頭酔う, 前夜に, 勇吉に, 勝手に, 勤務の, 勿論論外, 十六に, 半ば告白した, 厭な, 去る八月妹, 又云, 又O, 叔母であります, 口元に, 古びた家々, 可笑しが, 合図の, 吉称の, 同情し, 名誉と, 吐気を, 君らには, 呆れて, 命の, 唖の, 喫驚しました, 嘸歎, 困つて, 圧して, 地獄に, 壁の, 変に, 外へ, 夜更に, 大いにおどろい, 大きな岩, 大佐の, 大層客, 大抵の, 大野の, 太政官の, 夫以外の, 女である, 女中無しの, 女性に, 如才なく, 妙に, 妻夫が, 始めから, 婆に, 嫁入りの, 子どもの, 子供さへ, 子供達を, 定めて, 客へ, 家中でも, 寂しけれども, 寒い中, 寝入つたらしいが, 尋常より, 小さな手帳, 小屋の, 小西行長の, 少しく魯鈍, 少し先, 尚報告, 尾形光琳の, 屡ば, 川に, 左翼劇場の, 帰つて行つた, 平常冬子, 年中堪え, 幼少の, 幾歳男の, 店を, 庭に, 引越しを, 当惑そうな, 彼ら平, 彼等の, 待ちわびて, 後の, 徐氏と, 得意で, 徹宵し, 心持ち眼を, 必ず火事, 快いらしい, 思いがけない時刻, 思ひきつて言, 恐れるよう, 恬然と, 患者の, 悶絶せん, 意地悪る, 意識的に, 愛想の, 感慨を, 懐妊し, 房州の, 手伝いに, 打ち伴, 押しつけるよう, 指の, 振り返らずとも, 撫子, 故郷を, 数間先を, 斯かる, 既に妻, 日々一層, 日本へ, 早く死に, 早速子, 明るい語調, 昔の, 昼うつうつ, 時々自身, 晴れた日, 曩に, 最初から, 最終の, 本を, 東京から, 枕元の, 校長の, 條件なし, 椅子にかけて, 模様も, 横合から, 次男の, 此地に, 歯軋りせん, 死を, 死んでしまつた, 残らず片づけようと, 母と, 毎日あちらに, 毒婦の, 気づいて, 気も, 気持を, 汗びっしょり, 決して笑っ, 汽車の, 法律の, 泣きました, 注意し, 活動写真へ, 浦塩斯徳から, 海老の, 涙に, 深い溜息, 渡道後は, 満足らしく見えました, 漸く彼, 激しく苦しみ, 為則の, 無事お, 無言の, 焼け死んで, 熱つ, 父が, 牛馬と, 牴牾かしがって, 独りで, 猶に, 玄関に, 珍しく険しい声, 理解し, 生きて, 生存の, 産褥に, 男の子を, 留守の, 畳の, 病気に, 痩形で, 白面細腰世に, 盛装を, 直ぐに, 直ちにその, 相変わらず亡き人, 県の, 真蒼, 眠って, 着物の, 瞳を, 石炭屑で, 磁石と, 私たちの, 私より, 秩父の, 空いて, 突伏し, 窪んだ自分, 立寄って, 笑いました, 笑つたまま急に, 第一, 答へ, 箸の, 糟毛が, 終日在宅せし, 結婚生活において, 編み物を, 繰返し繰返し嘆い, 美しかりし, 義夫を, 考えに, 職人たちに, 肯きながら, 胸を, 腰の, 臂と, 自分も, 自己の, 至って平静, 臺所口で, 舞から, 良人より, 若くして美くし, 英吉利直輸入の, 茶の間の, 荷物を, 蒼ざめていた, 薄紫の, 行くの, 表向きは, 裁縫道具を, 襁褓を, 見おろして, 見る見る不快げ, 見舞に, 親しげ, 言つてゐた, 許さぬ, 詫びを, 認めて, 説明した, 誰にとも, 豫期通り彼を, 赤くなり, 赤子を, 足が, 足軽どもも, 身も, 軽い嫉妬, 轉げる, 近所あるきで, 逃げだした, 遊びに, 郷内にも, 酒を, 野の, 針仕事に, 長い困難, 長男に, 開拓使附属船である, 陽の, 隣室で, 雑誌を, 雷を, 青い一本, 非難の, 頬ずりも, 頷いて, 風呂敷包を, 飯の, 馬力の, 驚きかつ, 鶴子を, 麻酔が, 黒田家播磨殿家士梅津羽左衛門の

▼ 妻~ (1798, 9.1%)

17 愛して 15 迎えて, 連れて 12 して, 呼んで, 持って 10 失って 9 殺して, 見て 8 つれて, 殺したの, 見た 7 呼んだ, 顧みて 6 得て, 見ると, 迎へ, 迎へて 5 もって, 伴って, 促して, 娶つた, 離縁し

4 [12件] 亡くして, 娶って, 娶つて, 娶るは, 扶養する, 残して, 疑って, 発見した, 相手に, 迎えたの, 逐はれ, 離縁する

3 [22件] 伴れ, 促した, 先に, 娶った, 娶るに, 安心させる, 家に, 得ること, 想う, 持ったこと, 持つぐらゐ我慢, 持つたの, 捨て子, 欺いて, 死の, 毆い, 虐待し, 訪ねて, 讃美し, 迎うる, 迎えに, 迎へる

2 [117件] あはれ賢こし, いたわりたいと, うしなって, うながして, さがして, せきたてて, とられた上, とられた夫, ふりかえって, もち子, もらうこと, やって, 一人残し, 世話しよう, 世話を, 仰向けに, 伴うたもの, 停車場まで, 先き, 制した, 十時過ぎ恐らく, 半日でも, 去るの, 同伴する, 呼びたてた, 呼び出して, 咎める意, 哀れに, 喪って, 喪ひ, 坐らせて, 失った, 失った良人, 失ってから, 奪ひ行く, 奪われながら, 奪われ自分, 好い身代, 妻は, 娶ったこと, 娶つたの, 娶りて, 娶り子, 娶ると, 娶る間, 子を, 寝取られる男, 帝劇に, 引き合せて, 得たこと, 忘れさせたま, 思うとき, 悲しんだ歌, 愛すること, 愛する権利, 愛撫した, 慰め出した, 憎い女, 戒めて, 手ごめに, 手に, 折檻した, 抱えて, 持たない以上, 持ち子, 持つこと, 持つて, 捨て, 捨てて, 探しに, 探すため, 描いて, 携へて, 救ふ, 日本に, 欺いたと, 欺くの, 欺く口実, 殺した, 殺したこと, 殺した場合, 殺してから, 殺しても, 殺そうと, 殺害した, 毆いた, 求めて, 熱愛し, 犠牲に, 畳の, 眺めて, 知った頃, 知らない, 称して, 紀昌は, 納得させる, 置いて, 美しい夫人, 虐待する, 見たの, 見つけた, 見つけて, 誘って, 語る, 責めて, 貰ったの, 貰つた, 起さぬよう, 車に, 迎えた, 迎えたと, 迎えようと, 迎えること, 迎え子, 返せ, 離別し, 離縁した

1 [1252件 抜粋] あいして, あとに, あらそふらしき, あんな卑しい, いい身代, いたわりつつ, いたわろうと, いつも思っ, いとしき愛妻, うしなったとき, うしなってから, うばった天皇, おいによと, おどかして, おどろかしては, おもふ, お持ち, かい撫でて, かえり見た, かつて裏切, からかいたくなる話, こうして冷酷, ことさらに, しかもそろそろ, じっと見, じつと, せめたの, そのよう, その背, ただした, たった一人ぼっち, たぶらす子弟, だ亭主, つきのめしどこ, つれた軍服姿, ですか, とおした伊達邦夷, とりちがえて, とり残して, どこかに, どこに, どの位, なおも棄て切れず, ながめる大将, なくして, なぐさめて, なだめて, なほ愛し, ぬす, のけ者に, ののしり子, はげますよう, はじめ娘三人息子一人と, ひきあわせて, ひっかけた, ひどく好い, ふいと, ほめられて, ますます家政, まン中, みすみす死, みて, むかへじと, めとらず道楽三昧, めとらず鬚, めとり一子歌子, もう亡くした, もたせて, もち一家, もったと, もった人, もつたの, もつべしそ, もつ科学者, もてこの, もどかしがった, もらったと, やさしくあつかうべき, やはりこの, よび, よびよせて, イギリスへ, ソバアカソバアカと, マルセエユまで, 一と, 一人持っ, 一抱へに, 下女と, 不幸に, 与えよ我これ, 両手の, 乗せ遅れて, 二人も, 互ひ, 亡き父, 亡くした夫, 亡くした独りもの, 亡くしてから, 交換し合う, 今夜は, 他に, 伴うこと, 伴つてダンス場などへ, 伴ひ, 伴れた, 作ること, 使って, 信じて, 信じ決して, 信ぜず友, 偶然みつけ出した, 傷つけて, 償へ, 先立たせまた, 先立てし罪業, 入れて, 全く忘れ, 共有し, 共有に, 其人は, 其処へ, 写し, 凜, 出したり, 出しぬいて, 前に, 劬りたい, 劬る, 医者の, 厭うが, 厭ふ, 去つたもの, 去られたという, 去られたよう, 去るも, 去ろうと, 取り扱, 取り返すため日本, 口説く科白, 可愛がって, 叱った, 叱りとばしながら, 吉田郡の, 同伴し, 君に, 呂布に, 呼び, 呼びたてる, 呼びながら, 呼びよせて, 呼び妻, 呼び止めた, 呼び起して, 呼び迎えよう, 呼ぶに, 呼ぼうと, 呼妻来らず, 哀悼する, 喜ばさんと, 喜ばせるばかり, 喪った男やもめ, 喪つたのも, 喪つて私の, 喪ひし, 嘗めるよう, 噴き出させた, 圧服する, 堅く誓わしめ, 売り子供, 変へ, 大切に, 大黒と, 太, 夫の, 失い悲しい, 失い間, 失うた夫, 失した, 失ったため, 失った事, 失った寂し, 失った後, 失った東野, 失った空虚, 失つた, 失つた後は, 奪い取ろうと, 奪った, 奪ったもの, 奪った八住, 奪ふ, 奪われた上, 奪われた平貞文, 奪われ右往左往, 奪わんと, 女に, 姉とも, 始め家, 威嚇せん, 娶ったでは, 娶ってから, 娶つたもの, 娶て, 娶らずむろん, 娶らせて, 娶らなかったという, 娶らば, 娶りに, 娶り其妻, 娶り始めて, 娶り闘伯比, 娶るが, 娶るの, 娶るを, 娶ろうとも, 嫉妬させた, 嫌つて, 子どもの, 子も, 子供を, 宛がって, 室と, 家の, 密室に, 寝取つたの, 寝取られる妄想, 封じ母, 尊敬できる, 導こう導こうとのみ, 小脇に, 帰らすに, 干乾に, 引き伴, 引き合わせること, 引っかかえた, 引張って, 強いてそう見るべく, 強ひた, 彼の, 待ち受けて, 待つ間, 得しを, 得たという, 得たの, 得た或, 得た歓喜, 得るよう, 御覧下され, 心にかけて, 心配し, 忘れた新, 忘れんとは, 思いここ, 思い一子武重, 思い出すこと, 思い合わせた, 思うと, 思うらんよう, 思えば, 思ふといふ, 思へば, 恋い野, 恋しく思わせた, 恋はんと, 恥ずか, 悩まして, 悪く云ふため, 悼むよう, 惨殺さした, 想うと, 想うのみ, 意地, 愛され畑, 愛しちゃ, 愛してないわけ, 愛してるし, 愛しまた, 愛し婦人, 愛す, 愛するは, 愛する至情, 感じて, 慕って, 憎み始めました, 憎めば, 憫めども, 戀ひした, 手伝うた, 打った事, 抱えた手, 抱きすくめた, 抱き上げた, 抱き野菜馬車, 押しつけようと, 押し倒して, 招きて, 招ぼうという, 持たこと, 持たず兄者, 持たせるより, 持たなかった, 持たなかつたか, 持たば, 持ちその, 持ちに, 持ち妾, 持ち家を, 持ち耳, 持ったからには, 持った男, 持っては, 持ってる身の上, 持つたこと, 持つと, 持つの, 持つよう, 持つ人, 持とうかと, 持とうという, 捉まえ, 捕まえて, 捜す心, 捨てえようとは, 捨てた, 捨てたかとか, 捨てること, 捨て娼婦, 掘りだして, 探しますといふ, 探し親, 接吻する, 描いた勉, 揺りさ, 携えた前夫, 携ふる, 放して, 救い得るだろうという, 救ひ得た, 教育し, 斥けた信階, 斬れ, 暫く二階, 有しながら, 有す頼氏, 有ち, 有っても, 有つた富山, 棄て, 横に, 樹の, 欺し, 正気に, 死なしたと, 死なせたん, 死なせ女気, 殴った所, 殴打した, 殺さなかったに, 殺さんと, 殺したか, 殺したとは, 殺したん, 殺した事, 殺した者, 殺し其方, 殺し次いで, 殺すため, 殺すの, 殺す夢, 殺そうとして, 毆くだけ, 母と, 比べて, 求む, 求めその, 求めること, 涙ぐませる, 満洲, 演じて, 無理にでも, 煩惱に, 熱愛する, 犬か, 犯さんとして, 犯すを, 独占し, 理想として, 生さうが, 生涯看通さなかった, 留めて, 疑いつつ, 疑うの, 病的に, 痛ましく思っ, 盗まれた夫, 盗んだ不埒者め, 監督する, 監視し, 省みて, 瞰み, 砂浜へ, 突ついた, 笑えなかった, 納めた柩, 紹介した, 縦からも, 置き去りに, 罵って, 罵詈打擲し, 美しい花嫁, 考へたが, 腦裡に, 自殺させ, 舞台に, 苦しめて, 苦しめるだけにしか, 蓄え牛馬, 藝術界に, 虐り過ぎる, 裁く物語, 裏切ること日常茶飯事, 褒めるに, 見あげ見おろした, 見いだした思い, 見しこと, 見たまま, 見つけに, 見つめて, 見ては, 見てを, 見まもった, 見上げると, 見舞ふために, 見詰めた, 見送ったあと, 見降して, 視た, 親切に, 言葉優しく, 訪ねなければ, 詈りしか, 詈れ, 誅した, 誘拐しよう, 説きその, 調べんと, 證人として, 譲ろうと, 責むると馬も, 責めた, 責めること, 責める気持, 貰えの, 貰ったら君, 貰つたなら, 貰つたら, 貰ひ, 貴しと, 貸し与え, 賞翫せん, 質に, 贏ち得, 蹴落として, 軽蔑し, 辱しめる, 迎えがたい, 迎えず一人, 迎えたばかりの, 迎えてからは, 迎えませんでした, 迎えようとも, 迎えるだけの, 迎える時, 迎えれば, 迎え後, 迎へたと, 追うて, 追跡し, 送りて, 逐ふ, 連れた灰屋, 連れ帰りたいと, 遠くへ, 選ぶの, 郊外の, 郷里に, 門に, 陥れおったな, 離れる心, 離別したら, 離籍しろ, 雪五郎は, 頼りに, 顧みずかの, 食ひ, 養い得る個人, 養うの, 養う財力, 馬から, 高と

▼ 妻~ (1720, 8.7%)

59 なって 46 して 26 向って 16 言った 15 なつて 11 言って 10 なること, 對する 9 云った 8 しようと, 對し 7 した, なると, なるの 6 したいと, 声を, 持って, 話して

5 [11件] したの, しても, する事, なつた, なれ, なれと, 云つた, 似て, 別れて, 呼びかけた, 話した

4 [14件] したい, すると, なった, なり母, なる約束, なろうと, むかって, 内密で, 向かって, 向つて, 教へ, 死なれて, 言う, 言つた

3 [42件] あてて, きいて, しては, すること, するの, する気, せねば, なったの, なりたいと, なりながら, なる, なるかも, なる事, なる人, なる女, むかつて, もたねば, 一切を, 代って, 会って, 告げて, 命じて, 失恋し, 子なく, 子供を, 宛てて, 得て, 成らねば, 手を, 手紙を, 持ちて, 案内され, 横恋慕を, 死なれた, 渡した, 渡して, 眼を, 自分の, 要求する, 言いつけて, 訊ねて, 話しかけた

2 [103件] いただきたいと, うなづいて, おなりに, かういふと, くれと, させたこと, さへ, されて, したと, した娘, した店, してから, しながら, しなければ, しよう, すべてを, すまぬと, するつもり, するよう, せずして, それを, たずねた, なさい, なったもの, なった女, なってから, なりたいという, なるという, なるべき女, なるよう, なる以前, なる気, なれば, もって, よく似, 一任し, 一枚の, 不幸な, 与えて, 与へた書, 世話しよう, 乱暴する, 云って, 亡くなられて, 人も, 付けて, 代へ, 伝染すまい, 兄さんは, 先立たれて, 分って, 同情した, 告白する, 命じた, 娶う, 子を, 子供が, 宛てたもの, 尋ねた, 導かれて, 小言を, 弁解し, 当って, 彼は, 心を, 成ったとは, 成ると, 手伝わせて, 打ち明けかねた, 打明けて, 敗けた夫, 教える, 會ふ, 歌はせ, 死なれたので, 死なれてから, 求めるの, 注意した, 申し受けたいと, 申し渡した, 申受け, 等しきは, 紹介し, 聞きて, 聞くと, 被下置, 見せて, 言い聞かせた, 言ひ, 言付けた, 言葉を, 訊ねた, 語った, 語つた, 語ると, 語れば, 迎えたいと, 近づいて, 送ったチェホフ書簡集, 通じて, 選んだの, 電話を, 預けて

1 [1014件 抜粋] あいたい夫, あなたは, あらずと, あるまじき冷淡, あんなかくし芸, いいきかせた, いい含め, いうよう, いただいた貴, いやらしくかまっ, おくる詩, おとめという, おもねり機嫌, お引き合わせ致しましょう, かう言, かえって, かくして, かくれる程, かずかせまだ, からだを, かわいがられるだけ, くれという, くれろと, こたえる, このやう, この仄, これだけ, こんな人物, さう云, さじを, させたいという, させて, させられるという, されつちも, しいたげられつづけた夫, したあと, したいという, したいん, したい宮, したが, したつて, したに, したよう, したり, した天皇, した良人, してからの, しなかつたら仏国戯曲史, しました, しめさせると, しようとして, しろその, しろと, しろ自分, すぐ言っ, すすめるとは, すべきもの, すまない気, する, するからと, するという, するなどの, するのに, するも, するわし, する前, する女, する我身, すれば, せずとも, せん, そういいました, そう女中, そっくりな, そつくりだつた, そのやう, その夜, その必要, その注意, それから掛り人, そんな説明, ただの, ちがいない, ついで市川百々之, つかわしても, できれば, どういう風, なされたので, なじり妻, なったが, なったであろう, なったと, なったクララ, なった以上, なった宮, なった運命, なってからは, なっても, ならうとまで, ならずば, ならぬかと, ならねば, なりえた点, なりたいとも, なりに, なりましたの, なりますから, なり任国, なり度, なり得るだらうか, なり損なったもの, なるかの, なるその, なるなと, なるには, なるべきだと, なるべき約, なるより, なる倫, なる娘, なる時, なる氣, なる親, なる資格, なる運命, なれの, なれよい, なれるもの, なろうが, のこさな, はかれる, ひろげて, ふさわしい女, ふり向いて, ほのめかすこと, まかせて, みせると, みだらな, むかっては, めぐまれない男性, めぐり会ったという, めとり死ぬまで, もす, もたらし帰りし貯林檎, もちたのしく, ものを, もらい受けて, もらったらよかろ, やきもち, やったの, やましくない, よくこんな, よせるいたわりは, わざとお母さん, わたした, イヤがられた, ヒステリカルな, 一番いい, 一目おいた, 不倫な, 不平を, 不自由を, 与えた手紙, 与えられ今, 与えるなぞ, 与える金, 与え残余, 両方から, 乳を, 二代法外を, 云いかけた, 云いながら, 云い出したり, 云い置かれた言葉, 云うて, 云う積り, 云ったが, 云ったという, 云つたのは, 云つて彼は, 云ひ付け, 云ひ寄る, 云ふ, 云わせると, 五人の, 仇し, 仕うるの, 仕て, 仕ましょう貴方, 任せし家事心, 任せつきり, 会い写真, 会ったの, 会わずに, 伝って, 似た女, 似合は, 何事も, 余計な, 侍し, 依って, 侮辱と, 傳へん, 働く婦人, 優しくしてやれ, 優るとも, 元氣, 先刻の, 先立たれ一方, 先立つ, 出さ, 出世する, 出来ると, 出鱈目を, 分つとは, 別る, 別れたの, 別れねば, 別人として, 加えられたよう, 劣らぬ悧溌さ, 勝ち越されると, 十分の愛を, 厭き始めたの, 厳しい言葉, 参右衛門の, 反間の, 取つて, 口を, 口走った, 叱りつけられた愁, 同情し, 向いて, 向い汝外出, 向ってさえ, 向つてさ, 向つて出し拔, 向て, 吟附けた, 吾, 告ぐらく, 告げないで, 告白した, 呼びかけてゐるのであるからさうして改めて, 命令した, 問いただし新聞, 問われて, 嘖ば, 執着する, 報告する, 多少の, 大きな転期, 大変満足した, 夫に対し, 奉仕する, 好き子供を, 姉の, 姿を, 娘それも, 娶って, 娶り死ぬまで, 媚びる愚か, 嫌われ翌年江戸, 存分に, 定む, 宛てた簡単, 実に親切, 實は, 対面させる, 尋ねると, 對する憎み, 就きお, 希望する, 幾度も, 引かれて, 当るやう, 彼らは, 彼女を, 後を, 得ようと, 復命した, 復讐を, 心配させる, 応対させた, 怒鳴りつけたかったが, 思いやり深く, 恋して, 恐喝を, 悟られては, 悩んだ男, 惑溺し, 意地を, 感じさせた, 慄く, 懸想なし, 成らぬ事, 成りきつて, 成る事, 成れぬとは, 成れば, 或る, 手渡しし, 手渡して, 打ち明けようと, 打明けた, 払う必要, 扮し, 抱かれた子, 抱かれる方, 持たせて, 持ちたいの, 持ったの, 持つこの, 持つて, 持つ男子, 持とうと, 挑みか, 挨拶した, 接して, 握らせて, 擬して, 故意に, 救いが, 教えて, 文芸倶楽部を, 早く帰っ, 早世され, 春の, 暑苦しくて, 暴露されぬ, 書き残そうと, 書き送りともあれ, 服従させよう, 望むかという, 末ながく, 本座敷, 来る女, 極まりさえ, 欲しいと, 欺かれて, 死なれた時, 死なれ子供, 死なれ悲しんで, 死に別れ房氏, 死別れ, 殉死だ, 残酷な, 毒味せしめ, 気が, 気兼ねを, 永遠の, 求めたらそれ, 求める, 泣き縋りました, 洋傘を, 洩したそう, 消えて, 深く感心, 済まないと, 渡し何だか, 満足せしめた, 為るとは, 為る可, 焦れて, 物を, 物足りなく思わせる, 理由を, 用が, 申し訳の, 申訳が, 男の子が, 疏まれ又は, 疵が, 発見され, 目で, 直した, 相談した, 相談する, 着物縫は, 矢を, 知らせた, 知らせば, 知られたくなかったの, 知られないやう, 知れるの, 示し今日貰, 秘密を, 空返事を, 立ち聞きを, 立て駿河台, 算段させ, 紹介した, 繋いで, 罷成る老人三十二歳, 聞いた, 聞いたり, 聞きながら, 背かれここ, 背後の, 臥したる牛, 自分を, 致して, 與えたの, 與へ, 色男ある, 茶を, 薄茶を, 行きあうたのう, 衣食住の, 裏切られた正直, 裏切られた顔, 裏切られながら, 見せこんな, 見せたの, 見つかって, 見つけられて, 見放されて, 角立った言葉, 言うべき一言半句, 言は, 言ふつもりで, 言擧げ, 訊いても, 訊きゐつを, 訊ねたの, 訣れてからは, 訴えて, 詫まる, 話しかけたり, 話しかける, 話したよう, 話しては, 話すと, 話掛け, 詳敷く, 認めて, 誓ふため夫人の, 語って, 語らなかった, 語り始めた, 語れる, 説明し, 調べさせると, 請いうけたという, 謂つた, 謝罪したい, 貞操を, 責めまた, 貰いましたが, 貰い受けるつもり, 貰うと, 貰つた, 貰はれ, 貰ひたい又, 買つて遣, 賜ぶべし, 賜わり後, 贈るべき艶書, 起こされた, 迎えた, 迎えたの, 迎えたろうと, 迎えて, 迎えること, 迎えるまでは, 迎ふる, 迎へて, 近よりながら, 近附く, 追いついた私, 送って, 送らむがために, 送るに, 送るべき十二圓, 逃げられたと, 逃げ出されて, 途中の, 通じない点, 逢えるという, 逢ったこと, 逢ふ, 連れられて, 過が, 遠慮する, 遣りぬ, 選ばれ植松, 選ぼうとは, 邪げられ, 酒を, 酷似の, 金の, 関した知識, 附添っ, 隠したの, 集中すべき, 非ず, 頒ち与えたい, 頼まれて, 飛び付いて, 食わせた

▼ 妻~ (1639, 8.3%)

19 夫を 16 夫の 13 ある, 云った 11 私の 10 私に 9 帰って 8 出て, 自分の 7 それを, 私を 6 あった, 残して, 生きて, 自分を 5 あつた, いた, 夫に, 彼の, 見て, 顔を 4 云つた, 何か, 僕の, 子供を, 家を, 来て, 死んで, 死んでから, 良人の

3 [16件] あって, いっしょに, いった, いつに, 亡くなって, 仕方が, 他の, 何を, 妻の, 彼に, 急いで, 病死し, 眼を, 自分に, 良人に, 里方から

2 [99件] あったの, あなたに, ありますから, あり子, あり子供, あると, あるの, いる, そう言った, その子供, たしなみ, ついて, つれて, どうしてそんな, ないので, ふるさとの, まだ生き, 一人で, 一生懸命に, 一顧の, 下の, 不意に, 事も, 今も, 何かの, 何とか口実, 使用し, 來た, 先に, 出産した, 叫んだ, 坐つて, 夫人の, 奥から, 女の, 妊娠し, 妊娠した, 妊娠中に, 姙娠し, 嫂を, 家の, 寝て, 小声で, 居る, 差出した夫人, 年が, 待って, 心配し, 急に, 悲鳴を, 憎いの, 戻って, 扉を, 手を, 持って, 書斎に, 来た, 東京に, 此形粧にて, 死んだという, 死んだの, 死んだ時, 歿した, 気を, 水を, 泣いて, 独力で, 申しき, 病床に, 病気の, 私が, 立つて, 立つてるので, 美しい溌剌, 自己の, 自殺した, 舌を, 若い男, 苦しんで, 落した小刀, 行った時, 袂は, 見かねて, 親の, 言った, 言つても, 訪ねて, 貞操を, 跳び上る, 逆上し, 遊女かなんぞの, 郷里に, 離縁状を, 非常に, 面向けたる, 頭痛で, 頻りに君, 食物を, 麻布の

1 [1182件 抜粋] ああした残酷, あっちで, あつたらしい, あつて九歳, あなたと, ありかつ, ありましたその, あり妻, あり生活, あるか, あるとも, あるにも, ある時, あれ程, あわてて, あんな下らぬ, いうので, いかにも不為, いしくもいった, いたし, いたならばという, いったいあなた, いつその, いつも傍, いない時, いなかったら私たち, いまの, いるという, いろいろな, おかしかった, おのれを, おもへば, お休みなさい, お客と, お金を, かさかさと, かすかな, かつては, きっと一切れ, きゃっと, こういっ, こう云った, ここを, この場, この文, この村, この秘密, この錯覚, これに, これ程まで, こんどは, こんな病気, さても, さも思いあまった, しぶしぶまた, じきに, すうっと, する事, する形式, そういうの, そこを, そして愛人たち, その女, その時, その桃, その病院, その著, その財産, その顔, そばへ, それと, それほどまでに, そんなに赤面, たずねたの, だんだん可哀想, ちゃんと控え, つ, つけ足した, つひに, です, とびこんで, とりみるなど, どうしても嫌, どこかにおいて, どんな顔, ないから, ない爲, なかったら, なくては, なけり, なだめたならばと, なんで出, ぬつと, はるばる鞍馬, ひどい金切声, ひどく真赤, びっくり眼を, ふと哀し, ほしい短い人生, ほてつた顏, またいちばい, また台所, また止める, まだこツ, まだ拂つて, まだ築地, みたいつか, もう三年越し, もっと才能, やかましく言え, やった事, やつて, よく庭, よく知つて, わかければ, ゐた, ゐた時, ゐる, アッパッパに, キイキイ声を, ゴルニーチナヤ, タンプルの, チブスで, ボタンホールへ, ミツ子の, 一しょなら, 一人あります, 一人も, 一人枕頭に, 一向気づい, 一家の, 一手に, 一日の, 一朝に, 七つぐらいの, 七出及び, 三つに, 三十二長男が, 三度目に, 三鷹の, 上体を, 上役に, 不安な, 不憫だ, 不断飲まない, 並んで, 主水, 乞食坊主の, 乳房を, 予知し, 二人を, 二十一でした, 二十五にな, 云いつづけた, 云うた, 云うと, 云って, 云ふ, 五十一歳の, 亜米利加へ, 亡くなったという, 亮の, 今が, 今は, 今度の, 他人の, 以前に, 会計簿を, 低い声, 余儀なげ, 使いに, 依羅, 信之に, 信者と, 値ぎりて瓜の, 側に, 傍に, 傍らに, 僅かより, 僕に, 元就公, 先つきから, 兒を, 入口の, 入湯に, 全く反対, 其の女, 其身の, 内心何を, 内職仕事を, 出来ても, 出産を, 初めの, 別に何ん, 到着した, 助けたでは, 動きださない限り, 南兵に, 危篤に, 即ち依, 厭である, 去ったあと, 又大, 友達の, 叔父を, 古来幾度か, 可哀相で, 可愛いからとは, 台所の, 合は, 同時に子供たち, 君に, 呟いだ, 呼ぶ声, 命惜し, 哀れで, 商売の, 問えば, 喜ぶ, 四十に, 困苦の, 地動説を, 城下の, 執へられ今, 壬申八月三十日に, 外に, 外出し, 夜に, 夜着に, 大きく眼, 大事な, 大変な, 夫から, 夫に対して, 夫マックファースンから, 奇怪な, 女ときまつ, 女児の, 女性としてよりは, 好きだった, 好んで, 妻で, 姙んだ, 姦通しいる, 嫁入, 嫉妬をもって, 嬰児の, 子に, 子供が, 子供の, 子供達と共に, 宇野さんの, 家に, 寅彦の, 寒暑に, 寝返りを, 対等の, 小さい幼稚園, 小供達, 小学時代に, 小生と, 小脇に, 少しも, 尼法師で, 居て, 居ないもの, 居ること, 川ふちで, 巫女で, 己れ, 帰りの, 平常より, 幸福であっ, 幾組も, 座敷の, 庭へ, 強盗に, 彼を, 彼女の, 後を, 得られたら私, 御馳走する, 心入れの, 必ず彼, 怒って, 急病で, 恋しくて, 恋しそう, 恐らく誤っ, 息づまる生活環境, 悲しと, 情にとは, 想像し, 愛好する, 感じ居る, 憎くて, 懐妊し, 戀しく思はれた, 或る, 手おけに, 手拍子口三味線, 手触, 投げ付けし火箸, 抱いて, 抱き起そうと, 拙者を, 拾ひ集める, 指に, 授業の, 揉むべ, 支持し, 教育ある, 断固として, 旅疲れで, 日に日に虐められる, 早速の, 昨夜から, 是から, 暗い洋室, 曇り空を, 更に五六粒, 書いて, 最初の, 月足らずの, 有る筈, 朝, 本家の, 札を, 来たよう, 杭を, 東京から, 枕を, 枯木の, 株券などを, 棄て, 横合から, 橋を, 欲しいの, 止めて, 正しく己, 死く, 死に, 死にました, 死のうと, 死んだとて, 死んだ後, 死んだ翌年, 歿く, 段を, 殺される, 母と, 毎夜抱かれ, 毎日三度母家から, 毒々しい恨, 気に入らないの, 気の毒に, 氣が, 汚された時, 汽車に, 河野さんから, 泣きの, 泣くの, 洋画の, 洗濯し, 派出婦に, 涙を, 温順し, 炭ひく, 無いの, 無ければ, 焼け半分, 煩ひ出した, 熊にな, 父と, 片手を, 特別おしゃべりな, 犬を, 狂気する, 独占し, 猶生き, 玄関まで, 瓦斯で, 生前喜ん, 生涯を, 用を, 用達しに, 男の, 男子を, 留女を, 病後の, 病気す, 病気でと, 病気を, 病氣に, 瘤神社へ, 白いエプロン, 白帯下に, 皆受け取っ, 皆泣い, 盛りたる摺鉢, 目を, 直接的に, 看護婦に, 真実眠っ, 眠るよう, 着物を, 祖父から, 祟を, 秋に, 穏便じゃ, 空しく凧, 突然訪ね, 窓から, 竈へ, 立ち寄って, 立てて, 筑紫で, 箪笥から, 約束通りに, 絶えずその, 絶息した, 繊き, 美しかった, 老人の, 考へ, 聞いて, 聴こうもの, 肺で, 能く, 自分から, 自分に対する, 自宅で, 自身そこを, 舵を, 良人と, 良人を, 若い小姓, 苦笑を, 茶を, 草履の, 菊枝の, 蕨の, 虫籠や, 行うこと, 被つた手拭, 裏店のかか, 襤褸に, 見たい, 見なかったかも, 解雇し, 言う, 言ったこと, 言つたのを, 言葉も, 計画した, 訝しそう, 許可を, 訴えるよう, 詠み遺した一首, 話しかけること, 誘って, 読み寓話, 誰に, 諫めました, 貞淑な, 貧乏の, 費う, 赤ん坊の, 足袋はだしの, 身体を, 身體を, 迎えられたの, 近日婦人科の, 退屈も, 這入つて, 連れ立って, 邪に, 都の, 配慮し, 醜くて, 野を, 金などは, 長い沈黙, 長男を, 間男拵えた, 阿片の, 階下で, 集団農場組織の, 雨戸を, 震災の, 静に, 頼み少く, 風俗習慣の, 風邪で, 首を, 駆け出して, 髪結銭も, 鬢の, 麺棒を, 鼻について

▼ 妻~ (1420, 7.2%)

35 なって 30 一緒に 26 二人で 21 なり母 16 して 12 なつた 11 二人の, 子と 10 云ふ 9 なった, 三人の, 並んで 8 いっしょに, 別れて, 子とを 7 私との, 顔を 6 した, なったの, 妻の, 子を, 来て, 言ふ 5 なりて, なれば, ゐて, 一しょに, 云ふも, 呼ばれるの, 呼ぶこと, 四人の, 結婚した

4 [12件] なる資格, 二人きりの, 名告, 娘が, 娘に, 子の, 子供が, 子供を, 死別した, 瀬川との, 結婚し, 話を

3 [27件] したが, したの, なること, なると, なるや, ふたりで, 不義を, 二人し, 云うの, 云う約束, 出て, 同じよう, 女中と, 姦通し, 娘とを, 娘の, 娘を, 子供とを, 子供は, 弟の, 悲哀との, 死別れ, 眺めて, 私は, 言はれたい, 連れ立ちて, 離別し

2 [91件] いうより, きめて, こもりて, しき, しよう, し君, し歩くゆゑはしらずも, し母, し見れば, す, すること, するには, する事, する為, する獸, その子, ただ得, なして, なったこと, なった女, なってから, なつて, なり, なりその, なりぬ, なり古, なるという, なるに, なるには, なるの, なる事, なる女, なる者, なる身, なれるもの, よぶ知らない女, わたしとが, ゐる二階, 一度ここ, 中間とを, 云う位置, 云は, 五人の, 五歳の, 光子は, 共々に, 別れの, 別離を, 同一人, 名が, 名の, 呼ばる, 呼んで, 園子は, 声を, 夜に, 夫の, 女中とは, 女中とを, 女中に, 女児と, 妹と, 妹を, 妾と, 娘は, 子が, 子との, 子供と, 子供の, 子供二人と, 家族とを, 弟とを, 彼を, 思って, 息子と, 我二人居れ, 死別し, 死別れた, 瀬川とは, 相抱い, 相談の, 私とが, 私の, 結婚する, 自分との, 自分の, 行きつつ, 話が, 貞子との, 貸金と, 酒を

1 [791件 抜粋] ああいう, ある例, いいます, いい情婦, いうので, いうよりは, いえるか, いさかいを, いっても, いつしよ, いふ所を, いふ者は, いろいろ話した, おばさんの, おれとの, かいて, かかる術, かつ子の, かれら, きいたので, きめた, きりしか, この俺, この母, こんな経緯, しうる保障, しその, したいほど, したがらない気持, したしむ, したという, したもの, したら世, したり, したコルシカ島, した上, した例, した大, した天女, した女優, した当時, した昔話, した漁師伯龍, しならば, しようと, しんみり話そう, し三人, し今, し女, し慈悲心, し拾, し生命, し絵画, し藤堂家, すぐ感, する, するについても, するの, するは, するも, するよう, する丈, する女性, する理由, する美貌, せねば, せば, せられたこと, せりと, せる人, せんと, そうして東馬, そこを, そしてこの, そして母, そのこと, そのままの, その周囲, その場合自分, その子供たち, その小娘, その度々, その母, その母親, その間に, それから今, それから彼, た, だった, どういう関係, どうして暮し, なしぬ, なし得たもの, なし得なかつた者, なすの, なすべき以上, なったあかつき, なったか, なったその, なったアン, なったウルリーケ, なった三保の松原, なった人, なった彼女, なった盛子, なった私, なってからは, なってからも, ならざりしをば, ならざるや, ならなかった頃, ならんで, ならん去って, なりし, なりしが, なりしを, なりし身, なりたいなど, なりたるを, なりながら, なりましたからと, なりまする, なり二人, なり兄, なり切って, なり妹, なり子と, なり居候由, なり彼, なり或は, なり楽しい, なり添い果てなかった自分, なり男子十一人出生, なり綾, なり老齢, なり賤, なる, なるかという, なるかは, なるにおいてを, なるにつき, なるべきグレツチエン, なるべき令嬢, なるべき女, なるべき山内氏五百, なるも, なるカソリック, なる前, なる女性, なる気, なる物語絵, なれとは, なれり, なろうと, はじめてその, ひそひそ相談, ひどく喧嘩, ふ鹿, ほんとうに, みんなで, むすびついて, めぐりあうこと, もう一人隣室, よい子, よく散歩, よばれて, よりが, よろしからず, わかれだらだら, わかれて, わたしの, イ, ギタアを, サミイと, スティヴンとの, テル子, ドーベルマン種の, メイ子が, 一しよ, 一つの, 一人子を, 一処に, 一所でなく, 一歳の, 一粒種の, 一緒の, 一處に, 七輪で, 丈夫な, 三番目の, 下女とで, 下女とは, 下男ザムエルの, 不思議な, 与市とは, 世話人を, 両人づれニて, 並んでも, 並木の, 主君とを, 乙彦という, 乾杯する, 二人, 二人きりで, 二人ぎりでいてその, 二人ぎりで店座敷に, 二人だけ, 二人だけの, 二人は, 二人客間に, 二人山の, 二人母屋からは, 二人西を, 二度目の, 二男吉次郎とを, 云う, 云う名前, 云う名前丈, 云う心持ち, 云う新, 云えよう, 云つてゐる, 云はれ, 交替に, 亭主と, 介抱し, 他の, 他人の, 会えるただ, 会って, 伯母とが, 伴なり, 住むため, 何か, 余計話した, 供の, 倶に, 僕との, 兄弟と, 光子が, 全く別々, 全く同様, 共謀の, 其の相手, 円満に, 冬子を, 別々な, 別れた, 別れたこと, 別れた経験, 別れより, 別れると, 別れリエ, 別れ子, 十一人の, 十二に, 十四に, 千束守が, 卓を, 友, 友人と, 口論し, 口論する, 可愛がられたる女人形, 可憐の, 合せて, 吉弥とは, 吉田の, 同じく鬼神, 同じやう, 同じ位, 同名である, 同姓同名の, 同心に, 同時に恋人, 同棲し, 同棲せしめる, 同衾し, 名乗る女性, 名乗れましょう, 君への, 呼ばるべし, 呼ばるること, 呼ばれること, 呼ばれるもの, 呼びたい, 呼び夫, 唄はれ, 問答し, 喧嘩を, 四人裏の, 地方の, 墓参りを, 外で, 外国婦人にとっては, 大勢の, 大変むつまじく, 夫と, 夫という, 夫ほど, 女一人とが, 女中が, 好愛, 妹とが, 妹とを, 姉らしい, 姉を, 姪と, 姫君の, 娘たちとの, 娘とに, 娘三人を, 婢とに, 婢とは, 婢僕を, 子, 子とが, 子とに, 子とばかり, 子ども三人とは, 子に, 子供たちが, 子供たちとに, 子供たちとを, 子供に, 子供へと, 子供三人を, 子供二人だった, 子供達とは, 子等とに, 定めたからには, 定れる, 家庭を, 家臣との, 家計の, 寝ること, 寢たなら, 対し食事, 小さな三人, 小供, 小姑の, 小猫, 居りぬ, 山田信之助とを, 年寄の, 幼い娘, 幼き小, 広岡の, 弟が, 弟と, 弟めが, 弟妹が, 彼れ, 彼女が, 心中した, 志村の, 忠実なる, 思うより, 思えない単純さ, 思ひ人, 思われたらしい, 思詰め, 恋に, 息子へ, 愛と, 愛児と, 憎んで, 成つたと, 成つて以来良人と, 我, 我が鶯笛, 手を, 打合せて, 拙者との, 捨児を, 掴み合いの, 支那見学に, 教権, 新婚の, 暮らすこと, 書いた, 最後の, 最愛の, 有無なく, 朝から, 木彫の, 末の, 村とに, 東京に, 東馬四人を, 柔媚な, 楽しんで, 此世の, 死に, 死別れる, 母とは, 母とを, 母の, 水入らずの, 決した時, 法廷で, 注目すべき, 混同にな, 源扶の, 瀬川とが, 為られぬ者, 為る気, 父なき, 父子と, 片腕との, 生き殘つて, 生れて, 申す取り次ぎなさい, 申す女, 男の, 男の子一人女の子三人の, 男の子二人店員を, 男女二子の, 病児の, 病気上りの, 登れば, 相談し, 看守ばかりという, 看護婦が, 睦まじく暮らし, 知って, 知合に, 私と, 私とは, 競争で, 籠らん蔭, 結婚しない, 結婚式を, 老母だけが, 考えられて, 考える方便, 聞くがに, 肉体的快楽を, 腕を, 自らえらん, 自分とで, 自分を, 自身で, 舅の, 良人の, 芝居を, 芳子とが, 苦痛を, 茶卓子を, 落合おうと, 行きて, 行き会いながら, 裏に, 見ず知らずの, 見られて, 覚しき美しき, 親しく物, 覺しき婦人の, 言わず, 言葉を, 許されて, 話しあえそう, 話しました, 話し込んで, 話せぬこと, 認めさせること, 認めた, 認めては, 語りつつ, 誤植され, 謀り自分, 謂ふ, 財産を, 貧乏とを, 赤子を, 踊ったの, 踊りては, 逗留に, 通じその, 通ずること, 逢う機会, 連れだって, 遊んだの, 過した一夜, 重夫とに, 野に, 長女とが, 長女とに, 長男の, 階段の, 雑居せし, 離れて, 離縁し, 鞍馬を, 顏見合せ, 顔こそ, 馬と, 駈落ちし, 麗子とを, 麺麭もぎり

▼ 妻~ (610, 3.1%)

37 子も 14 子供も 6 あり子 5 なく子 4 ない, 今は, 私が 3 あり子供, いた, それを, 声を, 夫も, 妹も, 娘も, 私と, 私の, 私も

2 [30件] あった, あつた, ある, あれば, こ, それに, つづいて, とうとう読みさし, ない子, なかった, また冷た, また近頃, 一しょに, 一処に, 亦テツさん, 今日の, 何かの, 出て, 同じよう, 同意した, 女中も, 女中らも, 平和な, 摘めを, 氣を, 画に, 留守の, 腰を, 自分の, 良人も

1 [446件] ああし, あったの, あなたの, あの凄惨, あらずや, あらば, あらむ, あり, ありながら, あります, あり三人, あり友達, あり四人, あるし子供, ある武家, あろう病人, あんな風, いた老父, いちど絞れ, いつかそんな, いない, いよいよ安心, いること, いろいろあるべき, い年, うと, うとうとしてる, うるさいと, おかしいから, おずおずと, おなじよう, おぼろげならずさとりし, お末, お湯から, かなしと, かなり気に入ったらしく, きゅうに, このよう, この廃物, こもれり二三人子供, ご同門, さう言つて襖, さぞお前, すぐ思い出した, すこし意外, すでに四十四歳, すべては, そうした潔, そうだ, そう言っ, そこへ, そこまでは, そちらの, そのままに, そのまま残っ, そのよう, その一人, その中, その人, その他の, その働きぶり, その喜び, その実家, その小鳥, その方, その灌木, その男, その通り, その道具立て, その都度, それきり一語も, ただ泣いた, どうして生き抜こう, どんな機会, ない一人者, ない仮, ない孤独生活, ない謙信, なければと, なし妻, なにか動悸, はなはだ重吉, ひそと, ひどく悲しく疲れ, まじり子たち, またあたかも, またお袋, またかかる, またこの, またそう, またマジャルドー, また一種, また下手, また予, また二十三, また其の, また大きな, また彼, また御多分, また徹夜, また甘露寺家, また種々, また紅葉, また繰返し, また自然, また蕃人出身, また観測違い, また誰, また讃岐, また重い, まだ年, まるで忘れ, みじんの, みんな一週間の, めとって, もう此の世, もう諦め, もたねば, もち子も, やがて死ぬだらう, やっと前途, やっと得心, やっぱりそうであった, やっぱり眠られず, やはり弱い, よくでき, よく手紙, よく理屈, よく知らん, よほど気分, よろこんだ, わびしい, ゐないの, ゐるし, アレキサンドリアが, 一家こぞって, 一寸山内一豊, 一度は, 一旦は, 一時は, 一様に, 一言も, 上つて来た, 上著を, 下女も, 不思議そうな, 両親も, 主水も, 久左衛門の, 乗りました, 事なく, 二人とも, 二人の, 云うので, 亡母も, 亦た, 亦た驚いた, 亦マルテ, 亦其池, 亦是, 人に, 今では, 今の, 今まで, 今更の, 仕合わせだ, 低い下駄, 低い声, 何とかいう, 何の, 何故この, 侍女も, 側女も, 僕と, 僕も, 元気で, 児も, 入って, 全く同, 共に参加, 其働きぶりを, 其後家に, 内から, 再三明日, 再発の, 別に, 別にそれ以上それ, 加はつた, 助かったかも, 勇みて, 医者同様私の, 十数年の, 危ながった, 危険であった, 即刻お, 却つて直ぐ, 厨から, 厭な, 去った中, 友達も, 双手を, 口を, 古女房, 只泣いた, 叫び立てること, 召使も, 可愛く思う, 台所から, 叱らず小, 同じやう, 同情を, 同意は, 同感であるらしい, 同時にそれ, 同様であった, 同様です, 同様の, 向うへ, 吾が聖人孔夫子, 呼戻しましたが, 唯一人の, 唯爺さん, 唯黙っ, 唾を, 善良すぎ, 喜びて, 噴き出し, 噴き出した, 園子, 夏も, 外戚の, 外竈の, 夜の, 大丈夫だ, 大方の, 夫と, 夫の, 夫を, 好きで, 妻と, 妻実に, 姉も, 娶らずこつ, 娶らず養生所, 娶らなかった, 娶らねば, 娶り兄妹三四人, 娶れぬ, 嫁らず, 嫂も, 子を, 子供らも, 子等にと, 孫と, 宇宙も, 安心し, 安心した, 定めて, 宜しく御, 宜申上, 実に気の毒, 宥す, 家に, 家も, 家庭を, 寂しく笑つて, 将門の, 小娘の, 小男が, 居ない, 居れば, 左様で御座います, 庄兵衛も, 弟の, 当時の, 彼の, 彼女を, 後影を, 従軍し, 思はずろ, 思ひ出せぬと, 思わず顔, 恋人も, 恐らくここ, 恢復し, 悦んで, 惚, 憎くは, 憐れで, 我慢が, 手紙が, 拒むこと, 持たず, 持たなかつた, 持たねば, 持ち子, 持てない兄, 振り返って, 捨てるには, 捨て子, 捨て武士, 撮って, 文学の, 斯う, 新吉の, 既に死んだ, 日幡の, 日頃謹慎の, 早く死ん, 早速賛成, 昂奮し, 昼の, 時々説教, 時どきに, 晩酌に, 暗い思い, 暗涙を, 有て, 本当は彼, 来た, 東京を, 東馬も, 某富豪, 案じて, 機嫌を, 歌を, 歩むこと, 死に六畳, 死ぬの, 死んだ, 死んだ中, 死んで, 殆ど三十年前に, 殺したの, 母とともに, 母乳が, 毎々話しこまれ, 気がかりでございましょう, 気づいたと, 気にも, 気の毒に, 気を, 氷川の, 泣きやまなかった, 涙を, 淋しい眼付, 渠には, 温柔の, 満足した, 満足な, 満足の, 潜伏し, 灯に, 無えもん, 無教育, 無言で, 無論東京, 無造作に, 然か, 生き耻, 申して, 病身で, 目を, 目覚めて, 眼に, 眼を, 眼頭を, 矢ツ張り, 知って, 知らぬ中, 種々村の, 立ち上って, 立って, 笑つて, 籠れりわれ, 粛然として, 素直に, 結社加入以来一度も, 続いて, 緊張した, 置いて, 美しかった, 義妹も, 羽根布団や, 老ゆ, 考えた, 聞いて, 聞く夜, 肯いて, 背に, 自ら病まざる, 自分に対して, 自分を, 自私, 臺所から, 良人とともに, 良縁と, 若後家, 若気の, 茂子が, 茂子も, 茶を, 茶目である, 草鞋を, 衣食の, 袴を, 覗いた, 覚悟した, 覚悟を, 親しんで, 覺束なく, 解放運動などは, 言葉を, 許した限り, 読んだ彼, 誰も, 象牙を, 赤ン坊も, 起きて, 軈ては, 迎えずに, 迎えた, 迎え今年三才, 迎へ, 返事を, 這入る訳, 遂にこの, 遂に泣きだした, 邦夷も, 長女も, 間違って, 闘争の, 階下まで, 非常に, 食べ物の, 食卓に, 養えないよう, 餓死んで, 馬に, 馴れたので, 駕籠の, 驚いて, 高等官一等の, 鶴子も, 黙る, 鼻の

▼ 妻~ (277, 1.4%)

12 子を 10 娘を, 子供を 7 子の 6 子が, 子は 5 娘が, 子や, 子供の 4 妹は, 子供と 3 娘も, 子も, 子供たちの, 子供や, 母や

2 [19件] お雪, 女中に, 女中は, 妻の, 娘たちに, 娘たちの, 娘たちを, 娘に, 娘の, 娘らによって, 子など, 子に, 子に対して, 子に対する, 子供が, 子供達の, 家庭や, 小供, 母の

1 [150件] あたりの, おしげなどに対しては, かつ子にまで, かつ子に対しても, こどもに, その他が, その他の, その他女の, その子供, たく山の, よい子, ソーボリと, 一族は, 一族へ, 下等な, 両親を, 主税の, 九人の, 他の, 伯母は, 伯母を, 何かに, 信長の, 兄弟に, 児までが, 児や, 助手たちと, 医者や, 友人が, 友人たちが, 友人の, 友人への, 友達と, 召使たちから, 可愛い子供等, 園に, 夏に, 大きい子供ら, 大きい子供等, 夫を, 女に, 女を, 女中が, 女中達の, 女性の, 妹が, 妹たちを, 妹も, 妹を, 妾が, 妾に, 妾や, 姉に, 姉妹に, 姪や, 娘たちは, 娘と, 娘などを, 娘は, 娘までが, 娘や, 娘達が, 娘達は, 婆に, 子たちにも, 子たちを, 子だけ, 子で, 子でさえも, 子と, 子とともに, 子どもは, 子にも, 子に対し, 子まで, 子らの, 子供たちと, 子供たちにも, 子供たちは, 子供にも, 子供は, 子供も, 子供らと, 子供らに, 子供らに対して, 子供らの, 子供らは, 子供らを, 子供達と, 子供達にも, 子供達や, 子供達を, 子夜寒の, 子息息女である, 家族たちも, 家族の, 家族らも, 少女たちは, 幼いもの, 幼い子, 幼い子供, 幼い子供たち, 幼な, 幼子の, 弟たちは, 弟などの, 弟の, 恋人ばかり, 恋人や, 息子たちの, 息子や, 息子娘たちを, 情人を, 情婦や, 愛する母国, 愛する者たち, 所生は, 扶の, 東馬も, 松本や, 桃子たちも, 母が, 母たちじ, 母たちに, 母としての, 母にも, 母は, 母を, 母遊行婦女の, 源女を, 父母たちを, 父母と, 病児をも, 病院の, 知己へ, 私の, 繼母も, 老人たちは, 老幼の, 舅などに, 良人の, 親同胞が, 親子の, 親戚と共に, 赤子は, 走り湯権現の, 長女は, 陋巷に, 雇人たちに, 鬼は

▼ 妻として~ (246, 1.2%)

6 母として 4 夫を 3 夫の, 立派に

2 [15件] これを, それを, 一番よい, 世の, 擅に, 束縛し, 母としての, 求められて, 生きること, 生涯を, 社会的にも, 自分の, 迎へ, 迎へるであらう, 遠く海外

1 [200件] あげなければ, あたしを, あなたを, あますところ, あらゆるもの, あるべからざる振舞, あるまじき振舞, いっしょに, いつでも, いやでも, えらばれること, おかれて, おきたいという, おき彼女, お前の, お在, お父さんと, お艶, お蝶, かたづけて, こういう風, この位欲ばり, こんな可憐, しまつ, すごした八年間, ぜひ下さい, そういう印象, その妻, それぞれの, それ相応の, でなく女, では, どこが, どの女性, ならば, なら死に際, ほかには, また子爵家, また悲しい, また慈愛, また母, むしろわけ, もう聞きのがす, もとめて, ゆるして, わが生涯, わたくしが, ゐた, ゐるお蔭, アンリエットは, エタに, ハンス, メネスチオスの, 三年忌を, 三年間で, 下しおかれる, 不埒であろう, 不死の, 不足な, 世に, 世界の, 世間から, 人間の, 今の, 今まで, 仕えて, 他の, 代診として, 以心伝心とでも, 会の, 伴れ, 伴れ去った, 佃にたいして, 何よりも, 作家として, 信長様に, 備えて, 充分安心の, 光明后を, 八年間そこに, 公明正大に, 公然お上, 再縁した, 利殖に, 動きの, 十日ほどは, 取扱わざること, 召捕られたかの, 同棲せしめる, 呼び馴れて, 呼ぶの, 四方八面へ, 垂れこめて, 多少の, 夫や, 奈良茂に, 女としての, 女傑と, 女性としての, 好い取り合わせ, 如何なるもの, 婚礼の, 子まで, 子を, 子供を, 孤閨を, 安心に, 安閑として, 実に申し分, 寧ろその, 寧子が, 将軍の, 尊敬された, 尊重し, 希うこと, 帝国劇場の, 帰るの, 平中と, 平素の, 形式的には, 彼女を, 御良人, 心安く観察, 忍び難い, 恋人として, 恥かしくない, 恥しからぬ, 愛されて, 愛されるより, 愛して, 愛し合つて, 愛する, 愛するであろう反魂香, 愛する僕, 我知らず深く, 所有したい, 才色両つ, 抗議しず, 抱いて, 挙げられたこと, 振る舞って, 振舞わなければ, 撰ぶのに, 撰んで, 教養を, 日本に, 春水と, 暮して, 暮らして, 最初から, 最後の, 検死や, 楠緒子が, 母としてのみ, 水に, 活きて, 添うて, 渡しあえた, 王ペ, 現在同棲の, 生きぬく道, 生きる女, 生涯添う, 甦った一人, 甲州の, 留守暮しを, 眺めたい, 破綻なく, 社会的な, 私には, 笑われぬよう, 納り, 終始したい, 結婚を, 繋累の, 置くこと, 考えて, 育てたならまた, 自分が, 自分だけで, 良人から, 良人に, 良人の, 若いとき, 苦境に, 苦難な, 茲に, 蔡, 複雑な, 見て, 親兄弟, 計らずも, 訴え甘えて, 貞操に, 輿入れさせる, 迎えたる理由, 迎え優遇, 迎え入れた, 非常に, 館の

▼ 妻~ (215, 1.1%)

26 の方 15 の本陣 6 と馬籠 5 の寿平次 4 のおばあさん, へ行く 3 の峰, の御, の生家, の連中, をさして, 旧本陣

2 [13件] から持っ, から来た, から馬籠, か美濃, に, の人たち, の兄さん, の子, の客, の宿, の庄屋寿平次, の青山さん, まで行っ

1 [111件] お小休み, から, からお, からお客さま, からこの, からずっと, からその, からである, からの二人, からの寿平次, からの泊まり客, からの話, からはお札降り, からは彼, からも馬籠, からやって来た, からやって来る, から下山, から伊那, から供, から先, から半蔵, から来, から来る, から東, から福島, じゃそう, でお, ではどんな, でもあの, でもうすうす, でもその, でもそんな, でもどうして, でも収穫, でも山口, でも心配, で寝, で自得練磨, で行き止まり, というもの, といふところ, にお, にはお前達, にはまだ, には大きな, にも米, にも起こっ, に城守り, に帰っ, に泊りまし, に着いた, に臺建てんか, に落ち着いた, に見る, に近づいた, のお小, の両, の五宿, の代官, の伯父, の伯父さん, の兄, の光徳寺, の副, の吾妻橋, の大平口, の大野屋, の姿, の実家, の宿はずれ, の宿場, の寿平次ら, の山中, の庄屋, の扇屋得右衛門, の旧, の本陣あて, の正, の町, の知人, の祖父さん, の緑蔭, の郵便局長, の里方, の隠居, の養家先, はお前お母さん, へと近づく, へは来られない, へは鍬野様, へ割り当てられた, へ帰った, まで, までお, までの継立て, までの間, まではいる, まで帰っ, まで引き返し, まで相談, も同様, も変わりましたろう, より温暖, より舊道, を帳場, を見たまえ, を辞し去ろう, を通っ, 無極, 越えに

▼ 妻には~ (128, 0.6%)

5 妻の 2 それが, 何にも, 何も, 絶対に, 見えた, 言って

1 [111件] ある青年, あれが, いくたりかの, いつも反対, かえって寂しく, こういう良人, このよう, この婦人, これくらい, これも, させぬ覚悟, された, した事, そういう光景, そこを, その力, その恐れ, それと, それは, そんな気持, たまらないの, とうとうあの, ないの, ない若い女, なかったであろう, ならぬ, なりません, なるな, なるなと, なるまじきもの, なれずに, なれまいといふ, なれませんね, はじめよく, ふさわしくない, ますます忸, まるでおもちゃ, むしろ過ぎた, もうこの, よく手紙, 一切しらされなかった, 一向ぴつたり來, 一度会いたい, 一日中留守居を, 三人の, 不平で, 不思議でならなかった, 与えにくい, 今の, 似合わなかった, 何となくすまない, 何事が, 何時も輕, 余りにも, 僕の, 先だたれる身, 内所に, 出て, 出来ぬと, 出来ぬのみか, 分ろう筈, 別にどうと, 別れ妾, 前後妻あり, 勿体ないから, 十余人の, 叮嚀な, 嘆きを, 困るという, 大きく左, 妊娠の, 嫁としての, 子が, 子供が, 子供たちの, 宴会と, 小宰相, 常にいつ, 常に暗黒, 御酒の, 思はず心隔, 惹かれぬ, 慰められて, 成りません此, 手に, 手紙を, 死別れ, 決してなりません, 決して望めない, 流行の, 為し得ぬ迄も, 無論血液型, 焼夷弾よりも, 着物の, 知れるはず, 私の, 第二, 米を, 聞こえないという, 自分に対する, 自由を, 良人として, 色男ある, 苦労ばかり, 茶飯事の, 見つからなくても, 親切な, 話さなかった, 違いない, 違ひない, 関係させない

▼ 妻である~ (125, 0.6%)

8 ことを 6 ということ 3 と同時に, 女が, 女と 2 ことが, ことは, 事を, 女は, 私が, 私は, 自分の

1 [88件] あなたが, あなたの, おまえに, お光, お妙, お恵, かいずれ, からという, からと思っ, からどんなに, が今, が今度陣十郎, が以前, が現実的, ことだけは, ことに, ことによって, ことの, この妾, し夫婦, その人, その女, だけにそれ, つや子も, という, という事, という実感, という客観的事情, といっ, とお, とか須臾婦, とした, とする, とはいかなる, とはどうしても, とは誰, とも噂, とも言った, と云, と大将, と心, と思われる, と意識, と知, と知れたなら, と言う, に違, のは, ひとなら, ひろ子の, ひろ子ばかりの, ほかの, やす子を, わたしが, わたしたちは, わたしは, わたしを, エリザベートの, クララという, ヴィアルドオ夫人の, 一人の, 乙女の, 人が, 人と, 人な, 人に, 人も, 伸子との, 伸子の, 作者にとって, 千代子の, 多くの, 多計代, 女優の, 女性は, 婦人を, 婦人作家が, 婦人闘士は, 尾張の, 彼女よりも, 待遇は, 故家族中, 点で, 約束それが, 組合員の, 若いお, 道子の, 長女から

▼ 妻恋坂~ (113, 0.6%)

11 の道場 9 のお 5 の殿様 3 の下, の司馬道場 2 の司馬, の峰丹波様, の通り, の饗庭

1 [74件] からかけつづけ, から本郷元町, から立売坂, この名, だ, だとよ, では伊賀, で人, なる司馬道場, に, にあの, にいまし, にのぼりかけた, に別居, に広い, のあたり, のあの, の上あたり, の不知火銭, の付近, の倅, の剣術大名, の土, の坂, の坂下, の城代家老, の大黒柱, の女将軍, の家, の峰丹波, の影屋敷, の旗下饗庭様, の時分, の片, の町名主, の知り合い, の私, の老, の花, の西, の途中, の雨, はさほど, はずっと, へ, へかけつけました, へとどけられた, へ乗りこんだ, へ出かけ, へ出向い, へ参ります, へ向かいだした与, へ寄っ, へ寄る, へ届けせえすれ, へ届けろ, へ持たし, へ走っ, までは持っ, まで見届け, より師範代安積玄心斎殿, をあと, をおりきった, をくだり, をさして, をすっとん, を上っ, を上った, を上りきっ, を曲っ, を登っ, を立ちいでました, を駈け, を駈けおり

▼ 妻から~ (104, 0.5%)

2 それを, 夫として, 夫に, 幸福を, 荘田夫人の, 離れたとは

1 [92件] ある新鮮, うけとったばかりの, お志保, かまい付けられなくなった悲哀, きいて, こうたずねられた, この, こんな下劣, されたよう, そうじゃ, そんな返答, た, つめたい凝視, どんな註文, なぜそんな, なぜそんなに考え, のである, のや, よく笑われた, ゴーリキイは, ハインリッヒ伯爵家の, ランチ・バスケツトを, 与えられた黄金, 云へば, 今朝送っ, 伝はつて, 何か, 何の, 努めて, 勘当同様の, 去るという, 受け取る, 叱言, 呼び起された, 娘から, 嫉妬が, 子供を, 孫まで, 実父伝右衛門の, 寄越した物, 小言を, 届きました, 常に次, 帽子を, 度々金, 強いられた禁慾, 彼女の, 情熱の, 愛されて, 愛し切って, 承った, 押えられたの, 振り廻されては, 旅立ちの, 時々物足りな, 暑さ, 来たの, 来た手紙, 正式に, 母に, 母へと, 河野さんに, 犬の, 生れた息子, 看做さるるであろうかの, 真直に, 眼を, 着物を, 知らして, 知らせて, 笑われたが, 聞いた, 聞いた一番懐しみ, 聞いた顛末, 聞いて, 良人から, 良人への, 苦情が, 苦情を, 見ると, 言葉を, 財布を, 貴重な, 贈られた金貨, 起された, 送って, 速達の, 重ねて, 離れて, 離婚を, 離縁を, 頓死した

▼ 妻~ (101, 0.5%)

27 あつた 3 あらう, あらうと, 大泣き 2 あつて, あらうが, さへ, 源五郎は

1 [57件] あつたなら, あつたの, ありすぎる故, あり得ると, あッたなら, いたもの, いて, いながら, いると, いる女, この子, しくじったの, しよう, すらこの, すら世, そいで, そのため, その子, その顔つき, でも, もと鶴千代丸, よその, アリョーシャの, クニッペルは, 丑松は, 人を, 今一人は, 保姆と, 初日に, 前身は, 半蔵が, 后より, 品子姐さんの, 四十八歳に, 大戦の, 子供をも, 宮子には, 小倉へ, 山嶽などは, 平常から, 暮した人, 暮して, 有った夫人, 死なして, 死にたいわ, 死んだ隆, 満足し, 生活難から, 留守居を, 百川の, 知名な, 終わるという, 結構です, 荏薇問答の, 通した聖人, 過せと, 鹿の

▼ 妻としての~ (94, 0.5%)

3 彼女の 2 信頼と, 従軍と, 愛情を, 生活を, 義務を

1 [81件] あたしの, あたしを, ある一人, いくらかの, お母さんの, このエハガキ, そういう渇望, ひろ子に, みな子には, 一応の, 乙女には, 人生などは, 人生に, 何か, 価を, 価値が, 信頼を, 務めが, 務めを, 外出中の, 大町米子さんの, 女が, 女にでも, 女性にとっては, 女性を, 婦人作家は, 安心誇り, 役に立つ樣, 役儀を, 役割を, 彼女にも, 彼女を, 待遇に, 心を, 心持に関して, 心痛や, 心配不安が, 思いに, 思い妻, 情で, 情であった, 情愛を, 想いを, 愛情も, 感情から, 感情が, 感情は, 我が身の, 或は経済的, 扱われかた, 支那人乃至, 明暮の, 暮しにおいても, 本分を, 栄子, 権利を, 母から, 照日, 特権を, 生活から, 生活に, 生活は, 私を, 立場から, 自分に, 自分の, 自分は, 自分を, 自由も, 興味を, 良人への, 若い婦人, 苦しみや, 苦痛や, 蓉子を, 誇を, 貞操と, 貞操は, 責任を, 資格が, 面の

▼ 妻にも~ (94, 0.5%)

3 子にも, 挨拶し, 話して 2 あるまじき, それを, 告げず真白

1 [79件] あれまだ, いや恐らく, こう結んだ, こころざしは, このこと, これが, したまひ, せられず嫁, そう注意, その手紙, それぞれ法律に, それぞれ金を, それは, た, ならず子, なりきらないまま, なり子, なれず永く, ひとりの, ふさわしくない, へこたれたよう, ほしいよう, みさ子にも, もちまた, やさしくありたい, コオトが, 一層優しく, 一言も, 一言噛ん, 不安を, 云われたが, 他言だけは, 会えば, 会えようが, 似合わん毫も, 先だたれたの, 入浴させ, 分って, 別れた身, 別れを, 半兵衛は, 取り残されて, 同じ鄭重さ, 哀傷の, 女房にも, 妹にも, 始終叱られ, 娘にも, 子供にも, 寄せて, 少しわかっ, 弟らにも, 愛の, 故意と, 明らかに, 母にも, 気づいて, 燕青にも, 理解さする, 生きて, 町人の, 異存は, 真実が, 眼の, 知らせまいと, 祝福され, 篤と申しおい, 紹介された, 職を, 見られないよう, 話さなかった, 話した死刑, 話し聞かせて, 語りその, 起らぬらしかつ, 逆わ, 阿母さん, 隠して, 髑髏を

▼ 妻との~ (88, 0.4%)

16 間に 5 間には 3 間の 2 あいだに, 二つの, 対話, 愛は, 親密な, 間が, 関係が, 関係に

1 [48件] あまり恰好の, いきさつに, いきさつの, こうした歪, ことが, ことの, ことは, ことを, これまでの, せっぱつまった苦しい, つどい生きたたかううた, カリカテュアを, 二人っきりに, 交際が, 内的いきさつに, 同棲, 名誉を, 夫婦としての, 姿は, 宿縁を, 對話が, 微妙な, 感情問題も, 成り立ちと, 折合いも, 日ぐらしの, 書いた狂言, 最近までの, 概念を, 権利は, 氣ま, 添い臥しの, 無知な, 申出に対して, 相談妻の, 艶話なども, 行為は, 親と, 諧調を, 違ひ, 部屋の, 長話は, 間にだけ, 間より, 間柄などは, 関係なども, 関係も, 離別の

▼ 妻女山~ (81, 0.4%)

3 の陣 2 に到着, に向った, の兵, の背面, の裾, の西方, の謙信

1 [64件] から川中島, から来るべき, から移動, から転じ, から転回, たる巧み, でも今朝, で山脈, とのあいだ, なる余, にある, につながる, には何, には先鋒, には陣中, に占拠, に拠った, に攻めかかり, に本陣, に相, に着いた, に立っ, に謙信, に達し, に陣, のどの, のほう, の一端, の中軍, の動静, の北赤坂山, の危地, の地, の地位たる, の布陣, の御, の搦手, の敵, の方, の本拠, の本陣, の正法攻撃隊, の無表情, の背後, の陣中, の陣営, の黄葉, は見え, まで, まで行った, より加勢, より味方, より自分, をくだり, をにらん, を下りる, を前, を揉みつぶし, を立退く, を繞, を迂廻し, を降っ, を降り, を陣

▼ 妻という~ (80, 0.4%)

8 ものを 6 ものの 5 のは 4 ものが, ような 3 ことに, ものは 2 のを, ものに, 立場に

1 [41件] おちついたかんじでしか, ことばを, のも, ほこりを, ものなし, ものについてかな, ものに対しては, ものに対する, 世俗の, 事を, 人は, 人間の, 仕事半, 位置で, 住み古し, 傷を, 句に, 名で, 名の, 名を, 名前で, 名義で, 境遇の, 太夫にも, 女, 女が, 女と, 奴は, 建て前で, 形式ででも, 意だ, 狭い暮し, 琴などは, 立場の, 立場は, 累を, 結合に, 考えを, 観念は, 言葉を, 議論が

▼ 妻とは~ (75, 0.4%)

2 二人の, 別の, 蒼白に

1 [69件] あまり顔, いえどんな, おたがいに終日物, おもわぬ夫, ごく穏, さし向いに, せぬ私, そういう会話, その墓, その時, その殺害事件, それどころで, ちがいます, とうの, ときどきそんな, とんだ好い, どうしても似あわず, どうしてゐる, どちらも, なっても, また道, まったく視, もう別れる, 七つ八つ年が, 上げ板の, 不びんな, 互に一人, 互の, 今年の, 以前からの, 元の, 兄弟なり, 全く別, 凹地の, 切り離して, 初對面, 別な, 前の, 単なる媒妁結婚, 又従妹, 名義だけ, 夢にも, 家庭を, 幼い子供, 座席に, 彼を, 彼女の, 微笑の, 思い得なかった, 思って, 新婚旅行の, 歴史が, 決して不幸, 決して室, 生命びろいした思いで, 生存競争の, 眼を, 笑い出しました, 結婚当初から, 続いて, 腰掛の, 膳立てし, 見えぬ嫋々, 言へ, 誰ぞ, 遊ばなかつた, 遊佐に, 闘ひ疲れ, 顔を

▼ 妻たる~ (69, 0.3%)

4 ものが, ものは, 可き 3 身の 2 ことを, ものに, ものの, 事を, 自分の

1 [44件] おくみ, おまえも, お前は, が故に, ことが, ことに, その婦人, だけの任務, に等しく, の覚悟, の間柄, ひとの, わたくしが, わたしは, を怖, を思へ, イエニーの, ウメは, 一事は, 三年, 人が, 人の, 人も, 令嬢に対して, 例の, 効も, 務めとの, 千代の, 境遇に, 夫思いの, 女が, 女の, 婦人の, 彼女に, 徐氏には, 新夫人, 日頃の, 私に, 節操は, 貴様が, 身で, 鉄が, 雍姫が, 高い理想

▼ 妻~ (66, 0.3%)

54 と思ふ 2 といふ, と只今, と思ひ得られない, なんて

1 [49件] あの家来達, おまえは, からといっ, からとか云う, からね, から夫婦仲, から宅守, かわからない, か私, が恋しい, が昼日中, が葛飾, しどう, ぞということ, つたのだ, つたようです, つたマリアは, とあっ, ということ, というの, という考え, といっ, といふひよろひよろ, とはわかっ, とは思っ, と云, と云う, と云える, と云った, と仰せられた, と判る, と強, と強く, と思, と思っ, と思った, と決定的, と深く, と考へ, と言いきっ, と言触らし, などとはとんでも, なんてそんな, なんて云, のと, のという, もの, 友達だ, 長政の

▼ 妻たち~ (60, 0.3%)

1 [60件] から打たれ, がおり, がすっかり, がその, がそれぞれ, がふえた, が世界じゅう, が案外, が現代, が麓, が黒服, その娘たち, であるの, に, にそれ, には誰, に授産場, に示されなかった, のもの, の上, の不安, の周囲, の困難, の心, の思い, の悲しみ, の手もと, の条件, の満足感, の生活問題, の留守居, の良人, は, はこういう, はこの, はどんなに, はよる, は一人, は一日, は世界, は今日, は大体四十, は季節季節, は少く, は昔, は未亡人, は深く, は無論, は自分たち, は良人, は類例, も共同水道, も妹, や姉妹たち, よ, をさいなもう, を一日数時間, を呼び, を私たち, 即ち政江

▼ 妻~ (57, 0.3%)

3 手紙を 2 云ったもの, 目くばせ

1 [50件] いただいたあの, いろいろ話し, いんぎんに, こう云いのこし, こう云った, した, すまない気, そう云っ, そう云った, とどけて, なんの, よびかけ彼女, ピアノを, 一人の, 与えてしも, 久しぶり便りを, 云い残した, 何の, 便りを, 内密で, 反抗し, 嘆いた, 報せそう, 妻から, 宛てたもの, 宛てたる御, 宛てた文, 宛てた艶書, 対する不満, 形見が, 書いて, 望んで, 母の, 毒物を, 牽きつけられた, 獅噛みつきました, 珈琲と, 甘える眼, 申しました, 白いカアネエション, 知らすべく奥, 移すまいとしてか, 見せたの, 言って, 話して, 話しても, 誓いは, 送つた手紙, 送つて, 頷いてから

▼ 妻に対する~ (55, 0.3%)

3 自分の 2 せめてもの, 仕打が, 愛撫の, 言葉は

1 [44件] ことで, そういう謂わ, むしろ私, 不思議なる, 不満では, 井上次郎に対する, 仕打とも, 共通の, 処置は, 切実な, 単なる言葉, 反対という, 反抗の, 同情を, 夫の, 強い愛着, 心掛が, 愛は, 愛情が, 愛情と, 愛着から, 憎悪の, 振舞との, 本務と, 正当防衛は, 気持の, 気持一つ変える, 深い愛, 濃厚な, 疑惑が, 絶対的契約である, 義務では, 義務を, 考えに, 良人の, 良心と, 苦痛後悔午後の, 虚栄心の, 親切だ, 誘惑の, 貞潔を, 負債の, 軽侮と, 関係の

▼ 妻に対して~ (47, 0.2%)

2 吐かねば

1 [45件] ああやっ, いくらか, いくらかの, その後愛情に, ひとつも, もっともしのぎ, 不憫な, 不足が, 何となく淡白, 余り言葉, 傷もつ, 公明正大な, 冷酷である, 同じよう, 外地での, 多少の, 夫を, 失敬な, 妻を, 妾を, 尽くすべき義務, 居る彼, 己れ, 常に多く, 忠義を, 恥を, 悪いこと, 感謝し, 抗弁しよう, 日に日によそよそしく, 民法上の, 済まないという, 疾しいところ, 私は, 経済的援助を, 結構な, 自分の, 落莫たる, 裁縫や, 誠実である, 貞潔であろう, 辛抱する, 道徳問題や, 随分強い, 非常に

▼ 妻では~ (44, 0.2%)

5 なかった 4 あるが, ない 3 あったが, ないか 2 あつた, ありません, ございましても, ないかと, ないと

1 [15件] ございませんか, ないが, ないぞ, ないに, ないの, ないまた, ないやう, ない女, なかつた, なくて, なくッ, なく夫, 恰好の, 無い, 親類に

▼ 妻であった~ (39, 0.2%)

2 ことを, ということ, ともいい, 女が

1 [31件] あまりに彼女, お浜, かということ, から源氏, がこの, が二十有余年, が恐水病患者, が父, が良人, けれど久しく, ことそうして, ころ急に, という一人, とかいう類, のじゃ, のだ, のである, ので美しい, オリガ・クニッペルだった, ギッピウスは, ケーテの, 乙女にとっては, 五年の, 人の, 人も, 堀保子, 女とは, 幾人かの, 彼女の, 時代に, 母を

▼ 妻でも~ (38, 0.2%)

3 良人でも 2 なかった, 何でも, 本当はその

1 [29件] あったと, あったの, あって, ある, あろうか, いけないし, お鳥, ないか, ないん, ない情人, なく妾, なければ, なんでも, もたせて, やさしい心根, よろしいの, 事の, 天使の, 夫でも, 妻の, 妾でも, 無いとして, 無ければ, 稀に, 親族でも, 誰でも, 走り帰っ, 頭に, 龍之介で

▼ 妻~ (38, 0.2%)

3 ねむれ, 子よ 2 お前は, 妻よ, 恋し, 焙じて

1 [24件] あなたと共に, あなたは, お前も, ここへ, この事, よくやった, わが妻, われは, ファティアを, 乳母車押し, 円舞曲の, 夫よと, 子らよ, 御身は, 思ふな, 死烏, 爾は, 牢獄ならず, 男手ひとつで, 眠れ, 苛酷の, 許せなぞ, 語れと, 輕蔑と

▼ 妻とも~ (37, 0.2%)

4 妹とも 3 妾とも

1 [30件] あろう者, いうべき貽貝, いれて, つかない態度, つかぬ二人, なくその, なし得ない, ならず人, なるもの, なれば, に身, また亡くなった, ろくに話, 一つに, 一緒に, 云ひかね, 仲が, 子とも, 思えません, 思ひなし, 戦います, 死別れ, 相談し, 能く, 落合った, 見えずしかも, 見えぬ嫋, 言ったであろうかの, 語り合った次第, 関係を

▼ 妻とが~ (36, 0.2%)

2 どんな会話

1 [34件] ある, あるが, いつも争, ずんずんその, ひとかたまりに, みんな一時に, 並んで, 二人連れで, 互に労り評価, 今日の, 再會, 別々に, 前後し, 同性愛や, 城内の, 如何なる逆境, 宿を, 床を, 惡戲を, 楊志を, 泣く赤坊, 泳いで, 父系統母系統の, 現われて, 眼で, 立って, 肩を, 言わずに, 言争っ, 連れ立つて, 離れ離れの, 電話で, 顔を, 餓ゑ切つ

▼ 妻と共に~ (36, 0.2%)

2 日暮れの

1 [34件] あらゆる幸福, よき有難い芸術家, 一旦歸京, 一生を, 上野へ, 何不自由なく, 出家し, 参拝した, 参詣した, 同陣, 君を, 告白します, 喜び勇ん, 妹を, 娘たちの, 宗廟の, 家庭を, 店の, 整理し, 方舟に, 春を, 時折散歩に, 暮らして, 朝鮮に, 歩いて, 母の, 熱心に, 猛烈に, 病兒の, 眠った, 詩ばかり, 送ったの, 静な, 食事を

▼ 妻なる~ (36, 0.2%)

2 人の, 人呟き, 女が, 巫女の, 者の, 鬼を

1 [24件] お峯, がため, が為, ひとが, ものである, ものも, ものを, もの母なる, わたしは, アンジエラと, ルクレチア, 人が, 女の, 女性は, 女神アリアドネとの, 巫女と, 後入, 春枝夫人が, 春枝夫人と, 死は, 烈に, 者が, 者なりき, 者慾深く

▼ 妻への~ (36, 0.2%)

4 手紙

1 [32件] いとしみ, 便りは, 信頼度の, 儚い色情, 唯一の, 土産と, 土産は, 夫への, 専制と, 小切手を, 思慕は, 思慕を, 愛が, 愛と, 愛は, 愛を, 愛情が, 愛情と, 愛情を, 愛着は, 慈しみは, 手紙に, 手紙を, 最後の, 様々の, 氣兼ねも, 激しい愛情, 答礼, 言葉を, 話で, 贈り物であり, 限りなき

▼ 妻であり~ (33, 0.2%)

7 母である 3 夫である

1 [23件] そこは, ながらも母さん, ながら他, ながら手, また仇敵, ヒエロニモ四郎の, 主婦である, 今や私, 他方の, 以前は, 兄弟である, 勤労者の, 姉妹である, 姑女の, 婚し, 彼は, 従ってその, 或人人, 母であっ, 母であろう, 秀吉によって, 脊椎カリエスの, 芸術家であった

▼ 妻さん~ (31, 0.2%)

3 お妻さん 2 という女太夫さん, をご存知

1 [24件] お早う, が, が桶, が見え, じゃア, ですか, というの, という綺麗, との関係, と願う, には自分, にも出, に死なれた, のお, のこと, の分, は, はハタ, も美事, わるいこと, 休んで, 公然と, 小妻さん, 行って

▼ 妻です~ (31, 0.2%)

72 か, が, って, よ

1 [16件] から, からあなた, からそれ, からの, から捨て, か何, か妻, と名乗っ, の, のに, のにその, もの, もの貴方から, よけっして, よという態度, 覚悟は

▼ 妻~ (31, 0.2%)

1 [31件] いやもう, である女性, でもある, といういわゆる, という極めて, として, としての半, としての毎日, としての生活, としての生活上, としての雑用, として保護, として党員, として大, として描き出した, として生きたい, として生活, として直接, として自分たち, として階級, と云う, なる君, のつながれた, の境遇, の思い, の権限, の生活, の苦しみ, は夫婦, ほど切ない, を生む

▼ 妻~ (28, 0.1%)

1 [28件] かめの, さよとの, ふみ殿の, みよ, 久は, 信の, 倉に, 光が, 勢が, 吉が, 多喜だ, 多喜な, 妙という, 妙の, 峰と, 民が, 民も, 清が, 百と, 種を, 艶が, 辻の, 関に, 関の, 關に, 關の, 霜という, 高と

▼ 妻~ (27, 0.1%)

6 の家 3 の私

1 [18件] からお, でご, では私, に, にある, のお, の下通, の名誉, の方, の者, ひに, ふらしや, ふる鹿, ふ鹿, へ, へ出なおす, へ行く, をし

▼ 妻らしい~ (23, 0.1%)

2 ものは, 女も

1 [19件] ところが, 世話の, 人が, 人だ, 人影が, 厭に, 奇麗な, 女であった, 女に, 女の, 女は, 女を, 嬉しげ, 年増の, 心持の, 悲しみの, 敏感さで, 覚悟の, 貧乏な

▼ 妻とを~ (22, 0.1%)

2 その前, 見出した

1 [18件] キメつけるって, 一度に, 一時に, 両の, 中津川へ, 二人きりに, 伴ひ, 単位と, 咫尺の, 弔うて, 引き離すべく小生, 戦慄せしめた, 抱へて, 洲股城へ, 瞬時では, 自覚の, 連れて, 選ぶこと

▼ 妻にと~ (22, 0.1%)

3 つては, 贈りもの 2 望んで

1 [14件] あらためて思う, いひては, つて初盆に, つて結婚以来もつとも, 仰せの, 思い込んだ女, 思ったとき, 思つた, 望まれてな, 望んだとき, 正式に, 求めて, 言って, 話し出した

▼ 妻だった~ (21, 0.1%)

3 のです 2 ことを

1 [16件] あなたを, から, ことは, という, という前身, とは思いません, とも言う, に過ぎぬ, のだ, ので捕えよう, ものに, んです, 人, 人な, 女も, 母を

▼ 妻といふ~ (21, 0.1%)

2 のが

1 [19件] ことに, のは, のも, ものが, ものなし, ものに, ものには, ものにも, ものに対して, ものの, ものは, ものをば, 人も, 土手一番の, 地名も, 女に, 女を, 字は, 話が

▼ 妻としては~ (21, 0.1%)

1 [21件] そうあるべき, そうした不純, それは, それを, だれよりも, どのよう, やはりわかったわかった, 仇めきすぎ, 全く世間, 冷ややかに, 別な, 反感を, 失格, 実に貞淑, 平凡な, 或いは過ぎた, 所天に, 手が, 淋しい一生, 立って, 隨分慘めな

▼ 妻~ (19, 0.1%)

4 のです 3 んだ 2 のか, のだ, のであった, のである 1 のかを, ので, よび髪, んです

▼ 妻なり~ (19, 0.1%)

3 良人を

1 [16件] けん, その妹ピロメラ, アエネアスの, タルクィニウスの, 亭主なりを, 夫なりを, 娘なり, 婿なりの, 子なりの, 子なりを, 年長の, 後二人, 母が, 母なりとしての, 老人なりに対する, 誰なり

▼ 妻よりも~ (19, 0.1%)

1 [19件] どこか, なおよく, むしろ鷙鳥, 一足先に, 二つも, 器量が, 多妻の, 好いて, 娘よりも, 感歎の, 慕って, 手強い対手, 更に貞淑, 生き残った自分, 相手に, 育児の, 身近に, 軽薄な, 鷹の

▼ 妻楊枝~ (19, 0.1%)

2 を取上げました

1 [17件] が刺し, でそれ, で歯, にし, に巻きつい, まで附い, より重い, をお, ををポイ, をガム, を作っ, を削っ, を削つてる, を叩き付ける, を咥, を満載, を輸入

▼ 妻~ (19, 0.1%)

2 の姉

1 [17件] が歿, の姉夫飯田杏庵, は三十, は三十三, は三十九歳, は三十二歳, は三十五歳, は三十六歳, は三十四歳, は乳母, は二十一歳, は二十七, は二十三歳, は二十九歳, は二十八, は休庵, は臨月

▼ 妻籠本陣~ (19, 0.1%)

9 の寿平次 1 での家庭, に一晩, に付属, に寄り合う, の定紋, の御, の方, への里帰り, へ見舞い, を見る

▼ 妻~ (18, 0.1%)

1 [18件] がほっと, が近づい, にはこの, にはこれ, にもっとも, に対する畏敬, の心, の心情, の態度, の立場, の耳, の衷情, の請願, はあがっ, はどう, もあちら, も自分, 早速見つけ

▼ 妻をも~ (18, 0.1%)

1 [18件] かつえさせなければ, つてを, であること, はずかしめたの, めとる事何, 共有に, 加えて, 加へて, 娶らず独身, 御助力, 振棄て, 捨ていと, 捨てて, 見て, 護らせたまえ, 豪奪, 貰つて來た, 迎えましたが

▼ 妻太夫さん~ (18, 0.1%)

32 を探し

1 [13件] お妻太夫さん, が目付, ですって, とお前さん, と竹之助様, のほう, の見世物, はこしらえない, は情女, も殺します, をお, を紛失, を血眼

▼ 妻戀坂~ (18, 0.1%)

2 の荒物屋

1 [16件] から天神下, に別居, に着い, のとある, の伜, の大野屋, の女, の淋しい, の知合, へ出かける, へ參, へ行つて, までは持つ, まで四半刻, まで見, を登つて湯島

▼ 妻~ (17, 0.1%)

1 [17件] あるいは妾, お縫, どちらかが, または夫, わからぬ女, 今は, 伏せたる, 何れかが, 夫か, 夫かの, 妻の, 妾か, 娘か, 或はそうした, 殊には, 詣でたらしも, 誰か

▼ 妻~ (17, 0.1%)

1 [17件] がある, が一錢蒸汽, が主として, という男, とよばれ, に人気, に引き挙げられ, に扮, の話, はどんな, はまず, は全快後事件, は勝ち誇った, は畳みかけ, は舌打ち, は行灯, を東京

▼ 妻ある~ (16, 0.1%)

3 身いや 2 ことも

1 [11件] がため, が故に, ことを, は義母, 妻, 日門の, 男が, 者女ある, 身に, 身には, 身のけふ

▼ 妻などは~ (16, 0.1%)

2 この河童

1 [14件] すっかり冒険的精神, それを, みじめな, もし空気, よくよくの, 一見した, 勿論大, 同じこと, 恐がって, 承認し, 持たぬに, 時々反感, 私より, 笑って

▼ 妻なら~ (16, 0.1%)

2 ば夫

1 [14件] ば, ば別ぢ, ば夜, ば妻, むといひしイイダの, わが亡きあと, んと, ん舟遊び, 多分この, 妻じゃ, 妻という, 妻の, 妻を, 赤ン坊の

▼ 妻恋坂下~ (14, 0.1%)

1 [14件] で三年後, で旦那, で腹, と云え, にて新, に一万石, に待受, のね建部裏, の切腹三法, の建部, の建部内匠頭, の物見, の穴, へ落ちこぼれた

▼ 妻たる者~ (13, 0.1%)

1 [13件] が夫, が死にかかってる, が能, が若き, に適, の心掛け, の情, の義務, の身, の道, の風上, は善良, を指さし

▼ 妻より~ (13, 0.1%)

2 六つも

1 [11件] ほかの, より以上, よろしく, 一歩さがった, 人遣わし候わ, 先に, 君へ, 愛人の, 月に, 申上べく, 蒲焼及び

▼ 妻ノブ子~ (13, 0.1%)

3 はこの 1 と愛児嬢次, の名前, の死刑, の純情, の行為, は伜嬢次, は友人, を米本国, を羽搏, を責め落す

▼ 妻志保~ (13, 0.1%)

1 [13件] が始, に, に事, に寄せた, の母, の経歴, の連子, はこれ, は三十四歳, は四十四, は豚, をし, を請

▼ 妻楊子~ (13, 0.1%)

1 [13件] がさして, で拡げ, で歯, などをくわ, のよう, の先, の尖端, の材料, を両側, を使, を彼, を歯, を輸入

▼ 妻からの~ (12, 0.1%)

2 情を 1 ものだ, 便りが, 小さい花, 手紙が, 手紙で, 手紙の, 短い励, 艶書でも, 返書が, 進物として

▼ 妻その~ (12, 0.1%)

2 ふる雪 1 いひなづけの, 人の, 夫その, 夫と, 妻の, 子弟の, 弟の, 王の, 甥その, 貧乏を

▼ 妻とともに~ (12, 0.1%)

1 [12件] ひとまず家に, ほかの, 仕えて, 伝道する, 暮して, 本郷の, 甚だしく痩せ, 生薑水を, 登る山, 葛飾は, 語らひ, 貞潔に

▼ 妻~ (12, 0.1%)

3 喜バス 1 信ジテ疑, 忍ビテアリケルニ, 愛シテイルカトイウ, 抱エテ浴室, 抱キ起シテ長襦袢, 映画ニ誘ウト称シテ連レ出シニ来十一時過, 横抱キニシテ腰カケ冷エ冷エシタ彼女ノ, 溺愛スル, 離縁セズ三下名ハ所有主ヨリ請求サレタル時ハ何時ニテモ保管中ノ

▼ 妻以外~ (12, 0.1%)

4 の女 1 ではない, では豊, に人, に幾人, のもの, の人, の何者, の婦人

▼ 妻~ (12, 0.1%)

1 [12件] が四十八歳, が病み臥し, とが三十, とが三十三, とは三十一, とは三十九, とは三十二, とは三十八, とは二十九, とは二十八, の遺文, も同じく

▼ 妻などに~ (11, 0.1%)

1 [11件] いわせたらさだめし沢山, おれが, させたくないと, せられる者, 何時までも, 俺は, 對し, 成る気, 訴えら, 預けて, 頓着なく

▼ 妻にとっては~ (11, 0.1%)

1 [11件] この思い, そこに, その嗤笑, それは, 三文の, 可なり, 堪えがたい苦痛, 大変な, 想像する, 男の, 膝まずい

▼ 妻一人~ (11, 0.1%)

2 の責任 1 がその, だ, でそれ, のみならず, のよう, の婦人作家, を守る, を定めた, を親爺

▼ 妻自身~ (11, 0.1%)

1 [11件] がまめまめしく, が電話口, と他, の幸福, の独立, はいません, はしかし, はもとより, も櫛部某, も移り気, 大酒

▼ 妻~ (11, 0.1%)

2 か燕子花, と巣, は, よ燕子花, を 1 と答える

▼ 妻たり~ (10, 0.1%)

4 母たる 1 し小, し者, 六十余歳に, 夫たる者の, 妾たる者が, 母たり

▼ 妻とか~ (10, 0.1%)

1 云う表現, 云ふ, 妹とか, 妾と, 姉妹とか, 子とかを, 家族関係の, 母親とか, 申したな, 考えません

▼ 妻など~ (10, 0.1%)

1 いやなこった, ひどくいたましがつた, みな呉用の, ハ頼め, 抱いては, 持つて, 持とうという, 持べき, 貰えは, 顔は

▼ 妻なれ~ (10, 0.1%)

21 ど妻, ばこそ, ばこそ聞い, ばたとえ, ばや我と, ば相, ば知らぬ, や紐解かず寝

▼ 妻~ (10, 0.1%)

3 全裸体 1 外出時間ガ昨日アタリカラ変更サレルノデハナイカトカネテ僕ハ豫期シテイタガ果シテソノ通リデアッタ, 外出用ノ, 攻撃ニ壓倒サレツヅケテイタ意気地ナシ, 洋装ハ似合ッテイルトハ云イニクイ, 洋装ヲ, 見馴レタ姿, 貞節ヲ

▼ 妻~ (10, 0.1%)

4 夫の 1 夫と, 夫に, 夫は, 夫も, 夫を, 夫論の

▼ 妻とに~ (9, 0.0%)

1 お伝え願います, よく似, 嘗めるやう, 安心を, 對する, 御伝, 或る, 犬の, 託さねば

▼ 妻どの~ (9, 0.0%)

1 か, かはいれ, は, はどう, は舅どの, もおん身ら, も左様, をいろいろ, を呼ん

▼ 妻などが~ (9, 0.0%)

1 ある, こもごもに, そいつの, そうです, それらの, ゐたばかり, 会いになど, 新しい哄笑, 若さ

▼ 妻にな~ (9, 0.0%)

1 つた, つた島の, つた彼女の, つて, つてしまつた者を, つてゐた, つてゐます, つて一子東清を, つて外櫻田の

▼ 妻に対し~ (9, 0.0%)

1 一切の, 不満を, 主水, 何を, 何故かさうしなけれ, 夫と, 妻の, 子に対し, 私は

▼ 妻及び~ (9, 0.0%)

2 私の 1 妾たる, 妾に, 娘は, 子は, 子女に対して, 母としての, 母の

▼ 妻~ (9, 0.0%)

1 しその, の話, ひしけむ, ひした, ひであること, ひの, ひは, ひ更けぬ露, ふ鹿

▼ 妻園絵~ (9, 0.0%)

1 いや伊豆屋, が, ではない, という事, と交換, と感違い, の身代り, をはじめ, を芝源助町

▼ 妻からも~ (8, 0.0%)

2 賞められた 1 またマジャルドー, 傷ついた娘, 娘からも, 求めること, 老母からも, 聞いた

▼ 妻じゃ~ (8, 0.0%)

2 ありませんか, ないか 1 ありません貴方, ないという, ない人形, ねえか

▼ 妻であろう~ (8, 0.0%)

21 か夫, が何, が私, と妾, はずは, 髪を

▼ 妻としても~ (8, 0.0%)

1 そうよ, まつたく無, 一度に, 恥か, 母としても, 決して非難, 種々な, 誰も

▼ 妻に対しては~ (8, 0.0%)

1 とき, なおその, なんの, もう何, 乱暴な, 冷淡に, 好い夫, 恐しい

▼ 妻~ (8, 0.0%)

1 が下り, が入る, が呼ぶ, が来た, が淋しく, の顔, は愉快そう, を宿

▼ 妻~ (8, 0.0%)

3 というの 2 というもの 1 って美しい, です, という女

▼ 妻~ (8, 0.0%)

1 あらば, その縁類, に先立たれた, に対しては賢明, に於ける, の母, の為, を産まず

▼ 妻~ (8, 0.0%)

2 して 1 さしてやらんならん, したのち, したもん, しては, もしなかつた, をなす

▼ 妻だけ~ (7, 0.0%)

2 では 1 あって, この伊東, であったらその後, で忰, 二三日あとから

▼ 妻だけは~ (7, 0.0%)

1 おやすっかり, たった一人, 何う, 初めから, 祁山の, 自分の, 非常に

▼ 妻であっ~ (7, 0.0%)

1 てはたまらない, ても, ても容赦, てバック, て両者, て妻, て私

▼ 妻でない~ (7, 0.0%)

2 にしろ 1 かもう, から紐解かず, なんといふ, 千代子との, 妻夫でない

▼ 妻なし~ (7, 0.0%)

1 が友だち附合, では, にあはれ, にし, にた, の御, 未來にも

▼ 妻まで~ (7, 0.0%)

2 打首と 1 五里の, 他処, 持つて, 親しくし, 間もなく病気

▼ 妻らしく~ (7, 0.0%)

1 あつかつて, かくて, さえし, また母, ウルリーケが, 処決し, 母らしい

▼ 妻クララ~ (7, 0.0%)

2 に宛て 1 と倶, に, にロダン, の家庭, 及びロダン

▼ 妻五百~ (7, 0.0%)

1 と云, に似した, のため, の姉, の姉夫塗物問屋会津屋宗右衛門方, の歓喜丸, の異様

▼ 妻~ (7, 0.0%)

1 が来, のため, の年, の齢, は其歯, は其齢, は年紀不詳

▼ 妻~ (7, 0.0%)

2 を伴 1 いかに況ん, に通じ, の夢, の生活, を懐柔

▼ 妻~ (7, 0.0%)

3 を迎 1 と共に一たび阿部邸, なく夕飯, の其, を備後

▼ 妻戀町~ (7, 0.0%)

1 に新しく, の七軒長屋, の娘横丁, の家, の現場, へばかり行く, へ足

▼ 妻戀稻荷~ (7, 0.0%)

2 の前, の後ろ 1 で勇太郎, の横, の裏

▼ 妻~ (7, 0.0%)

1 が八月六日, の仮親佐井圭斎, は五十二, は寛政七年, より遅れた, を信任, を娶

▼ 妻あり~ (6, 0.0%)

1 やすさびゆく, よき養子, 一男を, 子あり, 子ある, 眷屬あり

▼ 妻からは~ (6, 0.0%)

1 それこそ, 出来ない, 姪にあたり, 或る, 裏切られるが, 送つて

▼ 妻たるべき~ (6, 0.0%)

1 人だ, 冬子に対して, 冬子の, 女で, 新嫁, 覚悟の

▼ 妻~ (6, 0.0%)

5 ひの 1 ちあさり

▼ 妻なく~ (6, 0.0%)

1 てあるべき, ては萬, フランシスカンの, 夫なく, 子なく, 時に

▼ 妻なんか~ (6, 0.0%)

1 今すぐ, 他人と, 冗談に, 持ちは, 欲しくない, 自分の

▼ 妻争い~ (6, 0.0%)

5 の説話 1 の神話

▼ 妻以上~ (6, 0.0%)

2 に深く 1 な者, にその, に守時, の欝勃

▼ 妻和子~ (6, 0.0%)

1 が居る, にない, の不穏, の手前, の方, を今

▼ 妻~ (6, 0.0%)

1 が妻, でない夫, に向い, に白, を毆, を毆殺

▼ 妻子供~ (6, 0.0%)

1 などを從, の血液型, は三吉, をどう, をまとめ, を呼び集めね

▼ 妻恋稲荷~ (6, 0.0%)

1 に行っ, の前, の境内, の杉並木, の格子, の裏

▼ 妻~ (5, 0.0%)

2 へ合 1 ういふ, うです妾, へもが愛想

▼ 妻そして~ (5, 0.0%)

1 その若い, 弟らも, 最後に, 楽和その, 母たちは

▼ 妻それ~ (5, 0.0%)

1 から今, がたまらず逃げかえる, がどう, の両親, はいつ

▼ 妻だの~ (5, 0.0%)

1 ッて, 夫だ, 娘だの, 子だの, 子供たちの

▼ 妻でなく~ (5, 0.0%)

2 て誰 1 てはならない, ては娶らないだらう, 側女だ

▼ 妻ながら~ (5, 0.0%)

1 いみじと, お政, 彼女の, 時折は, 諸君請う恕せられ

▼ 妻について~ (5, 0.0%)

1 一つの, 先進の, 弦三を, 焼かぬ間, 語るの

▼ 妻にでも~ (5, 0.0%)

1 では, なれ, なろうという, 成りますよ, 誰の

▼ 妻に関する~ (5, 0.0%)

1 もので, 一小, 事を, 批難を, 言葉は

▼ 妻ばかり~ (5, 0.0%)

3 では 1 でなくその, でなく自分

▼ 妻ふる~ (5, 0.0%)

5 もののあり

▼ 妻へも~ (5, 0.0%)

1 いった, 一言いっ, 書きたいこと, 正直に, 洩らし切れぬ秘事

▼ 妻~ (5, 0.0%)

2 随分キワドイ所マデ行ッテヨイ 1 今マ, 或ル商店, 甘イモノガ嫌イデ

▼ 妻~ (5, 0.0%)

1 の事, は三日, は夫, を失ひ, 生れて

▼ 妻即ち~ (5, 0.0%)

1 大伴郎女の, 子供の, 彼女の, 後妻の, 雄吾の

▼ 妻太郎~ (5, 0.0%)

1 が男役, でないこと, と代った, と稽古台, は

▼ 妻~ (5, 0.0%)

1 に忠実, に慄, の早瀬, は夫, ばかいい

▼ 妻恋坂司馬道場~ (5, 0.0%)

1 とやらの, の奥方, の屋敷内, の峰丹波, の裏口

▼ 妻恋行き~ (5, 0.0%)

1 ありませんか, かね, が出る, が発車しまあす, にお

▼ 妻房枝~ (5, 0.0%)

1 が同時に, の換言, は其の, を殺さなけれ, を殺害

▼ 妻覓ぎ人~ (5, 0.0%)

5

▼ 妻~ (5, 0.0%)

4 ひの 1 ひに

▼ 妻こそ~ (4, 0.0%)

1 そして宿屋, それを, 常めづらし, 黒から

▼ 妻これ~ (4, 0.0%)

2 は瑠璃子 1 に向っ, を憂い

▼ 妻さえ~ (4, 0.0%)

1 どうしたら, まだ伴, 彼と, 彼を

▼ 妻たか子~ (4, 0.0%)

1 との夫婦生活, の方, は靴下, をみた

▼ 妻だけが~ (4, 0.0%)

1 ひとり親しく, よろよろと, 書くこと, 私を

▼ 妻とで~ (4, 0.0%)

2 三人の 1 あつた, 湯に

▼ 妻なぞは~ (4, 0.0%)

1 あの娘, その当座, 京都の, 生涯持ち得ぬ

▼ 妻などの~ (4, 0.0%)

1 ことは, 坐して, 意見也, 身の上が

▼ 妻ならぬ~ (4, 0.0%)

1 夫を, 女に, 妻の, 妻は

▼ 妻にて~ (4, 0.0%)

1 ゼウス及び, フエネルラといふ, ローマ施政の, 久次の

▼ 妻にまで~ (4, 0.0%)

1 疑は, 秘密に, 返金を, 馬鹿に

▼ 妻に対しても~ (4, 0.0%)

1 いまは, だ, 義理が, 面目ない

▼ 妻ひとり~ (4, 0.0%)

1 で家, に静か, のもの, をお側

▼ 妻よい~ (4, 0.0%)

2 母と 1 母としての, 母を

▼ 妻~ (4, 0.0%)

2 んと, んとは

▼ 妻わせ~ (4, 0.0%)

1 たところ, て近所, 何一つ不足, 拘薩羅国王

▼ 妻~ (4, 0.0%)

1 羅娘子の, 羅娘子也, 羅娘子人麿と, 羅娘子作歌二首の

▼ 妻太夫~ (4, 0.0%)

1 の一座, の小屋掛け, の座中, の見世物小屋

▼ 妻奈保子~ (4, 0.0%)

1 がその, の場合, の母親, はその

▼ 妻子ども~ (4, 0.0%)

1 がまだ, に煎じ, に見せる, を養っ

▼ 妻~ (4, 0.0%)

1 と不和, と長男雄太郎, は定, も

▼ 妻~ (4, 0.0%)

1 が亡くなった, との父, の兄, を娶る

▼ 妻恋小町~ (4, 0.0%)

3 の萩乃さま 1 の萩乃様

▼ 妻狩谷氏俊~ (4, 0.0%)

2 の記 1 が安政乙卯, の病

▼ 妻~ (4, 0.0%)

2 愛した者 1 大島に対して, 黒から

▼ 妻~ (4, 0.0%)

1 となつ, にし, のそれ, の買淫

▼ 妻覓ぎ~ (4, 0.0%)

2 に該当 1 に行つて, の歌垣

▼ 妻~ (4, 0.0%)

4 への式

▼ 妻~ (4, 0.0%)

1 とを自邸, をも周禎, を呼ん, を家

▼ 妻静子~ (4, 0.0%)

1 が彼, の訊問, はスヤ, は予審廷

▼ 妻かつ子~ (3, 0.0%)

1 が間田, へ直訴後, もまた

▼ 妻きい~ (3, 0.0%)

1 の両人, は夫, は蒼く

▼ 妻さま~ (3, 0.0%)

1 お目通り, から書面, は東京

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 て水, 家業を, 愛し

▼ 妻しあれ~ (3, 0.0%)

2 ば石 1 ばはるばる

▼ 妻すら~ (3, 0.0%)

1 こう言っ, 一週に, 少しく嫌味

▼ 妻だけの~ (3, 0.0%)

1 もので, 子では, 計い

▼ 妻でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば子供

▼ 妻とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものについての, 変な, 言葉が

▼ 妻とやら~ (3, 0.0%)

3 お妾

▼ 妻どんお前買~ (3, 0.0%)

3 ひ物

▼ 妻などを~ (3, 0.0%)

1 喪つた, 持つたこと, 連れて

▼ 妻なりし~ (3, 0.0%)

1 がツォイス, が幾ばく, が海神ポセイドン

▼ 妻なりと~ (3, 0.0%)

1 いひ我, 知れた, 見ゆ

▼ 妻なるべし~ (3, 0.0%)

2 對する 1 対する

▼ 妻にさえ~ (3, 0.0%)

1 ていさいを, 嫉妬する, 油断せず

▼ 妻にたいする~ (3, 0.0%)

1 それでなく, 愛を, 父の

▼ 妻また~ (3, 0.0%)

1 の世, 次女が, 男児を

▼ 妻までとは~ (3, 0.0%)

21

▼ 妻までも~ (3, 0.0%)

1 シッカリと, 口を, 来て

▼ 妻らしき~ (3, 0.0%)

1 が貧, 女が, 妻を

▼ 妻不二~ (3, 0.0%)

1 の上, は金剛, やがて三人

▼ 妻主義~ (3, 0.0%)

1 というもの, も恐らく, を主張

▼ 妻争説話~ (3, 0.0%)

1 とは大, なるも, の一個

▼ 妻伝説~ (3, 0.0%)

1 の古い, の背景, は

▼ 妻倉子~ (3, 0.0%)

1 なり倉子, は此上, を調

▼ 妻同伴~ (3, 0.0%)

2 でこの 1 といふこと

▼ 妻威能~ (3, 0.0%)

1 が歿, は世要職, は怜悧

▼ 妻~ (3, 0.0%)

2 が離別 1 は貧家

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 に手紙, に来た, の一通

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 もさ, を建てなけれ, を見れ

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 が経営, に言いける, の子ら

▼ 妻恋う~ (3, 0.0%)

1 心を, 雄鹿, 鹿と

▼ 妻恋し~ (3, 0.0%)

1 けふ, さに, つつ立ち

▼ 妻~ (3, 0.0%)

2 ふらしや 1 ふ牡鹿

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 が一たび, が大, の妊娠

▼ 妻~ (3, 0.0%)

2 之後 1 して

▼ 妻殿~ (3, 0.0%)

1 か, がそれ, はどうして

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 に棄てられた, や兄弟, を慕う

▼ 妻登子~ (3, 0.0%)

1 が預けられ, の兄, の兄北条守時

▼ 妻節子~ (3, 0.0%)

1 うなだれて, を喪っ, 大きいお

▼ 妻籠あたり~ (3, 0.0%)

1 では重宝, で見る, のよう

▼ 妻籠泊まり~ (3, 0.0%)

1 で帰り, ときめ, の人足八百人

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 が十三四歳, との間, は文政七年七月朔

▼ 妻~ (3, 0.0%)

21 とも見

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 と申す, の名, を差し立てる

▼ 妻~ (3, 0.0%)

1 しあ, み, みに

▼ 妻あら~ (2, 0.0%)

1 はれ又, ば妻

▼ 妻あれ~ (2, 0.0%)

1 と祈つた, ば子

▼ 妻えらび~ (2, 0.0%)

1 の場合, もしなかった

▼ 妻おせい~ (2, 0.0%)

1 が恋人, 塩原の

▼ 妻お里~ (2, 0.0%)

1 は妻籠, も九歳

▼ 妻かな~ (2, 0.0%)

1 が子, が歿

▼ 妻がね~ (2, 0.0%)

1 あなたは, 今朝です

▼ 妻がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ひつて

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 は語り, は長女さく

▼ 妻~ (2, 0.0%)

2 ふこひに

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひは

▼ 妻さえも~ (2, 0.0%)

1 我を, 顔を

▼ 妻しか~ (2, 0.0%)

1 もたぬ者, 持ち得ない弱体

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 せりひめ, なである

▼ 妻すなわち~ (2, 0.0%)

1 アリョーシャの, 大政所へ

▼ 妻そのもの~ (2, 0.0%)

1 に外, を取り戻す

▼ 妻たい~ (2, 0.0%)

1 がそこ, が現

▼ 妻たち母たち~ (2, 0.0%)

1 がその, は高い

▼ 妻たらん~ (2, 0.0%)

1 がため, 事を

▼ 妻だけで~ (2, 0.0%)

1 たくさんでない, 子だけで

▼ 妻だけに~ (2, 0.0%)

1 可愛い子供, 細君も

▼ 妻だったら~ (2, 0.0%)

1 どうだろう, 母は

▼ 妻だって~ (2, 0.0%)

1 そう思っ, 地獄の

▼ 妻だつた~ (2, 0.0%)

1 ことを, ので之

▼ 妻った~ (2, 0.0%)

1 とある, とは歎息

▼ 妻であれ~ (2, 0.0%)

1 と願われる, ばある

▼ 妻でさえ~ (2, 0.0%)

1 その肚, 目新しい家

▼ 妻でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことが, と云う

▼ 妻でなかったら~ (2, 0.0%)

1 その親切, やはり気付かない

▼ 妻としてのみ~ (2, 0.0%)

1 あなたは, 待遇し

▼ 妻とすら~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 衾を

▼ 妻とて~ (2, 0.0%)

1 同様に, 正しく仇

▼ 妻とても~ (2, 0.0%)

2 今さらに

▼ 妻とな~ (2, 0.0%)

1 せり, つての

▼ 妻なども~ (2, 0.0%)

1 オオソリチイは, 助けて

▼ 妻なんて~ (2, 0.0%)

1 あたしたくさんだ, いつたいどう

▼ 妻なんど~ (2, 0.0%)

1 にはあらじ, に逢いたい

▼ 妻にあたり~ (2, 0.0%)

1 散らすの, 散らすので

▼ 妻にだけは~ (2, 0.0%)

1 隠すこと, 頭の

▼ 妻にだって~ (2, 0.0%)

1 なるん, 決して話さん

▼ 妻についても~ (2, 0.0%)

1 いつか多, 自分が

▼ 妻にとって~ (2, 0.0%)

1 どんなに怖, 初盆に

▼ 妻にとっても~ (2, 0.0%)

1 これは, どんなに大きな

▼ 妻にや~ (2, 0.0%)

2 成りけん百年

▼ 妻によって~ (2, 0.0%)

1 その病的, 解雇された

▼ 妻に対しての~ (2, 0.0%)

1 感じから, 気の

▼ 妻のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず私, 孤児を

▼ 妻はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 見ると

▼ 妻ばかりか~ (2, 0.0%)

2 父母の

▼ 妻へと~ (2, 0.0%)

1 望んで, 言って

▼ 妻ほど~ (2, 0.0%)

1 あわれなるは, 哀れに

▼ 妻ほどの~ (2, 0.0%)

1 女が, 者を

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 じい, じい恐怖に

▼ 妻または~ (2, 0.0%)

1 その妻, 妻を

▼ 妻までが~ (2, 0.0%)

1 大抵は, 最近は

▼ 妻までを~ (2, 0.0%)

1 俳諧である, 所謂留守を

▼ 妻みつ~ (2, 0.0%)

1 が同行, である

▼ 妻もしくは~ (2, 0.0%)

1 夫の, 情婦とにかく

▼ 妻もと~ (2, 0.0%)

1 無病人, 私は

▼ 妻もろ~ (2, 0.0%)

1 とも下, とも死ん

▼ 妻もろとも~ (2, 0.0%)

2

▼ 妻やら~ (2, 0.0%)

1 隣の, 隣りの

▼ 妻ゆえ~ (2, 0.0%)

1 に, のおちつきであろう

▼ 妻ゆき子~ (2, 0.0%)

1 との交渉, との階級的夫婦

▼ 妻らしくしなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 せるという, そうと

▼ 妻わす~ (2, 0.0%)

1 ことを, 目的で

▼ 妻を以て~ (2, 0.0%)

1 悪き女, 神と

▼ 妻アハリア~ (2, 0.0%)

1 に通じ, の不貞

▼ 妻アビゲイル~ (2, 0.0%)

1 と友人スティヴン, の死体

▼ 妻エビル~ (2, 0.0%)

1 の話, は此

▼ 妻エヴァ~ (2, 0.0%)

1 を以て女性, を誘ひ

▼ 妻ガ妻タル者~ (2, 0.0%)

2 ノ行為ニ

▼ 妻サヾエ~ (2, 0.0%)

1 のそれ, はそれから

▼ 妻タル者~ (2, 0.0%)

2 ノ行為ニ

▼ 妻ドローレス~ (2, 0.0%)

1 が, は悲哀

▼ 妻レーダ~ (2, 0.0%)

1 に懸想, に通じ生ませた

▼ 妻一妾~ (2, 0.0%)

1 ありて, は扨

▼ 妻三十~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 妻三郎~ (2, 0.0%)

1 が扮する, の映画

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 照る姫, 照る比

▼ 妻二人~ (2, 0.0%)

1 に養蚕, の息子

▼ 妻二人都~ (2, 0.0%)

2 にて討死

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 という可哀そう, といふ幸福

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 が淋しく, を宿

▼ 妻八郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 の語出し, も

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 とな, 枝の

▼ 妻劉氏~ (2, 0.0%)

1 と非常, の如き

▼ 妻卯木~ (2, 0.0%)

1 という者, と二つ

▼ 妻及男養助歓待~ (2, 0.0%)

2 恰も一親族

▼ 妻吉さん~ (2, 0.0%)

1 がこの, 見いなア万次郎

▼ 妻吾が~ (2, 0.0%)

2 子吾が

▼ 妻呼ぶ~ (2, 0.0%)

2 鹿の

▼ 妻喚ぶ~ (2, 0.0%)

1 のを, 山の

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 に手, に近い

▼ 妻大久保氏伊佐~ (2, 0.0%)

1 の腹, は又

▼ 妻大伴郎女~ (2, 0.0%)

1 の死した, を亡くした

▼ 妻大葉子~ (2, 0.0%)

2 も神憑り

▼ 妻太郎さん~ (2, 0.0%)

1 というの, なのね

▼ 妻太郎はん~ (2, 0.0%)

1 と代りました, と相棒

▼ 妻夫愛児~ (2, 0.0%)

2 の臨終

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 は硝子戸, を連れ

▼ 妻女山一帯~ (2, 0.0%)

1 に各, を生ける

▼ 妻姉妹~ (2, 0.0%)

1 という附属的地位, 皆同一

▼ 妻子女~ (2, 0.0%)

1 などもはいっ, の為め

▼ 妻守る~ (2, 0.0%)

2 ための

▼ 妻安田媛~ (2, 0.0%)

2 は夫

▼ 妻家庭~ (2, 0.0%)

1 と考える, に於

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 まん, 右京と

▼ 妻小石氏~ (2, 0.0%)

1 を娶りし, を迎

▼ 妻山内氏五百~ (2, 0.0%)

1 が衣類, の生んだ

▼ 妻岡西氏徳~ (2, 0.0%)

1 と長男恒善, を疎んじた

▼ 妻帶者~ (2, 0.0%)

1 である, の友人

▼ 妻恋坂上~ (2, 0.0%)

1 のお, のささやか

▼ 妻恋様~ (2, 0.0%)

1 の格子, の狐格子

▼ 妻恋行~ (2, 0.0%)

1 はお客, はたしかもう一度

▼ 妻戸口~ (2, 0.0%)

1 から裏, を出

▼ 妻探し~ (2, 0.0%)

1 ということ, と言

▼ 妻揺りたたき目ざめよ~ (2, 0.0%)

2 とまた

▼ 妻政子~ (2, 0.0%)

1 が女房数輩, が年老い

▼ 妻智子~ (2, 0.0%)

1 の楽しみ, は昔

▼ 妻智恵子~ (2, 0.0%)

2 が南品川ゼームス坂病院

▼ 妻~ (2, 0.0%)

2 も晩

▼ 妻楊枝位~ (2, 0.0%)

2 な細い

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 妻という, 子の

▼ 妻狩谷氏~ (2, 0.0%)

1 の墓, は文化七年庚午六月十八日

▼ 妻~ (2, 0.0%)

2 の舞

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 ねも細く, の調べ

▼ 妻病死~ (2, 0.0%)

1 之悔, 之由

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 の掴み得ない, を三国

▼ 妻眠れる~ (2, 0.0%)

1 児等を, 兒等を

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 の娘, の子供

▼ 妻管野す~ (2, 0.0%)

1 が, がを妻

▼ 妻籠峠~ (2, 0.0%)

1 で旅合羽, にこの

▼ 妻籠手前~ (2, 0.0%)

2 の橋場

▼ 妻籠脇本陣~ (2, 0.0%)

1 の主人, の扇屋得右衛門

▼ 妻綱手これ~ (2, 0.0%)

1 は大, は大変

▼ 妻美津子~ (2, 0.0%)

1 との切ない, は更め

▼ 妻羽白~ (2, 0.0%)

1 の矢, の矢羽

▼ 妻自分~ (2, 0.0%)

1 であるかの, の物

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 の浅ましい, の調

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 が歿, の弟大沢正

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 の未だ, を唱

▼ 妻軍立~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 妻鈴子~ (2, 0.0%)

1 は余, を迷わそう

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に載つ

▼ 妻~ (2, 0.0%)

1 蘭とが, 銀と

▼ 妻露子~ (2, 0.0%)

1 を殺す, を殺そう

▼ 妻~ (2, 0.0%)

2 膨れたる

▼ 妻須世理毘賣~ (2, 0.0%)

1 は喪, を負

▼ 妻飯田氏~ (2, 0.0%)

1 しほと, に子

▼ 妻飾り~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ 妻黄氏~ (2, 0.0%)

1 の実家, の父

▼1* [904件]

だに夫, 妻あかき椿を, 妻あなたがお, 妻ありがたし雪の, 妻あり踏むに土, 妻あわして後嗣, 妻あわせて下さい, 妻いい母さんそして, 妻いかに遠の, 妻いぎたなく昼寐の, 妻いずれの方, 妻いとまたま, 妻いやだいや, 妻うし何村何某母親などある, 妻おいよ, 妻おきは, 妻おきせの美貌, 妻おそのは病気, 妻おまえの兄弟たち, 妻お婆さんの世話, 妻かがその姿, 妻かなの喪に, 妻かねが四十一歳, 妻かよの妹が, 妻からでも当時の, 妻がけはひ, 妻がさへぎつた, 妻がたうとう病気, 妻がなどと世に嘲われる, 妻きくは石川貞白, 妻こう鹿の, 妻こそはああ, 妻ことし三十になる, 妻こと京より離別, 妻ころも更, 妻ごみに籠りし, 妻さだを娶った, 妻さだめ妻も, 妻さては我も, 妻さばかりの吹降り, 妻さんあんたはそう, 妻さんお前身体の工合, 妻さんごらん下さいましたか, 妻さんそれを云いたく, 妻さんわれら上士のもの, 妻さん動悸が激しくっ, 妻さん拙者はただ今, 妻さん政府は政府, 妻さん身どもせんえつ至極ながら敢えて, 妻さん返答しろ, 妻しんといへるもの, 妻し思へば胸, 妻ょあんなおすみもやはり, 妻じゃと一言, 妻すべかりしを, 妻すみとしるした, 妻するに信栄, 妻へ歿, 妻そうです妾, 妻そういう妻を, 妻その後跡を尋ね来, 妻そめ子, 妻そもじは我が, 妻唯ひとり, 妻ぞと今が, 妻かであつ, 妻たち息子を失った, 妻たち愛人たちよりもむしろ, 妻たった二部屋興業口入業, 妻たつて出, 妻ためは大下, 妻たらしむるは, 妻たるべく運命付けられ, 妻だけかも知れない, 妻だけでもあいつだけは, 妻だしないから妻, 妻だにみこころ, 妻だぬしある, 妻だらうからこの, 妻だろう自分の, 妻だ取乱しもせず, 妻やと唄, 妻何を, 妻ていうもの, 妻つていふの, 妻つねは五十歳, 妻つね何程申付候うとも, 妻つまり私にとっては, 妻であったならいやになるであろう, 妻でありたいと云う, 妻でありましたがそれ, 妻であり帰って来る, 妻であり離れることなど, 妻であるならば共稼ぎ, 妻でございました私の, 妻でございますもの, 妻でござるといっ, 妻でした妾, 妻でなきゃア釜吉が, 妻でなくなっている, 妻でなくなるのか, 妻でのうてなんと, 妻といへる一種女性, 妻といふは此人なり, 妻とい対ふかかる, 妻とおもはれん, 妻とかがみて, 妻とかの女との, 妻ときを見た, 妻とこつちとで, 妻としてから七月の, 妻としてしか考えて, 妻としてのみの時よりも, 妻とし子の実弟, 妻とてもやはり同様で, 妻とでは解決の, 妻とでも語ったよう, 妻とについて内心不思議がり, 妻とに対してあんな恐ろしい, 妻とに対する完全なる, 妻とのみ主に, 妻とへ報告的な告げ, 妻ともいはず處女ともい, 妻ともかの女とも, 妻ともはなして, 妻どいの式, 妻どころか只の, 妻どちらとも考へられよう, 妻どもこれは小便, 妻ども浮れ女, 妻どんなに親しい友達, 妻ない今日私の, 妻なかりし故われ, 妻なきあとの, 妻なければ楽, 妻なぞ出かけると, 妻なぞえがはひつ, 妻などと似た行い, 妻などということを, 妻などといふものは, 妻などにはしないで, 妻などにも多少満足, 妻などへ暗に訓, 妻なよやかに起き, 妻ならいづれ彼女に, 妻ならず二たび帰りし, 妻なりが其相手よりも, 妻なりといふ十里ばかり, 妻なりになつて, 妻なり子なり最も, 妻なるならしねもごろ, 妻なるべき女の, 妻なるべし依羅娘子は, 妻なる子が現, 妻なんかに介意っては, 妻なんかは実に奇妙, 妻にかづかせまだ, 妻にかの女こそ, 妻にすら一週間に, 妻にすらも話すまいと, 妻にたいしてわずかの, 妻にだけ口を, 妻についての思い出話を, 妻については自分の, 妻にという話は, 妻になど出来るもの, 妻にのみよこして, 妻にはかあいそう, 妻にまでも俺は, 妻にもなつてゐる, 妻に関してもう云おう, 妻のくぜつ, 妻のくらい過去を, 妻のぶ子が, 妻のみには限らない, 妻はかほどのうて, 妻はかへつておれを, 妻はかり字夫也, 妻はけだもの, 妻はたはむれ, 妻はちよつと夫, 妻はでも感心ねと, 妻はどたりと尻餅を, 妻はなし子はなし, 妻はのまず, 妻はぶあいそに答えます, 妻はや馬に, 妻かいいう, 妻ばかりという寓意だ, 妻ひとり海仙となり, 妻ぢ長男捨重同, 妻ふさと倅慶次郎, 妻ふさ子は丁度四年以前, 妻ふじ子の名, 妻ふゆは孫清一, 妻ふりすてひきのよ, 妻へだけは云へる, 妻へなど小さい御, 妻まつのが, 妻を子, 妻みたいな人間, 妻みな哭きて, 妻みまかりてより, 妻みよ子の顔, 妻めいた才覚が, 妻めとりぬと人, 妻もさように申します, 妻もっとはっきり理解を, 妻もつと良い, 妻ものに狂, 妻もわづか一日, 妻ゆりは二度目, 妻ゆり独子幸助の墓みな, 妻よき子と, 妻よしは二十四歳, 妻よというのである, 妻らしさ母, 妻らしいたのしみ, 妻らしくつたえられるだろうとも思っ, 妻らしく粧おうとして自然, 妻らしく装うことに, 妻らんという, 妻れりと, 妻わかれ我を, 妻わが袴の, 妻わが子をつれ, 妻わしたの, 妻わせようという平和説, 妻わたしの子供たち, 妻をかへりみ何, 妻をこそおも, 妻をさえ迎えて, 妻をしか知らなかったの, 妻をすら翫弄し, 妻をとすすめる者, 妻をとも思ったが, 妻をはづかしめた貴族, 妻をばゐて, 妻をやらむとこたえしに蛇は, 妻アクリーナが娘, 妻アヌンチヤタの如く, 妻アフイミア・スカピダロワは彼, 妻アンテアその若く, 妻アントワネッタとの娘, 妻アンドロマケー母ヘカベー及びヘレネー, 妻アンナ・イヴァーノヴナと知合い, 妻アンナ・マグダレーナ・ウィルケンと再婚, 妻アーウリの木乃伊, 妻イエニーを愛した, 妻イゲルナに忍ぶれ, 妻イネスは磔, 妻エイリイのこと, 妻エステル及び言行倶, 妻エリザベスの妹, 妻エリザベツである, 妻エリピュレヘファイストスの作, 妻オイリディーツェを失いぬ, 妻オリガまたはスタニスラーフスキイ, 妻オリガスタニスラーフスキイなど芸術座, 妻カテリーナお前は何, 妻カラモ何ノ説明モ聞イテイナイ, 妻ガイカナル反応ヲ示スカ, 妻ガコノ日記帳ヲ秘カニ読ン, 妻ガコレヲ読ンダ場合ニドンナ結果ニナルカ疑問ダガ僕ハ白状スルトコノ間カラ心身ニ或ル種, 妻ガコンナ店ニ用ハナイハズダガト思ッタトタンニハット驚イテ眼ヲ見, 妻ガソノ写真ヲ見, 妻ガデキルダケ堕落スルヨウニ意図シソレニ向ッテ一生懸命ニナッテイル点デハ四人トモ一致シテイル, 妻ガラシアの悲壮, 妻ガ一生懸命酔イヲ隠, 妻ガ不安定ナ姿勢, 妻ガ二重ニ見エタ, 妻ガ僕以外ノ男カラブランデーノ杯, 妻ガ協力シテコノ追加条項ヲ忠実ニ履行スル保証, 妻ガ台所ヘ立ッテ行ッタ留守ニ妙, 妻ガ嵩張ラナイデ音ノシナイアノ紙ヲ何, 妻ガ木村ニ接近スルノハ僕ガ彼ヲ敏子ニ妻ワセテハドウカトイウ考エガアッテ, 妻ガ洋服ヲ着, 妻ガ留守ノ, 妻ガ立ッテ身支度ヲ始メタ様子デアルノガ, 妻ガ静カニ寝カサレテイタ, 妻キットの性格, 妻キン清松の妻トク, 妻ギニヴァーを慕, 妻クリームヒルトが夫, 妻クループスカヤとミュンヘン, 妻クレメンツァは皇帝ルドルフ, 妻グラフイラ・イワノフナである, 妻グレース・テムプラーが一人, 妻サア私の妻, 妻サスキア及びヘンドリキエ, 妻シノブです, 妻シノブ侍女キミ子及びカヨ子, 妻シャトーフの虐殺その他, 妻ジュノーの嫉妬, 妻ジュリーの部屋, 妻ジョセフィヌを離婚, 妻ズルガ二神虎と縁, 妻セミラミス位を繼げ, 妻ゼムマの遠縁, 妻ソーボリ夜食私を捉えた, 妻タリ母タル勞働ノミトナラバ夫タル勞働者ノ品性, 妻タル其ノ母, 妻タル權利ヲ擁護シ得ル制度, 妻ダルウラは彼, 妻チヨは妊娠中, 妻ッ娘と馴れ合った, 妻テオドラはこの, 妻テレーズ・ドファルジュ銀行員ジャーヴィス・ロリー弁護士ストライヴァー走使いクランチャー家政婦プロス等の諸, 妻アル以外ノ, 妻ディアネイラの嫉妬, 妻デスデモーナが女, 妻デズデモナを殺します, 妻デロア夫人の冷血さ, 妻寝ル, 妻トクの三名, 妻トシテノ勞働母トシテノ勞働ガ人格的尊敬ヲ以テ認識セラルルハ論ナシ, 妻トシテノ婦人ノ生活, 妻トシテ家庭ニ入レテ, 妻トシテ男子ヲ助, 妻トス太閤コノヨシ聞召柴田ヲ越前, 妻トセシコト仏経ニ見エ候, 妻トノ関係ニツイテハアマリ詳細ナ, 妻トモ相談シロトイウカラソレニハ及バズ先ニイウ通リ何モウチノコトハ気ニカカルコトハナイ息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 妻トロイア城陷落の後虜, 妻ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, 妻も一ツ, 妻ニシタ重ナ, 妻ニ於テ一家ノ生活, 妻ネルラわがため, 妻ノコウイウ醜態ヲ見, 妻ノベッドニ近ヅイテ, 妻ハアノイヤリングヤレースノ手袋ガ和服デ着, 妻ハイクラカ青イ顔ヲシテイタガ, 妻ハコノトコロ外出ガチデアルガイツモ晩ノ食事, 妻ハススメレバ随分行ケル, 妻ハソレニハ不賛成デ母親トシテ監督スル責任ガアルト云ウ, 妻ハブランデーガ過ギルト時, 妻ハホントウニ寝テイルノデハナイ, 妻ハリエットが自殺, 妻ハ上ッテ来テ障子, 妻ハ中座シテ便所ニ隠レ, 妻ハ人事不省デ先夜以上ニ泥酔シテイルヨウニ, 妻ハ先夜ト同ジ長襦袢, 妻ハ反対ニ洋服ヲ和服ノヨウニ着テイル, 妻ハ帰宅ノ途中デアッタラシイノデアルガ, 妻ハ年ヨリモ派手好ミナノダガ, 妻ハ必ズコレラノ写真ヲ見, 妻ハ昨夜僕ヲ驚喜セシメタ, 妻ハ来客ニ対シテハ不愛想, 妻ハ烏丸通ヲ越エテナオマッスグニ歩イテ行ク, 妻ハ自分デハ意識シテイナイノカモ知レナイガ自分デハ若イ二人, 妻ハ長崎へ月琴, 妻ハ長襦袢一ツデ寝, 妻ハ鹿児島につれかへり, 妻パリスに誘はれ, 妻パールデンと通じ, 妻ファニイとは仮, 妻フレンス・シューレルが死んだ, 妻礼ヲイッテヨコシタソレカラ不断尋ネテヤッタ丁度, 妻ヘカベーだけにも十九男児, 妻ヘモアトノコトヲワザワザ云イ含メテ来マシタ思召次第ニナリマショウ精一郎サン大小ヲ渡シマスト云ッテ渡シタラ, 妻ヘレネを奪, 妻ヘロデアに懸想, 妻ベシイに遺す, 妻ベホックは目, 妻ペルセポネの侍婢, 妻ペーツとの問, 妻ボロオデル横浜在留の英国商人マアシャル, 妻ボーシスと彼, 妻マリネツトの面影, 妻ミツエ世良田摩喜太郎大野妙心の大, 妻メリイ戸のそば, 妻モソレヲ希望シ僕自身モソレヲ希望シテトドマル所ヲ知ラナイ, 妻ヤコブの子, 妻ヤ児ヤ母ヲ虐待シテイルモノデアル, 妻ヤ子ヲ飢ニヒンセシメ, 妻ヤ敏子トシバラク話シテイタガ三時過ギニ, 妻ヤ敏子ハ当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 妻ユリハ誤ッテ之, 妻ユリヤ・ニコライエヴナなどに読ん, 妻僕ハオ前, 妻ヨリモ僕ノ方ガハルカニ淫蕩, 妻ラクだけは本宅, 妻ラーンを得た, 妻リイケを辱めた, 妻ロイドと揃っ, 妻ワリスパパンよ, 妻ワルワーラが同じ, 妻ワーフルという菓子, 妻ヲカヨウニ大胆ナ積極的, 妻一人ニて留守, 妻一人多くの美しい, 妻一人夫を家, 妻一婢をもっ, 妻一子を生む, 妻一弟二妹一子と共に小島宝素, 妻一族にも皆, 妻一洵老和蕾君, 妻一男子を生みし, 妻一緒に奥, 妻丁夫人の子, 妻三十後大阪辺の生れ, 妻三村氏に子道栄, 妻三枝子の眼, 妻三河古畑権内木曽伯耆山村七郎馬場半左衛門, 妻三転して, 妻下妻の間, 妻不思議に思いいる, 妻不行跡古い妻, 妻久子である, 妻九人とふ, 妻のない, 妻ひ民譚, 妻争い伝説歌の一つ, 妻二個の少女麦, 妻五月のやどの, 妻五百三十四歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 妻井上氏は頃日福田禄太郎さん, 妻井上氏敬は神辺, 妻にゆく, 妻亭主にかした, 妻の男, 妻代理としての責任, 妻以下奉公人は全部, 妻以前のもの, 妻以外世間に女, 妻以来歌舞妓唄にも謡, 妻伊奈子に譲る, 妻伊沢氏曾能で所謂家附, 妻伊藤野枝と幼い, 妻ふや, 妻の体, 妻佐井氏実菱谷氏女, 妻佐井氏二代瑞仙その二男洪, 妻佐沼御前館で働く, 妻佐竹永海の妻, 妻佐野氏お松さんは四十八歳, 妻何心もなく, 妻何村何某妻うし何村何某母親などある, 妻の如く出, 妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 妻俊四十七妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 妻俊四十二女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 妻俊四十五妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 妻俊四十六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 妻俊四十四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 妻俊狩谷懐之小野富穀等, 妻保科氏とを俵, 妻信長のため, 妻傲慢で粗野, 妻働く母働く, 妻儲けに, 妻児玉氏は越前国敦賀, 妻児等皆多少風邪, 妻兒如何にと氣遣, 妻の人, 妻の家, 妻入式であり邸, 妻八千代さんとは建, 妻だとか, 妻に鄰, 妻其他の女性, 妻其餘或兩或三, 妻に夢中, 妻冬子達は私達, 妻凜子との間, 妻初子すべてを扱っ, 妻初枝と吉野, 妻到底貰う事, 妻前田氏の早く, 妻勇壮な同時に, 妻勇弟柏軒妹長の三人, 妻勝三歳の子, 妻勝子への手紙, 妻勿論正妻では, 妻して, 妻十五年間新らしい妻, 妻千浪の声, 妻卓文君は眉, 妻即日の神, 妻即水の神, 妻厚免を蒙る, 妻原氏が江戸, 妻夫留忿怨不, 妻わが屋, 妻の子, 妻友人の夫, 妻可遊と云う, 妻合わせを結ぶ, 妻合わせるわけには, 妻吉物語はよかつ, 妻藩留守居役百石比良野文蔵の, 妻同志女の友達同志, 妻同様な貞操, 妻同様清太郎にも下町式, 妻同然に思っ, 妻名誉の一本, 妻吾田媛密かに来, 妻告訴されその, 妻呼びたてて辺, 妻呼び立てて辺, 妻品子はその, 妻問いの季節, 妻喚ばひ辺つ, 妻嘉兵衛の子達, 妻四十女柏五つ柏軒と妻俊, 妻園絵こと伊豆屋のお, 妻相變ら, 妻坊やの母さん, 妻夏姫は鄭, 妻夕方ときし, 妻に得難き, 妻夜間王に奉仕, 妻忙ぎで, 妻大納言の北の方, 妻天和三年の夏, 妻太郎はん頼りないよって, 妻失いしことは, 妻失し時若, 妻奈何老鶴乍孤棲, 妻女の子か, 妻女三の宮, 妻女山そのものは朝霧, 妻女山のもよう, 妻女山別動隊がすぐ, 妻女山転向部隊が新手, 妻女山隊の新手, 妻女房老臣にいたる, 妻女童下郎たちも辿りつい, 妻好き母であって, 妻妖麗他に優れ, 妻妻妻ばかいい, 妻妻水を, 妻妾娘さえ提供, 妻姦ましと世に, 妻姪どももまかり出, 妻娘何に況や, 妻娘宮仕人, 妻婆さんが一, 妻の手, 妻子供たちがあった, 妻子供六人にぎやかだつた, 妻子友人仕事生活というやつ, 妻子子の妻, 妻子孫みんなラツフでエゴイスト, 妻子持ちの社員, 妻子親縁者奴婢指さっしゃれば, 妻孕んで虎肝, 妻孝行の男, 妻孥財寶の繋縛, 妻孫壽夫人一流の媚態, 妻孫陀利のよう, 妻安産仕女子出生, 妻定めに窮し, 妻宝生氏の出, 妻実にありがたい心がけ, 妻宣らすなり, 妻を起点, 妻家外にある, 妻家婢のリア, 妻家官禄を与え, 妻寿慶が寛政二年, 妻寿衛子は永眠, 妻小さな男爵夫人アンナの, 妻小宰相の自殺, 妻小枝の生き, 妻小梅の弟, 妻小犬庭先のポプラア, 妻小言を吐く, 妻少きより仏, 妻少時待ちたまえ, 妻局留置の郵便物, 妻山本氏が六月十九日, 妻山路氏由嘉が病ん, 妻岡西氏におけるその, 妻岡西氏徳尾島氏出の嫡子恒善, 妻の里親河内屋半兵衞, 妻帆岡の方, 妻帝國軍人松島海軍大佐の妹君, 妻帰りて夫, 妻帰山氏が遺つた, 妻帶せんがため, 妻常二十七歳の嫡子瑞長, 妻幡江の母暁子, 妻平山いくが妹美佐, 妻幼児親戚の誰彼, 妻庫裡にしりぞく, 妻康子の到着, 妻の妻, 妻弥生の手, 妻壽子などを, 妻形名君の妻, 妻待つ門へ, 妻後藤氏に随つて, 妻後醍醐をめぐる, 妻徐氏というの, 妻御前十六歳三番には中納言, 妻醉の, 妻徳嫡男恒善長女純次男優善の五人, 妻徳行の処女, 妻志保三十七長女柏二つ柏軒二十七妻俊も同じく, 妻志保三十三歳柏軒二十三歳長十九歳, 妻志保三十九女柏四つ同久利二つ, 妻志保三十八女柏三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 妻志保三十六柏軒二十六長二十二, 妻志保五十一女柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 妻志保五十二女柏十七全安, 妻志保五十女柏十五柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 妻志保四十一女柏六つ柏軒と妻俊, 妻志保四十七女柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 妻志保四十三女柏八つ柏軒と妻俊, 妻志保四十九女柏十四柏軒と妻俊, 妻志保四十二女柏七つ柏軒と妻俊, 妻志保四十五女柏十柏軒及妻俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 妻志保四十八女柏十三柏軒と妻俊, 妻志保四十六女柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 妻思うにまかせない, 妻思念至って深し, 妻しかる飲んだくれで, 妻恋いしさの, 妻恋するぞ人, 妻恋一の上田, 妻恋一丁目門垣根に百日紅, 妻恋下に住ん, 妻恋六平太が酔つた顔, 妻恋坂上一帯を領, 妻恋坂下何う成る, 妻恋坂司馬十方斎の道場, 妻恋坂影屋敷の鎧櫃, 妻恋坂殿様の御, 妻恋坂湯島天神裏花園町の坂, 妻恋坂道場の供待ち部屋, 妻恋村へ出よう, 妻恋町一帯に網, 妻恋農工銀行ちうの, 妻息子親友等が開い, 妻悲歎と激情, 妻ひに, 妻戀下とばかり當所, 妻戀坂下同朋町といふ處, 妻戀町一帶に網, 妻戀稻荷樣の前, 妻戀稻荷樣前の縁臺, 妻に禍, 妻或は信太から, 妻所有之物, 妻に提灯, 妻手塚久子と一昨日新婚, 妻の賜, 妻振りをかたむけつくし, 妻政さんはハンカチーフ, 妻敏子は所謂新, 妻教定の男雅有, 妻数代をとも, 妻数妾の滅茶苦茶, 妻数妾妻妾同居漸く慣れ, 妻に返さず, 妻敵うちは近世, 妻敵討又は女敵討, 妻文子の声, 妻塾長, 妻新田が娘, 妻方謙寿斎神道一心流の櫛淵宣根, 妻族鄭原吉等九族既に戮, 妻早瀬のお, 妻明日かえる由, 妻明日離婚し九州大分, 妻春子に対する唾棄, 妻昨日私に面会, 妻時子の妹滋子, 妻暗い甲板に, 妻曠野の詩人, 妻曰く王子の尊き, 妻曾能の外, 妻曾能五十七歳第六, 妻木実三沢宍戸小野安成岡崎読売の女, 妻未亡人の久子, 妻李氏が城, 妻来れチウチウチウ, 妻東伯爵夫人となっ, 妻東氏金が歿, 妻松子娘息子をとり来っ, 妻松本甲子蔵の妹, 妻枳園の母, 妻柏三十一子棠助七つ, 妻柏三十七子平安十三三郎二つ女長十八良十六, 妻柏三十三子棠助九つ, 妻柏三十九子徳十五, 妻柏三十五子徳十一, 妻柏三十八子徳十四, 妻柏三十六子平安十二女長十七良十五, 妻柏三十四子平安十紋次郎二つ女長十五良十三, 妻柏二十一女長二つ全安, 妻柏二十七子棠助三つ, 妻柏二十三女長四つ良二つ全安, 妻柏二十九子棠助五つ, 妻柏二十二女長三つ良一つ全安, 妻柏二十五子棠助一つ, 妻柏二十八子棠助四つ, 妻柏二十六子棠助二つ, 妻柏二十四女長五つ良三つ全安, 妻柏二十女長一つ全安, 妻柏十九全安, 妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 妻柏四十子徳十六, 妻柏柏軒の妻俊, 妻某氏には子, 妻染物屋の壺, 妻が江戸, 妻柳川小蝶を離別, 妻柳江だった, 妻柳麗玉を残し, 妻を去つた, 妻梅雨の雨間, 妻森尾氏の腹, 妻森氏明和五年冬一女を産す, 妻椋の木の實, 妻楊枝日に三十本, 妻樊氏とともに仙, 妻がなか, 妻権母権を発揮, 妻横田氏勇を去つ, 妻櫛橋氏と十六歳, 妻次第でなおっ, 妻の子供, 妻歩くとどこ, 妻死去去月三十一日もう葬式, 妻段氏は字, 妻殺しの嫌疑, 妻殿ご存じか, 妻母たちの生活不安, 妻母娘すべてにかかわる, 妻母子などの生活, 妻母愛人友人たちまたは女親類たち, 妻母永瀬氏小田原で自動車, 妻比良の弟, 妻比良野氏が, 妻です開拓, 妻を, 妻沢錦橋の養嗣子霧渓等, 妻沼辺ではホシンカン, 妻波路といえ, 妻泣くらむぞ, 妻淑子と前年八月, 妻満子と関係, 妻漁村の女, 妻為子であった, 妻烏摩后子なきを, 妻焚野をはじめ, 妻無きも, 妻芋屋の, 妻と六歳, 妻物価高の生活, 妻狩谷氏俊子であらう, 妻狩道各五疋, 妻猪川氏を喪つた時, 妻のよう, 妻り空閨, 妻玉江娘百合あやめ下女, 妻王氏は其夫, 妻琴路は娘, 妻甚だ妬む者, 妻てテゾイス, 妻生きて灑ぐ熱心血, 妻田中氏は寛政元年八月二十二日, 妻由子は元来, 妻も山, 妻町行乞宿は同前, 妻篤く医巫手, 妻病めば我, 妻発育不良ノ子女, 妻登勢である, 妻登山し来りたり, 妻の矢, 妻白鼠や白蛇, 妻百十踏揚姫などを以てし, 妻違う, 妻益三十一歳三児中榛軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 妻益三十七歳榛軒十六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 妻益三十二歳で子供, 妻益二十六歳嫡子棠助五歳次子常三郎四歳の四人, 妻益二十四歳である, 妻益其子榛軒柏軒を筆, 妻益四十一歳子女は榛軒二十, 妻益四十三子女榛軒二十二柏軒十六長十二, 妻益四十二歳子女は榛軒二十一歳, 妻益四十五榛軒二十四常三郎二十三柏軒十八長十四, 妻益四十六榛軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 妻益四十四榛軒二十三常三郎二十二柏軒十七長十三, 妻益四十歳子女は榛軒十九, 妻直子に対して, 妻信じ子女膝下, 妻真帆子に宛てた, 妻を覚し, 妻瞿夷ハヌマンの本尊帝釈, 妻知らずして, 妻石川女郎愛薄らぎ離別, 妻社会事業にもいろいろ, 妻を慕い, 妻福代の死, 妻私陀を伴い, 妻秋笹の父兄, 妻窪田清三郎の女, 妻竈中で種々, 妻立てり見ゆ, 妻竹村華子が再び, 妻が紡錘, 妻籠なじみの得右衛門, 妻籠三留野の両, 妻籠三留野両宿ともに格別, 妻籠三留野野尻を下四宿, 妻籠三留野野尻在方としては蘭村, 妻籠十七峯の流れ, 妻籠四里の山, 妻籠土産の風呂敷包み, 妻籠宿昼食馬籠はお小, 妻籠昼食それからこの, 妻籠本陣同様取り崩して, 妻籠本陣青山寿平次殿へ短刀一本, 妻籠行きのもの, 妻籠訪問はその, 妻籠通り過ぐれ, 妻籠馬籠まで, 妻籠馬籠これだけの庄屋連名, 妻籠駅の判, 妻素子が退院, 妻の扇子, 妻をも懸けず, 妻綾羅にだ, 妻美奈子は有名, 妻義死の条, 妻聖ピウスの祭, 妻聞いて更に, 妻聞くが如くん, 妻肉さしをそのまま, 妻臣下の青年, 妻自身確信と元気, 妻良い夫有難い, 妻良人は良人, 妻良港は市街, 妻艶麗の妻アンテーア, 妻の追想, 妻茂太を伴, 妻茜さし照れる月夜, 妻の隻葉, 妻菱谷氏である, 妻落ち着き払って汝, 妻蓉子が久子, 妻藤井詳しく出奔, 妻虎御前の話, 妻蝦蛄のひと, 妻て哄笑, 妻見るだけの妻, 妻覓ぎかねてひとりある柳を見れ, 妻覓ぎけるか我が知らぬ, 妻覓ぐとつげぬは蓋し忘れ, 妻覓ぐと來し王子, 妻覓めをトゥジムトゥミ, 妻と子, 妻親子ども愛人まだ生れない, 妻親里へ行きたる, 妻記代子なん, 妻諸共かまどに追われる, 妻諸共湯本の福住, 妻謙右には相田清祐, 妻豊子をかの, 妻貞奴女優養成所を開く, 妻貞子を知り, 妻貰い首など致しませぬ, 妻賀茂姫とのあいだ, 妻のため, 妻身まかりしにはあるべからず, 妻車室から首, 妻迄があのお, 妻迎えの式, 妻退き介添の, 妻逝きて早, 妻の良い, 妻遠慮などしたら, 妻邸中に見出し得ざる, 妻鄭氏と諸子, 妻里居の夏, 妻野村徳太郎は碧山, 妻の肉刺し, 妻長男娘これに乘, 妻陳夫人の腹, 妻雛子の寝巻姿, 妻離縁しようと, 妻の名義, 妻静子証人として小林定次郎, 妻静枝の上, 妻須勢理比売と共に逃亡, 妻須勢理毘賣の命, 妻するどきこと, 妻頸限りなく延び長, 妻飯岡氏静の妹直, 妻飯田氏益にあらざる, 妻首縊り死せる者, 妻高山鹿毛とか評判, 妻高氏の妻, 妻黄瑞露の声, 妻黒田氏と二男吉次郎